政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4628号  2018・3・8(木) 

2018/03/08

              
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4628号
□■■□──────────────────────────□■■□


      
        2018(平成30)年3月8日(木)



  自衛隊合憲の歴史と論理 (老生の呟き):宝珠山  昇
                 
               どこまで腐っているのか?:宮崎正弘             
    トランプ式“関税爆弾”は“恐慌”を招く:杉浦正章  
             
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4628号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自衛隊合憲の歴史と論理 (老生の呟き)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 
            宝珠山  昇

先日在京の郷土人会で、地方の旧制中学を出て著名大学理工学部出身の大 先輩から、「法律のことは良く解りませんが、憲法には自衛権のことを書 いてないのですか」との趣旨の質問を受けた。「自衛隊加憲」(九条の一 項、二項をそのまま残し、憲法に自衛隊の根拠規定を加えることを言う。 以下本稿中同じ)を巡る論議の混迷に心を痛めている様子であった。

半世紀以上、種々の妨害に直面しながら、自衛権行使体制の充実・向上な どの現場に直接・間接に関わってきた老生の率直な感想を、これまでの投 稿との重複を厭わず述べさせていただきたい。

〇 現行の日本国憲法は、米国を中核とする連合軍が国内の治安維持をも 含む安全保障任務を負担している占領下、終戦の2か月後に成立した国連 憲章の敵国条項下、極東国際軍事裁判中、食糧援助を受けなければ生存し て行けない困窮状況の中で、即ち、国家主権を回復していない状況下で、 受け入れさせられたものである。(昭和天皇を極東軍事裁判にかけないこ とを条件とした取引があったともいわれている)

自衛権は主権国家固有の権利である。これは自然法・天然法であり、いか なる主体もこれを否認することはできないもの。現行憲法は、この自衛権 を、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存 を保持しようと決意し」、行使すると「前文」に明記している。

別言すれば、米国を中心とする連合軍の力と1年前に成立した国連憲章第7 章の「平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動」が効果 的に実施されることを信じて、又は、信じ込まされて、受け入れたもので ある。

〇 しかし、現行憲法公布の頃から、「諸国民への信頼」が、ソ連、中 共、北朝などの戦争行為によって失われる事態が頻出し、在日占領軍は、 戦地に出て行き、日本には力の空白が生じ、暴動、革命などの恐れも出い た。それらは、現行憲法が想定していなかった、在日占領軍が国内の治安 維持の任務も果たせなくなる事態の出現であった。

これらのため、1945年(昭和25年)夏、時の統治者、在日連合軍最高司令 官マッカーサー元帥は、警察予備隊の創設を許可(実質は命令)し、政府 は警察予備隊令(政令)を公布・施行した。この任務は、治安維持のため に特別の必要がある場合に限定し、9条と関係するものではなかった。ま た、講和条約発効から180日後に失効するものであった。(この頃、ダレ ス米国国務長官から、再軍備を要請されたが、日本は国力の不足などを理 由に断ったともいわれている)

1952年(昭和27年)4月28日の講和条約発効(国家主権の回復)、戦乱の 拡大、安全保障環境の激化に伴い、警察予備隊は、対外的に自衛権を行使 できる実力組織として、1952年(昭和27年)8月には法律を以って保安隊 に、1954年(昭和29年)7月には同じく法律を以って自衛隊に改組された。

わが国は、自衛隊への改組後、自衛権行使の限度などに関する厳密な論議 を繰り返しつつ、国権の最高機関の議決の下に、国力国情に応じ、自衛権 行使体制、国際平和力態勢などの充実に努めてきた。

本来、自衛隊創設時に、憲法九条は改正さるべきであったが、国際環境は 想定外の急変であり、憲法改正に必要な「国民投票法」などは整備されて おらず、憲法改正の手続きをとる暇はなく、実行できなかった。

このように、自衛隊の保有は、国権の最高機関の議決を経てなされた、国 家固有の生存権・自衛権・緊急避難権の行使であり、「憲法違反」などで はない。

〇 自衛隊加憲は、人類が数多の戦乱の中で学んだ、紛争を平和的に解決 する英知を反映した未来志向の普遍の原理を表明している9条を生かしつ つ、自衛隊の合憲性を確認し、安全保障体制の基盤を確立しようとするも のである。

これは、七十余年の間に出された「国防の基本方針」などの多種多様な政 府統一見解、最高裁判決などに明確に示されている解釈改憲の歴史を、そ うせざるを得なかった先達の英知を、素直に条文化すれば良いことである。

〇 そうすれば、前文に明記されていることを、3項として「前項の規定 は、自衛のための必要最小限度の実力を保持することを妨げない」とか 「自衛権の発動を妨げな
い」などと加えようとする案は、更には、現に存在するものを追認しよう としているのに「妨げない」などとする案は、出てこないはずである。

〇 なお、「自衛の範囲や、自衛のための必要最小限度の実力とは何かに ついて、きちんとした整理を憲法改正以前にしてほしい」などと言った注 文を付ける国会議員や憲法学者などがいる。

しかし、自衛権行使の必要最小限度は、その時々の安全保障環境、軍事技 術の進歩、自衛能力と同盟国などに期待し得る能力などを総合的に勘案し て、国権の最高機関が最終的に決断すべきもので、現在までに政府統一見 解などで示されているもの以上に具体的に、あらかじめ、硬性憲法は言う までもなく法律でも、政令でも、明記、公言などすることは、有害無益、 不適当、不可能なものである。

国家、民族、組織体、個人にとって、その固有の自衛権の行使の具体的限 度などの論議は、複雑、多様、変化してやまない環境下での生存に付随す るもの、憲法改正の有無にかかわらず常続的になされるべき永遠の課題で ある。     (2018年3月6日記)

〇 以上の老生の呟きは、「頂門の一針」、「国際平和戦略研究所 (CISS)HPの「提言」欄や、小生のHP[ <http://natdef.exblog.jp/>
http://natdef.exblog.jp/]の憲法改正の項に掲載されたものと重複があ ることをお許し願います。


       
━━━━━━━━━━━━
どこまで腐っているのか?
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)3月6日(火曜日)
         通巻第5625号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フンセン(カンボジアの独裁者)はどこまで腐っているのか?
禁止されている木材伐採を巨額の賄賂で黙認し、ベトナムへ密輸している
*********************************

カンボジアの首都プノンペン、河添いのリバーサイドホテルに宿泊したの は昨年師走だったか。毎日夕方にスコールがあって、ときに「道路が川」 となる。

浸水でエンストを起こすバス、バイクが多く、幹線道路は渋滞、深夜なら 空港から30分の道行きが2時間半もかかった。

雷雨に遭遇した夜、目の前のトレンサップ川を見ていた。

はじめは上流地域にも激しい雨風があって、木木が倒れ大量の枝がされて いるのかと思った。次から次と木の枝、それも大木から伐採した枝だから かなり大柄で、長いのだ。緑葉をつけたまま、流れてゆく。夥しい量であ る。しかも切れ目がない。

昼も、いや晴れた日にも川に流れているのは流木ならぬ流枝なのだ。「な ぜだろう?」と訝しんだが、ガイドに聞いても要領を得ない説明しかな かった。

メコン川はラオスからカンボジアの南北を流れ、ベトナムへ注ぎ込む。プ ノンペンでトレンサップ川と合流するから、相当の急流である。

ようやく謎が解けた。

ベトナムの木製家具の輸出は年間80億ドル。主として中国へ輸出されてい る。ベトナムは、この家具の原木をラオスとカンボジアから「密輸」して いる。

おおまかな製材を終えた木々である。ラオスとカンボジアの官憲がグルに なって、ベトナムの業者から破格の賄賂を受け取っており、とくにカンボ ジア政府高官に流れている。

カンボジア政府は表向き、木材の輸出を禁止している。森林地帯が禿げ山 になれば豪雨に襲われて保水力を失い、下流地域は大洪水に見舞われるの は必定だからである。

ところがカンボジアの国立森林公園でおこなわれている闇の伐採は、官憲 もアンタッチャブルの世界で、國際査察団の報告でも50万立方メートルの 木材が不正に輸出されたという。

見回りに入った監視団は命がけであり、2007年以来、じつに20人 が殺害 されている。この1月にも3人の警官が取り締まり中に殺害された。

カンボジアの政治はフンセンの独裁、野党政治家は刑務所に入れられた か、海外逃亡を余儀なくされており、西側のメディアに木材不正輸出の実 態を詳細に報じるよう、働きかけをしてきた。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評(その1) BOOKREVIEW ★書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 3年かけて5回にわたった講演録だが、中身は単行本数冊を超える
  1回ごとに半年の準備をなして、宗教の奥義と霊性を熱烈に語りつくした

  ♪
上橋泉『私の生命の復活』(如月出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@

著者の上橋泉氏は柏市議を7期務める現役の政治家である。なぜ鳥取県倉 吉生まれの氏が縁もゆかりもない千葉県の柏へやってきて、ローカルな政 治の世界に入ったのか。それは個性が強く性格の激しい母親が「あんたは 政治家になって世の中に尽くせ」という「命令」だったという。

しかも7期も市会議員をやりながらも、いまも理想に燃えて、そのエネル ギーを地域の発展と安全のために尽くしている。当面の政治目標は柏市に も「赤ちゃんポスト」をつくり、いずれは瞑想センターを解説することだ と言う。

嗚呼、瞑想センターか。評者(宮崎)は、ふと、インドのプネーという瞑 想の町へ行ったことを思いだした。世界のヨガ経験者がここで集中的な瞑 想の修練をする道場があるところだ。

上橋氏とは40年近い付き合いがあるけれども氏の行動の軌跡に関して理解 不能のところがあった。上橋氏は京都大学時代、左翼の暴力学生らがキャ ンパスを我が物としていたときに、全共闘と戦った反共の闘士でもあり、 その後、外務省に入り、テヘランでは米国大使館人質事件に遭遇した。ロ スの総領事館にも勤務した。

氏のロス勤務時代に、おりからの大河ドラマ『二つの祖国』にあやかっ て、日系アメリカ人の取材で評者は『二つの山河』を書くために、リトル トーキョーにあったニューオータニに長期滞在していたことがある。

この間、上橋氏には、いろいろとお世話になった。また拙編著『ウォール ストリート・ジャーナルで読む日本』の編集では、上橋氏が仲間に呼びか けて翻訳チームをたちまち組織して呉れたこともありましたっけ。

退官後、国会議員の秘書をつとめながら、政界進出の修行をしていた。
学生運動時代のことを語らうとすると、氏は必ず谷口雅春師のことを言わ れるので、彼が「生長の家」の信者であったことはかろうじて知っていた。

トこうした履歴を語ったのも、氏と宗教を結びつける接点が稀薄なことを 確認するためで、ところが氏は小さい時から宗教に親しみ、神の実在を信 じ、キリストの復活を信じてきたという。

だから評者は目を大きく見開いて本署に挑んだ。

読破するに3日を要したが、なるほど、上橋氏がすぐれた宗教学者でもあ ることを評者は改めて「発見」したのである。

3年間、5回にわたって地元でおこなった講演録が本書だが、中身は単行 本数冊をかるく超える豊かさがあり、1回ごとに半年の準備をなして、宗 教の奥義を熱烈に語りつくす。

とはいえ、評者が宗教に大いなる興味を抱くのは「大世界史は宗教がつ くった」という視点であり、上橋泉氏の視点、つまり氏の宗教生活への入 り口は、人間が生まれてから死ぬまでに、いかに神々が恩恵を与え続ける かという、信者としての視点である。

「私は20歳代の頃から神の臨在を感じることがあった」と上橋氏は語りだ した。

「それは神の姿が見えたということではない。人間の内に神の生命を認め ることが出来れば、それが神の臨在ということになる」。
最初の体験は大学でプルーストの『失われた時を求めて』の授業中に起きた。

「プルーストは、人間が超時間的存在であることを子供の時から何度か体 験している。彼がそれらの体験すべてを回想した箇所の「見出されたと き」は『失われた時を求めて』の中で最も難解な箇所とされており、フラ ンス語文法を終えたばかりの私にとって難解であっただけでなく、教師も 意味がよくわからないと言った。

その瞬間、私の心の中に何かが入り込んできて、たちどころにプルースト の体験の意味が、氷が解けるように私の心にしみこんでくるという経験を した」

爾来、氏にとって「人間にとって時間とは何か」というテーマを求める思 索の人生が始まったという。

政治と宗教は、日本では信長以来、明確に峻別された。日本の宗教的風土 とは多神教であり、仏教の国家保護と神仏習合という時代を経て、幕末明 治の廃仏毀釈という過激な神道原理主義が沸騰した時代もあったが、宗教 が政治に介入することまれにしかなかった。

ただし上橋氏は「廃仏毀釈という仏教排斥へのルサンチマンが、戦後日本 の仏教界をして反政府的政治運動に帰結された」という意味の指摘は、一 面的だが納得できる。

政治家生活四半世紀を経験した上橋氏は、こういう 「日本が今日見るよ うな苦境に立たされた原因がはっきり見えてきた。それは経済政策や政治 改革の失敗などではない。日本人が人間生命の尊厳性を見失ったところ に、その原因がある(中略)。アベノミクスなどでこの国が再生されるこ とはない。日本の危機は物の危機ではない。精神の危機、魂の危機だから である」
魂をもとめて上橋氏の精神の旅が続く。

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★書評(その2) BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 朝鮮半島史はファンタスティックな嘘で塗り固められてきた
 通説の虚偽をはがして、真実をさらけ出すと、なんともびっくりの世界

  ♪
宮脇淳子、倉山満『残念すぎる朝鮮1300年史』(祥伝社新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

およそ歴史学というアカデミズムの題材を、俗世間の言葉で咀嚼しなおす と、こういう平明な歴史入門書ができるのか、と感心することしきりである。

通説を次々と俎上に載せて朝鮮半島史をバッサバッサと斬りまくる爽快さ は、あまりにも心地よいために、朝鮮という国家が遠くに霞んで、見えな くなったしまうほど。いや、あの半島にはそもそも近代政治学でいうとこ ろの「国家」があったのだろうか?

平昌五輪における南北会談なるものは、文在寅の屈辱的な態度を見ただ けでも、南が北に格落ちしている事態を示しているが、倉山氏は、これを 「高麗連邦宣言」だという。つまり「北主導の統一という暗号」だという のだ。

この高麗連邦宣言は、習近平を緊張させたと倉山氏が意外な側 面からの 経緯を語る。

この発言を引き取って宮脇女史が言う。
 
「地政学という学問がすごいなと思うのは、古代でも、隋や唐にとって 致命傷となったのは高句麗でした。今の中国が北京に首都を置いてしまっ た以上、中国にとって北朝鮮のある場所がすごく重要なのは、そういう地 政学上の理由です」

古来より朝鮮半島の歴史は北が優勢だった。南は飲み込まれることが多 いので、文在寅は、そのことを百も承知のうえで、最低限度の主権国家の 体裁さえ保てれば上出来と考えているのかもしれない。

事大主義はつねに力の強い方を選別し、そちらにつく。これが朝鮮半島 の政治の特質である。

こういう会話が続く。

倉山 「ところで、韓国の歴史教科書では、『閔一族』という言い方を していて、閔妃のことをあまり書いていません」

宮脇 「いいことがありませんから。閔妃は有名な写真が伝わってい し たが、あれはニセモノなんです(中略)。はたして王妃が、妓生を撮っ て絵葉書をつくるような写真館に出向いて写真を撮るでしょうか。ありえ ません」

神道強要などと文句を言われるが、そもそも布教しない神道が朝鮮人に 信仰を強要するはずがないし、東京裁判における皇帝溥儀の嘘証言が、日 本が朝鮮に文化を強要したとして批判する。こうした解釈は戦後の後知恵 ででっち上げられた嘘である、とふたりは明確に否定する。

創氏改名にしても、強制連行、従軍慰安婦などコミンテルンの謀略のよ うな嘘放送が繰り返される。満州建国にしても、溥儀は天照大神をご先祖 にまつろうと言い出し、日本側があきれはてて止めたのが事実である。

当時。関東軍にとっては溥儀を皇帝にすることは反対だった。共和国でも よいと軍が考えていたのも、多くの社会主義者が混在していたからで、な かには孔子の末裔でもいいかな、って考える人もいたそうな。

満鉄調査部には食い詰めた社会主義者がおびただしく入り込んでいた事 実は広く知られるようになったが、当時、関東軍が満洲に鮎川儀介を連れ て行って国策会社を作らせたのも、三井・三菱を嫌った軍部の方針であっ たとか、目からうろこの話が果てしなく続く。

最後にひとつだけ不満が残ったのは、秀吉の朝鮮征伐の項で、秀吉は情 報もなく半島に進出してしまったと分析されている箇所だ。

秀吉は宣教師やフィリピンからの情報を把握し、正確に世界情勢を理解し ており、キリスト教が布教を見せかけながら亜細亜侵略の牙を研ぎ、つぎ に明を狙っていたことは、いまでは多くの資料が明らかにしている。

秀吉の出兵は先制的防御(プリエンプティブ)とよばれる軍略の一環で、 むしろ秀吉の英断であった。問題は壮挙の途中で秀吉が死んだため、かれ の世界戦略を理解していた武将が不在となって引き上げざるを得なくなっ たことだった。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)河添恵子先生「第2次習近平政権の野望と、どう動く?北 朝鮮情勢(仮)」の講演会のお知らせです。

                記 
         
【日 時】 平成30年3月10日(土)14時半〜16時半(開場:14時)
【会 場】 文京区民センター3F 3-A会議室(文京シビックセンター向 かい側)
        
東京都文京区本郷4-15-14  Tel:03-3814-6731
交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒
東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口から徒歩3分

講師    河添恵子(かわそえけいこ) 先生 ノンフィクション作家、

1986年より北京外国語学院、1987年より遼寧師範大学(大連)へ留学。 1994年に作家活動をスタート。2010年に上梓した『中国人の世界乗っ取り 計画』(産経新聞出版)は、Amazon〈中国〉〈社会学概論〉の2部門で半 年以上、1位を記録するベストセラー。

最新刊は『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)。その 他、『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』『だから中国は日本 の農地を買いにやって来る』(共に産経新聞出版)、『「歴史戦」はオン ナの闘い』(共著)(PHP研究所)など。世界の学校・教育関連の取材・著 作物も多く、図鑑(47冊)他『エリートの条件―世界の学校・教育最新 事情』(学研)など。

産経新聞や『正論』『Wi LL』『夕刊フジ』『新潮 45』『週刊文春』など で執筆。TVとネット番組で、コメンテーターと しての出演も多数。 40ヶ国以上を取材。

【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学 生:1000円、高校生以下無料

【懇親会】 19時〜21時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 3月9日23時迄にメール又はFAXにて下記まで(当日受付も 可)(懇親会は3月8日23時迄)★当日は混雑が予想される為 事前申込の無 い方の入場は講演10分前とさせて頂きます★

【主 催】 一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会 女子部
【主 催】  千田会    https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
https://twitter.com/Masahiro_Senda
FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
【後 援】 一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会 岡山県支部



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランプ式“関税爆弾”は“恐慌”を招く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              杉浦 正章

  同盟国まで敵に回す国際戦略の欠如
 
米国内に同盟国免除論

米大統領ドナルド・トランプが世界を相手に投げかけた“関税爆弾”は、 70余年間続いてきた自由貿易体制崩壊の危機を生じさせている。欧州連 合(EU)と中国は、連日のように米国による鉄鋼・アルミへの課税に対 して独自の課税品目をちらつかせ、まさに貿易戦争も厭わぬ状況を現出さ せている。

トランプの意図には秋の中間選挙対策の匂いがふんぷんと感じられる。報 復合戦→貿易戦争→景気悪化→恐慌といういつか来た道すらほうふつとさせる。

日本も打撃を被るが首相安倍晋三は6日、オーストラリアのターンブル、 カナダのトルドー両首相と相次いで電話会談し、緊密に連携して対応する ことを確認した。米国以外の11カ国による環太平洋連携協定(TPP)に ついても引き続き協力し、自由貿易圏の拡大に取り組むことで一致した。

外務省の秋葉剛男事務次官は6日、ハガティ駐日米大使に対して、「日本 からの鉄鋼やアルミニウムの輸入が米国の安全保障に悪影響を与えるもの ではない」とトランプの方針を批判した。

それにしても、どうしてトランプという大統領は、自分の行為が及ぼす結 果への予測が利かないのだろうか。今回の事例で分かったことは側近まで が同調しており、殿のご乱心を止められないということだ。

トランプは自由貿易をまるでゼロサムゲームとでも考えているかのようで ある。世界の自由貿易体制を一人が総取りするようなゲームと見間違えて はならない。貿易は世界中の何千万という売買行為によって成り立っている。

米国の赤字は膨大な量の自由貿易の結果であり、トランプは、この貿易に ストップをかければ米国の雇用が増えるなどという妄想にとらわれている としか思えない。行き着く結果は自給自足経済となり、最終的には投資の 崩壊と恐慌を招くのだ。

それにもかかわらずトランプは度しがたい発言を繰り返している。
2日朝のツイートは「米国が取引しているほぼ全ての国との貿易で何十億 ドルもの損失を被っている時には、貿易戦争はいいことであり、勝つのは 簡単だ。

例えば、われわれがある国との取引で1000億ドルを失っている時にその国 が厚かましい態度に出るなら、もう取引をやめよう。そうすればわれわれ の大勝利になる。簡単なことだ」だそうだ。そこには度しがたい独善主義 しかない。

現にブルームバーグ通信は2日の社説で、1930年に米国がスムート・ホー リー関税法の施行後、世界的な報復関税によって大恐慌に見舞われ、世界 経済も崩壊した」と指摘し、「トランプ大統領は貿易戦争で果たして何を 得るつもりか」と詰問した。

ノーベル経済学賞受賞者であるロバート・シラー・エール教授も、「大恐 慌当時に起きたのと同じ状態だ」と指摘している。ライアン米下院議長は アルミニウムと鉄鋼に対する関税案の撤回を求める姿勢を和らげ、代わり に貿易システムを乱用する国々に絞った措置を取るようホワイトハウスに 促した。

 こうした状況を受けて米国の複数のメディアは、「トランプ大統領は行 政命令署名までの残りの数日以内に、せめて重要な同盟国を除く必要があ る。」と提案した。ワシントンポスト紙も、社説で、「数十年間構築して きた同盟関係と相互互恵的自由貿易秩序が、米大統領の気まぐれで傷つけ られるようになった。

カナダ、日本、韓国、ドイツなどの同盟国を、新しい関税措置から免除し なければならない」と主張した。さらにニューヨークタイムズ紙も、「ト ランプ大統領は、中国の過剰生産を減らすことに興味があるなら、中国を 圧迫するためにEU、カナダ、日本、韓国と協力すべきだったにもかかわ らず、同盟国を怒らせた」と指摘した。

米マスコミの大勢は対中制裁はやむを得ないとするものの、同盟国まで敵 に回すトランプの洞察力と国際戦略の欠如に警鐘を鳴らしているのだ。

米国は2002年には日本からの鉄鋼製品に高度な関税をかけ、その結果、日 本の鉄鋼を原材料に製品を作る自動車部品メーカーなどに収益の悪化をを もたらした。一方的な措置でツケを払わせられるのは一般国民にほかなら ないのだ。

米国の経済専門家からは長期的には米国経済にマイナスであるとの見方が 生じているが当然である。

一方中国との貿易関係は今年に入ってから暗雲が漂う気配が生じていた。 1月に中国からの太陽光パネルに高関税をかけたのだ。それにもかかわら ず同盟国まで一括して含めてしまったのは戦略上の大失策だろう。

現に欧州連合(EU)は委員長ユンケルが、「ハーレーダビッドソン、 バーボン、リーバイスのジーンズを含めた米国製品に関税をかける準備を している」と語った。米メディアによると、こうした措置の対象は総額 35億ドル(約3700億円)規模になるという。

これに衣類や化粧品、トウモロコシ、オレンジジュースなども加わる方向 だ。一方、全人代報道官張業遂は「中国の利益が損なわれることを座視す るわけにはいかないが、貿易摩擦の正しい処理は協議を通じて解決方法を 探ることだ」とクールダウンに出ている。

頭に血が上ったトランプをいかに懐柔するかだが、今週TPP(環太平洋 経済連携協定)11はパートナーシップ協定に各国が署名する段取りとなっ ている。

チリの首都サンティアゴで8日(日本時間9日)に署名式を開く。日本か らは経済再生相茂木敏充が出席する。参加各国の署名で最終合意となり、 協定文書が正式に確定する。まさに自由貿易の砦となるものであり、かつ ては自由主義貿易の旗手であった米国が打ち出した“禁じ手”に、どう対応 するかが焦点だ。

政府は、トランプ大統領の最終署名までの残り時間に、外交力を総動員し て、世界経済の崩壊を食い止めなければなるまい。トランプ式“自給自足 経済”は“恐慌指向”としかいいようがないからだ。


         
  
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 
 ◎嘘か誠か、または老獪な知恵者か:前田正晶

要するに「金正恩が打ち出した6項目を何処まで信ずべきか」という問題 であると言いたいのだ。

6日はBSフジのPrime Newsを見ていると、突如「韓国とDPRKが4月末に首脳 会談」とスクリーンの上部に現れ、派遣された特使団の鄭氏とやらの6
項目の韓国側の解釈になる合意事項が表示された。やや意表を突かれた感 なきにしもあらずだったが、私如きには予想もできなかった素早い展開に は驚きを禁じ得なかった。金正恩は端倪すべからざるものがあると思わせ られた。

直ちに何らかの感想というか、カタカナ語のコメントなどは思い浮かばな かった。だが、これまでに何度もDPRKに誑かされてきたというべきか虚言 癖のようなものを見且つ聞かされていては、俄に信ずべきか否かは極めて 疑問だと感じたのが偽らざるところだった。同時に痛感させられたことは 「金正恩は誠に巧妙な作戦を立てる知恵者なのか、あるいは並外れた頭脳 を持つ百戦錬磨の参謀が陰に控えているのでは」だった。

あの6項目を素直に受け入れれば万事目出度し目出度しであり、朝鮮半島 におけるアメリカとの一触即発だったかも知れない危機は去り、速やかに 出ていくて入れ込んでいる韓国というか文在寅大統領を仲介者とした、ア メリカとDPRKの対話が実現してしまいそうな雰囲気が醸し出されていた。 だが、そこまで素直に信じてしまうのは余りにもnaïveに過ぎると思わざ るを得ないと思った。

即ち、金正恩はアメリカのトランプ大統領以下があの6項目をどう解釈 し、どのように食いついてくるかとの観測気球を上げたのかが最大の見所 なのだと思うのだ。私はあるいは彼は平昌オリンピック以来完全に彼に操 られて南北統一にまっしぐらに突き進みだした文在寅大統領をトコトン利 用して、アメリカとの対話の仲介役として何処まで使えるかも試してみる かと、如何にも核兵器を封印するかの如き餌まで撒いて見せたのかも知れ ないと疑っている。

換言すれば、私は「あの6項目はそれを読む角度と立ち位置が変われば、 それぞれに都合が良い解釈の仕方に変わってくるような形に纏められてお り、勝手に自己に都合が良いように考えていると、最後の瞬間に「そんな 意図はなかった」とひっくり返せるように仕組まれているのではないか と、眉に唾を付けて読んでいる。それでなくとも、朝鮮人民民主主義共和 国にはこれまでに繰り返して前言を翻されて煮え湯を飲まされてきたでは ないか。

だからと言って「貴国の提示された6項目を信じる訳にはいかない」と 真っ向から否定してかかれないように巧みな文言で綴られているようだ。 だが、注意すべきは、あの6項目は韓国の特使団の解釈で、私は未だDPRK 側からの公式見解は報じられていないと思う。その辺りの金正恩の作戦は 巧妙にして老獪であるかの如くに見える。

即ち、自分たちに都合良く解釈すれば「制裁が十二分に効果を発揮して、 最早金正恩にも耐えきれないところまで追い詰められたのだ」ともなるの だ。そうでなければ、金正恩は素直に核兵器もmissileも一先ず措いて、 自国の立場を保障させてアメリカとの対話を志向し、朝鮮半島に真の停戦 状態を実現させて金王朝が支配する統一の実現に励んでいく気であるとも 読めはしないか。その大きな目的の為には、韓国のお使い奴共をあれほど 優遇して見せた大変な役者かも知れないのだ。

私には金正恩が単なる単純な自己都合ばかり考えている指導者なのか、巧 妙にして老獪さまで備えた一筋縄ではいかない刈り上げの兄さんなのかま ではとても読み切れない。だが、どう考えても無理に無理を重ねてあそこ まで成功に近づけたmissileと核兵器をむざむざと封印して「核を保有す る強国」の地位を放棄するとはとても考えられないのだ。

先ほど何処かの局に出ていたゲストのコメンテーターが「トランプ大統領 は予見不可能(unpredictable)であると同様に、金正恩も予見不可能」 と言っていたが、その通りだろうと思わずにはいられない。「信ずべきか 否か。そこか問題だ」辺りが、私の当座の結論である。


 ◎「国産断念との事実はない」F2後継機開発で小野寺五典防衛相

小野寺五典防衛相は6日の記者会見で、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機 に関し、同省が国産開発を断念したとの報道※について「現時点でどのよ うな判断を行うかは何ら決まっておらず、国産開発を断念したという事実 はない」と述べた。防衛省が米国や英国の企業に行った情報提供依頼 (RFI)は「さまざまな情報を収集する一環で、決してこれをもって国 内開発を断念したことが決まったわけではない」とも強調した。

開発方式の判断時期は、年末に予定される「防衛計画の大綱」改定などを 踏まえ「本年中に行うことが想定されている」
とした。

【寫眞】松島基地を飛びたつF2=2017年2月、宮城県東松島市の航空自 衛隊松島基地(鈴木健児撮影)
http://www.sankei.com/politics/photos/180306/plt1803060012-p1.html
【産經ニュース】2018.3.6 11:12

【參考事實】※今回のフェイクニュースの發信元が朝日新聞であったと謂 ふ事實が發覚 ―
https://snjpn.net/archives/44946
問題の朝日新聞記事
https://www.asahi.com/articles/ASL3443MHL34UTFK004.html
〔情報収録 − 坂元 誠〕


  ◎デビュー戦の報知杯弥生賞で最下位のヘヴィータンクが引退

4日の報知杯弥生賞・G2で異例の重賞でのデビューを果たしたヘヴィー タンク(牡3歳、栗東・森厩舎)がわずか1戦のみで引退することが6 日、分かった。重賞のみのキャリア1戦で引退する競走馬は84年のグ レード制導入後、初めて。今後は乗馬になる予定。

クロフネを父に持つ同馬は豪華メンバーがそろった皐月賞トライアルを初 戦に選んだが、道中はついていけずに追走に手いっぱい。9着のアサクサ スポットに20秒7離され、勝ったダノンプレミアムからは22秒9も離さ れる大差の最下位となる10着に沈んだ。

現在の日本競馬では、未出走馬が出走可能な重賞は2歳夏のレースと、3 歳春に行われるクラシックG1のトライアルのみ。84年以降、デビュー戦 での重賞挑戦は同馬が初めてだった。それ以前は詳細なデータが確認でき ていないが、日本競馬史上、極めて珍しいケースといえる。
スポーツ報知3/7(水) 6:04配信


 ◎韓国の特使は金正恩の翻意を促しに行ったのだろうか:前田正晶

韓国は5人もの特使をDPRKに送り込み、文在寅大統領の親書とやらを金正 恩に届けさせたそうだ。DPRK側もそれなりに配慮したようで、金正恩との 会談と食事会まで開催したと報じられている。更に報道では、この韓国の 使節団は今週中にもアメリカに経過報告に赴くそうだ。

この展開が何を目的として、文在寅大統領が何を意図していたかは報じら れてもいないので、全く不明だ。だが、文在寅大統領本人でもない者たち が「核を放棄されたら如何か」であるとか「missileのこれ以上の実験は お止めになったら」と金正恩を説得に行く訳はないだろう。この度の訪問 の前にトランプ大統領と文在寅大統領の間には電話会談があったというか ら、アメリカ側の意を帯して赴いたのではないかとも報じられている。

だが、一説には「文在寅大統領の周辺にはDPRKの工作員が数多く潜入して おり、彼はDPRKの策謀に束縛されて動きが取れないのだ」というのまで あって、文在寅大統領の狙いは南北統一しかあり得ないとまで言う者もい るとかだ。しかも、金正恩の狙いはアメリカと韓国の関係の分断であり、 また韓国を使ってアメリカとの前提のない対話の場を設営させるところに あるとも言われている。

何れにせよ、アメリカ対DPRK、アメリカと韓国の関係、朝鮮半島の統一国 家等がかなり現実味を帯びそうな事態が進行しつつあるようにも見える。 私は何時も同じことを言うのだが、その重要な時期にあって未だに森友が どうしたの財務省が何かの文書を書き換えたのであれば総辞職ものだのと いう些末な話題で倒閣を目指しているかの如きマスコミと野党連合は、国 家の重大事に対する国会討論に優先順位の付け方が未だに完全に狂っている。

それだけではない。中国では習近平はいともあっさりと憲法を自らの都合 の良いように変更して、任期を10年よりも青天井に伸ばしてしまった。そ の習近平が目指すところの中に「我が国の属国化」があると何度も述べて きた。野党はそういう重要な問題について質問をしたという話は聞いたこ ともない。

これなどは、トラン様が鉄鋼製品の輸入に25%もの関税をかけると言われ たことよりも遙かに恐ろしい事案だ。だが、その鉄鋼の関税問題ですら予 算委員会で採り上げられていない。

誠に以て脳天気且つアホな議員ばかりを選んでしまったものだと言わざる を得ない。でも、かく申す私だって野党議員こそ選んでいないだけで、偉 そうなことを言っている場合でもないかと危惧するものだ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

8日の東京湾岸は曇天、やがて雨か。人間にとっては少々迷惑だが新緑に照っては 不可欠の水分だ。

7日の東京湾岸は曇天だったが、あまり寒さを感じないで散歩出来た。

またまた美貌の歌手だった奈良光枝のCDを聴いた。絶世の美人は青森県弘 前の出身。わずか53でこの世を去った。かすかにテレヴィ時代に間に合っ た。             
                                           読者:5576人
              






        

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/03/08

    恨み、怒り、嫉妬心、陰険さ、卑しさ、誇り無し、自己卑下、家系のカルマ、不法滞在、悪習慣などを抱えている意識状態の人はそういう波動を発しているのですが、その人の声の音色(波動)を聞くともろに表れていて、それと全く同じ波動の自縛霊が引き寄せられてきて憑依するのです。悪習慣は生活習慣でもあるので、それがその人の思考の癖でもあり、毎日カルマが積もっていくので、積もった分の負のカルマは必ず刈り取りをしなければならないのですよ。

      人の声というのは、その人の魂の波動なので、声を聞いたらその人がどういう性格で何をやっててどういう状態なのか、全部表れていますよ。声色をよく観察して、その人の目の奥を見て観察して、その人の後ろ側に回って後姿から背骨に沿ったチャクラの波動を読み取るのです。素人でも、少しずつ体験でクリアしていけば見分けることが出来るようになり、慣れてくるでしょう。



     その反対に、良い意識状態を保ちつつ、無用な負のカルマを積まないように生きて、高い意識を心がけていれば、良い波動の霊(天使、神様、弁才天、七福神、聖人、イエス・キリスト、空海など)と同じ波動ならそれらが引き寄せられてくるのです。憑依とまったく同じ仕組みですよ。良い霊からの憑依(オーバーシャドウ)です。どうすれば天使や弁才天、神様などからご加護を受けて守られるのか。簡単な方法として、「離婚、不倫、嫉妬心を無くすこと」を気をつけるだけでも人生がらっと変わりますよ、キリスト教系の聖人達と波動が合って呼び寄せますよ、ということなのです。このように良い意識と生き方を習慣づけていけばいいのです。ほんのちょっとした思考の癖を直して、無用な負のカルマを最初から積まないように気をつけて生きて、良い思考を習慣づけるだけで、良い意識状態を保つように出来れば、誰でも良い霊からご加護を受けて直接オーバーシャドウされるようになります。



      自縛霊と聖人だったら、あなたも聖人を引き寄せたいでしょう? 

     誰でも自縛霊を引き寄せたい人はいないはずです。自縛霊に憑依されている人だって、憑依されたかったわけではないと思うのです。



      聖人を引き寄せる方法は、自分の意識状態を高めることと、生き方を気をつけて最初から無用な負のカルマを作らないこと、この2つが基本運気を下げないコツでもあり、とても大事なことなのです。



      基本運気を下げないように生き続けることを守るだけでも、がらっと波動が上がり、運命が良い方へ変わります。



      根本を正す方法は、ご先祖様から続いている家系のカルマと思考の癖も関係しているので、ご本人1代で1人で頑張って修行して正していくには、相当な努力が必要になります。毎日、少しずつ少しずつ、改善していけることから生活を正していってください。

      意識を修正して、自分と家族を大切に扱って大事にして生きていくだけでも、違ってきますし、結果は割とすぐ出てきます。



      生活習慣、意識を高める習慣は大事です。

      

  • 名無しさん2018/03/08

    ロバート・デイヴィド・スティール氏が来日した。その際、「既存の西洋の経済パラダイムに対する代替案」が話し合われた。



    スティール氏の見解は、その商品を製作するために実際にかかる費用は、製品原価の中に含まれるべきだというもの。一例として彼が挙げたのは、スマホを製造する過程で使用される危険な発癌物質がそういった工場で働く人々の癌発症にいかに繋がっているか、そしてこの癌の代価が携帯の価格に含まれるべきだ、という話だった。





    スティール氏が話しているのは、中国の深圳市と広州市の電子製品工場地帯を3年に渡って取材したドキュメンタリー『Complicit(共犯)』(2017年)に詳しく描かれている内容だ。



     



    例えば工場のベンゼン中毒で白血病に罹患した労働者が、会社を訴えるために労働法を自ら学び、同様に携帯やパソコンの電子部品組み立て工場で苦しむ他の労働者たちに人権を説き、アップルやサムソン社に立ち向かい、政府に訴え出ている様子が収められている。



     昨年ロンドンで開催された、ヒューマン・ライツ・ウォッチ映画祭に出品された。労働者の方々の生の声が聞ける良作ですので、日本でももっと紹介されるといいが、下手すると「これだから中国は」となりそうです。日本も劣悪さではどっこいなので、ネットでどうにか観られないもんかと探していたら。有料、監督御自身がアップ。



  • 名無しさん2018/03/08

    【対馬】家も土地も…「もはや韓国領」*対馬市に民団が支部設置へ(移住者の数が大幅に増加)

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/c3e0e8182a206224d835e575c539f316

    四度あった南京事件

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3688.html

    このチベットの現実

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-f849.html

    日本人の遺体から略奪する支那兵でした

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7001.html

    公明党は朝鮮人の政党である! 

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12358078266.html

    森裕子議員の政治資金還付金制度悪用疑惑

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5460.html

    WHO ワクチン 効かない

    https://www.google.co.jp/search?q=who+%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E5%8A%B9%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi0hoORk9nZAhVKQ48KHSPbC4cQ_AUIDCgD&biw=1280&bih=604

    電気自動車「IZA」に遭遇 

    http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23

    たったひとつの恋ファンサイト

    http://sachikame.blog114.fc2.com/

    本田圭佑、資本主義の真実を語る 

    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201803020000/

    祖国に強制送還するベきだ。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18842569.html

    美人でかわいくても20代のうちに結婚相手は見つけておいた方がよさそう 

    http://www.estonianpages.com/konkatu-taikendan/167/

    311の災害があった時に衝撃の事実を知った。→ウトのおかげで家族全員が命が助かった。

    http://kijo-new.com/archives/22473852.html

    ドイツ議会、101年前の「アルメニア人大虐殺」を認定、トルコは反発「2国関係に損害をもたらす」

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/02/turkey-hits-back-at-germany_n_10271748.html

    合成の誤謬(削除予定)

    http://satouclk.jp/2011/03/post-12.html

    井上家の墓所(本家)

    http://baribarikaniza.sakura.ne.jp/inoue/imgbbs/index.php?mode=article&id=212

    腹式呼吸の簡単なやり方と効果、わかりやすいコツと練習方法について

    https://nolovenoteam.com/breathing-techniques-2981.html

    【特別寄稿】マスコミが決して報じない「リニア」建設着工の裏側!「住民が理解したかどうかは事業者が判断する」!「東京ドーム50杯分」の残土処分地も未定!

    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/360946

    ”「ゴーマニスト」宣言(100) 

    https://nittablog.exblog.jp/13964348/

    はしかワクチンで児童15人以上が死亡

    http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-11011.html

    「キムチ野郎!」と怒鳴ってマスゴミに潰された朝青龍(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

    ネオニコチノイド系農薬とハチ減少に新たな証拠 

    https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v13/n10/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89%E7%B3%BB%E8%BE%B2%E8%96%AC%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%81%E6%B8%9B%E5%B0%91%E3%81%AB%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E8%A8%BC%E6%8B%A0/78898

    山門

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%96%80