政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4611 号  2018・3・19(月)

2018/02/19

              
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4611号
□■■□──────────────────────────□■■□


      
        2018(平成30)年2月19日(月)



        韓国の「しつこさ」を学ぶときだ:阿比留瑠比

     韓国大統領が指示続ける「革命的政変」:櫻井よしこ

              足の血管にもステント:石岡荘十

          「軍事同盟」で退陣した内閣:渡部亮次郎      
        
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4611号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
韓国の「しつこさ」を学ぶときだ
━━━━━━━━━━━━━━━


         阿比留 瑠比

 「この日記をもって、日本軍が強く関与したと主張するのは、逆に言え ば、この日記を客観的に読んでいないからだ」

「本日記で見る限り、慰安婦ないし売春婦は、強制連行されてきたとは言 えない」

なぜそんな日記が、韓国では強制連行の証拠として扱われているのか。特 に最初から結論を決めてかかり、異論に耳を貸さない傾向がある者には、 客観的事実は二の次なのだろう。

文氏は1月10日の記者会見で、日韓合意の再交渉や破棄はしないと述べつ つ、日本にしつこく真実を認めることや謝罪を求めた。だが、自分たちの 「偏見」や「妄想」の類いを「真実」と混同してもらいたくない。

文氏側は日韓合意について、韓国国内向けには「間違った結び目」と批判 する一方で、日本政府に対しては「もう忘れて、未来志向の協力をしよ う」との姿勢を示しているという。

なし崩し的に合意をなかったことにしたい文氏に対し、安倍首相としては 「そうは問屋が卸さない」というところか。1月23日の産経新聞のイン タビューではこう強調していた。

「国と国の合意を守って実行していくことは、普遍的な原則だ。この原則 が崩されれば、国と国の約束は意味をなさなくなる。国際秩序は安定性を 根底から失うことになるだろう。それを文氏に直接伝える」

実定法や国際約束より、国民感情を優先させる国との交際は面倒である。 そうではあるが、日本も時には韓国のしつこさを真似て、合意履行を要求 し続けることも必要なのだろう。

(論説委員兼政治部編集委員)
産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2018.2.9



     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国大統領が指示続ける「革命的政変」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

韓国大統領が指示続ける「革命的政変」 わが国の憲法改正は隣国の危機 踏まえよ」

韓国の文在寅大統領が、「革命的政変」の指示を出し続けている。

日本では韓国系の「統一日報」が2月7日付で報じただけだが、同月5日、 文大統領が政策企画委員会の丁海亀委員長に憲法改正の準備に入るよう指 示した。韓国では憲法改正を大統領もしくは国会が発議できる。大統領発 議の場合、国会で3分の2の賛成を得れば正式に発議され、国民投票で過半 数の支持を得て成立する。

文氏は6月の地方自治体選挙に合わせて社会主義国家としての憲法を作る ことを目論んでいると言われる。

文氏は大統領就任後真っ先に教科書の改訂を命じた。朴槿恵前大統領が作 成させた国定教科書を全否定する決定だった。朴前大統領は、教育現場で 長年使用されていた左傾化教科書を180度変えて、韓国の歴史を肯定的に 評価する内容の教科書を国定教科書とした。

だが、文氏は、政権の最優先政策として、その教科書をやめさせたのだ。 その上で長年韓国で使われていた親北朝鮮の左翼史観に基づく教科書に戻 そうとしているのである。

現在、中・高校生用歴史教科書から、「自由民主主義」の「自由」が消さ れ、単なる「民主主義」への書きかえが行われている。なぜこのように書 きかえるのか。「統一日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が解説した。

「文大統領は選挙戦で公約した北朝鮮との連邦政府を作ろうとしているの です。しかしどう考えても、いかなる自由も許さない北朝鮮の専制独裁政 治体制と、韓国の自由民主主義は整合しません。だから自由という言葉を 外していると考えられます」

もうひとつ気になる動きが進行中だ。少なくとも2万人、最大で6万人に上 る一般市民が文政権の査察を受けている可能性がある。査察の対象となっ た市民は、朴前大統領の逮捕やその後の不当裁判に抗議するための太極旗 デモ──参加者が韓国国旗の太極旗を掲げているためにそのように呼ばれて いる──にカンパをした人々だ。

各金融機関が寄付者に「あなたの金融取引情報が、令状によってソウル警 察庁に提供されたことを通知します」と報告した結果、査察の事実が明ら かになった。

文政権に不満を持つ太極旗グループの人々は1月16日、「公権力による民 間人の寄付金不法査察及びブラックリスト対策委員会」を結成、詳しい調 査を行った。その結果、5000ウォン(約500円)の少額寄付者まで査察を 受けていたことが発覚した。

国家による個人への査察は大きな政治圧力になる。たとえば公務員は、朴 前大統領支持のデモへの寄付行為を政権側に把握されれば、その後の人事 にも影響が及ぶと恐れるだろう。あらゆる意味で威嚇効果は覿面である。

文大統領が憲法改正の準備を命じた丁氏は、韓国ではよく知られた主体思 想主義者で、北朝鮮の故金日成国家主席の思想を引き継いでいる人物だ。 氏は文大統領の下で、韓国における北朝鮮の工作活動を監視し、取り締ま る組織、国家情報院解体の指揮を執った。

陰に陽に韓国の保守勢力を弾圧する文氏の憲法改正の思惑は実現するの か。現在、韓国では保守政党の「自由韓国党」が3分の1以上の議席を有し ており、現状では文大統領の目標達成は難しい。しかし、楽観は禁物だ。

「朴前大統領を弾劾するか否かの局面で、本来、保守派であったはずの与 党議員の多くが弾劾賛成に転じました。自由韓国党の分裂もあり得るで しょう。そのとき、韓国は取り返しのつかない危機に陥ります」と洪氏。

隣国の危機が日本の危機につながることは歴史上も明らかだ。中国の脅威 も深刻だが、わが国はまず、朝鮮半島の危機に備えなければならない。憲 法改正の議論はこのような現実の危機を踏まえて行ってほしい。

『週刊ダイヤモンド』 2018年2月17日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1219 




━━━━━━━━━━
足の血管にもステント
━━━━━━━━━━


    石岡 荘十

数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止 まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。

このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを 曳くという意味だ。こうなった経緯については、本メルマガ「齢は足にくる」

http://www.melma.com/backnumber_108241_4132433/

で述べたとおりだが、先日、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療 を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。

はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆 け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経 の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、鍼を 数回やってもらったが、はかばかしくない。

業を煮やして、行きつけの大学病院の整形外科で腰のレントゲン、さらに MRIを撮ってみると、確かに、腰椎のひとつがずれているが、神経には 触っていないことが確認できた。脊柱の管にはどこも狭くなっているとこ ろはない。ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなってい て、血液や栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかないのではないか。血 管の動脈硬化ではないかというのが循環器内科の医師のお見立てだった。

となると、検査法はPWV(脈波伝達速度)。両腕、両足に幅広のベルト(カ フ)を巻いて四肢同時に血圧を測定する検査法である。この検査をする と、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)手足の動脈などの比較的太 い動脈の高度狭窄の有無がわかる。

結果は、左足だけが標準値に遠く及ばない。病名は閉塞性動脈硬化症。左 足へ行く動脈のどこかが詰まっている疑いが強まった。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞 になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞 になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったと ころで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常 の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテー テルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さん が何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電 気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を 見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを 仕込んだステントがある。

ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。これを狭窄部分ま で持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も 同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内 径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治 療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄 にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでな く、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とや むを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が 足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやって いるわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とす る研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」とい う試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。専門の医師を選んで、治療を 受ける必要がある。



━━━━━━━━━━━━━
「軍事同盟」で退陣した内閣
━━━━━━━━━━━━━


        渡部 亮次郎

若い頃、NHK記者として4年間駐在した岩手県には、後に総理大臣になる 鈴木善幸(ぜんこう)のほか小沢佐重喜(さえき)、椎名悦三郎ら、錚々 たる政治家がいた。言うまでも無く佐重喜は小沢一郎の父、椎名は副総裁 として田中角栄の後継首相に三木武夫を推して大失敗した。

そうした中で目立つようで目立たなかった男が鈴木善幸だった。三陸沿岸 の漁民の出。はじめは日本社会党から代議士になったが、間違いに気付い て保守党に鞍替え、とうとう自民党総裁、総理大臣になった。

だが日米安保条約の何たるかも知らずに過ごし、自民党内のバランスに のっていただけだったので総理大臣にまつり上げられたものの、「能力不 足」を晒して途中退陣した。

日本大百科全書(小学館)にはこう書かれている。

<国内では自民党の絶対多数を背景に、軍事力増強、実質的な靖国(やす くに)神社公式参拝、参議院の比例代表制導入、人事院勧告凍結を実現し た>。


鈴木善幸内閣]は1980(昭和55)年7月成立した。前任の大平正芳が総選挙 中、糖尿病の合併症たる心筋梗塞で急死したところ、「闇将軍」といわれ て評判の悪かった田中角栄が裏で動いて、突如、鈴木善幸を後任として指 名した。私はその現場に居合わせた。

昭和55(1980)年6月12日未明、大平が死んだ。それに先立って、ホテルに いた私に園田直(当時は無役)から電話。「大平さんが亡くなったらしい、 調べてくれ」で確認。弔問の為、虎ノ門病院で落ち合う。

彼も当時、糖尿病が悪化。減量の為服用していた利尿剤が効き過ぎてゲッ ソリしていたので、マスコミの目を引いたことを覚えている。

病室から出てきた園田。車に乗ると「ナベしゃん、これからどぎゃん
した方が いいかとな」。すかさず「目白へ行きましょう」「そうだワシ もそう考えて いた」。

角栄は先に弔問から戻っていたが、客は園田がその朝は初めてだった。約 1時間して出てきた園田。車中「善幸に決まった」と。「それは妥当なと ころでしょう。大平派の後継者でもあるし」と私。

大平の死で有権者の同情は自民党に集まって総選挙は、大勝。分裂寸前 だった自民党を結束させ、抗争なしで鈴木政権は成立したのだった。

<「増税なき財政再建」を公約とし、1981年3月には臨時行政調査会を設 置し行政改革を最大の課題とした>。(同)

9月になって厚生大臣齋藤邦吉の不正献金がばれて辞職。その後任に園田 が推されたのは、多分に角栄の推しがあったと思われた。

<1981年1月鈴木首相が東南アジア諸国を歴訪、5月には日米首脳会談を開 き日米「同盟関係」を明記し、西側陣営の一員としてアメリカの対ソ戦略 に協力していく姿勢を明らかにした>。

しかし鈴木首相は首脳会談では、そんなことは話題にならなかったと一旦 は否定。共同声明から軍事同盟云々を消そうとした。日米の首脳が会談す るという事は要するに日米安保体制を確認し、軍事同盟を再確認する事だ という外交上の初歩的知識に首相は欠けていたのだ。

この混乱で鈴木首相は党内で孤立感を深めた。同一派閥であった外相伊東 正義が辞任した後を埋めるのに、厚生大臣のピンチヒッターだった園田を またピンチヒッターにした。

しかし、園田は糖尿病が悪化。外遊しても飛行機から車まで歩けない場面 がしばしばとなった。マニラではとうとう日米首脳会談の共同声明なんて どうでもいい軽い問題でしかない、といった趣旨の問題発言をして政権の 足を引っ張った。

事後になって鈴木は日米首脳会談について「オレは踊り(外交)の素人なん だから、手ぶり身振りの最後まで教えないと踊れないよ。教えない外務省 が悪い」といった。外務省側は「初歩知識をお教えするのは失礼に当る か、と」。

政治における知識や情報の扱い方はビジネスの世界とまるで異なる。ビジ ネス界は「儲け」で一丸となっているが、政治の世界では役人と政治家の 間に抗争が隠されていたり、遠慮がはさまれたりして要は単純ではない。

しかし1982年6月2兆円以上の歳入欠陥が明らかとなって「増税なき財政再 建」は破綻し、行政改革も自民党・官僚の抵抗で後退を余儀なくされた。

さらに日米経済摩擦、日韓経済協力、教科書記述に対するアジア各国から の批判といった難問を適切に処理できず、内外ともに手詰まりの状態のな か、1982年10月12日突如退陣を表明した。

鈴木政治は難問を先送りにして解決を図るといった消極的姿勢を特徴とし ていた。また党幹事長に二階堂進を起用するなど田中角栄の影響力を強く 受け「角影内閣」との異名をとった。>
日本大百科全書(小学館) (文中敬称略) 2010・4・4



             
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎朝日新聞、英語版での慰安婦虚偽報道をやめよ 「STOP朝日新聞プロパガンダ!」運動立ち上げ ケント・ギルバート ニッポンの新常識

犯罪は犯人の内心によって、「故意犯」と「過失犯」に大別される。例えば、「他人の生命を奪う」という同じ結果が生じていても、被害者を殺す意志があれば殺人罪という故意犯になり、交通死亡事故のように、殺す意志がなければ、自動車運転過失致死傷罪という過失犯になる。言うまでもなく、故意犯の罪状は過失犯よりも重い。

朝日新聞は1980年代から、吉田清治氏らの証言をもとに「日本軍は戦時中に朝鮮半島で朝鮮人女性を強制連行して無理やり慰安婦にした」という、史実と異なる虚偽報道を繰り返した。

報道が真実であることを前提に、日弁連の弁護士らが国連でロビー活動を行い、国連人権委員会は96年、いわゆる「クマラスワミ報告」で日本政府を批判した。

米国でも、カリフォルニア州選出のマイク・ホンダ下院議員(当時)が中心となり、2007年には下院外交委員会で、日本政府に慰安婦への謝罪と賠償を求める「下院121号決議」が可決された。そして、今日に至るまで多くの米国人は「日本軍は19万人規模の朝鮮女性を強制連行して慰安婦と呼ばれる性奴隷にした」と信じている。

朝日新聞は15年8月、吉田証言などの慰安婦報道が誤りだったことを認めた。それは「誤報」、つまり過失だったとの主張である。

だが、ネットの感想を見ていると、「朝日新聞の慰安婦報道は日本を貶めるために故意に捏造(ねつぞう)された」という声の方が強い。つまり、故意犯との主張だ。

もし、朝日新聞がこの主張を否定したければ、慰安婦報道が誤りだった事実を世界中に周知させる努力をすべきだが、その意志は感じられない。

それどころか、朝日新聞は今でも英語版のウェブ記事で、「慰安婦とは戦前及び戦中に日本軍部隊にセックスの供与を強制された女性たちの婉曲表現である。彼女たちの多くは朝鮮半島から来ていた」などと報じている。「ひきょう者!」などと罵倒しても事態は動かない。

だから、私は有志と一緒に「STOP朝日新聞プロパガンダ!」という運動を立ち上げた。賛同者の署名を募集中である。ぜひ、右の言葉でネット検索してほしい。

安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、「かつて、『私がNHKに圧力をかけた』と捏造の報道をされたことがある。朝日新聞はそれを検証したが、間違えたとは一度も書かない。私に一度も謝らない」「(森友学園の小学校設置趣意書の原本を確認するという)記者として、最低限果たすべき裏付けを取らなかったことについては、まったく言及がない。これで私はあきれた」などと、朝日新聞を痛烈に批判した。

 優秀な人材から辞めていく流れになりそうだ。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

【写真】  朝日新聞の慰安婦報道への怒りが続出した特別報告会=8日
<https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180217/soc1802170001-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180217/soc1802170001-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2018.2.17 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎晴天だったが寒風が吹き荒れていた:前田正晶

18日には室内から見れば暖かそうな天候だったので、体調維持の為に散歩 でもしてみるかと出てみれば冷たい風が吹きまくっていて、到底耐えられ そうにもなかったので5分ほどで退却。折角安定してきた気象病が再発し そうで恐ろしかったのだ。室内から見える街路樹の葉が落ちてしまってい るので、風が吹いているかどうかの判断を誤った。

そこで、室内に戻っても他にやることがないのでテレビをつけてみれば、 偶然にぶつかったのが平昌オリンピックのスキーの種目で、男子の「ス ロープスタイル」とやらいう曲芸というか障害物競争というか、張本勲な らば「良くもあんなことをするものだ。

自分なら絶対にやろうとは思わない」と言いそうな競技の決勝戦だった。 実は、これと同じ競技場でのスノーボードの競技も既に一寸見てあったの で、何とかコークだの1440だのという技の名称も初耳ではなかった。

彼らは人間業とは思えないことを試みるのだが、軽々とこなす者もいれば 無残な失敗もあるという具合。こういう競技種目があるとは全く知らな かったが、それは恐らくこれまでに冬季オリンピックというものに関心が なく見ていなかったのか、あるいは今回は何故か各テレビ局が挙って多く の種目を中継するので、見る機会が与えられたかの何れかと思っている。

だが、不思議に思えてならないことは「あの連中は一体何時何処であのよ うな競技の練習をするのだろうか」という点だった。あの競技の練習をす る為には、あれと同じような設定がされた練習場が常設されていなければ なるまい。

とすれば、彼らは雪を求めて1年中何処かを回っているのか、夏場のジャ ンプ練習場のような雪がない設備を設けておくのかなどと考えていた。ス ノーボードには我が国の選手がいたが、スキーでの決勝戦にはいなかった。

この手の中継放送を聞いて何時も不思議に感じることがある。それはアナ ウンサーも解説者も「高く飛んだ」か「素晴らしい高さに達する跳躍だっ た」と言うべき場面で必ず「高さがあります」と言うことだ。これは一体 どういう日本語かと奇異な感に囚われる。

記憶は確かではないが、ヴァレーボールかバスケットボールの中継で高く 飛んだ場合に、何時の間にかこういう表現を使った者がいたような気がす る。その表現が全テレビ局に普及して「高さがある」という、良く考えれ ば意味不明なというか具体性に乏しい表現が定着したようだ。私の好むと ころではない。

私はこういう表現を使うことで、表現力が低下しており、具体的にどうい う行動か演技だったかがサッパリ伝わってこないと思っている。これと似 たような表現に多くのスポーツ選手たちが「非常に良かった」、「自分と してはこれ以上ない結果を出せた」、「素晴らしい結果だった」と言いた くて、全て「最高です」と怒鳴るのが大流行である。これも彼らの語彙の 不足か表現力を奪い去る表現だと思って嫌悪している。何故、自分の言葉 で詳細に語ろうとしないのか。

もう一つ気になるアナウンサー語がある。それは彼らが屡々「初めてのオ リンピックでこの結果云々」という具合に「初めて」を強調したがること だ。誰だっていきなりオリンピックに2回目の出場が出来る訳がないだろ う。それに、あそこまで「初めて」を強調されると「オリンピックという 大会には2回以上出ていなければ立派な成績は出せない」とでも言いたい のだろうかと疑ってしまう。

「彼(または彼女)は今回が初出場です。健闘を期待します」程度のこと を言えば十分ではないのだろうか。かの羽生君は初めてのオリンピックで いきなり優勝したではなかったか。高橋尚子さんが2回目の出場だったと いう記憶もないが、優勝していたではないか。あの時にそう言っていた か?中には8回も出ても今回は残念な結果に終わった者だっていたではな いか。好成績は出場回数の問題ではあるまいと思うが。

また批判的なことを言ってしまったが、各局が競って中継放送してくれた お陰で、冬季オリンピックにはこれほど多くの見たことも聞いたこともな いような競技があったと知ることが出来たのは有り難いことだったと思っ ている。

だが、感謝するほども事でもあるまいと思っている。兎に角何処のチャン ネルに行ってもオリンピックばかりで食傷気味であるから。要するにく終 わってくれると良いな」という思いだ。不謹慎かな?


 ◎世耕経産相の秘書逮捕=タクシー運転手暴行容疑―警視庁

タクシー運転手を殴ったとして、警視庁中野署が、暴行容疑で世耕弘成経 済産業相の政策担当秘書川村太祐容疑者(60)を現行犯逮捕していたこと が18日、同署への取材で分かった。

 同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、17日午前2時〜同25分ごろ、東京都中野区のJR東中野駅前 のロータリーで、タクシーから降車する際、運転手の男性の顔を数回殴っ た疑い。

同署によると、川村容疑者は当時、酒に酔っていたという。運転手が取り 押さえ、通行人が110番した。運転手に目立ったけがはなく、乗車代金は 支払われている。時事通信2/18(日) 13:09配信 



 ◎川俣町、絹製シャツを返却 モニターの中止を決定


 福島県川俣町が、同町の繊維業の企業からフルオーダーメードの絹製ワ イシャツ31着(1着6万円相当)の贈呈を受けた問題で、町は17日、シャツ の着心地などを評価するモニターの中止を決定、同社に全てのシャツを返 却した。

同日、臨時で開いた町議会全員協議会で明らかにした。会議は冒頭を除い て非公開。町は外部から一人一人の体形に合わせて作られたシャツは金品 の収受に当たるのではないかと指摘を受けて、同社と協議。自治体として の立場から誤解を与えないようにとシャツの返却を決めた。

議員からは「シャツの採寸段階で内部で話し合いが行われなかったのか」 など町の対応に関する指摘や、佐藤金正町長の責任に言及する声も上がっ たという。

佐藤町長は会議後、報道陣の取材に対し「軽率な判断で町民や議会、同社 に迷惑を掛けて申し訳なかった」と話した。

シャツは佐藤町長ら30人の体を採寸して、14日、同社が町に寄せた。
福島民友新聞2/18(日) 11:38配信


 ◎キムチ納豆が旨い。だが・・・・  品川 阿生居士

納豆を自製し始めてから納豆の旨い食べ方を考え始めた。そこでキムチ納 豆を思い出して暫くぶりに作って食べた。これが旨かった。乳酸菌の発酵 によるキムチと納豆菌の発酵による納豆の組み合わせである。ともに発酵 による臭いが嫌いと言う人もいるが、丸梅亭には相性がよい食べ物に思わ れる。

片方は韓国の代表的な健康食物であり、もう片方は日本の代表的な健康食 物である。米国の健康雑誌「ヘルス」が2006年3月に世界の五大健康食材 に、日本の納豆、韓国のキムチ、インドのレンズ豆、スペインのオリーブ オイル、ギリシャのヨーグルトを挙げている。

https://matome.naver.jp/odai/2145529048304881001

この納豆とキムチの相性のよさに較べて日本と韓国の国柄は隣国同志であ りながらしっくりといっていない。その原因の大きなものに日韓併合につ いての韓国側の恨みの存念がある。小中華の立場から歴史的に下手にみて きた日本に併合された怨念である。

日韓併合の経過をウイキペディアで調べてみると、親中派、親露派、親日 派が入り乱れた李氏朝鮮の末期に日清と日露の戦役で勝利した日本の近代 化の成果をみて親日派が有力になり、その主導で日韓併合が実現している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88

この併合の経過をみると、10年前の1900年に行われた米国によるハワイの 併合に較べて併合された側の朝鮮がずっと主導的であったことがわかる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E4%BD%B5%E5%90%88

そこに、自ら主導して実現させながら後日の憤懣の原因を歴史的な事実に 反して相手に求めるという韓国独特の手法が慰安婦の場合と同じように認 められる。

朝鮮の日本統治は35年で、台湾の日本統治は50年であった。いずれの統治 も西欧諸国の植民地収奪型のものでなく近代化発展基盤造成型のもので あった。このことは前大戦後に独立したアジアの諸国の中で台湾と韓国が いち早く経済成長したことで証明されている。今日この日本の統治は、台 湾からは評価され感謝されているが、韓国・北朝鮮からは酷視され非難さ れている。

このような評価の正反対の相違が生まれたのは、両地域の日本の統治前の 状況と統治後の状況の相違に由来する。台湾は、独立国以前の未開状態で 支配され独立後は大陸から移ってきた国民党政権の支配を受けて日本の支 配との比較の経験を持った。韓国・北朝鮮は、近代化が遅れていたが一応 の独立国の状態で支配を受け再び独立したときは南北分断の状況であっ た。これらの歴史経過の相違が両地域の人たちの対日感情の相違を招いた ので、一朝には変更されないものである。

キムチの話から近隣の国との国際関係に話が大きく飛んでしまったが、ど ちらもこの86歳の老耄のやぶにらみの関心事であることは間違いない。

★キムチ納豆の健康効果 https://macaro-ni.jp/11519
                        (梅岡 弘)



 ◎米フロリダ州で反銃集会、高校銃乱射生き延びた女子生徒が熱弁

米フロリダ州フォートローダーデール市ブロワード郡で発生した銃乱射事 件の現場となった高校の生徒、エマ・ゴンザレスさん。同郡にある連邦裁 判所で開かれた銃規制を求める集会で演説する様子(2018年2月17日撮 影)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】米南部フロリダ州で行われた反銃集会で、同州パークラン ド(Parkland)のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校(Marjory Stoneman Douglas High School)で14日発生した銃乱射事件の生存者であ る女子生徒が熱弁を振るい、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統 領と全米ライフル協会(NRA)の関係に辛辣(しんらつ)な言葉を投げ掛 けた。

同校生徒のエマ・ゴンザレス(Emma Gonzalez)さんは、米大統領選でト ランプ陣営がヒラリー・クリントン(Hilary Clinton)元国務長官に勝つ ためにNRAから数千万ドル(数十億円)の支援を受けた事実を攻撃し、 「NRAから寄付金を受け取る全政治家、恥を知れ!」と発言し、集まった 人々も「恥を知れ!」と繰り返した。

 17人が死亡した14日の銃乱射事件を受け、米国では過去の乱射事件の生 存者らも声を上げ、行き詰まりを見せている銃規制をめぐる事態の打開を 求める声が一層強まっている。

 今回の事件を起こしたニコラス・クルーズ(Nikolas Cruz)容疑者 (19)は過去に問題行動や暴力行為があったにもかかわらず合法的に銃を 購入できていた。

 同校の生徒や保護者、地元当局者が参加した集会で演説したゴンザレス さんは、「もし(トランプ)大統領が私に向かって、(今回の銃乱射事件 は)恐ろしい悲劇だったけれど何の対策も行われないと言うならば、私は 喜んで彼(トランプ大統領)にNRAからいくら献金を受け取ったのかと尋 ねます」と述べ、次のように続けた。「でもそれはどうでもいいことで す。私はもう知っていますから。3000万ドル(約32億円)です」

その金額を米国で今年これまでに起きた銃乱射事件の犠牲者の人数で割れ ば「1人の命の値段は幾らになるのでしょうか、トランプさん?」と問い かけた。

このパワフルな演説はインターネット上ですぐに拡散し、ゴンザレスさん の名前はツイッター(Twitter)でトレンド入りした。【翻訳編集】 AFPBB News
AFP=時事2/18(日) 9:31配信



 ◎【新聞に喝!】 平昌五輪を利用した北朝鮮による核ミサイル完成まで の時間稼ぎ 各紙厳しい社説だが、朝日だけは違った 作家・ジャーナリ スト・門田隆将

これほどの政治ショーは滅多に見られるものではない。国の生き残りを懸 けた、まさに息を呑む駆け引きである。チキンレースの末に米軍の軍事作 戦が現実味を帯びてきた年末以降、案の定、北朝鮮の最高指導者、金正恩 (キム・ジョンウン)氏は韓国を使ってアメリカの動きを封じる作戦に出た。

 「韓国との対話を続けている間は、米軍の攻撃はない」という確信の下 での揺さぶりだ。果たして平昌五輪に悠然と現れたのは、金正恩氏の妹 で、実質ナンバー2の金与正(ヨジョン)氏だった。そして、彼女は兄の 親書を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に手渡し、南北首脳会談を持ちか けたのだ。

度重なる経済制裁で、北は悲鳴を上げている。しかし、あとわずかで悲願 の核ミサイル開発が成就する。北が欲しいのは、4半世紀に及ぶ闘いの末 の「完成までの少しの時間」なのだ。つまり南北対話という言葉は、その まま「核ミサイルを完成させる」と同義語なのである。

私は、日本の新聞がこれをどう書くのかに注目した。それは、最も大切な 「国民の命」を、新聞がどう捉えているかを教えてくれるものでもあるか らだ。

〈南北の首脳会談を必要としているのは北朝鮮である。そこを見誤ると、 核を温存したまま国際包囲網を突破しようとする北朝鮮に手を貸すことに なってしまう〉(毎日11日付社説)

〈看過できないのは、北朝鮮側に直接、核開発の放棄を求めなかったこと だ。(略)米朝対話に委ねるのではなく、自らが非核化を迫らねばならな いことを、文氏は認識すべきである〉(読売同社説)

〈拙速に南北対話を進めるのは、国連から制裁を科されている正恩氏に救 いの手を差し伸べるに等しい〉(産経同主張)

各紙は厳しく対話路線を非難した。しかし、朝日は違った。

〈北朝鮮のねらいがどうあれ、南北の指導者による直接の話しあいは本 来、あるべき姿である。同じ民族同士が少しでも和解を進め、朝鮮半島の 根本的な対立の構図を変えていく努力を重ねることは望ましい〉(同社説)

この期(ご)に及んでも、朝日だけは対話の重要性を強調した。建前と綺 麗(きれい)事、そして偽善は、新聞の専売特許だ。しかし、ことは日本 国民の「命」にかかわる大問題である。北の核ミサイル完成をあらゆる手 段で防がなければならないときに、対話で朝鮮半島の非核化が生まれると 本当に思っているのだろうか。

そう信じているとしたら、これほどおめでたい話はないし、また、思って もいないのにそんなことを書いているのだとしたら、これほど無責任で、 読者をバカにした話もない。

ネットの浸透と共に、部数が猛然と減り続ける新聞業界の中で、生き残る のは「現実」を見据えたものだけになるだろう。平昌を舞台に繰り広げら れる政治ショーは、私たちにとって新聞というものを見つめ直すまたとな い機会ともなっている。
              ◇
【プロフィル】門田隆将
 かどた・りゅうしょう 昭和33年 高知県出身。中央大法卒。作家・ ジャーナリスト。最新刊は、『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』。

【写真】 平昌冬季五輪の開会式で韓国の文在寅大統領(左)と握手する 北朝鮮の金与正氏=9日(聯合=共同)
http://www.sankei.com/column/photos/180218/clm1802180004-p1.html
【ZakZak】 2018.2.18 11:30 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎大雪死者11人に あわら温泉キャンセル延べ1万1千人超

記録的な大雪による福井県内の死者が、17日に大野市と勝山市でそれぞれ 1人確認され計11人となった。観光にも影響が広がり、あわら温泉の予約 キャンセルが5〜14日の10日間で延べ1万1千人を超えた。このうち半数の 約5400人が9日からの3日間にキャンセルした。

県によると、あわら温泉の予約キャンセルは、あわら市が75人以上宿泊で きる22軒の状況を調べた。回答があったものを集計したところ、5〜14日 の10日間で2695件、延べ1万1043人となった。内訳は5〜8日の4日間が3235 人で、3連休を翌日に控えた9日の金曜が1340人、10日の土曜が2017人、11 日の建国記念の日は2091人だった。12日の振り替え休日と13、14日の3日 間は2360人。15日以降の分は現時点では不明だが、キャンセルの合計がさ らに増えている可能性がある。

対応策として県は、あわら市や市観光協会などと連携を強化。28日から3 月5日まで大阪市で開かれる「越前・若狭の物産と観光展」でPRするほ か、3月初旬の東京での出向宣伝実施に向けて調整している。

 嶺北のガソリンスタンドは17日午前10時時点で全230店が営業した。農 業用ハウスの倒壊は16日午後5時時点で714棟。市町別では坂井市263棟、 福井市216棟、あわら市131棟などとなっている。
福井新聞ONLINE2/18(日) 8:11配信


  ◎北朝鮮と韓国、秘密接触を重ねる 昨年、五輪参加協議か

韓国と北朝鮮の両当局者が昨年秋から年末にかけ、少なくとも2回、平壌 で接触した。ソウルの情報関係筋が明らかにした。韓国は基本的に北朝鮮 との交流を禁じており、当局者の訪朝は異例。接触を通じ、北朝鮮は平昌 (ピョンチャン)冬季五輪参加と南北対話路線を決めるに至った。米国は 南北対話の行方を不安を持って注視しているという。

米国内には韓国の動きに対する不満の声も出ており、ペンス米副大統領が 訪韓した際に北朝鮮との接触を拒む事態につながった。

 南北の接触は、五輪を契機に関係を改善したい韓国側が求めた。昨年11 月以降、中国経由で訪朝し、北朝鮮の五輪参加問題を巡って協議した。北 朝鮮は参加の条件として米韓合同軍事演習の中止を求めたという。
朝日新聞デジタル2/18(日) 8:11配信


 ◎羽生結弦の溢れんばかりの気迫に圧された:前田正晶

私は決して羽生君を評価していない訳ではないが、今回の彼を選んだ協会 だか連盟のやり方は褒められたものではないと既に批判していた。羽生君 が非常に重大と言うべきか過剰とも言えるような責任を負わされて、どれ ほど大きな重圧の下にあるかも察しが付いていた。

そこで、17日は見ないと言っていたこの文在寅の邪(ヨコシマ)とでも形 容したい意図でかき乱されたオリンピックの中継を見る時間があった。そ れは丁度外出から戻った時刻に羽生の組に順番になっていて、家内が見 守っていたからである。

私は以前に指摘したと思うが、羽生君は技術力は既に世界の一流を超えた 段階にある上に、ある時から非常に精神面を重要視するようになっただけ に止まらない傾向が見えてきた。野村萬斎に指導を受けるなどスポーツの 領域を超えたところでの精進を開始したのは、私には結構なことであるか ないかの判断が付かない競技者になっていた。

私の持論では「スポーツの世界でも精神面の強化を重視するのは良いこと ではあるが、それは競技者としての技術と所謂スキルが一定以上の段階に 達した領域に入ってからならば相乗効果が上がるが、単なる精神論は無意 味である」というところにあった。更に、私は精神面の強化を唱えるのは 我が国の特徴で、欧米の諸国ではそれほどの流れにはなっていないと思っ ていた。

そこで、18日の勝負だが、3位に入ったスペインのハビエル・エルナンデ スは「兎に角失敗はすまい。綺麗に纏めよう」という気持ちが前面に表れ た見栄えがする形の良い演技だった。だが、羽生に勝ってやろうとか、メ ダル獲るぞというよな意気込みは私の目にはサッパリ見えなかった。では あっても300点超えの得点には到達した。

その後に出た羽生君はジャンプの後の着氷にはやや危ない箇所が2度ほど あったのは確かだった。だが、あの滑りからは「何としても勝ってやろ う。連覇してやろう。第1位になって金メダルを獲るぞ」という気迫が目 に見えるような迫力があった。

私はあれほどの迫力が採点の基準になるか否かは知らないが、あの凄まじ いばかりの精神力は審査員を突き動かすに十分かとすら考えていた。

果たせるかな、宇野昌磨を残してエルナンデスを超える彼の自己最高得点 (馬鹿な仮名交じり語では「自己ベスト」)には達しなかった300点台の 得点で、私には連覇は動かないものと見えた。

その後の宇野も良くやった が、もしかして冒頭の転倒がなければ羽生を 超える点が出たかも知れない と思ったら、それはとんだ誤認識である。 あそこで転倒するのが現時点で の宇野の実力なのである。でも、その後 を立て直して2位に入ったのは立 派な精神力であり、残すは技術面での更 なる努力であろう。

最後に悪いことを言いたい。それは羽生・宇野の両君が2名の中国系の者 をメダル圏内から押し出してくれたことだ。あんな連中に負けるなどとい う事態は個人感情としては受け入れられないと思っていた。彼ら2人に感 謝である。

余談だが、面白い現象だと思ったことはネイサン・チェンなる中国系アメ リカ人の名字は「陳」という字だった。

そこで、なおWikipediaで追及してみると、パトリック・チャンという中 国系カナダ人も「陳」なのである。このチャンは香港から移住したという から広東語読みで、チェンは北京語かと思った。なお、1950年代に「ダウ ン・ブロー」で一世を風靡した台湾人(後に日本に帰化)のプロご ファー、陳清波は記憶に誤りがなければ「タンさん」だったはずだ。同じ 中国語圏にあっても「陳」という字の読みがこ れほどバラつくのだから 中国語は厄介だと思う。

話が羽生君を褒めることから脱線したが、オリンピック2連覇とは実に立 派なことだったと、あらためて脱帽である。本当に良かった。後は小平奈 緒が500 mで優勝してメダルとやらを10個にして予想を覆してくれるのを 待つだけか。参考資料: Wikipedia


 ◎◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2018年2月18日◇◆◇◆◇
▼唸声チベット映像/世界遺産のチベット仏教の寺院が炎上

[https://stat.ameba.jp/user_images/20180218/04/unarigoe/6d/10/g/o0420023714133733902.gif]


GIFは燃え上がるジョカン寺/唸声、2/17午後6時40分頃、世界遺産に登 録されているラサのチベット仏教寺院のジョカン寺で火災が発生した。中 国当局は、死傷者はなく、文化財にも被害はないと言うが、どこまで信用 できるのか。

チベット・モンゴルに関しての中国当局の情報は信用できるものではな い。これだけ炎上していれば、ほぼ全焼、毎日新聞の文化財に損害がない とは何を指しているのか皆目見当がつかない。チベッ暦(今年は2145年)で も2/16がLosar=正月、中国当局の対応如何では暴動が起きる可能性もある。
https://stat.ameba.jp/user_images/20180218/04/unarigoe/6d/10/g/o0420023714133733902.gif

◇共同2/18:中国チベット自治区、世界遺産の寺院で火災
中国チベット自治区ラサ中心部にあるチベット仏教寺院ジョカン寺=2011 年8月(共同)
https://this.kiji.is/337613759273501793?c=39546741839462401

【北京共同】中国メディアによると、チベット自治区ラサ中心部にあるチ ベット仏教寺院ジョカン寺で17日、火災が発生した。ジョカン寺は、歴代 ダライ・ラマの宮殿だったポタラ宮などとともに世界遺産に登録されてい る。けが人はいないという。
 
ジョカン寺は7世紀に建てられたチベット仏教の中心的な寺院の一つ。僧 侶には中国政府が敵視するチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の 支持者が多いとされる。2008年には寺の周辺でチベット族住民らによる大 規模な暴動が起き、一時閉鎖された。その後も厳しい監視が続いている。

では、今週号をお楽しみください。
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12353742696.html
誕生日の音楽映像(ジョヴァンニ・バティスタ・ヴィターリ、作曲家・ ヴィオローネ奏者)
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12353718868.html
2018/2/18 唸声


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

19日の東京湾岸は浅野うち曇天。

見るともなく南の空を見ていると、北の街を目指して羽田を飛び発った旅 客機がグングン高度を上げて行く、無事を祈る。

外務大臣の秘書官時代はひっきりなしに飛行機で大臣のかばん持ちをした ものだがこの歳になると飛行機に乗るのが矢鱈怖い。歳をとって死が現実 に近づくと死が怖くなるもののようだ。


PC師匠一家と向島の洋食屋屋「あきら」で会食した17日夜、ご一家とヴェ トナムで懇意にしていたご家族も食べに来た。偶然とは恐ろしい。互いに 久闊を序していた。

散歩する江東区の都立猿江恩賜公園の梅は18日、快晴の下で満開となっ た、春近しの感。文字通り「梅は咲いたか、桜はまだかいな」。気象庁は 九段上の靖国神社境内にある標準木で「東京は3月24日ごろ」と予測して いる。余談ながらわが郷里秋田では5月上旬である。

隣りの第3亀戸中学校の音楽室。18日。日曜ながらブラスバンドの女生徒 たちが練習演奏をしていた。かなり上のレヴェルだ。校長さんは気を利か せて公開演奏をしばしばさせたらよろしい。自分の生徒たちを自慢しない でどうする。

既に退院したが高校同級生大釜君の脳梗塞を皆が心配している。彼の人
徳 の然らしむるところとと感心。

スポーツ観戦の嫌いな私はオリムピック一色のテレビにうんざりしてい る。早く終わってくれエ。

                          読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>










 ◎母の自己犠牲を描くとなぜ炎上するのか のぶみ作詞「あたしおかあ さんだから」 を認知的不協和から考える


絵本作家ののぶみさんが、おかあさんといっしょの歌のお兄さんだった横 山だいすけさんに提供した曲「あたしおかあさんだから」にTwitterなど で子育て中の母親父親、そして独身女性などからも批判が集まり、炎上し ているようです。詳しくはこちらのtogetterなどをご覧ください。

歌詞を見ると、母親が子どもを産み育てるうえで、様々なことを我慢して いることを書き連ね、でも「おかあさんになれてよかった」とまとめてい ます。批判の主なポイントは、【1】そんなに母親たちは我慢や自己犠牲 ばかりしていないというもの、【2】これまでののぶみさんの絵本の作風 などとも相まって、母親だけに我慢や自己犠牲を礼賛しているようで「呪 い」に感じられるというもの、【3】母親になる前の女性のこともばかに しているように聞こえるというもの の3点に分けられそうです。

このうち、【1】についてはTwitter上で、「#あたしおかあさんだけど 」や「おとうさんだから」など様々な親の在り方が発信され、かえって従 来型の規範に捉われない人たちがたくさん居て発信してくれる世の中に 「いい時代になってきた」感を覚えました。

ただ、【2】については、昨年オムツのCMで炎上したデジャヴ感があり、 「またこの手の炎上か」という感覚もあります。のぶみさんは実際のお母 さんたちの声を集めて作詞したやに発信されていますが、どうしてこう やってある種のマーケティングリサーチをしたはずのものがここまで批判 されてしまうのでしょうか。

どうして現実を描いても「炎上」するのか

私は、のぶみさんやオムツCMが描いた世界というのは、一定程度「現実」 であり、「事実」でもあると思います。母親がワンオペで四苦八苦し、我 慢も自己犠牲もたくさんしている。ここまではもちろん現実としてあるこ とですし、加えて、そのあと、「でも振り返ってみれば、あの日々も宝 物」「それでもあなたを産んでよかった」「母になれてよかった」のよう に思う母親たちがいるということも、事実だと思います。

でも、それをありのままに描くと炎上するのはなぜか。見聞きした人が、 押し付けられているように感じられる、だからあなたも頑張ってね、母親 だったらそのようにして当然でしょ、というメッセージを受け止ってしま うということもあると思います。特に今回、絵本や元うたのおにいさんの 歌ということですので、子どもに「あなたのためにこんなに犠牲になって るのよ」と恨み節を聞かせたくないという観点からも批判されているよう です。

「認知的不協和」と酸っぱい葡萄

それに加えて、私がおぼろげながら感じたのは、「現実」「事実」のほう が歪んでいるから、みんな反発するんだろうなぁということです。絵本作 家さんの話だからというわけではありませんが、「すっぱいぶどう」とい うイソップ寓話を皆さんご存知ではないでしょうか。キツネが美味しそう なブドウを見つけるのですが、どうやっても手に入らないとわかると「あ れは酸っぱかったに違いない」と思い込むという話です。こういった認知 のゆがみを、心理学では「認知的不協和」と言います。

認知的不協和というのは、(1)自分の信念やそれまでの行動と(2)矛 盾した事実が出てきた(状態に陥った)とき、非常に不快感を覚えるとい うもの。この解決策は(1)の信念や行動を変えるか、(2)の事実に対 する認識をねじまげるかということになります。

母親たちが、自己犠牲を強いられているとき、私はこれに近いことが起 こっているのではないかと思うのです。本当はここまで我慢しないといけ ないのはおかしいと思ってる。どうして母親ばかりが、と思ってる。私 だって母親になってからも自分らしく認められたい、と。それで、実際に 【1】であげたように、「おかあさんだけど」色々な自由を持てるひとは いいわけですが、持てない場合、あまりにもその状況が理不尽すぎると、 「すっぱいぶどう」の逆のことが起こるのではないでしょうか。つまり、 「この自己犠牲こそ、素晴らしい」「母の我慢は愛であり、美しい」と思 おうとしてしまう。

「呪い」の正体

これが、ネット上で皆さんがおっしゃっている「呪い」の正体ではないか と思うのです。つまり、仮にそれが確かに何人かの(おそらく本当に大変 な時期を終えた)母親の認知的な現実だとしても、非常に不快感を覚える 解決策として何とか認知が生み出した「いや、でもこれでよかったんだ」 (あのブドウは酸っぱかったんだの逆)が、他人(とりわけ今回、子育て を終えた女性どころか、子育て関係の渦中にいる男性)によりスルッと描 かれてしまうと、特にその認知の調整がまだ済んでいない人にとっては 「非常に不快感」だけが残る。

「あなたを産んでよかった」まで歪んでいるとは言いませんが、でもそこ まで我慢しないでそこまで自己犠牲しないで済んだほうがもっと「振り返 れば宝物」になったかもしれないし、母ばかりが苦労しなくても「あなた を産んでよかった」ことには変わりはないはず。なのに、あたかも苦労し 我慢していることがお母さんであり愛であるかのような、不協和を調整後 の認知が(仮に実際にそういう認知が実際のお母さんたちの声の中にあっ たとしても)広められてしまうことに、皆さん抵抗をしているのではない かなと思います。

チェック体制は機能しないのか

まぁそこまで難しい概念を持ち出さなくても、もう母親役割を強調する トーンは時代錯誤でNGですね。【3】の表現も含めて、絵本作家さん個人 攻撃をしたいというよりは、様々な炎上CMのときと同じように、おそらく 何人もこれをチェックできる立場の人はいたはずなのに、誰も何も思わな かったんだろうか…と、日本企業の意思決定の場面でのある意味での認知 の偏りを非常に感じ、そちらのほうが深刻な問題だとは思いました。

ただ「ちゃんと本人たちにヒアリングしたのになんで炎上するんだよ」と 思っている制作側の方がいたら、本人たちが言ったことをそのまま描けば いいかというとそういうわけではないということにも意識を向けてもらえ たらと思います。
2/5(月) 6:30  中野円佳  | ジャーナリスト/研究者



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━
散歩する江東区の都立猿江恩賜公園のあちこちに15日,花が植えられた、 美しい。これを植えて下さった、ボランテアの方に感謝し、そのお美しい お心がけに感謝する。

17日夜はヴェトナムから一時御帰国中のPCの師匠夫妻をお招きして向島の 洋食屋『あきら』で会食する。橋梁技師の旦那さんは生ビールが大好き。

                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。