政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4735 号  2018・7・9(月)

2018/07/09

                       
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4735号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年7月9日(月)



          裏口入学なんてメじゃないって:宮崎正弘

              赤穂浪士や龍馬の人気:渡邊好造

      判事と長官が対立する韓国の異常事態:櫻井よしこ
                                            
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4735号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━━━
裏口入学なんてメじゃないって
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月8日(日曜日)
        通巻第5754号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

裏口入学なんてメじゃないって。予備校もカンニング機器の販売に手を貸した
  受験を欺く新兵器の数々、消しゴムに隠された補聴器、指紋のニセモノ
*********************************
詐欺にかけては世界一の技術を誇る国は?
正解はシナ。指摘する必要もないだろう。裏口入学で日本は大騒ぎをして いるが、コネによる裏口入学が常識でさえある中国で、昨今、話題となっ ているのはカンニングの新兵器である。

当局は5月24日に李と名乗る入試カンニング機器販売の主犯格を逮捕し、 出荷寸前だった10万個の「機器」を押収した。不正な機械を販売してきた 12の団体を手入れし、容疑者を拘束した。

この国家考査(全国統一模試)を突破するためにカンニングの新製品が 年々歳々向上していた事実が浮かび上がった。

予備校の中には、この機器を購入したところが8校もあったという(サウ スチャイナモーニングポスト、2018年7月7日)。
 
まず指紋である。身代わり受験を防ぐための中国の模試会場の入り口で指 紋の照合がある。荷物検査は金属探知機があり、ここを突破する新しい、 金属探知機にみつからない兵器が求められていた。

注目は小さなイヤホンで、金属探知をのがれる。また消しゴムに内蔵され たスクリーンや計算機を偽造した液晶パネル。これらを入試会場から三キ ロ以内に陣取るグループが問題を解いて受験生に送るシステムであり、 やっぱり中国人の発想は違うなぁと感心するばかりである。

ロス米商務長官は中国を「ルール違反常習」とは言わず、「貿易の詐欺 師」とまで酷評したが、科挙試験以来、替え玉やカンニングは彼らのお家 芸であり、あげくは入試不合格でも、つぎは有名大学の「卒業証明」の偽 造である。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 終戦から半年後に、通化では日本人3千人が惨殺された
  この中国軍がやった「通化事件」のことを戦後史家はなぜ書かなかっ たのか

  ♪
加藤康男『八月十五日からの戦争 通化事件』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

日ソ中立条約を破棄してスターリンは満州への侵攻を命じた。

8月15日まで防衛線と要塞を死守した日本軍は多くで玉砕した。満洲各地 では激しい戦闘がつづいたが、陛下の玉音放送で、ぴたりと戦いをやめ、 降伏した。スターリンを信じて、迂闊にも武装解除に応じてしまった。

まさか、ソ連兵が日本軍兵士をシベリアに抑留し、また残留日本人をあれ ほどの残虐性を示して虐殺、國際ルールの無視をやるとは、善意の日本人 の想像を超えていた。戦車で日本人をひき殺し、婦女子は暴行したうえで 殺害し、あらゆる物品を奪った。

この残虐に輪をかけて、人類の想像を超える残酷をみせたのが中国人の武 装ゲリラ、朝鮮人の盗人集団などである。

当時、満州にはこうした匪賊が3百万人ほどいた。

本題の「通化事件」とは、戦争がおわって半年もすぎたときに、引揚げを 待っていた日本人が3千人も惨殺された事件のことで、犠牲者は「通州事 件」の十倍以上である。河は血の海となって鮮血に染まった。

しかし日本はこの事件の抗議も行わず、沈黙した。だから誰も知らない。
加藤康男氏は、こうした戦後史の闇に葬られてきた事件を丁寧に掘り起こ し、深層に迫る仕事を丹念に精密に調査されながら、息の長い、かずかず の仕事をこなされてきた。

さて通化事件は、近年「通州事件」が知られるようになって慰霊祭も行わ れていることとは対比的に、じつは殆ど何もなされていない。
通化事件は全貌の検証もされていないのだ。

評者(宮崎)は、通州事件のあとには2度行って現場を検証したが、じつ は通化事件の現場にも足を運んで、つぶさに街をあるいた。

10年以上前のことで、まだソ連兵の司令部跡や、参謀部跡、処刑場のあと などが確認できた。それを写真と地図入れで、拙著のどこかにワンチャプ ターを建てて報告したのだが、いま、何という本だったかの記憶がない。 つまり誰も注目しなかったので、評者の問題提議に、これといった反応が なかった。

しかし、いま加藤さんの新作がでるに及んで、本格的な慰霊や追悼講演会 などが企劃されても良いだろうと思う。

本書にはもう一つ、これまた誰もが忘れてしまった「お町さん」という女 傑の物語が挿入されている。

雲南省の山奥の拉孟(らもう)で、最後まで日本兵とともに敵と戦った慰 安婦の日本人女傑がいたことは、近年、桜林美佐さんの活躍でしられるよ うになった。評者も8年ほど前に現場を歩いた。

お町さんとはどういう女性だったのか?

「お町は日本の女で御座います」と胸を張ってロシア、シナの匪賊と立ち 向かった。

お町さんの活躍ぶりは、当時遼寧省の安東(いまの丹東)で引き揚げ船を まった芦田伸介や藤原作弥氏らの回想録、著作にひょいと名前がでてく る。つまり敗戦後のどさくさに、ソ連兵の暴行を防ごうと、お町さんは立 ち上げり、「ソ連兵相手のキャバレーを創ったのだ」(安寧飯店)。

ただしプロの女性だけを雇用した、事実上の慰安所であり、これが防波堤 となって、多くの日本人女性を悪魔の被害から救った。

しかし、この女傑が経営したキャバレーは、八路軍から国民党のスパイの たまり場と因縁をつけられ、お町さんは八路軍の手にかかって銃殺され た。鴨緑江が血に染まった。

その女傑を顕彰する石碑は、じつは三ヶ根の殉国七烈士の墓場近くと、出 身地の吉崎御坊の近くに建立されていた。

 加藤さんはそれを見つけた。本名も探り当てた。関係者を訪ね歩く苦労 重ねながら、津軽半島の奥地から、福井の芦原温泉近くの出身地で、顕彰 碑を発見し、ついに石川県の願慶寺に建立されていたお墓にたどり着いた。

そこで住職が保存していた僅かに残されていた資料と写真を手に入れた。 ようやくにして、足で歩いたノンフィクションが完成した。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)米国海軍が駆逐艦を2隻、台湾海峡を通過させます。台湾 海峡には、戦雲が漂っているのでしょうか?(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)駆逐艦を2隻、今晩にも台湾海峡を通過する予定 とか。注目すべきは、この日、トランプ政権による対中貿易戦争の火蓋が 切られたというタイミングでしょう。

それにしてもトランプは就任早々に「ひとつの中国には拘らない」と応 援歌を送り、さきには「台湾旅行法」、そして先週は台北の、事実上の大 使館新設除幕式。くわえて、海兵隊を駐屯される(いまは私服で警備につ いています)。補佐官のボルトンは沖縄の海兵隊を台湾へ移動せよと訴え ています。

これだけの環境の変化、良い条件が整えされている時期に、適宜に対応 した政策効果を挙げられない蔡英文政権は、いったい何をしているのか と、民進党支持者のなかに、蔡英文支持から離れている人が多いようです。

  ♪
(読者の声2)御新著『習近平の死角』(育鵬社)、紀伊国屋書店で店先 に高く積み上がっていました。購入して、早速読み始めましたが、いつも ながら取材のゆきとどいた好著に感銘を受けました。

 とくに誰も行かない、それこそ特派員も行かないような国や場所へ行か れて中国の進出ぶりを観察されるなど、貴重な仕事だと思います。
老生の家内も、以前から先生のファンですが、本著も熱心によみだしまし た。さらなるご健筆をお祈りします。(TI生、神奈川県)



━━━━━━━━━━
赤穂浪士や龍馬の人気
━━━━━━━━━━


     渡邊 好造

以前のNHKテレビの大河ドラマ”坂本龍馬”が大好評であったことを、ふと 想い出した。

龍馬がなぜこんなに人気があるのか。そこには赤穂浪士の人気と共通する ものがあるように思う。大衆芸能で人気を博し、「英雄」となる人物には およそ下記の4つの共通の条件が備わっているのではないだろうか。
                                             
1)逆境に陥る。
2)人から侮られる。
3)努力して大成功を収める。
4)悲劇的最後をとげる。

赤穂藩主の浅野内匠頭が江戸城中で吉良上野介に切りかかり、即日切腹さ せられ、藩は取り潰し。大石内蔵助を初めとする藩士47人が吉良への仇討 を果たす物語が”赤穂義士伝”である。

周知のように、製塩で裕福であった藩の家老大石は、主君の不始末で、生 活はたちまち暗転。仇討をするのかしないのかグズグズと日時が経過し、 昼行灯とまで揶揄され侮られたが、その後仇討を無事達成し一躍英雄と なった。

しかし全員死罪の悲劇的最後を遂げる。まさにこの4条件にピッタリである。

もし、義挙だから救済するべしとの世評通り47人が赦免になって生きな がらえていたら、彼らを称える毎年の赤穂、山科での「義士祭」は行われ ていないに違いない。

坂本龍馬は、土佐藩の下級武士の出で、脱藩して薩長同盟に尽力、海援隊 の隊長として活躍したのち大政奉還に寄与するも、慶応3(1867)年刺客 に襲われ明治政府の実現直前で死去。

同じように、この4つの条件に合致する大衆受けのする「英雄」を拾うと、

源義経は平家に預かりの身で苦労を重ねた後、不運な境遇から抜け出し平 家壊滅の端緒をつくる大功績をあげた。しかし、兄頼朝の不興をかって奥 州平泉で滅ぼされる。

豊臣秀吉は、織田信長の家来としてサルと馬鹿にされながらも人一倍の努 力を重ねて這い上がり天下を取るに至るが、わが子秀頼は母淀君とともに 徳川家康にしてやられる。

織田信長も英雄の一人にあげることができる。”ウツケモノ”として侮ら れ、その後天下統一の一歩手前で明智光秀の謀反で挫折し、自害する。た だ織田家を継ぐまでにこれといった逆境に陥ってはいないのでやや条件に 欠ける。

新撰組の近藤勇、土方歳三は剣の腕前はすごいものを持っていたがもとも との身分が低く、中心人物になって組織をつくりあげるまでにはかなりの 苦労を重ねたらしい。最後はともに若くして打ち首と戦死の運命をたどる。

いずれの人物もNHK大河ドラマに登場する「大英雄」である。

反対に、源頼朝、徳川家康らは天下を取ったものの、頼朝は非情な兄であ り、家康は腹に一物のタヌキ親父、桂小五郎(木戸考允)も功績はあるが 殺されもせず、3人とも最後は大往生をとげているから、英雄の資格に欠 ける。その意味では秀吉は病死であり条件にそぐわない面もあるが、次代 での悲劇が待っていた。

もちろん、これらの筋立てはいずれも江戸時代の歌舞伎や浄瑠璃作家が客 うけするストーリーにしたり、あるいは明治政府を正当化するために創り あげられたものであったりで、史実とは異なる部分が多いことは言うまで もない。

坂本龍馬に至っては、一説によると梅毒に侵され、斬殺されていなくても そんなに長くは生きられなかったともいわれている。梅毒で死んだ坂本龍 馬だと大衆芸能で人気を得るはずがない。もちろん、NHK大河ドラマに登 場することも、銅像が建てられることもなかったに違いない。(完)
  
       

━━━━━━━━━━━━━━━━━
判事と長官が対立する韓国の異常事態
━━━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

「判事と長官が対立する韓国の異常事態 司法の頂点に立つ最高裁まで 左翼が侵食」

朝鮮問題専門家の西岡力氏が、シンクタンク「国家基本問題研究所」の定 期会合で語った。

「韓国は政治とメディアだけでなく、司法も北朝鮮にやられてしまいまし た。韓国に残っているまともな保守は在野の言論人だけです」

氏が警告したのは韓国大法院(最高裁判所)の金命洙(キム・ミョンス) 院長(長官)の件だ。

金氏は1959年生まれ、59歳の若さで昨年9月、文在寅大統領によって大法 院院長に抜擢された。「統一日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が 補足した。

「金氏は大法院院長になる前は、春川地方裁判所の所長にすぎませんでし た。春川地裁は、韓国で最も小さな裁判所です」

そんな小さな地裁の長を務めただけの人物が、高等法院院長出身者の地位 とされる大法院院長になぜ、いきなりなれたのか。再び洪氏が説明した。

「韓国では地方裁判所長が選挙管理委員会の長も兼任します。金氏は(文 氏が大統領に選ばれた)2017年5月の総選挙で、文氏と対立する政党の候 補者、鎮金台氏を強引なやり方で選挙違反の罪に問い、失脚させようとし ました。

春川地裁は鎮氏を有罪としましたが、高裁は無罪、最高裁は14人の判事の うち、金長官を除く13人の判事全員が無罪と判断しました。金氏は法の番 人でありながら、法よりも政治的イデオロギーを優先させる。その姿勢が 文大統領に評価されているのです」

北朝鮮の金日成主席は70年代から韓国の左翼勢力を経済的に支え、優秀な 人材に奨学金を与え、教育して、韓国の司法やマスコミ界に送り込み韓国 内部からの革命を画策した。そうした北朝鮮の長期戦略がいま、山場を迎 えようとしていると、西岡氏が言う。

「現職の最高裁長官が、前任の長官、梁承泰(ヤン・スンテ)氏を刑事告 発しようとしているのです。容疑は朴槿恵前政権との司法取引です」

再び洪氏が補足した。

「金長官は梁前長官が朴前大統領と取引したという疑惑を言い立て、最高 裁内部に特別調査委員会を設置しました。同委員会は3度にわたって調査 しましたが、疑惑を裏付ける如何なる証拠も見つかりませんでした。最高 裁の判事は長官を含めて14人、うち、長官を除く13人全員が連名で『裁判 の本質を損なう司法取引疑惑には、全く根拠がなかったことは明確だ』と 断定する報告書を発表しました」

にもかかわらず、事態はさらにねじ曲げられつつある。韓国での保守勢力 潰しの常套手段のひとつが乱訴である。狙った相手を訴え、時間とエネル ギーとお金を使わせ、潰してしまう。

言いがかりに等しい理由で連続して 裁判を起こされ、身ぐるみはがれた 言論人に「朝鮮日報」論説委員を歴任 し、「韓国論壇」を主宰した李度 珩(イ・ドンヒョン)氏がいる。政治家 では朴前大統領が典型的事例 で、財産どころか名誉も剥奪され、拘束され 続けている。

梁氏も左翼系団体の告発に晒されている。検察は告発状を受 けて調査に 乗り出した。ソウル中央地検特捜一部が粱氏の事案の担当だ。 特捜一部 は左翼労働団体の典型である法院労働組合本部長らから事情を聴 いてい る。金長官はこのような状況下で進んで検察の調査に協力する姿勢 を見 せているのだ。
  
だが、前述のように最高裁の判事らは長官の行動に異議を唱え、13人の判 事と長官が対立状況を続けている。まさに異常事態である。韓国の政界は 大統領以下大きく左に傾き、マスメディアも悉くと言ってよい程、北朝鮮 寄りだ。国の基本を成す司法の、その頂点である最高裁までも、左翼陣営 に侵食されようとしている。

このままいけば、共産党が司法・立法・行政の三権の上に君臨する中国の ような国に、韓国もなるだろう。まさに革命が起きたのだ。そのことを自 覚して日本は危機に備えなければならない。

『週刊ダイヤモンド』 2018年7月7日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1238


           
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎竹田恒泰氏は、祖父の竹田恒徳の生母が明治天皇の皇女なので明治天皇の玄孫になります。竹田恒泰氏の竹田家は「伏見宮邦家親王ー北白川宮能久親王ー竹田宮恒久王ー竹田恒徳」と続く旧宮家です。

「初代伏見宮ー3代伏見宮ー後花園天皇」の男系子孫が皇室、「初代伏見宮ー3代伏見宮ー4代伏見宮」の男系子孫が伏見宮家・11宮家・旧宮家です。伏見宮家の正系が皇位の皇統に昇格したので、伏見宮家の支系が予備の皇統になりました。

「皇統は伏見宮家をもって“正系(正統)の中祖”としたのです。1947年に臣籍降下した11宮家の伏見宮家のご一統は、後花園天皇の皇弟である貞常親王が伏見宮第4代を譲り受けた“伏見宮家の支系”にあたる。

武家的に言えば、伏見宮総本家[兄]が皇位を継ぐ皇統の幹[後花園天皇]に昇格したので、その分家[弟]が、傍系のフェール・セーフ(おひかえ)の伏見宮家を継ぐことになったのです。」(中川八洋『小林よしのり「新天皇論」の禍毒』)(まこと)


 ◎オバマ政権下既に始まっていたアメリカ対チャイナの貿易戦争:前田正晶

2010年前後だったか、シンガポールに本拠を置く華僑財閥系のシナル・マ ス(Sinar Mas)グループが、傘下の製紙会社Asia Pulp &Paper(APP
でインドネシアに本拠を置き中国にも工場がある世界最大級にして最新鋭 の設備を有する)が、アメリカに猛烈な輸出攻勢をかけてその市場占有率 を急速に伸ばしていった。

しかも、世界最新鋭の抄紙機で製造される塗工 及び非塗工の印刷用紙の 品質と価格は、20世紀に導入され時代遅れとなっ ていたアメリカの設備 で造られる紙を遙かに凌駕していた。

私も1997年にAPPのインドネシアの2工場を見学する機会があった。正直に 言って、長年アメリカの時代遅れの生産設備を見慣れていた私の目には、 その素晴らしさに圧倒されて言葉を失ったほどだった。

その三菱重工製の 最新鋭のマシンの写真撮影の許可を取れたので、帰国 して我が国最大の メーカーのOBで研究所の所長だった技術者の方にご覧 に入れたところ「悲 しいかな、私には最早こういうマシンは理解できな い」と言われてしまっ た辺りに、その凄さがあるのだった。

そのAPPの攻勢に恐れをなしたアメリカのメーカーが、商務省(DOC)にイ ンドネシアや中国等の新興勢力からの輸入紙に関税をかけるよう請願し た。DOCは詳細に調査した結果「中国政府が輸出紙には国内の物品税を免 除し助成金を交付していると判明し、不当廉売である」との結論に達し た。そこでインドネシア、中国、韓国、台湾等までが関税でアメリカ市場 から閉め出されることになった。後にEUもこの関税賦課の後を追って新興 勢力を占めだした。

私は長年アメリカの紙パルプメーカーに勤務していたので、アメリカの紙 パルプ産業界が古物化した設備を抱えて利益も不十分だった為に、合理化 乃至は近代化の設備投資が遅れており、品質、コスト、生産の規模で後発 なるが故に最新鋭の設備を保有する中国とインドネシア等に敵う訳がない と見ていた。これは誠に残念な事態だった。しかし、私はオバマ政権の保 護貿易の姿勢は批判したのだった。

意外に思われるだろうことがある。それは数年前にアメリカを追い越して 世界最大の製紙国にのし上がっていた中国は資源小国で、パルプも故紙も 輸入に依存せざるを得ない態勢だった。アメリカはその中国に対してパル プ以外にも故紙も供給し最大の故紙のサプライヤーだったのである。即 ち、アメリカは自分で供給した原料で生産された紙が低価格で輸出される ことに苛まれていたのだった。そして、関税で閉め出して自国の製紙産業 を保護したのだった。

しかし、中国も拱手傍観していた訳ではなかった。2〜3年ほど前からアメ リカが輸出してくる故紙は選別が粗雑で不純物(業界用語で言う禁忌 品=prohibitive materialsで、言わば故紙以外のゴミ)が混入されてい ると指摘し、到着後に港で税関が厳密に検査し、規格外品を受け入れを拒 否するようにしたのだった。

これは実質的に輸入禁止と同様な措置で、ア メリカの故紙輸出業界が大 混乱に陥ったのだった。と言うことは、紙パル プ産業界に限定してみれ ば、貿易戦争は既に開始されていたと言えるのだ。

そういう視点で見れば、トランプ大統領はオバマ大統領の対中国貿易戦争 を引き継いだのかも知れない。だが、今回開始された関税の賦課の応酬は 規模も違うし、そもそもトランプ大統領が目指しているところは単なる保 護貿易政策ではないことは明らかであると思う。

私にはトランプ大統領が この争いが巻き起こすだろう世界全体の経済に 与える影響をどれほどの大 きさになるか、まで考慮されたか否かなどは 窺い知れない。だが、相当な 決意で臨まれたようだとは解る気がする。

今日か明日か知らないが、ポンペオ国務長官が平壌からの帰路に我が国を 訪れられるようだ。総理以下はDPRKの非核化問題も重要な議題だろうが、 この対中国の貿易戦争も我が国に直接・間接に影響してくるのは間違いな いところだと思うので、十分にアメリカの目的と意図をご確認願いたいも のだと思う。まさか、トランプ大統領は中国さえ今叩いておけば「後は野 となれ山となれ」(=After me the deluge.か I don’t care what follows.)とは仰るのではあるまいな。


なお、「アメリカ対チャイナ」としたのは、私が「米国」という国名表記 はおかしいと思っているので常に「アメリカ」としてきたので、釣り合い を取る為に「チャイナ」としたのである、念の為。

◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2018年7月8日◇◆◇◆◇
▼唸声中国映像/出所したばかりの22歳、ナイフを持ってスーパーに強盗へ

[https://stat.ameba.jp/user_images/20180708/03/unarigoe/b8/a9/g /o0420023614225149715.gif]」

GIFはスーパーのレジでナイフを出し金をよこせと迫る強盗に私のスー パーじゃない、金なんて払えない、警察を呼ぶとすごい剣幕でまくしたて るとすごすごと帰る強盗/唸声

【江蘇省】 7月1日午前4時5分頃、南京市のスーパーで牛乳と辛いスナッ ク菓子を抱えてレジにやってきた男がナイフを出し、金を出せと女性にナ イフを剥ける。ところがレジの女性王さんは全くたじろがず、警察を呼ん でともう一人の従業員に叫び、男は買った商品の金を払わず店を出た。

王さんは追いかけ、出前配達員の助けを借りて男を捕まえた。男は劉某 (22)、窃盗で3か月の刑期を終えて出所したばかりだった。警察は危険な ので、絶対にこんなことはしないようにと注意喚起していが・・・。

映像:CGTN 7/7:Robber with knife flees as female cashier shouts at him  (0:37)
https://youtu.be/mBQRDUkawSs

では、今週号をお楽しみください。
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12389255329.html
誕生日の音楽映像(三枝成彰、作曲家)
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12389151550.html
2018/7/8 唸声



 ◎大豪雨による犠牲者のご冥福を祈り被災者をお見舞い申し上げたい:
前田正晶

何と言って犠牲者のご冥福を祈りお見舞いしたら良いのか言葉を知らない し、方法すらも解らない大災害である。連日テレビのニュースの画面を見 ているだけでも心が痛む西日本(と言っても岐阜県でも災害は発生してい るが)の大豪雨である。

特に倉敷市の凄まじい洪水の画面などを見せられては、何と言ったら良い のかと言葉を失うほどの大災害だ。

あれほどの豪雨に襲われた方々は着の身着のままで避難されたのだろう し、中には家も何も食べ物も着る物もなく、貴重品も何も持ち出す余裕が あっただろうかなどと思う時に「命があっただけでも良かった」という程 度のことではないのだろうと感じた。

何しろこれから先どうやって生活し ていくのか」という大変な問題の直 面されるのだろうから。中には住宅 ローン等々の借入金を抱える方もお られるだろうし、車等の交通手段も失 われた方も数多くおらるのだろ う。トランプ大統領では「雇用」の問題も 生じるだろう。

自衛隊も出動されているようだが、あの洪水の状態ではどうやって現地に 赴いて、何処でどうやって基地を設けるのだろうかなどと考えてしまう。 総理は「全力を挙げて救出を」と言われていたが、救出された後に前述の ように大きな諸々の問題があると思うのだ。8日朝の時点では、四国には 未だ大雨の警報が出ている状況では、現時点では対策も何も立てようがな いのではと懸念する。

仮設住宅を建てるにしても、その資金は何処から出てくるのかが気にな る。地方自治体もあれほど痛めつけられてはその予算か余裕があるのかと 思わせられる。私には国家の財政のことなど判らないが、仮設住宅一つに しても政府が援助せざるを得ないのではないかなどと考えた。

それにしても、その際の予算は税収で賄うのであれば、被災者にも負担が のしかかって来はしないかなどと悩んでしまう。

被災者に衣食住を供給せねばならないのは当然だろうが、停電もあれば断 水もある状態を何時どのようにして復旧するかなどは簡単に対策も考えら れない難題のように思える。私は湾岸戦争の際にサダムフセインに「人間 の盾」という人質にする為に捕らえられ、200人が立って寝るしかないよ うな狭い地下室に幽閉され、その地下室にはトイレが1箇所しかなかった という条件で過ごしてきた商社マンから直接経験談を聞いたが「あれこそ 将に生き地獄だった」そうである。その話から類推すれば、仮説トイレの 準備が整うか否かも深刻な問題になると思ってしまうのだ。

私は問題はこれだけに止まらないと思う。あれだけ西日本で広範囲に災害 が及べば、製造業にも農業にも、鉄道網にも空の交通にも深刻な供給不足 等の問題が発生すると思う。また、公共の施設や個人と集合住宅等の建設 にしても、それでなくとも人手不足が問題になっている建設業界は如何に して対応するのだろうかと危惧してしまう。

人手不足としては上位に入る輸送業なども、対応に悩むだろうとしか思え ない。

私はこれだけの重要且つ緊急の課題を抱えるに至った事態では、与野党と もにその事の重大性を認識して、残り少ない会期を利用して対策を審議し て貰いたいと考えている。要するに野党はIR法案などへの反対に現を抜か している時期ではないのだし、モリだのカケだのを未だに引き摺っている べきではないということだ。特に、朝日新聞にはもうこれ以上でっち上げ や反安倍内閣の虚報を流させてはならないのだ。

総理にも可及的速やかに被災地を視察とお見舞いに赴いて頂きたいと願う のだ。だが、あの被害の状態では現地に入られる交通手段はヘリコプター しかないようにも思えるが、着陸可能な適当な場所があるとも見えない気 がするし、帰りの燃料を何処で補給されるのかななどと考え込んでしまう が、余計なことかも知れない。

国内にこれほど緊急且つ重大な問題が発生している時に、矢張りと言うべ きか何と言うべきか、ポンペオ国務長官とDPRKとの間には「非核化」を 巡って早くも 深い溝が生じたように報道されている。かかる溝が発生し たことは、拉致被害者の救 出を求めている我が国に対しても少なからぬ 影響が出てくるのではないかと危惧する 次第だ。アメリカ対チャイナの 貿易戦争もこれから本格化していくとしか見えないの も看過できない事 態だ。

当(まさ)に内憂外患交々至るとの感が深い。内閣にも与野党にもこの事 態に真剣 に対峙して貰わねばならぬ時が来たしか思えない。古い言い方 で「全員一 層奮励努力 せよ」というのを思い出した。


 


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

9日の東京湾岸は晴天なれど新聞休刊日、気分すぐれず。

8日の空腹時血糖値も最高血圧も「133」。晴天、日曜日とあって隣の中学 校の校庭には近隣の大人たちが来て野球をしていた。

散歩する猿江恩賜公園に咲いている薄紫の花は「アカパンザス」というの だと家 人に教えられた。生まれ育ったところが秋田の水田単作地帯だっ たもの だから花とは無縁だった。

酒にだけには縁が深くて中学生の時、既にドブロクで酒の味を覚えてい た。 中学卒業時にはすでに焼酎を?んでいた。読者:5576人

                          


                          

                          

                          
                          

                         

                           

                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。