政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4578 号  2018・1・17(水)

2018/01/17

 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4578号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月17日(水)



         心のお洒落を大切にしよう:加瀬英明

             北朝鮮をどうするか:宮崎正弘


     中国の野望の牽制へ十分な抑止力を:櫻井よしこ

          
           高梨沙羅さんは大丈夫か:前田正晶

           
                      
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4578号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━
心のお洒落を大切にしよう
━━━━━━━━━━━━


       加瀬 英明

私は12月に、81歳の誕生日を迎えた。
 
人は誰も計画して、歳をとることがない。計画外だから、その準備がない。

「半」という字を解くと、81になる

私は半寿になって、幸いなことに、いまだに半端な人生を送っている。 半端者だから、いまからも将来がある。

未完成だから、まだ若いのだ。完成していないのを、感謝しなければなら ない。人生を完成させたいという目標がある。

昨年も、親しい友人たちが160人ほど、私をからかうためにホテル・オー クラに集まって、誕生日を賑々しく祝ってくれた。

いまから20年前になるが、新聞・出版界の業界紙『文化通信』から頼まれ て、私の物書きとしての半生記の連載を書いた。その時に、「私の半成 記」という題をつけたところ、読者から「『半生』の間違いではないか」 という、お叱りを頂戴した。

俳壇に「半成句」という言葉があるし、森欧外が小説『花子』のなかで、 「半成記」と書いている。

私はこの歳になっても、まだ半成だ。毎日、努力するのが楽しい。

昨年、私は3冊の著書を発表した。例年とかわらずに、ワシントンに2回 通った。自由業というのは、他人様が私を自由に使ってくれるからだ。だ から忙しい。

昨年、嬉しかったのは、防衛費が5兆円を超えるようになったことだ。い や、1日も早く、10兆、20兆円台に乗せてほしい。

その次に嬉しかったのは、中島兄哥がはじめて馴染の赤坂のクラブに、連 れていってくれたことだ。マダムが見惚れるように美しく、竜宮城を訪れ たような、時が過ぎるのを忘れる体験だった。兄貴のカラオケをたっぷり 聴かされたのも、楽しかった。

マダムが華やかななかに、女にとっても男にとっても、心のお洒落(しゃ れ)が大切なことを教えてくれた。

昨秋、この10年、空手道5段だったが、6段に昇段した。宗家から允許状 を手渡されて、文武・質実剛健・粗衣粗食を旨として生きてきただけに、 身が引き締まる思いがした。

そういえば、今年は政府が「明治維新150周年」を祝うという。

日本が150年前に、西洋の植民地主義列強の毒牙から独立を守るために、 明治維新を断行して、ごく短時間のうちに、見事に白人の強国と並ぶこと に成功したのは、国民が文武両道を重んじたからだった。

新憲法下で11月3日の「明治節」が、「文化の日」となったが、今年から 「文武の日」に改めてほしい。

戦後の復興期だったから仕方がなかったが、使い捨てできる軽便安価のも のを、「文化住宅」「文化包丁」「文化マッチ」「文化人」と呼んだもの だった。私は市販されている『文化人手帳』に名が載った時に憤慨した が、無視されるよりも、悪口をいわれるほうがよいと思い直して、我慢した。

健康が人生で大切なものの1つといったら、誰も異論がないだろう。とこ ろが、仕事や、勉強については「攻める」べきものというが、なぜか、健 康となると、「守る」「維持する」ものとなっている。

健康を重んじるのであれば、健康こそ、「攻めるべきもの」ではないだろ うか。

人生を「苦」だと、思ってはならない。私は人生を「遊び」だとみなして きた。

 誰にとっても、幼い日の体験は珠玉のようなものだが、あのころは遊び と一体になっていた。私にとってこれまで仕事は、いつだって「遊び」で あってきた。

私は「幸福を求める大罪」があると、信じてきた。

幸せは努力した結果として、もたらされるものだ。

戦前の人々は「愛している」などと、卑猥なことを、口にしなかった。昨 今の男女は「愛している」と、心にないことを連発するが、妻や子たちか らたったひとこと、「ありがとう」といわれるほうが、真心が籠っている。

感謝しあうほど、心と心との絆を強めることはない。

 こんなことをいう私も、明治の御代(みよ)に入ってから、半髪(はんぱ つ)と呼ばれたが、断髪するのを拒んで、髷(まげ)を切らなかった男のよ うなものかもしれない。

 あの時代にも、「半髪頭を叩いてみれば、因循(いんじゅん)(古い習慣 に凝り固まる)姑息(こそく)の音がする」と、揶揄(やゆ)されたものだっ たが、軽佻浮薄(けいちょうふはく)な文化人であるよりも、因循でいたい。

 作年は、「希望の党」が演じた慌(あわただ)しい滑稽劇(ドタバタ)に よって、忘れられない年となった。

 私は小池百合子都知事が国政に乗り出すのに当たって、自分の政党を 「希望の党」と命名した時に、「ああ、これはもう駄目だ」と思った。

 「希望」の「希」は、「ごく稀」「すくない」「珍しい」という意味で ある。「希薄」「希有」「希少」「希覯(きこう)」(めったに出会えな い)というではないか。「希望」はめったに実現することがない望みで あって、安直に口にすべき言葉ではないのだ。

 私は先の都議会議員選挙で「都民ファーストの会」が圧勝した時に、流 行神のような一過性のものになると確信した。

 11月に、昨年3冊目となった『小池百合子氏は流行神(はやりがみ) だったのか』(勉誠出版)が店頭に並んだが、投票日の前に印刷に入った ので、題名は「希望の党」が失速することを見込んだものだった。

 日本で流行神について、もっとも古い記録といえば、『日本書紀』のな かに登場する。あのころから、日本では空しい一過性のブームが、繰り返 し起ってきた。

 「希望」とか、「愛」とか、「平和」という言葉を、軽々しく使っては なるまい。

(中島繁治氏は日大OB誌『熟年ニュース』主宰者)



     
━━━━━━━━━
北朝鮮をどうするか
━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月16日(火曜日)
        通巻第5582号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「中国とロシアを抜きにして北朝鮮をどうするか協議」とカナダと米国が 呼びかけ
  バンクーバーに朝鮮戦争を戦った20ケ国の外相が緊急に集合
*********************************

 ¥中国が猛烈に抗議しているという。「中国を抜きにして北朝鮮問題を どうするか話し合うって?」。

1月16日にカナダのバンクーバーにおける「20ケ国外相会議」の出席メン バーは米英加豪にスエーデンやコロンビアなどで朝鮮戦争を戦った20ケ 国に外相が緊急に集合し、「北朝鮮をどう扱うかを協議する」。カナダと 米国が呼びかけた。

朝鮮戦争(1950−53)は「国連軍」の名のもとに米英のほか豪など合計 20ケ国が参戦し、当時、北朝鮮の背後にはソ連と中国がいたことは誰で も知っている。

時代がかわって、ロシアと中国を交えて、国連を舞台の北朝鮮問題協議で は、つねに棄権や反対票があり、緊急な事態に対応できないため、前から ロシアと中国を抜かしての協議が望まれてはいた。

モスクワを訪問中のボリス・ジョンソン外相は14日に記者会見し「北朝鮮 の核武装について国際社会は一致協力して対応しなければならない」と発 言しているが、カナダの会議には一言も触れていない。

さて朝鮮戦争で日本は軍隊を保有しておらず、警察予備隊、保安隊などと 呼称された自衛隊の前身は後方支援、兵たんの補給に回った。しかしバン クーバーの外相会議には河野外相が出席することが決定しており、アラブ 訪問先からカナダへ向かう。

         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)貴誌1月11日の「台湾旅行関係法」について、その後、 何処がフォロウするかとみていますが、日本の報道機関は報道管制を引い たかのように沈黙を守っているようです。
 12日にネット検索したところではヤフーが台湾の記事を転載している だけでしたし、今日(15日)、最初のページしか検索しておりません が、台湾と中国環球時報しか出てきません。後者は「米中断交」とまで書 いています。
 何かその後をご存知でしたらご教示ください。
(杉並の純一郎)


(宮崎正弘のコメント)法案は上下両院で可決成立しましたが、大統領の 署名がまだです。トランプは、これを中国とのディールに使うかもしれな いので、台湾政界が半信半疑なのではないか、と思われます。
 台湾のメディアは「アフリカ54ケ国がトランプの失言(「あそこは肥 溜め」)に抗議したこと、ワシントンDCの「トランプインタナショナル ホテル」の正門に幻灯機が、光と投射し、「SHIT HOLE」(トラ ンプホテルこそ肥溜めだ)としたことなどを写真入りで大書して報じてい ますが、法案に関してのその後の動きは紙面では見られません。



━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の野望の牽制へ十分な抑止力を
━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ


  「中国の野望の牽制へ十分な抑止力を 現実主義で対峙する日本政府 は評価に値」

中国の実像は、その言葉ではなく行動の中にある。1951年、建国間もない 中華人民共和国はチベットに「17か条の協定」を突きつけた。中国共産党 がチベットを支配するという強硬策の表明だったが、彼らはこうも約束し ていた。

(1)ダライ・ラマの地位及び職権は変更しない、(2)宗教の自由を守 り、ラマ寺廟を保護する、(3)チベット固有の文化、言語、教育を発展 させる。

チベット人懐柔を狙った公約なのだが、周知のように、後にこれらはすべ てが反古にされた。

カリフォルニア大学教授でトランプ政権の通商製造業政策局委員長のピー ター・ナヴァロ氏が、著書『米中もし戦わば』(文藝春秋)で書いている。

54年、インド初代首相のジャワハール・ネルーは「インドと中国は兄弟 だ」というスローガンの下、相互不可侵条約を結んだ。当時ネルーは友好 の証として両国間に横たわる辺境山岳地帯の地図を周恩来に贈った。

国家機密の地図の贈呈は特別の友情と信頼の表現だ。地図を受け取り、周 はこう述べた。

「中国はこの山岳地帯の飛地やインドの領土に何の下心も抱いていない」

だが2年後、中国は同山岳地帯で横断道路の建設に取りかかった。現在、 両国が激しく領有権を争うインド北部のジャム・カシミール州東端のアク サイチン問題の、これが始まりだった。アクサイチンはスイスとほぼ同じ 面積を持つ重要な戦略地点だ。

さらに2年後、中国の公式地図にアクサイチンが中国領として記載され た。チベットに対する約束もネルーの友情も、中国は無視したのだ。

さて、中国は2017年12月末、南シナ海における埋め立てや建設を「軍事防 衛」のためだと正式発表した。中国政府の特設サイト「中国南シナ海ネッ ト」には、「中国は必要な軍事防衛の強化などのために島嶼の面積を適切 に拡大した」「面積はさらに拡大し、関連設備の配置ニーズはより満たさ れるだろう」などと書かれている(「産経新聞」12月26日)。

中国共産党はもっと島々を奪うと宣言したのである。17年10月の党大会で も習近平国家主席は、南シナ海の埋め立てと建設を自身の第1期、5年間の 功績として報告した。

フィリピンからミスチーフ礁を奪い取った95年当時、中国は嵐で難破する 漁民の避難港建設のためだと弁明した。それが現在は軍事拠点であるとし て誇っている。横暴な国だ。他国の思いも歴史的事実も考慮せず、自らの 言葉を変えるのも平気な国だ。

日本人が覚悟しなければならないのは、南シナ海と東シナ海の運命は重な るという点だ。南シナ海を奪い、軍事拠点とし、これからも奪い続けると 言明する中国は、近い将来、必ず同じことを東シナ海のわが国領海でも行 おうとする。それを阻止する唯一の方法は力を持つことだ。中国のわが国 に対する野望を牽制するのに十分な抑止力、軍事力を持たなければならない。

安倍晋三首相は12月15日、現在改訂作業を進めている「防衛計画の大綱」 について、「従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛 力のあるべき姿を見定めていきたい」と語った。

小野寺五典防衛大臣も同月22日、インターネット配信の「言論テレビ」で 日本への配備を計画する「イージスアショア」をはじめ最新鋭の軍事設備 について語った。米国がイージスアショアの装備と技術を外国に引き渡す のは、日本が初めてだということだ。

政府は年来の専守防衛政策を事実上転換して、相手よりも長距離射程を有 するスタンドオフミサイルの導入も考えている。取れる時には必ず取る中 国の脅威を正確に読み取り、現実主義を以て対峙し、必要な装備を整えよ うとする政府の姿勢を評価する。
『週刊ダイヤモンド』 2018年1月13日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1214 



━━━━━━━━━━━
高梨沙羅さんは大丈夫か
━━━━━━━━━━━


      前田 正晶

14日のTBSの例の張本勲の「喝」の時間に、ゲストとして初めて登場した スキー連盟の競技本部長・皆川賢太郎常務理事がこの高梨沙羅について面 白いことを 言っていた。張本が近頃全然勝てなくなったことを案じて 「踏切りに力がなく、あ れではオリンピックでは・・・」と言い出した。

これに対して皆川氏は「心配していない。現在では封印している技がある ので、いざとなればそれを出して勝ってくれると思う」と言ったのだっ た。私は「な るほど」とまでは思わないが、あり得ることでもあろうか と聞いていた。

それは、フットボールでは良くあることで、大事な一戦の前などの試合で は対戦相手のスカウティング・テイームも来ていることだろうからと、一 定数のプ レーを封印して戦うのは寧ろ常識であるから。但し、ジャンプ のような個人競技の種目 でそういうことが可能なのなという疑問は感じ た。勿論、そうすることで高梨沙羅が 優勝してくれればそれに越したこ とはないとは思う。

私が以前から懸念していたことは「勝負事においてはその人が一生涯とい うか現役でやっている間に持っている勝ち運乃至は勝てる数には限界があ るのではな いか」という点である。即ち、勝負の神様のような存在が何 処かにおられて「貴方の 勝ち運はここまで」と決めておられるのかなと いう勘である。これを高梨沙羅に当て 嵌めれば、もしかして53勝したと ころまでが勝ち運の限界ではなかったのかと心配し ているのだ。

それと同じような懸念があるのが、女子のスピードスケートの小平奈緒と 高木美帆の2人だ。彼女らは誠に優れた運動能力を見せる鍛え上げた走者 であるのは 間違いないと思う。

だが、我が国ではオリンピックという場に出て勝たないと余り評 価され ないいうおかしな傾向がある。故に、オリンピック前に余りにも勝ち過て はいなかったと危惧しているのだ。即ち、もしかして彼女らが持っている 勝ち運を使 い果たしていなければ良いのだがと、一人静かに憂いている のだ。

同時に、私が言いたいことは「我が国ではマスコミも各競技団体も余りに オリンピック、しかもそこで獲得するだろうメダルの数に執着し過ぎでは ないのか」 という点である。

入賞は6位だったか8位だったか失念したが、そこまでに行っただけ では 何ら価値がないかのような扱いは「差別ではないのか」と思っている。あ れでは オリンピックというよりも「国際メダル獲得競技会」の如きでは ないのか。各種の競 技のW杯などはオリンピックで勝つ為の練習台かと疑 いたくなるような扱いだ。

サッカーなどは既にオリンピックを見限ってW杯やクラブW杯が上位にある ような扱いにしている。マラソンを考えて見よう。マスコミもオリンピッ ク、オリン ピックと持て囃しながら、未だに20 km前後しか走れない走者 を養成する為の機関で あるような箱根駅伝という地方大会を読売を中心 にあそこまで重要視し盛り上げてい る。そんなことをしていながら「お 家の芸が不振だ」と批判するのか如何なものかと 思う。

いっその事、あの駅伝を山登りと下りを除いて各区間を42.195 kmにして みればどうだ。そうすると、各大学が一斉にアフリカから留学生を集めて くることに なりはしないかと、空想している。そうなのだ、マラソンは 既にアフリカ系の人たち に独占された競技になりつつあるし、他の種目 にもそういう傾向が段々に顕著になっ ている。



         
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎半島リスクが現実になる日 中国の海洋進出拡大に警戒、国内の成長阻む「緊縮勢力」

2018年の経済や内政、安全保障面で、リスク要因となりそうな事案とその影響についてピックアップしてみよう。(夕刊フジ)

まず、なんといっても朝鮮半島情勢である。北朝鮮に対する国連の制裁決議はもう限界を迎えている。国際政治の常識では、あとは国連軍が出て軍事オプションを行使する段階だ。すでに米国と中国は、北朝鮮への攻撃後、どうするかを話し合っているともいわれている。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、中国の習近平主席やロシアのプーチン大統領と1度も会ったことがないとされ、両国が最後の最後まで北朝鮮を助けるとも思えない。

しかも北朝鮮は、核拡散をもくろんでいる。米国との関係でみれば、本土へ核攻撃ができるかどうかがデッドラインだ。だが、北朝鮮からイランへ核ミサイルが輸出されたら、軍事バランスが一気に崩れた中東が弾薬庫になりうる懸念もある。

この懸念は核保有国の中国とロシアも同じだろうから、北朝鮮の核拡散が実現する段階が事実上のデッドラインとなるだろう。遅くとも1年でそれは来る。となると、米中露にとっては18年中の開戦というスケジュールも無視できないものとなる。ひょっとしたら、2月の平昌(ピョンチャン)五輪も開催できなくなる恐れすらある。イヤな話ではあるが、冷静に事実を見ていると、こうしたリスクを指摘せざるを得ない。

朝鮮半島リスクは、同時に、中国が対外プレゼンスを高めるリスクでもある。半島有事のどさくさに紛れて、中国が南シナ海、台湾、尖閣諸島に出張る恐れもあるからだ。中国の海洋進出は並々ならぬ決意で、常に存在するリスクだといえる。

こうした状況と関連して、中東情勢の不安から、世界各地でテロが発生するリスクもある。平昌五輪などは世界の注目を浴びるので、半島情勢と併せて考えると、テロの標的になっても何ら不思議ではない。一層の警戒が必要である。

実際に半島有事となれば、経済どころではなくなる。有事の期間が長引けば、日本経済にとって良いことはない。しかし、短期間で終われば、あく抜けしてプラスになるだろう。北朝鮮問題については近著の『朝鮮半島終焉の舞台裏』(扶桑社新書)も参考にしていただきたい。

朝鮮半島有事などがなければ、18年は日本にとって結構明るい年になりそうだ。米国は経済が好調なうえ、金融政策は出口に向かっている。極端な円高ドル安には向かいにくいので、日本経済にプラスの要因が多い。国内の失業率も下限に近づき、人手不足から賃金上昇も見込める。やっと企業も内部留保を吐き出そうとしている。

一方で、財務省などの「緊縮勢力」が大きなリスクである。来年度予算でも、社会保障カットなどでその萌芽(ほうが)がある。19年の消費増税を前に、積極財政に出るというのが本来の手筋であるが、逆に「緊縮勢力」がさらなる増税・歳出カットをもくろむリスクがあり、注意が必要だ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

【写真】 核拡散をもくろんでいる北朝鮮(ロイター)
<http://www.sankei.com/world/photos/180116/wor1801160010-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180116/wor1801160010-p1.html
【産經ニュース】 2018.1.16 11:30 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎入試ミスの次は居眠り、阪大に文科相苦言 「大変遺憾」

林芳正文部科学相は16日の記者会見で、大学入試センター試験で試験監督 だった大阪大教授がいびきをかいたことについて「(阪大の)昨年の入試 にミスがあって再発防止に向けた取り組みを実施しているなか、今回の事 案が発生したのは大変遺憾だ。緊張感をもって入試業務に取り組むよう、 厳しく指導をした」と述べた。

 阪大によると教授は13日の試験監督の際、いびきをともなう数秒間の居 眠りを数回繰り返し、訓告処分とされた。昨年の入試ミスで本来合格の30 人を不合格としていたことを受け、総長、理事らの役員報酬の自主返納な どの対応を発表した直後だった。
朝日新聞デジタル1/16(火) 12:40配信



 ◎セックス動画拡散、少年少女1000人超を訴追へ デ

【AFP=時事】デンマーク警察は15日、フェイスブック(Facebook)上で 15歳の少年と少女のセックス動画を拡散したとして、未成年1000人以上の 訴追手続きを行っていると発表した。同様の事件ではデンマーク史上最大 規模という。

フェイスブックは、同社のメッセージングサービス上で少年と少女が合意 の上の性行為を行っている様子を撮影した動画2本と写真1枚が出回ってい るとの複数の報告を受け、その後、米当局に通報した。

 動画と写真は2015年から2017年秋にかけて拡散されていた。

 事件は欧州警察機構(ユーロポール、Europol)を介してデンマーク当 局に伝えられた。動画と写真の拡散には少年約800人と少女約200人が関与 しており、大半は15〜20歳だという。

 デンマークでは性交が法的に認められる承諾年齢は15歳だが、18歳未満 が関わる性的な写真や動画を配布することは児童ポルノの配布とされ、最 高6年の禁錮刑に処される。

 警察によれば、今回訴追される少年少女が有罪と認められれば、罰金刑 もしくは20日の執行猶予付きの判決を受けるとみられ、いずれの場合も犯 歴は10年間残るという。【翻訳編集】 AFPBB News
AFP=時事1/16(火) 9:22配信


 ◎羽生結弦 練習再開していた 小林強化部長「1週間前から」と明かす

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は16日、都内で行われた 理事会後に報道陣に対応し、昨年11月に右足関節外側じん帯損傷を負い、 連覇の懸かる平昌五輪に向けて調整具合が気掛かりな羽生結弦(23
)=ANA=について「1週間前から練習を始めた」と、明かした。前日 に羽生陣営と連絡をとり「内容については伏せさせていただく」とした が、昨年12月下旬から氷に乗り始めていたが、本番に向けて調整のペー スが上がってきたことになる。

本番まで1カ月を切り、66年ぶりの連覇の懸かる五輪に向けピッチを上げ てきた王者に、小林強化部長は「集中力のある選手なので、しっかりと調 整していってほしい」と、期待を込めた。

 羽生は昨年11月9日のNHK杯の公式練習中に4回転ルッツを跳んだ際 に転倒し、右足関節外側じん帯を損傷。完全復帰まで4〜5週間の見通し が示されたが、回復が長引き、昨年12月下旬まで氷上練習を再開できてい なかった。最終選考会だった全日本選手権は欠場したものの、世界ランク 1位や、今季シーズンベストなどの実績が評価され、平昌五輪代表入りを 果たした。

 今月11日に都内で行われた表彰式では欠席したものの、「平昌五輪に向 け強い気持ちを持って日々過ごしています。これからも努力を重ね自身を 超え続けたいと思います」とコメントを寄せていた。
デイリースポーツ1/16(火) 14:11配信


 ?チーズタッカルビの市場調査の如くになってしまった外食:前田正晶

15日は折角の好天と3月並みの気温に誘われて、この界隈で唯一の回らな い寿司店である職安通りの「すし三昧」に外食に出掛けた。ここは昨年の 秋にも行ってみたが、その時にはレジの女性に「久し振りに日本語が通じ るお客様で安心した」と言われたほど、アジア系の者どもに人気が高いの だ。彼らの多くは大久保通りの回転寿司科マクドナルドに群がっているも のだが、中には多少余裕があるような連中がいて、すし三昧を贔屓にして いるようだ。

すし三昧に辿り着く前には大久保通りを少し歩いた後で、職安通りに面し た大型のドンキホーテに出られる路地を抜けるのが最も便利だ。そこには 多くの小規模な韓国料理店が軒を連ねているので、Koreatownの消長が観 察できるし、何時もここを通るようにしている。確かに昼飯時だったのだ が、意外なほど若き女性たちで賑わっていた。

そこでより仔細に観察すると、多くの店では「チーズタッカルビ」を売り 物にしているのが解った。全部が全部ではないが、兎に角目立つように写 真を貼りだしてあった。この路地も暫く歩いてみない間に多くの変化が生 じており、多くの料理店が所謂「リニューアルオープン」されていたよう だった。前回通った時には多くの斬新な形のリュックサッ¥1,000〜2,000 で並べていた店は見つからなかった。

矢張り、折角調査?したのだからチーズタッカルビの価格帯をお知らせし ておこう。

私は以前から彼らは価格協定を結んでいると疑っていたが、イヤ難しいこ とを言わねば談合していると睨んでいたが、この新製品の価格帯は2人前 (=イーインブンと言うが)¥2,400〜2,600に設定されていた。鶏肉を焼 いてチーズを絡ませただけの料理が1人前にすれば¥1,200〜1,300では高 過ぎるのではないかなという気がした。

さて、すし三昧である。到着したのが11時45分頃だったが、既にカウン ターに何とか2人分残っているだけで満員御礼の盛況だった。昨日は比較 的外国人が少ない印象だった。しかしながら、驚かされたのは勘定の時に 知り得たことだが、何時の間にか地下にも席が設けられていたようで、大 勢で押し寄せたアジア系の連中が「地下にどーぞ」と案内されていたの だった。商売繁盛の様子だった。

2年ほど前に築地場外のすし三昧の回転寿司店で経験したことだが、多く のアメリカ人が飲み屋と勘違いしたのか一向に寿司を食べずに、持ち込ん だ酒を回し飲みして楽しげに語り合っていたのには、寒空に外で並んで待 たされていた我々は参った。彼ら外国人は何もアメリカ人に限ったことで はないが諸外国にはないような寿司屋を飲み屋と勘違いしていることが多 いのだ。因みに、多くのアメリカ人は寿司屋を Sushi bar と称している。

それだけではない、寿司が美味であり健康食の如くに喧伝されてしまった 為に、その魅力に惹かれたのか多くの外国人が群がってきてしまう結果に なっていると思う。私は正直に言って、ここ百人町/大久保界隈に群れを 為すアジア系の者たちが、多少高価で回らないすし三昧の寿司を楽しむ経 済的な余裕があるとは不思議に思えてならない。尤も、日替わりの海鮮丼 ならばチーズタッカルビの1人前よりは経済的だがね。

 ◎転居手続き、ネットで一括=行政電子化へ実行計画

政府は16日、行政の電子化を推進するための「eガバメント閣僚会議」を 首相官邸で開き、「デジタルガバメント実行計画」を取りまとめた。

政府は16日、行政の電子化を推進するための「eガバメント閣僚会議」を 首相官邸で開き、「デジタルガバメント実行計画」を取りまとめた。

行政電子申請、紙の添付全廃へ=安倍首相、関連法の一括改正指示

引っ越しの際の役所への転出・転入届提出や電気・ガス事業者への住所変 更連絡など、煩雑な手続きをインターネットにより一括で済ませられるよ う官民一体で取り組むことが柱だ。

 菅義偉官房長官は閣僚会議で「行政のあらゆるサービスが最初から最後 までデジタルで完了するよう徹底していく」と強調。各閣僚に対し「これ らの作業はスピードとリーダーシップが不可欠で、力強い取り組みをお願 いする」と求めた。

計画は引っ越しについて「さまざまな行政機関や民間事業者にほぼ同一の 情報を届け出る必要があり、負担が生じている」と指摘。「転居者が手続 きを網羅的に把握できず、手続き漏れが発生しやすくなっている」と現状 を説明した。

 その上で、住所変更などの届け出がなくても問題のない手続きを洗い出 し、不要とするよう各府省に求めた。残る手続きも原則オンライン化し、 「マイナンバー」も活用して他の行政機関や民間事業者のシステムと連動 させることを提案している。

  引っ越しに加え、「死亡・相続」「介護」をめぐる手続きでも同様の 試みを推進し、これら3分野で得られたノウハウを他の分野にも拡大す る。各府省に対し、実現に向けた工程表を明記した中長期計画を今年前半 に策定することを義務付けている。 
時事通信1/16(火) 10:08配信


 ◎サントリー対パナソニック観戦記:前田正晶

テレビの中継が始まる前から閃きで「サントリーの勝ち」と何となく決め つけていた。正直なところ、日頃トップリーグの試合には余り関心がない ので、サントリーにはどんな選手がいるかは知らなかったが、全日本にも 出ている桐蔭学園出身の松島幸太郎という異様な風体のバックスがいるの だけ承知していた程度。

試合の結果は解説の?田が予想したほどに点数が入らずにサントリーの圧 勝だったと見た。だが、私には手に汗握らない熱戦のようにも見えたし、 視点を変えれば全日本の決勝に相応しい立派な試合だったとも見えたかと も思わせてくれた。

私独特の批判的な見方を紹介すれば「パナソニックは主力の外国人2人が 負傷で途中退場した不運と言うか、そういうことになるのがそもそも力不 足ということだが、折角攻め込んでも肝腎な場面でノックオンやつまらな いミスが出てトライを取り切れなかったのが実力であり、敗因となったと 思っている」となる。簡単に言えば「負けに不思議なし」だった。

特に、興味を削がれた点はフットボールならば「レッドゾーン」オフェン スでありデイフェンスであるゴールライン寸前の攻防が果てしなく続き、 攻める方は無策としか見えない球出しから頭を下げて突進の連続では私は ちっとも感激しないのである。

攻める方は奥行きがないので思いきったパスを展開できずに突進しては掴 まって「フェーズ」とやらの数が増えるだけの場面しか見えないのだ。

即ち、パナソニックはそこでノックオンか「ノット・リリースイング・ ダ・ボール」等を繰り返して逸機する場面の連続だったということ。これ 即ち、力不足である。サントリーを贔屓にする方から見れば「善くぞ凌い でくれた」となるのだろうが、私はもっと華々しいパスの展開で攻めるラ グビーを期待していたのだ。

だが、普通のラグビーファンの方から見れば「両方とも力の限り戦った熱 戦で、良い試合を見せてくれて感激だった」とでもなるだろうが、私はそ う簡単な見方を採らないのだ。

それにしても、以前から指摘してきたことだが、何故ラグビーはあれほど 立派な体格をして連中が集まるのに、我がサッカーは当たられ弱い者ばか り育つのだろうと嘆きたくなるほどラグビーの選手たちは体格が良いし、 激しい当たり合いをものともしていないので羨ましい。サッカー協会はラ グビーの選手たちを観察しているのだろうか?

最近のラグビーを見て感じる変化がある。それは密集から出た球を従来は SHからSOという順番に回してSOの判断が大きく流れを左右していたが、そ れが変わってきたように思える。全日本代表であるパナソニックのSH田中 史朗(だったかな)は、処理する前に投げる方向を見つめているので、守 る側は直ちに反応してしまい、そこまでまた掴まって密集となって行くと いうのが延々と続くのだ。一方のサントリーの外国人SOは判断が良く最初 のトライを生むキックをして見せた。

パナソニックの敗因の一つに外国人のSOの交代で入った山沢が無用なキッ クを乱発して容易にサントリーに攻撃権を渡してしまったことがあると思 う。思うに、相手も比較的キックを使っていたので挑発されたのではない のかな。

以前にも指摘したことだが、ラグビーでは点を取られた方がキックオフを して試合を再開するのは矛盾だと思う。現在のように攻める側に有利にな るようなルール改正が続けば、取られた方がまた蹴り込んで相手に攻撃権 を渡すのでは挽回の機会が減るだけではないのか。この点は7人制では改 善されていたが、国際的にはどう考えているのだろうか。フットボールは この矛盾を解決しているが。

恐らく大学を9連覇した帝京大がサントリーと勝負をして負けるだろう が、矢張り何処までやれるのかやらせてみたいと思った。フットボールは 未だライスボウルは甲子園ボウルの覇者とXリーグの勝者で行われているが。

 ◎肝臓含むフグ「以前から販売」 スーパー側、認識乏しく

愛知県蒲郡市のスーパーで肝臓を含んだフグの切り身5パックが販売され た問題で、スーパーの担当者が県の調査に「以前から販売していた」と話 していることが、県への取材でわかった。県は16日午後、食品衛生法に基 づきスーパーを立ち入り調査する。一方、販売後に行方がわからなかった 4パックのうち、新たに購入者2人(計2パック)からスーパーに連絡が あったという。

県によると、スーパーは同市の「スーパータツヤ」。15日に肝臓を含んだ ヨリトフグの切り身を7パック準備し、5パックが売れた。同日午後、購 入者の一人から「パックに肝臓が入っている」と豊川保健所に連絡があり 判明。県は食品衛生法に基づきスーパーに回収命令を出した。これまで健 康被害は確認されていないという。購入者が不明なフグは残り2パック で、県は「絶対食べないで」と注意を呼びかけている。

 スーパーの担当者は県に「毒性が低く、有毒との認識がなかった」と話 しているという。ただ、厚生労働省によると、フグの種類にかかわらずフ グの肝臓の販売は禁止されている。

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)によると、ヨリトフグは国内では北海道か ら九州南部まで生息。成魚で約25」センチ、大きいものは40センチを超え る。愛知県蒲郡市の海産物販売所によると、地元では「チョウチンフグ」 と呼ばれ、かつては肝臓もみそ汁やなべに入れて食べていたという。朝日 新聞デジタル1/16(火) 11:21配信


 ◎てるみくらぶ社長宅、700万押収…資産隠し

破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)の社長山田千 賀子被告(67)(詐欺罪などで起訴)の自宅から、警視庁が現金約700万 円を押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 破産管財人に申告していない金で、同庁は、隠し資産の疑いがあるとし て、破産法違反(詐欺破産)容疑で捜査している。同庁は、山田被告らを 融資金の詐欺容疑で再逮捕した後、資産隠しの捜査を本格化させる。

 同社は昨年3月27日、東京地裁に破産申請し、破産手続きの開始決定を 受けた。翌4月には、山田被告個人も破産手続きの開始決定を受け、破産 管財人が現金と預金計数百万円を回収した。

 同社の負債は、旅行代金など約151億円に上るとみられているが、昨年 11月時点の資産は総額で約1億8800万円とされていた。

 破産法は、破産者の財産は裁判所が選任した破産管財人が管理すると規 定しているが、山田被告は自宅で発見された約 700万円について、破産管 財人に申告していなかった。同庁は、没収されない よう、現金を隠匿し ていたとみている。読売新聞1/16(火) 9:57配信


 ?<ICAN事務局長来日>安倍首相、なぜ会わぬ

◇菅官房長官「日程上、難しい」 被害者「逃げ回っている」

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャン ペーン」(ICAN)事務局長で来日中のベアトリス・フィン氏(35) が、安倍晋三首相との面会を政府に求めたが、日程を理由に断られた。 ICANの尽力で実現した核兵器禁止条約に日本は参加していない。それ でも、唯一の戦争被爆国トップとして会って話をすべきでは、との声が上 がっている。

首相は東欧を歴訪中で17日に帰国の予定。12日に来日したフィン氏は 16、17日と東京に滞在し、18日に日本を離れる。フィン氏は15日、広島市 内で原爆資料館を見学後、報道陣に「他国の指導者たちとは面 会できた こともあり大変残念。特に日本は(被爆という)独自の経験があ り、首 相や日本政府の方々と話をしたいと思っていた。次の機会に期待し てい る」と語った。

 一方、菅義偉官房長官は同日、記者会見で「日程の都合上難しいという ことで、それ以上でもそれ以下でもない」と語った。ICANはフィン氏 が東京滞在中に首相と面会できるよう、内閣府へ昨年12月以降、文書で2 度要請していた。

核兵器禁止条約は核兵器の使用、開発、実験、製造、保有や、核抑止力の 根幹である威嚇を禁じ、国連で昨年7月、122カ国の賛成多数で採択され た。米国の「核の傘」の下にいる日本は交渉に参加しなかった。

 東京大の西崎文子教授(外交史)は「日本政府も最終目標は核兵器廃絶 と主張しており、ノーベル平和賞受賞者に敬意をもって応じるのが筋。考 えが相いれない団体にも耳を傾ける姿勢は政権の評価を高めたはずで、残 念な判断だ」と話す。

 日本原水爆被害者団体協議会の箕牧(みまき)智之代表理事(75)は 「首相にはがっかりだ。政府は『核の傘』の下にいるのがベストだと思っ ているのか」と不信感を口にした。

 長崎の被爆者で原水爆禁止日本国民会議の川野浩一議長(78)も「首相 は条約に参加できない理由を自信を持って説明できないのではないか。被 爆国として本来はノーベル平和賞への祝辞を述べるべきなのに、述べずに 逃げ回っている」。同じく被爆者で日赤長崎原爆病院の朝長万左男(とも なが・まさお)名誉院長(74」)も「日程上の都合なら仕方ないが、重要 なのはフィン氏のメッセージを政府が受け止めるかどうかだ」と語った。 毎日新聞1/16(火) 8:00配信



  ◇フィン事務局長「日本が核兵器禁止条約の議論主導を」

 フィン氏は13日に長崎市内で、安倍首相に会えたら何を伝えるかとの記 者の質問に、次のように答えた。

                 ◇

北朝鮮で核兵器が使われれば地理的に日本にも影響がある。核兵器の問題 では米国の多数の同盟国の中でも特に日本にリーダーシップを発揮してほ しい。日本こそ唯一の戦争被爆国で、実体験者はワシントンでもモスクワ でもなく長崎、広島にいる。核兵器が使われるとどんな状況になるのか、

皮膚がどのように溶け、どんな臭いがするのか分かっているのは日本人だ けだ。日本が核兵器禁止条約に署名しても米国との固い同盟は保てる。2 国間同盟は一方通行ではないはずだ。安倍首相のリーダーシップで、条約 参加のために国民的な議論を開始してほしい。  
 

 ?チーズタッカルビの市場調査の如くになってしまった外食:前田正晶

15日は折角の好天と3月並みの気温に誘われて、この界隈で唯一の回らな い寿司店である職安通りの「すし三昧」に出掛けた。ここは昨年の 秋に も行ってみたが、その時にはレジの女性に「久し振りに日本語が通じるお 客様で安心した」と言われたほど、アジア系の人たちに人気が高いの だ。彼らの多くは大久保通りの回転寿司科マクドナルドに群がっているも のだが、中には多少余裕があるような連中がいて、すし三昧を贔屓にして いるようだ。

すし三昧に辿り着く前には大久保通りを少し歩いた後で、職安通りに面し た大型のドンキホーテに出られる路地を抜けるのが最も便利だ。そこには 多くの小規模な韓国料理店が軒を連ねているので、Koreatownの消長が観 察できるし、何時もここを通るようにしている。確かに昼飯時だったのだ が、意外なほど若き女性たちで賑わっていた。

そこでより仔細に観察すると、多くの店では「チーズタッカルビ」を売り 物にしているのが解った。全部が全部ではないが、兎に角目立つように写 真を貼りだしてあった。

この路地も暫く歩いてみない間に多くの変化が生じており、多くの料理店 が所謂「リニューアルオープン」されていたようだった。前回通った時に は多くの斬新な形のリュックサックを¥1,000〜2,000で並べていた店は見 つからなかった。

矢張り、折角調査?したのだからチーズタッカルビの価格帯をお知らせし ておこう。私は以前から彼らは価格協定を結んでいると疑っていたが、イ ヤ難しいことを言わねば談合していると睨んでいたが、この新製品の価格 帯は2人前(=イーインブンと言うが)¥2,400〜2,600に設定されてい た。鶏肉を焼いてチーズを絡ませただけの料理が1¥1,200〜1,300では高 過ぎるのではないかなという気がした。

さて、すし三昧である。到着したのが11時45分頃だったが、既にカウン ターに何とか2人分残っているだけで満員御礼の盛況だった。15日は比較 的外国人が少ない印象だった。しかしながら、驚かされたのは勘定の時に 知り得たことだが、何 時の間にか地下にも席が設けられていたようで、 大勢で押し寄せたアジア 系の連中が「地下にどーぞ」と案内されていた のだった。商売繁盛の様子 だった。

2年ほど前に築地場外のすし三昧の回転寿司店で経験したことだが、多く のアメリカ人が飲み屋と勘違いしたのか一向に寿司を食べずに、持ち込ん だ酒を回し飲みして楽しげに語り合っていたのには、寒空に外で並んで待 たされていた我々は参った。彼ら外国人は何もアメリカ人に限ったことで はないが諸外国にはないような寿司屋を飲み屋と勘違いしていることが多 いのだ。因みに、多くのアメリカ人は寿司屋を Sushi bar と称している。

それだけではない、寿司が美味であり健康食の如くに喧伝されてしまった 為に、その魅力に惹かれたのか多くの外国人が群がってきてしまう結果に なっていると思う。私は正直に言って、ここ百人町/大久保界隈に群れを 為すアジア系の者たちが、多少高価で回らないすし三昧の寿司を楽しむ経 済的な余裕があるとは不思議に思えてならない。尤も、日替わりの海鮮丼 ならばチーズタッカルビの1人前よりは経済的だがね。

15日は折角の好天と3月並みの気温に誘われて、この界隈で唯一の回らな い寿司店である職安通りの「すし三昧」に外食に出掛けた。ここは昨年の 秋にも行ってみたが、その時にはレジの女性に「久し振りに日本語が通じ るお客様で安心した」と言われたほど、アジア系の者どもに人気が高いのだ。

彼らの多くは大久保通りの回転寿司かマクドナルドに群がっているものだ が、中には多少余裕があるような連中がいて、すし三昧を贔屓にしている ようだ。

すし三昧に辿り着く前には大久保通りを少し歩いた後で、職安通りに面し た大型のドンキホーテに出られる路地を抜けるのが最も便利だ。そこには 多くの小規模な韓国料理店が軒を連ねているので、Koreatownの消長が観 察できるし、何時もここを通るようにしている。確かに昼飯時だったのだ が、意外なほど若き女性たちで賑わっていた。

そこでより仔細に観察すると、多くの店では「チーズタッカルビ」を売り 物にしているのが解った。全部が全部ではないが、兎に角目立つように写 真を貼りだしてあった。この路地も暫く歩いてみない間に多くの変化が生 じており、多くの料理店が所謂「リニューアルオープン」されていたよう だった。前回通った時には多くの斬新な形のリュックサッ¥1,000〜2,000 で並べていた店は見つからなかった。

矢張り、折角調査?したのだからチーズタッカルビの価格帯をお知らせし ておこう。私は以前から彼らは価格協定を結んでいると疑っていたが、イ ヤ難しいことを言わねば談合していると睨んでいたが、この新製品の価格 帯は2人前(=イーインブンと言うが)¥2,400〜2,600に設定されてい た。鶏肉を焼いてチーズを絡ませただけの料理が1人前にすれば ¥1,200〜1,300では高過ぎるのではないかなという気がした。

さて、すし三昧である。到着したのが11時45分頃だったが、既にカウン ターに何とか2人分残っているだけで満員御礼の盛況だった。昨日は比較 的外国人が少ない印象だった。しかしながら、驚かされたのは勘定の時に 知り得たことだが、何時の間にか地下にも席が設けられていたようで、大 勢で押し寄せたアジア系の連中が「地下にどーぞ」と案内されていたの だった。商売繁盛の様子だった。

2年ほど前に築地場外のすし三昧の回転寿司店で経験したことだが、多く のアメリカ人が飲み屋と勘違いしたのか一向に寿司を食べずに、持ち込ん だ酒を回し飲みして楽しげに語り合っていたのには、寒空に外で並んで待 たされていた我々は参った。彼ら外国人は何もアメリカ人に限ったことで はないが諸外国にはないような寿司屋を飲み屋と勘違いしていることが多 いのだ。因みに、多くのアメリカ人は寿司屋を Sushi bar と称している。

それだけではない、寿司が美味であり健康食の如くに喧伝されてしまった 為に、その魅力に惹かれたのか多くの外国人が群がってきてしまう結果に なっていると思う。私は正直に言って、ここ百人町/大久保界隈に群れを 為すアジア系の者たちが、多少高価で回らないすし三昧の寿司を楽しむ経 済的な余裕があるとは不思議に思えてならない。尤も、日替わりの海鮮丼 ならばチーズタッカルビの1人前よりは経済的だがね。前田正晶


 ◎樹氷にスプレーで落書き/八甲田山

十和田八幡平国立公園に指定されている八甲田山系で14日、複数の樹氷に 蛍光塗料スプレーで落書きされていたことが15日、八甲田ロープウェーへ の取材で分かった。同社は環境省に通報した上で、樹氷を削るなどして落 書きを消した。地元の観光関係者は「訪れた人が気分を害する行為で非常 に残念」と憤慨している。

 同社によると、地元のスキーヤーから情報を受けた職員が14日午後、 ロープウェーの山頂公園駅から15メートル離れた場所で、約100平方メー トルにわたり、数本の樹氷と雪上にピンク色の蛍光塗料スプレーで描かれ ていた落書きを見つけた。英語や中国語で「誕生日おめでとう」などと、 目立つように大きく記されていた。

 地元スキーヤーが、現場付近でスプレー缶を使っている男女を目撃。や めるように注意したが、そのまま使用を続けていた。男女は日本語や中国 語、英語を話しており、落書きをしていた人の特定は難しいという。

 同社の蝦名正晴社長は「樹氷への落書きはしないでほしい」と強く訴え た。県誘客交流課の三上洋輝課長も「八甲田の樹氷は海外にも売りにして いる観光資源なので非常に残念。本来の姿で八甲田の景観を発信していき たい」と話した。

 十和田八幡平国立公園は、国立公園をブランド化し外国人観光客を呼び 込む環境省の「満喫プロジェクト」の対象となっている8カ所の一つ。
.Web東奥1/15(月) 23:12配信




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

好天続きの東京湾岸でも雨が近づいてきているようだ。新緑のためだ、仕 方ない。

                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。