政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4769 号  2018・8・12(日)

2018/08/12

おかわすb                       
                       
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4769号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年8月12日(日)



           グーグルは全体主義者に魂を:宮崎正弘

         今の大阪城は「太閤城」ではない:毛馬一三

       虐待死なくすために全件情報共有を:櫻井よしこ
                                  
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4769号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
グーグルは全体主義者に魂を
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月11日(土曜日)
        通巻第5786号    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「グーグルは全体主義者に魂を売り飛ばすのか」
  中国の巨大マーケットは金儲けの場だから、とグーグルは前向きだが
*********************************
数年前に一度、グーグルは中国の検閲制度になじめず、撤退している。 言論の自由を抑圧する検索、データ管理による人民支配という全体主義の 専制政治に協力するわけにはいかない、「われわれは悪魔とは取引しな い」と言明した筈だった。

ところが、中国国内でのみ使用すれば、既に内蔵装置で制約が可能な検 索エンジン(商品の暗号名「ドラゴンフライ」)を投入し、秘密裏に中国 政府と協議を続けてきた。

サンダー・ピチャイCEOは、中国になお執着が強く、一方でペンタゴ ンとの契約を打ち切るという反政府的な姿勢もみせた。ピチャイはインド 系である。

明らかにグーグルは中国市場に再度浸透を試みている。中国のインター ネットユーザーは優に8億人を超えており、インドやアラブ全体を足して も、なお魅力ある市場というわけだ。

SNSを利用できなくなったフェイクブックも、中国再進出に前向きで ある。

これらのIT企業はシリコンバレーに本社を置き、またカリフォルニアな ど西海岸は民主党支持のリベラル派が多く、トランプ政権の展開する中国 政策に反対を表明している幹部が多い土地柄である。

中国の狙いは複雑だが、ハイテクを盗み出す一方で、進出した米国ハイテ ク企業のノウハウを見よう見まねで、また次の技術を取得する。
そのうえトランプ政権の対中政策と明確に異なるIT実業家を取り込め ば、米国政界を分断できると踏んでいる。

議会の多くは明確に反対しており、とくにマリコ・ルビオ上院議員は、 「グーグルは全体主義者に魂を売り飛ばすのか」

中国の巨大マーケットは金儲けの場だから、とグーグルは前向きだが、 「従業員にも何も知らされておらず、営業幹部に説明を求めている。グー グル幹部は、仮説や噂の段階でのコメントはしないとしている」(ワシン トンポスト、8月9日)。

アップルの共同創業者であるセルゲイ・ブラインは幼少期をソ連でお くった経験からも、全体主義体制の利用されるようなことはあってはなら ないとしてきた。

中国とは一緒に事業を興しても必ず裏切られ、利益にならないことは明ら かだ、とも発言してきた。

ところが、そのアップルとて、中国政府内専用のiクラウドを供与して きた。

ワシントンポストのコラムニスト、ジョシュ・ロギンは言う。
 
「グーグルよ、まだ間に合う。中国と協力をしてはならない。悪魔との 取引をいますぐにやめるべきであり、その魂を救済するためにも、中国の 悪と戦う側に加わるべきではないか」。
 
ジョシュ・ロギンはCNNで政治担当アナリストと勤めたリベラル派で ある。アメリカの様変わりが歴然と見て取れる。

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 西部邁氏と宮崎さんの対談『アクティブ・ニヒリズムを超 えて』(文藝社文庫)ですが、西部邁氏は「まず確認したいのは、核廃絶 が世界で行われたら、それが最も恐ろしい瞬間であるというロジックを押 さえるべきです」「なぜならば、(米露中などの現存核兵器が)全部解体 されたとしても、核兵器に関する知識そのものは廃絶不可能です」と述べ られています。

世間で叫ばれる「核廃絶」運動には、こうした視点が決定的に欠落してい ますね。まもなく迎える「終戦(敗戦)記念日」の前後でもあらためて声 高に叫ばれるであろう「非戦・反戦の誓い」や、「日本国憲法第9条改正 反対運動」の類もそうです。

たとえ「核兵器」は「廃絶」できたとしても、「核兵器に関する知識」 は絶対に廃絶不能です。そして、永井陽之助氏が『平和の代償』『現代政 治学入門』の冒頭で、ホッブスを引いて述べられているように、人間には 「自己保存の本能」とともに、「予見能力」が備わっている。

この西部・宮崎対談には、難解な用語もなく、平易な常識的表現で、有 益な内容が多く語られていますね。(CAM)

  ♪
(読者の声2)週刊誌で、宮崎さんと田母神俊雄氏との対談(『週刊大 衆』、8月20日・27日合併号)を拝読しました。

トランプがメディアが報ずるようなアホではなく、ニクソン以来の戦略家 だという文脈で、お二人の意見が一致しており、この意外なコンビが国際 情勢を分析し合うという、面白い企劃と思いました。
    (HU生、茨城)



  ♪
(読者の声3)国連人種差別撤廃委員会96セッション「第10回・第11回 日本政府報告に関するNGOレポート」。の4―3、朝鮮人学校の状況
 「人種差別に反対するNGO日本連合」
3、朝鮮人学校の状況(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-4.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-4.pdf
(英文)

国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した最終見解で、 高等 学校就学支援金制度からの朝鮮学校の除外、および朝鮮学校に対して 地 方自治体から割り当てられた補助金の停止あるいは継続的な縮小を含 む、在日朝鮮の子供の教育を受ける権利を妨げる法的規制及び政府の行動 に懸念を示しています。

しかし、この委員会の見解は大事な点を無視した見解であることを本レ ポートでは指摘しています。
 日本の憲法には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体 の使用、便益もしくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育も しくは団体の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならな い」(第89条)とあります。
 朝鮮学校はこれらの定義に則った「学校」ではないため、公金の支出は 違憲・違法となるのであって、朝鮮人差別をしているわけではありません。
 日本においては、ヨーロッパやアジア各国をはじめ様々なインターナ ショナルスクールや民族学校があり、民族教育そのものは否定されていま せん。また、現に水準を満たした中国や韓国などの民族学校もあります。
 肝心な点を無視した、委員会の勧告は撤回すべきである、と本レポート は主張しています。
   (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)



  ♪
(読者の声4)「表現者 クライテリオン シンポジウムーー沖縄で考え る保守思想」。
 
20日、沖縄で開催される大シンポジウムです。クライテリオン とは、発 言者、表現者とつづいてきた西部邁氏の保守思想の流れをくむ雑 誌です。
           記

とき    8月20日(月)19:00−21:00
ところ   宜野湾市フェストーネ多目的ホール
http://festone.jp/content/view/21/36/
参加費   2000」円
登壇    藤井聡 芝山桂太、浜崎洋介、川崎祐一郎、藤原昌樹
申し込み  03−6709−8872
      FAX(6709)8873
      info@keibunsha.co.jp
さらに詳しくは下記サイトをご覧下さい。
https://the-criterion.jp/mail-magazine/20180610/

         

       
━━━━━━━━━━━━━━━
今の大阪城は「太閤城」ではない
━━━━━━━━━━━━━━━


           毛馬 一三

国の特別史跡に指定されている大阪城が、実は「太閤秀吉築城の大阪城」 ではなく、総てが「徳川大阪城」だと知る人は、意外に少ない。

では秀吉が、織田信長から引継ぎ築城した元々の「大阪城」は一体どこに 姿を消したのか。

「聳える天守閣は昭和初期に再建され、城の堀は徳川方によって埋められ たことは承知していたが、だからと言って秀吉大阪城の城跡が些かも無い とは全く知らなかった」という人が多い。大阪城へ朝散歩する人々から異 口同音に同様の返事が返ってくる。

天満橋から大手前、森の宮、新鴨野橋と城郭を一周する道筋を車で回る と、「大阪城の高い石垣と深い堀」が、雨滴の葉が陽光を跳ね返す樹林の 間からと、大きく広がり、歴史の威容を誇らしげに見せ付ける。特に大手 前周辺の高さ32mもある幾重もの「反りの石垣」には、当時の石垣構築 技術の進歩の姿を覗かせる。

大阪夏の陣で豊臣家を滅亡させた徳川家康は、同戦いの2年後(1616)死 ぬが、家康遺命を受けた秀忠が、元和6年(1620)から寛永6年(1629)ま での10年3期にわたり大阪城を大改築する。

その時徳川の威令を示すために、「太閤大阪城」の二の丸、三の丸を壊 し、その上、総ての「堀」を埋め、「石垣」は地下に埋め尽して、「豊臣 の痕跡」を意図的にことごとく消し去った。

では「太閤大阪城」は、地下に眠ったままなのか。

「大阪城石垣群シンポジウム実行委員会」の論文をみると、そこに「太閤 大阪城」が地下に埋められたままになっていた遺跡の一部を発掘した調査 記録が、下記のように書かれている。

<地下に埋蔵された「太閤大阪城」の石垣を最初に見つけたのは、大阪城 総合学術調査の一環として大阪城本丸広場で行われたボーリング調査だっ た。昭和34年(1959)のことである。天守閣跡の南西にあたる地下8m か ら「石垣」が見つかったの
だ。

4m以上も積まれた石垣で、花崗岩だけでなく、様々な石を積み上げた 「野面積み」だった。「野面積み」は、石の大小に規格がなく、積み方に も一定の法則が認められないもの。当時城郭作りの先駆者だった織田信長 が手掛けた安土城の「野面積み」工法と同じだったことから、秀吉がその 工法を導入して築いた「石垣」と断定された。

それから25年後の昭和61年(1986)になって、再び天守閣跡の南東部の地 表1mの深さから地下7mまで、高さ6mの「石垣」が発見されている。

この石垣も「野面積み」だったうえ、その周辺で17世紀初頭の中国製の陶 磁器が火災に遭って粉々の状態で見つかったことから、大阪夏の陣で被災 した「太閤城」の「石垣」であると断定される2回目の発見となったので ある。

両「石垣」の発見場所の位置と構造を頼りに、残された絵図と照合してい くと、この「石垣」は本丸の中で最も重要な天守や、秀吉の家族が居住し ていた奥御殿のある「詰め丸」と呼ばれる曲輪(くるわ)の南東角にあた ることが明らかになったのである。

地下に消えた「石垣」は、切り石が少なく、自然石や転用石を沢山積み上 げたもので、傾斜が比較的ゆるい、「徳川城」とは異なる「反り」の無い 直線だった>。

第3の発見は偶然が幸いした。現在の「大阪城・西外堀」の外側の大阪城 北西で、大阪府立女性総合センター建設の際の発掘調査で、地下から長さ 25m に亘る「太閤大阪城の石垣」が出現したのだ。同石垣は、いま同セ ンターの北の道沿いに移築復元されている。

「大阪城の石垣」の痕跡も、堀の外側にある学校法人追手門学院大手前セ ンターの校庭で見つかり、保存されている。

何よりもこの発掘の価値が大きかったのは、今の大阪城郭から離れた外側 の場所から「石垣」が現れたことだ。それは「徳川城」よりも「太閤城」 の方が遥かに規模の大きかったことの証であり、今後の調査で城郭外から 新たな「太閤大阪城」が出現する可能性を引き出したことだった。

地下に眠る遺跡の発掘調査は、エジプトやイタリアなど文明発祥地でブー ムになっているが、現在進められている大阪市の大阪城発掘調査で、「天 下の台所」の基礎を築いた「太閤大阪城」の遺跡が、今の城郭外から見付 かることを大いに期待したい。

その全景はあくまで「徳川城」の遺跡であって、「太閤大阪城」でないと 思うと、寂しさがこころの中を翳める。


             
━━━━━━━━━━━━━━━━
虐待死なくすために全件情報共有を
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

東京都目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが両親から虐待を受けて死亡したの は3月2日だった。結愛ちゃんは1月23日に、父親の船戸雄大容疑者(33 歳)と母親の優里容疑者(25歳)に連れられ、香川県善通寺市から目黒区 に転居した。

それからひと月と1週間、結愛ちゃんは、「もうおねがい ゆるして ゆ るしてください おねがいします」と書き残して死亡した。

安倍晋三首相は7月20日の関係閣僚会議で「幼い命が奪われる痛ましい出 来事を繰り返してはならない。やれることはすべてやるという強い決意で 取り組んでほしい」と指示し、政府は児童虐待防止に向けて緊急対策を打 ち出した。その柱が来年度から4年かけて児童福祉司の数を約2000人増や し、全国で5000人強まで、児童相談所(児相)の体制を強化することだ。

これはこれで歓迎すべきことだが、肝腎のことができていない。実は私は 7月6日の「言論テレビ」で、政府の決断を前にして特別番組「私たちは結 愛ちゃんの命を救える国になる」を放送した。集った論客は作家の門田隆 将氏、「NPO法人シンクキッズ─子ども虐待・性犯罪をなくす会」代表 理事の後藤啓二氏らである。議論のキーワードは「全件情報共有」だった。

児童虐待情報は、基本的に各地の児童相談所や警察に寄せられる。児童相 談所と警察が、虐待が疑われるすべての事案について、互いの情報を共有 するのが全件情報共有だ。

幼い子供の命を守るのは社会と国全体の責任だという考え方に基づいて、 このような制度は他の先進国では当然、整えられている。だが、日本では 警察と児相(厚生労働省の指針にそって運営)がタテ割り構造から脱け出 せず情報共有ができていない。一般論だが、警察から児相への情報提供が 比較的行われている一方で、その逆は殆んどなされていない。

主治医の警告

門田氏が厳しく指摘した。

「児相と警察はその成り立ちからして組織の特質、DNAが違います。児 相の人はこの番組を見て怒るかもしれないけれど、児相にとって(結愛 ちゃん事件は)普通のことです。警察は命を守る組織です。結愛ちゃんの 命を守ろうとする遺伝子を持っているのが警察です。児相は親子関係、或 いは家庭の在り方を修復するという遺伝子を持つ組織です。だから自分た ちの手元の情報を警察に通告して、子供の命を守ろうという発想が元々な いのです」

こんなことを言われれば、門田氏も断ったように児相の人たちは立腹する だろう。しかし、言論テレビの番組から1週間後、新しい情報がもたらさ れた。結愛ちゃんがまだ香川県にいたとき、虐待された結愛ちゃんを診察 した主治医が傷の状態に強い危機感を抱き、転居先の児相に電話をかけて いたのだ。

結愛ちゃんは香川県の児相に2度保護された。診察をした主治医は「虐待 以外では考えにくい命に関わる傷を確認」し、香川県の児相にも、転居後 には品川児相にも連絡したのである。「日本経済新聞」の7月16日付朝刊 によると、品川児相がこの医師から連絡を受けたのは、後述する2月20日 の入学説明会の直後だった。

ここは時系列で見ることが大事である。先述のように結愛ちゃんは1月23 日に目黒区に転居した。29日に香川県の児相は品川児相に口頭で結愛ちゃ んの状況を説明した。2月9日には、品川児相が結愛ちゃんの様子を見に家 庭訪問したが、母親が結愛ちゃんは不在だと言い張り、児相はそのまま引 き下がった。

そして20日、結愛ちゃんは小学校の入学説明会に欠席し、母親だけが出席 した。私はこの件について4月に品川児相所長に就任したという林直樹氏 に尋ねた。氏はこう答えた。「結愛ちゃんが欠席したことは、私どもも関 係機関から情報を入手して知っていました」。

香川県の主治医が心配して、品川児相に結愛ちゃんの状況を説明したのは その直後だったわけだ。事情を最もよく知り得るこの主治医の警告に、児 童を守るという視点で危機感は抱かなかったのかと問うと、林氏は「回答 できない」と答えた。だが、2月9日の家庭訪問の目的はまず新しく引っ越 してきた両親と支援関係を打ち立てるためで、必ずしも結愛ちゃんの状況 をチェックすることが最優先ではなかったとも語った。門田氏の「遺伝 子」論そのものだ。

4月に所長に就任した氏に、それ以前の件について尋ねるのは酷かもしれ ない。ただ事実関係を見れば品川児相は主治医の電話を「あくまでも『情 報提供』として受け止めたため、具体的な対応につながらなかった」(前 出「日経新聞」)。そして10日後に結愛ちゃんは死亡したのである。

政府が児相の人員を新たに2000人増やす計画について尋ねると、林氏は人 員増加によって「子供の置かれている家庭状況を評価し、何をなすべきか 判断する力などを身につけ各々の専門性を高めていくことができる」と評 価した。

「完全な敗北」

実はこの点は、言論テレビで大いに議論された論点のひとつだった。門田 氏が強い調子で語ったものだ。

「児相は自分たちの専門性を高める、そのために要員増には大賛成と言う でしょう。組織の権限も拡大します。しかし、それでは対応できないとこ ろまで日本社会はきています。警察と手を携えなければ子供の命は守れな いでしょう」

児相の物理的能力を見ても子供の命を彼らに任せておくのは不安である。 児童福祉司は全国で現在3000人強。品川児相の場合、児童相談員は、林氏 によると25人だ。同児相がカバーするのは品川区(39万人)、目黒区(28 万人)、大田区(73万人)で約140万人。25人でどうやって見守れるの か。後藤氏が指摘した。

「隠れているケースも含めれば毎日一人の子供が虐待死させられていま す。この苛酷な現実の前で児相の専門性もなにもないでしょう。完全な敗 北です。警察は全国に30万人、交番のお巡りさんは10万人です。彼らに、 子供さんは元気ですかと声をかけてもらうだけで事情はかわります」

だが、庶民の情報を警察に渡すのは人権侵害だと論難する声もある。そこ はすべての情報を渡すわけではない。すでに高知県や愛知県では全件情報 共有がうまくいっている。埼玉県も8月1日から全件共有に踏み切る。上田 清司知事が語った。

「児相と警察が情報を全件共有し、きちんと情報を守っていけるソフトを 作りました。菅官房長官は、地方自治体でやれるところからやってほしい と言っています。政府も本来、早く省庁の壁を破りたいのです」

人権の極致は命を守ることだ。安倍首相はやれることはすべてやれと指示 済みだ。一日も早く、厚労省の厚い壁を破り、全件情報共有への道を開い てほしい。
『週刊新潮』 2018年8月2日号 日本ルネッサンス 第813回


     
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎仁和寺には、8月の暑い日にお参りしたことがあります。御室門跡と称した宇多天皇は、臣籍降下して皇籍を離れたものの、皇籍に復帰して皇位に就いた天皇です。

伏見宮邦家親王の子の朝彦親王と能久親王は少年時にはそれぞれ青蓮院宮、輪王寺宮と呼ばれてました。朝彦親王と能久親王が伏見宮を名乗らなかったのは、側室の子であったからです。もっとも、正室に男子が生まれなかったときは側室の子が伏見宮家を継承します。

正室は家格に合った公家の女性が迎えられますが、側室は子を産める体の丈夫な女性が選ばれます。朝彦親王には賀陽宮、2代久邇宮、梨本宮、朝香宮、東久邇宮と多嘉王の男子がいましたが、正室はいませんでした。朝彦親王は、健康的な京都の町人の娘を好ましく思ったのでしょう。(まこと)

◎「日米新貿易協議が開始 通商戦争にどう挑むか 対トランプ政権交渉 術」の長い題名のPrime News:前田正晶

10日夜は途中から気が付いて聞き始めたが、幸いにも聞き逃した点はな かったと思う。語り手は細川昌彦中部大学特任教授、片山さつき自民党参 議院議員、リチャード・クー野村総研研究員だったが、私の受け止めでは 台湾系アメリカ人で神戸育ちとかのクーは両氏に圧倒されていたようだった。

非常に簡単に私が印象深く聞かされて勉強になった点だけをいくつか挙げ ておこう。先ずは片山議員だが、この番組に出る度ごとに、国会はどうし ているのか知らないが、非常に頻繁に海外に出掛けて良く具体的な事情を 調査しているし、然るべき要人にも会っていて、提示する統計類も説得力 があったと思わせてくれる。細川特任教授はMITI時代の経験だけでものを 言っているのではなく、現在でもかなりしっかりした情報源が数多く確保 されているなと思わせる発言をする。クー氏の発言はそれらに比べると弱 いのではないかとうこと。

順序不同になるが私が興味を持って聞いたのが、トランプ大統領の自動車 とその部品の輸入に対して25%の関税をかけると声高に言う戦法に対する 細川、片山両氏の見解というか批判だった。私でさえデトロイトはかかる 高率の関税を賦課して欲しいなどとトランプ政権に請願していないとは聞 いていた。両氏もその点を真っ向から肯定され、トランプ大統領とてもそ れを実行するよりも、その言わば脅しにも似た戦法でわが国及び他国に対 して他の輸入品目で譲歩を迫るか、例えばわが国に対しては牛肉なり大豆 等の輸入を増加させよという材料にする狙いがあると解説された。

両氏の解説では「わが国に対してはその先にあるものが、我が方でも先刻 承知の『ならばFTA交渉に応じろ』という件があるのだと言う。そうでな いと、例えば現在38%の高率になったままの牛肉の関税はWTOの取り決め があって、これ単独では引き下げ交渉は許されないのである。これはトラ ンプ大統領がTPPから脱退した以上解っていたことで、そうであれば更に その先にWTO脱退を匂わせるのも見え透いている」となっていた。

この辺りは細川氏の持論とでも言いたいトランプ大統領の常套手段的な手 口の読みであり、更に11月までに何とかしない限り中間選挙への影響は免 れないだろうとと言われるのだ。トランプ大統領は景気の好調もあって支 持率は50%には達しているが、これまではラストベルト向けの手の打ち方 に偏重しており、ここから先はファームベルト向けの具体策も講じていか ねばならないのであるという指摘だった。

両氏は「また、自動車にしても我が国はアメリカのご意向を有り難く承っ てアメリカ生産を増やし、150万人もの人員を採用してきたが、ここから 先は単に関税対策で迂闊の現地に従来型の新工場の建設は出来な時代とな る。それは言うまでもないことで、電気自動車や自動運転の車が要求され る時代が直ぐそこまで来ているのだから」と補足された。私でさえも理解 できることだが、トランプ大統領は何処までこういう世の中の変化に追い 付いておられるのかと思ってしまう。

ところで、日米新貿易協議だが、細川氏はアメリカUSTRのライトハイザー 代表については「アメリカ人の中でもお友達になりたくない人」とアッサ リと切って捨てた。理由は「この人は自分たちの要求を一方的に主張する だけで、相手の言い分には耳を貸さないから」だそうだが、私にはアメリ カ人に良くある型で「これを言うことで失うものはない」通してくるの種 類だと思わせてくれる。

だが、その強硬さのコインの裏側には「トランプ大統領に一切の譲歩も、 相手の主張を聞いてくることも許されていないという、お使い奴的な面が あるのでは」と疑う。そういう狭い幅の権限した与えら得れていないとい う点では、ポンペオ国務長官の対DPRK交渉でもその制約があるのではとの 感が否めない。

要するに両氏はトランプ大統領はTPPから撤退した以上、FTAに持って行か ざるを得ないのだが、それにしたところで、既にTPPが(11ヵ国での批准 は終わっていないが)ある以上、それ以上の関税の引き下げは容易ではな いのである。従ってトランプ大統領の現在の任期中に方々の国とのFTA
の締結には時間的にも無理が生じるのだが、その辺りを読み切ったなら ば、わが国からも主張すべきは堂々と言っていく必要があると指摘してい た。尤もである。

私がこの他に勉強になった点は片山さつき議員が「大統領はアメリカ通商 法第232条により、必要に応じて関税を賦課することを発動できる」と指 摘した点だった。但し、彼女は「これまでには忘れられていたかのような 苔むした条文を持ちだした」と解説した。これにより、私の認識では「関 税は何処かの国からの不当廉売により被害を被っている業界から商務省に 請願し、時間をかけて綿密な調査を行ってダンピングか当事者国内での輸 出品の補助金の交付等によると確認できて初めて課税できる」を飛び越し て、トランプ大統領が恣意的にやっておられたのではないと解った次第だ。

何れにせよ、トランプ大統領は今日まで40年間も貿易赤字を垂れ流してき た輸入依存から脱却を図っておられるのは決して誤った方向ではない。だ が、その手法には世界の多くの国に不利益をもたらしかねない面があるの は問題ではないかというのが結論的なところだった。私は22年以上も対日 輸出に従事してきたが、アメリカがかくも長き貿易赤字を続ける状態を見 て「アメリカとは懐が深く世界の輸出国に恩恵を与えているのか」とすら 考えていた。

そして、私はその赤字の背景には諸々の産業の空洞化があり、質の低い労 働力に対しては強硬な職能別組合に押されて時間給を上げ続けた結果で国 外の低賃金の国に生産拠点を移していき、非耐久消費財等の輸入を中国等 に依存する形にしたのは彼ら自身の、敢えて英語で言うと“fault”である と信じてきた。トランプ大統領の狙いはアメリカ国民からみれが大変宜し いのだろうが、「アメリカファースト」に徹しすぎるのも問題があるので はないかと思わせる。私流にうんと悪い諺を使えば“After me the deluge”(後は野となれ山となれ)なのかとすら考え込まされるのだ。


 ◎8月11日の、前田正晶さまの名前に関するお話には、私も同感すると こ ろが多くありました。

名前を付けると言ふ、人生の一大事は、大げさに言へば国民としての哲学 の問題になります。

大東亜戦争に敗戦後、大日本帝國が単なる日本国になり、占領軍から押し 付けられた日本弱体化憲法によって、日本の哲学は壊滅的打撃を被りまし た。それから70年以上も経って、子供の命名と言ふ単純な事柄にも、憂慮 すべき事態が発生してゐます。

まず、常識としての重箱読み自体が、人々の意識から後退しました。私の 父などはよく、「それは重箱読みだよ」などと言ってゐましたが、それが 音読みと訓読みが混在することを戒める言葉だと、今何人の人が理解して ゐるでせうか?また森鴎外の娘の故・森茉莉さんが、週刊新潮のコラム で、「教養のない人ほどをかしな名前を付ける」と嘆いてゐたのも、もう 20年ぐらい前になりますか。

また私が勤めてゐた会社の同僚が、自分がファンである同姓の俳優の名前 を自分の子供につけたと嬉々として言ってゐたことを聞いて、幻滅したこ とを覚えてゐます。

因みに私の名前の「維」といふ字は、父が姓名判断の易者に相談してつけ たものであり、またその字を自分の音楽家としての芸名(維章)にも用ゐ ました。ですから私自身、自分の長男にこの字を遣ひました。

それを聞いて、父も喜んだと思ひます。明治維新後今年は百五十年になり ますが、憲法改正を含め、自分の出番が来てゐると密かに思ふこの頃で す。北村維康

 ◎小林信也はフわが国のットボール界、就中フェニックスやパンサーズ を綿密に取材してあったのか:前田正晶

彼小林信也は今や数軒のテレビ局が切り札のように使うスポーツ記者の権 威の如きであるようだ。だが、日大フェニックスの問題が発生して以来、 彼が披瀝して来たフットボールそのものと業界に関する知識は、私でも中 途半端というか半可通的であると言って誤りではないと思う。フジテレビ のバイキングなどはそれを承知で使っているのかと気懸かりだ、

その小林が10日だったか、かの日大フェニックスの新監督に正式決定した 橋詰功氏を「如何なる伝手を求めたのか」インタビューに成功していた。 カギ括弧内はそう言うだけの材料を持ち合わせているので「よくぞ会えた な」と言いたいだけのこと。そこで彼は執拗に「貴方は監督経験がない」 とぶつけていた。確かに立命館大学パンサーズでは彼はオフェンスコーチ だった。

だが、40歳台半ばで一度「最早自分の年齢では大学で出来ることは終わっ た」として、大学の附属の宇治高校の監督を務めて、同校を全国的な強豪 に育て上げ、大学で使えるような人材を送り込んでいた歴とした実績があ るのを小林は知らなかったらしい。だからこそ一歩譲っても「宇治高では 兎も角、大学での監督経験はなかったようで」と尋ねるべきだったのはで はないか。知らないから失礼なことを尋ねたことになるのだろう。

それだけではなく、彼はアメリカンフットボール界乃至は立命館大学パン サーズにおける「監督」とは如何なる存在か、または日本とアメリカでは 大きな違いがあることを調べ切れていないとしか思えないのだ。

アメリカには「監督」に当たる地位はないし、これを英語にして見ろと言 われても出来ない。アメリカにいるのは Head coachであり、その指揮下 にオフェンスとデイフェンスの責任者であるコーチが先ず置かれてるので ある。ヘッドコーチはこの2人の責任者に戦術とフォーメーションを創り 上げることを依頼して、それを承認してから選手たちをそれに沿って創り 上げていくものなのである。

試合の現場では立命館大学パンサーズの場合はオフェンスの全責任を負っ た橋詰コーチはスタジアムの最上階にあるスポッター席から試合の展開と 自軍のオフフェンスが機能しているか否かを見下ろし、且つ隣にいるデイ フェンスのコーチとも相談する場合もあって、下にいるコーチか監督とい う名のヘッドコーチに次に使うフォーメーション等を指令していくのであ る。立命館大学パンサーズは平井ヘッドコーチと橋詰オフェンスコーチ態 勢でライスボウルの2連覇を達成したのである。

小林だったか他の所謂専門家だったかは「橋詰功新監督は保体審と交渉し て部の予算を獲得するような政治的な交渉の経験がないのが云々」という 疑問を確かバイキングで語っていた。だが、これも生半可な質問で、アメ リカ式に考えればそういう仕事は(日本ではもし就任していればだが) ジェネラルマネージャーの仕事なのである。最近になってスポーツ庁だっ たかがアメリカのNCAAを真似た組織を作ると言い出したが、これまではい るのかいないのかも不明のようなものの言い方したしてこなかった鈴木大 地長官はアメリカに赴いてもしっかりとNACCの在り方と実態を学んできて 頂きたいものだ。

そういう意味では、アメリカの強豪大学であるオクラホマ州立大学にフッ トボールコーチ学を学びに留学経験がある橋詰功新監督には、日本大学だ けではなく我が国のフットボール界が期待するところは大なるものがあり はしないか。彼はその後に何度かアメリカに行ってかの国の有名なコーチ たちとも交際があるのだと聞いて来いるから。

 ◎気軽に英語の単語をカタカナ語にして使うな:前田正晶

「戯れに英単語を使うな」でも良かったと思う。マスコミが言う日大のチ アリーデイング部の監督の「パワハラ」なるものの詳細を聞いていると 「これはもしかすると単なる『苛め』ではないか」と思わせられた。要す るに、私は「苛め」と「ハラスメント」が混同されていると思うのだ。マ スコミは何かというと「ハラスメント」という言葉を使いたがるようだ が、原形の動詞であるharassの意味はジーニアス英和には「人を厄介なこ と・心配なことで(絶えず)困らせる、(繰り返し)悩ます」となってい る。その名詞形でharassmentとなった場合の用例がsexualかracialが頭に 付くことは先ほど指摘した。

因みに、毎度お馴染みのOxfordにはharassは [often passive] to annoy 〜 by putting pressure on them or saying or doing unpleasant things to themとある。ジーニアス英和かこれの何れを採ってみても、今 回のチアリーディング部の監督が行ったこととは「ハラスメント」とは一 寸違うような気がしてならない。私は解任されたという監督がやったこと は「苛め」とする方が適切ではないかと思うのだ。我が親愛なるマスコミ が何でもかんでも「ハラスメント」にしてしまうのはおかしいと断じたい。
それでは「苛め」を英語では何と表現するかだが、私には在職中に飛行機 の中で見たと記憶する警察学校の映画(原題はPolice Academyだったか) の中で教官が「彼奴にいじめられたのか」と尋ねる場面があった。ご存じ の方は多いと思うが、アメリカ映画では字幕の方が先に出てきて音声は後 追いの形になるのが普通だ。その時に聞こえた台詞は Did he give you a hard time? だった。字幕の訳が上手いなと感心したものだった。

尤も、英語には「苛め」に当たる単語もある。それは bully であり、 Oxfordには a person who uses their strength or power to frighten or hart weaker peopleとある。ジーニアス英和の訳は「弱い者苛めをす る人、いじめっ子、人をいじめる、おどす」とある。私にはこの言葉の方 が、今回の監督が行ったことは「ハラスメント」よりも「バリー」か「バ リーイング」の方が当て嵌まると思うのだ。

私が言いたいことは「セクシュアル・ハラスメント」という歴としがある からと言って、何でもかんでも、そこから借りた「ハラスメント」にして 使うのは奇妙なことだという点である。私には何でもカタカナ語にして日 本語本来の使い方を放棄するのは、とても感心できないし看過する訳には いかないのだ。毎回同じことを指摘するのだが、カタカナ語の創作を担当 する連中にはoxfordを使えとまでは求めないが、せめて英和辞典くらい引 いたらどうなのかと言いたいのである。

◎米が「宇宙軍」2020年までに創設目指す 中露の脅威に対抗 副大統 領演説

【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領は9日、国防総省で演説し、 トランプ大統領が先に創設を表明した、陸海空軍、海兵隊と沿岸警備隊に 続く第6の軍である「宇宙軍」について、2020年までに設置すると表明し た。ロシアや中国が宇宙空間での軍事能力を向上させているのに対抗する のが目的で、実現すれば新しい軍の創設は1947年に空軍が作られて以来と なる。

宇宙軍は、米軍が運用する偵察衛星や弾道ミサイル追跡システム、衛星利 用測位システム(GPS)など、宇宙空間に関わる米軍の全ての活動を統 括する。

ペンス氏は演説で、国防総省が近く宇宙軍の設置に向けた具体的な取り組 みを明示した報告書を策定すると発表した。

ペンス氏によると、国防総省は宇宙軍創設までの当面の措置として、全軍 の宇宙関連の活動を統括する「統合宇宙司令部」や実戦部隊である「宇宙 作戦部隊」、宇宙での作戦能力開発のための「宇宙開発局」をそれぞれ設 置するとともに、宇宙担当の国防次官補を新たに任命する。

ペンス氏は、中露を念頭に「かつて平和で争いのなかった宇宙は、混雑し 敵対的な環境に変容した」と指摘。その上で、トランプ政権の安全保障分 野の基本理念である「力による平和」に根ざし、「宇宙軍の存在によって 安全を強化し、わが国の繁栄を確実にし、宇宙に米国の理想を伝える」と 強調した。

ただ、新たな軍の創設には議会の承認が必要。トランプ政権は2020年まで に関連法案を議会に提出する。

議会内では宇宙軍創設について「一連の活動は既存の組織で対応でき、予 算の無駄遣いだ」との声も根強いものの、トランプ氏は9日のツイッター で「宇宙軍を必ず作るぞ!」と強い意欲を表明した。

一方、トランプ氏の選挙陣営は、宇宙軍のロゴについて複数の候補を提示 し、どれを採用すべきかについてネット投票を開始。採用されたロゴはT シャツに印刷して販売するとしている。

【写真】 9日、米国防総省で2020年までに宇宙軍を創設する計画を発表 するペンス副大統領=ワシントン近郊(ゲッティ=共同)
<http://www.sankei.com/world/photos/180810/wor1808100017-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180810/wor1808100017-p1.html
【産經ニュース】 2018.8.10 12:00 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

12日の東京湾岸は曇天。セミ時雨は聞こえない。
 
隣の第三亀戸中学校は夏休み。都会とは考 えられない静寂さに包まれている。なぜかセミ時雨も聞こえない。

その中学校のプール。11日午後、女生徒数人がやってきて泳いでいた。
学校はやはり生徒や児童がいて学校。人がいなければただの小屋だ。


                                                
                            
                       
                          

                          


                          

                 

                          


                          

                          

                          
                          

                         

                           
                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/12

     現代医学の誤謬のルーツは、医学の父ルドルフ・ウィルヒョウにある。しかし、この医学の父を告発、否定する医者は皆無と言ってよい。彼は、それまでの生命論であった「生気論」を真っ向から否定した。



    「生気論」とは、「生命は不可思議な生気によって営まれている」とする説である。これは、東洋医学の根本原理の「気」そのものの考え方だ。しかし、傲慢なウィルヒョウは「生気など存在しない。生体も物理的な機械に過ぎない」と「機械論」を主張し、生気論者を徹底的に弾圧・排除した。



     そうして「機械に自ら治る力など存在しない」と自然治癒力まで否定してのけた。これはウィルヒョウの致命的過ちだった。それは、現在医学の致命的過ちである。



     彼の医学理論は、現在でも医学教育の中枢理論として教科書のど真ん中に鎮座している。



     全世界の大学医学部で、学生たちはその教義をただひたすら暗記、暗唱する。



     つまり、現代医学は、教えを墨守する宗教と化している。そこには、一切の疑問も批判も許されない。しかし、自ら覚醒した医師は、それをこう断罪する。



    「現代医学の神は死神で、病院は死の教会である」(ロバート・メンデルソン博士)



     現代医学の目的は、患者を治すのではなく、患者を殺すことなのだ。



     医学の父の奉られた神殿は、まさに死神の神殿だった。



     現代医学の正体は、恐ろしい悪魔教である。そこで行われているのは、現代の黒魔術である。当然、無知で無辜なる患者たちは、悪魔への哀れな生贄に過ぎない。



     その悪魔教を背後で操り、膨大な生贄の生き血で、肥え太ったきたのがロックフェラー財閥だ。わかりやすく言えば、国際医療マフィアだ。



     その頭目がデイビッド・ロックフェラーである。近代から現代にいたる世界の医療利権を独占してきた一族は、自らは薬を飲まず、医者も近づけない。かかりつけの医師は、自然療法ホメオパシーのホメオパスのみである。そうして、驚くべき長寿を保ってきた。



     デイビッド・ロックフェラーは、2017年3月20日、101歳の長寿人生を安らかに終えた。そして現代の大学医学部では、いまだに、悪魔の殺術を教えている。



    「現代医療の9割が地上から消えれば、人類は間違いなく健康になれる」



     これはメンデルソン博士の有名な言葉である。



     悪魔教にすがる医師たちは、確実に地獄を見ることになる。



     それは、それまで悪魔の教えに従い虐殺してきた人々の呪いだ。思い知るがよい。



     悔い改め、懺悔するなら、それまでの悪魔との黙約を打ち捨てる時だ。



     新しい医学の道へ、第1歩を踏み出してほしい。それが、この「波動医学」への道なのだ。



     「波動医学」の根本理論は何か?



     生命体は波動エネルギー体だ。人間はみんな波動エネルギー体だ。身体のあらゆる器官は、固有周波数を持っている。これは、現代医学の完全なる盲点だった。そして、器官が弱ったり、病気になると、その周波数からズレる。つまり、病気は臓器の周波数の乱れで起きる。よって、「そのズレを検知できれば、病んだ臓器が瞬時にわかる。そのズレを修復できれば、病んだ臓器が瞬時に治る」。



     これが波動医学の2大原理である。つまり、瞬時に診断・治療できる。おまけに痛みも副作用もない。何とシンプルなことだろう。何と明快なことだろう。

  • 名無しさん2018/08/12

    言論弾圧にいそしむ勢力の「お里」。

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12396504237.html

    オール沖縄の選挙戦術、翁長知事の神格化とメディアスクラムの中で。遅れる自民陣営の準備

    https://samurai20.jp/2018/08/okinawa-47/

    蓮舫「6日の長崎!9日の広島…ポツダム宣言を無視した政権…多くの日本人の命を失い…憲法9条」

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7176.html

    石破茂の正体

    https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1114.html

    花祭り

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8A%B1%E7%A5%AD%E3%82%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiTjoOG-OPcAhWSFYgKHaF6BjYQ_AUICygC&biw=472&bih=461

    在日在日朝鮮人の犯罪者一覧(抜粋)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

    【画像】115年前に作られた「幻の28府県案」が意外といいかもと話題wwww

    http://crx7601.com/archives/53968385.html

    武田信玄と日本の国防体制の理想と現実

    http://oncon.seesaa.net/article/9253687.html

    南アフリカの農家の種子が奪われる。参加型育種による対抗

    http://blog.rederio.jp/archives/3609

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8?fm=entry_awp_sleep

    イギリス王家

    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/wp-content/uploads/2018/08/180807_1100_2.png

    国内のワクチン被害の例 

    http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/648.html