政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4511号  2017・11・9[木)

2017/11/09

   
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4511号
□■■□━━━───────────────────────□■■□





           2017(平成29)年11月9日(木)



     トランプ、「極東冷戦」俯瞰の戦略再構築:杉浦正章

  「措置入院」精神病棟の日々(72):“シーチン”修一 2.0

               大学での軍事研究に:寺本孝一                      
                                                                                                                                   話 の 福 袋
                          読 者 の 声
                          身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4511号
                            発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランプ、「極東冷戦」俯瞰の戦略再構築
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             杉浦 正章
 
「インド太平洋戦略」で北に最大圧力 中国に北への積極関与を促す方 向」                 

この空前絶後の日米首脳の協調ぶりが意味するものは何か。裏には長期の 「極東冷戦」を俯瞰(ふかん)した米国の戦略再構築がある。焦点の安全 保障で大統領トランプは首相・安倍晋三が主張していた「自由で開かれた インド太平洋戦略」にあえて丸乗りして、オバマの「戦略的忍耐」を帳消 しにした。

懸念された貿易摩擦も「兵器購入」という隘(あい)路で納得した。なぜ かといえば両首脳による「北への圧力を最大限まで高める」合意で、まず 基本戦略を固める必要があったのだ。

日米を固めることが不可欠の前提であったのだ。日本を最初の訪問国とし たのもこの戦略を進めるに当たっての基礎固めが必要であったのだ。日米 会談の成功は、北朝鮮に接近しかねない韓国大統領文在寅を抱き込み、隙 あらば東・南シナ海への海洋進出を目指す中国の習近平をけん制し、北へ の関与を促す態勢を整えたことになる。良好なる日米関係が礎になるのだ。

安倍トランプ合意に基づいて今後日米両国は「国際社会全体で北朝鮮への 圧力を最大限まで高める」(安倍)というギリギリの対応に出る。日米両 国は国連制裁の完全履行や外交、軍事をフルに活動して北への包囲網を一 段と強化する。

まさに圧力を臨界点まで高めて金正恩が音を上げるまで追い詰める。しか しトランプの「残り時間は少なくなっている」という発言は、必ずしも戦 争を意味するものではない。

逆に安倍の「日米は100%共にある」という発言が意味するものは、 「100%戦争に協力する」ことでもない。むしろ日本の判断なしに米国が 一方的に戦端を開くことへの戒めでもあるのだ。

いったん戦端を開けば、日韓両国民の生命は北の“人質”となりかねない状 況下である。トランプはまず軽挙妄動に出る事はないだろうが、合計9時 間半にわたった会談で、安倍はその辺の機微を語ったに違いない。

安倍が記者会見で漏らした「誰も紛争など望んではいない。北朝鮮が『話 し合いたい』と言う状況を作る。私もトランプ大統領もそうだ」という発 言が全てを物語る。従って北の暴発や何らかの偶発事件の発生は別とし て、圧力の先にあるのは金正恩のミサイル、核実験をストップさせ、放棄 させるという一点に絞られるのだろう。

そのカギを握るのは紛れもなく中国である。第19回共産党大会を見る限 り、南シナ海への基地建設を誇示するなど習近平の舞上がり方はただ事で はない。今後日米は一致して豪州やインドなど主要国に働きかけて「イン ド太平洋戦略」を展開する。

その視線の先にあるのは紛れもなく習近平の「一路一帯」構想に対する包 囲網である。トランプは習近平との会談で北に対して本腰を入れた制裁を 強く求めるものとみられる。さらに東・南シナ海への進出をけん制するだ ろう。

またトランプは記者会見で「中国は何十年にもわたって、不当だった。非 常に大きな貿易赤字が米国に生まれた。年間40兆円にのぼる貿易赤字があ り知的所有権の問題もある。」と強く対中批判を展開している。

トランプの対中牽制外交は貿易赤字問題を突破口にするものと思われる。 総じて米中対峙の構図は歴史的必然である。中国がトランプに行うであろ う「国賓以上の待遇」に惑わされてはならない。

安倍が記者会見で「考えに賛同する国があればいずれの国でも共同して やって行く」と言明したのは中国を意味しているのだろう。リップサービ スで余裕のあるところを見せたが、自由貿易の見本のような組織に中国が 入るかどうかは定かでない。

対中貿易赤字と比較して米国の日本との赤字は7-8兆円程度であり、ト ランプにしてみれば、狙いは中国に定めている気配が濃厚だ。しかしトラ ンプは手ぶらでは帰れないから記者会見で日本に対して「首相はさまざま な防衛装備を米国から購入することになる。

日本が大量の防衛装備を買うことが好ましいと思っている。そうすれば多 くの雇用が生まれるし、日本がもっと安全になる」と武器購入を促した。

総じてトランプの発言は日本の武器購入の実態を知らないで述べている感 じが濃厚だった。むしろ“アリバイ作り”の側面がある。

これに対して安倍が「大統領が言及されたように、F35A戦闘機もそうだ し、SM3ブロック2A(弾道ミサイル防衛用迎撃ミサイル)も米国から さらに導入することになっている。イージス艦の量、質を拡充していく上 で、米国からさらに購入していく」と述べた。

もともと購入予定があるのだ。まあ、トランプにしてみれば米国民を納得 させるために「安倍に武器購入を表明させた」という、“構図”がほしかっ たのだ。

さらに経済問題で重要な点はトランプが、一部で予想されていた2国間の 自由貿易協定(FTA)交渉を求めなかった事だ。これは韓国とのFTA交渉が 難航している上に、中国の赤字問題があり、日本にFTAを求めたら、旅行 の主目的が日韓中と“貿易戦争”をする結果となりかねない。

これは米国の 極東戦略からいっても得策でないという算段があるのだろ う。貿易問題は 副総理麻生太郎と副大統領ペンスとの会談に委ねられる ことになる。継続 協議の形だ。総じて今回の日米会談は、アジア情勢の 緊迫化と安倍の緻密 な歓迎スケジュールが効を奏して、「我(が)」の 強いトランプが自らの ペースを自制した形となった。

 それにしても読売は5日付けで「朝鮮半島有事、邦人退避協議へ」と トップ記事を書いたが、筆者は大誤報だとみる。会談の流れは戦争回避で あり、退避方針は決めようがない。7日付け解説記事の片隅で「退避策な ど突っ込んだ意見交換をしたとみられる」にトーンダウンしながら固執し ているが、噴飯物の誤判断だ。読売のセンセーショナリズムもいい加減 にしてもらいたい。




━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(72)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

10/30は台風一過、ようやく晴れた。風雨が激しいと、少しばかり雨漏り がする。♪尽くし足りない私が悪い・・・

これまで雨漏り対策でいろいろ手を尽くしてきたが、あと一歩か二歩、 「尽くし足りない」。今日は屋外作業日和だから最低2か所は直さにゃな らん。「男はつらいよ」という面もあるが、ま、DIYは趣味だし、狂った オツムの治療にもなるからいいか。

お天道様が出ないとやっぱりブルーにはなるが、終日雨の昨日は実に久し 振りにカシケーズの「悲しき雨音」を聴いた。小生は東京五輪の昭和 39(1964)年に中学生になったが、セコイ考えで放送部に入った。

放送室にいるから毎週月曜日の朝礼に出なくていい、運動会でもテントの 中で「次は男子による組体操です」なんてやっていればいい。昼飯も大体 放送室で食べていた。予想通り大いにラクチン、その頃から狡猾だったの だ(・・・が、晩年にしくじり9回裏で逆転敗けの気分)。

放送室に内鍵をつけて女の子とじゃれていた期間もあったが、これは先生 からダメ出しをくらって「修一は怪しい奴」と烙印を押されたみたいで、 職員室で小生を支持してくれたのは英語の小林先生だけになってしまった (女の子は転校してきたばかりで、前の学校で問題を起こしたよう。彼女 は早熟だったから先生方は小生を心配してくれたのだろう)。

廊下ですれ違うと小林先生は「お、修一! 頑張ってるじゃないか!」と 励ましてくれたから、英語が好きになった。みんなおだてりゃ木に登るの だ、スネ夫もジャイアンものび太も。松陰先生はそうやって若者のそれぞ れの良き才能を伸ばした。閑話休題。

放送部では昼休みには全教室に音楽を流すが、ほとんど毎日のように「悲 しき雨音」はかけた。プレスリーの「ハウンドドッグ」と「ハートブレイ クホテル」をかけたら叱られた。ま、そういう時代だった。

だから「悲しき雨音」を最後に訊いたのは中3の1967年で、昨日は50年ぶ りということになる。懐かしいなあ、やっぱりいいなあと、ちょっと感 動、ちょっと胸キュンにはなるね。いいものである。

(“演歌の女王”Kは小学校で北島三郎のデビュー曲「ブンガチャ節」を 歌っていたら先生に叱られ、師匠の“永世演歌の女王”母親は職員室に呼ば れたという。

♪あの娘いい娘だ こっち向いておくれ すねて横向きゃ なおかわいい
(キュキュキュ キュキュキュ)
咲いておくれよ 淋しい頬に 熱いくちづけ 紅の花
(r)
他人は逢わなきゃ 覚めるとゆうが 俺は逢わなきゃ なおもえる (r)・・・

この歌は1962年だからKが小4の頃で、発売から1週間で放送禁止になった そうだ。今から見ると、一体どこが悪いのか分からない。「熱いくちづ け」はダメなのか。今は「こんなわたしで いいならあげる なにもかも  抱いてください あゝ大阪しぐれ」は誰も咎めない。「大阪しぐれ」が 1962年に発売されていたら関係者全員が梟首獄門になっていたろう。

「三丁目の夕日」はそういう時代でもあった)

時代、社会、世界がどう動いていくのかどころか、人は自分自身の明日さ え分からない。

2003年春、会社をたたんでホッとしていたら胃がん、手術後は肝臓への転 移が疑われて最新の(高額かつ強烈な)抗がん剤を服用していたが、副作 用でほとんど死んでいた。そんな時に「頂門の一針」を知って久し振りに 記事を書いて投稿したら、主宰者・渡部氏が「記事を書いてあなたは楽し い、読者も楽しい、いいことだ、やってみなはれ」と励ましてくれた。

お陰で今は雨の日でも退屈知らず、シコシコ記事を書いているが、脳ミソ の劣化防止にもなっているのだろう。人のヤル気を起こしたり励ましたり するようなヂイヂにならにゃあかん、と思うが、小4で憲法を読んでから 性格が悪くなったので、良きヂイヂになるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

「ヂイサン、時間ですよ!」と声がかかりそうだし、さっさと地球を洗 濯、アカを落として後顧の憂いなく「ホントにいいヂイチャンでした」と 言われるようになりたいものである。ムリポ?

遺稿集は「ヂイヂが逝く」でどうか。売れそうもないな、自費出版でも迷 惑がられたりして。「竜馬がゆく」は大ヒットしたが・・・「飽きもせず  毎度お馴染み 狂気録」、ま、こんなものか。発狂亭雀庵の病棟日記から。

【2017/1/2】*深夜3:30にトイレに行ったが、その後、TVの微細な音が 聞こえるので眠れない。調べたらTVではなく空調の音だった。いよいよ幻 聴か・・・

【1/3】*外泊の患者が少しずつ帰ってきた。多くの企業は明日の4日 (水)が仕事始め、挨拶回り、4時あたりから宴会か。

【1/4】*「人界」人間の世界、「塵界」ちりのような汚れた世の中、こ の世、俗世間。「人寰」(じんかん)人の住んでいる所、世の中、世間。 「塵寰」(じんかん)ちりの世、俗世間、塵界。

宗教は人を救えるのか。

「ユダヤ」紀元前10〜6世紀ごろパレスチナ地方にあった、ユダヤ人の王 国。紀元前586年、バビロニアに征服され、滅亡した。

「ユダヤ教」ユダヤ人の信仰する宗教。エホバを信奉する一神教で、モー ゼの律法を重んじ、「旧約聖書」を唯一の聖典とする。この世の終末に際 しても、必ず神の選良として選び残されるとの信仰を有する。

「ユダヤ人」パレスチナを原郷土とし、ヘブライ人を祖先とするセム系の 民族。ユダヤ王国滅亡後その民は欧米各地に離散し、キリスト教徒・回教 徒などから迫害と侮蔑を受けたが、経済・思想・科学方面に傑出した人材 を輩出した。

一方、シオニズム運動を起こして祖国再興に努力していたが、第二次大戦 後の1948年、ついにパレスチナにイスラエル共和国を建設した。

「キリスト」キリスト教の祖。

「キリスト教」キリストの説いた宗教。ユダヤ教を母体とする唯一神の信 仰。神の子キリストによる愛と罪の贖いの道を説く。西洋文化に強い影響 を与えた。旧教(カトリック)と新教(プロテスタント)に大別される。

「イスラム教」神に全身をあげて服従すること。回教。

「回教」世界三大宗教の一つ。開祖マホメットの語録コーランを教典と し、アラーを唯一絶対の神として信仰する宗教。イスラム教。マホメット 教、フイフイ教。

「回教紀元」回教徒の間で用いられる紀元。マホメットがメッカからメシ ナへのがれた年(西暦622年)を元年とする。

「仏教」本来は梵語(サンスクリット語)。「仏陀の教説」の意。紀元前 6世紀ごろ、インド中部のカピラ城主の太子である釈迦牟尼(シャカム ニ、釈迦族の聖者)が説いた宗教。迷いを去って悟りを開き、成仏して宗 教的自覚者である仏陀になることを目的とする。

アジア東部を中心として普及し、東洋の文化に大きな影響を及ぼした。日 本にも古く伝来し、多数の宗派がある。仏法。仏道。釈教。

「神道」祖先神をはじめ神々を崇拝する日本古来の民族宗教。天神地祇 (天の神、地の神)、祖先神などを祭り、不浄を払い、現世生活の繁栄を 祈る、惟神(かんながら、神の御心のまま)の道。神社崇拝はその普遍的 な表れである。これを神社(国家)神道と呼ぶ。

独自の教理・教会などを持つ13の公認された宗派(教派)神道もある。

以上は「広辞林」による。小生は「心の道標(みちしるべ)教団」の開祖 だが、宗教ではなく、世の中の真実に近づくための勉強会のようなもの だ。メンバーは愛犬トトのみで、トトは2015年12月6日に昇天してしまっ たので、開祖が唯一の構成員という、空恐ろしいほどの絶滅危惧種だ。

(米国最大の宗派だったクエーカー教は100年ほどで消滅した。性行為= 不浄=否定すべき、と教えたから自然消滅したのも当然だ)

一般的に宗教は癒し系産業で、イデオロギーや〇〇主義との違いは明確で はない。それらを正しいと信奉する人を信者/主義者とすれば、彼らは教 義を絶対だとして疑うことはしない。ただ、信者は操を立てるが、主義者 は都合によって変節、転向することが珍しくない。

いずれにしても宗教/〇〇主義は産業であり、構成員は支配層(経営者 側)と貢献層(労働者側)に分かれる。支配層は組織から報酬を得、貢献 層はカネを貢ぐ。できの良い貢献層は報酬を得られる職業的宗教家/革命 家に出世することもある。(イスラエルではユダヤ教聖職者=ラビは公務 員で、副収入は禁止されている。聖職者=公務員には賛否がある)

出世事情は宗派や政党と同じで、雑巾掛けからキャリアをスタートさせる が、「カネも(女も?)名誉も組織、信仰、信念、忠義の中にある」とい うわけだ。彼らは利益集団、共同体であり、企業などと事情は変わらな い。創業家筋とか三代続く名門といった氏素性が重視されることも多い。

組織はいずこもカネ(ガソリン)が必要で、構成員や支持者/シンパから 寄付金を得たり、機関紙などの販売が収入源となる。戦後の多子低齢化に よる人口増で、収入は増えていったが、今は少子高齢化で青息吐息の組織 が増えているようだ。新興組織は何代も続く信者/支持者などがいないた め、跡継ぎがいなくなればクエーカー教のようにあっという間に亡びる。

高校野球の名門校が甲子園から消えたのは、社会党が議事堂から消えた後 だった。

*10:00〜11:10、作業療法、オートバイのペイントを続ける。とても面 白い。

*11:30、ナースの“マンティス”から「そろそろ外出したら」との提案。 Dr.にお願いしてみよう。

*12:00、女の子が見舞いに来た母親と口論になり、叫び声をあげて、周 囲の患者は皆唖然としていた。母娘ともにかなりの肥満、かつヒステリッ ク。同居は無理だろうな。若い人の精神病は気の毒だ、完治しないのだか ら。(つづく)2017/11/4



  
━━━━━━━━━
大学での軍事研究に
━━━━━━━━━


寺本 孝一

 大学での軍事研究に大至急取り組むことを要望します。
 日本は戦後最大の危機の時代に突入しています。トランプ大統領が日本・韓国・中国・ベトナム・フィリピンを歴訪しているのは偏に北朝鮮問題です。

 いかなる国も日本にはうかつに手を出せないという強力な核武装することが現実の抑止力であり、同時に、飛来する核ミサイルや、生物兵器・化学兵器を無力にする画期的な科学技術、あるいは敵の戦意を喪失させる仕組みを各大学の優秀な学生たちと最優先で研究していただきたい。

 中国は尖閣を核心的利益とするのみならず沖縄・北海道を狙っています。中国国防大学学長は学内講演で「歴史的背景も国際法も関係ない。力で奪うだけだ」と戦慄すべき演説をした。事実上、日本は北朝鮮と中国から宣戦布告されています。Jアラートとは空襲警報ではありませんか。

 また、先月24日習近平は共産党大会で延々3時間半の演説した内容は、建国100周年の2049年までに軍事大国になって世界を制覇すると宣言した。中国から日本に帰化した評論家・石平氏は「中国は本気だ、日本は直ちに核武装しなさい」と呼びかけています。

 莫大な税金が投入されている大学なのですから、国家と国民を守るための軍事研究に今すぐ全力で取り組んでください!
 もしも、軍事研究しないという大学ならば、税金を全額返還してください。他の大学に回しますから。

 文部科学省も防衛省に全面協力してください。高校は現実の脅威を生徒に教えてください。企業は防衛産業に力を注いでください。
 大変な時代になりました。反日左翼マスコミに騙されてはなりません。
「子どもの感性を育む会」

        
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎自民、教育無償化、本格議論へ=首相主導に不満募らす

自民党は8日、安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体化に向け、教 育無償化などの本格的な議論に着手する。

 財源や所得制限の在り方が焦点。ただ、安倍晋三首相の主導で消費税増 税分の使途変更や産業界による負担の流れが次々と決まったことに対し、 党内では不満の声が高まっており、官邸優位の「政高党低」を崩そうとす る動きが出てくる可能性もある。

 同党は8日に「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長) の初会合を開催。月内に提言を取りまとめ、政府が12月上旬に策定する2 兆円規模の政策パッケージに反映させることを目指す。

 先の衆院選で、同党は消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途を 見直し、教育無償化や子育て支援に充当できるようにすることを公約。1 兆7000億円程度の財源確保を見込む。また、首相は先月27日、産業界に待 機児童対策の費用として約3000億円の負担を要請した。

これらは首相のトップダウンで打ち出されたため、自民党内には「事前に 十分な相談がなかった」との批判がくすぶる。特に、産業界による負担を めぐり、小泉進次郎筆頭副幹事長は1日の党会合で「党内で全く議論して いない。官邸が何でも決めてしまうのはいかがか」と怒りをあらわにし た。自身が教育無償化の財源として提唱する「こども保険」案が置き去り にされかねないとの危機感があるようだ。

岸田氏も「党は政府の下請け機関ではない」として、政策パッケージに党 側の意向をできるだけ盛り込むことに意欲を示す。「議論は紛糾するかも しれない」(中堅)との見方も出ている。ただ、国民に公約した消費税増 税分の使途変更自体への異論はほとんどなく、産業界の負担についても 「仕方がない」と容認する声がある。党独自のカラーをどこまで出せるか は不透明だ。

公明党は7日、「人生100年時代構想本部」の初会合を開催。経団連と連合 の幹部からヒアリングを行い、一足先に検討を開始した。
時事通信11/8(水) 7:06配信


 ◎日産の検査不正、背景に人手不足 上からは「人減らせ」

この1年余り、日産は国内生産を急拡大していた

日産自動車の無資格検査問題で、第三者調査の全容がわかった。近年の生 産拡大に伴うシフト改編や、団塊世代の退職などで各工場の検査員が不足 したのに、有効な手段を講じなかった実態が判明。工場に何人の有資格者 がいるのかすら把握しないなど、経営陣の検査に対する意識の薄さが、現 場の規範意識を鈍らせた疑いも浮かんだ。

日産は近く、この調査結果などをもとに改善に向けた報告書をまとめ、国 土交通省に提出する。

 調査によると、無資格者による検査は1980年代から続いていたとの証言 がある一方、近年、生産拡大に伴って検査員が不足したことが、無資格検 査の原因・背景になっているとの証言が多かった。

 国内向け生産が多い追浜(おっぱま)工場(神奈川県横須賀市)には 2016年秋、国内生産拡大を目指す社の方針のもと、主力車種「ノー ト」の生産が移管された。昼だけだった生産体制が昼夜の2交代制にな り、検査員が不足した。工場にとっては活気を取り戻す好機で、人員不足 を理由に移管を断れない状況だったという。

 その後無資格の従業員を検査に従事させることが増え、有資格者しか押 せないはずの検査印は「予備印」を購入するなどして、無資格者に貸し出 していた。

 日産車体湘南工場(同県平塚市)でも、今年9月の2交代制導入が人手 不足の原因とする証言が多く、「『コストがかかるから人を減らせ』と会 社は言う。それで無理をしてしまった」と話す従業員もいた。
朝日新聞デジタル11/8(水) 5:00配信


━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


 1)恣意的英語を読むな:前田正晶

先日、貝塚様が私のカタカナ語排斥論を採り上げて下さったので、その御 礼もかねて16年の11月19日の原稿からその部分を抜き出してみました。

*アワード →  award、

解説)アウオードに近いのが本当の発音だ。戦争のwarを「ワー」と言う か。近頃この妙な読み方を何処かの虚け者がテレビで言い出して以降大流 行。だが、これは難しい問題でforwardにbackwardやtowardとwardがつく 言葉が多い。PC用語の「ワード」はwordの方だろう。テレビ局では立派な 大学を出たと聞くアナウンサーたちが平気で「アワード」というのを聞く と「恥ずかしくないのか」と思ってしまう。と、なっていました。

経験からも言えますが、アナウンサーたちは余程のことがない限り即興で 語っておらず、原稿乃至は脚本に忠実なだけだと思います。尤も、この点 は主宰者の方がよくご存知だと思うのですが、恐らく脚本を書いている連 中が無知なのでしょうよ。これも、我が国の学校教育の英語の至らなさの 表れでしょう。情けないことです。



 2)無難な語り方だった:前田正晶

私には「Tradeを語る」と事前に言っておられたトランプ大統領は穏やか な表現で貿易赤字に触れていたが、結局は日本が自力でDPRKの脅威、就中 missile に対応する為にはアメリカの最高品質と能力の兵器を買え」と、 言っていたように聞こえた。

この兵器産業こそがアメリカに世界に誇る最高の輸出品目である。

F35(だったかの)戦闘機を1機販売しただけでも赤字解消には、サッパリ 売れないアメリカ産の車を何機も売るよりも効果を発揮するのは明らかだ。

即ち、トランプ大統領は自ら認めていたような激しい言葉を使うことな く、かなり穏やか且つ露骨に貿易赤字解消を我が国に迫っていたなとの印 象だった。

余計なことだが、全テレビ局が丁寧に同時通訳を使ってくれたのは良いこ とかも知れないが、トランプ大統領の独特の表現が聞き取れなかった点で は、発言の全体の微妙な感じか掴めず、偉そうに言うと、あの同時通訳は ない方が良かったと感じていた。


 3)トランプ大統領は矢張り自動車を問題にした:前田正晶

トランプ大統領は安倍総理トランプ大統領の記者会見では触れていなかっ た自動車の問題を、駐日アメリカ大使公邸の会見では正面切って言い出し ていたようだった。

この件は就任早々にも、かの Big 3 なるメーカーの首脳が大統領と面談 して例によって例の如き「日本の自動車メーカーの対アメリカ姿勢は不公 正であり、その市場は我々に門戸を閉ざしている」と訴え出た嘘偽りを何 の躊躇いもなく、またもや言い出したに過ぎない。

この事実一つを採ってみても明らかに言えることは「トランプ大統領は忠 実に国内産業の言い分を詳細に分析することもなく代弁しただけで、日本 とアメリカの自動車産業界に何十年と続くアメリカ側の誤認識と低品質の 車しか作っていないことを堂々と語っただけだったのは明らかだ。

私ですら承知していることだが、この「自分たちの至らなさを反省するこ ともなく、相手側が悪い、世界最高のアメリカ製品を買わない日本が誤っ ている等々の、責任は自分たちにはない」と言い募るのがアメリカ人なの である。オバマ大統領も今回のトランプ大統領と全く同じことを主張して 我が国を非難した実績がある。即ち、彼らは何の学習もしていないのだ。 20数年も内側からアメリカ側の一員として働いてきた私が言うのだから間 違いない。

実は、6日夜のPrime Newsに出演した、TPPで散々苦労された元担当大臣の 甘利明も「あのトランプ発言はオバマ大統領と全く同じ」と、「彼らは実 情を知らずして何回同じことを言うのか」と穏やかな口調で批判してい た。私は「善くぞ仰って下さいました」と思って気分良く聞いていた。

念の為、一言お断りしておくと「アメリカの社会には驚くほど頭脳明晰な 優れた人物は何%かいる。そういう知的に上層に属するの連中がビジネス の世界にも数多くいるのは間違いない。私が知る限りでも、そういう切れ 者たちが自己の非を悟っていないはずはない。であれば、承知の上で「こ れを言うことで失いものはない」という彼ら独特の debate の姿勢で出て くるのも、またごく普通のことである。

問題点は、この「失うものはない」戦法に屈しないことだ。同時に言える ことは「失うものはない」作戦の実行に出てくる者たちは、単なるお使い 奴であることが往々にしてあるのだ。こういう者どもは実態など知りはし ないのだ」から強気に出てこられるのだ。日本側はこの作戦に惑わされて はならないのだ。



 4)10月の新宿区の人口は対前年前月比+3,659人で+1.08%の増加 だった:前田正晶

10月には珍しく何度か大久保通りとその南側になる明治通りの間を歩いて 往復する機会があった。私はこの区間こそが嘗てのKoreatownだと認識し ているが、近頃はこの通りを訪れる若い女性が、最盛期ほどではないにも せよ、明らかに増えてきている。

彼女らの目的は韓国製の安価(なのだろうが)化粧品と焼き肉のサムギョ プサルのようだ。特に週末は結構な賑わいなのである。私はこういう傾向 を歓迎すべきかどうかは俄に判断できないが、韓国系の人たちは喜んでい るのかも知れない。

それとは対照的な現象は、大久保通りの北側におけるは最大勢力の中国人 を主体とするイスラム教徒から東南アジアの若者度もが相変わらず増えて いることだ。彼らが何の警戒心も見せずに我が物顔で歩き回っているの は、如何に我が国の治安が優れていることを示しているのだと言わざるを 得ないのは寧ろ残念だ。何度も述べてきたことで、私は海外の街中をあれ でほど何の警戒心もなく歩いた、あるいは歩けたことはない。

新宿区の10月の人口は前月よりも463人の増加で831,368人と対前月比で 0.1%の微増だった。外国人も387人の増加で42,302人と+0.9%だった。 彼らが全体に占める率は12.37%と9月の12.27%との対比で僅かに増えて いたのだった。因みに、8月は12.46%、7月は12.3%だった。日本人は76人 増加して299,529人となり、全体の87.6%だった。

参考資料:新宿区広報しんじゅく 平成29年11・5



 5)トランプ大統領は矢張り自動車を問題にした:前田正晶

トランプ大統領は安倍総理トランプ大統領の記者会見では触れていなかっ た自動車の問題を、駐日アメリカ大使公邸の会見では正面切って言い出し ていたようだった。この件は就任早々にも、かの Big 3 なるメーカーの 首脳が大統領と面談して例によって例の如き「日本の自動車メーカーの対 アメリカ姿勢は不公正であり、その市場は我々に門戸を閉ざしている」と 訴え出た嘘偽りを何の躊躇いもなく、またもや言い出したに過ぎない。

この事実一つを採ってみても明らかに言えることは「トランプ大統領は忠 実に国内産業の言い分を詳細に分析することもなく代弁しただけで、日本 とアメリカの自動車産業界に何十年と続くアメリカ側の誤認識と低品質の 車しか作っていないことを堂々と語っただけだったのは明らかだ。

私ですら承知していることだが、この「自分たちの至らなさを反省するこ ともなく、相手側が悪い、世界最高のアメリカ製品を買わない日本が誤っ ている等々の、責任は自分たちにはない」と言い募るのがアメリカ人なの である。オバマ大統領も今回のトランプ大統領と全く同じことを主張して 我が国を非難した実績がある。即ち、彼らは何の学習もしていないのだ。 2二十数年も内側からアメリカ側の一員として働いてきた私が言うのだか ら間違いない。

実は、6日夜のPrime Newsに出演した、TPPで散々苦労された元担当大臣の 甘利 明も「あのトランプ発言はオバマ大統領と全く同じ」と、「彼らは 実情を知らずして何回同じことを言うのか」と穏やかな口調で批判してい た。私は「善くぞ仰って下さいました」と思って気分良く聞いていた。

念の為、一言お断りしておくと「アメリカの社会には驚くほど頭脳明晰な 優れた人物は何%かいる。そういう知的に上層に属するの連中がビジネス の世界にも数多くいるのは間違いない。私が知る限りでも、そういう切れ 者たちが自己の非を悟っていないはずはない。であれば、承知の上で「こ れを言うことで失いものはない」という彼ら独特の debate の姿勢で出て くるのも、またごく普通のことである。

問題点は、この「失うものはない」戦法に屈しないことだ。同時に言える ことは「失うものはない」作戦の実行に出てくる者たちは、単なるお使い 奴であることが往々にしてあるのだ。こういう者どもは実態など知りはし ないのだ」から強気に出てこられるのだ。日本側はこの作戦に惑わされて はならないのだ。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

散歩する都立猿江恩賜公園は冬とともに殺風景になるばかり。咲く花ナ シ、 啼く小鳥ナシ。迫るは枯葉のみ。マ、吹雪の郷里・秋田に比すれば 天国か。




                         読者:5574人 





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。