政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針

2017/07/09

     
□■■□──────────────────────────□■■□   わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4408号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月9日(日)



       “自衛隊の保持”を明記すべき火急の時:加瀬英明

        米国防総省の報告に見る中国の脅威:櫻井よしこ

                大荒れのハンブルグ:宮崎正弘

           「軍事同盟」で退陣した内閣:渡部亮次郎    
                       
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4408号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“自衛隊の保持”を明記すべき火急の時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             加瀬 英明

5月3日の憲法記念日に、安倍晋三首相が2020年までに憲法を改正して、 改正憲法を施行したいと述べて、第9条1項と2項をそのままにして、3 項として自衛隊を保持することを加えることを、提言した。

9条1項は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」、2項は「陸 海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めな い」と定めている。

私は『美しい日本の憲法をつくる東京都民の会』の共同代表を、下村博文 先生、長谷川美千代先生とつとめているから、これから述べることは、私 見であることを前置きしたい。

私は第9条1、2項を改めずに、自衛隊の存在を3項として新しく加える という、安倍首相の提言に双手をあげて賛成したい。

北朝鮮危機が募るなかで、5月にヘリコプター搭載護衛艦『いずも』が、 安保関連法のもとで米艦を護衛する任務を与えられて、横須賀を出港し た。テレビのニュースで映像が放映されたが、艦尾の旭日旗が目に染みた。

新聞、テレビがすでに4月に入ってから、海上自衛隊と航空自衛隊が、米 艦や、米空軍の爆撃機を護衛する共同訓練を実施してきたことを報道して いた。

日本の若者が生命(いのち)を賭けて、任務についているのだ。

現行の日本国憲法は、誰もが知っているように、アメリカが占領下で自由 意志を奪われていた日本に、押し付けたものだ。

マッカーサー元帥が、占領下にあった日本について、「日本は12歳の少 年だ」と公言したことは、有名だ。この発言は、占領下の日本の新聞各紙 に大きく載っている。
 
現行憲法は日本が自前の軍隊を持つことを禁じているが、アメリカは未来 永劫、日本という“少年の国”を半独立国化して、アメリカが守るつもりで いた。

護憲派の人々は、気づいていないのだろうが、恥しいことにアメリカに対 する属国根性を丸出しにして、アメリカに甘えている。

多くの現行憲法を護りたいと願っている純朴な善男善女が、現行憲法は平 和を願う真摯な祈りであると、信じているのだろう。

ところが、現実は厳しい。国民の生命と安全をただ祈るだけでは、守るこ とはできない。

核実験と弾道ミサイルの試射を繰り返している北朝鮮も、隙あれば尖閣諸 島を奪おうと狙っている中国も、自国民の自由を力によって抑えつけてい る、一党独裁政権のもとにあって、自国民を武力を用いて従わせている政 権は、外に対して武力を使うことを躊躇しない。

今年は日本が対日講和条約によって、独立を回復してから、65年目に当た る。もちろん、アメリカはもはや今日の日本が12歳の少年だと、みなして いない。

今日のアメリカは、日本が攻撃を蒙った時には、アメリカだけではなく、 日本もアメリカ軍と一体になって、日本を守るために戦うことを期待して いる。もし、日本がそうしなければ、アメリカは日本を放棄しよう。

日本国民は日本が危機に陥った場合に、自衛隊員が戦うことを期待してい る。それなのに、憲法に自衛隊の存在が書かれていないのは、自衛隊員に 対して残酷なことだ。

9条2項と矛盾しようが、火急な場合だ。自衛隊を保有することを、3項 で規定しよう。



         
━━━━━━━━━━━━━━━━
米国防総省の報告に見る中国の脅威
━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

米国防総省が6月6日、「中国の軍事情勢」に関する年次報告書を発表し た。海洋、宇宙、核、サイバー空間の4分野を軍事戦略の要として、中国 が世界最強の国を目指して歩み続ける姿を描き、警告を発している。
  
報告書は、中国の目標が米国優位の現状を打ち砕くことだと分析し、その ために中国は、サイバー攻撃によって、軍事技術をはじめ自国で必要とす る広範な技術の窃取を行い、知的財産盗取を目的とする外国企業への投資 や、中国人による民間企業での技術の盗み取りなどを続けていると、驚く ほど率直に告発している。

この件に関して興味深い統計がある。中国政府は長年、経済発展を支える イノベーション重視政策を掲げてきた。2001年から複数回の5か年計画を 策定し、研究開発費をGDP比で20年までに2・5%に引き上げようとして きた。だが、目標は一度も達成されていない。理由は、彼らが必要な知的 財産を常に他国から盗み取ることで目的を達成してきたために、自ら研究 開発する風土がないからだとされている。
  
ただ、どのような手段で技術を入手したかは別にして、中国が尋常ならざ る戦力を構築しているのは明らかだ。中国は世界で初めて宇宙軍を創設し た国だ。米国家情報長官のダニエル・コーツ氏は今年5月、「世界の脅威 評価」で、ロシアと中国はアメリカの衛星を標的とする兵器システム構築 を宇宙戦争時代の重要戦略とするだろうと報告している。
  
15年末に、中国は「戦略支援部隊」を創設したが、それはサイバー空間と 宇宙とにおける中国の軍事的優位を勝ち取るための部隊だと分析されている。
  
国防総省の報告書は、中国を宇宙全体の支配者へと押し上げかねない量子 衛星の打ち上げに関しても言及しているのだ。

大中華帝国の創造

 昨年、中国は宇宙ロケットを22回打ち上げ、21回成功した。そのひとつ が世界初の量子科学実験衛星の打ち上げだった。量子通信は盗聴や暗号の 解読がほぼ困難な極めて高い安全性が保証される通信である。「仮に通信 傍受を試みたり、通信内容を書き換えようとすると、通信内容自体が?崩 壊?する。理論的にハッキングはまず不可能」(産経ニュース16年9月3 日)だと解説されている。
  
量子衛星打ち上げの成功で、地球を包み込んでいる広大な宇宙を舞台にし た交信では、どの国も中国の通信を傍受できないのである。
  
 中国は07年に地上発射のミサイルで高度860?の自国の古い気象衛星を 破壊してみせた。攻撃能力を世界に知らしめたのだ。衛星破壊をはじめと する中国の攻撃の狙いは、「敵の目と耳を利かなくする」こと。違法な ハッキングで世界中の技術を盗んできた中国が、選りに選って絶対にハッ キングされない技術を持てば、世界を支配する危険性さえ現実化する。

 中国は現在独自の宇宙ステーションを構築中だが、来年には主要なモ ジュールの打ち上げが続く見込みだ。東京五輪の2年後には、中国だけの 宇宙ステーションが完成すると見られる。さらに、中国は月に基地をつく る計画で、月基地の完成は27年頃と発表されている。習近平氏の「中国の 夢」は、21世紀の中華思想の確立であり、宇宙にまで版図を広げる大中華 帝国の創造ではないのか。
  
中国の遠大な野望の第一歩は、台湾の併合である。その台湾に、国防総省 報告は多くの頁を割いた。「台湾有事のための戦力近代化」(Force Modernization for a Taiwan Contingency)という章題自体が、十分注目 に値する強いタイトルだ。付録として中国と台湾の戦力比較が3頁も続い ている。
  
 台湾と中国の軍事力は比較にならない。中国の優位は明らかであり、将 来も楽観できない。たとえば現在、台湾は21万5000人規模の軍隊を有する が、2年後には全員志願兵からなる17万5000人規模の軍隊を目指してい る。しかし、この縮小した規模も志願兵不足で達成できないだろうと見ら れている。他方、中国は台湾海峡だけで19万人の軍を配備しており、人民 解放軍全体で見れば230万人の大軍隊である。
  
台湾、南シナ海、そして東シナ海を念頭に、中国は非軍事分野での戦力、 具体的にはコーストガード(海警局)や海上民兵隊の増強にも力を入れて きた。
  
10年以降、中国のコーストガードは1000?以上の大型船を60隻から130隻 に増やした。新造船はすべて大型化し、1万?を優に超える船が少なくと も10隻ある。大型船はヘリ搭載機能、高圧放水銃、30?から76?砲を備え ており、軍艦並みの機能を有し、長期間の海上展開にも耐えられる。
  
ちなみに1000?以上の大型船を130隻も持つコーストガードは世界で中国 だけだと、国防総省報告は指摘する。海警局は、もはや海軍そのものだ。

ローテクの海上民兵隊
  
海警局とは別に海上民兵隊も能力と規模の強化・拡大を続けている。事態 を戦争にまで悪化させずに、軍隊と同じ効果を発揮して、海や島を奪うの が海上民兵隊である。
  
 彼らは人民解放軍海軍と一体化して、ベトナムやフィリピンを恫喝す る。16年夏には日本の尖閣諸島周辺にまで押し寄せた。国防総省報告は、 この海上民兵隊に重要な変化が表れていることを指摘する。かつて海上民 兵隊は漁民や船会社から船を賃借していた。それがいま、南シナ海に面す る海南省が、84隻にも上る大型船を海上民兵隊用として発注した。独自の 船を大量に建造しているのだ。
  
海上民兵隊は南シナ海を越えて尖閣諸島や東シナ海、さらには小笠原諸 島、太平洋海域にも侵出してくる。
  
宇宙軍と量子衛星、そして海上民兵隊。ハイテク戦力とローテク戦力を併 せ持つ中国が世界を睥睨しているのである。サイバー時代においては、先 に攻撃する側が100%勝つのである。その時代に、専守防衛では日本は自 国を守れないであろう。
  
 日米同盟はいまや、責任分担論が強調される。アメリカはかつてのアメ リカとは異なる。国家基本問題研究所の太田文雄氏が問うた。

「仮にアメリカのトランプ政権が、?ハイテクの宇宙・サイバー空間にお ける脅威はアメリカが対処する。そこで責任分担で、ローテクの海上民兵 隊には日本が対応してほしい?と言ってきたら、わが国はどうするので しょうか」
  
 日本を守る力は結局、日本が持っていなければ、国民も国土も守りきれ ない。そのような事態が近い将来起きることは十分にあり得るのだ。
  
 折りしも安倍晋三首相が自民党総裁として憲法改正論議に一石を投じ た。この機会をとらえて、危機にまともに対処できる国に生れかわるべきだ。

『週刊新潮』 2017年6月22日号  日本ルネッサンス 第758回



      
━━━━━━━━━
大荒れのハンブルグ
━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)7月8日(土曜日)
        通算第5345号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 大荒れのハンブルグ、場外乱闘で警官160人が負傷
  トランプ大統領、プーチン、安部、文らとの会談を次々とこなす
*********************************

 7月7日、G20(主要20か国・地域首脳会議)がドイツ・ハンブルクで 開催され、初のトランプvsプーチン会談が行われるなど、話題は豊富 だった。

トランプは大統領選挙中のロシアのハッカー部隊の妨害を追求したとされ るが、同席したティラーソン国務長官の記者会見ではプーチンが否定した という。

日米韓の3ヶ国首脳会談が同時に行われ安部首相、米国のトランプ大統 領、韓国の文在寅が夕食を挟んで会談した。

この3ヶ国首脳会議では大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を繰り返 す北朝鮮に対し、「圧力を強めること」で一致したものの具体的な制裁措 置など合意は得られなかった。

この会談はトランプ大統領が夕食会を提案しておこなわれたもので、実に 三時間に及んだ(トランプvsプーチン会談は2時間だった)。

また別途に行われた日韓首脳会談は僅か35分だった。

最終決着ができている慰安婦問題を文在寅が「韓国の情緒的な国民感情が 許さない」としてこりもせずに持ち出したため、「意見は折り合わず」 (コリアヘラルド)、「北への圧力では一致したが、意見の食い違いは慰 安婦問題で見られた」(コリアタイムズ)となった。

日韓両国のシャトル外交は、六年の空白があり、今後は1年に1回のシャ トルの復活が謳われただけにとどまった。
 ひきつづき日中首脳会談は8日に開かれる。

         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    

 沖縄反基地闘争に蔓延る左翼ペテン師たちの正体
  テレビも新聞もフェイクニュースの発信源。嘘ばかりだ

  ♪
長谷川幸洋 vs ケント・ギルバート『大放言!』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

テレビで評判をとった番組の発言当事者が左翼偏向マスコミの本質をばっ さりと斬り合う趣向が凝らされ、激論、激辛なトーンでフェイクニュース の本質に潜む左翼の陰謀を俎上に載せる。
 快刀乱麻だ。

発端はある番組で「正論」を述べたところ、長谷川氏が東京新聞で降格人 事となり、社会問題化した。このような事件を見ていると「日本にはたし て言論の自由はあるのか?」と誰もが疑うだろう。

評者(宮崎)はテレビを見る習慣がないので、この事件を本書を読むま で、まったく知らなかった。

ケントさんとは4半世紀を超える付き合いだが、長谷川氏のことはまるで 知らない。東京新聞の論説副主幹だったことを初めて知ったほど。あの朝 日より左のバカ新聞に、こういう真面目な人がいるんだというのが評者の 初印象である。
 東京新聞は評者が学生時代はまともな新聞だった。文化欄は充実してい たし、梅原一雄、漆原成美らの論客、「こちら特報部」には上之郷某ら花 形記者がいた。
それがおかしくなったのは中日新聞が買収し、名古屋から進駐軍がやって きたあたり。ならば中日新聞が左傾したのは、革命勢力が強いからかと言 えば、そうではなく、伝統的に尾張?川家の中央への怨念から来る反権力 の宿痾的な体質である。尾張?川は戊辰戦争のおり真っ先に裏切って薩長 軍に投降した経緯を思い出すのである。

 さて「事件」とは1月2日放送の「ニュース女子」という番組の討論の 中味にあった。
 「日本の公安調査庁がまとめた『内外情勢の回顧と展望』と題する 2017年の年次報告書を井上和彦さんが持ってこられました。その報告 書には『反対運動には中国の影が感じられる』というような既述がありま した」(長谷川)
 「翁長知事が沖縄のリーダーになって以来、辺野古への基地移転反対闘 争は一気にヒートアップしています。移設反対を訴える急進的左翼や暴力 的過激派による、基地容認派への脅迫や、米兵とその家族への攻撃も行わ れています」(ケント)
このような実態がすこしも報じられないのは沖縄世論を牛耳る二つの新聞 が、正論を吐かず、でたらめな反米記事を書いて煽るからである。
 問題は沖縄に於ける反米運動の報道にある。
反対するデモ隊には日当が支払われ、その資金は中国から迂回経由。動員 されたなかには外国人がいるということは昔から知られたことで、二月に も或るシンポジウムでケントさんと隣り合ったときも、ケントさんは堂々 と公衆の面前でそう語っている。つまり証拠があるのだ。

ところが、そのことをテレビで喋ると猛烈な抗議が組織的になされ、左 翼ジャーナリズムが一斉に共闘して批判するという、左翼メディアの、と いうより「フェイクニュース業界」の体質である。

この人たちは日本を破壊しようとして動いているのであって、説得して も分かるわけがないし、不都合な事実を提示されても「忙しい、わたしは 読んでいない」という。完全に頭がおかしい人たちだが、左翼メディア は、こういうバカ言論人を多用するのである。

本書では実名があがって、その「罪状」が縷々述べられているが、青木 理、辛某女史、山口二郎ほか。評者にとっては初めて聞く名前の人ばかり だった。

また朝日新聞OBが朝日を批判するのだが、現役記者がなぜ朝日を批判 しないかといえば「ローンを抱えている」「首になる」などと言い訳があ る。つまり左翼主流の執行部体制に刃向かえば何が待っているかという官 僚主義、その悪弊が朝日以下の新聞社にも蔓延っているわけである。

ともかく本書では、治癒の見込みのない沖縄左翼の実態、メディアの フェイクの作り方、その許し難い陰謀を暴いている。

        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「正論を聞く会」からのお知らせです。来る7月19日に宮 崎正弘先生の講演会があります。

              記

 とき   7月19日午後6時半
ところ   大手町「産経プラザ」3階大会議室
 講師   宮崎正弘
 演題   「激動する世界情勢と日本」(仮題)
 会費   おひとり 1500円
 主催   正論の会(代表 三輪和雄)



    
━━━━━━━━━━━━━
「軍事同盟」で退陣した内閣
━━━━━━━━━━━━━


       渡部 亮次郎

若い頃、NHK記者として4年間駐在した岩手県には、後に総理大臣になる 鈴木善幸(ぜんこう)のほか小沢佐重喜(さえき)、椎名悦三郎ら、錚々 たる政治家がいた。言うまでも無く佐重喜は小沢一郎の父、椎名は副総裁 として田中角栄の後継首相に三木武夫を推して大失敗した。

そうした中で目立つようで目立たなかった男が鈴木善幸だった。三陸沿岸 の漁民の出。はじめは日本社会党から代議士になったが、間違いに気付い て保守党に鞍替え、とうとう自民党総裁、総理大臣になった。

だが日米安保条約の何たるかも知らずに過ごし、自民党内のバランスに のっていただけだったので総理大臣にまつり上げられたものの、「能力不 足」を晒して途中退陣した。

日本大百科全書(小学館)にはこう書かれている。

<国内では自民党の絶対多数を背景に、軍事力増強、実質的な靖国(やす くに)神社公式参拝、参議院の比例代表制導入、人事院勧告凍結を実現し た>。


鈴木善幸内閣]は1980(昭和55)年7月成立した。前任の大平正芳が総選挙 中、糖尿病の合併症たる心筋梗塞で急死したところ、「闇将軍」といわれ て評判の悪かった田中角栄が裏で動いて、突如、鈴木善幸を後任として指 名した。私はその現場に居合わせた。

昭和55(1980)年6月12日未明、大平が死んだ。それに先立って、ホテルに いた私に園田直(当時は無役)から電話。「大平さんが亡くなったらしい、 調べてくれ」で確認。弔問の為、虎ノ門病院で落ち合う。

彼も当時、糖尿病が悪化。減量の為服用していた利尿剤が効き過ぎてゲッ ソリしていたので、マスコミの目を引いたことを覚えている。

病室から出てきた園田。車に乗ると「ナベしゃん、これからどうした方が いいかな」。すかさず「目白へ行きましょう」「そうだワシもそう考えて いた」。

角栄は先に弔問から戻っていたが、客は園田がその朝は初めてだった。約 1時間して出てきた園田。車中「善幸に決まった」と。「それは妥当なと ころでしょう。大平派の後継者でもあるし」と私。

大平の死で有権者の同情は自民党に集まって総選挙は、大勝。分裂寸前 だった自民党を結束させ、抗争なしで鈴木政権は成立したのだった。

<「増税なき財政再建」を公約とし、1981年3月には臨時行政調査会を設 置し行政改革を最大の課題とした>。(同)

9月になって厚生大臣齋藤邦吉の不正献金がばれて辞職。その後任に園田 が推されたのは、多分に角栄の押しがあったと思われた。

<1981年1月鈴木首相が東南アジア諸国を歴訪、5月には日米首脳会談を開 き日米「同盟関係」を明記し、西側陣営の一員としてアメリカの対ソ戦略 に協力していく姿勢を明らかにした>。

しかし鈴木首相は首脳会談では、そんなことは話題にならなかったと一旦 は否定。共同声明から軍事同盟云々を消そうとした。日米の首脳が会談す るという事は要するに日米安保体制を確認し、軍事同盟を再確認する事だ という外交上の初歩的知識に首相は欠けていたのだ。

この混乱で鈴木首相は党内で孤立感を深めた。同一派閥であった外相伊東 正義が辞任した後を埋めるのに、厚生大臣のピンチヒッターだった園田を またピンチヒッターにした。

しかし、園田は糖尿病が悪化。外遊しても飛行機から車まで歩けない場面 がしばしばとなった。マニラではとうとう日米首脳会談の共同声明なんて どうでもいい軽い問題でしかない、といった趣旨の問題発言をして政権の 足を引っ張った。

事後になって鈴木は日米首脳会談について「オレは踊り(外交)の素人なん だから、手ぶり身振りの最後まで教えないと踊れないよ。教えない外務省 が悪い」といった。外務省側は「初歩知識をお教えするのは失礼に当る か、と」。

政治における知識や情報の扱い方はビジネスの世界とまるで異なる。ビジ ネス界は「儲け」で一丸となっているが、政治の世界では役人と政治家の 間に抗争が隠されていたり、遠慮がはさまれたりして要は単純ではない。

しかし1982年6月2兆円以上の歳入欠陥が明らかとなって「増税なき財政再 建」は破綻し、行政改革も自民党・官僚の抵抗で後退を余儀なくされた。

さらに日米経済摩擦、日韓経済協力、教科書記述に対するアジア各国から の批判といった難問を適切に処理できず、内外ともに手詰まりの状態のな か、1982年10月12日突如退陣を表明した。

鈴木政治は難問を先送りにして解決を図るといった消極的姿勢を特徴とし ていた。また党幹事長に二階堂進を起用するなど田中角栄の影響力を強く 受け「角影内閣」との異名をとった。>
日本大百科全書(小学館) (文中敬称略) 2010・4・4



    
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


◆◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2017年7月9日◇◆◇◆◇
▼唸声中国写真/中印国境で緊張高まる
[cid:a5de3bbb-8cfc-459e-a893-2ce4d76ef4e3]
写真は最近ネットにアップされた中印国境で両軍兵士がもめている様/Back Chinaより
http://www.backchina.com/news/2017/07/08/503009.html

中国はいつものように自国の領土であると勝手に宣言をして、軍事車両用の道路を作っており、これにインドが反発するのは当然であろう。中国はインドによる領土侵犯と主張し、係争地区であることを一切無視した見解であり、南シナ海でのやり方とよく似ている。尚、中国では自国民にインドへの旅行を避けるように安全勧告を出している。インドにいる中国人には治安状況に注意し、身分証明書は必ず携帯し、家族友人知人に通知し、地域や宗教慣習は尊重するように求めている。

では、今週号をお楽しみください。
http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290942281.html
[https://stat.ameba.jp/user_images/20170709/04/unarigoe/4d/ac/g/o0420023613978290369.gif]<http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290942281.html>

『★週刊AWACS2017年7月9日(GIF、タイムラプス、ニュース、ネタ帳、俳句、あとがき)』<http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290942281.html>
ameblo.jp
■今週のGIF/トランプ大統領とプーチン大統領の初の会談会談は予定を大幅に超えて2時間16分続いた。大統領選のサイバー攻撃でロシアが関与したかどうかの議論とな…


誕生日の音楽映像(オットリーノ・レスピーギ、作曲家)
http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290923140.html
[https://stat.ameba.jp/user_images/20170709/00/unarigoe/0e/97/j/o2555335513978232553.jpg]<http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290923140.html>

『★唸声誕生日の音楽2017年7月9日(オットリーノ・レスピーギ、作曲家)』<http://ameblo.jp/unarigoe/entry-12290923140.html>
ameblo.jp
■誕生日の音楽映像/オットリーノ・レスピーギ、作曲家1879/7/9〜1936/4/18、イタリアのオペラ作曲家・音楽学者・指揮者、「ローマ三部作」と呼ばれる…


2017/7/9 唸声




 ◎麻生太郎、次期首相か…自民党内で安倍首相「終焉」の動き加速

安倍晋三首相が蕎麦を注文。店員が「もり」か「かけ」かを聞くと、首相 は血相を変えて逃走──こんな漫画が話題になっているという。言わずもが なだが「もりそば」は森友学園、「かけそば」は加計学園に引っ掛けられ ている。

首相の苦境は、野党に利するところがない。だが、「党内抗争」はエスカ レートしつつある。つまり、自民党内の「ポスト安倍」レースが本格化し てきたのだ。

台風の目は、麻生太郎副総理・財務相だろう。関係者の誰もが「政局を握 るキーパーソン」と睨む。

最大の関心事は「麻生派は、どこまで拡大するか」だ。5月15日、麻生氏 と山東派の山東昭子・元参議院副議長、佐藤勉・衆議院議院運営委員長の 3人は、新派閥結成で合意した。順当に進めば、麻生派(44人)、山東派 (11人)、佐藤グループ(6人)で合計61人となる。

これで、額賀福志郎・元財務相の額賀派(55人)を抜く。そして、安倍首 相の出身派閥であり、党内最大勢力を誇る細田博之総務会長の細田派(96 人)に次ぐ、党内第2位の勢力として躍り出るわけだ。

さらに、岸田文雄外相の岸田派(45人)との関係も注目されている。もと もと、麻生派と岸田派は旧宮沢派から分裂して誕生した。元首相の池田勇 人が設立した宏池会は、さらに大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一らの首相を 輩出した名門派閥。しかし、2000年に第2次森喜朗内閣を打倒しようとし た故・加藤紘一氏の「加藤の乱」が失敗に終わって分裂した。

別れたとはいえ、以前は「同じ釜の飯を食った」仲間。“復縁”の可能性が 取り沙汰されるのは当然だろう。もし、61人に45人が加われば106人。細 田派すら抜く。自民党最大派閥の誕生だ。

麻生氏も、自身が政局の中心に立っているという自負があるようだ。4月 12日、都内で開かれた麻生派パーティーで「自民党の中で大きな政策集団 が切磋琢磨するほうが政治として安定する」と発言。細田派vs.大宏池会 という構図を描いてみせた。

次回の自民党総裁選は2018年9月。もし大宏池会が実現すれば、麻生氏が 再び総裁に返り咲くことも可能だ。はたして、麻生氏は「ポスト安倍」に 名乗りを上げ、もう一度首相の座に返り咲こうとしているのか。大派閥を 擁する「キングメーカー」として君臨するつもりなのか──政治アナリスト の伊藤惇夫氏が解説する。

●「安倍の終わり」はすでに始まっている?

「意外に知られたエピソードですが、麻生さんは以前、『安倍が首相を2 回やれるなら、俺だってやれる』と公言していました。しかし、今の動き は首相に返り咲くための行動ではないでしょう。選択肢を増やす、という のが麻生さんの戦略だと思います」(伊藤氏)

野党のだらしなさもあり、いまだに安倍政権は盤石。一部の関係者やマス コミが期待するほど、政権の屋台骨は揺らいでいない。

「しかし、政権のあちこちで軋みが生じているのは事実です。となると、 一朝有事の備えも必要になる。派閥が大きくなれば、キングメーカーの存 在感はもちろん、緊急時にワンポイントで首相に返り咲くカードも手元に 持てる。麻生さんの狙いを読み解けば、こんな感じではないでしょうか」 (同)

総裁選に立候補すると目されている議員は最近、安倍首相に異論を唱え始 めた。首相が提案した憲法9条の改正には、石破茂氏と岸田氏が否定的な 発言を行った。

加計学園問題では、それこそ麻生氏が「獣医学部新設は、獣医師のレベル 低下を招く」と発言している。麻生氏と獣医師会の深い関係が報道された こともあわせて、かなりの耳目を集めた。

安倍政権の「軋み」として伊藤氏が注目するのは、5月16日に野田毅・前 税制調査会長が「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」を開き、そ こに自民党の議員が60人集まったことだ。

政権に近いとされる読売新聞も、17日付の朝刊で「野田聖子・元総務会長 が呼び掛け人に名を連ね、事務局を村上誠一郎・元行政改革相が務めるな ど、首相と政策的に距離を置く議員が中核を占める」と解説。「党内で は、『次期総裁選に意欲を示している野田聖子氏出馬への布石ではない か』(党幹部)との見方もある」とまで踏み込んだ。

「安倍首相の改憲発言には、自民党内からもさまざまな反対論が沸き上が りましたが、アベノミクスは政権における唯一の成功政策。それを検証し ようというのですから、インパクトは段違いです。おまけに60人の自民党 議員が集まったとなると、すでに『安倍の終わり』は始まっていると見る べきでしょう」(同)

●なぜ自民党の派閥は生き残った?

それにしても、「数の力」や「キングメーカー」などの言葉が飛び交う昨 今の政治ニュースは、まるで田中角栄が生きていた時代のようだ。「中選 挙区制的」と形容できるだろう。

自民=与党、社会=野党の図式が固定化していた「55年体制」(1955〜93 年)を麻生氏が蘇らせたのだろうか。なぜ、麻生氏は時計の針を戻せたのか。

「中選挙区制の時代、自民党における派閥には3つの構成要件が必要でし た。ひとつ目は、カネを集めて派閥のメンバーに配ること。2つ目は中選 挙区制の下で野党だけでなく同じ自民党の候補者とも戦い、当選させるこ と。そして、3つ目は派閥のメンバーに大臣や党幹部のポストを獲得させ ること、です。ところが、ひとつ目と2つ目の能力は小選挙区制で消滅し ました」(同)

現在の政治で、もっとも重要なカネは政党交付金だ。自民党の場合は、当 然ながら党本部が受け取り、直に議員へ配る。派閥の出る幕はない。

中選挙区制では、ひとつの選挙区から3〜5人を選出するのが一般的だ。ひ とつの政党から複数の候補者が立つため、最終的には「候補者vs.候補 者」という人物本位の選挙になる。

対して、小選挙区制は“敗者復活”を除き、ひとつの選挙区から1人しか当 選できない。政党は1人の候補者を全力で支援するため、政党本意の選挙 となる。立候補者にとっては、現職であれ新人であれ、党の公認を得られ るかどうかが死活問題となる。そして、公認を与えるのは党本部だ。

今の自民党本部は、カネと選挙を掌握している。議員は生殺与奪の権を握 られているに等しい。派閥は無用のものとなり、党は執行部を頂点とする ピラミッド型組織に生まれ変わる──はずだったのだが、現実は違った。派 閥は生き残った。

「2つの要素が消えたのに、なぜ自民党で派閥が存続したのかといえば、 ポストの分配機能だけは温存されたからです。小泉純一郎政権時代から、 脱派閥人事がうたわれてきましたし、実際にそういう人事も行われまし た。ですが、完全に無視することはできなかった。派閥への配慮は、それ なりに続いてきたのです」(同)

究極の人事が自民党総裁=首相というポストだ。総裁選で地方票を重要視 する“改革”は続いているとはいえ、現在のところは派閥の力が大きい。部 下たる議員としては、派閥の長を総理総裁に押し上げることが、何よりも 自分たちの利益ともなる。昔と変わらぬ「数の論理」を元に「鉄の団結」 が必要になってくるというわけだ。

●第2次安倍政権での麻生太郎の“変化”とは

こうして、日増しに存在感を増す麻生氏だが、今の「副総理」を見ると、 伊藤氏はある「変化」を感じるという。

「以前の麻生さんは、政策通という自負もあってか『オレが、オレが』と いうタイプの政治家でした。ところが第2次安倍政権になってからは、隠 忍自重して政権を黙々と支えているんですね。意見が対立することがあっ ても、今は麻生さんのほうが自分を抑えている」(同)

たとえば、麻生氏は消費税増税派として知られている。財務相だからとい うわけではなく、政治家として信念を持っているのだ。

一方、消費税増税を延期させた菅義偉官房長官は「政局の政治家」だ。究 極的には、政策は関係ない。自民党が選挙で勝つにはどうしたらいいかと いうことを最優先に考え、消費税増税問題に対処する。

「祖父が吉田茂という麻生さんと、横浜市議からキャリアをスタートさせ た菅さんは、本質的に水と油というところがあります。ですが、今回、少 なくとも表面的なレベルでは麻生さんは菅さんを立てている。ここに、私 は麻生さんが政治家として成長した印象を持ちます」(同)

「オレが、オレが」という鼻息の荒さがなくなったとなると、俄然、キン グメーカー説が優位に立ちそうだが、いずれにしても、大宏池会が実現し ないことには絵に描いた餅にすぎない。

もともと、永田町の一部では「安倍首相は、岸田外相に政権を禅譲する予 定だ」という説がささやかれていた。だが、それに大宏池会構想が新たに 加わった。共に事実なら、岸田氏は首相と副総理からラブコールを送られ ているという“モテモテ”ぶりなのだが、今後の政局にどのような影響を与 えるだろうか。

「麻生派が岸田派を取り込もうとしているのは事実です。そのため、岸田 さんとしては、麻生さんが本気でキングメーカーになろうとしているの か、自分を利用して首相に返り咲きたいのかを見定める必要があるわけです。

とはいえ、ポストに関する約束など、政治の世界ではなんの信頼性もあり ません。厳しい言い方をすると、岸田さんが安倍首相や麻生さんを振り回 すぐらいでないと、総理総裁の座は遠いのではないでしょうか」(同)

そもそも、自民党総裁の任期が「3期9年」に延長されたため、「ポスト安 倍」レースには、総裁2期目の安倍首相も名乗りを上げることができる。 となれば、今後の“ポスト安倍レース”は激化することはあっても、沈静化 することはなさそうだ。 (文=編集部)
写真−麻生太郎副総理・財務大臣(写真:AP/アフロ)
<https://this.kiji.is/248193709440058875>https://this.kiji.is/248193709440058875
【ビジネス・ジャーナル】 2017/6/16 06:00 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)1970年7月7日に:前田正晶

思い起こせば、今を遡ること47年前の今日、私は生まれて初めて外国に出 掛けた記念すべき日だった、イヤ初めて海外旅行に出た日だった。それ は、未だ日本の会社にお世話になっていた頃のことで、会社の方針で東南 アジアの何処かに海外事務所を設けて世界市場に飛躍しようとの壮大な企 画が立てられたからだった。その事務所設営の場所は何処が良いかと調査 するのかが、私に与えられた重大な課題だった。

私はそれまでに海外出張は言うに及ばず、飛行機に乗ったことが2回しか なかったほどほどの田舎者だった。偶々そういうことになった出発地であ る大阪の伊丹空港では、一緒に出掛けることになった貿易担当の大阪支店 長代理の前で緊張を隠すのに必死となっていた。その旅行の予定では、先 ず台湾に入り、そこからフィリピン、シンガポールから香港と回って市場 調査をするようになっていた。

当時の事情を知らない方の為に申し上げておけば、初めて海外に出る者の パスポートの有効期限は1度だけで、いきなり数次の旅券は交付されな かったのだ。しかも為替が$1=¥360の固定だった為に、持ち出せる外貨 は$500に制限され、その持ち出し額をパスポートに銀行で記載して貰うよ うになっていた。

誰が考えても、$500の所持金で上記の旅行が出来る訳はなく、海外専用の クレジットカードを別に申請して交付して貰って持参して、ホテル等で支 払いをしていたのだった。その際の各国へのヴィザの申請などは旅行社任 せだったので苦労はなかったが、今思えば海外に出て行くことはとても面 倒で緊張を強いられるような頃のことだった。

未だに覚えていることは台北の松山空港に降りたって入国手続きを終え、 税関の所まで到達した時には恐ろしさで膝の震えが止まらなかった。何ら 不正な物を持ち込むのではなくても、税関吏がが私のスーツケースを持上 げて振って見せた時には過度の緊張で倒れそうだった。しかし、当然のこ とながら無事に通過した際に、同行の旅慣れた支店長代理に「何という顔 をしているんじゃ」と笑われたものだった。

台湾では会う人たちが皆「日本統治時代」を懐かしがる年齢層の方ばかり で、英語の必要もなくのんびりと初めての「海外出張」を楽しめたのだっ た。だが、15日にマニラに入ると事情は一変した。我々を出迎えてくれた 現地の取引先の社長の息子さんは何と入管の直ぐ後の所まで入っていたの に「何という国か」と驚かされたのだった。

更に宿泊先のインターコンチネンタル・ホテルでは、至る所に自動小銃を 持ったガードマン(兵士?)が立っており、外国に来たという感じを十分 に味合わせてくれたのだった。

フィリピンでは英語が公用語になっているだけのことはあって、我々の取 引先の方々はフィリピン人であれ華僑であれ皆フィリピン訛り(スペイン 語訛りとでも言うか)はあっても綺麗な英語を話すので、意思の疎通には 何ら問題はなかった。

寧ろ、彼らは非常に洗練されたアメリカ風の礼儀作法で接してくるので、 台湾との文化の違いを感じたのだった。

フィリピンでは印象的だった言わば個人的な出来事があった。それは華僑 系のビジネスマンが私のホテルの部屋に入ってきた時のことだった。私が 偶々ダイナースクラブのカード入れをテーブルの上に置いていたのだが、 彼はそれを見るなり「貴方はダイナースクラブの会員だったのですか。お 見それして失礼しました」と言ったのだった。そしてそれ以降は明らかに 私を目上の人として鄭重な姿勢で接してくるようになった。

ダイナースクラブの会員というかカードに権威があることは承知していた が、私の会社はダイナースクラブを主宰する富士銀行(当時)の系列であ り、そのお陰で私たち下々の者まで「法人の記名会員」にさせて頂いてい ただけのこと。私個人に資産があった訳でも、銀行に巨額の預金があった のでなかった。だが、この一件で「ダイナースクラブ」のご威光を知り得 たので、そこから先の諸国でも大いに有効に活用できたのだった。

という具合で回顧すれば限りがないが、こういう調子で初めての外国出張 を経験したのだった。何処の国に会社として最初の海外事務所を設けたの かとお尋ねか。それは何時の日にか、機会があれば回顧する予定にさせて 頂きたい 。


2)何事でも初めと基礎が重要:前田正晶

3日の産経抄で鳥飼久美子教授が小学校の英語教育を論じていることに触 れていました。私は早くから始めれば良いと言う訳ではないでしょうとの 持論です。喩え早く始めても教育法と勉強法が良くなければ何にもなりま せん。

もう昔話になりますが、私が藤沢市に住んでいた頃に学校の少年サッカー の指導を依頼されたことがありました。

如何なる状態かを承知で引き受けたのでしたが、サッカーを本当に体育会 で経験した訳ではないと思われる先生方が情熱と意気で指導されていたた めに基本技をきちんと教えられておらず、フォー目ションも全く形になっ ていませんでした。

しかもそういう指導法で児童たちを上手い児童たちをAとして、それ以外 をBに分けしていたので、Bにされた児童たちは意気消沈でした。私がお引 き受けしたのはBでした。

 すでにご存知かご記憶の方もおられるかも知れませんが、私のサッカー 経験は高校では第3回国体準優勝、大学では今はなき組織の関東大学4部 リーグで得点能力で鳴らし?、藤沢四十雀のクラブでは関東大学1部リー グの往年にスタープレーヤーで、当時はただのおじさんと化した名手たち の中で、衰えを知らない?基本技を活かして、48歳まで今で言う司令塔と してリクリエーションを楽しんでしました。

これも、英語も最初に基本技をしっかりと身に付けてあれば何年経っても 崩れないものだから同じだ、ということの立証です。私は昭和20年の旧制 中学1年の時に幸運にも基礎を固めて貰える教育を受けていたので、大学 卒業後は全く英語と関係ない国内営業の担当であったのです。

だが、1969年に思いがけない運命の流れで英語を話す機会が訪れても、ま るで昨日まで英語を話して暮らしていたかのように話す力が戻ってきまし た。正直言って、我ながら驚きでした。

ここ申し上げておきたいことは、私が英語を初めて聞いたのもアルファ ベットを見たのも、13歳の中学1年の時。それにでも、きちんと基礎を固 める教え方をされたので、大学卒業までは専攻科目のせいもあって英語に 親しんでいたので、37歳になっても忘れていなかったことです。

特に、13歳から初めても遅くなかったことは特筆大書したいのです。大学 で出会った横須賀高校出身者で驚異的な学力と脱帽したくらいでは追いつ かない英語力があった同級生も、中学入学まで英語は聞いたこともなく、 勉強法は「繰り返しの音読で意味が分かるまで読む、暗記、暗唱、単語帳 無し、教科書の書き込み無し、英文和訳などせず英語のままで理解する。

英語のままでで受け入れで覚える」という私同じ勉強法でした。もし彼に 有利な点があったとすれば基地のアメリカ人と話す機会があったと言いま した。

彼は3年の時に大学推薦でアメリカのイエズス会系の大学に中途入学しま した。帰国後アメリカの石油メージャーに就職しまたしたが、海岸で水泳 中に溺死。皆で惜しみました。

こういう勉強法を推薦しても、それで成功した例が2人では少ないという 反論が必ず来ます。しかし、我が国の学校教育では失敗させられた例がい くつあったでしょう。

また、W社をリタイヤー後にお手伝いした某商社では若手をこの方法で指 導して、課内随一の英語の使い手に育てることに成功しました。他には大 学時代に家庭教師で1人成功。これで成功例が4件。未だ少ないかな。

重要なことは、勉強法はいくらでもあるでしょうが、勉強し始めの時には しっかりと基礎を固めることに専念するのが肝腎だという点です。基礎の 勉強はつまらないのですが、つまらないと言って疎かにしないことです。



3)都民ファーストの会の資金源は:前田正晶

5日にジムの論客の方が言われたことが「小池都知事の資金源が何処にあ り、その資金力がどれだけのものだろうか」だった。その方が言われるに は「都知事選の頃に既にその豊富な資金力が見せつけられていた」由だっ た。正直なところ、非小池支持派としてはほとんど考えてみたことすらな かった。不明を恥じるべきかと反省した。だが、何処にどれだけあるのか には興味はある。

その都民ファーストの会はあれほどの人数の当選者を出して、これから都 議会の第一党としての活動を始めるだけに止まらず国政への進出も噂どこ ろか、急速に現実味を帯びてきたようだ。そうであれば、小池都知事はそ れだけの行動を起こす資金と資金源を何処にどれほど持っておられるのか が気になってくる。

私は関心がなかったこともあって都民ファーストの会の本部が何処の如何 なる建物にあるかすら知らない。60人を超えたと聞く議員とその政党を運 営する職員の数などを考えれば、プレハブを建てれば済むようなものでは ないだろう。活動費、賃料、人件費等を考えれば、かなりの金額が必要に なるだろう。都議会の政党には政党交付金はでないだろうと思う。

そういう資金を小池さんが一手に負担されるのだろうか。希望の塾だった かで塾生が拠出したお金が何億円かに達したと報じられたりしたが、あの 選挙戦を賄った資金はどこから寄付でもされたのだろうか。私は既に「小 池マジック」に魅了されたと疑う多くの都民が、都民ファーストの会では なく小池百合子さんに一票を投じたと疑っている。都民は一票は投じた が、金一封も投じてこれから先も支援するのだろうか。

野党連合とマスメディアの共同作業に幻惑された多くの都民が小池さんを 支持してしまったので、安倍政権と自民党があの無様な大敗となってし まった。小池さんがこの好機を利用して何処まで都民ファーストの会を 「国民ファーストの会」にまで持っていく気かは要注目だ。だが、東京都 の職員の中には「都政には余り関心をお持ちではない様子」と批判してい るのを、賢明な小池さんはご存じだろうとは思うが。



 4)何故DPRKが核保有国になってはいけないのか:前田正晶

DPRKがmissile(カタカナ語排斥論者としては「ミサイル」は奇々怪々な 表記であり認めていない)を発射し核実験を繰り返す度に、我が国とUNは 「経済制裁を」と叫んできた。だが、何年経っても何回制裁してもDPRKの 勢いが衰えたことがない。これは当たり前のことで、私にすら解るのだ が、中国やロシアが本気で制裁を加えるはずもないどころか援助し続けて いるのだから。

それでも、今回はG20を前にして、またもや安倍総理も制裁の強化を呼び かけ、産経までも社説で説いていた。また、文在寅大統領は当然のように 自説を曲げずに「対話」、「対話」を何処の首脳と会談しても連呼してい る。私はトランプ大統領とは全く別な意味で、世界の困った大統領の1人 に数えている。

7日夜のPrime Newsでは「ジャーナリスト」という肩書きを付けられた、 日頃面白いというか誰しもの意表を突くことを言われる西部邁氏は珍しく も正論としか思えない「国会は森友だの加計だのということを論じていた だけで、最重要課題なはずの北朝鮮のmissile野鶴のことを一向に採り上 げないのは怪しからん」と主張していた。私に言わせても、まとも過ぎて 面白くも何ともなかった。

当初はあれほど勢い良く習近平を信じているかの如くに、DPRK制裁の強化 を実行するものと思っていたらしいトランプ大統領ですら中国に対して懐 疑的に変わってきている。トランプ大統領は日米韓首脳会談の後の記者会 見でこの件を問われて(私の聞き違いでなければ)“Never give up.”と叫 んで見せた。習近平がそう容易くDPRKを制裁して追い込む訳がないとお解 りになったようだと思って見ていた。

ところで、このPrime Newsだが、ナショナリズムを西部邁氏と京都大学の 教授だった佐伯啓思氏が語られるというので、読売対阪神の野球などを放 棄するだけの価値があると思っていた。だが、前半をDPRK問題に費やした 感があって少し遺憾に思った。しかし、両氏が如何に民主主義が意味がな いかをを強調された辺りは大変勉強になったし、ナショナリズムとは如何 なることをいうかも有り難く拝聴した。

私は西部氏の主張で最も興味深く、またごく当たり前のことだと思って聞 いたのが「何故DPRKが核保有国になり核武装することがそれほど悪いと言 うのか。彼らはNPTから脱退している。アメリカは言うに及ばずインドも パキスタンも核武装しているのに、何故DPRKは止めさせて空母まで送り込 んで圧力をかけるのか」だった。私には国際的な核の事情は解らないの で、不思議な圧力のかけ方だなと思ってきた。これ以外にも「国際人とは 何か」を酷評されたのも面白かった。と言うのも、私はこんな無意味なも のはないと思っているからだ。

話をDPRKへの制裁に戻せば、私はここまで来れば中国に期待すること自体 が無意味であるし、ロシアも決して有形無形の援助を止めないだろうか ら、机上の空論の如き制裁の強化を連呼することを諦めて、何か別の方向 を考える時ではないかとすら考えている。だが、その「別の方向」が何か が簡単に出てこないのか問題だろう。



 5)貴方の英語の品格の落とし方:前田正晶

これは言わば先日の「英語の品格」の補完である。英語の「会話」とやら の勉強を始める時に「“you know”という「句」(=phrase)を挟んではい けない」と教えられていないままにアメリカ人なり何なりの外国人の中に 入って行くと、その人たちが属する階層によっては“you know”のシャワー を浴びせかけられることが多い。

そこでは、その人物のお里が知れたと思うべきなのだ。品格のほどが解っ たと思って欲しい。

これが何であるかを知らずにいると「何となく格好が良い」か「気取って いるのか」と感じてしまうことが多いようだ。そして、真似てしまう結果 となった例を数多く見て(聞いて)来た。とんでもない誤解である。私は これを「you knowを多用されることは、貴方が有能であることを証明しな いのです。使えば有能ではないことになります」と解説してきた。そうい うことで、先ず絶対に真似てはならないことなのだ。

例文を作ってみれば“Yesterday, you know, I went to see my old friend at theTokyo Dome, you know.”といった具合である。”you know” を言わなくても意味は通じるのだし、これが貴方は「私は知識階級ではあ りません」と自己申告したような結果になると知って貰いたい。また、my old friendも好ましくないのだ。ここでは”one of my old friends“と言 わないと、貴方には旧友が一人しかいないことになるのだ。

実は、私が1945年に初めてGHQの秘書の方に英語で話すことを教えて頂く ようになった時に言われた心得のその1は「英語のままで考える。日本語 に訳そうなどとしない」、「何か話そうとする時に先ず日本語でを考えて からそれを英訳しようとせずに、覚えている限りの英語を思い出してそれ を使って話す」に加えて、「何か表現が思いつかない時などには絶対に “you know”などと言ってはならない。

精々“let me see“くらいにして、それが出てこなければエーでもアー良 い」と厳しく言われた。要するに”you know“を挟まないようにという教え だった。その頃には、この意味は解らなかったが、後年アメリカ人の世界 に入って初めてその価値が解ってきた。



先日例に挙げたMBAの夫妻の奥方にこの教えのことを話した時に「その秘 書方の教えは素晴らしい」と言われた。他の例を挙げれば、やや後難を恐 れるがMLB等から我が国にやってくるアメリカ人の選手たちが話すのを聞 いて見てごらん。立派な“youknow”な選手たちばかりだと解るから。

ここでは私を信じて、今日からでも如何にして自分が「有能」であるかを 示すよう英語乃至はその会話の勉強に励んで頂きたい。



 6)何故DPRKが核保有国になってはいけないのか:前田正晶

DPRKがmissile(カタカナ語排斥論者としては「ミサイル」は奇々怪々な 表記であり認めていない)を発射し核実験を繰り返す度に、我が国とUNは 「経済制裁を」と叫んできた。だが、何年経っても何回制裁してもDPRKの 勢いが衰えたことがない。これは当たり前のことで、私にすら解るのだ が、中国やロシアが本気で制裁を加えるはずもないどころか援助し続けて いるのだから。

それでも、今回はG20を前にして、またもや安倍総理も制裁の強化を呼び かけ、産経までも社説で説いていた。また、文在寅大統領は当然のように 自説を曲げずに「対話」、「対話」を何処の首脳と会談しても連呼してい る。私はトランプ大統領とは全く別な意味で、世界の困った大統領の1人 に数えている。

7日夜のPrime Newsでは「ジャーナリスト」という肩書きを付けられた、 日頃面白いというか誰しもの意表を突くことを言われる西部邁氏は珍しく も正論としか思えない「国会は森友だの加計だのということを論じていた だけで、最重要課題なはずの北朝鮮のmissile野鶴のことを一向に採りげ ないのは怪しからん」と主張していた。私に言わせても、まとも過ぎて面 白くも何ともなかった。

当初はあれほど勢い良く習近平を信じているかの如くに、DPRK制裁の強化 を実行するものと思っていたらしいトランプ大統領ですら中国に対して懐 疑的に変わってきている。トランプ大統領は日米韓首脳会談の後の記者会 見でこの件を問われて(私の聞き違いでなければ)“Never give up.”と叫 んで見せた。習近平がそう容易くDPRKを制裁して追い込む訳がないとお解 りになったようだと思って見ていた。

ところで、このPrime Newsだが、ナショナリズムを西部邁氏と京都大学の 教授だった佐伯啓思氏が語られるというので、読売対阪神の野球などを放 棄するだけの価値があると思っていた。だが、前半をDPRK問題に費やした 感があって少し遺憾に思った。しかし、両氏が如何に民主主義が意味がな いかをを強調された辺りは大変勉強になったし、ナショナリズムとは如何 なることをいうかも有り難く拝聴した。

私は西部氏の主張で最も興味深く、またごく当たり前のことだと思って聞 いたのが「何故DPRKが核保有国になり核武装することがそれほど悪いと言 うのか。彼らはNPTから脱退している。アメリカは言うに及ばずインドも パキスタンも核武装しているのに、何故DPRKは止めさせて空母まで送り込 んで圧力をかけるのか」だった。私には国際的な核の事情は解らないの で、不思議な圧力のかけ方だなと思ってきた。これ以外にも「国際人とは 何か」を酷評されたのも面白かった。と言うのも、私はこんな無意味なも のはないと思っているからだ。

話をDPRKへの制裁に戻せば、私はここまで来れば中国に期待すること自体 が無意味であるし、ロシアも決して有形無形の援助を止めないだろうか ら、机上の空論の如き制裁の強化を連呼することを諦めて、何か別の方向 を考える時ではないかとすら考えている。だが、その「別の方向」が何か が簡単に出てこないのか問題だろう。



 7)貴方の英語の品格の落とし方:前田正晶

これは言わば昨日の「英語の品格」の補完である。英語の「会話」とやら の勉強を始める時に「“you know”という「句」(=phrase)を挟んではい けない」と教えられていないままにアメリカ人なり何なりの外国人の中に 入って行くと、その人たちが属する階層によっては“you know”のシャワー を浴びせかけられることが多い。そこでは、その人物のお里が知れたと思 うべきなのだ。品格のほどが解ったと思って欲しい。

これが何であるかを知らずにいると「何となく格好が良い」か「気取って いるのか」と感じてしまうことが多いようだ。そして、真似てしまう結果 となった例を数多く見て(聞いて)来た。とんでもない誤解である。私は これを「you knowを多用されることは、貴方が有能であることを証明しな いのです。使えば有能ではないことになります」と解説してきた。そうい うことで、先ず絶対に真似てはならないことなのだ。

例文を作ってみれば“Yesterday, you know, I went to see my old friend at theTokyo Dome, you know.”といった具合である。”you know” を言わなくても意味は通じるのだし、これが貴方は「私は知識階級ではあ りません」と自己申告したような結果になると知って貰いたい。また、my old friendも好ましくないのだ。ここでは”one of my old friends“と言 わないと、貴方には旧友が一人しかいないことになるのだ。

実は、私が1945年に初めてGHQの秘書の方に英語で話すことを教えて頂く ようになった時に言われた心得のその1は「英語のままで考える。日本語 に訳そうなどとしない」、「何か話そうとする時に先ず日本語でを考えて からそれを英訳しようとせずに、覚えている限りの英語を思い出してそれ を使って話す」に加えて、「何か表現が思いつかない時などには絶対に “you know”などと言ってはならない。


精々“let me see“くらいにして、それが出てこなければエーでもアーも良 い」と厳しく言われた。要するに”you know“を挟まないようにという教え だった。その頃には、この意味は解らなかったが、後年アメリカ人の世界 に入って初めてその価値が解ってきた。

先日例に挙げたMBAの夫妻の奥方にこの教えのことを話した時に「その秘 書方の教えは素晴らしい」と言われた。他の例を挙げれば、やや後難を恐 れるがMLB等から我が国にやってくるアメリカ人の選手たちが話すのを聞 いて見てごらん。立派な“youknow”な選手たちばかりだと解るから。

ここでは私を信じて、今日からでも如何にして自分が「有能」であるかを 示すよう英語乃至はその会話の勉強に励んで頂きたい。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

9日の東京湾岸は快晴、爽快。今日から


8日は時間的に余裕があったので久々、猿江公園を1周した。

都心ではセミが啼きだしたらしいが、江東区ではまだだ。


                          読者:5727人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/09

    きのうの真耶

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/archives/17139588.html

  • 名無しさん2017/07/09

    きのうの真耶

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/archives/17139588.html

  • 名無しさん2017/07/09

    竹〇物語。

    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/archives/17088717.html

  • 名無しさん2017/07/09

    ギリシャが、EU創設時にユーロを導入するや、瞬く間に金利が下落し、資金調達が容易になった。するとヨーロッパ中の大手銀行が一斉にギリシャに貸付けを行ったが、2004年の「アテネオリンピック」を契機にギリシャの余力も底をつき始める。莫大な資金が必要になるオリンピック施設の建設と運営の為、さらなる莫大な借り入れを行ったからである。



     ギリシャの粉飾決算を指導したのがゴールドマン・サックスだった。ゴールドマン・サックスがギリシャ政府に、2000年から2001年にかけて、将来の空港税・宝くじ収入を担保にし、ギリシャに数十億ドルも提供した。この金利取引で融資された資金は為替取引で計上されるため、財政赤字はGDP比13%で、これがユーロ全体の信用不安へと発展する。



     更に「サブプライム危機」と「AIG経営危機」と同様、ギリシャの負債急増に多額のアメリカの金融デリバティブも関与していた。ゴールドマン・サックスの最高責任者ゲイリー・コーンら銀行家たちは、ギリシャの粉飾決算の3か月前から働きかけており、その意味でギリシャはゴールドマンが送り込んだ「格差拡大への時限爆弾」だった。



     ゴールドマンと言えば、その背後にいるのがロックフェラーであり、ロックフェラーの上位にいるのがロスチャイルドである。



     破綻したギリシャは、主にIMFが支援しているが、IMFはロスチャイルドの支配下にあり、IMFの支援を受ける国は、ロスチャイルドの支配下に入ったことを意味する。国家がロスチャイルドに支配されるのである。これはロスチャイルドが超国家リッチスタンを完成させ、ヨーロッパがどうなっても構わない段階に入ったことを意味する。それはアシュケナジー系ユダヤが、世界中の99%を支配する最終段階に入ったことである。それはロックフェラーも同じで、世界通貨のドルを駆使して世界経済を操り、アメリカ国内ではすでに1%支配を完成させた。



     2016年のアメリカ大統領選でトランプ旋風が巻き起こったのも、アメリカンドリーム最後の足搔きの悲鳴だった。ロックフェラーは99%のアメリカ人がどうなっても関係なく、アメリカの軍事力に物言わせて、ロスチャイルドの世界支配体制の完成を目指す。



     同様に、ロスチャイルドはロックフェラーを通じて、日本人の99%を没落させる戦略を決行させていく。TPPは、その一翼を担い、それには日本人の中間層が邪魔なので、小泉純一郎と竹中平蔵を使って、正社員の数を激減させ、契約・派遣社員拡大を構築した。



     この国は前例主義なので、後にはそれを加速させれば中間層は勝手に消えていく。それに異を唱え、アメリカの手先を警告した経済学者の植草一秀氏は警察とメディアによって合法的に追い落とされてしまった。現在、自民党は、遅くとも10年後には正社員ゼロを目指している。今、中古住宅の数が激減する理由は、中間層が企業倒産やリストラで失業し、再就職がかなわず、住宅ローンの未払いで家を手放すからとされる。



     「団塊の世代」が、アシュケナジー系ユダヤの標的になっている。やがて「国民保険制度」「年金制度」が破壊される。日本の未来を背負う若者層が彼らの狙い撃ちにされ、既に日本の未来から駆逐されている。自民党が選挙権を18歳に引き下げたのも、まともな生活をするには「国防軍」に入るしかない状況を形成するためである。



     TPPの正体は「新連合軍」であり、ブラックボックスが「環太平洋軍事同盟」である。日本の若者はアシュケナジー系ユダヤの超巨大財閥に操られ、世界中で血を流す時代が訪れるはずである。これは陰謀論ではなく、確かなビジョンである。このことはいずれ分かるが、トランプの出現によりすべてがカオスの状態になった。



     イスラム国は正式に「ISIS]といい、ヨーロッパで「連続爆破テロ事件」を起こし、アルカイダを超える残虐さで世界を震撼させている。多数のテロリストが生まれたにもかかわらず、「シリア内戦」からヨーロッパに脱出した400万人の「イスラム難民」をEUが受け入れようとした理由は、「キリスト教博愛主義」とされる。しかし、逆にそれが導火線だった。



     つまり、アシュケナジー系ユダヤは第3次世界大戦を起こそうとしている。ローマ法王も「既に第3次世界大戦がはじまっている」と発言している。キリスト教徒を装う「隠れユーダイオス」がロックフェラーだが、世界三大宗教のキリスト教徒イスラム教を同士討ちさせれば、ユダヤ教が生き残る理屈である。



     彼らは北アフリカのチュニジアで「ジャスミン革命」を起こし、アメリカ型民主主義を注入して、リビア、エジプトを転覆させ、シリアを内戦に陥れ、サウジアラビアも例外ではなくなる。



     ハッカー集団「アノニマス」も、NSA(国家安全保障局)が人的資金面で関与していた。トルコ以外は、民主主義など経験したことが無く、台頭してくるのはイスラム原理主義である。そのイスラム原理主義を過激化させたのが「ISIS」で、アフガニスタンの「タリバン」もアルカイダも含め、発端はすべてアメリカである。

  • 名無しさん2017/07/09

    ムッソリーニとちょっと違う小池都知事

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68656800.html

    韓国人とは「話し合いを」は通用しない

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-17bb.html

    神奈川弁護士会通知書3

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/02/1705-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8821%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e4%bc%9a%e9%80%9a%e7%9f%a5%e6%9b%b8%e2%91%a2/

    ナチス=ユダヤを知らない人が多いんですね

    http://golden-tamatama.com/blog-entry-1181.html

    福島千里 サイン

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8D%83%E9%87%8C+%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiV5tHjnfvUAhUGXrwKHVzDDmAQ_AUIBigB&biw=1097&bih=550

    アンゲラ・メルケルはヒトラーの娘か? 

    http://satehate.exblog.jp/10584586/

    【自民党総裁選】石破茂「政策一致するグループと組めばいい」 他派閥との連携示唆、新麻生派を暗に批判…石破派は18人 

    http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-37100.html

    蒙古軍と朝鮮族(高麗)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

    台風と募金箱に気をつけよう。

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235690

    二宮尊徳の教え 其の一 天理と人道は別もの 

    http://2bda.com/book/682.html

    私の見た「幸福な富裕者と不幸な富裕者」その決定的違い(後編) ―山崎和邦 わが追憶の投機家たち 

    http://www.mag2.com/p/money/5020

    江戸城外堀を歩く(前篇:牛込見附?牛込堀?新見附掘?市ヶ谷) 

    http://ciao66.exblog.jp/17125259/

    「共生の思想」に御注意!

    http://www.aynrand2001japan.com/akira/akira20101205.html

    ホセ・オルテガ 『大衆の反逆』 

    http://flavius.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_6211.html

    南佳孝の「スタンダード・ナンバー」、         薬師丸ひろ子の「メイン・テーマ」 

    http://ameblo.jp/dam-oyaji/entry-10654435134.html

    江戸時代611手の詰将棋がありますが・・どうやって考えたのですか? 

    https://games.yahoo.co.jp/qa/detail?qid=1364097443

    正統の哲学 異端の思想  「人権」「平等」「民主」の禍毒

    http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/SeitouNoTetsugaku_ItanNoShisou.html

    投資入門1:投資家になるために必要なこと 

    http://forever-investor.com/others/relationship-with-stocks/investment-style/

    東京カメラ部10選が語るXシリーズの魅力

    http://tokyocameraclub.com/special/exhibition_2017/report_fujifilm.html

    やめんかい!!血税を無駄に使うのは!!! 

    http://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11769998757.html

    女性宮家創設は皇位継承と切り離せない

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/nipponkaigikokkaigiinkondankai.htm

    【日教組】人権作文を書こう!

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/21454034.html

    子宮頸癌ワクチンを打った16歳の少女が死亡

    http://kenkoubyouki.com/?p=471

    降圧剤

    http://www.long-life.net/newpage810.html

    22カ国の学校を回った僕が日本の教育現場ですべきたった1つのこと

    http://gigazine.net/news/20150308-world-schools/