政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4427号  2017・7・28(金)

2017/07/28

 
   
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4427号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月28日(金)



              コミュニティサイクルは:前田正晶

         加計学園報道は反安倍倒閣運動だ:櫻井よしこ

       カリブ海にも海運ルートの拠点を築く中国:宮崎正弘

             日本における売春の現状:渡部亮次郎
                   
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4427号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━
コミュニティサイクルは
━━━━━━━━━━━


       前田 正晶

コミュニティサイクルは電動アシスト自転車だった

我が家の直ぐ近くに人工芝のそれほど立派でもない新宿区の多目的競技場 (元は野球場)があり、その横に赤く塗られたDOCOMOだのNOMURAといった 有名企業の社名が書き込まれている10台ほどの車高が低い電動アシスト自 転車が駐められているのに気が付いた。

何かなとは思ったが確かめることもせずに数ヶ月が過ぎた。

先日思い立って散歩の序でに立ち寄ってみると、その自転車のサドルの後 ろに「10キー」のようなものが備え付けられていたし、掲示板もあって 「コミュニティサイクル」と称する公営のレンタル自転車のようだった。

そこにはパンフレットのようなものがあり、使いたければ「Webサイトに アクセスして登録せよ」と記載されていた。

また、「コミュニティサイクル」とは「地域内の複数のサイクルポートを 設置し、どこでも自転車をかりることができ、返却できるシステムです。 都市の新たな移動手段として、世界各国でも普及が進んでおり、国内でも 多くの都市で導入が始まっております」とあり、料金表も掲載されてい た。結構なことだとは思った。

一寸興味があるし、現在では学齢に達していないお子さんを持つ多くの若 いお母さんたちがスイスイとあの自転車で走っているのを見れば、乗って みたいなと思ってしまうこともある。

だが、近年あれほど放置自転車に対する取り締まりが厳くなり、何処に 行っても自動車の駐車場よりも駐輪場が少ないと思わせてくれる時に、あ のシステムに登録して借りて行っても、取り締まりにでも遭ったらどうし ようかなどと考えて、登録は現時点では見合わせている。

そのパンフレットによれば、設置されているのは文京区、千代田区、中央 区、港区、
江東区に我が新宿区とある、料金表も「1回会員」が24時間で最初の30分 が150円など
とあり、他にも「月額会員」と「1日パス」などがあるようだ。決済方法 にはクレデ
イットカードも使用できるようで便利風でもある。



だが、老化した運動神経で車道が狭いくて怖いし、歩道を走るのは道路交 通法第17条違反とあっては躊躇する。矢張り、シルバーパス利用に依存す るか、未だ 未だかなりな速度で歩ける脚力に頼っている方が無難な気が する。


不思議に思うことは、未だ嘗て一度もあの赤く塗られた電動アシスト自転 車が走っているのを見たことがないことか。ところで、このシステムを導 入したのは どの知事さんだったのだろうか。まさか、石原君が?



      
━━━━━━━━━━━━━━━
加計学園報道は反安倍倒閣運動だ
━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

愛媛県今治市に加計(かけ)学園の獣医学部を新設する問題で7月10日、 国会閉会中審査が衆参両院で行われた。

この日の審査について「朝日新聞」や「毎日新聞」は、今や彼らの習い性 となったかのような徹底した偏向報道を行った。

両紙は、官邸の圧力で行政が歪められたと繰り返す前川喜平前文部科学事 務次官の証言を主に伝え、氏とは反対の立場から、安倍晋三首相主導の国 家戦略特区が歪められた行政を正したのだと主張した加戸守行前愛媛県知 事の証言は、ほとんど報じなかった。こうして両紙は一方的に安倍首相を 悪者に仕立てた。

大半のテレビ局の報道も同様に偏向しており、報道は今や、反安倍政権・ 倒閣運動の様相さえ帯びている。

閉会中審査で証言したにも拘らず、殆ど報じてもらえなかったもう一人の 参考人、内閣府・国家戦略特区ワーキンググループ(WG)委員の原英史 氏が憤る。7月14日、インターネット配信の「言論テレビ」で開口一番、 こう語った。

「加計学園についての真の問題は、獣医学部新設禁止の異様さです。数多 ある岩盤規制の中でも、獣医学部新設の規制はとりわけ異様です。まず、 文部科学省の獣医学部新設禁止自体が異様です。通常の学部の場合、新設 認可の申請を受けて文科省が審査しますが、獣医学部に関しては新規参入 計画は最初から審査に入らない。どれだけすばらしい提案でも、新規参入 は全て排除する。こんな規制、他にはありません」

公務員制度改革も手掛けた原氏は忿懣(ふんまん)やる方ないといった趣 きだ。

「異様の意味はもうひとつあります。既得権益の塊のようなこの岩盤規制 が、法律ではなく文科省の告示で決められていることです。国会での審議 も閣議決定もなしに、文科省が勝手に決めた告示です」

獣医の絶対的不足

文科省の独断の表向きの理由は、獣医の需給調整、即ち獣医が増えすぎる のを防ぐためと説明されている。だが実際は、競争相手がふえて既得権益 が脅かされることへの日本獣医師会側の警戒心があると見られている。大 学も同様だと、原氏が語る。

「獣医系学部・学科があるのは現在16大学です。志望者は多く、入試倍率 は平均で15倍、学生はどんどんきます。定員は全国で930人ですが、実際 の入学者は1200から1300人と、水増ししています」

定員の50%増で学生を受け入れる程ニーズがあるのに新設させない理屈は 何か。獣医師会側はあくまで、獣医は余っている、これ以上養成する必要 はないと主張する。

加戸氏は、知事として愛媛県の畜産農家の実情を見詰めてきた。その体験 から、獣医師は絶対的に不足していると強調する。

「私の知事時代、鳥インフルエンザが発生しました。感染拡大を防ぐため に獣医という獣医に集合してもらいました。県庁職員の産業動物獣医に は、獣医の絶対的不足の中、定年を延長して働いてもらっています。70代 の獣医さんをかき集めても、それでも足りない。獣医学部新設を許さない 鉄のような岩盤規制をどれだけ恨めしく思ったかしれません」

「現場はおよそどこでも獣医不足です。現場を見ることなしに発言してほ しくないと思います」と原氏。

実際に何が起きていたのか。原氏が異様だと非難した実態は如何にして生 れたのか。こうした問いの答えにつながる情報を、7月17日の「産経新 聞」がスクープした。その中で日本獣医師会と石破茂氏の会話が報じられ ている。

2年前の9月9日、地方創生担当大臣だった石破氏を、「日本獣医師政治連 盟」委員長の北村直人氏らが訪ね、石破氏がこう語ったという。

「今回の成長戦略における大学学部の新設の条件については、大変苦慮し たが、練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言 にした」

絶対に獣医学部新設を阻むべく、規制を強めたと言っていることがうかが える。具体的にはそれは「石破4条件」を指すとされ、獣医学部新設の ハードルを上げて極めて困難にしたと報じられた。

石破氏に連絡がつかず、この点について直接確認できなかったが、産経の 取材に、氏は右の発言も含めて全面的に否定した。ただ右の言葉は日本獣 医師会のホームページに石破氏との対話として公開されている。

こうした中で、加計学園に獣医学部の新設が認められたのはなぜか。原氏 が説明した。

「獣医学部新設は、平成26(2014)年からWGで議論していました。当時 議論していたのは、新設の提案があった新潟のケースです。しかし、肝心 の大学(新潟食料農業大学、2018年開学予定)がついてこず、具体化しま せんでした。他方、今治の提案は平成27年末に受け入れられました」

天下りの土壌

加戸氏が語る。

「私は知事になって2000年頃からずっと、今治市と協力して地元の熱意と 夢を担って、獣医学部新設を働きかけてきました。私たちの特区申請は何 回も門前払いを食らい、口惜しかった。一番強く反対したのが日本獣医師 会でした」

加戸氏は特区申請を認めてもらえるように教授陣を充実させ、ライフサイ エンス分野で新しい研究を進めること、感染症対策にも積極的に取り組む ことなどを盛り込み、提案を練り上げた。

「四国4県のどこにも獣医学部はありません。今治市だけでなく四国全体 の夢として準備を重ねましたから、今治が最適だという自負があります。 安倍首相と加計さんが友人であることは全く無関係です」(加戸氏)

原氏が加えた。

「獣医学部新設の提案は、新潟市、今治市と京都の綾部市からありまし た。綾部市は京都産業大学を念頭に置いていたのですが、7月14日に京産 大が正式に提案を撤回しました。新潟は申請自体が具体化していません。 結局、充実した案を示したのが今治市と加計学園のチームだった。熟度が 全く違いますから、彼らが選ばれるのは当然です。安倍首相の思いや友人 関係など個人的条件が入り込む余地など全くありません」

先述のように、加戸氏は国家戦略特区で今治市と加計学園が認められたこ とで、歪められた行政が正されたと語り、官邸が行政を歪めたという前川 氏の主張を真正面から否定した。行政を歪めた張本人は、前川氏の言う官 邸ではなく加戸氏が指摘したように獣医師会と文科省ではないのか。

その動機に天下りがあるのではないか。強い規制は天下りの土壌を生む。 大学は文科官僚の絶好の再就職先だ。大事にしなければならない。加計学 園問題は今や事の本質から離れ、文科省、前川氏、朝日新聞などの思惑が 渦巻いて反安倍政権と倒閣の暗い熱情で結ばれているのではないか。

『週刊新潮』 2017年7月27日号 日本ルネッサンス 第763回



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カリブ海にも海運ルートの拠点を築く中国
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月27日(木曜日)弐
        通算第5370号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 カリブ海にも海運ルートの拠点を築く中国
  「一帯一路」の海のシルクロードは中南米諸国にも
*********************************

パナマが台湾と断交し、ただちに中国との外交関係を結んで、カネに転ん だと言われた。

その先に広がるカリブ海の海には多くの島嶼国家が点在し、キューバ、 ジャマイカ、ドミニカのような中規模な主権国家もあれば、タックスヘブ ンだけのフェイク国家もある。

ジャマイカは昔から、陸上競技で世界一のランナーを輩出させる国、レ ゲィ音楽の本場でもあり、大航海時代にはアフリカからの奴隷貿易の中継 地だった。

このジャマイカに中国が巨大な港湾建設を始めている。驚き桃の木である。

「中国港湾工程有限責任公司」は15億ドルを投じて、「カリブ海とパナマ 運河を結ぶハブ」と位置づけ、同時にバルバドスには、ヴィザなし渡航を 認めれば年間2000万人の中国人ツアーを送り込むとおだて、リゾートホテ ルなどに進出、ランドマークのビルも中国資本が購入した。

ギアナでは金、原油、木材の工場を建設し、中国企業が稼働させている。

このためアメリカの保守派には「いずれ南シナ海のようにカリブ海の島嶼 群島は、『中国の海』となる」のではないか」と懸念する声があがってい る(米ジェイムズタウン財団発行『チャイナブリーフ』、2017年7月17日 号)。

いつでも何処でも新興国家は目の前にあるカネの魅力には勝てず、中国の いうインフラ建設と、融資条件にすぐ乗っかり、雇用が増え、地元経済が 潤うと期待したが、どこおかしこも、そういう薔薇色の夢は瞬時に消え て、労働者は中国から建設機材からセメントまで中国から、低利のローン はいつものまにか条件が巧妙に変更になり、あれよあれよという間に負債 が膨らんで、「こんな筈ではなかった」と嘆く。

中国は戦略的に、外交関係で台湾を切った瞬間からこれらの国々の外交的 利用価値はなくなっているのである。

中国は投資を中断し、労働者を引き上げ、プロジェクトは放ったらし、現 地で雇って奴隷のようにこき使った労働者には給料未払いなど、無茶苦茶 なことをやってのける。これもいつもの手口である。

いま中南米諸国に広がるのは中国への期待から絶望への転換だという。

        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴号の25日通算第5367号の(読者の声3)欄に「最近の多く のマスコミの政党以上の『政治直接介入』は度を越しているように見受け られ」、「『報道の中立性』などと言う言葉は全くその痕跡さえ残らぬほ ど破壊されてしまいました」云々とありますが、私はこれは日本世論がマ スコミによって「背乗り」された結果に過ぎないのではないか、と考えて います。

もっと言えば、マスコミ各社は「在日」あるいは「帰化した元在日」に よって「背乗り」され、従って日本の世論は「在日」または「元在日」に よって「背乗り」されていると言えるでしょう。

そのことの証言はインターネット上でいくらでも見つけることができます。
 例えば、
○『TBSが在日韓国・朝鮮人に乗っ取られた経緯』
(http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4714935.html
○『背乗り』(https://matome.naver.jp/odai/2138268637448259301
https://samurai20.jp/2014/09/comfortgirl-5/
○『貴方は、TBSが朝鮮人に乗っ取られた事実を知っていますか?』
(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11159912016?query=%E7%84%A1%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%85%A5%E7%A4%BE+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2&status=solved
などです。

以上はTBSに限られていますが、他の局、紙も概ね大同小異です。日本 国民は賢明ですから、これらの事実を知れば、内閣の支持率は急回復する のではないでしょうか。

宮崎正弘先生は「安倍晋三首相も朝日、毎日、東京新聞やテレビはフェイ クと断定して、真っ正面から勝負を挑めば、支持率なんぞ、すぐに70%台 を回復すると思いますよ」とコメントされており、私も全く同感です。

我々としても首相らの孤軍奮闘を拱手傍観するのではなく、我ら国民がこ れらの「背乗りマスコミ」から影響を受けることのないよう、「背乗り」 を宣伝すると同時に、マスコミ各社から在日を排除する手段を考えなけれ ばならないと思います。
 
ただし、民族差別やヘイトスピーチ、人権などの名目で彼らは反撃してく るでしょうから厄介です。言葉遣いには大いに注意してことにあたらなけ ればなりません。 (唯臥独村)



  ♪
(読者の声2)貴誌通算第5369号に「シリアのもう1つの要素はドルーズ である。この少数派だが政治的影響力のあるコミュニティをいかに扱うの か?」とあります。

ドルーズはレバノンに多いイスラム教の一派で、レバノンのドルーズは親 イスラエルあるいはイスラエル許容派です。シリアのドルーズも同様です か。(ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)小生、シリアだけは行ったことがないので詳しく は分かりませんが、米国の専門誌の指摘から援用しました。戦争状況で、 日々情勢は変わっていると思いますが。。。



  ♪
(読者の声3)7月26日の産経新聞、習近平が6月に香港で人民解放軍を 閲兵した時の写真が掲載されていました。車両は北京汽車のジープ型、ナ ンバープレートには「ZG 2017」。
http://www.sankei.com/photo/story/expand/170630/sty1706300007-p2.html
 
ZGはピンインで中国の頭文字、フロントグリル上の北京の文字を香港人 はどんな思いで見つめていたのか。

香港の星島日報によるとZGは解放軍駐港部隊専用で、普通話ピンインで (駐港)の意とあります。
http://std.stheadline.com/instant/articles/detail/440662-%E9%A6%99%E6%B8%AF-%E3%80%90%E6%9C%89%E7%89%87%E3%80%91%E7%BF%92%E8%BF%91%E5%B9%B3%E7%9F%B3%E5%B4%97%E6%AA%A2%E9%96%B1%E9%A7%90%E6%B8%AF%E9%83%A8%E9%9A%8A+%E8%BB%8A%E7%89%8C%E3%80%8CZG2017%E3%80%8D%EF%BC%88%E5%A4%9A%E5%9C%96%EF%BC%89
まさしく北京が香港を制圧する象徴だったのですね。(PB生、千葉)



  ♪
(読者の声4)「和辻哲郎と古代日本」

1.去年の3月には「神武天皇の現場」を高千穂の峰から美々津港(日本海軍 発祥碑)まで廻って、感想駄文を貴誌(4854号)にのせていただきました。 その後古代史論争に迷入し今年の春は博多湾岸の史跡を巡ったのですが、 「天孫降臨地」については古田武彦説に転向をいたしました(笑)。

天孫が降臨したのは霧島連山の高千穂峰でなくて、最古の稲作平野を俯瞰 する博多湾岸の高祖山(クシフル岳)だったとする論定、古田説は玉石混交 ですが、ココは説得力があるところ。

高祖山の東麓、吉武高木遺跡では三種の神器セットのほか、巨大な紀元2 世紀ころの高殿跡も発見されています。

ニニギノ命の後継者たちは、この宮殿から、高祖山をまじかに仰ぎつつ祖 先の偉業を主題とした「史話芸能」に興じたにちがいない、史実はそこで 当然に芸能式に変調されて演じられ、伝えられ、後代の古事記の「おとぎ 話のような無邪気な愛らしさ」(和辻)の一因になった、と、想像している とたのしい(笑)。
「吉武高木遺跡のリーフレット」↓
file:///C:/Users/okd/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/NNR9P6I3/NewsParagraph39fileja.pdf

2.ギリシャ彫刻は「優美」だが、エジプト彫刻は根源的な「壮美」を湛え ている、これに匹敵する彫刻は世界でも古代の日本にしかない(荻原碌山 1879-1910)。
和辻哲郎(1889-1960)は『古寺巡礼』1919大正8年 で大和のみ仏たちに驚 嘆しつつ、当時の素朴な文明段階の日本人がどうして「急に」これだけの ものを作り得たのだろうか、と不思議に思います。
救世観音は大陸から渡来したと考えたフェノロサ流に納得できず、渡来人 の制作にしても、彼のこころには日本の風土が反映していたに違いない、 と和辻は考えざるを得ません。
(引用)
「このような偉大な芸術の作家が日本人であったかどうかは記録されては いない。しかし唐の融合文化のうちに生まれた人も、養われた人も、黄海 を越えてわが風光明媚な内海にはいって来た時に、何等か心情の変移する のを感じないであろうか。漠々たる黄土の大陸と十六の少女のように可憐 な大和の山水と、その相違は何等か気分の転換を惹起しないであろうか。 (!)) われわれは聖林寺十一面観音の前に立つとき、この像がわれわれの 国土にあって幻視せられたものであることを直接に感ずる。」

また「法隆寺壁画に日本人の痕跡を認める! 人はその無謀にあきれるか もしれない。しかし現在においてはそのあきれる人の意見を支持するよう な遺物の方が、一層みつからないのである。(!)) 西域の発掘品のうちに は一としてこの画と同じ気分を印象するものはない。スタイン、ルコック などの発掘品はみなそうである。この画の気韻には西域画と全然異なるも のがある。そうなれば、この画はやはりその画かれた土地と結びつけて考 えるほかないのではなかろうか」
(引用止め)

3.だが理由は土地自然に限るべきではない、猛然と日本古代の考古、政治 史、文芸、造形美術など一切の探求にかかった和辻は、1920大正9年に 『日本古代文化』を上梓します。
そこで和辻の到達点は、当時の文芸や、古墳時代の埴輪の造形のなかにす ら、すでに、(外からの刺激があれば)法隆寺や薬師寺のみ仏を刻みうる、 日本人の資質、水準が、その風土と生活様式につちかわれたものとして、 存在していたという認識??
のち昭和31年『世界』1月号に掲載した「人物埴輪の眼」からまず

(引用)
「埴輪人形の製作者は人体を写実的に作ろうとしたのではない。ただ意味 のある形を作ろうとしただけである。しかし意味のある形のうちの最も重 要なものが人の顔面であったゆえに、ああいう埴輪の人形ができあがった のである。その造形の技術はいかにも稚拙であるが、しかし「人」を顔面 によって捕えようとする態度は、技術と同じに稚拙とはいえない。

技術を学び取れば、それに乗って急にあふれ出ることのできるようなもの が、その背後にある、と私は感ぜざるを得ない。従って、これらの稚拙な 埴輪人形を作っていた民族が、わずか1,2世紀の後に、彫刻として全く 段 違いの推古仏を作り得るに至ったことは、私にはさほど不思議とは思 えな いのである。

以下は「日本古代文化」から引用です。

「温和なこの国土の気候は、彼らの衝動を温和にし彼らの願望を調和的な らしめたであろう。久しい間魚貝と果菜を食糧として来た彼らは、猛獣と 戦い家畜を殺して食うという生活からは遠く、従って、殺伐な気風を養わ なかったであろう。また肥沃な土壌と、豊かな内海、入り江、湖沼、河川 などは、食物競争から彼らを解放して、平和な生活に馴れしめたに相違な い。さらにまた魚貝と果菜との食養は、体質をも心理的素質をも規定し て、淡泊な意欲、刹那的にのみ烈しい感情というふうな、凶暴でない心を 造り出したことであろう。」

「西暦紀元前後三四百年の時代に、日本人が急激に発達を始めた時にも、 彼らはこの優美な自然に似つかわしい温良な民族であった。そうしてこの 特色は。暴王の烈しい征服欲や酒池肉林のあくどい享楽欲をもって特色づ けられている古代シナ人、あるいは荒涼たる大陸の原野を馳駆するのがそ の快楽であるらしい凶暴な外蕃諸族と著しい対照をなすのである。

我々の祖先には熱砂から生れるらしい強烈な幻想や、広漠たる大陸に訓練 せられるらしい意力のねばり強さなどはなかったが、しかし、ささやかな 小山の愛らしい円さがいかに喜ばしく美しいか、蒼空に抱かるる優美な金 剛山の姿がいかに偉大荘厳であるか、あるいはまた細かな珠玉の可憐な触 感がいかに快いかを、鋭敏に感受し得る心はあった。もしこの徴証を具体 的な?! 

□に求めるならば、大陸人の好愛する正確な幾何学的な線と、我々の祖先 が好んだ軽い、柔らかな、優しい幾何学的な線とを、対照させるがよい。 あるいは石器時代末期に属するらしい精巧な石棒石剣その他の石器類の柔 らかい輪郭を、大陸人の武器の物すごい鋭さと対照させるがよい。」

「これらの歌謡を味読した読者は、日本民族の祖先が世界に類なき平和 な、和やかな、調和的な生活を営んでいたことを、認めないわけに行かぬ であろう。これはすでに説いたように大八島国の風土とも関係のある問題 であり、また日本民族が民族闘争を経験しなかったことにも基づくと思わ れる。」(引用止め)

上の引用は和辻の包括的な論考からの引用者の葦の髄ですが、著者は「日 本古代文化」を書き上げたときほど嬉しかったことは一度もない、と言っ ています。
波乱の20世紀に乗り出した島国日本の根底的な不安の中で、和辻は聖林寺 の十一面観音や中宮寺の菩薩像を出発点として、世界に誇りうる自国文化 の核心をつかんだのです。
その後、今日までの考古学的知見の拡大(たとえば縄文高度文明の解明)も 和辻の大局観をくつがえすものでなく、細部に修正すべきところ、国粋的 な偏向があるとしても、すぐれた思惟の力、ファクトの尊重とともに、 「時代のアクチュアリティ」を深い所でふまえた「パースペクティブ」の 統一感のゆえか今なお新鮮で、文系学問の見本のように想われます(素人 ながら 汗汗)。(石川県、三猫匹)



  ♪
(読者の声5)7月25日号の「早読み」で邪馬台国に触れておられる部 分がありましたので、感想を述べさせていただきます。

田中英道『高天原は関東にあった』の書評ですが、田中英道氏の論の紹 介の部分につきましては、(当然ながら)申し上げることはございません。

最後の方で、宮崎様ご自身の考えと思われる文がありましたので、その 部分について申し上げます。

具体的には以下の部分です。「邪馬台国」も「卑弥呼」もシナの捏造なの だ」と小見出しされた部分の後半です。念のため当該部分をコピーして貼 り付けます。
 (引用)「そもそも日本の歴史書に登場しない架空の国と女王。中国の 三国志の附録にあたる魏志の倭人伝が言い出しているだけ。この一点をみ ても、奇怪である。

思い出されたい。中国にとって歴史はプロパガンダで あり、韓国のそれ はフィクションであることを。  魏志の倭人伝は風 説、伝聞を纏めて仕 上げた怪しい歴史書であり、そこにはシナの政治的打 算、思惑が秘めら れている筈である。評者は昔から魏志の倭人伝は信用す るに値せず、創 作だろうと考えてきた。

まず「倭人」という差別的軽蔑 語、「卑弥呼」などとおおよそ女王に似 合わない命名ぶりからも作者の政 治的意図が推定できるのではないか。 すなわち邪馬台国なるものは、あた かも南京大虐殺などというプロパガ ンダをまともに追求して、いや実際の 犠牲は二万名だったとか、数千で はなかったかという不毛の反論に陥る。

相手の陥穽にみごとに嵌っているのではないか。最初から偽書だと断定す れば、邪馬台国がどこにあったか、等という「誇大妄想」的で、レベルの 低さを代弁するような愚劣な議論はうまれまい」
 (引用止め)

歴史の評価において、現代の価値観で過去を計ることは行うべきではな いと考えています。

現在の中国が近年の歴史について捏造史観に基づきわが国を貶めている ことについてはまったく同感です。また、現在の韓国の歴史観はファンタ ジーで考慮に値しないとも思っております。しかしながら、現在の中国は 共産党によって乗っ取られた、今までとはまったく異なるタイプの独裁国 家(王朝)だと考えております。

また、その膨張政策によって我国を強力 な支配下に置く、或いは呑み込 もうとしていることは議論の余地がないと 考えております。とは言え、 現代中国の捏造歴史観をもって過去に適用す ることは不必要な誤解を招 くだけでなく、過去の歴史の全面否定につなが ると考えております。

魏志倭人伝について評されるのであれば、少なくとも倭人伝に最低1回 は目を通されてからされるべきで、(失礼ながら宮崎様の書き方からは目 を通されたと受け取ることは困難です)、世に出回る根拠が薄弱な印象な どに基づいて評論をされることは如何なものかと老婆心ながら感じており ます。

総体的な話だけではなく、個別の論点も多々ありますので、必要であれ ば議論をすることも吝かではなく、むしろ望むところではありますが、宮 崎様の本業からは離れると思いますので、今のとこはこれ以上の深入りは 遠慮したいと思います。

1点だけ申し上げれば、歴史の捏造にはそれなりの目的があり、現在の 中国には我国を?み込むという目的がありますが、倭人伝当時どのような 目的で捏造が行われたとするのか合理的な説明はまず不可能で、むしろ逆 に倭人の女王国のことを初めて紹介するのを自慢しているとも考えられる のが倭人伝だと考えております。

宮崎様の時事論評、中でも足で稼いだ中国論はいつも他の追随を許さな い核心をついたものだと評価いたしております。しかしながら、邪馬台国 についての評論は、史料の解読や出土物の検討もなく、伝聞に基づく印象 操作という感じを拭えず、誤解を招くのみで百害あって一利なし、と言わ ざるをえません。

こういうようなことになるのも、現在の歴史学者が倭人伝を 粗末に扱っ てきたことの表れであると考えており、伝聞による印象操作を 宮崎様お 一人の問題とは考えておりません。

このようなメールでは十分に意を尽くすことは困難ですが、意のあると ころをお汲取り頂ければ誠に幸甚であります。(AT生)



            
━━━━━━━━━━━
日本における売春の現状
━━━━━━━━━━━


      渡部 亮次郎

私の大学在学中に国会で売春防止法案が審議されて成立。卒業とともに売 春宿はなくなった。しかし法律は「防止」であって「禁止」ではないこと が示す如く、売春は無くなっていない。

売春防止法は『何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならな い。』としている。

しかし、売買春そのものに刑罰は設けられておらず、売春防止法におい て、売春行為自体は禁止されていても、刑罰の対象とはならない。

その理由としては、売春防止法制定当時の官僚による国会答弁が参考となる。

<性欲の捌け口を作ることで性犯罪を防止すること、諸先進国では合法化 されている国が多いこと、風俗業従事者の生活維持、地域経済・税収への 深刻な影響を挙げている>。

他方、売春防止法では単に売春を行ったという単純売春(法や条例に反さ ない範囲において)は刑事処分対象外であるが、売春の勧誘、周旋、売春 契約、売春をさせる業(俗にいう「管理売春」は、これに含まれるなど売 春を助長する行為は禁止されており、刑事処分の対象となる。

売春防止法が売春そのものを禁止するのではなく、売春を助長する行為を 禁止しているのは、そもそもの立法経緯において、女性の性的役務の隷属 被害や、暴力団等や親による搾取行為を無くすのが主目的で、売春行為自 体を取り締まる事が主目的ではなかった。

『売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗もので あることから、売春を助長する行為等を処罰すると共に、性行又は環境に 照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置 を講ずることによって、売春の防止を図るこ
とを目的とする』為である。

売春防止法の他に、児童買春・児童ポルノ禁止法が存在する。児童に対す る性的搾取・性的虐待を防止し、児童の権利を擁護することを目的として いる。

売春の斡旋、あるいは売春をさせる業を為すことは刑罰の対象となってい るが、斡旋ではなく知り合った男女が売春しているにすぎないという建前 を用いてソープランドでは公然と売春が行われている。

旧赤線地帯などでは、ソープランドのような風呂を設けずに個室で売春さ せている所も多く、ファッションヘルス、ホテトルなどにおいても、店が 売春を黙認している所もあるなど、売春の斡旋、売春をさせる業を為した ということで処罰されないよう、店側は関知しないという建前、暗黙の了 解のもとに営業している例は見られる。

この外、テレクラ、出会い系サイトを発端として当事者同士の合意で売買 春がなされる場合や、ラブホテル付近に売春する側が立ってが客待ちを し、売買春が為される場合などもある。

また、韓国で2004年に性売買特別法が施行された結果、韓国人売春従事者 が日本をはじめとする海外諸国で「遠征売春」が増加しているといわれ る。出典:「ウィキペディア」2013・2・25



━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎民進・蓮舫代表、会見で辞意 「選挙で勝つ体制整った」

民進党の蓮舫代表が27日、「民進党の代表を引く決断を致しました」とし て辞任する意向を表明した。国会内で開いた記者会見で語った。

辞任を決断した理由について「攻めの部分は、しっかりと行政監視をして きた。ただ一方で、受けの部分で私は力を十分出せなかった」と述べた。

 そのうえで、「いったん退(ひ)いて、より強い受けになる。民進党を 新たな執行部に率いてもらうことが最大の策だと。2大政党制の民進党を つくり直すことが国民のためになる」と説明。「一議員に戻ります」と表 情を引き締めた。

 衆院への転出は「一度立ち止まります」として再検討する考えを示した。

蓮舫氏は新代表を選出する代表選を速やかに行ってほしいとの考えを示し たうえで、後任の代表の人物像について、明言を避けつつも「我が党には 経験のある人、志の常にある人、すばらしい仲間がいる。求心力がある執 行部ができることを切に願う」と語った。


 辞任を決めた時期について「昨日、自分の中で判断した」と語った。自 身の二重国籍問題の影響については「国籍の問題は判断に入っていない。 全く別次元の問題だ」と述べた。


 蓮舫氏は辞任の決断について「誰にも相談していない」としたうえで、 「人事に着手する手段もあったが、遠心力を求心力に変えるときに、人事 で高まるのか。安倍内閣をただすために、人事ではなく、新たな執行部に 委ねる道を取った」と語った。


 急な辞任表明について、「(民進党支持者らには)申し訳ないと思う。 ただ1日でも空白をつくらない。強い民進党を示すための代表選を通し て、立ち止まって見つめてくれるような議論を経て、安倍内閣に代わり私 たちがいる、と強く示したい」と語った。

参院議員として党首を務めた蓮舫氏。それが弱点だったかと問われると、 「そう感じないと言えばうそになる」。そのうえで「今の政権のあり方、 いつ解散総選挙があってもおかしくはない。総選挙に勝つ体制は整ってい るので、新しい方が早い段階で代表選を終えて、後段の仕上げを担って頂 きたい」と語った。

東京都議選では、前身の民主党時代を含めて過去最低の5議席となり惨 敗。離党者も相次ぐが、民進党はまとまれるかと聞かれると、蓮舫氏は 「できます。後ろから打たれても水鉄砲。時間がたてば乾く。時間をかけ てゆっくり関係を構築できている。信頼できる民進党にできる」と力を込 めた。朝日新聞デジタル7/27(木) 15:15配信



 ◎中国にダマされた…ようやく気づいたトランプ大統領「怒りの逆襲」

先日掲載の記事「『反中』に逆戻り?中国のウソに気付いたトランプの逆 襲」でもお伝えしたように、習近平について「大好きだ」と公言していた トランプ大統領が一転、「中国にダマされた!」と怒りの逆襲を開始して います。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北 野幸伯さんが、何がここまでトランプ大統領を激怒させたのかその全容を 探りながら、今後変わりゆく世界のパワーバランスについて推察しています。

「習近平にだまされた!」ことに気づいたトランプ

トランプさんと習近平が会って、100日が経ちました。それでトランプさ ん、「習近平の野郎にダマされた!」と気がついたようです。

米中、転機の「100日」 トランプ氏「少し甘かった」

米国と中国が4月の首脳会談で、北朝鮮問題や両国の貿易不均衡の是正を 「100日」で成果を出すと合意した計画が16日に期限を迎えた。北朝鮮問 題で期待した協力が得られず、トランプ米政権は貿易分野で中国への圧力 を強め始めた。

トランプー習会談で、「100日で成果を出そう!」と合意した。しかし、 習近平は、「口だけ」で約束をはたさなかった。

「まったく互恵的でない。中国との貿易は最悪だ」。トランプ大統領は12 日、フランスに向かう大統領専用機内で記者団にそう話した。

「私は彼ら(中国)の助けがほしかったので、これまでは(中国に)少し 甘かった」とも明言。北朝鮮の核・ミサイル開発の問題で協力を取りつけ るため、貿易面で配慮をしていたことを認めた。

「北朝鮮の核・ミサイル開発の問題で協力を取りつけるため、貿易面で配 慮をしていたことを認めた」というのが大事ですね。

トランプ氏は4月、中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談で、 「100日計画」に合意。大統領選で公約した中国の「為替操作国」認定を 断念するなど、経済分野での批判は矛を収めた。

「北朝鮮問題」で協力を得るために、トランプさんは、中国経済批判を封 印していたと。しかし、100日経って、「ダマされた!!!」と憤っていま す。ま、「予想通りの展開」ということですね。米中関係のこれまでを振 り返ってみましょう。

米中関係の流れ

大統領選挙戦中トランプは、「親ロシア、反中国」でした。そして、選挙 で勝利した後も、しばらく「親ロ・反中」だった。たとえば2016年12月、 トランプは、台湾の蔡英文総統と電話会談し、世界を仰天させました。

しかし、今年1月、大統領に就任すると、だいぶ様子が変わってきた。ま ず、「ロシア・ゲート」が盛り上がり、「ロシアと仲良くできない状態」 が続いている。それでも、トランプ自身が親ロシアなのは変わらないよう ですが。

そして、彼の「反中度」が弱まってきた。一つは、「中国の強力な工作」 によって。

もう1つは、「北朝鮮問題で中国の協力が必要」なので。北は、「アメリ カ本土を核攻撃できるICBM完成間近」と宣言していた(そして、7月4日、 「ICBM発射実験」に成功した)。

北の暴走を止めるためには、中国の助けが絶対必要。トランプは4月、習 近平と会談しました。その後、「私は、習近平のことがとても好きだ!」 と公言するようになった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)4月 13日付を見てみましょう。

ドナルド・トランプ米大統領は12日、就任後に知己になったある国の首脳 との関係について冗舌に語った。

「われわれの関係は非常に良い」。トランプ氏はホワイトハウスの大統領 執務室で行われたウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで そう述べた。

「われわれの相性はすごくいい。互いに好意を持っている。私は彼のこと がとても好きだ。彼の妻も素晴らしい」これほど温かい言葉で評されてい るリーダーとは誰か。中国の習近平国家主席だ。

なぜトランプは、習近平が大好きになったのか。そう、習が「北朝鮮問題 解決に、全面的に協力する」と約束したからです。「100日で結果を出 す」ことで、二人は合意した。ところが…。

習近平のウソに苛立つトランプ

習は現在、「美しい言葉」を語ることで、世界での評判を上げています。 どんな美しい言葉?
・ 「グローバリズムを絶対支持する!」
・ 「核兵器のない世界を目指す!」
・ 「パリ協定を推進していく!」
などなど。日本以外の多くの国々では、「おお〜、習近平は、トランプよ り偉い!」と考えられている。

北朝鮮の話。中国がアメリカのために北朝鮮を叩きつぶすというのは、も ちろん「ウソ」です。なぜ?
まず、中国は北朝鮮の核ミサイルを恐れていない。なぜなら、北のター ゲットは、アメリカ、日本、韓国なのです。次に、中国にとって北は、ア メリカの侵略を防いでくれる「防波堤」「緩衝国家」。だから、強くても いい。

では、なぜ習は、トランプにウソをついたのか? 「米中関係を悪化させ ないため」でしょう。アメリカが本気で「中国封じ込め」に動けば、中国 は困ります。しかし、ウソはしょせんウソ。トランプは、「習の野郎、や はり口だけだ!」と気がつき始めた。そして、苛立ち始めた。

悪化し始めた米中関係

トランプさんは、「口だけ」ではありません。それが「良いか悪いか」は ともかく、「有言実行」です(たとえば、「パリ協定離脱」など)。ツ イッターで投稿するだけでなく、現実に中国への圧力を強め始めました。 まず、今までノータッチだった中国の「人権問題」を批判し始めた。

米国務省の人身売買報告書、中国を最低ランクに格下げ

国務省は27日、世界各国の人身売買の実態に関する年次報告書を発表し、 中国を4段階中の最低レベルに格下げした。報告書は格下げの理由につい て、中国は「人身売買の廃絶に向けた最低基準を満たさず、目に見える努 力をしていない」と説明している。

米、台湾へ武器売却の意向表明 トランプ政権下で初

米国のトランプ政権は29日、台湾に14億ドル(約1,570億円)相当の武器 を売却すると議会に通知した。トランプ政権下では初めて。中国からは強 い反発が予想される。台湾への武器売却は、米国家安全保障会議(NSC) のアントン報道官が確認した。

米トランプ政権、中国の銀行に制裁 北朝鮮への圧力強化

ワシントン(CNNMoney)米財務省は29日、中国の銀行が北朝鮮との不正な 金融取引にかかわったとして、米国の金融システムから締め出す制裁措置 を発表した。核兵器や弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、圧力を強 める狙い。

制裁されるのは、具体的にどの銀行なのでしょうか???
制裁の対象となるのは中国の丹東銀行。米政府によると、北朝鮮の不正な 金融取引を支える仲介役を果たしたとされる。さらに、中国の個人2人と 企業1社に対しても新たな制裁を発表した。

ナーバスな、パワーバランス

2017年7月25日時点のパワーバランスを見ておきましょう。まず、米中関 係は、悪化し始めている。
米ロ関係。トランプ―プーチンは、改善したいが、アメリカの抵抗勢力が 強く、なかなか進まない。
米独関係。トランプの「パリ協定離脱宣言」で悪化。米仏関係。マクロン さんは、「ドイツに対抗するために、アメリカに接近」となっています。

やはり、「最重要ポイント」は、「米中関係が悪化してきたこと」でしょ う。そして、米ロ関係はまだまだ冷たく、中ロ関係は、強固にみえる。さ らに、ドイツのメルケルさんは、トランプにあきれている。そうなると、 ドイツが中ロに接近していく。今の関係が見えてきますね。
◆中国 − ロシア − ドイツ(EU)の連携が強まってきている。これは、 どこからどうみても「一大勢力」で、「アメリカが負ける可能性」が強ま ります。日本はどうすればいいのでしょうか? これは今までと変わりま せん。
・ アメリカ、インドとの関係をますます強固にする。
・ ロシアとの和解を、さらに進めていく。
・ 中国を挑発せず、良好な関係を保つように努力する。

80年前、日本は、アメリカ、イギリス、ソ連、中国を敵にしていました。 今回、日本は、どの大国とも良好な関係にあります。それは、明らかに安 倍総理のおかげです。

【写真】 − トランプ米大統領は20日、ツイッターに、「北朝鮮を巡る習 近平(シージンピン)中国国家主席と中国の努力には非常に感謝している が、うまくいっていない」と書き込んだ。核・ミサイル開発を続ける北朝 鮮に対する中国の圧力が不十分との認識を示した。by 北野幸伯『ロシア 政治経済ジャーナル』
<http://www.mag2.com/p/news/258518>http://www.mag2.com/p/news/258518
【まぐまぐニュース!】 2017.07.27 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎中国にダマされた…ようやく気づいたトランプ大統領「怒りの逆襲」

先日掲載の記事「『反中』に逆戻り?中国のウソに気付いたトランプの逆 襲」でもお伝えしたように、習近平について「大好きだ」と公言していた トランプ大統領が一転、「中国にダマされた!」と怒りの逆襲を開始して います。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北 野幸伯さんが、何がここまでトランプ大統領を激怒させたのかその全容を 探りながら、今後変わりゆく世界のパワーバランスについて推察しています。

「習近平にだまされた!」ことに気づいたトランプ

トランプさんと習近平が会って、100日が経ちました。それでトランプさ ん、「習近平の野郎にダマされた!」と気がついたようです。

米中、転機の「100日」 トランプ氏「少し甘かった」

米国と中国が4月の首脳会談で、北朝鮮問題や両国の貿易不均衡の是正を 「100日」で成果を出すと合意した計画が16日に期限を迎えた。北朝鮮問 題で期待した協力が得られず、トランプ米政権は貿易分野で中国への圧力 を強め始めた。

トランプー習会談で、「100日で成果を出そう!」と合意した。しかし、 習近平は、「口だけ」で約束をはたさなかった。
「まったく互恵的でない。中国との貿易は最悪だ」。トランプ大統領は12 日、フランスに向かう大統領専用機内で記者団にそう話した。
「私は彼ら(中国)の助けがほしかったので、これまでは(中国に)少し 甘かった」とも明言。北朝鮮の核・ミサイル開発の問題で協力を取りつけ るため、貿易面で配慮をしていたことを認めた。

「北朝鮮の核・ミサイル開発の問題で協力を取りつけるため、貿易面で配 慮をしていたことを認めた」というのが大事ですね。
トランプ氏は4月、中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談で、 「100日計画」に合意。大統領選で公約した中国の「為替操作国」認定を 断念するなど、経済分野での批判は矛を収めた。

「北朝鮮問題」で協力を得るために、トランプさんは、中国経済批判を封 印していたと。しかし、100日経って、「ダマされた!!!」と憤っていま す。ま、「予想通りの展開」ということですね。米中関係のこれまでを振 り返ってみましょう。

米中関係の流れ

大統領選挙戦中トランプは、「親ロシア、反中国」でした。選挙で勝利し た後も、しばらく「親ロ・反中」だった。たとえば2016年12月、トランプ は、台湾の蔡英文総統と電話会談し、世界を仰天させました。

しかし、今年1月、大統領に就任すると、だいぶ様子が変わってきた。ま ず、「ロシア・ゲート」が盛り上がり、「ロシアと仲良くできない状態」 が続いている。それでも、トランプ自身が親ロシアなのは変わらないよう ですが。

彼の「反中度」が弱まってきた。1つは、「中国の強力な工作」によって。

もう1つは、「北朝鮮問題で中国の協力が必要」なので。北は、「アメリ カ本土を核攻撃できるICBM完成間近」と宣言していた(そして、7月4日、 「ICBM発射実験」に成功した)。

北の暴走を止めるためには、中国の助けが絶対必要。トランプは4月、習 近平と会談しました。その後、「私は、習近平のことがとても好きだ!」 と公言するようになった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)4月 13日付を見てみましょう。

ドナルド・トランプ米大統領は12日、就任後に知己になったある国の首脳 との関係について冗舌に語った。

「われわれの関係は非常に良い」。トランプ氏はホワイトハウスの大統領 執務室で行われたウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで そう述べた。

「われわれの相性はすごくいい。互いに好意を持っている。私は彼のこと がとても好きだ。彼の妻も素晴らしい」これほど温かい言葉で評されてい るリーダーとは誰か。中国の習近平国家主席だ。

なぜトランプは、習近平が大好きになったのか。そう、習が「北朝鮮問題 解決に、全面的に協力する」と約束したからです。「100日で結果を出 す」ことで、二人は合意した。ところが…。

習近平のウソに苛立つトランプ

習は現在、「美しい言葉」を語ることで、世界での評判を上げています。 どんな美しい言葉?
・ 「グローバリズムを絶対支持する!」
・ 「核兵器のない世界を目指す!」
・ 「パリ協定を推進していく!」
などなど。日本以外の多くの国々では、「おお〜、習近平は、トランプよ り偉い!」と考えられている。

北朝鮮の話。中国がアメリカのために北朝鮮を叩きつぶすというのは、も ちろん「ウソ」です。なぜ?
まず、中国は北朝鮮の核ミサイルを恐れていない。なぜなら、北のター ゲットは、アメリカ、日本、韓国なのです。次に、中国にとって北は、ア メリカの侵略を防いでくれる「防波堤」「緩衝国家」。だから、強くても いい。

では、なぜ習は、トランプにウソをついたのか? 「米中関係を悪化させ ないため」でしょう。アメリカが本気で「中国封じ込め」に動けば、中国 は困ります。しかし、ウソはしょせんウソ。トランプは、「習の野郎、や はり口だけだ!」と気がつき始めた。そして、苛立ち始めた。

悪化し始めた米中関係

トランプさんは、「口だけ」ではありません。それが「良いか悪いか」は ともかく、「有言実行」です(たとえば、「パリ協定離脱」など)。ツ イッターで投稿するだけでなく、現実に中国への圧力を強め始めました。 まず、今までノータッチだった中国の「人権問題」を批判し始めた。

米国務省の人身売買報告書、中国を最低ランクに格下げ

国務省は27日、世界各国の人身売買の実態に関する年次報告書を発表し、 中国を4段階中の最低レベルに格下げした。報告書は格下げの理由につい て、中国は「人身売買の廃絶に向けた最低基準を満たさず、目に見える努 力をしていない」と説明している。

米、台湾へ武器売却の意向表明 トランプ政権下で初

米国のトランプ政権は29日、台湾に14億ドル(約1,570億円)相当の武器 を売却すると議会に通知した。トランプ政権下では初めて。中国からは強 い反発が予想される。台湾への武器売却は、米国家安全保障会議(NSC) のアントン報道官が確認した。

米トランプ政権、中国の銀行に制裁 北朝鮮への圧力強化

ワシントン(CNNMoney)米財務省は29日、中国の銀行が北朝鮮との不正な 金融取引にかかわったとして、米国の金融システムから締め出す制裁措置 を発表した。核兵器や弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、圧力を強 める狙い。

制裁されるのは、具体的にどの銀行なのでしょうか???
制裁の対象となるのは中国の丹東銀行。米政府によると、北朝鮮の不正な 金融取引を支える仲介役を果たしたとされる。さらに、中国の個人2人と 企業1社に対しても新たな制裁を発表した。

ナーバスな、パワーバランス

2017年7月25日時点のパワーバランスを見ておきましょう。まず、米中関 係は、悪化し始めている。
米ロ関係。トランプ―プーチンは、改善したいが、アメリカの抵抗勢力が 強く、なかなか進まない。
米独関係。トランプの「パリ協定離脱宣言」で悪化。米仏関係。マクロン さんは、「ドイツに対抗するために、アメリカに接近」となっています。

やはり、「最重要ポイント」は、「米中関係が悪化してきたこと」でしょ う。そして、米ロ関係はまだまだ冷たく、中ロ関係は、強固にみえる。さ らに、ドイツのメルケルさんは、トランプにあきれている。そうなると、 ドイツが中ロに接近していく。今の関係が見えてきますね。
◆中国 − ロシア − ドイツ(EU)の連携が強まってきている。これは、 どこからどうみても「一大勢力」で、「アメリカが負ける可能性」が強ま ります。日本はどうすればいいのでしょうか? これは今までと変わりま せん。
・ アメリカ、インドとの関係をますます強固にする。
・ ロシアとの和解を、さらに進めていく。
・ 中国を挑発せず、良好な関係を保つように努力する。

80年前、日本は、アメリカ、イギリス、ソ連、中国を敵にしていました。 今回、日本は、どの大国とも良好な関係にあります。それは、明らかに安 倍総理のおかげです。

【写真】 − トランプ米大統領は20日、ツイッターに、「北朝鮮を巡る習 近平(シージンピン)中国国家主席と中国の努力には非常に感謝している が、うまくいっていない」と書き込んだ。核・ミサイル開発を続ける北朝 鮮に対する中国の圧力が不十分との認識を示した。by 北野幸伯『ロシア 政治経済ジャーナル』
<http://www.mag2.com/p/news/258518>http://www.mag2.com/p/news/258518
【まぐまぐニュース!】 2017.07.27 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎北朝鮮に「秘密工作」も=外交失敗なら−米CIA長官

【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は26日、米 保守系ニュースサイト「ワシントン・フリー・ビーコン」に掲載されたイ ンタビューで、北朝鮮の核・ミサイル問題について、外交解決が不調に終 わった場合の選択肢として「外国情報収集や秘密工作、国防総省の戦友の 支援」などの検討を進めていると述べた。

この中でポンペオ氏は、北朝鮮問題を専門に扱うため、CIA内に設置し た「朝鮮ミッションセンター」に言及。「(トランプ)大統領が『外交が 機能しない段階に来た』と言ったときに、目的を達成できそうな選択肢を 提示する準備をしている」と語った。ただ、トランプ氏から既に何らかの 指示を受けたかどうかは明言しなかった。

また、これまでの米政権の対応に関し「過去20年間は平静を装ってきた が、その段階は過ぎた」と指摘。「われわれは彼ら(北朝鮮指導部)が腹 を固めており、失敗でも成功でも(弾道ミサイルを)発射するたび(完成 に)近づいていることを知っている」と強い危機感を示した。

【写真】 − 米中央情報局(CIA)のポンペオ長官=4月13日、ワシ ントン(AFP=時事)
http://www.jiji.com/jc/article?g=int&k=2017072700716&p=0170727at26&rel=pv
【時事通信】 2017/07/27-14:38 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎加計問題清算で電撃「衆院解散」が浮上 内閣改造後、秋の臨時国会 冒頭で? 支持は第2次安倍内閣発足で最低に

安倍晋三首相が局面打開のため、「衆院解散」を断行するとの観測が出始 めた。安倍首相は24、25両日、衆参予算委員会の閉会中審査に出席し、 「加計学園」問題の疑惑払拭に努めたが、議論は平行線をたどった感がある。

安倍首相は来月3日に内閣改造・自民党役員人事を断行する。緊迫する東 アジア情勢に対応し、悲願の憲法改正を完遂するためにも、新内閣で大胆 な経済財政政策や外交政策を打ち出した後、9月にも予定される臨時国会 冒頭あたりで起死回生の一手に打って出るのか。

安倍内閣 加計学園問題

「(加計側に便宜を図るよう指示したことは)まったくない」「『李下に 冠を正さず』という言葉がある。私の友人が関わることだから、疑惑の目 が向けられるのはもっともなことだ。常に国民目線に立ち、丁寧なうえに も丁寧に説明を続けたい」

安倍首相は24日、衆院の閉会中審査で、こう語った。25日も参院の閉会中 審査に出席。これまで首相は、野党の質問に怒りをあらわにすることも あったが、今回は感情を抑えながら野党の質問に答えた。

だが、永田町関係者は「安倍首相が『身の潔白』を完全に証明できたわけ ではない。野党も首相に致命傷を与えられなかった。現状は大きく変わら ず、メディアの厳しい報道は続いている」と指摘した。

確かに、長年の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設計画を 把握したのが「今年1月時点だった」とする安倍首相の答弁には、野党が 猛反発している。理事長とは会食やゴルフを繰り返していたため、疑問は 当然といえる。

一方、前川喜平前文科事務次官の証言には不可解な点が多々あった。前川 氏と、和泉洋人首相補佐官の主張も真っ向から対立したままだ。

官邸関係者は「安倍首相は『謙虚に政権運営する姿勢を見せたい』と覚悟 して出席したが、想像以上の逆風だった。野党と一部メディアは事実関係 を突き詰めるより、『疑惑がある』と印象付けることに重点を置いている ようにみえる。局面打開は簡単ではない」と話す。

閉会中審査でも、世論の批判は収まらないとの見方は強い。

安倍首相が出席を決めた後の22、23両日、産経新聞社とFNN(フジ ニュースネットワーク)が実施した合同世論調査によると、安倍内閣の支 持率は34・7%(前回比12・9ポイント減)、不支持率は56・1%(同 13・2ポイント増)となった。2012年12月の第2次安倍内閣発足後、支持 は最低、不支持は最高をそれぞれ記録した。

内閣支持率が30%未満の「危険水域」に突入した世論調査もある。このま ま支持率が下がり続ければ、自民党内で「安倍降ろし」が加速する可能性 が強い。安倍首相の宿願といえる拉致問題の解決や、祖父・岸信介元首相 の遺志でもある憲法改正には、たどり着けない。

政治評論家の伊藤達美氏は「現状を打開するためには、解散で信を問うべ きだ」といい、続けた。

「内閣改造・党役員人事で『お友達』は一掃し、答弁能力・野党人脈に通 じた重厚なベテランを起用する。そのうえで、(支持率がやや回復すれ ば)早急に解散すべきだ。『自民党内には大敗する』との声もあるが、最 大50議席減で踏みとどまるだろう。解散を打てなければ、首相の権威は 有名無実化する」

これまで永田町では解散日程について、「来年秋まではないだろう」との 見方が大半だった。

安倍首相は、憲法改正を成し遂げるため、今年秋の臨時国会で、自民党の 憲法改正原案を衆参憲法審査会に提出することを目指していた。来年秋の 総裁選後に、衆院選と国民投票を行い、国民に信を問う−という政治日程 を描いていたとみられるが、そんな余裕はなさそうだ。

政治評論家の小林吉弥氏も「臨時国会の冒頭で解散する可能性は大いにあ り得る。支持率が30%台であれば、政権の命運を賭けた『乾坤一擲の勝 負』に打って出るはずだ」との分析を示した。

ただ、「支持率が20%台に落ち込んだ場合は、さすがに解散には踏み切れ ないだろう。そうなれば、党内で深刻な『安倍降ろし』に発展し、退陣に 追い込まれかねない。解散に打って出ても、単独過半数の維持は難しい。 党内から責任論が噴出するのは目に見えている」と話した。

これまで安倍首相の解散権を縛ってきた、衆院小選挙区の区割りを見直す 「0増6減」の改正公職選挙法は16日に施行された。次期衆院選から適用 されるが、これは逆に「『1票の格差』を1日も早く是正する」という大 義名分も立つ。

北朝鮮をはじめ、東アジア情勢が緊迫するなか、「憲法への自衛隊の存在 明記」は重要な課題といえる。また、安倍首相の強固な憲法改正への覚悟 と姿勢こそが、左派勢力が倒閣運動に走る最大の要因ともいえる。

 安倍首相は試練の夏をどう乗り越えるのか。

【写真】 −  参院予算委員会の閉会中審査に臨む安倍首相。起死回生策 はあるのか=25日午前、国会 参院予算委員会の閉会中審査に臨む安倍 首相。起死回生策はあるのか=25日午前、国会
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170726/soc1707260006-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170726/soc1707260006-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2017.7.26 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎新国立「陸上では難しい」河野談話で加速/解説

2020年東京五輪・パラリンピック主会場となる新国立競技場(新宿区)の 後利用方法を検討するスポーツ庁の作業部会が26日、都内で開かれ、大会 後はサッカーやラグビーの球技専用とする方針で一致した。9月末に開催 予定の関係閣僚会議で正式決定する。

「稼ぐ新国立」が最重要課題となった経緯には「ザハ案」の白紙撤回があ る。2520億円に膨れあがった整備費に国民が猛反発。14年8月にJSCが 出した収支見込みは年間約3億円の黒字も、年間維持費は約61億円(50年 間の大規模修繕費を年割りし加算)。毎年大きな赤字が続き、50年間で 3000億円以上の維持費となる計画だった。

 現計画は年間維持費を約24億円にまで軽減。さらに運営権売却により維 持費を上回る「稼ぎ」を生み出す。そのためにはサッカー日本代表戦の誘 致が不可欠だが、サッカー協会は臨場感が必要だとし、球技専用化を条件 としていた。

 今春までに球技専用の方向性は固まっていたが6月の都議選などを待 ち、落ち着いて議論できる時期を見計らっていた。先月末、東京五輪組織 委の森喜朗会長が、前日本陸連会長・河野洋平氏の「(新国立を埋める) 人を集めるのは陸上では難しい」との談話を紹介。国際オリンピック委員 会も球技専用案に理解を示し、議論が加速した。
日刊スポーツ7/27(木) 7:56配信



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 1)加計学園のことだと思った:前田正晶

 和泉首相補佐官は「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言 うとは言ったが加計には一切触れていない」と証言している。だが、前川 喜平はこの指示を加計のことと思っている。「思っただけ」だった。だ が、これに野党とマスメディア連合軍が飛びついたのだった「行政を歪め た」の根拠に。その点は26日「国会閉鎖中審査」と題した一文で触れて批 判した。

 また、メル友の方々の交信では「野党とマスメディア連合軍は先ず前川 発言の胡散臭さを採り上げることはないでしょう。そうすれば、彼らの安 倍総理と内閣をこき下ろす最強の根拠を自分で否定することになりますか ら。この「加計のことだと思った」という前川発言を採り上げて批判する ことが出来そうな新聞は産経だけでしょう。

が、阿比留氏といえども未だに立ち上がっていないのでは、多くを期待で きないと危惧します」と述べてあった。

 そこに27日には産経新聞が第2面に“朝日「前川証言ありき」“との見出 しで、この偏向した朝日の報道姿勢を採り上げてくれた。私の思いが通じ たかのようだ。産経は更に「加計問題加戸氏発言また無視」とも書いてい たが、これは当然のことで朝日等が採り上げてしまったら言うなれば「オ ウンゴール」で自殺行為になる。朝日だってそれくらいは自覚しているの だろう。

 兎に角、こういう反安倍内閣一派の報道姿勢が続けば、罪なきナイーブ (これは英語では純真無垢という意味ではない、念の為)な一般大衆は 「安倍総理怪しからん、安倍内閣信ずるにたらず」と思い込まされても不 思議ではない。但し、自民党もよほど党内の規律を引き締めないことに は、今週の週刊新潮に今井絵理子参議院議員が槍玉に挙げられるのだ。

 それにしても、今更私が言うまでもないが、朝日新聞、毎日新聞、東京 新聞とそれに付随するテレビ局の偏向報道は止まる所を知らぬようだ。二 階幹事長が派閥の会合でマスコミ批判をしたようだが、彼らは早速飛びつ いて批判し返している。

トランプ様に倣ったのかも知れないが、現時点ではお控えになった方が無 難かも知れないと思う。


 2)26日夜も欠陥を露呈して広島に惨敗した読売を分析す

敢えて惨敗と書いたが、7対2の負け方だった。何が駄目かと言って、同じ 外野手出身の広島の緒方考市監督があれほど質が高い隙がない野球をやっ ているのに、高橋由伸はまるでなっていない。その最も解りやすい質の違 いの例が、ここ2試合でイヤと言うほど出てしまった。

先ずは走塁の質の違い。昨年までだったかどうか、読売には代走の切り札 と読売に阿るマスメディアが褒め称えた足が速いだけの欠陥品としか思え ない鈴木尚広がいた。

この人は確かに俊足だったが、この2試合で広島の安部友裕、菊池涼介、 田中広輔が見せたような機を見るに敏というか、常に次の塁を狙う意欲的 な走者ではなかった。

私は野球では足が速いということだけを前面に出す者は三流だと見做して いる。

この試合を中継するのが日テレだったので、あの最初の試合の接戦では三 塁手の安部の果敢な走塁を解説は一言も触れていなかったのは、加計報道 の朝日並みの偏向だろう。

26日夜も菊池の一塁から本塁まで走ってしまった判断の良さは、日頃から の訓練と彼の野球の質の高さを表していると思った。その昔、今では西武 で監督をやっている辻発彦は、矢張り対読売の試合でセンター前ヒットの 間に一塁か本塁まで走ってしまった。広島はこれと同じ良い野球をやって いる。

その対極にあるというか読売の欠陥が「二塁手」を固定できていないこと だ。いや、高橋由伸かコーチの連中の問題か知らないが、もっと打ちたい が為に何を思ったかマギー(あれは本当はマギーヒーだと思うよ)を二塁 に持ってきた。

そのマギーが2試合ともにエラーをしている間に、抜け目ない広島の走者 たちは思うがままに走り回ってしまった。外野のカバーもお粗末だった。

野球では、一寸でも二塁手をやってみれば痛いほど解るのだが、こんな難 しいポジションはないのだ。読売はそこに私が貶し続けている二線級で2 割2〜3部しか打てない中井と山本を使い続けてきた。両名とも使い物に なっていない。

そこで打てる外人のマギーを持ってきたのだったが、不慣れなせいか肝腎 の時を選んでエラーをする始末だ。そのマギーが昨日故障したので、今日 からはまた二線級か。山本は慶応高校からの慶応大学出身だ。この経歴と いうか学校はプロ野球の世界には不向きだ。

余談で我田引水と言われるのを覚悟で言えば、私は会社の野球でなれない 二塁手をやらされ、日比谷高校がとの予選で16強か8強に残った時の野球 部員だった同僚に「二塁手とは」を教え込まれて、その難しさを経験して いるから言えるのだ。

私は高校の頃に野球部の連中と野球を楽しんで遊んでいた頃は三塁か遊撃 をやっていた。

こういう内野手の使い方をしているのに対して、広島には守備ではMLBで も通用する昨年のリーグ最多安打の菊池がいて、守備が非常に安定してい る。25日夜の最後の打者となった阿部慎之助の痛打も菊池が綺麗に簡単に 裁いて見せた。この巨人との違いは大きいと思う。香取GMは気が付いてい るのだろうか。西武からFAで移ってきた片岡は二軍で何と思っているだろ うか。

FAだが、昨夜も陽岱鋼は打つも守るもほとんどやる気が見えなかった。森 福もただいるだけでお役には立っていない。一寸だけ鳴り物入りでDeNAか ら来た山口俊は醜態をさらしただけだ。私はそもそもスポーツ選手、それ もプロが酒を飲むこと自体を「とんでもない心得違いだ」と思っているの で、山口は論評に値しない。

残る問題点は世代交代だ。何時まで経っても内海、大竹、村田、阿部、亀 井等々に頼っていては明日がないだろう。それに、香取にはそこから先に 成長する見込みが薄い「昔の名前で出ています」的なFA宣言の連中を買っ てくるのを止めて、自前でスカウトした来た若者を育てる方向に変わる意 欲があるかと問いかけたい。

FAの滓には未だ杉内がいた。これも大竹や内海と一緒に「戦力外」にすべ きだ。昨夜使って見せた近畿大学出身の投手・畠は、私が最も評価する解 説者の一人である野村謙二郎が見込みありとしていた。未だ、自分の組み 立てでしか投げられない時期だが、望みは十分にあると見た。

結局は来年には監督以下コーチ陣を総入れ替えするくらいの決断がないと 広島に17ゲームをこの時期で引き離される事態の改革は難しいのかも知れ ない。でも、入れ替えはしないだろうし、高齢者の戦力外通告も出来ない だろうな。でも、現状でDeNAには追いつけなくても、投手を始めとして如 何にも戦力が手薄な阪神には追いつけるかも。でも、ビリはヤクルトに任 せておけるかもなどと油断は出来ないか。


 3)教育無償化の問題点

 教育国債 と 子供 保険 について 財務省の推し進める 子供保険は、 まやかしの大増税である。(情報収録:小林)

https://samurai20.jp/2017/07/studenttax/#comment-83553



 4)民進党の首脳部が辞任:前田正晶

27日、テレビのニュースで村田蓮舫の記者会見の場面が出てきて、 代表 辞任と知りました。如何にも深刻そうな顔をしていました。これは確 か に朗報かとは思いましたが、議員まで辞めてくれれば、もっと良かった のにと思いました。

先日の衆議院に鞍替えすると宣言した時の思い上がった表情とはかなり 違って、精気を欠いていました。私は野田幹事長が辞任する以上、上司た る者も辞めるのが当然と思っていました。


 5)
http://diamond.jp/articles/-/136478?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

龍谷大学教授 竹内正治氏: 

疑惑創作自由自在(-_-;)

加計問題報道にはうんざりしていたところだ。
窪田順生氏は、メディアで経歴を重ねた方なので、さすがにマスコミの裏事情、手口がよくわかっているね。

疑惑で叩くネタがないと「権力によって委縮させられている」と自嘲なんだか、批判なんだか、わけのわからない与太を言い、叩けそうなネタが出てくると、自由奔放に疑惑創作に邁進する。

政権に必要なことは、対マスコミ危機管理、窪田氏をコンサルに雇って対応したらいいんじゃない(^^;)

***

抜粋引用:「ただ、安倍首相が加計理事長に便宜を図ったという「証拠」は、今のところ出てきていない。この時期に加計氏とゴルフに頻繁に行っている、とか獣医学部新設の申請を把握したタイミングが怪しいなどというのは、「状況証拠」に過ぎないのである。

「おいおい、お前の目は節穴か、前川さんの証言や、あの『ご意向文書』があるじゃないか」と息巻く方も多いかもしれないが、残念ながら前川さんは安倍首相から直接何かを言われたわけではない。和泉首相補佐官から言われたという話も、和泉氏本人は「岩盤規制改革をスピード感をもって進めてほしいと言っただけで、そんなこと言うわけないだろ」という趣旨のことを述べており、「水掛け論」となっている。

衆院閉会中審査で小野寺五典衆議院議員とのやりとりを客観的に見ても、前川さんがおっしゃる「加計ありき」というのは、かなり「私見」が含まれている。嘘をついているとかいう話ではなく、「告発者」というほど「疑惑の核心」をご存じないのだろうということが、答弁を見ているとよく分かる。

 例の「ご意向文書」に関しても同様で、「加計ちゃんに頼まれているんだからとっとと岩盤規制壊しちゃってよ」なんてことは1行も書いていない。国家戦略特区を推し進めているのだから、これくらいのことを言ってもおかしくないというような発言しかない。

 では、「確たる証拠」がないにもかかわらず、なぜ安倍首相は「罪人」のようなイメージが定着してしまったのか。 

民進党のみなさんを小馬鹿にしていたり、選挙妨害する人たちの挑発に乗って「こんな人たち」とか言ってしまうなど、いろいろなご意見があるだろうが、「怪しい企業」の汚名をかぶせられた企業を見てきた者から言わせていただくと、マスコミの「勝ちパターン」にまんまとハマっている、ということがある。

防戦一辺倒の発想しか持っていない、企業、役所、政治家のみなさんはあまりご存じないと思うが、マスコミにはこういう流れにもっていけば、どんな相手でもやりこめられる「殺人フルコース」ともいうべきテクニックが3つある。

こういう時代なので、誰でもマスコミから「疑惑の人」と後ろ指をさされる恐れがある。自分の身を自分で守っていただくためにも、ひとつずつご紹介していこう。

少し前まで「特定秘密保護法と共謀罪で報道が萎縮する」なんて泣き言をいっていたのがウソのように、マスコミはイキイキしている。

「不誠実」「嘘つき」というイメージ付けでクビがとれると味をしめれば、次の首相も、そしてまた次の首相もターゲットにされる、というのは政権交代前の自民党で学んだはずだ。」
 (情報収録:小林)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


28日の東京湾岸は曇天。隣の校庭では今朝もラジオ体操。

27日朝の空腹時血糖値も最高血圧も「135」。何たる府合。曇天でさして 暑くもなく、猿江公園を家人とゆっくり散歩した。暑くなくて日中もクー ラーを使わなくて済んだ。

メルマガの編集以外に仕事ナシの81歳。若い頃、買いためてあったCDを聴 い て居る。CDは何百枚もあって生きているうちには聞き納めはできまい。

貧しかった秋田での幼少時代、流行の蓄音機は無かった。貧しい生家を妹 が婿を迎えて継いでくれたが、その婿があまりやり手でなく土建業で倒産 してし てしまった。いまや「懐かしき我が家」は消えてしまった。だか ら帰省は しない。「秋田」がどんどん遠くなる。

隣りの中学校は夏休みとあって亀戸1丁目は静寂そのもの。芝生の校庭に は男子生徒数人が来てサッカーの真似ごとをしていた。そのあとは近所の 人たちが集まって遊んでいたが、昼過ぎにはいなくなった。

午後には女生徒たちが出て来て芝生の校庭にネットを張りテニスを始め た。若とはいいことだ。私にもこんな時代があった。疲れに気付かないま ま脚気になったりしたが。

学校は児童や生徒がいてこそ学校だ。生徒が夏休みの中学校は死んだ校舎 に過ぎない。人間の身体に例えれば児童や生徒は血液だな。

民進党やらに明日はない。自民党に入れてもらえなかった自称政治家がう ごめいているだけだから国民の支持を受けられるはずも無い。さっさと解 党して野に帰れ。野党も与党も取材して彼らのウラも表も知って居郎政治 記者は彼らを怠惰な難民とおもっている。1度でも額に汗して働いたこと があるか。


                         読者:5738人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。