政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4796 号  2018・9・8(土)

2018/09/08

                         
                         
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4796号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年  9月8日(土)


          痛飲のあげく帰った「家」は:馬場伯明

         中国ステルス戦闘機「殲20」は:宮崎正弘 
        
      沖縄基地問題を巡る壮大な矛盾の構図:櫻井よしこ
       
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4796号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
痛飲のあげく帰った「家」は
━━━━━━━━━━━━━


        馬場 伯明

今年も押し迫り忘年会も終わった。酒を飲み過ぎた午前様の夜もあった。 2004年秋、朝日新聞の「声」欄に「酒」のテーマ投稿の募集があり、私の 投稿が採用された。酒の失敗談である。投稿・掲載文は次《  》。

《 「痛飲のあげく帰った『家』は」会社員 馬場伯明(千葉市59歳)  私が32歳頃のこと。週末の金曜日、あるパーティの裏方作業が終わり、仲 間10人で岡山の街に出た。日本酒やウイスキーを痛飲した。

東京から来た大先輩がどうしてもと言うので、地元に住む上司と共に、大 先輩の宿所に立ち寄り飲み直した。高知のドブロク、冷の茶わん酒、最高 だ。3人で一升瓶1本を空けてしまった。私の記憶は2人でタクシーに乗っ たところまで。運転手が私たちを団地の我が家まで運んでくれた。

ドアを開け、ずかずかと家に入る。ところがそこは同じ団地、同じ会社の 別の「馬場さん」の家だったのだ。驚く奥さん。タクシーの運転手が苦労 して結局我が家にたどり着けた。翌日は11時頃目が覚めた。「もうここに は住めない」と泣き叫ぶ妻は、ケーキ持参で馬場さん宅に謝りに行った。

週明け、月曜日の会社。意識不明だった上司は家までさらに40分かかった という。馬場さんに内線電話を入れて謝ると「やあ、来たらしいね。あの 日は私も午前様。おいしいケーキだった。また来てよ」。飲み過ぎてはい けないと痛感した一瞬だった》。

1980年頃は岡山県倉敷市で働いていた。私たちが支援する地元のH代議士 のパーティに島根県を遊説中だった長老のT代議士が駆けつけた。「言語 明瞭・意味不明」といわれていたが、長老はご機嫌でホテルの会場を埋め た支持者に極めて明瞭な言語と正確な意味の挨拶をした。

パーティが終わり裏方の仲間10人で岡山の街へ出た。21:00、当時岡山で は一流の歓楽街は田町(たまち)だ。札幌はすすきの、東京は銀座、大阪 の北新地、神戸の三宮、広島の流川、博多は東中洲、鹿児島は天文館。私 の故郷長崎なら銅座である。金曜夜の田町はにぎやかだった。カラオケが 流行し始め、クラブのフロアには一夜のダンスペアがあふれていた。

深夜23:30、3人が社有車で倉敷まで帰ってきた。大先輩のNさんが「俺の 宿所に来い」という。単身赴任用の幹部宿所が街の高台にあった。同乗の O先輩と2人で立ち寄った。宿所には私の部下である年配女性の管理人が深 夜まで待っていた。料理上手の彼女は、深夜なのに、手持ちの食材でつま みを造り、笑顔でさっと出す。

「俺はカンパリでいく。いい酒があるから、君たちはこれを飲め」と。N さんの故郷の高知県から届いたどぶろくの一升瓶だ。社内でも有名な酒好 きのOさんは舌なめずり、私も好きな方である。2人の茶碗酒がぐいぐい進 む。う〜ん、うまい。(仕上げの)1升瓶を空けてしまった。

夜中の0:30過ぎ。タクシーを呼んだ。私の家まで3分、先輩の方は5分であ る。だが、高台から下った途端に2人ともプッツン(意識不明)になった のであろう。とにかく朝まで記憶喪失状態であった。(以下のことは翌日 以降に知らされたことである)。

タクシーを降り運転手の肩にもたれ自宅の玄関に入り部屋に入る。する と、♪奥さん出てきてさあ大変!「あれ、どなたですか?」。何と!同じ 団地、同じ会社の、近くに住む別の「馬場さん」の家だったのだ。建物が 似ており深夜は運転手も間違いやすい。おまけに酩酊し朦朧状態の男2人 である。

運転手は宿所の管理人に公衆電話から電話し、管理人が事務の私の部下の 自宅に緊急電話をかけた(1:00)。ようやく妻に電話がつながった。運転 手が私を(玄関に)蹴り降ろすようにしてタクシーは去った(らしい)。

蹴り降ろされた私は翌日太陽が昇っても熟睡している。妻は開店と同時に デパート天満屋でケーキを買い、私がお邪魔した馬場さん宅に持参し、愚 夫の不始末を詫び、疲れて帰ってきた。

妻は張りつめた心の糸が切れ「もう、ここには住めない。どこへ行くの」 と泣き叫ぶ。宿酔いの私は頭の左端がまだ痛い。土曜の不気味な昼下が り。2人の無言のにらめっこから果てしない修羅場が続いたのである。

週明けの月曜日の朝。まず先輩のOさんに謝らなきゃと、別の事務室へ頭 を低くして早めに向う。ふと顔を上げたら、こちらへやって来るOさんと 廊下で鉢合わせした。あれっ・・。

「やあ、金曜日は・・・」と2人は同時に言った。事情がわかって大笑 い。だが、笑うた後はやがて悲しき・・なんとやら。2人とも深刻な反省 を余儀なくされたのである。その中身は、タクシー会社の所長が金曜日夜 の担当運転手の「真剣な怒りの報告書」に基づき、私に詳述したものであ る(タクシー会社の外注の管轄者は私だった)。

私を降ろした後も運転手はOさんの扱いで大変だったという。その日はた またま家族が旅行中で電話にはだれも出ない。運転手は酔っ払いの妄言ナ ビゲーターOさんに振り回され、約40分(本来は5分で着く)も家の周辺を 走り、歩きまわった。運転手はもうへとへと。2:00少し前に到着したらし い。そうか。Oさんもそうだったのか。

こういう話は一瀉千里。あっという間に会社のアナウンサー「役」から各 所へ伝播する。私の部下は深夜電話で1:00にたたき起こされた。「工場で 人身事故発生か」と思っただろうに、酔った上司とは。しかし、彼は(私 の名誉を守り)朝から無言を通してくれていた。その忠誠心に涙する。

「おい、元気、出したらしいな」「いよっ、馬場ちゃん、ご発展」「ええ 加減にしろ、奥さんがかわいそうやないか」などとあちこちの人が無責任 なご教訓を垂れる。あれやこれやで10:30頃まで仕事にならない。

やがて、気を取り直し、気を静め、私が押し入った先輩の馬場さんに内線 電話を入れた。「先日の夜は、どうも・・」と話したところで言葉を遮ら れた。「やあ、来たらしいね。あの日は私も宴会があり午前様だったん だ。おいしいケーキだった。また来てよ」という。トホホ、がっくりだ。

聞けば、奥さんは私を馬場さんと同じ宴会の仲間だと本気で思ったらし い。それが、朦朧とした私が奥の部屋へどんどん進んでいくものだから、 「これは大変」とあわてて細腕で押し戻したそうだ。

酒の飲み過ぎによる大失敗。悲惨な「酒の武勇伝」はこれにてお開きとす る。ずいぶん昔・・・私が32歳のときのことだ。さて、これを書いた今夜 は、寝酒はやめておこう。(千葉市在住2008/12/25 2018/9/7再掲)

(追記)
1.投稿が朝日新聞(全国版)に本名で掲載(2004/10/31)されるやいな や、私に気付いた何人かが遠方からも電話してきた。厳しいお叱りを受 け、また、思い切り「アホ」扱いされた。

2. さて、10年後。2018.9.7の今も、私は365日飲酒している。拙稿の再掲 に際し回想してみた。酒で泥酔し意識不明で帰宅した経験はこれまで2回 だから多くはない。(いや、多いか?笑)。「それならばもう1回はどん な場なんや?言え、書け」と突っ込まれそうだ:笑)。

40年前、大きなパーティの裏方の仕事から解放され、気を許し、しこたま 飲んだ田町の後での、あの仕上げのどぶろく1升のうち、私は一体どれほ ど飲んだのだろうか?(了)

           

━━━━━━━━━━━━━━
中国ステルス戦闘機「殲20」は
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月6日(木曜日)
        通巻第5818号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国ステルス戦闘機「殲20」は米軍F22ラプターに並ぶと豪語
  他方、ロシアの最新鋭機スホイ35も年内に24機を配備
**********************************

中国人民解放軍の軍拡が急ピッチ。国産空母につづき、こんどは国産のス テルス戦闘機J20の大量配備だ。

成都航空集団が製造しているJ20(殲20)は、これまでに20機のプロッ トタイプがお目見えして試験飛行を行い、さらなる改良を加えてきた。年 内に量産体制が稼働し、「近年中に200機の配備を終えるだろう」と鼻息 が荒い。

胡錦涛時代だった。北京でゲイツ国防長官が胡錦涛と会見のおりに、成都 でのステルス戦闘機に言及すると、胡錦涛はそれを知らなかった。

国家主席であり、党総書記であり、軍事委員会主任であるトップが、軍の 情報を把握していないのでアメリカが騒いだ。

中国が自主開発を自称するJ20は、アメリカの最新鋭ジェット戦闘機F22 ラプターと肩を並べる性能を誇り、そのスピード、耐久性、レーダーや電 子機器を搭載してのハイレベルの戦闘能力、その隠密性を豪語した。

しかし西側の専門家は、ステルス性にも問題があり、これは戦闘機という よりも爆撃機、台湾侵攻が主目的ではないかと見ているようだ。

また米国は11月に最新鋭F35を12機、嘉手納基地に配備し、在韓米軍にも 40機を配備する。

一方で、中国はロシアから最新鋭スホイ35を、24機体制とする。すでに 22011年に25機分、25億ドル支払っており、17年末までに14機が納入され ている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 日米同盟の解体は安部政権の登場によって辛うじて避けられた
  しかし内政は「大きすぎる目標が全てを空虚にしている」印象

  ♪
小川栄太郎『安倍政権の功罪』(悟空出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@

安倍政権の5年半を振り返って、類書には無い「戦略的」な観点から総括 するのが本書である。批判本もたしかに多いけれども書店でもほとんど売 れていない。

安倍評価の本は平積みされている。

なかでも政局の視点から安倍政治を概括し、前向きに評価したのは阿比留 瑠偉氏(『だから安倍晋三政権は強い』)、また内側からは、スピーチラ イターの谷口智彦氏が、安部の人物像を活写した(『安倍晋三の真実』)。

この2冊はそれなりに面白かった。

小川氏は日本の国家の運命を視座に、安部政治を外交と内政にわけて、外 交を高く評価するという特色を出している。

なによりも他律的でふにゃふにゃで、防衛力も定かではなかった日本の立 ち位置をしっかりと安定させ、安部は「重病人の日本が筋肉質な若者に生 まれ変わった」とまでいうのである。

オバマは親中路線にのめり込み、G2を目指した。

日本の頭越しに米中同盟結成の寸前のところまで突き進んだ。おまけに日 本には唐変木民主党政権が3代続き、米国の日本不信はマージナルな危機 ラインまで落ち込んでいた。

「オバマ政権はアジアへの関与政策を標榜しながらも、中国の海洋進出を 牽制する動きがあまりにも微弱だった。安部が外交始動一年で示した東南 アジア政策は、戦後日本が初めて試みる積極的な安全保障上の関与政策 だった」(60p)

安倍は「民主主義」と「人権」を掲げた。

「近代世界の主導理念である民主主義と人権が、共産党による圧政と情報 統制の国、中国の経済成長=台頭により、力を失いつつある。近代史は自 由民主という政治的イデオロギーと国民の経済的満足度が比例するという 仮説のもとに進展してきたが、ここへ来て、その仮説が崩れつつあるの だ。価値観が揺らぎ、そのなかで経済的な保護を求めて揺らぐASEANだか らこそ、日本は自由民主の価値観におけるアジアの大国たることを宣言す る」(68p)。

この安倍ドクトリンを追いかけるかのように習近平はシルクロード構想を 提唱した。いま、その中国のバラマキと裏の意図を悟って、世界が中国に 警戒心を深めた。

親中路線を大きく修正したのが豪とマレーシアだった。フィリピンにもそ の兆候がでてきた。日本外交がしっかりしてきたからだ。
 ただし日露関係はプーチンとの個人的な関係を築き上げたものの「前の めりの憂鬱がある」と釘を刺す。

ともかく安倍外交は「日米同盟の解体は安部の登場によって辛うじて避け られた」のである。しかし「オバマ政権=日本の民主党政権時代、アメリ カが大きく親中に梶を切り、日本を捨てつつあったことを決して忘れては ならない」(116p)

さて国内政治だが、安倍政権スタート直後から、「黒田バズーカ」(異次 元の金融緩和)が炸裂し、株価が吹きあがって景況感に湧いた。そのアベ ノミクスに疲労かがひたひたと近付いてきた。

功罪の罪の方が内政に目立ち始めたと小川氏は冷静に言う。

「大きすぎる目標が全てを空虚に見せている」(156p)。

第一がGDP600兆円達成目標、第二が子育て支援、希望出生率1・8と いう数値目標がでた。第三は社会保障、とくわけ介護離職ゼロを打ち出した。

だが、「一億総活躍」も「地方創生」も看板倒れになる怖れがある。まし てや「クール・ジャパン」は発想そのものが間違っていると手厳しい。
安倍政権の功罪を考える戦略的思考の中間報告である。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 平成の大演説会Vol.27を開催いたします。ふるってご来場 ください。
平成の大演説会Vol.27 「朝鮮半島、今そこにある危機」

             記

とき   9月12日(水)午後6時45分開会(開場6時30分)
ところ  文京シビック・小ホール(文京区春日1−16 −21 )
講師   古田博司氏(筑波大学教授)
演題  「朝鮮半島、今そこにある危機」
     トランプ・金正恩会談の裏に潜む驚愕の事実。
「廊下国家」の南下を象徴する「コリア連邦共和国」建国のうごめきに警 鐘を乱打し、それへの備えを明かす! 「教えず、助けず、かかわらず」 という否韓三原則を提唱した稀代の碩学の卓説にぜひ、耳を傾けてください。
協力費  2000円
主催   展転社
     TEL03-5314-9470 FAX03-5314-9480



  ♪
(読者の声2)沖縄の『八重山日報』が左翼に邪魔されて購買数が伸び ず、沖縄本島から撤退の危機にさらされています。

ぜひ本州の方に応援購読をお願いしたく、メールで拡散頂けないでしょ うか?

『八重山日報』は、沖縄に必要な新聞だと考え、私も今ボランティアでお 声がけをしていますが、なかなか上手くいきません。沖縄応援に、どうぞ お力を御貸し下さい。
購読料は沖縄の方は2160円。それ以外の方は郵送込みで3600円です。
FAX(098)851−9442(桂和子)

   ♪
(読者の声3)中国における電気自動車の取り組みをTV番組で見ました が、補助金で無理やり普及させようとしている印象でした。東莞市ではタ クシーに大量導入するも充電に2時間もかかり仕事にならない。対策は充 電中の時間も給料を払うというもの。バッテリーに画期的な新技術が生ま れない限り電気自動車の普及は夢の世界。日本得意のハイブリッド車では プリウスが有名ですが、動画サイトには燃料満タンで1000km走行という ものがあります。

トヨタに対抗すべく日産が売り出したノートeパワーは1200ccという小型 エンジンで発電しモーター駆動する仕組みですが、モーター駆動特有の力 強い走りが人気となり、いまや小型車ナンバーワンの販売実績。さらにワ ンボックスカーのセレナeパワーは1700kgを超える車重にもかかわらず 1200ccの発電用エンジンで十分な走行性能と燃費のよさを両立させ、これ また燃料満タン(55L)で1000km走行の動画がアップされています。

マツダはエンジンの高効率化の取り組みを強化、発電所からの送電ロス などを考慮するとエンジン車の優位は当分続くと見ています。

テスラなど金持ちの道楽車、香港では高級ホテルに充電設備があるのが売 りでしたが、電気自動車への税制優遇措置の打ち切りで販売はゼロまで急 降下。

電気自動車の普及が難しい理由には電力事情もあります。

イギリスの事例では鉄道の電化計画にあわせ電車を導入しようとしていた 会社が電化の遅れによりディーゼル発電のモーター車に計画変更(日立の 車両)。電化計画の際、発電所の増設まで考慮していなかったというお粗 末さ。

中国で電気自動車化を強引に進めると電力不足になるのは確実。すると コストの安い石炭火力が増え大気汚染はさらに深刻化という笑えない事態 になることでしょう。(PB生、千葉)

   ♪
(読者の声4)「真実の種を育てる講演会」のお知らせです。

             記

とき    10月6日(土曜)18:30
ところ   文京シビックセンター26階スカイホール
講師    松本国俊(『本当は日韓併合が韓国を救った』の著者)
演題    「本当は仲良しだった日本人と韓国人」
参加費   1000円(学生無料)
主催    真実の種を育てる階 連絡先(03)6912−0047


           
━━━━━━━━━━━━━━━━━
沖縄基地問題を巡る壮大な矛盾の構図
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

「沖縄基地問題を巡る壮大な矛盾の構図 『不都合な真実』の予見は説得 力がある」

沖縄県が熱い政治の渦の中にある。翁長雄志知事の死去で、知事選挙が9 月30日に繰り上がった。氏の後継者として小沢一郎氏の同志で、自由党幹 事長の玉城デニー氏が出馬する可能性が濃厚だ。

自民・公明の候補者は普天間飛行場を擁する宜野湾市の前市長、佐喜眞淳 氏である。宜野湾市議、沖縄県議を経て宜野湾市長に至る足跡は、激しく ぶれた翁長氏の経歴とは対照的だ。

両氏の一騎打ちが予想される中、沖縄では「弔い合戦」「オール沖縄」な どの言葉が飛び交う。現地紙の「琉球新報」「沖縄タイムス」は、翁長氏 が辺野古の海を守るべく本土政府と鋭く対立し、命懸けで闘ったと熱く報 じ、知事選挙を氏の遺志を継ぐ弔い合戦だと印象づける。2紙は沖縄県人 が一致して「オール沖縄」で本土政府と闘うという形づくりに懸命である。

しかし、「オール沖縄」は本当に保革両勢力を束ねる政治基盤なのか。翁 長氏はかつての自民党県連幹事長で、普天間飛行場の県内移設を容認して いた。その保守の政治家が共産党主導の革新勢力と手を結んだために保革 両勢力が結集したかのような印象を与えたが、真実はどうか。翁長氏はな ぜ突如、辺野古移設に反対し始めたのか。

こうしたことを本土側の思い込みで理解しようとすると、必ず間違う。で はどうしたら沖縄を理解できるのか。

田久保忠衛氏は沖縄返還の前、時事通信那覇支局長だった。氏は沖縄理解 の基本として「沖縄学の父」とも言われる伊波普猷(いはふゆう)を読む ことだと語る。沖縄・久米島にゆかりのある佐藤優氏も伊波の『おもろさ うし』を読み通したと、どこかに書いていた。ちなみに伊波は誰も研究す る人のいなかった時代から琉球の万葉、「おもろ」を研究し『おもろさう し』をまとめた。

伊波の膨大な著作に加えて、手軽な新潮新書『沖縄の不都合な真実』(大 久保潤、篠原章著)を読めば、かなり沖縄のことがわかる。『不都合な真 実』は現在進行形の事象を中心にしたジャーナリスティックな著述だ。

大部の専門書である伊波の全集と、小振りな新書は沖縄理解の根本におい て重なっている。両者に通底するのは沖縄へのあたたかな想いと、沖縄の 暗部への深い斬り込みである。

『不都合な真実』は、誰も反論しにくい「沖縄の被害者の立場」を前面に 出した「沖縄民族主義」を冷静に批判し、補助金依存型経済と公務員優位 の社会構造にメスを入れない限り、基地縮小は進まないと断ずる。同批判 は伊波がざっと以下のように指摘した「沖縄人の最大欠点」と本質的に重 なる。

〈日支両国に従属した歴史の中で沖縄人は二股膏薬主義を取らざるを得 ず、生きるために友も師も、場合によっては国も売るという性質を育んだ〉

弱者の立場ゆえに、生存のためにはどっちにも転ぶというのだ。

結論を急げば、翁長氏を支える勢力は「オール沖縄」と称されるようなも のではない。4年前の知事選挙の得票率は、翁長氏ら辺野古移設反対派が 52.7%、容認派が47.4%だった。実態は「オール沖縄」ではなく「沖縄二 分」なのだ。

『不都合な真実』は翁長氏の突然の変心は「カネと権力」を巡る覇権争い ゆえだと分析し、本土の私たちのように、翁長氏変心の原因を辺野古移設 を巡る立場の違いに求めるのは「まったく的外れ」だと斬って捨てる。

沖縄問題は難しい。基地縮小の施策はおよそいつも現地の反対で妨げられ る。同時に、基地負担の見返りに膨大な額の補助金が要求され、政府が応 じる。それが基地縮小へのブレーキとなる。この壮大な矛盾の中で、今 後、沖縄の自衛隊誘致運動が海兵隊の縮小に伴って一大勢力に発展すると の『不都合な真実』の予見には、十分な説得力がある。表面的な考察での み沖縄問題を論ずると間違うのである。
『週刊ダイヤモンド』 2018年9月1日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1245

   
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎ツイッター、陰謀論者ジョーンズ氏のアカウントを永久凍結

【9月7日 AFP】米ツイッター(Twitter)は6日、極右主義の陰謀論者とし て知られるアレックス・ジョーンズ(Alex Jones)氏のアカウントを永久 凍結し、サービスの利用を禁止したと発表した。

ジョーンズ氏は、2001年の9.11米同時多発攻撃を米国の自作自演とする陰 謀説を唱え、2012年に米コネティカット州のサンディフック小学校 (Sandy Hook Elementary School)で起きた銃乱射事件を「やらせ」だと 主張している人物。ドナルド・トランプ大統領は、2016年米大統領選の選 挙戦中にジョーンズ氏によるインタビューに応じ、「あなた(ジョーンズ 氏)の名声は素晴らしい」「私はあなたを失望させない」などと述べていた。

ツイッターは自社アカウント「@TwitterSafety」への投稿で、ツイッター と同社の動画配信アプリ「ペリスコー(Periscope)」において「本日、 @realalexjonesと@infowarsを永久凍結した」と発表した。「インフォ ウォーズ(InfoWars)」はジョーンズ氏が運営するウェブサイト。

凍結理由としてツイッターは、「昨日(5日)投稿されたツイートと動画 が、攻撃的な行為に関するわが社の規約に違反しているとの新たな報告 や、これらのアカウントの過去の違反に基づき、措置を取った」と説明し ている。

ジョーンズ氏は5日、ツイッターのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)最 高経営責任者(CEO)とSNS最大手フェイスブックのシェリル・サンドバー グ(Sheryl Sandberg)最高執行責任者(COO)幹部を召喚して首都ワシン トンで開かれた米下院公聴会に出席。廊下で米CNNテレビの記者や共和党 のマルコ・ルビオ(Marco Rubio)上院議員と口論する様子を映した動画 を自らインターネットに投稿していた。

ジョーンズ氏はアカウント凍結について、インフォウォーズ上で「私は、 うそをついたため排除されたのではない。われわれが真実を語っているか らだ」とコメントしている。

ジョーンズ氏のソーシャルアカウントをめぐっては先月、フェイスブック や動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)、音楽ストリーミング配信 大手スポティファイ(Spotify)、アップルなどが相次いでサービスの利 用を制限または禁止。ツイッターも同様の措置を取るよう迫られていた。

イッターはこれまでフォロワー数およそ90万人を誇るジョーンズ氏のアカ ウント凍結を拒否し、8月に1週間だけ同氏の投稿を禁止する措置を取って いた。(c)AFP/Issam AHMED

【写真】
・  米首都ワシントンの連邦議会議事堂で記者の質問に答える、極右の陰 謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏(2018年9月5日撮影)。 (c)Jim WATSON / AFP
・  極右の陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏のツイッ ターのアカウントを映した画面(2018年8月15日撮影)。(c)Eric BARADAT / AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3188779?pid=20493694
【AFP】2018年9月7日 12:36  ワシントンD.C. 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎70歳台が指導する時代ではない:前田正晶

敢えて実名は伏せるが、今回都内の某大学のフットボールの監督に就任さ れたX氏はアメリカの強豪大学にもコーチ留学され、ライスボウル二連覇 に導いた経験豊富な人物である。

その彼は40歳台半ばに達した時に「もう私に出来ることは終わった。凄い
スピードで進歩し変化していくアメリカのフットボールには従いていけな い」と言って大学のコーチを辞し、附属高校の指導者に転じ、そ こ で成 果を挙げた。

他にも私が知るXリーグのオフェンスのコーチ経験者は「私は現場を離れ て5年も経ってしまった。最早現在のフットボールのオフェンスの新たな システムには到底付いていけない」と述懐している。もっと手っ取り早い れを挙げれば、1955年まで大学でサッカーをやっていた私はその後は仕事 の為にサッカーから離れざるを得なかったので、現在の日本代表やJリー グのサッカーなどを見ていても理解不能な点が多過ぎる。時代の変化を痛 感させられる。

それだけでない。現在のあらゆる競技の選手たちの体格と体力は1933年生 まれの私には想像もつかないほど進歩し向上している。その体で近代的な トレーニングの方法で鍛え抜かれてきた者たちを70歳台の老人が偉そうに 指導するのは烏滸がましいし、第一に無理があると思う。現在のNPBの監 督で70歳台の者がいるか。サッカーのA代表の監督になった森保は何歳 か。マスコミは一向にこの年齢層の違いを衝かないし、塚原夫妻にも自覚 がないようだ。彼らは潔く退くべき年齢だ。

アメリカのビジネスの世界では1970年代にして「Forty out!」(=40歳に して芽が出ていない者は去れ)という言い方まであった。きついことを言 うなと思った。というのも、私がW社に転じた時は既に42歳だったのだか ら。当時、CEOのジョージに次ぐ#2と言われていたB氏は36歳でその地位に まで昇っていたと聞いた。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

8日の東京湾岸は晴天。

いつも散歩する都立猿江恩賜公園ではあれほどやかましかったセミの声が 全くしなくなった。秋なのだ。

隣の第3亀戸中学校のプールでは7日昼前、生徒たちが泳いでいた。
























規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/08

    最近のNHKは音楽になると音が大きすぎて不愉快極まりない。

  • 名無しさん2018/09/08

    無人兵器の現状を取材して驚嘆した。



     軍事技術は、これまで、広く、深く、変貌を遂げている。そして、世界の市民たちは、全く、その現実に気づいていない。それでは、これら多種多様なドローン兵器を作っているのは誰だ?



     いうまでもなく軍事産業だ。では、誰が買い上げているのか?



     各国政府だ。では、その金は誰が出しているのか?



     そう、我々である。血税として召し上げられている税金が、このような奇妙な奇天烈な兵器群に変貌しているのだ。



     このような珍妙なドローン兵器の数々の存在を初めて知ったはずだ。世界のメディアが、その存在に、一切触れてこなかったからだ。彼らは、これら新型兵器ドローンに関する最新情報の流出を許さない。だから、かろうじて一部、兵器マニアたちがオタクとして、これら情報を収集してきたにすぎない。



     しかし、納税者であり、主権者である我々は、国家が、政府が、これからどのような方向に向かっていくのか、監視する権利と義務がある。



     世界を支配する巨大な悪意は人類を知らず知らずのうちに悲劇の未来へと導いているのだ。ドローン・ウォーズを知ることは、未来の危機を知ることだ。



     我々の未来は、決して人任せにしてはならない。かって、いくたびも過ちと悲劇は繰り返されてきた。もう同じ轍を踏んではならない。近未来に起こされようとしているドローン・ウォーズの現実を直視しなければならない。そして、あらゆる場面で市民として、反対の声をあげなければならない。



     ドローン兵器の元祖がブレデターである。英語名は捕食者であり、敵を餌食にするという意味だ。



     この原形は、1970年代にイスラエルで開発された。最初の目的は偵察だ。敵情偵察は、それまで有人の偵察機が行っていた。しかし、敵に襲撃される危険が常に伴う。実際、冷戦時代にはアメリカの偵察機U2型機が旧ソ連のミサイルに襲撃され、大きな国際問題となった。



     無人機ドローンを導入する理由として、軍事専門家は3Dを挙げる。それは、危険(デンジャー)、単調(ダル)、汚い(ダーティ)である。偵察機は24時間、敵の上空で敵情を監視する必要がある。人間の搭乗員には、耐えられない。さらに、相手国の領空を侵犯して行うダーティ任務なのだ。有人では困難な3Dの任務も無人ドローンなら難なくこなせる。



     このドローン兵器の3大メリットに、今や世界の軍事産業が熱い視線を注いでいる。先に注目されたのが無人偵察機ブレデターである。全長約8メートル、翼幅約15m、高さ約2メートル。小型プロペラ機のセスナとほぼ同サイズだ。鼻先が不格好に膨らんでいるのは、超高性能レーダーや監視カメラなどを搭載しているためだ。自重約500kgと軽く、低出力エンジンで飛行する。だからエンジン音も小さい。さらに、無人機のメリットは俊敏な方向転換ができることだ。有人機のパイロットは加速度Gに耐え切れない。しかし、ドローンなら一瞬の飛行変化も可能だ。航続距離は3000?以上。最大高度約7600m。滞空時間は40時間。その間、ゆっくりと高空を旋回して敵の動向を監視し続ける。



     ブレデターはボスニア紛争で実戦配備され、その超高性能を余すことなく実証した。色めきだった米軍の陸・海・空の三軍が、まさに三つ巴の争奪戦を始めた。この無人機は、やがて急速に凶悪に進化していく。軍部が望んだのは、この無人機に殺傷兵器を搭載することだった。それは、無人偵察機をリモコン式殺人マシンに改造することだ。こうして、ミサイル「ヘルファイア」を搭載した「ワイルド・プレデター」が登場した。 それは9・11直前には、地上のスイカを粉砕するほど精度の高い攻撃性能を実証していた。ではどこから操縦するのか?



     当初、ドイツ国内に駐留する米軍基地から操縦する計画だった。しかし、ドイツ政府は「地位協定違反」と拒絶する。そのため、米軍は次の計画にシフトとした。



    「ならば、地球の裏側から撃て」



     つまり、米本土のCIA本部から操縦する。そして超遠隔の無人攻撃システムが完成した。無人機オペレーターは地球の裏側から、プレデターのカメラが捉えた風景をモニター画面で見ながら操縦し、地上のテロリストを発見すると、迷わずミサイル発射ボタンを押す。白黒画面に爆煙が立ち敵は粉々に吹き飛ぶ。



     地球の裏側から戦争をする。こうして戦争のスタイルが根底から変わってしまった。



    「テレビ・ゲームと同じじゃないか」



     誰もが、そう叫ぶだろう。その通り。しかし、戦地ではミサイル攻撃で死体の山が築かれている。こうして無慈悲なドローン・ウォーズは幕を開けた。

  • 名無しさん2018/09/08

    平井修一さんが投稿しないと話題が狭くなってくる。

  • 名無しさん2018/09/08

    「山本信一郎の懲戒免職」「ご譲位5月1日に変更」「壮麗なご譲位パレード」「盛大な立太子パレード」を

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/09/06/011821

    安倍晋三首相、拉致問題解決に重ねて決意 新潟市内の演説で

    https://www.sankei.com/world/news/180905/wor1809050044-n1.html

    言い訳不能なメタタグ発見と、天声人語風イイワケ予測。

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12403000652.html

    石破茂の著作の嘘記述を新聞記者がボコボコにしてしまう喜劇が発生 自分の責任は完全に否定

    http://japannews01.blog.jp/archives/50513494.html?ref=popular_article&id=4445257-186973

    電気自動車IZA

    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%EF%BC%A9%EF%BC%BA%EF%BC%A1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi1iszA1qfdAhVHzLwKHV7wCnkQ_AUICygC&biw=1088&bih=470&dpr=1.75

    【ハニートラップ疑惑】石破茂はオンナで北に魂を売った?外交で女性をオネダリ

    https://matome.naver.jp/odai/2152956846754779001

    私をデモに連れてって

    https://i2.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/11.jpg?ssl=1

    https://i2.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/22.jpg?ssl=1

    https://i2.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/33.jpg?ssl=1

    https://i1.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/44.jpg?ssl=1

    https://i0.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/55.jpg?ssl=1

    https://i1.wp.com/samurai20.jp/wp-content/uploads/2015/04/66.jpg?ssl=1

    レスリング、ボクシング、体操… アマチュア競技団体でガバナンスが機能しない理由 

    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/180906/spo1809060004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop

    武建一逮捕で労組組織が号外

    関西生コン各労組からも孤立する連帯ユニオン

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53292960.html

    「中国どころか世界中が韓国を疑い始めたぜ!」

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-402.html

    NHK「ノモンハン責任なき戦い」で歴史偽造「ソ連の大量近代兵器に日本は2万人の死傷者出し敗北」

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7182.html

    「ワクチン」があなたを病気にする 

    http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/465.html