政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4607 号  2018・3・15(木)

2018/02/15

              
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4607号
□■■□──────────────────────────□■■□


      
        2018(平成30)年2月15日(木)



「拉致:朝鮮半島の闇、日本の闇」第1章:“シーチン”修一 2.0

      EU、ロシアなど80ヶ国がCRSに署名:宮崎正弘

          大阪を行脚していた与謝蕪村:毛馬一三

                   希望の党 玉木代表に希望:宝珠山  昇

                            
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4607号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「拉致:朝鮮半島の闇、日本の闇」第1章
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        “シーチン”修一 2.0

【措置入院」精神病棟の日々(92)】2月11日は「紀元節」、今の呼称で 「建国記念(の)日」だが、明治に制定された。

<神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり、そ の即位月日を明治に入り新暦に換算した日付(が2/11)である。

1873年(明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と 定められたが、戦後の1948年(昭和23)に占領軍 (GHQ)の意向で廃止され た。その後、復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、1966年(昭 和41)に国民の祝日となり翌年から適用された。

なお、神武天皇は、古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存したと あるが、現在の歴史学では、考古学上の確証が提示されていないこと、ま た古事記や日本書紀のその神話的な内容から、神武天皇が実在した人物か も含めて、その筋書きをそのままの史実であるとは考えられていない> (WIKI)

神武天皇などが活躍した当時は「春と夏で1年、秋と冬で1年」だったとい う説があり、これに倣えば神武天皇は60代で没。それでも当時としては長 寿だろうが、不自然ではない。

神武東征というのは、西日本の諸部族を平定した勢力が東へと押し出し、 諸部族に「仲間になるか、それとも戦で決着するか」と迫り、兵力を増や しながら東進して紀元前660年1月1日 (旧暦)に建国を宣言した、というこ とだろう。

塩野七海氏は「(ローマの建国神話には、ローマの始祖は狼が乳を与えた 双子だとあるが)神話は史実かどうかはさておき、国民がその物語を受 容、共有することに意味があるのだ」と書いているが、多くの日本人は、 というか少なくとも小生は「神話時代はともかくも2000年は日本という国 が連綿として続いている。世界史の奇跡ではないか」と誇りに思う。

万世一系、代々の天皇が直接的あるいは間接的であれトップに君臨し(初 期設定)、諸勢力の争いがあってもそれを超越して泰然自若としてあり続 けるというシステム(OS)を編み出したのはすごいし、それを国民(ユー ザー)が支持し続けたというのもすごい。(温度差はあっても、少なくと も「大黒柱とか心棒とか、受け皿とか、ないよりはあったほうがいいよ ね」とは思っているだろう)

喜びも 悲しみもともに 2千有余年 陽射しのごとく 天地育む(修一)

前回「バカチョ〇」に触れたが、小生が小学生の昭和30年代でもわが街の 多摩川の土手の街側には朝鮮人集落があった。不法占拠だ。小学校には朝 鮮人も通っていたと思う。僕らは下校途中で「チョーセ〇人はカーワイ ソ、地震のためにおうちはペッチャンコ」と声を張り上げたことがしばし ばあった(関東大震災で生まれた言葉らしい)。チョーセ〇人の子はケン カが強いと、子供たちからは敬遠されていた。

川崎市から最後の朝鮮人集落が撤去されたのは20年ほど前で、高額な補償 金に市民は「なんなんや、泥棒に追い銭かいな」と大いに困惑したもの だ。今はマンションが建てられているが、集落の人が優先的に入居してい るのかもしれない。

日本の敗戦で朝鮮半島には2つの国ができた。大韓民国(1948年8月15日 樹立、通称韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(1948年9月9日樹立、通称北 朝鮮)だ。

その3年前の1945年8月には日本の敗戦が決まったのだが、半島では連合国 の意向でしばらくは「連合国による暫定統治」、実質的には日本の統治 (行政機構の運用)が続いていた。

連合国は「朝鮮人は国家統治の経験、能力に欠けるから、日本による統治 をしばらくは続けざるを得ない」という判断だったのだろう。ソフトラン ディングを狙ったわけだ。

日本でも占領下におかれてはいたものの天皇制と日本政府は存続し、ソフ トランディングが進められたが、食糧難他いろいろな困難があり、その一 つには、日本が朝鮮半島の主権を放棄すると、敗戦国民でも勝戦国民でも ない“第三国人”の在日朝鮮人の法的立場が曖昧になってしまったこともある。

このために戦後は朝鮮人が暴れまくった。政府も警察も国内法で彼らを制 圧していいのかどうか、ひるんでいたようだ。何しろ国家主権のない占領 下なのだから。

朝鮮人はやりたい放題。駅前の一等地の不法占拠、警察署襲撃・・・怖い ものなしだ。

小生の大学時代の友人、石館君は卒業後に中国新聞社に就職したが、彼が よく言っていたのは「日本中で朝鮮もんが暴れまくったが、広島でも警察 は役に立たず、代わりにヤクザが朝鮮もんを押さえ込んだやで」。WIKIから。

<『仁義なき戦い』は、日本のノンフィクション。作者は飯干晃一。本作 は戦後の広島県で実際に起こった広島抗争を、当事者の1人である美能幸 三の手記に飯干が解説を加えた作品。

美能幸三が獄中で書き綴った手記をベースに、飯干晃一が1972年(昭和 47)「週刊サンケイ」5月26日号から連載したノンフィクション。原作は 半分近くを美能の手記を引用しており、戦後の実際に起こった広島抗争 で、当事者の1人である美能の手記をベースに、飯干が補筆し当時の状況 を解説した内容が掲載されており、出版し続けている会社もドキュメント として本書を紹介している。

団体・人名・地名も全て実名で載っており、手記と解説が一対になり、事 件や行事ごと、広島抗争が時系列に沿って進む。「週刊サンケイ」で連載 が開始されると圧倒的な人気で、印刷所ではゲラ(校正用の試し刷るり) の奪い合いになったという。

獄中手記を美能が執筆した原動力は、1965年(昭和40)に中国新聞報道部 記者である今中瓦が『文藝春秋』4月号に執筆した「暴力と戦った中国新 聞 ― 菊池寛賞に輝く新聞記者魂 "勝利の記録"」という記事への反論から であった。網走刑務所で服役中だった美能が、たまたま雑誌でこの記事を 見つけた。なつかしくて飛びついて読んだというが、読むと10日間メシが 食えない程腹が立った。

ケンカの張本人が自分と決めつけられている上、身に覚えのないことまで 書かれている。"美能が他の組幹部の意向を無視して山口組と勝手に盃を 交わした"、"破門された美能が山口組と打越会に助けを求めた"という記 述など。特に美能は "打越会に助けを求めた"という部分にプライドを傷 つけられた。

「助けを求めたなどと書かれては、ヤクザとして生きていく以上、黙って はいられない。ウソを書かれて悔しい」と翌日から舎房の机にかじり付い た美能は、こみ上げてくる怒りを抑えながら、マスコミに対する怨念を込 め、7年間にわたり総計700枚の手記を書き上げた。手記は汚名返上の執念 が書かせたものであった。

このため廻りまわって「週刊サンケイ」から連載が決定した時、"登場人 物を全て実名で掲載すること" を連載の条件に付けた。実名を出せばトラ ブルになることは分かっていたが、あくまで名誉回復のためなので「実名 でなければ断る」と頑なであったという。「週刊サンケイ」の矢村隆編集 部次長が、掲載許可を取り付けるため、美能と会ったのは、1971年の秋、 東京のホテル。

美能は無関係の第三者に読ませるつもりはなかったが、5度目の交渉で首 を縦に振った。この時の条件が前記の登場人物の実名掲載であった。矢村 が編集長と相談し、条件を飲んで正式に打診した。現在とは社会背景も大 きく違うとはいえ、当時『仁義なき戦い』が実名のまま世に出たことは、 まさに驚愕に値する。「週刊サンケイ」の担当者は、数多くの恫喝をヤク ザから受けたといわれる>

毒を以て毒を制す、江戸時代からの伝統で、ヤクザがチンピラの乱暴狼藉 を押さえ込んで、配下にするわけ。飯岡助五郎のように十手を持った親分 はゴロゴロしていたのではないか。今、ヤクザが弱体化しているために半 グレというチンピラが増えているとか。

こういう経緯もあってヤクザには朝鮮人、朝鮮系が多いのだろう。暴れん 坊を押さえつけてしつけられるのはジャイアンしかいない。

小生は警察の組織犯罪対策部(通称「〇暴/マルボウ」)のデカに若かり し頃、睨みつけられたことや、彼らの忘年会を近くで眺めたことがある が、ヤクザと誼(よしみ)を通じて情報を得るのも〇暴の大事な仕事だか ら、顔つき、しぐさ、服装はほとんどヤクザだった。見分けがつかないと いうか、ヤクザ以上にヤクザらしかった。ジャケットは寅さん風に肩にか けただけで周囲を睥睨するように歩くさまは、まるで菅原文太。

健さんもかっこよかったが文太もえかったで。

「男が世に立つ以上は、人の風下に立ったらいけん。一度舐められたら、 終生取り返しがつかんのがこの世間いうもんよ、のう。ましてや侠客渡世 ならなおさらじゃ。時には命を張ってでもという性根がなけりゃ親分とい われるような男にはなれんわね・・・

最後じゃけん、云うとったるがよ、狙われるもんより狙うもんの方が強い んじゃ、そがな考えしとったら、スキができるど」

文太は東映労組のボスだったが、労組は大体がアカとの親和性が高い(ソ 連の映画や舞台芸術に憧れたりする)。戦後の混乱は戦後動乱、戦後革命 (内乱を革命へ転化せよ!)の絶好の機会でもあるからアカは占領軍を 「解放軍」と言って大喜びしていた。

日共こと「コミンテルン日本支部」の宮本顕治(通称ミヤケン)は戦前の 1934/昭和9年にリンチ事件で“同志”を殺しており、殺人犯として刑務所 (ほとんど温暖な東京)暮らしだったが(大物だから待遇はいいし、セレ ブのカミサン、百合子が仕出し屋に毎日弁当を届けさせたから多分、麦 シャリはほとんど食べなかったのではないか)終戦で釈放された。思想 犯、政治犯ではない「ただの人殺し」なのにGHQは間違って釈放したのだ ろう。

小生はミヤケンに義理も恩も恨みもないが、スパイ容疑で“同志”を査問中 に“同志”が逃げ出そうとするのを柔道が得意のミヤケンが体固めで締め付 けたら「死んじゃった、どないしょ!?」という、まあ事故死的な面が あったようだ。今ならミヤケンは暴行傷害致死あたりだろうから、「殺人 犯」とまでは言えないかもしれない。

ミヤケンは今の日共の始祖みたいな感じだが(要は権力闘争に勝ったわ け)、彼がいなければ日共の歴史はずいぶん違ったものになっていたろう。

上意下達で党内議論を認めないという党内の空気は彼が作ったのではない か。関東大震災の前年、1922年の結党から間もなく100年を迎えようとし ているのに、革命の「か」の字もできずに「確かな野党」に甘んじてい る。政権を取るなんてとっくに放棄しており、日共一筋、2代、3代の赤い 血筋が評価される世襲制の利権集団でしかないようだ。北朝鮮そっくり。

「任侠」同様に戦後の「日共」にも多くの朝鮮人がいた。以下はサイト 「日本共産党の正体」から。(2005年の記事らしいが、初出媒体、著者= 林玲の詳細は不明。2003年に日共を追放されたNO.4の筆坂秀世あたりが書 いたのではないか)

<「日本共産党史」から消された「朝鮮総連」結成秘話 ジャーナリスト  林 玲

【5月25日、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が、創立50周年を迎え た。北朝鮮を支持する在日団体として、何かと話題になることが多いが、 かつての日本共産党との深い関わりを知る人は少ない。日本革命を共に目 指した在日朝鮮人のコミュニストの多くが、総連結成に参加したのであ る。党史から抹殺された秘話をジャーナリスト林玲氏がレポートする】

今では党史のどこにも書かれておらず、すっかり忘れ去られているが、実 は日本共産党は戦前から戦後にかけて、在日朝鮮人と共に歩み、大いに助 けられた。

共産党と在日朝鮮人の関係を辿ってみよう。

1922年(大正11)の創立時から、共産党は植民地解放の方針に基づき、朝 鮮の独立を綱領に掲げた。コミンテルン(共産主義インターナショナル) の方針で、1930年代以降、日本在住の朝鮮人共産主義者は、日本共産党に 所属した。ちょうど在米中の片山潜がアメリカ共産党に所属し、在仏中の ホー・チミンやトウ小平がフランス共産党に入党したのと同じである。

戦前から、日本共産党のもとに多くの在日朝鮮人が集っていた。例えば、 共産党系の労働組合の全協(日本労働組合全国協議会)は、最盛時の1931 年(昭和6)ごろ、組合員数は3万人だったが、うち3割を朝鮮人が占めて いた。

1945年(昭和20)、敗戦の年の10月、徳田球一ら共産党幹部が、府中刑務 所を出獄した。その際、<歓迎 出獄戦士 万歳>の幔幕を掲げ、熱狂的 に出迎えたのは、数多くの朝鮮人だった。その後、催された歓迎大会の会 場を設営したのもまた朝鮮人党員である。彼らが待ちわびていたのは、獄 中15年の不屈の闘士、金天海であった。金天海は在日朝鮮人から圧倒的な 支持を集めていた、云々>(以上)

金天海はその後、北へ行ってから消息はぷっつり絶えた。処刑されたのだ ろう。

反社会的なヤクザ組織や、共産主義革命を目指す日共、北の出先機関であ る朝鮮総連に多くの朝鮮人がいる。つまり政府や警察の監視対象であり、 今でもそれは変わらないだろう。何があったのか、次回も闇を覗いてみよう。

天気が良くても風が冷たく、風邪の再発を恐れて外で遊べず、終日PCに向 かうしかない孤独な(Kは友達とスーパー銭湯1泊)発狂亭“ファルコンア ロー”雀庵の病棟日記から。格闘技には、一歩間違えると「自滅技」にな りかねないものも多いが、総じてこの世はそういうものかもしれない。わ しゃ、自滅の連続だあ!

【2016/12/9】金曜、快晴。

*産経から。榊原英資「正論 統合危うくする反EUの歯車」、曰く――

<戦後、統合と経済の自由化が進んできたが、再び主権国家への回帰、保 護主義化が進んできている。リベラリズムや寛容な態度でまとめて一つの ヨーロッパをつくり上げたのがEUであり、確かに難民などの問題を生んで しまったのだが、その理念に立ち返るときではないか。

日本は自由化の流れを止めない、保護主義を食い止めるという、グローバ リゼーション=GLBのリーダーシップを取るべきだ>

GLBとは、国境をなくす or フェンスを低くし、ヒト、モノ、カネができ るだけ自由に動けるようにすることだ。それにより経済は活性化し、夢と 希望にあふれ、自由化=〇、保護主義=×だった。

日本で派遣労働が認められたころ、識者は「年功序列、終身雇用という労 働市場の固定は不合理だ。企業は必要な時に必要な労働力を求めており、 労働市場の流動化は進めるべきであり、生産性向上に繋がる」と主張して いた。

どうなったか。結局は非正規雇用が急増し、多くの労働者の収入も減った。

モノとカネの流動化は、賃金の安い後進国、中共など新興国への工場移 転=国内製造業の衰退、産業空洞化、失業率の上昇、景気悪化を招き、 「就職氷河期」などと言われた。

米国ではGLBにより「早く儲かればよし」とする風潮に一層拍車がかか り、自動車の街デトロイトをはじめ中部の製造業都市は軒並み空洞化にに より壊滅的打撃を受け、今やラストベルト(鉄サビ地帯)と呼ばれるよう になってしまった。

EUには移民、難民モドキが押し寄せ、低賃金化、既存労働者の解雇が進ん だ。英国のEU離脱、欧州全体での“極右”の台頭、米国のトランプ勝利は、 明らかにGLBの大失敗を示しているのではないか。

globalization という造語以前は globalism と言っていたが、後者は孤 立主義に対する言葉で、「世界的干渉主義」の意だった。国家、国民、民 族、人種にはそれぞれの歴史、伝統、文化、成り立ち、価値観がある。国 家主権とは、「アナタはアナタ、オレはオレの道を行く」ということで、 タガをはめるのなら国連、WTOあたりでいいものを、言うことを聞かなけ れば「村八分にするぞ」と干渉しまくり、脅かし続ければ、アカモドキの EU真理教から皆が目覚めてくる、「うちらの主権どないなっているんや」と。

榊原などリベラル≒アカモドキは、どうせ東大出て大蔵省か外務省の官僚 を務めたバカだろう。お花畑の邪論、愚論、暴論、詐論、偽論のどこが 「正論」なのか。読者はこの手の妄言を読むためにカネを払っているので はない。編集者はよくよく反省すべし。(つづく)2018/2/13




━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EU、ロシアなど80ヶ国がCRSに署名
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)2月14日(水曜日)弐
         通巻第5614号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 EU、ロシアなど80ヶ国がCRSに署名
   テロリストの資金洗浄、脱税ルートを封鎖へ
**********************************

2月12日、EU委員会は、ロシアの加盟をまって「CRS」(共通報告銀 行基準)に署名した。これでCRSの加盟国は80ヶ国となった。ただし、 独自の「FATCA」を進める米国は、EU主導のCRSには加わってい ない。(FATCAは日本では、「外国口座税務コンプライアンス」と翻 訳されている)

分かりやすく説明する必要がある。

EU域内で、「怪しげな銀行ルール」を維持してきたのはスイスの銀行の 他に、サンマリノ、アンドラ、リヒテンシュタイン、モナコがある。脱 税、匿名口座、秘密口座など、伏魔殿のように、世界から怪しい資金が流 れ込んだ。

大金持ちや新興成金ばかりか、この秘密性に目を付けた犯罪集団、アラブ の王族、アフリカの独裁者、中国の支配階級、そしてロシアの新興財閥等 がフルに活用してきた。

9・11事件以後、米国はテロリストへの資金ルートを根絶せんとして、ス イスに強力な圧力をかけ、とうとう秘密口座の公開に踏み切らせた。

交渉が数年にわたったため多くの秘密資金は、この間に海外のオフォショ ア市場へ流れ出た。たとえばロシアの新興財閥の資金はキプロスから、マ ルタへ移動させたり、中国の資金洗浄ルートはカリブ海の英領バージン諸 島が利用された。

犯罪集団や資金洗浄のプロ達は、手口を高度化させ、カリブ海のタックス ヘブンなどに幽霊企業を設立し、あたらしい脱税の温床が生まれた。

加えて「オフショア取引」の発達と発展によって、まだまだ怪しげな市場 が世界に広がっており、サモア、バーレーン、バルバドス、グレナダ、マ カオ、UAEなど17のオフォショア市場が、今後は「制裁」の対象とな る可能性がある。

また「グレーゾーン」のリストにはセルビア、モンテネグロ、マケドニ ア、アルメニア、ウルグアイ、香港、マカオ、ヨルダン、モロッコなど 47ヶ国の怪しげな銀行があがっており、言ってみればモグラ叩きのよう なゲームが今後も持続されるだろう。

         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 国際的なテロリズムの専門家が挑んだ「ルール変更」
  民間人を巻き込む暴力にミンシュシュギ体制は脆弱すぎないか

  ♪
B・ガノール著、佐藤優監訳
『カウンター・テロリズム・パズル  ─政策決定者への提言』(並木書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 著者のガノール氏はイスラエルの国際カウンター・テロリズム政策研究 所(ICT:International Institute for Counter-Terrorism)の創設者で ある。

現在、事務局長を務め、「テロリズム研究」の第一人者として世界的に知 られる人物であり、詳しくは、「監訳者のことば」で佐藤優氏が次のよう に紹介している。

「私がガノール氏の名前を初めて聞いたのは、2001年3月のことだった。

イスラエルのインテリジェンス専門家から、『近未来にアメリカ本国か、 その同盟国で、国際テロ組織アルカイダが、奇想天外な方法で大規模なテ ロを起こすことを警告している学者がいる』とガノール氏の論文のコピー を渡されたことがある。そして、その6カ月後の2001年9月11日にアメリ カで同時多発テロ事件が起きた。この事件で国際関係のゲームのルールが 大きく変わった」(佐藤優)
 
本書はテロリズムを学際的に分析した貴重な研究書で日本訳はもちろん初 めてである。

著者は、まず「テロリズムの定義」の必要性を論じ、もし定義が曖昧模糊 たる場合、「自分たちはテロリストではなく、民族解放を行なっている」 という言い逃れを許してしまうからである。

実際に世界の多くのテロ事件に犯人達の言い草がそうだ。

著者は、テロリズムを「自らの政治目標を達成するために、意図的に民間 人に暴力を行使する闘争」と定義している。この定義が一般的になれば、 「テロ」と「ゲリラ戦」「民族解放運動」との違いが明確になり、テロ対 策の国際協調がしやすくなる。

何しろ民主主義は人権を優先するため、テロリズムに対して脆弱である。 これを「民主主義のジレンマ」と著者は言う。

民主主義国家は、その基本的な価値観(人権の尊重、表現の自由、拷問や 懲罰の禁止など)を維持しながら、テロと戦わなければならない。
ところがテロリスト側にルールはない。やりたい放題、どんな卑劣な手口 でも、テロリストは平然と活用する。

もし民主主義の価値観をないがしろにしてテロ対策を優先すれば、その政 権は長くはもたず、結果的にテロに敗北する。これが「民主主義のジレン マ」であると著者は言う。
 
本書では他に「対テロ立法のジレンマ」「テロ報道のジレンマ」などが詳 述されている。

建国以来、イスラエルはパレスチナ紛争を戦い、ヒズボラとのテロ対応を 強いられ、欧米よりも早い段階からテロ対策を講じ、ノウハウを蓄積して きた。

そのイスラエルにおいても、一貫したテロ対策はないのだという。

2020年に東京五輪・パラリンピックを開催する日本にとって、テロ対策は 急務であり、テロを包括的に論じた本書の価値は高い。

東京五輪の選手、役員ならびにファン、警備を担当する全国の警察関係者 にも必携の書である。
           

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前々号の井上隆史氏の三島論の宮崎さんの書評に非常 に感銘を受けました。是非とも読んでみたくなる書評でした。

というより宮崎さんの三島由紀夫への高い問題意識を持ち続けられる精神 性の深さと勁さを再確認できたことです。

やはり『豊饒の海』をきちんと読み解かなければどうにもならないと思い ますが、僕はまだその手前をウロウロしている状況で、昨年から昭和30年 代の『鏡子の家』と『美しい星』についてあれこれ考えています。
   (KN生、大田区)



  ♪
(読者の声2)「第3回 日本の明日を考えるタウンセミナー」のご案内 です。西村幸祐後援会&和田政宗参院議員「国会報告」――日本の危機! フェイクメディアと安全保障

                 記

日時 : 平成30年2月25日(日) 13:30 〜 17:00
場所 : 埼玉会館3C会議室 (JR 浦和駅西口徒歩7分)
主催 : 日本の明日を考える埼玉県民の会
講演 : 第1部 和田政宗参議院議員による国会報告
     第2部 西村幸裕氏「日本の危機!フェイクメディアと安全保障」
参加費: 無料
(終了後近在の居酒屋で懇親会を設ける予定(会費 男性,3,500円。女性 3,000円)
連絡先事務局:蓮見一郎 (TEL 090−3247−3392)
              竹本博光  (TEL 090−8815−4986)



  ♪
(読者の声3)『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)阿羅 健一著その7―第二章 軍人の見た南京 1、陸軍(3)。企画院事務 官・岡田 芳政、参謀本部庶務課長・諫山春樹大佐。陸軍省軍務局軍事課 編成版・大 槻少佐。野砲兵第22連隊長・三国直福大佐。
今回は第2章「軍人の見た南京」のうちの1、陸軍(3) 上記4人の証 言です。

 岡田氏は陸軍省軍務課付で東京大学に派遣されていましたが、支那事変 が起きたために勉強は打ち切り、企画院に出向しました。中国経済開発の 研究立案担当。南京陥落直後の12月24日に上海から南京に視察に入りました。

先輩の案内で市内を回り、夜遅くまで話し込んだそうです。虐殺などとい う話は全く出て来なかったといいます。

市内では、中国人が露店を2、3開いているのをみたそうで、街は平静そ のものだったそうです。安全区の門番の中国人は、岡田氏が以前南京に滞 在していたときの顔見知りで、ニコニコして迎えてくれたといいます。戦 後虐殺事件のことを聞いてびっくりしたそうです。要するに日本は宣伝戦 に負けたのだ、と強調しております。

軍中央から上海派遣軍上陸後度々視察のための派遣がありましたが、参謀 本部の庶務課長であった諫早氏も派遣された一人でした。軍規の乱れが あったのではないか,そのために度々の派遣があったのではないかと、 「南京事件があった」という後追いで言われることがあります。諫早氏の 証言はこれをことごとく否定しています。第16師団長の中島今朝吾中将の 日記に「捕虜はせぬ方針なれば」は「武器を取り上げて釈放せよ」という 意味でしょうと述べています。

 大槻氏は陸軍省軍事課員として12年の暮に南京に行き、情報収集を行 い、また翌年には中支那派遣軍参謀として南京に行っていますが、虐殺だ とか、そんなことが話題になったことは一度もなかったと言っています。 全くのウソですといいます。

三国氏は第16師団野砲兵22連隊長として、昭和13年1月に南京に入ってい ます。病気のため南京入が遅れたのですが、部下、師団司令部か戦 闘の ことなど色々話を聞いたが、「事件」などということはまったく聞い て いないそうです。

その後、南京特務機関長となって、南京にできた中国人の維新政府と毎日 接触、交渉する立場にありました。行政院長の梁鴻志とも度々会っていた そうですが、南京虐殺だとかそんな話が出たことはまったくなかったと 言っています。
  日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/48-7.pdf
  英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-7.pdf
 海外には、英文で発信しました。
   (「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道)



  ♪
(読者の声4)「西部邁氏追悼 講演「西部邁氏を通して日本と世界を見 る」のおしらせです。講師は西村幸祐氏です。

とき    3月3日(土) 18:30〜 (開場18:00)
ところ   文京シビックセンター 26階 スカイホール
参加費   1000円 (学生無料) 予約不要
どなたでもご参加頂けます。お直接会場へお越し下さい。
主催    「英霊の名誉を守り顕彰する会」
連絡先    090-6709-9380 佐藤



  ♪
(読者の声5)ウイグルの声は基調です。報道機関の方々にはぜひ報道面 でのご協力をよろしくお願いします。
BBCの報道で、「妻と母をいっそ撃ち殺してくれ」と訴えるウイグル人。
https://www.youtube.com/watch?v=456eLnEdPbQ
   (三浦生)


      
━━━━━━━━━━━━━
大阪を行脚していた与謝蕪村
━━━━━━━━━━━━━
 

        毛馬 一三

江戸時代中期の大阪俳人で画家である与謝蕪村は、享保元年(1716年)、 摂津国東成郡毛馬村(現・大阪市都島区毛馬町)に生まれている。生誕地 が大阪毛馬村と余り周知されていない事実のことは本誌で既に触れている。

しかし、蕪村が俳人として大阪の中心部を活躍の舞台にしていたことには 触れていない。

むしろそれに気づかなかったのが本当のところだ。

蕪村は、17歳〜20歳頃、生誕地毛馬を飛び出て江戸に下っている。なぜ江 戸に下ったのか。これすら未だはっきりしない。しかも蕪村は出奔以来、 極度な郷愁は感じながらも、実際は生誕地「毛馬」に一歩も足を踏み入れ ていない。なぜだろう。

おそらく、京都丹後与謝から毛馬村の商屋の奉公人として来た母親が、庄 屋と結ばれて蕪村を産んだものの、若くして死去したため、蕪村が庄屋の 跡継ぎにも成れず、周囲からも過酷ないじめに遭わされたことなどから、 意を決して毛馬村を飛び出したに違いない。

しかも蕪村が飛び出した先が、江戸の日本橋石町「時の鐘」辺に住む俳人 早野巴人だ。だが、どうしてこんな超有名な俳人に師事し俳諧を学ぶこと ができたのか、田舎の毛馬村と江戸との結びつきや、師匠との今謂うコネ がどうして出来たのか、ミステリーだらけだ。この時蕪村は、師の寓居に 住まわせて貰い、宰鳥と号している。


<寛保2年(1742年)27歳の時、師が没したあと、下総国結城(茨城県結 城市)の砂岡雁宕(いさおか がんとう)のもとに寄寓し、松尾芭蕉に憧 れてその足跡を辿り東北地方を周遊した。その際の手記を寛保4年(1744 年)に編集した『歳旦帳(宇都宮歳旦帳)』で、初めて「蕪村」と号した のである。

その後、丹後、讃岐などを歴遊し、42歳の頃京都に居を構えた。 45歳頃 に 結婚し、一人娘くのを儲けた。島原(嶋原)角屋で句を教えるなど、 以 後、京都で生涯を過ごした。明和7年(1770年)には、夜半亭二世に推 戴 されている。

京都市下京区仏光寺通烏丸西入ルの居宅で、天明3年12月25日(1784年1月 17日)未明68歳の生涯を閉じた。>出典: フリー百科事典『ウィキペディ ア(Wikipedia)』

さて、蕪村は定住していた京都から船で淀川を下り、頻繁に大阪にやって 来ていたことが、最近分かってきた。船から陸地に上がったのは、生誕地 毛馬村とは全く正反対西側の淀屋橋や源八橋からで、ここから大阪市内に ある数多くの門人らを訪ねて回っている。

蕪村は、俳人西山宗因のお墓(大阪市北区兎我野町 西福寺)を訪ね、大 阪の蕪村の門下人の武村沙月、吉分大魯(よしわけ・たいろ)のほか、西山 宗因の門下の上島 鬼貫(伊丹の人)の処を回っている。大阪市内の各地 を回ったことになる   

特に、吉分大魯は、阿波の出身で、安永2年 (1773)から6年まで大阪 「蘆陰舎」に滞在(安永7年、兵庫で没)しており、この「蘆陰舎」に蕪 村は足繁く立ち寄っている。逆に大魯をつれて、淀川を船で上り、京都の 蕪村門下を代表する高井几董に会わせるなど、京都―大阪往復行脚は活発 だったようだ。(大阪市立大学文学部)

早い話、蕪村にとり大阪は活躍の場だった訳だ。これもあまり知られてい ない。

こんな折、驚く情報と嬉しい要請が飛び込んでいた。

大阪市北区梅田に茶屋町がある。ところがここに「菜の花や月は東に日は 西に」の蕪村句を刻んだ高さ1m、幅50cmの碑があるのを初めて目撃し た。この地では一昨年から地域の有志が「菜の花」を植え、「菜の花の散 歩道」というまち起こしイベントを催している。

この句を、この茶屋町で蕪村が出句したかどうかはわからないが、北区茶 屋町のこの周辺に蕪村が立ち寄っていたことは事実なので、これに因んで イベントを企画したという。(了) 


     
━━━━━━━━━━━━
希望の党 玉木代表に希望
━━━━━━━━━━━━


     宝珠山  昇

13日付の読売新聞の4面に、「希望の党の玉木代表は12日、憲法9条に 自衛隊の根拠規定を追加する安倍首相(自民党総裁)の改憲案について、 「(条文を)変えても変えなくても(現状が)変わらないのであれば変え る必要がない。変えないという選択肢も当然ある」と述べた」とあった。

これは、憲法第96条第1項が規定する憲法改正の発議の責務を逃避・回避 しようとする発言である。更には、立憲主義、憲法を順守する教育の重要 さ等につい ても理解できていない者の、失望させられる、発言である。 政党代表のみならず、国 会議員としての資質を欠く発言である。猛省を 希望する。

今後は、青少年が、難解な注釈・解説なしに、憲法を素直に読んで、国の 防衛を考えられる憲法に改正する案を発議し、主権者・国民の判断を仰ぐ 責務を果た す発言をしてほしい。希望の党の名に恥じない発言を期待する。

なお、本稿に関連する小生の呟きについてご興味をお持ちいただける方 は、頂門の一針 4388号(2017年6月19日(月)の「安倍総裁提案の改憲 に期待」、 同 4501号〈2017年10月30日(月)の「改憲勢力の増大を喜 ぶ」、同4596号(2018・ 2・4(日)の「国会議員の責務など」、同4605 号(2018・2・13(火)「自衛 隊加憲の発議を期待」や、{  http://natdef.exblog.jp }の憲法改正の項などをご 参照いただ
ければ幸いです。 (老生の呟き) (2018年2月13日記)


          
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎トランプ氏は今は日本の事実を理解 河野外相、BBCに

平昌五輪開幕に先駆けて日本の河野太郎外相が、BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員に、北朝鮮の「ほほ笑み外交」と核の脅威や、中国の姿勢、さらにトランプ米政権と日本の関係などについて話した。

北朝鮮のほほ笑み外交は制裁の効果 河野外相、BBCに

ドナルド・トランプ米大統領が北朝鮮に限定的な先制攻撃を検討しているとうわさされるなか、平昌冬季五輪を機に、北朝鮮は韓国大統領を平壌に招待するなど、さかんに融和攻勢に出ている。

【動画】 日本語字幕付き
<http://www.bbc.com/japanese/video-43028789>http://www.bbc.com/japanese/video-43028789
<http://www.bbc.com/japanese/video-43027831>http://www.bbc.com/japanese/video-43027831
【BBC News Japan】 2018年02月12日 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎北陸地方と中国地方で「春一番」発表

日14日(水)は低気圧が発達しながら日本海を進んでいます。
  
この影響で、日本列島では強い南よりの風が吹き、先ほど北陸地方と中国 地方で「春一番」が発表されました。

◆春一番とは◆

春一番は立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことを指し、地域によって定 義に違いがあるものの、平均風速7〜8m/sが一つの目安になります。

 春一番が吹いた日は、気温が上昇。翌日は西高東低の冬型の気圧配置と なり、寒さが戻ることが多い傾向にあります。

 (地名) (基準)
 九州南部   8m/s ※宮崎地方気象台
 九州北部   7m/s ※福岡管区気象台
  四国  10m/s ※高松地方気象台
  中国  10m/s ※松江地方気象台
  近畿    8m/s ※大阪管区気象台
  東海    8m/s ※静岡地方気象台
  北陸  10m/s ※新潟地方気象台
  関東    8m/s ※気象庁

  ※春一番は、立春から春分までの期間としているため、発生しない年 もあります。ウェザーニュース2/14(水) 15:16配信


  ◎北威圧、安倍首相が拉致問題解決に言及 「ナンバー2」に早期帰 国実現を強く要求

安倍晋三首相が、北朝鮮の「ナンバー2」に対し、拉致被害者の早期帰国 実現を強く要求した。9日の平昌五輪開会式前に開かれた、韓国の文在寅 (ムン・ジェイン)大統領主催のレセプション会場で、安倍首相は、北朝 鮮の憲法上の国家元首で序列2位の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会 議常任委員長と言葉を交わし、拉致問題の解決に言及したのだ。

「中身は言えないが、従来のわれわれの考え方を伝えた」

平昌五輪の開会式終了後、安倍首相は宿泊先のホテルで、金永南氏との会 話について、記者団にこう説明した。

安倍政権は、拉致問題を最重要課題に位置づけ、早期の問題解決を方針に 掲げている。金永南氏との短時間の会話で、安倍首相は「拉致問題」や 「核・ミサイル開発」問題に言及した。特に、拉致被害者全員の帰国を強 く求めたもようだ。

金永南氏がどう応じたかは不明。

マイク・ペンス米副大統領が、金永南氏と接触しないまま、レセプション 会場を後にしたことからすると、安倍首相の接触は異例ともいえる。

世界の危機といえる、北朝鮮の「核・ミサイル開発」に比べ、拉致は日本 独自の問題である側面もあり、あえて金永南氏に接触したとみられる。

金永南氏は、1983年に副首相兼外相に就任し、長く外相として知られた。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の祖父、金日成(キム・イ ルソン)主席が94年7月に死去した際は、中央追悼大会で追悼の辞を述べた。

つまり、北朝鮮では常に権力の中枢に位置し、正恩政権では90歳という 高齢から“元老格”ともされている。当然、拉致の真相や、拉致被害者の現 状についても知る立場にあるとみられる。

安倍首相としては、その「大物」に日本の要求を明確に突きつけること で、膠着(こうちゃく)状態を打開しようとした狙いもありそうだ。

【写真】
・ 安倍首相は、拉致被害者の帰国を強く迫った 安倍首相は、拉致被害者 の帰国を強く迫った
・ 金永南氏
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180211/soc1802110004-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180211/soc1802110004-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2018.2.12 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎円上昇、一時106円台=1年3カ月ぶり

 14日の東京外国為替市場で円相場が急上昇し、一時1ドル=106円台後半 に突入した。106円台は2016年11月14日以来、1年3カ月ぶり。 (時事通信)


  ◎自公幹部、佐川氏招致応ぜず=野党は重ねて要求

自民、公明両党の幹事長、国対委員長は14日午前、東京都内のホテルで会 談し、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、佐川宣寿国税 庁長官の国会招致に応じない考えで一致した。

立憲民主など6野党は国対委員長会談を開き、佐川氏招致を重ねて要求す る方針を確認した。

会談では、公明党側が佐川氏について「長官の立場で(財務省)理財局長 の所管事項に答弁するのは、かえっておかしい」とした同党の山口那津男 代表の発言を紹介、自民党も同調した。この後、同党の森山裕国対委員長 は記者団に「非常に大事な発言だと受け止めた。(公明党と認識は)全く 一致している」と記者団に語った。 時事通信2/14(水) 10:47配信


 ◎<衆院予算委>安倍首相、裁量労働制に関する答弁撤回

安倍晋三首相は14日午前の衆院予算委員会で、裁量労働制に関する1月29 日の答弁を撤回した。答弁の前提にした厚生労働省の2013年度の調査デー タに不自然な点があると野党から指摘されていた。自民党の江渡聡徳氏の 質問に答えた。加藤勝信厚労相はデータの不備を陳謝した。

 首相は1月29日の衆院予算委で「厚労省の調査によれば、裁量労働制で 働く方の労働時間の長さは、平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短 いというデータもある」と述べていた。毎日新聞2/14(水) 10:01配信


 ◎カタカナ語の問題点を探る:前田正晶

14日は「バレンタインデー」だそうだ。私の若かりし頃にはこんな騒ぎは なかったので、関心も興味もない。だが、このカタカナ語のおかしさを指 摘したいのだ。何時もカタカナ語を批判するようなことを言ってきたの で、「またか」と思われるだろうが、ここはご辛抱の上ご一読賜りたい。

この言葉の英語表記は Valentine’s day であって所有格の “s” が付いて いる。カタカナ語化する際にはこういう所有格や複数を表す “s”は必ずと 言って良いほど省かれてしまうのが特徴だ。それでも、我が国では「ヴァ レンタインズ・デイのことだ」と誰もが理解するようになっている。この 辺りの融通無碍なところが我が国の優れた点だと思うようにしている。

他に身近にある所有格省略の例に McDonald’sがある。これをマクドナル ズと呼ぶ人はいないと思う。だが、歴とした所有格の“s”が付いている。 即ち、強いて日本語にすれば「マクドナルドの店」とでもなるだろう。詳 しいことまで知らないが、当初はマクドナルド兄弟が始めた店だったの で、所有格になっているようだ。

今では滅多に聞こえてこないか、アメリカ製のテレビドラマで音声が吹き 替えになっている場合に「〜の店に行こう」という台詞が聞こえてくるこ とが多かった。これは思うに、英語では Let’s go to McDonald’s.とでも なっているのだろう。

これは名字、即ち family nameが使われているが、サンフランシスコのフ ランス料理の名店は、故人となってしまったオウナーシェフの名前 (first name)を採って Masa’sとなっていた。即ち、「マサの店」である。

長々と引っ張ってきたが、どうしても言いたいことは「会話も含めて英語 を使う時には、このような文法的な誤りを絶対に犯してはならないのだ」 と肝に銘じて欲しいのである。かかる過ちをすることは「自分から無教養 であるか、非知的階層に属している」と名乗りを上げているのと同じにな るからだ。換言すれば、尊敬されないという意味だ。

私は大学に入って千葉勉教授に厳しくこの大原則というか心得を教えて頂 くまでは、英語とはそういうものだとは知らなかった。W社の中ではその 辺りは誠に厳しかった。そういう過ちを犯しているからと言って、貴方の 相手が真っ向から貴方を軽蔑するようなことはしないが、そういう印象を 与えてしまうことは決して芳しいことではないのだ。

私が敢えてここで声を大にして主張したいことは「我が国の学校教育では このような基本的な原則をもっと正確に厳しく教え込んでおくべきだ」と いう点である。

その点では行き届いていないと思って長年観察してきた。表現を変えれば 「カタカナ語をどれほど使われようとご随意に」なのだが、英語の場合に は文法には「十二分に注意をして知識階級に属していることを証明して頂 きたい」のである。


 ◎漢字語と言うよりは当て字か:前田正晶

13日はオランダの正式な国名の表記等を採り上げたが、漢字では「和蘭」 と「阿蘭陀」が当てられているようだ。それで「蘭」の字で表記されてい る場合が多いらしい。

実は、私はアメリカを米国と表記するのが個人的に好みではないので、ほ ぼ絶対的に「米国」は使わないようにしている。それは嘗ては「米利堅」 と書いたことの名残だと思っている。音感から見れば「亜米利加」の方が 未だ合理的だと思うが、省略して「亜国」とするとアルゼンチンになって しまうのだ。それでは、アルゼンチンがどうなっていたかと思えば「亜爾 然丁」だったのである。

なお、韓国語でも中国語でもアメリカは「美国」と表記され、それぞれ 「ミグック」と「メイクオ」のように発音されている。それは中国では United States ofAmericaを「美利堅合衆国」と表記するからのようだ。 決して「美しい国」だと言っている訳ではないらしい。

翻って我が国の場合を考えて見ると、昭和37年に大阪支店に転勤して判ら ないというか読めない地名が多くで困惑させられた。会社が使っていた営 業倉庫我あったところは「百済」であって、歴史を感じさせて貰えたし、 「放出」を「ハナテン」とは読めなかった。京阪電鉄の沿線にある「樟 葉」や「枚方」もお手上げだった。

京都に行っても「烏丸」はどう読んでも「カラスマル」じゃないかと嘆い ていた。「太秦」だって解読不能だった。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

15日の東京湾岸は晴れ。

予報によれば東京では20日、また雪がちらつくらしい。うんざりだ。北国 の人たちも雪が好きなわけじゃない、天災とあきらめて我慢しているだけ だ。引き換え、わたしの南向きの書斎には明るい陽光が燦々と降ってく る。洗濯物は午前中で完全に乾いた。雪国の 人々には申し訳ない。

少年時代の秋田では洗濯物がなかなか乾かないので部屋の中に木炭コンロ を置き大きな丸い竹かごをかぶせ、それに洗濯物ををかぶせて乾かしたも んだ。東京では想像もつかないだろう。

21日夕刻、亀戸駅隣の飲食店で物凄い美人に会える。
14ひ

インフルエンザがいよいよ大流行らしい。13 日夜の亀戸での会合に欠席 された立教出の美人も原因はインフルエンザだった。皆さんもどうぞ対策 を!!

私は家人と共に予防接種を受けてはいるが、油断大敵と心得ている。

ヴェトナムに帰ったPCの師匠は15日,旦那さんとともに一時帰国される。 旦那さんは生ビールが大好物。向島の洋食屋『あきら』で呑むことにして いる。今か楽しみだ。

日の陰った隣の第3亀戸中学校の芝生の校庭では14日、女生徒たちがテニ スに高じていた。私の中学制時代は野球の選手。投手で4番、キャプテン だった。校内に入ると生徒会長だった。

後年、大学を出てNHK秋田放送局で記者生活を始め、ある夜、市内のキャ バレーヘ行ったら元同級生のホステスにキスされてびっくりした。

秋田高校の同級生で後年親戚になった某君は頭の非常に良い男だったが何 気ゲインだったか聞き洩らしたが,アルコール中毒になってしまい先ごろ 死んだ。享年83。呑みたいときにすぐ飲むようになるとアル中になると私 は思っている。私は夕方6時前は絶対?まない。それからなら毎晩、焼酎 を3合呑む。元林野庁長官の同期生からは呑みすぎだと注意されるが、82 年、肝臓を患ったことは無い。腎臓も丈夫。肝腎が丈夫だから安心してい る。」

                          読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>










 ◎母の自己犠牲を描くとなぜ炎上するのか のぶみ作詞「あたしおかあ さんだから」 を認知的不協和から考える


絵本作家ののぶみさんが、おかあさんといっしょの歌のお兄さんだった横 山だいすけさんに提供した曲「あたしおかあさんだから」にTwitterなど で子育て中の母親父親、そして独身女性などからも批判が集まり、炎上し ているようです。詳しくはこちらのtogetterなどをご覧ください。

歌詞を見ると、母親が子どもを産み育てるうえで、様々なことを我慢して いることを書き連ね、でも「おかあさんになれてよかった」とまとめてい ます。批判の主なポイントは、【1】そんなに母親たちは我慢や自己犠牲 ばかりしていないというもの、【2】これまでののぶみさんの絵本の作風 などとも相まって、母親だけに我慢や自己犠牲を礼賛しているようで「呪 い」に感じられるというもの、【3】母親になる前の女性のこともばかに しているように聞こえるというもの の3点に分けられそうです。

このうち、【1】についてはTwitter上で、「#あたしおかあさんだけど 」や「おとうさんだから」など様々な親の在り方が発信され、かえって従 来型の規範に捉われない人たちがたくさん居て発信してくれる世の中に 「いい時代になってきた」感を覚えました。

ただ、【2】については、昨年オムツのCMで炎上したデジャヴ感があり、 「またこの手の炎上か」という感覚もあります。のぶみさんは実際のお母 さんたちの声を集めて作詞したやに発信されていますが、どうしてこう やってある種のマーケティングリサーチをしたはずのものがここまで批判 されてしまうのでしょうか。

どうして現実を描いても「炎上」するのか

私は、のぶみさんやオムツCMが描いた世界というのは、一定程度「現実」 であり、「事実」でもあると思います。母親がワンオペで四苦八苦し、我 慢も自己犠牲もたくさんしている。ここまではもちろん現実としてあるこ とですし、加えて、そのあと、「でも振り返ってみれば、あの日々も宝 物」「それでもあなたを産んでよかった」「母になれてよかった」のよう に思う母親たちがいるということも、事実だと思います。

でも、それをありのままに描くと炎上するのはなぜか。見聞きした人が、 押し付けられているように感じられる、だからあなたも頑張ってね、母親 だったらそのようにして当然でしょ、というメッセージを受け止ってしま うということもあると思います。特に今回、絵本や元うたのおにいさんの 歌ということですので、子どもに「あなたのためにこんなに犠牲になって るのよ」と恨み節を聞かせたくないという観点からも批判されているよう です。

「認知的不協和」と酸っぱい葡萄

それに加えて、私がおぼろげながら感じたのは、「現実」「事実」のほう が歪んでいるから、みんな反発するんだろうなぁということです。絵本作 家さんの話だからというわけではありませんが、「すっぱいぶどう」とい うイソップ寓話を皆さんご存知ではないでしょうか。キツネが美味しそう なブドウを見つけるのですが、どうやっても手に入らないとわかると「あ れは酸っぱかったに違いない」と思い込むという話です。こういった認知 のゆがみを、心理学では「認知的不協和」と言います。

認知的不協和というのは、(1)自分の信念やそれまでの行動と(2)矛 盾した事実が出てきた(状態に陥った)とき、非常に不快感を覚えるとい うもの。この解決策は(1)の信念や行動を変えるか、(2)の事実に対 する認識をねじまげるかということになります。

母親たちが、自己犠牲を強いられているとき、私はこれに近いことが起 こっているのではないかと思うのです。本当はここまで我慢しないといけ ないのはおかしいと思ってる。どうして母親ばかりが、と思ってる。私 だって母親になってからも自分らしく認められたい、と。それで、実際に 【1】であげたように、「おかあさんだけど」色々な自由を持てるひとは いいわけですが、持てない場合、あまりにもその状況が理不尽すぎると、 「すっぱいぶどう」の逆のことが起こるのではないでしょうか。つまり、 「この自己犠牲こそ、素晴らしい」「母の我慢は愛であり、美しい」と思 おうとしてしまう。

「呪い」の正体

これが、ネット上で皆さんがおっしゃっている「呪い」の正体ではないか と思うのです。つまり、仮にそれが確かに何人かの(おそらく本当に大変 な時期を終えた)母親の認知的な現実だとしても、非常に不快感を覚える 解決策として何とか認知が生み出した「いや、でもこれでよかったんだ」 (あのブドウは酸っぱかったんだの逆)が、他人(とりわけ今回、子育て を終えた女性どころか、子育て関係の渦中にいる男性)によりスルッと描 かれてしまうと、特にその認知の調整がまだ済んでいない人にとっては 「非常に不快感」だけが残る。

「あなたを産んでよかった」まで歪んでいるとは言いませんが、でもそこ まで我慢しないでそこまで自己犠牲しないで済んだほうがもっと「振り返 れば宝物」になったかもしれないし、母ばかりが苦労しなくても「あなた を産んでよかった」ことには変わりはないはず。なのに、あたかも苦労し 我慢していることがお母さんであり愛であるかのような、不協和を調整後 の認知が(仮に実際にそういう認知が実際のお母さんたちの声の中にあっ たとしても)広められてしまうことに、皆さん抵抗をしているのではない かなと思います。

チェック体制は機能しないのか

まぁそこまで難しい概念を持ち出さなくても、もう母親役割を強調する トーンは時代錯誤でNGですね。【3】の表現も含めて、絵本作家さん個人 攻撃をしたいというよりは、様々な炎上CMのときと同じように、おそらく 何人もこれをチェックできる立場の人はいたはずなのに、誰も何も思わな かったんだろうか…と、日本企業の意思決定の場面でのある意味での認知 の偏りを非常に感じ、そちらのほうが深刻な問題だとは思いました。

ただ「ちゃんと本人たちにヒアリングしたのになんで炎上するんだよ」と 思っている制作側の方がいたら、本人たちが言ったことをそのまま描けば いいかというとそういうわけではないということにも意識を向けてもらえ たらと思います。
2/5(月) 6:30  中野円佳  | ジャーナリスト/研究者



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

8日の東京湾岸は快晴、爽快。


散歩する自宅近くの都立猿江恩賜公園では水仙は咲いてはいるが梅はまだ 咲 かない。第3亀戸中学校の近くの小公園では咲いているが。

散歩の後、翌日のメルマガの編集も終え、手持ちぶさに死んでも聴ききれ ないCDの中から俳優鶴田浩二のそれを引き出して聴いた。本名小野栄一と いった彼の幼少は極貧で盲目の祖母と暮らし、洗面器で飯を炊いたもの だったという。母の許【もと】を訪ねると、客商売中の母は彼を追い返し たという。だから彼の嫌いなものは「夕日」だったという。人間、美男 子でなくとも幸せならよろしいのだ。

                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/15

     一握りの侍という人種によって日本が築き上げられたといって過言でない。いや、今があるといったほうが良いかもしれない。たった7%ぐらいの少数精鋭の志を持ったこの種の人々により、我が民の霊的覚醒、精神高揚は期待され、維持された。その源泉を過去のものとして葬り去るのは、高層建築の目に見えない傷の深さを知ろうともせず、隣に新しいビルの見える部分、外観だけを建てようとする愚かな建築家のようなものであろう。日本の知性、道徳は直接的にも間接的にも、武士道の所産であることを知るところからの、日本人の目覚めを期待したい。



     イエスの言葉です。



    「誰でも私についてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そして私についてきなさい。命を救おうと思う者はそれを失い、私のために命を失う者はそれを見出すのです」 人はたとえ全世界を手に入れても、まことの命を損じたら何の得がありましょう。その命を買い戻すのは、人は一体何を差し出せばよいのでしょう。イエスの弟子パウロはこう言いました。



    「もし死ぬなら、主のために死ぬ。生きるにしても死ぬにしても、私たちは主のもの」



     パウロはこう言いました。「私の同胞、肉による同国人のために、この私がキリストから引き離されて、呪われた者となることさえ願いたい」 パウロは、同胞を愛して、自分の名前が天国の名前から消されてもいいと言ったんです。これは言えませんよ。それほど私は自分の民を愛していると言ったんです。



     私は一人の青年の遺言の話をしたい。「林市蔵 少尉23歳 神風特攻特別攻撃隊大14期海軍飛行予備学生 昭和20年4月12日 飛び立つ前の遺書」



    「死にし者は死にし者に葬らしめよです。ぐうたらのままで死ぬのはやはりつらいですからね。・・・私が突っ込むことにより、最後のとどめがされましょう。・・・我にとりて生きることはキリストなり。死するもまた益なりです。これがまことに痛切に思われます。生きていることはありがたいことです。でも今の私たちは、生きていることは不思議です。当然死ぬべきものなのです。死ぬことに対して理由をつけようとは思いません。ただ敵を求めて突入するだけです。市蔵は一足先に天国に参ります。・・・お母さん、さようなら。この手紙を書いて、未練だと笑ってくださらないでくださいね。さようなら。市蔵」



     彼は戦争の当時にこういう生き方をしました。私たちは平和の時にどういう生き方をすべきか? 彼は問ています。私はこれを英語に訳してニュージーランドの高校生に話しました。彼らは感激していました。一人残らずサンキュー、サンキューと言って私に握手を求めて帰っていきました。



     戦争は私たちに悲劇をもたらしましたが、その戦争から生まれた素晴らしい命の尊さを学んだ人たちがいるんです。それが私たちです。そのおかげで私たちは今、生きているわけですから。政治の話をしているんじゃない。あなたや私の生き方なのです。

  • 名無しさん2018/02/15

    “シーチン”修一 2.0 広島事は勉強になりました。ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/02/15

    歴史学的に成り立たない「神功皇后新羅征伐は伝説」「神功皇后は創作」 

    ──真赤な“嘘と偽造の古代史”を粉砕し、古代史に真実と日本国を取り戻そう(6)

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/02/13/150351

    難民審査システム大幅改善! 入管を応援しよう 

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12352421359.html

    辻元清美氏、調整能力ゼロで混乱

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53269116.html

    三浦瑠麗「北朝鮮のテロ分子が大阪などに潜んでいる」→反発の声「根拠ない!差別だ」→三浦が反論

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6981.html

    山葡萄原人

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12352506383.html

    米NBC、日本選手団入場時に「韓国植民地近代化論」発言⇒韓国発狂抗議!⇒韓国からのアクセス遮断 

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5420.html

    マッケーレブ邸

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%96%E9%82%B8&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjd1f2LtaTZAhXBjpQKHbQ1CYUQ_AUICygC&biw=1920&bih=906&dpr=1

    在日朝鮮人の犯罪をもっと知って下さい(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

    薬師寺保栄

    http://hands-of-stone.seesaa.net/article/157960653.html

    英国「竹島は日本領。位置は…この辺っしょ!」 

    http://www.news-us.jp/article/20180213-000005k.html

    Bicycle Boy

    http://mateuszurbanowicz.com/bicycleboy-illustration-series

    きょうはないてもあしたはわらう

    http://sweettime.at.webry.info/200604/article_16.html

    「図表でみる教育:OECD インディケータ」

    http://www.oecd.org/education/skills-beyond-school/EAG2016-Japan.pdf

    フランスでのB型肝炎ワクチン接種中止の経緯

    http://satouclk.jp/2016/06/b.html

    ”「ゴーマニスト」宣言(79) 

    http://nittablog.exblog.jp/13764749/

    江ノ電・湘南の宝石を見てきました 

    http://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2013-12-20

    ゆっくりと一つずつ。

    http://www.yamatogocoro.com/article/456871369.html

    在日特権!なぜ日本人より朝鮮人が優遇される!

    https://ameblo.jp/seife/entry-11630793550.html

    「私塾」の思い出 ― 故・澤田宏重先生の熱き思い

    http://d.hatena.ne.jp/muranaga/20080518/p1