政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4590 号  2018・1・29(月)

2018/01/29

? 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4590号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月29日(月)



  揺れる世界、トランプが地震源に:“シーチン”修一 2.0

         フィリピン国軍6個旅団が残留:宮崎正弘

           庭に猛禽類飛来の大事件:櫻井よしこ           
                    
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4590号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
揺れる世界、トランプが地震源に
━━━━━━━━━━━━━━━


    “シーチン”修一 2.0

【措置入院」精神病棟の日々(85)】<第2章:政治経済社会編>

1945年の第2次大戦後に始まった米国主導の「戦後体制」が揺るぎ続けて いる。今の世界秩序は震度3は当たり前になった。冷戦時代のキューバ危 機は震度5弱、今の北の脅威は震度4強あたりか。

地震大国の日本では一応震度5強まで建物はもつようだが、自販機メー カーによると「そこまでは転倒を防止できるようにしているが、震度6で は建物自体がもたないから震度6以上の耐震対策はしていない」とのこ と。ナルホド。

震度6ならかなりヤバイ、7では潰滅的のようである。関東大震災の体験 者によると、「つぶれた家から人を助け出すのに一番役立ったのは長い バール、次いで大型のノコギリだった」と昔聞いた。木造家屋ならそれで いいだろうが、5階建て、10階建て、15階建てなどのマンションがつぶれ たらどうしようもない。

道路も橋も壊れており、自動車は路上に散乱しているから、消防車、救急 車、重機は動けない。ヘリコプターは校庭には降りられるだろうが、避難 民で混雑しているから、食糧などを上から落とすしかない。大津波がきた ら日本の港を基地にする日米海軍は十分には動けない。滑走路もかなり傷 んでいるだろう。ヘリと歩兵しか頼りにならないのではないか。

ただ、大地震は地域が限られているから、日本が壊滅的被害に遭っても欧 米などから支援はあるだろうが、大型貨物機は着陸できないから空母にヘ リを乗せて日本の港に近づき、そこからヘリを飛ばすのだろう。それは多 分震災から1か月後だろう。

中韓が自国の被害が軽微なら日本に救援隊、緊急物資を送ってくるだろ う。中共は記念撮影してさっさと帰り、韓国は小田原評定で、「まず謝罪 しろ」「救援が先だ」と国論が二分して、日本に来たとしても早くて半年 後、恐らく次期大統領選で親日派が選ばれてからだから、数年後になるは ずだ。被災地に慰安婦婦像を作って「チョッパリは心から謝罪し、拝むが いい」と被災者を慰安してくれるかもしれない。ま、その頃まで韓国があ るかどうかは不確かだが。

ISテロは中東とその周辺では震度5強あたりの大きな揺れだった。北の核 ミサイルの日本への脅威は震度5弱だが、いつ震度6になるか分からない。

普通の人は(小生のようなキチ〇イもいるが)地政学的な大地震に備える べきだと思うが、野党の政治家は「自分がどうしたら選挙に勝って収入を 得られるか」が最大の関心事だから、中共同様に瓦礫を背景に写真を撮っ て広報誌に載せ、「モリカケ」後のテーマを探し、安保法制廃止、改憲は ダメと昔からのテーゼを繰り返すだけだろう。

野党がどんな国づくりをしたいのか、全然見えない。そもそも思想も理想 も何もないのだ。食欲、金銭欲、性欲だけ。

与党の公明党も怪しい。主力部隊の婦人部≒緑のオバサンは小池に恋して しくじったが、信心に濁りがないから狸に騙されやすいのだ。リアルを見 ないで理想を夢見る。

公明党の幹部からすれば、こんな思いではないか。

すやすやと 腕を枕に 眠る君 いかにせんとや 党の行く末(修一)

かつて池田教と公明党の関係は「宗高政低」で、公明党議員は教徒から 「誰のお陰で議員になれたのか、お前のために教団があるんじゃない、教 団のためにお前がいるんだ!」と叱られてしおれていたものだが、どうも 最近は「政高宗低」になりつつあるような感じがする。先生がお隠れ遊ば したからテンデバラバラになりかねない。

公明党の存在感を強化しないと少子高齢化で支持者は減るばかりで、自民 党のコバンザメでしかない。ぐずぐずしていると自民党から三行半を食ら いかねない。緑のオバサンを覚醒させるためにどうするのか、「困ったな あー」と思っている党幹部が結構いるんじゃないか。震度5レベルの ショックを与えないと緑の葉は枯れて濡れ落ち葉になりかねない。

「うちを捨てんといて」

「捨てとうはないんやが・・・時代の変化に応じていくためにはわてらが 変わらんと、どないもならん。いつまでも平和平和とお題目を唱えても “井戸を掘った人を忘れる”のが今の中共流やで、このままやったら永久に 支那では広宣流布はできんし、ましてや国立戒壇も夢のまた夢や・・・そ の、なんやカメレオンみたいな緑のネッカチーフな、それを取って、まず はリアルをよーく見てほしいねん。このままならじり貧やで、新聞配る人 もいなくなるで」

池田教・公明党幹部の男どもは優秀であればあるほど「変わらにゃなら ん」と悩んでいるはずだ。彼らの初期設定は「巨大教団を利用して儲け る」だから、必要なら外科手術もいとわない。おばはん、婦人部やゆうて 偉そうにやれた時代は終ったんやで。

本ブログ「政治経済社会編」では、リベラル≒アカモドキを挑発して、頭 を持ち上げたところを叩くのが主要な作戦だ。感情に流されずに冷静、冷 酷に卑怯で下劣なイイ子ブリッ子「吉野コペル君」的な党、議員、支持 者、前川のような「面従腹背」の下司をノックアウトしていきたい。

天気はイマイチだが、陰気な「病棟編」を終えて心は晴れ晴れの発狂亭 “バックドロップ”雀庵の病棟日記から。

【2016/11/11】金曜日、木枯らしの強い風、微雨、寒そう。

*「産経」によると米民主党支持者は通夜・告別式の様相とか。マネー ゲームのインチキ野郎どもめ、ザマーミロだ。プアホワイトの怒りを知っ たろう。

(修一:2016年11月8日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙一般投票が行 われ、開票の結果、トランプは一部の州を除き、全米で過半数の選挙人を 獲得する見通しとなったため、第45代アメリカ合衆国大統領に就任するこ とが確実となった/ウィキ)

安倍氏はちょっと前にヒラリー・クリントンとのみ面談し、外交的失策と 非難されたが、同時にトランプにも面談を申し入れていたが、会えなかっ たものの側近とは会っていたそうな。安倍氏は近くトランプと会談する。

民主党/ヒラリー支持者はニューヨークで反トランプデモ&略奪をしたと か。選挙で決まったことがデモでくつがえるはずもないのに、文句タラタ ラ。「我々はトランプを受け入れない!」と負け犬の遠吠えをしている。 民主党の懲りない人々。なぜ敗けたのか、少しは考えるがいい。

【11/12】土曜日、快晴。

*産経1面トップは苦虫をかみつぶしたオバマとにこやかなトランプが握 手する写真を載せていた。歴史的写真になるだろう。中面ではリベラルの 米国メディアと世論調査機関のバカさ加減を伝えていた。

米国メディアは元々が民主党支持、応援団だから色眼鏡というバイアスが かかっているので、真実、リアルが見えない。世論は電話調査であり、多 分、固定電話に出るのは年配女性で、当然ヒラリー支持だ。

他にもいろいろな要素があるが、上記2つの相乗効果で「ヒラリー圧勝」 という予測になったわけだ。全米の100紙中、ヒラリー支持は57紙、トラ ンプ支持はたったの2紙だけだったとか。

日本の世論調査員は男の標本集めに四苦八苦しているが、米国でも同様だ ろう。政治に絶望し、酒とクスリに逃避していたサイレントマジョリティ のプアホワイトは、食うために昼間は働いている。彼らの声はついに世論 に反映されなかったというしかない。リアルを見ない、見えない、見たく ないリベラルの大敗北である。日本もそうなる。

【11/13】日曜日。

*オバマの8年間が否定された。加瀬氏は「米国は対外的に伸びたり縮ん だりのアコーディオンだ」と書いていたが、オバマのリバランス(アジア 重視)は結果的に何の効果もないどころか、中共の軍事的実効支配を進め てしまうという失策になった。縮み、萎縮、引きこもりでは世界秩序は安 定しない。

【11/15】火曜日。

*米国選挙は「もしかしたら」が現実となった大サプライズだった。出口 調査で白人女性の53%がトランプ支持、非大卒白人女性に限ればトランプ 支持はヒラリーの倍だったという。胡散臭い民主党、ヒラリーに白人女性 もウンザリしていたのだろう。

【11/22】火曜日、快晴、ポカポカ陽気、朝方地震。

*このところ産経のネタはトランプとクネだ。クネは小生が論評するまで もなく完全に死に体。韓国は次期大統領が誰になろうと経済は復活しない だろう。遅ればせの「中進国の罠」だ。

トランプはビジネスマンだから、米国に利があればどんな政策でも進める だろう。「米国益ファースト」だ。(つづく)2018/1/17



━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン国軍6個旅団が残留
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月28日(日曜日)
        通巻第5598号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マラウィ制圧から弐ヶ月。フィリピン国軍6個旅団が残留
  ISのテロリストは何処へ去ったか? 住民の半分が復帰
**********************************

 2017年10月23日、ドゥテルテ大統領はマラウィを訪れ、テロリストを退 治したと宣言した。「さぁ、復興を始めよう」。

マラウィはイスラム教徒の多い、ミンダナオの中央に位置する都市で、人 口は40 万だった。

IS系のマウテ集団がマラウィの主要な建物を占拠し、武装闘争を開始し たため、政府軍、警察が動員され、半年にわたる戦闘がつづいた。ISは 「第二のシリア」を狙っていた。

武装グループ、政府軍兵士、警察、市民等およそ1800人が犠牲となり、街 の大半が廃墟と化した。

近郊へ逃れた避難民40万人、国際赤十字、ボランティア団体が救援活動に 従事したが、難民の多くはテント村、寝具もないので地べたに寝て暮らした。

制圧から2ヶ月を経て、現地入りした『ストレート・タイムズ』の記者 は、病院が再開され、大学キャンパスも平常に戻り、モスクでは人々が集 まり、タクシーが街を走っている様子を伝えた。

およそ20万人の市民は自宅に戻った。家財道具はあらかたが消えていて、 生活必需品が不足していた。金目の物はすべて盗まれていた。それでも自 宅が残っていた市民は幸いだった。

爆撃で廃墟と化した地区の住民は依然として難民キャンプで不自由な生活 を余儀なくされ、政府が呼びかける復興事業を待っている。

マラウィ復興には10億ドルが必要だが、貿易赤字、財政赤字に悩むフィリ ピン政府には余裕もなく、長期間の事業展開になることが予想されている。

          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 なぜ中国の民主化運動は分断されてしまったのか
  スパイの工作に免疫がなかったのか、それとも中国人のDNAか

  ♪
陳破空著、高口康太訳『カネとスパイとジャッキー・チェン』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

天安門事件の時に学生指導者の一人だった著者は、2回の牢獄体験を経 て、米国へ渡った。ノーベル平和賞の劉暁波氏が獄中で死去したときは ニューヨークで各派団体に呼びかけ追悼集会を開催した。陳氏の書籍は日 本でも相当数の翻訳が出たため、知っている読者もきっと多いだろう。
 この新作の題名はリズム感がある。

まるでジョン・ルカレの『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』 (邦訳は早川書房)のリズムを連想してしまった。

さて中国の民主化運動はどこへ消えたのか?

魏京生は、王丹と仲が悪く、口も聞かない間柄になっているという。些玲 はフォンドの経営者となって「天安門のマドンナ」の面影はなく、ひとり 気を吐くのは台湾で活躍するウアルカイシ(吾爾開希)だろうか。

1982年に「中国の春」を立ち上げ、世界三十数ヶ国の留学生を鼓舞して ネットワークを短時日裡に組織し、海外にでた知識人、学生を糾合した 「中国民主党」の主席として活躍した王丙章博士は、囮捜査に引っかかっ て、江西省チワン自治区で拘束され、無期懲役のまま監獄にある。オバマ 政権は、彼の釈放要求をしなかった。

1989年6月4日、天安門広場で沸騰した、あの中国人ヤング、知識人 らの民主化運動は、雲散霧消する運命に陥った。

なぜ、こうなったのか。

組織に潜り込んできた中国共産党のスパイ、党の命令による情報操作、裏 工作、謀略と罠によって組織は内紛状態に陥落し、裏切りが出る。まさに 孫文の辛亥革命前後と同じ、ま、これは中国人のDNAだろうけれど、み ごとに民主化運動は分断されてしまったのだ。

 支持者のふりをして民主団体に入り込み、「そうしたスパイ達は、ただ 情報を収集するにとどまらない。海外民運内部の亀裂を作り出す。『離間 の計』をも仕掛けて。派閥を作り、別の派閥と争うように仕向けた」 (150p)

本書はこの裏工作の視点のほか、陳氏が独自に集めた極秘情報を駆使して の習近平政権内部の動きを詳細に分析している。

特に「太子党の消滅」などという独自な分析は、日本のチャイナウォッ チャーとはひと味もふた味も異なる。

もうひとつ、なぜジャッキー・チェンか?

彼はマーケットとして巨大な中国大陸を狙い、中国共産党とずるずると妥 協した信念のない俳優であり、香港では彼の名を口にすると軽蔑されると いう。
       


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌5593号(1月25日)でトランプ大統領がダボスへ乗 り込んで、話題の中心となった由ですが、この会議に毎回出ているジョー ジ・ソロスは欠席したのでしょうか?
  (HI生、沼津)


(宮崎正弘のコメント)ジョージ・ソロスはトランプが帰国するのとすれ 違いにダボスに入り、28日に演壇に立って、「トランプが如何に吠えよ うとも2021年にはアメリカは変わる。なぜって? 2018年の中間 選挙は民主党が『地滑り勝利』を収めるからさ」などと言いたい放題の発 言をしています。



  ♪
(読者の声2)宮崎正弘先生と西部遭さんの対談集『日米安保五十年』 (海竜社)が絶版とのことですが、アマゾンを検索するとまだ1100円 台 で弐冊出ています。価格が跳ね上がっていて、なかにも1万1000円と いう オークション価格をつけている出展者もいます。再版の可能性はあり ま すか?(FD生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)再版、増刷という話はないですね。いったん絶版 となった書籍は、図書館が古本でしか入手できませんから。




━━━━━━━━━━━
庭に猛禽類飛来の大事件
━━━━━━━━━━━


      櫻井よしこ


 「庭に猛禽類飛来の大事件 愛でる小鳥が狩られた自然の摂理」

わが家の庭には水溜まりのような小さな池がある。竹の樋からチロチロと 流れ込む水がヤゴやおたまじゃくしの寝床をつくる。小鳥たちは樋に止 まって小さな嘴で流水を掬い上げ、喉を潤し、浅い池に飛び込んで水浴び をする。

このところ度々飛来するのが一群の目白である。無駄のない素早い動きや 抹茶色の美しい姿はいつまで見ていても飽きない。だが、私は締め切りだ と思い直してまた、原稿に戻る。

そんなのどかな庭で大事件が起きた。1月15日、猛禽類の鳥が突然飛来し たのだ。

私は夕方の校了時間を目指して原稿を急いでいた。突然、コツンと音がし た。鳥が書斎のガラス窓にぶつかったのだ。目を上げると、鋭い目をした その鳥はすでに獲物を足下に捕らえていた。見たこともない鳥だ。目は丸 く、黄色のワッカの真ん中に、意思の強さを思わせる不敵な黒目が光って いる。

私はその目に吸い寄せられた。少しも恐れていない。なぜだ。じっと見 た。秘書も一緒にじっと見た。鳥も視線を外さずにじっと見返す。

真っ正面からこちらを見続けるその鳥の嘴は鋭く、曲がっている。小型だ が立派な猛禽類だ。首筋からお腹にかけての羽は美しい白黒模様、太い脚 は羽毛に被われ、先端の足指と爪が黄色だった(ような気がする)。背中 の羽と尾羽は黒味がかった褐色で、尾羽には縞模様が浮き上がっていた。

微動だにしない姿には風格が漂う。足下にはがっしりと獲物を掴み続けて いる。水浴びに来ていた雀や目白はこの怖ろしい光景に飛び去ってしま い、もうどこにもいない。捕らえられた小鳥は声もあげない。猛禽が鋭い 嘴で獲物をひとつつきした。思わず目を覆ったが、羽がパッと飛び散った。

それでも小鳥はもはや鳴かない。すでに息絶えているのか。小鳥が抵抗で きなくなったことを確信したのか、猛禽は両脚で獲物を掴んでさっと飛び 去った。

一体彼は何者なのだ。こんな都会の真ん中に飛んでくる猛禽類がいるの か。すぐさま、鳥類図鑑で調べてみた。図鑑では、あの鳥の特徴に一番近 そうなのがチゴハヤブサだ。チョーゲンボーにも似ている。がっしりした 脚はチゴハヤブサに近い。だが、喉元の羽毛が白くなっている。あの鳥の 喉元は美しい白黒模様だった。喉から胸にかけての羽の色合いを重視すれ ば、チョーゲンボーだということになる。都会に飛来する猛禽類で調べる とツミが浮上した。いろいろ考え合わせると、どうもこれが一番正解に近 いようだ。

いずれにしても彼は人間の家の庭で、人間が見ている前で、素早く狩りを し、見事に獲物を仕とめてみせた。

犠牲になったのは、雀にしては大きく、鳩にしては小さい鳥だった。とな れば、いつも果物をついばみに来るひよ鳥が捕まったのだろうか。

ひよ鳥は庭の常連だ。常に1羽で飛んできて雀たちの上に君臨する。尾長 やカラスの前では早々に退散するが、自分の体の3分の1程の雀なら、どれ だけいても1羽で追い散らす。

その日もひよ鳥は事件の起きる少し前まで、池で水浴びをしていた。ひよ 鳥は頭から水に飛び込んで水浴びをするおかしなところがある。彼はその 日も雀たちを追い散らしていた。

「また小さな雀を苛めてる」──そう思いながらも、私は、庭の果物をつい ばむひよ鳥の姿を愛でていたのだ。それなのに彼はもういない。とても悲 しかった。だが、これは自然の摂理だ。私は原稿に戻った。

こうして締め切りを終えてふと見ると、柿の木の枝にひよ鳥が1羽止まっ ているではないか。帰ってきたのか!いや違うだろう。あれだけがっしり 掴まれて逃れられるはずがない。ならば、一体このひよ鳥は、どのひよ鳥 なのだろうか。

『週刊ダイヤモンド』 2018年1月27日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1216 


            
        
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


  ◎<家庭ごみ>有料化、溝埋まらず 金沢市で来月1日スタート

金沢市で来月1日から、家庭ごみの収集が有料化される。有料化するのは 燃やすごみと、ガラス類や陶磁器類などの埋め立てごみで、指定ごみ袋で 収集する。有料化を巡っては、一部の市民から「税金の二重取りだ」 「ルール違反のごみが増え、町会の負担になる」などと反対や疑問の声も 根強く、課題を残したままのスタートとなる。

 市はごみ有料化の目的について、ごみの減量・資源化促進による将来世 代の負担軽減や、市民の費用負担の公平性確保などを挙げている。昨年3 月の市議会本会議に条例改正案を提出し、賛成多数で可決された。

 新制度では、袋の容量1リットルあたり1円を課金する。袋はいずれも 10枚セットで、5〜45リットル(50 〜450円)の5種類。市と周辺市町 のスーパーやコンビニエンスストアなど約500店で取り扱う。試算では、 標準世帯(大人2人、子供2人)で月350円、年間4000円以上の負担にな る。市は手数料のうちの利益分(年間約2億円)をごみ減量化などへの取 り組みや地域コミュニティーの活性化に充てる。

 違反ごみについては、収集員がシールを貼り、ごみステーションに取り 残す。市は制度周知のため事前巡回を行っており、スタート後も2月20 日まで、職員約380人を投入して市内のごみステーション約9000カ所を回る。

  ◇「税金の二重取り」「町会に任せきり」

 「市民に負担を押しつけるのではなく、まずは市ができることをやるべ きでは」。有料化に反対する町会や、生活困難者への配慮を求める市民グ ループなど複数の団体で構成する「ストップごみ有料化!市民の声」の学 習会が今月21日、市内で開かれた。「年金生活は苦しいのに、行政はお金 を取るばかり。生活実態を知ってほしい」「高齢化などで地域力が低下し ているのに、ごみステーションの管理を町会に任せきりでいいのか」。約 50 人の参加者から怒りが噴出した。

有料化を進める市との議論は平行線だ。金沢市の家庭ごみは近年、微減傾 向で、団体側は「ごみが減っているのに有料化は納得がいかない」と主 張。市は「将来の負担を減らすための有料化。消費者が過剰包装を避ける など、ライフスタイルの変化にもつながる」と説明し、町会の負担につい ても「行政が全てを引き受けるのは難しく、共助でやってもらうのが第 一」と担当者は話す。

市は全1360町会で延べ1335回の説明会を重ねるとともに、市内全戸にお試 し用の指定ごみ袋を配布。「行政の施策は来年、再来年の短いスパンでな く、将来に渡って考えないといけない」と理解を求める。

 一方、団体側はこれまでに約83300筆の反対署名を集めた。呼びかけ人 の1人、市原あかね・金沢大教授(エコロジー経済学)は「負担に対する 市の配慮が見えない。有料化が始まっても、粘り強く世論喚起していけば 状況は変えられる」と強調する。

寺中町会の本堂敬二町会長(67)は、有料化そのものではなく、聞く耳を 持たない市の対応を疑問視している。「ごみを減らしたり、分別したりす るのは市民。市がもっと市民に寄り添う姿勢を見せなければ、減量化にも 資源化にもつながらない」と危惧した。毎日新聞1/28(日) 12:10配信



  ◎【動画解説】2月スタートは関東でまた雪か

2月1日(木)はまた関東で雪が降るおそれがあります。東京ではこれから が本格的な雪シーズンとなりそうです。(ウェザーマップ)
水曜〜木曜は太平洋側で雪の可能性高まる
出典:杉江勇次 1/28(日)

出典:Yahoo!天気・災害
.
出典:Yahoo!防災速報
ウェザーマップ.



 ◎古都の寒空、焦がす炎…奈良・若草山で山焼き

奈良市の若草山(342メートル)で27日夜、伝統の山焼きがあり、約18万 人が古都の寒空を焦がす炎に見とれた。

約600発の花火が打ち上げられた後、午後6時半のラッパの音を合図に、 たいまつを手にした消防団員約300人が山裾で一斉に点火。火は山頂に向 かって約33ヘクタールの草地に徐々に燃え広がり、近くの興福寺五重塔 (国宝)などを赤く照らし出した。

奈良市の大学准教授の男性(37)は「じわじわと焼けていく様子に、寒さ を忘れて見入った。心が落ち着きます」と話した。
尾賀聡撮影018年01月28日 11時56分読売ニュース


  ◎はれのひ「直前まで交渉」、事実異なるとの指摘

経営破綻した着物販売レンタル「はれのひ」(本部・横浜市中区)の篠崎 洋一郎社長(55)が、問題が発覚した今月8日の成人式直前まで、着付 け会場の費用交渉を続けたなどと説明していることに対し、複数の関係者 が「事実と異なる」と指摘している。

同社は成人の日の直前に店舗を閉鎖し、契約していた多くの新成人が振り 袖を着られなかった。篠崎社長は26日に開いた記者会見で、予約していた 横浜市の着付け会場の費用約100万円について、昨年12月中旬、会場のホ テルと分割で支払えないかと交渉し、「ぎりぎりまで話をしたが、折り合 いがつかず使えないことになった」と語った。

 これに対し、ホテルの担当者は読売新聞の取材に「昨年12月27日に篠崎 社長が会場の下見に来て以降、本人とは連絡が取れず、キャンセルの連絡 などもなかった」と反論。また、横浜市の店舗の営業を断念したのが「成 人式前日の夕方」(篠崎社長)との説明にも、「そもそも、事前に届くは ずの振り袖が会場には届かなかった。前日に断念したのか、疑問だ」と話 している。読売新聞1/28(日) 10:19配信


 ◎ドラム式洗濯機に閉じ込められ5歳児死亡 堺市

堺市堺区の住宅で27日午後3時ごろ、「洗濯機の中に子どもが閉じ込めら れて意識がない」と119番通報があった。大阪府警によると、洗濯機の中 からこの家に住む男児(5)を救出したが、搬送先の病院で死亡が確認さ れた。府警は男児が過って洗濯機の中に入った可能性もあり、経緯を調べ ている。

 堺署によると、父親(31)が洗濯機の中に閉じ込められている男児を発 見し、通報した。洗濯機はドラム式で、1階の洗面所に設置されていた。 発見当時、洗濯機は動いていない状態だったが、扉は閉まっていたとい う。朝日新聞デジタル1/28(日) 12:02配信


 ◎盲導犬と一緒にお勤め 心強い相棒と快適通勤「理解深まってほしい
雌のラブラドールレトリバー「エナ」は福島県庁に通う初めての盲導犬 だ。職員研修課の鈴木祐花さん(27)のパートナーで、研修会場などにも 共に出掛ける。鈴木さんは「通勤が快適になった。盲導犬への理解が深 まってほしい」と期待する。

福島市内の自宅から徒歩約20分。エナは鈴木さんと県庁に出勤する。1階 の障害者用トイレに立ち寄ってから階段で2階へ。職員研修課の鈴木さん の机の横でじっとしている。

エナが鈴木さんのパートナーとなり、県庁に通い始めたのは2016年10月。 職員研修課では「居て当たり前」の存在。鈴木さんが企画に携わるダイ バーシティー(多様性)関連などの研修会場でも一緒だ。
.
鈴木さんは生まれつき視力が弱く、小学4年の頃から右目は光を感じる程 度、左目は全く見えなくなった。大阪府内の大学を卒業。福島県が初導入 した点字試験に合格し、13年春に県職員となった。

3年前、二本松市の実家を離れて福島市で1人暮らしを始めた頃、盲導犬と の歩行体験に参加した。驚くほどスムーズに歩けた。

「利用したい」と決断した。日本盲導犬協会の仙台訓練センター(仙台市 青葉区)で1カ月間、エナと共同生活の訓練を受け、互いにパートナーと なった。
.
白杖(はくじょう)に頼っていた暮らしは大きく変わった。道路脇に停車 中の車や段差への恐怖が減り、行動範囲が拡大した。「以前は通勤だけで 疲れてしまった。エナのおかげでスーパーやカラオケにも気兼ねなく行ける」

職場も受け入れに協力した。事前に開いた勉強会では実際に盲導犬に来て もらい、「むやみに触れない」「食べ物を与えない」といった注意点を学 んだ。職員研修課副課長の大野隆一さん(53)は「抵抗なくエナを迎えら れた」と話す。

日本盲人社会福祉施設協議会によると、全国で活躍する盲導犬は951頭 (昨年3月末時点)で東北は75頭。全国盲導犬施設連合会は約3000人が盲 導犬を必要としていると推計する。
.
「今まで諦めていたこともエナと一緒なら『何とかなるかな』と思える」 と鈴木さん。上司の大野さんは「(職場などで)盲導犬がいることが当た り前になっていくといい」と語る。
河北新報1/28(日) 10:10配信
朝日新聞デジタル1/28(日) 12:02配信

 ◎伊豆の河津桜ピンチ、植え替えに法の壁 「川沿いダメ」

伊豆で最大の観光客動員力を誇る静岡県河津町の河津桜が岐路に立たされ ている。最初の植樹から50年を超え、一部に樹勢が衰える木が出てくる一 方、並木の中心になる河津川沿いでは河川法の規制で植え替えが難しいか らだ。河津川を管理する県と町は並木を市街地まで延ばし、川沿いの木の 不足を補う方向で検討をしているが、課題は少なくない。

昨年12月下旬、町役場であった「河津桜並木景観検討会」(伊藤光造委員 長)で、県が並木の将来像の地図を示した。伊豆急行河津駅前から延びる 幹線道路沿いなどに回廊のような並木が新たに加えられた半面、川沿いは 中央部あたりに空白が目立った。

 検討会は、「基準違反」状態にある川沿いの桜の解消を目指す県が主導 し、町とともに立ち上げた。県、町のほか有識者や地元関係者で構成する。

 河津桜は早咲きで知られ、2月から約1カ月間開かれる河津桜まつりに は100万人近い人が訪れる。伊豆では最大のイベントになり、経済効果は 300億円ともいわれている。

始まりは、1970年代に町観光協会や町商工会が川沿いで植樹運動を展開し たことだ。まつりは91年から始まったが、初年の観光客は約3千人と地 味だった。それが知名度が上がるにつれて倍々ゲームのように増え99年に は100万人に。伊豆には河津桜より早咲きの桜がいくつもあるが、早咲き の代名詞にもなり、観光の成功例として地元で語り継がれている。

 植樹当時は明確な基準がなく、必ずしも「違反」ではなかった。ところ が、97年の河川法改正をきっかけに、堤防の上や川側の斜面に木を植える ことが、治水に影響があるとして事実上できなくなった。河津桜の寿命は 数十年とみられ、このままではいずれ木がなくなってしまうが、県は「河 津川は、10年に1度の大雨でも水があふれる危険がある。桜は堤防を弱め る恐れがあり、新たな植樹は認められない」と話す。

 検討会は経済効果と治水の両方をにらみながらソフトランディングさせ るために設けられた。川沿いの堤防の外側に移植することも候補に挙がる が、住宅が迫っているところも少なくない。将来図が「歯抜け」になるの はそのためだ。

そうした現状に、「川沿いにあってこその河津桜。市街地の並木にどれく らい観光客が来るか」と心配する声は根強い。道路沿いに延ばすにして も、周辺住民の理解も得られる適地がどれだけあるかも未知数だ。今後、 町が実行に移していくことになるが、長期間の地道な努力が求められる。 朝日新聞デジタル1/28(日) 11:04配信



 ◎正恩氏、秘密資金枯渇か 米ラジオ報道「核・ミサイルで浪費」

米政府系のラジオ自由アジア(RFA、電子版)は27日までに、北朝鮮の 金正恩朝鮮労働党委員長の秘密資金が一連の核・ミサイル開発により枯渇 しかけていると報じた。国際社会による対北制裁の動きが強まっているこ とも影響しており、北朝鮮による平昌五輪参加の動きも経済的な苦境から の脱却を狙ったものだという。

 北朝鮮高官とつながりがある複数の中国関係者がRFAに明らかにし た。同記事によると、秘密資金は父の金正日総書記から引き継いだもの で、北朝鮮で外貨稼ぎを統括する朝鮮労働党の「39号室」が、通貨偽造や 麻薬製造などで年間5億〜10億ドル(約540億〜1090億円)を集めている という。

 関係者は「核・ミサイル開発のための資金の多くは、金正恩の秘密資金 によるものだ」と証言。北朝鮮東部の馬息嶺スキー場など金正恩氏の肝煎 りプロジェクトの建設でも多額の資金が「浪費されている」という。

 また、昨年9月に北朝鮮が6回目の核実験に踏み切ったことを受けて採 択された国連安全保障理事会決議は北朝鮮労働者の受け入れを原則禁止し たが、一連の制裁で外貨獲得が難しくなっていることも資金不足に拍車を かけている。

 北朝鮮は「資金難の突破口」として、平昌五輪参加など韓国との融和姿 勢を演じているとみられる。ただ、北朝鮮国内では高齢者向け施設の建設 資金が不足する事態も生じ、市民の不満が高まっているという。(三塚聖 平)産経新聞1/28(日) 7:55配信



 ◎日中首脳往来へ地ならし=河野氏、28日に李首相らと会談

【北京時事】河野太郎外相は27日、民間機で中国・北京に入った。

28日に王毅外相と会談するほか、李克強首相を表敬訪問する。一連の会談 で、日本が議長国を務める日中韓3カ国首脳会談の今春開催と、それに伴 う李氏の来日を呼び掛ける。日中関係改善の流れを強め、安倍晋三首相と 習近平国家主席による相互訪問の実現につなげたい考えだ。

 北朝鮮の核・ミサイル問題では、船から船へ積み荷を移し替える「瀬取 り」と呼ばれる密輸行為の防止など、国連安全保障理事会による制裁決議 の実効性確保の方策を話し合う。河野氏は、中国側に圧力強化へさらなる 役割を果たすよう働き掛ける方針だ。時事通信1/27(土) 22:17配信


 ◎栃ノ心涙の初V 30歳長かった〜新入幕から58場所目の歓喜

栃ノ心涙の初V 30歳長かった〜新入幕から58場所目の歓喜

 栃ノ心が松鳳山を下し、千秋楽を待たずに初優勝。春日野部屋に46年 ぶりの賜杯をもたらした。平幕V12年夏場所の旭天鵬以来で、新入幕から 58場所目の初Vは年6場所制で貴闘力と並ぶ史上4位のスロー記録と なった。1981年秋場所の琴風(現尾車親方)以来となる、幕内から幕下に 転落してからの復活優勝に、歓喜の涙を流した。

勝ち名乗りを受ける姿は侍だった。ジョージアから来日し12年あまり。栃 ノ心が右膝の大ケガを乗り越えて初優勝。喜ぶ前に、寄り切った松鳳山に そっと手を伸ばした。

 「(勝った瞬間は)やった、と思ったけど、それを抑えた。あまり涙は 見せたくない。そう教えられてきた。相手に対して(失礼)というのもあ る」。相撲道から得たことを実践。見事だった。

感情を出したのはインタビュールームに入ってからだ。「うれしい」と涙 を拭く。支度部屋では一転、笑顔の花が咲いた。「人生で忘れられない 日。今日が相撲人生で、一番うれしい。最高。こういう日が来るとは思わ なかった」

 苦難から多くを学んだ。11年10月、師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和 歌)から門限破りなどを理由に体罰を受け、問題化した。13年には名古屋 場所で右膝の前十字じん帯と側副じん帯を断裂。腫れが引くまで1カ月近 くかかり、体重が約20キロ増加。ところが手術し2カ月入院すると30キロ 減り、足に力が入らなくなった。慢性的に痛かった右肘も手術。3場所連 続全休を余儀なくされ、幕下下位まで転落した。「相撲を辞めようという 気持ち?何度もあった」と振り返る。

部屋の関取、栃煌山と碧山が稽古する姿を見て「もうこの2人とは、でき ない」と思った。ジョージアにいる父ザザさんも「戻ってきていいよ」と 言ってくれた。しかし、両親の猛反対を振り切って角界入りしたときの決 意を思い出した。「母は空港でも泣いていた」。引き下がるわけにはいか なかった。

 試行錯誤の復活ロード。稽古し過ぎると膝が腫れた。足腰を砂浜で鍛え たりと、工夫をこらした。取り口も変わった。「昔は下がってうっちゃり をしていた」。今では力任せの強引な相撲は減り上手を引く正攻法が増え た。精神面も、ケガした後に「強くなった」と自覚がある。

母国には両親、妻子がいる。連日のように連絡を取り力をもらった。「向 こうも盛り上がっているのでは。相撲をやってよかった」。言葉には実感 がこもっていた。

  【栃ノ心 剛史(とちのしん・つよし)】

  ☆名前 本名レヴァニ・ゴルガゼ。しこ名は師匠、春日野親方が「日 本の心をもってほしい」と名付けた。

  ☆生まれ 1987年10月13日。ジョージア共和国ムツヘタ市出身。

  ☆サイズ 1メートル92、177キロ。

  ☆得意 右四つ、寄り、つり。

  ☆格闘技好き 柔道、サンボを経験し05年にはサンボで欧州王者に。 相撲では04年世界ジュニア選手権無差別級3位。

  ☆入門動機 05¥年に大阪府堺市で行われた世界相撲選手権の後に、 日大相撲部で稽古して春日野部屋を紹介された。

  ☆3人目 ジョージア出身では黒海(12年引退)、臥牙丸に次ぐ3人 目の関取。

  ☆初土俵 06年春場所。0年初場所は新十両で優勝し、同年夏場所で新 入幕。

  ☆実績 最高位は関脇。三賞6回、金星2個。

  ☆資格 歯科技工士の資格をジョージアで取得済み。

  ☆好き 食べ物は肉。色は赤、白。

  ☆苦手 食べ物では生がき。相撲では白鵬に0勝25敗と一度も勝てて いない。

  ☆家族 ジョージアにニノ夫人、長女アナスタシアちゃん、父ザザさ ん、母ヌヌさん、弟ラシャさん。父ザザさんは、ブドウ畑を持ちワイン製 造を行う。銘柄は「サペラヴィ」。
スポニチアネックス1/28(日) 6:01配信



  ◎アジの開き→ちくわ メロン→半分 給食に食材高騰の波

 アジの開きが姿を消し、ちくわの磯辺揚げにかわった。デザートのメロ ンも年々小さくなった。ここ数年続く食材の値上がりを受け、横浜市など で小学校給食が徐々に寂しくなっている。給食費を上げる動きも目立って きた。

横浜市では、2011年度にみそ汁とともに「アジの開き」が出されていた。 それが14年度には「ししゃもの素揚げ」にかわり、17年度にはみそ汁を 豚汁にかえて、主菜は「ちくわの磯辺揚げ」に。11年度に6分の1カット だったデザートのメロンは17年度、半分の12分の1カットになった。

 横須賀市では、人気のカレーライスの豚肉は1人あたり50グラムだった が、40グラムに減らす日が出てきた。付け合わせの福神漬けも、13年 度は年8回出していたが16年度は1回だけ。13年度に24回だったデザート の提供回数は、16年度は8回にまで減った。

  学校給食は、人件費などは公費負担で、食材費相当分を保護者が負担 する。政府の基準や計画で必要な栄養量が決められ、食材の80%以上を国 産とする目標も示されている。

 神奈川県の16年5月のまとめでは、県内市町村の小学校給食費は月額平 均4062円。1食あたり243円だった。だが、この額では使える食材が限ら れ、定められた栄養量を確保することが難しくなっているという。朝日新 聞デジタル1/28(日) 8:29配信



 ◎加熱式たばこも規制…受動喫煙対策強化の改正案

 厚生労働省が検討している非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙へ の対策を強化する健康増進法改正案の原案が27日、判明した。(読売新聞


健康増進法改正案 全国がん患者団体連合会などは厳格化を要望

出典:読売新聞(ヨミドクター) 1/25(木)
.
JT社長 2020年までに国内シェア4割を目指す考え

出典:毎日新聞 1/28(日)
.
国内のたばこ全体の売り上げに占めるシェアが30%になるとの予測も

出典:産経新聞 2017/10/12(木)



  ◎<優生手術>元勤務医、強制不妊の実態証言 結婚理由に

「優生手術」と呼んで知的障害者や精神障害者らへの強制不妊手術を認め た旧優生保護法(1948〜96年)の下、東京都立病院が、精神疾患と診断さ れた20代女性について結婚を理由に優生手術が必要と都に申請していた ことが、同病院の元勤務医が保有していた資料で明らかになった。この精 神科医は、自らも優生手術に関わったことを認めた上で「審査過程はずさ んなケースも少なくなかったと考えられる」と振り返った。優生手術の実 態を当事者の医師が明らかにするのは異例。

 資料を保有していたのは岡田靖雄医師(86)=東京都杉並区。「法律は 差別的だった」と認め、「自分が手を貸した事実は隠さない」と実名で取 材に応じた理由を語った。

 岡田医師は56年に医師になり、58〜66年に都立病院精神科に勤務。在職 中の54年ごろ、自身は知的障害のある女性への優生手術の申請に関わった という。保有する資料は岡田医師が勤務する以前のもので、同病院が都の 優生保護審査会に提出した「優生手術申請書」と「健康診断書」(いずれ も50年5月25日付)、同審査会が手術の適否を判断するための「調査書」 (同年6月10日付)の計3点。優生手術は精神科医が審査会に要請する仕 組みだった。

 申請書は「精神分裂病」で入院中の当時22歳の女性に関するもので、 「結婚話が進行しつつあるが、その為優生手術をうける必要があると考へ られる。当人の父方祖母に精神病者あり同胞には分裂気質の著名なものが ある」と記述。一方で健康診断書には「家庭生活に耐へる能力があると思 はれる」との見解を示していた。

 調査書には女性の生活史などが記され、「外部に働いている男患者と仲 よくなり、しばしば往来あり、注意中」などと、ここでも妊娠を問題視し ていた。

 この女性が実際に手術を受けたかは分かっていない。岡田医師は家族の 病歴の調査なども十分に行われていなかった恐れがあると指摘し、「後悔 しているとか自責の念があると言えば格好いいが、当時は普通のことで問 題となることはなかった」と述懐。自身が関わった手術の後、遺伝と精神 疾患を結びつける優生保護法に医学的見地から疑問を抱き、論文などで 「法律は差別的だった」と批判する中で病院内で3つの資料を入手した。

 岡田医師は「国は早急に実態を調査し、強制的に手術を受けた人たちに 十分な償いをすべきだ」と語る一方、「真相を究明するためにも、多くの 人が訴え出てほしい」と望んだ。

  ◇宮城の女性、3日に国賠提訴

  旧優生保護法を巡っては、15歳で優生手術を受けた宮城県の60代 女性が30日、「個人の尊厳や自己決定権を保障する憲法に違反してい る」などとして、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こす。弁護団 は手術を受けた人たちが泣き寝入りしている可能性があるとみて、提訴後 の2月2日、当事者を対象にして電話相談を始める。

  宮城県が保管していた「優生手術台帳」によると、女性は1972年 12月、「遺伝性精神薄弱」を理由に卵管の峡部(きょうぶ)を縛る手術 を強制された。手術後、腹部にたびたび違和や痛みを覚え、87年ごろに 入院。卵巣の組織が癒着する卵巣嚢腫(のうしゅ)と診断され、右卵巣の 摘出を余儀なくされた。不妊手術を理由に縁談が破談となり、現在も独身。

  国は「当時は適法だった」などと謝罪や実態調査には応じない構えを 見せている。

  【ことば】旧優生保護法

  ナチス・ドイツの「断種法」がモデルの国民優生法が前身。「不良な 子孫の出生防止」を掲げ、知的障害や精神疾患などを理由に本人の同意な しでも不妊手術を認めた。結婚の際には手術を受けたことを相手側に「通 知しなければならない」と定めていた。日弁連によると、96年に母体保 護法に改定されるまで、強制的な不妊手術は約1万6500件に上った。
毎日新聞1/27(土) 22:50配信


  ◎加熱式たばこも規制…受動喫煙対策強化の改正案

厚生労働省が検討している非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙への 対策を強化する健康増進法改正案の原案が27日、判明した。

 需要が拡大している加熱式たばこを規制対象とし、喫煙可能な小規模飲 食店では20歳未満の立ち入りを禁止することなどが柱だ。同省が近く公表 し、通常国会への法案提出・成立を目指す。

 原案によると、飲食店は原則禁煙だが、店舗面積150平方メートル以下 で個人経営か資本金5000万円以下の小規模飲食店の場合、「喫煙」「分 煙」の表示を義務付けた上で、店内での喫煙を認める。

 加熱式たばこは厚労省研究班の調査で、主流煙に紙巻きたばこと同程度 のニコチンを含む製品があることなどがわかった。このため、紙巻きたば こと同様に原則禁煙とする。ただ、加熱式たばこに限り喫煙できる喫煙部 屋では、食事をしながらの喫煙も可能にする。
読売新聞1/28(日) 6:03配信


 ◎春日野親方、愛弟子の快挙に号泣「自分の時に優勝するとは」

◆大相撲初場所14日目 ○栃ノ心(寄り切り)松鳳山●(27日・両国国技館)

 春日野部屋に46年ぶりに天皇賜杯が戻ってくる。師匠の春日野親方(元 関脇・栃乃和歌)はまな弟子の快挙を見届けて号泣。2003年2月に11代 目師匠となり、名門を背負う重圧と戦ってきただけでなく、初場所中には 4年前の傷害事件が公になった。逆風の中で弟子への愛情だけは貫いてき た姿勢が名門復活の快挙を呼び込んだ。

涙は見せたくなかった。春日野親方は国技館の役員室を離れ、栃ノ心の一 番を同館内の事務所で見届けた。「うれしかったな。自分の時に優勝する とは思わなかった」。広報部長でもある親方は、泣きながら役員室に戻っ てきた。その姿を見て八角理事長(元横綱・北勝海)を始め、執行部の親 方たちももらい泣きした。

 12年前の栃ノ心の来日時は「辞書もなかったから。ロシア語とも違う し」と通じない言葉で体当たり指導。2年で新入幕を果たしたが、「やん ちゃだった」と振り返る。

門限破りやジャージー姿で外出する服装違反を犯し、いさめようと厳しく 指導。土下座してわびる弟子に「俺も悪かった」と自らを省みて弟子との 距離を縮めてきた。30歳になり弟弟子を指導する姿に、「成長した。一番 力の出る年齢。俺の年(37歳)までやると言っている」と目を細めた。

 膝を痛めて幕下で3場所連続休場となっていた14年春場所前、心を鬼に して栃ノ心に休場を命じた。「いろいろと(医師の)先生と相談した。あ いつは悔しくて泣いていた」。三段目まで落ちると意欲が落ちるため結局 出場させたが、無理をさせなかったことが幕内復帰につながった。

初場所中は朝稽古の関取同士の申し合いを、4人いる関取衆で唯一回避さ せた。「千秋楽まで言いたくなかったけど、股関節を痛がり初日前に言っ てきた。骨がうまく入ってなかったので、無理するなと言ったよ」と体調 を整えさせた。

 11日目の24日には元力士の弟弟子への傷害事件が報道で公になり、非難 を浴びた。「反面教師で頑張ってくれた」と春日野親方。「清隆」の本名 は祖母がファンだった横綱・栃錦に由来。だから11代目は名理事長だった 9代師匠と“同姓同名”。「よく頑張った」と短い言葉に思いを込めて弟子 をたたえた。スポーツ報知1/28(日) 6:06配信




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

週明けの東京湾岸は快晴。


28日の東京湾岸は曇天ながら穏やかな日。朝食後近くの都立猿江恩賜公園 を、家人を乗せた車椅子を押して散歩、車椅子は杖代わり。以前転んだこ とが2度もある。転んで骨折でもしたら一巻の終わりだからこれは見栄え は悪くてもしょうがない。

初場所、栃ノ心の初優勝を喜び、明るい気持ちで散歩を終えた。 



                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。