政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4724 号  2018・6・28(木)

2018/06/28

                        
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4724号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年6月28日(木)



    マティス国防長官、3日間の日程で北京を訪問:宮崎正弘

         中性脂肪が気になる人の食事療法:庄司哲雄

                            ロケ地人気の東千葉MC:馬場伯明

  
                         
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4724号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マティス国防長官、3日間の日程で北京を訪問
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月27日(水曜日)
         通巻第5738号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マティス国防長官、3日間の日程で北京を訪問
  米中間の軍事対立、緊張が増大するか、緩和方向か
*********************************
 6月27日、マティス国防長官は北京空港に降り立った。米国防長官の正 式な中国訪問は4年ぶりである。

 討議される問題は次の5つであろう。

南シナ海:すでに7つの島嶼に軍事基地を建設し、3つには滑走路を造成 した中国はアジア最大の軍事的脅威だが、この海洋ルートを航行する船舶 が当該諸国にもたらす貿易額は3兆4000億ドルにも達する。

米海軍は「航行の自由作戦」を実施して、中国の南シナ海での軍事行動を 牽制してきたが、中国は自国領海であると嘯いたまま不法占拠を続けている。

米国は引き続き、自由航行作戦を堅持する。

台湾問題:台湾海峡を挟んで中国と台湾はにらみ合いを続けているが、と くに近年、中国海軍は空母を導入して台湾制圧を目的として軍事演習を繰 り返してきた。また台湾併呑を平然と嘯く中国共産党の脅威に台湾は揺れ ている。

米国は台湾への武器供与を増やした上、海兵隊が私服で台湾に駐留している。
 
ボルトン大統領補佐官は、沖縄の海兵隊を台湾へ移転し、台湾の安全保障 の角度を高めよと主張している。

トランプ政権は「一つの中国政策」を反古とする姿勢に転じ、「台湾旅行 法」を先に成立させた。つまりトランプ大統領の訪台も、蔡英文総統のホ ワイトハウス訪問も合法とされたのである。

中国は激しく反撥するものの、それ以上の言動はない。

米中軍事交流:今年からリムパックに中国軍を招聘しない方針をきめたト ランプ政権だが、これまでの「太平洋司令艦隊」を「インド太平洋司令艦 隊」と改称し、その守備範囲をインド洋にも拡げた。また前司令官のハ リー・ハリスを駐韓大使に任命し、北東アジアの安全保障へのコミット継 続を強く示唆した。

双方の軍事交流は再開されても低レベルのものに後退するだろう。

 北朝鮮問題:6月12日の米朝会談直後に、みたび金正恩は訪中し、習近 平に報告した。中朝関係の「蜜月」を内外に印象づける目的があるが、か えって中朝関係がぎこちなく、お互いが猜疑心でみていることが読み取れる。

非核化の約束を北が守るか、あるいは中国はそのことに何処まで深く絡ん で入るのかをマティスは中国共産党高官との対話を通じて体得するだろう。

メディアの米朝会談の評価は低いが、なにがなんでもトランプのやること をけなすリベラル派のメディアの偏見を割り引けば、それなりの成果をあ げた。ともかく鎖国してきた北の頑迷な扉をこじ開け、北朝鮮ははじめて 外の世界に触れたのだ。

軍事力検証;当時、ゲーツ国防長官が訪中し、胡錦涛主席と面談した折、 中国は成都においてステルス戦闘機を公開し、むしろ知らなかった胡錦涛 が慌てた。ヘーゲル国防長官が2014年に訪中したときは、中国海軍が空母 「遼寧」に招待した。

米国も米中軍事技術交流が盛んな頃には最新の宇宙基地などを中国軍の高 官等に見せた。このようなお互いの軍事力の検証は、今後も続けられるだ ろうか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)トルコのエルドアン大統領が6月24日の大統領選挙で、欧 米のメディアが予測した苦戦ではなく、楽勝でした。

この勝利でエルドアンの強権政治が深まるだろう、非民主的な政治に陥る だろうと欧米のメディアがやかましく騒ぎはじめ、日本のメディアはそれ に同調して批判していますが、いつものように、これはリベラル偏向では ありませんか?(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の通り、プーチンとエルドアン、ついでに アサド、もうひとりスーチーの四人が欧米のリベラル派が評価する「四悪 人」です。彼らからみれば不快極まりないリーダーです。

この列に安倍と金正恩も入っていたのですが、いつのまにか批判の対象か ら外されています。

さてエルドアンですが、53%の得票を得ており、次点の野党候補は30%、 だれがみても圧勝ではありませんか。

しかし議会で、与党AKPは過半数を取れず、11%を確保した保守新党と 連立になります。また600人定員の議会は103人が女性議員の進出です。

どう見ても、イランやイラクなどイスラム諸国と比べると、トルコの民主 化は一頭ぬきんでており、なぜエルドアンが独裁と批判するのか。要する に欧米のグローバリズム論理に従わないナショナリストだから、虫が好か ないということではないですか。



━━━━━━━━━━━━━━━
中性脂肪が気になる人の食事療法
━━━━━━━━━━━━━━━


           庄司 哲雄

<中性脂肪とは>

血液中の中性脂肪(トリグリセリドともいう)には2つの由来があり、食 事で摂取した脂肪が小腸から吸収され血液中に現われたものと、肝臓で炭 水化物から脂肪に作り変えられて血液中に放出されたものがあります。

いずれも、体の組織でエネルギーとして利用されるのですが、血液中の濃 度が極端に(1000mg/dL以上)増えすぎますと、急性膵炎を引き起こ すことがありますし、それほどでない場合でも(150mg/dL以上)動脈 硬化の原因のひとつになります。

<中性脂肪を下げる食事の第一歩>

食事療法の基本は、摂取エネルギーの適正化です。脂肪の摂りすぎのみな らず、炭水化物の過剰も中性脂肪を増やしてしまいますので、全てのトー タルを適正にする必要があります。

身体活動度にもよりますが、標準体重1Kgあたり25〜30kcal/日程度が 適切です。肥満気味の方は少なめにし、減量を目指します。アルコール多 飲や運動不足は中性脂肪の大敵です。

<炭水化物と脂肪のどちらを控えるか>

各人の食習慣により異なる場合がありえますが、炭水化物1グラムで 4kcal、脂肪1グラムで9kcalですから、脂肪摂取を控えることが大変効 果的です。

<ジアシルグリセロールとは>

少し難しくなりますが、中性脂肪とはグリセロールという物質に脂肪酸が 3つ結合した構造(TAG)をしており、いわゆる「油」です。これに対 して、脂肪酸が2つだけ結合した油もあり、これをジアシルグリセロール (DAG)といいます。同じような油であっても、小腸で吸収されてから の代謝が異なるため、中性脂肪の値や体脂肪への影響の程度に差があります。

通常の油TAGは、小腸で膵リパーゼという酸素のはたらきで、脂肪酸が 2つはずれ、脂肪酸ひとつだけが結合したモノアシルグリセロール (MAG)に分解されます。それぞれは吸収された後、小腸でまた中性脂 肪に再合成され、血液中に放出されます。

一方、DAGは中性脂肪へ再合成されにくいため、食後の中性脂肪の上昇 が小さく、また体脂肪の蓄積も少ないといわれています。最近、DAGを 利用した機能性食品が開発されています。しかし、DAGの取りすぎもカ ロリー 過剰につながりますので、通常の油TAGとの置き換え程度にす べきでしょう。

<脂質低下作用のある機能性食品>

動物に含まれるステロールという脂質の代表はコレステロールですが、
植物には植物ステロールという脂質が含まれます。これは小腸でのコレス テロール吸収を抑制する働きがあります。

<専門医に相談すべき病気>

中性脂肪の増加する病態には、糖尿病やある種のホルモン異常、稀には先 天的な代謝障害もありますので、一度は専門の先生にご相談いただくのも 大切だと思います

<大阪市立大学大学院代謝内分泌病態内科学  >



━━━━━━━━━━
ロケ地人気の東千葉MC
━━━━━━━━━━

   
     馬場 伯明

すこし古いが《米ミネソタ州の女性(38)の自宅に侵入した犬(ピットプ ル)が愛犬(ラブラドルレトリバー)に噛みつき放さないので、女性は ピットプルの鼻に噛みつき愛犬を助けた。「愛犬が殺されそうで夢中だっ た」と。MSN産経ニュース(2008.4.4)》

人間が犬に噛みついた。非日常性・異常性の典型的な実例であるから、こ れは事件であり「ニュース」になる。

《東千葉メディカルセンター(MC 増田政久センター長)」が医療ドラマの ロケ地として引っ張りだこだ。開院から4年余り。建物のつくりや立地環 境など好条件がそろい、ドラマの舞台として存在感を増している》朝日新 聞・首都圏千葉2018.6.17(熊井洋美記者)。

白を基調とした立派な建物で2階まで吹き抜けの広々としたロビー。撮影 場所としては最適だ。綾野剛の「コウノドリ(TBS)」や米倉涼子の「ド クターX 外科医・大門未知子(TV朝日)」でも使われたらしい。東千葉MC を見学したことがある。「東千葉MCは、病院の存在をしっかりPRしている のだ」と思った。

ところが、東千葉MCのことを軽い気持ちで調べてみてびっくりした。この 新聞記事は「人間が犬を噛む」ような非日常性の受け狙い記事であった。 東千葉MCは大赤字であり経営は破綻に近いものであった。

熊井記者は、病院の暗い実情を医療ドラマのロケ地人気の明るい話題で相 殺しようとしたのか、それとも、ロケ地人気に適する(!)ほど患者が少 なく閑古鳥が鳴いている病院だという深刻な問題を伝えたかったのか。

東千葉MCの開設の経緯と経営の実態と問題点については多くの識者や団体 などが指摘している。代表的な論稿を紹介する。

2017.1.15「東金市『東千葉メディカルセンターを心配する会』主催講演 会」東金市民会館で開催。講演者:小松秀樹(元亀田総合病院副院長)吉 田実貴人(公認会計士)。2017.1.30 MRIC by 医療ガバナンス学会発行 http://medg.jp Vol.021・Vol.022に内容が掲載されている。 

惨憺たる事実である。「MRIC by 医療ガバナンス学会2017.2.20 井上清成 弁護士」より抜粋する。

《東千葉MCは、人口わずか合計77000人の東金市と九十九里町で設立した 「地方独立行政法人東金九十九里地域医療センター」が2014.4に開設し た。三次救急も行う病床数314(予定)の救急医療・急性期医療などの病 院である。専ら千葉大医学部に支えられている。しかし、開設計画には無 理があり千葉県大失政の一つと言われる。

実質年間負担額(赤字)は2014(-23億円)2015(-23億円)2016(-24億 円)であり、わずか3年間で70億円を超えてしまった。千葉県・東金市・ 九十九里町からの補助金を入れても最終損益が3年間で44億円を超える。 民間病院なら破産しかない。東金市や九十九里町も破綻する》。

よく「大学生がアルバイトに入れ込み学業が疎かになる」という「本末転 倒」の話がある。だが、それにしても、本業の医療が不振だからといっ て、病院施設のロケ地貸し(ショバ代稼ぎ)で赤字を埋めようとすると は・・。この病院の実態はまさに「本末転倒」である。

増田センター長や経営陣は、病院(医療機関)本業の医療経営改革をこ そ、脇目も振らず、着手・実行するべきではないか。

近くの「季美の森リハビリテーション病院(隣市の大網白里市)」を見学 したことがある。東千葉MCとは対照的に多くの患者が押しかけており、経 営は順調らしい。両病院の違いは何だろうか。 

病院の建物・施設・設備、医師・看護師等の人材を活用し、経費等を適切 に処理し運営することは当然だが、病院の経営は何といっても売上(診療 報酬・収入)の確保が第一。医療単価(円/人)×受診者(患者)(人) だ。季美の森リハビリテーション病院では、医療単価は低いが患者数が多 くそれで経営が成り立っていると思われる。

東千葉MC(計画病床数314:未達)は、患者数が多くなくても医療単価が 高ければ経営は成り立つ。医療単価が高くなるためには、難しい病気を治 す高度な医療技術を持つ医師(団)とそれを支える医療スタッフ体制が必 要である。(千葉大医局には東千葉MC支える余裕はないらしい)。

折しも、2018.6.24世界サッカー日本:セネガル戦の前の時間帯に医療ド ラマ「ブラックペアン(TBS)」の最終回があった。ロケには東千葉MCも 使われたという。二宮和也が外科医の渡海征司郎を好演していた。

また、すでにTVドラマは終了したが「私、失敗しないので」の人気ドラ マ、米倉涼子の「ドクターX 外科医・大門未知子」の撮影もあったらし い。東千葉MCはTVドラマの中(!)では大成功していたのである。

今後、東千葉MCはどうすればいいのか。だが、傍観者にすぎない私は東千 葉MCの経営改革や対策を安易に示すことはできない。関心がある人は上の WEBサイト等をご覧にください。

次に、思いつきの私見をいくつか記す。

(1)ロケ地誘致の商売は即刻中止し本業の医療に専念する。

(2)センター長・経営陣以下、「医は仁術」の立場から、すべてを見直 し患者中心の医療に切り替える。

(3)医療施設の償却費は開設の実質責任者である国と千葉県等に負担し てもらう。

(4)(3)を前提に、規模縮小も視野に入れた持続可能な資金・運営・ 収支計画(月次)を策定し実施する。

(5)特別対策!渡海征司郎(二宮)と大門未知子(米倉)は2人とも出 演が終わり今はフリーだ。センター長は今すぐにこの2人の名医の招聘に 動こう(笑)。ただし、大門未知子の場合、神原晶・名医紹介所長(岸部 一徳)が高額な報酬を要求するかもしれない。そのときはやむを得ない。 他の方面を当たろう(笑)。

戦後1947年、「星の流れに」で「♪こんな女に誰がした!」と菊池章子が 歌い大ヒットしたという(後に青江三奈などがカバー)。千葉県民(私 も)や東金市民らは「♪こんな病院に誰がした!」と嘆くしかないのか。 改革と実行は待ったなしであるが・・・。(2018.6.28千葉市在住)



━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎米・トルコ大統領が電話会談、関係改善で一致 

6月26日、トランプ米大統領は、トルコのエルドアン大統領と電話で会談し、再選に祝意を伝えた。エルドアン大統領側が明らかにしたもので、両首脳は2国間の防衛・安全保障面の相互関係改善で一致した。

[アンカラ 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、トルコのエルドアン大統領と電話で会談し、再選に祝意を伝えた。エルドアン大統領側が明らかにしたもので、両首脳は2国間の防衛・安全保障面の相互関係改善で一致した。

米国によるシリアでのクルド人民兵組織支援や、トルコの防衛調達など一連の問題から、両国関係はここ数カ月、緊張が高まっている。

米国とトルコは今月、トルコがテロ組織とみなしているクルド人民防衛部隊(YPG)をシリア北部のマンビジュから撤退させる計画で合意。トルコの長らくの希望が実現する形となった。

トルコ大統領府は、電話会談で両首脳は、撤退計画を実行する必要性を強調するとともに、テロリズムとの戦いにおいて協力していくことで一致したとの声明を発表した。

両首脳は、7月11、12日にブリュッセルで行われる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する。

【写真】 会見するエルドアン大統領。昨年12月にイスタンブールで撮影(2018年 ロイター/Osman Orsal)
http://www.epochtimes.jp/reuter_img/2018/6/tag:reuters.com,2018:binary_LYNXMPEE5Q055-BASEIMAGE.jpg
【大紀元】 2018年06月27日 13時55分 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎カタカナ語を排斥する:前田正晶

畏メル友RS氏は当方の「パワハラ」を批判したことに賛同されて、<私に は「ぱわはら」も「せくはら」も米国から持ち込まれた危険外来種として 駆除すべき対象と考えています。こんな考え方自体が日本にそぐわないも のですから。>

との意見を述べて下さった。有り難いことと感謝している。

私からは下記のような新たなカタカナ語批判の意見を送った次第である。 ご一読賜りたい。

>引用開始
今朝ほどもテレ朝でパシフィックの元盗塁王だった片岡治大(何と読むか ご承知でしょうか)がベッキーとやらと交際がどうのと報道した際に、彼 が「スピードスター」(英語の綴りは speedsterである、念の為)、即ち 「俊足のスター」であるとしていた。私は豊富な?カタカナ語の知識を活 かして「足が速い選手」と言いたかったのだろうと察してやった。

だが、悲しいかな私が知る限りの speedster にはそのような意味はない ので、直ちにテレ朝が speedstar か speed star だとでも考えたのでは ないかと閃いた。英語のようだが、造語だ。勿論、かかる単語は英語には 存在しない。Oxfordにはspeedsterとは a person who drives a vehicle very fast とあり、次に a machine or vehicle that works well at high speed となっている。日本語にすれば「スピード狂」として使われ ている言葉だ。

ジーニアス英和にも同じような意味しか載っていないが、Webster’s には one that peeds or is capable of great speedとある。これでも盗塁王 が足が速い人だったと形容するのはおかしいと思う。少し長いこと引っ 張ったが、言いたいことは「テレビ局の連中は原稿を書く時に辞書くらい は見て確認しないのか」という点である。こうしておかしなカタカナ語が 造成されていくらしい。

ここまでの結びとしては、矢張り「世の英語教師たちよ、恥を知れ。貴方 たちが教えた英語擬きからはこのような珍妙な造語しか生まれ出てこない のだ。何か言いたいことがあったら言って見ろ」辺りになるかと思う。
<引用終わる

別な言い方をすれば、「カタカナ語の製造業者は素晴らしい造語の才能を お持ちだと思うのだ。だが、遺憾ながら、英語の辞書を引く知恵も知識も ないらしい。ここには単語重視の英語教育が如何に効果を発揮していない かを悲しいまでに現れている」となる。嘆かわしい限りだ。


 ◎ 点を取る者が偉いのではない:前田正晶

W杯サッカーも佳境に入り、各テレビ局はサッカーまたサッカーで忙しい ようだ。サッカー経験者としては大いに結構だとは思うが、どうしても気 に入らない偏向報道振りがある。それは「点を取ったか乃至はゴールを決 めた者が偉いのだ」というような報道の仕方で、ストライカーか点を取る ポジションに配置された者が偉いかのように過剰に賞賛することだ。かか る姿勢は偏見とまでは言わないが、組み立て役の者に対してはやや不公平 だと思う。

現時点では何処で誰が選んだか知らないが、柴崎岳が2試合の実績で優れ た選手として選ばれたようだ。その根拠が「セネガル戦で1点目を取った 時の左前方を走っていた長友に出したパスが良かったことが示すように、 組み立てが優れている点」にあったようだ。テレビ的にはあの後にシュー トを決めた乾が英雄扱いだったが、あのパスは素晴らしかったし、それを 脚を伸ばしてインステップでトラッピングした長友の技術も素晴らしかっ た。即ち、柴崎と長友が組み立てた得点なのである。

私が主張したことは「中盤だろうと何処だろうと、ボールを持った瞬間に 相手デイフェンスの何処か空いているか、または味方の誰が何処でフリー になっているかまたは走っているかを見極めて、如何なる種類のパスを蹴 れば得点に直結するか、または絶好の機会になるかの役目を担当する者の 存在を忘れられては困る」なのである。

例えば、大迫のような者は最初から「決めること」が役目であるのだか ら、決めたことを特に賞賛する必要などないとすら考えている。

サッカーでそういうポジションを経験された方はお解りだと思うが、自分 が判断して出したパスが上手く行って、ストライカーとして期待されてい る者が決めてくれた時の快感は何物にも代えがたいのである。その局面で 如何なる種類のキックでどの辺りを目指すかを瞬時に決めねばならぬ難し さはあるが、その辺りにゲームを組み立てる醍醐味があると思っている。

と言うのも、かく申す私は40歳台になってから四十雀のクラブに入ってか らは、その組み立て役に専念していたのだから言うのだ。

勿論、サッカーでは相手のデイフェンスをかわして豪快にシュートを蹴り 込んで得点するのも快感である。これも経験して見ないことには味わえな い楽しみである。会社組織でもそうだが、何かを成し遂げる為には構成員 全員に割り当てられた任務がある。柴崎はパスを出して点を取る組み立て 役であり、大迫はシュートを決める役目を担当しているという具合だ。そ れぞれの役割を果たして結果が出るというの世界だ。

放送するか報道する側は、上記のような視点からサッカーを見た上で偏る ことなく報道して貰いたいと思っている。その意味では柴崎が選ばれたこ とは素晴らしいと評価したい。念の為に申し添えておけば、我がご贔屓の 香川真司も組み立て役だと認識しているのだが。


 ◎「パワーハラスメント」というカタカナ語を考える:前田正晶

何年前だったか不思議に思ったのが、豊田真由子議員の罵詈雑言騒動の際 に「パワーハラスメント」(=パワハラ)なるカタカナ語を誰でもが理解 しているかの如くに報道されていたことだった。お気付きの向きもあると 希望的に考えたいのだが、こんな言葉は本当の英語にはない。マスメディ アというかテレビに登場する連中は「力」という意味で「パワー」を使い たがるが、少なくともそれは英語の世界では日常的な用法ではないと思う し、不肖私はそういう意味で使った記憶すらない。今回もカタカナ
語排斥論者としては、こうのような誤った使い方をあらためて採り上げて 非難しておきたい。

「パワーハラスメント」は広辞苑には和製語として「職場で上司がその地 位や権威を利用して部下に行ういじめや嫌がらせ」として記載されてい る。即ち、「パワー」を「上司」乃至は「権威」のつもりで使っているう だが、英語の powerにはそういう意味はない。

これも、我が国の学校教育における英語の輝かしくない成果で、単語の
知識だけを大切に教え込んだ為に生じたおかしなことだと思っている。言 葉はバラバラに覚えるのではなく「流れの中でその意味を把握して記憶せ よ」と繰り返して指摘して来た。

少し話が逸れるが、先ほども元盗塁王だったプロ野球選手が「スピードス ター」として報じられていた。「足が速い」と言いたかったのだろうと察 した。だが、私が知る限りの speedster にはそのような意味はないの で、一瞬テレビ局が speedstar だとでも考えたのではないかと閃いた。 かかる単語は英語にはない。Oxfordにはspeedsterとは a person who drives a vehicle very fast とあり、次に a machine
or vehicle that works well at high speed となっている。

ジーニアス英和にも同じような意味しか載っていないが、Webster’s には one thatspeeds or is capable of great speedとある。これでも盗塁王 が足が速い人だったと形容するのはおかしいと思う。少し長いこと引っ 張ったが、言いたいことは「テレビ局の連中は原稿を書く時に辞書くらい は見て確認しないのか」という点である。こうしておかしなカタカナ語が 造成されていくらしい。

話を“power”に戻してジーニアス英和で見ると「・・・に対する権力、勢 力、(法的)権限、支配力(to do、政権)」が出てくる。しかも通常は 複数形ともある。故に「パワハラ」のようにカタカナ語化するのには一寸 違和感がある。Oxfordには先ず”CONTROL”が出てきており、the ability to control people or thingsとある。

次はABILITYでthe ability or opportunity to do 〜とある。この辺で十 分だろうが、パワハラとは意味が違うようだ。

考えてみれば、上司がハラスメントをするのであれば、その意味の単語に は「上司」を表す”superior”があるが、発音も意味も難しすぎて「パワハ ラ」の発案 者には思いつかなかったのだろう。superiorを無理矢理にカ タカナ表記してみれば 「スピアリアー」辺りになるかも知れない。日常 的な言葉では”boss”と言えば上司を 表しているし、通常はこれを使って きた。bossyなんていう単語もある。

であれ ば、”boss harassment”の方が無理がないと思う。即ち、「ボス ハラ」だ。欲を言え ば、bossでもsuperiorでも所有格にしておきたい気 もするのだが、多少違和感も残る。

何れにせよ、何でもかんでもカタカナ語化してしまう何処かの誰かの才能 には敬意を表する気はないが、脅威は感じている。兎に角、こういう言葉 が次から次 へと出てくるのは、私は英語教育の至らなさの悲しい表れで あると断じたい。英語教 育に携わっておられる方は如何お考えになるだ ろうか。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

28日の東京湾岸は曇天。
27日夜、家人の友人たちと『あきら』で懇談。

27日の散歩は急がなかったので公園を1周した。


                      読者:5576人
                          

                         

                           

                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。