政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4414号  2017・7・15(土)

2017/07/15

     
□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4414号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月15 日(土)



          毎日カップ麺なら良い政治家か:阿比留瑠比

          自民に「大型倒閣議連」は出来まい:杉浦正章

      郭文貴の暗殺、強制送還は無理と分かって:宮崎正弘 
            
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4414号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





         
━━━━━━━━━━━━━━
毎日カップ麺なら良い政治家か
━━━━━━━━━━━━━━


        阿比留 瑠比

毎日カップ麺なら良い政治家か 「恣意的な切り取り報道」こそメディア 不信の元凶

古今東西、為政者はそしられ、揶揄(やゆ)の対象とされるものだろう が、同じようなパターンの批判が繰り返されると鼻につく。産経新聞自身 の反省も込めて少々記しておきたい。自民党が大敗した東京都議選投開票 日の2日夜、安倍晋三首相が都内のフランス料理店で会食したことが、や り玉に挙げられている件である。

フランス料理に批判

「夜の会合に連日行き、一晩で何万もするような高級店に行っている。 庶民の感覚とかけ離れている」

これは、安倍首相に投げかけられた言葉ではない。平成年20年月10当時の 麻生太郎首相が記者団から受けた質問である。このころ、麻生氏は ホテ ルのバー通いなどが問題視され、メディアから「庶民感覚がない」 「カップラーメンの値段を知らない」などと責め立てられていた。

 今回、安倍首相は同様に「ぜいたくだ」「落選した候補者の気持ちが分 からない」などと攻撃された。首相は就任前の24年9月、自民党総裁選 決起集会で験担ぎのカツカレー(3500円)をホテルで食べた際にも、 テレビのワイドショーなどで散々いじられていたが、そこに、政治の何の 本質があるというのか。

 会合場所が安居酒屋だったり、食事がカップめんだったりすれば、政権 運営はうまくいくのか。苦い肝をなめ、固い薪の上に寝れば国民の暮らし はよくなるのか。そんな道理はない。

2
ジャーナリストの池上彰氏は22年9月、就任後にも行きつけのラーメン 店に行った菅直人首相(当時)を「庶民派」だと持ち上げたが、たとえば 菅氏の23年6月29日の夜日程は次のようである。

 まず7時21分に東京・赤坂のすし店で会食し、9時16分から東京・ 六本木の焼き肉店へとはしごし、さらに10時16「分からは伸子夫人も合 流して、近くのイタリア料理店で11時25分まで1時間以上過ごしている。

まだ同年3月に起きた東日本大震災の傷痕も生々しい時期に、高級店で 飽食の限りを尽くしている。菅氏の健啖(けんたん)家ぶりは極端にして も、メディアは切り取った部分によって、その政治家を庶民派ともどうと でも描ける。無意味で恣意(しい)的な切り取り報道は、大事な点を見え なくする。(論説委員兼政治部編集委員)
  産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】7.14



━━━━━━━━━━━━━━━
自民に「大型倒閣議連」は出来まい
━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

石破は孤立気味となった 改造後の支持率上昇が重要

大統領ドナルド・トランプの長男であるドナルド・トランプJrがTwitter でCNNのロゴを貼り付けたロシアのジェット機をトランプが攻撃する動画 を公開している。トランプは「お前はクビだ!」という決めゼリフを吐 き、ミサイルを発射、撃墜している。

さしずめ首相・安倍晋三がやるとしたらマスコミは1社にとどまらないか ら、敵が多すぎる。自民党内なら主敵は石破1人だから簡単に撃墜できる。

冗談はともかくとして、各派領収の中で石破の“孤立”が著しい。なぜ孤立 しているかと言えば、このところ朝から晩まで口を開けば安倍批判を繰り 返す“特異”な存在となっているからだ。メディアは何とかして「安倍降ろ し」政局を実現したいからやんやの喝采を送るが、党内的には“浮いて”し まっているのだ。

昔の長期政権でも浮いた人がいた。佐藤政権時代の外相三木武夫だ。佐藤 は政権当初は三木への禅譲を示唆していたが、その後次第に福田赳夫と田 中角栄を競わす形で“育成”をはかりだした。

総裁選で佐藤が3選に出馬することが分かると、やっと禅譲はないことを 知った三木は「男は1度勝負する」と外相を辞任して出馬した。佐藤はな んと国会で「三木君を外相に起用したことだけは不明のいたりであった」 と答弁。総裁選は佐藤が圧勝して三木は以後干された。

しかし結果的には首相になれたのだから、三木は「いい勝負」をしたこと になる。

安倍は紳士だから石破に対して「閣僚に起用して不明のいたり」 などとは 言わないが、不愉快であることは間違いあるまい。石破は三木のように 「いい勝負」をしたいに違いない。

13日も「負けに不思議の負けなしだ。都議選の結果をどう考えるかという 機会を党全体として持たないと記憶は薄れる」と発言した。明らかに安倍 の責任を問おうという構えだ。

しかし、党内は「第一義的には小池にやられた」 (党幹部)という見方が支 配的であり、副次的に安倍側近らの責任に言及する程度だ。それも公言す る者は少ない。

こうした中で麻生の読みは早かった。都議選開票日の2日夜安倍と、菅義 偉、甘利明との会合で明らかに安倍支持と受け取れる姿勢を示し、その後 も「安倍政権をど真ん中で支えてゆく点で一点の乱れもない」と言い切った。

一方外相・岸田文男も13日の同派会合で「数字や批判に一つ一つ振り回さ れるのは情けない限りだ。安倍政権をしっかり支え、与党の責任を果た す」 と言明して、安倍支持を鮮明にした。

岸田は「安倍支持」を2度にわたって繰り返している。明らかに現段階での 安倍退陣は無理と判断、“禅定路線”の追求となった。自民党幹事長・二階 俊博に至っては都議選前の2月の段階から「支障がない限り3選支持は間 違いのないわれわれの方針だ。

国際的に見ても首相が進めている外交は今のところどれ一つ取ってみても 非の打ち所がない」と延べ、いち早く支持している。都議選敗北後に発言 しないのは敗北の責任が自らにあるからにほかならない。

こうしてこれまでに合計して250人に近い派閥の領袖が支持を表明するに 至っている。そもそも政権を引きずり下ろそうとした場合、自民党内には 議員連盟が出来て、これが核となって反政権の戦いを展開するケースが多い。

「三木おろし」の挙党体制確立協議会(挙党協)が有名だし、「宮沢降ろし」も 「政治改革議員連盟」が出来て、内閣不信任案の可決へと導いた。石破が吠 えまくっても、不満分子は集まって気勢を上げる可能性はないではない が、大きな倒閣議員連盟が出来るような動きには発展しそうもない。

むしろ党内は内閣改造へと焦点が移りつつあるように見える。党内には 「石場さんは来年の総裁選に立候補しても20人の推薦人が集まるのか」と いう声すら聞こえる。テレビばかり見ているとまるで石破が党内をリード しているかのように見えるが、実情とは天地の差がある。

こうした党内の空気を読み取ってか安倍は13日、野党が求めている衆院 予算委員会の閉会中審査に月内に出席する意向を固め、国対委員長竹下亘 に伝えた。竹下は当初から審査を拒否する方針であったが、安倍の意向を 尊重した。安倍は自信がなければ出来ない対応である。

安倍はこれまで加計学園の今治市誘致に関連して「もし私が働き掛けて決 めたならば責任を取る」と究極の発言をしており、野党の質問を突っぱね るものとみられる。その上で8月初旬に改造に踏み切るものと予想される。

今回の改造ほど長期政権を維持出来るかどうかのカギを握るケースは珍し い。まず改造で支持率が上がるかどうかがポイントだ。これまで安倍は 14年、15年、16年の改造で下降気味の支持率を上昇させてきた。

今回の支持率下落は側近の疑惑やヒステリー女が足を引っ張ったケースで あり、安倍本人を直撃するものではない。いわば指導責任が問われている だけであり、改造に成功すればおそらく読売と産経の支持率は上昇するだ ろう。

しかし、朝日、毎日、TBS、テレビ朝日がすぐに上がるかどうかは微妙 だ。もともと世論調査などはいい加減なところがある。編集方針によって 恣意的に動くのだ。調査員の言葉遣いや聞き方の順序で回答者の反応が異 なるからだ。これらの反安倍メディア対策も長期政権維持には欠かせな い。安倍は3日に毎日とのインタビューに応じているが、あの手この手で メディアの敵を少なくしてゆくことも重要だ。 


           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
郭文貴の暗殺、強制送還は無理と分かって
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月14日(金曜日)弐
        通算第5355号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 郭文貴の暗殺、強制送還は無理と分かって
  中国は法廷戦、宣伝戦をアメリカで仕掛けた
*********************************

ノーベル賞受賞の劉暁波が病死して、世界は悲しみに沈んでいるが、中国 国内ではネットでの意見が削除され、胡耀邦死去直後に起きた民主化運動 の組織化はおきそうにない。未然にそれを防ぐために、劉暁波を刑務所か ら出して一流病院に入院させ、病室をメディアに公開したりして、世論工 作を巧妙に展開した。

独裁者にとって次なる頭痛の種は米国へ逃亡して次々とメディアに登場 し、共産党高官の悪事をばらしている男、郭文貴である。

「暗殺するには有名すぎる」

「強制送還には米国は応じないだろう

となれば、郭の名声を地に落とすには、法廷を利用することだ。

中国は法廷闘争を命じた。パシフィック・アライアンス・ファンドは郭に 騙されて損害を出したとして8800万ドルの訴訟をニューヨーク地裁におこ した。おなじく大手HNAも郭を提訴した。いまNY地裁だけでも15億ド ルの損害賠償訴訟を起こされている。

つぎに高官の愛人、情婦などと書かれた有名女優等が名誉棄損で郭文貴を 訴えた。なかにはハリウッド女優人気7位という氾氷氷(Xmen 主 演)やベテラン女優の許晴らが含まれている。

薄煕来、周永康事件のおりに自家用機で女優を運んだなかにチャンツォ イーが含まれたとして、彼女はそれを報じた在米メディアを名誉棄損、虚 偽報道で訴え勝訴したことがある。

郭文貴はニューヨークのど真ん中にペントハウスを構えるが、手元不如意 のため7800万ドルに売りに出している。買い手がつかない様子である。
 
(註 氾氷氷の「氾」には草冠。「氷」は「にすい」)
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 「加計学園」問題では「マスコミの報道しない自由」が存 分に発揮されています。
産経新聞によると問題の本質は既得権益擁護ために行政を歪めてきた文科 省と獣医師会にあるのに、それを指摘した「ゆがめられた行政が正され た」という加戸守行前愛媛県知事発言を朝日・毎日はまったく報道してい ない。
この件については「短足おじさんの一言」のブログによくまとめられてい ます。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1413.html
 参議院での閉会中審査における青山繁晴議員と参考人加戸・前川両氏へ の質問と回答は「ぼやきくっくり」さんブログより引用、全文文字起こし 紹介しています。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2080.html#sequel

加戸守行氏の発言で驚きだったのが東西での獣医師の偏在問題とアメリカ 対する獣医師養成の遅れの問題。

『当時から私が大変疑問に思いましたのは、まず、獣医師の養成が、私 は、こういう言葉を使いましたけれども、箱根の関所から東を関東と言っ てました。箱根の関所から東で、8割の入学定員があり、箱根の関所から 西の方には、2割の入学定員しかなくて、しかも、私学は、水増し入学は しますから、実質的には、養成される獣医師の数は、箱根の関所から東 は、80数パーセント、場合によっては90%近くが、そちらで徴集。で、空 白区は、四国であります。獣医師が確保できない。県知事として、いろん な対応をしても、とにかく、たとえば、地方公務員は、競争試験が原則で すけれども、獣医師はもう、無試験でもいいから、どうぞどうぞと言って も、来ていただけない。で、獣医師会の反対は何かと言ったら、処遇しな いからだと。じゃあ、愛媛県だけは、あるいは四国は、獣医師の給与体系 を、国家公務員の獣医師よりも、上回る体系を作ることができるのか。そ れは、じゃあ、獣医師が充足された時は給料を下げるのかと。給料の問題 は、愛媛は給料が安いから行かないんだよとか、奨学金を出さないから行 かないんだよと。全部東京へ来たら、養成して帰?
 &?u桿@・ぁ・と ・ういうことでいいのぁ・ってことぁ・とつ ・・・ 臓,修譴・蕁⊃靴靴こ愽瑤呂任?覆い箸いΑ△修譴眸紳个気譴覆・藐・討泙 靴拭・任癲⊆・・・呂匹Δ任△辰燭里・反修珪紊欧襪搬臺儷化未任垢韻譴匹 癲・膤惷擬・猟螳・蓮☆・碓年前と今日と、変わらないままで、アメリカ は必死にやってるのに、据え置いたままで、新しいのはつくるなつくるな と。で、今回のケースにしましても、はるかに多い獣医学の教官をつくっ て、感染症対策なり、あるいは、ライフサイエンスなり、あるいは動物実 験による創薬の研究なりと、幅広い学問をやるスタッフを揃えようと思っ ても、それにブレーキをかけるっていうのが、私には理解できない。それ ならば自分達で、なぜこの10年の間に、アメリカに遅れないように、ス タッフを揃えないんですかと。いまのままで置いておいて、今治にはつく るなつくるなって言う。これはあまりにもひどいではないかっていうの が、私の思いでありました』

 現在はマスコミ総動員体制での倒閣運動中の様相、自民党内からも北朝 鮮訪問時に女を要求したとされる石破茂がしゃしゃり出てきました。
新聞・テレビしか見ない高齢者と女性層で自民党支持率が激減というのも 納得です。中朝韓との武器によらない戦争が進行中のようです。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)アンチ安部、頭角目標の背後に某国のインテリ ジェンス戦略があることは、周知の事実ですが、しかし日本のメディアの 劣化は救いがないですね。
 嬉しそうな某国系メディアの一例を紹介します。
 「安部四面楚歌、面臨危機或提前下台」(多維新聞、7月13日)。


          
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎「民進党解党」も? 蓮舫氏「戸籍謄本」公開で党内外バトル勃発

民進党の蓮舫代表がやっと公開する気になった「戸籍謄本」で、もう一悶着(もんちゃく)ありそうだ。蓮舫氏は25日に開く党両院議員総会で事実関係を説明後、近く謄本を公開し、身の潔白を証明するという。これで幕引きを狙っているが、党内外で「公開賛成派」と「公開反対派」がバトルを始めたのだ。着地点を見誤れば「蓮舫降ろし」や「民進党解党」にも結びつきかねない状況になってきた。

有田芳生参院議員「戸籍というもっともプライバシーに属することの公開を強いられて、それが一般人へのさらなる攻撃材料になる」

有田氏は12日、蓮舫氏の戸籍公開について、ツイッターで反対意見を述べた。法政大の山口二郎教授も「『真正たる日本人たれ』という同調圧力」に屈するべきではないと、戸籍公開に反対した。

山口氏の激烈な反対論に、原口一博衆院議員が真っ向から対立した。

「差別への同調圧力に屈したなどと言う話では全くありません」「二転三転したと言われた初動の誤りを省みてより確かな説明責任を果たそうとしている」

冷静な分析であり、日本国民の代表である国会議員としても、野党第1党の党首としても、当然の責務だろう。

夕刊フジで昨年8月、蓮舫氏の「二重国籍」問題をいち早く指摘し、政治的資質に疑問を投げかけてきた評論家の八幡和郎氏は「これは第2ステージの開幕にすぎない」と語っている。

“選挙の顔”として代表に選ばれた蓮舫氏だが、今年最大の政治イベントだった東京都議選では、民進党は改選前の3分の1以下になった。蓮舫体制は1年になるが、党勢は一向に回復しない。戸籍公開が中途半端だった場合、壮絶な内ゲバに発展しそうだ。
写真−戸籍公開でも蓮舫氏をめぐる騒動は収まりそうにない 戸籍公開でも蓮舫氏をめぐる騒動は収まりそうにない
<http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170714/soc1707140020-p1.html?ownedref=article_not%20set_newsPhoto>http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170714/soc1707140020-p1.html?ownedref=article_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2017.7.14 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎北海道で10日連続真夏日 7月では20年ぶり

津別町と本別町で35・1度 札幌市中心部も33・5度

道内は14日、正午までにオホーツク管内津別町と十勝管内本別町で35・1 度の猛暑日となるなど、85地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。 道内の真夏日は10日連続。猛暑日は7月に入って4日目。札幌管区気象台に よると、道内で7月に10日続けて真夏日を観測するのは1997年以来20年ぶ り。また、7月に猛暑日を4日記録するのは2004年以来13年ぶり。

14日正午までの最高気温はほかに、十勝管内足寄町で34・7度オホーツク 管内遠軽町と佐呂間町で34・3度、帯広市で34・1度、北見市で33・9度な ど。札幌市中心部も33・5度と2日連続の真夏日を観測した。
.北海道新聞 7/14(金) 10:55配信


 ◎【石平語録/Twitter】− 中国問題評論家 石平太郎氏の言葉 @liyonyon_bot

今日の朝日新聞に女優の奈良岡朋子さんが登場して、「劇場で喋るセリフ を警官が中止と言ったら芝居が出来ないのではないか」と言って秘密保護 法を批判した。ここまで来たら、彼らの「秘密保護法批判」はもはやデタ ラメの領域を超えて、単なる好き放題の妄想と妄言の極限に達している。 呆れたものだ。
8:16 - 2017年7月14日

私が神戸大学の大学院で留学した時、院生となった外国人留学生のほぼ全 員は日本の政府か様々な民間団体から返済義務のない奨学金をもらってい るのに、日本人院生の誰1人もこのような優遇を受けていない。日本社会 はむしろ、日本人にたいする「逆差別」をやっているのではないかと思う ほどだ。
9:16 - 2017年7月14日

世界で最も影響力がある旅行雑誌の一つ米「トラベル+レジャー (T+L)」は2日、読者による世界の観光都市の人気投票で今年、京都 市が初めて1位になったと発表した。まったく喜ばしいことである。京都 は私にとっても日本文化開眼の地、嵯峨嵐山に住む三年間は、自分の人生 の至福の時代であった!
7:16 - 2017年7月14日

米中の軍事対立、貿易戦争はもはや不可避!チャイナ・ウォッチャー二人 の最新予測!  内容紹介より いよいよトランプが習近平を退治する! 
7:00 - 2017年7月14日

中国では、歴史的な大虐殺が何度もありました。……そういう所を掘り返す と、たしかに人骨がいっぱい出てくるんです。面白いことに、二千年前の 記述でも嘘じゃなくて、必ず出てくる。しかし、南京から何十万体の骨が 出てきたなんて話、一つも聞いたことがない
5:16 - 2017年7月14日
〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎<米仏首脳会談>テロ根絶へ協調 「パリ協定」溝は埋まらず

【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は13日、米国のトランプ大統領 とパリのエリゼ宮(大統領府)で会談し、テロ根絶に向けて協調すること を確認し、両国の同盟関係をアピールした。トランプ氏が離脱を表明した 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を巡る溝は埋まらなかった。

 トランプ氏は、会談に先立ちナポレオン1世のひつぎがある廃兵院でマ クロン氏に出迎えられた。両首脳は互いの背中に手を回し、笑顔で会話す るなど友好的な雰囲気で会談に臨んだ。

会談では、テロ根絶に向けて引き続き取り組んでいくことや、内戦や過激 派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が続くシリアやイラクについ て、紛争解決後の政情安定化に向けたロードマップ(行程表)を策定する ことなどで合意した。

 一方、ドイツで今月開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サ ミット)では、地球温暖化対策を巡り米国の孤立が鮮明化。マクロン氏は 会談前から、トランプ氏の「説得」に意欲をみせてきた。

 だが、会談後の記者会見でマクロン氏は、温暖化対策を巡り「話し合い を続けることが重要だ」と述べ、依然として意見の不一致があることを認 めた。

 トランプ氏はパリ協定について「よく話し合ったうえで何かが起これば 素晴らしい。何も起こらないならそれでいい。様子をみてみよう」と述 べ、今後も話し合いには応じていく姿勢をみせた。

 両首脳はフランス革命記念日の14日、パリ中心部のシャンゼリゼ通りの 軍事パレードに参加する。パレードには、第一次世界大戦の連合国側への 米国参戦から100年を記念し、米軍兵士も行進する。

毎日新聞 7/14(金) 10:31配信




━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)安倍一強の限界は何処に:前田正晶

12日夜のPrime Newsが「安倍一強の限界」いう題名だったので、誰が出て きて何を言うのかと多少の興味があり、パシフィックリーグの首位争いで あるソフトバンク対楽天の野球の観戦は二義的にした。

出てきたのは確かに元と現大学教授等のそうそうたる論客が揃い、中々の もだった。だが、しかし論客の方々はBSフジの選択にしては御厨氏を始め としてプロ安倍とは言いにくい方が多かったと思う。

色々と今日の支持率の急落の原因を解説して貰えたが、8月3日予定されて いる内閣改造等々についても、時々は朝日か毎日かと思うようなこと論じ られていた。

私の独断と偏見では、反町に最も近い席に座っていた御厨氏はTBSの「時 事放談」の司会を長年勤めていた(もう随分長いこと見ないことにしてい る)ほどだから、真ん中よりはリベラルによった方と決めつけているの で、多くは期待できなかった。

それにしても、あれほど多くの(と言っても4名だったが)論客を集めて 長時間語らせた割りには森友に始まって加計等々の安倍内閣と自民党のオ ウンゴールについて、野党と偏向した新聞とテレビがあれほどしつこく且 つ大袈裟に内閣と自民党批判のキャンペーンを繰り広げ、籠池氏を野放し にしたかと思えば前川前文科省事務次官を正義の味方として崇め奉った効 果でたことに、誰一人として言及しなかったのは意外だった。

あれでは、事前に局側と念入りに脚本を練り上げてあったのかと疑いたく なった。私は安倍内閣の支持率の急落の背景にはオウンゴール等々による 失点があったことは疑いようもない事実だと見做している。だが、あの野 党とメデイア連合の飽くなき空疎な責任追及や忖度叩きが大いに貢献した と信じて疑わない。私はメデイアが意図的にあのキャンペーンで安倍一強 の限界を狭めようとしていたとすら言えると思っているのだが、間違って いるだろうか。

13日夜の彼ら論客の方々はそのメデイアのうちであるBSフジに出ていれば こそメデイア批判は遠慮したのか、あのしつこいキャンペーンは無視して 良い程度の材料とでも判断されていたのかと考えながら聞いていた。

聞き所と思ったのは成田憲彦氏が「内閣を改造して支持率が上がった例は ない」という意味のことを言われ「今更改造することがどれほど支持率持 ち直しになるか」と牽制して見せた辺りかと思ったのだ。フジサンケイグ ループは一体どちらの側に立っているのだろうかと考えさせられた。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


15日の東京湾岸は快晴、爽快。

14日夜は、家人の次姉の招きで自由が丘の焼き肉店で満腹。

                          読者:5728人











◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。