政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針

2017/07/08

     
□■■□──────────────────────────□■■□   わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4407号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月8日(土)



           機能不全に陥る国連の体たらく:加瀬英明

            民進党は解党した方がいい:阿比留瑠比

               「何でも民間」に疑問:眞邊峰松

              缶詰はナポレオン命令:渡部亮次郎          
                       
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4407号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━
機能不全に陥る国連の体たらく
━━━━━━━━━━━━━━


         加瀬 英明

いったい、国連は世界平和の役に立っているのだろうか? まったく立っ ていない。

いったい、国連は日本の役に立っているのだろうか? 答は、国連自体が 役に立たない国際機構だ。それなのに、どうして日本国民は国連を後生大 事にするのだろうか?

なぜ、国連加盟国の分担金は、それぞれ加盟国の経済規模によってきめら れているのに、日本はアメリカについで2番目に大きな分担金を収めてい るのだろうか? 

中国は経済規模を示す国際尺度であるGDPで、日本の2.3倍もある が、国連分担金では第3位であって、日本の80%だ。

第1問から答えよう。今世紀に入って起った、大きな戦争と危機をとろう。

2001年にイスラム過激組織『アル・カイーダ』が、ニューヨークの世界貿 易センタービルを攻撃して破壊した。アメリカは『アル・カイーダ』の根 拠地だった、アフガニスタンのタリバン政権を倒し、イラクと戦った。

11年にオバマ政権が、カダフィ政権のリビアに軍事攻撃を加え、2年後に シリアの反体制勢力に武器と資金を供給して、リビアとシリアを収拾がつ かない混乱に陥れた。

翌年、プチン大統領のロシアがウクライナに軍を侵攻させて、クリミア地 方を奪い取って、ウクライナ東部を切り取りつつある。

国連はこの大きな危機に当たって、蚊帳の外に置かれていた。アメリカ も、ロシアも、国連が邪魔になるから、介入させなかった。

いま、日本は北朝鮮が核実験・ミサイル試射を繰り返しているために、深 刻な危機に直面しているが、そのつど国連安保理事会は北朝鮮を非難し て、経済制裁決議を行ってきた。

だが、中国は北朝鮮に経済制裁を加えることを躊躇している。それどころ か、中国政府の発表によっても、今年1月から4月まで中鮮貿易額は、か えって増加している。そのわきで、ロシアは北朝鮮を援けるために石油を 供給するなど、金正恩体制を支えている。

中国が尖閣諸島に武力を行使した場合に、国連は援けてくれるだろうか?  米ロ英仏とともに、国連の最高意志を決定する安保理事国で拒否権を 持っているから、国連は動けない。

国連は“平和の殿堂”ではない。加盟国が自国のエゴを剥き出しにして闘争 する、古代ローマの剣闘士のコロシアムのようなものだ。

国連憲章からして、欠陥文書だ。「平和愛好国」を加盟資格としている が、北朝鮮や、中国や、ロシアが「平和愛好国」だろうか?

国連が人権を援護するはずがない。北朝鮮、ミャンマー、トルコとあげて も、人権を蹂躙している加盟国がほとんどだ。中国はチベット、新疆ウィ グルで過酷な弾圧を行っている。

国連は傘下に、世界保健機関(WHO)、食糧農業機関(FAO)、国際 労働機関(ILO)、世界貿易機関(WTO)など、数多くの専門機関 や、委員会や、研究所を抱えている。これらの機関の予算は、国連本体と は別勘定で、日本はWHOをはじめとして、アメリカにつぐ分担金を収め ている。

国連は職員全員が、1946年の「国連の特権免除に関する条約」によって、 治外法権とされている。日本では報道されないが、そのために巨額の着 服、横領、浪費が行われていることが、長年にわたって問題となってき た。国連は自浄能力を欠いている。

加盟国が193ヶ国にのぼるが、多くの加盟国だけでなく、国連職員の質が 悪い。5月にアメリカのAP通信社が、国連内部の機密文書を暴露した が、WHOは毎年職員の旅費だけで、何と2億ドル(約222億円)以上 も、支出している。

国連は教育科学文化機関(ユネスコ)が、中国が申請した“南京大虐殺”の 記録を、「世界文化記憶遺産」として認定し、拷問禁止委員会が一昨年の 慰安婦に関する日韓合意を見直すように勧告するなど、頻繁に日本に害を 及ぼしている。国連は穀潰(ごくつぶ)し機関だ。



  
━━━━━━━━━━━━
民進党は解党した方がいい
━━━━━━━━━━━━


      阿比留 瑠比

党内からも「民進党は絶望的だ」「歴史的使命は終わった」

先月下旬、政府の拉致問題担当者の一人の意見を聴く機会があった。彼は 私見だと断りつつ、拉致・核・ミサイルなど北朝鮮の諸問題を解決するに は、金正恩・朝鮮労働党委員長の首をすげ替えるしかないとの考えを示した。

「米国なり、中国なりが狙撃手を送り込んで暗殺するか、工作で内部 クーデターを起こさせるか…」

こう語る真剣で切実な表情を見ながら、民進党をはじめ野党の質問が閣 僚の失言やスキャンダルの追及に終始し、今そこにある北朝鮮危機につい て、ほとんど議論されることのなかった通常国会の惨状を思った。

「使命は終わった」

その後、7月2日の東京都議選では、自民党が大敗して地域政党「都民 ファーストの会」が49議席を確保という大躍進を遂げた。だが、民進党 は共産党の19議席の約4分の1のわずか5議席にとどまった。

「おごれる自民党への嫌悪感が充満し、安倍(晋三)政権にノーという 意思表示が示された」

野田佳彦幹事長は3日未明、選挙結果をこう振り返ったが、原口一博元 総務相が同日のツイッターでつぶやいた次の言葉の方がはるかに現実を見 つめている。

「他党の事はどうでも良いです。(中略)民進党は自民党の批判票の受 け皿にもなれず多くの同志が議席を得られませんでした。2大政党による 政権交代を諦めるなら存在意義はありません」

また、増子輝彦元経済産業副大臣は5日付のメールマガジンで、こう率直 な感想を吐露していた。

「民進党は絶望的です。(中略)安倍自民党への批判の受け皿になり得 なくなった民進党は執行部が責任も取らず居座り、(中略)政党としての 歴史的使命は終わったと言わざるを得ません。国民は民進党に何の期待も していません」

北朝鮮は4日、とうとう米本土を攻撃可能な大陸間弾道ミサイル (ICBM)を発射し、一線を越えた。それでも、民進党から聞こえてく るのは、外部から耳目を閉ざした「蓮舫代表降ろしがどうした」だとかの コップの中の嵐のような小さな話ばかりだ。

国民は、まだ海の物とも山の物ともしれない都民ファーストには期待は 示しても、すでに正体を知り尽くした民進党には関心すらないのだろう。

もはや民進党は政権交代の受け皿にも選択肢にもなっていない。いくら 国会で安倍政権を厳しく批判してみせても、政党支持率は各種世論調査で 8%前後と低い値で安定し一向に上昇しないのは、増子氏が言うように 「政党としての歴史的使命は終わった」からではないか。

意識向上に「貢献」?

民進党は旧民主党政権当時の3年3カ月の間に、党の設立メンバーであ り長年のエースだった鳩山由紀夫、菅直人両元首相を登板させた。その結 果、国民は「首相など誰がやっても同じ」では決してないこと、リーダー を安易に選ぶと自分自身が痛い目に遭うことを深く心に刻んだ。

ある意味、国民の政治参加意識を大きく高めたといえ、これが民主党政権 の最大功績だったのだと思う。その役割はもう済んだ。

時の政権が緊張感を保ち、節度のある権力の行使を行うためには強く健全 な野党が必要だといわれる。
 安倍政権が仮に「おごり」にとらわれていたとすれば、それは野党第一 党たる民進党が弱く不健全な存在だったからではないか。政治の緩みを断 つためにも、民進党はこの際、潔く解党した方がよい。

                  (論説委員兼政治部編集委員)

産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2017.7.7 01:00更新 


    
━━━━━━━━━━
「何でも民間」に疑問
━━━━━━━━━━


    眞邊 峰松

私の年来のマスコミに対する不信感・大衆迎合体質への嫌悪感が一層増大 してきた。 果たして、国家百年の将来を考えるべき時期に、本筋の議論 と離れ、質的には枝葉末節の問題に国民を巻き込んで彼らの主張が、“社 会の木鐸”、“オピニオンリーダー”の役割というのは、どこに存在するの だろうか。

私も、必ずしもマスコミ人の全てが、課題を単にワイドショー的に取り上 げてばかりいるとまでは言わないが、もう少し冷静・客観的に問題を整理 し報道するべきだと考える。

ところで、「行為する者にとって、行為せざる者は最も苛酷な批判者であ る」とは、ある書物の言葉。 同書でこんな話が続く。

「ナポレオンの脱出記を扱った当時の新聞記事である。幽閉されていたナ ポレオンがエルバ島を脱出した。兵を集めて、パリへ進撃する。

パリの新聞がこれを報道する。その記事の中で、ナポレオンに対する形容 詞が、時々刻々に変化していく。 最初は“皇位簒奪者”。 次いで“反乱 軍”〜“叛将”〜“ナポレオン”、 やがて“祖国の英雄”。 

ナポレオンがパリに入城した時には、一斉に“皇帝万歳”の記事で埋められ た。オポチュ二ズムとセンセーショナリズムのマスコミの実態が浮き彫り にされている」。 まさに、その通りだという感がする。

少々議論が飛躍するが、私は基本的に今の“何でも民間”の風潮に反対だ。 私自身の体験から言っても、国の役人の省益あって国益なし、自分たちの 徹底的な権益擁護には、実は本当に癖々した。 まさに国を誤る輩だ、何 とかならんのか、という気分にもなった。

しかし、国家公務員というに相応しい立派な人士をも身近に知る私として は、少々誤弊のある言い方かも知れないが、敢えて言えば、こと“志”とい う点においては、真に心ある役人に比し得る民間人は、そう多くなかろう とも思う。
 
これも個人資質・能力というよりは、やはり、退職までの30年を超える 永年の職務経験、職責の持つ私自身に染み込んだ体質的なもの、職業の匂 いのようなものかも知れない。
  

私には、特にかっての余裕ある民間経営の時代ならともかく、現下の利潤 一点張り、効率一点張りの時代に、現役の企業人で、常日頃から“公益と はなんぞや”の視点から物事を考察したことがある人物が、そう数多いと はとても思えない。


とりわけ、最近の風潮となっている企業利益の増加のみに邁進し、その過 程で中高年の自殺者の激増など、社会不安を増幅してきたリストラを闇雲 に推進してきた企業経営者を見るにつけ、その観を否めない。 


このような中で、果たして、現在のマスコミの論調のように“何でも民間 人登用”“何でも民間感覚“ということが果たして正しいのだろうか。                                     (了)


           

━━━━━━━━━━
缶詰はナポレオン命令
━━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

1795年フランス革命の最中に,ナポレオンはヨーロッパ戦線を東奔西走していた。当時のヨーロッパは新鮮な食物が不足し,一般市民に栄養不良による病気が流行していた。

その時代の食品の保存法は昔ながらの乾燥,塩蔵および薫製によってなされていたが,長い航海をする船員は塩蔵肉や乾パンで我慢しなければならなかったため,海軍部内には壊血病が蔓延していた。

ナポレオンは軍隊の士気を高め戦闘力を維持するためには,栄養豊富で新鮮美味な食糧を大量に供給する必要性を痛感し,従来の方法によらない食品貯蔵法を懸賞金つきで募集することを政府に命じた。

懸賞にこたえ、1804年にフランスのニコラ・アペールにより長期保存可能な瓶詰めが発明され賞金1万2000フランを与えられた。

たが、ガラス瓶は重くて破損しやすいという欠点があった事から、1810年にイギリスのピーター・デュランド(Peter Durand)が、金属製容器に食品を入れる缶詰を発明した。これにより、食品を長期間保存・携行することが容易になった。

ただし、初期のものは殺菌の方法に問題があり、たびたび中身が発酵して缶が破裂するという事故を起こした。これはのちに改良された。 

また、1833年にはフランスのアンシルベールによって、缶のふたの回りをはんだ付けし、熱で溶かして缶を開ける方式が考案された。その後、1860年代にブリキが発明されてからは、缶切りが登場するようになった。

当初、缶切りは発明されず、開封は金鎚と鑿を用いる非常に手間のかかるものだった。戦場では缶を銃で撃って開けることもあったが、撃たれた衝撃で中身が飛び散ってしまい使い物にならなくなることも多々あったという。

このため内容物が固形物に限られ、液状のドリンク類は入れられなかった。缶切りが発明されると液体なども入れられるようになり、内容物のバリエーションが広がった。さらに缶切りが無くても開けられる様にプルトップ(イージーオープン缶)が発明された。

缶詰は、初期には主に軍用食として活用された。特に、アメリカ合衆国の南北戦争で多く利用された。のちに一般向けにも製造されるようになり、現在では、災害対策用の備蓄用食品(非常食)としても利用されている。

現在作られている缶詰は日本で約800種類,世界では約1200種類といわれている。原料の種類別では魚介類,果実類,野菜類,畜肉類に大別される。

加工調理方法の別では魚介類は水煮・塩水漬・油漬・味付け・みそ煮・蒲焼き・薫製油漬・トマト漬・香辛料漬・その他の調味料漬が,果実類はシロップ漬・水煮(固形詰)・ジャム・ゼリーなどがある。

果実類として大きな地位を占めるのは果汁である。野菜類としては料理の原材料となる水煮が主体であるが,味付け,漬物などもある。畜肉類は水煮,味付け,ハム,ベーコン,ソーセージや各種の調理食品がある。

特殊に入るものとしては,各種の調理食品,米飯類,ソース,めん類のかけ汁,しるこ,甘酒などの飲物などがある。食品缶詰の規定には当てはまらないが,コーヒー,紅茶,緑茶の真空パックや不活性ガス(おもに窒素ガス)を充てんし,香りや味を保持させるための缶詰もある。

ペット用のペットフード缶詰の生産も多い。そのほか食品ではないが培養土に種子を入れ,開缶後水をやれば花の咲く缶詰,おもちゃの缶詰,下着類の缶詰も作られている。

1812年にイギリスのドンキンにより缶詰製造は企業化されたが,その後イギリス,アメリカなどで企業化が進んだ。1890年には自動製缶機械に一大進歩をみたことにより,1901年に容器のみを作るアメリカン・キャン社が設立され,缶詰製造業界に一紀元を画した。

製造量は南北戦争後の1870年で約4000万函といわれているが,第1次・第2次世界大戦の軍用食としての需要の増大により,缶詰産業も各種の技術革新とともに発展をとげた。

国別の生産量では,1970年ころまではアメリカが全世界の70〜75%を占めていたが,80年には世界の総生産量(約20億函)の40%を占めるだけとなった。

またイギリスが主要生産国から脱落し,発展途上国の進出が目だってきている。この主な理由としては,作業員の人件費の高騰,原料確保の困難(漁業の200カイリ問題など)などがあげられる。なお,アメリカに次ぐ生産国はドイツ,フランス,イタリア,日本などの先進諸国である。

資料:世界大百科事典及び『ウィキペディア』 2008・10・05



            
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎G20 で米中全面衝突か…トランプ氏、北ICBM“見て見ぬフリ”の習 氏見限る

ドナルド・トランプ米大統領が、中国の習近平国家主席を見限ったような 言動を続けている。「核・ミサイル開発」に狂奔する北朝鮮の金正恩(キ ム・ジョンウン)政権への圧力強化を要請したが、事態は改善しなかった のだ。こうしたなか、北朝鮮は、米国が「レッドライン」と設定したとさ れる、ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射に踏み切った。トランプ氏は 7、8日のG20 (20カ国・地域)首脳会合で、習氏と会談する予定だ が、北朝鮮問題をめぐって、大荒れの可能性もある。

《中国と北朝鮮の貿易は第1四半期で40%近く増えている。中国は米国 と協力していたんじゃないのか》

トランプ氏は5日、ツイッターで、中国への不満をこうブチまけた。

4月の米中首脳会談で、トランプ氏は習氏に対し、北朝鮮への圧力を強化 して100日以内に成果を出すよう求めたとされる。ところが、北朝鮮はそ の後もミサイル発射を繰り返し、4日にはトランプ氏が「レッドライン」 に定めているとみられるICBM発射まで行った。

北朝鮮への影響力を行使できない中国に対し、トランプ氏はこれまでもツ イッターでメッセージを発していた。6月20日には中国による対北圧力を 《うまくいっていない》《少なくとも中国は頑張った》と記した。中国による 外交的解決に見切りをつけた表れとの見方が浮上した。

その後、トランプ政権は中国に圧力をかける動きに転じた。

6月29日、北朝鮮のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして、 中国の丹東銀行(遼寧省)を制裁対象に指定し、米金融機関との取引を禁 止すると発表した。

今月2日には、米海軍のミサイル駆逐艦ステザムが、中国などが領有権を 主張する南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島のトリトン島から12カ イリ(約22キロ)内の海域を通過する「航行の自由」作戦を実施した。

北朝鮮のICBM発射を受け、5日に開かれた国連安全保障理事会の緊急 会合でも、米中の主張は食い違ったままだ。

ロイター通信によると、ニッキー・ヘイリー米国連大使は「外交的解決の 余地が急速になくなってきている」といい、軍事行動も含む強い対応策を 取る用意があることを示した。これに対し、中国は「緊張を高めるべきで はない」と、相変わらず対話を通じた解決を訴えた。

トランプ氏はG20での各国首脳との協議を通じ、「対北包囲網の強化」を 狙うが、習氏が応じるかは不透明だ。最悪の場合、「米中決裂→軍事力行 使」という事態もあり得る展開だ。
 
写真  −  北朝鮮に対して何もできない習近平主席(右)への批判を強め るトランプ大統領(いずれもロイター) 北朝鮮に対して何もできない習 近平主席(右)への批判を強めるトランプ大統領(いずれもロイター)

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170707/soc1707070010-n1.html?ownedref=photo_not%20set_newsPhoto
【ZakZak】 2017.7.7 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)都民ファーストの会の資金源は:前田正晶

5日にジムの論客の方が言われたことが「小池都知事の資金源が何処にあ り、その資金力がどれだけのものだろうか」だった。その方が言われるに は「都知事選の頃に既にその豊富な資金力が見せつけられていた」由だっ た。正直なところ、非小池支持派としてはほとんど考えてみたことすらな かった。不明を恥じるべきかと反省した。だが、何処にどれだけあるのか には興味はある。

その都民ファーストの会はあれほどの人数の当選者を出して、これから都 議会の第一党としての活動を始めるだけに止まらず国政への進出も噂どこ ろか、急速に現実味を帯びてきたようだ。そうであれば、小池都知事はそ れだけの行動を起こす資金と資金源を何処にどれほど持っておられるのか が気になってくる。

私は関心がなかったこともあって都民ファーストの会の本部が何処の如何 なる建物にあるかすら知らない。60人を超えたと聞く議員とその政党を運 営する職員の数などを考えれば、プレハブを建てれば済むようなものでは ないだろう。活動費、賃料、人件費等を考えれば、かなりの金額が必要に なるだろう。都議会の政党には政党交付金はでないだろうと思う。

そういう資金を小池さんが一手に負担されるのだろうか。希望の塾だった かで塾生が拠出したお金が何億円かに達したと報じられたりしたが、あの 選挙戦を賄った資金はどこから寄付でもされたのだろうか。私は既に「小 池マジック」に魅了されたと疑う多くの都民が、都民ファーストの会では なく小池百合子さんに一票を投じたと疑っている。都民は一票は投じた が、金一封も投じてこれから先も支援するのだろうか。

野党連合とマスメディアの共同作業に幻惑された多くの都民が小池さんを 支持してしまったので、安倍政権と自民党があの無様な大敗となってし まった。小池さんがこの好機を利用して何処まで都民ファーストの会を 「国民ファーストの会」にまで持っていく気かは要注目だ。だが、東京都 の職員の中には「都政には余り関心をお持ちではない様子」と批判してい るのを、賢明な小池さんはご存じだろうとは思うが。




 2)品位のある英語を身につけよう:前田正晶

トランプ大統領は教養ある立派な方だと思っている。だが、自分の支持層 である中流以下の人たちを意識した時には、とてもそういう方だとは思え ないような、やや品格を疑うような表現も使われるし、言葉の選び方にも 疑問を感じさせられる。

しかし、公式の席などではアメリカ大統領に相応しい言葉使いで語るよう で、明らかに区別され使い分けておられる。更に言えば、Twitterでの表 現にはとても大統領とは思えない言葉を当たり前のように使われる。

そこで、この際「英語の品格」とは如何なるものかを考えてみようと思う。

言葉の品格:

ここで言いたいことは「常識的に見ておかしくて汚い言葉を使った表現 や、文法的に誤りがある表現か文章を書くかまたは話す事」である。即 ち、Englishを良く勉強して文法を間違えることがなく、下品な表現や言 葉とはどのようなものかを弁えよ」という意味である。中でも注意すべき は「汚い言葉」と訳されている*“*swearword*”*を覚えてついつい使って しまうことである。

私は我が国の学校教育の英語ではこのような言葉があり、それはどういう もので、それらを間違っても使ってはならないということが教えられてい ないと思っている。かく申す私もそういう言葉を使うことが度ほど下品で あるかというか、一定以上の階層では厳しき禁じられていることを、アメ リカ人の社会の中に入って初めて知らされたという程度である。

解りやすくいえば、これを使うと「社会的に下層階級」と見なさると知る べきだ。これは屡々”slang”と混同されているが、全く別な範疇にある言 葉だ。その例を少しだけ挙げれば”God damn it.”であると“Shit.” や、”Oh, myGod.”といった言葉だが、そういう範疇にある言葉であると は、我が国の教育では知らしめていないようだ。なお*、*”slang*”*は
「隠語」や「符帳」の類いを指し、下品な言葉とは別物だとは既に別な機 会に指摘してきた。

それ以外の例も挙げておこう。それは、我が国ではかなり広く知れ渡って いる「私も」という意味の“Me, too.”である。ここでおかしいと思って欲 しいことは、“me”は目的格であるからここは“I”であるべきだと言う点 だ。だが、この形で広まってしまった。私がある席でこれを否定したとこ ろ、文科省からある大学に転職された方が「ライシャワー大使も使ってお られたから問題ない」と反論されて困ったことがあった。

そこで、解説したことは「親しくしているアッパーミドルの極めて厳格な 家庭での夫婦の会話で、奥方が“今日ある会合で友人の誰それさんが“Me, too.”と言われたのには驚いた」と言うのを聞いたご主人が“そうか、彼は そういう表現を使ったのか”と驚いて見せたのだった。この夫婦はNY州出 身の名家で共にMBAである。この辺りまで来ると、このような厳格さなの だと知って欲しい。

また、私はW社に転じてから何度か迂闊にもswearwordを使ったところ、東 京事務所に駐在していたワシントン大学のMBAである日系人に会議室に呼 び込まれて注意されたし、本社では副社長兼事業部長にも「日本人の君が そういう言葉を使うのを聞くのは気持ちが悪いのだ。今後絶対に使わない ように」と厳しく叱責された。

ところが、そういう性質の言葉だと知らずにアメリカに行くと、 swearwordは何か物事を強調していう時などに便利に使えるし、そういう 言葉を多用する連中に出会うことも多いので、つい「格好が良い」と誤解 して使ってしまうものだ。その悪い例として再三挙げてきたのが「沢尻エ リカの“Oh,shit!”だ。

それは、「別に」というフレーズを連発して不人気となった彼女が語学研 修とやら言ってアメリカに渡り、帰国した際に成田空港で記者たちに追い かけられてハンドバッグを落とした時に思わず?出たのが、”Oh,shit! “だったのだ。思うに、アメリカで接触した階層には日常的にこういう言 葉を使う連中が多かったのだろうよ。


発音:

品格の問題で留意すべきことは「発音を正確にしようと心がける」があ る。これは必ずしも綺麗なnative speaker並の発音にすることではなく、 明確で相手が聞き取りやすいように発音することを意味する。アクセント の付け方も重要で、アメリカの英語ではUKよりもアクセントが強調されて いるので、言うなればリズム感があるが、UKの方が平板に流れているよう に聞こえる。極端な表現だが、我が国の英語の先生方に多く聞かれる例 で、カタカナ語的というかローマ字の悪影響の下にある外国人離れした 「英語」であって“English”ではない発音からは、出来る限り離れた方が 良いとまで考えている。

さらに具体的に言えば、同じEnglishでも英連合王国(UK)、アメリカ、 オーストラリア、ニュージーランドにはそれぞれ独自の発音と訛りも方言 もあるので、その中のどの国の英語の発音を選ぶかは慎重を期したいと言 いたい。だが、我が国の学校教育だけで学んで英語の知識では「どれがど れだか俄に判断出来ない」のが難しいところだ。私は少なくとも、所謂 “London Cockney”とそれにも似たところがあるオーストラリアニュー ジーランドの訛りは避けた方が無難だと言って良いと思っている。

私は全世界で最も広まっているのはアメリカ式の発音だとは考えているの だが、ヨーロッパでは地理的な条件もあってQueen’s Englishの発音が最 も普及している。私はアメリカとの縁が最も深かったので、アメリカ式に 準拠しているが、実際にはそれとUK式の中間になる発音をしているようだ。

アメリカかUKかの何れの発音を心がけるかは各人の選択にお任せするが、 何れにせよきちんとした正確な発音が出来るようにしておきたいものだ。 日本人には“Idon’t know.”などのような場合に“t”の発音が難しくて「ア イドンノー」ようになってしまう例が多い。私はこういう発音は品格に乏 しいと思っている。何とか出来るように努力されたいと願っている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


8日の東京湾岸も快晴。


7日の東京湾岸は快晴、爽快。九州のお方々には申し訳ないことだ。




                          読者:5728 






◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。