政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4584 号  2018.1・23(火)

2018/01/23

 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4584号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月23日(火)



           トランプ政権、発足から1年:宮崎正弘

           朝日新聞は優れた反面教師:阿比留瑠比

  「措置入院」精神病棟の日々(83):“シーチン”修一 2.0

                            22日で85歳を迎えて:前田正晶

                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4584号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━━
トランプ政権、発足から1年
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月22日(月曜日)弐
        通巻第5588号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権、発足から1年。マティスが国防方針を発表
  「対テロ戦争」から「中国ロシアは競合する軍事的脅威」に基軸修正
**********************************

2018年1月19日、トランプ政権誕生から1年目にあたる日に、マティス国 防長官はワシントンのジョン・ホプキンス大学で演説し、国防の基本戦略 を、その基軸を変更した内容の方針を発表した。

この演説は、イミシンである。

 要点をまとめると、これまでの「対テロ戦争」のために闘ってきたアメ リカの基本姿勢を後方に下げ、中国とロシアの軍事的脅威に言及し、秩序 を一方的に変えようとしているという認識を示した。

オバマ政権末期に、「ロシアは軍事大国」とする報告に修正されてきた が、この基調を踏襲し、プーチンの軍事的冒険、その秩序への挑戦を正面 に捉えた。

中国の軍事力は、南シナ海における軍事行動を念頭に「経済力を用いなが ら地域の秩序を脅かしている」と長期的な対決姿勢のために「アメリカの 軍事的優位」の維持と拡大を謳っている。

北朝鮮とイランは同列に「ならず者政権」と定義し、中国、露西亜に次ぐ 脅威と認識していることを示した。

いずれにしても、従来のテロリスト壊滅のための中国とロシアへの協力姿 勢は雲散霧消したと捉えるべきで、同盟国への分担強化など、日本への防 衛圧力も相当強くなると予測される。
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1691回】            
――「全く支那人程油斷のならぬ者はない」――(中野11)
  中野孤山『支那大陸横斷遊蜀雜俎』(松村文海堂 大正2年)

                ▽
 「?育は、近年長夜の夢を破ったばかりで之れぞと、見るべき點は何も ない」としたうえで、「清國?育の宗旨、即ち本旨目的」は「忠君、尊 孔、尚公、尚貴、尚武此の五つ」であるが、実際には「第一尊孔」であ り、「忠君」と「尊孔」とが逆転している。

それというのも、「易世革命の國であるから、人民が氣にくはぬ奴だと思 へば、何時にての腕力に訴へて、君主を易置するを得るので、君主專制國 とは謂ひながら、君權は實際極めて輕いのである」。

これに対してして「孔子は無冠の帝王で」あり、「恰も支那の孔子にあら ずして、孔子の支那たるの感がある」からだ。

実際に四川で教壇に立った中野は、「授業中でもお搆ひなしに、矢鱈に唾 を吐き、手鼻をカミ散らすので、神聖なる?室は、嘔吐の巷となる、驚く なかれ、支那では、如何なる大官と雖ども、紙やハンカチーフで鼻をカム ものはない、皆な片鼻を壓さへて、フウーンとやるのである」。

では、「フウーンとや」って飛び出したブツは如何に処理されるのか。 「偶々手につくときは、壁や柱になすりつけ、果ては着物になすつて仕舞 ふ」。「作法といふものは八釜しくないので、人樣の前で、放屁すること などは失禮とも、何とも、思うては居らぬ、先生の面前でも、平氣でやつ ている。欠伸や脊延び、居眠等は常のことで、咎むるには足らぬ」。

 中野が記した授業中での手鼻、放屁、欠伸、脊延び、居眠などだが、そ れから60有余年が過ぎた香港中文大学大学院でも日常化していたことを思 い起こせば、このような振る舞いは彼らのDNAに組み込まれていると考え たくもなる。

そうそう、「壁や柱になすりつけ、果ては着物になすつて仕舞ふ」と中野 が記したブツだが、当時の香港ではテラテラと光り輝く電柱やら立木を見 受けたものだ。先生1人に学生2人――1人が小生で、1人が美形の才女――のゼ ミで、彼女が「片鼻を壓さへて、フウーンとや」ったのにはビックリ。し かも先生も彼女も何事もなかったように講義を続けていたっけ。

四川では学校当局も学生も授業時間の長いことを歓迎する傾向が強い。 「之は知識に渇しているからでもあらう」。

そこで「根氣のよいには日本學生などの迚も及びつかぬ所である」。だか ら「毎日七時間づゝ、授業されても、平氣でゐる、その代り尻から抜けて 仕舞うて多く覺えて居らぬ」。だから結局は「損である」。彼らの心は全 く以てウワノ空、である。

中野によれば、加えて学生は「呑氣、優長で、迫らず、焦らず、日本學生 の活?燃ゆるが如きに、比すれば、お爺さんの樣である」。彼らは「總じ て、氣力に乏しく、一見した所にて、其粘液質たるを知ることが出來る。 これが大國を負うて立つ、将來の中華國民と思へば、聊か情けなき心地せ ざるを得ぬのである」。

 かくして中野は教室における自らの経験に基づき、設備は不完全、学習 態度のデタラメから、「一日開花に、後れてすら、文明國民の、堪ゆる所 でないのに、支那は、少なくとも百年の後に、居るであらう、昔の夢ばか り、見て居る國民は、大抵こんなものであらう」と切り捨てた。「昔の夢 ばかり、見て居る國民は、大抵こんなものであらう」とは、けだし名言だ といっておこう。

 『支那大陸横斷遊蜀雜俎』を読み進んできて不思議に思えるのは、1911 年10月10日に起った武昌での武装蜂起をキッカケとする辛亥革命によって 満州族皇帝が支配する清朝からアジア初の立憲共和政体の中華民国に変 わったものの、革命によって激動したはずの社会の姿が明確には記されて いないことだ。

はたして中野が社会の激変に鈍感だったのか。関心がなかったのか。ある いは辛亥革命が内陸の四川までを揺り動かすには、まだ暫くの時間が必要 だったのか。我が大正に彼の中華民国・・・時代は確実に複雑さを増す。
《QED》
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)カナダで南京大虐殺記念日制定の動きが急です。
 一昨年からカナダで12月13日を南京大虐殺記念日にする動きが起きてい ます。カナダ在住のマリノフ利江さんが警鐘を鳴らし、産経新聞はたびた び報道しました。

原田義昭衆議院議員はオンタリオ州に向かい、衛藤征十郎議員らは州議会 に意見書を送って警告をしました。しかし止む気配はなく、動きはマニト バ州まで広がっています。

いったい何が起きているのでしょうか?

何故このような動きが起きているのか。これからどうなるのか。それを阻 止する方法はあるのか。また外務省はこの動きにどのような対応をしてい るのか。

それらについてマリノフ利江さんが現地での体験をお話ししたいと思って います。また皆様からの質問にもお答えするつもりです。

                記

「カナダからの報告会」
講師   マリノフ利江
日時   2月14(水)日午後6時から8時まで
場所   文京区民センターの3B
          文京区本郷4−15−14   03(3814)6731
     (地下鉄三田線春日駅1」分、大江戸線春日駅3分、南北線・ 丸ノ内線後楽園駅四分、JRの水道橋駅十分)
参加費  「南京戦の真実を追及する会」の会員は無料です。
一般の参加費は500円です。
懇親会   講演のあと近くで懇親会を行う予定です。
主催    南京戦の真実を追及する会(代表 阿羅健一)



  ♪
(読者の声2) これが北朝鮮の、平昌五輪プロパガンダ映像で、韓国を呑 み込んだ、北朝鮮の情報戦です。
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/videos/10208898869789238/
   (KN生)



  ♪
(読者の声3)次のようなニュースがあります。「チャイナ・テレコムの フィリピン進出、現地議会が反対声明」

 引用します。「中国の固定通信最大手、チャイナ・テレコム(00728) がフィリピンの通信市場に参入することについて、現地の少数派議員から 「トロイの木馬」と称して、懸念を示す声が上がっている。同議員団は 「通信接続で深刻な問題はあるが、中国案件を精査する義務がある」とし て、安全保障の面から事業承認を急がないよう求めた。シンガポールの中 国語紙『聯合早報』電子版が19日伝えた。

昨年11月、フィリピンのハリー・ロケ大統領報道官が記者会見で、国内企 業2社だけがサービスを展開する時代は終わったと言及し、中国企業に第3 の通信キャリアの権利を与えるとの考えを示していた。ドゥテルテ大統領 も、11月に中国の李克強首相がフィリピンを訪問した際、同国の通信サー ビス市場を中国に開放する考えを明らかにしていた」(引用止め)
とどのつまり、フィリピンも中国のカネの前に、領土問題を棚上げして も、はいつくばったということですね。(KY生、香川)


(宮崎正弘のコメント)スカボロー岩礁を中国に盗まれても、ハーグ國際 仲裁裁判所が「中国の言い分に根拠はない」とフィリピン全面勝訴の判決 がでても、ドゥテルテ大統領は、中国との外交強化に邁進しています。
 米海軍はひきつづき「自由航行作戦」を実施中で、一昨日、スカボロー 礁水域に入りましたが。



━━━━━━━━━━━━
朝日新聞は優れた反面教師
━━━━━━━━━━━━


          阿比留 瑠比

朝日新聞は優れた反面教師 都合が悪いと言論で立ち向かわずに即裁判… 言論の自由はそんなに軽いのか

「意見を述べ合い、批判し合う自由こそが社会を強く、豊かにする。戦後 約70年をかけて日本が築きあげてきた、多様な言論や価値観が交錯する社 会を守りたい」(同年10月2日付)

また、間違った記述が多数あった新書『日本会議の研究』に、いったん販 売差し止めの仮処分決定が下された件ではこう主張していた。

「著者や出版社に損害を与え、萎縮を招くだけではない。人々はその本に 書かれている内容を知ることができなくなり、それをもとに考えを深めた り議論したりする機会を失ってしまう。民主的な社会を築いていくうえ で、極めて大切な表現の自由を損なう…」(29年1月12日付)

自分たちに都合のいい言論は美辞麗句を駆使して守るが、都合の悪い言論 は裁判でただちに封じる。そんな姿勢で、読者の信頼が得られるはずがない。

(論説委員兼政治部編集委員)
産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2018.1.18


       
━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(83)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

わては今、大阪弁を勉強しておるんやが、これには訳があるんや。父方の 祖父の弟(大叔父)が梅田で手焼きせんべいの「夢や」を営んではったん やが、商才があって株式投資などで結構な資産家になっておった。わてら は「ウメダのオジサン」と呼んでおって、オジサンの手土産はもちろん自 家製のせんべいやった。

子がないさかいに小生の父は子どもの頃に「ウメダのオジサン」の養子に 遣られたんやが、辛くて逃げ出したそうや。そやけど父はカネには未練が あったんやろう、ナント今度は中姉夫婦をオジサンの跡継ぎとして送り込 んだ。カネに色がついているわけやないから結構人は集まるもんや。魔 力、引力があり、「カネは借金苦で首を吊った親の仇だ、早く仇に遭いた い」という小話もあるで。

中姉夫婦はオジサンに一所懸命に尽くしたんやが、結局はご破算になって もうた。オジサンは村田蔵六(大村益次郎)もかくやと思うほど粗食で、 夕食でもオカズはほとんど豆腐や。それ以外のオカズは贅沢=敵で、つま りは蔵六もビックリのケチ、吝嗇やったんやと思う。20代で元気いっぱい の中姉夫婦は1年も保たずに逃げ帰ってきた。あたりまえや。義兄曰く 「あの経験だけはまったくのムダ、無意味、思い出すのも好かんわ」。

オジサンの奥さんは小生がもの心をつく頃には亡くなっていたんやが、栄 養失調で病気に負けたのかもしれん。結局、オジサンは60歳あたりで40代 後半の結構な美人を嫁さんに貰い(買い?)、周囲は「あっらー、カネは 偉大なり!」とびっくりしたんやが、今さら子作りはならんかった。やは り豆腐だけではパワーが出んかったんやろ、蔵六も子はなさんかった(ほ とんど単身赴任やったから睦み合う夜がなかったちゅうのが真実やろうな)。

オジサンは、忍耐強いというか、他に芸がないような無口の弟子という か、下男のような奉公人を養子にして、これまた無口の下女、ハシタメの ような嫁さんをもたせたんやが、昨年の暮にオジサンは100歳を前に大往 生した。

後見人(遺言執行者)の弁護士によると、遺言書では養子夫婦は現預金な どのほとんどを相続し、さっさと上本町に引っ越した。建物と土地は昔の 縁(三度目の正直?)でわてが相続人になっておったのにはびっくりした が、他に気に入った親類がおらんかったんやろう。

店舗兼用の建物(3F建て)自体は築40年で大したことはなかったんやが、 土地は昔の取引では当たり前だった単位の一反(300坪=600畳)で、借地 人=借地権者が結構多く、かつ代替りや又貸しなどで権利関係が複雑で、 弁護士も困り抜いてしもうた。大体、賃貸借契約書があっても「隣の〇〇 さんと同じにします」の一行で、隣の〇〇さんなんてとうの昔に消えてし まっている。

周辺は繁華街やさかい市場の坪単価は1000万円、一反で30億円になる。相 続税は路線価を基にするから5億円前後やが、そんな現預金はわてにはあ らへんさかい、物納にしたいんやが、税務署は「更地にしろ」と言う。と りあえず500万円で解体業者に頼みオジサンの自宅を更地にして税金は納 めたんやが、借地権者を片付けんと商工中金からカネを引っ張れずビルが 建たん。

弁護士も困って「借地権者とか関係人を巻き込んで『市街地再開発組合』 を立ち上げるしかないんと思いますがな、どうですやろ」。「それしかな いとわても思うで。市から認定されれば補助金も出るそうやし、商工中金 も安心して金を出すやろ」

「それなら春にも協議会を開催しますから、修一さんは委員長として半年 ほどは梅田あたりに暮らしてもらいますが、ええですか。ビルの設計・施 工業者も決めなあかんし、関係者の説得や工期中の生活保障などもあり、 腰を落ち着けて采配していただかんとスムーズにいかんさかいに」

「そやな・・・3月末までには宿を決めて大阪におるようにするわ。あん たの事務所は難波やろ、その辺りにするわ」

「そりゃ助かりますわ。それとですな、大阪とか関西では標準語は嫌われ ておりまっさかい、できれば大阪弁をこなせるようになると交渉が上手く いきますなあ。中途半端やと『なんや、このオッサン』と嫌われますが」

「そうかいな・・・リスキーやけどネットで勉強できるやろから、ま、ボ チボチやってみるわ」

以上のようなわけ(半分は本当、半分は創作)で大阪弁を学んでいるのだ が、小生は大阪弁に触れると結構「共鳴」してほっくりする。

<柳吉は20歳の蝶子のことを「おばはん」と呼ぶようになった。「おばは ん小遣い足らんぜ」そして3円ぐらい手に握ると、昼間は将棋などして時 間をつぶし、夜は二ツ井戸の「お兄ちゃん」という安カフェへ出掛けて、 女給の手にさわり、「僕と共鳴せえへんか」そんな調子だった・・・> (織田作之助「夫婦善哉」)

現実は過酷なもので、キチ〇イの小生に共鳴してくれるのはスズメと孫と 食材配達の大原さんだけである。大原さんとはたまにメモで挨拶のような やりとりをしているが、先日はそのメモを見たKから「アンタは気味が悪 いアホや」と罵倒され、一気に落ち込んだ。

今日はCから以下のメールが来てまた落ち込んだ。

<ブログにKのこと書かない約束したよね。ブログ、Kも見てるから本当に 書かないで下さい。13日のブログの内容、Kが見る前に消してほしい。1 年前の事件で、KとNは酷く傷ついてるから、配慮してほしいです。お願い します>

こう返信してまたまた落ち込んだ。

<「アンタは気味が悪いアホや」と罵倒されたら仕返しをする、当たり前 のルールやろ。だいたい、父親のブログを見るなんてかなり悪趣味やない んか。死んでからにしてほしいねん。キチ〇イヂヂイにかまけているより 亭主と子供に目を向けていた方がええと思うがの>

Kは車を買い替えてご機嫌である。結構なことだが、わが家で小生の落ち 着ける居場所はもう隔離室だけだ。もうすぐ67歳になるのに人間、世間、 自分さえも何も分からない。前人未到の「永世七冠」になった羽生善治氏 の言葉はショックだった。

<将棋そのものを本質的にわかっているかというと、まだまだ何もわかっ ていないというのが実情。これから自分自身強くなるかわからないんです が、そういう姿勢や気持ちを持ってやっていけたらいいなと思います>

精神病の悩ましい思いの中から人生の何が分かるのか、「何もわかってい ない」ということが分かるのか、それならそれでいいか、そう割り切るし かないか・・・stray sheep、発狂亭雀庵の「メーメー、迷迷」病棟日記 から。

【2017/1/25】*10:00〜11:10、作業療法。今日も恐竜の肉体作りで、 明日からは皮をつけていくが、明日が最後の作業療法になり、作品を家に 持ち帰ることになる。

*13:00〜15:20、山麓を散歩し、「まつかげ台」の高台から丹沢山系を 堪能。メジロを見つけたが、やがてウグイスをやってくるだろう。

16:30〜、最後の風呂で、病棟生活のアカを落としてきれいさっぱり。も うすぐ娑婆だ。

【1/26】*10:00〜11:00、作業療法。恐竜の皮はおおよそできて、あと は自宅作業になる。とても面白かった。

*13:00〜14:20、荻野川を下流に向かって散歩。トンビ3羽がカラス1羽 を追いかけまわしており、カラスは必死で欅の枝に逃れた。トンビはカラ スの2倍ほど大きいが、その分、小回りが利かないから枝の多い欅の中に は入れない。戦力は大>中>小とは限らないし、むしろ絶滅危惧は大> 中>小だろう。

お爺さんが二人(も!)、別々に散歩していたが、入院してから初めて見 る光景だ。老婦人や子連れのママさんは時々見るが、お爺さんは珍しい。 とにかく人を見かけることはとても少ないが、こういう過疎地から都会へ 出ると、人、人、人で気分が悪くなるようだ。「人に酔う」と言うそうだ。

今日は結構遠くまで足を伸ばしたが、スゴイ臭いがしてきたと思ったら牛 舎があり、ホルスタインが1頭だけ見えた。商売にはならないだろうが、 自宅用に搾乳しているのか。それともペットとして飼っているのか。

過疎地に家を新築する人もいるが、リタイアして静かに余生を暮らしたい ということなのか。静かすぎて、寂しくならないか。小生にはちょっと耐 えられないな。

【1/27】*10:00〜11:30、作業療法で体操とゲーム。昼食は珍しくつっ かえて、半分食べるのがやっと。トイレでゲーゲーし、疲れ切ったので散 歩はやめにした。明日の退院に備えて荷造りと掃除。(つづく)2018/1/15



━━━━━━━━━
22日で85歳を迎えて
━━━━━━━━━


         前田  正晶


以下は昨年の1月21日に本日が偶々私の誕生日だったこともあり、アメリ カでトランプ大統領の就任に因んで新旧大統領について、当時どのように 考えていたかを再録して見ようと思った次第。

少し内心忸怩たるものがあるオバマ前大統領の実績:

遂にアメリカの大統領が変わってしまった。往年の同僚のL氏は見ないと 言っていた就任式のテレビ中継(録画?)も一寸は見た。トランプ大統領 の就任演説も聴いたが、同時通訳がうるさかった。

良く考えるまでもなかったが、あれほど貶し続けてきたオバマ前大統領 だったが、彼の就任後に6,000万人も増えた人口の中心は恐らminorities たる低層の人たちだっただろう3億2,000万人を抱え、誰がやっても上手 く行くまいと言われたリーマンショック後のアメリカ経済と相対し、8年 間にアメリカをあれほど弱体化させたにも拘わらず、恐らく世界でただ 1ヶ国経済を安定的に復調させ失業率を4%台にまで低下させていたの は、立派な功績だと認めねばなるまい。

我が国の野党が懸命にくさし続けるアベノミクスを超える成果だったのだ と感じている今日この頃だ。即ち、「オバマ様、失礼致しました」とお詫 びせねばならないかと、忸怩たるものがあるという意味だ。

次は新大統領:

そのトランプ大統領の就任演説である。簡単に言えば「簡にして要を得て いた」とでも形容したいほどL氏も彼を形容するのに使った言葉の “narcissist”に徹していた感もあったが、「自分が自分たちの国を再度偉 大にしてみせる」と語りかけていた点は極めて解りやすかった。その限り においては彼を熱心に支持する層には強烈に訴えるだろうと思って聞い た。一層支持されるだろうと聞こえた。

だが、私には要するに「折角我がアメリカが世界の諸国をここまで良くし て豊かにさせてやったにも拘わらず、彼らは我が国の職を奪い富を収奪 し、繁栄を妨げた。今こそ我々はその苦境から脱してアメリカ第一に徹 し、雇用(英語は“job”なのでこの訳語は不適切だと思うが)を増加させ 仕事を取り戻す」という点を強調したのは、私には何となく被害妄想的か なとも聞こえなくもなかった気がする。トランプ大統領はアメリカ経済、 就中製造業が弱体化し空洞化していった原因と実態を知ってか知らずか、 叫んでいたように思えてならなかった。

何処かのテレビ局にゲスト出演した大学教授だったかが、私と同じ見方で 「アメリカの労働力の質の向上と改善を図らねば、相変わらず世界市場で 競争力を持たない製品を作り続ける結果に終わることに対する認識がな い」と指摘したのだが、私はトランプ大統領がこの重大な問題点を認識し て改善することに本気で取り組まない限り、幾ら“job”を増やしても賽の 河原だと密かに危惧するのだ。

より具体的に言えば「アメリカの製品が世界市場で競(competitiveness という言葉が当たるだろう)が著しく弱いだけではなく、自分たちの国内 市場の需要と要望と受け入れ基準(何故我が国では「ニーズ」とカタカナ 語にするのか?)にだけ合わせただけの製品を世界最高と信じて押しつけ てきただけで、海外市場のニーズに合わせる姿勢に乏しかっただけのこ と」なのだ。

もっと簡単に言えば、左ハンドルの車を右ハンドル車の国に「さー、世界 最高だから買え」と押しつけたような販売政策とすれば解り良いかな。忌 憚なくというか後難を恐れて言えば「善意に溢れた単純な自己過信商法」 が通用しなくなったのだ。

私には既にTPP離脱を公式に言明したトランプ大統領がこの先何処まで 「アメリカファースト」を基調にする政治・経済・軍事・外交・安全保障 政策を採って行かれるのだろうかなどは解る由もない。

彼は怖い物なしに 見えるほど“unpredictable”であり、諸外国との多少の 軋轢や摩擦を恐れ ることなく突き進むかのか知れないのかなとも思う。 WTOがある以上、い きなり35だの45だのという高率の関税を恣意的に輸入 品の賦課することが 出来ないくらいご承知であって欲しいと思っている。

だが、トランプ大統領はこれまでに国際市場におけるビジネス独特の入り 組み且つ微妙な仕組みを経験してこなかった以上、“OJT”(=on-the-job- training)のような試行錯誤の覚悟で進んで行く気なのかとすらも思えて くる。その過程で何が起きるかは経験して初めて解ることで、他国との文 化の違いをOJTで大統領が学習していこうという考え方だったら怖いなと いう気もする。

私は上司の副社長に「貴方の行く手には文化の違いという凸凹道が待って いる。それを渡りきるのは容易ではない。だが、私の"job”はその道を極 限まで平らにならしてボスが平坦な道を歩けるようにすることと認識して いる」と言ったことがあった。これは自慢話ではない。

トランプ大統領の参謀や閣僚に与えられた課題の一つが「世界各国への道 を可及的速やかに最善の舗装道路に仕上げることだろう」と考えているか ら言うのだ。今はキャタピラー付き装甲車で押していく計画のように見え るのだが。


   
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎「自由の女神」、きょうから公開再開へ 州が経費負担

【1月22日 AFP】米連政府の予算失効のあおりで一時中断されたニューヨークの観光名所、「自由の女神像(Statue of Liberty)」の一般公開が、22日に再開する運びとなった。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事が運営経費を州が肩代わりすると発表した。

米国では議会でつなぎ予算の採決ができなかったことから、自由の女神像を含む多くの政府機関が20日に閉鎖に追い込まれていた。

「われわれは自由と機会のシンボルの明かりが消えるのを傍観しない」。クオモ(Andrew Cuomo)知事は21日、ツイッター(Twitter)にこう投稿し、州が公開継続のための資金を手当てできたことを明らかにした。

民主党のクオモ知事は、像がある公園の閉鎖は「州経済の原動力の一つを危機にさらすものだ」と懸念を示した。

知事によると、連邦職員支払う1日当たり6万5000ドル(約720万円)を州が用意する。

リバティ島(Liberty Island)にある女神像と近くのエリス島(Ellis Island)にある博物館には、年間およそ450万人が訪れる。(c)AFP

【写真】 米ニューヨークの自由の女神像(2016年9月27日撮影)。(c)AFP PHOTO / Bryan R. Smith
<http://www.afpbb.com/articles/-/3159400?cx_position=24>http://www.afpbb.com/articles/-/3159400?cx_position=24
【AFP】 2018年1月22日 8:57 ニューヨーク
  【參考情報】 
https://www.ny.gov/emergency/federal-government-shutdown
Andrew Cuomo? @NYGovCuomo 
New York State services will not be affected by the federal shutdown. Here's what you need to know:
New York State will reopen the Statue of Liberty and Ellis Island tomorrow. We will not stand by as this symbol of freedom and opportunity goes dark.

 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎改憲、具体案提示を=北朝鮮に毅然と対応−「働き方改革」実現・首 相施政方針演説

安倍晋三首相は22日午後の衆院本会議で施政方針演説を行った。憲法改正 について、与野党に具体案の提示を呼び掛け、国会の憲法審査会での議論 の前進を促した。北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、毅然(き ぜん)と対応すると表明。政権の重要課題と位置付ける「働き方改革」や 「人づくり革命」の実現も訴えた。

首相は「50年、100年先の未来を見据えた国づくりを行う。国のかたち、 理想の姿を語るのは憲法だ」と指摘。「各党が憲法の具体的な案を国会に 持ち寄り、憲法審査会において議論を深め、前に進めていくことを期待す る」と述べた。

北朝鮮問題に関しては「重大かつ差し迫った脅威」との認識を示し、「北 朝鮮に政策を変えさせるため、いかなる挑発行動にも屈することなく、毅 然とした外交を展開する」と表明した。

具体的には、米国の陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショ ア」や長距離巡航ミサイルの導入で、防衛力強化を図る方針を示した。年 内の防衛大綱見直しに言及し、「従来の延長線上ではなく、真に必要な防 衛力のあるべき姿を見定めていく」と強調した。

日中関係については、日中韓3カ国首脳会談の早期開催や習近平国家主席 の訪日により「日中関係を新たな段階へと押し上げる」と、関係改善へ意 欲を示した。

一方、日韓関係に関しては、慰安婦問題をめぐる日韓合意を念頭に「これ までの両国間の国際約束の上に、未来志向で新たな時代の協力関係を深化 させていく」と述べるにとどめた。

首相は、働き方改革を「70年ぶりの大改革」とし、同一労働同一賃金や時 間外労働の上限規制、高収入専門職を労働時間規制の対象外とする「高度 プロフェッショナル制度」の導入方針を示した。人づくり革命では、消費 税率10%への引き上げによる財源を活用し、全世代型の社会保障制度への 転換を掲げた。

また、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案を提出する考えを 示した。

【写真】 衆院本会議で施政方針演説を行う安倍晋三首相=22日午後、国会内
<https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&amp;k=2018012200675&amp;p=0180122at22&amp;rel=pv>https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&k=2018012200675&p=0180122at22&rel=pv
【時事通信】 2018/01/22-15:04 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎1年で「うそ」2140回=トランプ氏発言で米紙調査

【ワシントン時事】21日付の米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領 が政権発足から1年間でついたうそや誤解を招く主張が2140件に上ったと 報じた。

 同紙がデータベースを作って調べたもので、1日平均で5.9回に上る計 算だ。

最近の例では、トランプ政権の税制改革をめぐって「米国史上最大の減 税」と57回主張したが、財務省の統計によると、実際には史上8番目の規 模。また、ロシアの2016年米大統領選への介入についても、44回にわたり 「民主党のでっち上げ」などと語っているが、米情報機関は「高い信頼度 で介入はあった」と分析している。

 うその多くは原稿なしの演説やツイッターでみられる。誤りを指摘され ても、そのまま続けることが多く、同紙は「繰り返せば本当らしく聞こえ ると考えているのだろう」と指摘している。 

時事通信1/22(月) 11:55配信


 ◎張本智和の優勝に見る卓球の低年齢層化:前田正晶

21日には何となく卓球全日本選手権の男子のシングルス決勝戦を見てい た。それが9連覇中の水谷隼(28歳)対張本智和(14歳)の対戦という点 に一寸興味があったからだ。水谷隼は世界のランキングが最高で4位だっ たこともある我が国を代表する選手であるが、その水谷に張本が既に1度 勝っているという実績もある点に関心があった。

張本はあの得点をする度に「朝礼」ではなかった「チョーレイ」と叫ぶと ころが特徴かも知れないが、何が何でも14歳であれほど臆するところなく 誰にでも向かって行く姿勢には惹かれるものがあるし、両親が共に中国で は名が通った卓球の選手であるにも関心があった。

私の得意の閃きという点では明らかに「張本の勝ち」と出ていた。また 「そうだ、あの試合があったのだ」と気が付いてチャンネルを合わせる と、偶々張本が連続して9ポイントを挙げて水谷を圧倒していたゲーム だったし、ゲームカウントでも張本が2対1とリードしているところだっ た。そのゲームを張本が11対2で取ったところを見て「勝負あり」と見極 めてチャンネルを変えた。

私はピンポンという競技は全く試みたことがないので、語るべき知識も材 料の持ち合わせもないが、最近の我が国の選手たちの進境の著しさには感 心するのみだ。あのラリーという激しい打ち合いでは「良くもまーあんな 球を打ち返せるものだ」と感心するし、エッジボールにも反応してしまう 反射神経の凄さなどには恐れ入っている。

しかも、張本の14歳が代表するように男女とも世界的な試合で怖めず臆せ ず打ち合ってみせる者たちは皆10代の少年少女である。水谷隼が9連勝し てきたと言うが、それでは19歳から勝ち始めたのであって、張本の14歳は 何とその5年前に全日本を制覇したのである。

私はフィギュアスケートでは多くの10代の女子が活躍しているが、あの
競技ではその女性として成長する前の若さが有利だと思っている。

だが、卓球ではこの張本以外にも10代の有力な女子選手が多い。福原愛は 結婚・出産もあったが29歳で実質的に引退したかに見えるし、平野早矢香 も30歳を超えて引退している。

石川佳純は24歳だが10代を相手に苦戦しているように見える。張本も決勝 戦で水谷と当たる前には多くの年長者を退けてきていた。と言うことは、 卓球の世界では世代交代と言うべきか、低年齢層化とも言うべき事態が進 行しつつあると思う。

この世界はこれまで多くの中国人に席巻されてきたが、私はそこには中国 のように人口が多く、選手も多ければそこには所謂切磋琢磨があって、揉 みに揉まれる間に強くなってきたのだと考えていた。我が国でも世界的に 強い選手が増えて競技人口が増加すれば、全体的な水準が上がっていっ て、中国を脅かし追い抜く存在になっていくのではないかと思っている。

そこには今回の張本の勝利のような低年齢層化というか世代交代が進んで いく必要もあるかなと考えながら、水谷が為す術もなくゲームを落とすの を見ていた。頑張れ日本。

 ◎大雪警戒〕東京地方などに大雪警報(22日15時現在)

気象庁予報部は22日14:30、東京地方に大雪警報を発表しました。東京地 方では、22日夜のはじめ頃から夜遅くまで大雪に警戒してください。

■防災気象情報
 【大雪警報】(22日15:15現在)
・東京地方
・神奈川県:東部(横浜・川崎、湘南)、西部(相模原、県央、足柄上)
・茨城県 :北部、南部(県南地域・県西地域)
・群馬県 :南部

 【積雪の深さ】(22日15:00現在)
・6cm 山梨県河口湖
・3cm 東京都東京、神奈川県横浜
・2cm 茨城県水戸、栃木県宇都宮、埼玉県熊谷
・1cm 群馬県前橋、長野県長野

◆大雪注意報/警報の発表基準(12時間降雪深)
・ 5cm/10cm 静岡県(平地)、神奈川県東部・西部(平地)、東京地方(多 摩西部を除く)、千葉県、埼玉県南部・北部、群馬県伊勢崎・太田地域、 茨城県
・ 5cm/20cm 東京地方多摩西部、群馬県前橋・桐生地域、高崎・藤岡地域
・10cm/20cm 静岡県(山地)
・10cm/25cm 群馬県北部(平地)
・10cm/30cm 神奈川県西部(山地)、埼玉県秩父、栃木県(平地)
・25cm/40cm 群馬県吾妻地域(山地)
・30cm/50cm 群馬県利根・沼田地域(山地)
・30cm/70cm 栃木県(山地)
レスキューナウニュース1/22(月) 14:35配信


 ◎張本智和の優勝に見る卓球の低年齢層化:前田正晶

21日には何となく卓球全日本選手権の男子のシングルス決勝戦を見てい た。それが9連覇中の水谷隼(28歳)対張本智和(14歳)の対戦という点 に一寸興味があったからだ。水谷隼は世界のランキングが最高で4位だっ たこともある我が国を代表する選手であるが、その水谷に張本が既に1度 勝っているという実績もある点に関心があった。

張本はあの得点をする度に「朝礼」ではなかった「チョーレイ」と叫ぶと ころが特徴かも知れないが、何が何でも14歳であれほど臆するところなく 誰にでも向かって行く姿勢には惹かれるものがあるし、両親が共に中国で は名が通った卓球の選手であるにも関心があった。

私の得意の閃きという点では明らかに「張本の勝ち」と出ていた。また 「そうだ、あの試合があったのだ」と気が付いてチャンネルを合わせる と、偶々張本が連続して9ポイントを挙げて水谷を圧倒していたゲーム だったし、ゲームカウントでも張本が2対1とリードしているところだっ た。そのゲームを張本が11対2で取ったところを見て「勝負あり」と見極 めてチャンネルを変えた。

私はピンポンという競技は全く試みたことがないので、語るべき知識も材 料の持ち合わせもないが、最近の我が国の選手たちの進境の著しさには感 心するのみだ。あのラリーという激しい打ち合いでは「良くもまーあんな 球を打ち返せるものだ」と感心するし、エッジボールにも反応してしまう 反射神経の凄さなどには恐れ入っている。

しかも、張本の14歳が代表するように男女とも世界的な試合で怖めず臆せ ず打ち合ってみせる者たちは皆十代の少年少女である。水谷隼が9連勝し てきたと言うが、それでは19歳から勝ち始めたのであって、張本の14歳は 何とその5年前に全日本を制覇したのである。私はフィギュアスケートで は多くの十代の女子が活躍しているが、あの競技ではその女性として成長 する前の若さが有利だと思っている。

だが、卓球ではこの張本以外にも10代の有力な女子選手が多い。福原愛は 結婚・出産もあったが29歳で実質的に引退したかに見えるし、平野早矢香 も30歳を超えて引退している。石川佳純は24歳だが10代を相手に苦戦して いるように見える。張本も決勝戦で水谷と当たる前には多くの年長者を退 けてきていた。と言うことは、卓球の世界では世代交代と言うべきか、低 年齢層化とも言うべき事態が進行しつつあると思う。

この世界はこれまで多くの中国人に席巻されてきたが、私はそこには中国 のように人口が多く、選手も多ければそこには所謂切磋琢磨があって、揉 みに揉まれる間に強くなってきたのだと考えていた。我が国でも世界的に 強い選手が増えて競技人口が増加すれば、全体的な水準が上がっていっ て、中国を脅かし追い抜く存在になっていくのではないかと思っている。

そこには今回の張本の勝利のような低年齢層化というか世代交代が進んで いく必要もあるかなと考えながら、水谷が為す術もなくゲームを落とすの を見ていた。頑張れ日本。

 

 ◎大谷フィーバー鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い

米大リーグ、エンゼルスにポスティングシステムで入団が決まった“二刀 流”大谷翔平選手(23)に対する全米のフィーバーぶりは衰えを知らな い。ヤンキースやドジャースといった超名門球団に入らなかったことで、 大谷への関心は少しは冷めたかと思われたが、あのベーブ・ルース以来と も言うべき“二刀流”への注目度は高いまま。いったいいつまで続くのだろ うか。

スポーツ専門局ESPNは「2018年、野球界で最も関心が高い名前ランキ ング、トップ18」と題して特集を組んだ。「春季キャンプを前にした1 月は刺激的な時期。たくさんのわくわくする話題が展開していくだろう」 と、シーズンを通じて目が離せない人物をピックアップした。

 FA市場の中心的存在のダルビッシュ有(31)は16位。ワールドシリー ズを制したアストロズの小さなMVPホセ・アルトゥーベ(27)が7位、 マーリンズを“解体”するデレク・ジーターCEO(43)が3位。そして2 位にはそのジーター氏に追い出された格好でマーリンズからヤンキースに 移った昨季の本塁打王ジャンカルロ・スタントン(28)が入った。

 超一流のメンバーが揃った中で1位に輝いたのが、大谷なのだ。その理 由として「今後2年間にわたり、1億ドルに達する給料を犠牲にして日本 からやってきた。彼の二刀流は大半の球団の興味を膨らませ、7球団が契 約を勝ち取ろうと躍起になった。大谷の入団でアリゾナでの春季キャン プ、オープン戦は2013年以来の狂乱となるだろう。ハミルトン、トラウ ト、プホルスが集結したときのように」と解説している。

 MLBの公式ホームページ(HP)でも“大谷フィーバー”は続いてい る。「最も期待される選手」として大谷の打撃フォームと投球モーショ ン、球種を動画で解析。「大谷のリポートとして最高の投球と打撃の紹介 をお届けする」と賛辞を送っている。

 また、ウェブサイト「Yahoo sports」では、3月29日の今 季開幕戦全15試合のうち、「最もエキサイティングな5試合」を選出。 大谷が所属するエンゼルスが敵地でアスレチックスと対戦する開幕カード も選ばれた。

 「ショウヘイ・オオタニは開幕戦のスタメンに入るだろうか。それはさ まざまな采配の存在を意味する。もしオオタニがマウンドに立たないな ら、DHとして攻撃的な能力を試すのに良い時期ではないようだ」

 開幕戦での大谷の起用法がエンゼルスで“二刀流”が本当に機能するのか を大きく占うという指摘らしい。大谷フィーバーは終わりが見えない。投 げる1球、1打席がシーズンを通じてトップニュースで注目を集め続ける ことができれば、“二刀流”が認められることになる。
産経新聞1/22(月) 9:02配信


 ◎「あんた、ひき逃げしたやろ」4歳児ひき逃げ、後続車男性が2キロ追跡

兵庫県警長田署は22日、ひき逃げと自動車運転処罰法違反(過失致傷)の 疑いで、神戸市兵庫区のタクシー運転手の男(69)を逮捕した。

逮捕容疑は、21日午後11時半すぎ、同市長田区大橋町4の市道でタクシー を運転中、同区内の男児(4)をはねて頭部にけがを負わせ、逃走した疑 い。同署の調べに「気が動転して逃げてしまった」と容疑を認めていると いう。

 同署によると、タクシーの後方を走行中の乗用車の男性(46)が、男児 がひかれた瞬間を目撃。スマホでナンバーを撮影した上、約2キロにわ たって追跡し、同区内の信号待ちで停止した男に「あんた、ひき逃げした やろ」と声を掛け、警察に通報したという。
神戸新聞NEXT1/22(月) 9:16配信


 ◎トラブル多発 コインパーキングの落とし穴 数千円で済むはずが数 万円の請求…

「24時間最大○○円」などと書かれたコインパーキングの料金表示をめぐ り、トラブルが多発している。目立つのは24時間経過後は通常料金にな るのにその表示がなかったり、不明瞭だったりして、高額の支払いを求め られるケースだ。中には、数千円と予想していたのに数万円を請求された −といった苦情も。トラブルを避けるため、どんな点に注意すればいいの か。(社会部 三宅陽子)

  ■高額請求の“からくり”

「最大24時間2000円」。そう表示されたコインパーキングを見つけ、車を とめることにした。最大料金は繰り返し適用されると思い、3日間利用し たら、請求されたのは想定していた金額(6000円)を大幅に上回る数万 円。「24時間経過後は通常料金が加算される」との表示はなく、困惑して いる…。

全国の消費生活センターには最近、こうしたコインパーキングの最大料金 に関する苦情や相談が相次いでいる。平成28年度の相談件数は、確認でき たもので151件に上った。

 消費者庁によると、多いのは「24時間最大○○円」などと書かれた表示に 関する相談だ。コインパーキングの中には、最大料金の適用が「1度限り なのか」「24時間以降も繰り返されるのか」を表示していないケースも あり、消費者が知らないまま長期間利用して高額請求を受けるトラブルが 目立つ。産経新聞1/22(月) 9:01配信


 ◎インタビュー:米大統領、北朝鮮問題でロシア非難 中国に罰金も

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、北朝鮮 の 制裁逃れを手助けをしているとしてロシアを非難した。さらに、北朝鮮 が米本土を狙う長距離ミサイルの完成に「日ごとに近づいている」と警鐘 を鳴らした。

トランプ大統領はロイターとのインタビューで、「ロシアは北朝鮮問題で 米国の助けにはなっていない」とし、「中国が米国に協力した分をロシア が損なっている」と非難した。

トランプ氏はまた、中国が米国の知的財産権を侵害している可能性がある とし、巨額の「罰金」を科すことを検討していると述べ、報復措置に踏み 切る可能性を示した。

トランプ大統領の発言について、在ワシントンのロシア大使館からコメン トは得られていない。

トランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との対話については、 「対話の席には着くつもりだが、問題の解決につながるかは定かではな い」とし、対話が有益かどうかを巡り疑念を表明した。トランプ大統領は 過去に、金氏との直接対話を排除しない姿勢を示していた。

トランプ氏は、危機を解決できなかったとしてクリントン、ブッシュ、オ バマ氏の直近3人の歴代大統領を批判。自身については、前日発表された 健康診断結果を受け、危機を解決できる認知力があることを示唆した。

「彼らは皆、テストで満点を取った大統領に任せるしかないと気付いただ ろう」と語った。

金委員長とこれまでに連絡を取ったことがあるかどうかについてはコメン トを控えた。北朝鮮とのこう着状態を「平和的な手段で」解決できること を望むが、「そうできない可能性は大いにある」と述べた。

また、北朝鮮への石油・石炭供給制限に向けた中国の取り組みを称賛した 上で、北朝鮮を抑止するためにさらにできることがあるとし、中国に一段 の行動を求めた。

ロシアのプーチン大統領については「できることは多い」とする一方、 「残念ながらわれわれはロシアとそれほど関係が深くない。中国が与える のをやめた代わりにロシアが与えているケースもあるとみられ、結果的に はそれほど良くない」と指摘した。

また、来月行われる平昌冬季五輪に関する南北協議を歓迎し、危機打開に 向けた最初の段階だと述べた。

米国の本気度を示すため、北朝鮮への限定的な先制攻撃を検討しているか どうかについては手の内を明かさなかった。

<中国に「巨額の罰金」検討>

トランプ氏は、中国が米国の知的財産権を侵害している可能性を指摘。こ の問題について調査を開始したと説明。インタビューに同席したコーン国 家経済会議(NEC)委員長は、米通商代表部(USTR)がまもなく勧 告を行うと明らかにした。

トランプ氏は「非常に巨額の罰金を科すことを検討しており、近く発表す る」と語り、米国は中国との良好な関係を望んでいるが、中国は米国を公 平に扱うべきだと主張した。

通商問題に関して中国への措置を公表する計画だとし、この問題を1月 30日の一般教書演説で取り上げる考えを示した。

【写真】 1月17日、トランプ米大統領は、北朝鮮の制裁逃れを手助け を しているとしてロシアを非難した。さらに、北朝鮮が米本土を狙う長距 離ミサイルの完成に「日ごとに近づいている」と警鐘を鳴らした。ホワイ トハウスでインタビューに答える同大統領(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)
<https://jp.reuters.com/article/usa-trump-trade-idJPKBN1F700L>https://jp.reuters.com/article/usa-trump-trade-idJPKBN1F700L
【ロイター】 2018年1月18日 / 09:12 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎混沌としているやに見える国際情勢:前田正晶

対DPRK制裁:

カナダのヴァンクーヴァーにロシアと中国を除く20ヵ国の外務大臣が集 まって、対DPRKの制裁強化の会議があったそうだ。そこでは我らが河野太 郎外務大臣が鍛え上げた英語力を駆使して活躍され、未だに訳の解らぬ屁 理屈を言っている韓国の康外務大臣をやり込めたそうだ。

だが、事DPRK制裁となれば、最も重要な役割を担っているべきはずの中国 とロシアが不参加では、何処まで実効が上がるか疑問に思うのが普通では ないのかな。私は不遜にも、この2ヵ国以外でも本気で制裁をする気がな い国があるように思えてならない。矢張り、我が国やアメリカはDPRKと国 交を結んでいなくてもUN加盟国の中には160ヵ国ほどがDPRKと国交がある ことを忘れてはならないと思うのだ。

平昌の冬季節オリンピック:

文在寅という人は韓国では「進歩」という範疇に入りそれを代表する存在 のようだが、誠に天晴れな強固な意志も持ち主であるようだ。トランプ様 を始めとして世界の誰が何を言おうと、一旦「親北」政策をぶち上げた以 上形振り構わずに推進するという鋼の意志を示している。

例の美女軍団とやらの応援団の滞在費まで負担しようとか援助するという 制裁違反にも該当しかねない方針も示したとか。

この方の親北政策と、何が何でも反日という彼の支持層に確約した政策を 全 うしようという姿勢は、「何はさておいてもアメリカファースト」を 最優 先されるトランプ様にも似た初志貫徹で行こうという、他国の迷惑 など眼 中にない困った指導者以外の何物でもない。河野外相が康外務大 臣を叩い たくらいでは蛙の面に何とやらに終わりはしないかと密かに懸 念している。

トランプ大統領:

英語にすれば last but not the least である。自ら天才であると豪語さ れる辺りは、確かに認知症の検査を必要とするのではないかとすら危惧さ せてくれた。しかし、思い付きのように前後の脈絡のない政策を次から次 へと打ち出され、Twitterとやらで暴言としか思えないようなご意向を連 日のように表明されようとも、アメリカ国内は好景気に沸き、株価は上が り、失業率は下がる一方で、自動車産業までが息を吹き返しては、最早ト ランプ政権が8年続いた時に対する準備すら必要だと思わせてくれる。

私はトランプ候補だった頃にも、大統領に就任された後でも、その余りの 「無知振り」と言うべきか「無知を装っておられるのか」の点を懸念して きた。また、無知というか勉強不足なるが故に打ち出されたとしか思えな い対日貿易赤字削減策などは、在任約1年を経るやほとんど具体的には言 い出さなくなってきた。

流石に少しは学習されたのかとお察し申し上げたい。だが、現時点程度の 実績で自らを「天才」と豪語する姿勢には限りない疑問を感じる。

私は彼はアメリカの大規模にして強大であり、長い歴史を誇る製造業が世 界で如何なる立場にあるか、その嘗ての競争力が何故今日あそこまで劣化 し衰えたかを、ただ単に天才と自ら言うだけで全体像を把握し得ることは ないと思っている。

Jobを増やしただけでは、そのjobに相応しいskillもあり実力も備えた人 物を集めない限り「雇用増加」と言っても、現実には烏合の衆になってし まうのだ。製造業は不動産業とは違うのだとご存じだろうか。

だが、現実問題としては我が国を始めとして世界の資本主義か自由主義陣 営に属する諸国はこの大統領に付き合っていかねばならないのだ。安倍総 理は世界のどの首脳よりも抜きん出てトランプ大統領と親密であり頼りに されていると思う。これから先はトランプ大統領と何処まで突っ込んでお 付き合いさせて頂くかが、我が国のような同盟国には重大な要素となって 行くだろう。換言すれば、あのunpredictabilityとどうやって付き合って いくのが最善かを判断することかも知れない。


 ◎日ハムボールパーク候補の真駒内公園 住民に賛否、熱帯びる署名

ボールパーク構想の候補地に浮上している道立真駒内公園。球団は大型
商業施設は併設しない方針

北海道日本ハムファイターズの新球場を核としたボールパーク構想(BP) で、候補地となった道立真駒内公園(札幌市南区)での建設の賛否を問 う、二つの地元住民グループの署名活動が熱を帯びている。賛成派は「地 域活性化のきっかけになる」と主張する一方、反対派は「自然や住環境が 損なわれる」と訴えている。両グループとも3月に署名を札幌市や球団に 提出する構えだ。

賛成派は昨年12月末に活動を開始。南区の会社経営者ら20人で「北海道日 本ハムファイターズBP真駒内案を実現する市民の会」を設立、署名を始め た。人口減やインフラ老朽化が進む南区にとって「BPがもたらす経済効 果、地域活性化効果は多大だ」とする。

一方、公園に近い真駒内地区に住む5人がつくった「真駒内公園に日本ハ ムファイターズ新球場建設を反対する市民の会」は、先週末に反対署名を 集め始めた。BPができると「公園の自然は破壊され、静かな住環境が悪化 する。周辺道路は今以上の交通渋滞が起きる」と訴えている。

両グループは、ホームページで活動をPRしている。「実現する市民の会」 はhttp://www.fighters-bp.site/。「反対する市民の会」はhttps: //makomanaipark.blogspot.jp/
北海道新聞1/22(月) 6:02配信


 ◎半島リスクが現実になる日 中国の海洋進出拡大に警戒、国内の成長 阻む「緊縮勢力」

2018年の経済や内政、安全保障面で、リスク要因となりそうな事案とその 影響についてピックアップしてみよう。(夕刊フジ)

まず、なんといっても朝鮮半島情勢である。北朝鮮に対する国連の制裁決 議はもう限界を迎えている。国際政治の常識では、あとは国連軍が出て軍 事オプションを行使する段階だ。すでに米国と中国は、北朝鮮への攻撃 後、どうするかを話し合っているともいわれている。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、中国の習近平 主席やロシアのプーチン大統領と1度も会ったことがないとされ、両国が 最後の最後まで北朝鮮を助けるとも思えない。

しかも北朝鮮は、核拡散をもくろんでいる。米国との関係でみれば、本土 へ核攻撃ができるかどうかがデッドラインだ。だが、北朝鮮からイランへ 核ミサイルが輸出されたら、軍事バランスが一気に崩れた中東が弾薬庫に なりうる懸念もある。

この懸念は核保有国の中国とロシアも同じだろうから、北朝鮮の核拡散が 実現する段階が事実上のデッドラインとなるだろう。遅くとも1年でそれ は来る。となると、米中露にとっては18年中の開戦というスケジュールも 無視できないものとなる。ひょっとしたら、2月の平昌(ピョンチャン) 五輪も開催できなくなる恐れすらある。イヤな話ではあるが、冷静に事実 を見ていると、こうしたリスクを指摘せざるを得ない。

朝鮮半島リスクは、同時に、中国が対外プレゼンスを高めるリスクでもあ る。半島有事のどさくさに紛れて、中国が南シナ海、台湾、尖閣諸島に出 張る恐れもあるからだ。中国の海洋進出は並々ならぬ決意で、常に存在す るリスクだといえる。

 こうした状況と関連して、中東情勢の不安から、世界各地でテロが発生 するリスクもある。平昌五輪などは世界の注目を浴びるので、半島情勢と 併せて考えると、テロの標的になっても何ら不思議ではない。一層の警戒 が必要である。

実際に半島有事となれば、経済どころではなくなる。有事の期間が長引け ば、日本経済にとって良いことはない。しかし、短期間で終われば、あく 抜けしてプラスになるだろう。北朝鮮問題については近著の『朝鮮半島終 焉の舞台裏』(扶桑社新書)も参考にしていただきたい。

朝鮮半島有事などがなければ、18年は日本にとって結構明るい年になりそ うだ。米国は経済が好調なうえ、金融政策は出口に向かっている。極端な 円高ドル安には向かいにくいので、日本経済にプラスの要因が多い。国内 の失業率も下限に近づき、人手不足から賃金上昇も見込める。やっと企業 も内部留保を吐き出そうとしている。

一方で、財務省などの「緊縮勢力」が大きなリスクである。来年度予算で も、社会保障カットなどでその萌芽(ほうが)がある。19年の消費増税を 前に、積極財政に出るというのが本来の手筋であるが、逆に「緊縮勢力」 がさらなる増税・歳出カットをもくろむリスクがあり、注意が必要だ。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

【写真】 核拡散をもくろんでいる北朝鮮(ロイター)
<http://www.sankei.com/world/photos/180116/wor1801160010-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180116/wor1801160010-p1.html
【産經ニュース】 2018.1.16 11:30 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎ケガだけは…阪神 糸井に自主トレやり過ぎ禁止令 昨年の二の舞いゴメン

昨年の二の舞いはご勘弁を――。阪神・糸井嘉男外野手(36)に対し、球団 が「オーバーワーク注意報」を出していることが21日、分かった。

オリックスからFA移籍した昨オフは、自主トレ中に右膝を痛め春季キャ ンプ別メニュー。やりすぎる傾向があるだけに、万全の状態でキャンプイ ンしてもらうべく目を光らせる。

 16日の自主トレ公開ではボディービルダー級のど迫力ボディーを披露し た“超人”。年齢による衰えどころか年々迫力を増しているその肉体だが、 それだけに怖いのが負傷だ。阪神入団が決まった直後の昨オフは、新天地 での活躍に向け気負いすぎた部分もあり、1月の自主トレ中に「右膝関節 炎」を発症。開幕には間に合ったものの、キャンプでの練習不足はその後 のシーズンにも影響を与えた部分は否めない。

 そこで球団側はオフ中も糸井の状態を随時、チェック。放っておけばい くらでも練習するタイプだけに、本人にも事前に「やり過ぎないように」 と予防線を張った。ここまでは順調そのもので、16日には「(状態 は)MAX良いです。昨年ケガでキャンプインが遅れたんですが、今年は しっかりと入れそうですね」と仕上がりの良さを強調していた。

 今月上旬にはソフトバンク・柳田らとグアムでの自主トレ。柳田は本塁 打量産のため、大リーグでも流行している意識してフライを打つ打法に取 り組んでいるが、浜風があるだけに「フライ革命は(自分には)意味な い。でもそこを選んで(阪神に)入っているし、そこでキャリアハイを目 指したい」と宣言した。万全の状態の超人なら、弾丸ライナーで甲子園の 右翼席に叩き込めるはずだ。
スポニチアネックス1/22(月) 6:15配信


 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

公園の雪解けを待つため散歩は午後に延期。

22日は曇り空の下、散歩を済ませたが、午後は絶え間無しに雪。

東京の雪”騒動”を雪国の人たちは大笑いするが、雪国生まれの小生からす ると東京は雪に全く対策を立てていない、降るか降らぬかわからないもの に立てる対策は無駄というものである。

雪だというので、夕方に亀戸で予定されていた美人出席の会合は延期され た、残念。

                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。