政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4433号  2017・8・3(木)

2017/08/03

 
  
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4433号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年8月3日(木)



         在日強制連行の「神話」捨てよう:阿比留瑠比

          中距離核ミサイル容認で妥協模索:杉浦正章

           郭文貴とアブダビの大金持ちとの:宮崎正弘

                丸裸主義と民主主義:大江洋三               
                                  
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4433号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━━━━━
在日強制連行の「神話」捨てよう
━━━━━━━━━━━━━━━


        阿比留 瑠比

朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは不当な差別に当た るかをめぐり、司法の判断が割れている。先月19日の広島地裁判決が学 校側の請求を全面的に退けた一方、28日の大阪地裁判決は国の処分が裁 量権の乱用に当たるなどとして学校側勝訴の判決を言い渡した。

筆者は、朝鮮学校に対する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や北朝鮮 本国の影響力を認定した広島地裁判決の方が、常識的で妥当だと思うが、 そこを論じるのは別の機会とする。

ただ現在、韓国で戦時中の朝鮮人徴用工問題が無報酬の強制連行・強制 労働であるかのようにねじ曲げられ、反日映画が制作・公開されるなど再 燃していることもある。そこで、在日韓国・朝鮮人たちがどうして多数、 日本にいるのかを改めて考えてみたい。

断っておくが、いわゆる「在日」の人々をいたずらに排斥したり、差別 意識をあおったりするつもりは毛頭ない。だが、彼らを強制連行被害者の 子孫だとみる勘違いや誤解、つまり「強制連行神話」がいまだに根強いと 感じている。

実際はどうなのか。今年5月19日付の当欄でも指摘したように、昭和 34年の政府調査(外務省発表)によると、当時約61万人いた在日朝鮮 人のうち、徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎない。裏を返 せば、ほとんどすべての在日韓国・朝鮮人は自らの意思や家族に連れられ るなどして日本に渡った人々の子孫だということである。

30年6月18日の衆院法務委員会では、韓国からの無登録の入国者と、 その犯罪行為が議論されている。その中で、小泉純一郎元首相の父である 小泉純也法務政務次官は、こうはっきりと答弁している。

「60万と推計をせられる朝鮮人のうち、日本から母国に帰りたいとい う者は一人もいないといっても大した言い過ぎではない。一方向こうから は、入れれば手段方法を選ばず、命がけでも密航をして、怒濤(どとう) のごとくどんどん入ってくる」

「それをみな国費で、国民の血税で養ってやらなければならない。その 取り扱いについても、極めて懇切丁寧にしなければ、人権蹂躙(じゅうり ん)というような問題まで起きてくる。日本国民の血税の犠牲において、 韓国人をまず第一義として大事にしてあげなければならないのかというと ころまで、考え方によっては行く」

これに対し、椎名隆委員(自民党)もこう質問で訴えている。

「連中は、日本に行きさえすれば生活ができるというところから、どん どん入ってくるのじゃないか」

繰り返すが、日本に定住して代を重ね、日本に生活の基盤を置いて日本 文化・風土に慣れ親しんでいる人たちに対し、今さら帰国しろだとか遠慮 しろだとか言う気はさらさらない。

ただ、彼らに不必要な贖罪(しょくざい)意識を持ったり、無意味な同情心を抱いたりするのは筋道が違うし、韓国や北朝鮮の対日誤解・曲解を深めるばかりだと考える。

20年前の平成9年にインタビューした直木賞作家で在日韓国人2世の故つかこうへい氏は、取材の最後にあっけらかんとこう話して笑っていた。

「うちのおやじなんかも日本に強制的に連れてこられたようなことを言っていたが、なに食いつめて渡ってきたんだと思うよ」

 事実関係を互いにちゃんと踏まえた上で、感情的にならず対等に、本当のことを言い合える共生関係をこそ築きたい。(論説委員兼政治部編集委員)産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2017.8.3 



            
━━━━━━━━━━━━━━━
中距離核ミサイル容認で妥協模索
━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

米に日本置き去りの対北“現状凍結”構想

ゲーツが頭越し米中交渉案
 
安全保障分野において米政府の高官としてもっとも経験が豊かな元国防長 官ロバート・ゲーツが対北朝鮮政策の大転換を唱えている。内容は米国が 北朝鮮の体制を承認し、体制の転換を狙う政策を破棄して平和条約を締結 するというもので、その際中距離核ミサイルは容認するという“現状凍結” 構想だ。

背景には米国内に北が1年以内に核搭載のICBM保有に成功するとの見方が 強まっており、放置すれば米国にミサイルが到達し、核戦略の転換を根本 から迫られるという危機感が存在する。

しかし、その場合日本はどうなるかだ。中距離核ミサイルを認めれば、日 本は常に核どう喝の対象になり、脅かされることになる。間違いなく日本 には核武装論が台頭し、非核3原則など吹き飛ぶ。ゲーツ構想は如何に危 急存亡時においては、米国がエゴイズムを発揮するかを如実に物語るもの だ。政府は外務省を通じて米側に懸念を伝達すべきだ。

ウオールストリートジャーナル紙とのインタビューで、現在ウィリアム・ アンド・メアリー大総長のゲーツは「中国が依然としてカギを握る」とし て、中国に対して1)旧ソ連とキューバ危機を解決したときと同様に、北 朝鮮の体制を承認し、体制の転換を狙う政策の破棄を約束する用意があ る、2)北朝鮮と平和条約を締結する用意がある、3)韓国内に配備して いる軍事力の変更を検討してもいい――と提案する。

この見返りに、米国は北朝鮮の核・ミサイル開発計画に対して強い制約、 つまり基本的には現状での凍結を要求し、国際社会や中国自身が北朝鮮に これを実施させることを求める必要があることなどを提唱している。

このうちとりわけ重要なのは「現状での凍結」が意味する問題である。詳細 は後で述べるが日本や韓国が受け入れられるかどうかを度外視している。 加えて「北朝鮮に核兵器をあきらめさせることはできないと思う」「金氏 は核兵器を体制存続のために欠かせないと考えている。しかし運搬手段 (ミサイル)の射程をごく短距離にとどめさせることはできるかもしれな い」などと述べた。

さらに米国は中国に対して、「これを受け入れられなければ、われわれは 中国が嫌がる手段をアジアで講じる」と、中国をどう喝している。「米中 間でこうした合意形成ができない場合、米国は韓国や日本、太平洋の米軍 艦上を含め、アジアに多くのミサイル防衛システムを配備し、さらに米国 は北朝鮮から発射された大陸間弾道ミサイルと思われるもの全てを撃ち落 とすと宣言する。

要するに、外交的な解決策がなければ、この政権を封じ込めるために必要 な手段が何であれ、われわれはそれを実施するということだ」と言明して いる。

ゲーツは「レックス・ティラーソン国務長官とジム・マティス国防長官が この計画を中国に示し、中国が支持すれば、その時初めて北朝鮮との直接 協議が始まる。」と強調している。

この構想は金正恩を小躍りさせるものであり、逆に日韓両国は、米国のエ ゴイズムに置いてけぼりを食らう形となる。日本にしてみればいくら北朝 鮮問題が行き詰まり状態にあるとはいえ、米国が中国との間で日本頭越し の戦略を展開されては、日米同盟の基本を崩しかねない問題へと波及し得 るものだ。

米国はニクソンの対中頭越し外交の伝統が物語るとおり、行き詰まると日 本を度外視して超大国間の直取引に傾きがちな傾向を示す。問題は安保ど 素人のトランプを始めティラーソンらが、ゲーツ構想に乗りかねない点で あり、日本としては米国にクギを刺す必要がある。そうでもしなければ国 会で野党から「それみたことか」と追及を受けるのは安倍となる。

もっとも今のところ米政府はゲーツ構想では動いていない。米国内では北 が本格的な核搭載のICBMを配備してからでは遅いという立場から「今後1年 以内が軍事行動に残されたゴールデンタイムだ」とささやかれている。国 連大使ヘイリーは声明を発表し、制裁強化に消極的な中国を名指しで「協 議の時は終わりだ」とし、協力するのかどうか決断するよう迫っている。

また中央情報局(CIA)長官マイク・ポンペオは、「朝鮮半島から核兵器を 排除し、非核化すれば素晴らしいが、それに関して最も危険なのは現在そ れらをコントロールしている人物だ」と指摘するとともに「そのために、 われわれにできる中で最も重要なのは2つを分けること。

能力と、(核開発の)意図を持つ人物を分け、引き離すことだ」と強調し た。これは言うまでもなくCIAが金正恩暗殺を狙って動き出していること を意味する。今後斬首作戦の展開は言うまでもなく、クーデターの誘発、 各種の方法での宣伝や謀略を北朝鮮国内で展開してゆくことになろう。



          
━━━━━━━━━━━━━━━
郭文貴とアブダビの大金持ちとの
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)8月2日(水曜日)
        通算第5379号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 郭文貴とアブダビの大金持ちとの怪しげなディールの詳細
  『財訊』によれば、この詐欺師、30億ドルをだまし取ったとか
*********************************


雑誌『財訊』と言えば、世界的に読まれる中国経済界のメディアである。
7月31日発売号の同誌は、ニューヨークに逃亡中の郭文貴がアブダビ で、王族の大金持と組んで「ACAキャピタル」というファンドを創設し た。アブダビの王室ファンドは15億ドルを出資した。

アブダビ王室に、この郭文貴を紹介したのはブレア英国元首相だった。
将来性のある企業、ベンチャーに投資すると謳われたが、実際には郭文貴 の借金返済に廻された。これが2014年のことである。

2015年、公安副部長だった馬健の失脚をしった郭はさっと米国に移住した。

アブダビの投資家は慌ててニューヨークの郭文貴を訪ねて問いただすと 「心配要らない。オレはもっと上の共産党幹部と特別なコネがある」と豪 語し、驚くべきことに、追加で15億ドルを出資させるのだった。

郭はこのカネでNYの豪華ホテルを借り切り、さらに香港のハイトン証券 の株式42」%を取得した。そしてアブダビに出資者に、中国で保有する財 産を処分して、全額をACAキャピタルに返還するとした。

すでに中国国内では郭の財産は凍結されており、返済は不可能となった。
アブダビは面目丸つぶれとなるのを避けるため、この話を公表しておら ず、郭文貴はツィッターで、それは「私を貶めるための謀略報道」だと反 論している。真相は薮の中、おそらく、報道に近いことが起きたのであろう。

        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ▲
大好評発売中 (定価1080円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する 中国』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Amazon(↓ 在庫僅少)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644233/
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)危機が迫ってきました。しかし日本のマスコミは危機感が なく相変わらずです。国営放送が必要です。

私は、トランプ大統領に以下の点を知らせたいと思います。御参考まで。
 1.重大な北朝鮮問題の解決を中共に頼むのは、逆に米国が中共に制御 されることになり米国が独立性を失うので望ましくない。

 2.極東の哲学では、「武器は金に優る」とされる。武器があれば金は 巻き上げられるからだ。金は武器にならない。だから米国は北朝鮮を経済 発展の利益で誘導することは出来ない。

 3.北朝鮮の狙いは、日本の占領、併合である。南北統一ではない。そ のためにICBM開発で日米切断を狙っている。目的もなく米国を攻撃するつ もりなど無い。自殺行為であることを知っている。

 4.解決は日本の核自衛である。北朝鮮は戦略の目的を失う。これによ り極東は安全になる。米国も威信を維持できる。逆に日本の非核と米国の 核不拡散政策が極東を不安定にしている。

 5.解決の段階
1)日本の特例法による再軍備。憲法改正は不要。(国民に危機の広報が 必要)

2)米国の日本への中距離核ミサイルの貸与(時間を稼ぐ)

3)日本が米国の協力により最短で核自衛完成(潜水艦搭載核ミサイルシ ステム)

 6.プロパガンダ;在米朝鮮人の慰安婦宣伝は、良好な日米関係を絶つ ためである。放置しないで頂きたい。朝鮮人慰安婦虐待は戦後米軍が調べ たように皆無である。米国が朝鮮に利用されるのは望ましくない。
   (東海子)



  ♪
(読者の声2)貴著最新刊の『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解 する中国』(徳間書店)を拝読しました。

ひとことで言って、この本は「情報の宝庫」ですね。とくに韓国の政治、 経済の裏情報、中国の舞台裏の駆け引き等、よく分かります。

とくに面白かったのが韓国の中国への過剰期待というか、「読み違い」です。

人民元がSDRに加わり、さぁ国際通貨になると誤断して、中韓の通貨 スワップが64兆ウォンの枠。ところがこの10月に期限がくるのに、中 国 は延長の意思がないというのでしょう。

日韓通貨スワップは韓国が断ってきて、いま慌てて再開を申し入れてき ておりますが、双務協定のはずなのに、もし日本が外貨不足に陥っても韓 国はスワップする意思がない。ですからご指摘のように日本は知らん顔を したら良いと思いました。ほかにも目から鱗が落ちる箇所、多多あり、有 益でした。(HI生、飯能市)



            
━━━━━━━━━
丸裸主義と民主主義
━━━━━━━━━


    大江 洋三

現代の記録は、ペーパー文書ではなくPCへの入力データ(ファイル)と して保存される。

コミニケイションはネット上で構築される。部長の指示メールが末端の パートにも送信される。その方が問題意識を短時間で広く共有できるから そうする。俗にCCという。

特別防衛観観察に拠ると、南スーダン日報は陸自で178名がPCに保管し ていたという。ネット掲示板まであった。部長が知っていればパートも 知っている構図になっていた。

7月からジャーナリストの布施氏は南スーダン派遣部隊と直にやり取りし ていて、布施氏はその「やり取り記録」の情報公開請求をした。多分「陸 自はどうでるか」

その時、はじめて陸自は事の重大さに気付いたのだ。

日報は「破棄したから無い」事にした。普通なら公開できないと返答すべ き処であるが、既に裸にしているから出来なかった。

軍事が部隊行動する場合は必ず日報(戦闘記録)を付ける。その束はビッ グデータで将来の部隊活動の為に必須である。

PKO活動であれ災害救援活動であれ部隊活動をする場合は、必ず日報を 作る。

ただし重要な軍事機密でもある。公開すれば敵に自身の規模や性能を知ら せる事になるからだ。

従って日報は秘匿されねばならない。防衛の根幹に関わる重要事項であ る。それが昨年より現地部隊と民間人が通々になっていた。国防上の大問 題である。

憲法9条故の事だろいうが、陸自に軍隊・軍人の自覚が無いからだと考え られる。文科省の内部文書のダーダー漏れと性質が同じのようで違う。今 回の騒動で米国防省は自衛隊の軍事機密保持能力に懸念を示しているはず である。それこそマスコミは情報開示を求めるべきである。

個人、団体を問わず自由意思は相互に独立していて、知る権利もあれば知 らせない権利(知らない権利)もあって民主主義が成り立つ。全員が丸裸 で民主主義が成立する訳ではない。

すべらからく議事録は公開されているが、出席者氏名の記載はあっても特 定の誰が何を発言したか分からない記述もある。国会も各委員会の種元の 理事会があり、そこにカメラは入れない。

自由意思の活発な論争を促すために敢えてそうする。外野を意識した丸裸 討論会で物事が決まるわけではない。逆に決まらない。

知る権利を主張するマスコミも編集方針は秘密事項である。我々は報道内 容をみて彼らの秘密を憶測するだけである。

公機関の情報開示に個別の不服があれば、裁判で争うのが民主主義であ る。丸裸にならねばならない場所は法廷だけで、裁判記録も誰が何をと分 かる記述になっている。

文部科学次官辞職から間もない前川喜平のように内部情報をマスコミに売 る行為は、国家公務員法や道徳的にも犯罪行為である。マスコミに、この 点からの批判がないのは不思議な事である。

他人は丸裸が面白いという事なのだろう。この主義のブームの火付け役と なった小池東京都知事は、豊洲移転を2019年には終えるというが意思決定 の変遷は非常にアバウトである。「説明責任を果たしていない」が、それ でいいのだ。

現在社会において、PCファイルを共有するのはやむをえないにしろ、 ファイルの出力能力(印字、送信)の制限技術はあるのではないか。機密 保持はコミニケイション環境の変遷に応じて変えるべきである。それに不 服があれば裁判申し立てをすれば良い。

   

━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎安倍内閣の支持率は72%の超高水準!netgeekのネット世論調査で判明

30%を割り込み、ついに危険水域に達したと報道される安倍内閣支持率。
netgeekがネット上で世論調査を行ったところ、支持率72%という非常に高 い結果が出た。

33万9,363票を集めた大規模調査。

72%支持する
28%支持しない
最終結果

この世論調査は7日間で5万4千ものリツイートを達成し、Twitterで長きに 渡り拡散されたもの。時事通信社の世論調査がわずか回答者2,000人だっ たことと比べると、33万9,363票という規模の大きさがよく分かるだろう。

肝腎の結果は「支持する」が72%で、「支持しない」はわずか28%のみ。一 部のマスコミの調査で「内閣支持率28%」などと報じられているのとは対 照的な素晴らしい結果が出た。

この調査結果から何が分かるか?それは非ネットユーザーがマスコミの偏 向報道にいかに騙されているかだ。例えばスマホやPCを使う習慣がなく普 段はワイドショーしか見ない中年女性、NHKしか見ない高齢者など、加計 学園問題ではすでに安倍総理は冤罪だと加戸前知事が証言したのにそのこ とすら知らない層が未だに疑義を唱えている。

結果ありきで番組作りをするテレビ局は狙いすましたように中高年に意見 を聞き、若者の存在は無視する。いつの時代も街頭インタビューはこうし て利用されるものだ。

ネット上でマスコミの偏向報道がいくら叩かれようとも、目に見えて効果 があるのだからマスコミはますます味をしめる。もっとも、責任は正しく 情報収集しない国民にもあるといえよう。無知は罪だと思い知らされる現 象だ。

しかし喜ばしいのは一部の偏向メディアに対抗するように、有識者が声を 上げ始めたこと。小さな声は次第に反響して大きくなる。

(1)平井文夫氏「安倍政権の支持率が下がって得するのは敵対国!国民 はこの事実を深刻に受け止めるべき」

 平井文夫「安倍政権の支持率が下がったことで日本の周りにいる悪い奴 らはみんな大喜びしていると思います。金正恩だけでなく習近平、文在 寅、イスラム国。日本はこれまで強い外交をやってきたんですが、弱くな るとそれができなくなる。対話路線という名の土下座外交に戻ってしま う。日本の安全保障が根本から崩れてしまうので国民は注意しないといけ ない」

(2)アベノミクスは絶好調。総理大臣の成績表は最高評価だ。

ナレーション「有効求人倍率が1.51倍に。これは昭和49年2月の1.53倍以 来、43年4ヶ月ぶりの高い水準に。バブル期の最高を超えた今年4月をさ らに上回りました。都道府県別に分析してみても、9ヶ月連続で全都道府 県で有効求人倍率が1倍以上を記録。また新規求人数は6.3%増。厚生労働 省は『雇用環境は着実に改善が進んでいる』とコメントしています」

(3)握手拒否騒動を捏造※したひるおび、「内閣支持率43%(JNN世論調 査)」と聞いてスタジオが凍りつく。〔注〕 ※ 小池都知事と都議会幹部 との初対面の畫面

長い沈黙の後に「内閣支持率43%って高いな…って思っちゃいましたね…」 と重い口を開くのがやっと。真実を伝えるのがメディアなのに、なにを気 まずそうにしているのか。「高いと思った」と主観で価値もない意見を語 るのは間違っている。

連日続くテレビ・新聞のネガティブな報道に反してネットユーザーは情報 を取捨選択し、自分の頭で考えている。森友学園問題、加計学園問題で盛 大に攻撃されたのに72%という高い支持率を維持している安倍総理は立 派。きちんと結果も出しているので日本国民は安倍総理を応援すべきだろう。

オールドメディアが異常なまでに安倍総理バッシングをする一方で、ネッ トメディアとしてのnetgeekでは違う側面もあるということを伝えたい。

【詳細情報】
<http://netgeek.biz/archives/100309>http://netgeek.biz/archives/100309

netgeekは2013年に開設された日本初のバイラルメディアです。世界で起 きているニュースを画像と動画を中心にお届けします。

サイト情報
サイト名:netgeek(ネットギーク)
URL:<http://netgeek.biz/>http://netgeek.biz/
 RSS:<http://netgeek.biz/feed>http://netgeek.biz/feed
運営者:netgeek編集部

ライターを一部紹介
A.一橋大学大学院 商学研究科 経営学修士(MBA)コース修了。みずほ コーポレート銀行、みずほ証券(グローバル投資銀行部門、グローバル資 本市場グループ、デットキャピタルマーケット部)出身。資格はTOEIC880 点、証券外務員1種・2種、中国語初級、日商簿記2級など。

B.青山学院大学 国際政治経済学部を卒業後、イギリスの大学院に留学し アートマネジメントを専攻。出版社にて雑誌・書籍の編集や販売促進を5 年経験した。法律系雑誌では編集責任者を担当。資格はIELTS7、日商簿記 2級など。

C.同志社大学 商学部卒業。出版社に所属した7年の間に構成部、製作部、 販売部、販売促進部を経験した。将棋アマチュア初段。

コメント欄
コメント欄は承認制になっており、承認された後に公開になります。短期 間のうちに連投するとスパムフィルターに引っかかって表示されなくなり ます。また不適切なワードがある場合は一部伏せ字になることがございま す。ご了承ください。

netgeekが運営するSNSリスト
netgeekが運営するTwitterやFacebookアカウントなどのソーシャルメディ アについてはこちらの記事をご参照ください。

<http://netgeek.biz/archives/33401>http://netgeek.biz/archives/33401

【以下、轉記省略】
【Twitter情報】 2017.8.1 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎ティラーソン米国務長官、「ある時点で」北朝鮮との対話望むと表明

[ワシントン 1日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は1日、米 国は北朝鮮の政権交代を目指しておらず、ある時点で同国と対話すること を望んでいるとの立場を表明した。ただ、北朝鮮が核保有国にはならない と理解することが前提になるとした。

長官は記者団に対し、米政府は平和的な圧力を通じて北朝鮮に核・ミサイ ル開発を放棄させることを目指しているとあらためて表明した。

「米国は(北朝鮮の)政権交代を目指さず、政権崩壊も求めない。朝鮮半 島再統一の加速は求めず、北緯38度線の北に米軍を派遣する口実も求め ていない」と述べた。

また「米国は北朝鮮の敵ではない。しかし、北朝鮮は米国を容認できない 脅威にさらしており、米国は対応せざるを得ない。米国が対話を望んでい るということを北朝鮮がいつか理解することを望む」と付け加えた。

ただ「北朝鮮が核兵器を保有したり、そうした核兵器で周辺国、ましてや 米国を攻撃する能力を持つような将来は存在しないということが、対話の 条件になる」と強調した。

中国に対し、北朝鮮に影響力を行使し、「建設的な対話」に向けた環境を 整えるよう求める立場もあらためて示した。

その上で、その他の選択肢は「あまり魅力的ではない」とした。

これより先、共和党のグラム上院議員は、トランプ大統領が同氏に対し、 「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)で米国を攻撃する試みを継続 するなら」武力行使も辞さないとの考えを示したことを明らかにした。

議員は「大統領は私にそう述べた。彼は本気だと思う。私が中国の立場 だったら、大統領の発言を真剣に受け止め、何らかの対応をするだろう」 と述べ、「北朝鮮の抑止は軍事的にも外交的にも可能だ」との考えを示した。

また「北朝鮮の(核・ミサイル)プログラム、そして北朝鮮自体を破壊す る軍事的オプションがある」とし、「外交的解決のほうが好ましいが、米 国を攻撃する核搭載ミサイルを保有することは許されない」と述べた。

サンダース大統領報道官はグラム議員の発言について、「全ての選択肢が テーブルにある」との政府の立場を繰り返し表明した。


【ロイター】 2017年 08月 2日 09:06 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎党内実力者がズラリ!永田町に流れる内閣改造「脱お友達・重厚閣僚 候補」リスト

安倍晋三首相は8月3日に断行する内閣改造・自民党役員人事で、「脱お 友達」を決断した。30%未満の「危険水域」前後まで下落した内閣支持率 に歯止めをかけ、悲願の憲法改正や拉致問題解決に前進するためにも、 「重厚な布陣」を目指している。

北朝鮮が2回目ICBM(大陸間 弾道ミサイル)発射を強行したことを 受け、次期防衛相には、朝鮮半島有 事に対応でき、日報隠蔽問題で混乱 した防衛省・自衛隊を立て直せる能力 と人望のある防衛相経験者の起用 を固めた。夕刊フジでは、永田町関係者 への取材を通じて「脱お友達」 の閣僚候補と、その起用ポストを予想した。

「自公推薦の現職候補が圧倒的な差をつけて勝利する状況にホッとしている」

菅義偉官房長官は7月30日夜、地元・横浜市の市長選で、自民、公明両党 が推薦する現職の林文子氏が3選を確実にし、東京都議選、仙台市長選の 連敗をストップさせたことを受け、記者団にこう語った。局面転換を目指 す内閣改造の追い風も期待したようだ。

安倍首相は同日、公邸にこもって人事構想を練った。今回の人事では、 「脱お友達」が重要なポイントとなる。

南スーダンのPKO(国連平和維持活動)の日報隠蔽問題で、防衛省・自 衛隊を混乱させた稲田朋美前防衛相や、「加計問題」で名前が挙がった萩 生田光一官房副長官らは、安倍首相に近い。国民の信頼を取り戻すには、 安倍首相にも苦言を呈する、閣僚経験者や党重鎮の起用が不可欠だ。

永田町に流れる「脱お友達・重厚閣僚候補」は別表の通り。党内実力者が ズラリと並んでいる。

まず注目は、伊吹文明元衆院議長だ。衆院当選11回という重鎮中の重鎮 で、所属する二階俊博幹事長率いる二階派でも重きをなす。

伊吹氏は先月25日の派閥研修会で、「テレビのバラエティー番組が国会の 中に入ってきたような気がしてならない」「国民のために、やらなければ ならないものが山積している。そこに力を注がなければいけない」と、後 輩議員に活を入れた。

前川喜平前文科事務次官に代表されるように、文科省は現在、岩盤規制や 天下りを守る側となり、倒閣目的と思える情報がだだ漏れしている。

政治評論家の森田実氏は「伊吹氏が文科相を受けてくれれば、今のガタガ タした空気は一瞬で変わるだろう」と太鼓判を押し、「重鎮を口説くに は、安倍首相が三顧の礼を尽くすべきだ」とアドバイスした。

稲田氏は28日、日報問題に関する特別防衛監察の結果を公表し、防衛省・ 自衛隊混乱の責任を取って辞任した。稲田氏に反発した自衛隊から「手書 きメモ」などが流出した可能性が指摘される。

安倍首相は、朝鮮半島有事が現実味を帯びるなか、自衛隊のシビリアンコ ントロール(文民統制)が効かなくなっている危険性を重視し、次期防衛 相には混乱を収拾し、未曾有の事態に対応できる防衛相経験者を起用する 方針を固めた。

林芳正参院議員や、中谷元(げん)衆院議員、小野寺五典衆院議員らが有 力視されている。

森田氏は「次期防衛相には、安定感のある人物が必要だ。背広組、自衛官 の気持ちが分かる人物が来れば、すぐに防衛省・自衛隊の規律・統制は整 うだろう」と語った。


「反安倍」の急先鋒である石破茂元幹事長を、重要閣僚で起 用するとの 情報もある。石破氏を入閣させられれば「お友達」色を払拭で きるう え、国民に「安倍首相は変わった」と印象付けることができる。

森喜朗元首相も、産経新聞7月27日朝刊掲載のインタビューで、「石破さ んは、こういう政局になると後ろから弓を引くような発言ばかりして愚か だなと思うけど、安倍首相はこれを逆手に取って『大変な状況なので、ぜ ひ入閣してほしい』と国民に見えるように頭を下げたらいいんだよ。それ でも『受けない』と言うならば大っぴらに批判すればいい。『あの人は国 のことより自分のことが優先なんですね』とね」と語っている。

石破氏は同日昼の派閥会合で、「巷間(こうかん)言われる人事について も、何のために、何をやるべくして人事をやるのか、国民にはっきり示す ことが大事だ。今は本当にわが党は危機的な状況だ。二階幹事長がグルー プの研修会で『選挙は間近だ』という話をしたが、それはまったく、その 通りだ」と語った。

このほか、重厚閣僚候補には、ひと癖もふた癖もあるが、永田町にも霞が 関にもにらみが利く面々が挙がっている。

森田氏は「今、霞が関が大きく揺れている。この動揺を抑えるには、安定 感・存在感のある重鎮が必要だ」といい、続けた。

「私は、年内に衆院解散・総選挙があると思っている。安倍首相はこの戦 いに勝ち、悲願の憲法改正や拉致問題解決を成し遂げようとするだろう。 自身の政治生命や、日本の命運をかけた大勝負となる。今回の人事のポイ ントは、選挙に耐え得る態勢を築けるかどうかだ。党の重鎮を要所要所に 配置し、誰にも文句が言えない陣容が整えられるかどうかだ」

【ZakZak】 2017.8.1 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎伊吹氏、文科相就任を固辞 切り札失い首相痛手

内閣支持率の急落に苦しむ安倍晋三首相にとって、伊吹文明元衆院議長の 文部科学相起用は内閣改造の目玉であり、切り札でもあった。これを固辞 された打撃は大きく、人事構想はギリギリの段階で大幅な修正を迫られた。

首相が、伊吹氏という大ベテランに白羽の矢を立てたのは、政権の求心力 を回復するには、加計学園の獣医学部新設をめぐり、首相官邸に対する 「反乱軍」と化した文科省の「平定」が急務だと考えたからだ。もし文科 相人事に失敗すれば、官邸への反乱が他省庁に飛び火することもあり得る。

伊吹氏は旧大蔵省出身で官僚機構に精通している上、第1次安倍政権で文 科相を務めるなど文部行政にも明るい。党幹事長なども歴任し、党内の不 満を押さえ込む実力を有する。それだけに首相の後見役である森喜朗元首 相も、伊吹氏の起用を首相に助言していた。だが、伊吹氏は首を縦に振ら なかった。国権の最高機関の長である衆院議長経験者が、行政府の閣僚を 務めるのは「筋が通らない」と考えたようだ。

ただ、参院議長を務めた江田五月氏が、民主党政権で法相に就任するなど 前例がないわけではない。閣内に入れば政治資金などの問題を野党・メ ディアに細かく詮索され、晩節を汚すリスクを負いかねないという計算も 働いたとみられる。

 切り札を失ったことで内閣改造は新味に欠けることになる公算は大き い。裏を返せば自民党の人材不足が深刻化していることの証左ともいえ る。(酒井充)産経新聞8/2(水) 7:55配信



 ◎【山口那津男 本音でズバッと】強まる北の暴挙、「安定感ある新防 衛相」就任は急務 民進・蓮舫代表の辞意「寂しい」

稲田朋美防衛相が7月28日、南スーダンPKO(国連平和維持活動)部隊 の日報問題で、防衛省・自衛隊が混乱した監督責任をとって、辞任した。 黒江哲郎事務次官と、岡部俊哉陸上幕僚長も辞任に至り、他の関係者の処 分とともに、極めて重い結果となった。

日報という、日常的な文書の「あった」「なかった」の扱いをめぐって、 これだけの要職者を失う事態は厳しい反省が必要である。

 再発防止策が提案された。「日報のすべてを10年間、自衛隊の統合幕僚 本部に保管を義務づける」「統幕参事官が一元的に管理し、情報公開請求 にも一元的に対応する」というものである。今後徹底してもらいたい。

 今回の失態の要因は、大きく2つある。

1つは、昨年7月19日から日報の開示請求がなされていたが、開示すべき 行政文書として日報が存在することを知りながら、陸上幕僚監部が「文書 不存在として不開示」との判断を行い、統幕も認めていたことにある。お そらく、「戦闘」とか「流れ弾」などの生々しい表現が国会で論議になる ことを恐れたものと思われる。

もう1つは、日報は現場の経験に基づく大切な資料であり、後日の教材と して不可欠である。そもそも「不存在」になるはずがないし、そうしては いけないのである。「文書不存在として不開示」と決定する前に、これは 「おかしい」と見抜いて、適切な対応を詰めるべきであった。

結果的に日報は開示されることになる。「戦闘」の表現も、憲法で禁じら れた武力行使につながることはないし、PKO法の5原則の趣旨に反する ものではないと法的に評価された。

この判断を、防衛省全体で初動から行い、大臣を含めて統一的に対応すれ ば、こんなことにはならなかったかもしれない。

特別防衛監察までやれば、誰かが詰め腹を切らざるを得なくなる。大臣も 無傷ではいられない。内閣改造目前の防衛相辞任は、その間の防衛体制に 隙をつくる。辞任と同じ日に、北朝鮮関係の制裁措置を決定したので、な おさら、危機は高まった。

案の定、北朝鮮は同日夜半、2回目のICBM(大陸間弾道ミサイル)を 日本のEEZ(排他的経済水域)に撃ち込んだ。

安倍晋三首相はこれに備え、岸田文雄外相に防衛相を兼務させたため、何 とか乗り切ったが、早く改造が望まれる。安定感のある新防衛相に、防衛 省・自衛隊の指揮統制を立て直し、国民の信頼を回復する役割を期待した い。この期待を、7月31日の党首会談で安倍首相に伝えた。

民進党の蓮舫代表が同月27日、辞意を表明した。注目を浴びた女性リー ダーが野党第1党からもいなくなるのは寂しい。内閣支持率が下がりチャ ンスなのに、民進党支持率が上がっていないことも要因であろう。(山口 那津男・公明党代表)


【ZakZak】 2017.8.2 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎<内閣改造>初の「守り」に 「安定」「人心一新」に腐心

安倍内閣の支持率が急落する中、安倍晋三首相は3日の内閣改造で「守 り」の人事を強いられている。これまで入閣待機組を積極的に登用して求 心力を高めてきたが、今回は閣僚経験者を手堅く要所に配するのではない かという見方が大勢だ。2007年参院選の惨敗を受けた第1次内閣の改造時 と状況が似ており、首相は政権再浮揚へ「安定」と「人心一新」の両立に 腐心している。

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で「引き続き経済再生を最優先に、国 民の安全と平和な暮らしに万全を期す。安倍政権の政策を前に進める内閣 だ」と改造の狙いを説明した。首相は政権のバランスを崩さないよう内閣 の骨格を維持する方針で、菅氏と麻生太郎副総理兼財務相を留任させる。

現内閣では、初入閣だった今村雅弘前復興相が失言で辞任し、金田勝年法 相は国会答弁で不安を露呈した。改造後も不祥事や失言が続けば、人事刷 新効果どころか、政権は窮地に陥る。首相が自民党の茂木敏充政調会長や 小野寺五典元防衛相らを重要閣僚で処遇するのは「安全運転」の象徴とい える。

ただ、組織的な天下りあっせん問題や学校法人「加計学園」の問題を抱え る文部科学相の人事は難航している。自民党関係者によると、首相は第1 次内閣で文科相を務めた伊吹文明元衆院議長に就任を打診したが、同氏は 固辞したという。

再入閣が増えれば、その分、入閣待機組の処遇は難しくなる。自民党で衆 院当選5回以上、参院当選3回以上の待機組は約60人。こうした議員が 「冷遇」されると各派閥の不満が募り、挙党態勢がほころぶ可能性があ る。「女性活躍」を掲げる首相が積極的に進めてきた女性議員の起用も、 今回は人選の余裕がないのが実情だ。

 一方、首相は出身派閥の自民党細田派からの入閣を控える方針。稲田朋 美前防衛相は辞任に追い込まれ、萩生田光一官房副長官や同党の下村博文 幹事長代行は加計学園問題で野党から追及された。特に「秘蔵っ子」の稲 田氏をかばい続けた首相には党内外から批判の矛先が向けられており、同 派幹部は「今回は自粛だ」と明言する。

毎日新聞の7月の全国世論調査で内閣支持率は26%。第1次内閣の改造前 も22%だった。当時、首相は主要閣僚を大幅に入れ替えたが、それでも支 持率は33%止まり。しかも初入閣の閣僚に「政治とカネ」の問題が相次 ぎ、改造から約2週間後に首相は辞任を表明した。今回、首相が慎重に なっている背景には、こうした事情がある
毎日新聞8/1(火) 22:12配信


 
━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 ナシ
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

3日の東京案癌は曇天。

私が担当した故河野一郎氏画死んだ時、孫の太郎氏は2歳だった。その太郎氏が今度の内閣改造で外務大臣だと。感慨深い。


2日、曇天下、いつものように近くの都立猿江恩賜公園を散歩した。時間 があったので久しぶりに1周した。セミが盛んに啼いていた。

散歩すると、ハラの調子が良くなる。

<鳴き声や鳴く時間帯は種類によって異なるため、種類を判別するうえで 有効な手がかりとなる。たとえば日本産セミ類ではクマゼミとミンミンゼ ミは午前中、アブラゼミとツクツクボウシは午後、ヒグラシは朝夕、ニイ ニイゼミは早朝から夕暮れまで、などと鳴く時間が大別される。なお、ニ イニイゼミは街灯などが明るいと夜でも鳴くことがある。

夏に多いとはいえ真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、比較的涼しい朝 夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれる。>ウイキ

隣りの第3亀戸中学校では芝生の校庭に4面のコートを張って生徒たちがテ ニス。

曇天下全く暑くないのでクーラーは使わず窓を開放しただけで十分涼しい。

                         読者:5742人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。