政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4577 号  2017・1・16(火)

2018/01/16

 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4577号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月16日(火)



                    放っておくしかない韓国:阿比留瑠比

                            ネパールの通信回線:宮崎正弘
     

               歴史戦、徴用工で本格的情報発信:櫻井よしこ

                      
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4577号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━
放っておくしかない韓国
━━━━━━━━━━━


     阿比留 瑠比


放っておくしかない韓国 筋の通らぬ慰安婦合意めぐる新方針に韓国外交 当局も「?」 

 【「慰安婦」日韓合意】

「韓国には何度も日本は怒っていると言ったが、なかなかそれが伝わらない」

ただ、韓国側が自らの勘違いを自覚しない要因の一つは、韓国の筋の通ら ない要求にすぐ屈し、下手に出たがる日本側の融和派の姿勢にもある。前 述の朝日社説は、こうも記していた。
「日本側も『1ミリたりとも合意を動かす考えはない』(菅義偉官房長 官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない」

日本側が、自らゴールポストを動かしてどうするのか。韓国にすれば「ほ ら、日本の有力メディアもこう言っている」と援軍を得た気持ちだろう。 これでは日本の怒りを相手が理解しないのも無理はない。

いったん結んだ国際約束に関し、片一方がぶつぶつ不服を言っているから といって、ほいほいそれに応じて見直していたらどうなるか。日本もま た、国際社会から約束を重視しない一貫性のない国とみられるのがオチで ある。やはり韓国は放っておくしかない。

(論説委員兼政治部編集委員)
産経ニュース2018.1.11【阿比留瑠比の極言御免】


━━━━━━━━━
ネパールの通信回線
━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月14日(日曜日)
        通巻第5579号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ネパールの通信回線はインド経由と決まっていたが
  ヒマラヤを越えて中国の通信大手が堂々と入り込んだ
**********************************

「バルテ・エアテル」「タタ通信」はインド通信企業大手。いずれもネ パール南方に張り巡らせた光ファイバー網をインドの中継地に繋ぎ、カト マンズ政府と国民は世界とのコミュニカーションが成り立たせてきた。

カトマンズは高原都市、ヒマラヤ登山の基地は、そこから西へ飛行機で一 時間。ポカラである。その昔、ヒマラヤ登頂のニュースは、現場からこの ポカラまで数日かかり、それから電話回線でカトマンズへ。

いまはヒマラヤの頂上からでもテレビ中継が可能である。
 中国はヒマラヤ越えを、軍事力輸送の前に、高速道路を建設中で、次は ヒマラヤにトンネルを掘って鉄道を繋げるなどと豪語してきた。

鉄道や道路工事より、やや簡単な光ファイバー敷設工事は、2014年末に 一度完成していたが、2015年4月、強度の地震がネパールを襲い、通信網 も破壊した。

ようやく完成に漕ぎ着けた光ファイバー網は、「中国通信」の専用回線と なり、香港を経由するので、中国大陸のような検閲を受けず、中国共産党 批判のネットにも繋がるという。この通信という国家主権に属する事業を インドと敵対する中国の企業にもあたえるというネパール政府の作為的な 遣り方はインドを苛立たせるに十分な「事件」である。
 
長きにわたってネパールはインドの保護国同然であり、最大の経済支援国 家でもあったが、最近行われた総選挙でネパールの政権はふたたびマオイ ストと左翼の連立政権となり、親インド路線を露骨に修正し、親中路線を 見せるようになっていた。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 独裁制度の矛盾を気にもしない国民性、ロシア人気質とは何か
  プーチンの飽くことを知らない闘争心、政治哲学なるものは如何にし て形成されたか

  ♪
木村汎『プーチンとロシア人』(産経新聞出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 一気に読める本である。そのうえ面白い。その活力ある筆致と簡潔な比 喩、人間の描写が生き生きとしている。

 プーチンが柔道をこよなく愛しているから日本のことが好きだと日本の ロシア分析が飛躍するのは暴論のたぐい、プーチンが柔道に励んだ動機 は、彼の幼少のころ、「いじめられっ子」だったからだと木村氏は言う。
 プーチンの闘争の哲学は、このところに原点がある。

兄二人が夭折したため、母親が41歳で生んだプーチンは溺愛され、それ ゆえにサンクトペテルブルグの『通り』でよくイジメられた。『通り』と いうのは不良少年のたまり場である。

 いじめっ子より強くなれば良い、こう結論したプーチンは猛烈に体を鍛 える。環境が強い意志をはぐくんだことになるが、短距離出世を狙って KGBにはいるという直線的な人間でもある。

つまり、この人生への強い姿勢こそロシア人の基本の掟である。

「力が正義」なのである。

「強くなる意志を一貫して抱き」続け、「相手を徹底的にたたく」。そう した人間がロシアでは英雄である。

 ロシア人との交渉事で、妥協は禁物である。そもそも「ロシア語」には 「妥協」というボキャブラリーはない。交渉事で、論理が一貫しなくて も、ロシア人は気にしない。倫理をまったく重視しないし、交渉において は友情も交友関係も過去の貢献もまったく度外視される。

つまり「交渉は闘争」であり「交渉は戦争」であり、「交渉は武器」なの である。

なんだか中国人と似ている。ロシアのチェスも中国の将棋にも、そういえ ば捕虜駒がない。妥協の発想がないという一点に関しては、中ロは二卵性 双生児かもしれない。

「『インテリゲンツィア』という言葉は、日本語における『青白きインテ リ』という用法から想像される内容のものではない。必ずしも人間の出 自、教育、職業に直目する概念ではなかった。ロシアにおいて「インテリ ゲンツィア」とは、その人間が自身の高い理想や使命感を抱くとともに、 その使命の実現のためには全生命を賭けて戦う準備や姿勢を持ち、かつ闘 いを実践中の知識人を意味する言葉だった」(62p)。

 どうしてロシア人がこういう性格を形成してきたのかといえば、第一に 気候、天然資源、寒さ、そしてあまりにも広大な土地が原因であると木村 教授は言う。

ロシア人が二律背反を気にしないのも、論理的思考をしないからである。 領土は戦争で奪うものであり、政府が何をしていようが、個人レベルでの ロシア人はほとんど気にも留めない。

あれほど凶暴な謀略をめぐらし政敵を粛正しても、ロシア人がスターリン を好きなのは、かれが「大祖国戦争」に勝ったからである。ゴルバチョフ に人気がないのは彼が西側に屈服したと感じているからである。


「ロシア人は、外部の世界に劣等感を抱いている。外国の列強諸国は、隙 さえあればじぶんたちに襲いかかろうとする。頭からこう信じている。彼 らは外部の世界を疑い、恐れおののいているのだ。(中略)彼らは善意に よって差し伸べられた友好の手をいうものを信じようとしない。そこに は、何か巧妙な落とし穴のようなものが隠されているのではないかと、疑 る。この世に純粋な好意など存在するはずがなく、あるのは闘いのみだ」 (178p)

このようなロシア人気質を了解するならプーチンの謎を解くカギが読める。
プーチンは強いもの、力を信奉する政治家を好むから、優柔不断で人権と 民主とか、浮ついたことを主張したオバマを軽蔑し、短絡的なトランプが 好きなのである。三木武夫を嫌い、田中角栄が好きな日本人と、この点は 似ているのかもしれない。

とどのつまり民主政治をロシアに期待するのは無理な注文であり、ロシア 人は準独裁、強い指導者が好きなのだ。

だからシリアへの空爆で、もやもやしたロシアの脆弱政治を吹き飛ばした プーチンに89%ものロシア国民は賛同し、クリミア併合でも83%が賛 成し、西側の制裁なんぞどこ吹く風である。

すなわち「プーチン外交には、必ずしも確固とした原則や戦略など存在し ない。時々の国際状況、とりわけ、『力の相関関係』の変化、そして主要 プレーヤーや相手方の出方などを注意深く観察する。その隙間を縫って自 国ロシアの影響力の拡大、ひいてはプーチン自身のサバイバルを図ろうと する。すぐれて状況主義的、機械主義的、便宜主義的な行動様式を採る」 (143p)

 プーチンは過去18年間、事実上ロシアの命運を左右し、そして次の六 年間も最高権力を掌握するだろう。合計24年におよぶロシアの最高権力者 は、ピョートル大帝を尊敬しているという。したがってトリックを用い て、自国を実力以上に見せる戦いを続ける。

プーチンは「勝利をもたらし、ロシア人の不安を吹き飛ばすために,『小 さな戦争』を好む」だろう。
繰り返すが、一気に読了した。快作である。
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 神道がいまブームだというが、それは本当なのか?
  「神道は宗教ではない」「量子コンピュータにも通じる」

  ♪
山村明義『日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか』(ベスト 新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

神社はJINJAであって、SHRINEではない。いきなり納得であ る。英語のシュラインは墓地を併設するから「廟」と訳されるべきであ り、日本の神社(JINJA)には遺骨のない神が祭られている。たとえ 神官でも、仏式の葬儀、お寺の墓地に埋葬される。皇族がたは御陵に。

 神道は「アニミズム」と定義したのは英国の文化人類学者エドワード・ タイラーだったが、それは「世界各地のアニミズムとは、すべての物や自 然現象に、霊魂や精神が宿るという思考で、『宗教の初期段階』と定義 し、日本の神道も『遅れた原始宗教』というレッテルをさんざんに張られ てきました」

ところが、現代ではタイラーの説は学界で否定され、「すべての物に魂が 宿るような振るまいをするという『量子力学』が広がりつつある」という (57p)

西欧の古都へ出かけると必ず大聖堂とか由緒ある教会があり、宗教画が 仰々しく飾られ、地下がお墓である。

だから、神道は「宗教ではない」と名言を口にされたのは、在日サンマリ ノ大使のカデロ氏であり、ご自身イタリアに『サンマリノ神社』(祭神は 天照大御神)を造営され、しかもイタリア人が日本の神職資格をとって宮 司を務める。

つまり日本の神道は宗教を超えているのである。

イタリアでは三島由紀夫の政治論文がすべて翻訳されており、小説ももち ろんすべて、書棚にはムラカミハルキより、作品がならぶ。イタリアの日 本理解は深い。だから前首相のレンツォも伊勢サミットのために来日した おり、伊勢神宮に参拝し、次のように感想を述べた。
 
「このような歴史を持ち、示唆に富む場所で、人間の尊厳を保ちながら、 経済成長および社会正義のための諸条件をより力強く構築できることを祈 念する」

また近代史の誤解の典型の一つに「戦前の国家神道」説があるが、著者は 「国家神道」なるものが存在しなかったことを縷々説明している。
 
いまパワースポットとか、御朱印帳を持ち歩いて、神社をあるいている若 い女性が目立つ。この人たちにも分かりやすく、入門編として読める。 
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)岩波の広辞苑の問題について、ご参考まで。

辞書とは本来用語の案内書です。だから国際問題では関係国の異なる意見 を紹介することは悪くないでしょう。しかし特定の外国の主張に隷従し他 の関係国の意見を隠蔽するとなると、これはアジビラです。辞書ではあり ません。

岩波は反日出版活動で悪名が高く、ソ連崩壊当時内部に共産党の支部があ るなどと騒ぎになりましたが、今も変わらないようで今回改めて中共の手 先であることがわかりました。
   
当然、反日解説は今回の項目だけではないでしょう。

日本国民は洗脳されないように広辞苑を有害図書として廃棄し正しい辞書 と交換すべきである。(東海子)
   



  ♪
(読者の声2)靖国会による靖国神社初詣昇殿参拝が下記の通り1月21日 (日)に執り行われます。本年は初詣昇殿参拝に合わせて、靖国会総代の田 母神俊雄先生の講演会が田母神俊雄講演会実行委員会により開催されます。

              記 

【初詣昇殿参拝】1月21日(日)12時30分より
※12時15分までに着座願います ※正午より参集殿にて受付いたします
【田母神俊雄講演会】1月21日(日)13時より 靖国会館「偕行の間」
【新年懇親会】1月21日(日)15時より 靖国会館「偕行の間」
【参加費】昇殿参拝・講演会 お一人 2000円
新年懇親会 お一人 3000円
【講演会主催】田母神俊雄講演会実行委員会
【講演会協賛団体】英霊にこたえる会、(公財)太平洋戦争戦没者慰霊協 会、JYMA日本青年遺骨収集団、やまと新聞社、田母神事務所、田母神 道場、田母神俊雄後援会東京支部、日本の名誉を守る会、靖国会
【問い合わせ先】沼山光洋(09031052030)
メール yasukunikai@gmail.com


    
━━━━━━━━━━━━━━━
歴史戦、徴用工で本格的情報発信
━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

著名な韓国の言論人、趙甲濟(チョガプジェ)氏が12月19日、シンクタン ク「国家基本問題研究所」で語った。

「70%もの韓国国民がなぜ、親北朝鮮で反韓国の価値観を持つ文在寅大統 領を支持し続けるのか。なぜ韓国人は祖国が直面する危機に気付かないの か。その理由は韓国人の考える力が低下しているからだ」
  
 氏は韓国人の考える能力の低下の原因として、漢字を追放してハングル だけを使用するようになったことを挙げた。分析の正否は今は措く。た だ、彼らが歴史の実態に目を向ける代わりに、史実とは無関係に創り出し た物語に心を奪われてしまうのは確かだ。事実と懸けはなれた「民族の悲 劇」に酔いしれて、反動として強い反日感情に身を委ねる。情に偏り、理 を欠く傾向が強い。
  
そんな彼らに対して、日本側も事実に基づく議論から逃げてきた。両国間 に横たわる歴史問題の不幸な溝には、その意味で日韓共に責任がある。少 なくとも、安倍政権以前はそうだった。
  
 韓国による反日歴史戦を止める力は歴史の事実の中にある。事実を示す ことで、初めて日本は韓国や中国の歴史捏造に立ち向かえる。言い換えれ ば、わが国には事実しかないのだ。そのことに気付いて、歴史問題に対し ては事実を以て向き合おうとしてきたのが安倍晋三首相である。
  
だが首相がそう考えても、外務省をはじめとする関係省庁の人々の心の闇 は深く、基本的な事実の指摘でさえ、韓国を刺激するとして抵抗する人々 がいる。そのことを考慮すれば、12月22日、一般財団法人「産業遺産国民 会議」(以下、国民会議)のウェブサイト (https://sangyoisankokuminkaigi.jimdo.com/)に、長崎県の端島、通 称・軍艦島に関する資料と、元島民の証言が掲載されたのは安倍政権の快 挙というべきだ。
  
 慰安婦問題に続いて中韓両国は徴用工問題を日本に突き付ける。2017 年、韓国は同問題についての酷い内容の映画を完成させ、ユネスコ関係者 の前で披露した。本や絵本も出版した。2018年には各地で慰安婦像の隣 に、徴用工の像も設置されかねない。

本格的な反論がはじまる
 
 彼らは軍艦島を、「地獄の島」「強制連行の島」と呼び、日本をナチス ドイツ同様ホロコーストの国として位置づけようと躍起になっている。だ が、慰安婦問題の二の舞は演じない。それが国民会議のウェブサイトに込 められた決意であろう。中韓の歴史の捏造話を事実で正し、真実を知らし める。事実に能弁に語らせることで日本の本格的な反論とすると言ってよ いだろう。
  
その圧巻が端島の元島民のビデオ証言である。端島の歴史事実を歪めてい る著作や記事を、元島民は一つ一つ検証し反論している。対象となってい るのは、日本が朝鮮人や中国人を強制連行し、奴隷のように働かせ、非人 間的な扱いをしたと非難する各種の出版物や資料である。
  
たとえば、端島を、「朝鮮人強制連行の島」として描いた作家、林えいだ い氏である。氏は『筑豊・軍艦島』(弦書房)の中で、「島には『地獄 門』をくぐって入り、入ったが最後、一生島から出ることができなかっ た」と書いている。
  
 元島民は、「(地獄門など)ちょっと聞いたことがない」と林氏の説を 退ける。
  
 一旦、島に上陸したら二度と出られないとの非難には、「島を出て他の 島へ行くときには他航証明書という書類をもらわないと行けなかった。そ れは日本人も同じだった」とし、その背景には借金をかかえたまま、島を 出て戻らないケースがあったからだと説明している。

「中国人の取扱いは特に厳しかった。朝鮮人が話しかけたりすると、銃を 持った労務係がきて『近づくな』と言って双方を殴りつけることもあっ た」との林氏の記述について、別の島民が語った。

「警察が、端島に限らず銃を持ってウロウロするなんて、日本の国勢(国 情)にはないですよ。あの当時」「銃を持った人なんておらんです。警察 も、端島は仕事がない島だと言っていた(笑)」
  
 最盛期5000人以上が住み、日本一人口密度の高かった島で、警察の仕事 がなかったということは、それだけ人々が協力し合って和を保っていた証 左だ。元島民の女性が証言したように皆が助け合い、仲良く暮らした島 だったのだ。
  
もう1人の島民も語った。

「本当の軍人なんて2人しかいないですよ。それも憲兵です」
  
 軍人2人が憲兵だったというのは大事な点だ。憲兵は軍法に基づいて軍 の犯罪を取り締まる存在である。島の軍人2人が憲兵だったということ は、それだけ島の治安が厳しく守られていたことを意味するとみてよいだ ろう。林氏が描いた朝鮮人への違法な虐待、虐殺は許されるはずがなかっ たということだ。

歴史の証人
  
 坑内での採炭作業の苛酷さを、林氏は次のように書いた。

「高さ一メートルの炭層に、朝鮮人坑夫たちは立ち膝のまま鶴嘴を打ち込 んでいた」「二尺層といわれる炭層は約60センチ、短い柄の鶴嘴で寝掘り する場所だった」
  
 元島民たちは皆坑内で働いていた人たちだ。彼らは一様に反論した。

「坑内の石炭はババババッとエアで落としていました。鶴嘴は石炭を掘る のに使いません。少し浮いたのを、叩いて落とすくらい」
  
 鶴嘴で力を入れて掘るという作業はなかったというのだ。

「立ち膝のまま」掘った、或いは「寝掘り」については、「寝て掘るなん てことは全くなかった。それなら炭車はどうして入れるのですか」「朝鮮 人を石炭掘りに使うのは(技術的に)危なくて仕方のない面があった。だ から彼らには後方で働いてもらった。日本人が採った石炭を炭車に積み込 み、それを押すのが、彼らの役割だった」という。
  
どの証言も体験を踏まえているだけに具体的である。坑内の状況や採炭の 手順、仕事に入る際の服装や種々の準備、チーム編成の実態など、歴史の 証人としての彼らの発言は、これまでチェックもされずに垂れ流されてき た間違った情報を正すものだ。
  
 検証されたのは林氏の著作をはじめ、長崎市の「岡まさはる記念長崎平 和資料館」のパンフレットや、「南ドイツ新聞」のひどい記事など、広範 囲に及ぶ。
  
 国民会議のウェブサイトでは、元島民の証言だけでなく、当時の島の写 真、炭坑の様子を描いた幾枚もの絵も見ることができる。先人たちが作り 上げた設備の近代性や、国策産業としての石炭産業に日本国が注いだエネ ルギーの程が窺われる。
  
2018年、中韓の対日歴史戦はかつてなく激化すると考えておくべきだ。日 本をホロコーストの国として貶める彼らの意図を一つ一つ、事実をもって 打ち砕く、そのための情報発信こそ大事である。
『週刊新潮』 2018年1月4・11日合併号 日本ルネッサンス 第785回

     
          
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 ◎筒香 野球人口減に危機感 未来思い苦言「指導者の顔色を見ながら プレーしている」

筒香 野球人口減に危機感 未来思い苦言「指導者の顔色を見ながらプ レーしている」


野球体験イベントで豪快なバッティングを披露する筒香に大喜びの子供たち

「日本の4番」による野球界への提言だ。DeNA・筒香が大阪府内で、 中学時代に所属し、スーパーバイザーを務める「堺ビッグボーイズ」主催 の野球体験会にゲスト参加。野球未経験の子供たちに野球の楽しさを伝え ると、未来の日本球界に対する危機感も口にした。

 約25分間の「独演会」だった。「野球人口がなぜ減っているのか」。10 年に約1万5000だった少年野球チームが、16年には約1万2000まで減っ た。球界を代表する選手になった今だからこそ、「指導のあり方」と「野 球の国際化」について持論を展開した。

 「まずは勝利至上主義。楽しそうに野球をやっていない。指導者の顔色 を見ながらプレーしている」。強豪チームほど結果が優先される。練習も 「勝つために練習量が増えて、(ケガで)未来がつぶれてしまった子供た ちを見てきた」と苦言。負ければ終わりのトーナメント方式で多くの大会 が運営されることにも危機感を抱く。

 15年オフにはドミニカ共和国へ武者修行に出掛けた。米国や中南米で は、指導者が選手の個性や感性を尊重し、少年野球から投手に連投をさせ ないルールも厳守される。日本式の良さも認めるが「遅れているのが現 状。海外に目を向けて吸収しなければいけない」と強調した。

 少子化が進み、中学生以下の競技人口は大幅に減少。球界全体で問題意 識を共有するべきだと考える。「僕も勇気を持ってトライしていく。子供 たちのためにメッセージを発信する」。野球界の未来のために、筒香が先 頭に立ってアクションを起こす。 (重光 晋太郎)
スポニチアネックス1/15(月) 5:00配信


 ◎韓国、平昌参加の北に国連制裁抵触する支援の恐れ 過去に多額の資 金送金した“前科”も

2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に参加表明した北朝鮮に対 し、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権が国連制裁に抵触する支援を行 う恐れが浮上している。韓国は五輪を通じ、南北関係の改善を目指してい るが、過去には南北首脳会談実現の見返りとして、北朝鮮に多額の資金を 送金した“前科”もある。「核・ミサイル開発」に狂奔する金正恩(キム・ ジョンウン)政権への支援は、世界の安全保障を危機に陥れる。ドナル ド・トランプ米政権は、韓国への監視を強めそうだ。 

「北朝鮮のオリンピック参加によって国連安全保障理事会の制裁が破られ ないよう、米国は韓国政府の当局者と緊密に協議を行うだろう」

米国務省のヘザー・ナウアート報道官は9日(米国時間)、声明でこう述 べ、韓国を牽制(けんせい)した。こんな声明が出されるほど、米国の韓 国への警戒心・不信感は強い。

板門店(パンムンジョム)で9日に行われた南北閣僚級会談を経て、北朝 鮮は平昌五輪への参加を表明した。参加自体に問題はないが、大会を通じ て、韓国が国連制裁に抵触する対北支援を行う懸念がある。現に、南北閣 僚級会談の共同報道文には、以下の一文がある。

《北側は平昌冬季五輪に高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、 選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣し、 南側は必要な便宜を保障することにした》

すでに、北朝鮮への支援を決めたかのような内容ではないか。実は、北朝 鮮選手団などの五輪滞在費を支援することが、「国連安保理の制裁決議に 違反している」との指摘がある。
 
朝鮮日報(日本語版)は11日、《北朝鮮の平昌五輪滞在費、船舶・航空機 提供は制裁違反》という見出しの記事を報じた。

記事によると、過去に北朝鮮が韓国に代表団を送る際、滞在費などの名目 で韓国側に現金を要求してきたが、大量の現金を提供する行為は国連安保 理制裁で禁じられている。選手団の移動で韓国が専用機や船舶を提供する のも、制裁違反の可能性が高い、との内容だ。

さらに問題となりそうなのが、北朝鮮が平昌五輪に派遣する予定の高位級 の代表団だ。

北朝鮮のナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員 長の可能性が高いとみられているが、同氏は韓国による独自制裁の対象に なっている。朝鮮日報によると、韓国政府は「旅行禁止措置ではないの で、来るだけなら問題はない」という立場だが、「来韓の事実だけで制裁 緩和のシンボルになりかねないとの懸念がある」と伝えた。

高位級の代表団では、北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長の 妹、与正(ヨジョン)氏の名前も取り沙汰されている。だが、与正氏は昨 年1月、米財務省の制裁対象となった。与正氏の韓国入国を認めれば、韓 国への不信感を募らせている米国の怒りに火をつける恐れもある。

「従北」とされる文政権はこれまでも、北朝鮮を利する政策を進めてき た。昨年9月の日米韓首脳会談直前、文政権は北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)相当の人道支援目的の拠出を決定し、トランプ大統領や安 倍晋三首相からたしなめられた。

文氏が、正恩氏との南北首脳会談開催に意欲的なのも気がかりだ。

同じ左派の金大中(キム・デジュン)政権時代、南北首脳会談(2000年) 前に、韓国の現代グループが北朝鮮に5億ドル(約560億円)を送金し、 うち1億ドルが会談実現の対価として、韓国政府が支払ったことが分かっ ている。また、過ちを繰り返すのか。

米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「金大中政権と文政権は 同じ体質だ。北朝鮮は裏で、『平昌五輪』を人質のようにして、韓国に不 正送金を要求することも考えられる。米国でも、金大中政権時代の不正送 金が繰り返されないよう『財務当局が文政権への監視を強める方針だ』と いう報道がみられる。米財務省が確実な情報をつかめば、韓国に対して制 裁を科す可能性がある」と話した。

「平和の祭典」が、北朝鮮に利用される可能性もありそうだ。

【写真】 北朝鮮包囲網を乱す文大統領(右)にトランプ大統領も厳しい 視線を送る(ロイター)
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180113/soc1801130007-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180113/soc1801130007-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2018.1.13 〔情報収録 − 坂元 誠〕

 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

15日の東京湾岸は快晴、爽快。16 日も快晴。

82歳2日目の東京湾岸は快晴、爽快。家人に乗ってもらった車椅子にす がって公園を1周。




                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/17

    仏教の教え、「悟りの象徴」とされている、縁起の良い満開の蓮の花。

     弁才天様(サラスヴァティー様)も蓮の花の上に座っています。



     蓮の花は、泥沼の中で育っても綺麗な美しい花を咲かせるということで、「泥沼(現世、ドロドロの人間社会)の中で育って生活していても、泥に染まることなく自分の中の神性を失うことなく、自分も美しい花を咲かせましょう」という仏教の教えの例えとしてモチーフにされていますよね。



    まさに、現世の人間界は泥沼の世だそうです。ドロドロな人間社会で当たり前の世界に私達は生きていますが、それでも人間全員の中には神性が宿っているので、それを見失わないように、人間界の泥に染まらないように、超越して美しい花を咲かせていきたいですね!



     自分の中の神と対話すること、自分の中心軸(神)を見失わないように保って、不動心を育てて保って生きていく努力をしていけば、やがて美しい蓮の花を自分も咲かせることができることでしょう。



     泥沼の中でも、美しい蓮の花を咲かせることが、「悟り」なのだそうです。



    美しい真っ白の蓮の花が、ドロドロの人間界にいてくじけそうになっても元気と勇気を少しでも与えてくれますように☆



    蓮の花=「悟りの象徴」(人間の究極のゴール)。



  • 名無しさん2018/01/16

    ◎筒香 野球人口減に危機感 未来思い苦言「指導者の顔色を見ながら プレーしている」

    >野球は力のない子供がバットを振ってバットがすっぽ抜けると危険なんだよ。

  • 名無しさん2018/01/16

    ハワイで弾道ミサイルの緊急警報が誤送信されたニュースですが、実は実際にミサイルが発射されており、発射直後に迎撃されたとのことです。ミサイル発射によって位置が特定された原子力潜水艦は、破壊されたとのこと。

      ミサイル発射を北朝鮮の仕業にして、戦争に持ち込む偽旗計画が失敗したようです。

      偽旗計画を実行しようとしたのが、カバールであるのは明らかですが、より具体的には、表のイルミナティの側に属する者たちです。表のイルミナティは、イエズス会、P2メーソンにコントロールされています。

      同盟は今、いわゆる深い地下軍事基地を積極的に探していて、事実上、地下で戦争状態であると考えて良いでしょう。なのでしばらくの間、各地で地震が多発するかも知れません。不用意な行動を取れば、次に処刑されるのは13家、そしてバチカン関係者、最後に表のイルミナティでしょう。

      フランシスコ法王の言葉は実に白々しいもので、戦争を引き起こそうとしている者自身が、戯言を述べています。彼は死刑に値すると考えて良いでしょう。

  • 名無しさん2018/01/16

    早熟の天才、インゴルシュタット大学実践哲学教授アダム・ヴァイスハウプト(1748?1830年)と、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744?1812年)は同世代のドイツのユダヤ人です。情報網が密なユダヤ社会です。当然互いによく知っていたでしょう。



      そしてこの時代のドイツのユダヤ人でもう一人重要な人物がいます。「結婚行進曲」で知られるF・メンデルスゾーンの祖父ユダヤ人哲学者・啓蒙思想家モーゼス・メンデルスゾーン(1729?1786年)です。彼は劇作家レッシングから「賢者ナータン」のモデルとして描かれ、カント哲学を論難する人物として知られています。しかし彼にはこれら聖者賢者の顔とは全く違った顔がありました。







    モーゼス・メンデルスゾーン [Public Domain]



     ユダヤ教ラビのM・Sアンテルマンの情報として、「モーゼス・メンデルスゾーンはサバタイ派7代目首長であり彼がヤコブ・フランクとアムシェル・ロスチャイルドを結び付けた。」と紹介しています。



      一般にモーゼス・メンデルスゾーンは、ユダヤ人社会に啓蒙思想とキリスト教文化への「同化主義」を進めたとされます。しかしこの同化とはキリスト教偽装改宗だと見れば辻褄が合います。彼がサバタイ派首長だったのは事実でしょう。ここに「偽ユダヤ」の首魁となるロスチャイルド家とサバタイ?フランキストが合流一体化したことになります。



      モーゼス・メンデルスゾーンとヤコブ・フランクとアムシェル・ロスチャイルドの三者はそれぞれの役割分担があったでしょう。不明ながら預言者がモーゼス・メンデルスゾーン、祭司のメシアがヤコブ・フランク、王のメシアがマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド、とも見えます。



     この3人が中心となって作られた組織が、ヴァイスハウプトが創設したフリーメーソン・イルミナティーと結びついた時に西欧の秘密結社によって操作される自由民主制のモデルの起源が出来上がったと推測します。



      確かにこの3人は同じ組織に所属し、自分たちの計画の代行者としてアダム・ヴァイスハウプトにBイルミナティを設立させたのでしょう。彼らが指示したであろうBイルミナティの行動綱領は以下の通りとされます。(これは後の革命・共産主義の原型でしょう。)





     1. すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立。





     2. 私有財産と遺産相続の撤廃。





     3. 愛国心と民族意識の根絶。





     4. 家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。





     5. すべての宗教の撤廃。





      Bイルミナティはこの行為綱領に沿って「フランス革命」を引き起こします。そしてその後、世界で起こされた種々の革命や戦争などに深く関わっていきます。しかし、その背後にはロスチャイルド、サバタイ?フランキストたちがいたのです。



      Bイルミナティと、その設立を命じたロスチャイルドたち、これは実は別組織です。Bイルミナティは「表のイルミナティ」、ロスチャイルド(ヤコブ・フランクとモーゼス・メンデルスゾーンもそうでしょう)は「裏のイルミナティ」となります。





    フランス革命、人権宣言の図の通り人権宣言碑文の上に座す天使?の指す先には、フリーメイソンとBイルミナティのシンボル「プロビデンスの目」が光っています。米国1ドル札のピラミッドの目と同じものです。フランス革命はBイルミナティとフリーメイソンが主体になって実行されたのです。



      しかしそのより背後の上位には「裏のイルミナティ」の存在があったのです。人権宣言の上位にある「プロビデンスの目」の意味、フランス革命の真の計画と指導監督者は「裏のイルミナティ」だと示しているのでしょう。



      フランキストの宗教組織は「改革派ユダヤ教」そして「全能の目カルト」なのです。また、フランス革命は表向き「自由、平等、友愛」の人権宣言の啓蒙思想が思想的原動力とされます。これを裏で指導したのがモーゼス・メンデルスゾーンです。「フランス革命」も「サバタイ?フランキスト革命」が実態です。



      一方、実行役のヴァイスハウプト設立のBイルミナティは、その計画がバイエルン政府に発覚。バイエルン政府はBイルミナティを禁止し、ヴァイスハウプトが新たに組織した大東社ロッジを閉鎖します。そこでヴァイスハウプトは他国フリーメイソン組織に潜入、最高位階に上り詰め、その中で結社内結社を興すことになります。





    「1784年? アダム・ヴァイスハウプトは、フランス革命を起こせという命令を一冊の書物に仕立てて、マクシミリアン・ロベスピエール(ジャコバン党党首、フランス革命で恐怖政治)に送った。この書物はヴァイスハウプトの仲間であったザヴィエル・ツヴァックが書いたもので、特使を使ってフランクフルトからパリに送られた。







     だが、特使がその途上で雷に打たれたため、計画を詳しく記した書物は警察官に発見され、バイエルン当局の手に渡った。結果として、バイエルン政府は警察に、ヴァイスハウプトが組織した大東社(グラントリアン)のフリーメイソンのロッジと仲間の有力者たちの自宅を家宅捜査するよう命じた。







     1785年? バイエルン政府は「イルミナティ」を不法であるとし、大東社ロッジはすべて閉鎖された。







     1786年? バイエルン政府は、「イルミナティ」の計画の詳細を『イルミナティ組織による原文書』という文書にして一般公開した。次に、この文書をヨーロッパ中の教会や国家の指導者全員に送ったが、遺憾ながら、この警告は無視された。」(『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』)





      結果、1789年にフランス革命は幕を開け、ジャコバン党党首のマクシミリアン・ロベスピエールは恐怖政治を断行、直ちに二千数百人のキリスト教徒を殺害します。







    Bイルミナティの創設者ヴァイスハウプトを継ぐ二代目首長は、青年イタリアを組織しイタリア統一運動の指導者、革命家、急進主義者として知られるジュゼッペ・マッチーニ(1805?1872) 。三代目首長は南北戦争南部連合の将軍、「黒い教皇」と呼ばれるアルバート・パイク(1809?1891年)といわれています。



      アルバート・パイクが1871年8月15日付けでジュゼッペ・マッチーニに送ったとされる書簡は、陰謀論に興味を持つ人々のあいだでは有名で「未来戦争計画書」と呼ばれています。内容は以下の通りです。





    「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」







    「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」







    「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」







    「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」





      書簡そのものを否定する論も多数在ります。真偽は検討を要するでしょう。しかし、実際過去の二度の世界大戦はこの書簡内容に沿っているのは確かです。そしてこのような計画は確実に存在していたでしょう。



      この計画の発信源はロスチャイルド家でしょう。第1次世界大戦の目的が帝政ロシアの転覆、第2次世界大戦がナチスを利用したパレスチナのイスラエル建国。これらは元々からロスチャイルド家の計画です。



      問題は第3次世界大戦です。「シオニストとアラブ人とのあいだに」とあります。このためにパレスチナの地にイスラエルが建国されたのです。ここがハルマゲドンの予定地だったのです。

  • 名無しさん2018/01/16

    船木正人の背広の着こなしのだらしなさは何とかならんのか。

  • 名無しさん2018/01/16

    気がつけば、日本という国土の中で日本人が少数派【討論】いい加減にしろ!隠れ移民政策

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/2228c53c91d6d939ff0fc1b6afa2d52f

    慰安婦で謝罪要求は日本への侮辱だ 北朝鮮に取り込まれる異常な文在寅政権

    http://www.sankei.com/world/news/180113/wor1801130013-n1.html

    トランプのクリントン財団調査がエリートを暴き出 す?

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180113.pdf

    トランプの正直さは“美徳”にならず / 一般白人の本音を代弁した大統領

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68695551.html

    具体的な、日韓断交のフロー【納得したらシェア】

    https://samurai20.jp/2018/01/kolie-49/

    連帯暴力労組映像が驚異的数字を更新中

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53265883.html

    静岡県弁護士会

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/14/2277-%e9%9d%99%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e4%bc%9a/

    水道水民営化の先駆け?水道料金の明細にフランスの委託会社、日本の会社を外資が購入!

    http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16684.html

    恩を仇で返す

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%81%A9%E3%82%92%E4%BB%87%E3%81%A7%E8%BF%94%E3%81%99&tbm=isch&tbs=rimg:CVbAZhQ2OqH2IjgvmdYALAPBapytaDa_1rkv8RVT23tCQWercfl_1vZ7svP_1MXEyjDV77rzdFUADWzju_1rOvh5m2IZ-ioSCS-Z1gAsA8FqEVEtR7gD9VtlKhIJnK1oNr-uS_1wR1GymFrkF5aMqEglFVPbe0JBZ6hEKel1j0Pf3qCoSCdx-X-9nuy8_1EbMYS_17JEueoKhIJ8xcTKMNXvusRsj1ugK1AbzkqEgnN0VQANbOO7xF_18tAz5AHQFioSCes6-HmbYhn6EZv9bDwG0OlZ&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwiY_Lq87djYAhXBTLwKHfLFB1UQ9C96BAgAEBs&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    お能と面のお話

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3636.html

    表に出ない真実。知るか知らないかはあなた次第。

    http://laurentiangoldfields.com/archives/345

    「新報道2001」で『在日教授が周囲から袋叩きにされる』喜劇が発生。無茶苦茶な理屈で合意違反を擁護

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50507185.html

    西郷隆盛を育てた薩摩藩藩主・島津斉彬に学ぶ人財育成術「優秀な人財はこうして育成せよ!」 

    http://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2016/03/30/150000

    ロシアのエカチェリーナ?世はハザール系‘ユダヤ人’? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72226226.html

    大杉勝男(東映→日拓→ヤクルト)

    https://ameblo.jp/stjerneskud/entry-12107046037.html

    神々とご祖先と、今生きている先輩たち、自分たち、後輩たちみんなが、ひとつになって、より良い未来を築こうとしてきた

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-246d-3.html

    可笑しいケド笑えない話!

    http://22448866.seesaa.net/article/382419824.html?seesaa_related=category

    地獄の李氏朝鮮

    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-914.html

    「結婚できない女」その理由はたったの3つ!大量調査の結果発表

    https://kekkon.biz/cannot-be-married/

    ワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア)

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1818

    消毒はするな!内海聡と真弓定夫「薬はいらない」その理由とは?うがい・タミフル・マスクも要らない

    http://true-health2.com/archives/195

    小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(49) 

    http://nittablog.exblog.jp/13563414/

    スロベニア、クロアチアの旅

    http://zion1.matrix.jp/croatia/croatia1.html

    「何気に・・・韓国!(ごり押し)」が未だ蔓延する日本

    http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-728.html

    「夫婦別姓って何?」 反対派のための反論ネタ(34)

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10484747947.html

    女優の確執

    http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/5b42cacb15c4f7966203977c16cb08a2

    ・自分の考えを改めると幸せになる

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-faed.html

    海外「韓国にはうんざりだ!」 またも日本に謝罪要求をした韓国に呆れの声が殺到

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2568.html

    日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党

    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2044.html

    「気になる嫁さん」最終回と伊東水明荘について

    http://loveantlers.blog31.fc2.com/?m&no=1094

    日本人名で反日を煽る在日朝鮮人

    http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/fdf0655c76691382dd50ececc8d6bcf9

    反日野党の闇を糾弾せよ!足立康史議員の枝野、革マル癒着追求予告に思うこと。

    http://www.yamatogocoro.com/article/456168846.html

    京大医に巨額裏金 抗がん剤エビデンス捏造疑惑の一方、代替医療叩きで患者の屍累々 

    https://ameblo.jp/socbhe2/entry-12308201025.html