政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4774 号  2018・8・17(金)

2018/08/17

                      
                       
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4774号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年8月17日(金)



        中国のAIロボット開発の凄まじさ:宮崎正弘

           インスリン注射不要の夢: 渡部亮次郎

        トランプの独批判は即日本批判だ:櫻井よしこ
                        
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4774号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━
中国のAIロボット開発の凄まじさ
━━━━━━━━━━━━━━━━           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月14日(火曜日)弐
       通巻第5791号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 中国のAIロボット開発の凄まじさ
  不足するエンジニア確保は米国のシリコンバレーでリクルート
**********************************

 油断大敵。

産業ロボット、とりわけ半導体製造装置や自動車の製造工程での塗装、組 み立てなど分野別ロボットでは、いまだに日本からの輸入に頼っている中 国だが、次世代のAIロボットの研究開発は、凄まじい加速度をともなっ てきた。

なにしろ政府の補助金がふんだんに付いており、不足するエンジニアは米 国のシリコンバレーでかき集めている。アリババも百度もテンセントも、 シリコンバレーで、AIロボット研究開発ラボを立ち上げ、優秀な学生、新 卒をアメリカ人にターゲットを設定してリクルートしているのだ。

介護ロボットはすでに672の介護学校で教育現場に投入され、結構な人 気を博しているという(アジアタイムズ、8月13日)。キイコという愛 称のロボットは日本の愛玩ロボットのパクリかと思われるが、教師の補助 ができるレベルに達したという。

清華大学がまとめた「2018年中国のAIロボット報告」に拠れば、2017b年 に35億ドル規模のAI市場は、2018年に倍増する予測が出ている。

世界全体で51億ドルのAI市場の規模は2023年に173億ドルに成長する。 とくに2013年から2018b年までの累計で中国は世界市場の60%を寡占する までになった。

政府の補助金がつくと聞いて雨後の竹の子のごとく北京の中関村に誕生し たAI企業はじつに4000社におよぶ。

1月には中国政府が121億ドルを投下して、北京郊外に新しくAI研究セ ンター特別区を設置するなど、その凄まじい意欲を目撃すると、アメリカ の焦燥もよくよく理解できるだろう。


[MADE IN CHINA 2025]プロジェクトの中核が、予算配分 から推定して、このAI開発にあり、ロボットがAIを搭載しGPSと連 結して軌道力を発揮し、最先端機能を備えて、レーダー誘導という整合性 をえたものが完成するとなれば、まさに中国が「軍事ロボット」を世界に 先駆けて誕生させることになる。

アメリカの専門家には、「極端な一時的現象に過ぎず、風力発電ブーム、 太陽光パネルブームが補助金打ち切りと同時に去ったように、脅威視する 必要はない。中国の技術は日米の水準に十年の遅れを取っている」という 楽観論もあるが。。。。。
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 8月12日は、テレ朝が、日米戦開戦の日本悪玉説(東京裁 判史観)と異なる歴史観で作ったドラマを放映しました。ここで重要なの は、オアフ島の日本領事館にスパイとして赴任した森村(偽名)の仕事 は、ありきたりの軍事スパイの話で、本当に重要ではなく、東京裁判史観 であるはずの朝日系ジャーナリズムが、非東京裁判史観のドラマを放映し たことです。

朝日グループ内で何かが起きているのか、大変興味があります。
 彼らが東京裁判史観を放棄した場合、教科書検定にも影響を及ぼすので はないかと思います。

一方、NHKのBS1では10:00~0:00迄、“悪魔の兵器”原爆はなぜ誕生、科学者 の闇を放映しました。

ここでは兵器開発を主導した科学者ブッシュ(大統領親子とは関係ありま せん)、ロスアラモスの所長オッペンハイマー、F.D.R、トルーマン、 バーンズ他が、開発と投下を推進したように描かれていますが、私が気が ついたのは戦時国際法違反の話が全く出てこなかったこと、戦争が早く終 わってしまい原爆投下のタイミングを逃すことを彼らが恐れていたこと。
従って日本の意思に拘わらず、原爆を投下するまでは日本に降伏させない ように彼らが持っていった疑いが濃厚なこと。

そして、マニフェスト・デスティニーと根を一つにする非白人、非キリス ト教徒(ユダヤ教徒)の日本人を彼らが非人間的な存在として見ていたの ではないかという問題、はじめはドイツが先に開発してしまうのを恐れて はじめたにしても、そのドイツは1942年には開発を断念していたそうです から、あと投下する対象は日本なわけで、これだけの予算を闇で使ったの に実績を残さないと彼らが責められる立場になることをいやがって日本に 原爆を投下したとしか思えません。

自分の身かわいさで日本に原爆投下を行った可能性があります。

WGIPには、初めは原爆関係は目的に入っていませんでしたが、日本を占領 してから後に立案された第3期計画(1948年2月付のCIE文書以降)で、 原爆に対する批判への対応として、日本の悪事を一緒に書けという指針が 示されたのです。この線で、慰安婦の話や南京大虐殺の話もアメリカが必 用とする面があります。もっと突っ込んで調べる必要性がありそうです。 (関野通夫)



  ♪
(読者の声2)原爆投下については、東郷和彦氏が、文藝春秋編『日本の 論点2008』に、原爆投下に関する「三重のねじれ」等について論じられて いますね。

このうち、トルーマン米大統領が原爆を投下した理由については、「実証 的な研究と正確な認識が遅れたが、比較的最近になって歴史認識が明らか にされはじめた」として、

  *   7月26日に発表されたポツダム宣言では、日本政府が固執すると予 想された「皇室の地位の保証」という条項をはずし、そのままでは同意が 得られないような厳しい内容となった。

  *   一方、原爆投下は7月25日、スティムソン陸軍長官とマーシャル陸 軍参謀総長によって正式に承認され、投下の期日は「8月3日以降」、投下 場所は「広島・小倉・新潟・長崎」の中から2か所となった。

というような歴史的事実から、「トルーマンは日本の降伏意図を知ってい たが、核の力を議会と国民に見せつけ、戦後の核計画を支持させるために 実行したとの見解(鳥居民、2007年8月12日付産経新聞)、さらにはソ連 が参戦する前に戦争を終結させめに行ったとの見解(長谷川毅『暗闘』中 央公論新社)等」を「急浮上させている」と述べられています。

「原爆投下・ソ連参戦・終戦の関係については、国民意識上も、学問上も 結論は出ていない」と述べられていますが、ここでいう「国民意識上」と いうのは、米国民の意識上なのか日本国民のなのかは不明です。

  近年、開戦時の米国側の動きについては、フーバー元大統領の回顧録 公刊や翻訳などもあり、日米両国で、従来の通説・俗説を覆す見解をあら ためて「浮上させている」ようですが、終戦(敗戦)の経緯についてもさ らに踏み込んだ研究を期待したいもの(CAM)」




━━━━━━━━━━━
インスリン注射不要の夢
━━━━━━━━━━━


      渡部 亮次郎

2006年8月、京大の山中伸也教授が、人の皮膚から採った細胞に4つの遺伝 子を入れて培養したら、万能細胞ができた。iPS細胞=人工多能性幹細胞 と言うそうだ。

万能細胞から、神経細胞、心臓細胞、臓器細胞、血液細胞、軟骨などが作 られ糖尿病や心臓病に使えるとされている。

自分の皮膚から採った細胞だから、自分の体に入れても拒否反応がない。 ノーベル賞だという声が上がって本当に受賞した。細胞や臓器の再生へ、 万能細胞の研究競争が激化するだろう。

山中教授は、何年かしたら、人工細胞ができると言う。激しい競争がある からだ。

しかし、4つの遺伝子は、癌細胞から採っているので、人に応用すると思 わぬ事故になる可能性があると言う。

山中氏は、神戸大→大阪市立大→カリフォルニア大と研究を続けて、世界初 の万能細胞を作った。

人工細胞は、糖尿病、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脊髄損傷(せきず いそんしょう)などの治療に使える。
http://www2.ocn.ne.jp/~norikazu/Epageh3.htm

このうち糖尿病治療への展望について専門家に聞いて見ると、うまくすれ ばインスリン注射が要らなくなる可能性があるという明るい見通しがある らしい。

糖尿病は、食べたものを血肉にするホルモン「インスリン」が膵臓から十 分に出てこないため、溢れた栄養(ブドウ糖)が血管を内部から攻撃した 末に小便に混じって出る病気である。小便が甘くなるから糖尿病。

糖尿病それ自体ではなかなか死なないが、内部から血管を糖分で攻撃され ると、脳梗塞、心筋梗塞、盲目、足の切断、癌多発といった
「合併症」を招いて、寿命より10年は早く死ぬ。

栃木県にある自治医科大学内分泌代謝科の石橋俊教授によると、駄目に なった膵臓や膵頭を何らかの方法で丈夫なものを移植すれば問題は一挙に 解決し、インスリン注射も要らなくなる。

しかし日本ではドナーが不足し、膵頭を調整する試薬の供給がストップし たりして、こうした治療を受ける患者は2桁どまりだ。

そこで注目されたのが、インスリン「製造工場」ともいえる膵ベーター細 胞の再生治療だったがヒトの受精卵の仕様に付随する倫理的制約や拒否反 応が壁になって進んでいなかった。

そこへ登場したのが山中教授の万能細胞。ヒトES細胞から膵ベーター細胞 を作る研究は壁に突き当たったが、山中教授のiPS細胞なら、自分の皮膚 から出来た物だから拒否反応も倫理的な問題も起きない。

問題は今回できた4つの遺伝子が、がん細胞からとっているので、人に応 用すると思わぬ事故になる可能性があることだ。石橋教授は「この問題が 解消されれば、実用化は意外に早いかも知れない」と言っている。

資料:(社)日本糖尿病協会関東甲信越地方連絡協議会機関紙「糖友 ニュース」91号(2008・7・1)  執筆 08・06・28


  
━━━━━━━━━━━━━━━
トランプの独批判は即日本批判だ
━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

この記事はヘルシンキでトランプ・プーチン会談が行われている日に書い ている。米露首脳会談の結果はわからないが、プーチン大統領にとって開 催しただけで得るものが多く、トランプ大統領にとっては、「シンガポー ル型首脳会談」になると見てよいだろう。トランプ氏の「大言壮語」の割 には米国が得るものは甚だ少ないという意味だ。

私たちは、米朝協議で米国が明らかに北朝鮮のペースに嵌まっていること を認めないわけにはいかない。初の米朝首脳会談は、共同声明に北朝鮮の CVID(完全で検証可能かつ不可逆的な核の解体)という大目標を明記 するものと期待されたが、CVID抜きの漠とした内容にとどまった。

7月上旬の3回目の訪朝で、米国の要求する「非核化」の内容を改めて突き つけたポンペオ国務長官を、北朝鮮は「強盗」にたとえた。この大胆な非 難は、金正恩氏がトランプ氏はもはや軍事オプションなど取れないと、足 下を見抜いたからであろう。

プーチン氏との首脳会談でも、トランプ氏の準備不足とロシアの脅威に対 する認識の欠落が米国にとって決定的に不利な状況を生む可能性がある。 ベルギーでのNATO(北大西洋条約機構)首脳会議を終えて7月12日、 英国に到着したトランプ氏は米露首脳会談について記者団に語った。

「君たちお気に入りの質問をするさ。(選挙に)介入したかと聞くよ。彼 は否定するかもしれないが。自分が言えることは『やったのか、2度とす るなよ』ということだ」

NATO首脳会議から英国訪問へ、その後の米露首脳会談に至る旅で、ト ランプ氏は「一番たやすい(easy)のはプーチンとの会談かもしれな い」と語っている。トランプ氏は自分の向き合う人物が、ソ連崩壊を「20 世紀最大の地政学的大惨事」と見做し、28年間ソビエト帝国建て直しを夢 見てきた男であることを知らないのか。米国を外敵ナンバーワンと位置づ け、愛国心で国論を統一したいと願うプーチン氏は2007年2月、ミュンヘ ンでこう述べている。

「アメリカはあらゆる分野で己の国境を踏み越えている。経済、政治、人 文の分野で他国に対して自己流のやり方を押しつけようとしている」

ロシアの存在感

13年9月には「ニューヨーク・タイムズ」に寄稿した。

「米国は己を他国とは異なるユニークもしくは『例外的な存在』と見做 し、『世界の警察官』としての役割を果たすとの大義名分を掲げ、かつ実 際に他国の内政に干渉している」(木村汎、『プーチン・内政的考察』藤 原書店)

実はプーチン氏の寄稿と同じ時期(13年9月10日)に、オバマ大統領(当 時)は内戦が激化したシリアについて、「軍事介入はしない」「アメリカ は世界の警察ではない」と演説した。これは米大統領による近代稀な戦略 的大失敗とされ、ロシアによるシリア介入を招いた。

国際社会は異なるイデオロギーや価値観を持った国々があらゆる野望と力 でせめぎ合う場だ、という現実から目を逸らし、平和を希求する話し合い で解決できると考えたオバマ氏の浅慮だった。プーチン氏は間髪を入れ ず、この機を利用して中東におけるロシアの存在感を飛躍的に高めた。

陰謀を巡らす指導者は陰謀を恐れる。プーチン氏はジョージアやウクライ ナの「カラー革命」、アフリカ北部や中東諸国の「アラブの春」は米国の 経済的、軍事的支援があって初めて可能だった、ロシア国内での反プーチ ン運動も米国の陰謀ゆえだと信じていると見られる。

決して人を信じず、妻にも心を打ちあけないが、狙いを定めた人物の取り 込みには巧みなプーチン氏を、プーチン研究の第一人者、木村汎氏は「人 誑し」と呼んだ。そのプーチン氏とトランプ氏の首脳会談で、米国が戦略 的後退に陥り、その結果、ヨーロッパ情勢が歴史的大激変に追い込まれる 可能性がある。そのとき、NATO諸国はどうなるか、日本にとって他人 事ではない。

7月11、12の両日、ベルギーで開かれたNATO首脳会議でトランプ氏が 迫った要求は、表面上の粗野とは別に、国際政治の常識に基づけば十分正 当なものだ。1949年創設のNATOは、旧ソ連の脅威から西側陣営を守る ために結成された集団安全保障の枠組だ。これまでずっと米国が経費の 70%強を担ってきた。

トランプ氏は米国の負担が多すぎる、NATOの取り決めであるGDP比 2%の国防費という約束を守れと言っているのだ。メルケル独首相「我々 がもっと努力しなければならないのは明らかだ」と述べ、NATO諸国 も、先にカナダで開かれた先進7か国首脳会議(G7)のような後味の悪い 結末だけは避けようと必死だった。

日本はどうするのか

トランプ氏とG7で激しくやり合ったカナダ首相のトルドー氏はNATO 首脳会議初日に、イラク軍の軍事訓練強化のために、カナダ部隊250人を 新たに派遣する、今年後半には現地部隊を車輌整備、爆弾処理、治安活動 で指導する、と語った。

「カナダは向こう10年間で軍事予算70%増を目指す。それでもGDP2% には届かないが……。冷戦真っ只中の時代同様、NATOはいまも非常に重 要な軍事同盟だ」

NATO軍は、今秋、500人の新部隊をイラクに派遣するとし、さらにア フガニスタンでも、駐留米軍約1万5000人に対し、1万3000人だった部隊を 1万6000人に増やすと発表した。トランプ氏の「足りない、もっと増や せ」という要求に追い立てられるNATO諸国の姿が見える。

それでもトランプ氏は言い放った。「4%だ!」と。だが、氏の悪態にも 非礼にもNATO諸国は反論できない。国防が当事国の責任であるのはト ランプ氏の言うとおりだからだ。

NATO諸国で2%条項を守っているのは今年でようやく8か国になる見通 しだ。米国を筆頭に英国、ギリシャ、エストニア、ラトビア、リトアニ ア、ポーランド、ルーマニアである。

エストニア以下バルト三国は旧ソ連の下で苛酷な歴史を生きた。ポーラン ドとルーマニアも東欧圏の一員として息が詰まるようなソ連の支配下に あった。小国の彼らは再びロシアの影響下には入りたくないのだ。

では、日本はどうするのか。ロシア、中国、北朝鮮、左翼政権の韓国。日 本周辺は核を持った恐ろしい国々が多い。だが、わが国の国防費は、トラ ンプ氏に激しく非難されているドイツよりもずっと低い1%ぎりぎりだ。 遠くない将来、「シンゾー、いい加減にしろよ」と、トランプ氏は言わな いだろうか。

日本は安全保障も拉致問題の解決も、およそ全面的にアメリカ頼りだ。国 防費はGDPの1%、憲法改正もできず、第2のNATO、第2のドイツ にならないという保証はない。その時取り乱すより、いまから備えなく て、日本の道はない。
『週刊新潮』 2018年7月26日号 日本ルネッサンス 第812回

          
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎久しぶりに英語の表現を:前田正晶

I am feeling a little weak, today.

解説)実は、正直なことを言って、私自身が今朝からこういう状態なのだ。「今日は余り調子が良くなくって」と言いたければこれで良いような気がする。

I am not feeling so strong, this morning. と言った者もいた記憶がある。同じことのように思える。I am not in a good shape. でも通じると思う。でも、アメリカ人の中で働いている時にはこういう言い訳めいたことは言わない方が良いと思っているが。

A little bird told me that A company and B company will soon to merge.

解説)「噂によればA社とB社が間もなく合併するそうだ」となるが、ここでは a little bird told me が「噂によれば」の意味に使われている。「噂」は rumor だが、素直に According to a rumor, circulating in the market. と言うよりこの方が格好が良いと思うが、如何か。

I suspect that he changed his Email address without any advance notice to anyone of us.

解説)「彼は我々の誰にも事前の通告なしにメールアドレスを変更したようだ」ということなのだが、ここでも問題点は suspect の使い方だ。ここでは「疑う」のではなく「そうだったと思っている」と言っているのだ。「疑う」には doubt があるが、こっちは素直に疑っていることを言いたい場合に使うのだ。

I believe that he has not grabbed that number out from the air.

解説)「彼が上げた数字は単なる思い付きから言っているのではないと思う」のことだ。ここでの鍵は not grabbed the number out from the air なのだが、こういう表現の仕方はこれまでに何度か採り上げたと思う。一種の慣用句だと思うが、「根拠がある」という意味で使えると思っている。

Let’s play it by ear.

解説)何度でも採り上げて良い表現だと思う。私はこの意味は俗っぽく「出たとこ勝負にしようや」辺りで良いと思っている。ジーニアス英和には「臨機応変にやる」と出ている。皆で昼食を食べに出掛け「さて何処に行こうか」となって Let’s playit by year.となるような使い方。元はと言えば音楽用語で「耳で聞いただけで覚えていて演奏する」からきた表現だと教えられた。

Did your new tie cost you $150?  “Right on the nose.”

解説)これは会話体だが「君の新しいネクタイは150ドルしたのではないか」と言われて「大正解」と答えているのだ。英語の日常的な会話には屡々こういう慣用句というか口語体が登場するのでややこしい。「大正解」は You guessed it right. でも良いと思う。「大違い」は Far from it. などとも言うようだ。

At the very long last, the discussion boiled down to the heart of the matter.

解説)「最後の最後になってやっと議論が煮詰まって問題の核心に辿り着いた」ということだが、ここでは boil down という言い方と heart of the matter が要点だと思う。兎に角、彼らはこういう言葉の使い方をするので紛らわしいと思う。

This guy came into the picture out of the blue, then.

解説)「この男はその時に突然現れて参加したたのだった」とでも言えば良いか。ここでは out of the blue が面白いと思う。「突然」とはしたが「青天の霹靂」に感じが似ているところが面白いと思って聞いた。come into the picture も「我々が集まっているところに入ってきた」というような感覚で使われていると思う。

 ◎山根明をあそこまで増長させたのはマスコミではないか:前田正晶

私が週日にジムから戻ってくる時刻には、丁度各テレビ局の昼のニュース ショーのような番組が始まる頃だ。その中でもフジテレビのバイキングは 最も熱心にというかしつこく日大フェニックスの問題を追っていたし、最 近では山根明日本ボクシング連盟前会長を繰り返して採り上げているようだ。

私にはフジテレビの意図が那辺になるから読めないが、結果的にはフジテ レビを始めとするマスメディアが山根を追いかけていることが、あの論評 にも値しない者をあそこまで増長させたのだろうと考えるに到った。

それはそれとして、私は既に採り上げたことだが、この何とも度しがたい 人物を今日まで野放しにしてきた責任が何処に、何処の誰にあるのかとあ らためて問題にしたいのだ。先ほども山本博日体大教授が「ボクシング連 盟は一般的社団法人だから公益社団法人と違って上からの監督の目が届か ない」と指摘していたが、あのような人物を野放しにして、事態が発覚後 でも全く何らの処置も処分も出来ないというのは如何なることかと問いた いのだ。

いや、文科省やスポーツ庁には何らの監督責任も指揮・指導の権限がない のかという疑問である。鈴木大地長官はフェニックスの問題が発生した時 にも、何となく対岸の火事を見るようなことを言っておられたし、山根問 題が発生しても何か具体的な行動を起こせるようには見えなかった。

私は山根の存在がオリンピックにどのように関係するかなどは知らない が、今回のような社会的な問題のような事態に至ってもお役所が何らの行 動も起こせないというのは理解できないのだ。

遠回しなことを言わなければ「何処かにスポーツの連盟を管理・監督する 組織があり、不祥事があった場合にはその権限を行使して責任者を追放す るような法的な体系はないのか」と言いたいのだ。現状をこのままに放置 すれば、マスコミはこれから先も山根を「会長」と敬称で呼びかけて追い かけ回し、一層増長させるだけであり、ボクシング連盟の浄化であると か、組織の再編などということから遠ざかって行くだけだと危惧してい る。それで良いとは到底考えられないのだ。

何方か文科相や鈴木大地長官という人たちは何の為にいるのか教えて欲し い。JOCに人事権などないとは解りきっているが、竹田s会長も他人事の ようなことを言っていただけだった。ここまでに至ったことの責任は、山 根だけにあるとでも言いたいのだろうか。私には不愉快極まりない事態だ としか思えないのだが。誰かが一刻も早く何とかして欲しいとすら思う時 がある。森喜朗何とか委員長様は関係しておられないのだろうか。


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━
17比の東京湾岸は曇天。

16日、久ぶりに義姉夫婦と会食した向島の洋食屋「あきら」。焼酎と洋食 が合って美味しかった。特にビーフ・シチュー。

義姉はハンバーグ。家人は肉入り弁当を注文。

郷里の先輩石沢昭義さんがその昔、盆踊りを踊っていたと書いたところ、 16日午前、当の石沢さんから電話を戴いた。

                                                読者:5571人。
                            

                         


                         







                                                
                            
                       
                          

                          


                          

                 

                          


                          

                          

                          
                          

                         

                           
                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。