政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4488号  2017・10・15(日)

2017/10/15

   
□■■□──────────────────────────□■■□  
 わたなべりやうじらうのメイルマガジン「頂門の一針」4488号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年10月15日(日)



                              国益の無い憲法:大江洋三

            「措置入院」精神病棟の日々(63):“シーチン”修一 2.0



                  
                      
                         話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4488号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━
国益の無い憲法
━━━━━━━

 
  大江 洋三

注目の新党「希望の党」は、選挙公約に「2030年までに原発ゼロ」を掲げ
た。女性票>男性票は紛れもない事実で女心を狙ったのだろう。現行憲法
では、日本国の記述がなく従って公共の意味が不明で、産業エネルギー安
全保障の観点が抜け落ちただと思われる。

一方で、小池女史と自民党・阿部総裁は小泉政権時の戦友で、2006年の第
1次安倍内閣では防衛大臣も務めているから、彼女が憲法9条改正論者で
ある事は間違いない。

現行憲法からすると、日本国の生業というか由来(歴史)は一文字も無
く、今の個人の寄せ集めが国家になる。拠って国家という器がなくて国民
が在る構図になっている。あえて器を探せば1条〜8条の天皇条項で、日
本国(歴史)の記述は全くない。

これでは国益という考え方は発生しない。このような憲法は他に無いので
はなかろうか。

おかげで、一昨年成立した「平和安全法制整備」では、自衛隊諸君が守る
べきものは私や貴方の生命や財産になった。

これでは自衛隊諸君も我が命を賭するのに迷うのではと思う程である。そ
れは税金の無駄使い且つ有難迷惑で、その任務は、警察、消防、海保に任
せておけばいい。

この憲法の草案者の米国は歴史の無い国で、1776年に対・英独立宣言をし
て以来、日米戦まで僅か165年間しかない。日本の徳川幕府ですら約
260年の歴史を持つ。彼等に歴史が無いから憲法に日本国の由来が全く
欠落したと思われる。

個人の寄せ集めを最もよく表しているのが憲法11条〜13条である。

11条[国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国
民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在
及び将来の国民に与へられる]
12条「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に
よって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用しては
ならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」

13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に
対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の
国政の上で、最大の尊重を必要とする」

器の日本国の記述がないから「公共」は意味不明である。器なしに国民が
登場するから国民とは個人の事である。よって、ただただ今の個人の権利
が至上と述べているに過ぎない。13条は「個人の生存権、幸福権」と解釈
されていて、故・渡部昇一氏流に言えば我儘の勧めである。
歴史的記述は1か所だけ97条にある。

「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由
獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現
在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託され
たものである」

日本では、武士道や商人道などの具体的な「人の道」は多々あったが、人
権のような抽象概念はなかったから、この憲法をもって日本人は人類に勘
定される事になった。左翼筋が現行憲法発布年月日をもって「建国の日」
にしたいのも、ここに所以がある。

97条でいう幾多の試練の場所は欧州の事である。中世の欧州では政・宗一
致で共に権力を構成していた。

王権やバチカン権力(ローマカソリック)を制限する個人の自由意思の尊
重は、ルターやカルビンの宗教改革と共に17世紀の欧州に訪れた。欧州
全体が新教(プロテスタント)と旧教(ローマカソリック)に分かれ、王
侯貴族(王権)もそれぞれに別れて30年戦争(1618〜1648)を戦った。当
時は王侯貴族の権力の範囲が国家であり社会であり、人民は王侯の争いに
つき合わされ大きく疲弊した。

疲弊すると反対思想が起きるのはよくある事で、ホッブス、ロック、ル
ソーなどの改革・啓蒙思想家の登場となった。国家と個人の関係が思想の
テーマになり、国家の束縛からの自由根拠を求めて、個人の自然状態にお
ける自由意思(人権)の登場となった。

要するに人権とは公権力からの自由、或いは反公権力の事である。この種
の啓蒙思想を「社会契約論」ともいう。

当時の欧州に倣って、君主=国家=社会とすれば社会契約論は掴みやすい。

ホッブスは「人民の自由意思の利益になる強い君主を選ぶ」

ロックは「新教徒という自由意思の輪にいれば、君主は習慣の一部」
ルソーは「初めから人民の自由意思で君主を作ればいい」

こうして、フランス革命やアメリカ新教徒の独立が起き、ロシア革命が起
きた。アメリカは合衆国というほど、州の自治権が強いのはロックの新教
徒主義にご縁があるからだ。

という訳で、1776「年の米国の独立宣言は当時の新教徒の反権力精神がよ
く表れている。米国誕生の由来でバージニア権利聖典ともいう。米国プロ
テスタンティズムのコアである。

「人は生まれながらにして自由かつ独立であり、一定の生来の権利を有す
る。これらの権利は、人民が社会状態に入るにあたり、いかなる契約に
よっても、人民の子孫から奪うことのできないものである。かかる権利と
は、財産を取得・所有し、幸福と安全とを追求する手段を伴って生命と自
由を享受する権利である」

憲法11条〜13条の種元である。

当時のアメリカを統治していた英国君主や英国国教会の権力・権威に対す
る絶縁状みたいな物で、米国誕生の自由の精神でもある。英国は今も君主
が宗教を含め統治権者である。

同じ伝でいくと、憲法1条から11条までは明治憲法下の昭和天皇に対する
独立宣言書になる。1〜8条までに統治権者たる天皇の政治的職能や宗教
的職能を剥奪あるいはお飾りにした上で、直ぐ後に憲法9条が来る。

明治憲法(欽定憲法)では、「天皇は君臨すれども統治せず」とはいえ、
形式上は立法権も戦争大権も天皇に属していたからだ。

その心は憲法前文の前半分に書いてある。

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、わ
れらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土
にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の
惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存す
ることを宣言し、この憲法を確定する」

要するに、選挙で選ばれない者が政治をしたから戦争が起きたのであっっ
て、自由意思の個人(人権)により選出された者が政治をすれば戦争は起
きないという理屈である。

よって憲法9条が合理的理由を持つ事になった。

もっとも、草案者の米国では選挙で選ばれた大統領が戦争大権を保有し、
建国以来、常に戦闘あるいは戦争をしているから、憲法前文の後半分だけ
ではなく前半分も偽りである事は明々白々である。

9条『日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国
権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決
する手段としては、永久にこれを放棄する。 2前項の目的を達するた
め、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを
認めない』

9条でいう「日本国民」とは各個人、つまり人権人の事である。上にみた
ように人権とは公権力の否定であるから守るべき国益が無い。

よって本項の解釈は41条と併せると「人権人の代表たる国会議員は国家主
権を形成しない。拠って他国との争いに、戦争という国家主権の発動をす
る事はない」

2項の最後「国の交戦権は、これを認めない」は、外交権も交戦権の一翼
で国家主権の構成要素であるからして、外交交渉においては相手に屈する
か、万が一衝突が起きれば素手で戦えという意味になる。

●軍事力が担保しない外交は成り立たないのであって、この憲法のお陰で
相手の人権を尊重して真面目に粘り強く外交をすれば成果を結ぶと考える
人は多い。

「粘り強く」は外交態度の基本で一向に構わないが、軍事力が担保しない
条約を守る国が無い現実も肝に命じておかなくてはならない。

日韓基本条約しかり、日中平和条約しかり。

平成25年、当時の維新の会に属していた中山恭子の参院での質問は外交権
行使の本質をよく示している。女史は小泉内閣時代から北朝鮮拉致被疑者
救済の外交に関わり続けてきた。

「力を持たずに交渉する事の空しさを何度味わった事か」

ゆっくりとした口調がいかにも無念そうであった。北朝鮮拉致被害者のご
家族には大変申し訳ないが、現行憲法下では救出できなかったし手も出せ
なかった。今もできないし、北朝鮮が国策を替えるよう「国際協調」運動
するしかない。或いは9条を与えた米国の軍事力に頼るしかない。
残念ながら、日本の外交権を支えているのは人権という個人ではなく、日
米軍事同盟であり集団的自衛権である。
マスコミに出てくる憲法学者の論述を聞いていると、夢の中で憲法解釈し
ているとしか思えない。彼等もまた歴史ある日本国民ではなく、単なる今
の存在・人権人なのだ。
加瀬英明氏流にいえば夢遊病者である。



━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(63)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

泰平の 眠りを覚ます 弾道弾 言語道断 自滅への道(修一)

半島人は南も北もイカレテル。ま、隣国とは平時と戦時の繰り返しだか
ら、永遠の良き隣人とはならないのが当たり前なのだろう。日本は島国で
ほんとによかった。陸続きなら戦時ばかりだったろう。

“希望の星”百合子にすがる 民進党 とどめを刺した 前原GJ(修一)

映画スターの星由里子は美人だったし、性格も良さそうだったが、“希望
の星”百合子は「緑のオバサン」「クールビズ」で騒いだだけの“騒動師”
で終わりそうだ。豊洲で大騒ぎしたのは何だったのだろう。日本のために
なったのかどうか・・・

前原や野田は本来は自民党あたりにいるべきだったが、自民党は世襲制の
ようにボンクラだろうが地盤・看板・カバンを引き継いで2代目、3代目に
なるから、前原や野田らが入り込む余地はなかったのかもしれない。いい
人材を広く求めるようにしないと腐っていくのではないか。

さてさて、ツクツクボウシが夏の終わりを告げてコオロギが鳴き、お彼岸
も終わって空気も冷たくなってきた。10/4に小生は長ズボン姿になり、
ベッドもタオルケットから毛布に替えた。間もなく紅葉が始まり、晩秋、
そして初冬になっていく。

10/8の八幡神社の祭前後からはかなり冷えてきたので、庭の花を部屋に取
り込んだり、ベランダの日除けを外したり、相変わらず忙しかった。長生
きはしそうもないから「体の動くうちにやらなくちゃ」という焦りがあ
り、このためにあっという間に日々が過ぎていく。聞いていた以上の速さだ。

大学時代の友人がSNSに両親との旅行の模様を書いていたので、9/21にこ
うメールした。

<元気そうで何より。父上が94歳というのはすごい。君は体も心も健康だ
から、まず90歳はOKだね。奥様によろしく>

友人からの返信はこうだ。

<目標は100歳、君の美学とは対極の生き方になるかもしれない(子供に
迷惑はかけないが。)。ところで散歩はできますか? してますか?>

小生はこう応じた。

<「大きな古時計」の原曲は「90年/歳」、日本では1962年以降に「100年
/歳」として紹介されています。いろいろ理由はあるでしょうが、歌詞と
して「きゅーじゅーねん」より「ひゃくねん」の方が歌いやすかったこと
もあるでしょうね。

100は2ケタのオシマイの数字、101は新しい始まりですから、ここは「目
指せ!101歳」でどうでしょうか。

散歩ですが、ここ数か月はほとんどしていません。往復で600メートルが
限界じゃないかなあ。腰痛のために椅子に坐るのが苦痛で、寝ているとき
以外は家事や趣味(園芸や工作など)で立って動き回っていますから、歩
数は多い方だと思います。「まるで多動児」だと言われています。

今の状態が続けば、もしかしたら古稀を迎えるかもしれません。PCを打つ
のは坐ったり立ったりしながらで、2時間もやると腰痛で腰に力が入ら
ず、フラフラします。同じ姿勢でいると辛いので、通院は車ではなく電
車・バスにしたいのですが、体力的に無理だと言われています。

「JRから私鉄への乗り換え時間が2分しかないのだからエレベーターなん
て待っていられない。さっさと歩けないし、階段も時間がかかるから、車
で行くしかないのよ。駅からバス停までだって距離があるし、バスが混ん
でいたら立ったり座ったりなんてできない。空いていてもそんなことをし
ていたら運転手から注意されるわよ」

まあ、そんな状態で、いやはやすっかり解体寸前のポンコツカーみたいで
す。ゲップが出るほど人生のクライマックスを堪能しましたから、ま、も
ういいや、という境地です。

♪戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って ひとりで越
えたい 三途川>

先日、小生なりの“終活”総仕上げとして屋上塔屋の展望台新築工事を2か
月ぶりに再開したが、体の調子を見ながらの作業だから、これが完成する
のは晩秋になりそうだ。

他にもあれこれやりたいこと、やるべきことは山積しているが、午前中で
へとへとになってしまう。老化がこんなにシンドイものだとはまったく知
らなかった。

頭では「人生はこういうものだろう」と分かっていても、まさか自分が結
婚すること、3児の親になること、5人の孫を持つこと、足腰がふらつくこ
ともまったく予想していなかった。自分で体験しないと本当のことは分か
らないのだ。

体験したところでそれが真実か、普遍的かというと、あくまでもそれは個
人的な体験に過ぎないのだから、全体像はなかなか分からない。一本一本
の木は確かに生まれ、成長し、やがて朽ちるのだが、具体的にどういう過
程をたどるのかは千差万別だろうし、森全体を見渡せるわけではないから
詳細は分からないし、分かったところで人生はエピローグ、最終章で、時
間もなく、気力もなく、他者にそれを教えられない。

たとえ弟子に伝えたところで、それは二次情報、参考に過ぎないから“師
匠は師匠、俺は俺。俺の人生は俺が描く”となる。だから人間(生物)の
知能は少しも発達しない。

♪デカンショ デカンショで 半年暮らす あとの半年寝て暮らす ヨー
イヨーイ デッカンショ

デカンショ節は学生歌としても歌われたそうだが、デカンショは「デカル
ト」「カント」「ショーペンハウエル」の略だという説もある。その
ショーペンハウエル先生の「読書について」という論考は実に傾聴に値す
る。こうだ。

<(浅薄な連中の書いた)下らぬ雑書を読む愚昧な読者がいるのである。
彼らは新刊書でありさえすれば飛びつき、偉大なる精神から生まれた古典
は、書架に死蔵しておく。

一般読者の愚かさはまったく話にならないほどである。あらゆる時代、あ
らゆる国々には、それぞれ比類なき高貴な天才がいる。ところが彼ら読者
は、この天才のものをさしおいて、毎日のように出版される凡俗の駄書、
毎年ハエのように無数に増えてくる駄書を読もうとする。

その理由はただ、それが新しく印刷され、インクの跡も生々しいというこ
とに尽きるのである。このような駄書はいずれ2、3年たてば打ち捨てら
れ、嘲罵される。そしてその後は永久にみじめな姿をさらすのである。

人々はあらゆる時代の生み出した最良の書物には目もくれず、もっとも新
しいものだけを常に読むので、著作家たちは流行思想という狭い垣の中に
安住し、時代はいよいよ深く自らの作り出す泥土に埋もれていく>

ショ先生がこれを書いたのは160年ほど前で、福沢諭吉翁が「学問ノスス
メ」で明治始めの日本人を必死で啓蒙していた頃である。「学問ノスス
メ」は当時としては大ベストセラーになったのだが、勉強しよう、自己啓
発しよう、ブラッシュアップしようと蒙を啓いた人は多分10人に1人で、9
人は「シンドイのはご免だ、人生、面白おかしく過ごせればいい」という
人だったろう。

庶民/民衆を「ただの人=中2坊主」とすれば、その対語は「選良」「エ
リート」「匠」「名人」「リーダー」あたりなのだろうが、その違いに学
歴はさほど関係はない。上昇志向、チャレンジ精神があるかないかで、分
かれていくようだ。庶民9割、選良1割あたりで、圧倒的多数の庶民のハー
トを握らないと、多分選良である為政者も経営者もことを進められない。

選良は常に庶民を意識し、庶民の支持を得るために阿るしかない。ローマ
帝国時代の昔は「パンとサーカス」で、今は「パンとテレビその他のおも
ちゃ/娯楽/興行」で選良、特に支配者は求心力を得るために庶民を手なず
ける、慰撫するのである。それは民主主義国家だろうが独裁国家だろうが
時代を越えて変わらない。

政治家のトップの座を維持するためには清廉潔白であることも求められる
し、起業家でなおかつ大企業を目指すならオーケストラの指揮者/コンダ
クターのような能力も必要になる。それは「面白おかしく暮らして健康長
寿ならいい人生だ」という庶民とは全然違う。階級間格差と言っていいだ
ろう。

英国では今なお明確な階級間格差があり、「飲み屋も違う」とコリン・
ジョイス氏(英国人ジャーナリスト)が書いていた。明治時代の日本なら
華族、士族、平民のような格差だろう。

今の日本ではごく少数の皇族以外はみな国民だが、価値観などはオツムが
中2坊主レベル以下と高2坊主以上では依然として大きく違っているのでは
ないか。

東大→文科省出身のSEALsファン前川アカモドキ、ラスベガス乱射の犯人パ
ドックは加州大卒で最近イスラムへ改宗したらしい。大卒でもキチ〇イは
珍しくないし、前川の祖父は新興宗教開祖、父は熱心なその信者、パドッ
クの父親は銀行強盗&脱獄犯だった(ウィキ)。価値観の違いには遺伝子
も大きく影響していそうだ。

父系の伯父さん、母系の従兄が自殺し、自身も自殺未遂をしている発狂亭
雀庵の病棟日記から。

【2016/12/21】(承前)*14:00、カウンセラーから性格検査とIQ検査の
結果報告(以下抜粋)を貰う。

<・意識している自己像:孤高の人タイプ。

・性格傾向:人との関わりが負担。対人関係では、主観的で強引な主張が
強まって、結果的に価値観を共有できる相手がいないので孤独になり、心
が不安定になりやすいので、適宜距離をとるように。

・自分一人で過ごして解放、休息することも大事。

・家族に対しても強引な主張をすることもあり、これが摩擦に。上手く折
り合う具体的な対応を心理士とともに考えよ。

・言語性IQ=130、動作性IQ=103、全IQ=120(一般平均は100)、言語理
解=131、知覚統合=108、作動記憶=107、処理速度=75。

・言語的には多くのことを理解し、表現できるが、実際の作業においての
処理速度は、本人の理解に追い付かないため、「頭では分かっているのに
スムースにこなせない」という不全感につながりやすい。

・自分のペースで考えたり判断する環境では高い能力を発揮するので、急
かされたりすることのない環境が好ましい。

・意識的に「端的に話す」と、より相手に伝わりやすい>

「他者と上手く折り合いをつける具体的な対応」・・・春琴抄の佐吉的隷
属主義、負けるが勝ち、それ以外にあるのかどうか・・・

14:50〜15:30、グループミーティング。同世代のような女性からこんな
発言があった。

「病気になってから料理が苦手になり、思うように頭と手が動かなかった
が、『おいしかった』と言われてヤル気が出てから上手くできるように
なった」

まことに「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、
人は動かじ」(山本五十六)だ。(つづく)2017/10/14




     
━━━━━━━━━━━━━━━━━
在韓米国人のエクソダス訓練を開始か
━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)10月14日(土曜日)弐
        通巻第5478号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 在韓米国人のエクソダス訓練を開始か

  すでにマニュアルは配布され、グループ別の集合場所、方法も
*********************************

在韓米国人は20万人以上と見積もられている。

有事の際の脱出訓練がちかく開始され、集合場所や方法についてのマニュ
アルが配布さているようである。

訓練内容は秘匿されているが、まとまって空軍基地か空港に集まり、分散
した飛行機で在日米軍基地へいったん避難する。あるいは陸路、釜山へ南
下してチャーターした船舶で、日本の港へ接岸後、米国へ待避する。


日本人が有事に際していかに脱出するかの訓練はまだ行われた形跡はな
い。情報筋によれば、アメリカの救援機が頼りだというから、あのイラ
ン・イラク危機の教訓はなにも活かされていないことが分かる。

イラクで湾岸戦争勃発前夜、取り残された日本人はバグダット空港に集
まったが、JALは特別機の派遣を拒否した。台湾のエバー・エアーが
「お客様は神様です」と言ってチャーターに応じてくれた。

その前のイラン・イラク戦争のとき、トルコ航空の有志らがアンカラ政府
の許可も得ずに、テヘランは救援に向かい日本人を救った。そのパイロッ
トはエルトールル号で救われたトルコ使節団の末裔だった。

「このとき日本に恩返しをしたいと思った」とトルコ人パイロットがのち
に語ったことは映画にもなった。でもJALも、ANAも、何をしていた
のか。いやそもそも自衛隊機は何をしていたのか?
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1642回】       
――「独逸の活動心憎きまで?溂たるものあるを感じた」――(米内山8)
米内山庸夫『雲南四川踏査記』(改造社 昭和15年)

             △

中国人が「後から後からと集まつて來る。歸れといつたつて歸りはしな
い。ありあはせの棍棒を持つて追ひまくると蜘蛛の子を散らすごとく逃げ
たがすぐまたやつて來た。睨みつけると、また逃げるがすぐまたやつて來
る。根氣負けしてこつちが逃げるか黙るつてゐるよりしかたがなかつた」
とは、なにやら対外開放以後、海外に「走出去(飛び出)」す中国人の生
態を言い現しているようだ。

生活空間の隙間さえあれば「後から後からと集まつて來」て居座ったうえ
で、その地域で行われ続けて来た生活文化を全く無視し、超自己チューな
振る舞いを押し通すだけではなく、「歸れといつたつて歸りはしない」。

米内山の経験では「ありあはせの棍棒を持つて追ひまくると蜘蛛の子を散
らすごとく逃げた」そうだが、昨今の中国人は逃げはしない。ゴミを分別
せよ。ゴミ出しの日を守れなどと地域住民としての最低限の約束すら守ら
ないばかりか、ゴミを撒き散らして平気の平左。「根氣負けしてこつちが
逃げるか黙るつてゐる」のをいいことに、彼らは仲間を呼び込み増殖に継
ぐ増殖、果てしない増殖である。

かくて「根氣負けしてこつちが逃げ」出すしかなくなるや、そのうちに一
帯は中国人の街と化し、新たなチャイナタウンとなってしまう。

なにやら日本各地、いや世界各地で起こっている現象そのものではない
か。これが「走出去」の実態だろう。こういった彼らの行動には『論語』
もヘチマもあるわけがない。認められるのは生存のための剥き出しの知恵
――いや正確には“狡知”というべきだ――でしかない。その意味でいうなら、
「即ち支那國は滅びても支那人は滅びぬ」(佐藤善治郎『南清紀行』良明
堂書店 明治44年)ということだ。もうそろそろ世界は、気がつくべきだ
ろう。「根氣負けしてこつちが逃げるか黙」ってからでは遅いのである。

やがて「坂を登り盡すと」、そこは四川省。「來し方を望めば雲南の山々
は遠く雲際に連なつてゐた」。昆明からの26日間、「あの雲南の山々を踏
破して來たのだ。顧みて無限の感に堪へなかつた」。

四川省に入ると、沿道の様相は一変する。「山に樹木多く、土地は、平地
はいふまでもなく、さらに谷間から山の坡に至るまでよく耕されてゐた。
水田もあり畑もあり、稲は十分に實つて穗を垂れてゐた。(中略)田や畑
の間には人家多く小供が遊んだり鶏が鳴いたりしてゐた。いかにも雲南の
山を出たといふ感じであつた」。

以後、四川各地を歩くことになるが、「人口約20萬、四川省屈指の大都
會」で塩の産地として知られる自流井で薬屋を営んでいる「長野縣人春日
護」に偶然に出会った。「その夜、春日氏に招かれて鋤焼きの御馳走にな
つた」。

彼は「藥屋を開いてゐるが、この土地は富豪が多く、さうして日本人に非
常に好意を持つてゐるので、その人々を對手として何か大きい商賣をしよ
うと考へてゐるとのことであつた」。

じつは「自流井には日本人留學生出身のものが多く現に20人ばかり知つて
ゐるとのことであつた。外國人としては福音堂に英國人4名、天主堂に佛
蘭西人一名ゐるといつてゐた」。自流井には塩を製造するために地中から
塩水を組みだす塩井の外、ガスを掘り出す瓦斯井もあった。自流井が「四
川の富の中心」である由縁は、この塩とガスにあったのだ。

春日の案内で「自流井の富豪の一人である王家を訪問」し、王家経営の学
校や塩井などを見学する。

四川屈指の富豪である一族は「頗る日本好きで家族の中東京に留學してゐ
る者が五六人、その使用人を加へて十數名東京で一家を構えてゐるとのこ
と」。王家は「初等小學堂から高等學小學堂、さらに女學堂、中學堂」ま
で経営し、教育機材は日本製で「日本の制度に倣」うだけでなく、「東京
朝日新聞が備へつけられてゐた」・・・驚きだ。
《QED》
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著、渡邊惣樹氏との共著『激動の日本近・現代史 
1852−1941』(ビジネス社)を拝読いたしました。

非常に新鮮な視点で、啓蒙的でした。渡辺惣樹氏の「弱い者には優しくし
ましょう。しかしずるいから気をつけましょう。そのくらいの教育を日本
はしていかないといけない」に強く共感しました。

 また先生が、祖国日本の再建の箇所で述べられた、「REMAKE 
JAPAN BEAUTIFUL」は素晴らしい言葉です(小池百合子氏
の「しがらみ政治からの脱却」などという陳腐なキャッチフレーズでは、
政治はリードできません)(KI生、尼崎市)



   ♪
(読者の声2)米国についでイスラエルもユネスコから脱退すると宣言した
ようですが、日本はどうするのか、この問題は尾を引くのではないでしょ
うか。

それにしても、トランプ政権のイスラエル傾斜は鮮明すぎるのではと、懸
念も残ります。(JI生、富山)


(宮崎正弘のコメント)イスラエルは、シリア内戦の先行きが見えたい
ま、次にレバノンに浸透している武装勢力の動向に目がはなせない。その
うえ、ハマスとファタが、カイロに集まって、再び共闘を宣言し、もっと
いえばトルコがシリア北部に軍を派遣しました。

米国はトルコ領内のクルドを支援するかも知れず、米国トルコ関係も冷却
化。ほくそ笑んでいるのはロシアでしょう。次の中東情勢、動きが急です。

  ♪
(読者の声3) 米国とイスラエルがユネスコ脱退と聞いて中国が事務局長
に立候補していたのを取り下げるとして、米国に恩を売ったかたちです。
 中国が重要ポストを取り下げるというのはよほどのこと、何かの前触れ
ですかね。それからイスラエルの脱退理由は正確に何でしょう?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)すでに極左で親中派のボゴバ事務局長のあとの選
挙は秘密投票で2回行われ、エジプト代表が13票、中国は5票。勝ち目は
無かったのです。

中国はこの5票もエジプトに回して恩を売り、同時に米国、イスラエルに
同調したかのように振る舞って外交得点を稼ごうという下心が見え透いて
います。

必要な票数は30票で、まだ態度を決めかねている国がいくつかあり、土壇
場でどうなるかは分かりません。

さてイスラエルが脱退するのも、米国と同じく2回目です。

ネタニヤフ首相は「米国と併行して2018年12月をもって正式に脱退手続き
を終え、以後はオブザーバで残る」と記者会見しております。

初回脱退のときもパレスチナ代表の議席を認めるか、どうかで米国が抗議
し、イスラエルも同時に脱退しました。

 理由は反イスラエル・バイアス、つまり南京大虐殺という嘘が世界記憶
遺産となるようなもの、もっか二本の反イスラエル決議がユネスコで用意
されており、米国のニッキー・ヘイリー大使は「この2件を取り下げない
限り、米国はユネスコを脱退する」と以前から警告していたのです。



  ♪
(読者の声4)小池百合子氏は、「希望の党」結党の会見で、「日本をリ
セットする」と発言したそうです。

 日経新聞9月27日夕刊によると、「『日本をリセットする』。東京都の
小池百合子知事は27日午前、自らが率いる国政新党『希望の党』の記者
会見に出席し、国政の刷新を訴えた。代表と都知事を両立させると強調。
公務を理由に会見を途中退席した。 ・・・・・・ 小池氏は冒頭、約6
分間にわたってあいさつ。『日本をリセットするために希望の党を立ち上
げる』などと強調した。」ということです。

Resetとは、「セットし直す、(ダイヤルなどを)ゼロに戻す」というよう
な意味でしょう。私には、このTVキャスター上がりのおばさんが、「日
本」を「リセット」するとは、何を思い上がっているだろうか、としか感
じられません。そして、その言葉は、「希望の党」の個々の公約、政策の
総体と整合、同調したものとは到底思えません。 ムードだけに乗った急
造野党のニワカ党首としての発言なら、そのようなカッコウだけのコト
バ、口先だけで、一時的には愚かな国民(の一部)を騙せても、一国の総理
が務まる器量だとは、私には到底思えない。

築地市場の移転計画の「(一部)見直し、(部分的)再検討」でさえ、もたも
たして貴重な時間を徒過し、大きな機会損失を招き、直接・間接に多額の
公費を浪費している実務能力の無い知事が、何をほざいているのか・・・
 小池、小泉、竹中、こうした連中に簡単に欺される「改革」「リセッ
ト」好きのB層の皆さんに、私の好きな、Reinhold Niebuhrの次の言葉を
呈したいと思います。
O GOD, GIVE US
 SERENITY TO ACCEPT WHAT CANNOT BE CHANGED,
COURAGE TO CHANGE WHAT SHOULD BE CHANGED,
AND WISDOM TO DISTINGUISH THE ONE FROM THE OTHER 

すなわち、世の中の習慣、制度には、変えてはならない部分と、変えてよ
い、そして時には勇気を持って変えるべき部分とがあり、この両者を冷静
に区別する(できる)能力こそ、叡智、賢明、賢慮というものなのでしょ
う。(CAM)




━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎◆◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2017年10月1◇◆◇◆◇

▼唸声コートジホワール映像/フランス軍チャーター機墜落、死傷者10人
[https://stat.ameba.jp/user_images/20171015/04/unarigoe/d1/0f/j/o0482087414049011096.jpg]<https://stat.ameba.jp/user_images/20171015/04/unarigoe/d1/0f/j/o0482087414049011096.jpg>

写真はコートジボワールの海岸線に墜落したAn-26輸送機/文學城より
http://www.wenxuecity.com/news/2017/10/14/6658951.html

10/14午前8時半頃、ブルキナファソ・ワガドゥグーからコートジボワール・アビジャン空港へ向かっていたフランス軍のチャーターしたバラン航空のアントノフ-26輸送機はアビジャン空港近くの海に墜落した。機体は真っ2つに割れ、モルドバ人4人が死亡、フランス人4名とモルドバ人2人が負傷した。空港そばの悪天候が墜落の原因と見られている。

バラン航空はモルドバの航空貨物会社。ワガドゥグーにはフランスの特殊部隊が駐留し、コートジボワールには950人のフランス軍がおり、アビジャン空港からはフランス語圏のアフリカ地域に3時間以内で到達が可能である。
映像は以下にて (1:37)、海に入っている救助隊員は二人だけ・・・。
https://youtu.be/VkSb7vSfnOI
[https://i.ytimg.com/vi/VkSb7vSfnOI/hqdefault.jpg]<https://youtu.be/VkSb7vSfnOI>

Crash d'un avion au large d'Abidjan<https://youtu.be/VkSb7vSfnOI>
youtu.be
Nous attendons vos commentaires, vos réactions ! Notre site : http://www.abidjan.net Rejoignez-nous sur Facebook : https://www.facebook.com/abidjan.net Suive...

では、今週号をお楽しみください。

https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12319624242.html
誕生日の音楽映像(カール・リヒター、指揮者、オルガン・チェンバロ奏者)
https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12319572652.html
2017/10/15 唸声



 
 ◎<衆院選>「あえて無所属」出馬 マイナスばかりじゃない…

22日投開票の衆院選では、民進党の事実上の解党に伴う野党再編などを受
けて、無所属での出馬に踏み切った候補者も多い。政党の公認候補に比べ
て選挙運動が制限され、比例代表での復活当選の可能性もない厳しい選挙
戦。各陣営は、無所属を前面に打ち出すことで、政党への不信感を強める
有権者の支持を集めようとしている。

 「配れるビラもはがきも少なく、政見放送もない。存在をアピールでき
る幅が狭まるのはつらい」。大阪府内の選挙区から無所属で立候補した民
進前職の陣営幹部は漏らす。

 大阪府内では、希望の党と日本維新の会が「すみ分け」に合意。この候
補者には希望側から比例単独での出馬の打診があったが「自分の小選挙区
の民意に応えたい」と無所属での立候補を決めた。

 公選法の規定により無所属の候補は不利な点が多い。選挙カーは、無所
属は1台だが、政党公認なら政党の選挙カーも使える。出せる選挙はがき
は、候補者個人は3万5000枚、政党公認なら政党分2万枚が加わる。ビラ
やポスターも少なく、政見放送にも出演できない。

ただマイナスばかりではない。今まで門前払いだった他党の支持組織や支
持者が「政党のカラーが無くなったことで固定観念なく主張を聞いてくれ
るようになった」(候補者)と思わぬ変化に驚く。

13日夕、「積極的無所属」と書かれた選挙カーの前で訴えた。「あえて厳
しい選択をした。バックに政党はない。頼れるのは皆さん一人一人の力だ
けだ」。耳を傾けた公明党支持者の主婦(55)は「自ら無所属を選ぶ姿勢
にポリシーを感じた。初めて立ち止まって話を聞いてみようと思った」と
話した。

 府内の別の選挙区から出馬した無所属元職の陣営は「無所属という選
択」という言葉をポスターに入れた。候補者は街頭演説で「支持政党なし
が大勢を占め、政党不信が膨れあがっている。政党ではなく、人で選んで
ほしい」と訴える。「ポスターの枚数に限りがあり、悔しい思いもある」
と、無所属のつらさを吐露する一方で、「『無所属だから(票を)入れ
る』という声も日に日に増えている」と手応えを語る。

滋賀県の無所属新人候補は草の根の支持を広げようと躍起だ。政党ポス
ター、政党カー、政見放送、比例復活がないことを「4ない選挙」と名付
け、「手こぎ舟で軍艦(政党公認候補)に挑む」とアピールする。

出馬を要請された民進の分裂の過程で無所属に。演説会では「私は無所属
ど真ん中」と強調する一方で「政党公認候補に比べて人権が制限されてい
るようなもの。大変厳しい選挙だ」と同情も誘い、無党派層の取り込みを
図る。【加藤佑輔、金志尚、大原一城】
毎日新聞10/14(土) 10:08配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 1)矢張りアメリカ人の選択は誤りではなかったか:前田正晶

ここ暫くは小池マジックショーの劇場に振り回されていた感があった。そ
こで、アメリカの目を転じてみれば相変わらずトランプ大統領は、止せば
良いのにとしか思えないTwitterでどんな些細なことでも、彼にとって気
に入らない事案に出会うやいなや、あの短い文章しか使えない場面で過剰
に反応し続けていたようだった。

なお、掲題の意味は言うまでもなく、大統領の選択を誤ったのかを表して
いる。

私はドナルド・トランプという方は、以前にも指摘したが、大統領ともな
れば全知全能と言っても良いような全ての権限を与えられ、自らの意志と
反射神経の赴くままに何をやっても誰も咎め立てしない地位に就いたと
思っているとしか思えないのだ。

しかも、その発する多くの大統領令なども、何かそれらの基となるような
一定の原則か思想信条がある訳ではなく、その場その場で彼に降りかかっ
てくる現象に反応しているかの感が濃厚だから始末が悪いのだ。

彼はこれも候補者であった頃から危惧してきたことで、「彼は何かもご承
知で発言しているのか」または「政治・経済・軍事・外交等に全く無知
で、無知であるからこそあれほど乱暴なことが言えるのかも知れない」か
「実は森羅万象何もかもご承知でありながら、恰も無知であるかの如くに
装って、言いたい放題であり好き勝手にアメリカどころか世界を統治する
気なのか」と思わせる人物である。

しかも、自家営業の不動産会社は何とか統治出来ていたようだったが、就
任から10ヶ月を経て未だにワシントンDCの中央官庁の幹部の選任を終了し
ておらぬだけではなく、側近を次から次へと入れ替えるし、彼を本当に支
えるべき国務長官との間にもきしみを生じさせているという状態だ。発言
にも一貫性に乏しく(小池百合子さんが真似たのかと思うほど)常に前言
を翻すような傾向が顕著だ。余談だが、私の元の同僚にも友人にもトラン
プ大統領支持派は皆無だ。

私はこのように彼が言うところの“fake news”に毒されたのか、彼を批判
する一方だった。だが、フロリダ州で引退生活を楽しんでおられる元アメ
リカの銀行に長年勤務された方は「トランプ大統領が就任後は株価も上昇
し、失業率も低下し、活発な公共(設備)投資で景気回復策を着々と講じ
ておられる」と、その功績を称える声もあるのを忘れてはなるまい。

しかしながら、何でも自分の思うようにするという考え方から離れられな
い模様で、目下報じられている件では“fake news”を垂れ流すNBCの放送免
許を取り消すとまで言い出したのは、些か常軌を逸している。彼自身が嘗
てはNBCに出演していたのであ
るから、放送免許なるものをご承知でないはずがあるまいと思う。彼はア
メリカ国内にNBCのネットワークに繋がっている局が幾つあるのか知らな
いとは思えない。余りにも短絡的な発言(Twitterでの発想?)ではない
のか。

彼は候補者の頃から「アメリカファースト」を掲げてきたはずだが、かか
ることを平気だ言い出すことが「アメリカ第一」と矛盾しているとは考え
たことがあるのかと疑いたくなる。

また、アメリカに押しつけられたと言うべきかどうか知らないが、その
憲法を我が国では後生大事に守ってきたと知らないはずはないのに、現在
の対DPRK情勢を彼自身がその大部分を醸し出しておきながら、我が国の核
武装を暗示するようなことを言うかと思えば、何時最終的な軍事行動を起
こすかも知れないと匂わせたりする。

また、このところ頻繁に安倍総理との間で行った電話会談では「我が国が
速やかに対DPRKの防御態勢を整えよ」と主張されたのだと語る専門家もい
るのだ。

しかしながら、候補者の頃には金正恩との対話も辞さないと言っていたの
は綺麗さっぱりと棚上げの感がある。トランプ大統領のように言動がぶれ
まくれば、小池さんが「アメリカの大統領でさえ、あれほど豹変なさるの
だから、私如きが多少前言を翻したり、行動が首尾一貫しなくてもも、小
池教信者は受け入れる」とでも思ったのではと疑いたくもなる。

先ほど何処かの局でデーブ・スペクターが「トランプ大統領は何れは弾劾
される方向に進んでいるのでは・・・」と言っていた。だが、良く考えな
いでも解ることで、この世界的に見ても難局に直面している時期にアメリ
カ大統領が不安定では非常に宜しくないのだ。安倍総理は「国難突破解
散」と言われたが、まさかトランプ様がその国難の中にあると想定されて
はいないだろうな。いや、そんなはずがある訳がないと信じている。



 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸は15日も雨。

14日の東京湾岸は朝から雨、猿江恩賜公園を傘をさしての散歩。雨中散歩
をしているようなヒマ人は他に誰もいなかった。14日は家人の誕生日。

土曜日の第3亀戸中学校の校庭では男の子たちがボール蹴りを楽しんでいた。



                         読者:5574人 
◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。