政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4692 号  2018・5・21(月)」

2018/05/21

                                
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4692号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月21日(月)



           ミャンマー経済の高度成長が:宮崎正弘

            ホロウイッツ監察官の:Andy Chang
 
             いちごの生産者だった私:石岡荘十
 
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4692号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━
ミャンマー経済の高度成長が
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月20日(日曜日)
         通巻第5706号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ミャンマー経済の高度成長が止まった。ヤンゴンの不動産は30%の暴落
  ロヒンギャ問題とスーチーの無能が欧米に非難され、将来に暗雲
*********************************

4年前まで、ミャンマーへの期待が爆発的に大きく、市場規模が膨らむと の予測によって世界中から投資が集中していた。民主化され、ノーベル平 和賞のスーチーがミャンマーを率いると分かって将来への発展の夢が大き く拡がった。

街の中心に位置するトレーダーズホテルは10年ほど前にも宿泊したことが あるが、バアに「神風」というカクテルがあった。旧日本軍がミャンマー の独立を支援した由来からか、日本の人気は凄かった。

その近くには鴻池組など日本企業が建設した、20階建ての耐震構造複合ビ ル「さくらタワー」が聳え立ち、オフィスと住居兼用のタワービルに外国 人駐在員が集中し、なんと1平米100ドルというレンタル料金。ヤンゴン の象徴といわれた。

驚いたのは為替の自由化に伴い、ドルショップを開業した日本企業もあっ たことだ。もちろん、日本料亭、居酒屋。。。。

安倍首相もミャンマーを訪問し、日本が総力を挙げてのティラワ工業団地 の着工式もあり、直後に筆者も現地を再訪し、あちこちを取材したが、ダ ンプが行き交い、工事の槌音高く、付近には団地も造成されていた。

件のトレーダーズホテルは予約が満員で、代金も200ドルを超えていた。 仕方なくすこし離れたビジネスホテルに宿を取ったが、そこも100ドル前 後だった。偶然ミャンマーで鉢合わせした山口元大使さえ、ホテルが取れ ず、民宿のような旅館にお泊まりだった。

首都のネピドーへ行くと、この新都市は宏大な森を開墾して造ったので、 新緑がまぶしく、ホテルはヴィラッジ形式で、静かで落ち着いた雰囲気も あった。
 
第2の都市マンダレーはもともとが華僑の街、朝からホテルでウィスキー をあおっていたのは、大概が雲南省からきた宝石商などの華僑だった。


 ▲なぜミャンマー経済は失速したのか?

突然、ミャンマーに不況の風が襲った。

スーチーの無能はそれまでにも指摘されていたが、少数民族(シャン、カ チン、カレン、ワ族、そしてモン族など)への配慮に欠けること。人気が 上滑りである上、ビルマ族中心の政策に非難がおきていた。

決定的となったのはロヒンギャ問題だった。

イスラム系ロヒンギャが集中して住んだ西南部ラカイン州で暴動、内紛、 民族衝突が繰り返され、ついには70万人のロヒンギャは西隣のバングラデ シュへ避難した。この弾圧的な遣り方に欧米の批判が高まり、投資が激減 する。

ところがラカイン州は沖合にガス、石油の海底油田があり、中国はこの地 を起点に雲南省昆明へと770キロのパイプラインを稼働させている。
 つまり中国にとっては資源戦略の拠点なのである。

2014年から2015年にかけて海外からミャンマーへの投資は95億ドルだった。

それが2017年から18年予測で57億ドル(うち46億ドルが中国からだが)に 顕現する。

熱い視線を送り、東京とヤンゴンには直行便も飛んでいる日本は、どうす るのか。

日本企業の目玉は三菱グループが中央駅付近を「ヤンゴンの丸の内」にし ようと手がけるツインタワーで、2020年の完成を目指している。

ところが、ヤンゴンの指標と言われた「さくらタワー」はレンタルが一平 方100ドルから、なんと3ドルに急落した。

 弱り目に祟り目、スーチー政権は末期的症状を呈する。この隙をつい て、ヤンゴン政府に急激に密着しているのが中国という構図である。


      
━━━━━━━━━━
ホロウイッツ監察官の
━━━━━━━━━━


       Andy Chang

ヒラリーが当選していたらこれら数々の悪事が全て闇に葬られ、ヒラリー
が大統領になって更にどれだけの悪事を重ねることになったか.


AC論説 No.692 ホロウイッツ監察官の「クリントン調査報告」

ウォールストリート・ジャーナルは17日、「オバマの司法部はクリントン のメール事件の調査で法を犯した」と言う報道記事を出した。このニュー スは16日に司法部のマイケル・ホロウイッツ(Michael Horowitz)主任監 察官が発表したオバマ時代の司法部とFBIがヒラリーの私有メールサーバ を使用した事件の調査報告である。

この報告は今年1月から3月までに出ると期待されていたが、新たな情報
がどんどん出てきたので発表が五月まで遅れたのだった。報告書の内容は
まだ公開されていないが司法部とFBIの違法を詳述したと言われている。

ホロウイッツ監察官は今月16日に報告書が完成した事を国会に通知し、司
法部、FBI及び国会の調査委員会が「内容非公開」に同意した上で報告書
を読み、数日内に報告書についての意見や批評、そして司法部とFBIの反
論を求め、これら全てを報告書の末尾に加えた上で一般公開するとした。公
開発表は数週間後になる見通しと言われている。

The Hillのサラ・カーター記者によると、ホロウイッツの調査報告はとて も長くて非常に詳しく、FBI幹部数人と、特にコーメィ長官がヒラリーの メールサーバーの調査の結果を不注意だが不起訴としたことに非常に批判 的と言われている。

また同報告書では、マッケーブ副長官の妻が民主党の金を受け取っていた
にも拘らず調査に参加して回避しなかったことや、FBIのストローク氏と リサ・ペイジ(Peter Strzok and Attorney Lisa Page)が交わした数千 通のメールがトランプ批判だったことを指摘したと言う。また、マッケー ブ副長官が意図的に情報をメディアに流した事も指摘されている。

●NYタイムスの報道

5月17日はマラー検察官がロシア癒着の特別検察官に任命されて満一年
になった日である。ちょうどこの日にホロウイッツ監察官が報告書が完成 したと発表したので調査は新しい展開を迎えた。

マラー検察官の調査はトランプの癒着に関する調査だが、ホロウイッツ監 察官の調査はオバマ政府の司法部とFBIがヒラリーを援助して選挙に介入 した事の調査報告である。

ヒラリーの選挙、FBIの選挙介入、スティール文書、ロシアの選挙介入、 トランプのロシア疑惑などは2016年から現在ま実に多くの事件が未解決で ある。

16日のNYタイムスには、FBIがヒラリーのメールとサーバーの調査を不起 訴とした数日後にトランプとトランプの選挙陣営の数人の調査を、FBI の 幹部の数人だけで秘密裏に調査を開始したと報じた。

この記事はNYタイムスのMatt Apuzzoなど3名の連名記事で非常に詳しく、
しかもFBIや司法部にも批判的でなく、中立記事と言える。

https://www.nytimes.com/2018/05/16/us/politics/crossfire-
hurricane-trump-russia-fbi-mueller-investigation.html

FBIが16年7月にヒラリーを免責とした数日後、FBIの同じメンバーがトラ ンプのロシア関連調査を秘密裏に始めたと言う。この調査はOperation CrossfireHerricane(ハリケーンの十字砲火)と名付け、しかも11月の選 挙だから秘密調査がトランプ側に漏れたら不公平選挙と批判されるから FBI内部の数人しか知らないほど機密だったと言う。興味のある人は一読 する価値がある。

●ギングリッチ氏の感想

最後にFBIと司法部の選挙介入やヒラリーの違法調査についてギングリッ チ(Newt Gingrich)元国会議長が述べた感想は以下の通りである。

司法部とFBIが選挙に介入した事件はニクソンのウオーターゲートとは比 較にならない大事件だ。政府がらみの違法はアメリカの歴史に一度もな かったことである。

政府の高官が選挙に介入してヒラリーが絶対当選する手段を整えたにたに
も拘らず、トランプが当選した事は、アメリカに天の御加護があったとし か思えない。

もしもヒラリーが当選していたらこれら数々の悪事が全て闇に葬られ、ヒ ラリーが大統領になって更にどれだけの悪事を重ねることになったか、い くら考えてもアメリカは好運だった。


━━━━━━━━━━━
いちごの生産者だった私
━━━━━━━━━━━


     石岡 荘十


「頂門の一針」主宰・渡部亮次郎氏が、本誌に掲載した「いちごの話」を 読んで思い出したことがある。小学5年生だった一夏、私はいちごの生産 者の端っくれだった。

敗戦翌年5月、私たち一家は中国の天津から引揚げ、父親の生家である秋 田県・八森村へ落ち着いた。秋田音頭のしょっぱなに出てくる「八森ハタ ハタ、男鹿でオガブリコ〜」のあの寒村だ。

生家は父が若くして東京に出た後、弟(叔父)が家を継いで百姓をやって いたが、赤紙一枚で徴兵され満洲(中国東北部)の最前線へ。終戦と共 に、シベリアへ持って行かれ、留守宅は祖母と叔母が幼い子ども2人を抱 えてほそぼそと稲作百姓をやっていた。そこへ、われわれ一家4人が転が り込んだのである。

ご多聞に洩れず、農家も食糧難だった。畑で芋やナス、キュウリ、トマト を作り、山に入って山菜を採り、新米の収穫まで食いつなぐこととなった。

間もなく、生まれて初めての田植えにも駆り出される。父と母は、元を質 せば百姓の生まれだから昔取った杵柄、手際はいい。慣れないとはいえ、 小学5年生の私と中学生の兄、も立派な労働力だった。

夏。小柄だが目端の利く祖母が、そのころはまだ珍しかったいちごの栽培 を始めた。ビニールハウスなどまだない。夜明けと共に、学校へ行く前に 畑でいちごを摘む。

取立てのいちごを大きな背負い駕籠いっぱいに入れてこれを担ぎ、学校へ 行く途中集荷所まで運ぶのが私の役目だ。集荷所までは子どもの足で小1 時間。その日の売り上げを受け取り、空になった駕籠を担いで学校へ行く 毎日だった。

草鞋を履くのも初めてなら、駕籠を背負って学校へ行くのも生まれて初め ての経験であった。荷は肩に食い込み、草鞋の緒で足の指の間からは血が 滲んだ。

何より恥ずかしかった。紺サージの制服にぴかぴかの革靴で学校に通って いた天津での生活は、いまやここでは別世界の出来事だった。そのうえ、 学校の行き帰りには、「引揚者、引揚者」と蔑まれ、いじめにもあった。

それでも田植えで泥まみれになり、田の草をとり、秋には稲刈りもした。 そうこうしているうちに秋。11月には父の仕事先が群馬。・高崎と決ま り、半年過ごした秋田を後にしたのだが、この頃には、ずーずー弁もまあ まあ操れるようになり、いじめっ子たちとの間にも友情が芽生えていた。

高台の集落を去る日、その日は日曜日だったが、10人ほどのガキが口々に 大声で「まだ、こらんしぇ」(また、来いよ)といつまでも手を振ってわ が一家を見送ってくれたのだった。

高校を卒業するまで高崎で過ごした。その後東京へ進学、就職。で、ここ まで想い返してみると、報道に関わった日々を含めて、ニュース原稿は腐 るほど書いたが、秋田を去った後、モノを生産したことは一度もなかった ことに気がつく。

80年余を越える今日まで、形のあるモノを生産した経験はいちご作りだけ だった。あの夏、私はいちごの生産者の端くれだった。幼い肩に食い込む いちご駕籠の重みを懐かしく思い出す。

それにしても、いまどきの季節外れの、ビニールハウス育ちのいちごの味 の薄いこと。自分が作って売ったあの本物のいちごの味覚に出会うことは 2度と無いのかもしれない。    
  
       
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎北を利する国会議員「間違いなくいる」、自民・萩生田光一氏が拉致 問題激白

自民党の萩生田光一幹事長代行が17日、インターネット番組「真相深入 り! 虎ノ門ニュース」に生出演し、北朝鮮問題について激白した。北朝 鮮を利する国会議員の存在を明言し、左派野党やメディアを批判。拉致問 題解決に向けて、在日朝鮮人を念頭に「この国で生活する意思があれば、 『拉致問題の解決なくして、日本人と融和できない』と肌で感じている。 声を上げてもらいたい」と呼びかけた。

この日は、夕刊フジの人気連載「以毒制毒」(木曜掲載)を担当する、 ジャーナリストの有本香氏が番組コメンテーターを務めた。

ゲストの萩生田氏は6月12日の米朝首脳会談を見据え、拉致問題について 「最終局面、ラストチャンスだ」と語り、完全解決に期待を示した。

北朝鮮に「最大限の圧力」をかけ続けている米国の関係者から、朝鮮総連 (在日本朝鮮人総連合会)の現状が「よく話題に出る」として、次のよう に強調した。

「制裁の矛先として『(朝鮮)総連は、どうなのか?』という話題にな る。総連の次世代のリーダーたちは、朝鮮民族のプライドはあるだろう が、日本の事情を誰よりも知っている。その世代の人たちが(拉致問題解 決に)声を上げてほしいし、現に上げつつある人たちもいる」

 話題は、総連傘下にある朝鮮学校への補助金支出問題にも及んだ。

萩生田氏は、「『政治介入はよくない』というが、日本国民の税金を出し た学校で、反日教育が行われている。各自治体が補助金の見直しをしてい る。一連の北朝鮮の対応によっては、動き出すことは否定できない」と問 題視した。

一部の自民党OBには「(朝鮮総連の)エージェントみたいな発言をして いる人もいる。いい意味でも、悪い意味でも、パイプをお持ちだ」と皮肉 を述べた。

有本氏の「北朝鮮を利する国会議員はいるか?」との問いに、萩生田氏は 「間違いなくいる。半ば公言しているような人もいる」と言い切り、北朝 鮮情勢をめぐる日本の立場を「蚊帳の外」と揶揄(やゆ)する左派野党や メディアを次のように批判した。

「何を根拠に言っているのか。日本が完全にリードして、この(北朝鮮が 対話を求める)状況をつくってきた。国際社会は誰もが分かっている。日 本の政治家とメディアが、拉致被害者が帰ってこないことを前提かのよう に話して、誰の応援をしているのか。本当に首をかしげる。拉致問題解決 に向け、世論をどんどん高めていくべきだ」

【写真】  萩生田氏は「虎ノ門ニュース」で、拉致問題解決への強い決意 を示した 萩生田氏は「虎ノ門ニュース」で、拉致問題解決への強い決意 を示した
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180519/soc1805190006-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180519/soc1805190006-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 v2018.5.19 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 
 ◎いつも前田正晶様の卓論を楽しみにして拝読してをります。

私も、英単語を敢て音からではなく、勝手に綴り(?)から決めつけてゐ るやうな片仮名表記のやり方には、それを見る都度、生理的とも言ってよ いほどの不快感に襲はれます。

その最たるものは、やはり「メジャー」です。メジャーと聞いてまず想起 するのはmeasureですが、これでは「巻き尺」か、「計量カップ」になっ てしまひます。アメリカのmajor leagueを言ふのあれば、最低でも「メー ジャー」か、より好ましくは「メイジャー」ではないでせうか。

猶、「不可抗力」を表すforce majeureを、「フォース・メジャー」と あっけらかんと言った人には驚かされました。これはもともとフランス語 ですが、jeureにアクセントがあるので、はっきりと発音しなければなり
ませんが、私日本人には、ジョーに近く聞こえます。

また、耳から入ったものをそのまま英単語のカタカナ表記としたものの好 例は、「ヘボン式ローマ字」の「ヘボン」です。これは、James Curtis Hepburn(1815」−1911;米国の宣教師、医師)と言ふ人の名前からとっ たものですが、それなら有名な女優の名前も、「オードリー・ヘボン」に しなければならない筈です。実際に発音して見ると、「ヘバン」となり、 人によっては「ヘボン」ともきこえますが、要するに閉唇音のpの後には 母音がなく、同じ閉唇音のbに続くので、「プ」は聞こえません。した がって、従って、ヘッバンまたは単にヘバンになる訳です。

(burnの発音の仕方は、人に追って異なり、やや曖昧です。これはアクセ ントがhepにあるため、仕方がありません。)

しかし、「ヘップバーン」は、キャサリンとオードリーといふ、2大女優 に遣はれてゐたので、今更変へるとなると大変かもしれません。何しろ日 本の歌にも、「ヘップバンスタイル、赤い靴」などといふ歌詞を聴いたこ とがありますので。(北村維康)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸は晴天続き。



                        読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。