政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4801 号  2018・9・13(木)

2018/09/13

                                                   
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4801号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年  9月13日(木)



         ワシントンのPLO事務所閉鎖へ:宮崎正弘

          小畑実 (歌手)は北朝鮮出身:渡部亮次郎

     人権は軽視されるのか改善に向かうのか:桜井よしこ  
                    
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4801号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━
ワシントンのPLO事務所閉鎖へ
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月11日(火曜日)参
        通巻第5825号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権。ワシントンのPLO事務所閉鎖へ
  サウジもエジプトもUAEも、PLO支援をやめている
********************************

PLO(パレスチナ解放機構)は、嘗てレーガン政権下では「テロリスト 集団」と認定され、いちどはパレスチナの土地から叩き出された。

風向きが変わりクリントンが調整に乗り出して、「オスロ合意」を経て、 ラビン、ペレスと並んでアラファトがノーベル平和賞に輝いた。
しかし平和は訪れなかった。

反米闘争の主体はPLOからハマス、ヒズボラへと移行し、エジプトでは 「イスラム同胞団」政権が軍事クーデターで壊滅し、イラクとシリアの空 白状況にISが誕生、さんざんかき荒らした挙げ句に、いずこかへ消えた。

いまシリアはアサド独裁を支援するイランとロシアが軍事的主導権を握 り、あろうことか、アサドを敵視してきたトルコが、反米の一貫として、 この三者連合に加わってきた。

サウジ、UAEはカタールの孤立化とイエーメン内戦への介入に忙しく、 もはやPLOは関心の対象ですらないようである。

つまりPLOは政治的影響力を阻喪したのだ。

トランプ政権は、イスラエルの大使館をテルアビブからエルサレムへ移転 した。周辺国から強い抗議がなかった。驚くべき変化だろう。

ついで米国はワシントンに駐在を認めてきたPLO事務所(事実上の大使 館)を閉鎖する決断を下した。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) アジア中華圏における日本文化の影響力といえば、子供や 学生は漫画やアニメにコスプレ、大人はAV、女性は化粧品と大人気。男 子が日本軍のコスプレなら女子はロリータファッション。福岡県が運営す るアジアンビートというサイトは日本のポップカルチャーを多言語で紹介 するサイトですが、モデルの青木美沙子さんによる連載「青木美沙子の世 界ロリータ旅行記」が面白い。
http://asianbeat.com/ja/serials/misako_lolita/index-1.html

南米はチリやコロンビア・ブラジル、北米はメキシコ・ヒューストン・シ カゴ・LA、中国へは毎月のように訪れ、上海、広州、南京、南昌、景徳 鎮、無錫、香港、武漢、重慶、北京、成都など、今まで25カ国45都市以上 を歴訪してはイベントやお茶会でロリータファッションの普及に努めてい る。この連載を読むと女性は国籍・年齢を問わずロリータファッション好 きが多いのですね。

1990年代、地下鉄の九段下駅ではビジュアル系のコンサートのたびに全身 黒のゴスロリファッションが溢れちょっと引いたものでしたが、いまやロ リータも一般的。連載の最新号では「7月は夏休みということもありイベ ントも多く、ありがたいことに中国遠征がたくさんありまして、1か月 トータルで13日間中国にいるという月でした!中国は空前のロリータ ファッションブームで、今や1,000ブランド以上のロリータファッション ブランドが生まれています!」と驚くべき報告。
http://asianbeat.com/ja/serials/misako_lolita/29.html

2000年当時、台湾でハローキティの銀行カードに驚き、マカオでは老師節 (教師の日)の主役がちびまる子ちゃん、インドネシアの国鉄の売店にはク レヨンしんちゃん、タイでは一休さん、ベトナムではドラえもんが大人気 でした。

そんな子供が大人になり日本へ旅行に来る。漫画やアニメで見た日本料理 を実際に体験し本物の日本料理を求めるようになる。先日の日経によると 「日本食レストラン、アジアで急増 2年で1.5倍(7万店) 訪日で認知度 高まる 」とありました。ただ以前から飽和状態だったバンコクは微減。
 
かつて日本食店の認証制度を作ろうとしたら「スシポリス」と非難され、 日本食もどきがはびこることになりました。アジアからの観光客が激増す る今こそ海外の和食・日本食店の認定制度をつくる時期かもしれません。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2) 原爆投下決定の経緯については、『新潮45』2018年9月号 に、有馬哲夫早稲田大学教授による「英米で違った『投下シナリオ』」と いう論が掲載されています。

この中でも、「チャーチルはというと、原爆を使用すべしと唱えていた一 方で、7月18日には『無条件降伏原則を変えて皇室維持の条件付で日本に 降伏を求めるべし』とトルーマンに説いていた。だが、マジック(陸軍通 信情報局による暗号電報解読情報)から天皇が終戦を切望しているという 情報を得ていたトルーマンとバーンズは、7月24日までにこの条項を削除 してしまっていた。原爆を使用するまで、日本がボツダム宣言を受諾して 降伏しないようにするためだ」と述べられています。

トルーマンとバーンズは、日本が終戦を望んでいることを知りつつ、あえ て国体護持条件を削除して、原爆を使用するまで日本がボツダム宣言を受 諾して降伏しないようにしたという鳥居民氏の説と同旨ですが、特に引 用、引照もなく述べられています。

原爆投下についての、我が国側による情報収集の実状については、2010年 8月6日のNHKスペシャル「封印された原爆報告書」、2011年8月6日の NHKスペシャル「原爆投下 活かされなかった極秘情」という放送がさ れていたのですね。

これについては『原爆投下 黙殺された極秘情報』(2012年2月発行、 NHK出版)にまとめられています。

番組の最後のナレーションは「危険が迫っていることを知りながら、最後 まで、その重大な情報を伝えなかった軍の指導者たち。二度にわたる悲劇 は、国を導く者の責任の重さをいまの時代に問いかけています」というも のだったそうですが、読んでいて、いささか気が重くなりました。

なお、文藝春秋『日本の論点‘96』で、斉藤道雄氏が「『原爆投下が第二 次大戦終結を早めた』論争に隠された日米の大欺瞞」という論文を寄せ、 1994年から5年(投下後50年)にかけて、ワシントン・スミソニアン博物 館の原爆展をめぐる米国内の論争について述べられています。

この論争について、1994年9月22日に米国上院が全回一致で表決した決議 257号の原文は以下の通りです。 

一般市民21万人を(ほとんど人体実験的に)虐殺しておきながら、 "a merciful end" と述べることについては、その「歴史認識」に今更なが らに驚かされます。 

しかし、国家のために献身した多くの将兵についての表現は、現在および 将来の国民を鼓舞するようなもの(an inspiration)でなければならず、 しかるべき感性(appropriate sensitivity)が示されるべきであり、自 由のために生命を捧げた者に対しての非難は許されないと述べる、いわば 「国是」は、是認せざるを得ないでしょう。

戦勝国と敗戦国の違いはあるとしても、こうした感性を持てず、今だに自 虐的考えから抜け出せていない我が国の相当数の者の考え方こそおかしい のでしょう。

RESOLUTION
To express the sense of the Senate regarding the appropriate portrayal  of men and women of the Armed Forces in the upcoming National Air and Space Museum's exhibit on the Enola Gay.

Whereas the role of the Enola Gay during World War II was momentous in helping to bring World War II to a merciful end, which resulted in saving the lives of Americans and Japanese;

Whereas the current script for the National Air and Space Museum's exhibit on the Enola Gay is revisionist and offensive to many World War II veterans;

Whereas the Federal law states that ``the Smithsonian Institute shall commemorate and display the contributions made by the military forces of the Nation toward creating, developing, and maintaining a free, peaceful, and independent society and culture in the United States'';

Whereas the Federal law also states that ``the valor and sacrificial service of the men and women of the Armed Forces shall be portrayed as an inspiration to the present and future generations of America''; and

Whereas, in memorializing the role of the United States in armed conflict, the National Air and Space Museum has an obligation under the Federal law to portray history in the proper context of the times: Now, therefore, be it

    Resolved, That it is the sense of the Senate that any exhibit displayed by the National Air and Space Museum with respect to the Enola Gay should reflect appropriate sensitivity toward the men and women who faithfully and selflessly served the United States during World War II and should avoid impugning the memory of those who gave their lives for freedom.
(CAM)



  ♪
(読者の声3) 、『「台湾」名義で東京五輪出場を 52万人超が署名』につ いて。

『「台湾」名儀で東京五輪出場を 52万人超が署名 国民投票実施に前進 (台湾フォーカス2018/09/03 )』と、)「台湾」名義での東京五輪への 参加申請の賛否を問う国民投票実施を目指して署名活動が、必要要件「賛 同署名数28万人分」を大きく上回る52万人分を獲得し、国民投票実施が可 能となったと伝えている。

国民投票実施,賛成多数,台湾政府がIOCに台湾名義での出場申請を行う ことになる。しかし、中国の妨害は明らかで「台湾名義での出場」実現は 困難を極める。

▼そもそも、台湾が「台湾」を名乗れなくなったのは、「蒋介石の中華的 面子のせいだ」と金美齢さんは指摘する。「50年前、中国国連加盟の際に 台湾は「中華民国をやめ台湾で国連加盟申請、台湾として国連に残る方法 があった。当時、岸信介元首相が、その説得に何度か訪台。わたしは、通 訳としてその現場にいた」と。(YouTube:金美齢「50年前から私は自民 党支持です」)

▼そこで、日本政府は台湾申請支持を明言するとともに『申請と同時に 「台湾政府が国連加盟申請,加盟実現と同時に台北故宮博物館文物を北京 紫禁城に返還」を表明することを提言。かつ、中国政府に以上の実現が日 本政府の一帯一路への協力の第一条件』の旨、中国および国際社会に表 明、隣国台湾のJOC,国連での日本政府全面支持を打ち出すことを、安倍 内閣および外務省に提言したい。

▼はたして、かくなる日本外交の可能性は? 五里霧中!
しかし、台湾,日本そしてアジア全般を、いや全世界を、中国の野蛮な覇 権主義の新植民地政策から守るのは、日本の果敢な対中外交しかないよう に、思えてならない。
(元福建省厦門在住・TT生、福島県いわき市)



  ♪
(読者の声4) 中国資本がミャンマー企業を買い漁り、ミャンマー人が故 郷を追われ、異邦人の中国人が我が物顔で自分たちの土地を占拠した。そ の悲しみと哀切。

ミャンマー人が中国人移民に乗っ取られたマンダレーを嘆くものです。 ミャンマーのフォークシンガーが歌う「マンダレーの死」は、ユーチュー ブで流れ出すと、瞬く間に拡散して100万人が怒りと悲しみに包まれた、 と言います。

歌詞は次のようです。

「異邦人(中国人)にめちゃくちゃにされた」「この都市に住みついたあ いつたちは何者」「私たちの愛するマンダレーは死んだ」。(X生)


(宮崎正弘のコメント)マンダレーはミャンマー第2の都市、中世の首 都、立派なお城が残り、その周辺は、はやくから雲南省からの中国人が入 り込んでチャイナタウンを形成していました。

筆者が十数年前に初めてマンダレーに行ったところ、国際空港が中国の援 助で建設され、バイクから電化製品まで中国製でした。

2年か3年前にネピドーからバスでマンダレーに入りました。ホテルで朝 から酒を飲んで我が物顔の中国人ビジネスマンがごろごろ、大概が建設業 者か、翡翠をまとめ買いする宝石関係でしたね。



  ♪
(読者の声5) キリスト教の地下教会はローマ・カトリックが唯一認め、 日本よりもイエズス会神父が時折危険を犯しお忍びでおとづれていた命が けの信者の集まりでした。

それを見殺しにしてローマはシナの御用キリスト教会と手を結んでシナの 信者獲得(資金獲得)を狙ってシナ共産党と結託した。(米ウォール・ス トリート・ジャーナル紙は本年2月3日、中国政府が選んだ7人の司教の 正統性をバチカンが認めることを決めたと報じた)はローマ教会のお墨付 きをもらう事で何かと国際政治に有利な立場を得ることになると言う<相 互互恵>である。

こんなことになれば<正定事件>(シナはオランダ宣教師が殺戮されたの は日本軍によるものだとのでっち上げ)を正当化し、オランダ宣教師が福 者とすることが現実となり、反日プロパガンダとして世界に宣伝できるわ けである。

ローマ・カトリックは枚挙にいとまの無い世界中の神父による幼児強姦事 件を起こし、その隠蔽工作が露呈して危機的状況にあるが、まさにシナを 味方にするのは渡に船なのだ。前田万葉と言う日本人司教をローマの枢機 卿にしたのは、かって故白柳を枢機卿に抜擢することの交換でローマのナ チスとの蜜月を隠蔽。希薄化させるために日本軍のシナやフィリピンでの 暴虐をでっち上げた工作と重なり合うのだ。
まさに節操なき偽善と欺瞞のバチカンだ!
  (奥山篤信)



  ♪
(読者の声6)講談社のHP【今週の東アジア関連推薦新刊図書】に宮崎正弘 さんの新刊紹介があります。筆者は近藤大介さんです。

(引用開始)「『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』。著者=宮崎正弘 (徳間書店、税込み1,296円)

日本の中国批判のご意見番とも言える宮崎正弘氏だが、米中貿易戦争が勃 発して以降、そのボルテージは上がる一方だ。「2018年7月6日を、後世の 歴史家は『米中百年戦争が開始された日』と書くだろう」――こんな書き出 しで始まる同書は、「米国からみれば、世界のヘゲモニーを中国には渡さ ない、という戦略的決意の表明である」と説く。

興味深いのは、米中対決を古代ヨーロッパの「ペロポネソス戦争」「ポエ ニ戦争」にたとえている点だ。つまり「百年戦争になる」のであり、「ト ランプ大統領の登場以来、米中関係は薔薇色から灰色、そして貿易戦争と なり、先行きは真っ暗である」。

「米中対決の本質はグローバリズム vs ナショナリズムであり、アメリ カの中国貧困化政策という側面がある」。この「宮崎史観」をカバーする ように、世界各国の最新の反中事情についても言及している」(引用止め)。

              

       
━━━━━━━━━━━━
小畑実 (歌手)は北朝鮮出身
━━━━━━━━━━━━


      渡部 亮次郎


NHKが5月1日野ラヂオ深夜便で戦中・戦後の人気歌手だった小畑実を特集 したえいた。そこで以下、ー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 をのぞいてみた。

<小畑 実(おばた みのる、1923年4月30日 - 1979年4月24日)は、朝鮮 平壌出身の歌手である。本名は、康永喆(??? / カン・ヨンチョル)
1937(昭和12)年、同胞のテノール歌手永田絃次郎(戦後北に帰国後、消 息不明)に憧れて日本に渡り、日本音楽学校に入学。苦学しながら声楽を 学び卒業後、作曲家江口夜詩の門下となる。

このころ、秋田県大館出身の小畑イクに面倒を見てもらったのが小畑姓と 秋田出身を称した理由とされる。なお、イクの息子小畑達夫はいわゆる共 産党リンチ事件で殺されている。

デビューは1941(昭和16)年2月、ポリドールレコードからで『成吉思 汗』であった。ただし、朝鮮半島出身を隠して出身地を秋田県としていた。

のちにビクターに移籍。1942(昭和17)年の『湯島の白梅』が出世作とな る。翌年に『勘太郎月夜唄』をヒットさせ新進気鋭の歌手として注目を浴 びるが、本格的な活躍は終戦後であった。

テイチク・キング・コロムビア・古巣のビクターと所属会社を転々としな がらも、甘いクルーナー唱法で『小判鮫の唄』・『薔薇を召しませ』・ 『アメリカ通いの白い船』・『長崎のザボン売り』・『ロンドンの街角 で』・『高原の駅よさようなら』などのヒット曲を飛ばした。特に『星影 の小径』はフランスのシャンソンをベースにしたロマンチックな旋律と 「アイ・ラブ・ユー」という英語を歌詞に用いた斬新さに加え、彼の歌唱 の特徴が生かされた傑作である。

NHK紅白歌合戦に3回出場している。

1957(昭和32)年、第8回NHK紅白歌合戦出場を最後に一度引退。一時期実 業界に移り、歌謡界から遠ざかっていたが、1969(昭和44)年頃、折から の懐メロブームもあって『勘太郎いつ帰る』で復帰。韓国にもしばしば渡 り、本名で活躍する。

1977(昭和52)年には『湯の町しぐれ』をヒットさせ気を吐いた。その 後、ステージ活動や刑務所の慰問、後進の指導にあたるなど精力的に活動 していた矢先、千葉県野田市のゴルフ場でプレイ中に倒れ、急性心不全の ため55歳で亡くなる。



       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人権は軽視されるのか改善に向かうのか━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
             櫻井よしこ

「人権は軽視されるのか改善に向かうのか 目が離せない中国共産党内の 権力闘争」

「産経新聞」外信部次長の矢板明夫氏が、ノーベル平和賞受賞者で中国政 府に弾圧され、昨年7月に事実上獄死した劉暁波氏について『私たちは中 国が世界で一番幸せな国だと思っていた』(ビジネス社)で書いている。

文化大革命の最中、都会の「知識青年」たちは農民に学べと指示され農村 に下放された。毛沢東に心酔し紅衛兵として暴れまわった血気盛んな若者 たちを、毛は当初は利用し、後に体よく農村に追い払ったのだ。下放され た約2000万人の中に劉氏、今や国家主席の習近平、首相の李克強、外相の 王毅の各氏らもいた。

毛の死で文革が終わり、知識青年は都市に戻り、大学への入学をようやく 許された。しかし戻るには下放された村の革命委員会主任である村長の許 可が要る。それには賄賂が必要だった。

劉氏も親戚中からおカネを掻き集めて200元もする高級時計を村長に贈っ たというので、あの劉氏も賄賂を使ったのかと、私は意外の感に打たれ た。ところが、許可をもらい、全ての荷物を馬車に積み込み、出発する段 になって、劉氏は村長の家に取って返し、斧を手に村長に迫った。

「あなたには3つの選択肢がある。1つ目はこの斧で私を殺す。2つ目は私 がこの斧であなたを殺す。3つ目は時計を返せ」(『世界で一番幸せ』)

感動した。この烈しさ、芯の強さ。劉氏のかもし出すおだやかな人物像と はまた別の姿がある。長く産経新聞北京特派員として幾度も劉氏と語り 合ってきた矢板氏は語る。

「彼は非常に温厚な人間です。吉林省なまりが強くて喋りは巧くない。少 し発音が不自由なために言葉が出てこない。しかし、秘めた闘志を感じさ せる落ち着いた人でした」

天安門事件後、厳しく弾圧され始めた一群の民主化リーダーの中で劉氏が 突出して人々の支持を得ている理由は、単に彼がノーベル平和賞を受けた からではない。彼は決して中国から逃げ出さず、現場で闘ったからだ。

劉氏にも海外に逃避する機会は幾度もあった。中国当局はむしろ、劉氏を 海外に追い払いたいと考えた時期もあった。だが、劉氏は拒否し続けた。 矢板氏はあるときなぜ逃げないのか、尋ねたそうだ。

「子供たちが殺されたのに、ヒゲの生えたやつが生き残っているのは理不 尽だ」と、劉氏は答えたという。

天安門事件で拘束される前、彼は北京師範大学の人気者の教授だった。彼 の講義を聞くために他大学からも学生が集まった。学生たちに向かって彼 は中国の民主化を説き、感化された学生らは天安門でのデモに参加し、多 くが殺害された。そのことに責任を感じていたのだ。

長い獄中生活で癌を患う中、劉氏はそれまで拒絶していた海外行きを当局 に訴えるようになる。それはずっと自宅で軟禁されている妻の劉霞さんを 自由にするためだった。

暁波氏の死から約1年、今年の7月、劉霞さんは突如、出国を許されドイツ に渡った。両親は亡くなっているが、弟の劉暉氏は北京にとどめられ逮捕 された。劉霞さんの出国で、人質にされたのはほぼ間違いない。

矢板氏は言う。

「いま、中国は米国との貿易戦争の真っ只中です。以前から人権問題に強 い関心を示していたドイツに譲歩し、関係を深めることで、対米関係を有 利に進めたいという思惑でしょう。加えて習主席の力が少し弱まり、李首 相の立場が少し強まっています。つまり、中国共産党の内部の権力争いが 劉霞さんへの出国許可の背景にあるのです」

習氏が勢力を盛り返せば、人権は軽視される。李氏が力を手にすれば、中 国の人権状況も少しは改善される。この意味からも中国共産党内の権力闘 争から目が離せない。

『週刊ダイヤモンド』 2018年9月8日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1246 



━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎阿生老人の寸感−品川 阿生居士

★新聞の購読廃止

丸梅亭の老眼は、人並みに40台後半から始まっていた。その後の進行を100均の老眼鏡を買い替えながらやってきたが、80台になって拡大度数の40のものを使っていたところ、87歳になって新聞の記事の細かい活字がとうとう読めなくなった。

購読の新聞の見出ししか読めなくなって、必要なものはパソコンのネットニュースを拡大して読んでいる。そこで29歳で所帯を持った時から始めた新聞購読を58年ぶりにどうするか考え出した。

新聞購読を止めるとなくなるのは、テレビ番組表と近所のスーパーの折り込みチラシであるが、テレビ番組表はテレビのリモコン器で代用でき、チラシはネット検索で最新のものをみることができるので、支障は生じない。

また、関心があるニュースを新聞、テレに、ネットで報道内容を読み比べてみると、近頃の新聞記事が通り一辺で奥行きが浅いものになっているという不満もあった。そこで多年多年の名残があるが新聞購読を止めることにした。

なお、ネットニュースのリンクには「ネットニュースドットコム」という便利なものがある。

http://newssokuhou.com/



★老人のこと2題

近所にスーパーと100均のダイソーが向き合ってある。この二つの店のレジ列に並んで双方の顔ぶれが違うことに気付いた。ダイソーのレジ列には老人の姿をほとんど見かけないのである。その訳が知りたくてネットで調べてみたがまだここには的確な説明が出ていない。老人たちが若い人たちに較べて新しい機器に弱いことは定評があるが、これは単なる店のスタイルの違いにすぎない。100均店が出現して店舗を増やしてかなりの年数が経つ。

このことについてある人と話していて、老人たちの情報交換が若い人たちの情報交換に較べて著しく少なく遅いことに気付いた。100均店の有用性の情報は、まだ老人社会の情報として入っておらず広がっていないのである。こんな風に理解した。

別の話だが、住んでいる町内に老人会がある。会員約150名だか、各種の同好活動や地域奉仕活動や会全体の会合の参加者の実人員は1/3程度に止まっている。2/3の人たちは年間1200円の会費を折角出しながら単に名前を連ねているだけである。

なかには身体の不調や不自由で活動に参加できない人もいるだろうが、それにしてもこの差は少なくない。これも理解が難しい現象である。このように会費を出しながら老人会の活動に全く参加していない人たちの考え方を直接聞いてみたいものだ。


 ◎“slang”とはどのような言葉か:前田正晶

厄介な言葉で「俗語」のことであるし「隠語」でもあり「符丁」とも言え ると思う。これが我が国で最も広く誤解されている言葉である。思うに、 学校の英語教育ではこういう種類の言葉があるとは教えていないのだろう。

何が厄介なのかと言えば、残念なことにslangと未だ解説していない「汚 い言葉」と訳されているswearwordとを混同しておられる方が誠に多いの である。日本語を考えても「俗語」や「隠語」や「符丁」を下品だとは言 わないだろう。要するにslangとswearwordを混同しないことだ。

これらの2つを同じものだと誤解か誤認識すると、アメリカ人は「下品な スラングを多用する」と蔑視する方向に進む結果になってしまうのだっ。 かの大作家松本清張氏が「アメリカ兵が下品なスラングで話し始めた」と 書いておられたのは良い(悪い?)例であるし、明らかな誤りである。兵 隊たちやトランプ大統領の支持層のような人たちは確かにswearwordを多 用する傾向がある。松本清張は“スラング”とスゥエアーウワードを識別で きるほどの英語を理解していなかったのだと断じておく。

ここでもOxfordにはslangを何と言っているかを見てみよう。“Very informal words nd expressions that are more common in spoken language, especially used by a particular group of people, for example, children, soldiers, criminals,etc.”とある。ジーニアスには 「特定の社会や職業の通用語、専門用語。隠語、符丁、合い言葉」とあ る。何だ、犯罪者も使うのならば下品ではないか−と言いたいだろうが、 それは次回に予定しているswearwordの解説を読めば解って貰えると思う。

Slangの例を挙げて見よう。

Uncle Sam =アメリカの連邦政府かアメリカ人を意味する。

I don’t care for booze. 「酒は嫌いだ」という意味だ。このboozeは 「アルコール飲料」の意味でかなり広く使われている。

cop=「警官」なのだが、その謂われは警官のバッジが銅製なので、 “copper”(「カパー」であって残念ながら「コッパー」ではない、念のた め)を短縮したと聞いたことがあった。アメリカでの発音は「カップ」と なると心得ておくべし。だから、Oxfordは犯罪者が使うとしているのかも 知れない。

abby or cabbie=「タクシーの運転手」。タクシーは“taxi cab”というか ら“cab”を縮めたのだろう。

goodies =お菓子かキャンディーのこと。

pop=古い言い方では炭酸系飲料だが、現代ではsoft drinkの代わりに使 われている。

Give me a buzz.=「口語」のところでも例として採り上げた。「電話を くれ」なのだが“buzz”が俗語である。この代わりに“ring”を使っても同じ ことになるので、ringも俗語に入れて良いだろう。勿論、正式には“call” と言うべきだ。

gas=ガソリンで、元は“gasoline”なのは言うまでもあるまい。故に、gas stationとなる。「ガソリン・スタンド」は和製英語だから「会話」では 使わないように。

the Big Apple =ニューヨークのこと。

telly =「テレビ」を意味するも俗語。

gotcha=こういう例も挙げておこう。(相手が言うことが)「解った」で あり、誰かを「見付けた」ないしは「捕まえた」という意味にも使う。 I’ve got you.を短縮した形。これは上品ではない部類だろう。「ガッ チャマン」のことではない、念の為。

私は以下の硬貨の俗称もslangと考えているのだが。

buck=ドルである。10?ならば複数の“s”を付けねばならない。

quarter=25セント。すなわち、4分の1である。

dime=10セントなのだが、“a dime”とすると否定的に使って“I don’t care a dime about that matter.”で「そんなことちっとも気にしない」 となって、ややidiom的な感も。

nickel=5セントになる。

penny=1セントである。


 ◎山田正彦氏、アメリカ報告

今アメリカにいます。大変大事な報告をさせて頂きますので、是非シェア 拡散して頂けますと有り難いです。

米国でNonGMO(遺伝子組み換え)食品の反対運動を成功に導いたゼンハ ネットさんにお会いして話を伺い、ご自宅で家族一緒の美味しい料理を頂 きました。

カリフォルニアの裁判所がモンサントのラウンドアップで癌になったとし て、320億円の賠償金を命じた判決言い渡しを彼女は傍聴していたのです。

米国では24の法律事務所が情報を共有して、8000件の同様な裁判が審議さ れているそうです。彼女もこれでモンサントも終りだと話して居ました。

日本の日本経済新聞でも、モンサントは1兆円の賠償金の支払いは免れな いのではとして、同社を買収したバイエルは株価が20%下がったと報道し ています。

彼女に近所スーパーを案内して頂きましたが、驚いたことに、山のように NonGMO、オーガニックの人参、キャベツ等の野菜、果物が積み上げられて います。

それだけではありません。鶏肉、牛肉、ソーセージ、ジュース、パン、菓 子売場のケーキ、すべての調味料もオーガニック、NonGMOのシールが貼 られています。

思わずで彼女に「普通の食品はどこにあるのですか」(笑)と聞いてしまい ました。彼女は笑いながら「季節によっては、入れることがありますが、 売れないのでこうなったのです」と。

彼女に言われてよく見ると、同じ食品でもオーガニック、NonGMOのシー ルが貼られていない物がありました。

例えば、伊藤園の「お〜いお茶」はNonGMOのシールが貼られていますが オーガニックはありません。確かに日本はお茶は農薬は使いますが、まだ GMOではありません。

最近、印鑰智也さんの米国東海岸の報告でも、今やスーパーでは NonGMO、オーガニックのコーナーがあって割合が大きくなったとしてい ますが、その通りです。

彼女の話では黒人街のスーパーにも、オーガニック、NonGMOのコーナー はあるそうです。

価格は割高にはなるものの、彼女の家族の医療費が年間120万円かかって いたのが、今では10万円になっているそうです。

しかしカリフォルニアでも、5年前までは、どこでオーガニック、nonGMO の食品を買ったらいいのかわからなかったそうです。

彼女は全米を2回、マンズアクロスアメリカの車でGMO.農薬の害を訴えて 回り、3年前に、オーガニック、Non GMOのシールができたてそうです。

今では会員も16550万人にもなっているそうです。

それによれば、NonGMOのシールが貼れるのは、僅かな混入は避けられな いので、食品は0.9%.飼料は5%まては認められるそうです。

ところが、日本では消費者庁は遺伝子組み換え食品は安全なので、これか ら国民に周知徹底させると、しかもモンサントと組んで、イベントを始め ました。

しかも年内にNonGMOの表示基準を0%にすると発表、日本では事実上 NonGMOの表示ができないように使用と話します。

ゼンさんが面白い提案をしました。民間でオーガニック、NonGMOの皆が 納得できるシールを作ればどうかと。
なる程、地方自治体でもカリフォルニアのように、独自のシールを作るこ ともできます。

まだまだ、希望はあります。頑張りましょう。(収録 中山)


 ◎何故「パワハラ」などという奇怪な言葉を使うのか:前田正晶

お陰様でテレビでは連日連夜塚原夫妻のパワハラ騒動で持ちきりだ。私は 独り密かに悲憤慷慨している。無駄な言動だとは百も承知でいうのだが、 こんな英語の熟語はないし、文法的には破綻している。でも有識者も、立 派であるべき評論家も弁護士さんたちも躊躇わずに「パワー・ハラスメン ト」か「パワハラ」と言う。何故「権力者による不当な圧力か嫌がらせ」 という日本語を使わないのかと、私は怒っているのだ。

それだけではない。新聞の投書欄を見ても一人の英語教師からの「このよ うな出鱈目なカタカナ語を使うのは止めよう」という意見が出てこない。 英語を教えておられる方々はおかしいとは思わないのかと、おかしいと 思っている。誰か一人くらい出鱈目振りを指摘してくれないかと願ってい る。英語の先生方とすれば「メンタルは形容詞」であり、「パワー」を 「力がある」か「力強い」という意味で使うのもおかしいと言って欲しい のだ。
Oxfordでは「身体的な力がある」という解釈は4番目にやっと出て来るの だが。

私は最早カタカナ語の奔流を止めることは不可能だと認識しているし、 「使いたい方はご自由に使ってください」と言っている。だが、情けない のは有名な大学で学んでこられた方々が何ら躊躇することなく「メ ジャー」だの「フリップ」だの「セキュリティー」などと言ってしまうこ とだ。おかしいとか恥ずかしいとは思わない感覚に呆れている。だから、 「テレビ局にこう言いなさい」と指示されているのだと疑っている。そう だったとしたら、何故「間違ったカタカナ語は使いたくない」と抵抗しな いかと奇異な感にとらわれている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

13日の東京湾岸は晴天。

12日、朝散歩しても汗かかず。公園ではセミが啼かなくなった。秋になっ たのだ。焼酎がますます美味しくなる。

読者:5580人






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/13

    PET検査はペテン



    (PET検査は欧米で禁止)



     「わずか1ミリの癌も発見」と鳴り物入りで登場したのがPET検査である。マスコミが大騒ぎしたおかげで希望者が殺到した。1回10万円と高額にもかかわらず、患者が押し寄せている。この検査は、癌細胞はブドウ糖を栄養源にするという事実を利用したものである。「ブドウ糖に放射性物質をくっつけておくと、ブドウ糖が集まって光る箇所に癌がある」という理屈である。しかし、盲点は、「ブドウ糖が集まる場所」が癌とは限らない。例えば、炎症があると、そこにはブドウ糖が集まる。すると、PET映像は真っ白に光る。それを見た医師は誤診する。こうしてPET検査で「扁桃腺炎」や「虫歯」を癌と誤診する。まるで笑い話である。さらに、脳はブドウ糖を栄養としている。PET映像で脳は真っ白に写る。それを脳腫瘍と誤認する。また、ブドウ糖は肝臓に多量にある。すると肝臓癌と誤診する。ブドウ糖は、排出する腎臓、膀胱にも溜まる。すると、膀胱癌、腎臓癌と間違える。このように、癌検診も誤診が続発する。さらに、患者は放射線で大量被曝する。関係者は「1ミリ未満の癌発見など、もともと無理」とあっさり証言する始末である。つまり、「1ミリの癌も発見する」などは真っ赤な嘘だった。だから、欧米では、PET検査は禁止している。癌検診に使われるのは日本、台湾、韓国などの後進国のみである。PET検査で癌と誤診された人々の末路は哀れである。超猛毒の抗癌剤で毒殺、無用な手術で斬殺、無残な放射線で焼殺された。



    (癌患者の1割強はCT検査で発癌する)



     医者に「とりあえず、CT撮っておきましょう」とさりげなく言われた人は多いはずである。CT装置は、最低でも1億円はする。そのローン返済には6000人以上の患者をCT検査で稼がないと返済できない。MRIやPET検査も同じである。そこで病院はキャッチ検査が横行する。これが検査漬け医療の温床になっていく。「日本人の癌の10人に1人は、CT検査のX線被曝で発癌している」と近藤誠医師は告発している。CT検査で被曝するX線量は、最低でもレントゲン撮影の300倍。近年は精度が向上している為、被曝も数千倍、数万倍となっている。しかし、CTで発癌X線を浴びていることすら患者は知らない。



    (癌検診の獲物になってはいけない)



     欧米では無効、危険が常識のPET検査は、日本ではしぶとく生き残っている。それが「PET・CT」検査である。なんと日本人10人中1人を発癌させているCT検査と合体している。最凶の発癌検査がタッグを組んで患者を襲いかかる。すると、CT+PET検査で発癌放射線被曝もダブル・アタックとなる。癌専門医は、これを「攻撃的検診」と呼んでいる。



     「肺癌検診を受けると肺癌になる」(チェコ・リポート) この決定的データに焦った厚労省は、偽論文をでっちあげた。その内容は、「毎年、肺癌検診を受けると、肺癌死亡率は半減する」と言うものである。岡田正彦博士は「完全な捏造報告で、日本人だけが信じる嘘である」と断罪する。近藤誠医師も「所詮は屁理屈、学問的に恥の上塗り」とバッサリ切り捨てる。しかし、厚労省は、捏造報告をマスコミに発表し、メディアも飛びついた。チェコ・リポートは完全黙殺した新聞、テレビが捏造報告を大々的に報道した。政府・マスコミいずれも、国際医療マフィアの走狗であることが明確になった。



     「肺・胃・大腸・乳・子宮・前立腺癌・・・これら国が推奨する癌検診は無効である」と岡田正彦博士は断言する。「有効性を示す根拠がない」からである。近藤誠医師も「これら癌検診は健康人を虜にするビジネス」と断罪する。胃癌検診で肺癌の6ー300倍もX線を浴びせられる。まず、バリウム検査は四方からX線を連続撮影する。それだけで被曝は肺癌検診の6倍以上である。人間ドッグや病院でのテレビ・モニター検査では被曝は胸部レントゲン撮影の100ー300倍に跳ね上がる。さらに加えて、大腸癌のバリウム検診は最悪である。なんと、肺癌検診の900倍も発癌X線を浴びる。「腹部に放射線など論外。癌を散らばす。免疫を落とす。リンパ球は10%に落ちる」と鶴見隆史医師は呆れかえる。さらに、内視鏡検査も「腸壁に穴」「心筋梗塞」「脳出血」などの重大事故が多発している。



    (ついにバレた。癌検診仕掛け罠)



     「癌検診は意味がない」と言う論文が米国で発表された。週刊文春も癌検診批判ののろしを上げた。つまり、世界的な巨大癌利権の闇を隠しきれなくなった証である。癌検診の実態そのものが患者を捕まえる病人狩り罠であることを告発しているのである。



     癌検診を受けても寿命は延びない。長生きできない。「癌検診が命を救うという確たる証拠はない」と言う真実を知らせるべきである。



     検診には早期発見による不利益(害)がある。その典型が癌でないものを「異状あり」と診断してしまう事。例えば、PSAと言う前立腺癌腫瘍マーカー値である。「血液検査で行われる前立腺癌検診では、「要精密検査」と診断された場合、癌かどうか確かめるために、股間や直腸内から何本も針を刺して、組織を取り、前立腺の細胞を調べる「生検」が行われる。米国の論文によると、この検査方法によって深刻なダメージを受けて入院したり、死亡したりするケースがあるという」(週刊文春) つまり、前立腺癌検診で死亡例すらある。まさに癌検診で殺される。そもそもPSAマーカーは米政府は「誤診が多く推奨せず」と実質禁止している。



    「大きな不利益となるのが、過剰診断に伴う害である。治療する必要のないものを病気と診断してしまう」「癌を放置したら、命取りになると思っている人が大半だろう。しかし、癌のすべてが大きくなったり移転したり、命を奪うわけではない。ゆっくり大きくなるものや、そのままおとなしくしているもの、いつの間にか消えてしまうものもある」「治療で身体を痛めつけ、かえって命を縮めるケースもある」(週刊文春の要約)

  • 名無しさん2018/09/13

    大地震発生後の通学路の安全確認方法とポイント

    https://sonaeru.jp/provision/school/school-route/p-26/

    リアル過ぎてドラマに出来ないストーリー / 9/11の不都合な事実

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68732542.html

    「覚醒」とか「洗脳」とか、大げさやなあ。と思てるあなたへww

    https://ameblo.jp/gekiokoobachan/entry-12404253081.html

    石破茂氏の絶望的な軽さ

    http://agora-web.jp/archives/2034217.html

    石破茂と美女

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%9F%B3%E7%A0%B4%E8%8C%82%E3%81%A8%E7%BE%8E%E5%A5%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiShLvH6rPdAhVIyLwKHQ4NAZ4Q_AUICygC&biw=902&bih=512&dpr=1.75

    石破茂を首相にしてはならない13の理由 早く気づこう 

    https://nihonnococoro.at.webry.info/201408/article_26.html

    ベネチアの黒い貴族とは誰なのか?

    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=289908

    野蛮な土人

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

    人種差別問題

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/09/10/2703%e3%80%80%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%8f%e4%ba%ba%e7%a8%ae%e5%b7%ae%e5%88%a5%e5%95%8f%e9%a1%8c%ef%bc%89/

    なぜ予防接種でB型肝炎ウイルスに感染するの?

    https://bkan-osaka.jp/special/about/why_carrier.html

    医療マフィアによる大量虐殺 

    http://www.asyura2.com/sora/bd15/msg/649.html