政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4746 号  2018・7・20(金)

2018/07/20

                       
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4746号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年7月20日(金)



               トランプの失言:Andy Chang

     認識せよ、力が支配する世界への変化を:櫻井よしこ

            1万人の死んだ大気汚染:渡部亮次郎    
             
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4746号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━
トランプの失言
━━━━━━━


 Andy Chang

16日ヘルシンキで行われた米露首脳会談のすぐあとの記者会見で、ト
ランプ大統領は重大な発言ミスをした。

ことの起こりはヘルシンキの米露首脳会見の数日前にローゼンシュタ
イン司法部副長官がロシアの12人が2016年の大統領選挙の際に民主
党本部とヒラリーのコンピューターやメールをハッキングしたと発表
したことについて、首脳会議のあとの記者会見でトランプがプーチン
に抗議したかと聞かれたことである。

トランプは「私は情報局に全面的な信頼と支持をしている。しかしプ
ーチンはロシアの干渉を否認した。私にはロシアが干渉する理由が見
つからない」と述べたことである。この発言の数時間後にはアメリカ
国内で囂々たるトランプ非難の声が上がった。民主党議員やトランプ
反対派だけでなく多くの共和党議員も非難した。

これらの非難についてトランプは帰国した17日午後、ホワイトハウス
で記者会見を行ってこれが彼の失言だったことを認めた。トランプは
「私は帰りの飛行にの中で記者会見のビデオを見直して、私が『ロシ
アが選挙に干渉する理由がない』と言ったのは言い間違いで、本当は
『ロシアが選挙に干渉しない理由はない』と言うことだった」と訂正
した。する理由がないでなく、しない理由はない、つまり、No reason
Russia would  interfere with our election は間違いで、No reason Russia
would’nt interfere with our election だったと訂正した。

これで失言トラブルは一応収まったかに見えるが、いろいろな国会議
員がまだ批判を繰り返している。ある人はトランプの発言は反逆罪だ
と言う、ある人は首脳会談でトランプがプーチンに降参した、弱みを
見せたと会談の結果に懐疑的で、民主党議員はトランプとプーチンが
首脳会談でどんなことをとうろんしたのか、詳しい内容を公開すべき
だと述べた。またある民主党議員は首脳会談の通訳を国会に喚問して
内容を聞きたいと述べた。

●ロシヤの選挙干渉に対する意見

ロシアの選挙介入は前々からわかっていたことだが、トランプ失言の
後はロシアの干渉に改めて非難の声が強くなり、ロシア敵視が増幅し
た。ライアン下院議長も「大統領はロシアが同盟国ではないと認識す
る必要が ある。ロシアと米国は道徳的に同じではない。ロシアはわれ
われの最も基 本的な価値や理念になお反対している」と述べた。

正当な意見を述べた議員もいる。ロン・ポール上院議員は「選挙干渉
はどの国でもやっていることだ」と述べた。他国の選挙に干渉するこ
とはアメリカがもっとも酷い。但しロシアや中国のハッキングがアメ
リカで大きな問題になっているのも事実である。

●選挙干渉の責任者

ブレナン元CIA長官はかねてより反トランプのトップである。彼は
ツイッターで、「トランプ氏の発言は軽 犯罪や重大な犯罪の域を超え
るもので、まさに反逆に他ならない。愚かな だけでなく、完全にプー
チン氏の手の内に入っている」と強く批判した。

だがブレナンの批判は間違っている。ロシアや中国がアメリカの政党、
政府、会社などをハッキングしていたことは前々から知っていたこと
であり選挙介入も投票前からわかっていたことである。殊にヒラリー
が個人サーバーを使用していたためロシアや中国にハッキングされた
のだ。

ハッキングした相手が悪いのは当然だが、外国のハッキングを阻止で
きなかったのはオバマ時代のブレナンCIA長官、クラッパーNID長官、
ヒラリー国務長官、コーメィFBI長官などの責任である。何をいまさ
ら威丈高になってトランプを批判する道理があるのか。

●首脳会議の目的

失言は誰でもあることだが今回の失言はトランプの大失敗だった。だ
が暴徒のリンチのようにトランプを総批判するより、トランプがなぜ
数多の反対や懸念を押し切ってプーチンと首脳会談を行った目的は何
だったのかを考えるべきではないか。

トランプはサヨクが批判するようなロシアの味方ではない。オバマは
ロシアに対し何もしなかったが、トランプは一年半でロシアに対し経
済制裁、二つの駐米領事館を閉鎖し60人のロシア外交官を国外追放す
るなど急激な反露政策を取っている。ロシアを敵視するトランプがプ
ーチンと会談した目的は何か。これが最も大切なことである。

首脳会談の結果でトランプが強調したのはプーチンとの会談で核削減
について相互間の同意があったと言う。つまりトランプがプーチンと
会談を行った「第一の目標」は、イランと北朝鮮の非核化を促進する
ためプーチンを仲間に引き込み、さらにシリアから米露双方が撤兵す
ることと思われる。

その次の「隠された第二の目標」は米中関係である。トランプはいつ
もロシアは敵であると言っている。しかしロシアと敵対するよりロシ
ア関係を一時的に緩和し、ある方面で合作して別の問題を解決するこ
とは可能かもしれない。殊に大切な目的は中国で、米露が一時的に合
作すれば中露、北露関係を冷却することもできる。これは私の個人的
意見だが、いずれ失言問題が収まればトランプが首脳会談をした目的
が明らかになると思う。

            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
認識せよ、力が支配する世界への変化を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

ドナルド・トランプ米大統領は、6月8、9日にカナダ・ケベック州で開か れた先進7か国首脳会議(G7)に遅れて現われたうえ、2日目は午後の会 議に出席せずに早く帰った。

鉄鋼・アルミの輸入制限拡大、制裁関税問題などで、他の6か国と相容れ ず「6+1」の対立となったのは周知のとおりだ。居心地の悪さから抜け出 したその足で、トランプ氏は朝鮮労働党委員長の金正恩氏に会うためシン ガポールに向かった。

首脳会談を終えて、「私は彼(金正恩氏)をとても信頼している」とコメ ントし、会談翌日には「もはや北朝鮮の核の脅威はない」とSNSで呟いた。

米韓合同軍事演習中止にまでつながったトランプ氏の楽観は、しかし、物 の見事に粉砕された。6月29日、NBCテレビは、北朝鮮の非核化の意思 に疑問ありとして、米政府当局者の「北朝鮮が米国を騙そうとしている明 確な根拠がある」との声を報じた。衛星写真から北朝鮮の核関連施設が拡 張され、建設が進んでいるのが明らかになった。

そうした中、ポンペオ国務長官が7月6日、北朝鮮を三度訪れ2日にわたる 協議に臨んだ。平壌の順安(スナン)空港で会見したポンペオ氏は一連の 会談はすべて「非常に生産的」だったと語った。

しかし氏が飛び立ったあと、北朝鮮の朝鮮中央通信は「米国側の『強盗的 な要求』を北朝鮮が受け入れざるを得ないと考えているなら、それは(ア メリカの)致命的な誤りだ」という、ポンペオ氏の説明とは正反対の論評 を発表した。

自身の発言が「強盗的な要求」と非難されたにもかかわらず、平壌から日 本に直行したポンペオ氏は、こう弁明した。

「北朝鮮は誠実だった。実際にそうだった。報道を、いちいち気にしてい たら気が狂う。ギャングスターのような要求をしたと言われたが、世界は ギャングスターだらけだ」

「敵と味方」の区別

今回の協議でも北朝鮮が完全な非核化(CVID)に応じないであろうこ とは明確になった。非核化実現の意思があれば核兵器解体についての議論 が当然なされるはずだ。だがポンペオ氏は「騙された」ことを認めない。 「ウォール・ストリート・ジャーナル」(WSJ)紙は7月2日の社説で 「ヨンビョンでの活動拡大は金(正恩)が首脳会談での果実を、非核化に 踏み出すことなしに手にしたことを示す」としてトランプ外交の失敗を指 摘した。

トランプ氏は今月の11日から2日間、ベルギーでNATO(北大西洋条約 機構)首脳会議に出席するが、氏はNATO諸国に軍事費増額を要求する 手紙を送付済みだ。

NATOはロシア(旧ソ連)の脅威に対処するために西側諸国が1949年に 創設した。どの国であれ加盟国への攻撃は自国への攻撃と見做して、全加 盟国が互いに守り合う集団的安全保障の仕組みがNATOだ。

トランプ氏は、そのNATOは米国におんぶに抱っこだ、自国防衛なのに 十分な軍事費を払っていない、と非難する。2014年3月、ロシアがクリミ ア半島を奪い、東ウクライナに軍事侵攻したとき、NATO諸国は自国の GDPの2%を国防費に回し、うち20%以上を軍備や装備の充実に使うと 合意した。合意を守ったのは、米国(3.57%)、ギリシャ(2.36%)、英 国(2.12%)、エストニア(2.08%)の4か国で、EUの盟主、ドイツは 1・24%、フランス1.79%、カナダ1.29%などにとどまる。

こうした状況にトランプ氏は怒り、NATO諸国の首脳になぜ基準を満た せないのかと、非難する書簡を出した。世界最大規模の軍事予算を使って いる米国としては当然の不満であろうが、その怒りを認めても解せないの は、NATO諸国との首脳会議後に、ヘルシンキで米露首脳会談を行うこ とだ。

トランプ氏はカナダでのG7に先立って、ロシアをG7に復帰させるべきだ と語った。フランス政府高官は、クリミア半島はロシアに併合されたまま でロシア復帰の条件は整っていないと批判し、メルケル独首相もメイ英首 相も同意見を表明した。

前述のようにGDP比2%の条項はそもそもウクライナ侵略で、ロシアが クリミアを奪ったことが直接のきっかけだった。トランプ氏はこの2%条 項を守らないといってNATO諸国を非難する一方、その原因を作った プーチン大統領とは「うまくやれそう」だとして首脳会談に臨むというの である。

G7で対立して正恩氏に会いに行く。NATO諸国を叱りとばしてプーチ ン氏に会いに行く。共通の矛盾が見てとれないか。トランプ氏には「敵と 味方」の区別がつかないということだ。

日本ができること

いま世界で起きているのは大きな価値観の戦いである。トランプ氏の頭の 中では秋の中間選挙が最も重要なのだろうが、国際社会は約100年振り に、自由を掲げるアメリカの価値観が専制政治を掲げる中国の価値観に 取って代わられようとする局面に直面しているのだ。

アメリカ主導のパッ クス・アメリカーナが揺らぎかけ、中国主導のパッ クス・シニカの時代に 引き摺り込まれようとしている。ルールを基本と する世界から、力を基本 とする世界へのシフトが起こりつつあるのだ。 中国的な価値観を受け入 れ、自由や民主主義を弾圧しているのが北朝鮮 やロシアである。

従って米朝関係も中国ファクターを入れて考えると分かり易い。正恩氏は 「朝中はひとつの家族のように親密で友好的」で、「朝中はひとつの参謀 本部の下で緊密に協力」すると語っている。トランプ氏も「中国との貿易 問題を協議するときは北朝鮮のことも考える」と語っている。

米国が北朝鮮問題で梃摺(てこ)ずることは中国にとって大歓迎だ。北朝 鮮が無茶な要求をすればするほど、アメリカは中国の協力を必要とする。 今回の北朝鮮によるポンペオ氏に対する強盗呼ばわりも、中朝が示し合わ せて行った可能性がゼロではないだろう。折しも米中両国は、互いに制裁 関税に踏み切った。まさに戦争である。

この局面で日本にできることは多い。アメリカが成し遂げようとしている ことは、不公正な貿易で利益を上げる中国的手法の排除であろう。そのよ うなことはTPP(環太平洋経済連携協定)にとどまりさえすれば、多国 間の枠組みの中で出来たことだ。

だが、トランプ氏はそのことに気づかない。それだけに安倍晋三首相の役 割は大きい。欧州連合(EU)は日本との経済連携協定(EPA)に11 日、署名すると正式決定した。日本が主導したTPPは合意済みだ。これ らの枠組みを早く発効させて、中国中心になりかねないRCEP(東アジ ア地域包括的経済連携)に先行し、価値観を同じくする国々との連携を広 めることが大事だ。

『週刊新潮』 2018年7月19日号  日本ルネッサンス 第810回

        
  
━━━━━━━━━━━
1万人の死んだ大気汚染
━━━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

霧のロンドンは日本の歌謡曲にもなっているほど有名だが、実際んなのん びりしたものではない。秋だった。ロンドン郊外で貸切バスが霧に包まれ て動きが取れなくなった。

興味から、外に出て驚いた。まるで牛乳瓶に飛び込んだみたい。上も下も 右も左も見えない。急に殴られても相手を確認する事は不可能だ。歌謡曲 でロンドン霧を称えた作詞家はロンドンへ行ったことが無かったに違いない。

このように濃い霧だから、ヨーロッパには悪魔がやってくるのも霧に乗っ て、凶悪犯も霧に紛れてやってくると考えられている。そんな話をフリー 百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で捜していたら「ロンドンス モッグ事件(Great Smog of 1952、London Smog Disasters)」が出てき て驚いた。

1952年にロンドンで発生し1万人以上が死亡した、史上最悪級の大気汚染 による公害事件だという。現代の公害運動や環境運動に大きな影響を与え た。日本で言えば昭和27年。高校生のころだったから知らずに育った。

ロンドンは冬に濃い霧が発生する事で知られている(実はこの霧も大気汚 染の一つ)が、19世紀以降の産業革命と石炭燃料の利用により、石炭を燃 やした後の煙や煤が霧に混じって地表に滞留する。

それがスモッグと呼ばれる現象を起こして呼吸器疾患など多くの健康被害 を出していた。1950年代までの100年間にも10回ほどの大きなスモッグが あったが、その中でもっとも健康被害が大きくなったのが1952年である。

1952年12月5日から10日の間、高気圧がイギリス上空を覆い、その結果冷 たい霧がロンドンを覆った。

あまりの寒さにロンドン市民は通常より多くの石炭を暖房に使った。同じ 頃、ロンドンの地上交通を路面電車からディーゼルバスに転換する事業が 完了したばかりだった。

こうして暖房器具や火力発電所、ディーゼル車などから発生した亜硫酸ガ ス(二酸化硫黄)などの大気汚染物質は冷たい大気の層に閉じ込められ、 滞留し濃縮されてpH2ともいわれる強酸性の高濃度の硫酸の霧を形成した。

この濃いスモッグは、前方が見えず運転ができないほどのものだった。特 にロンドン東部の工業地帯・港湾地帯では自分の足元も見えないほどの濃 さだった。

建物内にまでスモッグが侵入し、コンサート会場や映画館では「舞台やス クリーンが見えない」との理由で上演や上映が中止された。同様に多くの 家にもスモッグは侵入していた。

人々は目が痛み、のどや鼻を傷め咳が止まらなくなった。大スモッグの次 の週までに、病院では気管支炎、気管支肺炎、心臓病などの重い患者が 次々に運び込まれ、普段の冬より4,000人も多くの人が死んだことが明ら かになった。

その多くは老人や子供、慢性の患者であった。その後の数週間でさらに 8,000人が死亡し、合計死者数は12,000人を超える大惨事となった。

この衝撃的な結末は大気汚染を真剣に考え直す契機になり、スモッグがす ぐそこにある深刻な問題であることを全世界に知らしめた。

イギリスでは多くのすす(煤)を出す燃料の使用を規制し、工場などが煤 を含んだ排煙を出すことを禁じる新しい基準が打ち出され、1956年と1968 年の「大気浄化法(Clean Air Act)」と、1954年のロンドン市法 (Cityof London (Various Powers) Act 1954)の制定につながった。


           
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎【普天間移設】 沖縄県、辺野古埋め立て承認を撤回へ

沖縄県は米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設に関し、近く埋め立て承認撤回に向けた手続きに着手する方針を固めた。県は辺野古沖に土砂が投入される8月17日までに撤回に踏み切りたい考えだ。政府は行政事件訴訟法に基づき執行停止を裁判所に申し立てる方針で、撤回後1カ月以内には土砂投入が可能になる見通し。

謝花(じゃはな)喜一郎副知事が19日、辺野古移設に反対する市民団体幹部に「(撤回手続きを)今月中にはやる」と伝えた。県は17日に工事停止を求める行政指導を防衛省に行っており、謝花氏は「最後通牒だ」とも説明した。県は早ければ週明けにも防衛省に対し、撤回前に必要な「聴聞」を行うと通知する。

撤回は、仲井真弘多(ひろかず)前知事による埋め立て後の不備を理由とした措置。翁長雄志(おなが・たけし)知事は平成27年に承認前の不備を理由とした「取り消し」を行ったが、28年の最高裁判決で県側が敗訴した。辺野古移設に反対する市民団体などは翁長氏に早期撤回を求めていた。

【写真】 沖縄県の謝花喜一郎沖縄県副知事(代表撮影)
http://www.sankei.com/politics/photos/180719/plt1807190028-p1.html
【産經ニュース】 2018.7.19 17:35  〔情報収録 − 坂元 誠〕

 ◎パラオの航空会社、中国路線停止へ 台湾問題での圧力影響

【台北=田中靖人】台湾と外交関係のある太平洋の島国、パラオの航空会 社が、中国との間で唯一運航していた香港路線を停止することが18日、分 かった。台湾メディアが一斉に報じた。中国当局の圧力で中国人観光客が 減少したためで、台湾では「大陸(中国)の威嚇を恐れず台湾と断交しな い姿勢を堅持」(聯合報)などと好意的に受け止められている。

13日付のパラオ紙アイランド・タイムズ(電子版)によると、パラオ・パ シフィック航空の運航会社が議会に運航停止の計画を提出した。パラオ政 府観光局の担当者は18日、産経新聞の電話取材に「利用客の減少が原因 だ」と述べた。

パラオ政府の統計によると、中国からの訪問客は2015年に日本を抜き1位 になって以降、全体の約半数を占めてきた。だが、中国当局は昨年11月、 台湾への圧力の一環で、バチカンとパラオへの団体旅行を厳禁したと報じ られていた。

同紙によると、同航空も年間3万人の利用客が今年は7月までに1万4000 人に減少。搭乗料金も半額以下に落ち込んでいた。レメンゲサウ大統領 は、台湾と中国を二重承認する意向を示し、「誰が友人で誰が友人でない かを選ぶつもりはない」と述べている。

【iza】 2018.7.18 21:33


 ◎パラオの航空会社、中国路線停止へ 台湾問題での圧力影響

【台北=田中靖人】台湾と外交関係のある太平洋の島国、パラオの航空会 社が、中国との間で唯一運航していた香港路線を停止することが18日、 分かった。台湾メディアが一斉に報じた。中国当局の圧力で中国人観光客 が減少したためで、台湾では「大陸(中国)の威嚇を恐れず台湾と断交し ない姿勢を堅持」(聯合報)などと好意的に受け止められている。

13日付のパラオ紙アイランド・タイムズ(電子版)によると、パラオ・パ シフィック航空の運航会社が議会に運航停止の計画を提出した。パラオ政 府観光局の担当者は18日、産経新聞の電話取材に「利用客の減少が原因 だ」と述べた。

 パラオ政府の統計によると、中国からの訪問客は2015年に日本を抜 き1位になって以降、全体の約半数を占めてきた。だが、中国当局は昨年 11月、台湾への圧力の一環で、バチカンとパラオへの団体旅行を厳禁し たと報じられていた。

 同紙によると、同航空も年間3万人の利用客が今年は7月までに1万 4000人に減少。搭乗料金も半額以下に落ち込んでいた。レメンゲサウ 大統領は、台湾と中国を二重承認する意向を示し、「誰が友人で誰が友人 でないかを選ぶつもりはない」と述べている。

【iza】 2018.7.18 21:33


 ◎米民主党、トランプ氏通訳者の証言要求 米ロ会談の内容開示求め

【7月19日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領とウラジーミル・プーチン ロシア大統領が通訳だけを交えて1対1で会談したことへの懸念が高まる 中、野党・民主党の議員らは18日、トランプ氏の通訳者による議会証言を 求める考えを示した。

両大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで2時間にわたり非公開 会談を行ったが、この際同席したのは双方の通訳者のみで、他の当局者は 参加しなかった。民主党議員らは、トランプ氏の通訳を務めた女性と、こ の女性が会談中に取ったであろうメモは、会談の内容について重大な情報 を提供し得ると主張している。

上院外交委員会の民主党トップ、ロバート・メネンデス(Robert Menendez)氏は米ケーブルテレビ局MSNBCに対し、「われわれは通訳者の 委員会出席を望んでいる。メモの閲覧を望んでいる」と説明。「何が起 こったのかを知るため、大いに尽力する」と述べた。

米国では、トランプ大統領が会談後の共同記者会見でプーチン大統領に好 意的姿勢を示したことをめぐり、民主、共和両党の議員が懸念を表明。怒 りをあらわにする議員もいる。リチャード・ブルメンソール(Richard Blumenthal)、ジーン・シャヒーン(Jeanne Shaheen)の両上院議員も、 通訳者の議会証言を求めている。

だが、民主党議員らの要求は大統領側に一蹴される公算が大きい。ホワイ トハウスは、いかなる大統領も非公開の会話の公表を求められることはな く、同じことは通訳者を含む側近にも強制されるべきではないと主張し、 大統領特権を行使するものとみられる。(c)AFP

【写真】
・ フィンランドの首都ヘルシンキで行われた米ロ首脳会談で、ドナルド・ トランプ米大統領の通訳を務めたマリーナ・グロス氏(2018年7月16日撮 影)。(c)AFP PHOTO / Brendan SMIALOWSKI
・ フィンランドの首都ヘルシンキで、米ロ首脳会談の開始を待つドナル ド・トランプ米大統領(右)と、通訳者のマリーナ・グロス氏(2018年7 月16日撮影)。(c)AFP PHOTO / Brendan SMIALOWSKI
・ フィンランドの首都ヘルシンキで、米ロ首脳会談の開始を待つドナル ド・トランプ米大統領(左から2番目)とウラジーミル・プーチン・ロシ ア大統領(2018年7月16日撮影)。(c)AFP PHOTO / Brendan SMIALOWSKI

http://www.afpbb.com/articles/-/3182948
【AFP】2018年7月19日 7:24 ワシントンD.C.  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎酷暑にどう対応すべきかに悩む:前田正晶

18日は14日の神奈川県大和市までの遠征?で夏風邪を引いてしまったこと に懲りて、一歩もこのアパートの外に出ずに過ごした。それでも、1階の 郵便受けまで降りようと北向きの玄関の外に出た時の館内の暑さには目ま でが眩む思いだった。

兎に角、風邪の症状は熱が引いただけであって、鼻も喉も一向に思ったよ うには回復しない以上、外出は禁物だと割り切った(諦めた?)次第だ。

この都内でも35度を超える猛暑の中で、何処か都外の暑い地帯で小学校の 児童を校外で活動させて死亡事故を起こした教師がいたとは呆れて物が言 えなかった。子供の方が地面に近いのだから照り返しがある位は心得てい るのが常識だろうに。

他にも航空写真を撮るからと言って校庭で中学生に人文字を作らせて9人 だったかが倒れたという報道もあった。何をか言わんやである。

7月で既に連日のこの暑さであれば、8月がどうなるかと考えただけでも憂 鬱になる。来年のことを言うと鬼が笑うそうだが、その先の再来年の8月 には何とオリンピックを招致してあるのだ。何とか委員会はその再来年の 心配をして、マラソン等々の競技の開始時刻を繰り上げると発表していた。

これとても賢明な策かどうかなどは見通しが立つまい。もしも、現在のよ うな暑さが2020年にも襲ってきたら、マラソンを午前7時に開始しても既 に27度台だろうし、アスファルトを手直ししたとしても、2時間保った後 の気温は上昇し、照り返しもあって走者たちには拷問のようになりはしな いか。

私は最初から何故オリンピックの開催に8月を選んだのかと奇異に感じて いた。尤も、自分自身がその頃まで生き長らえているかどうかの見通しは 立たないが。現在の私はそんな心配をするよりも、一刻も早く夏風邪から 立ち直って、普通の体調になってその維持の為にジムに行って少しでも体 を動かせるようにするのが急務だと思っている。

でも、35度の中をどのような服装で出ていくのかから考えねばならない か。兎に角、この暑さにはこれまでの常識では対応出来ないし、すべきで はないと考えている。


 ◎日大フェニックスの新監督が内定:前田正晶

18日、愚息から橋詰功君に内定と聞かされた時は驚いたいうより「そうい うこともあるのか」と意外の感に囚われた。彼はフットボール界での愚息 の言わば仲間を超えた同年齢の親友であり、我が家にも泊まっていったこ ともある間柄だ。

何年前だったかに「もう進化し続けるフットボールで大学のコーチをやり 遂げた」と言って立命館大学の付属校のコーチに転身していったとも聞い ていた。また、私自身も彼と愚息とともに関東大学選手権の試合を観戦し たこともあり、面識以上もものがあると思っている。

そのフットボールにかける情熱は並々ならぬものがあり、立命館大学の理 工系を卒業してシャープに就職していたのを振り切って、大学職員となっ てオフェンスコーチとなり、立命館大学パンサーズを2度の日本選手権優 勝に持って行った優れた戦略家であるオフェンスコーチだ。

また、マスコミ報道にもあるようにアメリカのフットボール強豪大学であ るオクラホマ州立大にもコーチ留学にも行っていて、アメリカの最新の フットボールの戦法にも通暁していると聞かされている。

彼がパンサーズのオフェンスのフォーメーションを編み出していたのだ が、私が最も印象深く感じていたのがライスボウルで松下電工インパルス (パナソニック)を破った時に(記憶が正しければ)勝利を決定づける タッチダウンとなったオフェンスのプレーだった。

詳細は省くが、私にはまさかQBの高田がキープして走るプレーだったと
は思っていなかった鮮やかなTDだった。尤も伝え聞くところでは、その難 しいプレーをスポッター席から出した橋詰君は「失敗したら翌日の新聞に 何と言って叩かれるか」と怖れたほどの意外性十分すぎるランプレーだった。

京都出身の彼は穏やかな語り方で、俗に言う体育会風の臭いがない(私の 印象では)スマートな青年だった。これから立ち直っていこうとする日本 大学フェニックスにとっては一刻も早く新監督を選任し、コーチ陣も整備 していかねばならないのだから橋詰君の手腕に期待したい。

新監督はその方針と練習法に適したコーチたちを選ばねばならないのだ が、まさか立命館大学の中からという訳には行かないだろうから、その辺 りに難しさがあるようにも感じられる。だが、米国大統領選挙に立候補る 際には誰もが予め「トランジション・テイーム」を用意してあると聞いて いるから、彼もその辺りには腹案があると期待して良いのかも。

予断がだ、昨17日のフジテレビのバイキングだったかで、「フェニックス には13人ものコーチがいる」と聞かされて「そんなに多いのか」と驚いて 見せた者がいた。フットボールには監督(英語というか、アメリカにはそ ういう制度はない)、ヘッドコーチに加えて各ポジションにもコーチがい るのだから単純計算すれば2+(11×2)=24となってしまう。だが、各ポ ジションには左右があるので、そうはならない。因みに、関西学院大学 ファイターズの一軍にはそれぞれの選手に学生コーチが付いているという 話だ。

アメリカでは我が国とは練習法が非常に異なっていて、各人がトレーナー に指示された「体のどの筋肉と場所を如何に鍛えるべきか」を指示されて その通りに自分でウエイトトレーニングなり何なりで体を作り上げて練習 に臨むのであり、自主性が主体である。

我が国のような長時間の練習にはならない合理性があるとも、複数のアメ リカ経験者から聞かされている。もっと簡単に解りやすく誤解を招きそう な言い方をすれば、精神主義の存在は極めて希薄だと言うこと。

アメリカでもコーチたちの主な仕事の一つに「授業を欠席するな。キチン と勉強せよ」と部員たちに口が酸っぱくなるほど言い聞かせることがある そうだ。「アメリカでも」と言ったのは、日本大学フェニックスにも同じ ような指示が出ていると聞いてからだ。

何れにせよ、橋詰君の手腕に期待したいのだが、アメリカ式(立命館大学 式?)の合理化乃至は近代化されたフットボールを如何に関東の勇者日本 大学フェニックスに根付かせるかに大いなる関心と期待がある。

因みに、フットボールに関しては、その人気と普及度は関西地方が圧倒的 に高いのだ。一度、東京ドームでライスボウルを観戦した時に隣の座った 京都から来た言われた立命館のファンの「おっさん」(失礼)の知識はそ れこそ(嫌な言葉だが)半端なかった。


 ◎生田悦子さんが亡くなられた。:前田正晶

虚血性心不全だったと報じられた就寝中に発作を起こされたようで、ご主 人が気付かれたが手遅れだった由 だ。71歳。謹んでご冥福をお祈りす る。報道では前日に外出されて何の予 兆のなかったとあるが、それに何 の不思議もないと思う。私は「虚血性心 不全」即ち、心筋梗塞だったと 解釈して話を進めていく。

私が2006年1月16日に第1回目(不思議な表現だが、私は3回経験して生き 残っているので))の心筋梗塞を起こした時は前日の土曜日にはジムに 行って、何時も通りに運動をしてウエイトトレーニングまでしていた。そ の前の金曜日には商社の知人と昼食会で語り合っていた。何事もなかった し所謂前駆症状の如き事は起きていなかった。

それでも16日の朝に襲われた。直接の原因となった冠動脈の狭窄は99% で、主治医でカテーテルの執行医(はおかしいか?)はこの状態で良くも 金・土と耐えてきたものだと言われた。いや、何時何処で起きても不思議 ではない状態だったという意味だ。

私は早朝で、しかも家内の見ている前だったのが幸運で救われたが、生田 悦子さんのように就寝中では隣におられたご主人でも気が付かれないこと はあり得る と思う。

それは、私の場合は激痛はほんの一瞬のことであり、「そこから先は脳に 血 液が行かなくなっているので、痛覚が麻痺しているから何とないと錯 覚するのだ」 と、入院中に看護師さんに教えて貰った。

2回目と3回目はほとんど痛みがなく当人が「もしかしてこの背中に 嫌な 感じがあるのは?」と疑って主治医に電話で相談し「万が一ということも あるか ら救急車を呼びなさい」と指示されたのだが、救急隊員が検査し た心電図は千々に乱 れていた。疑う余地もない心筋梗塞だった。

それでは事前に検査するとか、予防法はないのかと言えば確かにあるとは 思う。検査法はカテーテルを入れて造影剤を流すのだが、そういう検査を している病 院があるとは聞いているが、保険適用かどうかは知らない。

人手がかかり熟練を要す る処置であり、大規模で精密な設備を擁する検 査(処置)なので、個人の開業医院で は無理だろうと思う。次は日頃か ら備えておく食事だが、その方法は諸説あるのでご 参照願いたい。私は 「アルコールは体質が受け付けず、煙草は生まれてから吸ったこ とがな く、車の運転法も知らず、麻雀は発作の32年前に止めていた」が、予防の 効果 がなかったらしい。

「食事に気をつけよ」ということは「肥るな」なという意味だ。そこで BMIがどうのと言われているが、私には個人差があると思う。私と比べて も肥満だと思 えるし、大酒を飲む人が全員心筋梗塞になる訳でもない。

当時の主治医は「ストレス を起こしやすい職種と神経質なA型に多い」と 言われた。私には適合していたようだ が、A型だけは如何ともならない要 素だった。「A型でストレスに悩む方はご注意を」 と言いたいが「この世 にストレスがない仕事や職業があるのだろうか?」




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

20日の東京湾岸は快晴、爽快。

公園のあちこちの木にセミの抜け殻が残っている、とは家人の話。脱皮し たばかりのセミをカラスが狙うそうだ。7年ぶりに地上に出てきた途端、 食べられたんじゃ何のために地下に居たかわからないではないか。

19日、眼下のプールでは朝9時前から女生徒たちが泳いでいた。

私は午後、大学病院へ。先日とったMRIの結果を聴きに行った。夜は久し 振り、向島の洋食屋『あきら』で義姉夫婦と懇談。焼酎の肴はビーフ・シ チュー。これが絶妙に合う。
                           読者:5580人

                          


                          

                          

                          
                          

                         

                           
                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/20

    お(=^o^=) や(=^O^=) す(=^。^=) みぃ(=^-^)/~~ ニャ- ♪

  • 名無しさん2018/07/20

    ε=ε=★((?・。・)oアァ!☆⌒☆⌒☆ヽ(o_ _)o コケ*☆★

  • 名無しさん2018/07/20

    ワクチンの目的





    質問:もしワクチンが実際には確実に害をなすというのであれば、なぜ投与されるのです? 



    回答:まず第一に、「もし」ではありません。ワクチンは確実に害をなします。外からは害をなしているようには見えない人々の内部でもワクチンが害をなしているのか、となるとより難解になります。ということで実施されるべき種類の研究が出てくる訣ですが、なされません。研究者はワクチンが体内に入ったその瞬間からワクチンがどう動いていくのかを示す地図のようなもの、あるいはフローチャートのようなものが発見できるよう、精査すべきなのです。なのにそういう研究はされてきませんでした。



     何故投与するのかという点に関しては、2日くらいここに坐り込んでありとあらゆる理由を議論できますよ。あなたが何度も言われているように、システムの様々な階層で人々がそれぞれの動機を有していますから。



    金(かね)、仕事を失う恐怖、上司からの評価点を稼ぎたいという慾、名声、賞、出世、見当違いの理想主義、思考を放棄する習慣などなど。 

    ですが医学界カルテルの最上層部においては、ワクチンは最優先事項の一つです。何故ならワクチンは免疫システムを弱体化してくれますから。 













    これが受け入れ難い話かもしれないというのは承知していますが、それでも真実なのです。医学界カルテルの最上層部は、人々を助ける気はありません。人々を傷つけ、弱めたい。殺す気です。 

     働いていた当時、私はアフリカのある国の政府内で高い地位を占める人物と話し込んだことがありました。彼はこれに気が付いていると教えてくれました。WHO(世界保健機関)はこういった人口削減の利害のための表看板なのだと教えてくれました。 

    アフリカには貧しい人々の状況を変えようと真面目に取り組んでいる、様々な当局関係者で構成された地下組織のようなものがあるのですよ。このネットワークの人間は何が起こっているのか知っているのです。



    彼らはワクチンが利用されていること、それが自国を破壊するために利用され、グローバル主義者の権力によって彼らの国を乗っ取る準備を整えるために利用されているのだと知っています。私はこのネットワークの何人かの方々と話す機会がありました。 

     



    質問:南アフリカの大統領タボ・ムベキはこの状況に気が付いていますか?





    回答:一部に関しては気が付いていると思います。もしかしたら彼は完全には信じることが出来ないでいるかもしれません。ですが真相全体に気が付く過程にはいます。 

    彼は既にHIVがでっちあげだと知っています。エイズ薬は免疫システムを破壊する毒だと分かっているのです。 

    もし自分がワクチン問題についてどんな形であっても声を上げようものなら、狂人としての烙印を押されてしまうというのも分かっています。エイズの件で取った立ち位置から、彼は既に十分なくらい問題を抱えているのです。 





    質問:あなたがお話になったネットワークですが。





    回答:ワクチンについて非常に大量の情報を蓄積していますよ。問題は、如何にして成功裏に戦略を立ち上げるかです。彼らにとっては、それが困難な点なのです。





    質問:そして工業先進諸国においては?





    回答:医学界カルテルが牙城を築いています。ですが力を失いつつあります。主な理由としては、人々が医薬品を疑う自由を有しているからでしょうね。 



    ですがもし(何らかの医薬品を接種するか拒絶するかの権利を巡る)選択という関心が勢いを得られなければ、生物戦の細菌に対抗して間もなく始まろうとしているワクチンの義務付けが勝利を収めてしまうことでしょう。今が重要な時なんです。 





    質問:肝炎ワクチンを巡る猛反発が良さげな道に見えるのですが。 



    回答:私もそう思います、ええ。赤ん坊にあのワクチンを接種させねばならぬと言うのは――そして舌の根の乾かぬ内に、B型肝炎は性的な接触や針の使い回しから罹患すると認める訣ですから――馬鹿げた並置ですよ。 



    医療当局者たちは、米国では二万かそこらの数の子どもたちが“正体不明の原因”によってB型肝炎に罹るのだ、だからこそ赤ん坊はどの子も【B型肝炎】ワクチンを接種せねばならない、と言い募って自分の正当性を擁護しようとしています。 



    この二万という件数とそれを裏付ける研究とやら、私は異議を唱えますね。







    質問:MMRワクチンと自閉症の繋がりを明らかにしたイギリス人医学博士のアンドリュー・ウェイクフィールドは、ロンドンの病院での仕事をこの前クビになりましたね。 



    回答:ええ。ウェイクフィールドの仕事ぶりは素晴らしかったです。彼によるワクチンと自閉症の相関性は見事です。 



     

    もしかして御存知かもしれませんが、トニー・ブレアの妻は代替医療に携わっています。彼らの子どもはMMRワクチンを投与されていない。



    ブレアはつい最近の記者会見でこの質問に答えることを避けました。自分は「個人的な家庭生活」に踏み込むような質問をされるのは嫌だったに過ぎないと見せていましたが。何にせよ、彼の妻は口止めされていると私は思っています。



    もし機会さえ与えられれば、最低でも彼女は自分の子どもがMMRで深刻な障碍を負ったと公表した家族全員に対して同情していると発言するのではないでしょうか。





    質問:イギリス人記者たちは彼女に接触を図るべきですよね。





    回答:試みてはいるのです。でも彼女はどんなことがあっても沈黙を守ると夫と約束してしまったのではないでしょうか。もし彼女がこの約束を破ってくれれば、世のため大変役に立つことになるのですがねぇ。



     彼女は圧力を掛けられていると私は聞かされています。しかもそれは夫からだけではないそうです。彼女のような立場ともなると、MI6やイギリスの保健諸機関が関わってきます。国の安全保障上の問題だと見做されているのです。 





    質問:まぁ、医学界カルテルについて理解してしまえば、国の安全保障となるでしょう。

     回答:それどころか国際的な安全保障ですよ。あのカルテルは各国で活動しているのです。ワクチンの神聖さを熱心に守護しています。こういったワクチンを疑問視することは、バチカンの司教がカトリック教会における聖体拝領の秘跡の神聖さを疑問視するのと同一レベルなのです。 





    質問:ハリウッドの有名人の一人がワクチン接種をしないなんて職業上自殺行為だと言ったのを知っていますよ。





    回答:ハリウッドは医療界カルテルに非常に強力に結びついています。幾つかの理由がありますが、その一つは単に有名な役者なら何を言おうと物凄い注目を集められるというものです。



    私は1992年のロサンゼルスの中心街で開かれたあなたのFDA【※アメリカ食品医薬品局】反対デモの場にいました。一人か二人の役者がFDAに反対していました。あれ以降、何らかの形であろうと医療界カルテルに反対する声を挙げた役者を見つけるのに苦労されているのではないですか。 



     



    質問:アメリカ国立衛生研究所の内部では、どんな雰囲気で、基本的にはどのような精神状態なのでしょうか。





    回答:人々は研究資金のために競い合っています。彼らが最も考えようとしないのは、現状に挑戦することです。彼らは既に資金を巡る対抗戦に加わっている訣で。それ以上の厄介ごとは求めていないのです。



     非常に隔絶されたシステムなんです。概して現代医学はどの最先端分野においても非常に成功を収めている、という思想に依拠しています。 



    どのような分野であろうと組織的な問題が存在することを認めるというのは、業界全体に疑いの目を向けることになります。なのでアメリカ国立衛生研究所はデモが開かれるには最も縁遠い場所だと思われることでしょう。



    ですがその正反対が真実なのです。もし5千人の人々が集結して、あそこの研究システムの実際の有用性について釈明を求めたり、あの機関に投入された何十億ドルもの無駄金によって人々には一体どんな健康上の恩恵が実際にもたらされたのか開示するよう求めれば、何かが始まるかもしれません。 



    火付け役にはなるかもしれないのです。更にデモをすれば、色々な影響を及ぼせるかもしれません。研究者は――何人かが――情報を漏らし始めるかもしれません。 





    質問:妙案です。





    回答:スーツを着た人たちが警察の許すギリギリまでビルの傍に行って立つのです。ビジネススーツを着た人々、ジョギングウェアを着た人々、母親に赤ん坊。恵まれた人々、貧しい人々。ありとあらゆる人々です。









    ワクチンを証明すること





    質問:昨今赤ん坊に投与される幾つものワクチンが組み合わさった破壊力については?





    回答:まがいものだし犯罪行為です。その件に関して如何なる深さの研究をもなされていません。ここでもワクチンが安全だと決めてかかっているのです。よってワクチンを幾ら組み合わせようと、これまた安全なのだと。



    ですが本当はワクチンは安全ではありません。ですから短い期間で沢山投与すれば、危険の可能性は増えるのです。 





    質問:そして秋のインフルエンザの季節もやってきます。





    回答:そうです。こういった細菌は秋にだけアジアから米国に漂ってくるのだとでも言うかの様に。この前提を人々は鵜呑みにするんですよ。もし4月に起これば、タチの悪い風邪です。もし10月に起これば、インフルエンザなのです。 





    質問:ワクチン分野で長年ずっと働いてきたことを後悔していますか?





    回答:はい。でもこのインタビューの後には、後悔も少し減るでしょう。それに他の形でも動いています。私は一定の人たちに情報を渡しています。もし彼らが上手く使ってくれると思えた場合は。 





    質問:人々に分ってもらいたいと思うことを一つ選ぶとしたら?





    回答:ワクチンの安全性と有効性を確立する証明責任は、製造する側および人々への使用を許可する側の人間にあるのだという点です。その点に尽きます。 



     証明責任は皆さんや私にあるのではありません。そして証明するには、きちんと計画された長期的な研究が必要になります。大々的な追跡調査が必要なのです。



    母親にインタビューして、自分の赤ん坊について彼女たちが何を話すのか、そしてワクチン接種の後で赤ん坊に何が起こっているのか、注意を払わねばなりません。これら全てが必要になってきます。 



    今そこになきものですよ。 



     



    質問:そこになきもの、ですか?





    回答:そうです。









    ワクチン情報を知ること





    質問:混乱を避けるため、ワクチンが引き起こす症例について今一度振り返って頂けますでしょうか。どのような病気で、どういう形で起こるのか。





    回答:基本的には2つの有害な結果の可能性について話しています。一つは、ワクチンから病気を得てしまうというケース。ワクチンが守ってくれると標榜している病気自体を得てしまうのです。そもそもその病気は何らかのタイプが、ワクチンの中に入れられていますからね。 



    あるいは二つ目。ワクチンが謳っているその病気そのものは得ないかもしれないけれど、 



     後々になって、あるいは直後に、あるいは直後ではないのかもしれませんが、ワクチンによって別個の疾患が発症するというケース。その症状は自閉症や、自閉症と呼ばれるものの場合もあります。あるいは髄膜炎のような其の他の症状の場合もあります。精神的な障碍の場合もあるでしょう。







    質問:これら様々な結果の相対度数を比較する方法はあるのですか?





    回答:いいえ。追跡調査をロクにしないので。推測するしかありません。麻疹のワクチンを受けた10万人の子どもの内、何人が麻疹になり、何人が其の他の疾患をワクチンから発症したのかとお訊ねでしたら、信頼できるような回答はどこにもありません。私が言いたのはそこです。ワクチンは迷信なんです。そして迷信なんてものからは、使えるような事実は得られないのですよ。手に入るのは逸話だけです。しかもその大半はこの迷信を強化するように設計されているときています。



    ですが、多くのワクチン・キャンペーンを繋ぎ合わせていけば、非常に憂慮すべき内容を暴き出す一つの筋書きが見えてくるでしょう。人々が傷つけられてきたのだと。その害は本物で、傷は深く、死をも招きかねないと。我々は害などごく少数の事例だと信じ込まされてきましたが、それは断じて違います。



     米国では、自閉症と子どもの頃に受けたワクチンのことについて証言をしている母親の団体がいます。彼女たちは表に出て来て、集会で立ち上がっているのです。このこと全体について背を向けてしまった研究者や医者連中が生み出したギャップを埋めようとしているのです。







    質問:一つお訊ねしたいのですが。例えば子どもが一人、そうですね、ボストンに住んでいるとして、栄養ある食事で育てたとして、その子が毎日運動もして、両親にも愛され、麻疹ワクチンも受けなかったとして、そういった子どもの健康状態は貧しい食生活でテレビを毎日五時間観て、麻疹ワクチンも摂取した平均的なボストンの子どもと比べてどうなのです?





    回答:勿論、様々な要因が絡んできます。ですが前者の子どもの方がより良い健康状態のは確かだと思いますよ。もし麻疹に罹ったとしても、例えば9歳で罹るとしましょう、後者の子どもが罹るそれよりもずっと軽い麻疹である可能性があります。ということで何にせよ前者の子どもに賭けますね。







    質問:どのくらいの間ワクチンに携わってきたのです?





    回答:長い間です。10年よりも長く。







    質問:今振り返ってみて、ワクチンが成功を収めたと言えるような好意的な理由を思い出せますか?





    回答:いいえ、無理です。もし今、私に子どもがいたとしたら、ワクチンだけは受けさせないでしょうね。必要とあらばその州から引っ越したとしても。姓とて変えますよ。失踪しますね。家族と共に。必ずしもそうなってしまうと言いたい訣じゃないんです。上手いこと制度を掻い潜る手段だってありますよ、やり方さえ知っていれば。どの州でも思想信条の両方や一方だけで適用除外を申告できることもあります。ただいよいよとなれば、移動するということです。







    質問:とはいえ、ワクチンを接種しながらも健康そうに見える子供たちはどこにでもいる訣で。





    回答:大事なのは“ そうに見える”という言葉ですよ。勉強に集中できない子どもたちはどうなります? 時折、キレる子どもたちは? 知的能力の全てを発揮できない子どもたちは? こういったことには多くの要因があると承知していますが、ワクチンはその一つなのです。そんな危険を冒したりしません。そんな危険を冒せる理由がどこにあるというのです。はっきり言って、議論を決める最後の一言を政府に任せる合理性がどこにありますか。政府の医療は、私の経験上、言葉からして大抵は矛盾していますよ。一方を手に入れたとしてももう一方は無理、両方は得られません。







    質問:だから公平な土俵に乗せろと?





    回答:そうです。ワクチンが受けたい人間には許可すればいい。反対する人間には拒否させたらいい。ですが、先にも言った通り、土俵に嘘が撒き散らされていたら、どう公平にするのです?



    赤ん坊であれば、その親が決断する訣です。彼らは真実をしっかり提供されるべきです。先にお話したDPT注射で死亡したという子どもの場合はどうだったでしょう? 彼の両親はどんな情報に基づいて行動したのでしょう? 非常に偏ったものだったことは確かです。本物の情報ではありませんでした。 





    質問:医療広報の担当者は、メディアと一緒になって、親が自分の子どもに注射を受けさせなければどうなるのか、悲惨な筋書きで脅してきます。 



    回答:ワクチンを拒絶することは犯罪であるかのように見せてきます。親失格と同一視してきます。 



    より優れた情報でもって戦うしかありません。 



    権威に盾突くのはいつだって困難なことです。そしてやるかどうかを決断出来るのはあなた本人だけです。決断をするのは一人一人に任せられています。



     医学界カルテルはそういった賭けが好きなのです。そして恐怖が勝つと賭けている訣です。 

  • 名無しさん2018/07/20

    クリーム、乳液、化粧水で「肌荒れ」になるが、なぜ、これだけ皮膚障害が起きるのか?



     そのメカニズムも田代実教授は、丁寧に説明してくれた。



     まず、その前に、化粧品類を2つに大別しなければならない。化粧品には2種類ある。「メイク化粧品」と「基礎化粧品」である。前者は「メイクアップ用」である。本来、化粧とは「化けて」「粧う」と書き、メイクアップ用品なのだ。ところが、化粧品メーカーは、「基礎化粧品」なる商品も販売している。彼らは、これらを別名「スキンケア」化粧品として販売している。「基礎化粧品」とは、クリーム、乳液、化粧水のたぐいだ。そして、「メイクアップ化粧品」は口紅、頬紅、眉墨、ファンデーションなどである。



     田代教授が問題にするのは「基礎化粧品」である。これらは「スキンケア」と謳っているが、実は「スキンダメージ」になっている。



     まず、「クリーム、乳液、化粧水で、お手入れするほど肌は荒れます」(田代教授)



    つまり、肌荒れを防ぐと信じて顔に塗ってきた基礎化粧品が、実は、「肌荒れ」の原因だった。その肌荒れが起きるメカニズムも明解である。



    「肌は表皮と真皮と皮下組織の3層に別れ、さらに表皮の最上層は角質層となっており、保護層(バリアゾーン)が形成されています。これが「皮脂膜」であす。「皮脂膜」は、皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された水分とが乳化して角質最上層を覆っています。「皮脂膜」の働きは2つあります。1つは外部から異物の侵入を防ぐ。皮膚に水を垂らすと弾いて水滴になる。これは皮脂腺が水を弾いて、侵入を防いでいるからです。もう1つは、表皮からの水分の蒸発を防ぐためです。だから、皮膚はしっとりと、みずみずしさを保てるのです。皮脂膜が破壊されると、水分がどんどん蒸発して、ツッパリ、ガサつきます。これが肌荒れです」(田代教授)



    ではなぜ、クリーム、乳液、化粧水のお手入れで、肌荒れになるのだろうか?



    「化粧品の正体は、油と水を練り合わせたものです。水分が多くなると、クリームは乳液になり、さらに多くなると化粧水になります。この油と水を混ぜ合わせる時、必ず合成界面活性剤が必要になります。これは、合成洗剤の仲間です。つまり、油を溶かす作用がある。クリーム、乳液、化粧水を顔に塗ると、この合成界面活性剤が、皮膚の保護層「皮脂膜」を溶かし、破壊してしまうのです。これが肌荒れになる第1段階です」



     さらに毎日、これら基礎化粧品を顔に塗り続けているとどうなるのか?



     化粧品は油と水を混ぜ合わせたものだ。だからスキンケアとは顔に外から油を塗る行為なのである。外から毎日油を供給していると、だんだん、皮脂腺からの油(皮脂)の分泌が衰えていく。これは使わなければ衰えるという生命の基本原理である。



    「顔を洗って、素肌のままでいると、顔が突っ張って、カサつくようになる。これが肌荒れの第2段階です」(田代教授)



     つまり、日本中の女性が毎日行っているクリーム、乳液などのお手入れは、結局、余計な油を毎日肌に塗りこむために、皮脂腺の分泌地を衰えさせ、逆に「突っ張る」「カサつく」などの肌荒れを作っているのだ。



    「お手入れは、実は肌の健やかさの源である皮脂膜を破壊している。毎日お手入れをしている女性は例外なく顔だけが突っ張り、カサツキ、粉をふくようになる。さらに、皮脂の分泌が衰え保護層の皮脂膜が破壊されているため、有害な化粧品成分(合成保存料、殺菌料、酸化防止剤、合成香料、タール系色素など)の刺激を受け、接触性皮膚炎、アレルギー皮膚炎、発疹などで肌のトラブルを起こすようになるのです。これが化粧品による第3段階の害で、これが「累積性皮膚炎」です。その結果、小じわ、垂水、肌の老化も進みます」(田代教授)



     まさにスキンケアの正体は、スキンダメージだった。



     この真実に気付かず、今も、日本中の女性たちがCMや美容部員たちの洗脳に乗せられ、お肌荒らしを繰り返している。



     何もつけないで素肌のままでいると、たちまちパリパリに突っ張って、カサつくはずである。そして我慢していると、顔が粉を吹いてひび割れそうに辛くなる・・・・。これが田代教授の言う慢性の肌荒れ・・・「累積性皮膚炎」である。



     首の下からのクリーム、乳液、化粧水を塗らなかった部分は、素肌でも、しっとり何も起こらないはずである。お手入れした部分だけがカサつき、突っ張る。まさにその正体は「お手荒らし」そのものだった。

  • 名無しさん2018/07/20

    祝、結婚

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi-misakichipen/search?q=%E5%AF%BA%E9%96%80%E4%BA%9C%E8%A1%A3%E5%AD%90

    「ニュース シブ5時」→結婚

    の流れになるように、後任には独身の女子アナをお願いしたい。

  • 名無しさん2018/07/20

    案内板も対応も日本語と英語のみ!風情が損なわれないよう支那語や朝鮮語なし!城崎温泉の観光客激増

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7151.html

    隣国との付き合い方

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

    在日 強制連行の嘘 【歴史問題】

    http://roboukoishi.blog36.fc2.com/blog-entry-28.html

    高山正之☆ボロボロ出るぞ!!小池百合子のとんでもない正体!!

    http://ken-ch.vqpv.biz/no/20985.html

    気象予報士

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E6%B0%97%E8%B1%A1%E4%BA%88%E5%A0%B1%E5%A3%AB&chips=q:%E6%B0%97%E8%B1%A1%E4%BA%88%E5%A0%B1%E5%A3%AB,g_20:%E5%90%89%E4%BA%95+%E6%98%8E%E5%AD%90&sa=X&ved=0ahUKEwimrbbQk6rcAhVGVZQKHYp7DkIQ4lYITCgA&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    体臭------”病院の臭い" が その人の体から 出ていました

    http://mizroom-tayori.blog.jp/archives/1013212549.html

    「皇室の祭祀」を奪われた「国民の祝日」。休日やったら何でもええんか?

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-337.html

    なぜ男系継承でなくてはならないか

    http://www.hokkaidojingu.or.jp/sizume/column/takeda3.html

    大学生の間ではMacが大人気。いったいなぜ?

    http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/53822003.html

    アルゼンチン、遺伝子組み換え大豆の農薬噴霧で居住不能になった町

    http://blog.rederio.jp/archives/1402

    関東大震災で朝鮮人は何をしたのか?

    http://ryotaroneko.ti-da.net/e3581327.html

    インフルエンザワクチン製造量

    http://www.wam.go.jp/wamappl/bb14GS50.nsf/0/36acd6f313ffd798492571ee000a9a7b/$FILE/20060919sankou.pdf

    予防接種の驚くべき歴史

    http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/828.html