政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4674号  2018・5・3(木)

2018/05/03

                                  
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4674号
□■■□──────────────────────────□■■□


      2018(平成30)年5月3日(木)



               パワハラについて:川原敏明

      加計問題巡る首相への「嘘つき」批判:櫻井よしこ

                お邪魔虫共産党:渡部亮次郎      
                            
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4674号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━
パワハラについて
━━━━━━━━

  川原 敏明

最近、時折耳にするパワハラという言葉、なんとなく判っているような、
 判っていないような?・・・そこで、今回、少し、まとめてみます。

パワハラとは何か?

国では、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職 場内の優位性を背景に、業務の適正な範 囲を超えて、精神的・身体的苦 痛を与える又は職場環境を悪化させる行 為」としています。

類型的には、

 (1)物理的攻撃(暴行)
 (2)精神的攻撃(脅迫、暴言、名誉毀損、侮辱)、
 (3)人間関係からの切断(隔離、仲間外し、無視)、
 (4)過大な要求(業務上明らかに不要・不可能なことの強制)仕事の妨害 、
 (5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の
  低い仕事を命じること、仕事を与えないこと)、
 (6)プライベートへの過度の干渉
 等が挙げられます。

ただし、業務上必要な指示や注意・指導の場合には該当せず、
「業務の適正な範囲を超えるものであること」に注意が必要です。

では、このような被害に遭った場合、どうしたらいいのでしょうか?

 1 まず、証拠を残すことが重要です。
   いつどこで誰が何をしたのかを記録しましょう。
   裁判時に必要となる他、種々の相談をするときにも、証拠が必要と なるからです。

   同僚の目撃証言なども証拠にはなりますが、いざというときに、
   協力を得られない危険があります。メモもいいですが、録音(秘 密)がお勧めです。

 2 会社の窓口(人事担当者等)、あるいは、労働局等の労働相談コー ナーに相談する。
   誠実な会社・担当者であれば、解決するかもしれません。

 3 それでも解決しない、パワハラをした上司等あるいはそれを放置し た会社に謝罪や
   損害賠償を求めたいという場合には、弁護士に相談しましょう。

         

━━━━━━━━━━━━━━━━━
加計問題巡る首相への「嘘つき」批判
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

「加計問題巡る首相への「嘘つき」批判 重要政策の反転こそ天に唾する ものだ」

4月10日、「朝日新聞」が朝刊1面に「加計巡り首相秘書官」「面会記録に 『首相案件』」の見出しを掲げて報じた。3年前の2015年4月2日、愛媛県 及び今治市の職員と加計学園の幹部が(首相官邸で)柳瀬唯夫首相秘書官 (当時)と面会し、その際柳瀬氏が「本件は、首相案件」と述べたという のだ。

4月11日、国会では右の「職員メモ」を巡って激しい質問が飛んだ。「希 望の党」代表の玉木雄一郎氏は、安倍晋三首相を「嘘つき」と批判した。

尋常な批判ではない。安倍首相が、「嘘つきと言うからには、その証拠を 挙げていただきたい」と反論したのは当然である。こうした国会の状況 を、前愛媛県知事の加戸守行氏は憤りを込めて批判する。

「加計学園獣医学部新設問題の本質をなぜ見ないのでしょうか。岩盤規制 を切り崩そうとした安倍政権と、それを守ろうとした文部科学省や日本獣 医師会の闘いだったのです」

中村時広愛媛県知事は冒頭のメモは確かに県の職員が作成したもので、自 分は職員を信じていると述べた。一方県庁の役人に「首相案件」と述べた とメモに書かれた柳瀬氏は、これを明確に否定した。「朝日」に寄せた氏 の反論のポイントは以下の通りだ。

●2015年4月当時は50年余りも新設が認められていなかった獣医学部の新設 をどうするかという制度が議論されており、具体的にどの大学に適用する かという段階ではなかった。

●実際、その後「石破4原則」が決定、具体策の検討が開始された。

●翌、16年11月に獣医学部新設が国家戦略特区の追加規制改革事項として 決定された。

●具体的地点(大学)の選定は自分が首相秘書官の職を離れてかなり時間 が経って始まった。

●従って、自分が(15年4月段階で)首相案件だという具体的な話をするこ とはあり得ない。

獣医学部新設を申請していた当事者の加戸氏は次のように語る。

「私たちは政府に獣医学部新設を15回も申請して15回全てはねられた。内 5回は、安倍内閣によってはねられたのです。安倍さんに『首相案件』だ という気持ちが少しでもあれば、加計学園の獣医学部新設はもう何年も前 に実現していたはずです。加計学園が獣医学部新設を認めてもらえたの は、国家戦略特区諮問会議に民間の有識者が委員として参画し、彼らが既 得権益にしがみつく獣医師会と文科省の抵抗を打ち砕いたからです」

諮問会議は一連の審議には一点の曇りもないと発表している。では「職員 メモ」をどうとらえればよいのか。加戸氏の説明だ。

「面会日は2日、メモ作成は4月13日、実際の面会日の11日後です。記憶に 基づいて作成したことがうかがえます。実際の会話のニュアンスがどの程 度正確に反映されていたかも考える必要があります。柳瀬氏は否定してい ます。私も官僚でした。その体験から考えて、柳瀬氏はどぎついことなど 言っていないだろうと思います」

この職員メモには下村博文氏が、安倍首相、加計孝太郎氏と食事をした際 に語ったとされる言葉も出てくる。それを下村氏は「迷惑だ」と否定した。

「『職員メモ』には首相や加計氏と私が三人で食事したと書かれています が、そのようなことは一度もありません。従って発言もありません」

玉木氏らは首相を「嘘つき」と国会で非難したが、玉木氏以下、全員が、 小池百合子氏の下に走ったとき憲法改正にも安保法制にも賛成すると誓約 した。いま彼らは民進党に戻る中で、これら重要な政策について再び反転 しようとしている。もしそのようなことが現実となるならそれこそ、「嘘 つき」であろう。玉木氏の首相非難は、まさに天に唾するものであろう。

『週刊ダイヤモンド』 2018年4月21日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1228 

       
  
━━━━━━━
お邪魔虫共産党
━━━━━━━


    渡部 亮次郎

中国では幹部でも汚職がばれれば死刑になる。それでも幹部の汚職が引き もきらない。いくら共産主義に共鳴しても、私欲とは人間の本能に等しい ものだからである。

こうした目で中国を見ていれば、共産党が政権を掌握している限り人権尊 重や政治の民主化なぞは絶対実現しないと思うのが普通だが、経済 の改 革開放が進むのに比例して民主化が進むはずだと考える人々がいる。 特 にアメリカの人たちに多い。

中国が何故、共産革命に成功したか。それは国家権力を手中にしようとし た毛沢東の策謀が成功したからである。国家の形態は何でも良かったが、 とりあえず貧民が国民の大多数だったので、「金持ちの財産を分捕り、皆 で平等に分配しよう」と言う呼びかけに合致したのが共産主だった。

共産主義政府の樹立が毛沢東の望みではなかった。真意は権力の奪取だっ た。日中戦争の終結で、日本軍の放棄して行った近代兵器を手中にして蒋 介石と国内戦争を続けた結果、蒋介石は台湾に逃亡した。毛沢東は昭和 24(1949)年10月1日、中華人民共和国建国を宣言した。

人民も共和も中国語には無い。日本語だ。畏友加瀬英明氏の説明だと、中 国語には人民とか共和と言う概念が無いのだそうだ。北朝鮮はそれに民主 主義が加わって嘘が深化している。

権力は掌握したが、人民への約束を果たす手段が無い。とりあえず人民公 社と大躍進政策が当時のソ連をモデルに実施したが、農民は生産意欲の低 下とサボタージュで抵抗。

結果として食糧不足に陥って各地で飢饉が発生。餓死者は1500万人から 4000万人と推定されている(「岩波現代中国事典」P696)。

毛沢東の死(1976年)後2年、失脚から3度目の復活を遂げていたトウ小平が 経済の開放改革を断行。開放とは日本など外国資本の流入を認め、改革と は資本主義制度への転換を意味した。

4つの近代化を掲げたのだ。工業、農業、国防、科学技術の近代化であ る。今のところ実現に近付いているのは軍事の近代化である。

トウ小平は政治の近代化だけは断乎として拒否した。肥大化した経済が政 治(共産政府)を圧倒する危険を回避したのである。だから第2天安門事件 には反革命の匂いを嗅ぎ、断乎、弾圧した。

しかし発展する資本主義にとって共産党政府による様々な統制は邪魔以外 の何物でも無い。工場用地の確保一つとってみても、土地すべての国有は 障害でしかないが、自由にならない以上、共産党幹部を「買収」する以外 に方法が無い。

したがって多発する共産党幹部による汚職事件はいわば構造的なことで あって、客観的にみれば「事件」ではなく「日常茶飯事」に過ぎない。

しかも冒頭に述べたように「私欲」は本能のようなものだ。所有を否定す るのが共産主義の思想でも「本能」には勝てっこない。つまり共産主義体 制化で経済だけを改革開放すれば汚職簸自動的に起きるし、共産党幹部に すれば、現状を変更するメリットは全く無いわけだ。

汚職は時たましか発覚しない。摘発で死刑になるのは不運な奴で政府の知 るところではないのだ。かくて中華人民共和国政府は汚職にデンと腰を下 ろした政権。民主化を抑え、人権無視の批判など絶対耳に留めない。耳が 左右に付いているのは右から聞いたら左から逃す為にあるのだ。2010・12・5


        
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


 ◎安倍首相、米仲介受け入れ促す=中東和平でパレスチナ議長に

【ラマラ(ヨルダン川西岸)時事】安倍晋三首相は1日、パレスチナ自治区ラマラの議長府で、パレスチナ自治政府のアッバス議長と会談した。首相は中東和平をめぐり、イスラエルとパレスチナ国家が共存する「2国家解決」を支持する立場を表明。「米国の役割が不可欠であり、米国から提案があれば向き合うべきだ」と和平交渉への復帰を呼び掛けたが、アッバス氏は「非常に厳しい状況だ」と述べるにとどめた。

パレスチナは、トランプ米大統領が昨年、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、エルサレムへの大使館移転を決めたことに強く反発。米国の交渉仲介を拒み、多国間の枠組みによる和平実現を求めている。

首相は、日本政府は大使館移転を考えていないと説明。同時に、パレスチナ支援策「平和と繁栄の回廊」構想事業の推進によって当事者間の信頼醸成に努める考えを強調した。アッバス氏は構想について「パレスチナに希望を与える。今後も協力する」と謝意を示した。

【関連情報】 シリア難民対策に16億円=安倍首相、ヨルダン国王と会談
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050100724&g=pol
【写真】 パレスチナのアッバス議長(右)と会談に臨む安倍晋三首相=1日、パレスチナ自治区ラマラの議長府(EPA=時事)
<https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&amp;k=2018050200144&amp;p=0180502at03&amp;rel=pv>https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&k=2018050200144&p=0180502at03&rel=pv
【時事通信】 (2018/05/02-06:22) 〔情報収録 − 坂元 誠〕

 

◎UKの賭け屋は気が早すぎないか:前田正晶

報道によれば、UKでは既にノーベル平和賞受賞候補の筆頭に文在寅大統領 と金正恩委員長が挙げられており、2番手がトランプ大統領となっている そうだ。専門家の論調では期尚早だということだ。ミシガン州で講演した トランプ大統領は多くの支持者の「ノーベル」という大合唱に満更でも ないような顔付きでThank you. と言ったし、自らも Nobel とも言われ たように聞こえた。

当方はこの賞に余り関心がないので、歴代の受賞はと言われても金大中元 大統領だのオバマ大統領を直ぐに思い浮かべることが出来る程度だ。だ が、少なくともこのお二方がどれほど受賞に値するだけの平和に対する積 極的且つ具体的な貢献があったかと言えば疑問だらけだと思う。寧ろ「平 和」という抽象的な観念に対して貢献があったのではないかとすら思わせ てくれるのだ。

ところで上記のお3方だが、もしも3〜4週間以内の開催とトランプ大統領 が語られたUSA対DPRKの初の首脳会談がアメリカ側が予定したようなCVID までを金正恩委員長に確約させて関連する世界の諸国を安堵させ、それに 加えて我が国がアメリカ政府に再三再四願い出ていた拉致被害者の奪還も 実現するような結果を出されて初めて「大成功だった」との評価が成り立 つのではないのだろうか。授与の検討などはそこから先のことではないのか。

私はトランプ大統領が金委員長の微笑み外交の底意を読み切って駆け引き を蹴散らされ、アジェンダ通りの成果を挙げられ、間違っても席は蹴って 立たれることがないことを切に望むものだ。言うまでもないことだとは思 うが、決裂となった場合には大統領の側近におられる新布陣は名うての対
DPRK強硬派であるから、如何なる事態が起きるかは予測に難くないのだ。 私はそれを望んでおられる方々がアメリカ連邦政府の中でも共和党内でも それほど多くないと希望的に観測している。

トランプ大統領へのノーベル平和賞云々は、あの会談が上手く行き、何年 を要するか知らないがCVIDが実現するか、その道筋が目に見えた時に俎上 に登るべき事だと思うのだ。受賞という意味では南北首脳会談を兎に角実 現させ、その前にトランプ大統領と金正恩委員長の会談への段取りを整え た文在寅大統領の方に多少以上の確実性が見えるかという気もする。一方 の金正恩委員長は叔父でもあった張成澤、異母兄の金正男を始めとして多 くの側近を粛清した所業が平和賞に相応しいとは到底思えないのだ。

だが、ノーベル平和賞云々は兎も角、トランプ大統領と金正恩委員長の会 談が一度で全てが決着するとも予測しがたい面が多々あるかと思うので、 速戦即決がお好みのように感じさせられるトランプ大統領が「急いては事 をし損じる」ことなきよう、腰を据えて金正恩委員長を説得して頂きたい ものだ。トランプ様には一度で結論に達しなければ場所を改めてでも、世 界の安全保障の為をお考え頂いて、何度でも会談をして頂きたいものだと 思う。受賞も自己陶酔もその先のことではないかな。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━
3日の東京湾岸は朝は雨。

散歩する近くの都立猿江恩賜公園では2日、芍薬が咲いていた。季節はや がて梅雨が来て灼熱の夏が来る。

昔、アメリカのワシントンDCを歩いていたら真夏なのに毛皮のコートを着 た女 性に出遭った。アメリカのだだっ広さを痛感した。

翻って2日の東京湾岸は曇り。夜には雨らしい。退院以来、晩酌の麦焼酎 が美味い。入院中は眠りをもっぱら睡眠薬に頼っていた。逆に言えば、 その分『休肝』になっていたわけだが。下戸の家人は私の飲酒を厭がって いる。

わが人生の師外務大臣園田直は大東亜戦争からの復員後を「御釣り」の
ようなもの。いかなる事態も恐ろしく無いといっていた。数々の死線を
くぐって帰還すればそういう心境に至るであろう。

平和の時代に生きる我々は幸せではあるが薄っぺらな人生と言わざるを
得ないだろう。幸せだが不幸でもある。

戦争を全く知らず芝生に遊ぶ中学生たちには人生の如何なる試練が待って いるのだろうか。余計なお世話だが案ずる。

                         読者:5576人
              






        


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/03

    地球を支配する一族にコケにされたら、さすがの我々も目覚め、怒りがこみ上げる。自分たちは、病院に行かず、医者を寄せず、薬も飲まない。それで目のくらむ医療利権を独占してきた。それならば、我々はどうしたらいいのか? 

    見習うだけでよい。「検査を受けない」「薬は飲まない」「病院には行かない」「医者を近づけない」 

    68歳になるが髪は黒々、肉体は筋骨隆々で、健康そのものだ。それもこの4点セットを守っているからだ。それでも病気になった時は、「食うな」「動くな」「寝ていろ」?これで治る。野生の動物はみんなそれで治している。わかりやすく言えば「断食」(ファスティング療法)である。断食は万病を治す妙法である。だから食べないだけで、病気も怪我も治る。



     なぜ断食で万病が治るのか? 「万病のもとは体毒だからである」 食事を断てば、排泄のみとなり体毒は速やかに排毒される。この簡単な理論が、現代医学の先生方は理解できない。ただ「餓死します」とヒステリックに叫ぶのみ。頭の中には砂利が詰まっている。



     断食で病気が治るメカニズムは次のとおりである。1自己浄化→体毒の排毒で身体はクリーンになり理想的状態となる。2病巣融解→最も病んでいる病巣が融解して体外に排毒される。3組織再生→病巣が融解排毒されていった後に新しい組織が再生する。



     欧米では、断食をメスのいらない手術だと、排毒効果と治癒効果を絶賛している。現代医学に疑問を抱いている世界中のドクターたちは、断食の効果に驚嘆している。すでにロシアでは、全国の病院でこの断食療法を採用している。



     癌の正体そのものが体毒の塊である。血液が汚れて敗血症を発症し、急死するのを防ぐために体毒を1か所に集めて血液を浄化する目的で発生したのが癌だ。第2の目的は患者の延命装置である。敗血症で数日で死ぬところを数か月、数年と延命させてくれるありがたい存在なのである。



     「新医学宣言」。断食(ファスティング) 波動(バイブレーション)の2本柱である。現代医学はウィルヒョウ以来、「自然治癒力は存在しない」と言う妄信に毒されている。波動医学は生命の根本理論に根差している。それはあらゆる組織、器官、臓器には固有の周波数があるという真理である。受精卵が様々な器官に分化し、1個の生命体となる。まさに生命の神秘である。そのメカニズムはいまだに解明されていない。しかし、波動医学を理解すれば、極めて簡単な現象なのだ。受精卵が分割した胚細胞に、各々組織、器官、臓器の固有周波数の刺激を与えれば、胚胞は、その組織、器官、臓器に変化、成長していく。それは傷が自然に治るメカニズムも解明している。傷ができると、切り傷の面に神経細胞ネットワークが形成される。その1次波動刺激で傷口の体細胞は万脳細胞に戻る。次に2次治癒の各々異なる周波数が流れ、万脳細胞は、その刺激で皮膚、肉、神経、骨、血管・・・・などの組織、器官の体細胞に変化していく。こうして切り傷は完全に自然治癒するのだ。現代医学は、こんな簡単な事実さえ無知なのである。



     東洋医療は、すべてこの波動医学を応用したものだ。最新医療機器にしたものが「メタトロン」などの波動測定・治療装置である。病んだ臓器は固有周波数からズレた波動を発している。だから、センサーでそのズレを感知すれば、病気の程度が測定できる。さらに、装置からその臓器の正常周波数を送り込んでやれば、共鳴現象で臓器は正常に戻る。つまり、瞬時に「診断」と「治療」ができる。



     黒魔術の現代医学は、すでに崩壊が始まっている。それに代わる近未来医学は「断食」と「波動」しかない

    医者は、不要な投薬、手術、治療などで儲けようとする。つまり、薬漬け、手術漬け、過剰治療になるのだ。これもロックフェラーが仕掛けた。



     医大を卒業して病院勤務する。その時彼らは愕然とする。年収は500万円から多くて800万円である。普通のサラリーマン並みの給料しかもらえない。では開業医はどうか? その年収が年々急速に減っている。つい最近まで2500万円だった年収が、1000万以下の開業医も多い。そして、開業医の8割は赤字に転落している。有名大学病院ですら、もはや倒産寸前だ。東京女子医大病院は赤字22億円で、危機的状況に追い込まれている。医療事故をきっかけに2年間で19万人もの外来患者が減った。医師への給料も払えない。だが、これは女子医大だけの問題ではない。背景には、医療制度の構造的な問題がある。日本医大病院も倒産寸前だ。その赤字額は158億円である。もはや倒産はカウントダウン? なにしろ国立大学病院の8割、全国病院の4割が赤字なのだ。それもこれもウィルヒョウの呪いだ。患者が病院は「生かす所ではなく、殺す所」と言う真実に気付き始めたからである。死神が獲物を待つ死の教会という名の病院に、近寄る者はいない。そして2017年3月20日、現代医療を支配してきた魔王ロックフェラーが死んだ。



     病院の赤字転落は加速される。医者の収入は激減する。多くの病院は倒産する。医者の失業は加速する。

  • 名無しさん2018/05/03

    土俵上の女人禁制を守れ!相撲は豊作祈願の神事で土俵は祭場・マスゴミの狙いは女系天皇=皇統破壊

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7064.html

    枝野幸男代表・突然キレル。

     政治家としてよりも人間として残念な人。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53278383.html

    島津斉彬

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E6%96%89%E5%BD%AC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi_ga3cgubaAhULi7wKHdbMAywQ_AUICigB&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    史上最悪の殺人鬼『毛沢東』

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/045d41f1a6afcb7c66c0d7944d5b6796?fm=entry_awp_sleep

    人気No1!イケメン大天使ミカエルの素顔を根掘り葉掘り解説 

    http://michirich.com/michael/

    ロシア対外情報庁

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%AF%BE%E5%A4%96%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%BA%81

    「パキシル」などの「添付文書」の副作用欄には「不安」「焦燥」などが明記されている。つまり患者の「不安」は解消されるどころかますます悪化する。

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11903060147.html

    ウソの朝日新聞と放送法第4条撤廃!DHC????田会長 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

    洗脳されてる事に気付いてないですね?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

    戦国時代の真実

    http://cbn.la.coocan.jp/jpn/sengoku.htm

    「ゴーマニスト」宣言【[新]追記編・欄外編】(3) 

    https://nittablog.exblog.jp/14746049/

    沖縄は無法地帯!!これが平和運動家のすることか!!

    https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/01212554ddf2c21083be005771a0cd66?fm=entry_awp_sleep

    実存するサイコ・エレクトリック・ウェポンについて

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52025489.html