政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4445号  2017・8・15(火)

2017/08/15

  
  
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4445号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年8月15日(火)



          ご主人にやさしくしてください:加瀬英明

      強硬姿勢の中国はじめ周囲は深刻な危機:櫻井よしこ
            
             のど自慢に出場したのだ:渡部亮次郎                         
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4445号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━━━━
ご主人にやさしくしてください
━━━━━━━━━━━━━━


   
          加瀬 英明

5月にkしか鹿島県の喜界島に講師として、招かれた。

人口が7000、車で1周して38キロ、砂糖黍が主な産業の南の島だ。

ここで、奄美群島市町村議会議員大会が開かれて、300人あまりの議員が 集まった。

舞台の脇の垂れ幕に、「激動する国際情勢と日本の進路」という演題が書 かれていた。

私は開口一番、「もう40年以上も、今日いただいた演題でお話してきまし たが、これから世界だけでなく、日本が激動することになります」と、警 告した。

アメリカが世界秩序を守ることに疲れて、日本を守る意志を萎えさせてい ると説明したうえで、日本を守るために日本国憲法を改めたいと、訴えた。

質疑応答に移ったところ、50代の女性が手を挙げた。マイクを握ると、 「現行憲法はアメリカが強要したものではありません。日本国憲法は世界 に平和憲法として、知られています。この憲法を守ることによって、私た ちの平和が守られます」と、述べた。

私は「たいへん、よい質問をいただきました」と感謝してから、「まこと に残念ですが、古(いにしえ)の昔から国際社会は悪の社会でした。自国を 守る意志がない国は、例外なく滅ぼされてきました。ところで、テレビの ニュースを見ると、このところ、DV――家庭内暴力によって、家族を危 (あや)める事件が頻発しています。まず日本国憲法の精神を、家庭のなか で実現しましよう」と答えて、「今晩、お帰りになったら、ご主人にやさ しくしてあげて下さい」と、お願いした。

すると、質問した女性が「わたくしは、独身です!」と叫んだので、会場 が拍手と爆笑によって包まれた。

休憩ののちに、会場に机が並べられて、懇親会になった。

議員の先生がたが列をつくって、コップに黒糖焼酎を注いでくれた。先の 質問した女性が、徳之島の日本共産党の議員だと、教えてくれた。

私は瓶を持つと、女性議員のところまでいって、お酌した。容姿が美しい 人だった。よい質問をもらった礼を述べて、「この国を守るために、ご一 緒に頑張りましよう」といって、握手を交わした。

全国で憲法改正について講演することが多いが、しばしば、聴衆から「安 倍内閣が中国を刺激しているのが悪い」とか、「日本の安全を外交努力で 守れるはずだ」と、反論される。

幕末に、日本はアメリカをはじめとする西洋列強から、不平等条約を強 いられた。日本の独立を守るために、何としてでも不平等条約を改正しな ければならなかった。先人たちは歯を食いしばって、血が滲む努力を重ねた。

 現行憲法はアメリカが占領下で、日本が再び自立することができないよ うに押し付けた、憲法を装った不平等条約である。

 現行憲法を一日も早く改正しなければ、私たちは幕末から明治までの
歴 史を語る資格がない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強硬姿勢の中国はじめ周囲は深刻な危機
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

「強硬姿勢の中国はじめ周囲は深刻な危機 獣医学部新設と加計学園は問 題ですらない」

衆院予算委員会の国会閉会中審査で、民進党の櫻井充議員が参考人に、 「出て行け!」と、罵声を浴びせた。

氏の暴言も驚きだが、安倍晋三首相の態度や言葉遣いが傲慢だと批判して いた「識者」や評論家、ニュース番組の司会者までもが野党議員の暴言に は全く苦言を呈しなかったことも驚きだった。明らかなダブルスタンダー ドである。

国会議員もメディアも獣医学部新設問題を岩盤規制打破の観点を置き去り にして、倒閣運動の材料であるかのように見ているのではないか。メディ アや言論人の本来の責任を放棄したかのような偏向した議論に日本全体が 熱中する間、日本周辺に危機が迫っている。

7月に入って中国の脅威が新たな段階に入っている。2日には中国海軍の調 査艦が通常と異なるルートで津軽海峡のわが国領海に侵入した。狭い津軽 海峡については全海域を日本の領海・排他的経済水域とすることも可能 だ。しかし、わが国はまん中を公海として開放しており、各国の軍艦の航 行を許しているが、中国艦は日本の陸地にぐっと近づき領海侵犯を続けた。

15日には中国海警局の公船2隻が対馬海峡の東側、東水道で領海侵犯を2度 繰り返した。2日後、この2隻は津軽海峡の領海に2回、侵入した。

対馬東水道及び津軽海峡での領海侵犯は初めてだ。中国の意図を、シンク タンク「国家基本問題研究所」企画委員、太田文雄氏は北極海航路の開発 に向けた動きだと見る。

米国、ロシアを筆頭に、北極海では凄まじい権益争いが進行中だ。中国に とって北極海航路は、欧州への航路が現在の南回り航路に比べて約半分に 短縮されるメリットがある。一帯一路を掲げ、海上覇権を西太平洋、イン ド洋、紅海から地中海に広げる中国は、北極海航路の確保を目指している。

北極海には世界最大の島、デンマーク領のグリーンランドがあり、その東 はレーガン・ゴルバチョフ両首脳会談が行われたレイキャビクを首都とす るアイスランドだ。人口30万人弱の小国で中国は広大な土地を取得し、北 極海を睨んだ拠点づくりを進めてきた。

北極海からベーリング海峡を下り千島列島を横切る形でオホーツク海に入 り、北海道稚内北の宗谷海峡から日本海に入る。或いはベーリング海峡を 下りそのまま太平洋を南下して津軽海峡経由で日本海に入る。次に対馬海 峡を通って西に進めば目の前が中国だ。中国にとって津軽海峡も対馬海峡 も非常に重要な戦略拠点なのである。

中国の習近平国家主席は外交、安全保障政策で力による支配を強めてい る。尖閣諸島については、「3・3・2の原則」(月3回、公船3隻が2時間領 海侵入)と言われてきたが、現在は天候が許す限りいつでも、4隻体制 で、自由に領海侵犯する状況が生じている。

中国は尖閣諸島入手が、東シナ海・南シナ海奪取と制海権確立に欠かせな いと考えている。そのために尖閣諸島は絶対に諦めず、台湾も同様だろう。

その意味で、尖閣諸島海域侵入の規模と頻度を高めていることと、7月25 日、台湾海峡に初めて爆撃機を飛行させたことは、関連する軍事行動とし て深刻に受けとめなければならない。

中国の対外強硬策は習近平主席の国内政治における闘争と密接に結びつい ており、今後も続行されるだろう。

目の前に中国の脅威があり、北朝鮮はいつ新たなミサイル発射、又は核実 験に踏み切るやもしれない。韓国の文在寅政権は対日歴史戦争をフルに展 開しつつある。

日本の周囲すべて危機である。この深刻な危機の中で、本来問題ですらな い獣医学部新設と加計学園を問題視し、安倍政権憎しで歪曲報道を続ける メディアと言論人。結果として、国の行く末をも危険に陥れかねない偏向 報道が、わが国最大の問題ではないか。

『週刊ダイヤモンド』 2017年8月5日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1193 



          
━━━━━━━━━━━
のど自慢に出場したのだ
━━━━━━━━━━━



     渡部亮次郎

1946(昭和21)年のこの日、NHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始 され、それを記念してNHKが制定した。

第1回の応募者は900人で予選通過者は30人、実に競争率30倍の超難関 だった。

今でも12倍を超える人気長寿番組とか。1946(昭和21)年のこの日、NHK ラジオで東京)「のど自慢素人音楽会」が開始され、それを記念してNHK が制定しました。

第1回の応募者は900人で予選通過者は30人、実に競争率30倍の超難関で した。

今でも12倍を超える人気長寿番組とか。

私も高校生のころ、秋田市での大会に出場、合格した。受験戦争ムードに 反発したもの。歌ったのは「チャペルの鐘」
   作詞:和田隆夫
   作曲:八州秀章

1)なつかしの アカシアの小径は
 白いチャペルに つづく径
 若き愁い 胸に秘めて
 アベ・マリア 夕陽に歌えば
 白いチャペルの ああ
 白いチャペルの 鐘が鳴る

2)嫁ぎゆく あのひとと眺めた
 白いチャペルの 丘の雲
 あわき想い 風に流れ
 アベ・マリア しずかに歌えば
 白いチャペルの ああ
 白いチャペルの 鐘が鳴る

3)忘られぬ 思い出の小径よ
 白いチャペルに つづく径
 若きなやみ 星に告げて
 アベ・マリア 涙に歌えば
 白いチャペルの ああ
 白いチャペルの 鐘が鳴る

この歌を聞くと、なぜか札幌の時計台を思い出す。理由は分からない。で もあれは時計台であってチャペルではない・・・。では「チャペル」とは 何ぞや? Wikipediaによると、
「チャペル (Chapel) は、本来クリスチャンが礼拝する場所であるが、日 本では私邸、ホテル、学校、兵舎、客船、空港、病院などに設けられる、 教会の所有ではない礼拝堂を指している。」
とある。どうも教会の礼拝堂はチャペルとは言わないらしい。結婚式場が チャペルだ。

でもこの歌詞は、何とも淡い恋でいいな〜。(オジサンには縁が無い が・・・)

白いチャペルか・・・

フト、オーストリアに行って教会を見た事を思い出した。ヨーロッパはど こに行っても教会だ。2年前は2週間掛けてオーストリアを一周したが、 オーストリアでも、どこに行っても尖塔の教会があった。中でも有名で 「これどこかで見た事がある・・」と思った教会が2つあった。

ハイリゲンブルートの教会とハルシュタットの教会である。この歌とはあ まり関係ないが、“絵になる”教会の写真を見ながら、岡本敦郎の歌を聞く もの一興か?

大学を出てNHKで記者になった。

政治部所属に成ってある夜、新宿のスナックでうたっていたら、見知らぬ 男に声をかけられてびっくりした。「うちへ入りませんか」という。名刺 には「ダニー飯田とパラダイスキング」とあった。「政治記者から歌手へ 転身」というのがおもしろいというのだ。

記者の仕事が面白くてたまらない時期だったこともあって断った。
あれから60年。まったく歌う機会が無いままにすごしたから今では歌は聴 くものと心得ている。2013・10・29

 

          
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎ギャンブル年齢、20歳以上…成人年齢改正後も

政府は、競馬や競輪などの公営ギャンブルの禁止年齢について、現行の20 歳未満に据え置く方針を固めた。

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正が行われた場合の対応 で、若者のギャンブル依存症などの危険性を考慮し、現行の禁止年齢が適 切だと判断した。政府は成人年齢を引き下げる民法改正案を秋の臨時国会 に提出する考えで、公営ギャンブルの禁止年齢を据え置く法案も一緒に提 出したい考えだ。

 国内では現在、競馬、競輪、競艇、オートレースの4競技が公営ギャン ブルとして認められている。公営ギャンブルは競馬法、自転車競技法など 競技別に設けられた根拠法によって、未成年者は馬券や車券を購入した り、譲り受けたりすることが禁じられている。パチンコはこれとは別で、 現行の風俗営業法で18歳から利用できることになっている。
読売新聞8/14(月) 6:05配信




━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━

ナシとは実に残念。
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

15日の東京湾岸は雨天の予報だったが雨は夜に延期。

訃報が2通続いた13日が明けて14日の東京湾岸は曇天。





                        読者:5742人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。