政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針

2017/07/24

   
□■■□──────────────────────────□■■□   わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4423号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月24日(月)



                         トランプ丸は沈没寸前か:Andy Chang

              ユネスコ制度改革への日本の働きかけ:櫻井よしこ

                            「なんでも民間」に疑問:眞邊峰松

                          いもち病(稲熱病)の怖さ:渡部亮次郎                                           
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4423号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




     
━━━━━━━━━━━
トランプ丸は沈没寸前か
━━━━━━━━━━━


     Andy Chang

今朝21日、ワシントン時間の10時にホワイトハウスの報道官ショーン・ス パイサーが辞職したと言うニュースが流れてメディアは騒然となった。

トランプ大統領はアンソニー・スカラムッチをホワイトハウスの主任広報 官に任命し、スパイサーの後任にサラ・ハッカビーを主任報道官に任命す ると発表した。

ワシントンでは毎日のようにトランプのニュースが世間を驚かし、おま
けに賛成は少なく批判が多い。スパイサーの辞任はトランプ政権にとって
大打である。トランプ政権は半年だけで報道官が更迭されたのである。

スカラムッチはニューヨークのビジネスマンで政治に関しては素人だが絶
対的なトランプ弁護者だと言う。スカラムッチを入れたのはトランプの強 力な弁護者が欲しいからと言う。

一説にはトランプがスカラムッチをパリ大使に任命したが彼は受けなかっ たと言う。報道によるとレインス・プリーブス幹事長は政治経験のないス カラムッチを主任広報官に任命することに反対したがトランプは意見を却 下したと言う。

ホワイトハウスの定期記者会見でスカラムッチ本人は、プリーブス幹事長 とは6年来の友人でとても仲が良い、兄弟でも意見の相違があるのは当り 前だから問題はないと言った。

NYタイムスのグレン・スラッシュ記者によると、スパイサーはスカラムッ チの部下として報道官を続けることに絶対反対で、トランプが慰留したと き彼はその場で辞職したと言う。スパイサーはトランプにスカラムッチの 任命は大間違いだと述べたそうである。

記者団の評論では「トランプ丸」は大破して、船体が傾むいたと言う。こ れはスパイサー辞任だけでなく、ホワイトハウスがメディアから攻撃され ているのにトランプが自から攻撃される事件を作っているのだ。

「ロシアゲート」は毎日のように新しいニュースが出てきてトランプ丸は 大破の様子を示している。トランプの息子がロシア人と会見した事件は参 加人物が7人と報道された後すぐにもう1人の8人目が出てきた。

コーメイFBI長官の罷免の後ロシアゲートの調査にマラー弁護士が特別検 察官に任命されたが、数日前に彼がトランプとロシアの金融関係を調査す ると言うニュースが出ると、トランプはホワイトハウスの弁護士にマラー 検察官を罷免できないかと相談したと言われる。

火のないところに煙は立たないと言うがこんなニュースが出たらロシア癒 着の疑惑は更に増幅される。

トランプ最大の問題は彼の暴言、放言癖である。問題がたくさんあるのに
新しい放言で世評が更に悪くなる。トランプがNYタイムスのインタビュー で自ら司法長官に任命したセッションを批判して物議をかもした。

これまでにコーメイFBI長官を罷免し、セッション司法長官を貶し、ロー ゼンバーグ副長官まで貶したと言う。トランプはメディアと敵対している が、メディア自分の部下の批判を述べるとはまったく愚かなことだ。

トランプのもう一つの問題は部下を信用しないことである。スパイス報道 官だけでなく、ホワイトハウスの部下を信用しない。だから娘のイバンカ や婿のクシュナーをホワイトハウスに入れる。プリーブス幹事長はスカラ ムッチの任命に反対意見を具申したがトランプは彼を信用しない。

スパイサー報道官が記者会見でトランプ擁護に全力を尽くさなかったから 新しい絶対的服従者を入れたと言う。信用されていないとわかった部下が 辞めるのは
当然だ。

トランプ丸が立ち直れるかどうかは彼本人にかかっている。報道官だけで
なく弁護士が何人も辞めている。報道によると数日前にホワイトハウスの
弁護士Mark Corello が辞任し、Marc Kasowitzトランプの個人弁護士も昨
日辞任した。理由は明らかにしていない。
                            (在米台湾人地球物理学者)


   
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユネスコ制度改革への日本の働きかけ
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

「ユネスコ制度改革への日本の働きかけ 方法正しくても実を結ぶかは不 透明だ」

「朝日新聞」が6月24日、「ユネスコ『世界の記憶』 『政治案件』一部 除外へ」という記事を報じた。

ユネスコ「世界遺産」の登録小委員会が、拓殖大学客員教授の藤岡信勝氏 らが申請した「中国大陸における通州事件とチベット人虐殺」に関する申 請は「『世界の記憶』の基準に合致しない」旨、通知してきたという。他 方、日中韓の団体が申請した「慰安婦の証言」については、申請者に加 わった「女たちの戦争と平和資料館」などに除外の通知は来ていないという。

強い政治的意図が込められた「南京大虐殺の記録」を中国が申請し、日本 の反対にもかかわらず、記憶遺産(現・世界の記憶)に登録されたのは2 年前だった。

当事国の日本には、中国側の登録内容、その正しさを証明する根拠など、 今日に至るまで説明がない。こんな制度は不当だとして、日本政府はユネ スコの制度改革を申し入れた。

具体的には、記憶遺産の登録に関しては以下の3点を軸に関係諸国が調整 するというものだ。(1)共同申請とする、(2)異なる見解がある場合、 当事国間での合意形成を目指す、(3)合意が困難な場合、対話を継続 し、登録時期を最大で4年間見送る、である。

これらはいま、ユネスコ制度改革に関する専門家委員会が議論中だ。議論 がまだ決着していない中で藤岡氏らの申請に、いわば黄色信号がついたこ とになる。

麗澤大学客員教授の高橋史朗氏が指摘した。

「中国や韓国が日本のNGOと共同申請した案件は政治的色彩なしとして 許容され、藤岡さんたちの申請に注文がつけられるなら、ユネスコは二重 基準です」

藤岡氏も語った。

「4月10日にユネスコ側から、特定の政治的主張であれば基準に合致しな いとの通知がありましたが、私たちは20世紀の中国大陸における人権問題 として登録しようとしています。期限の5月8日までに説明し回答しました が、まだ返事はありません」

藤岡氏らが取り上げた通州事件とは、昭和12(1937)年に中国河北省通州 で発生した日本人257人の虐殺事件である。同事件を機に日本の国民感情 が燃え上がり、日中戦争への気運が高まった。

『慟哭の通州 昭和十二年夏の虐殺事件』(飛鳥新社)の著者、加藤康男 氏は現場を取材して、南京や盧溝橋など対日歴史戦の遺跡を保存し利用す る中国が、通州事件の痕跡だけは完膚なきまでに消し去り続けている事実 を指摘し、中国は自国に不都合な歴史をなかったことにしたいと結論づけ ている。

チベット人など少数民族への弾圧、虐殺に関する物証も、たとえば彼らの 家族の歴史の記録を残させないなど、全て消し去りたいのが中国政府だ。 チベット人の側から見れば、そうした苦難を生きのびてきた記録こそ、民 族の歴史で、人権擁護の観点から、全人類が共有すべき情報だと、なる。

仮りにこのような事実の登録が許されないとしたら、南京事件登録で見ら れたように、ユネスコは中韓両国の働きかけを受けた、特定国への不条理 で政治的な攻撃の場であり続けることになる。そのようなユネスコでよい はずがない。

日本国の課題も明らかだ。2年前に「南京大虐殺」を登録された時点で、 次は中韓両国が他のアジア諸国などと図って日本を貶める慰安婦問題登録 を仕掛けてくることは明らかだった。

彼らが申請する具体的案件は予想がつかないうえに、ひとつひとつへの反 証情報を揃えることは時間的に難しいとの見通しの中で、不公正な審理を 防ぐためにユネスコの制度改革に力を注ぐという、日本政府の基本方針が 決まった。

私もそれが正しい方法だと思うが、現状を見れば2年間の日本の働きかけ が実を結ぶのか、不透明だ。この間の外務省の努力を厳しく検証すべきだ。
『週刊ダイヤモンド』 2017年7月8日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1189 


    
━━━━━━━━━━━
「なんでも民間」に疑問
━━━━━━━━━━━


     眞邊 峰松

私の年来のマスコミに対する不信感・大衆迎合体質への嫌悪感が一層増大 してきた。 果たして、国家百年の将来を考えるべき時期に、本筋の議論 と離れ、質的には枝葉末節の問題に国民を巻き込んで彼らの主張が、“社 会の木鐸”、“オピニオンリーダー”の役割というのは、どこに存在するの だろうか。

私も、必ずしもマスコミ人の全てが、課題を単にワイドショー的に取り上 げてばかりいるとまでは言わないが、もう少し冷静・客観的に問題を整理 し報道するべきだと考える。

ところで、「行為する者にとって、行為せざる者は最も苛酷な批判者であ る」とは、ある書物の言葉。 同書でこんな話が続く。

「ナポレオンの脱出記を扱った当時の新聞記事である。幽閉されていたナ ポレオンがエルバ島を脱出した。兵を集めて、パリへ進撃する。

パリの新聞がこれを報道する。その記事の中で、ナポレオンに対する形容 詞が、時々刻々に変化していく。 最初は“皇位簒奪者”。 次いで“反乱 軍”〜“叛将”〜“ナポレオン”、 やがて“祖国の英雄”。 そして、ナポレ オンがパリに入城した時には、一斉に“皇帝万歳”の記事で埋められた。オ ポチュ二ズムとセンセーショナリズムのマスコミの実態が浮き彫りにされ ている」。 まさに、その通りだという感がする。

少々議論が飛躍するが、私は基本的に今の“何でも民間”の風潮に反対だ。 私自身の体験から言っても、国の役人の省益あって国益なし、自分たちの 徹底的な権益擁護には、実は本当に癖々した。 まさに国を誤る輩だ、何 とかならんのか、という気分にもなった。

しかし、国家公務員というに相応しい立派な人士をも身近に知る私として は、少々誤弊のある言い方かも知れないが、敢えて言えば、こと“志”とい う点においては、真に心ある役人に比し得る民間人は、そう多くなかろう とも思う。
 
これも個人資質・能力というよりは、やはり、退職までの30年を超える 永年の職務経験、職責の持つ私自身に染み込んだ体質的なもの、職業の匂 いのようなものかも知れない。
  
私には、特にかっての余裕ある民間経営の時代ならともかく、現下の利潤 一点張り、効率一点張りの時代に、現役の企業人で、常日頃から“公益と はなんぞや”の視点から物事を考察したことがある人物が、そう数多いと はとても思えない。

とりわけ、最近の風潮となっている企業利益の増加のみに邁進し、その過 程で中高年の自殺者の激増など、社会不安を増幅してきたリストラを闇雲 に推進してきた企業経営者を見るにつけ、その観を否めない。 

このような中で、果たして、現在のマスコミの論調のように“何でも民間 人登用”“何でも民間感覚”ということが果たして正しいのだろうか。                            (了)

                          (行政評論家)



      
━━━━━━━━━━━
いもち病(稲熱病)の怖さ
━━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

「蓑(みの)着て笠(かさ)着て鍬(くわ)持って お百姓さんご苦労さ ん」という童謡がNHK第1放送から流れていた時代がある。明治でも大正で もない、昭和も敗戦直後、1947、8年ごろだった。食糧難の時代、国民みん なして百姓にゴマをすったのである。

蓑や笠を着る百姓は今やどこにも存在しない。すべて機械化して田圃から は女性が姿を消した。田植えも稲刈りも機械がやるし、除草は農薬が解決 してくれた。結果、農村からは猫背、蟹股、腰曲がりが居なくなって久しい。

しかし、その代わり、田圃から女性と共に居なくなったのが泥鰌(どじょ う)とトンボである。稲作の大敵「いもち病」を防除すべく禁じ手「水銀 系農薬」を使ったからである。「いもち」はそれほど恐ろしい。今でも恐 ろしい。

「いもち」とはイネに対する最も普通の病気で,穂,葉,茎などに発生し て大害を与える。とくに山間,北部地域では,いもち病との闘いが稲作の 大きな課題であった。この事情を反映して,日本植物病理学の分野では最 も多く,また深く研究されてきた病害である。

穂に発生すると発病部位から先の方は実らないので、「穂首いもち」は被 害が深刻である。「葉いもち」、穂いもちとも同じ菌によって起こるが、 発生の様相としては、比較的葉いもちが多くて穂いもちの少ない南日本型 と、逆に葉いもちよりも穂いもちの多い北日本型がある。

若いイネに激発すると株全体が萎縮して枯れてしまう。この病状を「ずり 込みいもち」という。防除に失敗すれば収穫ゼロ。

防除薬剤としては,戦前はボルドー液万能であったが,戦後一時期有機水 銀剤が脚光を浴び目覚ましい効果を挙げた。これが禁じ手と気付いて止め たものの遅かりし。泥鰌は死滅した。

現在では抗生物質剤(ブラストサイジンS、カスガマイシンなど)や有機リ ン粒剤などが使われている。

いもちは一般に,日照不足,多雨,低温のときに病気が多く,またイネの 体内に遊離の窒素成分が多く,ケイ酸が少ないときに発生が多い。

いもち病の発生程度は年次によっても異なり,ほぼ10年周期で大発生が記 録されている。昭和年代に入ってからは,1934(昭和9)年の稲作冷害が 有名で,東北地方では娘の身売など深刻な社会問題が発生した。

陸軍のクーデター「2・26事件(1936年)」の背景であるが、この不作には純 冷害のほかにいもち病による被害が大きかった。

戦後では,53(昭和28)年,63(38)年,74(49)年に大発生をみている。

的確な防除を行うには発生を予察することが肝要である。以前から気象条 件,イネの体質,胞子の飛散などを知って穂いもち病の発生を予測してい たが,近年コンピューター導入で,大量のデータからの予察も試みられて いる。

日本ではじめてこの病気が記録されたのは,1679年(延宝7)の《永禄以来当 院記録年鑑》(広積院祐栄書)とされるが,その後の《耕稼春秋》(1707ごろ) の記載が人口に膾炙(かいしや)している。

イネ品種によってかなり抵抗性に違いがみられる。外国イネには強度の抵 抗性のものがあるが,日本在来の品種は概してかかりやすい。

従って日本にいける稲の品種改良は、収穫量、食味の追及とともにいもち など稲の病害虫に対する抵抗力の研究に重点が置かれてきた。

最近は外国イネの強い抵抗性因子を導入した品種も育成されている。しか しせっかく抵抗性品種ができても突然ひどく罹病してしまうことがある。 これはレース新生のためであることが多い。

レースrace とは形態が同じでありながら病原性の異なる菌で,日本には 今16以上のイネいもち病菌レースが知られている。

ここ数年 Pyricularia属菌の菌学的な研究が進み,イネいもち病菌とシコ クビエいもち病菌の交配によって有性胞子が形成され,またイネいもち病 菌がタケに寄生性のあることが知られるなどして,菌の所属について検討 される時機にある。資料 世界大百科事典(C)株式会社日立システムアン ドサービス 2008・07・07



 
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎焦点:欧州企業が「守り」から脱却、設備投資が活発化

[ロンドン 20日 ロイター] - 欧州企業は今、設備投資の前年比伸び率が世界で最も高い。手元に潤沢な現金を保有している上に、何年も続けてきた守りの姿勢から脱却しつつあるからだ。

ソブリン債危機や低調な利益、政治的不透明感などに見舞われていた欧州企業は過去数年間、投資計画を棚上げしてきた。しかし現在は、利益見通しが7年余りぶりの高水準となり、借り入れコストは低く、地域経済は勢いが増している。そこで各企業は機械や生産設備の更新に再び目を向けるようになった。

欧州では来週が企業決算発表のピークで、特に工業や建設といったインフラ関連セクターで設備投資が注目を集めるだろう。

これまでに出ている材料は明るい。欧州企業の足元の設備投資は前年比約3%増で、他の主要地域を優に上回っている。

ナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントのチーフ市場ストラテジスト、デーブ・ラファーティ氏は「企業業績が改善しているのに伴って、設備投資が上向く様子が見え始めていると思う」と述べた。

格付け会社ムーディーズは最近のリポートで、欧州・中東・アフリカ(EMEA)企業の昨年末の現金保有額が1兆ユーロに迫り、売上高に対する現金の比率は7年来の高さになったと分析した。

またバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは調査ノートで、欧州の大手顧客企業の今年の設備投資伸び率は中央値が20%に達するとの見通しを示した。

欧州中央銀行(ECB)が量的緩和縮小を準備する中で今後金利が上昇する可能性があることから、低金利のうちに資金を調達しておこうという企業が増える可能性がある。

オールド・ミューチュアル・ヨーロピアン・エクイティ(除く英国)ファンドのマネジャー、リーアム・ナン氏は、もし企業が今後数年以内に着手する設備投資があると分かっているなら、借り入れコストが低い間に資金を確保しておこうというのは悪くない考えだと説明した。

投資家の心理変化も設備投資を後押しする要因だ。欧州の成長見通しがどう見ても不確実だった昨年までは、投資家は事業拡張を目指す企業に冷淡で、むしろ配当や自社株買いに内部留保を回す企業に好意的だった。

ところが欧州企業のバリュエーションが長期平均を超えるようになったため、自社株買いは割高になっている。ラファーティ氏は、自社株買いの有効性が薄れている以上、経営者は自社株買い熱を少しばかり冷ます必要があるとの見方を示した。

トムソン・ロイターのデータによると、欧州企業の予想利益に基づく株価収益率(PER)は足元が約15.2倍、過去30年平均は14倍だ。

<焦点はインフラ>

現在の設備投資拡大局面で焦点になるのは、インフラ関連になる見込みだ。各国政府も経済成長てこ入れのために、インフラ投資を最優先で取り組む政策と位置付けている。

今月に入ってスペインは、50億ユーロ規模の官民による高速道路整備計画を発表した。ドイツのメルケル首相にも、財政黒字を減らしてインフラ投資を拡大するよう求める圧力が強まっている。フランスのマクロン大統領は、既に公約として今後5年間で500億ユーロの公共投資を実行すると掲げている。

クレディ・スイスのグローバル株式ストラテジスト、ロバート・グリフィス氏は「欧州経済とその成長見通しの強じんさに自信を深めているとすれば、企業は単に他社を買収するよりも設備投資に動いても良いと確信を持つだろう」と話した。(Kit Rees記者)

写真− 7月20日、欧州企業は今、設備投資の前年比伸び率が世界で最も高い。手元に潤沢な現金を保有している上に、何年も続けてきた守りの姿勢から脱却しつつあるからだ。写真はユーロ紙幣。ウィーンで昨年10月撮影(2017年 ロイター/Leonhard Foeger)
<http://jp.reuters.com/article/europe-companies-idJPKBN1A60JP?sp=true>http://jp.reuters.com/article/europe-companies-idJPKBN1A60JP?sp=true
【ロイター】 2017年 07月 22日 10:30 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎<閉会中審査>「総理の代わりに言う」和泉補佐官どう証言

学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設などを巡り、安倍晋三首相 が出席する衆参予算委員会の閉会中審査が24、25両日に開かれる。「キー パーソン」とされる和泉洋人首相補佐官が初めて出席し、首相官邸の関与 を巡って前川喜平・前文部科学事務次官と直接「対決」。稲田朋美防衛相 の資質などについても論戦が交わされる見通しだ。支持率急落に焦る政権 は「丁寧な説明」で打開を図るが、強弁やあいまいな答弁が飛び出せばか えって傷口を広げる可能性もある。

「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」。前川氏は 10日の閉会中審査で、昨年9、10月に和泉氏に官邸へ呼び出され、獣医 学部新設に向けた手続きを急ぐよう迫られたと証言した。一方、加計学園 問題で和泉氏はこれまで国会に出席しておらず、菅義偉官房長官らを通じ て「記録がなく確認できない」「記憶にない」とするにとどめていた。

 だが世論の批判が高まる中、自民党は「必要ない」と拒んできた和泉氏 の参考人招致をやむなく認めた。予算委では、同じく参考人の前川氏と、 和泉氏の証言が食い違うことも予想される。ただ、前川氏は偽証罪が適用 される証人喚問にも応じる意向で、野党は「双方の主張が大きく異なるな ら、ウソがつけない証人喚問をすべきだ」(民進党幹部)と迫る構えだ。

一方、国家戦略特区を担当する山本幸三地方創生担当相にも、新たな問題 が浮上した。加計学園の獣医学部新設が認められる2カ月前の昨年11月、 山本氏が日本獣医師会の役員らに「四国に新設することになった」と語っ たとされる、同会の内部文書だ。

 山本氏は「獣医師会側の思い込みと、私の発言を混同したもの」と「加 計ありき」を全面否定したが、その根拠に関する説明はあいまい。「記 憶」しかない側が記録した側を「間違い」と決めつける形で、文科省の文 書と同じ構図になった。

 山本氏の秘書官が作成したメモは捨てたという強弁に対し、野党は「信 頼に値しない」(民進党・蓮舫代表)と批判。予算委で根拠を示すよう迫 る考えだ。山本氏は国会で強気の発言を繰り返す一方、内閣府から文科省 へ送られた電子メールについて「文科省から出向した職員がご注進した」 と述べて撤回するなど、答弁が迷走する場面も目立つだけに、野党から集 中砲火を浴びる可能性もある。

稲田氏の資質は 政権にとって、加計問題以外の悩みの種は稲田防衛相 だ。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい) を巡り、陸上自衛隊も日報を保管していた事実を非公表とすることを、稲 田氏が事前に了承したとされる問題が発覚した。

 稲田氏は森友学園問題を巡る答弁のぶれなどから、通常国会でも野党か ら強い批判にさらされた。さらに国会閉会後、東京都議選の自民党候補へ の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言。与党からも「早く 代えておくべきだった」(自民党中堅)と冷たい視線が注がれ、8月の内 閣改造では交代が既定路線になっている。

 稲田氏が国会答弁に立つのは閉会後初めて。野党は稲田氏を改造前に更 迭しない首相の姿勢を世論に印象づけ、政権に打撃を与えようと狙う。

  ◇首相「丁寧さ」出せるか

6月16日の参院予算委以来、約1カ月ぶりの国会出席を控える21日、安倍 首相は官邸で昼食を共にした公明党の山口那津男代表に「しっかり頑張り ます」と意気込みを語った。内閣支持率は既に危険水域に近づいており、 首相は低姿勢かつ丁寧な説明ぶりを国民にアピールしたい考え。だが、説 明を小出しにしては新たな問題が発覚する「悪循環」に歯止めがかからな い中、与党には「早期の幕引きはもはや難しい」と厳しい見方も出ている。

 通常国会の閉会以降、安倍政権がここまで追い込まれたのは、世論の批 判を読み違い続けたためだ。

 6月16日のわずか3時間の国会審議の際、首相は「私が何でもできると お考えかもしれないが、全くない」と加計学園問題への関与を否定。自民 党は「追及の場がなくなれば問題は収束する」とたかをくくっていた。し かし稲田防衛相の失言や首相の「こんな人たち」発言も影響し、今月2日 の東京都議選で自民は惨敗した。

 このため、自民は渋々譲歩し、野党が求めていた閉会中審査の開催を認 めた。ところが審査が行われた10日は首相が外遊中で不在。和泉首相補佐 官の出席も自民が拒否し、「主役隠しだ」と野党の攻勢を許す羽目になった。

 この間、官邸・自民党内の温度差が迷走に拍車を掛けた。首相は「はじ めから閉会中審査に応じる意向だった」(公明党関係者)とされるが、菅 官房長官や自民党国対は「前川氏らとの間で水掛け論になるだけ」と消極 的だった。24、25日の予算委も自民国対はいったん拒否したが、最後 に首相が覆し政権内の混乱が露呈した。公明幹部は「小出しにしてかえっ てダメージを大きくした」とため息をつく。

さらに、これまで文科省の文書などを巡る政府の強弁が、世論の反発を拡 大させた面があり、「説明すれば分かってもらえる」(首相周辺)という 楽観論にも明確な目算はない。与党幹部の一人は「加計問題は、国民が飽 きるくらい説明しないと打開できない」と指摘した。
毎日新聞7/23(日) 6:30配信



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━


 1)都内は何処に行っても外国人だらけ:前田正晶

22日は09:45に出発して中央区京橋の理髪店に向かった。最短でも90分を 要すると思っていた。ここ新宿区百人町からシルバーパス利用で行けば、 いくつかの路線が考えられる。

ところが、外に出た途端にその一案だったKBバスに乗り遅れたので、新大
久保駅前から新橋駅に都バスで行く計画に変更。ところが駅前まで行くと 予期せざる飯田橋駅行きが来てしまったので、ままよと乗車。そこで計画 になかった柳町駅前から都営大江戸線に乗ることに変更。

大江戸線では飯田橋方面に行く電車に乗る。それは、勝ちどきまで行って から考えようかという行き当たりばったりの考え。ところが、車内放送で 「蔵前で都営浅草線に地上で乗り換えが可能」と思い出させてくれた。そ れならば理髪店である宝町に行けると閃き、蔵前で下車。改札口で教えら れた通りに蔵前通りに上がれば、何と浅草線まで220 m先の表示。

暑さの中を歩き出すと、7〜8人の何処の国人か知らないが女性ばかりの白 い外人が群れを為して、同じ方向に黙々とトローリーケース(キャリー バッグなんて英語はない、念の為)を引きずって歩いていた。

こういう街にも彼らが宿泊する施設があるかと感心。同じ浅草線を目指す のかと思えば、人品骨柄卑しい(失礼)日本人の案内人は地下に行きたが る外国人たちを「ストップ」と怒鳴って止めていた。念の為に言っておく と、私ならば瞬間に”Hold it.”だったかも知れない。

蔵前から宝町まで8分。そこまでで我が家を出てから何と60分。理髪店に 着けばお馴染みの理容師さんに「お早いお着きで」と言われてしまった。 即ち、未だ11時を一寸回ったところ。こういう経路もあったかと、自分で 自分を少しだけ褒めても良かったかなと思った。この時間帯でも中央通り の延長線上には何名かの外国人を見かけた。当に”Theyareeverywhere.”で ある。

2時前に終わって外に出て、1974年に新設したM社の東京事務所を置いたビ ルが直ぐ近くなので、43年振りに訪れてみた、未だあの建物は残っている だろうかと。このオフィスは三越の内装部門に依頼して近代的な設計と国 産の有名メーカーの家具を用いた洒落たものだった。

だが、私は残念ながらそう長いことここにはいないで諸般の事情がありW 社に移っていった。そのSビルはあった。だが、最早築40年以上では建て 直しが必要ではないかと思いつつ、再び浅草線で新橋に向かった。

新橋では駅前の地下街で手洗いを探して彷徨ったのだが、ここにも多くの 外国人が歩き回っていたし、地上に出て小滝橋行きの都バスのバス停に向 かっても、新橋駅を出入りする外国人は引きも切らない。蔵前でもそう だったが、ここでも銀座でも有楽町でも白い外人の比率が我が新宿区と比 べれば圧倒的に高いのが特徴か。尤も、中国人か台湾人かと思しき家族連 れも相変わらず多い。

安倍総理はさぞかしこういう流れにはご満足かも知れないが、私は何処の 馬の骨かも知れない(は言いすぎかも知れないとは思うが)外国人の短期 滞在の旅行者が増え続けることは不安材料に思えてならない。数多く見か ける白い外人たちの服装と持ち物を見る度に思うことは「彼らは決して所 謂支配階層の人たちではない様子だから、遙か我が国までやってくる経済 的負担は大きいのではないのか」なのだ。それでも、我が国には彼らを惹 き付ける何かがあるのかと思う。

それにつけても一寸不思議に感じることがある。それは、我がW社には日 本とその市場を評価してあれほど頻繁に訪れて(出張の意味だが)いた連 中で、誰一人として引退後に個人的に訪れた者がいないのだ。何故だろうか。

家内の見解は「在職中に多くの場所を訪れたし日本食も試したので、今更 自費を投じて行くこともないと思っているのでは」だった。リピーターと やらにはならないのだそうだ。即ち、引退後には、それまでに訪れたこと がない国の行きたいのではないかということだそうだ。

新橋駅前を12:41発のバスで新大久保駅前に戻れば、そこにはアジア人か りの賑わい。帰宅は13:40頃だったか。それから遅い昼食。この街は欧米 人を惹き付ける魅力に乏しいのか、または好ましからぬ地域とでも見做さ れているのかと考え込まされた。

土曜日のバスの旅の走行時間は週日よりも15分ほど短ったが、車内では空 調が効いていて涼しかったので猛暑を忘れさせて貰えた。バスで移動すれ ば夏は涼しく冬は暖かいのが有り難い。

それにつけても思うことは、今や都内は何処に行ってもAPA HOTELがある し、総合的に部屋数は増えているようだが、違法民泊も横行しているよう だ。そうである以上、外国人受け入れ態勢は万全ではないのかと疑わせ る。だが、何処に行っても中国語と思しき言葉で話している者たちを中心 に外国人の旅行者を数多く見かける。私にはもうこの辺りで一度立ち止 まって、様子を見たらどうかと思うのだが、如何なものだろう。



 2)日米文化比較論から性悪説対性善説を考えると:前田正晶

言うまでもないことかも知れないが、アメリカは性悪説を信奉し、我が国 は性善説を信奉する世界でも少数派の国である。兎に角、人を信じていな いようだ。1週間ほど前にこの件を論じた際には些か説明不足だったので そこを補うべく、思いつくままに解りやすい具体的な例を挙げてみよう。


*人は万引きをする:

先ず感心したのが、アメリカの靴屋とデパートの靴売り場では、片方しか 陳列してないことだった。現地人?にも確認したが「これは万引き防止 策」(万引きをshop・liftingという)で、片方だけでは盗んでも意味が ないようにしているのだった。これでは、頭からお客は盗むと決めつけて いるではないかと、アメリカ人の思考体系に慣れていない間のことで大い に驚かされたものだった。

*お客は「無銭宿泊」をする:

次は「アメリカの性悪説の文化に不慣れな日本からの旅行者を屡々悩ます ホテルにチェックインする際に先ずクレデイットカードを提示してその番 号をインプリントしてしまうこと」を挙げたい。。こうすることで、仮令 そのお客が「泊まり逃げ」とでもいうか宿泊代金を支払わずに出て行って しまっても、クレデイットカード会社には請求できるのだ。ここでも「宿 泊客は無銭宿泊するもの」と決めつけている。

以前にも触れたが、クレデイットカードを持っていないお客からは宿泊数 に相当する分よりも多額の前渡金(deposit)を申し受けて安全を確保す る仕組みになっている。この性悪説の態度が我が国の性善説を信じておら れる方を立腹させるのだ。と言うのも「借金をするのを潔しとしない」方 はカードを持とうとはされないのだった。

換言すれば、現金決済が一般的である我が国とは異なり、アメリカでは カード乃至は小切手で支払う習慣が根付いているのだ。私は以前にスー パーで$3を小切手で支払っていた人の後ろに並んでしまい、時間がかかっ てイライラさせられたことがあった。

しかし、この人を疑うことの背景にあるアメリカ人の物の考え方を忘れて はならない。それは、彼らは「クレデイットカードも持てないような人物 は経済的に不安定である」と信用状態を疑うというか、ほとんど危ないと 決めつけているのだと思えば解りやすいだろう。即ち、「カード会社から カードの交付を拒絶されるような人を泊める訳にはいかない」と考えてい るようだ。

*お客を見たら泥棒と思う:

1990年に2度目にニューヨークに行った時にも感じたので、五番街などの 貴金属であるとか値が張る商品を商っている店には鍵かかかってるか、す だれ状の外が見えるようなシャッターが降りていてて買い物客が勝手に? 入っていけないのだった。

我々が前に立って覗き込むと、店主か店員か知らぬがじろりと品定めして から入店を許可してくれたのだった。これはNYは治安が悪いからそうする かと思えば、あれほど安定していたシアトルのテイファニーでも、ガード マンが入り口に立っていただけではなく鍵もかかっていた。

我が国は確かにこういうことにはなっていないが、昨今の大多数の監視カ メラの設置などを見ていれば、性善説信奉の我が国にも性悪説を導入せね ばならないほど治安がおかしくなってしまったのかと思わざるを得ない。 もしかすると、それも政府の方針として何千万人だったかの観光客を誘致 しようという切なる願いが為せる業かも知れない。



 3)外国人旅行者の増加を歓迎すべきか:前田正晶

私にはこの件で懸念していることがある。それは違法民泊と言うか隠れ民 泊の増加その1つだ。我がアパートですら既に1件摘発されていたのには 「矢張りか」と「驚き」の両方を感じた。公的な宿泊設備が不足すれば、 その筋の方々や既に住み着いている何処かの不良外国人たちが手がけても 不思議ではないと思うのだ。そうだからこそ、この東京・新宿百人町/大 久保地区には連日の如くにあのガラガラを引きずる白くない外国人たちが 出入りするのだろう。大久保通りから横道に入って見ろという指摘は随分 前にしてあった。

その他には、中国、韓国、東南アジア、バングラデシュ、パキスタン、ネ パール等の人たちは、無理をしてでも何とか我が国に一旦入れば「ここは 良い国」と思って法を犯しても帰らないのは当然だろう。1度ハラルフー ド店のバングラデシュ人に英語で尋ねてみたが「自分たちの国よりもこの 国は多少物価は高いが暮らしやすい」と答えた。英語が出来る自慢ではな い。彼らは元はと言えばUKの領土だったのだから、公用語のベンガル語以 外に英語は達者であるから、彼らの怪しげな日本語を聞くよりも話が早い と思ったからだ。

為政者は一度でもイスラム横町に来て視察すべきだと何度も言ってきた。 穏やかな無法地帯のようでもあるし、多くのハラルフード店の倉庫と思し き辺りの汚さはスラム街の如きだ。私も把握していなかったが、仏教国だ と思うネパールの料理屋も増えていた。最初にイスラム横町に出来た店に は1度入ってみて、2度と行くまいと思ったほど不味かった。

その急増したネパール料理店のオウナーの1人と思しき人物とは午前中に ジムで出会っている。彼に「あの店は良くない」と言ってみたら「料理店 が流行るか否かの分かれ道は、良い材料を使っているかいないかだ。往々 にして一度人気が出ると材料を落としたがるもの」と聞かされた。では あっても、私は彼らは知ってか知らずにか、我が国を食い物にしていると 疑っている。

大体、彼らイスラム教徒やネパール人たちは如何なるビザで滞在し、商い をしているのだろうか。行政機関や出入国管理局はこの現状をどう考えて いるのだろうか。

以上、2つの理由で、私はこれ以上の外国人に向かって「日本良いとこ一 度はお出で」キャンペーンを続けない方が良いと思うのだ。ここ新宿区百 人町/大 久保界隈に巣食う連中は、政治的な悪さはしないと思うが、そ うではない危険性を秘 めた国の連中が既に十分に増えてしまっているの ではないのか。



 4)亮次郎さん

金田勝年法相は、潟上市(旧昭和町)出身 秋田高校昭和43年卒です。

昭和43年卒には、もう1人刮目すべき人物がいます。

それは新日鉄住金社長、 進藤 孝生(こうせい)君です。

如何に衰退産業の鉄鋼業とは言え、天下の新日鉄。そのトップになる
には、周りから認められる実力と実績、人望と人徳、それにかなりの運
  が無ければ、無理でしょう。

同級生によると、中学(秋田大学付 中)時代は野球、高校ではラグビーを やっていたとか。ポジションは、ロックでキャプテン。
  
昭和42年彼の率いる紫紺のジャージーは、戦後初めて花園へ出場。

初戦村野工業(神戸)を22ー0で破ると、竜谷、福岡の強豪を蹴散らし、準 決勝では優勝校の天理と対戦。9-6で惜しくも敗れています。

何しろ天理は、中高一貫校。中学からラグビーをやっているんだから。

昭和28年夏 われらが同期チームも秋田工業を破りました。

私は偶々東京に居て、NHKラジオのニュースでこれを知りましたが、勝っ たのが市立や金足で秋田高校でなかったら、全国ニュースにはならなかっ たろうと思っています。毎年真夏になると思い出します。(新井 清勝)



 5)外国人旅行者の増加を歓迎すべきか:前田正晶

私にはこの件で懸念していることがある。それは違法民泊と言うか隠れ民 泊の増加その1つだ。我がアパートですら既に1件摘発されていたのには 「矢張りか」と「驚き」の両方を感じた。

公的な宿泊設備が不足すれば、その筋の方々や既に住み着いている何処か の不良外国人たちが手がけても不思議ではないと思うのだ。そうだからこ そ、この百人町/大久保地区には連日の如くにあのガラガラを引きずる白
くない外国人たちが出入りするのだろう。大久保通りから横道に入って見 ろという指摘は随分前にした。

その他には、中国、韓国、東南アジア、バングラデシュ、パキスタン、ネ パール等の人たちは、無理をしてでも何とか我が国に一旦入れば「ここは 良い国」と思って法を犯しても帰らないのは当然だろう。

1度ハラルフード店のバングラデシュ人に英語で尋ねてみたが「自分たち の国よりもこの国は多少物価は高いが暮らしやすい」と答えた。英語が出 来る自慢ではない。彼らは元はと言えばUKの領土だったのだから、公用語 のベンガル語以外に英語は達者であるから、彼らの怪しげな日本語を聞く よりも話が早いと思ったからだ。

為政者は1度でもイスラム横町に来て視察すべきだと何度も言ってきた。 穏やかな無法地帯のようでもあるし、多くのハラルフード店の倉庫と思し き辺りの汚さはスラム街の如きだ。私も把握していなかったが、仏教国だ と思うネパールの料理屋も増えていた。最初にイスラム横町に出来た店に は1度入ってみて、2度と行くまいと思ったほど不味かった。

その急増したネパール料理店のオウナーの1人と思しき人物とは午前中に ジムで出会っている。彼に「あの店は良くない」と言ってみたら「料理店 が流行るか否かの分かれ道は、良い材料を使っているかいないかだ。往々 にして1度人気が出ると材料を落としたがるもの」と聞かされた。では あっても、私は彼らは知ってか知らずか、我が国を食い物にしていると 疑っている。

大体、彼らイスラム教徒やネパール人たちは如何なるビザで滞在し、商い をしているのだろうか。行政機関や出入国管理局はこの現状をどう考えて いるのだろうか。

以上、2つの理由で、私はこれ以上の外国人に向かって「日本良いとこ一 度はお出で」キャンペーンを続けない方が良いと思うのだ。ここ新宿区百 人町/大久保界隈に巣食う連中は、政治的な悪さはしないと思うが、そう ではない危険性を秘めた国の連中が既に十分に増えてしまっているのでは ないのか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


24日の東京湾岸は曇天。


県立秋田高校は名うての進学校。私はその雰囲気に反発して小説を書いた りのど自慢に出場したりしていた。もちろんいっぱしの酔客でもあった。 喧嘩しない不良であった。初恋の人は秋田で医師夫人だ。

夏休み中の隣の中学校の校庭では23日の日曜日、近所の男たちが野球をし ていたが、中で車椅子に乗って守備に就いている人が4人もいた。車椅 子 と言えば、越してきたこのアパートは段差が多すぎる。車椅子の存在な ど意識しない古い時代感覚の設計なんだ。以前に住んでいたアパートは新 しかったから段差は一切無かった。

東京湾岸には23日午後小雨がぱらついた。実に久しぶりだった。

                      読者:573 
人。 








◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。