政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4682 号  2018・5・11(金)

2018/05/11

                                  
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4682号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月11日(金)



         「習近平の罠」に落ちた共青団:宮崎正弘

             風邪と肺炎にご注意:柴谷涼子

       科研費の闇、税金は誰に流れたか:櫻井よしこ
       
             
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4682号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━
「習近平の罠」に落ちた共青団
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月9日(水曜日)
         通巻第5695号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「習近平の罠」に落ちた共青団のライジング・スター
  習近平の潜在敵=孫政才に無期懲役判決。冤罪か、巻き込まれ型か
*********************************

嘗て孫政才は共青団のライジング・スターだった。トップ25人の政治局員 として将来を嘱望され、43歳で農林大臣、そして吉林省書記、
2012年11月には薄煕来失脚のあとをうけて(リリーフは張徳江だった)、 重慶特別市の書記に任命された。一説に江沢民派に近付いたことにより、 その人脈の推挽とされたこともある。
 
ところが、2017年7月、突如、孫は重慶市書記を解任され、後継は陳敏爾 になった。

露骨な習近平人事である。無能だが、おべんちゃらの天才、イエスマンの チャンピオン陳敏爾は、重慶市に乗り込むや「辣腕」を発揮して既存マ フィアと退治したなどと報じられた。

習のバックがあればこその「つくられた業績」と酷評する人が多い。

さて孫政才は重慶市から薄煕来の悪の残滓を一斉出来なかったばかりか、 吉林省時代の入札に便宜を図り、特定企業などから賄賂を受け取った容疑 で拘束された。

なぜか妙齢の婦人たちがロビィとして介在したと騒がれた。賄賂の額面は 2670万ドル(大物にしては少なすぎるのでは?)。4月12日に死刑の求刑 がされ、5月8日、天津地方裁判所は「無期懲役」の判決を言い渡した。
 共青団(団派)は孫を守りきることが出来なかった。

孫夫人の取り巻き、とくに温家宝夫人が影のボスと言われ、令計画夫人等 とつくった「夫人倶楽部」のメンバーとして、ビジネスに手を突っ込んで いたことが、検察の目にとまって容疑が浮かんだというのが当局の説明で ある。孫の汚職が芋づる式に捜査されたことになっている。

しかしネットでは、習近平の罠ではないかという意見が書き込まれるとす ぐに削除され、真相はまったくの闇。ともかく将来のリーダーとして、孫 は胡春華とともに若くして政治局員入りしたため、習近平にとっては邪魔 者に映り、狙われていたのである。

こうした一連の失脚劇に背後にちらつくのは温家宝一家の汚職である。す でにニューヨークタイムズが何回もすっぱ抜いたように、温家宝元首相の 夫人と長男の利権構造が暴かれており、この関連で、孫政才はスケープ ゴーツにされたようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 いま、「石平歴史学」の3部作が出現した
  他国を巻き込み、内ゲバを繰り返す朝鮮半島の得意技

  ♪
石平『結論! 朝鮮半島に関わってはいけない』(飛鳥新社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

石平氏の最新作である。

さきに本欄で評者(宮崎)は、石平氏の『なぜ中国は民主化したくてもで きないのかーー「皇帝政治」の本質を知れば現代中国の核心がわかる』 (KADOKAWA)と『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたの かーー「脱中華」の日本思想史』 (PHP新書)の2冊を取りあげ、かなり精 密な分析をした。

この新作を加えて、これで「石平歴史学」3部作が出現した。まずは祝意 を述べたい。

本書の骨格は、朝鮮半島の特質的手法、というより朝鮮民族の伝統芸であ る「内ゲバ」と「外国を巻き込む」という特徴的な歴史を簡潔に叙述して いる。

朝鮮半島2千年の歴史をパノラマ絵巻のように振り返りつつ、そのときそ のときの政局を明確に腑分けして、朝鮮民族のDNAに染みこんだ事大主 義、無責任、逃避癖、讒言の得意技をたくみに整理整頓した歴史のまとめ である。

いまも特質は同じであって北朝鮮では叔父も実兄も粛清して邪魔者を消し た。祖父の金日成は中国派、ロシア派、民族派を次々と粛清した。

韓国も「従北派」の文在寅大統領は、前任の朴権惠と李明博を逮捕して裁 判にかける。その前の盧武鉉は自殺し、その前任者すべてが刑務所か、暗 殺か、亡命か。なぜこんなことが繰り返されるかと言えば、2千年かわる ことのない朝鮮民族の体質、つまり内紛の残虐性をぬぐい去ることが出来 ないからだ。

そのうえ「周辺国のわれわれにとって他人事ではない。朝鮮半島の歴史を 見ていると、自分たちの内紛あるいは内戦に、周辺国や他民族を巻き込む のはむしろ彼らに一貫した習性である」と石平氏はまとめるのだ。

「白村江の闘い」とは、高句麗の脅威に対応するために百済が随に応援を もとめたことから日本が巻き込まれ、その同情による派兵という、日本独 特の情緒的防御作戦は、随の大軍という、予期せぬ援軍の出現のため日本 軍が敗れた。しかしもともとは新羅と百済の内戦に日本が巻き込まれたか らだ。

「隋は百万人の大軍を派遣して高句麗征伐を再開した。しかしこの時も、 高句麗が国の命運をかけて徹底的に抗戦した結果、隋の煬帝の軍事行動は 失敗」した。この挫折が煬帝の権力基盤を弱体化させ、王朝の崩壊を早めた。

習近平があれほど金正恩を嫌い、南北朝鮮の統一を嫌がるのは高句麗の再 来を恐れるからである。そして隋が4度も高句麗成敗に失敗した経過を教 訓としているからだ。

隋の崩壊を継いだ唐王朝も、じつに3回、つまり随・唐で合計7回も高句 麗遠征を繰り返し、いずれも失敗した。

その挙げ句、半島の内戦に巻き込まれてしまったのが日本だった。

元寇では、元朝のお先棒をかついでフビライを焚きつけ、日本侵略に先頭 切ってやって来たのは高麗であり、尚武の精神に溢れた鎌倉武士によって さっさと追い返された。

日清戦争の原因も朝鮮王朝の内紛に巻き込まれた結果、起こった。
 
朝鮮戦争ではスターリンと毛沢東が金日成の謀略に引っかかり、またアメ リカは李承晩に騙されて参戦し、苦戦したという説を石平氏は採る。

この特質的な朝鮮民族の習性を理解すれば、現在の半島危機にアメリカも 中国も巻き込まれることを嫌がるのは当然であり、日本は半島がどうなろ うと関わる必要はまったくないと説くのである。
 なるほど、じつに納得のいく、説得力に溢れた歴史指南書である。

        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)「中国が再生産する南京大虐殺」の講演会があります。濡 れ衣を着せられた松井石根大将、その恨み、今晴れはらすとき。産経新聞 「歴史戦」の記者が明快に解説を加えます。

南京大虐殺なるものを朝日新聞がでっち上げて、日本の教科書にまで掲載 されるという大失態、その悪影響は計り知れず、背後にある陰謀とは?

                         記

とき   6月22 日(金) 午後6時半
ところ  文京シビックセンター 三回会議室
講師   原川貴郎(産経新聞記者)
演題   「中国が再生産する南京大虐殺」
参加費  1000円(学生500円)
主催   南京戦の真実を追究する会(会長 阿羅健一)
問い合わせ howitzer@waltz.ocnne.jp



   ♪
(読者の声2)金正恩がまたしても大連を訪問したというニュースがあり ますが、狙いは何でしょう?(BN生、山形)


(宮崎正弘のコメント)上記石平新作書評にもヒントがあるようです。中 国を巻き込むために全知全能を絞っているという焦りが見えてきます。



━━━━━━━━━
風邪と肺炎にご注意
━━━━━━━━━


     柴谷 涼子

風邪やインフルエンザが流行する季節です。特にこの時期、朝晩の気温 の変化が激しいことに加えて、空気が非常に乾燥するときには、風邪の原 因になるウイルスの活動も活発になり、風邪をひきやすくなります。

●事前の予防

日ごろの心掛けとしては、外出から帰った後のうがいと手洗いが基本で す。また、お天気の良い日には、日光浴や散歩など適度な運動をするよう 心がけ、入浴により身体を清潔にしておくことも大切です。

●肺炎は高齢者にとって危険な病気

肺炎はお薬の進歩によって、かなり治療ができるようになりましたが、高 齢の方にとってはまだまだ怖い病気です。

とくに糖尿病や心臓、呼吸器系に慢性的な病気を抱えている方、腎不全や 肝機能障害のある方も罹患しやすく、病状も重くなる可能性があります。 厚生労働省が報告している人口動態統計でも肺炎による死亡率はここ数年 上昇してきています。

肺炎は細菌やウイルスなどいろいろな原因で起こりますが、肺炎を起こす 原因となる細菌に肺炎球菌があります。

●肺炎球菌による肺炎を予防する

肺炎球菌は健康な人でも鼻腔などに常在する菌です。しかし加齢などによ り免疫力が低下すると、病気を引き起こしやすくなります。

日本では、ペニシリンという抗生物質が効きにくい肺炎球菌の割合が増加 しています。抗生物質の効きにくい肺炎球菌による肺炎に罹患すると、治 療に難渋する場合があります。
 
そこで、肺炎球菌によって起こる肺炎を予防するワクチンが肺炎球菌ワク チンです。ただし、肺炎球菌ワクチンを接種してもこれ以外の原因で起こ る肺炎は残念ながら予防することはできません。
 
ワクチンを接種して得られる免疫は約5年以上持続するといわれています。

次のような方に肺炎球菌ワクチン接種をおすすめします。
・65歳以上の高齢者 
・心臓や呼吸器系に慢性疾患のある方 
・糖尿病の方 
・腎不全や肝機能障害のある方

肺炎球菌ワクチンの接種については、最寄りの病院やかかりつけの医師に ご相談下さい。肺炎球菌ワクチンのみでなく、今年もインフルエンザワク チンを積極的に接種しましょう。
   (大阪厚生年金病院 看護部看護ケア推進室感染管理認定看護師) 



━━━━━━━━━━━━━━━
科研費の闇、税金は誰に流れたか
━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

山口二郎氏と言えば2015年の平和安全法制に反対する集会の中で「安倍に 言いたい! お前は人間じゃない! 叩き斬ってやる」と演説したと報じ られた人物だ。4月20日の「言論テレビ」で衆議院議員の杉田水脈氏が、 その山口氏に以下のように巨額の科学研究費補助金(科研費)が支給され ていたことを報告した。

02年から06年までの5年間に亘る研究、「グローバリゼーション時代にお けるガバナンスの変容に関する比較研究」には4億4577万円、07年から11 年の「市民社会民主主義の理念と政策に関する総合的考察」には9854万 円、12年から17年の「政権交代の比較研究と民主政治の可能性に関する考 察」には4498万円となっている。山口氏は16年連続で科研費を獲得し、そ の合計は6億円近くに上ったわけだ。

東京工業大学特任教授の奈良林直氏が驚いて語った。

「科研費は昭和7(1932)年の天皇陛下の御下賜金をきっかけとする日本 学術振興会と文科省が80年近く、資金配分してきました。2017年度の科研 費の予算額は2677億円、日本中の大学の研究者が応募します」

日本学術振興会のサイトには、予算の99.8%が国からの運営費交付金及び 補助金等で賄われているとの説明がある。天皇陛下の御下賜金から始まっ た学術研究振興の貴い資金は、私たちの税金によって大きく支えられてきた。

奈良林氏は3つの研究について科研費を受け取った。うち1件はフィルタベ ントに使うAgXの研究で、その時の競争倍率は20倍だった。「この研究に は大きな装置が必要でしたが、3年間で2000万円でしたからそこにお金を かける余裕はありませんでした。そこで学生たちに手伝ってもらって装置 を手作りしました。研究には40人の学者、専門家に参加してもらいました が、彼らは全員、交通費も含めて手弁当で協力してくれました」と奈良林氏。

人文科学系で数億円

研究の成果は世界初のフィルタベントシステムの開発につながった。それ はセシウムなどの放射性物質だけでなく有機ヨウ素を取り除く優れもの で、広く世界に認められた。このフィルタベントシステムを設置すれば、 万が一原子力発電所で爆発事故があっても、セシウムも有機ヨウ素も除去 できるため、甲状腺癌などの心配が減少するというのだ。

2000万円の科研費でこのような成果を導き出した奈良林氏は、山口氏が受 け取っていた6億円規模の科研費についてこう語る。

「理系の研究では、私のフィルタベントの研究のように実験装置の製作や 最先端の測定器などを必要としますので、費用がかかります。しかし、人 文科学系で数億円規模の研究費がなぜ必要なのか、そのような大金が支給 されていたことに驚いています。科研費は学者・研究者にとって非常に大 切なものです。それだけに、数億円の科研費はどのような審査を経て与え られたのか、その成果物は何だったのかなど、厳しく評価することが大事 だと思います」

科研費は多くの研究に支給されているが、中には疑問を抱かざるを得ない 研究もある。杉田氏が指摘する。

「たとえば沖縄の基地反対運動や琉球独立を主張する研究者グループへの 支給です。龍谷大学教授の松島泰勝氏の『沖縄県の振興開発と内発的発展 に関する総合研究』に442万円の科研費が出されています。研究の期間は 11年から15年となっていて、研究成果として多くの雑誌論文が並んでいます」

成果とされた雑誌への論文寄稿では、「琉球の独立と平和」、「なぜ、琉 球独立なのか・琉球と日本との新たな関係性を考える」、「尖閣諸島は 『日本固有の領土』なのか」などが目につく。図書(書籍)としては『琉 球独立論・琉球民族のマニフェスト』や『琉球独立への道・植民地主義に 抗う琉球ナショナリズム』などがある。

『琉球独立論』は、中央政府対地方自治体という構図の中での沖縄論は既 に意味を持たないものであり、現在の課題は、琉球が日本に同化するため の差別撤廃というテーマから、琉球が独立するために構築すべき日本との 関係性というテーマに移っているといった内容だと紹介されている。

沖縄と日本、或いは沖縄県人と日本人を完全な別の国家、民族と見做した 論理展開である。この主張に基づいて雑誌に寄稿し、書籍を出版する松島 氏は13年に「琉球民族独立総合研究学会」を、沖縄国際大学教授の友知政 樹氏、同大学准教授の桃原一彦氏と共に設立している。彼らの目指すとこ ろは「琉球の日本からの独立」である。

厳しく公正な審査を

杉田氏が指摘した。

「松島氏は『沖縄県の振興開発と内発的発展に関する総合研究』の名目で 研究費を申請しています。よくわからないタイトルですが、地域発展につ いての研究かと思わせる。けれどその成果物を見るとそうではない。尖閣 諸島は本当に日本固有の領土なのかと問う論文を書いたり、沖縄独立を主 張しています。それに松島氏らは15年9月にニューヨークの国連本部で記 者会見し琉球独立を宣言しています」

記者会見の写真を見ると、松島氏は自著を、他の3人は「琉球新報」を掲 げて会見に臨んでいる。4人の背景に「琉球民族獨立總合研究學會」の看 板がかかっている。

「漢字を見ればこれは中国向けの記者会見ではないでしょうか。この会見 に先立つ国連内のあるシンポジウムで、琉球新報編集局長が『沖縄はアメ リカの領土でも日本の領土でもない』と発言しています」

と、杉田氏は指摘する。

研究にはさまざまなものがあってよいとは思う。しかし、科研費は税金で ある。公正なルールに基づいて支給されなければならないのは当然だ。こ こに示した事例はどう考えても国民の納得を得られるものではないだろう。

奈良林氏も指摘したように、大学関係者にとって科研費は非常に重要な意 味を持つ。それだけに厳しい審査も受ける。たとえば山中伸弥氏が所長を 務める京都大学iPS細胞研究所で起きた論文不正問題である。不正を 行った若手研究者に科研費80万円が支給されていたため、この科研費を返 還すべきか、また、山中氏は辞任すべきかという問題にまで発展した。

内外で高く評価され尊敬を集めている山中氏の辞任は誰も望んでおらず、 氏は辞任を思いとどまった。だが、80万円という少額であっても科研費の 在り方は厳しく精査された。それに較べて、山口氏や松島氏らへの科研費 はどこまで厳しく公正な審査を受けているのだろうか。実はこの他にも疑 問を抱かせる科研費支給の事例は少なくない。科研費は私たちの予想以上 に深い闇に沈んでいるのではないか。

『週刊新潮』 2018年5月3・10日合併号 日本ルネッサンス 第801回



             
       
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎国語を破壊し英語教育を劣化させるだけだ:前田正晶

私は10年前の2008年に「和製英語(=造語)とカタカナ語」と題してカタ カナ語批判と非難の論文を発表していた。解りやすく言えば「カタカナ語 の排斥」だった。だが、繰り返して排斥の議論を展開してきたが、効果は 一向に上がらず寧ろマスコミでは競ってカタカナ語の普及に努めている有 様で、誠に寒心に堪えない状況だ。彼らは我が国独特の漢字文化を破壊す るだけに飽き足らず、それでなくとも欠陥だらけの英語教育まで劣化させ ているのだ。許しがたいことだ。

2008年には私はカタカナ語を「和製英語(=造語)」、「ローマ字式発音 または恣意的な読み方」、「言葉の誤用と借用」、「合成語」のように分 類して論たのだった。だが、その後に追及すればするほお無数のカタカナ 語があると知ったので、何度も各分類に追加していった。結果的には最終 版では200語を超えるカタカナ語を収録できたと思っている。

念の為に、各項目から一つだけ例を挙げておくと「和製英語(=造語)」 では“フリーサイズ”で、英語は one size fits all である。如何にも英 語らしく出来ている造語なのが素晴らしいのだが、同時に怖くもある。 「ローマ字式発音」では“ルーキー”であり、rookie という言葉は精々 「ルキー」に近い発音である。言うなればbook と書いて「ブーク」と読 む奴がいるかということ。

「言葉の誤用」では「リニューアルオープン」がある。英語にすれば opening after renovation くらいしか思い浮かんでこない。open は後に ing を付けないと様にならないのだ。学校で幾ら文法を教えても一向に効 果が上がっていないと解るのが残念だ。「合成語」では最初に「自己ベス ト」を採用したが、今では「コミュニケーションを取る」にしたい思い だ。この合成語を本当の英語にすればどうすべきかを良くお考え願いたい。

私は現在の国語教育が如何になっているかは知らない。だが、確かなこと は漢字の数を制限してしまったので、その穴をカタカナ語が埋めてしまっ たと思わせられる言葉が極めて増えてしまったようだ。手っ取り早い例を 挙げて見れば、最早「忠告」や「助言」という漢字を使った熟語が消滅 し、その空白を「アドバイス」が埋めてしまったのである。同様に「トラ ブル」が「故障」や「事故」の意味で使われているのもカタカナ語の言葉 の誤用の一例になっている。

私が思うにはカタカナ語を創造した連中は英語にも日本語の中で漢字を二 文字乃至は四文字使った熟語があるのと同様に少ない文字数の熟語がある とでも思い込んだらしく、上記の忠告や助言を adviceで代用できると決 めつけたのではないかと疑っている。だが、私は英語では「告知」や「通 告」という意味では余り使われていないと思っている。

因みに、adviceはジーニアス英和には「・・・について・・・せよとの助 言」が最初に出てくるので、告知や通告と言いたくて「アドバイス」を使 うのは適切とは思わないのだ。「自己ベスト」にしたところで奇怪な使い 方で「ベスト」とはそもそもgood という形容詞の最上級で、名詞ではな いのだから「自己最高の何であるか」まで言わないと意味を為さないと思 うべきだ。あれは「自己最高記録」が正確な日本語だと思うが。

ここまで書いてくると、如何にも私はカタカナ語の揚げ足を取ろうとでも する気かと思われそうだ。念の為確認して置くが、そのような意図は全く ない。兎に角「何が何でも「本当の英語ではないようなカタカナ語や間 違った言葉を使っていては、何時まで経っても本当の意味での英語力は身 に付かないと知るべし」と強調したいだけだ。

これまでに繰り返して言ってきたことは「カタカナ語の99.99%は誤った というか本当の英語ではない純粋の日本語であると承知した上で使われる のであればご勝手に」だった。換言すれば「間違っても本当の英語にはカ タカナ語のような使い方は無いと思うな」なのである。更により極端に言 えば「カタカナ語を信じて使っているようでは何時まで経っても外国でも 通用するような英語力は身に付かない」ということだ。

この私でさえ(?)、時たま「このカタカナ語は、もしかして本当の英語 の中にあるのかな」と考え込まされるほど巧みに創造されている傑作があ るのだ。私が思うには「そういう傑作が出来ると言うか作れる語学力は、 我が国の学校教育の英語では単語の知識を重要視されているようなので、 その辺りに誤りを犯すか、造語を産む根源があるのかと考えている。

0年以上もアメリカの会社で過ごし、アメリカ人の中で仕事をしてきた私 がそういう単語があるとは承知していたが、自分では使った記憶も無く、 また彼らが日常的に使ったのを聞いたこともないという言葉が事も無げに カタカナ語化されてテレビなどで日常的に使われているのは、驚きをて尊 敬の念を以て聞いているほどだ。「コラボ」かコラボレーション」辺りが その典型的な例になると思う。

結論を言えば、漢字を使えなくなり、読むのに難渋する世代になってし まった以上、如何にも英語らしいカタカナ語で置き換える事は仕方がない と思うと時もある。だが、そのカタカナ語が本当の英語が意味するところ とかけ離れているのは宜しくないと思う。また、今回この一文を書くに当 たって考えたのだが「『コミュニケーションを取る』という合成語を外国 人にも解って貰えるような英語にしたどうなるか」だった。

非常にに難しい問題だった。大体からして、私は communication 乃至は
communicate という言葉を日常の業務か会話で聞いたか使った記憶が無い のだ。communicate はOxfordには to exchange information, news, ideas etc. with 〜と出てくる。故に I am going to communicate with my boss. とは言わないだろう。精々 I’m going to report to my boss. 辺りだろう。知らせるのであればadvise か inform 辺りを使うと思う。 何でコミュニケーションという全体を表す単語を使い始めたのかと不思議 に思うだけだ。

各テレビ局や新聞社には「カタカナ語を使って原稿を書く前に漢字を使え ばどう言う熟語になるか、または如何なる分かりやすい日本語を使えば良 いか」と一度立ち止まって考えて欲しいのだ。即ち、自分たちが使いたい カタカナ語は本当の英語とはかけ離れた奇妙なものであると知って欲しい のだ。そのカタカナ語は本当の英語の勉強の妨げにもなっていると知って 貰いたいのだ。自分たちが害毒を流していると自覚して欲しいのだ。


私に言わせて貰えば、カタカナ語を使うのは決して格好が良いのではな く、寧ろ「おかしな事」なので害毒を垂れ流していると思うべきだ。



 ◎野党どもは欧米との文化の違いをご承知か:前田正晶

事「セクハラ」となると何でもかんでも麻生財務大臣と安倍政権のせいに してマスメディアとタッグ・テイーム(これがマスコミ用語の「タッグ」 の正確な英語を基にしたカタカナ語の表現だ)を組んで責め立てている。

全く愚にもつかない行為だ。既に述べてあったが、W社で副社長級の事業 部長が集められて sexual harassment に関する注意を喚起し警告する会 議が招集されたのは30年ほども前のことだった。

それではアメリカではそれほどセクシュアルハラスメントの被害者が多 かったのかと思われそうだ。だがしかし、私はそういうことではないよう だと副社長が直ちに全員を集めて聞かせてくれた上層部が喚起した注意事 項の説明から感じ取ったのだった。

「文化が違う国で起きやすい問題だな」と感じたという意味である。念の 為にお断りしておくが、男女均一労働・均一賃金で車社会のアメリカには 我が国の女性(ウエイトレスかな)が侍るバーもないし、飲み屋だってない。

私の捉え方が全面的に誤っていたかも知れないが、既に繰来たように
欧米人(特にアメリカで感じたことだが)の社交辞令の巧みさというか美 辞麗句と言えば良いのか、歯が浮くようなお世辞を何の躊躇いもなくスラ スラと言うのである。

その習慣に馴れない国の人が聞けば「褒められた」と有頂天になってしま うかも知れないし、ある程度言葉の裏が読めるようになれば「良くそんな 心にもないことが言えるものだ」と警戒して身構える時もあるだろう。

更に忘れてならないことがあるのだが、この点は実に微妙であり「単なる 社交辞令か」または「本気で言っているのか」または「この男は何処にで もそこにでもいる女誑し(「=womanizer であるかも知れない」の何れに 該当するかの判断が容易に出来ないのである。現に欧州の何処かの国にい るような、女性と見れば口説くのが礼儀とでも心得ているかの男はアメリ カ人にもいるのだ。これぞ文化の違いであろうと思う。

もう一つ、1980年だったと記憶するが、我が生涯最高の上司だった副社長 はワシントン州南部を担当する営業職に女性を任命した。彼女は嬉々とし て業務に励んでいた。

だが、残念なことに長続きせずに会社を辞めてしまった。同僚に「何故 か」と尋ねると意外だったことに「得意先でいじめに遭ったからだ」と教 えて貰えた。あの頃のアメリカでは良くある話だったそうだ。

そのアメリカは我が国では「レデイーファースト」(英語は ladies first で複数形である、念の為)とばかり思われているが、実態はこうい うものだったようだ。だからこそ「男女同権」だの「男女均一労働・均一 賃金」という運動が起きたのだ。我が国では、そういう経緯を経ずして、 いきなり異文化の国の文化を大いに有り難がって導入しようと思った人た ちが多かったのではないか。勿論こういう文化は悪いことではないが、そ の陰にあった歴史を知らずに飛びつくと無理が生じるのではと懸念している。

私は我が国の文化には、勿論「社交辞令」も良くも悪くも「お世辞」は存 在していると思う。だが、いきなり初対面の女性に向かって着衣や髪型や 美貌を真っ向から褒めることはしないし、ましてや「これからどう?」な どと口説く男は常識人の世界には余りないないだろうと思っている。欧米 人は違うのだろうと思っているが、家内は1990年以降何度もアメリカを訪 れる機会がありW社本社のマネージャーたちにも出会ってきたが、女性の 直感で「お世辞の巧みさ」には驚かされていたが。だが、かの「セクハ ラ」に該当するような社交辞令には出会わなかった。

正直なところ、ここから先が本題である。マスメディアと野党の有志連合 の中でも私が札付きだと認定している福島瑞穂などを筆頭として彼らは福 田淳一前財務省事務次官と麻生財務大臣を攻撃しまくっている。

だが、私は聞き逃したか見落としていない限り彼らが「正式な日本版セク シュアルハラスメントの定義」は公開されていない。「公務中または私な 会話の中で何処までが基準内で何に触れれば基準外か」は明確ではない。

言うなれば「感情的にどのように捉えたか」という個人の感覚の問題のよ うだ。福島瑞穂は弁護士だそうだから、いっその事単独ででも議員立法で 「セクハラ罪」でも起案して国会にかけたらどうかと言ってやりたい。同 居者の渡海某氏も弁護士だと聞いいる。

こう言う私でさえも、同じ高校の53期下の卒業生であった福田淳一前財務 省事務次官の夜の酒を飲む席での対象となったテレ朝の記者を呼び出した 場合の発言が、事前の了解なしに録音されたのであっても、アメリカの基 準に照らせば「不味かったのでは」と思う。だが、未だ法律にはなってい ない「セクハラ罪」には当たらないと麻生財務大臣が言われるのは支持し たいとは感じる。現に麻生氏は福田氏を辞任させたではないか。

私は20年以上もの間アメリカの会社でアメリカ人の中で過ごしたから感じ 取れたし、そういう文化の相違と痛感できた。だが、何度も何度も「日本 とアメリカのビジネスの世界における文化と思考体系の違い論」も語った 中で、一度も「セクシュアルハラスメント」には触れてこなかった。それ は「何処までが駄目で、何処まで許されるかの基準」が非常に主観的とい うか、その対象となった女性の判断によると感じていたからである。

マスメディアと野党の連合は如何にも男だけが悪いと言いたいような論じ 方をしている。だが、「男には駄目な奴がいる」とか男性を女性だけの酒 席で扱き下ろしてはいないかと尋ねて見たいし、女性に非難されて喜んで いるような奴がいるのではないかとも考えている。言うなれば「逆セクハ ラ」があっても無罪かと言いたいのだ。

何れにせよ、性犯罪が申告制だった時があったが、「セクハラ」なるもの は基準が未だに明文化されていないようだ。そういう状況下で直ぐに辞任 せよと迫る輩がいる以上、麻生財務大臣もお気を付けになった方が良い時 代になったと見ている。麻生氏の認識不足もあるかと思う時があるが。

私は異文化の国の「言語・風俗・習慣・思考体系」に前後を考えずに飛び つく事はしない方が良いと思う。特にマスメディアと野党の有志連合には 厳しく「安倍政権の揚げ足を取るのならばもっと諸外国の文化と我が国の それとの相違点を勉強してからにせよ」と告げて終わる。


 ◎TOKIOとやらがバンド名だったとは知らなかった:前田正晶

8日も新宿駅西口から戻って家内が点けたテレビでは「宮根や?」とかが ご苦労様な事に、相変わらず山口達也とTOKIOとやらのことを延々とやっ ていた。以前から述べてきたことで、私はこのジャニーズ事務所とそこに 飼われているガキどもとその成れの果てを心底嫌悪している。あの事務所 がガキどもの下品さだけならまだしも、妙な衣装を着させるだけに飽き足 らず奇妙な髪型をさせ、それをまた判断力がない一般の子供たちまで真似 て流行らせたのには胸が悪くさせられていた。

私はジャニー喜多川なる者は占領軍が我が国民を骨抜きにしようとの悪巧 みをしたことのお先棒を担いで、あのような何の中身のないガキどもを養 成し全国津々浦々に流行らせて我が国の少年少女を穂抜きにした罪は万死 に値するとまで思っている。あんな低劣で下品な連中を何か子供たちに崇 めるべき価値があると思い込ませた辺りは、本当に心の底から情けなく且 つ憤っているのだ。

この度は山口が何をやったのか知らないが、マスコミには真相を報道させ ないように圧力でも加えたのか「無理矢理だったかでキスをしたことが強 制猥褻である」という理屈にもならない屁理屈を流させたのには恐れ入っ ている。

またテレビ局などはジャニーズのファンだけに街頭で何か語らせるので、 「残念だ」とか「TOKIO世代なので何とか4人でけでも」とか「バース抜き でも立派にやっていけそうでは」などと気を遣っている有様には呆れるだ けだ。

彼らにはそれほどジャニー喜多川が怖いのか、気を遣わねばならないのか と思うと、これでは「総HAKUCHI化」はファンだけではなく、テレビ局も 包含されていたのかと、あらためて認識できた。私は元からジャニーズ事 務所には関心がなかったので、今回の山口の一件で初めてTOKIOとやらが 音楽の集団だったと知り得たのだった。あのような山口如きに番組を持た せていたNHKにも見識などは無かったと良く解った。

既に指摘したことだが、キス行為が猥褻ならば欧米の諸国に行けば、その 辺で幾らでも猥褻行為に出っくわしてしまうだろう。私は山口なる元ジャ ニーズ事務所所属だった者は何かそれ以外(その先?)のことを試みよう としたとしか思えない。

何れにせよ、我が国のマスコミと一部の国民の中には「キス」なる行為を 何か性行為の一部だとでも思い込んでいる節があるのは、天下の奇観であ ると思う。いや、その程度の民度を達成させたGHQの占領政策の無益且つ 無用な遺産かな。

 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

11日は快晴、爽快。


10日の東京湾岸は曇天。午前10時半ごろから雨になっがすぐ止んだ。
午後には隣の中学校の生徒たちが楽しそうに遊んでいた。この年頃はあそ ぶことが身体の成長ににつながるのだ。


                        読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。