政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4699 号  2018・5・28(月)

2018/05/28

                           
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4699号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月28日(月)



           「黄砂アレルギー」に注意:毛馬 一三
      
       北朝鮮が中国援助の下で生き延びる:櫻井よしこ        
        
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4699号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━
「黄砂アレルギー」に注意
━━━━━━━━━━━━


      毛馬 一三


花粉症歴の経験が全く無い筆者にとって、軽い風邪症状の一種かなと思っ て、余り気にも止めていなかった。

ところがとんでもない。咳も痰も出るようになった。

そこで、慌てて近くの内科診療所に飛び込んだ。内科医は喉の症状を見た 途端、「炎症がひどいですね」という。「原因は?」と訊いたら、「飛来 してくる黄砂の黴によるものと思われます。花粉症ではありません」と教 えてくれた。

同医師によると、黄砂によるいろんな健康被害で訪れる患者が、急増して いるという。同医院から、

・抗生物質―フロモックス錠100mg(毎食後1錠・3日間分)
・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、痰や鼻汁を出しやすくする薬―ムコダイン錠 500mg(毎食後1錠・7日分)
・胃薬―セルベックスカプセル50mg(毎食後1カプセル・7日分)薬を 貰った。

だが、マスクを付けて外出を余儀なくさせられた1週間が過ぎても喉の炎 症と咳、痰共に治まる気配が無い。再診の結果、まだ喉の炎症は完治して ないと診断され、改めて下記の薬を貰った。

・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、出しやすくする薬―クリアナール錠200mg(毎食後1 錠・7日間分)
・炎症を抑えて腫れや痛みを和らげる薬―ダーゼン5mg錠(毎食後1錠・7 日分)
・SPトローチ0.2mg(28錠・1日4回)
・アズノールうがい液4%(5ml・1日4回)

2度目の薬を飲んだり、うがいを励行したところ、数日が経過してやっと 喉の痛みや違和感がなくなり、咳と痰も出なくなった。

喉にこのような強度な症状が出たのは初めてのことだ。しかも気にはなっ ていた飛来の「黄砂」によるものだ。

今強烈になっている中国の大気汚染と原因が重なっているらしく、中国か ら飛来する「黄砂と大気汚染」が、日本に被害をなすりつけているのだ。 気象庁も「中国で黄砂が急激に発生してる」と指摘している。日本が被害 者になるのか。無性に腹が立つ。

話は後先になるが、<黄砂(こうさ)とは、中国を中心とした東アジア内 陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂嵐などによって上空に 巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛来し、地上に降り注 ぐ気象現象。あるいは、この現象を起こす砂自体のこと>である。

細かい砂の粒子や、粒子に付着した物質、黄砂とともに飛来する化学物質 などにより、さまざまな健康被害が生じる。

即ち、咳、痰、喘息、鼻水、痒みといった呼吸器官への被害や、目や耳へ の被害が目立つ。黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレ ルギー疾患の悪化が見られる。>という。 
参考―フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

花粉症で悩まされるだけでなく、黄砂アレルギーで健康被害を煩わされる のでは、堪ったものではない。

ところが肝腎の黄砂による呼吸器官への被害が、増えていることにはあま り知られていないようだ。

黄砂の飛来が顕著な九州や関西では、既にこの被害が出て問題化している が、全国にも広がるだろう。

黄砂の飛来が予測される時は、TVの「天気予報」が早めに知らせてほしい。

しかも喉などに異常を感じたら、医療機関で診察を早めに受けられること をお勧めしたい。(了)     



      
━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮が中国援助の下で生き延びる
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

「北朝鮮が中国援助の下で生き延びる最悪の事態もあり得ると認識すべきだ」

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は5月16日、部下の第一外務次官、金桂 冠氏に、「米国が圧力ばかりかけるのでは米朝首脳会談に応じるか否か、 再検討せざるを得ない」と発言させた。

桂冠氏はジョン・ボルトン米大統領補佐官が北朝鮮に「完全で、検証可能 で、不可逆的」を意味するリビア方式の非核化のみならず、ミサイル及び 生物・化学兵器の永久放棄も要求していること、制裁緩和や経済支援はこ れらが完全に履行された後に初めて可能だと言明していることに関して、 個人名を挙げて激しく非難した。

ボルトン氏はトランプ政権内の最強硬論者として知られる。氏は核・ミサ イル、化学兵器を全て廃棄しても、それらを作る人材が残っている限り、 真の非核化は不可能だとして、北朝鮮の技術者を数千人単位(6000人とす る報道もある)で国外に移住させよとも主張しているといわれる。

拉致についても、米朝会談で取り上げると言い続けているのが氏である。

正恩氏にとって最も手強い相手がボルトン氏なのである。だから桂冠氏が 「我々はボルトン氏への嫌悪感を隠しはしない」と言ったのであろう。

それにしても米朝首脳会談中止を示唆する強い態度を、なぜ正恩氏はとれ るのか。理由は中国の動きから簡単に割り出せる。桂冠発言と同じ日、中 国の習近平国家主席が北朝鮮の経済視察団員らと会談した。

中国の国営通信社、新華社によると、北朝鮮経済視察団は中国が招待した もので、北朝鮮の全ての「道」(県)と市の代表が参加し、「中国の経済 建設と改革開放の経験に学び、経済発展に役立てたい」との談話を発表した。

中国が北朝鮮の後ろ盾となり、経済で梃子入れし、米国の軍事的脅威から も守ってやるとの合意が中朝の2人の独裁者間で成立済みなのは明らかだ。

米国はどう反応したか。ホワイトハウス報道官のサラ・サンダース氏は、 北朝鮮の反応は「十分想定の範囲内」「トランプ大統領は首脳会談が行わ れれば応ずるが、そうでなければ最大限の圧力をかけ続ける」と述べると 共に、非常に重要な別のことも語っている。

ボルトン氏のリビア方式による核放棄について、彼女はこう語ったのだ。

「自分はいかなる議論においてもその部分は見ていない、従ってそれ(リ ビア方式)が我々の目指す解決のモデルだという認識はない」

同発言を米ニュース専門テレビ局「CNN」は「ホワイトハウスはボルト ン発言を後退させた」と報じた。

トランプ大統領の北朝鮮外交を担うボルトン氏とポンペオ米国務長官の間 には微妙な相違がある。

正恩氏は、習氏と5月7、8の両日、大連で会談した直後の9日にポンペオ氏 を平壌に招き、3人の米国人を解放し、「満足な合意を得た」と述べた。

ポンペオ氏は米国に戻るや「金(正恩)氏が正しい道を選べば、繁栄を手 にするだろう」などと述べ、早くも米国が制裁を緩和し、正恩氏に見返り を与えるのかと思わせる発言をした。

ボルトン氏は対照的に、核・ミサイル、日本人拉致被害者について強い発 言を変えてはいない。

国務長官と大統領補佐官の間のこの差を正恩氏は見逃さず、ボルトン氏排 除を狙ったのであろう。米国を首脳会談の席につかせ、段階的な核・ミサ イル廃棄を認めさせ、中国の経済援助を得、中国の抑止力で米国の軍事行 動を封じ込める思惑が見てとれる。

「制裁解除のタイミングを誤れば対北朝鮮交渉は失敗する」と安倍晋三首 相は警告し続けている。トランプ氏がその警告をどこまで徹底して受け入 れるかが鍵だ。同時に認識すべきことは、北朝鮮が中国の援助の下、核・ ミサイルを所有し、拉致も解決せず、生き延びる最悪の事態もあり得る、 まさに日本の国難が眼前にあるということだ。

『週刊ダイヤモンド』 2018年5月26日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1232 



      
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎北朝鮮問題は「安倍晋三首相にしかできない」自民・竹下亘総務会長、高評価も総裁選支持は明確にせず

自民党の竹下亘総務会長は27日、水戸市内で講演し、日本人拉致をはじめとする北朝鮮問題に関し「日本は外交の正念場を迎えている。多分この問題(の解決)は安倍晋三首相、この男にしかできないのではないか」と強調した。

竹下氏は「日本はアテになる国だという認識を世界が持ってくれている。安倍外交は非常に大きな成果をあげつつある。拉致、核、ミサイル問題でもっと成果を上げてもらいたい」と首相に大きな期待を示した。

「トランプ米大統領の心をわしづかみにしている首脳は世界で首相たった1人だ」とも評した。

ただ、自民党竹下派(平成研究会)会長としての9月の党総裁選での対については「首相を評価するなら支持するかというと、そこが私の悩みだ。現時点でまったく決めていない」と明確にしなかった。判断時期は「少なくても(6月20日までの)通常国会が終わってから。総裁選ギリギリまで時間はかかるのではないか」と語った。

【写真】 自民党の竹下亘総務会長
<http://www.sankei.com/politics/photos/180527/plt1805270011-p1.html>http://www.sankei.com/politics/photos/180527/plt1805270011-p1.html
【産經ニュース】 2018.5.27 14:28 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎台湾・李登輝元総統、2年ぶり来日へ 6月に沖縄で台湾戦没者慰霊 碑の除幕式

台湾の李登輝元総統が6月22日から沖縄県を訪問する方向で調整している ことが分かった。複数の関係者が明らかにした。同月24日には沖縄戦で戦 死した兵士らを慰霊する「台湾人戦没者慰霊碑」(糸満市)の除幕式に出 席するほか、講演も予定している。李氏が来日するのは平成28年7月以 来、約2年ぶり。

李氏の来日は、那覇市の「日本台湾平和基金会」(理事長・西田健次郎元 県議)が要請した。李氏は6月22日から26日の日程で沖縄県を訪問する考 えを伝えている。

昭和20年の沖縄戦では、多くの台湾出身者が戦死しており、同県糸満市摩 文仁の平和祈念公園にある石碑「平和の礎(いしじ)」には34人の名前が 刻まれている。平成28年には「台湾之塔」も建立されたが、今回は日本軍 人として終戦を迎えた李氏の字で「為國作見證(国のため証人となる)」 と刻まれた記念碑を建立する。

李氏の来日は、12年の総統退任後9回目。沖縄県滞在中は親台湾組織「日 本李登輝友の会」の関係者や、在日台湾人らとの懇談も予定している。た だ、李氏は95歳と高齢なため、来日直前まで健康状態を見極め、可否を 判断する方針だ。

【写真】 台湾の李登輝元総統(田中靖人撮影)
<http://www.sankei.com/world/photos/180527/wor1805270020-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180527/wor1805270020-p1.html
【産經ニュース】 2018.5.27 11:08 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【日曜に書く】傾聴に値するマハティール氏の?日本への提言? 未 来を問うことこそ重要 論説委員・河村直哉

92歳でマレーシア首相に返り咲いたマハティール氏について、日本にい ろんな提言をした人、として記憶している日本人も少なくないのではないか。

謝罪外交をたしなめる

特に日本の謝罪外交をたしなめた発言は、印象的だった。

平成6年、自社さ連立政権が誕生し、村山富市元首相と土井たか子元衆院 議長の社会党出身コンビが相次いでアジアを訪れた。連呼したのは、日本 の戦争への反省やおわびだった。

「戦争にかかわる問題は胸の痛む問題であり、反省とおわびの気持ちを 持っている」とフィリピンで村山元首相。土井元議長は、「2度と過ちを 繰り返さない」「歴史への反省」などと各地で述べた。

 マハティール首相は村山元首相にこう話した。

「50年前に起きたことを日本が謝り続けることは理解できない。過去は教 訓とすべきだが、現在からさらに将来に向かって歩むべきだ。アジアの平 和と安全のために、すべての役割を担ってほしい」

村山元首相は一言も発することがなかったという。

また土井元議長に対して。

「過去ばかり見るのはどうか。未来に向けて何ができるかの方がより大 切。過去への反省のため、軍隊の派遣もできないというのは残念だ」

国連平和維持活動への積極的な関与を促している。当時の産経新聞から引 いた。

国内にいてこうした記事を読んだにすぎないが、とても新鮮に思った記憶 がある。

将来を語る

無論、マハティール首相の言葉をもって日本の免罪符とすることは適切で はあるまい。しかし日本の戦争のすべてが悪だったなどという歴史観は、 日本が「世界征服の挙」に出たとするポツダム宣言の認識と同程度に間 違っている。

あの戦争について日本人が異国の状況を知り、追悼し、教訓をくむことが あっても、卑屈になってはいけない。諸外国とよりよい未来を築いていく ことこそ重要だろう。

マハティール首相の提言にも馬耳東風だったのか、村山元首相は平成7 年、戦後50年の村山談話を出し、反省とおわびを表明した。

謝罪外交や、ひたすらなる平身低頭の姿勢は、日本の国論を分裂させ士気 を弱めようとする国内外の勢力を増長させただろう。自国に対する日本人 の敬意を損ねもした。こうした構図のもとで、現在も歴史戦が行われている。

平成11年、取材でマレーシアを訪ねる機会があった。情報技術を生かした 都市建設に取り組んでいた。伸び盛りの国という印象を持った。当時の リーダーもマハティール首相である。

経済誌の記者と屋台に行った。とても甘いミルクティーの味と、過去では なく国の将来について明るく話す彼の笑顔が、記憶に残る。

苦言も呈する

マハティール首相は1980年代から、戦後日本の復興と成長に学ぶ「ルッ ク・イースト」政策を進めた。

しかしただ日本にならえばよいといっているわけではない。ことにバブル が崩壊して経済的に迷走する日本には、さまざまな苦言も呈している。

日本的な経営スタイルや終身雇用制を変えたことに関して。

「今や日本人が自信を喪失している。欧米諸国に受け入れられようと、日 本人は日本的なもののほとんどすべてを拒否しようとしている。その過程 で自らを弱め、多くの場合、失敗をした」(『アジアから日本への伝 言』、平成12年)

最近相次いだ製造業の不祥事などを思うと、次のような言葉も耳に痛い。

「日本の高い工業水準、またそれを可能にした、驚くべき適応力と、さま ざまな分野における専門性の吸収力は、高い勤勉性と規律によって支えら れてきた。…昨今の日本の社会では、このような日本の美徳が薄れてきて いるのではなかろうか」(『日本人よ。成功の原点に戻れ』、同16年)

後者の本では、日本はもうマレーシアのモデルではないといっている。

 マハティール首相を哲人宰相などとする表現を見かけたことがあるが、 そこまで持ち上げる必要はあるまい。政敵を追及する姿勢など、相当にし たたかである。老練な政治家というべきなのだろう。

ただ日本についての提言は、傾聴に値するのではないか。(かわむら な おや)

【写真】 マハティール氏(共同)
<http://www.sankei.com/column/photos/180527/clm1805270005-p1.html>http://www.sankei.com/column/photos/180527/clm1805270005-p1.html
【産經ニュース】 2018.5.27 11:20  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎西城秀樹が亡くなって:前田正晶

先頃、西城秀樹が亡くなって「あらためて趣味と趣向は人ぞれぞれ」と痛 感した次第。私は以前に主宰者・渡部亮次郎氏が指摘しておられたように 歌謡曲というか流行歌には興味も関心もない。故に、御三家だか何だか知 らないが西城秀樹と言う流行歌手がいて「YMCA」と歌って腕を振り回して 信号を送っているくらいはテレビの画面で見ていた。

郷ひろみとかも、あれほど拙い歌い方でも人気が沸騰するとは良い商売だ
なという程度の認識はあった。

その西城秀樹という歌手が若くして(63歳)で亡くなるや、全部のテレビ 局を挙げて彼の早死にを悼むのは解るが、全国におられる彼の無数のファ ンの方が都内の葬儀場に集い、涙を流してその死を悲しむ風景には圧倒さ れた。恐れ入った。中には「私の車の中には西城秀樹さんのテープしか流 れないようになっていて、今回の彼の死で漸く主人を納得させた」とまで 回顧された中か高年のご婦人がおられたのも極めて印象的だった。

率直に言って私には流行歌手を崇め、彼らを人生の行く手を教えてくれる 灯火の如くに見做しておられる方々が、あれほど全国に数多くおられるの は驚くまでに呆気にとられている。だが、趣味や趣向はその方の独自のも のであって、他人がとやかく言うべきではないとは承知している。だが、 あの程度の歌手がそれほど奉られるべきなのかと、今更ながら「蓼食う虫 も好き好き」とまでは言わないが、“Different strokes for different folks”だろうかくらいには考えている。

言わせてもらえば、アメリカのジャズスインガーでエラ・フィッツジェラ ルドやセアラ・ヴォーンなどは好みの歌手だった。だが、彼女らが亡く なったと知っても「それは残念だった。持っている彼女らのCDは大事にし よう」と考えた程度の感懐だった。

彼女らは私を楽しませてくれる存在だったが、崇め奉るべき者たちだと 思ったことはない。そうであれば、故西城秀樹さんは「エラやセアラたち よりも幸せな歌手だったのだな」と思いたいのだ。


 ◎あの悪質なプレーの問題について偽らざるところを述べていこう:前 田正晶

私はどちらかと言えば、これまでこの問題については日本大学とフェニッ クスに対してい厳しい論調で臨んで来なかったと思っている。そこにはそ れなりの理由もあるのだが、マスコミ論調とその影響で(と敢えて言う が、未だに我が国では悲しいかなマイナースポーツであるところから脱し ていないフットボールのことを一般の方がどれほどご存じかと思うから言 うのだ)これまでに関心がなかった方たちが一斉にフットボールと日本大 学に対して批判的になっておられたとの感が拭えないと思っている。

正直なところ既に指摘した通りで、誰がどう弁明しようと何だろうと、非 は日本大学フェニックスの側にあるのは疑いの余地はない。日本大学には 責任を逃れる余地は残されていないと言える。

また、関西学院大学のあのプレーで負傷したQBの親御さんは真実を述べた のだからとの理由で、宮川泰介の減刑だったかの嘆願書を出されるという のには違和感を禁じ得ない。いや、それ以前に「如何なる理由があろう ともあのプレーをした宮川泰介を告訴する」とまで言われるのには、如何 なものかと思っている。

私は高校2年の頃(1949年)だったと思うが、サッカーの公式の試合中に 左足だったかの向こう脛を激しく蹴られたことがあった。当時は「脛当 て」などという高級なものはなく、我々は素足に手編みした毛糸のトッ キングを履いていただけだった。

その瞬間は「痛いな」とは感じたが、現代風に言えばアドレナリンがでま くっていた緊張する試合中だったので、何とも感じないで試合を続けた。

だが、終わってみれば臑が割れて大出血の上に骨が見えるかと思ったほど の深手を負っていた。

その瞬間に激痛が襲ってきて立っていられなかった。応急手当の真似事を した上で仲間の肩に縋って帰宅した。相手の無防備の脚を蹴ることは明ら かな反則だったが、試合中のことで誰に蹴られたかなどは解らなかった。

ましてや、反則で負傷させられたからといって相手校の選手を訴えるなど は夢でも考えられなかっただろう。だが、フットボールでは試合の進行の 仕方が違うので、誰が何時どのような規則違反をしたかは7人の審判の1人 で至近距離にいる者が見ているからマーカーが投じられるのだ。

あの宮川泰介が犯した規則違反は余りにも常軌を逸していたので、現在に 至るまでの厳しい日大側に対する責任と原因追及が続いている。そこまで は十分に理解できる。

何度でも言うが「非はと言うか、責任は日大側にある」のだから。だが、 被害届の提出や告訴にまで持って行かれるべき性質なのかなと、私は未だ に半信半疑である。

だが、「そこまでなさらない方が・・・」などと言い出せないのだと思わ ざるを得ない。

私は宮川泰介が勇気を出して(出したのだろう)監督とコーチに如何なる 指示を出されてあのプレーに及んだかを正直に告白したのは、結果的には 良かったとは思っている。だが、だからと言って、規則違反をせざるを得 ないとまで指示か命令を解釈したのは免罪になる性質ではないと思ってい る。勿論、もしも監督とコーチが宮川君が述べたような指示を出していた のであれば、彼らの責任は宮川以上に重大だろう。

これまでに関係者であるとか、野球出身のスポーツジャーナリストまでが テレビに登場して色々と意見を述べたり解説したり、時には「御託を述べ ているな」と「フットボールとは何か」を知らずに語っているのは如何な ものかと思ってきた。

既に「彼らは何か日本大学に対して含むところがあるのかなと感じた」と も述べた。体育会乃至は強豪校の運動部の実態と在り方を外から見ただけ で云々するのが適切ではないと思わせてくれる論調もあった。だが、世間 には受け入れられてしまったようだ。

そこに、ここに至って漸く元京都大学監督の水野弥一氏(確か現在は立教 大学監督)産経新聞に「競技の本質を正しく理解を」と題して投稿してお られたが私はこれを読んで「漸くにして初めて正当な議論が出てきた」と 感じた。

水野氏は“「止められたのに止められなかった」「けしかけた」というこ とであれば責められるべきだ。だが、今回のことをもって、アメフット界 全体がおかしいと思って欲しくない。アメフット界全体が、ああいうこと をしないように自分を振り返るのはよいと思う。”と言っておられる。更 に結びには”アメフット界として、「あのような反則は普通はしない」 「起こりえない」とはっきりさせて、多くの人に理解してもらう必要があ る。”と言われている。この辺りは日本大学フェニックスにこの際に誓っ てもらいたいことではないのか。では誰が誓うのかは言うまでもない だ ろう。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

28日の東京案癌は曇天。

27日日曜日。都立猿江恩賜公園での散歩では他に人無し。

隣りの第3亀戸中学校の校庭には普段と違って生徒の影もナシ。前日の運 動会で疲れたか。
                           読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/28

    ドナルド・トランプ米大統領の貿易戦争をほぼ誰とでもするぞという宣言は、実のところトランプが米国の連邦破産法第11章的方式の破産を交渉しているだけである。もう少し好意的に言うと、グローバリストな財閥連中の意向を受けて自国の人々から略奪行為を繰り返してきた国際システムに対して、米国は抵抗しているのだ。或いは更に別の言い方をすれば、世界がオイルダラー体制の交代を交渉しているということだ。



    いずれにせよこういった交渉が進むにつれ、より一層の怒鳴り合いやらハッタリやら、おまけにひょっとしたら核の一つや二つまで飛び交う可能性がある。



     表向きには、この口論が第二次世界大戦の終結以降、欧州勢と米国間における最大の不協和だと認識出来なくもない。フランスやドイツやEUの指導者が公けに欧米間の戦後同盟関係の終結を訴えているのだ。米国側も、欧洲諸国に対する制裁を公然と脅迫している。しかし水面下では、これを従わない欧洲指導層に対する米国の暗殺キャンペーンと見るのもあながち間違いではないだろう。



     





    イラン核合意ではなくイランの石油



     直接的なきっかけとなったのは、イラン核合意から撤退するというトランプの決断である。勿論、本当は何が起こっているのかを追いかけている人間には、イラン核合意から撤退するというトランプの決断は核兵器とは何ら関係のないものであって、実のところはイランが行ったオイルダラーの代わりにユーロ建てで欧洲に石油を売るという発表を巡ってのことだというのは明らかだ。



     表面的なレベルで物事がどう進んでいるのか。トランプは「我々からもっと購入しないのであれば、我々もそちらから購入するのは止めさせて頂こう」と言っている。また彼は「イランの石油を買うのにオイルダラーの使用を止めるのであれば、こちらもイランと通商関係にある欧洲の国は我々と貿易が出来ないようにする」とも言っている。



     欧洲勢は「そっちは買った分の支払いもせず借金を踏み倒しているのだから、購入を停止しようが誰が気にするというのだ!」と言っている。彼らはまた「そちらの対イラン制裁に従うような欧洲の会社はどれも処罰していく」とも言っている。

    https://www.reuters.com/article/us-iran-nuclear-europe/eu-commission-says-launches-measures-to-protect-eu-business-in-iran-idUSKCN1IJ100?utm_campaign=trueAnthem%3A+Trending+Content&utm_content=5afecf8804d301091704743b&utm_medium=trueAnthem&utm_source=facebook



    公けの場で目撃された最も深刻な脅迫行為は、米国がドイツに対してパイプライン「ノルド・ストリーム2」を続行するのであれば制裁を科すと脅したことだ。このパイプラインにより、ドイツはハザール傀儡国家のウクライナを通す必要なく、直接ロシアからより多くのガスを輸入出来るようになる。要するにトランプは「そちらが我々から(2割上増しで)ガスを買わないのであれば、我々もそちらの車を買うのを停止する」と言っているのだ。

  • 名無しさん2018/05/28

    漢字変換ミスは、も一度読み直せばわかること。

    この手間を惜しんではいけません。84歳老人。

  • 名無しさん2018/05/28

    被害者の父親はおとなげない。

  • 名無しさん2018/05/28

    日本の伝統的教育が利他のパワーを引き出す

    http://melma.com/backnumber_115_6688389/

    田中英寿理事長の謝罪求める 日大の組合支部が声明「信用は地に落ちるばかり」

    https://www.sankei.com/sports/news/180524/spo1805240028-n1.html

    加計文書、ざっと見て気づいた3つの疑問。

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12378657903.html

    在日韓国人、日本では指紋押捺は無くなったのに、本国ではせなあかんとか。 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

    みじかくも美しく燃え

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%BF%E3%81%98%E3%81%8B%E3%81%8F%E3%82%82%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8F%E7%87%83%E3%81%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj2tuKx5KTbAhVHebwKHbm0ChwQ_AUICygC&biw=769&bih=501&dpr=1.75

    菊栄親睦会

    https://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/44088586.html

    中村知事の愛媛文書が『捏造だと完全に確定して』関係者が窮地に。マスコミと知事に批判が殺到中

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511038.html

    【炎上】福山哲郎&玉木雄一郎「100万円の献金のこと言うな!訴えるぞ」⇒ 加戸前知事「受けて立つ!」www

    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071051750.html

    「中国どころか世界中が韓国を疑い始めたぜ!」

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-272.html

    米里親施設 は、子供セックス取引を隠す手段であることが暴露

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180523.pdf