政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4437号  2017・8・7(月)

2017/08/07

  
  
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4437号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年8月7日(月)



              この秋、天使が舞い降りる:石岡荘十

           フォレストシティをめぐり政局化:宮崎正弘

                 周囲は深刻な危機:櫻井よしこ   
                            
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4437号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━━
この秋、天使が舞い降りる
━━━━━━━━━━━━


       石岡 荘十

米NBCのオーディション番組、‘America’sGot Talent’から、1人の天才歌 手、それもクラシックオペラのアリア曲を得意とする世界最年少のオペラ 歌手が誕生した。

その名はジャッキー・エバンコ(Jackie Evancho)、11歳の少女だ。 ‘America’s Got Talent’は一昨年、スーザン・ボイドを送り出したことで 日本でもよく知れれるようになった新人タレント発掘のオーディション番 組のアメリカ版である。

まずは、その番組をYou Tubeでご覧頂こう。↓
http://www.youtube.com/watch?v=SKhmFSV-XB0&feature=related

謳い出しから満場騒然、謳い終わると聴衆は総立ちとなりスタンディング オベーションが鳴り止まなかった。審査員の1人が、
‘This is the moment ,you are the star!
と最大級の賛辞を絶叫した。

別の女性審査員は、こんなけいけんははじめてだわ。‘You are little gem, angel!とこれまた興奮気味だ。

こんな金の卵を、アメリカの凄腕プロデューサー、デヴィド・フォスター が見逃すはずがなく、自分の番組に引っ張り込んでティームに引き入れた。↓
http://www.youtube.com/watch?v=lIQTJyIzn2U

おまけは、あのバーブラ・ストライザンドとのデュエッとだ。↓
http://www.youtube.com/watch?v=QfUz4THEgX8

デヴィド・フォスターの力の入れようが窺えようというものだ。

フォスターはマイケル・ジャクソン、バーバラ・ストライサンドらを世に 送り出しただけでなく、フランス語しかしゃべれなかったセリーヌ・ディ オンに英語の手ほどきをし、映画「タイタニック」(1997年)の主題 歌‘My Heart Will Go On’を謳わせた凄腕音楽プロデューサーだ。昨年は フィリピンのこれまた天才少女歌手シャリースを世に送り出している。↓

http://melma.com/backnumber_108241_5084102/

最後にYou Tube 255万アクセスのもう一曲 
http://www.youtube.com/watch?v=iiM9QVdJyVQ

この秋、この天使が東京に舞い降りる。
  

          
━━━━━━━━━━━━━━━
フォレストシティをめぐり政局化
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月6日(日曜日)
         通算第5386号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マレーシア、中国のフォレストシティをめぐり政局化
  マハティール vs ラジブ政権+サルタン連合が「主権」で論争
*********************************

マレーシアのシンガポールに隣接する海上。ドバイやアブダビのように埋 め立てた土地に新都市。これを「フォレストシティ」という。
 
投資する金額は、驚くべきことに1000億ドル。中国の「カントリー・ガー デン・ホールディング社」が2006年から歳月をかけて開発している。すべ ての完成は2035年にずれ込む見込みだが、実現すれば、マレーシアに「第 2の深セン」が誕生することになる。

工事は半分以上を終えて、将来図が見えてきた。

人口70万。土地の面積は1400ヘクタール。すでに70%のバイヤーは中国人 であり、1万7000戸が販売済み。購入価格は合計で29億ドルといわれる (数字はいずれもサウスチャイナモーニングポスト、8月5日)。

さて、こうなるとマレーシア経済ナショナリズムが高まるのは当然であろう。

マハティール前首相(在任1981−2004)は、「これは主権の問題だ。中国 が狙うのはインベストメント(投資)ではなく「セツルメント」(定住) である。マレーシアの国土を外国に売り渡る売国行為だ」と批判の矛先を ナジブ政権に向けているが、「グローバリズム」か「ナショナリズム」か の戦いにも見える。

ナジブ政権へ力強い応援団が現れた。

イブラヒム・イスマイル国王(事実上の首長(サルタンの輪番制で政治的 力は殆どない制度だが、マレーシアは一応、立憲君主国)は「民族主義的 差別は良くない」と言いだし、マレーシアの経済発展のために、この巨額 の投資は歓迎である」と述べている。
 
他国の領地にセツルメントを造営し、移民を奨励し、このパターンはいず れ北海道にも行われる可能性があり、注視しておくべきだろう。

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@


【知道中国 1610回】       
――「我邦人所占居。旭旗相映以祝秋皇靈祭。亦足以觀我國之光矣」(股野2)
  股野琢『葦杭游記』(発行所不明 明治42年)

                △
15日には北京を離れ京漢鉄道で南下し、「十六日午後三時、漢口に抵 る」。欧米各国に日本を加えた列強諸国によって長江河畔に租界が開か れ、大廈高楼が立ち並び鉄道も完備されている。「規模は大連に似て更に 大。口數、百萬を稱す」。黄鶴楼など近辺の旧跡を訪ね、同地の日本人会 の招宴に足を運んだ後、長江を遡り日本租界のある長沙に向っている。

 11月1日、金山寺に向う汽車のなかで、日本語を話す清国の少年と一緒 になる。その少年の話によれば、父親に従って東京に5年住んだ。父親は 亡くなったが「明年一月、再び往きて早稻田專門學校に入るらん」とか。 「對話すること數刻、遂に晩餐を與にす。七時、蘇州に抵り、再會を約し 別れる」。東京に駐在した蔡公使の忘れ形見だった。

8日には上海に。翌日午後、「舊知人白岩某來訪す」とあるが、この白岩 は安井正太郎『湖南』(1556回〜61回)に深くかかわる白岩龍平と考えて 間違いないだろう。白岩の人脈の一端を垣間見る思いだ。なお、当時の上 海の人口を「口數百萬を稱す」。うち外国人は「邦人七千、歐米人壹萬五 千」とのことだ。

『葦杭游記』の後半、股野は旅の総括を綴った。主だった記述を拾ってみ ると、

 「清韓人の土を運び路を修すに緩慢にして殆ど兒戯(おあそび)に類 す。或は曰く、彼の雇錢(じんけんひ)は大いに廉(やす)く、我が邦の 三分の一に當らず。故に然り。然れども生費(せいかつひ)も亦極めて少 (わず)かにして、一日に得る所にして三日を支え得可し」
 
「清人は則ち鶉衣糲食(そいそしょく)す。忍耐し貯蓄し、常に數十金有 り、以て病歿に備える。此れ我が邦人に無き所なり」

「漫游中に見る所、山野田隴土(とち)の壘々たる者、皆墳墓なり。多く は標識(ぼひょう)無く、僅かに之有るのみ。一つの小片石(こいし)に 過ぎず。數十年の後、恐らくは其の所在を失わん。聞くところ、清韓人 は?を厚くし、葬を重んず。蕩産(さんざい)を爲す者有らば、豈に飾を 盛んにして以て美觀を競うに非ざる無し乎。何ぞ、其れ墳墓の陋(みぐる し)きや。之を我が邦の豊碑(はかいし)を建てるに比すれば、諛辭(う そ・でららめ・へつらい)を鐫(きざ)み、以て貞?(ただしき)を災い する者たり」

 「北清に水利の便無し。驢の背と馬の脚を勞(わずら)わせること多き 矣。南は則ち然らず。溝渠(クリーク)を鑿(ほ)り、以て江水を分か つ。水(ながれ)を挾んで屋(いえ)を搆(かま)える。往々にして屋の 前に路(みち)無く、水を以て路と爲す。舟楫(こぶね)は戸庭(にわさ き)を往來す。乃ち彼の所謂南船北馬を知る」

「清國市街、北京と奉天とを除くの外、廣さは十歩に過ぎず。石路(どう ろ)は濕滑(ヌルヌル)として、人馬は雜糅(こんぜん)たり」

 「清人、獸類(けだもの)を馴養(つかいこな)す。能く其の性(く せ)を順(な)らし驢騾牛馬の數頭を混(とも)に用い、一車に服(つ な)げ以て耕耘運搬(のうのう)に供すに、曾て蹄?之状(けんかするこ と)無し」

 巻末に友人の「(股野は)既に古稀を踰え、僅々(わずか)に二閲月 (ふたつき)なるに三千里の地を?遊し、或は文し、或いは詩し、以て其 の山川土俗人物及び古蹟名區を詳らかに記し、讀者をして恍(あたか)も 眞境(げんち)に遊ぶが如し」との跋文が見られる。  

「恍(あたか)も眞境(げんち)に遊ぶが如し」などと「諛辭(よい しょ)」されているが、『葦杭游記』を読んで浮かぶのは、漢文という型 に嵌められてしまったことで発想が形式化し、当時の知識人の共通した教 養の漢学が彼らの振る舞いを紋切り型にしてしまったのではないかという 疑念だ。漢文は時に禍だったのでは・・・またまた今後の課題だ《QED》
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

混迷のアジア情勢を鋭角的に分析。中国と韓国の報道とはかけ離れた実態
北朝鮮の韓国侵攻に備えるインフラ施設への破壊工作
 
  ♪
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する 中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

緊迫する北朝鮮問題をめぐり、米中韓は虚々実々の対応を繰り返していま すが、その裏側の実態とアジア情勢の行方を論じたのが本書です。
 
相次ぐ北朝鮮のミサイル発射に対して、韓国の文在寅大統領は非難するも のの、常に対話路線を強調、一方で米国に対しては戦時作戦統率権の早期 返還を主張、朝鮮半島における米軍のプレゼンスを減じようとしてきました。

本書では、その背景に文在寅の『北朝鮮による朝鮮半島統一』志向がある と喝破、実際に、北朝鮮の韓国侵攻に備えて韓国のインフラ施設への破壊 工作を計画し、逮捕された男を文在寅が2度にわたり恩赦していた過去を 暴露しています。

 さらには『従北派』の閣僚を明らかにし、文政権が今後、『赤化統一』 実現に向けてどのような行動を取るか解説。韓国での軍事クーデターも示 唆しています。

一方、中国の習近平国家主席は、4月の米中首脳尾会談でトランプ米大統 領から北朝鮮問題の解決を迫られ、百日間の猶予を懇請しながら、何も出 来ず北朝鮮のICBM開発を容認してしまいました。激怒したトランプ は、北朝鮮とつながりのある中国の金融機関や企業への制裁強化を開始し ていますが、これにより中国の不動産バブルは崩壊、秋の共産党大会での 人事で大波乱が起こる可能性を論じています。

中国・韓国のエキスパートふたりが独自情報を駆使して分析。混迷する東 アジア情勢の行方を読む上で貴重な一冊です。
            (産経文化欄、8月5日より再録)

アマゾンは下記URLdせう
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/

          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)必見の番組です。7月29日に東京で行われた通州事件の集 会がYOUTUBEにアップされています。
これが、集会の最初に上映されたプロモーション映像です。あと各講演者 の発言もすべて各人ごとにアップされております。
https://www.youtube.com/watch?v=sTB7PopzHDg
  通州事件80周年 記憶と慰霊の国民集会 !)『動画上映』 2017/7/29
www.youtube.com
 とき:平成29年(2017)7月29日 会場:新国際ビル9F(日本交通協会大 会議室)
https://www.youtube.com/watch?v=DvGu_jHPfME
  上記は宮崎正弘先生の発言です(↑)
   (三浦生)



  ♪
(読者の声2)ロシアにおける領土問題は日本との北方領土問題が最後で す。これが終われば、ロシアが抱えてきた全ての領土問題は解決します。
ですから、プーチン大統領は自分が大統領の任期中に全てを解決したいよ うです。また、北方領土問題の前に解決した領土問題はエストニアとの領 土問題でした。この旨を今年の初めごろに安倍総理にメールでお伝えしま した。
その故かどうか分かりませんが、G20以降にフィンランドを含めた北欧 歴訪に加えてエストニアも訪問する予定でしたが、九州の災害があり安倍 総理はエストニア訪問を急遽キャンセルされて日本に帰国されました。
しかし朝鮮半島有事が起きなければ、近いうちに安倍総理はエストニアを 訪問されて領土問題に関してエストニアの要人たちと意見交換をするもの と思っています。
  (AS生、フィンランド)


(宮崎正弘のコメント)エストニアは小生も二回行きましたが、首都のタ リンは、こじんまりとして中世の面影のある古い、それでいて落ち着いた 町並み、しかし国内には30万人ほどのロシア人が残留しており、また世 界で初めてIT選挙(スマホで投票)のため、ロシアのハッカーに襲撃さ れたり、さんざんでした。

AI社会のアキレス腱を露呈したのがエストニアの実験であったともい えます。



  ♪
(読者の声3)読売新聞の調査では安倍晋三内閣の支持率が、若者の間で は60%近いことが分かりました。
http://anonymous-post.com/archives/10598
 読売新聞社の緊急全国世論調査で、安倍内閣の支持率は42%に上昇 し、6月以降の下落傾向に歯止めがかかった、と報じられました。
(YU生、中野)


            
━━━━━━━━
周囲は深刻な危機
━━━━━━━━


   櫻井よしこ

「強硬姿勢の中国はじめ周囲は深刻な危機 獣医学部新設と加計学園は問 題ですらない」

衆院予算委員会の国会閉会中審査で、民進党の櫻井充議員が参考人に、 「出て行け!」と、罵声を浴びせた。

氏の暴言も驚きだが、安倍晋三首相の態度や言葉遣いが傲慢だと批判して いた「識者」や評論家、ニュース番組の司会者までもが野党議員の暴言に は全く苦言を呈しなかったことも驚きだった。明らかなダブルスタンダー ドである。

国会議員もメディアも獣医学部新設問題を岩盤規制打破の観点を置き去り にして、倒閣運動の材料であるかのように見ているのではないか。メディ アや言論人の本来の責任を放棄したかのような偏向した議論に日本全体が 熱中する間、日本周辺に危機が迫っている。

7月に入って中国の脅威が新たな段階に入っている。2日には中国海軍の調 査艦が通常と異なるルートで津軽海峡のわが国領海に侵入した。狭い津軽 海峡については全海域を日本の領海・排他的経済水域とすることも可能 だ。しかし、わが国はまん中を公海として開放しており、各国の軍艦の航 行を許しているが、中国艦は日本の陸地にぐっと近づき領海侵犯を続けた。

15日には中国海警局の公船2隻が対馬海峡の東側、東水道で領海侵犯を2度 繰り返した。2日後、この2隻は津軽海峡の領海に2回、侵入した。

対馬東水道及び津軽海峡での領海侵犯は初めてだ。中国の意図を、シンク タンク「国家基本問題研究所」企画委員、太田文雄氏は北極海航路の開発 に向けた動きだと見る。

米国、ロシアを筆頭に、北極海では凄まじい権益争いが進行中だ。中国に とって北極海航路は、欧州への航路が現在の南回り航路に比べて約半分に 短縮されるメリットがある。一帯一路を掲げ、海上覇権を西太平洋、イン ド洋、紅海から地中海に広げる中国は、北極海航路の確保を目指している。

北極海には世界最大の島、デンマーク領のグリーンランドがあり、その東 はレーガン・ゴルバチョフ両首脳会談が行われたレイキャビクを首都とす るアイスランドだ。人口30万人弱の小国で中国は広大な土地を取得し、北 極海を睨んだ拠点づくりを進めてきた。

北極海からベーリング海峡を下り千島列島を横切る形でオホーツク海に入 り、北海道稚内北の宗谷海峡から日本海に入る。或いはベーリング海峡を 下りそのまま太平洋を南下して津軽海峡経由で日本海に入る。次に対馬海 峡を通って西に進めば目の前が中国だ。中国にとって津軽海峡も対馬海峡 も非常に重要な戦略拠点なのである。

中国の習近平国家主席は外交、安全保障政策で力による支配を強めてい る。尖閣諸島については、「3・3・2の原則」(月3回、公船3隻が2時間領 海侵入)と言われてきたが、現在は天候が許す限りいつでも、4隻体制 で、自由に領海侵犯する状況が生じている。

中国は尖閣諸島入手が、東シナ海・南シナ海奪取と制海権確立に欠かせな いと考えている。そのために尖閣諸島は絶対に諦めず、台湾も同様だろう。

その意味で、尖閣諸島海域侵入の規模と頻度を高めていることと、7月25 日、台湾海峡に初めて爆撃機を飛行させたことは、関連する軍事行動とし て深刻に受けとめなければならない。

中国の対外強硬策は習近平主席の国内政治における闘争と密接に結びつい ており、今後も続行されるだろう。

目の前に中国の脅威があり、北朝鮮はいつ新たなミサイル発射、又は核実 験に踏み切るやもしれない。韓国の文在寅政権は対日歴史戦争をフルに展 開しつつある。

日本の周囲すべて危機である。この深刻な危機の中で、本来問題ですらな い獣医学部新設と加計学園を問題視し、安倍政権憎しで歪曲報道を続ける メディアと言論人。結果として、国の行く末をも危険に陥れかねない偏向 報道が、わが国最大の問題ではないか。

『週刊ダイヤモンド』 2017年8月5日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1193



    
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎日經新聞電子版では、下記の通り報道しています。

外務副大臣に佐藤氏 政務官人事など7日に決定 
2017/8/7 0:56日本経済新聞 電子版

政府・与党は6日、内閣改造に伴う副大臣・政務官人事を固めた。外務副大臣に自民党の佐藤正久元防衛政務官、財務副大臣に上野賢一郎元国土交通政務官を充てる。総務副大臣には奥野信亮元法務副大臣が就く。7日の閣議で決定する。
【以下、轉記省略】
<http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H2J_W7A800C1PE8000/>http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H2J_W7A800C1PE8000/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

※毎日新聞の標題−
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
副外相に佐藤正氏 政務官人事など内定

 政府は第3次安倍第3次改造内閣の副大臣・政務官人事を内定した。副外相に自衛隊出身の佐藤正久参院議員、副復興相に被災地・宮城選出の土井亨衆院議員を起用した。内閣府政務官の長坂康正氏は復興政務官兼務を継続する。政府はさらに兼務などの調整を進め、7日の臨時閣議で正式決定する。【木下訓明】

 副大臣 復興=土井亨、長沢広明(留任)▽内閣=松本文明、越智隆雄(留任)、福田峰之▽総務=奥野信亮、坂井学▽法務=葉梨康弘▽外務=中根一幸、佐藤正久▽財務=上野賢一郎、木原稔(留任)▽文部科学=丹羽秀樹、水落敏栄(留任)▽厚生労働=牧原秀樹、高木美智代▽農林水産=谷合正明、礒崎陽輔(留任)▽経済産業=武藤容治、西銘恒三郎▽国土交通=秋元司、牧野京夫▽環境=渡嘉敷奈緒美、伊藤忠彦(留任)▽防衛=山本朋広

 政務官 内閣=村井英樹、長坂康正(復興兼務、留任)、山下雄平▽総務=小倉将信、小林史明、山田修路▽法務=山下貴司▽外務=岡本三成、堀井学、堀井巌▽財務=今枝宗一郎、長峯誠▽文科=宮川典子、新妻秀規▽厚労=田畑裕明、大沼瑞穂▽農水=野中厚、上月良祐▽経産=大串正樹(留任)、平木大作▽国交=高橋克法、秋本真利、簗和生▽環境=武部新、笹川博義▽防衛=福田達夫、大野敬太郎=敬称略
<https://mainichi.jp/articles/20170807/ddm/002/010/135000c>https://mainichi.jp/articles/20170807/ddm/002/010/135000c
【毎日新聞】2017年8月7日 東京朝刊 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎将棋藤井四段、非公式戦でも敗北!天才神話に陰り?

「プロ入り初の“連敗”」

8月5日(土)。藤井聡太四段の動向を伝えるニュースのヘッドラインに は、何やら目を引く表現がありました。タブルクォーテーションマーク (““)でくくられた「連敗」という言葉は、前日(4日)に菅井竜也(す がい・たつや)七段に敗北を喫した藤井四段が、その翌日に都成竜馬(と なり・りゅうま)四段に敗れた、ということを意味するものです。

なるほど、昨日負けて、今日も負けたのなら、それは連敗です。ではなぜ タブルクォーテーションでくくられているのか。その理由は、前日が公式 戦であっても、翌日の分は非公式戦の対局であるため、公式記録上のカウ ントでは、「連敗」とはならないからです。

8月4日(金)。藤井四段は王将戦一次予選の決勝で、菅井七段に敗れまし た。藤井四段から見れば、内容的には「完敗」ともいえるものです。さす がは菅井七段。現在羽生善治王位に挑戦し、初タイトルをうかがう中で、 強さと勢いを示した場面でもありました。

藤井四段が敗れた王将戦は、将棋界の七大タイトルの一つにも数えられる 公式戦です。タイトル戦以外にも、「NHK杯」などの全棋士参加のトーナ メント戦や、「上州YAMADAチャレンジ杯」「加古川青流戦」など、若手棋 士を対象にしたトーナメント戦も、公式戦に数えられます。

藤井四段の公式戦における通算成績は、現在34勝3敗(勝率0.919)。2017 年度だけであれば、24勝3敗(0.889)です。

ちなみに史上最高の勝率記録は、今からちょうど50年前の1967年度、中原 誠五段(現16世名人、引退)が残した、47勝8敗(勝率0.855)。藤井四段 には、この記録の50年ぶりの更新も期待されています。

 8月5日(土)。この日は愛知県春日井市において、「室田伊緒presents かすがいキッズ☆将棋フェスタ」が開催されました。地元春日井出身で、 藤井四段の姉弟子(杉本昌隆七段門下)にあたる、室田伊緒(むろた・い お)女流二段がプロデュースする、主にお子さんを対象とした、将棋のイ ベントです。詳細は、春日井市のページをご覧ください。

春日井市は藤井四段の出身地であり、また現在も暮らしている、瀬戸市の 隣りです。

このイベントの席において、「イケメン棋士といま話題の最年少棋士」と 銘打たれ、都成四段と、藤井四段のエキシビション対局がおこなわれまし た。こうした対局は、公式戦としてはカウントされません。つまり、「非 公式戦」として扱われます。

前日は菅井七段戦。この日は、春日井でイベント。「タフガイ」と言うに は、藤井四段はまだ若すぎるでしょうが、夏休みとはいえ、かなりのハー ドスケジュールであることは、間違いないでしょう。それはまた、人気者 の宿命ともいえます。スター棋士は、他に代わりがいません。そこで将棋 界では、羽生善治三冠のように、忙しい人が、さらに忙しくなるという現 象が見られます。

全国各地でおこなわれる将棋のイベントでは、人気棋士や、地元ゆかりの 棋士などが対局することは、よくあります。普段であれば、それほど ニュースになることはありません。しかしそこは、藤井ブームの現在。藤 井四段が現れるところ、多くのマスコミもまた、その姿を追いかけていき ます。

都成竜馬(となり・りゅうま)四段は、現在27歳。将棋では、歩が成れ ば、「と」になります。また飛が成れば竜(龍)、角が成れば「馬」で す。これほど将棋の棋士っぽい名前は、ちょっと例がないかもしれませ ん。また「イケメン棋士」と称されるように、将棋界屈指の二枚目として も知られています。

非公式戦ですから、浴衣を着て、うちわであおぎながら、というスタイル もあるでしょう。しかしこの対局では、両者はスーツにネクタイという、 公式戦と変わらないスタイルでした。将棋界というところ、特に男性棋士 は、クールビズとは縁遠いようです。

対局は「振り駒」で、藤井四段が先手となりました。持ち時間はそれぞれ 10分で、切れたら一手30秒未満。一般的に非公式戦は、公式戦に比べれ ば、持ち時間が圧倒的に短い、早指しが通例です。

後手の都成四段は「石田流」という戦法を採用しました。そして巧みな構 想で、優位を築きます。戦いに入ってからは、都成四段が着実に駒を得 し、リードを広げていきました。最後は藤井四段もさすがの追い込みを見 せますが、都成四段が藤井四段の玉を詰ませてフィニッシュ。見事に勝利 を収めました。

都成四段は、ここまで公式戦において、藤井四段に3連敗していました。 しかし、非公式戦とはいえ、都成四段が4局目で勝ったところで、誰も不 思議とは思いません。

都成四段は、2016年度のC級2組順位戦で、参加1年目ながら、8勝2敗とい う、昇級まであと一歩という好成績をあげています。都成四段もまた強 い。そういう強者たちが、常に戦いを続けているのが、将棋界というとこ ろです。

層の厚い将棋界

都成四段は宮崎県出身。2000年、小学5年生の時に小学生名人戦に出場 し、決勝で中村太地さん(現六段)を破って、優勝しました。

小学生名人戦の成績上位者の一覧表を眺めてみれば、1982年優勝の羽生善 治さん(現王位・王座・棋聖)、1994年優勝の渡辺明さん(現竜王・棋 王)など、きら星のように、現在のプロ棋士の名が並んでいます。

ちなみに2004年の決勝戦では菅井竜也さん(現七段)と佐々木勇気さん (現六段)が対戦し、佐々木さんが勝って優勝しています。菅井七段と 佐々木六段が最近、藤井四段に勝っているのは、これまでに報道されてい る通りです。

「小学生名人」の称号は、早熟の英才が揃う将棋界にあっても、エリート の代名詞です。しかし、たとえ小学生名人であっても、棋士の養成機関で ある奨励会を抜けるのは、そう簡単なことではありません。都成さんは、 その実力を認められながらも、奨励会では苦戦が続きました。

現在の奨励会の規定では基本的に、26歳までに四段に昇段しないと、自動 的に退会しなければならないことになっています。そのギリギリ、26歳を 目前にして、都成さんは四段昇段を決めました。プロとしてのデビュー は、2016年4月です。

その都成さんと入れ替わるようにして、藤井四段は三段リーグに参加。そ こで最上位の成績を収めて1期で通過。2016年10月には、史上最年少の14 歳2か月で、四段に昇段しています。

早熟という点では、両者は共通しています。しかし、四段になった年齢と いう点では、あまりに対照的でした。

藤井四段はデビュー以来、破竹の勢いで勝ち続け、なんと無敗のままに、 29連勝の新記録を達成しました。そのうちの21局目(上州YAMADAチャレン ジ杯)と、25局目(叡王戦四段予選)が、都成四段との対局でした。

藤井四段の連勝が止まった後も、両者は加古川青流戦で対戦します。それ は後に語り草となるほどの、名局でした。都成四段が優勢と思われた中終 盤で、藤井四段は玉を中段に出ていくなど、大胆不敵な指し回しを見せま す。そして、夢でも見ているかのように、いつの間にか大逆転。解説役の 藤森哲也五段は、

「ヤバい」

「マジか」

 と、驚きの言葉を連発していました。人間は、あまりに驚いた際には、 ボキャブラリーは限りなくシンプルになるようです。都成四段の何がわる かったのか、という問いに対して、藤森五段は思わず、

「相手です」

と答えていました。プロ同士の気安い検討では、しばしば聞かれる言葉で もあります。その解説のスタイルは、賛否両論あったようですが、藤森五 段の興奮ぶりが伝わってくるようで、多くのファンには好評だったように 思われます。藤井四段のすさまじいまでの終盤力が、プロの目にとっても どう映るかを示す、好例なのではないかと、筆者は感じました。

藤井神話は続いていくのか

都成四段は藤井四段に公式戦で3連敗していました。しかし今回、非公式 戦とはいえ、藤井四段に1勝を返しています。都成四段にとっては自信を 取り戻す、大きな機会だったかもしれません。

一方で、ここまで恐るべき強さを見せつけてきた藤井四段が、「連敗」 (くどいようですが、公式記録としては連敗ではありません)をしたこと によって、ネット上では、

「思ったほどには強くはなかった?」

 という趣旨の声もいくつか見られました。

筆者の個人的な見解としては、そうとは思われません。菅井七段、都成四 段という相手を考えれば、「連敗」もまた、十分に考えられる結果でしょ う。

ただし、これまでの藤井四段の神がかり的な勝ち続け方を考えれば、その 神通力に、わずかに陰りが見えてきたか、という可能性もまた、否定はで きないかもしれません。将棋界は信頼が重要なところです。今後の対戦相 手の棋士に「藤井四段は思ったよりは強くないのでは」と思われてしまえ ば、その分だけ、勝ちづらくなる可能性も考えられます。

ともかくも、藤井ブームの昨今。藤井四段の一局一局の結果に、右往左往 し、大げさにあれこれと考えてしまうのが、外野というものです。そし て、あれこれ言われ続けるのもまた、一流棋士の宿命です。羽生現三冠 は、ほんのちょっとでも負けが続くと、すぐに

「羽生も衰えたか」

と言われてきました。そして今なお変わらず、トップクラスの地位を保持 したままです。それはそれとして、忖度なく、あれこれ気安く、好きなこ とを言い続けるのもまた、ファンの特権というものでしょう。
8/5(土) 23:25  松本博文  | 将棋ライター



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 1)弓場様のご質問にお答えします:前田正晶

私にとっては極めて難しい問題であり、悩んでおります。そもそも私は初 対面の挨拶を得手としておりませんで、何時も何と言えば良いかと迷って おりました。アメリカの会社の一員として社内の者か、社外の方にアメリ カ国内で会う時にしか初対面の挨拶をすることはなく不慣れでした。

実際に何と言っていたかの記憶はありません。何と言えば良いかと瞬間に 迷い、何か口から出たままを言っていただろうという程度の記憶です。

恐らく、社内では“I am so pleased to meet (またはsee) you.”な決ま り切った形では言っていなかったと思います。精々“Hi, Good to see you.”くらいではなかったと思います。

しかし、“Good to meet you.”とは言わなかったかと思うのです。これは 何となく流れが良くないと思っていました。教えられたようなseeとmeet の区別をするようになったのは大分後年です。

ご指摘の本のことは存じませんし、そういう区別を意識して話してはいま せんでした。それと言うのも、私にとっては英語とは子供の頃から習い覚 えた話し言葉であり、自然に口から出たままでしゃべっておりました。

「何か言いたいことを考えてから言うな」と教えられていましたし、その 通りにしていました。私は学者でも何でもなく、1994年1月末のリタイ ヤー後から、我が国の英語教育の素晴らしくなさが心配になって色々と論 じ始めただけです。

何か逃げているかのような言い方ですが、旧制中学で英語を教えられ始め た頃と、話すことを教え込まれた時期がほぼ同時でした。中学ではキチン と文法も教えられ、上智大学では千葉勉教授に品格がある英語を厳しく指 導されました。

何度も申し上げたことですが、何かを考えてから英語で話すのではなく、 自然と口から文法的にも品格的にも正調な英語が出てくるように心掛けて きました。また、1975年からは極端な表現をすれば、東京駐在であっても 1年の3分の2は英語で話して仕事をする環境にありました。

仲間内の会話の表現では、何か打ち合わせでも終わった時に”Nice meeting you.”とは言いますが、何故か、”Nice seeing you.”とは聞いた こともなく言ったこともありません。余談ですが、”Nice talking to you.”では「語り合えて良かったな」とでもなるでしょうか。

別れる時には、ほぼ”See you, later.”で、もう生涯会うことがないだろ う人に初めて香言われた時には当惑しました。また、上海の地下鉄を
案内してくれた見ず知らずの中国人の青年には”See you, later.”と言わ れましたが、違和感はありませんでした。彼はかなりチャンとした英語 で、会話の相手を探しているような感じでした。

以上のようなことで、seeとmeetの厳しい使い分けは、申し訳ありません が、考えていなかったと思います。言葉は悪いかも知れませんが、その場 その場でのことです。そこで、大学の頃に経験したある挿話を紹介して終 わります

それは、会話を担当していたアメリカ人の教授に、“arrive in”と“arrive at”の違いを尋ねた同級生がいました。答えは「どちらでも解って貰える という点では同じ。そういう学問的のような細かいことにまで拘泥しなく ても良いのではないのか。

思い浮かんだままで話せば十分。だが、質問に答えれば、inの方は何処か 広い地域に到着したこと、atの方が特定の場所を指す時に使う。例えば、 “I arrived in NewYork at the JFK airport.”のように」でした。

とりとめのない答え方で申し訳ありません。私の挨拶についてのエッセー であるとお考え下されば幸甚です。



 2)海ほど危険なところはないと思うが:前田正晶

題名を「海ほど」ではなく「海水浴」としても良かったかも知れない。テ レビなどでは著名な海水浴場の賑わいや、はた迷惑な海水浴客の酷い礼儀 作法などを報じている。だが、彼らは仲々海水浴の危険性を採り上げて報 道することはないようだ。

私は昭和16年から37年まで鵠沼海岸(これは小田急の駅名で、所在地名は 鵠沼だったが)に近いところに住んでいたので、あの海岸(江ノ島の西浜 海水浴場の更に西側になる)の仮令油断しなくても命に関わる危険性があ ることを良く知っていた。

要するに「如何に海を楽しむか」である。少なくとも飲酒の場ではない。 従って、マスメディアが海水浴を無闇に採り上げて騒ぎ立てるのは好まし くないと思っているし、一般論としても海水浴は要注意であると言いたい のだ。

それは何故かと言えば、海はろくに泳ぐことも出来ない人に配慮して波を 立てたり、海面下で沖の方に強く引いている潮の流れを管理したりしては くれないからである。

江ノ島の東浜辺りは言わば入り江のような作りなので比較的安全だとは思 うが、それとても相手は自然である海なので、「自分は大丈夫」などと思 い込んではならず、絶対に油断は出来ない。

この鵠沼海岸では海面下の引き潮はまっすぐに沖の方に向かっているので はなく、かなりな勢いで西に向かっているのだ。その為に「俺は水泳が上 手いのだ」などと錯覚を起こして沖に向かっていると、何時の間にか遙か 西の辻堂海岸の方に寄っており、一寸くらい足掻いても元来た方向には戻 れないようになるのだ。忘れてならぬことは、引き潮が強いということは 沖の方に向かっては快調に進むという点だ。実際に、往年の鵠沼海岸では 何人もの溺死者を見ていた。

私は1974年4月に本当に風光明媚な白い砂浜が綺麗なフロリダの海岸で 「折角来たのだから」と一寸泳いでみて、その鵠沼海岸以上の引きの強さ を関知して直ちに引き揚げげたのだった。それ以前にも、海水浴は避けて いたし、子供たちを連れていこうなどとは考えていなかった。それだけで はなく、私はあの海水で体がベトベトになるのがイヤだったので、海の直 ぐそこにある市営だったかのプールには行っていたが。

少し長すぎる導入部になってしまったが、私は海岸に浩然の気を養いに行 くとか、何処まで続いているのかも知れない海を見て楽しむのは良いこと だとは思う。だが、生命の危機を招くような危険な遊び方をしに行く場所 ではないと思っている。

ましてや、遊び回って直射日光に当たって脱水症状に近い体で、水分奪っ てしまうような飲酒をするのは論外であると思っている。だが、今やそう いう認識がある海水浴客は少ないようである。

戦前か戦時中を回顧すれば、あの広い鵠沼海岸にはいくつかのパラソルが 立っていて、精々20〜30人程度の地元民が砂浜で寛いでいるだけの長閑な 場所だった。先週だったか、テレ東で現在の鵠沼海岸の特集を流していた が、良い意味では近代的に開発され、昔を知る者にとっては限りなく俗化 されていた。あそこに群がっている若者たちは「引きが強く西に流され る」と承知なのだろうか。

フロリダの海岸でも、所謂甲羅干しをしていた女性は見かけたが、泳いで いる人はほとんどいなかった。何となく、この辺りにも日米間の文化とい うか習慣の違いがあるように思える。私は海は遠くからでも近くからも眺 めているのが無難だと思っている。

私は江ノ島電鉄で片瀬から鎌倉に向かう車中から眺める海の美しさが素晴 らしいと思う。海は眺めるもので、泳ぐ場所ではないと思う。それくらい で十分だ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


7日の東京湾岸は朝のうちは晴れ、午後には雨らしい。

6日の東京湾岸は曇天。恒例の猿江恩賜公園散歩を終えた後、ヴェランダ の鉢植えに水やり。多すぎると根腐れを起こすそうだから毎週日曜日にと 決めている。

隣りの中学校は夏休み中だが、6日は午前中、男子生徒十数人が登校し、 校庭で互いに肩車などをしながら運動していた。

炎天下、野球部の合宿をしながら心臓脚気に倒れた幼少時、秋田の夏を思 い出している。爾来70年、よくぞ生きてきた。

夜はヴェトナムから一時帰国中のPC師匠一家を向島の洋食屋「あきら」に 招待し一献。

幼少時父の1度だけ旅に連れて行ってもらったことがある。それが秋田県 大曲の花火大会だった。爾来、花火を見ると貧しかった日々を思い出すか らか花火は嫌いだ。大曲の花火大会は今年は8月26日だそうだ。畏友大釜 氏は実家の大曲に帰る。友人ら10人が泊まるそうだ。

母親とは一度も旅行の記憶は無い。98まで長生きした。ボケることもな く。ワタシも真似てみたい。



                         読者:5742人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。