政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4719 号  2018・6・22(金)

2018/06/22

                         
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4719号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年6月23日(土)



           「闇の帝国」とトランプ:Andy Chang

     ネパール首相もおねだりのため北京詣で:宮崎正弘
     
       「チコちゃんに叱られる!」かな?:馬場伯明


           
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4719号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━
「闇の帝国」とトランプ
━━━━━━━━━━━


     Andy Chang


トランプ政権が誕生してから「闇の帝国(Deep State)」の存在がだんだ ん浮上するようになった。Deep Stateとは日本語では闇の帝国である。つ まり、主に政府内に存在する隠れた勢力が、政権の交代に関係なく、国家 の政策を推進する隠れた政府のことである。

実態は明らかでないが主に政府の国家安全や情報などの部門に巣食ってい ると言われている。この存在が先週15日に公開されたホロウイッツ監察官 のFBI調査の586ページの報告書を詳しく検討することでだんだん明らかに なってきた。

トランプが大統領に当選した後、彼のロシア癒着疑惑をでっち上げ、マラー
特別検察官が調査を始めたら、FBIのコーメイ元長官やその他のオバマ政
権の高級官僚が中立でなく極端な反トランプでヒラリーを援助していたこ とがわかり、FBI/DOJの官僚がヒラリーの選挙に関わっていたことがわ かった。

コーメイ元長官はヒラリーの違法メールサーバーの設置事件を調査したに も拘らず彼女を起訴相当としなかったし、ヒラリーが大統領になったあと の保身のためにヒラリーを援助するようになった。ホロウイッツ監察官の 調査報告は主にFBIのヒラリーの調査から派出したトランプ降ろし陰謀の 調査である。

ところがホロウイッツ監察官が9ヶ月以上もかけて調査した結果を公開し た報告書は、FBI幹部がプロヒラリーで反トランプの陰謀に加担していた ことを明記したけれど、「犯罪事実の証拠がなかった」、「コーメイ元長 官の調査は政治的偏見がなかった」、「本調査はヒラリーを起訴請求が目 的ではない」など玉虫色の結論をつけたので、結果として調査した人物を 暗々裏に弁護する結果となった。

輿論は侃々諤々、ある人はホロウイッツが数多の犯罪事実を解明したこと を褒め、ある人は犯罪事実が沢山ありながら誰も起訴相当としなかったこ とに不満である。

ホロウイッツ監察官はFBI内部の数ある犯罪事実を誠実に記録したけれど
彼らを起訴相当とするに至らなかった、つまりDOJ/FBIの一員である彼が 仲間を断罪することが出来ないのは、彼自身も闇の帝国の一員であること が判明したのだ。しかしこの報告書で闇の帝国の形が浮上してきたことは 評価できる。

●FBI調査報告の概要

586ページの資料の概要を述べることは困難だが、調査報告で最も明らか
なのは、コーメィ元FBI長官のヒラリー関与と、FBIのストローク情報員 (PeterStrzok)とページ(Lisa Page)特別顧問のメール交信で、ページ から「トランプは大統領になるのか?」と聞かれてストロークが「ノー、 ノー、我々がストップする」という交信記録である。

FBIがトランプの選挙妨害行動をとったこと、トランプが当選した後も反 トランプ陰謀でロシア疑惑をでっち上げ、マラー特別検察官を指名して大 統領罷免を画策したのである。

マラー検察官は今でもトランプのロシア癒着の証拠を発見できず、調査範 囲を広げてフリン将軍、ポール・マナフォートなど20人ほどを起訴した。

コーメイ元長官はヒラリーの違法メールサーバーの調査で、ヒラリーを起 訴相当と判定できないとし、逆にヒラリーの弁護にまわり、ヒラリーの選 挙応援、ヒラリーと民主党がでっち上げたスティール(SteeleDossier) でFISAを使ってトランプのロシアゲートの調査を開始し、トランプの当選 後もマラー検察官を指名してロシアゲート調査を続けた。つまりマラー検 察官の調査の合法性も疑問なのだ。

コーメイ氏はヒラリーが違法に個人スマホを使用した調査で、彼自身も違 法な個人スマホを使っていたことが判明した。違法調査で自分も違法行為 をしていたのだ。FBI内部で反トランプ行動をとった人物は10人以上も いるが、ホロウイッツは「彼らは現職の情報員であるから、実名を発表す ればFBIの職務に影響する」という理由で個人の名前を伏せている。

このほかにトランプの当選直後に反抗組織を作る(Viva le Registnase) とメールした人物も居ると言う。政府の要員が反政府組織を作るという、 まさに闇の帝国がトランプ政権の打倒を画策していたのだ。

●国会喚問が始まった

ホロウイッツ監察官の報告書では誰も起訴請求に至らないが、犯罪事実は
明白なので国会の情報委員会がさっそく調査を開始した。今週18日に国会
の情報委員会はレイ(Christopher Wray)現FBI長官とホロウイッツ監察 官を召喚して事情聴取を行った。この2人以外にコーメイ氏、マッケイブ 氏、ストローク氏も招待したが、彼ら3人は召喚に応じなかったので、委 員会はストローク氏を法的召喚(Subpoena)する手続きを取ると発表した。

報道によるとレイFBI長官は22日、ストローク氏を現職から外したと発表 したが、まだ罷免していない。

●関係者の起訴はできるか

ホロウイッツ監察官は「調査をしたが起訴相当の判断は職務範囲ではな い」と逃げを打った。国会の情報委員会が関連人物を召喚して調査をして も起訴に持ち込むまでにはいくつもの難関がある。

司法部は法を執行する機関だが自分の手足を切ることはしない。司法部か ら独立した特別検察官を設置しなければならない。

たとえ委員会が関係人物を法的召喚しても召喚拒否、または黙秘権を行使
して犯罪事実を明らかにできなくすることはほぼ確実だ。闇の帝国を調査 するのは至難の業である。

●ヒラリーが諸悪の根源だ

ホロウイッツ監察官の調査報告が公開されてからいろいろな評論が発表さ
れたが、中でもナショナル・レビューの記事は一読の価値があると思う。
Clinton Emails: What the IG Report Refuses to Admit IG Report & Clinton Emails: The WasInationReviewhttps://www.nationalreview.com/2018/06/ig-report-clinton-emailsfix-was-in/

結論から言えばヒラリーが諸悪の根源なのだ。ヒラリーの犯罪を調査をした
BIは彼女を起訴することが出来ず、オバマ民主党がヒラリーを大統領にす
るため、闇の帝国がヒラリーの選挙を援助した。政府の高級官僚がヒラ リーのために有罪起訴される破目になったのだ。だから結局、ヒラリーの 犯罪を調査しなければ闇の帝国を根底から潰すことが出来ない。

ヒラリーは自分が法律に縛られないと思っているし、政府は40年もの長 きにわたって数多のヒラリーの違法行為を断罪できなかった。ヒラリーは これまで何回も法を犯しながら、常に言い逃れで断罪されることがなかった。

ヒラリーは「違法を承知で」個人サーバーを設置して国家機密のメールを やり取りしていた。オバマ政権も「ヒラリーの違法を容認」していた。

彼女の部下が違法サーバーに機密メールを送信するのは部下の違法行為
で彼女は違法ではないと言い逃れしている。サーバーのことは政府が容認
したのだから問題にならないと言う。このため国務院のヒラリーの部下数 名、FBI/DOJ、ブレナンCIA長官、クラッパーDNI長官など沢山の高級官僚 が法を犯してヒラリーを擁護し、オバマ本人もヒラリーの違法を容認し援 助してきたのである。

ヒラリーが有罪判決を受けなければ闇の帝国は解消されない。その他の関
係者だけが断罪されるのは不公平である。これは国家の根本を揺るがす大
事件で、若しもトランプ政権がヒラリーの罪を徹底調査し、闇の帝国を徹 底掃討できなかったら、逆にトランプの命取りとなるかもしれない。


        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネパール首相もおねだりのため北京詣で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月20日(水曜日)弐
         通巻第5728号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オリ(ネパール)首相もおねだりのため北京詣で。
インドは3億1700万ドル、ところが北京の対ネパール投資は83億ドル!
*********************************

ネパールは北の国境をヒマラヤ山脈に阻まれて、中国とは無縁、ながらく はインドに保護されてきた。換言すれば、インドがネパールの「宗主国」 然として振る舞ってきた。したがってインドの振る舞いに傲慢なところが あったのは事実だろう。

東西冷戦が終わり、航空機が飛び交い、中国からネパールへの観光客が、 またたくまに西洋人や日本人の訪問客を超えて、いまやカトマンズやポカ ラの町は中国人団体ツアーに溢れ、日本食レストランにしても、中国人だ らけである。

中国の狙いは明白で、ネパールと印度の関係を分断することにある。
 中国は最初に発電所建設に力を貸した。次ぎに習近平は自らの政治生命 をかけた「一帯一路」プロジェクト(BRI)の一環として、ネパールを も巻き込み、高速道路と鉄道網の建設を提言し、実際に自動車道はヒマラ ヤを越えるまでの建設が進んだ。

ヒマラヤの中国側にはリゾート歳を開発しており、ホテルや山小屋が建っ て、かなりの国内ツアーを集めており、またチベットでは首都のラサから 第二の都市シガツェまで、高速鉄道を繋いだ。その早先のヒマラヤにトン ネルを掘って、カトマンズへ鉄道を繋ぐなどと大生風呂敷を拡げている。

ネパールは立憲君主を廃止して、共和制に移行してからマオイストが勢力 をのばし、現在のカトマンズ政権はマオイストの右派と左派の連立であ る。オリ首相は明らかに親中派である。そしてオリ首相は今週、北京を訪 問し、習近平と会談する。目的はずばり、おねだりだ。中国が掲げている BRI関連の投資額は83億ドル、他方のインドは3億1700万ドル。じつに インドの26倍だ!
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評BOOKREVIEW  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 幕末維新の知られざる裏面史を埋もれていた逸話で活写
  明治150年でなくて、戊辰150年というべきだ

  ♪
中村彰彦『幕末維新改メ』(晶文社)
@@@@@@@@@@@@@@@

 日本歴史でスリルに満ちた時代は戦国と幕末維新だろう。最近は古代史 もブームとなり、さらには観応の擾乱とか、応仁の乱も見直され、本能寺 の変の裏面もずいぶんと研究者が増えた。
 しかし幕末維新に限って言えば、広範な資料、それも未発見だった文献 を見つけて、歴史に埋もれてきた人々を甦らせる作業を一貫して書いてき た作家は中村彰彦をおいてないのではないか。
 おもしろ可笑しく書こうとすれば、信長の横死を謀略史観のように奇譚 に仕立て上げた加藤廣のような作家もいるが、中村はあくまでの史書を資 料の基礎としているので、時代小説ではなく歴史小説家というべきなので ある。
 さて、本書は知られざる逸話の集大成であり、たとえば薩摩のチェスト 剣法の由来とか、尊皇攘夷の発想の起源とか、河井継之助を『バカ家老』 と呼んでいた話とか、見落としがちな奇話の連続で、じつは評者、本書を 片手に機中の人となり、取材先のモルディブの宿で読み出したら、途中で やめられず、朝の静かな海の光りに気がついたとき、読み終えていた。

 とくに興味を惹くのは幕末に瞬間的に誕生し、短時日裡に消えた藩が四 つあること(鶴田藩、香春藩、岩国藩など)。反対に幕末動乱で消滅した 浜田藩と小倉藩の経緯も詳細に書かれている。

さらに度肝を抜かれるのは『勝ち組の内訌』つまり、内ゲバである。

もとより水戸藩の内訌は天狗の乱となって、悲劇を産んだが、戊辰戦争に 勝ったはずの長州藩は騎兵隊の暴走、腐敗で勝利後も内紛に疲弊した。
 薩摩の悲劇は維新前のお由良騒動が有名だが、じつは戊辰戦争以前にも 激しい内部対立で犠牲者が輩出した。こうした悲劇はそこら中で展開され ていた。政変とは、血の犠牲を伴い、その恨みは百年消えないだろう。

会津は保科正之を藩祖として、雄藩だったがゆえに蝦夷地警備をやらさ れ、さらに誰もが引き受けなかった京都守護職の任にあたらざるを得な かった。

最後の藩主となった松平容保は、その後、悲壮ともいえる悲劇の主人公と なった。流された斗南藩とは穀物も不作続きの土地で、移封後に餓死した 旧藩士や家族、ボロ家屋に着るものさえなく寒さに震え、この赤貧の中か ら柴五郎が誕生した。

また海外移住に積極的になったのも、諫言すれば「挙藩流罪」ではなかっ たのかと別の角度からの光りを宛てている。

会津藩は逆賊ではなかったことは明治中期にすでに証明されていたが、そ れは孝明天皇の直筆が公開されたからで、のちに東大総長となる山川健次 郎は「白虎隊総長」と渾名されたが、兄が書き残した『京都守護職始末』 を公刊したからだった。
 かくして著者の立場は「明治150年」でなく、「戊辰150年」史観に基づ いている。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)埼玉県の愛読者のみなさん、近郊の皆さん。7月1日に埼玉 県の浦和で、宮崎正弘さんの講演会が開催されます。主催は「日本の明日 を考える埼玉県民の会」です。どなたでも予約なくご参加いただけます。
       記

日時 : 7月1日(日)13:45から(午後5時終了予定)
場所 : 埼玉会館3C会議室(浦和駅西口徒歩7分)
https://www.saf.or.jp/saitama/access/

<式次第>13:30 開場
 13:45  開会 主催者挨拶 国歌斉唱  来賓挨拶
 14:15  和田政宗参議院議員 国会報告
    (14:55)  休憩
 14:05  宮崎正弘氏 講演「中国の覇権主義に日本はいかに対峙すべきか」
 主催:日本の明日を考える埼玉県民の会(会長 黒須明海)
 (本講演会終了後17:30より「庄屋」にて懇親会の予定。希望者のみ)



  ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜からのお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2018日本よ、今...」
テーマ:「中東情勢の真実 2018」

放送予定:6月23日(土)夜公開。日本文化チャンネル桜。
「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト。イ ンターネット放送So-TV
 <パネリスト 五十音順。敬称略>
加瀬英明(外交評論家)、高山正之(コラムニスト)、浜田和幸(国際政 治経済学者)
藤和彦(経済産業研究所上席研究員)、馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モル ドバ大使)
宮崎正弘(作家・評論家)、吉川圭一(グローバル・イッシューズ総合研 究所代表)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
(読者の声3)宮崎先生の新刊『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネ ス社)がAMAZONのレビュー欄で、いくつも並び、いずれも高い評価 なので、つられて購入しました。

いまのタイミングにも題名はぴったりですし。

いま半分まで読みすすみましたが、日本のマスコミがまったくといってい いほどに報じないアジアの裏面を、先生は現場に立って克明に、それこそ 現場第一主義の先生らしく、本当の現地のムードが伝わってきます。
 また昨晩の桜チャンネルでの『モルディブは中国の植民地か』も拝見し ました。

SAYAさんとの絶妙な掛け合いも面白かったのですが、モルディブ報告 を幾葉もの写真をご呈示されながら、現況のありさま、中国の凄まじいば かりの進出ぶりが手に取るようにわかって有益でした。
 ところで、詳細のモルディブ報告ですが、貴誌に掲載される御予定はあ りますか?(TY生、杉並区)


(宮崎正弘のコメント)モルディブ報告は15枚ほどの写真を配して、月 刊『エルネオス』八月号(7月末発売)に掲載予定です。その後、単行本 収録となり、弊誌に掲載予定はありません。



  ♪
(読者の声4)迫り来る首都直下大地震や東京オリンピック開催時のテロ 発生リスク等に関して、我が国の制度等では、どのように首都そして国民 を守ることが出来るのでしょうか?

国民保護法制の設立に深く関わり、また映画『シン・ゴジラ』における首 相官邸の危機管理場面と同様の体験を共有している元官僚が懇切に説明し てくださいます。貴重な機会ですので、多くの方々のご参加を待ち申し上 げております。

              記

【日 時】 7月26日(木曜日)午後6時〜8時 (受付5時30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室(千代田区永田町1-1-1/国会正面 向側)
【講 師】:大庭誠司(東京大学工学部卒、旧自治省入省。内閣官房内閣 参事官(安全保障・危機管理)、さいたま市副市長、内閣府参事官(防 災)、消防大学校校長、内閣官房内閣審議官(事態対処・危機管理)等を 経て、平成29年8月に消防庁次長を退官。国民保護法の制定、Jアラート の仕組みづくりに携わったほか東日本大震災等の災害対処にかかわる。現 在、埼玉県県政アドバイザー、消防庁消防大学校客員教授、一般社団法人 ドローン操縦士協会(DPA)理事
【参加費】 2000円 
 【主 催】グローバル・イッシューズ総合研究所
【共 催】一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
【協 力】株式会社近代消防社
【要予約】以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。 http://www.ozakiyukio.jp/information/2018.html#06084




━━━━━━━━━━━━━━━━
「チコちゃんに叱られる!」かな?
━━━━━━━━━━━━━━━━


          馬場 伯明

2018.6.17(日)12:30〜。最近人気が出てきたNHKのクイズバラエティ番 組「チコちゃんに叱られる!」の取材クルー4人が霞が関ビル35階の東海 大学会館へやって来た。

ここでは長崎県立口加(こうか)高校の関東地区在住者による同窓会「第 52回関東口加会(平野康博会長)」の開催中。120人。私は副会長。前日 NHKからN事務局長へ取材の申し入れがあり引き受けていたのだ。

「チコちゃんに叱られる!」の決め台詞は「ボーっと生きてんじゃねえ よ!(Don’t Sleep through life)」である。さあ、さあ、お立合い!

番組の取材テーマは「『イラ』って何だ?」。NHK(企画者)は高校があ る長崎県島原半島南東部辺りでクラゲが『イラ』と呼ばれていることを知 り、急きょ同窓会場での直撃インタビューを敢行したのである。

デレクターやカメラマン4人がテーブルを自由に巡回し、懇親・懇談の合 間に十数人に取材した。たまたま私も応じた。私は長崎県雲仙市(島原半 島)南串山町の生まれであり、海でよく泳いだ。他の人がどう応じたのか は知らない。以下、NHK取材者:N、馬場:Bとする。

N「夏、海のクラゲを何と言っていましたか」B「クラゲはクラゲです」N 「身体を刺すものがいませんでしたか」B「それは『イラ』です」B「クラ ゲの一種でアンドンクラゲ(行灯海月)です。全身が透明で頭はこのくら い(直径3~4cm)で、4本のアシ(触手)の長さは20~30cmでした」

N「どのように刺すのですか」B「小中学生の頃、泳いでいると腕や腹にベ タッと『イラ』のアシが接触します。アシのトゲ(棘)が皮膚に刺さる と、強烈な痛みがありミミズバレ(蚯蚓腫れ)になります。父からは『盆 過ぎたら土用波が来る。イラも多くなるから海では泳ぐな』と厳命されま した」。

N「なるほで」N「では、この絵を見てください」と言って、魚(背びれが ある)と毛虫(毛:トゲ?がある)の小パネルを提示した。これらは?  B「さあ?『イラ』とは言いませんでした」N「そうですか」。

帰宅後、WikipediaやWeblio辞書を検索し調べてみた。
(1)「イラ(伊良)」ベラ科・イラ属イラ種の海水魚。写真を見れば 「アマダイ」である。背びれのトゲ(棘)が鋭い。また、長崎県では「コ ブダイ」を「イラ」という地域もあるという(長崎県水産部HP)。

(2)「イラ」は「イラクサ(刺草)」。イラクサ科イラクサ属。多年生 植物の一種で高さ30~50cm。茎は四角で茎と葉に刺毛がある。茹でて、お したしやあえ物などにして食べることができる。トゲ(刺)に触れると痛 い。繊維を織物の材料にもした(「ひだきよみ山菜図鑑」)。

もう一つ重要な質問があった。N「なぜ、クラゲを『イラ』と言っていた のですか」B「知りません。考えたこともありませんでした」。

「イラ(魚)」の和名の由来は(確かな根拠がなく)次の説があるとい う。(1)性質がイライラ(苛々)していることから「苛魚」説。(2)イ ザ(斑紋)の転訛だという説である(Weblio辞書)。 

魚と植物、いずれもトゲ(刺)があり、このトゲのことを「イラ」という のである。そこから「クラゲ(アンドンクラゲ)が「イラ」になったの だ。方言を研究していた長崎在住の妹にも訊いてみたら、「イラクサ(刺 草)」の「イラ」が語源だろうとのことだった(「言海」等)。

ところで、島原半島には「イラ」とは無関係だが「イガ」という方言があ る。「イガ」は赤ちゃんのことだ。「あすこん『いが』はみぞか」(あそ この赤ちゃんはかわいい)などと言う。

では、なぜ「イガ」と言うのだろうか。「『いがいが』と泣く」の古語か らとある(goo辞書)。小学生の頃10歳下の弟(0~1歳)のいが守(子守) をしていたが、「いがいが!」泣かれて「いらいら(苛々)!」したもの である。60年前の記憶である。

「チコちゃんに叱られる!」にもどる。番組の仕切り役は岡村隆史(ナイ ンティナイン)、チコちゃんの声は木村祐一である。

目力のあるユニークなチコちゃんのキャラクターは、有名な奈良美智氏の 制作かと思ったら、櫻井丈士という人らしい。「パクリじゃないのか」に 対し奈良氏が反応していた。

「僕はデザインしてません。テレビ局側から話がありましたが断ってま す。大分前の話」「そして、キャラデザインらしい櫻井丈士という人を画 像検索してみたが、それらしい美術関係の人がいない。ゴーストなのか? 不思議だ(奈良美智氏yoshitomo nara @michinara3 )(MAMA’s  INFORMATION 2018.4.13)」。

「いら」取材の放映はいつなのだろうか。確認はしなかったが、NHKの放 送予定を見れば、直近では2018.6.22(金)19:30〜20:15である。ま、こ れ以降であろう。関東口加会に参加し取材を受けた誰かが「いら」の説明 で「出演」するかもしれない。

また、「チコちゃんに叱られる!」で、「いら」は「(アンドン)クラ ゲ」であると回答できない「学」のないトホホなゲストパネラーは誰か。 「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と5歳のチコちゃんに叱られてしまう 大人は誰なのだろうか。楽しみである。

だが、想像すれば・・・、番組とは関係なく、今夏の終わりには、また、 アンドンクラゲの「イラ」は大挙して、橘湾(千々石湾)の海中をスイ〜 スイ〜と泳ぎまわるのだろう。「あっ、人間が来た。抱きつこうか」など とお互い交信するのかもしれない。(2018.6.22千葉市在住)

(追記)
島原半島・橘湾には「イラ」(アンドンクラゲ)の他にも方言がある。た とえば「セッカ」(石花・カキ・牡蠣)」、「アラカブ」(メバル:普通 のメバルよりごつい)、「キョーギン」(ベラ)等。チコちゃんに教えて やりたい。いや食べさせたい。たいて(大変)うまかよ(うまいよ)。                                (了)


             
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎【激動・朝鮮半島】 マティス米国防長官、月末に日中韓を歴訪 北の 非核化行動「私が知る限りない」

【ワシントン=黒瀬悦成】マティス米国防長官は20日、国防総省で記者団 に対し、今月終わりに中国を初訪問するのに続いて韓国を訪れ、米韓合同 演習の中止問題などについて協議することを明らかにした。国防総省によ ると、マティス氏は一連のアジア歴訪で日本も訪問する。

米韓は、トランプ米大統領が米朝首脳会談で米韓合同軍事演習の中止を表 明したのを受け、8月に予定されていた合同指揮所演習「乙支(ウルチ) フリーダムガーディアン」の中止を発表。マティス氏は、他の米韓演習の 扱いに関しても22日にボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら と協議するとした。

 マティス氏はまた、北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を示したかに ついて「私が知る限りではない」とした上で、米朝間で非核化に向けた 「詳細な協議は始まっていない」と明かし、北朝鮮が現時点で具体的措置 をとることを「想定していない」とした。

一方、ダンフォード統合参謀本部議長と河野克俊統合幕僚長は20日、電話 会談し、米朝首脳会談後の太平洋地域の安全保障環境に関し意見を交わす とともに、日米が引き続き緊密に連携していくことを確認した。

【写真】 記者団からの取材に応じるジム・マティス米国防長官=20日、 米ワシントンの国防総省(AP)
<http://www.sankei.com/world/photos/180621/wor1806210012-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180621/wor1806210012-p1.html
【産經ニュース】 2018.6.21 09:22

 ◎【激動・朝鮮半島】 マティス米国防長官、月末に日中韓を歴訪 北の 非核化行動「私が知る限りない」

【ワシントン=黒瀬悦成】マティス米国防長官は20日、国防総省で記者団 に対し、今月終わりに中国を初訪問するのに続いて韓国を訪れ、米韓合同 演習の中止問題などについて協議することを明らかにした。国防総省によ ると、マティス氏は一連のアジア歴訪で日本も訪問する。

米韓は、トランプ米大統領が米朝首脳会談で米韓合同軍事演習の中止を表 明したのを受け、8月に予定されていた合同指揮所演習「乙支(ウルチ) フリーダムガーディアン」の中止を発表。マティス氏は、他の米韓演習の 扱いに関しても22日にボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら と協議するとした。

マティス氏はまた、北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を示したかにつ いて「私が知る限りではない」とした上で、米朝間で非核化に向けた「詳 細な協議は始まっていない」と明かし、北朝鮮が現時点で具体的措置をと ることを「想定していない」とした。

一方、ダンフォード統合参謀本部議長と河野克俊統合幕僚長は20日、電話 会談し、米朝首脳会談後の太平洋地域の安全保障環境に関し意見を交わす とともに、日米が引き続き緊密に連携していくことを確認した。

【写真】 記者団からの取材に応じるジム・マティス米国防長官=20 日、米ワシントンの国防総省(AP)
<http://www.sankei.com/world/photos/180621/wor1806210012-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180621/wor1806210012-p1.html
【産經ニュース】 2018.6.21 09:22

 ◎私は「閃き」が当たったと自負している:前田正晶

19日夜はNHKが9時の試合開始まで1時間半も引っ張った部分は見ずに、ひ たすら体調を整えることに集中していた。だから、両国とも誰が先発で出 てくるかは試合開始まで知らなかった。

我が方が本田を外して香川にしたのは納得だったが、私が「ヘボ」だと長 年酷評してきた川島をGKに使ったことと、未だ未だ安定した得点力がある とは認めていない乾を起用したのは不安だった。

だが、入場前に並んだ敵方の顔を見ればロドリゲス・ハメス君がいなかっ たのだ。これは前日書いておいた「出てくるかどうか」が当たった模様 で、本当に故障しているのかあるいは「彼抜きで勝てる」と監督が我が方 を舐めてかかったのか何れだと感じた。

そこで、改めて閃いたことは「何だ、これでは我が方が勝つのではない か」だった。前日の「案外なこと」という閃きでは「負けないかも」だっ たが、それ以上の「案外」となると出たのだった。失礼な「閃き」だった と代表選手に詫びねばなるまいか。

案外は更に続き、開始3分で大迫が綺麗に出された縦パスを相手デイフェ ンスとの競り合いに勝ってシュートにまで持って行ったのだった。その シュートが低すぎてGKが辛うじて叩いた浮き球を香川が「入った」と思う シュートしたのに対して、コロンビアのデイフェンスが明らかに手を出し て止めてしまったのだった。

本当に時たまある反則だが、あの場で手を出してしまう辺りにコロンビア の弱さが出たと思った。一発退場のレッドカードだった。彼らが大勢であ の場で審判に抗議した態度も悪いと思った。

「案外なこと」は僅か3分で起きた。1人少なくなったコロンビアは慌てた 様子は見せなかったと思った。明らかに優れた球扱いと個人技頼みのカウ ンターを仕掛けるだけで、我が方のパス回しの為のパス回し式の時間をか けた攻め方を見ながら、積極的に当たりにも来なかったし、ボールを奪お うという仕掛けも散発的だった。

解説の岡田武史にアナウンサーが「前半は1対0で終わると良いですね」と 声をかけた途端に、長谷部とファルカオを競り合いがやや不当な判定で長 谷部の反則と採られてFKから1点を失う結果となった。

スタジオで見ていた昔のGK・川口は「川島が右に寄りすぎていた」と批判 したが、後になってビデオを見ればその通りだった。川島は矢張り私の従 来の評価のように「ヘボ」だった。西野監督が何故彼に執着するかが理解 できない。彼はそれだけではなく前に出る判断が遅いという欠陥もあるの だ。でも、勝ったから良いかと言っておこう。

後半である。始まる時の閃きは「先に1点獲った方が勝ち」だった。事実 その通りだった。大迫の攻守にわたる果敢で懸命な動きと言うか働きは良 かったし、あの相手のデイフェンスに囲まれた中でのホンダのCKをヘディ ングで決めたのは立派だった。

出ていた全員に文句を言いたいような者はいなかったほど攻守にわたって 本当に良く働いてくれた。それでも再三絶好のシュートのチャンスを外し 続けた酒井宏樹には不満が残るが、守りでは善戦健闘だった。

問題があるとすれば香川真司かも知れない。前半に1点を取った後で綺麗 なドリブルからペナルティー・エリアに迫り左からフリーで上がってきた 乾に絶好の絶対に決めるべき凄いパスを出したにも拘わらず、乾は外し た。それ以降、私の目にはコロンビアは香川にパスが回らないように封じ 始めたようで、彼が起点になるパスが全く出なくなってしまった。岡田武 史のその点を不安視する解説をしていた。これが相手の作戦勝ちか、周囲 が未だに香川を活かす領域にまで成長していないのかの何れだろうが、本 田と変える必要があったかどうかは疑問に思った。

「閃き」がここまで当たるとは本当に結構なことだった。私にはコロンビ アは10人になってからはどうやって攻めるかの方針が安定せず、やたらに 乱暴な当たりを繰り返しては我が方からボールを奪って攻めるのだが、所 詮は個人技頼りでは長友、吉田、昌子、長谷部、原口、大迫、等々の体を 張った守りを突破することは出来なかった。

私にはコロンビアには組織的な攻撃の形が出てきていないのか、ロドリゲ スとファルカオの個人技頼みだったかの何れなのか判断できなかったが、 焦りと我が方を甘く見た自信過剰も敗因だったと思わせられた。結果論だ が、あのペナルティー・エリア内のハンドの反則が致命傷だった。あの場 で素直に香川に決めさせておけば11人対11人で試合が続行できたのだと思 うと、ゾッとするものがある。

勝った我が代表は実に立派なもので、相手は10人になってしまったことに 気を緩めることなく、一致団結してしっかりとした気持ちを維持して90分 (+6分)を戦い抜いたのは立派だったと褒め称えたい。次のセネガルに 対しては46位も上のコロンビアに勝った経験と自信で気持ちをしっかりと 持って臨んで貰いたい。W杯という場では「案外なこと」がこれほど頻繁 に起きるものだと肝に銘じておくべきだ。兎に角「強い方が勝ったのだ。 偉かった」と褒めて上げて終わる。


◎米、国連人権理からの離脱決定 「イスラエルに偏見」と批判

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国は19日、国連人権理事会につい て、「イスラエルへの慢性的な偏見がある」などと批判し、離脱を決定し た。世界的な人権保護の取り組みが一層困難になると専門家は指摘する。

ヘイリー米国連大使は、人権侵害国を理事会から外すことを容易するなど の改革に米国は取り組んできたが、一部の国にそうした取り組みが妨害さ れたと批判。ベネズエラ、中国、キューバ、コンゴ民主共和国を名指しし て、最も基本的な権利をひどく軽視している国が理事国に入っていると指 摘した。

また、イスラエルに対する敵対心は、理事会が人権保護のためではなく、 政治的な偏見により動かされていることの明白な証拠だと主張した。

一方、理事会からの脱退は、人権保護に向けた米国の取り組みの後退では ないと説明した。

人権理事会は2006年に発足。ジュネーブに本部を置き、米国は47
の理事国のひとつ。1年に3度会合を開き、世界の人権状況を審査する。 シリアや北朝鮮、ミャンマー、南スーダンなどへ独立調査団の派遣を命じ るなど、人権問題の解決に一定の役割を果たしてきた。

人権保護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのエグゼクティブ・ディレク ター、ケン・ロス氏は「人権理事会は北朝鮮やシリア、ミャンマー、南 スーダンなどで重要な役割を果たしてきたが、トランプ大統領が気にする のはイスラエルの保護だけのようだ」と指摘した。

【動畫】
<https://jp.reuters.com/article/un-rights-usa-idJPKBN1JF3CE>https://jp.reuters.com/article/un-rights-usa-idJPKBN1JF3CE
【ロイター】 2018年6月20日 / 08:38 〔情報収録 − 坂元 誠〕


◎ コロンビアに勝って浮かれているが小ウンザリもある:前田正晶

勝ったのは大変結構だが、その後の浮かれ過ぎには多少ウンザリという か、食傷気味だ。私はハメス・ロドリゲスが先発メンバーから落ちていた のを見て「これなら勝てるかも知れない」と閃いて、実際にその通りと なった。

コロンビアのアルゼンチン人の監督は何を考えたのか、後半にあのフリー キックを蹴ったキンテロという左利きを引っ込めてロドリゲスを出してき た。故障上がりだそうだった。

解説の岡田武史は直ちに「ハメス・ロドリゲスの動きが重いね」と一言。 私はあの起用は監督の失態だと思っている。既に1人減らされている布陣 に、故障上がりで碌な働きも出来ない者を出せば実質的に2人減らしたの と同じ状態に近くなってしまったのだから。ここまでは技術論であるが、 私の小ウンザリは実は別のことだった。

多くのテレビ局のアナウンサーは「そう言え」と指示されているのか、無 学でファーストネームトラストネームの区別がつかないのか知らないが 「ハメス選手」と呼ぶのである。欧米と南米もそうだが、「ファースト ネーム・ファースト」の文化であり、最初に出てくるのは名字ではなく名 前である。だが、彼らマスコミ人も正常な英語の知識があると期待したい 一般人も、余程学校でろくでもない教育を受けたようで、「ハメスさん」 呼ばわりというか名字と名前の区別がつかないようで、平気でファー
ストネームで呼んでしまうのだ。情けないしウンザリである。

「ハメスさん」だの「ハメス選手」などと呼ぶのは、ニュースで「本日は 晋三氏がドナルド大統領と電話会談をしました」というのと同じくらいに おかしなことなのだ。

「真司選手がPKを決めました」と放送するか。私はこれまでに繰り返して 「『マイケルさん』だの『ポールさん』だのと言うのを止めろ。その言い 方では誰も特定しないのだ」と指摘してきた。だが、我が国の学校教育の 英語では単語を覚えさせるし、TOEICに血道を上げていても、かかる文化 の違いは教えていないらしいのだ。

アナウンサーかキャスターか知らないが、彼らは皆一流の大学から難関の アナウンサー試験を通って採用されてきた優秀な学業成績を引っ提げてい るのだろうと思う。

それでも、何ら躊躇うことなく「ハメスさん」だの「フリップを出しま す」などと奇々怪々なカタカナ語を使うのか。シナリオにそう書かれてい れば「これはおかしいですよ」と言うだけの見識もないらしいと思うと、 小ウンザリなのだ。

私が12年間もお世話になったS放送のラジオの厳しいデイレクター氏は 「うちはチャンとチャートと言わせているよ」と言われた。「フリップ チャート」という言葉はあるが、ここでも最初に出ている言葉を使ってい るのかテレビ局のアホどもだ。これくらいの正常な英語の知識と見識があ るデイレクターやプロデューサーはテレビ局にはいないのかと思うと、本 当にウンザリである。


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


22 日の東京湾岸は久し振りに快晴。

昨年の夏以来濁ったままだった隣り第3亀戸中学校のプールの水が21日
午後抜かれた。なんだかほっとした。

21日の東京湾岸は曇天。空腹時血糖値は「102」と低め。前夜,鍋の『ネ ギマ』をあまり食べずに?んでばかりだったのが祟った。反省は猿でもで きる、か。
                          読者:5576人

                           

                          



                      
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。