政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4677 号  2018・5・6(日)

2018/05/06

                                  
□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4677号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月6日(日)


     トランプ大統領の「在韓米軍の規模縮小」:宮崎正弘

    米国が求める形の非核化目指す北朝鮮問題:櫻井よしこ

   安珍・清姫伝説で有名な「道成寺」(御坊市):石田岳彦
                            
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4677号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランプ大統領の「在韓米軍の規模縮小」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)5月5日(土曜日)弐
         通巻第5692号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ大統領の「在韓米軍の規模縮小」指示はどこまで本気か?
  韓国には在韓米軍経費全額を要求し、韓国から去っても「日本がある サ」。
*********************************

 ニューヨークタイムズの推測記事が大きな波紋を巻き起こした。

 同紙は5月3日付けで「トランプ大統領はペンタゴンに対して在韓米軍 の縮小という選択肢への準備を始めるよう指示した」と報じた。

すぐさまジョン・ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官は「そういうシ ナリオはあり得ない」とニューヨークタイムズの報道を否定した。

 すでにトランプが言い出すまでもなく、在韓米軍の規模は1990年代 か らおよそ三分の一に削減されている。しかも板門店付近からは撤退して おり、北朝鮮の火砲の射程に入らない南方へ米軍は兵力を下げている。

 そもそも在韓米軍の撤退を言い出したのはカーター政権のときからであ る。90年代に米軍は韓国に配備していた戦術核を撤去している。

2004年にはラムズフェルト国防長官の判断により、およそ1万名のアメリ カ兵を韓国からイラクへ移動させ、イラク戦争に投入した。

近年には北朝鮮のミサイル射程内から、太平洋艦隊所属の潜水艦ならびに 長距離爆撃機の配備をグアムへと後退させている。

トランプは選挙キャンペーン中に、在韓米軍を撤退させ、日本と韓国が独 自に核武装するかもしれないが、それはそれで構わないと発言している。

ことを改めて騒ぐ必要はなく、しかも米朝首脳会談を前にして、金正恩は 在韓米軍の「撤退」を前提条件とは言わなくなった。
 
 
 ▲トランプ自身が「在韓米軍の存在は不要」論なのだ

南北朝鮮の画期的な首脳会談を受けて、トランプが金正恩と会うときに在 韓米軍の撤退ではなく、規模の縮小はバーゲニングチップになりうるだろ うが、それを事前の示唆するのは愚策である。

しかし両国は「朝鮮戦争は終結した」と宣言したわけだから、いずれ2万 8500名の在韓米軍兵士が不要となる。トランプ自身は、かねてから在韓米 軍の費用の無駄を指摘してきた人間である。

 トランプは在韓米軍が半島の現状維持を固定化し、平和を維持してきた 事実を渋々ながら認識してはいるものの、北朝鮮の核武装を阻止できな かったし、周辺諸国を喝してきた効果に対して在韓米軍が無力だった。こ れらをもって重大な意議を見いだせないとしている。


「われわれは北朝鮮のミサイルの性能向上を、半島に駐在しながら観察し てきただけなのか」とトランプはニューヨークタイムズの2016年7月のイ ンタビューで語っているのである。

そうした疑問をトランプはマクマスター補佐官(当時)らとの議論でも 常々、口にしていたという。

なかでも平昌五輪直前に米朝間の軍事緊張が高まったとき、トランプは 「危険だから在韓米軍を退避させるべきでは?」と問うので、マクマス ターは「そんなことをしたら却って北の攻撃チャンスを与える」と取り下 げさせたこともあるとニューヨークタイムズの記事は言う。

まとめてみると、 以下のような条件付きの推測記事だったことが分かる。

第一に在韓米軍は抑止力たりえても、北朝鮮の核武装をとめるまでのもの ではなかった。

第二に2019年までの協定で在韓米軍経費の半分は韓国の負担となっている が、以後は全部の経費を韓国が負担することをトランプは要求している。

第三にいきなりの縮小となるとペンタンゴン上層部は混乱に陥り、米韓同 盟を弱体化させてしまう怖れが拡大するばかりか、周辺国とくに日本には 強い懸念を生じさせる。

第四に大規模な縮小をペンタゴンは考慮にいれておらず、もし北朝鮮との 合意が成立しても急な縮小には到らない

第五にしかしながらトランプ大統領は過去の過度な韓国への関与の効果を 疑問視しており、予測できない行動に出る大統領ゆえに、北朝鮮との話し 合いいかんでは、急激で大規模な在韓米軍の縮小もまったく考えられない シナリオではない。

したがってマティス国防長官が述べたように、在韓米軍の縮小プランは、 将来の選択肢として卓上にあるという意味である。

現段階で交渉の事前条件や前提予測を提示することは、不適切である。
しかし近未来を展望するなら、もし平和条約が締結されれば在韓米軍が半 永久的に朝鮮半島に駐屯することも不合理であるというのがトランプの考 え方の基底だということである。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1726回】          
――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(27)
  内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

   ▽
「五族共和」を唱えようにも、中華民国政府が漢人中心に進むことにな り、「支那の政府というものがますます民主的に傾いて行くと同時に、ま すます異種族の統轄力をば失って行くはずである」。

じつは歴史的に実態に則して考えるなら、「過大なる領土をもっておる と、その経済力が漸々薄弱になって来るということは明かである」。

では、なぜ清朝は統一を果たし得たのか。それというのも「支那という国 は戦乱さえ2、30年以上も無ければ、その国土が非常に肥沃で、物力が豊 富であるがために、財政に余裕を請ずる国である」。つまり「清朝の統一 は財力に因」ったというわけだ。であればこそアヘン戦争以降の欧米列強 との戦費に過重な賠償金がのしかかり国庫が疲弊したことで、必然的に統 一力の弛緩を招いということになる。

かくして「五族共和ということも、事実上ほとんど意味が無」く、「大勢 は解体する方に傾いておる」。


中華民国が掲げる「五大民族の共和」という方針は「一時の権道としては 大いに面白いやり方であるけれども、結局これは実行の出来ぬ政策である」。

 じつは漢人を除く満人、蒙古人、「回々教人」、それにチベット人は 「存外に鋭敏な民族であるから、将来支那に頼って国を立てようという考 えは、とうてい起り得るとは思われない。これらは皆支那から分離するこ とは、将来の運命として、明らかに分っておることである」。

――ここまで語った内藤は「満洲の特別状態」の一項を立て、日清・日露戦 争を経た後の「満洲における支那人」の動向について筆を進めるのであった。

 たしかに満州は清朝帝室の根拠地ではあったが、当時すでに満州では満 州族は限りなく少数勢力であり、山東省や河北省辺りから多くのクイッパ グレ漢人が生存空間を求めて雪崩れ込んだことで、「満洲におる者はほと んど大多数は漢人ばかり」となっていた。

漢人が満州に雪崩れ込む現象を特に「闖関東」と呼んだが、同時期に内蒙 古一帯にも雪崩れ込んでいる。2002年前後、当時の共産党政権トップの江 澤民は国民に向って「走出去(中国人よ、海外に進出せよ)」の大号令を 掛けたが、あの「走出去」を一文字で表せば「闖」ということになろうか。
いまや「闖全球」といったところ。じつに困ったことだ。

 改めて指摘するまでもないだろうが、考えると日清・日露戦争前、すで に満州は漢人の土地となっていた。つまり「感情の上からは、支那本国と 一緒になるべきもの」だった。だがロシアの満州進出が激しかったことか ら、日露戦争前には「満洲における支那人は、ほとんど遠からず、ロシア の支配を受けなければならぬものと覚悟をきめておった」。

ところが日露戦争の結果、豈はからんやロシアが負けてしまった。

そのうえで「日本の兵隊の強いこと、また日本人は淡白な人民で、これに 服従しても一向差支えないということをあくまでも承知しておる」ことか ら、「土着の人民というものは日本人に対して何の悪感情ももっておら ぬ」のであった。「土着の人民」、つまり在満漢人である。

 だが日本の当局者が不用意にも、「日露戦争以後に、かように大勢上外 国の勢力に服従しなければならぬものと覚悟をした人物を以て満洲を支配 させずに、日清戦争の経験も、日露戦争の経験もないところの支那の南方 人、殊に近来『変法自強』などという意味の新教育を以て養成されたとこ ろの南方人を多く満洲の官吏として移入して来た」。

彼らは「何でも外国人を排斥さえすれば、国家の独立が維持されるものの ように妄想しておる新しい書生輩」であり、じつは「日本に対する感情、 政策が、非常に日本に不利であった」。ならば当時の日本要路の中国理解 は一知半解以下・・・だったということになるわけだ。
《QED》
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)中国のメディアにあらわれた中国人の実直な日本評です が、面白いことに日本の魅力やメリットを、日本旅行を通じて、ちゃんと 把握しているのです。メディアに頻出する見出しだけをちょっと列挙して みました。

 ●スキーやスノボするならやっぱり日本! 中国人が日本に来る理由
 だから日本に行きたくなるんだ! 中国人から見た日本の魅力の数々」 (中国メディア  @サーチナ。以下同じ)

 ●「日本旅行の前は日本嫌いでも「日本好き」になって戻ってくる中国 人、一体何があったのか」 

 中国製が日本製にかなわない理由、ユニクロ1つ見ただけですぐに分かる!
●日本の警察は「中国とあまりに違い過ぎてツッコミたくなる」

拾ったお金を届けるなんて信じがたい! 「日本人はなぜ正直なのか」
●「漢字は中国生まれなのに! なぜ日本では漢字能力検定が人気なの?」

「中国語が国際的になったのは「和製中国語、ひいては日本人のおかげだ」

●「なぜ日本人は成功できたのか? 「それは中国に欠ける要素を持つか らだ」「信じられないかもしれないが本当だ! 日本のトイレは食事でき るほど清潔」

「日本人が抗日ドラマに「無反応」な理由、「日本人は強者しか崇拝せ ず、中国を認めていないから」「日本は「中国人の数々の夢」をすでに実 現した国だった! 控えめな国だから良く分からないだけ

●日本では人身売買や誘拐などないのに! 中国では「人さらい」が頻 発。もっとも、アメリカの闇は弱い子供を狙った卑劣な犯罪多発」(以上 はメディア・サーチナ)。

「子どもへの暴力事件が多発する中国社会、「暴力有理、反撃無罪」の背 景(米華字メディア Record china. 39)
のけぞるほどに面白い意見がでています。
    (TK生、世田谷)



   ♪
(読者の声2)いま日本経済新聞の「わたしの履歴書」はインドネシア最 強の華僑リッポー集団創設者の物語です。リッポーはインドネシアで銀行 も保有していたことがあり、また香港のセントラル地区には巨大摩天楼の リッポービルが聳えているので、ご存じの人も多いでしょう。
 さて、このリッポーの創始者モフタル。リアディ氏は、中国名が李文 正。一家は福建省の甫田出身です。

ここでハタと思い出したのが、宮崎先生の書かれた『出身地で分かる中国 人』(PHP新書)でした。なぜなら貴書の「福建省」の項目で、この甫 田を取り上げ、周り三方が山に囲まれているため、土地の人の喋る言葉は 膠着語、つまり福建語でも北京語でもない、独特の言語を喋ると書かれて いたことを思いだしたのです。

 なるほどインドネシア華僑は、ひとくちに華僑と言っても「甫田」の地 縁血縁が強いという背景が飲み込めて、二重に納得ができました。
 そういえば、リアディ氏は東京で近く講演会もおこなうとか。現在90歳 の筈ですが、華僑の創業者って、長生きが多いですねぇ。
   (TY生、神奈川県)


(宮崎正弘のコメント)福建省の甫田(「甫」は鍋蓋ではなく、草冠)は 山に囲まれた陸の孤島です。前面が海。つまり海へ漕ぎ出して、海外へ渡 るしかなかった。

それがシンガポールとインドネシアへ渡った華僑で、「福建華僑」や「広 東華僑」とはことなり、「海流華僑」と呼ばれます。北京語を喋れない人 が多く、げんに2世、3世は英語。北京語はかれらにとって「第二外国 語」です。

客家は、独特の客家語を操りますが、むしろ四川省など国内流民となり、 海外では香港と台湾に多い。

アメリカの華僑の元祖は広東からのクーリー貿易の生き残りですから主流 は広東語、福建省は目の前が台湾ですから、台湾語というのは福建省南部 で普及している「ビン南語」がさらに訛まった「ホーロー語」(これが台 湾語です)。
ついでに言えば陸伝いに東南アジアへ流れた華僑は雲南省、四川省が主力 で、とくにラオスやミャンマーは雲南華僑がビジネスを握っています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米国が求める形の非核化目指す北朝鮮問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              櫻井よしこ

「米国が求める形の非核化目指す北朝鮮問題 「リビア方式」による解決 可能性を示唆か」

4月17日の日米首脳会談で、ドナルド・トランプ米大統領は安倍晋三首相 に、「極めて高いレベルで北朝鮮と直接対話している」と語り、その後記 者団が「金正恩氏と直接話しているのか」と問うと、「イエス」と答え た。マイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官が3月30日から4月1日の 復活祭の連休を利用して訪朝したのだという。

いま米国の対北朝鮮外交はトランプ氏の意向を汲むポンペオ氏に加えて、 国家安全保障問題担当大統領補佐官のジョン・ボルトン氏が軸となって構 築されている。3氏共に、非核化の話し合いが失敗すれば、軍事オプショ ンもあり得るとの考え方だ。

ポンペオ氏は正恩氏と話し合いをした後の4月12日、上院外交委員会で行 われた国務長官への指名承認公聴会で、正恩体制の転換は考えていないと 明言すると同時に、非核化に関して、「見返りを与える前に恒久的かつ不 可逆的な成果を得ることを確実にする」と述べた。

米国側の一連の動きは北朝鮮問題が「リビア方式」による解決に向かう可 能性を示唆するのではないか。

これはリビアの最高指導者、カダフィ大佐が選んだ非核化の道である。カ ダフィ氏は秘密裏に大量破壊兵器の製造を進めていたが、2003年12月にイ ラクのサダム・フセイン元大統領が地中に潜んでいたところを米軍に拘束 されたのを見て、震え上がった。カダフィ氏はその3日後に大量破壊兵器 を放棄する意思を世界に宣言した。

CIAと英国の秘密情報組織、MI6の要員を含む専門家集団がリビア入 りし、核兵器、核製造に必要な関連物資、核運搬用のミサイル、製造施 設、一連の計画に関する書類など全てを押収、化学物質はリビア国内で米 英作業部隊の監視の下で破壊され、書類は全て国外に持ち出された。

カダフィ氏は全てを受け入れて生き延びた。但し、彼は10年にチュニジア でいわゆる中東の春と呼ばれる民主化運動が始まり、その広がりの中で11 年に群衆に殺害された。

正恩氏が核を放棄すれば、カダフィ氏やフセイン氏のように命を奪われる という言説があるが、右の2つのケースが伝えているのは全く別の教訓で はないか。

フセイン氏は核兵器を持っていなかったが持っている振りをして査察を拒 否し、米軍に殺害された。カダフィ氏は核兵器製造を明らかにし、査察を 受け入れ、8年間生き延びた。氏を殺害したのは前述したように、リビア の国民であり、それはカダフィ一族による専制恐怖政治が招いた結果だ。

2人の指導者の異なる運命を正恩氏が把握すれば、どちらを選べば氏の命 脈が守られるかわかるはずだ。

トランプ氏は安倍首相との共同記者会見でも「成果が期待できなければ米 朝首脳会談は実現しない。会談が実現しても実りがなければ退席する」と 語っている。正恩氏に圧力をかけ続け、米国の求める形の非核化実現を促 しているのだ。

安倍首相とトランプ氏は19日午前の共同記者会見で拉致問題についても 語った。トランプ氏は拉致被害者について、「日本に帰れることを大事に 考えている。私はこのことをシンゾーに約束した」と語った。救う会会長 の西岡力氏は語る。

「CIAは北朝鮮の情報当局にも接触しており、拉致被害者についても語 り合っていると思われます。その中で拉致被害者生存情報を得ているので はないでしょうか。その上で拉致被害者の帰国に言及しているのです。勿 論、甘い期待はできませんが、拉致問題解決に向けてよい兆しだと思います」

国際政治は動いている。多くの日本人の命と運命がかかっている。国とし てどう動くべきか、正念場である。日本の国会はもっとこうした大事な問 題に向き合うべきだ。
『週刊ダイヤモンド』 2018年4月28日・5月5日合併号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1229




           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安珍・清姫伝説で有名な「道成寺」(御坊市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               石田 岳彦

長い階段を数えながら登ると確かに62段でした。上りつめたところには仁 王門があり、当然のことながら仁王さんが立っています。門をくぐって左 側には金属製の手水鉢が置かれていました。
 
小学校の音楽の時間に教わった唱歌「道成寺」にある「62段の階(きざは し)をあがりつめたら仁王さん 左は唐銅(からかね)手水鉢」との歌詞 は事実でした。しばしば追憶と感傷にふけります。

安珍・清姫伝説で有名な道成寺です。

大阪からJRの特急で御坊駅まで。そこから普通電車に乗り換え(本数が 少ないので、時間的余裕と人数に応じてタクシーを利用するのがよいかと 思います)、1駅行くと道成寺駅です。

改札を通り、踏切を渡って、駐車場と土産物屋(兼食堂)に挟まれた短い 参道を通り抜けると冒頭の階段へ至ります。

62段の階段を登りつめ、仁王門をくぐると、正面に本堂、その右側(東 側)には三重塔。いずれも江戸時代の建物で、相応に貫禄があります。

もっとも私の(おそらく、ほとんどの参拝客の)お目当ては、境内西側に ある鉄筋コンクリート製の宝仏殿・縁起堂の中で待っています。

宝仏殿・縁起堂は1つ繋がりの建物で、仁王門から見て、手前の、入り口 のある建物が縁起堂、奥が宝仏殿です。

縁起堂では、和尚さんが絵巻物(のコピー)を拡げ、安珍・清姫伝説につ いてユーモアを交えながら、絵解き説法をしてくださいます。説法は頻繁 に繰返し行われるので、そう待たされることはないでしょう。

次に述べるように、安珍と清姫の伝説は、事件それ自体は極めて陰惨で後 味の悪いものですが、和尚さんの語りのお蔭で、全く暗くなりません(そ れはそれで問題な気もしますが)。

時は平安時代前期の醍醐天皇の御世。安珍という若い僧侶が、熊野三山の 巡礼のために奥州から紀伊の国にやってきました。

ところが、道中、安珍が土地の有力者の屋敷に泊まった際、その屋敷の娘 である清姫は安珍に惚れてしまい、還俗して自分と結婚してくれるよう強 く迫ってきたのです。

結果から見ると、ここで安珍はきっぱりと断るべきだったのでしょうが、 清姫の執拗な懇願を拒絶し切れず、結局、巡礼を終えたら帰り道にまた清 姫に会いに来ると嘘をつき、屋敷を後にしました。

その後、清姫は首を長くして安珍を待ちますが、約束の日になっても安珍 は訪れません。清姫は屋敷を抜け出し、安珍を探し出しましたが、安珍は 人違いだと嘘をつき、清姫を相手にしようとしません。

これも結果論ですが、安珍はここできちんとした謝罪のうえ、清姫と一緒 になるなり、きっぱりと拒絶するべきだったのでしょう。清姫は悲しみの 余り、半狂乱になってしまい、やがて蛇の化け物になり、安珍を猛追します。

安珍は死に物狂いで逃げ、道成寺に逃げ込み、寺の僧侶らに事情を話しま した。僧侶らは鐘楼に吊ってあった梵鐘を下ろし、その中に安珍を隠しま すが、清姫の化けた大蛇は梵鐘に撒きつき、火を噴いて安珍を焼き殺して しまい、自身は入水自殺してしまいました。お終い(実際の説法では、こ の後、夫婦円満その他の在り難い和尚さんのお話が続きます。)。

この事件は、記録(?)に残っている限り、日本で最古・・・かは知りま せんが(未遂でよければ、イザナギ、イザナミの黄泉比良坂の件が最古の 事例として挙げられそうです)、おそらく最も有名なストーカー殺人事件 でしょう。

歌舞伎、謡曲等、様々な芝居の題材になっていて、道成寺ものというジャ ンルを形成しており、縁起堂にも様々な道成寺もののポスターが張ってい ました。

和尚さんの絵解き説法を聴き終えたら奥の宝仏殿に進みます。

道成寺の創建には複数の伝承があり、時期についてもはっきりしないそう ですが、遅くとも奈良時代前半には建立されていて、古い寺宝・仏像も少 なからず残っています。

その中で最も有名で、かつ特筆するべきものは、やはり国宝に指定されて いる平安時代の千手観音立像・伝日光菩薩立像、伝月光菩薩立像の仏像3 体でしょうか。

肉付きのよい、がっしりとした体躯の堂々たるお姿です(ご多聞にもれ ず、写真撮影禁止なので残念ながら画像はありません。)。ここで、あ れっと思われた方もいるかも知れません。

というのも、日光菩薩、月光菩薩は本来、薬師如来の左右を守る脇侍であ り、他の如来や菩薩につくことは基本的に無く、また、千手観音は単体で 祀られることがほとんどで、脇侍がつくことは、まず無いからです。
   
そういうこともあり、実のところ、この3体が1つのセットとして作成さ れたものか否かについては確証がなく、争いがあるとのことでした。

ちなみに奈良市の東大寺の法華堂では、千手観音ではありませんが、不空 羂索観音と日光菩薩・月光菩薩という組み合わせが見られます。

こちらについては、日光菩薩と月光菩薩が後になってから余所のお堂より 移されてきたのではないかとの説が有力なのだそうです。

大阪からはやや遠いですが、早起きをすれば余裕をもって日帰りできるは ずです。白浜温泉への行き帰りに途中下車をして立ち寄るのもよいかもし れません。

            
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2018年5月6日◇◆◇◆◇
▼唸声カナダ写真/トロントのスターバックスで店員に熱い液体をぶっかけた中国人
[cid:d8e658ef-a52b-44e2-b4d2-28abc6f4ae14]

写真は5/2午後7時に逮捕された中国人のQin Lei (42)/トロント警察より
http://torontopolice.on.ca/newsreleases/40891

3/30昼12時10分頃、スターバックスにアジア系の女が入店し、水を一杯頼んだが、店員に列に並ぶように言われ、腹を立てた女は店員に熱い液体をかけて店から出た。トロント警察では店内の映像から女の写真を公開、5/2にようやく逮捕。武器による暴行罪として捜査されており、カナダの刑法によれば、軽いと判断されれば、18か月以下の懲役もしくは5000カナダドル≒424千円の罰金、重いと判断されれば10年以下の懲役となる。

公開写真の隣に映っているのは自分の子供であり、その前で行った異常な行動はカナダ人からも中国人からも強く非難されている。6/13に裁判が行われるが、中国ではいまだに金の力でこうした非常識が許されてしまうのだろうか?そんなバカな!

事件現場のストリートビュー/ 1005 King St W #7, Toronto, ON M6G 1B9 カナダ
https://goo.gl/maps/a2xtKVeZc1K2

では、今週号をお楽しみください。
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12373769581.html
誕生日の音楽映像(ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンスト、ヴァイオリニスト、作曲家)
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12373725625.html
2018/5/6 唸声


 ◎米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ホワイトハウスは3日、中国によ る南シナ海の軍事拠点化を巡り中国側に懸念を伝達したとした上で、中国 の行動は相応の結果を伴うと表明した。

これに先立ちCNBCは、中国が南シナ海の3つの島に対艦巡航ミサイル と地対空ミサイルシステムを配備したもようだと報じた。

サンダース報道官は定例記者会見で「中国による南シナ海の軍事拠点化に ついては十分に認識しており、中国側に直接懸念を伝達した。それは短・ 長期的な結果を伴うだろう」と語った。

【写真】 5月3日、米ホワイトハウスは中国による南シナ海の軍事拠点 化を巡り中国側に懸念を伝達したとした上で、中国の行動は相応の結果を 伴うと表明。写真は上空から撮影された南シナ海の島。米海軍が2015 年提供(2018年 ロイター)
http://www.epochtimes.jp/reuter_img/2018/5/tag:reuters.com,2018:binary_LYNXMPEE43008-BASEIMAGE.jpg
【ロイター】 2018年5月4日 / 05:08 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎我が国の外交姿勢は、特に対アメリカとの貿易赤字問題では弱い。言 うべき事は真っ向から言わねば:前田正晶

4日の夜は見たいと同時に見るべき番組が多かったのだが、虚を突かれた ようなピンポンの世界選手権での南北合同テイームの結成による我が国の 女子代表選手たちが不条理に苦戦させられる有様に釘付けにされてしまっ た。その為に関心があったPrime Newsの対アメリカと中国の通商問題の討 論を見るのが中途半端に終わってしまったのはやや残念だった。

そこで先ずピンポンの方から入っていこう。私独特の深読みをすれば、彼 らROKとDPRKの両代表は準決勝で我が国と当たると知って急遽合同テイー ムを結成しようと決めて、ITTFだったかを何とか納得させて競技が進行中 に彼ら同士の対戦を避けて、世界的にも高水準にある両国の選手3人で我 が国の伊藤美誠、石川佳純と平野美宇に当てる作戦に出たと解釈してい る。何をしても対日無罪の筆法だろう。

特に石川佳純に当てたキム・ソンイ(DPRK)は大変な難敵で私は10対6と マッチポイントを握られた時には「最早これまでか」と諦めかけたほど だった。そこをひっくり返した石川の精神力には幾ら敬意を表しても足り ないくらいだった。兎に角、あの両国は、事相手が我が国となると形振り 構わずに無茶苦茶を仕掛けてくるようだ。その無法振りを認めた協会の姿 勢も大いに疑問だ。何が何でも勝って良かったが、男子は何故か単独の韓 国のテイームに負けてしまった。

懸案のPrime Newsだが、議論は思ったほどに強烈でもなく強硬派がいな かったのは意外だった。特に自民党の阿達雅志(東大卒→住友商事出身) の議論は生ぬるく何かに遠慮しているかの如くだったのは興味半減だっ た。私には中部大学の特任教授だったかの通産省出身の細川昌彦氏(灘高 →東大卒)が「80〜90年代の日本とアメリカの貿易摩擦の時代を経験した 者としては我が国対アメリカの交渉姿勢は弱い。もっと堂々とWTO違反と 訴えて出るべきだ」と指摘したのが最も良かったと思う。

これなどは当然言うべき事を普通に言っていただけで、何ら勇気があった 訳でも何でもないのだ。70年代から20年以上も対日輸出の第一戦にあった 私からすれば、我が国はというか政府も閣僚も、もっと直接的にアメリカ の輸出能力の低さと自らの非を認めずに何でも我が国の責任であるが如く に難癖を付けてくることの誤りを、論争と対立を怖れずに主張して然るべ きだと思っている。この点は指摘してやって当然の事柄である。

私はトランプ大統領が大統領として貿易赤字を削減しようと言われるのは 普通だし、特に間違っているとは思わない。だが、細川氏も指摘されたよ うに30年も前の貿易摩擦の時期に何あったのか、何故アメリカは大きな赤 字を抱えるようになったかをご存じで言っておられるとはとても思えない のだ。また、何かと言えば、デトロイトの詭弁を信じて「我が国が非関税 障壁を設けてアメリカ産の自動車を輸入しないのが怪しからん」と言うの は、自国の問題点を全く認識していないからこそ言える台詞だと思う。

私は何度「未だに左ハンドルの車しか作らない姿勢を反省もしていないの は不当である。ドイツを筆頭に欧州車が何故我が国で売れているかを知ろ うともしないのか」と批判し続けてきた。アメリカ人の表現では右ハンド ルの我が国の車は The steeringwheel is on the wrong side. となって しまうのだ。即ち、「ハンドルが誤った位置にについている」という観念 なのだ。対日輸出車には誤った位置に付けているのは自分たちだという自 覚がないのだ。輸出相手国の市場に合わせる意欲に欠けているのだ。

細川氏はこの件の締めくくりで興味深いことを言っていたのには同感だっ た。それは「もしも、我が国がそれではアメリカ産の車を100万台輸入し ましょう」と言ったならば、その場合に入ってくるのはアメリカで製造さ れたトヨタやホンダの車になることになってしまうぞ」だった。現に、所 謂逆輸入の車は入ってきている。私は細川氏の言を借りるまでもなく、政 府なのか経産省なのか、茂木大臣なのか知らないが、デトロイトに向かっ ては「貴方たちが如何に誤っているか」を怖めず臆せずに言って聞
かせるべきだし、ライトハイザーUSTR代表もこれくらいのことが解ってい ないはずはないと思っている。

私はトランプ大統領にいくら我が国から言うべき事を堂々と申し入れて も、我が国に対する姿勢は変わらないと思っている。それは側近からのブ リーフィングもご進講も不十分かも知れないし、大統領自身の経験と経歴 から考えても細川氏が言われる30年も前の貿易摩擦時代の実態は誤損じな かっただろうし、仮令聞かされても容易に理解できないだろうと思うから だ。それに大統領が抱えている中間選挙もあればロシア疑惑もあるし、女 性関係の醜聞もあるから何としても点数を稼ぐ必要があるのだ。

手っ取り早い例を挙げておくが、90年代に全アメリカ第2位の対日輸出会 社だった我がW社は、最早2000億円にも満たなかった金額の過半数を占め ていた紙パルプ製品部門から撤退してしまったので、昨年からはその分だ けでも赤字は増えていたのだった。これが無くなれば、アメリカ西海岸か らの対日輸出は激減するのだ。その分を誰がどうやって埋めるというのか。


 
 ◎「今こそ日本には、朝鮮半島に関わらない戦略が必要」−−朝鮮半島 を長きにわたり取材・分析してきた東京通信大学教授の重村智計氏は、こ う断言する。

               * * *

電撃的な米朝首脳会談の決定を受けて、日本の「乗り遅れ」や「置き去 り」を危惧する論調が目立つ。しかし、そうした声は日本と朝鮮半島の歴 史を全く理解していないゆえのものといえる。

歴史が教えるのは、「朝鮮半島に軍事的、政治的に深入りすると、日本 は必ず大失敗する」という事実だ。中国が必ず介入するからだ。

古くは660年、百済が滅びた後に朝鮮半島に介入した倭国(日本)は、 白 村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗を喫した。近世においては豊臣秀吉 の朝鮮出兵が大失敗に終わったこともよく知られる。いずれも、中国の介 入で大敗北した。

近代になり、“朝鮮半島は日本の生命線”との覚悟で臨んだ日清、日露戦 争では勝利を収めたが、戦争は列強の干渉を招き、日本が国際社会から孤 立する一因となった。その後の植民地支配もうまくいかず、日本は韓国と 北朝鮮からいまも恨まれている。

逆に日本が参戦しなかった朝鮮戦争では、戦中も戦後も「朝鮮特需」と いう大きな果実で経済が潤った。この戦争も中国の介入で膠着状態に陥 り、米国の実質的な敗北で終わった。半島国家である南北朝鮮はともに小 国であり、常に周辺国を巻き込んで利益を得ようとする。

冷戦時代、北朝鮮は文化大革命下の中国から独裁体制を批判されるとソ 連に接近し、デタント(緊張緩和)で米ソ関係が改善すると中国にすり 寄った。冷戦終結後の1990年代も、南北対話が上手くいかないと米朝交渉 に向かい、それがダメなら日本に秋波を送った。

こうした「振り子外交」は北朝鮮のお家芸だ。周辺国に「乗り遅れ懸 念」をまき散らし、自国に有利な状況をつくろうとする。

かつての日本は「乗り遅れ」と「置き去り」を怖れ、1990年の「金丸訪 朝団」をはじめ、渡辺美智雄氏(1995年)、森喜朗氏(1997年)らが競っ て北朝鮮を訪問したが、“援助”としてコメなどを奪われただけで日朝関係 は一向に改善しなかった。これもまた大きな教訓である。

【PROFILE】重村智計(しげむら・としみつ)/1945年、中国・遼寧省生 まれ。毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員な どを歴任。朝鮮半島情勢や米国のアジア政策を専門に研究している。『金 正恩が消える日』(朝日新書)、『外交敗北』(講談社刊)など著書多数。

●取材・構成/池田道大 (収録    中山)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
『中杉弘の徒然日記』
https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/
日本の支配者朝鮮人100人委員会
2018-04-30 00:00:00

政治評論家の森田実(1932年〜)さんは、2006年1月27日付けの森田実政 治日誌で『「権力の親衛隊」=忍者的仕掛け人集団の存在は本当か?それ は平成時代の「新撰組」か?動き出した右翼革命の中核部隊か?政権の末 期症状の一つか?』と書いています。

日本の情報をコントロールし、日本の政治を動かす政治権力の一種の「親 衛隊」が組織されているという情報があります。

(1) 「親衛隊」の構成は、官庁、巨大広告企業、各種報道機関、大企業、 大銀行、研究機関のメンバーと各種専門家などの約100名。ボスは現政権 の某中心幹部。

(2)性格は一種の情報機関。約100名のメンバーは諸々の情報を集めボスに 報告する。その情報をボスが分析し、攻撃すべき人物と彼に関するスキャ ンダル資料を集める。これを報道機関が一斉に報道する。そのほかの機関 も動き出す。ターゲットにされた人物はマスコミ報道によって葬られる。
 やっつける勢力を分析して、朝鮮人の立場で判断しているのです。これ らの構成員は、電通、新聞社の社員、放送局などの連中です。


この話によると日本は100人の朝鮮人により支配されているとわかりま す。この考え方はアメリカと同じです。アメリカはユダヤ人によって支配 されています。アメリカには約2千人のCFRのメンバーがいて、医者・ 弁護士・政治家・マスコミなどの人間によって構成されていて、これによ りアメリカの歴史はつくられているのです。これは裏組織です。FRBも 裏にユダヤがいて握っています。サンヘドリンともいいます。2千人の中 核になっているのは、300人委員会です。これが世界を動かしているので す。それを朝鮮人が真似をしたのです。真似たというよりも、「どうやっ て日本を支配するのか」と考えたときに、朝鮮人を使ったのです。


ユダヤ人が日本を直接支配するわけにはいきません。朝鮮人を使ってエー ジェントを増やしていったのです。その最初がA級戦犯である、岸信介・ 笹川良一・児玉誉士夫です。完全なA級戦犯です。岸信介は、満州で麻薬 を売って金をつくり、東条英機内閣を助けていた男です。これが戦犯にな らないわけがありません。そのようなことをやってきているのです。

GHQは、先祖を朝鮮人に持つ者に目を付けたのです。この連中をユダヤ の手先にしたのです。この3人を巣鴨のA級戦犯から解放したのです。 GHQは何の理由があってこの3人を解放したのか、理由など見当たりま せん。

GHQはこの連中をスパイにするために命を助けたのです。「お前達はア メリカのために働け!」という指令を出したのです。この3人が手に手を 取って日本を弱体化してきたのです。

 その3人は朝鮮人であるが故にGHQに助けられたのです。ということ は、「朝鮮人の人脈を使って日本を支配する」と言う構図を描いたのは GHQです。戦後、昭和23年頃まで朝鮮人は日本籍があったのです。戦 争に負けた後に、朝鮮に国ができたわけではありません。

 韓国の建国は1948年ですから、「朝鮮人はそれまでは何人なの か?」というと、朝鮮は独立していないから、日本人だったのです。朝鮮 人は「我々は日本人ではない。戦勝国である。何とか戦勝国にしてくれ」 とGHQに言ったのです。

 朝鮮人と日本人が戦ったことなどありません。一度も戦ったこともない 連中が、戦勝国になるわけがありません。すると、「第三国人と言わせて くれ。戦勝国でもない、敗戦国でもない第三国だ。第三国は戦勝国に準じ るという立場をくれ」と言い、GHQを認めさせたのです。その時点で朝 鮮人は「日本は占領した国である」という意識を持ち始めたのです。これ をわからないと朝鮮人の意識がわかりません。

この時点で朝鮮人は「日本人は戦争に負けたのだから、奴隷と同じだ。こ こを我らの国にする」という猛烈な勢いがあったのです。その当時の新聞 によれば、朝鮮進駐軍という腕章を巻いて、日本人を6千人殺したと言う のです。

日本の警察は敗戦国だから拳銃や武器を一切持っていません。朝鮮人が警 察署を襲って、朝鮮進駐軍という腕章を巻いて、警察署長や警察官を逮捕 したのです。警察官を逮捕して留置所に入れてしまったのです。警察署長 が「助けてくれ!」と言うと、朝鮮進駐軍が「うるせえ!」という関係に なってしまったのです。

警察官に武器は一つもありません。そのような状況が続いて、日本人が6 千人も殺されたのです。当時の新聞を見れば朝鮮人の殺人事件がたくさん 出てきます。このような考えですから朝鮮人が税金など払うわけがありま せん。これが朝鮮人の原型です。

朝鮮人は「敗戦国日本を占領したのだ」と思っているのです。「今のうち だから土地でも何でもかっぱらってしまえ。土地の持ち主などぶっ殺 せ!」と言って、新宿の歌舞伎町は朝鮮人のものになったのです。

朝鮮人がお金を出して土地を買うわけがありません。日本人をぶっ殺して 土地を奪い、「俺たちの土地だ」と言ったのです。全国の駅前通りは、朝 鮮人の土地です。銀座も新橋もそうです。ちょうど、占領軍と同じように 日本人を見下ろして、「ジャップ! 静かにしろ、この土地はもらってい くぞ!」ということです。

僕は横浜市の出身ですが、横浜市にはそのようなところが沢山ありまし た。山の上は朝鮮人が占領していたのです。そこに家を建てたのですが、 誰が持っていた土地かわかりません。今でもそれが続いているのです。日 本人をぶっ殺して土地を奪ってしまったのです。

この意識構造が、戦後の朝鮮人の意識構造の中心的なものなのです。朝鮮 人はどこにも「お可哀想」などという意識はありません。「俺たちは日本 を占領しているのだ」と思っているのです。

第三国人とは、差別用語ではなく、朝鮮人が自分たちと日本人を区別する ために言ったのです。「俺たちは第三国人である。治外法権であるから、 日本の法律は及ばない。日本の税金を払う必要はない」ということです。 これがずっと続いているのです。

神奈川県では税務署員が何人も朝鮮人に殺されているのです。税務署に怒 鳴り込んできて、「戦勝国である第三国人に税金をかけるとは何事か、思 いしれ!」と税務署員を殺したのです。

朝鮮人が来ただけで「怖くてもう税金を取れないな」こうなってしまい、 その流れがパチンコの無税です。土井たか子(李高順)という朝鮮人が 「お可哀想な朝鮮人がパチンコをやってもいいでしょう!」とウソを言っ たのです。お可哀想ではありません。本当は「占領国の朝鮮人が日本でパ チンコくらいやってもいいでしょう。何故、日本政府が口出しするの だ!」このような考えです。「税金は一切払わない!」とやったのです。

税務署も困り果てて、これでは日本人にとって不公平になってしまいま す。名目上の税金を取る代わりに、総連と民団に相談して「税金を取って いいでしょうか?」と相談したのです。そうしないと税金が取れません。 総連や民団は通帳を見て「5万円でいいだろう」と、このようなことを やったのです。それで何百万円の利益を上げて、北朝鮮に送金していたの です。

これが今でも続いているのです。これが組織化されてきて、100人の朝鮮 人に整備されてきたのです。裏組織をつくり、日本をコントロールしてい るのです。

この流れと統一教会の日本支配の流れと同じ流れです。統一教会の朝鮮人 と日本の実業界の中に入り込んでいる朝鮮人が裏で結託しているのです。 合言葉は「日本人は奴隷である。日本人は土人である」と言うのです。こ れが合言葉です。

これで朝鮮人が何を考えているかわかったでしょう。この意識構造がわか らないと朝鮮人が何をやっているのかわかりません。日本人を差別してい るのは朝鮮人です。「朝鮮人と差別してはいけないでしょう!」と創価学 会のオバチャンは言いますが、差別しているのは朝鮮人です。

「俺たちは戦勝国民であるから、日本を治める権利がある。日本に税金を 納める必要はないのだ。税務署の野郎がグダグダいうのではない。俺たち は戦勝国だぞ。第三国人の腕章が見えないのか!」ということです。

さすがに第三国人は引っ込めましたが、地下に潜っただけです。それが自 民党を支配しているのです。朝鮮人様には逆らえないのです。だから、安 倍さんも寸止めで「変だな」と思っていたのです。もう一歩突っ込めばよ いのに、止めてしまうのです。

その朝鮮人どもが日本を支配しているのです。石原慎太郎は、2000年4月 9日に陸上自衛隊練馬駐屯地で、陸上自衛隊第一師団の創隊記念式典に参 加して挨拶をしました。

その中で石原慎太郎が第三国人の問題に触れたのです。一言言っただけで 「だまれ、差別主義者!」と言われて、反発がひどかったのです。あまり にも反発がひどいので、石原慎太郎も黙ってしまったのです。

もうすでに朝鮮人の100人委員会が働いていたのかもしれません。彼らは 逆にとって「第三国人とは差別用語である。こんなことを言うのは許さ ん!」と言っているのです。

本当は「第三国人」と称して、日本で暴れまくり、日本人を殺しをして土 地を奪い、やりたい放題やってきたことを思い出してもらっては困るので す。だから石原慎太郎の発言を封じて「そんなことはなかったのだ」と言 うのです。

 朝鮮人は今、日本人のことを「土人」と呼んでいます。彼らが支配する 土人という意味です。アメリカはインディアンを殺して白人の国にしまし た。本来、立派な文明があったのです。それを、しかとして排斥してきた のです。それと同じ構造です。

朝鮮人には完全に日本を乗っ取ったという意識があるのです。小泉純一郎 という朝鮮人が総理大臣になったのです。竹下登も朝鮮人だと言われてい ます。

経団連会長の榊原定幸は崔定征という朝鮮人です。朝日新聞の元社長の木 村伊量は朴伊量という朝鮮人です。もう完全に日本は朝鮮人に乗っ取られ ているのです。150人の朝鮮人の代議士がいます。何をやっているので しょう。

自衛官に怒鳴られた小西洋之も朝鮮人だと言われています。勉強さえでき れば朝鮮人でも官僚になれて、国会議員にもなれるなど、間違っているの です。大事なことは「国家とは何か?」ということがわかっていなければ いけません。

それが何もわかっていない日本籍朝鮮人が東大を出て、高級官僚になっ て、要所要所に朝鮮人が埋め込まれているのです。前川元文部科学次官も そうです。「竹島は日本の領土である」という文言を教科書から消してし まったのです。変なことをやっています。

「朝鮮人の魔がどこまで深く入っているのか?」ということをよく勉強し て考えていかなければいけません。もうすでに手遅れかもしれません。貴 方も土人、僕も土人、周りにいる日本人はみんな土人なんだってよ! み んな、土人らしくしようよ。支配者階級面をしている連中を追い出さなけ ればいけません。日本土人よ、真実を知って団結しよう!
(収録 中山)

 

 ◎18年4月の新宿区の人口は対前月比0.18%増加して342,867人となっ た:前田正晶

4月5日にこの新宿区の人口の変遷を採り上げたが、今月のこの集計との間 に遂に言うべきか矢張りかは知らないが、ここ百人町で2件の強盗事件が 発生しテレビでも報道された。そのうちの1件は中国人が犯人で何百万円 だったかを強奪したのだった。私はこれまでに何度か「これほど多くの国 から外国人が押し寄せてこの界隈に居住していながら、未だに彼らによる 刑事犯罪が起きていないのは偶然か僥倖か、または彼らが自粛しているの か」と述べてきた。

もしかして、その強盗事件以外にも我々には知らされない程度の小さな犯 罪が生じていたのかも知れないが、この地区の治安に対する不安感が現実 のものとなったのは非常に遺憾である。しかも、政府は昨年の訪日外国人 の実績である2,900万人超えを目指している由だから、犯罪が多発しかね ない要因を自発的に増やすことになるのではないかと怖れている。言うな れば「何事にもコインには両面がある」と指摘しておきたい。

私は最早日常茶飯事であると、何処の国から入ってきたかも解らない非白 人系の外国人が増える一方である事に何も感じなくなってしまった。だ が、このような傾向が「我が国が彼らに甘く見られ、イスラム横町に見ら れるように好き勝手に侵食されていくのを見れば、習近平の中国が我が国 の属国化を企図しているという観測には具体性があるだろう」と感じざる を得ないのだと悲観的に捉えている。

中国人の若者は大声で喚きながら我が物顔で大久保通りを歩き回っている のは相変わらずだし、それに続くのが暗い表情にしか見えないのが特徴で あるイスラム教圏内の者が多いのである。毎回同じ事しか言えないが、業 務スーパー「河内屋」では四六時中異邦人が大量に買い込んでいく勢いに は「この店は何の為に、誰の為にあるのか」と疑問に感じてしまう。「売 れさえすればお客が誰かは問題ではないのか」とすら思う。

我が家の近所の区営の公園では「球技を禁じる」との看板がありながら、 韓国人の若者たちはしょっちゅうフットサルや、ネットを張ってサッカー とヴァレーボールを混合したような球技をやっている。彼らが看板の日本 語が読めないのか規則を無視しているのかの何れだろう。あのような振る 舞いを取り締まる責任者は新宿区なのか、または警察か。何れにせよ放置 すべきではないだろう。

4月には区全体の人口は609人増加して342,867人となった。その中で日本 人は1,075人の増加で、301,163人となっていた。外国人は466人の減少で 41,704人となり、総人口に占める率は12.2%と対前月比で微減だった。外 国人はここ数ヶ月間をずっと12%台を維持している。

百人町/大久保界隈を東京都内どころか都外からも買い物目的で訪れるイ スラム教徒は増加する一方であると感じている。それは取りも直さず我が 国に流入してくるイスラム教徒が増えていることだと解釈している。私に は彼らが我が国の単純反復労働人口の増加に貢献しているとは到底思えな い。

彼らは我が国の暮らしやすい環境と整備されたインフラに只乗りして い るだけだと思っている。極論を敢えて言えば「トランプ大統領のように 彼らの入国に制約を加えるべき」だと思う。政府は彼らが我が国に来て中 国人のように買い物をする余裕があるかを良く考えるべきではないか。

私はアジア系という表現を用いているが、その中でも圧倒的に多いのが中 国人である。区内に居住する外国人の中でも中国人が第1位を占めてい る。次はベトナム人だそうだが、彼らの多くは元はと言えば中国人という か華僑である。これも極論だが「同じ穴の狢」だ。政府も好い加減に「彼 らに食い物にされている」と目が覚めても良い頃ではないか。

私は我が国の政府も一般人も外国人に対して甘過ぎるというか、有り難が るというかその必要もない敬意を表しすぎると思っている。私は観光で来 る連中は兎も角、居住しようと狙ってくる連中は自国で受け入れて貰えな い「食い詰め者だ」と決めつけている。

ここでも換言するが、そういう連 中に対して余りにも無防備ではないか とすら危惧している。先進国ではな いところから若者を幾ら観光客とし て招いても、我が国の経済には何らの 貢献をする訳がないと断じたい。

政府には少しはこういう負の面を考慮し て貰いたいと思う。トランプ大 統領は何処の国を指すのか知らないが、 「我が国を長い年月利用してき た」と言っておられた。我が国にもこれと 同じ事を言う順番が回ってき ているのではないか。

参考資料: 新宿区広報しんじゅく 平成30年5・5



 ◎中国、南シナ海にミサイル配備か 外務省は確認避ける

【5月4日 AFP】中国政府は3日、ベトナムやフィリピンなどとの係争が続 く南シナ海(South China Sea)について、中国は同海に「国防」設備を 建設する権利を有すると改めて主張する一方、中国が同海の人工島に新た にミサイルを配備したとの報道については確認を避けた。

米経済専門局CNBCは2日、米情報機関に近い筋の話として、中国軍が対艦 巡航ミサイルと地対空ミサイルを南沙諸島(スプラトリー諸島、Spratly Islands)にある複数の軍事基地に配備したと報じていた。同局は、配備 が行われたのは過去30日間のことだとしている。

報道内容が事実なら、戦略的要衝である同海の周辺諸国との間で緊張が再 燃する恐れがある。

中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官は3日の定例記者会見で、ミ サイルの配備について事実関係を明言しなかった。

同報道官は「必要な国防設備の配置を含め、中国による南沙諸島での平和 的な建設活動は、中国の主権と安全保障の保護を目的としている」とし、 「(主権を)侵害する意図がない者に心配する理由はない」と述べた。(c)AFP

【写真】 南シナ海で各国が領有権を主張する海域(右下図)と、同海の 南沙(スプラトリー、Spratly)諸島に保有する基地・駐屯施設。米テレ ビ局CNBCは、中国が同諸島のファイアリークロス礁(Fiery Cross Reef、 中国名:永暑礁)、スービ礁(Subi Reef、渚碧礁)、ミスチーフ礁 (Mischief Reef、美済礁)にミサイルを配備したと報じた。(c)AFP
<http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/6/700x460/img_2607ea6f62d6d0d4df68d37946b028a3141851.jpg>http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/6/700x460/img_2607ea6f62d6d0d4df68d37946b028a3141851.jpg
【AFP】 2018年5月4日 7:32 北京 〔情報収録 − 坂元 誠〕


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

6日の東京湾岸も快晴。


5日の東京湾岸は快晴。家人を乗せた車椅子を転倒防止用にして近くの都 立猿江恩賜公園を散歩した。隣の第3亀戸中学校は土曜で休み。無人の校 庭芝生だけが照りつける太陽に緑に反射していた。国民の祝日『こど も の 日』とあって国旗をかかげている。プールの水は茶色に腐っている が 消防 当局の要請とかで貯めたままである。

メイルマガジンの編集も終わり、することも無く鶴田浩二のCDを聴いて居た。

鶴田 浩二(つるた こうじ、1924年(大正13年)12月6日 - 1987年(昭和62 年)6月16日)は、日本の俳優、歌手。本名は小野 榮一(おの えいい ち)。兵庫県西宮市出生。静岡県浜松市出身。昭和を代表する映画スター として数多くの映画やドラマに主演した。また、歌手としても多くのヒッ トを出し、独特の歌唱法でも有名だった。ウいき

                         読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。