政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4568号  2018・1・7(日)

2018/01/07


□■■□──────────────────────────□■■□  
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4568号
□■■□──────────────────────────□■■□





      
        2018(平成30)年1月7日(日)



           東アジアを無秩序状態に:加瀬英明

         イランの反政府暴動にもめげず:宮崎正弘
       
       憲法改正の機会は2018年しかない:櫻井よしこ
            
                                                       
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4568号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━
東アジアを無秩序状態に
━━━━━━━━━━━



       加瀬 英明


東アジアを無秩序状態にしたのは日本国憲法である

北朝鮮が日本の安全を脅かし、国民をうろたえさせている。

だが、北朝鮮は人口僅か2千数百万人、経済が完全に破綻した弱小国でし かない。

いつ、北朝鮮危機が爆発するか分らない。日本がある東アジアは、無秩序 状態にある。

昨年10月の総選挙で立憲民主党や、日本共産党、社民党に投票した「専守 防衛」を信仰している人々は、これまで憲法第9条が日本の平和を守って きたと信じていよう。

だが、東アジアをこのような無秩序状態にした最大の原因は、何だろうか。

日本国憲法である。もし、日本がサンフランシスコ講和条約によって独立 を回復した後に“マッカーサー憲法”を改正して、日本より経済規模 (GDP)が半分しかないイギリスか、フランス程度の軍事力を整えてい たら、弱小国にしかすぎない北朝鮮によって侮られることはなかった。

イギリスとフランスの経済規模を足すと、ちょうど日本と並ぶが、両国は 核武装しており、空母や、核を搭載した原潜を保有している。イギリスも フランスも平和愛好国だ。

そうだったら、北朝鮮が日本列島を試射場として使って、頭越しにミサイ ルを撃つことはなかった。中国が隙あらば尖閣諸島を奪おうとして、連 日、重武装した海警船によって包囲することもなかったろう。

「平和憲法」が日本の平和を守ってきたはずがない。イギリス、フランス を手本にしたい。

日本は「平和憲法」による専守防衛の制約によって、北朝鮮を攻撃する能 力がない。だから、アメリカに縋(すが)るほか、国を守る手段がない。

専守防衛の制約を守れば、敵軍が日本本土に上陸するか、敵のミサイルが 国土に飛来するまでは、迎え撃つことができない。

私は40歳の時に福田赳夫内閣の首相特別顧問として、対米折衝に当たっ た。その時に、防衛庁の要請によって、日本最初の安全保障問題の研究所 が設立されて、私が理事長をつとめた。アメリカの研究所と、日米の防衛 共同研究を行った。

アメリカの研究所から、戦車の専門家が3人来日したので、陸上自衛隊の 富士演習場に案内して、戦後2番目の国産戦車の74式戦車に試乗しても らった。74式戦車は1974(昭和49)年に、制式化されたものだ。

富士演習場に世界で唯一つといわれた、戦車砲のシミュレーターがあっ た。砲塔の砲手の席に座ると、田園風景が前方のスクリーンに映しだされ て、そのなかを敵戦車が光点となって移動する。

光点を狙って引き金を引くと、衝撃とともに模擬(もぎ)砲塔が震動する。 私もシミュレーターを体験したが、眼前にひろがる農村風景を見て、一 瞬、戦慄を覚えた。

のどかな田園風景に農家が点在し、畑のなかにピップエレキバンの野外広 告板がたっていた。

専守防衛は国土を戦場とする。先の大戦末期に、狂信的な軍人たちが本土 決戦」「一億総特攻」を叫んで、日本民族が滅亡するところを、昭和天皇 が救って下さった。

昨春、軍事専門誌として人気が高い『丸』3月号が、国産戦車第1号の 61式戦車を特集していた。題名が「『本土決戦用戦車』61式戦車誕生 ス」というものだった。

現行の日本国憲法は、平和をもたらさない。

悲惨な災いを招くことを、知ってほしい。


     
━━━━━━━━━━━━━━
イランの反政府暴動にもめげず
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月5日(金曜日)
        通巻第5567号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 イランの反政府暴動にも国連制裁にもめげず
   中国はイラン投資を数百億ドル規模に拡大し、続行中
*********************************

イランの反政府暴動は2週目に入り、社会騒擾は過激化して収まる気配が ない。ハメネイ師は「背後に外国の煽動がある」と発言しているが、デモ の矛先は、その宗教指導者に対しても向けられるようになった。

米国がオバマ政権で合意した核合意を見直し、トランプ政権はイラン制裁 の度合いを強めた。このためフランスの「トタル」はイランにおけるガス 鉱区開発から手を引いた。その利権をさっと確保したのは中国だ。

騒擾は過激化し、すくなくとも20人以上が死亡、1月3日までに450人が 逮捕されたが、「これは人権抑圧だ」とする米国のニッキー・ヘイリー国 連大使はジュネーブの国連人権委員会に緊急会合の開催を呼びかけた。

「中国にとって過去40年、イランは地政学的に重要なハブであり、近年の 一帯一路プロジェクトに関連した多くの投資を行ってきており、こんかい の騒擾、社会擾乱があろうとなかろうと、投資は続行されるだろう」(マ ルチェル・ドラジ=テキサス・クリスチャン大学教授)

中国鉄道公司はイラン国内に5億3800万ドルの鉄道敷設計画を打ち上げて いる。

シノペックは撤退するフランス「トタル」のガス田開発利権を代替すると 発表した。トタルが確保してきたガス田は、南パルス・ガス田といわれる。

中国のCITICは、イランの銀行に100億ドルの信用供与に踏み切り、 また中国開発銀行は150億ドルの与信枠での貸し付け拡大方針を発表した。
 ――捨てる神あれば、拾う神あり。 
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号の解説によれば、中国中央弁公庁がだしたという 北朝鮮の核ミサイル容認、凍結の替わりに長距離ミサイル供与とかの機密 文書はフェイクであり、どうやら台湾情報筋の偽造ではないかとも示唆さ れておりますが、かの米国亡命中の郭文貴の仕業という説が俄に流れてい ます。
 真相はどうなのでしょうか。(BN生、小岩)


(宮崎正弘のコメント)その情報は『多維新聞網』ですね。同紙は北京寄 りですから、さらに信憑性が薄いです。

かれらに拠れば、米国亡命中の郭文貴が米議会の強硬派のマルコ・ルビオ 上院議員(共和党、フロリダ州)などをオルグするためにでっち上げたと 主張していますが、これも共和党内の対中強硬派の団結を別な方向から削 ごうとする罠かもしれません。
 謀略の世界は奇々怪々です。



  ♪
(読者の声2)中国における臓器移植問題を考える会の集会が開催されます。
Stop Medical Genocide! (中国の 医療虐殺を 止めろ)
「中国における臓器移植を考える会」 発足会のおしらせ (略称=SMGネッ トワーク)
 謹啓
 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、昨年7月の第 1回発起人会以来、9月、10月の発起人会、そして11月には地方議員の会 と、設立に向けて準備を重ねてまいりました当「SMGネットワーク(中国 における臓器移植を考える会)」ですが、来る1月23日、参議院議員会館 にて発足会開催の運びとなりました。

最早巨大な「人体ビジネス」と化した中国の臓器移植産業は人類史上未曾 有の、そして現在進行形の国家犯罪ですが、日本では議会もメディアも、 このホロコーストにも匹敵する重大人道問題をほとんど取り上げてきませ んでした。

当会はこの現実に警鐘を鳴らすべく、有志により設立された会です。
 発足会開催にあたりカナダから、10年間この問題の調査にあたってきた 元アジア太平洋担当大臣のデービッド・キルガー氏と国際人権弁護士とし て世界的に著名なデービッド・マタス氏を、イスラエルから、世界 に先 駆け移植目的での中国渡航を禁じる法改正を先導した心臓移植医の ジェ イコブ・ラヴィー医師をお招きし、それぞれの立場から中国で行われ て いる移植医療の実態について語って頂きます。

 更に当日は、この問題に関し深い関心を寄せる国会議員、地方議員、そ の他専門家や有識者の方々にも多数登壇いただく予定です。何卒ご出席い ただけますよう、お願い申し上げます。

            記

日時:1月23日(火)13:30(開場:13:00)〜16:30
会場:参議院議員会館地下1階 B 会議室 資料代:1000円
SMGネットワーク(代表/加瀬英明)
Tel   03-5925-8711  問合せ/ 090−9107−9721
email / nomuhata@nifty.com
 (事務局=野村)
http://freeasia2011.org/japan/archives/5339



━━━━━━━━━━━━━━━
憲法改正の機会は2018年しかない
━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

「憲法改正の機会は2018年しかない 成し遂げねば日本の真の再生は 難 しい」

2018年は、大袈裟でなく日本の命運を決する年になる。戦後72年間かけて 日本人の「常識」となった種々の価値観が根底から覆される年になるだろ う。私たちはそのような大変化に対処する覚悟ができているだろうか。
  
17年12月18日にドナルド・トランプ米大統領は、米政権の基本方針を示す 「国家安全保障戦略」(以下「戦略」)を発表した。56頁にわたる「戦 略」は、(1)力による平和の達成、(2)米本土と米国民、米国の価値観 と暮らし方の防衛、(3)米国の繁栄の推進、(4)米国の影響力の拡大、 を柱とする。

「アメリカ第一主義」を全分野にわたって実現し、米国を守り抜くという 視点から、トランプ氏は世界を分析した。この1年間の外交で必ずしも明 確にされてこなかった対中、対露政策も明確にされた。両国に対する分析 は厳しく、力によって米国優位を守り抜く決意が溢れている。
  
たとえば南シナ海における中国の行動を「拠点の建設と軍事化が南シナ海 における自由貿易の流れを危険に晒し、中国は他国の主権を脅かし地域の 安定を揺るがしている」と、客観的に見て正しく分析した。

「中国は急速に軍の近代化を進めているが、それは米国のインド・太平洋 地域への接近を制限し、中国優位を確立することになる」「中国の大戦略 は、相互に利益をもたらすと彼らは主張するが、中国勢力の強化はイン ド・太平洋諸国の主権制限につながる危険がある」
  
このようにも書いたうえで、米国は地域の安定と諸国の主権の相互尊重、 諸国の独立性尊重という価値観を掲げる国々と協力して問題に対処してい くと、謳い上げた。
  
 米国の対中、対北朝鮮への厳しい見方は、日本にとって心強い。それだ けに日本も努力しなければならない。
  
 現に北朝鮮問題に関して、「同盟国との関係強化」「公平に責任を分担 する同盟国との協力」の重要性を重視すると強調したのは日本への直接の 要請、要求と見てよいだろう。
  
 北朝鮮情勢、トランプ政権、中韓両国の歴史問題を含む執拗な対日攻 勢、中国の尖閣諸島への侵略行動など、日本周辺の状況はとてつもなく厳 しくなる。米国が守ってくれた戦後体制は様変わりし、国家としてどう対 処するのかが問われる1年になる。
  
 一番よいのは、無謀な挑発を日本に仕掛けても、それを退けるだけの力 が日本にあること、究極の場合、その力を行使できる国であることを示せ る体制をつくることだ。しかし、これは憲法改正なくしては不可能だ。眼 前の北朝鮮危機、中国による軍事的脅威には間に合わない。
  
だからこそ、日本は日米同盟を堅持しなければならず、そのために、イー ジスアショアなど、1セット1000億円といわれる高額な買物もせざるを得 ないのだ。だが、こんなふうに他国に頼りきりの国防政策は1日も早く変 えなくてはならない。自国と自国民は自国が守るという鉄則を確立しなく てはならず、憲法改正が必要だ。チャンスは実はこの1年しかない。
  
 政治日程を考えてみよう。19年は、4月に統一地方選挙、同月末には今 上陛下ご退位、5月には新陛下ご即位、7月には参院選挙、G20の主催に加 えて10月には消費税増税の予定もある。重要な国事が目白押しの19年に憲 法改正を発議し、国民投票を実施する余裕はないと思う。
  
その次の20年は東京オリンピックだ。安倍晋三首相3選の任期も終わりに 近づく時期であり、どれだけの影響力を残していられるのかは予測が難し い。こうして政治日程を考えれば、憲法改正の機会は18年しかない。
  
この1年で憲法改正を成し遂げることができなければ、日本の真の意味で の再生は難しい。18年こそが試練の年だ。頑張るときでもある。

『週刊ダイヤモンド』 2017年12月30日・2018年1月6日合併号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1213



             
━━━━━━━
最 新 情 報
━━━━━━━


◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2018年1月7日◇◆◇◆◇
▼唸声中国写真/ダウンジャケットが爆発?
[https://stat.ameba.jp/user_images/20180107/05/unarigoe/c0/6d/g/o0400022414106880812.gif]<https://stat.ameba.jp/user_images/20180107/05/unarigoe/c0/6d/g/o0400022414106880812.gif>

GIFは爆発して羽毛ではなくポリエステルのはみ出した中綿入りジャ ケット/唸声、他の写真や記事は以下の文學城にて
https://stat.ameba.jp/user_images/20180107/05/unarigoe/c0/6d/g/o0400022414106880812.gif

【浙江省】 1月4日午前、麗水市青田県鶴城街道の張さん宅でダウンジャ ケットが突然爆発した。服には穴が開いたが、ケガはなく無事だった。ガ スが漏れていて、ダウンジャケットによる静電気で爆発したというのだ が・・・。

かつてはダウンジャケットを洗濯して爆発したなんて事故も有ったが、な んでも爆発するこの国ならではの事故???

では、今週号をお楽しみください。
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12342441578.html
誕生日の音楽映像(フランシス・プーランク、作曲家)
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12342384194.html

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします
2018/1/7 唸声



 ?トランジション・テイ―ム(TT):前田正晶

マイク・ウルフ氏(Mike Wolff)の新作「炎と怒り(仮題)」(原 題:Fire and Fury: Inside the White House)がアメリカでトランプ政 権からの「嘘ばかりだから」との出版差止請求をものともせずに、5日に 出版日を9日から繰り上げて出版を敢行して即完売だったと報じられてい た。文中には「当選すると思っていなかったトランプ氏はその当選を聞い て幽霊のような顔をしていた」とある。

この報道を知って思い当たることがある。それは、このトランプ氏当選と 聞いてYM氏が語っていたことだった。話は少し遡るが、一昨年中に彼が21 世紀パラダイム研究会で「トランジション・テイ―ム」(政権移行準備テ イ―ムのこと)を語っていたのだった。

それは「アメリカでは政権が変われば閣僚は言うに及ばず、中央官庁の幹 部級は全て、合計で3〜5千名が入れ替わるので、その対策の為のテイ―ム は各党の候補者に決まった時点で結成されているのが常識である」との内 容だった。

ところが、トランプ氏は当選が決まった時点でもTTが完全に組織されてい なかったことが報じられていたのだった。YM氏は「それはあり得ないこと だ。閣僚だけではなく、ワシントンDCの中央官庁の実際の権限を持つ幹部 級は全て前大統領の息のかかった者たちなので、全て入れ替えねば政権の 運営が円滑に行かなくなる」とあらためて指摘したのだった。

米国の政権や政界の事情には明るくない私にも、トランプ氏は本当は当選 するとは期待していなかったので、TTの準備を怠っていたのではないのか とすら考えさせられたのだった。11月に当選して翌年の1月20日までに数 千名の候補者を集めるだけでも至難の業だろうし、一民間の不動産会社の オウナーがどれほど政界・財界・官界に人脈を築いてあるかという大問題 である。

果たせるかな、大統領就任後間もなく1年が過ぎようとしている時期でも ワシントンDCでのトランプ政権体制が整っておらず、韓国駐在の大使だっ てつい先頃任命されたという事態だ。矢張り、YM氏が指摘した通りでTTの 組織が遅れていたのは明らかだったと言えるようだ。

そこに、トランプ大統領の腹心だったはずのステーヴン・バノンが政権の 内情を暴露したようなことを語り、それをマイク・ウルフが1冊の本に纏 めたとなれば、発売即完売となったのも不思議ではない。

私はそういう出版の問題よりも、トランプ氏がTTを組織し終えずに立候補 していたという事実(だと思うが)の方に興味も寒心もある。YM氏はアメ リカでは未だ候補者に選ばれる前に、TTの組織に取りかかるものだと理解 されていると述べていた。即ち、要点は「それにも拘わらずトランプ氏 は・・・」という点である。



 
 ◎トランジション・テイ―ム(TT):前田正晶

マイク・ウルフ氏(Mike Wolff)の新作「炎と怒り(仮題)」(原 題:Fire and Fury: Inside the White House)がアメリカでトランプ政 権からの「嘘ばかりだから」との出版差止請求をものともせずに、5日に 出版日を9日から繰り上て出版を敢行して即完売だったと報じられてい た。文中には「当選すると思っていなかったトランプ氏はその当選を聞い て幽霊のような顔をしていた」とある。

この報道を知って思い当たることがある。それは、このトランプ氏当選と 聞いてYM氏が語っていたことだった。話は少し遡るが、一昨年中に彼が21 世紀パラダイム研究会で「トランジション・テイ―ム」(政権移行準備テ イ―ムのこと)を語っていたのだった。

それは「アメリカでは政権が変われば閣僚は言うに及ばず、中央官庁の幹 部級は全て、合計で3〜5千名が入れ替わるので、その対策の為のテイ―ム は各党の候補者に決まった時点で結成されているのが常識である」との内 容だった。

ところが、トランプ氏は当選が決まった時点でもTTが完全に組織されてい なかったことが報じられていたのだった。YM氏は「それはあり得ないこと だ。閣僚だけではなく、ワシントンDCの中央官庁の実際の権限を持つ幹部 級は全て前大統領の息のかかった者たちなので、全て入れ替えねば政権の 運営が円滑に行かなくなる」とあらためて指摘したのだった。

米国の政権や政界の事情には明るくない私にも、トランプ氏は本当は当選 するとは期待していなかったので、TTの準備を怠っていたのではないのか とすら考えさせられたのだった。

11月に当選して翌年の1月20日までに数千人の候補者を集めるだけでも至
難の業だろうし、一民間の不動産会社のオウナーがどれほど政界・財界・ 官界に人脈を築いてあるかという大問題である。

果たせるから、大統領就任後間もなく1年が過ぎようとしている時期でも ワシントンDCでのトランプ政権体制が整っておらず、韓国駐在の大使だっ てつい先頃任命されたという事態だ。矢張り、YM氏が指摘した通りでTTの 組織が遅れていたのは明らかだったと言えるようだ。

そこに、トランプ大統領の腹心だったはずのステーヴン・バノンが政権の 内情を暴露したようなことを語り、それをマイク・ウルフが1冊の本に纏 めたとなれば、発売即完売となったのも不思議ではない。

私はそういう出版の問題よりも、トランプ氏がTTを組織し終えずに立候補 していたという事実(だと思うが)の方に興味も寒心もある。YM氏はアメ リカでは未だ候補者に選ばれる前に、TTの組織に取りかかるものだと理解 されていると述べていた。即ち、要点は「それにも拘わらずトランプ氏 は・・・」という点である。


 ◎闘将・星野仙一監督が闘った「膵臓がん」は「最も恐ろしいがん」で ある。

星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 

星野仙一という偉大な男が闘った

膵臓がんは

「最も恐ろしいがん」といわれている

「最も恐ろしいがん」

膵臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることが多 い。

膵臓がんと新たに診断される人数は、やや男性に多い傾向にある。

膵臓がんは年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなる。



膵臓がん

出典:国立がん研究センター がん情報サービス

膵臓がんの恐ろしさ

2016年にがんで死亡した人は、372986人(男性219785人、女性153201人) である。

2016年の死亡数が多い部位は

男性で1位肺がん、2位胃がん、3位大腸がん、4位肝臓かん、5位膵臓 がん、

女性で1位大腸がん、2位肺がん、3位膵臓がん、4位胃がん、5位乳が んだ。

男女計では、死亡数4位に膵臓がんとなっている。

さらに膵臓がんは、がんと診断されてからの5年生存率が他の部位のがん と比べて格段に低い。

大腸がんは72.2%、肺がんは27.0%。膵臓がんは、なんと7.9%だ。

この数値から、膵臓がんは治療でも生命を救い難いがんであり、 膵臓が んはあらゆるがんの中でも最も生存率が不良である。

最新がん統計

出典:国立がん研究センター がん情報サービス

膵臓がんが、「難治がん」と呼ばれている理由に、

「早期発見が困難」「がんが転移しやすい」などが挙げられる。

早期発見が困難

膵臓は、胃の後ろ側に位置し、長さ20cmほどの細長い臓器。

体の深部に位置すること自体が、がんの発生が発見しにくいことにもつな がっている。

さらに、膵臓がんの早期では、ほとんど症状が無く、

進行がんになると「胃が重い」「食欲不振」「腰背部痛」「体重減少」で あり、膵臓がんに特異的な症状がないことが早期発見を遅らせ、ステージ 4期になると胆管が閉塞して黄疸や黄疸尿が現れるのだ。

慢性膵炎でもよく似た症状が起こる。

さらに、膵臓がんと診断された時点でも12.4%の患者は全く症状が認めら れないというのだ。



膵臓がんが疑われる症状から診断まで  

出典:日本消化器病学会

これが、診断の遅れにつながっている。

膵臓がんが発見されてから2年で多くの患者が亡くなっている。

がんが転移しやすい

膵臓には血管やリンパ管とつがる管があるため、リンパ管や静脈への浸潤 が起きやすくリンパ節転移も高確率で認められ、膵臓がんは発見された段 階ですでにステージ4(肝臓・腹膜・肺などの他臓器に転移している状 態)であることがほとんどである。

7〜8割の患者で外科手術の適応にならない場合や、たとえ切除可能でも 早期に再発を生じるのだ。

膵臓がんでの検査

第一段階として「血液検査」「腹部超音波検査(エコー検査)」であり、 異常が疑われた場合は精密検査としてCTやMRIなどの高度な検査を受ける ことになる。

膵臓は、食物の消化を助ける膵液の産生と、血糖値の調節などをおこなう ホルモン(インスリンなど)の産生をおこなうため、「血液検査」で血液 中の酵素やホルモンの濃度を測定し、膵臓の機能を調べる。

さらに、がん細胞が作り出す特定のタンパク質や酵素である「腫瘍マー カー」の濃度を測定することで膵臓がん疑いを発見する。

しかし、早期のがんでは腫瘍マーカーの上昇は認められないことが多く、 早期診断には用いることができない。

血液検査では、膵臓の酵素(でんぷんを分解して糖を作り出す「膵臓型ア ミラーゼ」など)や

腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、DUPAN-2)、胆道の酵素(ALP、γGTPなど) の上昇、

血糖やHbA1cの上昇、インスリンの低下が参考となる。

独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター

出典:膵臓がん

しかし、これらは必ずしも膵がんに特徴的なものではないのだ。

膵臓がんのリスク要因

喫煙は膵臓がん発症の危険性を2〜3倍に増加、肥満ではBMI(肥満指 数)が30以上で男性では3.5倍、女性では1.6倍に増加、糖尿病で1.85倍と されている。

慢性膵炎がある場合も膵臓がんの危険性が増すと指摘されている。

特に若年時に過体重である場合には、膵臓がんリスクが最も増加するとい われており、運動習慣や青魚などの不飽和脂肪酸を含む食事がリスクを軽 減する。

柳田絵美衣
臨床検査技師(ゲノム・病理検査)、国際細胞検査士

播磨の国出身。医学検査の”職人”と呼ばれる病理検査技師となり、細胞の 染色技術を極める。優れた病理検査技師に与えられる”サクラ病理技術賞” の最年少、初の女性受賞者となる。バングラデシュやブータンの病院にて 日本の病理技術を伝道。2016年春、大腸癌で親友を亡くしたことをきっか けに、がんゲノム医療の道に進み、クリニカルシークエンス技術の先駆者 として奮闘中。臨床検査専門の雑誌にてエッセーを連載中。講演、執筆活 動も多数。国内でも有名な臨床検査技師の一人。
柳田絵美衣  | 臨床検査技師(ゲノム・病理検査)、国際細胞検査士



◎「有料トイレ」誰が使う? 東京駅構内に1か所、付近には無料トイレも

東京駅改札外の飲食店街「キッチンストリート」には、有料トイレが設置 されています。

日本国内では目にすることの少ない有料トイレですが、どのような意図で 設置され、どのような人が使っているのでしょうか。トイレを管理してい る鉄道会館に聞きました。

――いつ、どのような目的で設置したのでしょうか?

 2004(平成16)年10月28日の「キッチンストリート」開業日から設置し ています。トイレは「キッチンストリート」をご利用いただくお客さまへ のサービスとしてのものです。食事をされたお客さまには、トイレの入口 を解錠できるメダルを店舗でお渡ししています。ただ、飲食店街のご利用 はなくても、トイレだけお使いになるお客さまもいらっしゃるため、100 円でご利用いただけるようにしました。 

――「キッチンストリート」利用者以外では、どのような人が利用している のでしょうか?

 常時状況を監視することはできないため、どのような方が使っているの かは把握しきれておりません。オムツ替えをしたい方などがご利用してい る可能性はあります。

               ※ ※ ※

鉄道会館では、お昼時に案内係が「キッチンストリート」周辺に立つこと もあり、その際にトイレを聞かれた場合は、近くの無料トイレを案内する こともあるそうです。周辺にある無料トイレは2か所、うち1か所は「黒塀 横丁」という飲食店街の中にあります。

有料トイレ、今後はどうするのか

「キッチンストリート」と「黒塀横丁」いずれにもトイレがありますが、 なぜ一方だけ有料なのでしょうか。引き続き、鉄道会館に聞きました。

――「キッチンストリート」と「黒塀横丁」のトイレを、有料と無料とに分 けた意図は何かあるのでしょうか?

  施設利用のお客さまや流動の違いから、設備管理維持の目的もあり 「キッチンストリート」は有料とさせていただきました。

――有料トイレと無料トイレはどのような点が違いますか?

  通常のトイレより清掃頻度を上げて、快適にご利用いただけることを 心がけています。

――今後、どのように運営していくのでしょうか?

 2004年の開設当初は珍しかった有料トイレですが、その後、商業施設を 中心にトイレ環境が見直されてきたため、施設のリニューアルのタイミン グなどを機に運用方法を検討していく予定です。

          ※ ※ ※

トイレを取り巻く環境は年々進化し、ゆったりしたパウダーコーナーやお むつ替えコーナー、授乳室が無料で使えるトイレも増えています。今後、 有料トイレの存在意義も変わっていくのかもしれません。
.
乗りものニュース編集部
乗りものニュース1/6(土) 7:20配信


 ◎「エッつ、何の音」かと思えば緊急地震速報だった:前田正晶

5日の午前中は掛かりつけのSクリニックに年始のご挨拶ではなかった、昨 年から悩まされ続けた気象病が年を越して如何なる具合であるかを診て頂 きに行っていた。

S先生が血圧等を測って下さった後で「どうやら無事に年末・年始(休診 期間中)を切り抜けていた」と診断して下さったので一安心だった。

その一寸前に、未だ順番が来るのを待っていた11時頃のことだった。突然 5〜6人はいた待合室中に妙な音が響き渡ったのだった。皆が「何事か」と 顔を見合わせていたところ、1人の高齢と思える女性がやおらスマート フォンを取り出して「地震の速報よ」と何事でもなかったように宣告され て、何故か皆が安心してしまった。

待っていた中で男は当方だけだった所為もあってか、皆が安心した後でス マートフォンを取り出したのも印象的だった。何を隠そう私は未だに「ら くらくホン」という古き良き時代の携帯電話なので、あの場で取り出さな くて良かったのかとすら考えている次第。

不思議だと思ったことは「緊急地震速報」に誰一人として反応せず、悠々 と順番を待っていた悠長さである。私は電話を取りだして見ることすら思 いつかなかった。これでは折角の速報も何の役にも立たないと証明された のではなかったか。S医師も診察室には携帯電話の類いを置いておられな いので、気が付いておられなかったのは当然かも知れない。

実は、帰宅してあらためて「緊急地震速報」と知って携帯電話を取り出せ ば、矢張りメールは来ていた。その電話機も脱いでいたダウンジャケット のポケットの中に入れてあったので、受信音が鳴っても気が付かなかった のも止むを得なかったのだと勝手に解釈している。だが、あれが言わば誤 りの速報で本当に良かったとは思うが、速報が当てにならないと思われた ことは決して良いことではないのだ考えている。


 ◎見え透いた社交辞令は言わない方が:前田正晶

単なるおべんちゃらになってしまう危険性がある。

それは、初めて日本に来て馴れぬ日本食の接待を受け、箸が上手く使えに ず難渋しているところに、気を利かせたつもりで Youhandchopstick(s)very  well. などとお世辞を言う人が多いのです。

彼らは社交性がありますから Oh, thank you. などとは言いますが、心の 中では「苦労しているのが解っているのに良く言うよ」と怒り心頭が本当 の姿。

日本にやって来て、「有り難う」か「こにちは」(「今日は」のつもり) 程度しか知らないので精一杯頑張っているところに Oh, you speak very good Japanese. などと見え透いた社交辞令を言われる方が多いのです。 この場合も、言われた方は「ふざけるなよ。日本語など知らねーのに」と 気分を害しています。これではかえって逆効果で「日本人は見え透いたお べんちゃらを言う」と思われてしまうのです。

お世辞や社交辞令の使い方は難しいものだと思います。実際にアメリカ人 に「何で彼らはあんな見え透いたことを言うのだ」と不満をぶつけられた 経験があるので言えるのです。



 ?米、国連難民救済機関へ拠出凍結か=パレスチナ支援見直し

【ワシントン時事】米ニュースサイト「アクシオス」は5日、米国が国連 パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する1億2500万ドル(約141億 円)の拠出を凍結したと報じた。

トランプ政権のパレスチナ支援見直しに伴う一時的措置とされるが、活動 に支障を来しかねないと懸念する声が出ている。

  同サイトが西側外交関係者の話として伝えたところでは、凍結された のは米国のUNRWA向け年間拠出額の3分の1に相当し、今月1日までに支払わ れるはずだった。米国務省当局者は、今後の対応について「1月半ばまで に決まる」と説明したという。

トランプ大統領は2日、ツイッターに「パレスチナがこれ以上、和平につ いて話す気がないなら、どうして彼らに多額の支払いをしなければならな いのか」と投稿。パレスチナ自治政府がイスラエルとの和平交渉に取り組 まない限り、支援の打ち切りもあり得ると警告していた。
時事通信1/6(土) 8:19配信


 ◎合格祈願お守りに微量の有害物質 JR西「人体影響なし」

列車の滑り止めに使う砂を合格祈願のお守りにする「すべらサンド」の一 部に微量の有害物質が含まれていたことが判明し、JR西日本金沢支社が福 井県内での配布を取りやめたことが5日、分かった。同支社は「自然界に 存在する物質で健康への影響もないが、受験生の安全を考慮した」として いる。

「すべらサンド」は、JR山口線を走る蒸気機関車(SL)が急勾配を上る際 に滑らないよう動輪とレールの間にまかれている砂を神社で祈願し小袋に 詰めたお守り。受験の縁起物として、県内ではJR福井駅などで2003年から 無料配布されていた。同県嶺南では「すべらない砂(さ)」として手渡さ れていた。昨年は県内6駅で計1854袋を用意、配布前に行列ができる人気 ぶりだった。

同支社によると、山口県内から取り寄せた砂をJR西日本本社(大阪市)が 昨年12月に初めて検査したところ、一部に発がん性物質を有する「結晶性 シリカ」が含まれていることが分かった。

結晶性シリカは自然界に存在し「長期間、大量に吸引しない限り問題な い」(同支社)ものの、念のため使用を見送った。砂の代替物を検討した が入手の調整がつかず、来年以降の実施も未定という。JR福井駅は昨年12 月27日から中止を知らせる張り紙を掲示した。
福井新聞ONLINE1/6(土) 8:39配信



 ◎「かあちゃんに会いたい」不明の妻待ち続け、1人の正月 それでも前 へ 九州豪雨から半年

九州豪雨の発生から5日で半年。妻の行方はいまだに分からない。福岡県 朝倉市杷木松末(ますえ)の建設業、田中耕起さん(54)は結婚して32年 で初めて、正月に妻加奈恵さん(63)のおせちや雑煮を食べられなかっ た。思い出すのは妻の顔。寂しくて、気を紛らわせようと、酒量が増え た。「どんな形でもいいから、かあちゃんに会いたい」。待ち続ける身に 区切りは来ない。

「黒豆を煮て、タイを煮付けて。かあちゃんの料理は最高よ」。今年は南 天の赤い実を飾ったおせちも具だくさんの雑煮もなく、会社事務所で1 人、酒をあおった。5日、耕起さんに心境を聞くと「半年たった。それだ けよ」。

 昨年7月5日、自宅にいた加奈恵さんが行方不明になった。「道が川に なった」などと、助けを求める妻からの電話を何度も受けたが、豪雨で仕 事場から自宅にたどり着けなかった。翌日から、流された自宅の下流を歩 いて捜し回り、周囲を掘り起こしてと捜索隊に頭を下げ続けた。「帰って くるかもしれん」。仮設住宅には身を寄せず、会社事務所で寝泊まりし続 ける。

「生きている可能性はゼロに近いのは分かっとる」

加奈恵さんは看護師だった。耕起さんが福岡県久留米市の病院に入院した 際に出会い、結婚した。明るくさっぱりした性格で、話し好き。夫婦げん かをしても、翌日には仲直りできた。旅行にも連れて行けなかったが、文 句も言わなかった。そんな妻の声が、1人で酒を飲んでいると聞こえる気 がする。「あんた、飲み過ぎやろうが」

豪雨以来、毎月5日の前になると体調が崩れる。風邪、疲れ、ストレス、 飲み過ぎ。それでも、必死に前を向こうとしている。本業の再開は未定だ が、木工の技術を生かして木製の椅子やテーブルを注文生産する工房を始 めるつもりだ。

新たに刷った名刺には「かなみ工房」。親戚の幼子が妻を「かなえちゃ ん」と言えずに「かなみちゃん」と呼んでいたことから名付けた。今は、 工房を軌道に乗せるのが目標だ。

 「生きている可能性はゼロに近いのは分かっとる」。3人の子どもたち とは「かあちゃんが好きだったラベンダーのお香でもたいてみようか」と 話したこともある。それでも、あきらめたくはない。

 妻を思い続けるから、声が聞こえる気がする。「はよ働かんかい」。 「きょうは勘弁して。明日から動くさ」。心の二人三脚は続いている。
西日本新聞1/6(土) 9:37配信



 ◎米、国連難民救済機関へ拠出凍結か=パレスチナ支援見直し

【ワシントン時事】米ニュースサイト「アクシオス」は5日、米国が国連 パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する1億2500万ドル(約141億 円)の拠出を凍結したと報じた。

 トランプ政権のパレスチナ支援見直しに伴う一時的措置とされるが、活 動に支障を来しかねないと懸念する声が出ている。

 同サイトが西側外交関係者の話として伝えたところでは、凍結されたの は米国のUNRWA向け年間拠出額の3分の1に相当し、今月1日までに支払われ るはずだった。米国務省当局者は、今後の対応について「1月半ばまでに 決まる」と説明したという。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           ツ イッ ターに「パレス チナがこれ 以上、和平について話す気がないな ら、ど うして彼らに多額 の支払いを しなければならないのか」と投 稿。パレ スチ ナ自治政府がイ スラエルと の和平交渉に取り組まない限 り、支援 の打ち切 りもあり得る と警告して いた。
時事通信1/6(土) 8:19配信


 ◎大嘗祭、来年11月14日軸 即位の礼は分離、10月に 宮内庁が提案へ

新天皇となる皇太子さまが初めて執り行う新嘗祭(にいなめさい)「大嘗 祭(だいじょうさい)」について、宮内庁が来年11月14〜15日を軸に検討 を始めたことが5日、分かった。国内外に広く即位を宣明される「即位礼 正殿(せいでん)の儀」を中心とする「即位の礼」は大嘗祭と分離する形 で同10月に行う方向。菅義偉官房長官をトップとする譲位・即位関連儀式 の日程などを検討する組織で、宮内庁側が提案するとみられる。

 即位の礼と大嘗祭は、明治期に皇位継承に関する法令を定めた「登極令 (とうきょくれい)」(昭和22」年廃止)で秋から冬の間に行うと定めて いた。大正は即位の礼が11月10日、大嘗祭が同14日と近接する日程で挙 行。昭和も同様のスケジュールが組まれた。いずれも京都で行われたた め、参列する関係者への配慮もあったとされる。登極令が廃止された平成 は11月12日と22日に、それぞれ執り行われている。

 一方、明治期までは多くの事例で、即位の礼と大嘗祭が別の時期に行わ れてきた。

 即位の礼(近代以前の即位式)は即位から数カ月以内が大半を占めるの に対し、大嘗祭は平安時代の儀式書「延喜(えんぎ)式」で、新天皇の即 位が7月以前ならその年に、それより後なら翌年と定められていたためだ。

 こうした過去の事例も踏まえ、宮内庁は当初、来年4月1日にご即位の 場合は、同月中に即位の礼、11月に大嘗祭というスケジュールを検討。 「同年に日本で実施される20カ国・地域(G20)首脳会議など国際会議の 前のお披露目が望ましい」(宮内庁幹部)ことも背景にあった。

 その後、陛下の4月30日譲位、皇太子さまの5月1日ご即位が決まった ため、改めて庁内で再検討を行った。

 その過程で、大嘗祭は近世までの慣例で旧暦11月の2回目の「卯の日」 に挙行されてきたことから、新暦の「二の卯」にあたる来年11月14日を軸 とする案が浮上。一部に例年、新嘗祭を行う同月23ttttr日を推す声 もあり、調整を進める。

  即位の礼は、5月中は勲章関連行事が続くため困難という認識で一 致。一方、平成では即位の礼に伴う「饗宴(きょうえん)の儀」が計7 回、大嘗祭では「大饗(だいきょう)の儀」が計3回実施されており、新 天皇、皇后両陛下や皇族方へのご負担にも配慮し、即位の礼と大嘗祭は一 定の間隔をあけて執り行う。政府の会議体では陛下の譲位の儀式、秋篠宮 さまが皇嗣(こうし)となられたことを示す儀式のあり方も検討される。
産経新聞1/6(土) 7:55配信


 ◎南北会談「五輪のみ議題」=韓国との足並み強調―米国防長官

【ワシントン時事】マティス米国防長官は5日、韓国の宋永武国防相と電 話会談し、9日に板門店で開かれる南北高官級会談では北朝鮮の平昌五輪 参加問題だけが話し合われることを確認した。

また、北朝鮮の非核化を目指すことについて米韓両国の立場に「1度の差 異もない」と述べ、足並みの乱れがないことを強調した。

マティス長官は国防総省で記者団に対し、「(今回の南北会談では日米な ど)他の関係国が出席しておらず、五輪参加の先にある(核開発)問題を 話し合う場ではない」と指摘。北朝鮮に核問題解決の意思があるかどうか には懐疑的な見方を保ちつつも、北朝鮮が対話に前向きな姿勢を示したこ とは評価した。 時事通信1/6(土) 6:34配信



 ◎アメリカ人が操る巧みな社交辞令:前田正晶

先日のライスボウル観戦記の終わり頃に、富士通のMVPを獲ったQBのキャ メロンが「1〜2年先のフェニックスが怖い」と言ったのを、彼ら独特の巧 みな社交辞令であると指摘した。一般的にアメリカ人、それもある程度以 上の教養を備えた者たちはこのようなお世辞とでも言いたいような社交辞 令を実に巧みに操るのだ。

しかし、落ち着いて良く考えてみれば解ることだが、「1〜2年先」と言っ たのは、その裏を返すというか、私の好む「コインの裏側」を落ち着いて 良く読めば「今は怖れるほど強くない」と言っているのに過ぎないと解る だろう。

彼らはフェニックスを圧倒して勝った上にキャメロンは最高殊勲選手に選 ばれてコメント求められて「フェニックスは大したことはなかった」など と言えば礼に反するからこそ、キャメロン君はそこに社交性を発揮して 「1〜2年先は」と如才なく言ったのだと、私は解釈している。

アメリカ人、それも数少ない支配階層に属する者が多い組織の中で20年以 上も過ごして見れば、彼らが実務の面でも私生活(言っておくが rivate という名詞には「私生活」という使い方はないのだ)でも、彼らの豊かな 社交性を発揮して、実に巧みに社交辞令を使うものだと解ってきた。

言い方を変えれば「善くぞそこまで心にもないお世辞を面と向かって言え るものだ」と感心させられるほど、巧みに社交辞令を駆使するのである。 それをそうとは知らずに聞かされた方は、非常に嬉しくもなるし良い気分 にさせられることは疑いもないと思う。しかも、我々の場合はほとんどの 場合に単なる社交辞令だとは容易に見抜けないものだ。慣れが必要だと思う。

私が彼らのそういう裏腹があるというか、社交性というか外交的という か、お世辞の上手さを思い知らされたのは、未だ英語そのものも良く解っ ていない戦後間もなくのことだった。1949年だったと記憶する。実はマイ ナーリーグ所属のサンフランシスコ・シールズが来日して何試合かして、 未熟な我が国のプロ野球と対戦して大勝したことがあった。

監督のオドールはラジオのインタビューを受けて「日本のプロ野球も立派 なものである。我々を相手の善戦したのだから、将来性がある」というよ うなことを語った。

ところが、それとは別にFENだったかに英語で(当然か)インタービュー されたのを、我が英語の師匠であるGHQの秘書の方が聞いておられ、私を 呼ばれて「これを聞いてご覧」となった。

そこではおドール監督が「日本の野球はレベルは未だ未だ。あれでは我々 に追い付くのは未だ未だ先のことだ」と平然と言ってのけていたのだっ た。今となれば、オドール監督が最初に褒めたのは社交辞令だと解るが、 あの頃は「アメリカ人という奴らはなんて酷いことを言うのか」と無性に 腹が立ったものだった。

この例が示すように、彼らは心の中では決して礼賛も評価も尊敬もしてい ない時でも、相手の立場を尊重するか慮って(彼らに顔を立てるという習 慣はないが)、巧みな社交辞令を駆使して美辞麗句を使って褒め称えてみ せるものなのだ。ましてや、その場合がテレビ等のインタビューであれ ば、必ず巧みに褒めるべき相手を綺麗な表現で称えてみせるものだ。

その辺りの巧みさを、私はこれも彼らの文化の一つだとすら考えている。 彼ら最初から人の上に立つような可能性が高い家に生まれ、私立の有名大 学の修士号を取るような若者は、そういう訓練を経てきていると私は解釈 していた。

言うなれば、彼らに何か言葉巧みに褒められたならば「巧言令色鮮仁」か と疑ってみれば良いのだ。決して額面通りに受け止めないことが必要だと 言える。

家内などは多くのアメリカ人に接し、彼らの家庭にも招かれるという経験 をしている。だが、悲しいかな英語などは一言も解らず、亭主の通訳を聞 いているだけだった。だが、そこは女性の勘で「アメリカ人は何故皆あれ ほどお世辞が上手いのか。あれを本気で額面通りに受け止めたら大間違い だ」と見破っていたものだった。

だが、これの裏返しをすれば「我が国の人たちも、彼らの中に入っていこ うとするならば、彼ら並みの社交性を備えて、巧みに社交辞令を操れるよ うに修行する必要があるのでないか」なのだ。


 ◎星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 楽天が発表「最期は昼寝でもし ているような安らかな表情」

楽天が6日、星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことを発表した。70 歳、死因はすい臓がんだった。

現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督 を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一 に輝いた。

14年にユニホームを脱いだ後も、15年に楽天の球団副会長に就任。ONと ともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自 分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に 尽力していた。17年に野球殿堂入りしている。

  以下、楽天が発表したリリース全文。

 報道関係各位

いつもご取材いただきまして、ありがとうございます。

 株式会社楽天野球団は、星野仙一取締役副会長が2018年1月4日(木) 午前5時25分に永眠されましたことをご報告いたします。

2916年7月に急性膵炎を発症したことをきっかけに膵臓癌であることが判 明いたしました。

その後、体調に波はあったものの仕事に支障をきたすことなく過ごしてお りましたが、2017年12月末より病状が悪化し、息を引き取られました。

最期は昼寝でもしているような安らかな表情でご家族に看取られて旅立た れました。

故人の強い意思に従い、葬儀は密葬にて執り行われます。

故人の意思とはいえ、大変お世話になった方々に対し、十分なご報告をせ ぬまま、この日を迎えてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

人前では常に強気を貫いた「星野仙一」のスタイルを最後まで全うしよう としたことですので、何卒ご容赦ください。

息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と言っておりまし たように、最後の最後まで野球に情熱を燃やし、野球に一生を捧げた
星野副会長でした。

 故人に代わり、今まで支えてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。

 尚、後日にお別れの会を予定しております。

 詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。

 誠に勝手ではございますが、供物、供花、弔電などはご遠慮させていた だきますこと、ならびに、本件に関わる問合せ先は、株式会社楽天野球団 としていただけますようあわせてお願い申し上げます。
スポニチアネックス1/6(土) 9:04配信


 ◎競馬界に衝撃!角居厩舎解散!ウオッカ、ヴィクトワールピサ輩出の名門

競馬界に衝撃的なニュースが飛び込んできた。日本が誇るトップトレー ナー・角居勝彦調教師(53)=栗東=が21年2月をもって調教師免許を返 上することが5日、明らかになった。牝馬でダービーを制した7冠馬ウ オッカ、ドバイワールドCを日本馬として初めて制したヴィクトワールピ サ…多くの名馬を輩出してきた名門厩舎が、あと3年で解散する。

押しも押されもせぬトップトレーナーが厩舎の解散を決断した。

11〜13年まで3年連続でJRA賞最多勝利調教師を獲得。毎年のように ビッグレースを制し、中央、地方、海外G1通算35勝は現役最多を誇る 角居師が、21年2月をもって調教師業を廃業することが決まった。

 全国リーディング3位に輝いた昨年もキセキで菊花賞を制した関西の名 門厩舎だ。誰もが驚く突然の引退宣言に、「天理教を継ぐためです。昨 年、母が体調を崩して教会に通えなくなり、この1年間考えました」と角 居師は決断に至った理由を説明。競馬界を離れ、地元の石川県で、祖母の 代から受け継ぐ天理教の仕事に従事するという。

 昨年誕生したウオッカの6番子の牡馬(父フランケル)など17年生ま れの現1歳馬で挑む20年が、師にとって最後のクラシックとなる。また、 今年生まれる馬は預かっても3歳2月末の転厩となることなど、馬主に対 する配慮から、この段階での発表に。既に緊急のお知らせとして馬主には 文書での通達も行っている。「うちの厩舎は、早い時期に預かることが決 まります。そのため、早めにお知らせさせていただきました」と明かした。

 国内外でその手腕を発揮し、多くの活躍馬を育て上げた名トレーナー。 また、障がい者乗馬を支援する団体の普及や活動などにも尽力してきた。 「あと3年と少しですが、目いっぱい、手を抜くことなくやりたいと思い ます」。

ウオッカで64年ぶりとなる牝馬によるダービー制覇(07年)を成し遂げ、 ヴィクトワールピサでの11年ドバイワールドCの日本馬初制覇では、東日 本大震災で沈む日本を勇気づけた。国内だけでなく、“世界のスミイ”と呼 ばれる名伯楽は、開業から丸20年で競馬界を去る。デイリースポーツ 1/6(土) 5:01配信



 ◎24時間営業に「黄信号」=人手不足が深刻化―コンビニ大手

大手コンビニエンスストアの24時間営業に黄信号がともっている。店舗数 の拡大が続く一方で、アルバイト店員などの人手不足が深刻化しているた めだ。各社は一部作業の機械化などで省人化を進めているが、客足が伸び ない深夜に店を閉めるところも出始めた。

顧客の奪い合いが激化する中で、各社の置かれた状況や経営方針の違いが 深夜営業への対応という形で浮き彫りになりそうだ。

ファミリーマートは国内の数店舗で、深夜に店を閉めたり、併設する自動 販売機だけの営業に切り替えたりする実験を行っている。沢田貴司社長は 「(深夜営業が)必要ない所は必要ない」と割り切る。

ローソンの竹増貞信社長は「24時間営業だからこそ防災・防犯の拠点にな りうる」と強調。同社は人手不足を補うため、スマートフォンのアプリを 使って顧客自身が代金決済する仕組みを開発し、深夜のレジを無人化する 実験を今年春に行う予定だ。

 業界最大手のセブン―イレブン・ジャパンも24時間営業を維持する方針 だ。古屋一樹社長は「労働環境の整備が最大の対応策。人手は不足してい ない」と人材確保に自信を見せる。古屋氏によると、深夜に店を閉めれ ば、配送業者による店舗への納品や店頭への品出しで「作業が回らなくな る」など、逆にデメリットがあるという。

一方、北海道で店舗数トップのセイコーマートは、もともと全体の4分の1 程度しか24時間営業をしていない。今年の元日もおよそ半数の店が休業し た。運営会社のセコマ(札幌市)の担当者は「従業員の働きやすさを優先 し、需要に応じて柔軟に対応している」と説明する。
時事通信1/6(土) 5:25配信


 ◎マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化

東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は、新興企業 向け株式市場「マザーズ」と「ジャスダック」を統合する方向で検討に入る。

日本を代表する新興市場としての位置づけを明確にし、投資家の資金や上 場企業を呼び込みやすくして市場を活性化させる狙いがある。

マザーズとジャスダックが統合すれば、上場企業数が約1000社、企業価値 を表す時価総額の合計が約16兆円の市場が誕生する。上場企業数などで、 世界有数の英新興市場「AIM」に匹敵する規模になる。

JPXは2018年半ばから、3年間の展望を示す中期経営計画を新たに策定 する。これに合わせ、再編の検討を本格化させる。

 JPXはマザーズとジャスダックで異なっていた、株式売買を仲介する 証券会社が支払う手数料を16年9月に統一し、新興市場の再編に向けた 環境を整備し始めている。読売新聞1/6(土) 6:12配信



 ◎「核使えば北朝鮮という国無くなる」…防衛相

小野寺防衛相は5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、核・ミサ イル開発を続ける北朝鮮について、「(核兵器を)日米韓に使えば、北朝 鮮という国が無くなるほどの影響を受けることになる」と述べ、けん制した。

 北朝鮮との対話再開の条件については、「北朝鮮が核、ミサイル、拉致 の問題について政策を変えて初めて対話が実のあるものになる。対話のた めの対話では意味がない」と述べ、安易な譲歩をしない考えを強調した。

 北朝鮮への対処方針に関しては「前提は圧力だ。日米韓は変わっていな い」と述べ、結束して圧力を強める路線を堅持する考えを示した。
読売新聞1/5(金) 23:09配信




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

7日の東京湾岸は快晴、爽快。

安倍晋太郎も渡辺美智雄もすい臓がんで死んだ。気づいたときは腕に手遅 れというのがこのガンの特徴らしい。私の友人は大新聞の政治部長から総 理大臣を目指す安倍晋太郎の秘書になったが安倍はすぐ死んでしまった。 彼は道に迷い、郷里の市長になったが、こと志と異なり、結局人生が狂っ てしまった。彼とは同じ秋田出身で福田赳夫番だった所為で仲良しとなり 一緒にゴルフをしたり韓国旅行をしたりしたが最近は付き合いが途絶えて いる。臓がんは人生を狂わせる。

東京湾岸は、このところ冬にも拘わらず爽快な天気が続いている。

若い頃無茶買いしたCDが1000枚はある。せっせと聴いているが死ぬまでに 聴くききれまい。

隣りの第3亀戸中学校、冬休み中だが、校庭には生徒たちがやってくる。 6日午後も女生徒数人がやってきてテニスをしていた。

6日正午の最高血圧は『141』


                           読者:5576人

                     

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。