政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4569 号  2018・1・8

2018/01/08

□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4569号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月8日(月)成人の日



          感動できない「君の名は。」:馬場伯明

         パキスタンに中国軍基地を建設へ:宮崎正弘        
                      
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4569号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
感動できない「君の名は。」
━━━━━━━━━━━━━


       馬場 伯明

劇場公開から1年4ヵ月後の2018/1/3、アニメ映画「君の名は。」(新海誠 監督)が地上波(TV朝日系)に初登場した。それを観た友人A・B君が2人 そろって似たような感想を書いていた(eメール)。

「まったく理解できない映画で、感動しませんでした(A君)」。「僕が 古い人間なのか?現代の若者の考えを理解できないのか・・・皆さん!こ の映画のどこが良いんですか(A君)」。「幼稚で子供だまし。感動には 程遠い。大人の観る映画ではない。途中でやめた(B君)」とも。

一部同意しつつも「そうかな?」と思った。彼らが理解できなかったとい う中身を探りその理由などを推測してみたい。その前に、このアニメ「君 の名は。」を観ていない人のためにそのあらすじをHPから転記する(一 部、省略)。「君の名は。」の「。」は旧作との違いを出すためだという。

《 千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に 暮らす女子高校生・宮水三葉(みつは)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町 長である父の選挙運動に、家系の神社の古い風習。小さく狭い町で、周囲 の目が余計に気になる年頃だけに、都会へのあこがれを強くするばかり。 「来世は東京のイケメン男子にしてくださ〜い!!!」。

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知ら ぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み、念願だった都会での生活を思 いっきり満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生、立花瀧(たき) も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生に なっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちて いる、記憶と時間。
  
二人は気付く。「私/俺たち、入れ替わっている!?」いく度も入れ替わ る身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める滝と三 葉。残されたお互いのメモを通して、ときにケンカし、時に相手の人生を 楽しみながら、状況を乗り切っていく。

しかし、気持ちが打ち解けて来た矢先、突然入れ替わりが途切れてしま う。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付 いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。「まだ会ったことのない君 を、これから俺は探しに行く」。

辿りついた先には、意外な真実が待ち受けていた・・・。出会うことのな い二人の出逢い。運命の歯車が、いま動きだす・・・(略)》。引用終わり。

映画好きの知人で設備工事会社のS会長(72歳)は映画館で観たが、わか らなかった。そこで、また観た。そして10日後3回目を別の映画館で観 て、(ついに)主人公の二人に共感できた。「腑に落ちた!」と。う〜〜 ん、執念深いな(笑)。

A・B君は「(僕は)古い人間」なのではなく、感動する素朴な感受性に乏 しいか、または、それが劣化し失なわれつつあるからではないか。

「わからない・・?それならもう1回観てみよう」という探求心という か、解明したい気力が湧いてこない。その意味では「古い(時代の)人 間」だからではなく「(精神が)老化しつつある」ということになる。

《 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れ た創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨 てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老い ない。理想を失う時に初めて老いがくる。(サミエル・ウルマン「青春」 より)》そう、青春とは年齢ではない。青春とは挑戦する気持ちなのだ。

私は「君の名は。」を2016/10/8に観た。戸惑いつつも感動した。その魅 力とは何だろうか。画面を思い出しながら、今、自分なりに考えてみた。

まず、(アニメの)絵の圧倒的な美しさである。A君は文学作品や短歌を たしなむが漫画や劇画には無関心だ。B君もアニメはまず観ないという。 だから、二人ともこの映画の絵のよさが理解できなかったと思われる。

次に、奇抜な発想である「夢の中での人替わり」という「事件」は、鬱屈 した日常から私たちの心を開放してくれる。体験できない「夢」の世界を 見せてくれる。「君の名は。」は私たちを夢に誘い、夢に酔わせてくれ る。たとえ邯鄲の夢であっても。新海監督は当初は題名を「君の名は。」 ではなく「夢と知りせば」にするつもりだったらしい。

思ひつつ寝(ぬ)ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを 小 野小町(古今和歌集)。思いながら眠りについたので、(あの人が)夢に 現れたのだろうか。もし夢とわかっていたなら(夢から)覚めなかったろ うに(口語訳「マナペディア」より。「夢と知りせば・・・」と小野小町 は目覚めを惜しんだ。だが、夢が覚めても夢の情景を反芻している。

3つ目に、このアニメ映画を観たら、なぜかしら「なつかしい気分」にな る。私もそうだった。初恋を思い出すような・・・、うきうきした出会い とせつない別れ・・。人生は思い通りにはならない。私たちはいつも誰か を待ち、求めている。その気分を主人公の二人と共有した。

最期に、A・B君らが「感動しなかった」要因の一つは自宅のTVで観たから かもしれない。たとえば、菓子などを食べながら明るい居間で寝そべって TVを観てもこの心理劇には没入できないだろう。頻繁に現れ来るTVのCM群 も鑑賞を大いに阻害する。

映画は本来TVではなく映画館で観るものだ。暗闇の席で隣の人の存在を忘 れ画面に没入する。たとえ隣の人が恋人であっても。大音量の音楽が私の 腹を抉り、そよ風のような台詞が頬を撫でる。(映画って、いいな)。

《・・・(同じ)「君の名は」でも、昭和27〜28年頃の岸恵子や佐田啓二 の「君の名は」(菊田一夫監督)の方が分かりやすい(A君)》と言う。だ が、昭和19年生まれで当時10歳に満たない私はラジオも聴かず映画も観て いない。同世代のA・B君も似たようなものではないのか。

《忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ》のナ レーションも後年の伝聞情報である。真知子が勤めた(私の故郷の)雲仙 観光ホテルのロビーには65年前のレトロな写真が今も飾ってある。

2016年、「君の名は」という「フレーズ」は、第一生命が募集した恒例の サラリーマン川柳(2016年版)や新聞の柳壇にも旋風をもたらした。

君の名は真知子と答え歳(とし)がバレ 朝日川柳(2016/10/9)。
久しぶり!聞くに聞けない君の名は   サラリーマン川柳(2位)
ありのままスッピン見せたら君の名は? サラリーマン川柳(3位)
君の名はゆとり世代の名が読めず    サラリーマン川柳(6位)

終わりに、「君の名は。」への反応として、《皆さん!この映画のどこが 良いんですか!(A君)》《大人の観る映画ではない(B君)》などと開き直 ることをいちがいに悪いとは言えない。物事に悩むことなく老後の人生を 平穏に生きるための、精神衛生学上の貴重な「知恵」なのかもしれない。

しかし、私はあえてA・B両君に薦めたい。ともに、「君の名は。」をVD ショップで借り、部屋の灯りを消し、一気通貫、CMなしで、もう1回観た らいかがですかと。何かがわかると



       
━━━━━━━━━━━━━━━
パキスタンに中国軍基地を建設へ
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月7日(日曜日)
        通巻第5570号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ホンネがでた。パキスタンに中国軍基地を建設へ
  最もイランよりのジワニ港。アラビア海を扼する要衝
**********************************
 インドがイランのチャバハール港近代化に協力し、コンテナ基地のキャ パシティが拡大、輸送が開始された。

すぐ近くがパキスタンのパロジスタン州グアダール港で、中国が工事を急 ピッチで急いでいる。

このイランのチャバハール港とパキスタンのグアダール港の中間、パキス タン領だが、最も西側でイランのとなりがジワニ港である。中国はこのジ ワニに軍事基地を目論見、ジブチに次いで第2の海外基地を目指している ことが分かった(「ザ・タイムズ・オブ・インディア」、1月6日)。

すでにスリランカのハンバントラ港は99年の租借に成功しているため、中 国軍の軍事基地に化けるのは時間の問題だろう。

このタイミングでトランプ大統領はパキスタンへの援助を凍結した。

中国は直後のタイミングを選んで、秘密にしてきたジワニ港開発を打ち上 げたのである。
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号の書評(西尾幹二「国民の歴史」)を拝読しまし た。その関連ですが、西尾幹二全集第20巻(「江戸のダイナミズム」)のこ とです。小生も、版元から代引きで全集を購読しており、発行が1年に3回 か4回ですので、じっくりと、ほぼ全部読んでおります。

というより過去の西尾さんの履歴でもあり、読書遍歴でもあり、著作を追 想風に読んでいくのは同時に自分の思想遍歴をたどるという意味もあって 意義深い作業なのです。

さて、その第20巻の解説の最後(572pから576pにかけての5ページ分) に宮崎正弘先生の解説が長々と引用されております(当然、ご存じとは思 いますが)、『江戸のダイナミズム』に対する当該評論は、西尾さんの代 表作とも言える作品を論じた夥しい批評のなかで、白眉かと思われまし た。(KH生、横浜市)
  

  ♪
(読者の声2)『夕刊フジ』(1月5日発売)の記事によれば、大連のヤマトホ テル廃業ということです。戦前、満州全域にあった超豪華なヤマトホテル がつぎつぎと廃業してゆくのは、寂しい限り、映画のロケにも使われ、ラ ストエンペラーにもでてきたと思いますが。むろん、宮崎さんも宿泊され た経験はあおりですか?(IE子)
   
(宮崎正弘のコメント)大連、瀋陽、長春、ハルビンのヤマトホテルに宿 泊したことはあります。とくに大連のヤマトホテルは「遼寧賓館」と看板 は変わっていましたが、天井がやけに高く、きらびやかで右廊下の突き当 たりに日本料亭があって、現地の日本人駐在員で満員でした。最近は中国 も物価高でしょうが、当時、食べ放題飲み放題で200元(当時のレートで 2800円)でした。

2階に日本語の通じるバアがありました。といっても最後に宿泊したのは8 年ほど前で、一泊3千円でした。そのとき既に廃業寸前かと思えるほどの 宿泊者はすくなかった。当時、大連市内にはJAL、ヒルトン、シャング リアなどが店開きしていましたから。

ご指摘の映画のロケは瀋陽(昔の奉天)のヤマトホテルです。

これも旧日本人町に一際華麗で絢爛なロビィ、映画の舞台ばかりか、テレ ビドラムの舞台にも頻繁に利用されていたようです。ここは喫茶店が有名 でした。横脇に日本料理屋がかろうじて営業していた記憶があります。

真ん前の小公園には毛沢東が手を挙げている立像が聳えていて、若い人が 「あれは、タクシーを止めているおっさん」とからかっていました。付近 はいまでは東京駅そっくりだった満鉄の奉天駅も取り壊され、中国系、香 港系、アメリカ系に高層ホテルが建ち並び、誰も泊まらなくなったようです。

長春のヤマトホテルはたしか春誼賓館と言って、バス駅の隣だったので何 回もとまりましたが、やはり設備の老朽化が激しかった。
 ハルビンのそれはすでに十年前から廃屋のような、人の寄りつかない旅 館でしたね。

          


━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


 
 ◎「4横綱時代」は1年持たず…残る3横綱は踏ん張れるか

大相撲は元横綱日馬富士の暴行問題の混乱が年明けに一応の収束を見せ た。暴力事件を繰り返す角界。相撲人気を食い止められるかが初場所(来 年1月14日初日、両国国技館)にかかる。幸か不幸か、土俵上への関心が 二の次になっている感があるが、両横綱、稀勢の里(田子ノ浦)、鶴竜 (井筒)の進退崖っぷちは“平時”なら、一大事だろう。

昨年11月の九州場所(福岡国際センター)でともに4場所連続の休場と なってしまった。稀勢の里は「腰部挫傷、左足前距腓靱帯(じんたい)損 傷により約1カ月間の安静加療を要する」との診断書を提出し、10日目か ら途中休場した。

 9日目に、東前頭5枚目の宝富士(伊勢ケ浜)に敗れて今場所5つ目、 3日連続で金星を献上し、4勝5敗と黒星を先行した。

 昨年春場所で重症を負った左上腕部、左大胸筋の回復に苦しんできた。 秋場所、自身初の全休し、万全の態勢で臨んだ。九州場所6日目の栃煌山 (春日野)戦では伝家の宝刀、左おっつけをさく裂。患部の復活を感じさ せた。しかし、長くは持たなかった。肉体は悲鳴を上げていた。

 患部をかばった影響で違う箇所を次々と負傷するのは30歳を超えるアス リートに多く見られる悪循環。昨年春場所まで入門以来、休場がわずか1 日という驚異的な頑丈さを誇っていた稀勢の里も、逃れられなかった。

 初場所番付発表の翌日、昨年12月27日に本格的な稽古再開。弟弟子の大 関高安と18番取り、12勝6敗と気を吐いた。それでも患部の状態に関し 「いろいろ、だましだましやるしかない」と、手探り状態の心境を明かした。

その後は再起への並々ならぬ覚悟で臨んできた。昨年12月末まで連日、高 安と30番の稽古。1月2日の稽古始めも31番。しかも稽古後には、高安 に胸を借りぶつかり稽古。何度も土俵に転がされ、泥まみれになった。

  横綱昇進後はなかなかできなかった猛稽古。「また思い出しなが ら」。若かりし頃、先代師匠の故鳴戸親方(元横綱隆の里)から厳しく指 導された日々が頭にあった。がむしゃらさを取り戻し、初心に戻ることが テーマ。「いい経験。いい修行。何年かあと、ケガが良かったと思えるよ うに。優勝へ生かしたい」と力を込めた。

  鶴竜は慢性的な右足首に加え、腰痛を発症し九州場所を全休。昨年は 6場所中5場所を休場した。出場した場所で再び休場に追い込まれるよう なら、引退も現実味を帯びる。

 元横綱日馬富士が暴行問題で引責引退し、豪華絢爛(けんらん)の4横 綱時代は1年持たず、結局、15日間、4横綱がそろい踏むことは1度もな かった。残る3横綱は踏ん張れるか−。今年、2横綱、1横綱時代へと一 気に崩壊する危険は十分にある。(デイリースポーツ・荒木 司)
デイリースポーツ1/7(日) 11:00配信


 ◎韓国と北朝鮮、70年の分断が生んだキムチの違い

【AFP=時事】北朝鮮と韓国の社会は根本的に異なっている。片や何十年 にもわたって同じ一族が支配する国、片や自由気ままな民主主義国家で経 済的にも裕福だ。そんな違いばかりが目立つ両国だが、共通するものもも ちろんある。その一つは白菜などの野菜の漬物「キムチ」への愛情だろう。
今は南北に分かれている朝鮮半島(Korean Peninsula)で、キムチは数 世紀にもわたってほとんど毎食の定番メニューとされてきた。
.

国連(UN)の統計で国民の40%が慢性的な栄養不良状態とされる北朝鮮 では、食事の中心である米にキムチが味わいを添えてきた。一方の韓国で は西洋風の食事からベトナム料理まで、ほぼあらゆる食事にキムチが添え られる。

しかし、両国政府が朝鮮半島の再統一に取り組むといくら宣言しても、 郵便の行き来や電話回線もないまま70年以上も分断されていれば、両国の 違いはベルリンの壁(Berlin Wall)が崩壊したときの東西ドイツよりも 大きいといえるだろう。キムチにもその違いがしっかりと見て取れるようだ。
.

北朝鮮の平壌中心部に住むソン・ソンフイさんは、北朝鮮のキムチの方 が優れていると愛国的に擁護し「南のキムチは食べたことがないけど、平 壌キムチの方が南のものよりもずっとおいしいと思う」と話す。
.

いつの時代にもその地域、地方ごとのキムチがある。韓国のソウルにあ る「世界キムチ研究所(WIKIM)」の研究員、パク・チェリン(Park Chae-Rin)氏によると、韓国のキムチは塩気が強く味が濃いという。より 温暖な気候のため、白菜の保存が難しいというのがその理由だ。さらに、 韓国では多くの家庭でキムチ専用の冷蔵庫が用意されており、また香辛料 や調味料もさまざまなものが入手可能であることなどから、北朝鮮のキム チとの違いはさらに大きくなる一方だ。
.

両国での違いについてパク氏は、「北朝鮮のキムチは近代化の前、冷蔵 庫がまだなく材料も手に入りにくかった時代に食べられていたキムチに似 ている」と述べ、「韓国ではそのようなキムチは完全に消えてしまった」 と続けた。AFP=時事1/7(日) 9:04配信



 ◎全国高校サッカー選手権大会の準決勝戦までを見て思ったこと:前田正晶

意外なことが2つあった。それは戦後の(と言っても良いと思うが)高校 サッカーを盛り上げてメデイアの重大な関心事とした功労者だと言って良 いだろうお二方が、それぞれ長崎総合科学大学高校と矢板中央高校のベン チにおられたことだった。

前者では国見高校の名監督だった小嶺忠敏氏が監督で、後者には帝京高校 の同じく名監督だった小沼貞雄氏がアドヴァイザーだったかで座っておら れたことに驚かされた。

小嶺監督は国見高校を何度の全国制覇させただけではなく、日本代表に高 木琢也、路木竜次、三浦淳宏、大久保嘉人、平山相太等の優秀な選手を送 り込まれた実績があった。また小沼監督も磯貝洋光、本田泰人、松波正 信、中田浩二、田中達也等を育てて送り込んでおられた。

私はてっきりこのお二方は引退されたものと考えていたが、何と未だ未だ ご健在で小嶺氏に至っては長崎総合科学大学高校の現役の監督だったのだ。

この高校は準々決勝で敗退したが、私には無名としか思えない高校をそこ まで持ってこられていた。小沼氏が矢板中央高校を何処まで指導されたを 知る術もないが、前年優勝校の流経大柏に1点を与えただけの惜敗にまで 善戦させていた。

私は率直に言って、最早この元名監督が出てこられる時代は終わったと 思っている。確かに両監督は上記のような全日本級の選手を育てられただ けではなく、何度も高校選手権で優勝させるという輝かしき実績を誇って おられる。他にこれほどの凄い成果を挙げられた監督が他にいるのかとい う評価が出来るだろう。

だが、両監督とこの両校についての私の正直な評価を言えば、高校の全国 大会での優勝に持っていく他に類を見ない指導法を確立され実績を残され たのは確かだが、甲子園の野球に勝つ為の技術と技巧(流行のカタカナ語 で言えば「スキル」とでもなるか)を鍛え上げているのにも似た指導法で はなかったということだ。

確かに両校からというか両監督の下から全日本に選ばれた者が多数出た、 だが、言うなれ場現在の本田、香川、岡崎、長友、長谷部といった中心選 手がどれだけいたかという点を考えて欲しいのだ。もっと簡単に言えば 「全国大会で優勝する為の水準(レベル)に纏めてしまっていて、将来J リーグから全日本に行って大成する為の鍛え方をされたのかという疑問だ。

この点を別な視点から見れば、高校生たちを「何を目標とさせて練習をさ せておられたのか」ということだ。私の記憶が間違っていればご免なさい だが、小沼監督はサッカー経験者ではなく、言わば経験と独学で帝京高校 サッカー部を指導しておられたようだが、その目標が全国制覇にあったよ うだ。それは非常に立派なことだと評価されるべきだと思うが、小沼氏は 全日本に将来選ばれるような有望な素材を養成することはお考えでなかっ たのだと思っている。

この点ではフットボール界にも似たような指導者がおられた。それは関東 の強豪校で多くの大学に素晴らしい素材を送り込まれた日大三高の漆間健 夫先生だ。イヤ漆間健夫監督だ。漆間監督もフットボール経験者ではない が、独特の指導法で優秀な素材を集めて指導されて、日本大学フェニック ス以外にも所謂「アスリート」を数多く送り込んでおられた。

私は持論として「朝日新聞が主催する甲子園野球等の高校の全国大会は出 来る限り早期に廃止して、精々地方単位の大会にでも縮小すべきだ」と考 えている。それは、どうしても全国での優勝を目指す場合に枝葉末節のと 言えば語弊があるかも知れないが、そういうその為のレベルに纏める指導 をする必要が生じるのだ。

解りやすく言えば、高校生の投手がプロ並みの多種多様な球種を操るよう になってしまうし、打者もまるで小型イチローかさもなければ西武の秋山 のような好打者ばかりが育ってしまうことになりかねないのだ。換言すれ ば「小成に甘んじよ」となる危険性があるのだ。大谷翔平は不幸にして甲 子園に出なかっただけ大成できそうな素材としてプロに入ってきた。

サッカーに話を戻そう。現在の全日本代表の水準は世界的に見れば誠に心 許ないところに止まっている。これを改善して水準を引き上げていく為に は(カタカナ語では「レベルアップ」と言うが)高校大会で勝つ為の小技 というかスキルを仕込まれた選手は不要なのだ。それは先日偶々見る機会 があったJリーグの下部組織(ユースというのか)の試合では小技のサッ カーではなかったので一寸安心できた。

後難を恐れて言えば、私が仄聞するところでは「今や高校でサッカーを やっている者たちはJリーグの下部組織に入らなかったかまたは選抜され なかったか子供たちが残っているので、そもそも有望な者は少数である」 のだそうだ。更に怖いことを言えば、そういう時期にありながら、過去に 全国大会に勝つ為の優れた指導者を監督やアドヴァイザーに頂くのは如何 なものかという考え方である。

決勝戦に残った流経大柏も前橋育英も優秀なサッカーをやっていると見た が、(特に前橋育英は私の好むサッカーだったが)か寡聞にしてこの両校 から全日本代表の中心になるような選手が数多く出ているとは未だ聞いて いない。


 ?鈴木亮平「西郷どん」スタート「泣いて笑って叫んで…エネルギッシュ な西郷です」

俳優・鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷どん」(日 曜後8:00)が7日スタートする。林真理子氏(63)の小説が原作で、 薩 摩の下級武士の家に育った西郷隆盛が、藩主島津斉彬や勝海舟、坂本龍 馬らと出会い、革命家となって維新を成し遂げる姿を描く。脚本は鈴木も 出演した14年NHK連続テレビ小説「花子とアン」を手がけた中園ミホ 氏(58)。役者人生の目標だった大河主役をつかんだ鈴木が、作品への 思いや意気込みを語った。


◆男にも女にもモテる隆盛の魅力“共感力”を演じたい

――鈴木さんが演じる“西郷どん”西郷隆盛の魅力を教えてください。

 「僕は“共感力”と呼んでいるのですが、目の前にいる相手の気持ちを思 い遣る力がずば抜けて高い人だったのではと思いながら演じています。男 にも女にもモテる人間性。相手の痛みを自分の痛みのように、相手の喜び を自分のことのように感じられる部分が、吉之助(隆盛)の持っていた美 徳といいますか、日本中から愛される人物になった素質なのではと。その 力が様々な交渉ごとや江戸城の無血開城などに繋がっているのではと思っ ています」

――これまで多くの役者が西郷隆盛を演じてきましたが、今作で描かれる新 しい西郷のイメージや、視聴者に見てもらいたい部分はどこでしょうか?

 「世間のイメージはどっしり構えて動じない、無口で男っぽい人物像だ と思いますが、今作ではかなり違ったキャラクターになっています。とに かくよく泣きます。役作りをする上で、作家・海音寺潮五郎先生の史伝を 読みました。その中にも涙もろい男だったと書かれてあった。

時代考証の先生にも聞いたのですが、当時の武士は泣くということが男ら しくないことだとは捉えていなかったようで、しょっちゅう泣いていたの ではないかと。西郷の“共感力”という言葉に繋がるのですが、相手が困っ ていたら一緒に泣くような人間になっています。あとはよく走りますね (笑)。巨漢なので、走っているイメージがないかもしれませんが、とに かく走ります。走って汗を掻いて、泣いて笑って叫んで…というエネル ギッシュな西郷が描かれています」

◆新しいイメージと世間のイメージ…バランスよく芝居を

――実在する人物を演じるのは難しいですか?それとも楽しいですか?

 「実在した人物を演じるのは責任が大きいです。子孫の方もたくさんい らっしゃいますし、これだけ有名な人ですから期待を裏切れない重圧があ ります。たくさん史料がありますので、読んで自分なりに解釈して想像し ながら演じるのがとても楽しいですし、実際に激動の人生を過ごした人の 感情や場面を追体験できるのは普通の人生では絶対に味わえないこと。

お芝居とはいえ、演じているときは自分がその出来事を体験している気持 ちになっているので、物凄く貴重な経験をしています。今作の西郷どんを 演じていて難しいのは、世間のイメージと僕たちが表現したいことが大き くかけ離れていると、視聴者がついていけないと思いますし、そのままの イメージですと新鮮さや面白みがない。絶妙なバランスが自分の芝居に求 められているのではと思います」

――実際に撮影が始まってみて、イメージしていた大河と違いますか?それ とも想像通りでしたか?座長として心掛けていることを教えてください。

 「ずっと大河ドラマがやりたかったので心の準備はできていました。現 場に入っても驚くくらい緊張しませんでした。想像通り凄いなと思ったの は、鹿児島や地元の方々の盛り上げようという気持ち。

その期待をしっかりと背負っていきたい。また、毎日ご一緒させてもらう 役者の方々が大先輩だったり、第一線で活躍されている人ばかりなので、 毎日大変刺激を受けています。主役なので“受けの芝居”も多く、毎日代わ る代わる師匠たちがいて勉強をさせてもらっている感じ。大河ドラマでし か味わえないことですね」

――視聴者にメッセージをお願いします。

 「見ていただける人それぞれの“生き方を見つめ直す”きっかけになるの ではないかなと思います。“西郷さんのように一直線な人にはなれないけ ど、こういう真っ直な人っていいよな”と感じていただけたら嬉しいで す」スポニチアネックス1/7(日) 8:00配信



 ◎全国高校サッカー選手権大会の準決勝戦までを見て思ったこと:前田正晶

意外なことが2つあった。それは戦後の(と言っても良いと思うが)高校 サッカーを盛り上げてメデイアの重大な関心事とした功労者だと言って良 いだろうお2方が、それぞれ長崎総合科学大学高校と矢板中央高校のベン チにおられたことだった。

前者では国見高校の名監督だった小嶺忠敏氏が監督で、後者には帝京高校 の同じく名監督だった小沼貞雄氏がアドヴァイザーだったかで座っておら れたことに驚かされた。

小嶺監督は国見高校を何度の全国制覇させただけではなく、日本代表に高 木琢也、路木竜次、三浦淳宏、大久保嘉人、平山相太等の優秀な選手を送 り込まれた実績があった。また小沼監督も磯貝洋光、本田泰人、松波正 信、中田浩二、田中達也等を育てて送り込んでおられた。

私はてっきりこのお二方は引退されたものと考えていたが、何と未だ未だ ご健在で小嶺氏に至っては長崎総合科学大学高校の現役の監督だったの だ。この高校は準々決勝で敗退したが、私には無名としか思えない高校を そこまで持ってこられていた。小沼氏が矢板中央高校を何処まで指導され たを知る術もないが、前年優勝校の流経大柏に1点を与えただけの惜敗に まで善戦させていた。

私は率直に言って、最早この元名監督が出てこられる時代は終わったと 思っている。確かに両監督は上記のような全日本級の選手を育てられただ けではなく、何度も高校選手権で優勝させるという輝かしき実績を誇って おられる。他にこれほどの凄い成果を挙げられた監督が他にいるのかとい う評価が出来るだろう。

だが、両監督とこの両校についての私の正直な評価を言えば、高校の全国 大会での優勝に持っていく他に類を見ない指導法を確立され実績を残され たのは確かだが、甲子園の野球に勝つ為の技術と技巧(流行のカタカナ語 で言えば「スキル」とでもなるか)を鍛え上げているのにも似た指導法で はなかったということだ。

確かに両校からというか両監督の下から全日本に選ばれた者が多数出た、 だが、言うなれ場現在の本田、香川、岡崎、長友、長谷部といった中心選 手がどれだけいたかという点を考えて欲しいのだ。もっと簡単に言えば 「全国大会で優勝する為の水準(レベル)に纏めてしまっていて、将来J リーグから全日本に行って大成する為の鍛え方をされたのかという疑問だ。

この点を別な視点から見れば、高校生たちを「何を目標とさせて練習をさ せておられたのか」ということだ。私の記憶が間違っていればご免なさい だが、小沼監督はサッカー経験者ではなく、言わば経験と独学で帝京高校 サッカー部を指導しておられたようだが、その目標が全国制覇にあったよ うだ。それは非常に立派なことだと評価されるべきだと思うが、小沼氏は 全日本に将来選ばれるような有望な素材を養成することはお考えでなかっ たのだと思っている。

この点ではフットボール界にも似たような指導者がおられた。それは関東 の強豪校で多くの大学に素晴らしい素材を送り込まれた日大三高の漆間健 夫先生だ。イヤ漆間健夫監督だ。漆間監督もフットボール経験者ではない が、独特の指導法で優秀な素材を集めて指導されて、日本大学フェニック ス以外にも所謂「アスリート」を数多く送り込んでおられた。

私は持論として「朝日新聞が主催する甲子園野球等の高校の全国大会は出 来る限り早期に廃止して、精々地方単位の大会にでも縮小すべきだ」と考 えている。それは、どうしても全国での優勝を目指す場合に枝葉末節のと 言えば語弊があるかも知れないが、そういうその為のレベルに纏める指導 をする必要が生じるのだ。

解りやすく言えば、高校生の投手がプロ並みの多種多様な球種を操るよう になってしまうし、打者もまるで小型イチローかさもなければ西武の秋山 のような好打者ばかりが育ってしまうことになりかねないのだ。換言すれ ば「小成に甘んじよ」となる危険性があるのだ。大谷翔平は不幸にして甲 子園に出なかっただけ大成できそうな素材としてプロに入ってきた。

サッカーに話を戻そう。現在の全日本代表の水準は世界的に見れば誠に心 許ないところに止まっている。これを改善して水準を引き上げていく為に は(カタカナ語では「レベルアップ」と言うが)高校大会で勝つ為の小技 というかスキルを仕込まれた選手は不要なのだ。それは先日偶々見る機会 があったJリーグの下部組織(ユースというのか)の試合では小技のサッ カーではなかったので一寸安心できた。

後難を恐れて言えば、私が仄聞するところでは「今や高校でサッカーを やっている者たちはJリーグの下部組織に入らなかったかまたは選抜され なかったか子供たちが残っているので、そもそも有望な者は少数である」 のだそうだ。更に怖いことを言えば、そういう時期にありながら、過去に 全国大会に勝つ為の優れた指導者を監督やアドヴァイザーに頂くのは如何 なものかという考え方である。

決勝戦に残った流経大柏も前橋育英も優秀なサッカーをやっていると見た が、(特に前橋育英は私の好むサッカーだったが)か寡聞にしてこの両校 から全日本代表の中心になるような選手が数多く出ているとは未だ聞いて いない。

 ◎不法滞在の中国人使い農業…収益5千万円弱隠す

不法滞在の中国人らに農作業をさせて得た収益約4800万円を他人名義の口 座に隠した疑いがあるとして、茨城県警が、中国から帰化した同県鉾田市 の男と中国人妻について、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で逮 捕状を取ったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 連休明けにも逮捕する方針だ。

 捜査関係者によると、夫婦は鉾田市梶山、青果卸売業秦拓真(37)と妻 の高明明(40)の両被告。2人は2015年12月から17年6月、行方(なめが た)市の青果卸売業者に農作物を販売した収入を、他人名義の口座に振り 込ませて約4800万円を隠した疑いが持たれている。

夫婦は、16年秋以降に就労資格のない中国人を雇ったとして、昨年11月か ら12月に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕・起訴されている。 読売新聞1/7(日) 9:29配信



 ◎牛島に白紙小切手…星野監督頭下げ落合トレード

楽天の星野仙一球団副会長が4日午前5時25分に死去した。70歳だった。 担当記者が悼む。


             ◇  ◇  ◇

中日監督就任が決まったばかりの86年オフ。まだ39歳だった新監督 が、 ロッテで2年連続3冠王になった落合博満の獲得を熱望した。中日か ら 4人の有望選手を放出するという大型トレードになった。

 ロッテが「合意」と先行発表したのが12月23日。だが中日側の4人のう ち牛島和彦だけは拒否していた。星野監督は25歳右腕の説得にかかる。ま ず、考える時間を2日与え、24日の深夜0時。自宅に呼び寄せた。

 白紙の小切手を渡し「好きな数字を書け」と伝えたという。当時、ト レード選手には100円ほどの引っ越し金だけが出された。牛島は金額記入 を拒否したが、そこまで「鬼の星野」に頭を下げられ、折れた。

 牛島の退団会見に同席し、ロッテとの契約に出向く日は名古屋駅のホー ムまで見送った。それから2年後に落合を擁して初優勝。「チームを強く したい」熱い思いは、実を結んだ。日刊スポーツ1/7(日) 7:48配信


 ◎<超音速ミサイル>量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化

防衛省は国産では初めての超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の 開発を完了し、2019年度から量産を始める。航空機から発射して艦船を撃 破する用途のために03年度から開発を始めていた。17年7月まで計15回の 実射試験を重ね、昨年末に分析を終えた。音速の3倍のマッハ3以上の速 度で艦船に迫り、迎撃がより困難になる。島しょ防衛などを担う航空自衛 隊のF2戦闘機に配備し、抑止力を強化する。

「ASM3」の射程は百数十キロと既存のミサイルと同程度だが、新型の ジェットエンジンを搭載したことで速度をマッハ3以上に引き上げた。

03年度から約390億円を投じて新型エンジンの研究・開発を続けていた。 防衛省は昨年、従来より射程を伸ばした護衛艦搭載型の対艦ミサイルの開 発にも成功しており、19年度以降の予算化を目指す。また、これらの技術 を応用して、地上発射型の対艦ミサイルの改良も進める。

 ミサイル装備の強化は、海洋進出を強める中国が念頭にあり、防衛省は これらのほかに戦闘機搭載の長射程巡航ミサイルの導入に着手。18年度予 算案には、米国製の射程約900キロの「JASSM(ジャズム)−ER」 など3種類の長射程巡航ミサイルの導入関連経費約22億円も計上した。 また、ロケットで打ち上げた後に超音速で滑空させる高速滑空弾などの研 究費として計約100億円を盛り込んだ。島しょ防衛をにらみ、探知・迎撃 されにくいミサイルの技術革新を進めたい考えだ。

 英国とは戦闘機に搭載する中距離対空ミサイルの共同研究を進めてお り、18年度から研究試作に着手する。標的を探知するための日本の技術 と、射程を伸ばす英国の技術を組み合わせ、F35戦闘機への搭載を念頭に 高性能ミサイルの開発を目指す。

 555世界的にはミサイルの高速化・長射程化が加速しており、米国やロ シア、中国などはマッハ5以上の「極超音速」のミサイルの実用化を目指 している。防衛省幹部は「島しょ防衛では艦船の接近を防いだり、反撃し たりするミサイルの性能が重要だ。世界の潮流に置いていかれないように 性能向上を図る必要がある」と指摘している。
毎日新聞1/7(日) 7:30配信


 ◎コラム:2018年の世界はどうなる、重要な「5つのポイント」

[27日 ロイター] - 予言することは難しいと専門家は言いたがる。未 来の話となればなおさらだ。だが2018年の世界情勢を形成するであろう重 要なテーマ、そして疑問を、ここでいくつか挙げておこう。

●モラー特別検察官の「ロシアゲート」捜査でトランプ政権終焉(しゅう えん)はあるか。

トランプ米大統領はタイム誌の2017年の「マン・オブ・ザ・イヤー」に選 出されることを期待していなかっただろうが、2018年は、彼がどのような 遺産を残すことになるのか明確に見えてくる年になるかもしれない。

まず、2016年大統領選においてロシアと共謀したという疑惑に対する モラー特別検察官の捜査が、どの程度の深さに及ぶのかハッキリするはずだ。

逮捕される著名人がさらに増えれば、検察官らが重要人物から捜査を進め るうえで有益な情報を得ていると推察される。特に重要なのが、フリン前 大統領補佐官(国家安全保障担当)、トランプ氏側近のジョージ・パパド プロス氏だ。これまでもうわさはたくさん流れているが、詳細はほとんど 分かっていない。

本当の問題は、モラー特別検察官が共謀にトランプ氏自身が関与していた 証拠を押さえられるかどうかだ。検察官がトランプ氏本人に到達できなけ れば、トランプ氏の「ロシアゲート疑惑」の一部は解消していくだろう。

だが、大統領またはそれに近い筋が司法妨害を試みたことが明らかになれ ば、事態は急変するだろう。共和党が2018年中にトランプ大統領の弾劾に 応じることはないという点で米政治専門家の見解はほぼ一致しているが、 民主党が来年11月の中間選挙において共和党の不人気に乗じて上院・下 院のいずれかで優位を占めるようになれば、その計算も変わってくる可能 性がある。

●トランプ氏、あるいは北朝鮮が、脅しや虚勢を超えて軍事行動に踏み込 むリスクはあるか。

北朝鮮を巡って今後考え得る展開は、多くの点で比較的予想しやすい。こ れまでの状況から考えると、金正恩氏がますます高性能な爆弾・ロケット の実験を続けていくのはほぼ確実と思われる。

北朝鮮政府の米国本土に対する攻撃能力が増すにつれて、米国政府もいっ そう攻撃的になっていくだろう。だが依然として、破滅的な災厄を引き起 こす可能性のある何らかの攻撃を仕掛けることは躊躇(ちゅうちょ)する 可能性が高い。

とはいえ、いくつかの不確定要素が残っている。なかでも最も明白なの は、米国防総省、あるいはそれ以外からも発せられる危惧の声をトランプ 氏が無視し、金正恩体制と核兵器開発プログラムを軍事的な手段で抹消 (まっしょう)しようと試みるかどうかだ。

今のところ、日韓両国は依然として米国による先制攻撃という発想を非常 に警戒しており、韓国は繰り返し、そうした行動に対して拒否権を行使し たいと述べている。

米韓両国の長年にわたる同盟関係を考えれば、トランプ大統領は、少なく とも理屈のうえでは、アジア地域に展開された地上配備型迎撃ミサイルに よる北朝鮮の実験用ミサイルの撃墜を試みる前に、韓国政府の同意を得る べきである。

だが、こうした戦略にはリスクが伴う。迎撃ミサイルが標的を外した場合 には、米国政府の信用失墜につながりかねないからだ。

核ミサイルによる脅威以外にも、北朝鮮のサイバー攻撃能力の向上は軽視 できない。北朝鮮は米国の電力網システムへの侵入を試みた疑いがある が、これが重要インフラに大損害を与える攻撃へとエスカレートする恐れ がある。

ロシアと中国への注意も怠るわけにはいかない。これまでのところ、ロシ ア政府は北朝鮮政府による核開発を概ね支持しており、中国政府の方がは るかに強い警戒心を示している。いずれかの姿勢が変われば、金正恩氏の 考えに影響を及ぼしても不思議はない。

何が起きるかはさておき、今後も虚勢の張り合いと制裁強化が見られるだ ろう。

●欧州における多くの危機は正念場を迎えるか。

欧州にとって、今年は波乱の1年だった。2016年の英国での欧州連合 (EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票の衝撃後、フランス とオランダは国政選挙における極右勢力の挑戦を退けた。

だが10月に行われたドイツの総選挙では、メルケル首相に対する支持がこ れまでより減少し、存続可能な連立政権を樹立するのに苦労している。し たがって、ドイツが来年また選挙を行わざるを得なくなる可能性もある。

12月に行われた州議会選挙でカタルーニャ独立派が意外なほどの強さを見 せたことで、スペインでは来年も国内の緊張が続くことになろう。新たに 独立を問う住民投票が行われる可能性もますます強まっている。

問題は、欧州大陸における緊張が何一つ解消されていないことだ。政府の 移民政策に対する不満、統一通貨ブロック維持のための苦闘、そしてもち ろん、ブレグジットの実施方法を巡ってなお続くトラウマである。

ブレグジットを巡る問題は、2018年を通じて重要性を増していく。英国が 2019年3月にEUを離れる前に、英国・EUの交渉担当者らは12月の予備 合意を現実的な協定に変えていこうとするからだ。その作業が進むなかで 問題が生じるのは確実だし、もし交渉が完全に破綻してしまえば、英国で も改めて選挙が行われるかもしれず、国民投票やり直しの可能性さえある。

極右勢力も消滅したわけではない。ベルギー、チェコ、オランダ、フィン ランド、ハンガリー、アイルランド、イタリア、スウェーデンにおける地 方・国政選挙の結果については、ポピュリストが勢いを増しているかどう かという兆候が注目されることになる。

●中東における米国の影響力が低下するなかで、新たな紛争は勃発するか。

在イスラエル米国大使館をテルアビブからエルサレムに移転させるという トランプ氏の決定が、あれだけ多くの反発と怒りを引き起こしたものの、 2018年には、中東地域で起きる事件の核心部分に米国の影を見ること は少なくなっていく可能性が高い。

米軍は今後も過激派組織「イスラム国」その他の武装グループの残党の掃 討を続けるだろう。だが、中東で何か事件が起きる場合に、主役はサウジ アラビアやイランといった域内の大国であって、米国政府はますます脇役 の座に甘んじるだろう。

今年、イラクとシリアではイラン政府の影響力が強まったように思われ、 スンニ派主導のサウジアラビア、それにサウジと同盟関係にある湾岸諸国 が、ライバルであるシーア派主導のイランへの反撃を強めることが予想さ れる。

最も多くの流血が生じる舞台は、引き続きイエメン紛争である可能性が高 い。外部の世界からはほとんど見えていないが、イエメンでは人道上の危 機が生じている。

さらに一部のアナリストは、サウジがイランの支援する代理勢力であるヒ スボラを押し返すべく、レバノンへの新たな侵攻を検討するよう、ひそか にイスラエルを促していると確信している。

もう1つ注目に値する展開は、クルド人勢力がトルコ、シリア、特にイラ ク領内で強い影響力の確保に取り組んでいることだ。イラクでは、9月の クルド人地域独立をめぐる住民投票以来、対立は特に厳しくなっている。

●ロシアと中国で、権力への挑戦は強まるか。

2017年は全般的に、ロシア・中国の指導者たちにとっては良い年だっ た。西側諸国が緊急の対応を要する国内問題に悩まされる一方で、中国の 習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は、これまでにないほど権力を しっかりと掌握しているように見える。

だが水面下では、すでにそうした想定に疑問が投げかけられている。

ロシアでは年間を通じて反政府・反腐敗を掲げる抗議行動が次々に発生し た。プーチン大統領の再選確実と思われる大統領選挙を混乱させるような 展望は数少ないが、もちろんプーチン氏としては、そのような状況の1つ が来年繰り返されることは避けたいと願っているだろう。

もっとも、反体制派・反腐敗活動家のアレクセイ・ナワリヌイ氏がプーチ ン氏に対抗して大統領選に出馬することを禁じられてしまい、選挙のボイ コットを呼びかけたため、投票率は低下する可能性がある。

中国では9月、習近平氏が、5年に1度開催される共産党大会において、 毛沢東氏以来最も強力な中国指導者としての地位を固めた。だがここで も、特に香港を中心として、不満と抗議が静かに高まっていく兆候が見ら れる。

こうした流れを背景に、両国のいずれかで2018年に激変が起きるとは期待 できない。だが、はるかに重要な出来事が生じることを示唆している可能 性があるので、注目するだけの価値はある。

*筆者はロイターのコラムニスト。元ロイターの防衛担当記者で、現在は シンクタンク「Project for Study of the 21st Century(PS21)」 を 立ち上げ、理事を務める。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァ クレーレン)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情 報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイター のコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために 提供されているものではありません。[※免責事項、以下轉記省略]

【写真】
https://jp.reuters.com/article/column-2018-apps-idJPKBN1ET07A
【Reuters】 2018年1月6日 / 08:58  〔情報収録 − 坂元 誠〕



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     ツイッ ターに「パレス チナがこれ 以 上、和平につい て話す気がない な ら、ど うして彼らに多額 の支払いを しなければなら ないのか」と 投 稿。パレ スチ ナ自治政府がイ スラエ ルと の和平交渉 に取り組ま ない限 り、支 援 の打ち切 りもあり得る と警告して いた。
時事通信1/6(土) 8:19配信


 ◎大嘗祭、来年11月14日軸 即位の礼は分離、10月に 宮内庁が提案へ

新天皇となる皇太子さまが初めて執り行う新嘗祭(にいなめさい)「大嘗 祭(だいじょうさい)」について、宮内庁が来年11月14〜15日を軸に検討 を始めたことが5日、分かった。国内外に広く即位を宣明される「即位礼 正殿(せいでん)の儀」を中心とする「即位の礼」は大嘗祭と分離する形 で同10月に行う方向。菅義偉官房長官をトップとする譲位・即位関連儀式 の日程などを検討する組織で、宮内庁側が提案するとみられる。

 即位の礼と大嘗祭は、明治期に皇位継承に関する法令を定めた「登極令 (とうきょくれい)」(昭和22」年廃止)で秋から冬の間に行うと定めて いた。大正は即位の礼が11月10日、大嘗祭が同14日と近接する日程で挙 行。昭和も同様のスケジュールが組まれた。いずれも京都で行われたた め、参列する関係者への配慮もあったとされる。登極令が廃止された平成 は11月12日と22日に、それぞれ執り行われている。

 一方、明治期までは多くの事例で、即位の礼と大嘗祭が別の時期に行わ れてきた。

 即位の礼(近代以前の即位式)は即位から数カ月以内が大半を占めるの に対し、大嘗祭は平安時代の儀式書「延喜(えんぎ)式」で、新天皇の即 位が7月以前ならその年に、それより後なら翌年と定められていたためだ。

 こうした過去の事例も踏まえ、宮内庁は当初、来年4月1日にご即位の 場合は、同月中に即位の礼、11月に大嘗祭というスケジュールを検討。 「同年に日本で実施される20カ国・地域(G20)首脳会議など国際会議の 前のお披露目が望ましい」(宮内庁幹部)ことも背景にあった。

 その後、陛下の4月30日譲位、皇太子さまの5月1日ご即位が決まった ため、改めて庁内で再検討を行った。

 その過程で、大嘗祭は近世までの慣例で旧暦11月の2回目の「卯の日」 に挙行されてきたことから、新暦の「二の卯」にあたる来年11月14日を軸 とする案が浮上。一部に例年、新嘗祭を行う同月23ttttr日を推す声 もあり、調整を進める。

  即位の礼は、5月中は勲章関連行事が続くため困難という認識で一 致。一方、平成では即位の礼に伴う「饗宴(きょうえん)の儀」が計7 回、大嘗祭では「大饗(だいきょう)の儀」が計3回実施されており、新 天皇、皇后両陛下や皇族方へのご負担にも配慮し、即位の礼と大嘗祭は一 定の間隔をあけて執り行う。政府の会議体では陛下の譲位の儀式、秋篠宮 さまが皇嗣(こうし)となられたことを示す儀式のあり方も検討される。
産経新聞1/6(土) 7:55配信


 ◎南北会談「五輪のみ議題」=韓国との足並み強調―米国防長官

【ワシントン時事】マティス米国防長官は5日、韓国の宋永武国防相と電 話会談し、9日に板門店で開かれる南北高官級会談では北朝鮮の平昌五輪 参加問題だけが話し合われることを確認した。

また、北朝鮮の非核化を目指すことについて米韓両国の立場に「1度の差 異もない」と述べ、足並みの乱れがないことを強調した。

マティス長官は国防総省で記者団に対し、「(今回の南北会談では日米な ど)他の関係国が出席しておらず、五輪参加の先にある(核開発)問題を 話し合う場ではない」と指摘。北朝鮮に核問題解決の意思があるかどうか には懐疑的な見方を保ちつつも、北朝鮮が対話に前向きな姿勢を示したこ とは評価した。 時事通信1/6(土) 6:34配信



 ◎アメリカ人が操る巧みな社交辞令:前田正晶

先日のライスボウル観戦記の終わり頃に、富士通のMVPを獲ったQBのキャ メロンが「1〜2年先のフェニックスが怖い」と言ったのを、彼ら独特の巧 みな社交辞令であると指摘した。一般的にアメリカ人、それもある程度以 上の教養を備えた者たちはこのようなお世辞とでも言いたいような社交辞 令を実に巧みに操るのだ。

しかし、落ち着いて良く考えてみれば解ることだが、「1〜2年先」と言っ たのは、その裏を返すというか、私の好む「コインの裏側」を落ち着いて 良く読めば「今は怖れるほど強くない」と言っているのに過ぎないと解る だろう。

彼らはフェニックスを圧倒して勝った上にキャメロンは最高殊勲選手に選 ばれてコメント求められて「フェニックスは大したことはなかった」など と言えば礼に反するからこそ、キャメロン君はそこに社交性を発揮して 「1〜2年先は」と如才なく言ったのだと、私は解釈している。

アメリカ人、それも数少ない支配階層に属する者が多い組織の中で20年以 上も過ごして見れば、彼らが実務の面でも私生活(言っておくが rivate という名詞には「私生活」という使い方はないのだ)でも、彼らの豊かな 社交性を発揮して、実に巧みに社交辞令を使うものだと解ってきた。

言い方を変えれば「善くぞそこまで心にもないお世辞を面と向かって言え るものだ」と感心させられるほど、巧みに社交辞令を駆使するのである。 それをそうとは知らずに聞かされた方は、非常に嬉しくもなるし良い気分 にさせられることは疑いもないと思う。しかも、我々の場合はほとんどの 場合に単なる社交辞令だとは容易に見抜けないものだ。慣れが必要だと思う。

私が彼らのそういう裏腹があるというか、社交性というか外交的という か、お世辞の上手さを思い知らされたのは、未だ英語そのものも良く解っ ていない戦後間もなくのことだった。1949年だったと記憶する。実はマイ ナーリーグ所属のサンフランシスコ・シールズが来日して何試合かして、 未熟な我が国のプロ野球と対戦して大勝したことがあった。

監督のオドールはラジオのインタビューを受けて「日本のプロ野球も立派 なものである。我々を相手の善戦したのだから、将来性がある」というよ うなことを語った。

ところが、それとは別にFENだったかに英語で(当然か)インタービュー されたのを、我が英語の師匠であるGHQの秘書の方が聞いておられ、私を 呼ばれて「これを聞いてご覧」となった。

そこではおドール監督が「日本の野球はレベルは未だ未だ。あれでは我々 に追い付くのは未だ未だ先のことだ」と平然と言ってのけていたのだっ た。今となれば、オドール監督が最初に褒めたのは社交辞令だと解るが、 あの頃は「アメリカ人という奴らはなんて酷いことを言うのか」と無性に 腹が立ったものだった。

この例が示すように、彼らは心の中では決して礼賛も評価も尊敬もしてい ない時でも、相手の立場を尊重するか慮って(彼らに顔を立てるという習 慣はないが)、巧みな社交辞令を駆使して美辞麗句を使って褒め称えてみ せるものなのだ。ましてや、その場合がテレビ等のインタビューであれ ば、必ず巧みに褒めるべき相手を綺麗な表現で称えてみせるものだ。

その辺りの巧みさを、私はこれも彼らの文化の一つだとすら考えている。 彼ら最初から人の上に立つような可能性が高い家に生まれ、私立の有名大 学の修士号を取るような若者は、そういう訓練を経てきていると私は解釈 していた。

言うなれば、彼らに何か言葉巧みに褒められたならば「巧言令色鮮仁」か と疑ってみれば良いのだ。決して額面通りに受け止めないことが必要だと 言える。

家内などは多くのアメリカ人に接し、彼らの家庭にも招かれるという経験 をしている。だが、悲しいかな英語などは一言も解らず、亭主の通訳を聞 いているだけだった。だが、そこは女性の勘で「アメリカ人は何故皆あれ ほどお世辞が上手いのか。あれを本気で額面通りに受け止めたら大間違い だ」と見破っていたものだった。

だが、これの裏返しをすれば「我が国の人たちも、彼らの中に入っていこ うとするならば、彼ら並みの社交性を備えて、巧みに社交辞令を操れるよ うに修行する必要があるのでないか」なのだ。


 ◎星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 楽天が発表「最期は昼寝でもし ているような安らかな表情」

楽天が6日、星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことを発表した。70 歳、死因はすい臓がんだった。

現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督 を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一 に輝いた。

14年にユニホームを脱いだ後も、15年に楽天の球団副会長に就任。ONと ともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自 分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に 尽力していた。17年に野球殿堂入りしている。

  以下、楽天が発表したリリース全文。

 報道関係各位

いつもご取材いただきまして、ありがとうございます。

 株式会社楽天野球団は、星野仙一取締役副会長が2018年1月4日(木) 午前5時25分に永眠されましたことをご報告いたします。

2916年7月に急性膵炎を発症したことをきっかけに膵臓癌であることが判 明いたしました。

その後、体調に波はあったものの仕事に支障をきたすことなく過ごしてお りましたが、2017年12月末より病状が悪化し、息を引き取られました。

最期は昼寝でもしているような安らかな表情でご家族に看取られて旅立た れました。

故人の強い意思に従い、葬儀は密葬にて執り行われます。

故人の意思とはいえ、大変お世話になった方々に対し、十分なご報告をせ ぬまま、この日を迎えてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

人前では常に強気を貫いた「星野仙一」のスタイルを最後まで全うしよう としたことですので、何卒ご容赦ください。

息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と言っておりまし たように、最後の最後まで野球に情熱を燃やし、野球に一生を捧げた
星野副会長でした。

 故人に代わり、今まで支えてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。

 尚、後日にお別れの会を予定しております。

 詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。

 誠に勝手ではございますが、供物、供花、弔電などはご遠慮させていた だきますこと、ならびに、本件に関わる問合せ先は、株式会社楽天野球団 としていただけますようあわせてお願い申し上げます。
スポニチアネックス1/6(土) 9:04配信


 ◎競馬界に衝撃!角居厩舎解散!ウオッカ、ヴィクトワールピサ輩出の名門

競馬界に衝撃的なニュースが飛び込んできた。日本が誇るトップトレー ナー・角居勝彦調教師(53)=栗東=が21年2月をもって調教師免許を返 上することが5日、明らかになった。牝馬でダービーを制した7冠馬ウ オッカ、ドバイワールドCを日本馬として初めて制したヴィクトワールピ サ…多くの名馬を輩出してきた名門厩舎が、あと3年で解散する。

押しも押されもせぬトップトレーナーが厩舎の解散を決断した。

11〜13年まで3年連続でJRA賞最多勝利調教師を獲得。毎年のように ビッグレースを制し、中央、地方、海外G1通算35勝は現役最多を誇る 角居師が、21年2月をもって調教師業を廃業することが決まった。

 全国リーディング3位に輝いた昨年もキセキで菊花賞を制した関西の名 門厩舎だ。誰もが驚く突然の引退宣言に、「天理教を継ぐためです。昨 年、母が体調を崩して教会に通えなくなり、この1年間考えました」と角 居師は決断に至った理由を説明。競馬界を離れ、地元の石川県で、祖母の 代から受け継ぐ天理教の仕事に従事するという。

 昨年誕生したウオッカの6番子の牡馬(父フランケル)など17年生ま れの現1歳馬で挑む20年が、師にとって最後のクラシックとなる。また、 今年生まれる馬は預かっても3歳2月末の転厩となることなど、馬主に対 する配慮から、この段階での発表に。既に緊急のお知らせとして馬主には 文書での通達も行っている。「うちの厩舎は、早い時期に預かることが決 まります。そのため、早めにお知らせさせていただきました」と明かした。

 国内外でその手腕を発揮し、多くの活躍馬を育て上げた名トレーナー。 また、障がい者乗馬を支援する団体の普及や活動などにも尽力してきた。 「あと3年と少しですが、目いっぱい、手を抜くことなくやりたいと思い ます」。

ウオッカで64年ぶりとなる牝馬によるダービー制覇(07年)を成し遂げ、 ヴィクトワールピサでの11年ドバイワールドCの日本馬初制覇では、東日 本大震災で沈む日本を勇気づけた。国内だけでなく、“世界のスミイ”と呼 ばれる名伯楽は、開業から丸20年で競馬界を去る。デイリースポーツ 1/6(土) 5:01配信



 ◎24時間営業に「黄信号」=人手不足が深刻化―コンビニ大手

大手コンビニエンスストアの24時間営業に黄信号がともっている。店舗数 の拡大が続く一方で、アルバイト店員などの人手不足が深刻化しているた めだ。各社は一部作業の機械化などで省人化を進めているが、客足が伸び ない深夜に店を閉めるところも出始めた。

顧客の奪い合いが激化する中で、各社の置かれた状況や経営方針の違いが 深夜営業への対応という形で浮き彫りになりそうだ。

ファミリーマートは国内の数店舗で、深夜に店を閉めたり、併設する自動 販売機だけの営業に切り替えたりする実験を行っている。沢田貴司社長は 「(深夜営業が)必要ない所は必要ない」と割り切る。

ローソンの竹増貞信社長は「24時間営業だからこそ防災・防犯の拠点にな りうる」と強調。同社は人手不足を補うため、スマートフォンのアプリを 使って顧客自身が代金決済する仕組みを開発し、深夜のレジを無人化する 実験を今年春に行う予定だ。

 業界最大手のセブン―イレブン・ジャパンも24時間営業を維持する方針 だ。古屋一樹社長は「労働環境の整備が最大の対応策。人手は不足してい ない」と人材確保に自信を見せる。古屋氏によると、深夜に店を閉めれ ば、配送業者による店舗への納品や店頭への品出しで「作業が回らなくな る」など、逆にデメリットがあるという。

一方、北海道で店舗数トップのセイコーマートは、もともと全体の4分の1 程度しか24時間営業をしていない。今年の元日もおよそ半数の店が休業し た。運営会社のセコマ(札幌市)の担当者は「従業員の働きやすさを優先 し、需要に応じて柔軟に対応している」と説明する。
時事通信1/6(土) 5:25配信


 ◎マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化

東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は、新興企業 向け株式市場「マザーズ」と「ジャスダック」を統合する方向で検討に入る。

日本を代表する新興市場としての位置づけを明確にし、投資家の資金や上 場企業を呼び込みやすくして市場を活性化させる狙いがある。

マザーズとジャスダックが統合すれば、上場企業数が約1000社、企業価値 を表す時価総額の合計が約16兆円の市場が誕生する。上場企業数などで、 世界有数の英新興市場「AIM」に匹敵する規模になる。

JPXは2018年半ばから、3年間の展望を示す中期経営計画を新たに策定 する。これに合わせ、再編の検討を本格化させる。

 JPXはマザーズとジャスダックで異なっていた、株式売買を仲介する 証券会社が支払う手数料を16年9月に統一し、新興市場の再編に向けた 環境を整備し始めている。読売新聞1/6(土) 6:12配信



 ◎「核使えば北朝鮮という国無くなる」…防衛相

小野寺防衛相は5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、核・ミサ イル開発を続ける北朝鮮について、「(核兵器を)日米韓に使えば、北朝 鮮という国が無くなるほどの影響を受けることになる」と述べ、けん制した。

 北朝鮮との対話再開の条件については、「北朝鮮が核、ミサイル、拉致 の問題について政策を変えて初めて対話が実のあるものになる。対話のた めの対話では意味がない」と述べ、安易な譲歩をしない考えを強調した。

 北朝鮮への対処方針に関しては「前提は圧力だ。日米韓は変わっていな い」と述べ、結束して圧力を強める路線を堅持する考えを示した。
読売新聞1/5(金) 23:09配信




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

8日も東京湾岸は晴れているが午後は雨になるようだ。


快晴の南の空を見ていると羽田から北の都市を目指した飛行機が高度を上 げて行くのが見える。他方東の窓からは多分成田から飛び立った飛行機が 西を目指して流れるように飛んで行く。中国を目指しているのだ。

中国へは国交回復時と平和友好条約交渉時それに誘われて上海観光と3度 行ったがもう行きたくない。汚い国だ。少雨で国全体が常時水不足だからだ。

7日の東京湾岸は快晴、爽快。

安倍晋太郎も渡辺美智雄もすい臓がんで死んだ。気づいたときは既にに手 遅 れというのがこのガンの特徴らしい。私の友人は大新聞の政治部長か ら総 理大臣を目指す安倍晋太郎の秘書になったが安倍はすぐ死んでし まった。 彼は道に迷い、郷里の市長になったが、こと志と異なり、結局 人生が狂っ てしまった。彼とは同じ秋田出身で福田赳夫番だった所為で 仲良しとなり 一緒にゴルフをしたり韓国旅行をしたりしたが最近は付き 合いが途絶えて いる。がんは人生を狂わせる。

東京湾岸は、このところ冬にも拘わらず爽快な天気が続いている。

若い頃無茶買いしたCDが1000枚はある。せっせと聴いているが死ぬまでに 聴くききれまい。7日午後は「スリー・グレイセス」の10曲を聴いた。

隣りの第3亀戸中学校、冬休み中だが、校庭には生徒たちがやってくる。 6日午後も女生徒数人がやってきてテニスをしていた。
                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/01/08

    因果応報の歴史的な瞬間がやってきた。虚偽の“テロとの戦い”に加担したアメリカを拠点とするトップの大半は、今やキューバのグアンタナモ湾にある米海軍基地に自分たちが移送されて行っている。



     ロスチャイルドのアセット【使い勝手の良い価値ある存在と見做している外部協力者】であるジョージ・ソロス、ピーター・ムンク、ピーター・サザーランド、ブッシュ家、ポデスタ家、そして其の他大勢が軍事法廷にかけるためにグアンタナモ基地へ空輸された可能性がある。国防省があそこの監獄を改良するために5億ドルを費やし、更なる軍警察や海兵隊を送り込んでいる。





    新たなアメリカ革命がどれほど歴史的なものかを示す数多くの印の1つとして、国会議員30人が新年に戻って来ないだろう。



     米元大統領ビル・クリントンが司法取引を当て込んで、CIAの元長官ジョン・ブレナンや米国のモサド工作員のトップであるラーム・エマニュエル、元副大統領ディック・チェイニーや其の他諸々について暴露していっている。





     加えて、ドナルド・トランプ米大統領が2018年1月を“反奴隷月間”として宣言し、

    https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/president-donald-j-trump-proclaims-january-2018-national-slavery-human-trafficking-prevention-month/



    ……世界各地の人身売買拠点が襲撃され、活動停止に追い込まれていっている。ロシアのFSB【ロシア連邦保安庁】筋によると、サウジアラビアでは、三千人の児童性奴隷が解放された。



    米国では12月27日に“小児性愛天国のディズニーランド”で停電が起こった。奴隷業者と戦っている特殊部隊があの場所に奇襲をかけたからだ。



    一つの動きとして、ジュリアン・アサンジがカバールを引き摺り降ろすためにエクアドル大使館から移された。彼は元大統領補佐官のマイケル・フリンと共に赦免されるかもしれない。



     更にクリスマスの日には、デルタフォースが前大統領バラク・オバマが所有する邸宅に奇襲攻撃をかけた……

     このタイの邸宅には銃や爆弾や黄金やトンネルまであり、タイの元首相タクシン・チナワットやブッシュ家や人身売買と関わりがあるかもしれない。





    金に裏打ちされた新世界通貨を裏付けるために使用される予定の金塊の大半は、ジャカルタに保管されている。10万トン以上はある。それはスカルノが担保口座群のM1だった時代から存在する“帳簿外”の金塊(Au)として知られている。この金塊の一部が先週盗まれた。



     表向き公表された話はこちら:

    https://kalbar.antaranews.com/berita/358399/president-to-attend-joint-christmas-celebrations-in-pontianak



    どのようにしてジャカルタへ金塊が移されたかはこちら:

    https://kalbar.antaranews.com/berita/358395/satkamla-lantamal-xii-ikut-amankan-kunjungan-presiden



    言い換えると、インドネシアのイスラム教徒の大統領がクリスマスを祝うために訪問するというのが、100トンの金塊を移動させる大規模な海軍の作戦のカモフラージュだった訣だ。



    しかしながら、金塊を運んでいたこの海軍の船は国際水域上で乗っ取られた。



    あれは非常に良く計画された作戦でした。金塊は、レムクタン号からとある潜水艦に積み込まれ、シンガポールへと向かう途中でレーダー上から消えたのです。



    シンガポール政府の上層部何人かと手を組んだ、インドネシア政府の上層部が一丸となって行った策略の一環でした。ベトナムでのAPEC首脳会議が私利私慾に利用され、秘密会合にて当該約束は交わされました。この劇場の最も主要な役者連中が計画を立て、金(きん)をまんまと奪いおおせたのです。



    この金塊は、ロシア・中国・インドと共に立ち上げる金に裏打ちされた新通貨のごく一部として使われる予定でした。現在のところは純度90%ですが、容易に純度99.95%(LBMA【ロンドン地金市場協会】での取引が許される最低純度)へ再び溶解出来るシロモノです。



     推定80から100トンの盗まれた金塊は、インドネシア政府のトップのほんの数名を3次元マトリックスにて(このマトリックスが持続する限り)凄まじく裕福にしてくれることでしょう。ですが問題は、彼らが大変重要なものを盗んでしまったという点です。



    この金塊は人類のためのものでした。投獄あるいはそれ以上の厳重な処罰を含む余波が来るだろう。当該金塊の動きは、良識派の管理下にある特殊機器によって監視されているのです。犯人連中が隠れられる場所はどこにもありません。奴らの名前は既に把握されています。



    こういった腐敗したトップの政治家連中は自分たちの御主人様で、インドネシアに依然として強力な牙城を保持しているシオニストのカバールから命令を受けていました。







    この動きと件(くだん)の金塊略奪は、今年上半期のどこかで起こるとされている何らかの大きな金融イベントに繋がっている。



    インド、ロシア、中国と其の他大勢の国々が金に裏付けされた通貨へと移行すると公けに発表した。中国は金(きん)や元で石油取引をするとも言っている。更に、連邦準備制度理事会の経営陣全体の顔ぶれも刷新された。



     世界各地の株式市場も益々現実から乖離していっているのを我々は目撃しているところだ。経済の基礎さえ一度も勉強したことのない人間であろうと、より多くの人々が買うより売りに走れば、価格が落ちることくらいは分かる。



    なのに米国株式市場は記録的な高みに到達し続けている。2013年以降ずっと、売り手は買い手の数を遥かに上回っているというのにだ。現実は常に何がしかの手段で追い付いてくるもの。そして幻影は決して永遠に続かない。

    https://www.zerohedge.com/news/2017-12-31/stocks-all-time-highs-there-one-question-traders-cant-answer



    地平線の方には新たなリーマン・ブラザーズ型のショックの兆候も見られる。

    https://www.zerohedge.com/news/2017-12-31/chart-day-hasnt-happened-2008





    何にせよ、もし適確な行動に出れば、ハザールマフィアの支配は米国内だけでなく世界規模で今年中に完全に終わらせることは可能だろう。この戦いの初期において、「軍人であるが如く思考」し、具体的な標的を提示するように言われた。



     問題が究極的にはP2フリーメーソン・ロッジに、そしてローマ皇帝の子孫どもが支配する単一世界宗教およびファシストな世界帝国の樹立という奴らの計画にあるとの結論に至らざるを得なかった。



     例えば最近、テレビ版の『ボーン・アイデンティティー』のミニシリーズを見るように言われた。ジャッカルことカルロス(ラミレス・サンチェス)という前世紀の後半30年間に渡って活動していた悪名高きテロリストを追跡する話だ。



     興味を惹かれたのは、カルロスが修道院に匿われ、教会を根城として仕事をしているとドラマが描いている点だ。何故惹かれたかというと、P2フリーメーソン・ロッジが、カソリックと共産党の両方を動かしているのはP2フリーメーソン・ロッジだと教えてくれたからである。



     全く持って苛立たしいのは、1994年に逮捕された小説ボーン・シリーズのモデルとなった本物のカルロスが、2003年にテロを推進するような本『革命的イスラム』を出版することを許された点だ。



     

    現在もフランスで服役中(三度の終身刑判決)の通称「ジャッカルのカルロス」。高校生の頃には故郷ベネズエラの共産党に参加。ロシアの大学(西側に共産主義者を養成していると言われた大学)を退学して以降、パレスチナ解放人民戦線の一員として戦いを繰り広げたため、モサドに濡れ衣を着せられたと彼自身は主張しています。

     確かに逮捕されたのは冷戦時代(1975年)ですし、故チャベス大統領は「革命家」として称讃していましたし、妙にすっきりしたお顔なんですよねぇ……



    こういった連中がどういう人間かは、統制されたメディア操作の中で連中が常に恐怖を煽り立て、(イラン・北朝鮮・シリアなど)戦争を推進しているところから窺い知れるというものだ。



    ということで結論だが、もし米軍と諜報機関の良識派が2018年内にこの戦いを終わらせたいと願っているのであれば、カラブリア半島、ローマ、ミラノ、テルアビブ、ツークとバーゼルを標的にするようお勧めしておく。



    そうすれば、テロだの、偽旗だの、独身で若いムスリム男性の欧洲への大量移民問題などの背後に蠢くソーシャル・エンジニア【大衆(ソーシャル)を操作(エンジニア)するサイコパス的専門職】に自ら進んでなった連中をノックアウト出来るだろう。フランシスコ法王なぞ、奴の地球温暖化詐欺の推進もそうだが、この悪魔的な集団におあつらえの看板に過ぎない。



     この惑星に暮らす人々と生き物にとって、幸せと勝利に満ちた新年としようではないか。

  • 名無しさん2018/01/08

    えべっさん【汚鮮】コンスに染まってしまった 大阪 今宮戎神社 福娘【選考会の立ち居振る舞いが変わったのは何故だ?】

    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/6cadec4ecfd08beef49aa758f2bfbead

    成人式にはじける若者たちへ(笑)

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235728

    30人の子供を強姦したエイズ感染者のペド僧が、教会の外に吊るされて発見 

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180105.pdf

    「女性宮家」の工作員

    http://kwout.com/t/5d25dmxc

    諸悪の根源マンセー日弁連20

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/02/2158%e3%80%80%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a3%e2%91%b3/

    中国資本の影が忍び寄る「北海道人口1000万人戦略」のワナ “素性”不明の発電所が多数存在…跡地は誰も把握せず

    http://www.sankei.com/premium/news/170225/prm1702250034-n1.html

    「韓国に制裁科せ」慰安婦合意の破棄検討する“無法国家”に強硬論噴出 菅氏「1ミリも動かさない」にも「消極的」の声

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000008-ykf-int

    ユーチューブ・ライブ試験放送

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53264868.html

    のん

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%AE%E3%82%93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjzwOTf7sLYAhWMvrwKHfjAAMcQ_AUICygC&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    南京虐殺の嘘を『中国専門家が”辛辣な指摘”で完全否定する』凄絶な展開に。証拠があるはずなのに消えた

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50506974.html

    近江町市場

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E7%94%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4

    四足の動物を拝む愚かさを知ろう 

    http://tenryu90.info/26/

    善を見れば則ち遷り、過ちあれば則ち改む 

    https://ameblo.jp/chausuyama/entry-12086209883.html

    新チャイナ・セブンはマジック――絶妙な距離感 8

    https://www.excite.co.jp/News/world_g/20171027/NewsWeekJapan_E202173.html?_p=8

    お知らせ

    http://nittablog.exblog.jp/13523391/

    崎谷 長尾の間違いだらけの食事健康法!先住民食と糖質制限食。糖尿病は治る!?パレオダイエットとは?

    http://true-health2.com/archives/171

    男児へのHPVワクチンは勧めない!(英の諮問委員会決定)

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1836

    再使用禁止の医療機器を使い回し、大阪府立4病院で 

    https://ameblo.jp/socbhe2/entry-12323393356.html

    「夫婦別姓って何?」 反対派のための反論ネタ(40) 

    https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10505567340.html

    ●天山天池

    http://zion1.matrix.jp/silkroad/silkroad03.html

    【神霊学】念 障 害 

    https://ameblo.jp/ad0125ad/entry-12310232184.html

    野田聖子に文春砲!

    http://light-shade.net/post-3671

    生粋の日本人女性=私が韓国人男性に夢中でない事は認められない。

    http://realjapanese.blog.fc2.com/blog-entry-784.html

    アメリカでは癌の死亡率が下がったのに、日本では今でも上がり続けているたった1つの理由。

    http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/f02ced31b0d780c965ee0ee84171cea0?fm=entry_awp

    細井平洲 Hosoi Heishu

    http://www.nagaragawagarou.com/visualmuseum/m-heishuu.html

    「タルト」。失敗のはずが、なぜ大成功に?

    http://tabi-labo.com/278914/tortacaprese

    榊原るみ 

    https://www.pictaram.org/hashtag/%E6%A6%8A%E5%8E%9F%E3%82%8B%E3%81%BF

    共立女子中学高等学校

    https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/chukou/news/detail.html?id=154

    ・自ら命を断つとどうなるか

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-69b2.html

    「内部告発したな?クビか退職か選べ」 → これが復讐になるのか分からないが、今は大変なことになってるらしい

    http://sk2ch.net/archives/37034