政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4695 号  2018・5・24(木)

2018/05/24

                                
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4695号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月24日(木)



        朝鮮半島勢力巡る歴史的闘いが:櫻井よしこ

    王岐山、初外遊はサンクトペテルブルグだ:宮崎正弘          
     野党の「加計疑獄」狙いは不発に終わる:杉浦正章
        
           
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4695号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━
朝鮮半島勢力巡る歴史的闘いが
━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

「朝鮮半島勢力巡る歴史的闘いが展開中も日本の野党は政治責任を果たし ていない」

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の動きが派手派手しい。5月7日から8 日、妹の与正氏と共に中国の大連を訪れた。習近平国家主席と共におさ まった幾葉もの写真を北朝鮮の「労働新聞」に掲載し、米国に対して「僕 には中国がついているぞ」と訴えるのに懸命である。

懐の窮鳥を庇うように、中国共産党を代弁する国営通信社の新華社は「関 係国が敵視政策と安全への脅威をなくしさえすれば核を持つ必要はない」 と正恩氏が語ったと伝えた。習氏は8日、トランプ米大統領に電話し、 「米国が北朝鮮の合理的な安全保障上の懸念を考慮することを希望する」 と語った。正恩氏を囲い込み、米国の脅威から守ってやるという中国の姿 勢であろう。

9日には北朝鮮の招待でポンペオ米国務長官が平壌を訪れ正恩氏と会談、 北朝鮮に拘束されていた米国人3人は解放されて、ポンペオ氏と共に米東 部時間で10日未明にワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した。

トランプ大統領から早速、安倍晋三首相に電話があった。米国人3人の解 放に祝意を述べた首相の思いは、日本人拉致被害者の上にあったことだろう。

この間の9日、東京では日中韓の首脳会談が開催されたが、日本と中韓の 間にある大きなギャップは埋めきれていない。会談後の記者会見で安倍首 相は朝鮮半島情勢への対応を三首脳で綿密に話し合ったと述べたが、日米 の主張する「完全で検証可能な、不可逆的な核・弾道ミサイルの廃棄」 (CVID)という言葉も、北朝鮮への圧力という表現も三首脳の口から は出なかった。

拉致について安倍首相は、「早期解決に向けて、両首脳の支援と協力を呼 びかけ、日本の立場に理解を得た」と述べたが、中韓両首脳は拉致には共 同記者発表の席で言及していない。彼らの発言は徹底して自国の国益中心 である。

中国の李克強首相は朝鮮半島の核に関して、「対話の軌道に戻る」ことを 歓迎し、経済に関しては「自由貿易維持」を強調した。北朝鮮の核問題は 時間をかけて、話し合いで折り合うべきだというもので、軍事力行使をチ ラつかせる米国への牽制である。自由貿易に関する発言も、米国第一で保 護貿易に傾く米政権への対抗姿勢だ。

韓国の文在寅大統領は、日中双方が板門店宣言を歓迎したと語った。拉致 にも慰安婦にも触れずに言及した板門店宣言は、二分されている朝鮮民族 の再統一を前面に押し出したものだ。「北朝鮮の非核化」ではなく、米韓 同盟の消滅をも示唆する「朝鮮半島の非核化」を強調するものでもある。

今回の首脳会談からは3か国が足並みを揃えて懸案を解決する姿勢より も、同床異夢の様相が浮き彫りにされた。

10日の電話会談でトランプ氏は、北朝鮮問題で「日本はビッグ・プレー ヤーだ」と述べたという。いま、朝鮮半島勢力を巡って日清戦争前夜と いってもよい歴史的な闘いが展開中だ。朝鮮半島を中国が握るのか、米国 が握るのか、そのせめぎ合いの最前線に私たちはいる。

日本の命運を大きく揺るがすこの局面で叡知を集め、対策を練り、何とし てでも拉致被害者を取り戻し、北朝鮮の核、ミサイル、生物兵器をなくす べき時だ。日本全体が団結することなしには達成できない課題である。

だが、国会審議を拒否して半月以上も連休した野党は、国会審議に戻った かと思えば、まだ、加計学園問題をやっている。立憲民主党の長妻昭氏は 「疑惑は深まったというよりも、予想以上に深刻だ。

徹底的に腰を据えて国会でやらないといけない」と語った。だが、獣医学 部新設は既得権益と岩盤規制を打ち破る闘いで、改革派がそれを打ち破っ ただけのことだ。長妻氏の非難は的外れである。朝鮮半島大激変の最中、 国民を取り戻し、国民の命を守るにはどうすべきかを論じ、実行しなけれ ばならない。野党の多くは政治の責任を果たしていない。
『週刊ダイヤモンド』 2018年5月19日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1231 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
王岐山、初外遊はサンクトペテルブルグだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月22日(火曜日)弐
         通巻第5709号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 王岐山、初外遊はワシントンではなくサンクトペテルブルグだ
  米中経済摩擦、ロシアとのバランス重視へ王岐山が舵取りへ
*********************************

安倍首相は24日から露西亜を訪問し、プーチン大統領と会談する。そこ で、飛んだハプニングが起こりそうだ。なぜなら王岐山も同日はサンクト ペテルブルグに滞在しているからである(ただし24日にはベラルーシへ移 動する予定という)。

王岐山は誰が見ても中国のナンバーツー。実質的に「首相兼外相」であ る。年齢制限のため共産党の最高層序列からは外れているが、国家機構の 制度を活用して「国家副主席」となり、「人治の国」らしく、李克強首相 や王毅外相の役割をこえた、パワフルな地位を獲得している。

国家副主席に選ばれた直後、王岐山が最初に面談した外国要人はフィリピ ン外相だった。成果はと言えば、スカボロー領海問題をみごとに棚に上げ て、沖合油断の共同開発に落とし所を持っていった。

ドゥテルテ比大統領がいみじくも言うように「中国と戦争になれば、フィ リピンは勝てないだろ。それなら領土問題は棚上げしかないじゃないか」 と過激すぎるほど露骨な打算である。

さて、折からのトランプの強硬な対中姿勢、ZTEは経営悪化、というよ り経営危機に陥って、中国は深刻な様相で、米中貿易戦争に対応する。対 米交渉では米中貿易戦争のタフネゴシエーターとして、訪米すると観測さ れていたが、どっこい、王岐山はロシアへ向うのである。22日から開催 されるサンクトペテルブルグでの「経済フォーラム」へ出席し、プーチン 大統領とも会見する。

対米バランスを取る均衡策だが、習近平とて、2013年最初の外遊先はロシ アだったから、意外ではない。

プーチンは来月8日に青島で開催予定の上海協力会議(SCO)に出席を することになっており、王岐山は、中国外交を当面、ロシアとの蜜月演出 を連続させて、バランス外交を演出しながら、トランプとの交渉を有利に しようという腹づもりだろう。

ならば中露間の議題、懸案はなにかと言えば、ロシアからみた貿易不均衡 の解消であり、米中摩擦の構造とは正反対だ。外交面では、トランプ政権 の「イラン核合意」離脱と、制裁強化への対策であり、特にZTEが米国 市場から向こう七年間締め出されるのはイランとの不法な取引が原因だった。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本はアメリカを「米国」と漢字で書きますが、中国は 「美国」ですね。どうしてアメリカを美しい国と喩えるようになったので しょうか?(HI子、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)美は「羊」が「大きい」という意味で、日本語の もつ美人とか、きれいな景色をいう意味よりも、おいしいもの、ゆたかな ものというニュアンスが先にあります。ですから「美人」というのはアメ リカ人(ただしくは美国人)。クーリーでアメリカへ渡った人々が奴隷の ようにこき使われていた実態を知らなかった時代に冠せられた語彙ですかね。

ちなみに「米中関係」を中国は「中美関係」。ところが、台湾国民党系 メディアは「中美関係」とは台湾とアメリカの関係であり、中米関係を 「陸美関係」と書きます(「陸」はいうまでもなく「中国大陸」の意味で す)。

また中国語にはカタカナがないので、外来語、外国人や固有名刺には漢 字を選ぶ時に、ふさわしい意味を込めて発音に近い語彙を宛てるので、 「トランプ」は中国大陸系は「特朗普」と表現し、台湾は「川普」です。 前者はティランプ、後者はツァンプに聞こえます。レーガンを中国は「黒 根」、台湾が「雷根」と表現していました。



   ♪
(読者の声2)朝鮮半島に曖昧模糊として一種の和平ムードが拡がり、な んだか安定が訪れると、北朝鮮の経済的離陸のために日本がまたカモにさ れ、巨額をむしり取られそうな雰囲気ですが、これを峻拒するべきではな いでしょうか。すくなくとも拉致被害者全員が帰国するまでは。
  (BC生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)過去の清算に関しては朴正煕政権のときに解決済 みです。あのときの五億ドルには、北朝鮮復興も含まれており、さらに小 泉訪朝で、お互いに請求権を放棄することが合意されています。
 ですからその後の所謂「慰安婦」については民間の「アジア女性基金」 が補償金を負担しており、政府とは関係のない建前になっています。
 北に対しては韓国がそれなりに援助を行うと声明しているうえ、韓国が 日本をせっつくという事態が予測されますが、慰安婦像を撤去しないばか りか釜山には徴用工像まで建てようとしており、文在寅政権は、向こう見 ずなほどに反日です。当面、次の問題は韓国との対応でしょう。
 なにしろ当事者なのに「(アメリカと)北朝鮮の仲介をする」などと無 責任なことを放言して憚らない国ですから。
 今夕にワシントン入りする文在寅、トランプ大統領に韓国の立場をいか に説明をするのか、見物ですよ。

           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野党の「加計疑獄」狙いは不発に終わる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              杉浦 正章

安倍は7対3で3選の方向

「またも負けたか八聯隊(はちれんたい)、それでは勲章九連隊」は、昔 大阪出身の陸軍連隊が虚弱であったことを茶化しているが、これは今の野 党にもそっくり当てはまる、総力を挙げた加計問題が愛媛県による内部文 書の信憑性が問われる事態になってきたからだ。

核心部分である15年2月の安倍の加計との面会が完全否定され、文書ねつ 造が問われるフォントの混入までが明るみに出ており、野党の追及は限界 が見えた。自民党内の空気も「政局化不可能」(党幹部)との見方が支配 的となってきており、9月の総裁選で安倍が3選される流れは7対3で強 まった。

朝日だけを購読している人は今にも「政局」かと思うだろうが、ミスリー ドされてはならない。読売か産経を併読した方がいい。23日もトップで 「加計の面会否定の根拠示せず」と大見出しを踊らせているが、野党をけ しかけているかのようで、平衡の感覚に欠ける。

朝日は、加計問題を1年半も取り上げ続けて、けたたましく騒いでいる が、夢と描く昔の造船疑獄や昭電事件の再来などはあり得ない。なぜなら 安倍や自民党幹部をめぐって贈収賄事件に発展する可能性はゼロだから だ。発展するならきな臭さが漂うものだが、まったくない。

 そもそも愛媛県の内部文書はテニオハもままならないレベルの県庁職員 が書いたもののようで信憑性のレベルが低い。その核心部分には 「2/25に加計理事長が首相と面談(15分程度)。

理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設定予定の獣医 学部では国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そ ういう新しい獣医学部の考えはいいね。』とのコメントあり。また柳瀬首 相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料 を調整し、提出する予定。」とある。

文書は基本的に、明朝体と思われるフォントで構成されている。ところ が、「首相からは『そういう新しい獣医学部の考えはいいね。』とのコメ ント」の部分と「柳瀬首相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示」 の核心部分だけがゴチックになっている。

なぜ肝腎の部分だけがゴチック体なのかは、おそらく後から挿入された可 能性が強い。この継ぎはぎの字体を見ても慌てて中途半端な改竄が行われ たのではないかと疑いたくなる。強調したいのならアンダーラインを引く とか、太文字にするとかが考えられるがそうではない。マスコミは、信憑 性のない文書でカラ騒ぎのしすぎだ。

 安倍と加計との会談について、安倍は「指摘の日に加計氏と会ったこと はない。加計氏から(学部新設の)話をされたこともないし、私から話を したこともない」と全面否定。2015年2月25日の官邸の記録でも「加計氏 が官邸を訪問した記録は確認できない」と“動かぬ証拠”で反論している。

これに対して立憲民主党の福山幹事長は記者会見で、「首相が国会で虚偽 答弁を繰り返してきた疑いがより強まった。首相の進退が問われる重大な 局面を迎えた」と述べ、無理矢理政局化を目指している様子がありありだ が、ネズミが猫を狙うようで痛ましい。

また自民党では村上誠一郎が1人「今までの行動パターンをみたら、総理 が本当のことを言ってると思えない。愛媛県の職員がなぜウソをついてま で書く必要があるのか。ウソは書いてない。柳瀬(元首相秘書官)より信 用がおける。ということは、総理の信用は愛媛県の職員より落ちちゃっ たってことだ。」と太鼓腹を揺すって毒舌を吐いているが、党内議員で同 調するものはほとんどいない。

自民党の安倍支持勢力は依然として安定している。これまでのところ国会 議員405人のうち安倍支持御三家の細田派94人、麻生派59人、二階派44人 は動かない。細田派は22日の総会で満場一致で早々と連続3選を決めて いる。トップを切ったのであり、今後各派が態度決定を迫られる。

加えて官房長官菅義偉の影響が強い74人の無派閥も、大勢は様子見なが ら安倍へと流れる傾向を示している。会期末の6月20日まで1か月を切っ ており、夏休み入リすれば事態は消え去る。安倍は地方行脚で党員との親 密度を高め、緊迫感漂う極東情勢でも活発な外交を展開する。9月に3選 を達成して5年間好調であった景気の維持に全力を傾注しつつ、2020年オ リンピックを迎えるのが王道だろう。


          
      
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎貴重な★頂門の一針★をおまとめのうえ、毎日お休みなく配信してくださり、有難く厚く御禮申し上げます。

つきましては、★頂門の一針★の「最新情報」欄では、もっぱら前田正晶さまが殆ど単独で寄稿していらっしゃいますので、今後私も「合いの手」などを呈上させて戴きたく念じてをります。

今日は、ご存知、拓殖大学の藤岡信勝先生が、橋下徹氏に評論をFacebook上で紹介してくださいましてので、私もさっそく前口上を付けてFacebookの私自身のページでご案内させていただきました。

ここに、★頂門の一針★の「最新情報」にご採用いただけるかとの淡い希望を以て本稿をご覧に入れますので、もし可能ならば、ぜひよろしくご採用のほどお願い申し上げます。

坂元 誠 拝 sakamoto@e-mail.jp

 
 ◎知らぬ者どもが騒ぎ立てるからおかしくなった:前田正晶

時事通信では昨日の宮川泰介君の記者会見での語りを引用して論じている が、そこにはフットボールという球技が如何なる仕組みになっているかが 全く解っていない記述があった。それは非常に基本的なことであり、それ を知らずして感情論や妙な正義感から報道されてはたまらないと思わせて くれた。

即ち、時事通信は
<それなのになぜ、あんなプレーを指示するに至ったのか。そこまでして 関学大のQBを狙う必要がどこにあったのか。>

と、したり顔(とは言っても見た訳ではないが)で非難していたのだっ た。そんなことを言う前に、関西学院までにでも出向いて、彼らファイ ターズがどのような練習をしているかを見てくるか良い。尤も、部外者に は見せないだろうがね。

私はこれまでに何度となく「大学でも社会人でも『何とかボウル』のよう な大試合ともなれば、事前にオフェンスでは150乃至はそれ以上の数のプ レー(フォーメーションでも良いか)を準備して臨んでくるものだ」と述 べてきた。

しかもご存じの方はおられると思うが、プレーははただ単に準備するので はなく、練習で全員に徹底するように繰り返し繰り返して練習し、絶対に 間違えることがないようにするものなのである。

その為には、オフェンス・テイームの全員が全てのプレーを十分に覚えて いて、QBからの指令に基づいて、そこに指定されているように動かねばな らないのである。そこにはパスを投げるタイミング、ランプレーにする場 合のブロックの取り方と走るコースの取り方やフェイクの入れ方、スペ シャルプレーの時の精密な動き等々の細かい動きがあって、QBと全員のタ イミングと息が合っていなければならないのである。

誰かが一歩間違ってもプレーは崩れてしまうし、相手のデイフェンス・テ イームに動きを読まれてしまえば不成功に終わる。

という次第で、QBはその無数なプレーをベンチからの指示か、時にはその 局面における自分の判断で緊急に次のプレーを決め全員に知らせるのだ。 それが即ち、俗に言う司令塔なのである。勿論、QBには二番手の者も準備 されているが、本当の意味での呼吸が合っているのは一本目のQBとなので ある。ここまで言えばお解りと思うが、そのQBが何らかの事情て引っ込ん でしまえば、仮令長い間慣れ親しんできたQBが不在となれば、一軍のオ フェンス・テイームでも準備してきた攻撃ができなくなる危険性が生じる のだ。

時事通信にも解って欲しいのだが、相手のデイフェンス陣がQBを狙う理由 はそこにあるのだ。だが、フットボールのルールではQBは常に狙われる危 険に曝されているのだから、QBに対しては犯してはならない反則は準備さ れている。あのヘルメットをかぶると視野が狭くなるので、相手のデイ フェンスが横から迫ってきた時などはほとんど見えないのである。

また、狙って突っ込んで来るデイフェンス陣は時にはパスを投げ終わって 無防備になって時に不可抗力でタックルに行ってしまうこともある。この 行為などは何処までが反則かは最も近いところにいる審判が見ていて判定 するのだ。

この辺りは、相当フットボールの攻守の理論と反則とは何を指すかを知ら ずに観戦していては解らないものだ。そういう知識に欠けている報道の者 たちが、正義の味方のような顔で今回の一件を論じるのは如何なものかと 思ってしまう。ではあっても、あの形の反則は許されるものではない。宮 川泰介君はその点を承知で記者会見に臨んで、彼の知る限りの実態を語っ たのだと思う。マスコミは妙なスクープを狙うのではなく、もっと深く フットボールを知ってから取材して欲しい。


 

 ◎【緊迫する世界】米朝首脳会談「決裂」なら日本へ核攻撃も 「合 意・和解」でも半島は大変動 ★(1)

1カ月を切ったドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ ジョンウン)朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談(6月12日)に向け、両国 間で熾烈(しれつ)な駆け引きが行われている。

北朝鮮は先週、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担 当)が提唱する大量破壊兵器廃棄の「リビア方式」(=短期間で大量破壊 兵器を国外搬出し、完全廃棄後に経済制裁を緩和する)に猛反発し、会談 破棄かと思われた。

ところが、トランプ氏は17日(米国時間)、「われわれが北朝鮮について 考えるとき『リビア方式』はモデルとはしない」と語った。米朝の心理 戦、裏交渉のジェットコースター状況が続く。

米国は、北朝鮮に対し「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」 (CVID)をギリギリまで降ろさないだろう。最後は、次の5つの方法 のいずれかが「落とし所」となるのではないか。

第1は、段階的な核開発能力の削減と、経済制裁の緩和をバーターで進め る「イラン方式」だ。

第2は、経済制裁の強化と国際社会からの孤立を進め、自発的に完全廃棄 させる「南アフリカ方式」。

第3は、関係国からの体制保証を取り付け、バーターで核兵器を撤去する 「ウクライナ方式」。

第4は、軍事攻撃により核兵器を除去する「イラク方式」。

第5が、ボルトン氏が言及した「リビア方式」である。

リビアの独裁者、カダフィ大佐は後に反体制派に殺害されている。北朝鮮 が体制保証のカギである「核兵器」を、やすやすと手放すとは思えない。 そこで、北朝鮮は「イラン方式」を主張する。すなわち段階的に核を手放 すが、その都度、経済的見返りを求めるやり方である。

だが、トランプ政権は9日、イランと米国、英国、フランス、ドイツ、ロ シア、中国の間で合意した2915年の「イラン核合意」(=包括的共同行動 計画)からの離脱を表明した。そして、イランの弾道ミサイル開発規制の 追加と、核開発制限の期限の撤廃などの「修正」を迫っている。

とするならば、米朝首脳会談までに「落とし所」は見つかるのか。それが 最大の焦点となる。

しかし、決めるのはトランプ氏である。正恩氏と会談して「合意・和解」 すれば、朝鮮半島で大変動が起きる。それは休戦状態の朝鮮戦争が事実上 終焉し、「在韓米軍の撤収」にまでつながる可能性もある。日本にとって も、戦後最大の出来事となるだろう。

逆に「決裂」であれば、それはそのまま米国の「最後通告」となり、北朝 鮮への軍事攻撃へとなりかねない。その場合、日本も北朝鮮からの核ミサ イルの攻撃にさらされる危険がある。

両者いずれの場合でも、日本に対する影響は計り知れない。日本は米国に CVIDを託すしかなく、事態の推移を見守るしかない。来たるべき事態 に対する「覚悟」が必要となる。

 ■川上高司(かわかみ・たかし) 1955年、熊本県生まれ。拓殖大学海 外事情研究所所長。大阪大学博士(国際公共政策)。フレッチャースクー ル外交政策研究所研究員、世界平和研究所研究員、防衛庁防衛研究所主任 研究官、北陸大学法学部教授などを経て現職。著書に『「新しい戦争」と は何か』(ミネルヴァ書房)、『トランプ後の世界秩序』(東洋経済新報 社)など。」

【写真】 米朝関係の鍵を握るボルトン氏(ロイター)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180522/soc1805220002-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2018.5.22 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎日大フェニックス宮川泰介君の記者会見:前田正晶

22日の午後は宮川泰介君が何を言うかとの期待感もあって、記者クラブで の記者会見が始まるのを待っていた。正直な感想を言えば「悲し過ぎる思 い」だけだった。ある程度以上は予想の範囲内だったが、内田監督とコー チががはあそこまで指示していたのかとの驚きはあった。

40年近くもフェニックスを見てきたが、あのような指示をする面があった とまでは思いが及んでいなかった。宮川君が勇気を出して経験を語った
ことは評価したいが、余りにも悲しいな出来事だった。

何れにせよ、宮川君があそこまで覚悟を決めて(決めたのだろう)彼に とっての真相を語ってしまえば、日大そのものとフェニックスに対する世 間というかマスコミからの風当たりは現状よりも一層激しくなっていくだ ろうし、あるOBが半ば諦めの表情で言うように「廃部」だってあり得るか と考え込まされた。即ち、当初予測した「秋のリーグ戦出場辞退と2部落 ち」くらいでは収まるまいと危惧するに至った。それだけではない、フッ トボール界にとっても深刻な事態となってしまうのでないかの懸念も生じた。

記者たが如何にも運動部の実態というか在り方を知らず、監督がどれほど 絶対的な存在であり権威があるかを知らぬとしか思えない下らない質問ば かりで、胸が悪くなる感もあった。兎に角悲しすぎる記者会見になってし まったのは本当に残念だった。聞いていて奇異な感を抱いたのが「監督と コーチは本気で定期戦がなくなっても良いと言っていた点だった。そこま で思い詰めてあの定期戦に臨むものなのかという疑問である。

また「QBを潰せば秋には出てこないから得だ」と言ったと宮川君は語った が、これも理解不能だった。それは関学ならば秋までに次のQBくらい育て てくるだろうし、第一、次回日大フェニックスが関西学院大学ファイター ズと当たる機会は甲子園ボウルしか考えられないからだ。フェニックスは そう見込んでいるのだろうか。何れにせよ、悲しくもあり、完全に納得で きない点もあった記者会見だった。ここから先の展開などは、予断を許さ ない状態になったと思う。

因みに、高校と社会人でコーチ等の経験があり篠竹監督の時代を知る年齢 層にある大手メーカーの管理職だった者が「現代の若者は生真面目すぎ て、上からの指示・命令を勝手に解釈して変更することなどしない。素直 に忠実に言われた通りに実行する。

内田監督はそのような世代間の違いに未だ気付いておられないのではない か」と語っていた。「だからこそ、あの『乖離』という言葉が出てきたの ではないか」と見ていた。

なお、私は宮川君の昨年の甲子園ボウルでの活躍を見ていたので「もう フットボールはやらない」というのを聞いて「失うのは余りにも勿体ない 素材ではないか」と感じていた。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

24日の東京湾岸は快晴。

隣りの第3亀戸中学校では23日校庭で運動会の予行練習。午後には雨になった。

毎朝散歩する都立猿江恩賜公園では23日,紫陽花が咲いた。

                        読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/25

    ◎日大フェニックス宮川泰介君の記者会見:前田正晶  氏の記事は、とても分かり易く目からうろこでした。記者たちの集団ヒステリー状態は、まるでモリカケの時と一緒でウンザリ。自分たちの望んでいる答えが欲しいだけみたいで軽薄に感じています。

  • 名無しさん2018/05/24

    ・トランプの貿易戦争宣言は米国の破産交渉である。



    ・米国は米国民を略奪している国際制度に反抗している。



    ・第二次世界大戦以来、最大の米欧分裂。



    ・イラン協定からの離脱は、石油ドル体制ではなく欧州価格でユーロに石油を売るイランの発表に対するもの。



    ・トランプはEU、中国との貿易戦争がうまく行かなければ銃撃戦でと脅している。



    ・トランプは「今まで米国から何でもやったのに、その恩を忘れたか」と怒っている。



    ・西側は中国の奴隷になるつもりはない。それにはシオニストを排除しなければならない。



    ・チリでは、9/11を引き起こしたナチとブッシュ家グループの一掃が始まった。



    ・ヒラリー・クリントンの電子メールスキャンダルの公開と更なる逮捕が進む。



    ・マレーシア航空事件の本質が明らかになる。これは中国の米国半導体製造技術への接近を防止するためであった。



    ・新CIA長官は日本の腐敗調査も始まる可能性に言及。



    ・日本銀行の国有化ができれば、待ち望む大きな変化が期待される。

  • 名無しさん2018/05/24

    日大の内田がここまで、これほどまでに悪質だっとは・・・・。

    この件は所轄の文部科学省が国会で証人喚問していいレベルの事案。

  • 名無しさん2018/05/24

    日大アメフト選手の謝罪会見は見ていて、切ない気持ちになりました。20歳。あのフラッシュの中での記者会見は、本人の想像以上のプレッシャーと緊張との戦いだったと思います。



    記者たちはしきりに「なぜ、監督やコーチの指示に従ってしまったのか?」と繰り返し、その度に唇を噛み締め、「レギュラーから外され,練習からも外された」と答える彼。



    「ああ、この人たちはレギュラーから外されること、試合に出れないということが、生活のすべてがアメフトになっている学生にとって、どれほどキツいことなのか。わからないのだなぁ」と、ため息が出ました。



    どこの誰が控えを目指して苦しい練習に耐えるでしょうか。



    自分にスポットライトが当たらなくなったとき、日大のコーチや監督があのアメフト選手にかける言葉は他にあったはずです。



    がむしゃらにスポーツに打ち込める学生時代だからこそ学べることがたくさんあります。今回のような「贖罪の気持ち」。なぜ、その手助けをコーチや監督はしなかったのか。できなかったのか。



    ひとつだけ確かなのは、彼は今のしんどさを乗りこえたとき、もっとやさしくてもっと強い人になる。



    ふんばれ! とにかくふんばれ! そんなことを思いつつ、1時間もの記者会見をすべて見てしまいました。

  • 名無しさん2018/05/24

    愛媛県新文書は偽造!役所のメモに違うフォントは異常・H27年2月25日に加計理事長と面談なし

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7089.html

    抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったこと

    https://indeep.jp/going-extinction-now-with-anti-cancer-drugs/

    アイサイト

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjJo7y2s5rbAhXIjLwKHX9CA8YQ_AUIDCgD&biw=1097&bih=531

    私の『自家採種ができなくなりそうだ』のブログが波紋を呼んでいるようです。

    https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12374629267.html

    日本が行った朝鮮統治の実績

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

    静かなる悲報としてのロイヤル・ウェディング / 歓迎されないプリンセス

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68717704.html

    【茨城】「とら食堂」出身の店主が打つ、魂がこもった手打ち麺に感動!

    https://news.walkerplus.com/article/129310/

    フランス人が選ぶ『日本一美味しいパン屋』BEST3発表!

    https://macaro-ni.jp/3655

    小粋でエレガントな50年代ファッションをプレイバック

    http://harpersbazaar.jp/fashion/50s-fashion-trends-170621

    当事者のひとりという自覚はありますか?

    http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-1186.html