政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針

2017/09/10

   
□■■□──────────────────────────□■■   わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4671号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年9月10日(日)



            トランプと不法入国者問題:Andy Chang

       「マラウィ」制圧はどうなっているのか:宮崎正弘

         平和ボケの日本人が読むべき1冊:櫻井よしこ

                 お邪魔虫共産党:渡部亮次郎        
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4671号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━━
トランプと不法入国者問題
━━━━━━━━━━━━


       Andy Chang

私はトランプは好きではないが彼が正しいときは反対しない。だがトラン プが嫌いだから偏見を持つ人はたくさん居る。何が何でもトランプに反対 する者が国民の半分ぐらいいる。民主党と左翼メディアは金正恩のミサイ ルよりトランプ降ろしに熱中している。

9月5日、トランプ大統領は2012年にオバマのDACA大統領命令を6ヵ月以内 に撤廃し、国会が不法移民子女の帰着を決定すると発表した。メディア
と反トランプ派は直ちにトランプを非人道、憲法違反と非難しDreamer(夢 見るヒト)と呼ぶ違法入国の若者は各地でデモンストレーションを続けて いる。DACAの撤廃で彼らが強制送還されるかも知れないからだ。

DACA(Deferred Action for Childhood Arrivals)とは不法入国した親に 連れられて入国した子供を強制送還するかどうかの問題である。不法入国 とは言え子供に罪はないから強制送還は可哀そうと言うのが送還に反対す る理由である。

オバマ大統領はDACAで違法入国子女を送還するかの「決定を延期」した
のである。法を犯したのは親で子供に罪はないと言う。しかし子供だって 不法入国である。不法入国者は送還すべき、これは法律である。法律は国 会が決めることでオバマには法律を変える権限はない。だから「決定を延 期」するとしただけである。

だがオバマのDACA令は無期延期ではないから何時かは法律で決定すべきで ある。トランプはオバマの「垂れ流し」に決着をつけるため、オバマの決
定延期を撤廃して80万人のDreamerの始末を6ヵ月以内に決めろと国会に
命じたのである。

つまりトランプにも決定権がないから国会が決めるべきで、トランプは国 会に6ヵ月の期限をつけただけである。オバマの「垂れ流し」を撤廃した トランプが80万人のDreamer、そして左翼メディアや民主党員から非難さ れるのは如何にも不公平だ。

確かに80万人の子女には既に就職したり学位を取得した者もいるし、アメ リカに貢献しているかもしれない。彼らに居住権を与える権利は国会にある。

80万人の不法入国子女がみんな学位をとって就職しているのでもない。一
部の人だけに国籍を与えるのは不公平だし、学位や就職を取ればアメリカ
の国籍を取れるのも不公平だ。

●法の無視は民主党のお家芸

法の下では何人も公平であると言う。しかしアメリカでは法を無視した ケースがたくさんある。しかもオバマ政権で起きた法無視事件があまりに も多い。ヒラリークリントンの違法メール事件、ベンガジ事件、ロレッ タ・リンチ司法長官とビル・クリントンのヒラリー違法調査の免除疑惑、 ロイス・ラーナー税務長官の共和党員の納税資料違法調査など、未解決問 題が山積している。

不法入国問題だけに限っても全米で15の都市が違法移民を保護する「聖
域都市(Sanctuary City)」と称して不法入国者の犯罪を取り締まらない と言う。

警察に捕まってもすぐに釈放される、或る者は十数回も国外送還された後
でもすぐに戻ってきて聖域都市に入れば警察も逮捕しない。窃盗罪や殺人
罪を犯しても放免されるのである。これらの聖域都市の市長はみんな民主
党員である。反トランプだから何が何でも反対するのである。

キリスト教会が犯罪者を保護するために教会を聖域と称したのは昔のこと だ。国法を遵守すべき市長が聖域都市を自称して不法入国者を保護するの
は法的、道徳的に可笑しくないだろうか。聖域都市は違法ではないのか。

オバマ以前にも権力の腐敗はあったかもしれないが、オバマの権力の腐敗
と法無視は実に多く、しかもトランプ政権になった今でもオバマ時代の違 法調査がなかなか進まない。

トランプ大統領がDACA撤廃を決定したたら、数日の間に15の民主党系の州 がトランプを憲法違反で告訴すると宣言した。
大統領命令は大統領の権限だが憲法違反で告訴して法廷が起訴すれば
大統領命令が一時凍結されてDACA撤廃が実施できなくなるのを狙ってい
ると思われる。

トランプにも問題がある。トランプは傲慢で態度が悪い。だから国民の大半
はトランプが嫌いだ。嫌いだから冷静で公平な判断が出来ない。民主党は
選挙に負けた恨みで反トランプ、メディアもトランプに全て反対である。 アメリカが正常国家となるのはオバマが8年かけて作り上げた分裂を清算 してからだろう。


            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「マラウィ」制圧はどうなっているのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)9月9日(土曜日)
       通巻第5426号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フィリピンのIS拠点「マラウィ」制圧はどうなっているのか
  ドゥテルテ大統領、3回現地入り。「戦闘は間もなく終わるだろう」
*********************************

マラウィはフィリピン南部のミンダナオ諸島の西部に位置するイスラム 教徒の街。5月23日に戒厳令が発動され、政府軍が投入されてイスラム 過激派との戦闘を開始した。

武装集団の主体はISシンパのマウテ集団、ここに武装ゲリラ「アブサヤ フ」の残党、そしてIS帰りの過激派に加え、マレーシアとインドネシア からISに影響を受けた武闘派が加わった。

かれらはマラウィ市を乗っ取った。その制圧と治安回復のためフィリピン 政府の軍事作戦が本格的に展開された。

死者800人、避難民がすでに36万人。このうち310人がISシンパの過激派 イスラム教徒とされ、負傷者は無数。ただし過去の過激派「MILF」 (モロ・イスラム解放戦線)とMNLF(モロ国家解放戦線)の2つの武 装集団は政府との間に停戦協定を結んでおり、マラウィの戦闘には加わっ ていない。そればかりか、マウテ集団とは敵対関係にある。

マラウィの街は空爆と激しい戦闘で破壊され、まるでカブールやベイルー トのように瓦礫の山となった。ロレンザナ国防相は「復興に11億ドルを要 する」とし、フィリピン政府は半分の6億ドルの「復興債」を起債し、資 金を調達するとしている。

こういう話が浮上するということは、まもなく戦闘は終了するという展望 があるからだろう。現地入りしたドゥテルテ大統領は、現地の軍事作戦を 視察し、8月24日の視察では自らも機関銃をもって前線に立った。

「遅くとも10月には作戦は終了する。残るIS兵士は、市民20数名の人 質を取り、『人間の鎖』をつくらせて、その輪の中に潜んでいるだけだ」

現地司令官のカレルド・ブレベス少将(西ミンダナオ司令官)は、「彼ら 残党は40名足らずであり、600メートル四方の地区に立て篭もってい る が、食料も弾薬もつき、殆どが負傷している。リーダーの多くはすでに 空爆で死亡した」と語っている(アジアタイムズ、9月7日)。

戦略拠点だった市内最大のモスクと兵站ルートとなっていた2つの橋はす でに政府軍がおさえ、36万人の避難民の医療、食料を運んでいる。救護 班には女性兵士も参加しているという。

しかしマラウィを制圧できたとしても、ミンダナオ諸島は歴史的にイス ラムであり、レイテ、ルソンのようにカソリックではない。

したがって歴史的対立に終止符が打たれるわけでもなく、マラウィの戦闘 終了は、つぎの新しいイスラム過激派との戦いの始め利に過ぎない、とい う悲観の声が聞こえる。「かれらは14歳以下のこどもを洗脳し、山岳地 帯に立て篭もることになるかも知れない」とは現地の報道である。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌前々号(5424号)にメイ・フォン著、小谷まさ代 訳 『中国「絶望」家族』(草思社)の書評があり、さっそく当該書籍を読 み進めております。

まだ半分ですが、ご指摘のように、1人っ子政策が中国の近未来を暗くし ており、一番印象的だったのは、1人っ子の兵隊が果たして戦争で戦うの か、という箇所です。これまでの中国論のなかではお目にかかれなかった 指摘だけに衝撃を覚えました。(HI生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)もう一つ、その前に書評した阿南友亮氏の『中国 はなぜ軍拡を続けるのか』(新潮撰書)は中国軍拡論の現実を述べています。

要するに「張り子の虎」の実証ですが、この本も参考になります。




━━━━━━━━━━━━━━━
平和ボケの日本人が読むべき1冊
━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

月29日早朝、3日前に続き北朝鮮がまたもやミサイルを発射した。しか も、今回は日本上空を飛び越え、太平洋上に落下したのだ。北朝鮮の挑発 はやまず、周辺の緊張は続く。そんな今、色摩力夫(しかまりきお)氏の 『日本の死活問題国際法・国連・軍隊の真実』(Good Books)を、啓蒙の 書として勧めたい。

色摩氏は89歳、戦時国際法の第一人者である。仙台陸軍幼年学校から陸軍 予科士官学校に進んで軍人になる予定が、その前に終戦を迎えた。そこで 「国を守ることに変わりはない」と、外交官の道に入り、戦時国際法の権 威となった。

世界で唯一、憲法で自国の「交戦権」を否定している日本の私たちにとっ て、戦時国際法や戦時法規などと言われてもピンとこないだろう。

なんと言ってもわが国は「いざというときには戦争に訴えてでも自国を守 る権利」、即ち、国家主権の核心をなす交戦権をアメリカ製の憲法で否定 され、一方的に守って貰う屈辱に70年間も甘んじている事実上の被保護国 だ。交戦権をはじめ国防や安全保障の心構えとは無縁で、楽しく過ごして きた平和ボケの国民である。

氏は、そんな日本人に、パシフィズム(平和主義)こそ戦争誘因の要素で あること、戦争は悪だと認識し、戦争廃止を熱望し、広く啓蒙すれば戦争 はなくなると信ずるパシフィズムは、歴史の試練の前で敗北してきたと、 懇切丁寧に説明する。

平和の実現とは正反対に、パシフィズムが大戦争を引き起こした悪名高い 事例に1930年代のイギリスの対独政策がある。官民共にパシフィズムに染 まったイギリスは、膨張を続けるヒトラーに対して宥和政策をとり続けた。

独仏の歴史的係争地であるラインラントにヒトラーが手をかけたのが36年 3月だった。パシフィズムの蔓延している英仏両国は軍事行動に出ないと 見ての侵攻だった。ヒトラーの読みは当たり、英仏は対独戦には踏み切ら ず、ヒトラーの侵攻は大成功した。その後の第2次世界大戦への流れは周 知の通りだ。

「戦争を望む人」

往年のイギリス同様、現在の日本にもパシフィズムが蔓延する。特に 「NHK」「朝日」を筆頭にメディアにその傾向は強い。2年前の安保法 制も、安倍晋三首相の憲法改正もすべて「戦争」につながるとして、彼ら は批判する。

大事なことは、しかし、独りよがりの素朴な善意を振り回すことではな い。日本周辺に北朝鮮や中国の脅威が迫っている今こそ、そもそも紛争や 戦争について、国際社会の常識がどうなっているのか、意外な現実を知る ことだ。色摩氏は書いている。

「文明社会においては実力行使は最終手段(ultima ratio)でなければな りません。文明の紛れもない兆候のひとつは、暴力が最後の手段に限定さ れていることです。他方、野蛮の証(あかし)は、暴力が最初の手段 (prima ratio)になっていることです」

実力行使即ち戦争は文明社会では最終手段、野蛮な社会では最初の手段と されている。どちらの場合も、戦争は否応なく、問題解決の手段とされて いるのが国際社会の現実だというのだ。

このような説明は、日本では仲々受け入れられず、逆に「戦争を望む人」 の言説として受けとめられがちだ。だが氏の指摘は、国際社会では戦争に 関わらないことは容易ではなく、戦争は国際政治の中に組み込まれてい る、そのことを理解しなければ、国家として生き残るのは難しいというこ とである。

たとえば、多くの日本人は国連は平和を守る機関であるかのように誤解し ている。色摩氏は国連は次の4つの戦争を認めていると強調する。

?国連自身の武力行使(国連憲章第42条)、?加盟国の個別的自衛権の行使 (第45条)、?加盟国の集団的自衛権の行使(第51条)、?敵国条項による 旧敵国への武力行使(第53条)
  
?と?は自衛戦争を指すが、戦争が自衛か否かを判断するのは当事国で、ど んな戦争も自衛戦争として正当化される。

総合すると、国連憲章は事実上、全ての戦争を認めていると言ってよい。 だから世界各地で今日まで、多くの戦争が続いてきた。戦後約70年間で、 戦争などで武力行使をしなかった国は、国連加盟193か国中、日本などわ ずか8か国に過ぎないとの氏の指摘は重要だ。

世界中で戦争は続いている。しかも日本周辺の危機は高まっている。だか らこそ、戦争に対する国際社会の考え方やルールを知っておかなければな らない。近代国際社会は、戦いの惨禍を抑制するためのさまざまなルール を作っている。それが、戦時国際法である。その中でも最も大事なこと は、戦争の終わらせ方だという。

戦時国際法への無知

停戦、講和条約締結、批准に至って全ての問題は解決され、勝者も敗者 も、この時点で未来志向で新しい出発点に立つ。この国際ルールから言え ば、中国や韓国が日本に戦時中の賠償を現在に至るまで求めているのは、 明らかにおかしい。

わが国は先の大戦を国際法に則って戦い、国際法に基づいて降伏の手続き を行い、降伏条件もまじめに履行した。法的にも政治的にも、戦争は完全 に終了している。

日本が近隣諸国の歴史認識問題に振り回されるのはこの認識が不十分なた めだとの色摩氏の指摘を心に刻みたい。中国、韓国両国に対してだけでは なく、私たちは大東亜戦争に関してあらゆる意味で引け目を感じている。 それは戦時国際法への無知から生じているのだ。

たとえば真珠湾攻撃である。わが国は攻撃開始30分前に最後通牒をアメリ カ側に手交する予定だったが、ワシントンの日本大使館は攻撃開始から40 分過ぎて手交した。このことで騙し討ちなどと言われるが、色摩氏は「奇 襲攻撃は今も昔も、国際法上合法でわが国が不当な汚名を甘受するいわれ はない」と断じている。

たとえば1939年のドイツによるポーランド侵攻、41年のドイツのソ連奇襲 と独ソ戦開始、65年のアメリカの北ベトナム攻撃、4度にわたるイスラエ ルとアラブの戦争、北朝鮮や中国が韓国に攻め入った50年の朝鮮戦争な ど、どの国も事前に宣戦布告をしていない。そのことで責められてもいな い。現在も宣戦布告は国際法上の義務ではない。私たちはこうしたことも 知っておくべきだ。

戦争に関する法理という視点に立てば、「日本は先の大戦を立派に戦い、 そしてある意味で立派に負けた」に過ぎない。色摩氏は、「決して卑屈に なったり、引きずったりする理由はありません」、「正々堂々と戦後を再 出発すれば良かったのです」と言い切る。国際法や国際社会、国連の現実 を知ることで、日本はもっと前向きな自己認識を持つようになれるのだ。
『週刊新潮』 2017年9月7日号 日本ルネッサンス 第768回


        
━━━━━━━
お邪魔虫共産党
━━━━━━━


    渡部 亮次郎

中国では幹部でも汚職がばれれば死刑になる。それでも幹部の汚職が引き もきらない。いくら共産主義に共鳴しても、私欲とは人間の本 能に等し いものだからである。

こうした目で中国を見ていれば、共産党が政権を掌握している限り
人権尊重や政治の民主化なぞは絶対実現しないと思うのが普通だが、経済 の改革開放が進むのに比例して民主化が進むはずだと考える人々がいる。 特にアメリカの人たちに多い。

中国が何故、共産革命に成功したか。それは国家権力を手中にしようとし た毛沢東の策謀が成功したからである。国家の形態は何でも良かったが、 とりあえず貧民が国民の大多数だったので、「金持ちの財産を分捕り、皆 で平等に分配しよう」と言う呼びかけに合致したのが共産主義だった。

共産主義政府の樹立が毛沢東の望みではなかった。真意は権力の奪取だっ た。日中戦争の終結で、日本軍の放棄して行った近代兵器を手中にして蒋 介石と国内戦争を続けた結果、蒋介石は台湾に逃亡した。毛沢東は昭和 24(1949)年10月1日、中華人民共和国建国を宣言した。

人民も共和も中国語には無い。日本語だ。畏友加瀬英明氏の説明だと、中 国語には人民とか共和と言う概念が無いのだそうだ。北朝鮮はそれに民主 主義が加わって嘘が深化している。

権力は掌握したが、人民への約束を果たす手段が無い。とりあえず人民公 社と大躍進政策が当時のソ連をモデルに実施されたが、農民は生産意欲の 低下とサボタージュで抵抗。

結果として食糧不足に陥って各地で飢饉が発生。餓死者は1500万人から 4000万人と推定されている(「岩波現代中国事典」P696)。

毛沢東の死(1976年)後2年、失脚から3度目の復活を遂げていたトウ小平が 経済の開放改革を断行。開放とは日本など外国資本の流入を認め、改革と は資本主義制度への転換を意味した。

4つの近代化を掲げたのだ。工業、農業、国防、科学技術の近代化であ る。今のところ実現に近付いているのは軍事の近代化である。

トウ小平は政治の近代化だけは断乎として拒否した。肥大化した経済が政 治(共産政府)を圧倒する危険を回避したのである。だから第2天安門事件 には反革命の匂いを嗅ぎ、断乎、弾圧した。

しかし発展する資本主義にとって共産党政府による様々な統制は邪魔以外 の何物でも無い。工場用地の確保一つとってみても、土地すべての国有は 障害でしかないが、自由にならない以上、共産党幹部を「買収」する以外 に方法が無い。

したがって多発する共産党幹部による汚職事件はいわば構造的なことで あって、客観的にみれば「事件」ではなく「日常茶飯事」に過ぎない。

しかも冒頭に述べたように「私欲」は本能のようなものだ。所有を否定す るのが共産主義の思想でも「本能」には勝てっこない。つまり共産主義体 制化で経済だけを改革開放すれば汚職は自動的に起きるし、共産党幹部に すれば、現状を変更するメリットは全く無いわけだ。

汚職は時たましか発覚しない。摘発で死刑になるのは不運な奴で政府の知 るところではないのだ。かくて中華人民共和国政府は汚職にデンと腰を下 ろした政権。民主化を抑え、人権無視の批判など絶対耳に留めない。耳が 左右に付いているのは右から聞いたら左から逃す為にあるのだ。2010・12・5


      
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎北の暴挙と日本人の「自虐史観」 核実験行われても“話し合え”と主張する進歩のない日本−ケント・ギルバート ニッポンの新常識

北朝鮮は先月29日、中距離弾道ミサイル「火星12」を発射し、北海道上空を通過させ、襟裳岬東方の太平洋上に落下させた。

3日には「6回目の核実験」を強行し、「ICBM(大陸間弾道ミサイル)搭載用の水爆実験に成功した」と発表した。水爆は原爆より小型化できるうえ、最大で原爆の約3000倍のエネルギーが出せるという。

6回目の核実験は、米軍による武力行使や斬首作戦の「レッドライン」を越える可能性も指摘されていたが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は強行した。

不良中高生やチンピラ、ギャングなど、世の中には「ナメられるくらいなら死んだ方がマシ」という人たちが確かにいる。正恩氏も似たような思考回路なのか。

心理学の用語でいうと正恩氏は「承認欲求」が強いとみえる。特に、自分が他人よりも優位な立場として認められたい「上位承認」の欲求が強いようだ。このような人物はナルシストの傾向が強かったり、他者に対して猜疑心や被害妄想を抱えているケースが多いとされる。他人が信用できないから、自分はそれを支配する存在として君臨したいわけだ。

日本から見れば、わが米国のドナルド・トランプ大統領も、正恩氏と大差ないと思うだろう。米国人は私も含めて自分の個性と主張を前面に打ち出すよう、幼いころから教育される。授業中に積極的に前に出て自説を説得的に述べられないと、成績優秀者にはなれない。基本的に「遠慮」「謙遜」「譲歩」などに美徳を感じない。

 米国人も「ナメられる」ことが大嫌いなのだ。だから、「チキン」(臆病者)といわれるとキレてしまう映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公、マーティに共感する。

推測だが、「ナメられたくない」という気持ちは、厳しい生存競争を生き抜くのに必要な本能的な感情ではないのか。逆に「ナメられても構わない」との気持ちは人生を達観した聖人のようだが、生存への欲求が薄い感じだ。

弾道ミサイルが上空を通過し、初めてJアラートが鳴り、加えて核実験が行われても、あくまで「話し合え」「刺激するな」と主張する進歩のない日本国内の反応を見ていて、そんなことを考えた。

先の「承認欲求」の中には、自分が他人から蔑(さげす)まれたいと考える「下位承認」もあるそうだ。被虐的な性癖のある人物や、社会的・道義的な責任を背負いたくないと考える人物、そして他人に依存したい、保護されたいと思っている人物が抱きがちであるとされる。

戦後の自虐史観のなれの果てが「下位承認」だったのだ。妙に納得した。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

【写真】  核の兵器化事業を指導する金正恩氏。日本人は恫喝に打ち勝てるか(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170909/soc1709090004-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2017.9.9 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【MLB】イチロー1か月ぶり先発で勝利貢献 1安打2得点&好走塁、 2500単打にも到達

メジャー3073安打&歴代21位に「8」、マーリンズは連敗5で止める
マーリンズのイチロー外野手が8日(日本時間9日)、敵地ブレーブス戦で 「7番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打2得点で7-1の勝利に貢献し た。この日の遊撃内野安打でメジャー通算安打3073安打とし、歴代21位の キャップ・アンソン(3081本)まで残り8本に。またメジャー通算2500単 打にも到達した。

イチローはどこまで記録を伸ばすか…メジャー通算安打・通算盗塁ランキ ング&イチロー日米年度別成績

 43歳のベテランはこの日、8月9日(同10日)のナショナルズ戦以来、約 1か月ぶりにスタメン出場。0-0で迎えた2死一、三塁の第1打席で四球を選 ぶと、ロハス、ウレーニャが連打。イチローは2点目のホームを踏んだ。

 その後、4回の第2打席は二ゴロ、6回の第3打席は投ゴロに打ち取られた が、3-1と2点リードで迎えた9回の第4打席では遊撃への内野安打を記録。 直後、ロハスの二塁打で好走塁を見せ、4点目のホームを踏んだ。マーリ ンズはさらに3点を加えて7-1と勝利。連敗を5で止めた。

イチローはこの日のヒットでメジャー通算3073安打とし、歴代21位の キャップ・アンソンまで「8」とした。また、この安打で通算2500単打に 到達。米データサイト「Baseball-Reference.com」によると、これまでは 歴代1位の3215単打のピート・ローズのほか、タイ・カッブ、エディ・コ リンズ、キャップ・アンソン、デレク・ジーター、ウィリー・キーラーの 6選手が記録。一方、MLB公式サイトではローズ、カッブ、コリンズ、ジー ター、キーラーの5選手のみとなっており、MLB公式サイトのジョー・フリ サロ記者、マイアミ・ヘラルドのクラーク・スペンサー記者らは自身のツ イッターで史上6人目の達成と速報した。

イチローはこの日3打数1安打1四球2得点で打率.261としている。
.
フルカウント編集部●文 text by Full-Count
Full-Count9/9(土) 11:53配信



 ◎屋内は「禁煙」 小池知事、罰則付き条例制定へ

 東京都の小池知事は、飲食店など建物の中を原則として禁煙にする罰則 付きの条例を制定する方針を明らかにしました。東京から受動喫煙対策を 前進させる考えです。

条例案の基本方針では学校や医療機関は敷地内を禁煙とし、官公庁や福祉 施設などは屋内を全面的に禁煙にするとしています。また、飲食店では規 模の小さなバーなど以外は、喫煙室を除いて屋内禁煙としています。違反 した喫煙者や施設の管理者には5万円以下の罰金を設ける方針です。

 小池知事は8日の定例記者会見で「東京都の受動喫煙防止条例の基本的 な考えを策定した。国の法制化を待っていると、東京都として2019年(ラ グビーW杯)、2020年(東京五輪)と実際に世界から多くの人を受け入れ なければいけないし、事業者もいろいろな作業を強いられるので」と話し ました。

受動喫煙対策は国でも法整備に向けた検討が進められていますが、東京都 は開催自治体として2019年のラグビーワールドカップまでの施行を目指す ため、2017年度内に東京都議会に条例案を提出することにしています。

 これについて、たばこを吸わない人からは「いいと思います。普段生活 している時にちょっと気になる時がある」「賛成。子どもなども公共施設 にはいる。屋内だったらなおさら空気が流れないので」といった歓迎の声 が聞かれました。

一方、たばこを吸う人からは「(条例案は)一言で言うと最悪。屋内で吸 えないのであれば、公共の喫煙所などを充実させてほしい」「ちょっと乱 暴な気がする。時間帯で区切るなど、もう少し柔軟な対応でもいいので は」などといった声が聞かれました。

都内の受動喫煙を巡っては、都議会でも動きが加速しています。都民 ファーストの会と公明党は9月下旬からの都議会で子どもの受動喫煙防止 に絞った条例案の提出を目指し、教育関係の団体などからヒアリングを 行っています。これまでは罰則付きの条例案も検討していましたが、都が 今回の条例案を出す場合は「足並みをそろえる」として、提出しない考え です。 MXTOKYO MX9/8(金) 21:25配信



 ◎【尖閣国有化5年】 「日本の実効支配崩した」 中国、巡視船の戦闘 力を急速に増強

【北京=西見由章】尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化以降、中国は公船 による領海侵入の常態化などを通じて日本の実効支配を打破したと自賛し ている。「事実上の軍事組織」(香港メディア)である中国海警局は、東 南アジア諸国との領有権争いを抱える南シナ海もにらみながら巡視船の大 型化と武装化を進めており、今後も海洋進出を強めそうだ。

中国共産党の幹部養成機関、中央党学校の機関紙「学習時報」は7月末、 習近平指導部の5年間の実績を礼賛する論評を掲載。尖閣諸島について 「(2013年秋に)東シナ海に防空識別圏を設定し、巡視船による航行を常 態化させたことで日本による長年の『実効支配』を一挙に打破した」と主 張した。

こうした動きを支えるのは中国海警局が運用する巡視船などの急速な拡充 だ。英字ウェブ誌「ザ・ディプロマット」によると、海警の船舶数は12 年以降にほぼ倍増し現在は200隻以上を所有している。新たに配属された 船には056型コルベット(軽護衛艦)をモデルに建造した船や、退役した 駆逐艦やフリゲート艦を改造した船などの“準軍艦”が多く含まれている。

さらに海警は満載排水量1万2000トンと世界最大の巡視船2隻を建造し、 近く東・南シナ海で本格運用する見通しだ。駆逐艦などの主砲に使われる 76ミリ砲を備えた海警2901は東シナ海を管轄する東海分局に配属されて おり、尖閣付近で活動する可能性がある。もう1隻の海警3901は今年4 月、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島海域で初の巡視航海を行った。

「海洋強国」を掲げる習指導部は、高い戦闘力を備えた巡視船を利用し て、今後、日本に一層の圧力を強めるとみられる。

【写真】 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に大挙して押し寄せ た中国漁船=平成28年8月6日(海上保安庁提供)
http://www.sankei.com/world/photos/170908/wor1709080046-p1.html
【産經ニュース】2017.9.8 20:24  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎民進の5人、来週にも離党 細野・若狭氏と連携か

民進党の衆院議員5人が来週にも離党する方向で調整していることが8 日、わかった。複数の同党関係者によると、このうち3人は8月に離党し た細野豪志元環境相が率いていた「自誓会」のメンバー。細野氏とともに 年内の新党結成を視野に入れ、小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員率 いる「日本ファーストの会」との連携などを模索するとみられる。

自誓会メンバーは、笠浩史(52)=神奈川9区、当選5回▽後藤祐一 (48)=同16区、3回▽鈴木義弘(54)=比例北関東、2回=の3氏。残 りの2人は、岸本周平(61)=和歌山1区、3回▽福島伸享(47)=比例 北関東、2回=の各氏。

5人は、1日の民進党代表選で白票を投じたとみられており、前原誠司代 表の下でも党勢回復は困難と判断したもようだ。

岸本氏は5日、和歌山市内で開かれた連合和歌山の会合で「(民進党は) 解党による出直しが行われなければ離党する」と明言していた。

別の議員の一人は産経新聞の取材に対し、離党を検討していることは認め たものの「意向はまだ固めていない」と語った。

民進党は、今年4月に長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出し、除籍処分 となったほか、7月の東京都議選で惨敗してから細野氏ら4人が相次いで 離党届を提出した。

細野氏は離党を受理されたが、他の3人は除籍処分となった。
産経新聞9/9(土) 7:55配信



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 1)「幸せっ」て何のこと:前田正晶

畏メル友尾形氏との意見交換の中で、ふと50年ほど前だったでしょうか日 本の会社の頃に、強い意志で長期間の恋愛の末に周囲の反対を押し切っ結 婚された女性社員と「幸せとは」を語り合ったことがありました。彼女に 「恋愛結婚をされた今は、貴女はさぞかし幸せを味わっているのでしょう ね」と尋ねました。

彼女の答えは「幸せとは、今より未だ良い状態が来るようにと願っている 生活をしていられることです」だったのです。そもそも「幸せとは」など ということは「乙女心が夢見る抽象的なことだ」としか考えられなかった 私は、詰まらないことを訊いたものだと、内心忸怩たるものがありました。

その答えが彼女自身の意見なのか、先人の言葉の引用か知る由もありませ んでした。だが、経験者でなければ言えないことで、良い勉強をさせて貰 えたと思いました。

私などは良い年齢(トシ)になってもBAKAですから、「未だ未だこの先に 何か良いことが待っているのかも知れない」と密かに期待しています。で は、トランプ様の幸せって何でしょう。金正恩では?安倍晋三総理は?


 2)トランプ大統領は足許を読まれているのでは:前田正晶

私はプーテイン大統領も習近平もトランプ大統領の足許を読み切って実に 狡猾に振る舞っている辺りは、役者が2枚も3枚も上だと思うのです。トラ ンプ様は9日も「アメリカが軍事力を使えばDPRKには悲しい(sadと聞こ えました)時が来るだろう」などと威嚇していましたが、アメリカに核保 有国として認めさせようと狙う金正恩が核放棄をする訳がないのです。

では、対話(dialogueと言っています)をして核を放棄させられるので しょうか。プーテイン大統領も習近平もあり得ないことと割り切っていま すから、UNが言う制裁などを平気で無視すると思います。だからこそ、シ レッとして制裁よりも対話だなどと言えるのでしょう。

こんな茶番を金正恩は心の底から嘲笑って「日本は直ぐ近隣に核兵器も missile も保有する国があるのを忘れるな」などと我が国を威嚇するので しょう。一体全体、DPRKに軽くあしらわれているのはアメリカでしょうか 中国でしょうか、それともロシアでしょうか。では安倍総理は?



 3)山尾志桜里は何故離党したのだろう:前田正晶

何も身体的に不倫に及んでいなかったと言うのならば、何故彼女は離党を 選んだのだろう。党に迷惑をかけて申し訳ないことは離党に値するという ことか。私はあれでは「不倫を致しました」と言外に認めたことになるの ではと思って聞いていた。元検事と現職の弁護士が「同じ部屋に入っただ けで云々」を知らないはずはなかろうに。

お陰で、テレビではこの件と清宮幸太郎が打ったのたうたないのという ニュースばかり。DPRK問題の方が遙かに深刻な案件だろうに。





━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


10日の東京湾岸は久し振りに快晴、爽快。

8日夜はヴェトナムから一時帰国中のPCの師匠招待して
千葉県行徳の焼肉屋で一献。9日朝の血糖値「131」。

8月13日、訃報が北と南からあった。北は秋田高校の同級生矢野恵之介 君、南は大阪在住の友人池尻一寛さんの夫人紀子さん。矢野君は葬式はす るなが遺言だったそうだ。池尻さんは9日、四十九日忌を営んだそうだ。 何とかこれを機に元気を出してほしい。

2年前夫人を亡くした高校同級生中田君、安宅峯夫君、大釜君と呑んだが
中田君は独り暮らしに1年間は耐えたがこれ以上は無理と施設に入った。
意外に快適だといっていた。

9日午前、秋田県大仙市で強い地震があったと言うので大釜君の郷里だか ら心配したが、大釜君によれば大したことはなかったそうで一応安心した。

隣りの第3亀戸中学校は9日土曜は休校なのに朝から沢山の女子生徒が プールに突入した。男子はいない。午後になったら、やはり女生徒たちが 校庭にネットを張ってテニスを始めた。

男性は威張ってみても、此の世は女性の世だ。

                         読者:5750 
人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。