政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4587 号  2018・1・26(金)

2018/01/26

 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4587号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月26日(金)



            病気自慢と健康自慢(1):馬場伯明
 
         トランプ、ダボス会議に乗り込む:宮崎正弘
      
          中国マネーの後には死屍累々:櫻井よしこ            
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4587号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━
病気自慢と健康自慢(1)
━━━━━━━━━━━
 

      馬場 伯明

本誌主宰者の渡部亮次郎氏は糖尿病であると公表されている。病気になら れたことは仕方がないが、服薬、インスリン注射、および毎日の歩行な どによりQOL(quality of life)を保っておられる。何よりである。

本誌投稿者を見ると、心臓手術に成功された石岡荘十氏は最近動脈硬化に よる脚の付け根の血管狭窄をステント挿入手術で克服されたとか(本誌第 4576号2018/1/15)。前田正昌氏も病気を適切に治療し体調を整えておら れる。シーチン修一氏は心の病からの復帰途上だ。その「報告」は小説の ように面白い「読み物」になっている。修一氏の筆力である。一刻も早い 「娑婆」への生還を祈る。

人間は必ず死ぬ。病気や体調不良(以下「病気」という)は何とか治した い。努力して病気を克服したか、または、克服しつつあることを他人に話 し、文章などでも発信したい気持ちはよくわかる。

それは(世間では)「病気自慢」と言われる。(以下は本誌への投稿者諸 氏を傷つけるためではなく、一般論的な「私見」を述べるものである)。

ここで言う「病気自慢」とは、病気持ちという事実を単に自慢するのでは なく(それはあまり自慢にならない!)、病気への自分の対処方法がいか に適切であるかを、滔々と披歴し「自慢」することである。さらに、自分 の独自の「健康法」を自慢し他人に押し付ける人もいる。

病気自慢は病気に苦しみ様々な努力の末に克服するという一種の「成功物 語」だから、同病者の中には共感し、また健康な人でも同情し拍手する人 もいる。何せ、病気自慢の人たちは病気や治療に詳しい。深刻な実体験だ から本物であり、まるで戦場での名誉の武功のように語る人もいる。

一方、「あなたの病気と克服のことをくどくどと言われてもねえ」と冷淡 な人もいるだろう。病気自慢に共感する人と冷淡・不快に思う人の割合は 半々くらいかな。各人の病気の種類と程度は様々で数字では示せない。

じつは、真っ当な医療機関の場合はさて置き、多くの健康食品や健康関連 企業などが「病気自慢」の人たちを支援するふりをして実質的には脅迫に 近い言葉で商品等を売り込む。病気弱者は甘言のCMなどにころっと参って しまい、それを受け売りし病気自慢を補強してしまう。困ったものだ。

以前2004年、高校の同級生の還暦の会で私(会長)はこう挨拶した。「今 日は子供自慢と病気自慢の話はやめよう。60歳までの人生を振り返り、青 春時代を振り返り、今後どう生きるのか、前向きな話をしよう」と。

そうしたら即座に猛烈なブーイング。「おい、馬場、なんば言いよっと か。そいじゃ、話す中身がなかごて(ないように)なる!」と。「う〜〜 ん、じゃあ、なるべく・・・自慢はやめよう」と反論せず打ち切った。

10年後の2014年に古稀の同級生会をした。私は「もう70歳だ。今日は子供 自慢も病気自慢もすべて解禁としたい。どんどん話してください」と挨拶 した。その結果は、(出世等で先が見えた)子供自慢は影を潜め、(ピア ノや絵の「天才」らしい!)孫自慢が増え、さらに精緻を極めた病気自慢 の手柄話で盛りあがった。でも、最適の対応は自分であると自説を譲らな い。病例は異なり所詮素人なので議論はバラバラの平行線に終始した。

ところで、私事父の話をする。「一病息災」と言われる。父は病気持ち だった。40代に結核で3年間療養し(治癒)、その後も、痔を切り、胆管 結石の手術、大腸がんも判明した(高齢のため手術せず)。しかし、認知 症(ボケ)になることなく自宅で死んだ。94歳。一病息災を地で行った。

病気自慢の人だった。3年間の療養生活で同病の隣人から病気自慢のコツ を伝授されたと思われる。病気自慢の人は研究熱心でその方面の情報に詳 しい。でも、そうして、いい医院・病院や医師に辿りついている。

「近くに持つべき友は(信頼できる)警察官・弁護士・医師」と言われ る。父の周りには良医がいた。地元では小学校の同級生の平野伊都夫先生 (近所の開業医)。そのご子息で私の友人の愛野記念病院貝田英二理事長 (著名な整形外科医)にも大変お世話になった。さらに、幸いにも子供ら が医師になった。長女(私の姉・小児科医)、次男(私の弟・循環器内科 医・開業医)、義弟(私の妹の夫・内科医)らである。

彼らと父の病気と治療の方針を協議した。晩年の2年余、自宅で過ごした いという父の希望に沿い、愛野記念病院と連携し、自宅の一室を病室ない しICU(集中治療室)もどきに整備した。可動式ベッド(母のベッドも隣 に併設)、食事テーブル、酸素濃度計、酸素吸入器、痰吸引器、室内空調 機、点滴装置、薬剤保管棚、など。また、医師往診(1回/2週・主治医は 義弟)、看護師訪問(1回/週)を実施した。

介護では、地元の介護士の生活支援(毎日午前・午後2時間)、専用食 器、風呂専用車椅子、尿自動排泄器、移動トイレを設置。リハビリ療法士 施術(1回/週)など。私も千葉市から帰省し介護した(1回/2月)。水準 以上の医療・介護の態勢だった。父は医師の姉や弟らに安心して身を任 せ、訪問者らに得意げに「病気自慢」を語りつつ、夕食を摂った翌日の早 朝、母の横で悠々と大往生を遂げた。

私の自慢は足腰が不自由になった父を抱いて湯船に入れたことである。女 性介護士の力ではできない。手引書は「専用車椅子に乗せシャワー等で洗 浄」である。広い湯船だ。「やっぱ、湯舟はよかな」と喜んでくれた。親 孝行ができた。父は昔幼児の私を抱いて五右衛門風呂に入ったと話した。

私見だが「病気は大半が遺伝である」と思う。先祖から受け継いだ身体で ある。いいも悪いも含め観念して付き合うしかないのではないか。

病気は自分が治ればそれでいいものであり、本来は、治療方法などを他人 に自慢するべきものではなかろう。また、それを聴かされる人も「ああ、 そう、大変でしたね。でもよかったですね」とは言ってくれても、本心か らの言葉ではなく内心は迷惑がっている人が多いのではないか。

でも、病気自慢をしたいのが人情である。その昔、吉田兼好が書いたよう に「おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざ(徒然草19段)」かもしれない。 腹が膨れてしまっては困る。だが、ほんとは、治療が成功すれば、身内で 静かに祝い(他人には)「言わぬが花」ということだろうなあ〜〜〜。

(・・・と言いつつも、結局父の「病気自慢」を代行してしまった。謝!  「つづき(2)」では「健康自慢」について記す。2018/1/22千葉市在住)




━━━━━━━━━━━━━━━
トランプ、ダボス会議に乗り込む
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月25日(木曜日)
        通巻第5593号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプ、「グローバリズムの巣窟」=ダボス会議に乗り込む
  中国は劉?が「中国の新モデルが世界経済の牽引車に」と演説
*********************************

 今年のダボスはグローバリスムとナショナリズムの対決、火花が散る。
スイスの雪深いリゾートに、それも真冬に集まろうという酔狂な試みに、 政治家が出席するようになったのは、ダボス会議がそれなりの影響力を保 持するからである。

従来の名士の集合、ビル・ゲーツやジョージ・ソロスが主賓格だった時代 とは異なって、政治の意議がむしろ高まってきた。

すでに開会セレモニーでは、インドのモディ首相が演壇にたって「世界貿 易は開かれた秩序」云々と力説し、昨年の習近平「グローバリズムが世界 貿易を躍進させる」の基調を継いだ。

だが、ダボスで語られるのは「綺麗事、大言壮語、実践されたためしは薄 い」(『プラウダ』英語版、1月24日)と酷評し、ロシアのプーチン大統 領は参加しない。日本の安倍首相も平昌五輪には出かけるが、ダボス出席 は見送った。

 前後してフランスのミクロンは「欧米日は、中国の台頭に目を光らせる べきだ」と述べ、また独首相のメルケルは逆に「グローバリズムに敵対す る勢力の台頭は危険」などと、真っ赤さかなことを述べている。

こうした間隙をするりとぬって、美辞麗句の限りを尽くした演説をしたの は、中国から来た劉?(習近平の経済顧問格。政治局員)だった。

「量より質にもとづいて中国は経済の新モデルを構築し、世界第二位の GDP大国となった。この状況下、中国は諸外国から新しい投資への絶好 のチャンスを創出する」などと薔薇色のシナリオを語った。

また劉?は「中国は改革開放以来40年の実績がある。ことしはもっと大 胆に金融市場を開放する」とも述べて、聴衆の耳目を集めた。

グローバルエコノミーで裨益した、主として金融関係者が多く集まる国際 会議ゆえに、ここでナショナリズムを述べるのは環境に適合しないと見ら れる。


▼価値紊乱者の闖入

今年の真打ちはトランプ大統領だろう。

まさに雰囲気をぶちこわすかもしれない価値紊乱者が闖入するのだ。

ウィルバー・ロス商務長官、ムニューチン財務長官、ティラーソン国務長 官らを引き連れてダボスに乗り込んだトランプ大統領は、25日(日本時間 26日早朝)に演壇に立つ。何を喋るかはお楽しみ。

しかし、ダボス会議に出席した米国大統領は過去に2000年のビル・クリン トンだけで、ほかの歴代大統領はダボス会議を軽視してきた。

しかもグローバルエコノミーの信奉者の集まりであり、同時に世界の名士 の社交場でもあり、「アメリカンファースト」を唱えるトランプの登場は 場違い、雰囲気を壊す可能性が高い。だからこそ、面白いイベントともな るだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号ですが、「すでにソフトの暗号公開を義務づけら れ、データの提供が求められ、グーグルなどは中国市場を去った。中国の 強引な遣り方に欧米勢はいきり立ったのだ」とありました。

 ここが日本とシナの分かれ目でした。グーグルの撤退は百度に千載一遇 のチャンスを与えた。
 日本は事実上の属国ゆえに米国に徹底的な市場開放を許してしまった。 政府主導で株式持ち合い、談合等々ほとんどの日本的経営を解消し、アメ リカ標準に合わせた。米国の強引なやり方に抵抗はできなかった。

財務省や外務省などの官僚が少しでも抵抗すれば、アメリカに睨まれ出世 は見込めなくなる。何も言えないし、それを信じているようだ。

プライマリーバランス(PB)も米国の圧力の一つなのだろうか?

その結果、日本的システム・経営は崩れ、日本はぬるい不景気に25年も漬 かった。ハンチントンの「文明の衝突」は日本文明を高く評価したが、大 きな誤りだった。現実は、日本は米国の亜流っぽく世界での存在感はすで に消滅(?)しかかっている。

その点は、シナを羨ましく思う。

もちろん、ビッグブラザー世界なんてまっぴらだが、独裁国家だから規制 が強い半面で、米国の要求を撥ね退ける力と誇りを保持するからだ。ま た、気質なのか、政府規制の差なのかはっきりとはしないが、独裁国家シ ナではベンチャーファンドが育つ一方で、日本ではベンチャーファンドは ほとんど育っていない。

(平均)シナ人はリスクを楽しみ、受け入れるが、(平均)日本人はひた すら安定のお花畑を好む傾向がある。日本政府・社会はベンチャーファン ドが新興企業をどんどん成長させ、既存企業の業績が変調をきたすのを 嫌ったのだろうか。ほとんどの場合は現状維持が勝り、血はなかなか入れ 替わらない。

しかし日本を取り囲む環境が激変した。

素直で疑うことを知らない日本人はWGIP(ウォー・ギルド・インフォメー ション・プログラム)を受容し、憲法9条を信じ続けたが、2018年もそれ を疑わずただ信じ続けるならば、日本人は隣国と同等の程度・レベルでは ないか、と私は思います。

「生き残る種というのは、最も強いものでもなければ、最も知能の高いも のでもない。変わりゆく環境に最も適応できる種が生き残るのである」 (ダーウィン)。
日本人の真価をみたいです。海外から今年の日本に期待しています。
         (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)日本にベンチャーキャピタルが育っていないとい うご指摘ですが、最近の若者のIT業界における起業ぶりは、なかなかの ものです。

小生は雑誌『プレジデント』が毎号特集しているベンチャーキャピタルで 躍進した若い日本人たちを知り、このガッツが希釈化した国にも少数なが ら冒険的青年がいることに、しかも急成長をとげていて「第二の孫正義」 をめざして野心満々の態度をみていると、なにかしら安堵感があります。
ただし、ホントに少数派。多数派は、「草食」系ですが。。。。

 ところでアリババの馬雲とて、浙江省政府の用意したベンチャーキャピ タルで大きくなったのです。しかも、当時の浙江省書記は習近平でした。

  ♪
(読者の声2)24日夕方の民放のニュース番組、ハルビンの5つ星ホテル の話題。どんな話題かというと中国のホテルの清掃がいかにいい加減かと いうもの。

トイレを洗浄したブラシでコップを洗う、タオルやマットは汚れるまで取 り替えない、バスタオルを便器の水でぬらし床掃除などなど。昨年末に サーチナの記事にありましたが、潜入取材の映像付きですから衝撃的です。
http://www.news24.jp/articles/2018/01/24/10383831.html

日本軍は朝鮮兵の扱いについて、食事用と掃除用のバケツを区別すること から叩き込まなければならなかった。

パール・バックの「大地」第3部ではアメリカ帰りの主人公、布巾と雑巾 を区別しない中国人に嫌悪を覚えながらも不潔な中国に馴染んでいく様子 が描かれますが、21世紀になっても中国は変わらないのですね。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)ハルビンには近年、シャングリラ、ホリディイ ン、そして放映現場となったケンピンスキーなど世界の一流ホテルが林立 しました。外見だけ見栄を張っても中味は変わらず、ですが。

小生がハルピンでよく宿泊したのは駅前のビジネスホテル(名前も忘れま した)で、30階建ての高層ビルでしたが、裏が長距離バスターミナルでし たので、便利でした。1泊2700円くらいでしたかね。部屋はまぁまぁでした。

ハルピンは黒竜江省の東西南北どこへいくにも、乗換する必要があり、頻 度高く利用したものです。

シャングリラホテルには会食のためレストランを利用したことがあります が、派遣されてきた白人マネジャーがあれこれと指図していて、従業員は 戸惑いがちにノルマを果たしているという感じでした。

ケンピンスキーに関して言えば、四川省成都でも外国人ツアーに人気があ り、モンゴルのウランバートルで食事したとき、ケンピンスキーホテルの ほうが、日本の著名人等がよく利用したチンギスハーンホテルより、従業 員の服務態度が良く、レストランの味も一流でした(ただし三年前のはな し)。


  ♪
(読者の声3)「地球温暖化」の嘘がばれたのか思えるほどの寒波到来で すが首都圏の交通網は雪に弱すぎです。

それでもJRの電車は国鉄時代のように雪の重みでパンタグラフが上がら ないといったこともなくなり改善されているようです。

 雪がほとんど降らない韓国、ソウルでは氷点下15度以下を記録。平昌オ リンピックは人工雪で凌ぐようですが、開会式の会場は吹きさらし、観客 席は工事現場の足場程度の骨組みでいつ崩壊してもおかしくないほど。

 世界の首脳がだれも出席しないオリンピック開会式に安倍総理が出席の 意向でネットは大賑わい。ペンス副大統領が出席するアメリカの強い意向 だろう、公明党に貸しをつくり憲法改正への道筋をつけるのだろう、朝 日・東京など開会式に出席すべきという左翼メディアをおとなしくさせる ため、夕刊フジの「韓国に殴り込み」という見出しもあるから文在寅への 最後通牒だろう、などなど様々な憶測を呼んでいます。

日本は真珠湾では痛い目に遭いました。

日韓併合以来の不良資産である韓国を損切りするためには韓国側から縁切 りさせたい、そのための慰安婦合意でありオリンピック開会式出席なので しょう。

安倍総理が訪韓して韓国政府が歓迎すれば韓国民は裏切られたと反発す る。韓国政府が非礼な態度を示せば日本国民が韓国を許さない。

文在寅はますます首を締められるだけ。ペンス副大統領と安倍総理の訪韓 は韓国切り捨てのための序曲なのかもしれません。(PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)安倍首相は「平昌五輪への出席は難しい」と言っ てきただけに、こんどは180度の方針転換。世論が激高するのは無理もあ りません。

 小生が最初に抱いた感想は「寛大な、あまりに寛大な」と、芥川龍之介 のもじりでした。ここまで侮辱されてきた我が国の、矜持というものをか なぐり捨ててでも、外交上の思惑が先行したという打算、その弱気から来 る打算、あるいは仏教思想の許容、寛大からくる発想が作用したのか。安 倍首相に失望した保守派が相当多いと推測しております。

      
        
━━━━━━━━━━━━━
中国マネーの後には死屍累々
━━━━━━━━━━━━━



        櫻井よしこ

1月8日、成人の日のニュースに驚いた。東京23区の新成人、約8万3000人 の内、1万人余り、8人に1人が外国人だというのだ。

とりわけ外国人比率が高いのが新宿区で46%、以下、豊島区38%、中野区 27%、荒川区26%、台東区26%だった。国籍による内訳は示されていない が、留学生に占める比率などから、新成人の多くが中国籍の若者だと見て よいだろう。

日本が広く開かれた国であるとはいっても、区によっては新成人の約半分 が外国人という現実の意味を、深く考えなければならない。とりわけ中国 の人々はどこにいても、中国共産党の指導の下にある。その、中国はどん な方向に向かっているのか。

1月12日、中国共産党の政治局会議で「習近平の新時代の中国の特色ある 社会主義思想」が中国憲法に盛り込まれることが確認された。

現役の主席の思想が憲法に書き込まれるのは毛沢東以来のことだ。習氏は 自らを毛沢東に並ぶ権力の座に押し上げ、中華民族が「世界の諸民族の中 にそびえ立つ」ことを目指している。

その手段は強い経済力と強い軍事力である。貧しい国には返済しきれない 程の巨額の資金を提供し、返済が滞ると国土や港を取る。相手国で中国へ の反発が高まりそうになると、金の力で、或いは知識人や留学生を総動員 して、政治の力で封じ込める。軍事的圧力もかける。

だが、そのような中国の帝国主義的横暴に世界各国が、小さなアジアの 国々も含めて、気づき始めている。最も警戒心の薄いのが日本ではないだ ろうか。その意味で以下の事例を日本人は心に刻んでおきたい。

昨年11月、25億ドル(約2750億円)に上るネパールのブディガンダキ水力 発電所の建設計画が突然、キャンセルされた。利益の殆んど全てが中国企 業に吸い取られ、ネパールは得るものがないという理由からだった。

欧州連合(EU)は、中国企業によるハンガリーからセルビアに至る高速 鉄道建設計画に関して、ハンガリーがEUのルールに反して中国企業と契 約したとして調査を開始、事業は中断に追い込まれた。

破綻への道

親中派のアウン・サン・スー・チー氏が率いるミャンマーでも異変が起き ている。中国企業が取りかかった30億ドル規模の石油精製工場建設を、 ミャンマー側が拒否したのだ。

パキスタンは中国を「鉄の兄貴」(Iron Brother)と呼ぶが、中国が力を 入れていたディアメル・バシャ・ダム建設計画を中断した。中国がダムの 所有権を要求したのが理由だ。

同ダムは、パキスタンとインドが領有権を争う戦略的に重要な地域、カシ ミール地方に立地するが、これを中国は自国領にしようと企んだと思われる。

トランプ米大統領が今年1月4日に軍事援助を停止したこともあり、パキス タンは中国への傾斜を強めるが、彼らは元々中国への依存度が高く、総額 600億ドル(約6兆6000億円)のさまざまなプロジェクトを組んでいる。そ の中で中断されたのは前述のダムだけではない。

ホルムズ海峡の出入口を睨むグワダル港は事実上中国海軍の拠点にされた が、そこに空港建設計画が浮上した。加えて中国西部からカラチを経てグ ワダルに至る鉄道建設も計画されていた。だが、いずれの計画についても 昨年11月、両国の話し合いは物別れに終わった。中国依存度の高いパキス タンでさえ中国のプロジェクトに「ノー」と言ったことに世界は驚いた。

タイは150億ドル(約1兆6500億円)の高速鉄道計画を2016年に一旦中断 し、昨年7月、タイ企業の受注分を増やすとともに中国の技術による建設 が決まった。

中国が計画し、貸し付け、圧倒的に中国企業が受注するこれらインフラ事 業は、受け入れ国が抵抗すればわずかに修正されるが、根本的な修正は一 切あり得ない。貧しい国々は潤沢な貸付金に目が眩み、破綻への道だとわ かっていても踏みとどまれない。

タンザニアがそのいい例だ。バガモヨ市の港建設を含めて彼らは中国から 110億ドル(約1兆2100億円)という巨額資金を借り入れた。プロジェクト 遂行にはタンザニア政府が2.8億ドル(約308億円)、総額の2.5%を負担 しなければならない。だが、タンザニア政府はそれさえも捻出できない。 金利や元金の支払いは不可能だろう。つまり、事実上借金地獄に落ちたの である。これから、タンザニアに何が起きるか。スリランカの事例から容 易に見てとれる。

スリランカ政府は中国資本を借り入れて建設した要衝の港、ハンバントタ の経営に行き詰まり、株の80%を99年間中国企業に譲った。事実上の売却 である。中国はイギリスに香港を99年間支配され、期限が来たとき取り戻 した。そんな力が99年後のタンザニアやスリランカにあるだろうか。

中国による政治工作

小国が奪われ続けるこうした事例が中国の進出する先々で起きている。

オーストラリアのターンブル首相は、押し寄せる中国の影響力に対処する ために、昨年12月、外国人による政治献金を禁止する法案を議会に提出し た。地元メディアは中国が組織的に豪州政治への浸透工作を行っていると 報じ、その一例として野党労働党のサム・ダスチャリ上院議員が党の政策 に反して、中国の南シナ海での領有権主張を支持する発言をしたことを伝 えた。

産経新聞も昨年11月21日、豪州で、政治家や留学生を利用した中国による 政治工作が活発化していることを報じている。ブランディス司法長官は中 国共産党がロビー団体や財界人などを駆使し、地方や連邦政府に組織的な 工作を仕掛けていると懸念を表明した。

豪州の大学で学ぶ20万人近くの中国人学生が、在豪の中国大使館や領事館 の指示を受け、中国に不利な内容の授業内容に集団で抗議をするなど、露 骨な中国擁護活動を頻繁に展開しているというのだ。

貧しく力の無い国々に対して、中国政府は極悪サラ金業者のように振る舞 い、他の国々には巧妙に政治的影響力を及ぼそうとする。或いは軍事力の 行使も厭わない。

資金と技術が欲しい中国は、日本に笑顔で一帯一路への協力を呼びかけて いるにも拘らず、尖閣諸島の接続水域には軍艦と攻撃型原子力潜水艦を同 時に侵入させる。3隻の公船もその後領海に侵入した。

関係改善を求めながらなぜこんなことをするのかと問うのは愚問である。 中国はそういう国である。その中国の資本に国土を買い取られ、多数の人 口が流入しつつあるという現実を、日本はもっと警戒しなければならない だろう。
『週刊新潮』 2018年1月25日号 日本ルネッサンス 第787回



            
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎(1)道路事情が悪くて入荷が:前田正晶

昨24日だった。食パンの在庫が切れそうなので、我が家から道路を隔てた 反対側にあるイオン系の食品スーパー「マイバスケット」に昼過ぎに入っ てみた。するとどうだろう、多くの棚が欠品だらけだった。家内と「パン がないね」と語り合っていると、通りがかった女性店員が「道路事情が悪 くてトラックが来ないのです。済みません」と謝ったのだった。

実は、24日も23日も我が家の前を走る東中野から高田馬場駅に行くKBバス の路線は「道路事情」で運休だった。だが、まさかスーパーに納品するト ラックまでが運休とは考えてもいなかった。矢張り東京は雪に弱いのだと あらためて痛感させられた。それではと調べてみれば、敷島製パンの工場 は昭島市にあるようだった。それでは首都高等が通行止めでは新宿区まで は来ない訳かと何となく納得した。

25日には「もう良いか」と何時もその店にトラックが来る時刻の12時前に
行ってみた。すると店内は昨日よりも何もない棚が多くて閑散としている ではないか。道路事情は一向に解消していなかったのかと思わせられた が、KBバスは営業所に電話で確認したが早朝から運行していた。その頃に 何処のテレビ局だったか、首都高は除雪しても下に投げ落とす訳にはいか ず、運び出すのに手間取っていると報じていた。

そこで、再度1時半過ぎに訪れてみると店員さんたちが忙しげに到着した ばかりの商品を棚に並べているところで、敷島(PASCO)のパン「超熟」 も並んでいたので一安心とばかりに購入した。


(2)メダル獲得競争偏重に思う:

大雪とは関係ないが、テレビがしきりに採り上げていたのが安倍総理の平 昌オリンピックの開会式出席の件だ。自民党の議員の中にも反対派がかな り多く、何も行くことはないと主張する山田宏議員の顔が大写しになって いた。

私はそれも一理あるとは思うが、昨日主張したように相手が親北一筋の文 在寅大統領とあっては、総理が顔を合わせて言うべき事を言って悟らせる 必要はあると思っている。特に不可逆的合意の実行を厳しく迫る絶好の機 会になるとも考えている。

確かTBSのヒルオビだったと思うが、「アメリカ政府筋からは文在寅の北 への傾倒を食い止めるべく総理から釘を刺すようにと依頼されている」と 報じていた。総理とトランプ大統領の間柄から考えればありそうな話では あるが、それならば訪韓されるペンス副大統領からトランプ大統領の意向 として厳しく伝える方が先ではないかという気がするのだが。

オリンピックの話になって思うのだが、我が国からは平昌には約260名の 選手団が送り込まれるそうで、その壮行会が24日に開催されたそうだ。そ こですぐ話題になったのが「何個のメダルを獲得するか」だった。正確に は覚えていないが前回の冬季オリンピックでは7個だったかで、今回はそ れを超える数を期待しているとかだった。

私はオリンピックは「メダル獲得競争」の会ではないと考えている。マス コミの扱いでは3位までに入賞しないと何でもないような邪険さである。 時にはメダル獲得者だけ集めて記者会見を開いたりする。彼ら選手たちは オリンピックに国の代表として選ばれる為に日夜きつい練習に耐えてきた のであって、その点を忘れて「メダルだ、メダルだ」と騒ぎ立てるのは如 何なものかと思う。確か8位までが入賞となっているはずだ。

「その種目で世界の8番目に入ったことは素晴らしくないのか」と彼らマ スコミに問いかけたい。私は今頃になって「参加することに意義がある」 などと古き良き時代のようなことは言わないが、彼らマスコミと競技団の メダル獲得競争偏重には疑問を感ぜざるを得ない。大雪の話から少し脱線 してしまったが、一寸言わせて頂いた次第。

  ◎ガチャガチャに1万円の博多人形…15分で完売

「ガチャガチャ」と呼ばれるカプセル入り玩具販売機に入った1個1万円 の博多人形が25日、はかた伝統工芸館(福岡市博多区)で販売された。

 若手人形師たちの技術が詰まった精巧な作品を買い求めようと、午前 10時の発売前から行列ができ、用意した30個が15分足らずで完売した。

 人形の大きさは約5センチで、全5種。20〜40歳代の人形師らでつくる 博多人形商工業協同組合青年部(西山陽一会長)が、同日から始まった作 品展に合わせて用意した。腰掛けて夕涼みする浴衣姿の女性や、大黒天を 正面にして弁財天と毘沙門天を左右に組み合わせた「三面大黒天」などを 表情豊かに表現した。読売新聞1/25(木) 12:36配信


 ◎<諫干営農者>鳥害で長崎県など提訴へ 開門反対も撤回

国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の干拓営農者の農業生産法人2社が 24日、野鳥による農産物の食害で約4000万円の被害を受けたとして、農 地の貸主の長崎県農業振興公社と国、県を相手に損害賠償(金額は調整 中)を求め長崎地裁に提訴することを決めた。2社は諫干の開門差し止め 訴訟の原告に加わっていたが、訴えを取り下げる方針も決定した。開門反 対で一枚岩だった営農者からの離脱は開門問題の議論に影響を与えそうだ。

 関係者によると、2社は2008年の諫干完成直後から営農を始め計約40ヘ クタールでレタスなどの野菜を栽培。毎年冬、諫干堤防内側の調整池など から飛来するカモによる食害が起きており防除などを要請したが、公社= 理事長=浜本磨毅穂(まきほ)副知事=や事業主体の国、県は対策を怠っ たとしている。

 営農者に1ヘクタール当たり年間約20万円で農地を貸している公社は昨 年12月、賃貸契約更新を申請した2社に対し、契約解除を通知し、契約 期限の今年3月末までに農地を返還するよう求めた。農地のリース料を滞 納した場合に契約を解除できるという同意書に応じなかったことなどが理 由だった。

  2社は「食害など自己責任といえない被害が出ているのに(同意書 は)一方的。農業を守るために開門に反対してきたのに、地主から『出て 行け』と言われ、裏切られた」と反発。土地賃借の有効確認の訴えと、開 門差し止め訴訟の原告(営農者は約40法人・個人)から離脱する方針を決 めた。淡水の調整池ができたことで多くのカモが飛来するようになった設 計上の問題もあるとして今後、開門を求めている漁業者側と連携する可能 性もあるという。営農者は反対で一致していると訴えてきた開門反対派に は痛手となる。

諫干を巡っては、開門による漁業不振の原因調査を求める漁業者が10年、 福岡高裁で勝訴し、国が上告せずに判決が確定した。一方、農地被害を恐 れる営農者らが開門差し止めを請求し、17年4月に長崎地裁で勝訴。国は 開門しない方針を表明し、控訴を断念したが、漁業者側が控訴手続きを申 し立てている。毎日新聞1/25(木) 6:30配信



 ◎今季一番の寒気現る 27日にかけ大雪に、太平洋側でも

25日朝の上空1500メートル付近の寒気と各地の最低気温

気象庁によると、日本列島の上空約5千メートルには、今季一番の強い寒 気が流れ込んでいる。本州付近の偏西風が大きく南に蛇行して深い気圧の 谷となり、本州の南岸付近まで寒気が流れ込みやすい状態になっていると いう。

24日午後9時の観測で、石川県輪島市の上空1500メートルで零下16・5度 を観測。同時刻の気温としては観測開始以来、最も低い気温となった。西 日本から東日本の上空にも、25日朝にかけて平年より10度前後低い零下 15度前後の寒気が流れ込んだ。

 強い冬型の気圧配置の影響で今後、北日本から西日本で27日ごろにかけ て日本海側を中心に大雪となり、太平洋側でも大雪となる地域がある。 26日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、北陸 80センチ、東北、関東甲信50センチ、北海道、中国40センチ、東海、近 畿30センチの予想。

 南米ペルー沖の海域で海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」とみられ る傾向も起きており、気温が低くなりやすい状況はしばらく続く見通し。 同庁によると、2〜3月も全国的に気温が低いとの予想になっている。朝 日新聞デジタル1/25(木) 13:23配信


 ◎「水が出ない」都内で相次ぐ 府中で零下8.4度

上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、25日朝は全国的に気温が下が り、この冬一番の冷え込みとなった。東京都心では午前6時20分に最低気 温が零下4・0度を記録した。気象庁によると、都心で零下4度を記録し たのは、観測地点が千代田区大手町にあった1970年1月17日以来、48年ぶり。
都心の観測地点は、2014年12月に千代田区の北の丸公園に移転した。同 庁によると、北の丸公園の方が最低気温は年間平均1・4度低いという。

 都内では、府中市で午前6時26分に零下8・4度を記録。観測史上、最 も低かった84年2月8日の零下8・2度を更新した。また、北海道喜茂別 町では、午前0時43分に零下31・3度を観測した。西日本でも、大阪府東 大阪市の生駒山で零下8・8度だったほか、京都市で同3・6度、大阪市 で同2・5度と、この冬一番の寒さだった。

 日中も全国的に気温は上がらず、都心と横浜、千葉、名古屋の各市で最 高気温が4度、さいたま、大阪、広島、福岡の各市で3度の予想。同庁に よると、午前10時までの24時間の降雪量は福島県檜枝岐村で54センチ、岩 手県西和賀町で53センチ、新潟県魚沼市で49センチなど。午前10時現在の 積雪量は青森市(酸ケ湯)で300センチ、山形県大蔵村で287センチなどと なっている。

 85年1月以来、33年ぶりに冬に「低温注意報」が出た東京23区。厚手の コートを着たり、白い息をはいたりしながら職場に向かう人の姿が目立っ た。千代田区の日比谷公園にある雲形池には氷が張り、噴水の鶴は羽につ ららが垂れ下がる。カメラを構える人も多く見られた。

 霞が関に勤める横浜市の会社員男性(33)は普段よりも厚めのニットを 着て出勤。「いつも以上に寒い。肌に突き刺さるようだ」と両手をもん だ。埼玉県越谷市の会社員男性(43)は「寒いって言うより痛い。普段よ り2枚多く着てきました」。東京都板橋区の会社員芳賀風華さん(29)は 長女(1)と日比谷公園を散歩していた。「いつもより上も下も1枚ずつ 多く着込みました。寒くて子どももなかなか起きられなかった」。千葉県 船橋市に住む40代の公務員女性は「水道が凍って水とお湯が出なかっ た」と話した。

 一方、公務員の40代男性は「寒い寒いというけど、そこまで寒くは 感じない。今朝もいつもと同じアイスカフェラテを頼みました」。

 東京都水道局によると、午前10時までに、「水が出ない」など、都 内で729件の問い合わせがあり、対応に追われた。
朝日新聞デジタル1/25(木) 11:54配信


 ◎五輪初、南北合同チーム「コリア」が始動 練習は非公開

2月9日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で、韓国と合同チームを結 成する北朝鮮の女子アイスホッケー選手団が25日午前、韓国入りした。中 部・忠清北道鎮川の国家代表選手村で、韓国代表との合同練習に入る。 「南北融和」の象徴として急ごしらえされた五輪初の南北合同チームがど んな結果を残すか、注目が集まっている。

北朝鮮選手団は同日午前9時半ごろ、韓国側の通関ゲートのある京畿道都 羅山に到着。緊張した面持ちでバス2台に乗り込み、選手村に向かった。 選手12人、監督1人、コーチ2人の計15人の構成だ。

選手村では韓国選手23人と合流し、国際オリンピック委員会(IOC)の 特別措置で認められた登録選手35人の単一チーム「コリア」を結成。国歌 の代わりに民族歌謡「アリラン」を使うなど国家色を薄め、南北融和が演 出される。練習は非公開とされている。
朝日新聞デジタル1/25(木) 11:34配信


 ◎昭和の駄菓子がまた1つ 「梅ジャム」が2017年末に製造終了、唯一の 作り手が体力の限界で引退

1947年に発売された梅の花本舗(東京都荒川区)の駄菓子「梅ジャム」 が、2017年12月をもって製造を終了していたことが分かりました。唯一の 作り手である高林博文さん(87)が体力に限界を感じ、創業70年の節目に 引退を決意したのが主な理由です。

「梅ジャム」は、梅肉に砂糖やでんぷん、小麦などを加えて煮詰めたペー スト状の駄菓子。紙芝居で販売する駄菓子のラインアップが数少なかった 当時、せんべいに塗って味を変えられるような一品があれば人気が出るの ではと考え高林さんが開発しました。以降、遊び疲れたときに食べると しょっぱい味がアクセントになるとして、関東を中心に長きに渡って愛さ れて続けてきました。

 梅の花本舗に取材したところ、商品は創業当時から高林さんが1人で製 造しており、手作業の割合も多く87歳の身体ではもう作るのが難しいとの こと。作り方も誰にも教えておらず後継者もいないため、製造終了に至っ たといいます。賞味期限は1年で、市場に出回っている在庫分が最後の 「梅ジャム」となります。

 1月下旬にTwitterで、梅の花本舗の廃業を知ったという趣旨のツイート が2万回以上リツイートされるなど話題になっていました。「惜しすぎ る」「何だか寂しい」「行かないで、私の昭和」「せんべいにつけて食べ るのが大好きだった」と、昭和の味が消えゆくことを悲しむ声が寄せられ ています。ねとらぼ1/25(木) 12:11配信



  ◎安倍首相、憲法改正で幅広い合意期待=発議は「国会議論次第」―参 院でも代表質問

安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が25日午前、参院本会 議でも始まった。

首相は憲法改正について「与野党にかかわらず幅広い合意が形成され、国 民的な理解が深まっていくことを期待している」と強調した。自民党の吉 田博美参院幹事長らへの答弁。

 首相は年内の改憲発議を視野に入れているが、「改正の必要性や、その 内容、発議の時期などのスケジュールは国会における議論や国民的議論の 深まりの中で決まっていくものだ」と述べるにとどめた。民進党の大塚耕 平代表への答弁。

 大塚氏は改憲の国民投票に関し、「資金力のある団体などが広報宣伝活 動を展開し、世論誘導に歯止めがかからない恐れがある」と述べ、国民投 票法を改正すべきだとの見解を示した。首相は法制定時の経緯として「広 告、放送を含めた国民投票運動については基本的に自由とし、投票の公正 さを確保するための必要最小限の規制のみを設けるとの結論に至った」と 指摘し、改正は不要との認識を示唆した。

 今国会の焦点の一つである「働き方改革」関連法案について、大塚氏は 高収入専門職を労働時間規制の対象外とする「高度プロフェッショナル制 度」を法案から削除するよう要求。これに対し、首相は「健康を確保しつ つ誰もが、その能力を発揮できる柔軟な労働制度へと改革するものだ」と 反論した。時事通信1/25(木) 11:03配信 



 ◎成田発着制限「4時間半」で決着へ=周辺市町が受け入れ方針

成田空港の航空機発着容量を増やす機能強化計画で、焦点となっていた夜 間早朝の発着制限時間が、現在の7時間から4時間半に縮小される方向で決 着する見通しとなった。

千葉県成田市など空港周辺9市町でつくる「成田空港圏自治体連絡協議 会」が24日、発着制限緩和は受け入れた上で、騒音を低減する運用の工夫 などを要望する方針を固めた。

 9市町は26日の会合で正式に方針決定し、今月末に国土交通省、県、成 田国際空港会社に要望する。同省などは要望を踏まえて具体策を協議し、 2月中にも計画を最終決定したい考えだ。

空港機能強化計画は2016年に国と空港会社が示したもので(1)C滑走路(第 3滑走路)新設(2)B滑走路延伸(3)発着制限緩和―が柱。

このうち発着制限は、現在の「午後11時〜午前6時」を「午前0時半〜5 時」に緩和する提案が出ているが、地域住民から「睡眠時間が確保できな い」など反発が強く、9市町は騒音低減策を求める。このほか要望には、 集落分断を防ぐために騒音対策地域の拡大や産業振興策の具体化も盛り込 む。時事通信1/25(木) 7:07配信 


 ◎「負担きつい」燃料高騰で消費者ため息 ガソリン2年半ぶりの高値、 灯油も18週連続で価格上昇

「負担きつい」燃料高騰で消費者ため息 ガソリン2年半ぶりの高値、灯 油も18週連続で価格上昇

石油製品の価格上昇が続いている。ガソリンの平均小売価格は約りの高値 となり、寒さに伴い需要が高まる灯油も18週連続で価格が上がった。暮ら しや仕事を支える燃料のコスト増加で、家計にも企業にも厳しい冬になっ ている。

「満タンにすると高いので一度に入れる量を控えています」。23日、福岡 県久山町のガソリンスタンドに給油に来た主婦の山根理紗さん(34)はこ ぼす。保育園に通う子どもの送り迎えがあるため、車は欠かせない。この 日は2千円分だけ給油した。仕事で車を使い、月5回は給油するという同町 の自営業男性(71)は「負担がきつい。なるべくエンジンをふかさないよ うに運転している」と語る。


 の無職男性(65)は「わが家の暖房は石油ストーブなので灯油が必需 品。 給油のたびに値上がりしている気がする」とため息をつく。
.

事業者にも打撃

 経済産業省資源エネルギー庁が24日発表したレギュラーガソリン1リッ トル当たりの全国平均小売価格(22日時点)は、前週比1円40銭高い144円 60銭。5週連続の値上がりで、2015年7月以来の高値水準となった。灯油は 18リットル当たりで21円高い1572円と、15年1月以来の水準。

  九州7県はガソリン147円70銭、灯油1621円。製油所からの輸送費がか かるため全国より高めで、消費者の負担は大きい。

  調査した石油情報センターによると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国 と非加盟国の協調減産が続くとの見方から、原油価格が高止まりしている 影響が出ているという。

  石油を頻繁に利用する事業者にも打撃だ。福岡県志免町の物流会社シ ティーラインの田浦通社長は「荷主に運賃値上げの交渉をしていく必要が ある」と訴える。一本釣り漁が盛んな長崎県の上五島町漁協の切江英臣業 務部長は「1年間で船舶用のA重油が1リットル当たり20円ほど上がった。 沖に出る漁が盛んになる春には、どのくらいの価格になっているのか」と 懸念を示した。西日本新聞1/25(木) 9:35配信


 ◎大雪で新幹線ダイヤ乱れ 1918人車内泊

 JR東海によると24日、東海道新幹線は、大雪の区間で徐行運転をした ことなどから、100本の列車に遅れが生じ、9万人以上が影響を受けたと いう。

東京駅への最終列車の到着が3時間以上遅れて25日午前3時頃になるなど したため、JR東海は、到着後に乗り継ぐ列車がない人に新幹線を開放 し、東京駅、名古屋駅、新大阪駅であわせて1918人が車内に泊まった。

 JR東海は、25日も大雪の区間で徐行運転し、遅れが生じる見込みだと している。日テレNEWS241/25(木) 5:58配信


 ?日航社長交代 経営再建の“カリスマ”退任 成長軌道へ、正念場

日本航空の植木義晴社長が24日、退任を発表した。経営破綻後のかじ取 りを任されて6年。パイロット出身ならではの決断力で“乱気流”からの立 て直しを果たした。業績好調の中でバトンを引き継ぐ日航だが、航空業界 をとりまく競争環境は厳しさを増しており、今後も成長軌道を描けるかの 正念場を迎えている。

 「1つ問題を解決したら2つの課題が降ってくる、そんな6年間だっ た」。植木氏は24日の会見で、激動の任期をこう総括した。

 日航は平成22年、世界的な金融危機を引き金に約2兆3200億円の負債を 抱えて経営破綻した。植木氏は24年2月の就任から約半年で再上場を実 現。部門別採算の徹底や予約システムの刷新などの再建策を断行し、日航 はいまや営業利益率14・3%、自己資本比率57・3%という高収益体質を 誇る。

 経営再建の過程で実施された約3500億円の公的支援に伴い、国土通省か ら「競争環境の是正」を名目とした新規路線開設や新規投資の事実上の制 限を受けてきたが、昨年4月に解禁された。今年度は羽田−ニューヨーク 便や成田−メルボルン便など新規路線の開設で攻めに転じている。

 カリスマ機長”がタラップを下りた今後、日航は成長継続が課題となる。

訪日外国人客数が「32年に4千万人」という政府目標の達成が視野に入る など順調に増えるほか、日本人出国数も回復基調にある。ただ需要拡大の 一方、航空業界ではライバルのANAホールディングスだけでなく格安航 空会社(LCC)を含めた海外勢とのシェア争いも激しさを増す。

 会見で次期社長の赤坂祐二氏は「競争環境の厳しさは理解している。航 空以外でも強みが生かせる分野には積極的に挑戦していく」と口元を引き 締めた。(佐久間修志)産経新聞/25(木) 9:03配信



 ◎私は良いことだと思うが:前田正晶

総理が参加されるか否かは河野外相も韓国の康外務大臣に明快に答えられ なかったし、官房長官の談話でも「国会の日程を見て」と言わばはぐらか してあった。しかし、25日朝からは「総理が参加されて文在寅大統領との 首脳会談を計画されている」と報じられ始めた。私は良い決定だと思って いる。

これは一見無用なことにも思えるが、それは何も今更韓国に義理立てする 必要などないからである。ところが、総理が文在寅大統領と会談されれ ば、不可逆的合意についての再びゴールポストを移動させたがるような不 届きな件等以外にも、総理が直接膝つき合わせてかの大統領に申し渡すべ き案件は誠に多いと思う。そこで、総理の口からハッキリと言って聞かせ るべき諸問題を、文大統領に伝えられる絶好の機会になると思うのだ。

私は文在寅大統領を始めとする韓国の首脳部には遠くかしたり、外交筋を 通して退けている程度では効果が出てこないのではと危惧している。ここ では、それこそ「これを申し入れることにより何ら失うものはない」と判 断があれば、ピシャリと言い渡すべきだと思うのだ。我が国のこれまでの 外交においては、余りにも紳士的に過ぎたというか、言うなれば論争も対 立も回避しすぎたと私は見ている。

安倍総理はこれまでに多くの世界の諸国を歴訪されて十分な成果を挙げて おられ、私はその外交面での手腕は最早世界にも冠たるものがあると思っ て敬意を表している。今回もその一環として、毅然たる姿勢で文在寅大統 領と会談されて、我が国の立場と意見を明快に伝えて頂きたいと願っている。

 ◎東京は雪に対する備えが出来ていない:前田正晶

今回の大雪の場合でなくても、兎角こういう批判と嘆きを聞くことが多 い。また実際にその通りであるとは思う。だが、青森県と北海道で勤務の 経験がある方に言わせれば「1年に1度か2度しかない大雪に対する備えを しても、費用対効果の点で無意味ではないか」と反論した。東北地方や北 海道ではそれに対する備えがなければ生活に不自由を来すのだから投資を して備えるのは当然で、それと同日に論じて欲しくないと言う。

23日は頼りにしていたKBバスの路線が「道路事情が悪い為」と運休だっ た。そこで大分雪かきが進み雪も融けた模様なので本日は運行かと、先ほ どダウンジャケットを羽織って未だ未だ早朝で滑りそうな道を進んでバス 停まで行ってみた。

何と前日の「運休」の貼り紙がそのままだった。そこで一生懸命にそこに 記載されていた営業所の電話番号を覚えて帰宅してから電話で確認してみ た。無情にも「本日も運休です」と答えられた。

当日の予定は午前中にジムに行って夕方からはある会合に出掛けることに なっていた。ジムに行くのはその運休になったバスが都合が良いのだが、 歩くとなったら徒歩約15分の歩道の除雪の状況を確認しないことには、と ても怖くて出てはいけそうもない。夕方からの会合は神保町なので、先ず は新宿駅の都営新宿線の改札口まで到達する為には、JR山手線を一駅だけ 利用するしかないような気がする。

新宿駅まで行けるKBバスの路線もあるが、これも営業所に運行状況を照会 せねばなるまい。それ以外では新宿駅まで30分以上をかけて歩くしかない のだ。矢張り1年に1度の大雪は我々にはかなりの負担を強いるものだと 解った。

 ◎炎の中から高齢夫婦救出「体が勝手に反応」 兵庫の20歳男性に警察 庁長官感謝状

民家火災を発見し炎の中から80代夫婦を救出したとして、兵庫県尼崎市の 会社員六車信哉さん(20)が警察庁長官の感謝状を受けた。24日に兵庫県 警の西川直哉本部長から同感謝状を受け取った六車さんは「怖かったが体 が勝手に反応した。絶対に見捨てるわけにいかないと思った」と振り返った。

火災は昨年12月3日午後3時すぎ、尼崎市大島1で発生。木造2階を全焼 し、隣接2軒も延焼した。

 その日は勤務先の鉄工所が休日で、妹たちの送迎をしていた六車さんの 目に炎が飛び込んできた。車を止め、現場に走ると消防隊員はまだ到着し ていなかった。「中に人がおるっ」。周囲の人から話を聞き、勝手口の扉 を開け室内に飛び込むと、既に煙が充満し、炎も上がっていた。腰が抜け たように座り込んでいた女性を見つけ、抱きかかえて外に飛び出した。

 しかし、安堵したのもつかの間、女性から「まだ中におじいちゃんもお る」。一瞬、ためらいもよぎったが「自分が行くしかない」と決心し「目 の前のことに集中した」という。燃えさかる民家に再び入ると、布団や落 ちてきた荷物の間で倒れていた夫を見つけ、夢中で運び出した。2人を救 い出すまで約3分。約5分後に消防車が到着した。

 その後は冷静だった。延焼の危険が迫る隣家などに「危ないから出てき てください」と声を掛けて回り、全員の無事を確認した。のどの熱傷の疑 いがあり病院に搬送されたが、幸い無傷だった。

 後日、夫婦の娘からお礼の連絡を受けた六車さんは「2人の命が無事 だったのがなにより」と話した。尼崎双星高校で過ごした3年間はラグ ビー部に所属。厳しい練習に打ち込んできたこともあり「ガッツが生きた のかな」と照れ笑いを浮かべた。

西川本部長から「身をていして救助する場面は警察官でも多くはない。本 当にありがとうございました」と言葉を掛けられた六車さんは「感謝状は 一生の宝物にしたい。同じような場面があれば率先して動きたい」と誓った。

人命救助による警察庁長官感謝状は過去10年、全国で43件。昨年は六 車 さんを含む計3件で、兵庫県内ではここ10年で初めてという。(
神戸新聞NEXT1/24(水) 18:44配信


 ◎関東は強烈冷え込み 東京で1970年以来となるマイナス4℃
この冷え込みは記録的・・・

25日(木)朝の関東では、今季最強寒気の影響で強烈な冷え込みとなってい ます。

25日朝、東京・府中では観測史上1位となるー8.4℃を記録。また、茨城・ 日立ではー6.2℃と1月としての観測史上1位を更新しました。

 ほかにも、東京はー4.0℃と1970年以来48年振りのー4℃台、千葉のー2.3℃ や横浜のー2.4℃は2006年以来12年振りのー2℃台など、各地で記録的な冷え 込みとなっています。(※6:30現在)

関東は強烈冷え込み 東京で1970年以来となるマイナス4℃

こちらは東京都新宿区(5:47)の様子です。週明けの大雪がまだ残ってい る道もあり、この冷え込みで凍ることで、大変滑りやすくなっています。

通勤通学の際は、寒さで縮こまりがちになりますが、足元の確認や滑りに くい歩き方などに十分配慮してください。
ウェザーニュース1/25(木) 6:52配信


 ◎私は良いことだと思うが:前田正晶

総理が参加されるか否かは河野外相も韓国の康外務大臣に明快に答えられ なかったし、官房長官の会見でも「国会の日程を見て」と言わばはぐらか してあた。しかし、今朝からは「総理が参加されて文在寅大統領との首脳 会談を計画されている」と報じられ始めた。私は良い決定だと思っている。

これは一見無用なことにも思えるが、それは何も今更韓国に義理立てする 必要などないからである。ところが、総理が文在寅大統領と会談されれ ば、不可逆的合意についての再びゴールポストを移動させたがるような不 届きな件等以外にも、総理が直接膝つき合わせてかの大統領に申し渡すべ き案件は誠に多いと思う。そこで、総理の口からハッキリと言って聞かせ るべき諸問題を、文大統領に伝えられる絶好の機会になると思うのだ。

私は文在寅大統領を始めとする韓国の首脳部には遠くからヤンワリと反論 したり、外交筋を通して退けている程度では効果が出てこないのではと危 惧している。ここでは、それこそ「これを申し入れることにより何ら失う ものはない」との判断があれば、ピシャリと言い渡すべきだと思うのだ。 我が国のこれまでの外交においては、余りにも紳士的に過ぎたというか、 言うなれば論争も対立も回避しすぎたと私は見ている。

安倍総理はこれまでに多くの世界の諸国を歴訪されて十分な成果を挙げて おられ、私はその外交面での手腕は最早世界にも冠たるものがあると思っ て敬意を表している。今回もその一環として、毅然たる姿勢で文在寅大統 領と会談されて、我が国の立場と意見を明快に伝えて頂きたいと願っている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

25 日夜、亀戸での宴会には物凄い美人が参加されていて実に楽しかった。26日の東京湾岸は快晴、爽快。

散歩する公園では水仙が咲いて春の先触れを告げている。湯島天神では梅 が咲いたそうだし、春の足音が聞こえるようだ。

25日夕は亀戸駅近くですごい美人と会い、何事か頼みごとをされるらしい。

                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。