政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4576 号  2018・1・15(月)

2018/01/15

 
□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4576号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月15日(月)



               ネパールの通信回線:宮崎正弘

               歳は足に来る(続):石岡荘十

       中国の野望の牽制へ十分な抑止力を:櫻井よしこ
     
          
                   
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4576号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━
ネパールの通信回線
━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月14日(日曜日)通巻第5579号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ネパールの通信回線はインド経由と決まっていたが
  ヒマラヤを越えて中国の通信大手が堂々と入り込んだ
*********************************

「バルテ・エアテル」「タタ通信」はインド通信企業大手。いずれもネ パール南方に張り巡らせた光ファイバー網をインドの中継地に繋ぎ、カト マンズ政府と国民は世界とのコミュニカーションが成り立たせてきた。

カトマンズは高原都市、ヒマラヤ登山の基地は、そこから西へ飛行機で一 時間。ポカラである。その昔、ヒマラヤ登頂のニュースは、現場からこの ポカラまで数日かかり、それから電話回線でカトマンズへ。

いまはヒマラヤの頂上からでもテレビ中継が可能である。

中国はヒマラヤ越えを、軍事力輸送の前に、高速道路を建設中で、次はヒ マラヤにトンネルを掘って鉄道を繋げるなどと豪語してきた。

鉄道や道路工事より、やや簡単な光ファイバー敷設工事は、2014年末に 一度完成していたが、2015年4月、強度の地震がネパールを襲い、通信網 も破壊した。

ようやく完成に漕ぎ着けた光ファイバー網は、「中国通信」の専用回線と なり、香港を経由するので、中国大陸のような検閲を受けず、中国共産党 批判のネットにも繋がるという。この通信という国家主権に属する事業を インドと敵対する中国の企業にもあたえるというネパール政府の作為的な 遣り方はインドを苛立たせるに十分な「事件」である。
 
長きにわたってネパールはインドの保護国同然であり、最大の経済支援国 家でもあったが、最近行われた総選挙でネパールの政権はふたたびマオイ ストと左翼の連立政権となり、親インド路線を露骨に修正し、親中路線を 見せるようになっていた。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 独裁制度の矛盾を気にもしない国民性、ロシア人気質とは何か
  プーチンの飽くことを知らない闘争心、政治哲学なるものは如何にし て形成されたか

  ♪
木村汎『プーチンとロシア人』(産経新聞出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

一気に読める本である。そのうえ面白い。その活力ある筆致と簡潔な比 喩、人間の描写が生き生きとしている。

プーチンが柔道をこよなく愛しているから日本のことが好きだと日本のロ シア分析が飛躍するのは暴論のたぐい、プーチンが柔道に励んだ動機は、 彼の幼少のころ、「いじめられっ子」だったからだと木村氏は言う。

プーチンの闘争の哲学は、このところに原点がある。

兄2人が夭折したため、母親が41歳で生んだプーチンは溺愛され、それ ゆえにサンクトペテルブルグの『通り』でよくイジメられた。『通り』と いうのは不良少年のたまり場である。

 いじめっ子より強くなれば良い、こう結論したプーチンは猛烈に体を鍛 える。環境が強い意志をはぐくんだことになるが、短距離出世を狙って KGBにはいるという直線的な人間でもある。

つまり、この人生への強い姿勢こそロシア人の基本の掟である。

「力が正義」なのである。

「強くなる意志を一貫して抱き」続け、「相手を徹底的にたたく」。そう した人間がロシアでは英雄である。

ロシア人との交渉事で、妥協は禁物である。そもそも「ロシア語」には 「妥協」というボキャブラリーはない。交渉事で、論理が一貫しなくて も、ロシア人は気にしない。倫理をまったく重視しないし、交渉において は友情も交友関係も過去の貢献もまったく度外視される。

つまり「交渉は闘争」であり「交渉は戦争」であり、「交渉は武器」な のである。
 
なんだか中国人と似ている。ロシアのチェスも中国の将棋にも、そういえ ば捕虜駒がない。妥協の発想がないという一点に関しては、中ロは二卵性 双生児かもしれない。

「『インテリゲンツィア』という言葉は、日本語における『青白きインテ リ』という用法から想像される内容のものではない。必ずしも人間の出 自、教育、職業に直目する概念ではなかった。ロシアにおいて「インテリ ゲンツィア」とは、その人間が自身の高い理想や使命感を抱くとともに、 その使命の実現のためには全生命を賭けて戦う準備や姿勢を持ち、かつ闘 いを実践中の知識人を意味する言葉だった」(62p)。

どうしてロシア人がこういう性格を形成してきたのかといえば、第一に気 候、天然資源、寒さ、そしてあまりにも広大な土地が原因であると木村教 授は言う。

ロシア人が二律背反を気にしないのも、論理的思考をしないからである。 領土は戦争で奪うものであり、政府が何をしていようが、個人レベルでの ロシア人はほとんど気にも留めない。

あれほど凶暴な謀略をめぐらし政敵を粛正しても、ロシア人がスターリン を好きなのは、かれが「大祖国戦争」に勝ったからである。ゴルバチョフ に人気がないのは彼が西側に屈服したと感じているからである。

「ロシア人は、外部の世界に劣等感を抱いている。外国の列強諸国は、隙 さえあればじぶんたちに襲いかかろうとする。頭からこう信じている。彼 らは外部の世界を疑い、恐れおののいているのだ。(中略)彼らは善意に よって差し伸べられた友好の手をいうものを信じようとしない。

そこには、何か巧妙な落とし穴のようなものが隠されているのではないか と、疑る。この世に純粋な好意など存在するはずがなく、あるのは闘いの みだ」(178p)

このようなロシア人気質を了解するならプーチンの謎を解くカギが読める。

プーチンは強いもの、力を信奉する政治家を好むから、優柔不断で人権と 民主とか、浮ついたことを主張したオバマを軽蔑し、短絡的なトランプが 好きなのである。三木武夫を嫌い、田中角栄が好きな日本人と、この点は 似ているのかもしれない。

とどのつまり民主政治をロシアに期待するのは無理な注文であり、ロシア 人は準独裁、強い指導者が好きなのだ。

 だからシリアへの空爆で、もやもやしたロシアの脆弱政治を吹き飛ばし たプーチンに89%ものロシア国民は賛同し、クリミア併合でも83%が 賛成し、西側の制裁なんぞどこ吹く風である。

すなわち「プーチン外交には、必ずしも確固とした原則や戦略など存在し ない。時々の国際状況、とりわけ、『力の相関関係』の変化、主要プレー ヤーや相手方の出方などを注意深く観察する。その隙間を縫って自国ロシ アの影響力の拡大、ひいてはプーチン自身のサバイバルを図ろうとする。 すぐれて状況主義的、機械主義的、便宜主義的な行動様式を採る」(143p)

プーチンは過去18年間、事実上ロシアの命運を左右し、そして次の六年間 も最高権力を掌握するだろう。合計24年におよぶロシアの最高権力者は、 ピョートル大帝を尊敬しているという。したがってトリックを用いて、自 国を実力以上に見せる戦いを続ける。

 プーチンは「勝利をもたらし、ロシア人の不安を吹き飛ばすために, 『小さな戦争』を好む」だろう。

繰り返すが、一気に読了した。快作である。
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 神道がいまブームだというが、それは本当なのか?
  「神道は宗教ではない」「量子コンピュータにも通じる」

  ♪
山村明義『日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか』(ベスト 新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

神社はJINJAであって、SHRINEではない。いきなり納得であ る。英語のシュラインは墓地を併設するから「廟」と訳されるべきであ り、日本の神社(JINJA)には遺骨のない神が祭られている。

たとえ神官でも、仏式の葬儀、お寺の墓地に埋葬される。皇族がたは御陵に。

神道は「アニミズム」と定義したのは英国の文化人類学者エドワード・タ イラーだったが、それは「世界各地のアニミズムとは、すべての物や自然 現象に、霊魂や精神が宿るという思考で、『宗教の初期段階』と定義し、 日本の神道も『遅れた原始宗教』というレッテルをさんざんに張られてき ました」

ところが、現代ではタイラーの説は学界で否定され、「すべての物に魂が 宿るような振るまいをするという『量子力学』が広がりつつある」という (57p)

 西欧の古都へ出かけると必ず大聖堂とか由緒ある教会があり、宗教画が 仰々しく飾られ、そして地下がお墓である。
だから、神道は「宗教ではない」と名言を口にされたのは、在日サンマリ ノ大使のカデロ氏であり、ご自身イタリアに『サンマリノ神社』(祭神は 天照大御神)を造営され、しかもイタリア人が日本の神職資格をとって宮 司を務める。
 つまり日本の神道は宗教を超えているのである。
 イタリアでは三島由紀夫の政治論文がすべて翻訳されており、小説もも ちろんすべて、書棚にはムラカミハルキより、作品がならぶ。イタリアの 日本理解は深い。だから前首相のレンツォも伊勢サミットのために来日し たおり、伊勢神宮に参拝し、次のように感想を述べた。
 「このような歴史を持ち、示唆に富む場所で、人間の尊厳を保ちなが ら、経済成長および社会正義のための諸条件をより力強く構築できること を祈念する」

 また近代史の誤解の典型の一つに「戦前の国家神道」説があるが、著者 は「国家神道」なるものが存在しなかったことを縷々説明している。
 いまパワースポットとか、御朱印帳を持ち歩いて、神社をあるいている 若い女性が目立つ。この人たちにも分かりやすく、入門編として読める。 
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)岩波の広辞苑の問題について、ご参考まで。
 辞書とは本来用語の案内書です。だから国際問題では関係国の異なる意 見を紹介することは悪くないでしょう。しかし特定の外国の主張に隷従し 他の関係国の意見を隠蔽するとなると、これはアジビラです。辞書ではあ りません。

岩波は反日出版活動で悪名が高く、ソ連崩壊当時内部に共産党の支部があ るなどと騒ぎになりましたが、今も変わらないようで今回改めて中共の手 先であることがわかりました。 
  
当然、反日解説は今回の項目だけではないでしょう。

日本国民は洗脳されないように広辞苑を有害図書として廃棄し正しい辞書 と交換すべきである。(東海子)



  ♪
(読者の声2)靖国会による靖国神社初詣昇殿参拝が下記の通り1月21 日(日)に執り行われます。本年は初詣昇殿参拝に合わせて、靖国会総代の 田母神俊雄先生の講演会が田母神俊雄講演会実行委員会により開催されます。

                             記 

【初詣昇殿参拝】1月21日(日)12時30分より
※12 時15分までに着座願います ※正午より参集殿にて受付いたします

【田母神俊雄講演会】1月21日(日)13 時より 靖国会館「偕行の間」
【新年懇親会】1月21日(日)15時より 靖国会館「偕行の間」
【参加費】昇殿参拝・講演会 お1人 2000円
新年懇親会 お1人 3000円
【講演会主催】田母神俊雄講演会実行委員会
【講演会協賛団体】英霊にこたえる会、(公財)太平洋戦争戦没者慰霊協 会、JYMA日本青年遺骨収集団、やまと新聞社、田母神事務所、田母神 道場、田母神俊雄後援会東京支部、日本の名誉を守る会、靖国会
【問い合わせ先】沼山光洋(09031052030)
メール yasukunikai@gmail.com



━━━━━━━━━
歳は足に来る(続)
━━━━━━━━━


    石岡 荘十

数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止 まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。


このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを 引くという意味だ。こうなった経緯については前回述べた。今回はその続 編である。


先般、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療を受け、ビッコは解消 し、元通り颯爽と歩けるようになった。


はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆 け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経 の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、針を 数回やってもらったが、はかばかしくない。


血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞 になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞 になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡った ところで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通 常の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテー テルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

8/23、心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看 護婦さんが何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の 陰毛を電気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を 見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを 仕込んだステントがある。ステントはステンレスで出来た金網のチューブ である。

これを狭窄部分まで持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあった ステントの内径も同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内 径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治 療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄 にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

治療を受けた東京女子医大では、ステントを使った心筋梗塞治療が今年す でに数百件に上るのに対して、足に使った症例は筆者でまだ56件目だと いう。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでな く、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とや むを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が 足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやって いるわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とす る研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」とい う試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。が、成 功症例はまだそれほど多くない。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。歳は足にくる。専門の医師を 選んで、治療を受ける必要がある。(再掲)


         

━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の野望の牽制へ十分な抑止力を
━━━━━━━━━━━━━━━━

     
          櫻井よしこ


  「中国の野望の牽制へ十分な抑止力を 現実主義で対峙する日本政府 は評価に値」

中国の実像は、その言葉ではなく行動の中にある。1951年、建国間もない 中華人民共和国はチベットに「17か条の協定」を突きつけた。中国共産党 がチベットを支配するという強硬策の表明だったが、彼らはこうも約束し ていた。

(1)ダライ・ラマの地位及び職権は変更しない、(2)宗教の自由を守 り、ラマ寺廟を保護する、(3)チベット固有の文化、言語、教育を発展 させる。

チベット人懐柔を狙った公約なのだが、周知のように、後にこれらはすべ てが反古にされた。

カリフォルニア大学教授でトランプ政権の通商製造業政策局委員長のピー ター・ナヴァロ氏が、著書『米中もし戦わば』(文藝春秋)で書いてい る。54年、インド初代首相のジャワハール・ネルーは「インドと中国は兄 弟だ」というスローガンの下、相互不可侵条約を結んだ。当時ネルーは友 好の証として両国間に横たわる辺境山岳地帯の地図を周恩来に贈った。

国家機密の地図の贈呈は特別の友情と信頼の表現だ。地図を受け取り、周 はこう述べた。

「中国はこの山岳地帯の飛地やインドの領土に何の下心も抱いていない」

だが2年後、中国は同山岳地帯で横断道路の建設に取りかかった。現在、 両国が激しく領有権を争うインド北部のジャム・カシミール州東端のアク サイチン問題の、これが始まりだった。アクサイチンはスイスとほぼ同じ 面積を持つ重要な戦略地点だ。

さらに2年後、中国の公式地図にアクサイチンが中国領として記載され た。チベットに対する約束もネルーの友情も、中国は無視したのだ。

さて、中国は2017年12月末、南シナ海における埋め立てや建設を「軍事防 衛」のためだと正式発表した。中国政府の特設サイト「中国南シナ海ネッ ト」には、「中国は必要な軍事防衛の強化などのために島嶼の面積を適切 に拡大した」「面積はさらに拡大し、関連設備の配置ニーズはより満たさ れるだろう」などと書かれている(「産経新聞」12月26日)。

中国共産党はもっと島々を奪うと宣言したのである。17年10月の党大会で も習近平国家主席は、南シナ海の埋め立てと建設を自身の第1期、5年間の 功績として報告した。

フィリピンからミスチーフ礁を奪い取った95年当時、中国は嵐で難破する 漁民の避難港建設のためだと弁明した。それが現在は軍事拠点であるとし て誇っている。横暴な国だ。他国の思いも歴史的事実も考慮せず、自らの 言葉を変えるのも平気な国だ。

日本人が覚悟しなければならないのは、南シナ海と東シナ海の運命は重な るという点だ。南シナ海を奪い、軍事拠点とし、これからも奪い続けると 言明する中国は、近い将来、必ず同じことを東シナ海のわが国領海でも行 おうとする。それを阻止する唯一の方法は力を持つことだ。中国のわが国 に対する野望を牽制するのに十分な抑止力、軍事力を持たなければならない。

安倍晋三首相は12月15日、現在改訂作業を進めている「防衛計画の大綱」 について、「従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛 力のあるべき姿を見定めていきたい」と語った。

小野寺五典防衛大臣も同月22日、インターネット配信の「言論テレビ」で 日本への配備を計画する「イージスアショア」をはじめ最新鋭の軍事設備 について語った。米国がイージスアショアの装備と技術を外国に引き渡す のは、日本が初めてだということだ。

政府は年来の専守防衛政策を事実上転換して、相手よりも長距離射程を有 するスタンドオフミサイルの導入も考えている。取れる時には必ず取る中 国の脅威を正確に読み取り、現実主義を以て対峙し、必要な装備を整えよ うとする政府の姿勢を評価する。

『週刊ダイヤモンド』 2018年1月13日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1214 


 
    
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━

 ◎韓国、平昌参加の北に国連制裁抵触する支援の恐れ 過去に多額の資金送金した“前科”も

2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に参加表明した北朝鮮に対し、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権が国連制裁に抵触する支援を行う恐れが浮上している。韓国は五輪を通じ、南北関係の改善を目指しているが、過去には南北首脳会談実現の見返りとして、北朝鮮に多額の資金を送金した“前科”もある。「核・ミサイル開発」に狂奔する金正恩(キム・ジョンウン)政権への支援は、世界の安全保障を危機に陥れる。ドナルド・トランプ米政権は、韓国への監視を強めそうだ。 

「北朝鮮のオリンピック参加によって国連安全保障理事会の制裁が破られないよう、米国は韓国政府の当局者と緊密に協議を行うだろう」

米国務省のヘザー・ナウアート報道官は9日(米国時間)、声明でこう述べ、韓国を牽制(けんせい)した。こんな声明が出されるほど、米国の韓国への警戒心・不信感は強い。

板門店(パンムンジョム)で9日に行われた南北閣僚級会談を経て、北朝鮮は平昌五輪への参加を表明した。参加自体に問題はないが、大会を通じて、韓国が国連制裁に抵触する対北支援を行う懸念がある。現に、南北閣僚級会談の共同報道文には、以下の一文がある。

《北側は平昌冬季五輪に高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣し、南側は必要な便宜を保障することにした》

すでに、北朝鮮への支援を決めたかのような内容ではないか。実は、北朝鮮選手団などの五輪滞在費を支援することが、「国連安保理の制裁決議に違反している」との指摘がある。
 
朝鮮日報(日本語版)は11日、《北朝鮮の平昌五輪滞在費、船舶・航空機提供は制裁違反》という見出しの記事を報じた。

記事によると、過去に北朝鮮が韓国に代表団を送る際、滞在費などの名目で韓国側に現金を要求してきたが、大量の現金を提供する行為は国連安保理制裁で禁じられている。選手団の移動で韓国が専用機や船舶を提供するのも、制裁違反の可能性が高い、との内容だ。

さらに問題となりそうなのが、北朝鮮が平昌五輪に派遣する予定の高位級の代表団だ。

北朝鮮のナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長の可能性が高いとみられているが、同氏は韓国による独自制裁の対象になっている。朝鮮日報によると、韓国政府は「旅行禁止措置ではないので、来るだけなら問題はない」という立場だが、「来韓の事実だけで制裁緩和のシンボルになりかねないとの懸念がある」と伝えた。

高位級の代表団では、北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長の妹、与正(ヨジョン)氏の名前も取り沙汰されている。だが、与正氏は昨年1月、米財務省の制裁対象となった。与正氏の韓国入国を認めれば、韓国への不信感を募らせている米国の怒りに火をつける恐れもある。

「従北」とされる文政権はこれまでも、北朝鮮を利する政策を進めてきた。昨年9月の日米韓首脳会談直前、文政権は北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)相当の人道支援目的の拠出を決定し、トランプ大統領や安倍晋三首相からたしなめられた。

文氏が、正恩氏との南北首脳会談開催に意欲的なのも気がかりだ。

同じ左派の金大中(キム・デジュン)政権時代、南北首脳会談(2000年)前に、韓国の現代グループが北朝鮮に5億ドル(約560億円)を送金し、うち1億ドルが会談実現の対価として、韓国政府が支払ったことが分かっている。また、過ちを繰り返すのか。

米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「金大中政権と文政権は同じ体質だ。北朝鮮は裏で、『平昌五輪』を人質のようにして、韓国に不正送金を要求することも考えられる。米国でも、金大中政権時代の不正送金が繰り返されないよう『財務当局が文政権への監視を強める方針だ』という報道がみられる。米財務省が確実な情報をつかめば、韓国に対して制裁を科す可能性がある」と話した。

「平和の祭典」が、北朝鮮に利用される可能性もありそうだ。

【写真】 北朝鮮包囲網を乱す文大統領(右)にトランプ大統領も厳しい視線を送る(ロイター) 
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180113/soc1801130007-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180113/soc1801130007-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2018.1.13 〔情報収録 − 坂元 誠〕

 ?「ダサい制服」返却拒否=都と事務局、説明相違―観光ボランティア困 惑・東京

デザインが「ダサい」との声が広がり、小池百合子知事の意向で一新され た東京都の観光ボランティアの制服。

昨年、都は新たな制服を配布したが、貸与済みの以前の制服は回収せず、 返却も拒んでいることが分かった。都は「旧制服も使用可能」とするが、 委託を受けた民間業者が運営するボランティアの事務局は「着用は新制服 のみ」と指示。食い違う説明にボランティアからは困惑の声が上がっている。

観光ボランティアは2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、主要駅周 辺などで外国人客らに道案内する事業。舛添要一知事時代の15〜16年、 3000万円を投じてポロシャツや帽子、防寒具を作製したが、「格好悪い」 といった意見が続出した。

舛添氏の辞任による16年の知事選で当選した小池氏は「色がバラバラ」な どと批判し、新調を表明。17年9月、大会のエンブレムと同様に市松模様 を施した新制服を発表した。費用は8000万円で10月以降、2500人分を順次 配布。小池氏は記者会見で「古い物も活用し、無駄にはならない」と述べ ていた。

しかし、複数のボランティアによると、事務局は旧制服を使用しないよう 要請。返却の申し出は受け付けず、「捨てずに個人で保管してほしい」と 告げられた。「いつまでなのか」と尋ねても「分からない」と返答があっ たという。

ボランティアの30代女性は「使わない物を保管するのは負担」とした上 で、旧制服について「本当に無駄にならないのか」と疑問を呈する。70代 男性は「新旧の制服を併用したら観光客は混乱する」と指摘。制服の感想 を問われても答えないよう、かん口令があったことも明かし、「都や事務 局の対応は疑問だ」と訴えた。

 都の観光部は「今後、ボランティアの声を聞いて制服の取り扱いを検討 したい」と話している。 時事通信1/14(日) 7:23配信



 ◎球団統合から14年…近鉄OB会存続ピンチ 近年は参加者減少

近鉄バファローズのOB懇親会が13日、大阪市内のホテルで行われ、OB 会長を務める鈴木啓示氏(70=スポニチ本紙評論家)や楽天・梨田昌孝監 督(64)ら54人が出席した。乾杯のあいさつに立った鈴木OB会長は、 「今年もまた1年、どんなことがあっても、やり抜きましょう!」と呼び 掛けた。

04年オフの球団統合から14年が経過。1949年の球団発足後に誕生した同会 だが、近年は参加者が減少傾向にあるなど困難な状況が続く。資金面の問 題などもあり、存続自体が危ぶまれている。

 鈴木会長はこの日、開会の約1時間前に会場入りし、元外野手でOB会 の幹事長を務める藤瀬史朗氏(64)らと今後の同会の運営について協議。 「球団がなくなりOB懇親会に入ってくる人がいないわけで、毎年人数は 減っていく」と現状を説明した上で、「それでも、球団がなくても、会を 続けるということは貴重なこと。あと2〜3年は我慢して、会のみんなで しっかりやっていく」と今後も継続する構えを改めて示した。
スポニチアネックス1/14(日) 6:30配信


 ?スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下

■道交法改正案、今国会にも 高齢者・家族ら指導規定新設

 携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府 が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。改 正法案は高齢運転者による事故割合が増加している現状を踏まえ、都道府 県公安委員会が本人や家族らからの相談に対し情報提供や助言、指導を行 う「安全運転相談」に関する規定も新設する。早ければ22日召集の通常 国会に改正法案を提出する。

  ◆取り締まり年100万件

 改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰 則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1 年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通 違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制 度の対象から除外する。

さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰 金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

 交通死亡事故のうち75歳以上の運転者による割合は、平成18年には7・ 4%だったものが、28年には13・5%へと高まった。それぞれの地域・個 人の事情に応じた運転に関する相談の充実・強化が課題となっており、道 交法に「安全運転相談」を新たに明記して相談に応じていく方針だ。

 政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普 及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起き る事故が、大きく増加しているためだ。携帯電話使用などが原因の交通事 故件数は23年は1557件だったが、28年には2628件を数えた。

 運転中の携帯電話使用の取り締まり件数は毎年約100万件規模で推移 し、28年は全体の交通取り締まり件数の約14%に上った。内閣府が昨 年8〜9月に実施した調査でも、「ながら運転」の経験がある人は13% に上る。

 同調査で使用防止の対策(複数回答可)を尋ねたところ、「厳罰化や違 反点数の引き上げ」と「警察の取り締まり強化」が50%以上となってい た。産経新聞1/14(日) 7:55配信



 ◎大久保通りに多少の変化が:前田正晶

今頃になって12日のことでもあるまいが、暖めておきながら書き漏らして いた材料だった。12日は午後から7度以下とかいう気温の中を、大久保通 り2丁目のHクリニックまでプラセンタエキス注射の注射に出掛けた。予約 が午後の3時とあっては寒さも一入だった。そこで、今年になってから購 入したユニクロの「超極暖」の下着の上下に身を固め、その上にウールの セーターとダウンジャケットという鉄壁の備えで外に出た。

余談だが、これまでに経験した低温は1月の札幌での−10度と、2月のソウ ルの市内観光で経験した思いがけなった−6度であった。だが、病み上が りの後期高齢者には悲しいかな+7度でもとても厳しいと感じられたの だった。

今年になって初めて歩いた大久保通りは、金曜日の午後とあっては若い女 性たちで予想以上の賑わいだった。彼女らの狙いは化粧品その他のようだ が、何でこんな店の前で並ぶのかと思うところにも集まっているのだ。

彼女らにとっては不届き至極な文在寅大統領の言動などは眼中にはないよ うで甚だ遺憾である。特に、つい先頃何処かのテレビ局で採り上げた 「チーズタッカルビ」(これだけで何のことかお解りであれば、相当な Koreatownであると思う)の店などはかなりの人気の様子だった。

念の為に解説しておけば「タッ」というのは鶏のことで、「テジ」という のがブタである。即ち、鶏肉のカルビにチーズが絡ませてある料理のこと らしい。韓国人はこの界隈ではなりを潜めていたように思われていたが、 新手で巻き返しを図っているようだ。家内とは一度試してみるかとは話し 合ったが、今更後期高齢者が若い女性たちの中に出ていく幕でもないよう な気がする。

クリニックから我が家まで歩いても15分程度だが、その間に何組かのガラ ガラを引き摺って歩いている集団に出会った。彼らの顔付きと言語からは 中国から来たらしいと判断できるが、未だに彼らは何かを求めてこの街に やってくるようだ。中にはスマホを見ながら道順を確かめ合っている連中 もいたことから考えれば、東京に来る為のGPSというかICT化が進んでいる のかと思えた。

政府は訪日外国人が3,000万人に迫り前年対比で大幅に伸びたと喜んでい るようだが、この界隈にトローリーケースを引き摺ってくるような連中が 我が国の景気というかGDPに貢献してくれるとは到底思えない。

総理でも官房長官でもとまでは言わないが、せめて国会議員か誰かが一度 でも良いからイスラム横町でもチーズタッカルビ店でも視察されてみたら どうだろう。河添恵子さんから改めて「国家総動員法」の解説でも聞かれ たらどうだろうと考えてしまう。

私はあれほど中国人の流入を歓迎する必要などないと思う。

そんなことを考えながら途中で買い物をして20分ほど歩いて帰宅したら、 ユニクロのお陰か少し汗ばんでいたほど体が温まっていた。2枚で税込み ¥4,300ほどの投資は無駄ではなかったようで、一安心だった。


 ◎焦点:消えぬ米朝戦争懸念、トランプ政権にくすぶる先制攻撃論
By John Walcott and David Brunnstrom

[ワシントン 11日 ロイター] - 平昌冬季五輪の来月開催を控えた 韓 国と北朝鮮が今週2年ぶりに行った南北会談によって、北朝鮮による米 国を射程に収めた核ミサイル開発を巡る戦争の脅威は、ひとまず緩和された。

だが、緊張緩和は長続きしない可能性がある。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働 党委員長は、米国の要求に屈し、自らの生き残りに不可欠だと考える兵器 プログラムの放棄交渉に応じる構えを全く見せていない。

9日に行われた南北会談によって、各国の発言は和らいでいるものの、ト ランプ大統領を含めた米政権内の強硬派は依然として、これが事態打開に つながる可能性を悲観している、と米政府高官は指摘する。

ここ数日のメディア報道によれば、正恩氏の考えを改めさせるため、戦争 に発展するリスクがあっても、北朝鮮に対する限定的な先制攻撃を検討し たいとの考えをトランプ大統領が抱いていることを複数の政府関係者が明 らかにしている。

だが、米政権内部で意見は割れている。

マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は大統領側近の中で最も 声高に、より積極的な軍事的アプローチを主張。一方、ティラーソン国務 長官やマティス国防長官、米軍指導部は、慎重に外交選択肢を尽くすべき だとの立場をとっている。政府高官5人が明らかにした。

ホワイトハウスの米国家安全保障会議(NSC)担当者は、トランプ政権 が「軍事面と非軍事面の双方で、常にさまざまな選択肢を検討している」 と述べたが、側近間の意見相違については発言を避けた。

米国防総省は内部の議論についてコメントを避けたものの、広報担当者 は、マティス長官が公の場で、北朝鮮危機への対応は外交主導だと発言し たことを指摘。国務省は、軍事的選択肢の後ろ盾を持ちつつ外交を追求す る必要がある、とのティラーソン氏の発言に言及した。

強硬派のシナリオによれば、北朝鮮の体制を転覆させるためではなく、正 恩氏に道理をわきまえさせるために、1カ所の目標に対して限定的な攻撃 を行うことが可能だという。政権転覆には、北朝鮮の唯一最大の同盟国で ある中国の同意が得られないという。

「トランプ大統領は、金正恩氏が唯一理解し尊重するのは、顔面へのパン チ一発だと確信しており、過去の米政権は、それを実行する勇気に欠けて いたと考えている」と米政府高官は語った。

「少なくとも、先制攻撃について中国に事前警告すれば、中国政府は正恩 氏に米国を脅かすプログラムの停止を強制しようとするだろうと考えてい る」と、同高官は述べた。

政府内の議論に詳しい人々によるこうした暴露が、北朝鮮指導部を脅か し、戦略の転換を促すための単なる心理戦争なのか、それともトランプ大 統領の真剣な意図を反映したものなのかは、定かではない。

しかし、今回の南北会談や2月開催される平昌五輪を踏まえ、今後より攻 撃計画に注力すべきかの米政権内の議論はその勢いを失いつつある。北朝 鮮は、冬季五輪に選手団を派遣すると表明した。

北朝鮮が、外交対話の機会を利用して、米韓両国のあいだにヒビを入れよ うとしているだけで、真剣に交渉する意図はないと語る政府高官も複数い る。1950─53年の朝鮮戦争は平和条約ではなく停戦協定で終結した ため、米韓両国と北朝鮮は厳密には、まだ戦争状態にある。

<「この先どうなるか、誰にも分からない」>

トランプ大統領の南北会談に対する公式反応は、おおむね好意的だが、時 に懐疑的な口調も混じる。

「この先どうなるか、誰にもわからない」。韓国の文在寅(ムン・ジェイ ン)大統領との電話会談を終えたトランプ大統領は10日、そう記者団に 語った。文大統領は、長年北朝鮮との対話を主張。首都ソウルは、大規模 な軍事衝突が起きれば大きな被害を受けるとみられている。

この数カ月、正恩氏と互いに侮辱と脅迫を繰り広げてきたトランプ大統領 は、11日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビュー で、「おそらく非常に良い関係を築いている」と発言。

正恩氏と話したかどうかを問われると、「コメントしない。したとも、し ていないとも言わない」と述べ、詳細な言及を避けた。

米政権は今週、閣僚級会議を開き、経済面と軍事面で北朝鮮対応の選択肢 を詰める予定だった。

だが、この会議は平昌パラリンピックの3月閉幕後に延期された。今回の 南北会談や、来週カナダのバンクーバーで予定される北朝鮮問題を巡る 20カ国の外相会合を踏まえた対応だという。

バンクーバーの会合は、米国主導で北朝鮮に対する国際圧力の強化を目指 すもので、昨年11月末に北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射 実験を行った直後に米政府が開催を発表していた。

北朝鮮が新たな実験を計画しているという情報機関の「確度の高い」予測 をもとに、同国の核やミサイル施設に対して爆撃を行うことが選択肢の1 つにある、と米高官は語った。北朝鮮がICBMに燃料を注入していると いう証拠が、このような攻撃に引き金になると考えられるという。もう一 つの選択肢は、北朝鮮の実験を受けて、ICBMや核施設に対する報復攻 撃を行うことがあると指摘する。

複数の高官によると、マクマスター大統領補佐官は、米国の攻撃は1つの 標的に限定され、正恩政権の転覆を狙った作戦の第1段階ではないことを 中国に請け合えば、全面戦争は避けられると主張したという。

中国の政治専門家は、たとえ限定的な攻撃であっても中国は反対している と指摘。しかし、カーネギー清華グローバル政策センター(北京)の北朝 鮮専門家Zhao Tong氏は、もし北朝鮮が核を搭載したICBMを太平洋に 発射したり、グアムに向けてミサイルを発射したりすれば、中国も態度を 変える可能性があると話す。

トランプ政権による軍事的選択肢を巡る議論は、中国とロシアを追い込ん で北朝鮮への圧力をかけ続けさせるための「心理ゲーム」だと中国は受け 止めているが、同国は万が一に備えた危機対応準備も進めていると、Zhao 氏は言う。「もしトランプ大統領が本当は軍事攻撃を真剣に考えていな かったとしても、計算ミスや、北朝鮮が過剰反応する危険は常にある」

韓国政府は米軍による攻撃の可能性は低いと考えている、と同国の政府高 官は話す。

「トランプ大統領は、その結果、何が起こるかを知っている。いろんな省 や部署から、攻撃がもたらす損害や犠牲者数について説明を受けている」 と、この高官は話した。

米国務省では、軍事行動は、それ自体が抱える巨大なリスクに見合わない との見方が大勢だという。とはいえ、「われわれの国益にかなう利益を、 われわれが許容できる範囲のコストで達成できる軍事オプションもある」 とある政府高官は語った。

米情報機関は、米政府が自身の転覆を狙っており、それを防ぐには核保有 しかないと正恩氏が信じているとの見方で一致している。

ある日本の与党議員は、核保有国として認められたい北朝鮮と、それを拒 否する米国との距離が、南北会談で縮まることはないと考えていると話し た。「五輪の後が、危ないかもしれない」と同議員は語った。

(翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

【写真】1月11日、平昌冬季五輪の来月開催を控えた韓国と北朝鮮が今 週2年ぶりに行った南北会談によって、北朝鮮による米国を射程に収めた 核ミサイル開発を巡る戦争の脅威は、ひとまず緩和された。写真はトラン プ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩氏。2017年9月撮影または発表 (2018年 ロイター/Kevin Lamarque, KCNA/Handout via REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-usa-idJPKBN1F10L5
【Reuters】2018年1月13日 / 08:44 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎紀子妃の恍惚とジェラシー他:前田正晶

週刊新潮は書いた:

13日の産経新聞の花田記凱の「週刊誌ウオッチング」には「今、こういう タイトルでこういう記事が書けるのは『週刊新潮』をおいて他にはあるま い。彼は1月18日迎春増大号のトップ「職員ご叱責の心因は『雅子皇后誕 生』!紀子妃の恍惚とジェラシー」と紹介していた。

それではとばかりに読んでみると、「なるほど、良くもここまで言えたも のだ」と感心する以外ないほど、多くの人というか何処かで誰かが考えて もとても言い出せる勇気が出ないような内容だった。この辺りまでに止め るが、興味を感じた方は今からでもお遅くはないかも知れないから、コン ビニにでも走られたら如何か。

野外便所はFake news:

国際政治学者・藤井厳喜は「我が国のマスメディアはアメリカの反トラン プのメデイアが垂れ流す fake news をそのまま流すだけでトランプ大統 領が如何にも駄目なように報じている」と指摘していた。そこに今回のハ イチを批判した如何にも「野外便所」と言ったように報じていた。私の耳 には shithole と聞こえていたのだったが。

実は正直に言ってこの言葉を聞いた記憶はなく意味を類推するしかなかっ たが、どう考えても「野外便所」とは解釈できなかった。そこで、検索を してみると「英字新聞社勤務」という方のブログには「野外便所は誤訳 で、薄汚い奴らとでも訳すべきでは」とあった。

念の為に、shithole をOxfordで見れば a very dirty or unpleasant
place とあって、何処にも野外便所などとは出ていないのだ。朝日新聞が fake を流したのは仕方がないが、産経まで同調することはなかったと思う。


ICAN:

ノーベル平和賞を受賞したグループのことらしい。その事務長だったかの BeatriceFihnというスエーデンの方が長崎を訪れた。ICANとは International Campaign to Abolish Nuclear Weaponsの略称のようだ。 何処かに末尾のWeaponsが飛んでしまったようだ。日本語では「核兵器廃 絶国際キャンペーン」となるようだ。

私は正直なところ、こういう運動をすること自体は否定しないが、余り好 感は持てないのが残念だと思う。フィン女史は「日本の核兵器廃絶協定だ かに署名せよ」と演説をされたそうだ。ニュースではそこだけ流れたので 全体は解らないが、我が国が如何なる理由で批准だか署名だかをしないこ とくらい、フィン女史はお解りの上で言ったのだと勝手に解釈している。

こう言うことを我が国にわざわざお出でになって言う必要があるのかとで も言いたいような気がする。現今の国際情勢であれば、DPRKに赴かれて金 正恩を説得されれば如何と申し上げたくなる。

我が国にとってはDPRKの脅威の方が一層の重大な案件だと思うのだ。だ が、こういう運動をすることは持て囃される世の中というか国際情勢でも
あるようだ。


 ◎大久保通りに多少の変化が:前田正晶

今頃になって12日のことでもあるまいが、暖めておきながら書き漏らして いた材料だった。12日は午後から7度以下とかいう気温の中を、大久保通 り2丁目のHクリニックまでプラセンタエキス注射の注射に出掛けた。予約 が午後の3時とあっては寒さも一入だった。

そこで、今年になってから購入したユニクロの「超極暖」の下着の上下
に身を固め、その上にウールのセーターとダウンジャケットという鉄壁の 備えで外に出た。

余談だが、これまでに経験した低温は1月の札幌での−10度と、2月のソウ ルの市内観光で経験した思いがけなった−6度であった。だが、病み上が りの後期高齢者には悲しいかな+7度でもとても厳しいと感じられただった。

今年になって初めて歩いた大久保通りは、金曜日の午後とあっては若い女 性たちで予想以上の賑わいだった。彼女らの狙いは化粧品その他のようだ が、何でこんな店の前で並ぶのかと思うところにも集まっているのだ。

彼女らにとっては不届き至極な文在寅大統領の言動などは眼中にはないよ うで甚だ遺憾である。特に、つい先頃何処かのテレビ局で採り上げた 「チーズタッカルビ」(これだけで何のことかお解りであれば、相当な Koreatownであると思う)の店などはかなりの人気の様子だった。

念の為に解説しておけば「タッ」というのは鶏のことで、「テジ」という のがブタである。即ち、鶏肉のカルビにチーズが絡ませてある料理のこと らしい。

韓国人はこの界隈ではなりを潜めていたように思われていたが、新手で巻 き返しを図っているようだ。家内とは一度試してみるかとは話し合った が、今更後期高齢者が若い女性たちの中に出ていく幕でもないような気が する。

クリニックから我が家まで歩いても15分程度だが、その間に何組かのガラ ガラを引き摺って歩いている集団に出会った。彼らの顔付きと言語からは 中国から来たらしいと判断できるが、未だに彼らは何かを求めてこの街に やってくるようだ。

中にはスマホを見ながら道順を確かめ合っている連中もいたことから考え れば、東京に来る為のGPSというかICT化が進んでいるのかと思えた。

政府は訪日外国人が3,000万人に迫り前年対比で大幅に伸びたと喜んでい るようだが、この界隈にトローリーケースを引き摺ってくるような連中が 我が国の景気というかGDPに貢献してくれるとは到底思えない。

総理でも官房長官でもとまでは言わないが、せめて国会議員か誰かが一度 でも良いからイスラム横町でもチーズタッカルビ店でも視察されてみたら どうだろう。河添恵子さんから改めて「国家総動員法」の解説でも聞かれ たらどうだろうと考えてしまう。

私はあれほど中国人の流入を歓迎する必要などないと思う。

そんなことを考えながら途中で買い物をして20分ほど歩いて帰宅したら、 ユニクロのお陰か少し汗ばんでいたほど体が温まっていた。2枚で税込み ¥4,300ほどの投資は無駄ではなかったようで、一安心だった。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━
15日の東京湾岸は快晴、爽快。

82歳2日目の東京湾岸は快晴、爽快。家人に乗ってもらった車椅子にす がって公園を1周。

14日はかつてNHK大阪局に勤務し、リタイヤした現在は東京に在住する者 たち10人近くが正午から銀座で一杯やる。昼酒は効くから後が心配だ。

この日は好きな大相撲の中継放送が始まるから焼酎はほどほどに抑えな いと、とこころして出かけた。


                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/15

    近年はげしさを増している世界権力争いが、今週からさらなる重大局面に突入する。そこで焦点となってくるのが、近く上海国際エネルギー取引所(INE)の「人民元建て原油先物取引」が開始されるにあたり(中国の界面新聞は、取引は1月18日に開始されると伝えている)、実際に香港や上海の取引所で人民元を金(ゴールド)と交換することが可能になるのかどうか。つまりは、「金本位制人民元の国際決済システムが誕生するのか否か」だ。



    既に、ロシアやイラン、カタール、ベネズエラ…等々の原油輸出大国は米ドル以外の通貨で原油を取引すると発表、世界最大の原油輸入大国である中国も人民元で原油代金を決済するよう、それぞれ輸出元の産油国と契約を交わして いる。そして何より、世界中の金(ゴールド)の大部分を保有している国々 (ロシア、中国、スイス、インドネシア、タイ…など)は、以前から連携をして「金本位制の国際決済システム」の構築をずっと目指してきた。



    この状況下で「金(ゴールド)と原油と人民元」が連動すれば、1973年以降、欧米勢の権力基盤として維持されてきた「石油本位制ドル」の国際的地位は確実に脅かされる。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kosugetsutomu/20180109-00080211/

  • 名無しさん2018/01/15

    酒井千佳は姫路藩主の酒井?

  • 名無しさん2018/01/15

    女優もできそう

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi-charifuchivicky/search?q=%E9%85%92%E4%BA%95

  • 名無しさん2018/01/15

    隠岐の島は、後鳥羽天皇・上皇、後醍醐天皇と言った流れを引いているので、尊皇の島、尊皇の民という自覚がずっとある。



     中沼了三と言う明治維新の時の儒学者がいます。この方は、孝明天皇、明治天皇の2代に渡って儒学を教えた天皇家の家庭教師です。孝明天皇から明治天皇へ移る時を目のあたりにしています。



     戊辰戦争(1868-69年)があり、ここで鳥羽街道に錦の御旗がひるがえります。この時の参謀総長が中山了三です。



     宮内庁の運転手が、昭和天皇をお乗せしたときは、現人神の流れですから、息をするのもはばかれるような緊張感の中で御料車を運転したけれども、今上天皇になられてからは人間をより感じるような中で仕事が出来たということを生前に語っていたのを思い出しています。



     出雲の国の延長としての隠岐と思えるかもしれないが、むしろ、出雲と隠岐は敵対してきた歴史もある。古地図を遡っていくと、隠岐はどんどん大きく描かれている。古代の印象がそうさせている。しかし、何故か隠岐は神様から隠されてきた。



     隠岐の秘密とは何か? 

    隠岐は全国の離島の中で別格で豊かです。隠岐は水の島、水が溢れ返っている島です。コメを一番贅沢に使う大吟醸酒さえある。



     歴史の教科書で、隠岐と言えば後鳥羽上皇や後醍醐天皇が流された島と思い出す。当時の一番の大罪は国家転覆罪、政治犯です。政治犯は貴族・皇族はみんな流される。後鳥羽上皇に至ってはここで生涯を全うした。後醍醐天皇は1年ほどでここを脱出して、建武の中興(1333年)という天皇親政を敷く。



     流されたよいっても、地方に天皇以上の権威はどこにもないので大事にされます。あちこちから船を使っていろいろな海の民、山の民が渡ってきて、天皇の命令を綸旨の形で持って全国に散っていく。



     隠岐は4つの島があって、全体が隠岐です。島前(どうぜん)、島後(どうご)というエリアがありますが、島後の話を中心にします。



     島後には沢山の神社があります。神様と言うのはイザナギの命の禊から始まる忌み穢れを嫌うというのもありますが、同時に、「神道は人が死んだら神になる」という教えが身についている。仏教だと1年経ったら、1周忌と言うが、神道の場合、1年経ったら1年祭、お祭りなのです。1年祭で正式に神様の仲間入りをさせてもらうという印象です。いわゆる忌明け、神道では50日祭と言うのが仏教の49日に当たる。



     隠岐は、西日本最大の黒曜石の産地だった。石器時代から縄文時代にはそれを宝の石としていました。しかも、水と食べ物が豊かな島だった。隠岐はどこよりも発展しただろうということは想像にかたくない。



     隠岐は地震がない。



     日本列島の中で一番古い岩石は、岐阜県の飛騨片麻岩と言う深成岩です。隠岐の岩石はこれに次ぐ古さです。隠岐は古い島であるということを申し上げておきたいと思います。

  • 名無しさん2018/01/15

    金融システムの支配権、すなわちこの惑星の未来を巡って現在続けられている戦争は、危険なクライマックスに到達しかけている。



     中でも最も重要なのは、米軍が先週スペースX社を使って自分たちのズマ極秘衛星を打ち上げながら、ドナルド・トランプ米大統領と彼の元相談役スティーブ・バノンの間の偽の確執話で世界の注目を逸らした点だ。

    http://www.chicagotribune.com/news/nationworld/science/ct-spacex-secret-satellite-20180107-story.html



     【後日談:打ち上げられはしたけど、結局軌道に乗れずに失敗しました。】



    この電磁パルス(EMP)衛星は、米国政府の1月31日の債務期限が迫る中で打ち上げられたものであり、対北朝鮮で使用されるだろう。北朝鮮は傀儡なのであって、EMP攻撃で影響を受けるには全くもってアナログ過ぎるので、どう見てもこれは、米国を空洞化し中国を築き上げたスイスの管理人らに向けられた回りくどい脅しだ。



    この西洋の秘密政府は、大掛かりな地政学的イベントの時期を決めるのに天体の動きを使う、という点に留意しておいて欲しい。そして1月31日が150年ぶりのブルー・ムーンとスーパームーンと月蝕の組み合わせになる予定だという点も。







    天体のイベントは横に置いておくとしても、ロシアやベネズエラやイランといった主要な石油輸出国がオイルダラー・システムを経由せずに石油を売るようになり、昨今の米国のオイルダラー・システムは死の危機に瀕している。



    イランやベネズエラの政権を交代させようという米国の諜報機関の試みは今のところ失敗しており、カタールやインドネシアといった其の他の主要なエネルギー輸出国に自分たちもオイルダラーシステムを回避してみようかと勇気づけている始末だ。おまけに1月1日、ロシアが新たなパイプラインで中国への石油供給量を倍にしたときた。



    パキスタンもこの旧体制に深刻な打撃を与えた。140万のアフガニスタン避難民を追放し、中国に軍事基地を作るよう招致する傍ら、二国間貿易では中国元を使うと発表したのだ。これはアフガニスタンからのヘロイン収入が危ぶまれるということだ。オイルダラーというのはより正確に言えば「オイル‐麻薬‐ダラー」なので、これまた旧体制にとって大打撃である。



     





    以上を背景に、中国は1月18日を中国元と金(きん)建ての石油先物取引の開始日と見做している。



    「金融システムをシャットダウンする」ためにバックドアが使われるなぞと言っているのはこれが原因だ。



    この流れにおいて、先週イランの石油タンカーが上海沖で火災を起こしたのも注目に値する。おそらくは米国の軍産複合体による、自分たちは依然として中国のエネルギーの大半を遮断することが出来るのだぞと知らしめるための、中国に対する回りくどい警告だった可能性が最も高い。



     言い換えると、彼らは中国に対して、新しい金融システムについての最終合意がまとまるまで、勝手に旧い金融システムを挿げ替えるような真似は控えろと言っている訣だ。







     一方、今や米国における悪魔崇拝主義のハザールマフィアの上層部はその大半が滅ぼされたことを受け、良識派が欧洲の小児性愛者やハザールマフィア連中をふん捕まえては、ディエゴガルシア島の米軍基地へと連行している。



    現在ジュリアン・アサンジは米軍の保護下にあり、米軍や諜報機関の良識派に対して使える情報を提供した。例えば、「人身売買を阻止するため少なくとも7つの……輸送コンテナ」を追跡するのに、彼ら米軍は今やネイビー・シールズ【米海軍特殊部隊】を使っている。



    ハザールの奴隷商人どもに対するキャンペーンとしては、『マクフィア』というBBCのミニ・シリーズの第二話でロシアや東欧の女性たちがエジプト経由でイスラエルへと人身売買されていた。



    この番組が放送されるや否や、エジプトは人身売買で75人を一斉検挙した。またイスラエルの犯罪首謀者モシェ・ハレルが世界規模の人間の臓器売買ネットワークを運営していたとして先週逮捕されている。

    http://www.arabnews.com/node/1220266/world



     【※ロシア大使館がクレーム入れて、更に話題沸騰のBBCドラマ。】







    またハザール系ヘッジファンドとそこで働く運用担当者連中に対しても、大掛かりな攻撃が行われている。ヘッジファンド会社ブリッジウォーター・アソシエーツの重役ブルース・スタインバーグを含むハザール10人が“コスタリカでの飛行機墜落”とやらで死んだ。



     元FBI長官ジェームズ・コーミーもかつてブリッジウォーターで働いていたことがあるが、これはシャドー・バンキングをやっている影の銀行家たちとそこに投資する連中へのメッセージなのではないだろうか。

     つまり先のハザール系ヘッジファンドとそこで働く運用担当者連中全体に対する警告だった可能性が高い。



     ヘッジファンドとイスラエルの不正資金に対する攻撃は続く。オクジフ社の重役マイケル・コーエンがアフリカでの詐欺行為で起訴されたし、彼は制裁が課されたイスラエル人のダン・ガートラーへと繋がっている。







     一方の米国国内では、不正選挙調査委員会の作業が現在進められている1万件以上の極秘起訴に帰結し、ドナルド・トランプ大統領が委員会を解散させた。



    ヒラリー・クリントンのウラニウム・ワンやクリントン財団やメール疑惑は、公的捜査がなされることをFBIと司法省によって正式に発表され、今や殆どの主要な企業プロパガンダ・メディアで報道されるようになった。彼女のニューヨークの家で一連のファイルやコンピューターを焼き払ったせいで、ヒラリーは反逆罪により死刑にされるかもしれない。



     実のところ、ヒラリーや其の他大勢は反逆罪だけでなく、大量殺人でも死刑になるべきだ。もし当該捜査が本物ならば、ハイチ沖であの国の津波と地震を引き起こすために使われた水中核兵器の件へと繋がることだろう。



    そうなるとお次は、福島の核兵器および津波による大量殺人という日本への攻撃に、大手メディアと呼ばれる連中の注目をようやく集めることが出来るだろう。これで長らく待たれた、日本の奴隷政治家と奴らを操るハザールの御主人様どもの粛清へと不可避的に繋がっていくことだろう。







    日本に対する福島攻撃は、ロスチャイルド家と奴らの隠されたスイスの御主人様どもがアジアの拠点を東京から北朝鮮へと移すための計画の一部だった。当時の首相菅直人は、あの“災害”の直後、東京から朝鮮半島へ4千万人を避難させるように追い込まれていたと公けに発言している。



     

     過去にロスチャイルド家の一員が語ったところによると、第二次世界大戦中の日本の主な役割は、世界の金融システムにおけるハザール支配を確固たるものとするため、アジアから金塊を盗むことだったそうだ。



     

     バチカンとカソリックが全てを理解する鍵だ。







    ハザールマフィアと懇意にしているアジアの指導者、マレーシア首相ナジブ・ラザクが既に逃亡する準備を固めている。



    これは非常に重要です:

    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-07/malaysian-opposition-picks-92-year-old-mahathir-to-fight-najib









    ナジブは野党がマハティールを次期選挙で首相候補として任命したことについてまだコメントを発表していない。ナジブ首相は今週、サウジアラビアを訪れる予定である。







    ナジブはサウジアラビアに亡命しようとしている。彼はマレーシアに戻って来ないかもしれない。追い詰められているのだ。奴はマレーシアから50億ドル以上を流用しており、事情通なら誰もが気が付いていることだ。





     

    ナジブはサウジアラビアとゴールドマンサックスが関与する消えた資金スキャンダルの渦中にいるのだ。奴は消えたマレーシア航空370便と17便の重要参考人でもある。



    とはいえナジブがサウジアラビアで本当の避難先を見つけるのは無理だろう。奴のかつての共犯者たちが粛清され、あの政権はもうその支配下にはないのだ。今や米軍がサウジアラビアを事実上支配している。



    その代わりにウクライナでの保護を求めることは可能かもしれないが、あそこのハザール犯罪政府もそれほど生き長らえることはあるまい。何故なら、ロシアを挑発する手助けをしてくれるだろうとウクライナが期待していた東欧の国々の大半が、ハザールのファシスト的なEU計画から距離を置き始めているのだ。



     何百万人もの若い独身のムスリム男性を欧州へ運び込もうという計画に対し、16の東欧諸国が拒否したというところからも窺える。





     以前はEUの砦であったドイツでは、国粋主義者たちが擡頭しており、占領政府による70年を経て、再び独立を要求している。西洋で権力の座についた中では最も上位のハザール血族アンゲラ・メルケルは、反血族主義のグノーシス・イルミナティから退陣するよう言い渡された。



     メルケルが率いる政権がドイツの舵取りをあそこまで誤ったせいでドイツ人の出生率は急落し、ドイツ人および国自体の長期生存が危ぶまれているのだ。



     

    ヨーロッパの上位のハザール勢の引き渡しが開始されたからには、メルケルが権力の座にしがみついていられるのもあと僅かだ。既にブリュッセルのEU本部からは多くの人物が消えた。イタリアやスイスでも人々と連絡が取れなくなっていっている。



     

  • 名無しさん2018/01/15

    社民党 まさかの党首候補ゼロ  

    どうでも良いけど、極左と手を切れ!

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53265774.html

    山形弁護士会

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/11/2243-%e3%82%89%e7%89%b9%e9%9b%86%e5%b1%b1%e5%bd%a2%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e4%bc%9a%e2%91%a0/

    【北朝鮮による日本人拉致】拉致問題啓発ポスターが何者かに拉致されました!【津川雅彦さんを返せ!】

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/02340a89ab9aa3ba1d21d7d21081eb46

    朝鮮人を相手の約束なれば、最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ

    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-246d-2.html

    モンサントが遺伝子改変技術「CRISPR/Cas9」使用権ゲット

    https://www.gizmodo.jp/2016/09/monsanto-got-access-to-crispr-cas9.html

    「武器持たない戦争を仕掛けられている」 産経新聞編集局編集委員の宮本雅史氏、外国資本による土地購入の現状を語る

    http://www.sankei.com/affairs/news/170826/afr1708260003-n1.html

    ジュジュタケシ

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj1sZnXw9TYAhUGvrwKHePAACkQ_AUICygC&biw=960&bih=453

    Kギルバード「慰安婦問題は終わってる話!不可逆的という言葉が韓国語にないんですか?」

    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1069273949.html

    山本太郎議員☆水道事業の民営化の恐怖

    http://pandora32.blog.fc2.com/blog-entry-7703.html

    大杉勝男は脅威のスラッガー!成績は?引退での名言も

    https://bbcrix.com/articles/9402/original

    三橋貴明のジレンマ / 弁明と復活の狭間で

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68695235.html

    ・日本人が、隕石を破壊するレーザー作製に成功する

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-72d4.html

    紫禁城の黄昏

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3635.html

    元祖、アイドル女優。

    http://blog.goo.ne.jp/mangaziro/e/bc23affb40240c0ceb840b110d417a4c

    生駒里奈

    http://livedoor.4.blogimg.jp/netaatoz/imgs/1/8/18c6a58b.jpg

    李容洙という証言がコロコロ変わる元慰安婦は一体何者なのか?

    http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/52778489.html

    ハリー・B・ハリス・ジュニア

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2

    「夫婦別姓って何?」 反対派のための反論ネタ(35) 

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10492388282.html

    筑波大産学ベンチャー・つくばブレーンズ破産で臍帯血800献体がブローカー・セルズアンドセルズへ 

    https://ameblo.jp/socbhe2/entry-12308320283.html

    論理的思考を持つことが不可能な、成りすましあちら側の男性方。

    http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-743.html

    ●ウルムチ

    http://zion1.matrix.jp/silkroad/silkroad10.html

    小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(48) 

    http://nittablog.exblog.jp/13556099/

    武田邦彦 サラダ油は毒!コレステロールは体に悪いは嘘!メディアと企業の責任。善玉悪玉コレステロール

    http://true-health2.com/archives/191

    まさに医薬ファシズム、イタリアワクチン強制の中身

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1817

    今日、脅されました。予防接種を打たないと・・・in保育園にて

    http://laurentiangoldfields.com/archives/351

    禍は足るを知らざるよりも大なるはなし

    https://ameblo.jp/chausuyama/entry-12084073178.html

    外資系(仏)企業がついに日本の「水道事業」参入へ

    https://matome.naver.jp/odai/2133273543183843601

    夜の落書き「花子さんと再会」 

    http://tudurogosi.hatenadiary.jp/entry/2015/09/29/214559

    「走りながら」から「歩きながら」へ

    http://www.pol.gp.tohoku.ac.jp/~hanawa/ori/contents/020.html

    ワクチンは百害あって一利なし 予防接種を勧められたら確認すべき20項目

    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=310794

    諸悪の根源マンセー日弁連13

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/01/2151-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a3%e2%91%ac/

    【慰安婦像の真実】実は慰安婦がモデルではない?米兵に轢き殺された少女の像だった可能性。韓国ならやりかねない【知らなかったらシェア】

    https://samurai20.jp/2018/01/kolie-48/

    地獄の李氏朝鮮

    http://22448866.seesaa.net/article/376827356.html

    恩を仇で返す人の心理とは?

    https://ameblo.jp/andante-inc/entry-11889886343.html

    ギタリスト・村治佳織の瀬戸内紀行「ギターと温泉と漱石と」

    http://www.tfm.co.jp/setouchi/article/article_20170225.php

    ‘ユダヤ人’の定義を混乱させるハザール問題

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72224600.html

    「大難を小難に小難を無難に」とは、誰が言った名言でしょうか?

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1389178388