政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4424号  2017・7・25(火)

2017/07/25

   
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4424号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月25日(火)



               メディアの自殺行為:阿比留瑠比

     ホワイトハウス・スポークスマンが突如辞任:宮崎正弘

        世界の指導者になれない残酷な中国:櫻井よしこ

              好きな作詞家星野哲郎:渡部亮次郎
                    
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4424号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━
メディアの自殺行為
━━━━━━━━━


    阿比留 瑠比

ひたすらに倒閣運動にいそしむメディアの自殺行為

結局、朝日新聞をはじめとする左派・リベラル系メディアの主目的は事 実の究明でも権力の監視でもなく、安倍晋三政権への不信感を広め、ダ メージを与えることにあるのは、火を見るよりも明らかだろう。

 それによって実際、安倍政権は内閣支持率が急落し、「安倍首相は信用 できない」との世評が高まるなど苦境に追い込まれた。彼らは今、そうし た一時的成果に酔っているかもしれないが、いびつな構図に気付いている 人も少なくない。

 テレビのワイドショーや左派系新聞を主な情報源としている人は丸め込 めても、今後、そうした人は少なくなろう。すでにインターネット上で は、メディアの偏向報道と印象操作は周知の事実だからである。

 ただでさえ読者・視聴者が減少傾向にあるメディアは、自分で自分の将 来を閉ざしつつあると感じる。それも意識してか無意識かはともかく、ス クラムを組んでやっている。

 朝日と東京新聞は東京都議選の直前の6月30日付朝刊1面トップで、 自民党の下村博文幹事長代行のスキャンダル(下村氏は否定)を報じた。 毎日新聞は1面カタ(2番手の記事)で、産経新聞は2面、読売新聞は第 2社会面、日経新聞は第1社会面だった。

結局、朝日新聞をはじめとする左派・リベラル系メディアの主目的は事実 の究明でも権力の監視でもなく、安倍晋三政権への不信感を広め、ダメー ジを与えることにあるのは、火を見るよりも明らかだろう。

それによって実際、安倍政権は内閣支持率が急落し、「安倍首相は信用 できない」との世評が高まるなど苦境に追い込まれた。彼らは今、そうし た一時的成果に酔っているかもしれないが、いびつな構図に気付いている 人も少なくない。

テレビのワイドショーや左派系新聞を主な情報源としている人は丸め込 めても、今後、そうした人は少なくなろう。すでにインターネット上で は、メディアの偏向報道と印象操作は周知の事実だからである。

ただでさえ読者・視聴者が減少傾向にあるメディアは、自分で自分の将 来を閉ざしつつあると感じる。それも意識してか無意識かはともかく、ス クラムを組んでやっている。

朝日と東京新聞は東京都議選の直前の6月30日付朝刊1面トップで、 自 民党の下村博文幹事長代行のスキャンダル(下村氏は否定)を報じた。 毎日新聞は1面カタ(2番手の記事)で、産経新聞は2面、読売新聞は第 2社会面、日経新聞は第1社会面だった。

産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2017.7.24




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトハウス・スポークスマンが突如辞任
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月22日(土曜日)
        通算第5365号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 スパイサー(ホワイトハウス・スポークスマン)が突如辞任
  トランプが指名した新しい広報部長は適切な人事ではないと抗議
**********************************

まだ政権の中枢人事が決まらないうちに、次々と幹部が辞めるというの も、トランプ大統領の人事があまりに個人的で依怙贔屓があるからと見ら れる。

フリン大統領補佐官、そして今回は「ホワイトハウスの顔」とも言える スポークスマンの辞任だ。

スパイサーは5月に個人的理由として辞任したマイク・ダブケ広報部長 の後釜に、トランプがアンソニー・スカラムッチを指名しようとしていた ことに猛烈に反対してきた。

いざ、指名となると、スパイサーは直ちに辞任した。「こんな上司に仕 えられるか」というわけだ。

 新任のアンソニー・スカラムッチはウォール街の雄、ゴールドマンサッ クスから、「ウォール街の予言者」としてテレビの番組に頻繁に出演し、 投資家の一部に人気があった。独立し、2005年に自分で投機ファンド 「スカイブリッジ・キャピタル」を設立した。

 トランプへの支持は同じNYっ子として一貫しており、トランプの番組 にも出演した。また大統領選挙中は経済顧問をつとめていた。

 広報部長(コミュニケーションディレクター)就任にあたって、スカラ ムッチは経営してきた「スカイブリッジ・キャピタル」を売却したのだ が、そのバイヤーは中国系ファンドであり、またロシアとのコネクション が深いことでも知られる。

スパイサーは、こうした怪しげな人物の登用に我慢がならないといった 風情。しかし記者会見での話しぶりなどから、人気がでていただけに保守 系メディアの一部は惜しいという声も聞かれる。ただしトランプ自身はス パイサーの記者会見での発言に不満だった。

いずれにせよ、トランプはウォール街からは距離をおくとするイメージ だったが、政権中枢にはムニューチン財務長官、ロス商務長官などウォー ル街出身者が顔を並べ、また「キッチン・キャビネット」は隠れた政府で あるべきなのに、身内のイバンカ、クシュナーが表の舞台に突出してきた ため、今後も閣内のごたごたが尾を引きそうである。

         

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜     

 丁寧に淡々と中台関係の歴史をふりかえり
   習近平と蔡英文の意外な素顔、その個性を描いた意欲的レポート

  ♪
近藤伸二『米中台 現代三国志』(勉誠出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 淡々と、主観を挟まず冷静に客観的に、中国と台湾の関係。両国に対す るアメリカの戦略の変遷を歴史叙述として描く。

冒頭にちょっと顔を出すのは中国と対立的なトランプ大統領だ。

トランプは「中国は一つという原則に拘らない」と言ってみたり、撤回 してみたり。しかれども、歴代大統領の中ではブッシュ親子もクリントン も最初は中国にキツイ態度で臨み、途中から中国となぁなぁと関係になる というパターンを繰り返し、おそらくトランプは、この歴史の法則に従う かも知れない。

例外的に台湾が大好きだったのはレーガンで、舞台裏で台湾への配慮は 行き届いていたが、オバマは逆で、最初から最後まで台湾を軽視し、中国 に最初はやさしく当たった。

ところがオバマ政権後期には「新しい大国関係」を言いつのって揉み手の 習近平を相手にしなかった。さんざん騙されたからである。
 
さて中台関係である。

本書の随所で近藤氏が台湾の政治家から財界人、ジャーナリストまで広 く取材されている経験とその裏付けから話は展開するので、意外感はない が、記録的な叙述は検証が行き届いている。

近藤氏は、概括的に両国関係の歴史を振り返りながら、おりおりの激 突、衝突、駆け引きをめぐる現代史を活写しつつ、そこには多くの取材の 成果が挿入されている。
 
習近平は合計17年間、福建省にいた。この履歴は重要である。
この間に台湾の財界人、実業家の多くと交わり、台湾企業の中国進出の手 助けもし、結構多くの台湾人と、いまも個人的な繋がりを持つ。中国共産 党指導部のなかで、異例なほどに台湾人脈が豊富である。

しかし、台湾総統の蔡英文とは、火花を散らしあって対決の威勢を崩さ ず、外交的には国際舞台から台湾を締め出す姿勢を崩さない。

台湾独立を言わなければ、台湾侵攻はないと読む蔡英文はさっさと台湾 独立色を希釈させてしまったので、独立派からの人気は減退した。

蔡英文総統とは、評者も彼女の国会議員時代、野党時代に台北や日本で 何回かお目にかかり、また質問もしている。まさに学者ゆえ、流れるよう な流暢な言葉はアカデミズムそのもの、直截な語彙を撰ばないので、大衆 には分かりづらいだろうと思った。

1999年の李登輝の「台湾と中国は特殊な国と国との関係」という2国 論 の起草者であることは知っていたが、1992年の中台交渉のとき辜振 甫の 通訳を務めていたことは、本書ではじめて知った。

彼女の才能を早くから見いだし、要所に配置したのが李登輝さんだった ことも、合点がいく説明がなされている。

ところで昨年の台湾総統選挙のとき、評者(宮崎)はいつもの定宿が取 れず、民権東路のビジネスホテルに泊まっていた。

偶然、同じフロアに近藤さんも泊まったいたのだ。ある朝、エレベータ ホールで久しぶりに偶会したのだが、そのとき、毎日新聞を退社されて大 学教授にトラバーユされたことを初めて知ったのだった。
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1602回】     
――「支那の官吏は賄賂を取る・・・金なくば訴訟するな」――(廣島4)
   廣島高等師範學校『滿韓修學旅行記念録』(非賣品 明治40年)

  ▽
 もう少し宗教事情についての記述が続く。

仏教と道教は混交一体化しているが、僧侶にしても道士にしても共に 「多くは無識にして僅かに讀經禮拝の式を諳んじ」ているだけで、それ以 外は「悠々何の爲す所なし」。イスラム教をみると「雛僧の時より亞刺比 亞語を?へ嚴重に宗規を守り」、信徒も戒律を守り互いに親睦に努めるが 「宗外の人を惡むが如し」。「外人は基督?の傳播に盡力」するが、なに せ「人民の無知なると排外思想に富たるとによりて」、信徒拡大は困難を 極めているようだ。

次いで教育事情に転じ、「滿洲の教育は概して普及せず」とする。近代 的な学校はあるが振わない。「?師に多く日本人を招聘し或は日本に留學 した支那人を用ふ」。だが「支那語を解するも?育の何たるかを知ら」 ず。「?育に通ずるも支那語を解」せず。「頗る滑稽に類することあり」

大連に設置された公学堂では「支那人を集めて普通?育を授け」、「營 口には本邦人の私設に係れる商業學校あり」、「又本願寺又は淨土宗の 布?師にして支那人の?育に盡力せるものあり」。かくて「滿洲の?育事 業は大に本邦人の盡力を待つものなりと謂ふべし」となる。

やがて観察は満州在住の日本人へと移った。

先ずは今回の旅行の結果、「我戦勝軍隊の勞苦に對する感謝の念と國威 自覺の心とは長く記念すべ」きであり、「滿洲至る所に國力を認識せざる なし」と胸を張る。

それに反して「吾人の杞憂に堪へざらしむるものは我 醜業婦と冒険的商 人多きこと」であった。現時点では彼らは「軍隊の威 力」を背景に商売 を続けているが、「将來の満洲經營」を考えるなら「着 實の目的を有し 確實の資本を有する紳商の手を煩はすこと切なりと謂ふべ し」。「醜業 婦に至りては無懶漢の好餌となりたるは頗る憫むべきも其國 辱たるや疑 うべからず」

戦後の混乱期である。しかも戦勝国の国民だから「軍隊の威力」を背景 に、先ずは一旗上げようと「醜業婦と冒険的商人」が乗り込むことは当然 だろう。これは日露戦争後の満州にかぎられたことではなく、洋の東西を 問わずに自然の成り行きだ。やがて混乱期を過ぎ社会が安定してくると、 「着實の目的を有し確實の資本を有する紳商」が乗り込んでくる。

かくて 「醜業婦と冒険的商人」は不必要な存在として冷遇され排除され るわけだ が、「我民政署にて巳むを得ず醜業婦の爲めに驅黴院を置き我 在留壮丁も 亦其餘澤を蒙るものあるに至りては我國民健康の将來に就き て深く戒めざ る可からざるなり」との記述に接すると、当時の在満州日 本当局は「醜業 婦」と「壮丁」、つまりは流れ者や裸一貫組の処遇に、 それなりの配慮を していたことが窺える。

それにしても彼女らの厚生・支援施設が「黴」の 駆除を意味する「驅黴 院」とはスゴイ。「醜業婦」を社会の「黴」と見做 すとは、表現が余り にも露骨で直截にすぎないだろうか。“ジンケン万能” の現在なら、絶対 に許されない表記と思うのだが。

大連の街を歩き、「一として我國力の發展を證せざるものなし」と感じ た高校生は、「從軍兵士の勞苦を追想し感謝の涙を」流したのであった。

発展しているとはいえ、「殊に露人は退却に際して主要なる官衙に火を 放ちたるを以て」、日露戦争において日本軍が「占領したるときは大部は 荒野の觀」がしたとのことだ。

大連を後に旅順戦役激戦の地を巡り、「露國の東洋に於ける行動は、 天、人共に惡みし所、我軍が天祐を受けしは自然の事といひながら、十年 の準備と完備せる組織と、日本人獨特の愛國心となかりせば天祐は决して 受け得ざりならしむ」と綴ることを忘れない。《QED》
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)桜チャンネルから番組のお知らせです。7月25日(火曜日) の午後八時からの「FRONT JAPAN」(ホスト福島香織)に宮崎正 弘さんが生出演します。
 中国権力闘争のゆくえ、トランプ政権の内情などがテーマとなる予定です。
   (日本文化チャンネル桜)



  ♪
(読者の声2) ルーズベルトの対日敵視政策

1.歴史には史実、政治史、宣伝史があります。日米戦争は政治史として は米国ではすでに見直されています。すなわち1951年にマッカーサーが米 議会で日本の自衛戦争であったと証言しています。歴史の見直しは、宣伝 史観側から見直し主義者として非難されますが、マッカーサーこそがリビ ジョニスト第1号です。また1953.11にはニクソン大統領が来日し憲法9条 は誤りであったと述べました。ニクソンは第2号ということになります。

2.米国の対日敵視は日露戦争直後から始まっているという見方が多い。 日本政府がハリマンの南満州鉄道買収を拒否したことが契機でした。米国 は満洲に野心があった。だから日米戦争はその前の史実を分析する必要が あります。

3.すでに1935年米国の長老外交官で極東専門家であるマクマレーは、 「このままだと戦争になる。日本を滅ぼしても、ソ連が南下するだけだか ら米国の思惑通りにはならない。日米戦争は両国の大損害になる。米国は 過度の極東介入を止めるべき」という先見性のある建白書を国務省のホー ンベック極東部長に提出し、グルー駐日大使も支持しましたが、無視され ました。

しかし戦後予想は的中し、国際政治学者G・ケナンはもっとも優れた歴史 的文書として激賞しています。

米国の具体的な反日政策としては、1937.8.13に支那事変が始まると、日 本は米国に講和の仲介を頼みましたが、拒否され、逆に1938年から米国は 蒋介石に軍事支援を始めます。米国の蒋介石を使った対日戦争は始まって いたのです。

4.現在のインドネシアは、戦前「東インド」と呼ばれ300年以上にわた りオランダの植民地でした。日本は米国の石油禁輸政策に困り商業ベース で石油の購入を要請しましたが、オランダ本国はすでにナチスの占領下で 亡命政府がロンドンにあったため米英の方針に追従しました。そしてオラ ンダは1941.12.10に日本に先に宣戦布告したのです。このため日本軍に 反撃されて1週間で東印度は占領されました。オランダ軍は現地人の心が 離れているので、ゲリラ戦には自信がなく、降服しました。

5.ゼロ戦の性能については、支那の現地から馬鹿に出来ないという情報 が送られていましたが、欧米は日本を見くびる風習があり、無視されたそ うです。1937.12.12のパネー号誤爆事件でも船底には支那事変で撃墜され た日本機(ゼロ戦ではない)の残骸から収集した部品が秘密裏に積まれて おり、米側は日本側の無償引き揚げ提案をあわてて断ったそうです。

6.政治的な歴史観は、政治の必要性が動かしています。まさに「あらゆ る歴史は現代史である(クローチェ)」です。しかし、日本側は古くさい 昔の反日宣伝歴史観の泥沼から足が抜けていません。反日外国と迎合勢力 が悪用しているからです。日本人は現実に合わせて歴史観を変える柔軟性 が必要です。

なお大東亜戦争は、史実としては米ソに挟撃された日本の自存自衛の抵抗 でした。欧米アジアの歴史専門家は皆知っています。(東海子)



━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の指導者になれない残酷な中国
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

これまで多くの首脳会議の集合写真を見てきたが、アメリカの大統領が端 に立っている場面は思い出せない。その意味でドイツ・ハンブルクで7月7 日から開かれた主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)の集合写真は 印象的である。

前列ほぼ中央にアンゲラ・メルケル独首相が立ち、その左に中国の習近平 主席、さらに左にロシアのウラジーミル・プーチン大統領が立った。ドナ ルド・トランプ米大統領は前列の端から2人目、中央から離れて立った。 自由主義陣営の旗手が片隅に立つ姿は現在の世界の実情を投影しているよ うに私には思えた。

G20で改めて明らかになったのが、大国主義で傍若無人の中国の強気と、 中国に目立った抗議をしない各国の対応である。トランプ大統領はドイツ 入りする直前、ポーランドを訪れ、「ポーランド国民の自由、独立、権利 と国家の運命」について語り、固い絆で支援すると演説した。

G20を、自由主義陣営とそうでない中国・ロシア陣営との価値観のぶつか り合いの場ととらえての演説だったのか。だがその言は果たしてどの程度 まで行動に反映されているのか。ノーベル平和賞受賞者で、服役中に肝臓 ガンにかかり、今や重体に陥った劉暁波氏の案件を、このG20でアメリカ も欧州も取り上げてはいない。

中国が劉氏の病状を発表した6月26日、氏はすでに末期だった。たとえ助 からなくても、外国で治療を受けたいと氏は願ったが、中国政府が出国を 許さない。7月8日までに米独の専門家が劉氏を診察し、氏の容態の「急速 な悪化」が報じられた。化学療法も停止されたという。

欧米諸国、とりわけアメリカは人権問題に強い関心を持ち、中国にも厳し く対処してきた歴史がある。それが世界の尊敬と信頼を集める理由でも あった。しかし、トランプ政権からは、人権問題に真剣に取り組む姿勢は 見えない。欧州を牽引するドイツもまた、人権問題よりも中国との経済協 力に、強い関心を示している。ドイツが主催した今回のG20でも人権問題 は殆ど表面化せず、習主席はさぞ満足したことだろう。

知識人を拷問・殺害

中国歴代の政権が、最も恐れている民主化運動のリーダーが劉氏である。 「産経新聞」外信部次長の矢板明夫氏が語る。

「劉氏は自由のために戦い続けてきました。いまや、民主化勢力にとって 神のような精神的リーダーです。もう1人、習氏が恐れる政敵が薄熙来氏 です。彼は民衆のために戦った政治家として、いまも根強い支持がありま す。両氏が中国の左派と右派、両陣営の精神的求心力になっているので す。その2人が揃って肝臓ガンになった。尋常ならざる事情が裏にあると 思います」

ちなみに薄氏は酒、煙草は一切のまない。趣味はマラソンという健康人で ある。酒も煙草も大いに好み、趣味はマッサージという習主席とは対照的 だ。にも拘らず、薄氏が肝臓ガンにかかったことに、中国の残忍さを知悉 する矢板氏は疑問を抱く。

劉氏に関して中国当局は病状を知っていながら必要な治療を施さなかった のであろう。治療しても到底、助からないことを見越しての公表だったの であろう。死亡後に釈放するより、末期の氏を手厚く治療する様子を発信 すれば、習体制の悪魔のような人権弾圧や拷問の印象が薄れると踏んだ可 能性もある。中国での人権弾圧の事例を矢板氏が説明した。

「2015年7月10日、『暗黒の金曜日』に人権派弁護士約200人が拘束されま した。その中に李和平氏がいます。非常に優秀な勇気ある男で、彼は当局 が強要して認めさせようとした罪を一切認めなかった。服役中に拷問さ れ、血圧を急上昇させるような食事や薬剤を投与されて、殆ど目が見えな くなった。逮捕から約2年間収監され、今年5月に釈放されたときは、健康 で頭脳明晰だったかつての姿ではなく、髪は真っ白、呆けて別人になり果 てていたのです」

中国で行われる拷問のひとつに、袋をかぶせて呼吸困難にする手法がある。

「頭部をビニール袋でスッポリ覆って暫く放置すると酸素が欠乏して脳に 影響が出ます。死ぬ直前で袋を開けて息をさせる。そしてまた、袋をかぶ せる。これを繰り返すと、完全に廃人になります」と矢板氏。

カンボジアのポル・ポト政権が、毛沢東に倣って同じ方法で知識人を拷 問・殺害していたことが知られている。習政権はいまもそのようなことを 行っているわけだ。だが、習主席がこの件についてG20で注文をつけられ たり論難されたりすることはなかった。自由を謳い上げたトランプ大統領 はどうしたのか。

無実の日本人を拘束

欧米諸国が中国に物を言わないのであれば、日本が自由や人権などの普遍 的価値観を掲げて発言すべきだ。今からでもよい、劉氏の治療を日本が引 き受けると表明すべきである。日本は中国と距離的に近い。欧州に移送す るより日本に移送する方が、劉氏にとってずっと負担が少ない。理由はも うひとつある。日本人12人が現在中国に「スパイ」として拘束されている ではないか。12人中6人は、千葉県船橋市の地質調査会社「日本地下探 査」の技術者4人と、彼らが中国で雇った日本人2人である。

社長の佐々木吾郎氏が、4人は「まじめで一生懸命な社員ばかり」だと 語っている。全員、中国語は全くわからない。そんな人たちが郊外で温泉 を掘ろうと地質調査をしていて、どんなスパイ活動ができるのか。完全な 冤罪であろう。即ち、これは中国が日本に仕掛けた外交戦だと、断定して よいだろう。

無実の日本人をいきなり拘束してスパイ扱いし、対日交渉の材料にする中 国のやり口を、私たちは2010年に拘束されたフジタの社員4人の事件から 学んだ。あのときは中国漁船が尖閣諸島海域で海上保安庁の巡視船に体当 たりして、日中関係が非常に厳しくなっていた。中国はレアアースの対日 輸出を一時止めて世界貿易機関(WTO)のルールも踏みにじった。だ が、結局日本は譲歩した。

今回、中国が勝ち取りたいのは日本の経済協力であろうし、南シナ海問題 に警戒感を強め、台湾の蔡英文政権について発言、接近する動きを見せる 安倍首相への牽制があるだろう。来年は習主席が訪日する。その前に安倍 首相が訪中する。中国にとって好ましい形で対日外交を乗り切り、大国と しての地位を確立するために日本を従わせようとしているのではないか。

日本がAIIB(アジアインフラ投資銀行)に前向きな姿勢をとること も、米国に頼り切れない現状では、戦術上、必要であろう。しかし局面は いま、日本が人道の国として、普遍的価値観重視の姿勢を、国際社会に鮮 明に打ち出すときだ。そのために6人のみならず、12人の釈放を要求し、 劉氏受け入れも表明するのがよい。
『週刊新潮』 2017年7月20日号  日本ルネッサンス 第762回


           
━━━━━━━━━━
好きな作詞家星野哲郎
━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

流しから歌手になった北島三郎は今や歌謡界の大御所だがプロになって初 めて出したレコードは発売早々「放送禁止」になった。「「ブンガチャ 節」で合いの手が卑猥とされたためだった。作詞星野哲郎、作曲船村徹。

ならばと出したのが同じコンビによる「なみだ船」。これが大ヒットと なって大歌手北島三郎が誕生した。北島は一滴も呑めない。サイダーが大 好きだ。

水前寺清子を売り出したのも星野。「涙を抱いた渡り鳥」「三百六十五歩 のマーチ」など。「恋は神代の昔から」でデビューした畠山みどりも星野 作詞。

かと思うと「黄色いさくらんぼ」という色っぽい作品も星野が書いた。ク ラブのホステスからかかってきた誘いの電話をヒントに書いた「昔の名前 ででています」小林旭の歌も星野。

美空ひばりの遺作となった「みだれ髪」は塩屋岬へ出かけて書いた。

そういう星野だが運命は数奇。腎臓結核のため下船した船乗り。腎臓摘出 で療養中、作詞したものを投稿したところを作曲家の船村徹に見出されて 作詞家になった。腎臓1つで85まで長生きした。

<星野哲郎(ほしのてつろう、本名:有近哲郎、1925年9月30日 ?―2010年 11月15日)。山口県大島郡周防大島町(旧・東和町)出身で、東京都小金 井市に在住していた。各所で「星野哲朗」という表記がされることがある が、「哲郎」が正しい表記。

妻(1994年没)との間に一男一女がおり、長男はシンガーソングライター の有近真澄。

 1925(大正14)年9月30日、山口県大島郡森野村(現・周防大島町)和 佐に生まれる。1946(昭和21)年、官立清水高等商船学校(現・東京海洋 大学)を途中結核で休学しながらも卒業。

翌年、日魯漁業(後のニチロ、現・マルハニチロ食品)に入社、遠洋漁業 の乗組員となる。しかし就職して数年後、腎臓結核のために船を下りざる を得なくなり、腎臓を摘出。郷里周防大島にて4年にわたる闘病生活を余 儀なくされる。

闘病期間中に作詞を学び、1952(昭和27)年に雑誌「平凡」の懸賞に応募 した「チャイナの波止場」が入選し、選者の石本美由紀の勧めで、翌 1953(昭和28)年に作詞家デビューした。

石本の主宰していた歌謡同人誌「新歌謡界」に参加、同人として作品の発 表や後進の育成に携わった。「新歌謡界」は多くのプロ作詞家を輩出し、 同期生には松井由利夫・たなかゆきを・岩瀬ひろしなどがいたが、中でも 八反ふじをとは特に親交が深く、後にクラウンレコードで共に専属作詞家 として活躍することになる。

1958(昭和33)年、横浜開港100年祭記念イベントに応募した「浜っ子マ ドロス」「みなと踊り」がそれぞれ1位、2位を獲得。このイベントの審査 員をしていた作曲家の船村徹に誘われる形で上京、日本コロムビアと専属 契約を結ぶ。

船村とは以後永きにわたってコンビを組み、作詞:星野哲郎、作曲:船村 徹の作品を数多く世に輩出することになる。

1964(昭和39)年にクラウンレコードの創設に関わり、同レコードに移 籍、1983(昭和58)年にフリー作家となる。コロムビア時代からを通じて 手がけた歌詞は演歌を中心に4000曲に及び[、数々のヒット作を生み出した。

1996年(平成8年)7月9日、石本美由紀の後を継いて社団法人日本作詩家 協会の会長を務め(2008年(平成20年)6月16日まで)。2001年(平成13 年)10月1日には社団法人日本音楽著作権協会 (JASRAC) の会長を務めて いる(2004年(平成16年)9月30日まで)。

これらの功績が認められ、1986年(昭和61年)4月29日には紫綬褒章を、 1988年(昭和63年)8月31日には紺綬褒章を、2000年(平成12年)11月3日 には勲三等瑞宝章を受章している。

1988(昭和63)年6月16日には出身地である東和町(現・周防大島町)の 名誉町民に選ばれ、2008(平成20)年6月5日には宮崎駿と共に居住地であ る小金井市の名誉市民第一号に決定し、同年10月5日に名誉市民証が授与 されている。

1985年(昭和60年)2月21日、故郷周防大島に「なみだ船」の歌碑が建立 される。2007(平成19)年7月26日には周防大島町に町営の「星野哲郎記 念館」が完成、周防大島の子供達を支援する償還義務のない奨学金制度 「星野哲郎スカラシップ」事業を立ち上げた。

2010(平成22)年11月15日午前11時47分、心不全のため東京都武蔵野市の 病院でで死去。85歳没。葬儀・告別式は11月19日に東京都港区の青山葬儀 所で営まれた。

喪主は長男の有近真澄が務め、葬儀では長年親交の深かった作曲家の船村 徹と、愛弟子である水前寺清子が弔辞を読み上げ、自ら作詞した「男はつ らいよ」の曲に乗せて出棺された。その後、品川区の桐ヶ谷斎場で荼毘に 付された。戒名は「宝徳院航謡暁哲居士」。

ちなみに旧暦・新暦での違いはあるが、11月15日と言えば坂本龍馬の命日 である。大政奉還を見届けて約1か月後に京都・近江屋で暗殺された英傑 にちなみ、星野哲郎も生涯かけて作詞の金字塔を建てた偉人であるとファ ンから述懐されている。

星野哲郎の死去に当たり、NHK(日本放送協会)が追悼番組『追悼 作 詞家 星野哲郎』を急遽制作し、2010年11月21日にNHK総合テレビジョンに て放送した。

 星野節とも称される、自分の実体験をベースにした独特の世界観を持つ 作風で知られる。船村や石本と銀座に繰り出しては音楽論をたたかわせ、 そのとき思い浮かんだフレーズをコースターにしたため、翌朝までに夫人 がそれを清書した物を作詞の下地としていたという。

こういった形で生まれた歌詞を星野自身は「演歌」と称さず、遠くにあり て歌う遠歌、人との出会いを歌う縁歌、人を励ます援歌などと称してい た。星野哲郎記念館でも、これらをまとめて星野えん歌と表現している。

なかにし礼によると、性格は大変穏和で、「荒っぽい大声はついぞ聞いた ことがなく、後輩でも丁寧に扱った」という。

水前寺清子・都はるみ・北島三郎など、デビュー前から関わってきた歌手 も多い。水前寺の愛称である「チータ」は「ちっちゃな民子」から連想し て星野が名付けたものである。>ウィキペディア
2012・11・3


     
     
     
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━



 ◎朝日&毎日新聞は「加戸証言」どう報じる? 「加計問題」で問われるメディアの報道姿勢

学校法人「加計学園」問題や、南スーダンPKO(国連平和維持活動)部隊の日報隠蔽問題を追及する衆院予算委員会の閉会中審査が24日開催。一連の問題追及が倒閣運動の様相を呈するなか、前者では、野党側の「加計ありき」との批判に対し、安倍晋三首相が「岩盤規制を国家戦略特区で突破した」ことを、どこまで国民に納得させられるかが焦点。後者では、稲田朋美防衛相が日報隠蔽に関与していたかとともに、指揮管理能力の欠如も問題視されそうだ。

「60歳になれば『耳順(したが)う』。私は人の話を聞かないイメージがあるが、結構聞くんです。議論をしても、話は聞いていきたい」

安倍首相は23日、横浜市で日本青年会議所会頭と対談し、こう語った。内閣支持率が30%未満の「危険水域」に突入するなか、論語を引きながら謙虚な姿勢を強調した。

注目の閉会中審査には、「行政がゆがめられた」という前川喜平前文科事務次官と、これを全否定する和泉洋人首相補佐官、内閣府の藤原豊前審議官。さらに、加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事や、国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の八田達夫座長らも参考人として招致された。

先週末には、山本幸三地方創生担当相が、愛媛県今治市で加計学園の獣医学部新設が決まる2カ月前に、日本獣医師会幹部に四国設置を言及したとされる報道が相次いだ。すでに山本氏と獣医師会側は「京都についても言及していた」と共通しているが、山本氏は改めて「加計ありき」ではないと説明する考えだ。

 質問時間は、与党1時間半、野党3時間半の計5時間。

10日の閉会中審査では、加戸氏が10年以上、四国に獣医学部を誘致しようと活動してきたことや、厚い岩盤規制の実態を赤裸々に語り、「特区申請をしてから何度も門前払いを食らった。一番強い反対は日本獣医師会だった」「ゆがめられた行政が正された」と証言した。大きな反響となったが、朝日新聞や毎日新聞は記事本文中で1
行も報じなかった。

今回、朝日と毎日は加戸証言をどう報じるのか。メディアの報道姿勢も問われそうだ。

写真− 集中審議で答弁に立つ安倍首相=24日午前、国会 集中審議で答弁に立つ安倍首相=24日午前、国会
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240025-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240025-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2017.7.24 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎トランプ米政権の新広報部長、情報リーク取り締まり強化を表明

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米政権の広報部長に新たに 就任したアンソニー・スカラムチ氏は23日、情報リークの取り締まりが最 優先課題の一つで、リークを止めることができない場合は広報チームのス タッフを解任する可能性もあると警告した。

同氏はFOXニュースに対し、「リークが止まらないなら、わたしは実業 家であるため、厳格な措置を講じてリークを止める」と表明。

同氏はまたCBSの番組で、情報漏えい者らは「非米国的」だと批判した。

スカラムチ氏は投資会社創業者で共和党の資金調達役を担ってきた。同氏 の広報部長への起用を受けてスパイサー大統領報道官は即座に辞任し、後 任にはサンダース副報道官が昇格した。

スクラムチ氏は就任早々、トランプ大統領が顧問弁護団とともに、自分自 身や家族、側近が罪に問われた場合に恩赦を与える権限を持っているかに ついて検討したとするワシントンポストの報道への対応に追われた。

トランプ氏は22日にツイッターで、政権に対するリークは「犯罪」で、 自身には「恩赦を与える完全な権限」があると主張。スクラムチ氏は CBSで、トランプ氏は「執務室や書斎で2分間会話しただけで(恩赦の 法的選択肢検討との)情報がリークすることを快く思っていない」と指 摘。「誰にも恩赦を与える必要性はない」とした。

写真−7月23日、トランプ米政権の広報部長に新たに就任したアンソ ニー・スカラムチ氏は情報リークの取り締まりが最優先課題の一つで、 リークを止めることができない場合は広報チームのスタッフを解任する可 能性もあると警告した。21日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)
<http://jp.reuters.com/article/scaramucci-on-media-leak-idJPKBN1A80ZR>http://jp.reuters.com/article/scaramucci-on-media-leak-idJPKBN1A80ZR
【ロイター】 2017年 07月 24日 08:34 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎東北・北陸で大雨 土砂災害・浸水害に厳重警戒

24日は東北や北陸で断続的に雷を伴った激しい雨や局地的には非常に激し い雨が降り、大雨となるおそれがある。すでに記録的な大雨となっている 秋田県をはじめ、東北や北陸の各県では土砂災害や低い土地の浸水、河川 の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

北陸や東北南部付近に停滞している梅雨前線の活動が活発になっている。 前線に向かって湿った空気が流れ込むため、このあとも北陸や東北南部を 中心に大気の非常に不安定な状態が続く見込みだ。これらの地域では断続 的に雷を伴った激しい雨や局地的には非常に激しい雨が降って、大雨とな るおそれがある。

 【予想降水量】(あす朝にかけて、多い所)
  新潟県          150ミリ
  東北日本海側南部     120ミリ
  石川県、東北太平洋側南部  80ミリ

 秋田県では22日(土)からの記録的大雨により既に氾濫している河川があ るほか、北陸や東北の各県で地盤が緩み、増水している河川がある。少し の雨でも災害の発生するおそれがあるため、土砂災害や低い土地の浸水、 河川の増水や氾濫に厳重に警戒する必要がある。また、落雷や竜巻などの 激しい突風にも注意してほしい。なお、梅雨前線はあすにかけてほとんど 停滞し、あす25日にかけて更に雨量が多くなる見込み。

※東北日本海側南部…山形県、福島県会津地方
  東北太平洋側南部…宮城県、福島県中通り・浜通り地方
ウェザーマップ7/24(月) 5:02配信


 ◎トランプ米政権の新広報部長、情報リーク取り締まり強化を表明

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米政権の広報部長に新たに 就任したアンソニー・スカラムチ氏は23日、情報リークの取り締まりが最 優先課題の一つで、リークを止めることができない場合は広報チームのス タッフを解任する可能性もあると警告した。

同氏はFOXニュースに対し、「リークが止まらないなら、わたしは実業 家であるため、厳格な措置を講じてリークを止める」と表明。

同氏はまたCBSの番組で、情報漏えい者らは「非米国的」だと批判した。

スカラムチ氏は投資会社創業者で共和党の資金調達役を担ってきた。同氏 の広報部長への起用を受けてスパイサー大統領報道官は即座に辞任し、後 任にはサンダース副報道官が昇格した。

スクラムチ氏は就任早々、トランプ大統領が顧問弁護団とともに、自分自 身や家族、側近が罪に問われた場合に恩赦を与える権限を持っているかに ついて検討したとするワシントンポストの報道への対応に追われた。

トランプ氏は22日にツイッターで、政権に対するリークは「犯罪」で、自 身には「恩赦を与える完全な権限」があると主張。スクラムチ氏はCBS で、トランプ氏は「執務室や書斎で2分間会話しただけで(恩赦の法的選 択肢検討との)情報がリークすることを快く思っていない」と指摘。「誰 にも恩赦を与える必要性はない」とした。

写真−7月23日、トランプ米政権の広報部長に新たに就任したアンソ ニー・スカラムチ氏は情報リークの取り締まりが最優先課題の一つで、 リークを止めることができない場合は広報チームのスタッフを解任する可 能性もあると警告した。21日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)
<http://jp.reuters.com/article/scaramucci-on-media-leak-idJPKBN1A80ZR>http://jp.reuters.com/article/scaramucci-on-media-leak-idJPKBN1A80ZR
【ロイター】 2017年 07月 24日 08:34 JST 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎仙台市長に民共系・郡氏初当選 自公敗北、政権痛手

任期満了に伴う仙台市長選は23日投開票が行われ、民進、共産など野党4 党が支援する新人の元復興政務官、郡和子氏(60)が、自民、公明両党の 県組織と日本のこころが支持する葬祭業社長、菅原裕典氏(57)ら他の新 人3人を破り、初当選した。内閣支持率が下落する安倍晋三政権にとっ て、与党候補が“民共共闘”候補に敗れたことは大きな痛手となる。

 投票率は44・52%で、過去最低だった前回の30・11%を14・41ポイント 上回った。

 市長選は、東日本大震災の復興対策などが争点だった。同時に、自民党 が大敗した2日の東京都議選直後のタイミングで、しかも与野党対決の構 図となっただけに、勝敗は国政に直結するとして注目されていた。

  民進党は当初、郡氏への目立った応援は控えていたが、地元民放の元 アナウンサーとして知名度が高い同氏の「優勢」が伝わると、枝野幸男前 幹事長らが相次いで応援に駆けつけ、政権批判を繰り広げた。さらに、共 産党が組織をフル動員させたことで郡氏の勝利につながった。

 菅原氏も政党色を前面に出さない選挙戦を展開し、自民党も「ステル ス」作戦に徹し、国会議員は街頭演説を控えた。一方で各種団体の組織固 めに努め、宮城県の村井嘉浩知事や引退する奥山恵美子市長も応援に駆け つけた。それでも、逆風下での厳しい選挙戦を強いられ、都議選からの連 敗を阻止できなかった。産経新聞 7/24(月) 7:55配信




━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 1)スポーツの用語を語れば:前田正晶

Artistic swimming:

実は、「シンクロナイズドスイミング」(=synchronized swimming)に 「ソロ」という種目があるのは面白いなと思っていた。それ は”synchronize”とは「同時に起こる;[・・・と]同時性を持つ、同時に 動く」という意味だとジーニアス英和にあるからだ。ソロ、即ち単独で泳 いでいる(演技している?)のでは、誰かに合わせて同時に動く訳には行 かないと思って見ていた。

ところが、国際水泳連盟はこの度その種目の名称を「アーテイステイッ ク・スイミング」(=artistic swimming)に変更すると決めたようだ。 ソロではなくて、2人以上で泳いでいる種目の方が多いにも拘わらずだ。

いい気に芸術の域に格上げ?してしまったのは面白い。

シンクロナイズドスイミングは英語のままで和訳していなかったので覚え やすかった。例えば、「同調的泳法」では何のことかサッパリだっただろ う。これと似たような感がある美しく華麗に演技する「新体操」という体 操の競技がある。この英語の名称は”rhythmic sportive gymnastics”と なっている。これを「新体操」とは誰が訳したのか知る由もないが、凄い 感覚だと思う。この訳者も連盟も従来の内村君たちの体操が「古い体操」 になったと思っておられない様子なのも興味深い。

「高さがある」:

これは「スポーツ中継の用語集」というハンドブックが存在し、それに 載っている「身長が高い選手たちが相手を身長差で圧倒した場合」を表す る用語であると思っている。恐らく、何処かの局のアナウンサーがヴァ レーボールの試合ででも使い始めて以来、編集者が用語集に採用したのだ と推理し解釈している。私は素直に何故「彼乃至は彼女が身長差を活かし てスパイクを打ち込んだ」とか「身長の高さを活かした見事なヘデイング シュート」とでも言わないのかと思っている。

「〜にペナルティー」:

これはラグビーの試合の中継のみに使われている。これはおかしいと思 う。それは、多くのアナウンサーが「〜にペナルティー」と、反則をして 相手テイ―ムにペナルティー・キックが与えられる時に叫ぶからだ。

Penaltyには確かに「・・・に対する/・・・に課せられる刑罰、処罰」 とジーニアス英和にはあるし、反則をしたのだから罰則があるのは当然 だ。だが、彼らが言うべきことは「〜が此れ此れ云々の反則を犯した」と 言うべきで、いきなり罰が与えられる訳ではない。

正確には「オフサイドの反則を犯して、相手にペナルティー・キックが与 えられます」と言うべきではないのかな。小うるさいことを言うようだ が、カタカナ語排斥論者としてはおかしな言葉遣いは批判しておくべきだ と信じている。実際に起きたことを正確に伝えて貰いたいから、敢えて採 り上げてみた。

野球用語は面白い:

かねてから、私は野球用語は誤ったカタカナ語の宝庫だと言ってきた。今 回はその中から目立ったものを1つだけ採り上げておこう。それは「シン グルヒット」で、一塁までしか行けない安打を意味しているようだ。とこ ろが、”single”とは、ジーニアス英和にも「たった一つの、たった一人 の、ただ一つ」とあるように、これでは「たった一本のヒット」という意 味にしかならないと思うのだ。だが、我が国では十分に通用しているのが 凄い。



英語では”base hit”と言っていて、二塁打ならば簡単に”double”で、三塁 打が”triple”となっている。「シングルヒット」は先人が知恵を絞っ て”base hit”を訳されたのだろうが、見当が違ったように思える。


 2)安倍内閣貶め作戦が着々と進むのは歓迎できない:前田正晶

仙台市長選挙では民進党と共産党が推した元アナウンサーという郡和子さ んが当選してしまった。自民・公明推薦の候補者は14万票と郡さんに2万 票ほど離されていた。郡さんはこの勝利を「仙台市民の良識のお陰」と 言っていたが、私はその反対で非常識の産物だったと思う。16万人は野党 マスメディア連合の安倍内閣打倒キャンペーンを、そのままnaïveにも信 じ込んでいただけではなかったか。これが良識ならば「木の葉が沈んで石 が流れる」だろう。

しかし、悲観論者の私はこの事態はかなり由々しきことだと思わざるを得 ないと思っている。現に、毎日新聞の世論調査では内閣支持率は26%まで 落ち込んだと勝ち誇ったように報じていた。誇張して言えば、70%以上も の人たちは安倍内閣を排除して村田某女を首班とする内閣の出現を待ち望 んでいることになってしまう。いや、そのように希望しているのだろうよ。


産経新聞は阿比留瑠比が「メデイアの自殺行為」として偏向報道を非難し ていた。またテレ朝では本日の総理出席の閉会中審査に、加戸守行前愛媛 県知事が呼ばれているとは言わなかった。矢張り朝日の一員だけのことは ある。一事が万事この調子である。

 トランプ大統領は”fake news”呼ばわりをして近隣の地方紙の大手新聞 社やテレビ局と対立している。我が国では安倍内閣と自民党はその辺りの 社や局と明らかに対立してはいないと思うが、マスメディアは明らかに安 倍内閣を敵視して打倒キャンペーンに集中してきた。その効果が着々と上 がってきているとしか私には思えない。小池都知事にしたところで、意図 的か否かは私には俄に判断できないが、野党とマスメディア連合に加担し たかの如きである。


私が野党とマスコミに言いたいことは「このような無益の審査を一刻も早 く止めて、福岡、大分、秋田の3県で発生した豪雨による災害の可及的速 やかな救助と支援、それに充てるべき復興・復旧の緊急の予算の審議を優 先すべきだ」なのである。こう言っている間でも、秋田県では河川が氾濫 するのだ。

私には24日と25日の審査会で総理以下が何処まで連合軍の論破に成功され るか否かの見通しは立てられない。だが、総理には少なくとも阿比留氏の 指摘する「違法でも何でもない話」で「明確な証拠も事実関係も示さない まま」の疑問や追及を退けて貰いたいと祈念して終わる。


 3)私が悪う御座いました。私情を挟みました。:前田正晶

先ほど誤って閉会中審査にチャンネルを合わせて胸が悪くなるような玉木 雄一郎の質問を聞いてしまいました。彼は問わず語りで総理に「悪う御座 いました。私が友人の為に私情を挟んで、部下に支持て便宜を図らせまし た」と言わせる狙いだと明かしました。あれでは明日まででも玉木は追い 込み続けるだろうと思いました。総理が何と答えられようと「不十分 だ」、「事実を隠している」、「具合が悪くなると記憶も記録もないと言 う」と決めつけるだけの揚げ足取りでした。

玉木は総理に向かって「支持率の回復を目指すならば、正直に私情を挟ん で部下に命じた」と認めろと迫りました。そうではなかったのであれば、 「そうでした」という答弁は出てこないのですから、また玉木に「また隠 蔽した。不正直だ」と言わせる好機を与える結果になるという堂々巡り。

だが、あの遣り取りを野党とマスメディア連合の主張が正しいのだろうと いう先入観念を持って安倍内閣不支持とアンケートに答えた連中が聞けば 「総理も山本大臣も虚偽の答弁だ」と思って不思議はないでしょう。玉木 が「総理の答弁が虚偽と判明したら辞任するか」と責め立てたのは非礼も 極まっていると思いました。

だが、反安倍の立場に立てば玉木の快挙だと思って当たり前でしょう。あ の場で総理が「何を抜かすか」と切り返すことも不可能ではなかったかと も思えましたが、それでは玉木の思うつぼでしょう。

話変わって、私と実弟との共通の親友に後のS社の副社長になったX氏がい ます。彼と私はゴルフ友達でもあり、私は彼の財界人が綺羅星のように並 んだ結婚披露宴にも呼ばれたいた間柄でした。彼は若かりし頃には資材部 に在籍し「如何なることがあっても私に仕事の話は持ってこないで下さい。

それと如何なる付き合いも全て割り勘にしましょう。そうでもないと友情 が崩れて長い付き合いにはなりませんから」と申し込まれ、極めて尤もと 納得しました。そういう付き合いです。因みに。富豪であるYM氏との付き 合いも一切の貸し借り無しで60有余年です。

以来60年、X氏には商売の話など持ちかけたこともなく、彼からも一切無 しでした。それと総理と一緒にするなと言われそうですが、これが本当の 友人間の付き合い方だと思うのです。総理も、こういう心掛けで長年にわ たって加計氏と付き合っておられるのだろうと推察します。

玉木は「下種の勘ぐり」をしているだけでしょう。それとも玉木は財務省 出身の元エリート官僚でも、そういう付き合い方が出来る本当の友人がい ないような気の毒なお方か?!

私は今朝ほども述べたように、国会で審議すべきは福岡県、大分県、秋田 県等で豪雨による甚大な被害が出ている地方に対する援助と救済法、復 旧・復旧予算の緊急審議をこそ優先すべきだと思うのです。毒にだけなっ て絶対に薬にはならない加計学園問題をいくら遣り取りしても建設的では ありません。

野党とマスメディア連合は完全に狂っています。だが、安倍内閣打倒キャ ンペーンは進行中です。畏メル友RS氏ご指摘のように、安倍政権は「由々 しき事態」に立ち至っているのは遺憾ながら間違いないでしょう。総理は 揚げ足取りに良く耐えて丁寧に説明されていたと思います。だが、玉木他 の輩には「私が私情を挟みました」以外の答えは「チャンと答えていな い」となってしまうでしょう。完全な堂々巡りでした。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


25日の東京湾岸は日中曇天、夕方から雨。内科診察のため大学病院へ。

24日の東京湾岸は終日曇天。窓を開け放てばクーラーは不要。窓から入る 南風。快適。

若い記者のころ尋ねたことがある。上野に到着して何がおいしかったです か。田中角栄「天丼」、福田赳夫「刺身」。角栄は60台で死に福田は90 過ぎまで生きた。

NHK記者としての初任地だった仙台に共産党市長が誕生した。仙台は相対 的に没落しているのではないか、大阪のように。市民は何か焦りを感じて いるのではないか。大阪は197オ年の万博がkるしまぎれのウルトラC.
ろくな政治家もないまま 沈滞している。先代も似たようなものだこれと いった産業が無い。共産党市長の誕生は市民の溜息だ。


隣にある第3亀戸中学校のブラスバンドは夏休みにもかかわらず24日出て きて練習していた。屋内体育館では男子生徒たちがバスケットボールに興 じていた。炎天下の校庭には流石、人影ナシ。満々と水を湛えたプールは 寂しそう。


                      読者:5736 
人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。