政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4406号  2017・7・7(金)

2017/07/07

     

□■■□──────────────────────────□■■□   
わたなべりやうじらうのメイ ルマガジン「頂門の一針」4406号
□■■□━━━───────────────────────□■■□


           2017(平成29)年7月7日(金)



                  私は韓国贔屓だ:加瀬英明

              国産ビール発祥地は大阪:毛馬一三

        米国防総省の報告に見る中国の脅威:櫻井よしこ

     小池はオリンピック棚上げの“政局狂い”か:杉浦正章
           
                       
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4406号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━
私は韓国贔屓だ
━━━━━━━


  加瀬 英明

私にとって韓国は、もっとも親しい国だ。

韓国で政権が交替した。それでも、わが大使館とプサンの総領事館の前に 設置された慰安婦像が、撤去されることはないだろう。

やれやれ、日韓関係は144年も全く変わっていない。

明治6年に、朝鮮政府が日本の唯一つの外交公館として、釜山(プサン)に あった倭館の前に、日本を「罵詈譫謗(ばりせんぼう)」(罵る言葉)を連 ねた、漢文で数千字にのぼる告示文を掲示した。

内容は、日本の明治の改革を頭から否定して、日本が儒教の礼を踏み躙 り、服装を西洋式に変えたことを痛罵し、和船でなければ入港を認めない のに、洋夷を模倣した蒸気船を用いることなど、日本が禽獣以下の国だと なじるものだった。

日本側の抗議に対して、告示文を撤去することを拒んだ。日本政府はこの 無法な告示文に激昂し、西郷隆盛をはじめとする太政官が、征韓論を唱え る切っ掛けとなった。

今日、この告示文の写しが、外務省外交史料館に保管されている。

日本で嫌韓論が募っている。だったら、いったい韓国とどう交際したらよ いのだろうか?

私は韓国は変わらないから、あるがままの韓国を受け容れて、経済、安全 保障、文化に限って、互恵関係を結ぶべきだと思う。

アメリカにキリスト教の一派のアーミッシュの共同体があるが、電気も、 電話も、自動車も、いっさいの機械の使用だけでなく、聖書以外の読書、 讃美歌以外の音楽を禁じている。敬虔な愛すべき人々だ。

イスラエルに「オーソドックス・ジュー」と呼ばれる、ユダヤ教の厳格な 戒律を頑なに守る人々がいる。聖書が肌に刃を当てることを禁じているか ら、髭を剃らない。シャバット(安息日)――金曜日の日没から土曜日の日 没まで乗り物に乗らないし、火を点じることがない。信仰心が篤い人々だ。

アーミッシュ教徒や、オーソドックス・ジューに、生きかたを変えるよう に求めるものだろうか?

反日(パンイル)が韓国民の愛国心を支えて、元気の素となっている。韓国 はかつて自国を小中華(ソチュンファ)と呼んで、中国の藩属国であること を誇って、日本を蔑(さげす)んできた。その日本が韓国を追い越したの が、誇りを傷つける。

韓国民の心情を理解して、日本が韓国の活力の源となっていることを、喜 びたい。


         
━━━━━━━━━━━
国産ビール発祥地は大阪
━━━━━━━━━━━


     毛馬 一三


まもなく夏本番、どこでも夕食の食卓では、缶ビールをコップに移して一 気に飲んで、喉を潤すのが習慣になってきている。

今やアルコールを飲めない人でも、アルコールの入っていない缶ビールを 買い求めてビールの味を愉しむ時代にもなっている。ビールはもはや全盛 時代だ。

以前、北海道のサッポロビール工場で、出来たてのビールをジョッキ杯で 飲んだ経験がある。下戸の筆者は、ジョッキ杯飲みに躊躇いがあったが、 喉越しに胃袋に入っていったその時の美味さは、何とも清々しく旨いもの だった。

最近では、ホテルや居酒屋などでビールジョッキで飲むことがあるが、出 来たてのサッポロビールの味と同じような感じがしだして、時代と共に ビールの質が向上していることが伺える。

そんな中、「国産ビールの発祥の地」が、大阪だというという「碑」を見 つけた。全国いたるところにあるといわれているビールの発祥の地が、ま さか「大阪」だとは驚いた。

その「碑」は、大阪市営地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から 東に300mほどの 大阪・北新地のANAクラウンプラザホテル北東側にあった。

その場所にはしばしば行く所だが、ホテル北東側の3本の道路で囲まれた 三角形の場所で交通量の多いところなので、不覚にもその「碑」には目が 届かなかった。よく見ると

こう書いてある

<わが国におけるビールの醸造は幕末に横浜で外国人がおこなっていた が,日本人の手によるものとしては,澁谷庄三郎がこの地で醸造したのが 最初といわれている。

当初は大阪通商会社で,明治4年(1871)に計画された。これは外国から 醸造技師を招いた本格的なものだったが,実現には至らなかった。この計 画を通商会社の役員のひとりであり,綿問屋や清酒の醸造を営んでいた天 満の澁谷庄三郎が引継ぎ,明治五年三月から,このあたりに醸造所を設 け,ビールの製造・販売を開始した。

銘柄は「澁谷ビール」といい,犬のマークの付いたラベルであった。年間 約32〜45キロリットルを製造し,中之島近辺や川口の民留地の外国人らに 販売した。―大阪市教育委員会>。

しかし気になることがあった。「日本ビールの発祥地は、横浜」と言われ ていたことを思い出して気になった。

そこで、調べてみると、

<明治3年(1870年)、米国人のウィリアム・コープランドによって横 浜・山手にビール醸造所「スプリング・バレー・ブルワリー」が設立さ れ、日本で初めてビールの醸造・販売が開始された。

外国人の手による日本初だが、実は麒麟麦酒(キリンビール)がこれの流 れを汲んでおり、世間的にはこれが「横浜が日本のビール発祥の地」と定 着してしまったようだ。>

更には

<小規模なものなら、江戸時代にも日本でビールが造られていたらしい。 文化9年(1812年)に、長崎の出島でオランダ商館長のヘンドリック・ ドゥーフによる“自家醸造”で、これが「日本で初めて醸造されたビール」 とされている。

となると、大阪の「発祥地」とはどういう意味なのかということになる。

そこで、時系列に追って整理すると、
・1812年(文化9年) 日本で初めてのビールが長崎でオランダ人によっ て醸  造される。
・1869年(明治2年) 横浜で、外国人による日本最初のビール醸造所が 設立される。
・1872年(明治5年) 大阪堂島で、渋谷庄三郎によって、「渋谷ビー ル」という、日本人によって初めて産業的にビールが醸造・販売される。

そこではっきりした。「横浜」は外国人によって「日本で初めて産業的に ビールがつくられた地」なのだ。「大阪」は日本人の手によって、初めて 「国産ビールがつくられた地」だったということになる訳だ。

この「大阪の碑」の周辺は、今は不景気で活性化が無くなっている遊楽街 「北新地」だが、「碑」に辺りに「国産ビール発祥地」を明らかにする施 設や跡地は、どこにも見当たらない。

だが、現代のビール産業がこの場所から発祥したのだという事実は、この 「碑」を目撃したことよって、先駆的だった大阪の時代があったこと改め て感じさせられた。これからも全国を引導していく大阪になって欲しいも のだ。

     

━━━━━━━━━━━━━━━━
米国防総省の報告に見る中国の脅威
━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ 

米国防総省が6月6日、「中国の軍事情勢」に関する年次報告書を発表し た。海洋、宇宙、核、サイバー空間の4分野を軍事戦略の要として、中国 が世界最強の国を目指して歩み続ける姿を描き、警告を発している。
  
 報告書は、中国の目標が米国優位の現状を打ち砕くことだと分析し、そ のために中国は、サイバー攻撃によって、軍事技術をはじめ自国で必要と する広範な技術の窃取を行い、知的財産盗取を目的とする外国企業への投 資や、中国人による民間企業での技術の盗み取りなどを続けていると、驚 くほど率直に告発している。
  
この件に関して興味深い統計がある。中国政府は長年、経済発展を支える イノベーション重視政策を掲げてきた。2001年から複数回の5か年計画を 策定し、研究開発費をGDP比で20年までに2・5%に引き上げようとして きた。だが、目標は一度も達成されていない。理由は、彼らが必要な知的 財産を常に他国から盗み取ることで目的を達成してきたために、自ら研究 開発する風土がないからだとされている。
  
ただ、どのような手段で技術を入手したかは別にして、中国が尋常ならざ る戦力を構築しているのは明らかだ。中国は世界で初めて宇宙軍を創設し た国だ。米国家情報長官のダニエル・コーツ氏は今年5月、「世界の脅威 評価」で、ロシアと中国はアメリカの衛星を標的とする兵器システム構築 を宇宙戦争時代の重要戦略とするだろうと報告している。
  
15年末に、中国は「戦略支援部隊」を創設したが、それはサイバー空間と 宇宙とにおける中国の軍事的優位を勝ち取るための部隊だと分析されている。
  
 国防総省の報告書は、中国を宇宙全体の支配者へと押し上げかねない量 子衛星の打ち上げに関しても言及しているのだ。

大中華帝国の創造
  
 昨年、中国は宇宙ロケットを22回打ち上げ、21回成功した。そのひとつ が世界初の量子科学実験衛星の打ち上げだった。量子通信は盗聴や暗号の 解読がほぼ困難な極めて高い安全性が保証される通信である。「仮に通信 傍受を試みたり、通信内容を書き換えようとすると、通信内容自体が?崩 壊?する。理論的にハッキングはまず不可能」(産経ニュース16年9月3 日)だと解説されている。
  
 量子衛星打ち上げの成功で、地球を包み込んでいる広大な宇宙を舞台に した交信では、どの国も中国の通信を傍受できないのである。
  
 中国は07年に地上発射のミサイルで高度860?の自国の古い気象衛星を 破壊してみせた。攻撃能力を世界に知らしめたのだ。衛星破壊をはじめと する中国の攻撃の狙いは、「敵の目と耳を利かなくする」こと。違法な ハッキングで世界中の技術を盗んできた中国が、選りに選って絶対にハッ キングされない技術を持てば、世界を支配する危険性さえ現実化する。
  
 中国は現在独自の宇宙ステーションを構築中だが、来年には主要なモ ジュールの打ち上げが続く見込みだ。東京五輪の2年後には、中国だけの 宇宙ステーションが完成すると見られる。さらに、中国は月に基地をつく る計画で、月基地の完成は27年頃と発表されている。習近平氏の「中国の 夢」は、21世紀の中華思想の確立であり、宇宙にまで版図を広げる大中華 帝国の創造ではないのか。
  
 中国の遠大な野望の第一歩は、台湾の併合である。その台湾に、国防総 省報告は多くの頁を割いた。「台湾有事のための戦力近代化」(Force Modernization for a Taiwan Contingency)という章題自体が、十分注目 に値する強いタイトルだ。付録として中国と台湾の戦力比較が3頁も続い ている。
  
 台湾と中国の軍事力は比較にならない。中国の優位は明らかであり、将 来も楽観できない。たとえば現在、台湾は21万5000人規模の軍隊を有する が、2年後には全員志願兵からなる17万5000人規模の軍隊を目指してい る。しかし、この縮小した規模も志願兵不足で達成できないだろうと見ら れている。他方、中国は台湾海峡だけで19万人の軍を配備しており、人民 解放軍全体で見れば230万人の大軍隊である。
  
 台湾、南シナ海、そして東シナ海を念頭に、中国は非軍事分野での戦 力、具体的にはコーストガード(海警局)や海上民兵隊の増強にも力を入 れてきた。
  
10年以降、中国のコーストガードは1000?以上の大型船を60隻から130隻 に増やした。新造船はすべて大型化し、1万?を優に超える船が少なくと も10隻ある。大型船はヘリ搭載機能、高圧放水銃、30?から76?砲を備え ており、軍艦並みの機能を有し、長期間の海上展開にも耐えられる。
  
ちなみに1000?以上の大型船を130隻も持つコーストガードは世界で中国 だけだと、国防総省報告は指摘する。海警局は、もはや海軍そのものだ。

ローテクの海上民兵隊
  
 海警局とは別に海上民兵隊も能力と規模の強化・拡大を続けている。事 態を戦争にまで悪化させずに、軍隊と同じ効果を発揮して、海や島を奪う のが海上民兵隊である。
  
 彼らは人民解放軍海軍と一体化して、ベトナムやフィリピンを恫喝す る。16年夏には日本の尖閣諸島周辺にまで押し寄せた。国防総省報告は、 この海上民兵隊に重要な変化が表れていることを指摘する。かつて海上民 兵隊は漁民や船会社から船を賃借していた。それがいま、南シナ海に面す る海南省が、84隻にも上る大型船を海上民兵隊用として発注した。独自の 船を大量に建造しているのだ。
  
 海上民兵隊は南シナ海を越えて尖閣諸島や東シナ海、さらには小笠原諸 島、太平洋海域にも侵出してくる。
  
 宇宙軍と量子衛星、そして海上民兵隊。ハイテク戦力とローテク戦力を 併せ持つ中国が世界を睥睨しているのである。サイバー時代においては、 先に攻撃する側が100%勝つのである。その時代に、専守防衛では日本は 自国を守れないであろう。
  
 日米同盟はいまや、責任分担論が強調される。アメリカはかつてのアメ リカとは異なる。国家基本問題研究所の太田文雄氏が問うた。

「仮にアメリカのトランプ政権が、?ハイテクの宇宙・サイバー空間にお ける脅威はアメリカが対処する。そこで責任分担で、ローテクの海上民兵 隊には日本が対応してほしい?と言ってきたら、わが国はどうするので しょうか」
  
 日本を守る力は結局、日本が持っていなければ、国民も国土も守りきれ ない。そのような事態が近い将来起きることは十分にあり得るのだ。
  
 折りしも安倍晋三首相が自民党総裁として憲法改正論議に一石を投じ た。この機会をとらえて、危機にまともに対処できる国に生れかわるべきだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小池はオリンピック棚上げの“政局狂い”か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               杉浦 正章

国政進出を狙って尽きぬ“野望”
  
流動性帯びる解散時期

「都民ファーストならぬ国民ファーストということをベースに考えてゆく 必要がある」。この発言から見る限り国政進出を目指すとしか考えられな い。一体“野望の女”小池百合子の戦略はどこまで広がるのだろうか。

いまや国民的事業であるはずのオリンピック準備など「知ったこっちゃな い」と言わんばかりの“政局狂い”だ。待ってましたとばかりに自民党を離 党した小池側近の衆議院議員若狭勝が「新党を作るのならば多分今年、作 らなければ来年も再来年もそのまま作らないで終わる」と民放に言い放っ ている。

若狭が言いたいのは国会議員5人をを年内に確保しない限り、政党として 認められない。簡単に言えば政党交付金をもらえないのだ。しかし、5人 程度はわけもないことだと筆者は思う。今の勢いから見る限り、昔、田中 角栄が言った「池を飛び出る鯉」は、民進党を中心に5匹を大きく上回るだ ろう。
すでに都議選では民進党を除籍された衆院議員長島昭久、日本維新の会を 除名された参院議員渡辺喜美、無所属の参院議員松沢成文らが都民ファー スト候補を応援している。

いずれも二選級マイナークラスだが、実現すれば都民ファーストの国政進 出が実現することになり、政界流動化の「核」 になり得るとみなければな るまい。都議選でも民進党から公認候補16人が都民ファーストに逃げ込んだ。

蓮舫率いる民進党はまさに難破船のごとき様相であり、難破船からはネズ ミが最初に逃げ出すといわれている。船長を交代させなければならないと きなのに、蓮舫は続投宣言をしてはばからない。自民党にとっては誠にあ りがたいことであろう。

しかし、小池が「オリンピック知ったこっちゃない」というなりふり構わず の国政進出の動きに出た場合、国民の批判の対象は小池に焦点が絞られる 公算が大きい。ただでさえ都庁内部には「あんまり都政に身が入っておら れない」と幹部が慨嘆する空気が生じている。

オリンピックは国民が期待する最大の行事であり、この準備をおろそかに して、自らの野望達成に狂奔すれば、自民党にとっても最大の攻撃対象に なり得る。都民ファーストごときは地方では理解されにくい。

自民党内も問題山積だ。まず最大の失敗は政府・与党幹部が都議選でメ ディアと大げんかしてしまい、「ワイドショーによる敗北」を喫したことだ。

幹事長二階俊博に至っては先頭に立って「新聞をお金を出して買ってい る。そのことを忘れては駄目だ。落とすなら落としてみろ。マスコミが左 右すると思ったら大間違いだ」と抜き差しならぬ発言をした。

結果はマスコミに左右されてしまった。副総理麻生太郎までが「マスコミ は言っているだけで責任は何もとらない」と批判。こうした発言に「しめた と」ばかりに朝日、毎日が批判記事を書けば、これを請け売りして朝から 晩までコメンテーターがしゃべりまくる。TBSやテレビ朝日の民放ワイド ショーはいまや選挙の最大の判断材料と化してしまった。

しかし、ヤクザとまともにけんかする人はいない。けんかすれば刺される ことを知っているからだ。全く同じで二階がマスコミ批判をすれば、半可 通コメンテーターどもに連日、倍返し三倍返しのコメント材料を提供して しまっているのだ。

暇にあかしててテレビを見る判断力が失せた高齢者は、コメンテーターご ときの主張で、選挙を判断してしまうのだ。自民党はけんかの仕方を全く 知らない。

こういった連中に対抗するには、放送の中立性逸脱を理由に民放の放送免 許を取り消す動きに出るとか、報道番組やコメンテータ個人に対して訴訟 を起して法的判断に委ねるのが一番だ。

批判してもその批判を好材料にあることないことしゃべりまくって1回5万 円の報酬を受け取る連中には法的な対応をして司法の判断に委ねるべきな のだ。訴訟をすれば国民もどっちが正しいかの判断材料になるが、二階や 麻生流の対応は、国民の誤解をマイナスの側に増幅させるだけでリーダー に全くふさわしくない。すくなくとも改造で二階は代えなければ総選挙が 持たない。

したり顔のコメンテーターどもは、過去の例を得々としてあげつらい、今 回の事例に何が何でも結びつけようとする。その最たるものが1993年と 2009年の政変劇だ。

93年は都議選で日本新党が2議席から20議席に増やしたのをきっかけに総 選挙で宮沢喜一が大敗、非自民連立政権を許した例だ。09年は都議選で38 議席に減らし民主党に第一党の座を譲った麻生が事実上の任期満了選挙に 追い込まれて大敗、民主党に政権を奪取された。

しかしその結果と言えば細川護熙は顔だけが殿様顔で立派だが中身が伴わ ないことが分かってわずか9か月で退陣。民主党政権もルーピー鳩山以下 無能な首相が3回政権を担当して、そのばかさ加減にあきれて、国民に絶 対に2度と政権を取らせないという“決意”をさせてしまった。

「衆愚の選択」が日本の政治に教訓をもたらしたのだ。宮沢も麻生も支持率 10%台で、もともと断末魔であった。それぞれ曲がりなりにも受け皿が あった。

安倍はこの「衆愚の選択」を2度と惹起させてはならない。したがって総じ て40%台を確保している支持率と、自民党の37〜38%という超高支持率 を背景に自信を持った政権運営を展開し、既に規制事実のようになている 来年秋の解散・総選挙などにこだわらないことが肝腎だ。

来年秋だと、今の情勢から見れば必ず麻生の例と同じで追い込まれ解散に なりやすい。小池が態勢を整えるのを待つ必要はない。小池新党の動きも 察知しつつ、今秋以降果断に解散の機会を狙うべきだ。

憲法改正は重要なテーマだが、それより優先するのは解散判断となって来 た。また自民党の石破茂など反安倍勢力は、北朝鮮がまたまたミサイルを 排他的経済水域に撃ち込んでいる状況下で、小池旋風に踊らされていると きかと言いたい。




━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎中国、米の圧力にロシアと連携=対北朝鮮で批判回避図る

【北京時事】北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射成功の発 表を受け、ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議や並行して行われる 個別の首脳会談では、中国に対し、北朝鮮への制裁強化を求める米国など の圧力が強まるのは間違いない。中国はロシアと連携し対抗する構えだ。

ミサイルが発射された4日、訪ロ中だった習近平国家主席は、直後の首脳 会談で「北朝鮮に核・ミサイル開発の停止を求めると同時に米韓が軍事演 習を中止する」と提案、プーチン大統領の同意を取り付けた。

制裁強化で はなく、米国の譲歩による対話解決を促す提案は、中ロ外相 による共同声 明としても発表し「一枚岩」を演出。中国外務省は5日の 記者会見で、共 同声明を「客観的で公正で実現可能な提案だ」と強調した。

ただ、米国がミサイルをICBMと断定したことは中国にとって逆風だ。 中国は、原油輸出制限など北朝鮮の暴発につながりかねない制裁強化には 慎重な姿勢を崩していない。しかし、核実験やICBM開発の大きな進展 が確認されれば、追加制裁に応じる可能性を米国などに示唆していたとさ れる。

写真− 4日、モスクワで握手する中国の習近平国家主席(左)とロシア のプーチン大統領(AFP=時事)
<http://www.jiji.com/jc/article?g=int&amp;k=2017070500862&amp;p=0170705at43&amp;rel=pv>http://www.jiji.com/jc/article?g=int&k=2017070500862&p=0170705at43&rel=pv
【時事通信】 2017/07/05-18:07 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎ICBMが示した米の対北政策の失敗、狭まるトランプ氏の選択肢

【7月5日 AFP】北朝鮮が発射実験を行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)は 米アラスカ(Alaska)に到達する能力があるとみられている。そうした中 で改めて浮き彫りになったのは、中国の対北朝鮮介入努力への信頼を失っ たドナルド・トランプ米大統領にとって、北朝鮮の核開発を阻止する選択 肢が狭められてきていることだ。

今年1月に大統領に就任する直前、トランプ氏は、北朝鮮には米本土が射 程に入るような核兵器は絶対に開発させないと主張し、「そういうことは 起きない!」とツイッターに投稿していた。 

しかし米政府が北朝鮮のICBM発射実験が成功したことを確認すると、専門 家の間から、北朝鮮のミサイル開発が核弾頭を搭載できるほどにまで進め ば、越えてはならないとされていた一線が近付きつつあることを米国も認 めざるを得なくなるだろうとの見方が出てきている。

米カリフォルニア州に拠点を置くミドルベリー国際大学院モントレー校 (MIIS)の核不拡散問題の専門家ジェフリー・ルイス氏はAFPに対し、「北 朝鮮の非核化に向けた交渉の窓は閉ざされた」と指摘した。「肝心なの は、北朝鮮が核弾頭を搭載できるICBMを手にしたということを私たちが受 け入れなくてはならないということだ」

4日に北朝鮮がICBMを発射した直後にトランプ大統領は、「場合によって は中国が北朝鮮に対して厳しい態度に出て、こうした愚行を終わらせてく れるだろう」とツイッターに投稿し、金正恩朝鮮労働党委員長を非難する 一方で、中国をもけん制した。

トランプ氏はこれまで中国に対して核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に圧 力をかけるよう要請してきた。しかし、先月になって中国の取り組みは 「これまでのところうまくいっていない」と漏らすなど、トランプ氏が金 政権の動きを抑える中国の力を見限ったことを示す兆候がいくつか出ている。

トランプ米政権が強硬姿勢を取るようになってきていることは、6月29日 に北朝鮮とのつながりを持つ中国の金融機関に対する制裁措置を発表した ことからもうかがえる。

■米国の対北朝鮮政策は失敗

トランプ大統領は中国に圧力をかけつつ、韓国の文在寅(ムン・ジェイ ン、Moon Jae-In)大統領と協力する道についても探り、先週はホワイト ハウスに同大統領を招いて会談した。その一方で金委員長に対しては「な かなかの切れ者(pretty smart cookie)」と評し、ミサイル開発をやめ るなら会ってもいいと述べ、会談できれば「光栄だ」と持ち上げてみせた ことすらある。

だが、アメリカ進歩センター(Center for American Progress)で核・防 衛政策問題を研究しているアダム・マウント(Adam Mount)氏は、「一線 を越えないように圧力をかけるのはもはや論理的ではない。すでに一線が 越えられつつあるからだ。もはや非核化(という主張は)は維持できな い」と主張する。

「米国の政策は失敗に終わった。われわれにとって現時点で考えられる最 良の展開は、時間をかけて持続可能な形で北朝鮮政権を抑制し、封じ込 め、改革させていくことだ」

短期的には、米国防総省は軍事行動を起こす選択肢も検討している。米国 と韓国は5日、前日の北朝鮮によるICBM発射実験に対する示威行動とし て、合同の軍事演習を行って韓国沖にミサイルを発射した。

■軍事的選択肢は「誰も望んでいない」

だが米軍上層部は、北朝鮮との武力衝突は非常に大きなリスクを伴うとい う見方を示している。

ジェームズ・マティス米国防長官は今年5月、外交努力によって状況を解 決することができずに北朝鮮との間で軍事衝突が起きれば、1950年代の朝 鮮戦争に匹敵する規模の「壊滅的な戦争になるだろう」と述べた。

H・R・マクマスター(H.R. McMaster)米大統領補佐官(国家安全保障問 題担当)は先週、「大統領は私たちにさまざまな選択肢を検討するよう指 示した。その中には軍事的な選択肢も含まれるが、それを選ぶことは誰も 望んでいない」と語り、軍事的解決も検討してはいるものの、かなりのリ スクが伴うという認識を率直に示した。

ミドルベリー国際大学院のルイス氏は、今トランプ政権が集中すべきこと は、ミサイル発射実験をしないよう北朝鮮を説得することだと主張する。 「緊張緩和策を考えながら対北朝鮮の抑止力強化に努めるべきだ」「弾道 ミサイル防衛は、抑止力の一つになり得るかもしれない」

米国はすでに北朝鮮からの脅威に備えて韓国に米軍の最新鋭迎撃システム 「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を配備している。

しかし中国政府はTHAADの韓国配備に猛反発し、韓国への経済制裁や外交 ルートでの抗議などの措置を取ったため韓国の文大統領がTHAADの追加配 備を中断したことから、この地域での米政府の安保政策は打撃を受けた。 (c)AFP/Laurent BARTHELEMY
写真−米首都ホワイトハウスで、首脳会談のため韓国の文在寅大統領を待 つドナルド・トランプ大統領(2017年6月30日撮影)。(c)AFP/Brendan Smialowski
<http://www.afpbb.com/articles/-/3134581?pid=19171921&amp;page=1>http://www.afpbb.com/articles/-/3134581?pid=19171921&page=1
 [AFP] 2017年07月05日 16:12 ワシントンD.C. 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎中国、米の圧力にロシアと連携=対北朝鮮で批判回避図る

【北京時事】北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射成功の発 表を受け、ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議や並行して行われる 個別の首脳会談では、中国に対し、北朝鮮への制裁強化を求める米国など の圧力が強まるのは間違いない。中国はロシアと連携し対抗する構えだ。

ミサイルが発射された4日、訪ロ中だった習近平国家主席は、直後の首脳 会談で「北朝鮮に核・ミサイル開発の停止を求めると同時に米韓が軍事演 習を中止する」と提案、プーチン大統領の同意を取り付けた。制裁強化で はなく、米国の譲歩による対話解決を促す提案は、中ロ外相による共同声 明としても発表し「一枚岩」を演出。中国外務省は5日の記者会見で、共 同声明を「客観的で公正で実現可能な提案だ」と強調した。

ただ、米国がミサイルをICBMと断定したことは中国にとって逆風だ。 中国は、原油輸出制限など北朝鮮の暴発につながりかねない制裁強化には 慎重な姿勢を崩していない。しかし、核実験やICBM開発の大きな進展 が確認されれば、追加制裁に応じる可能性を米国などに示唆していたとさ れる。
写真− 4日、モスクワで握手する中国の習近平国家主席(左)とロシア のプーチン大統領(AFP=時事)
<http://www.jiji.com/jc/article?g=int&amp;k=2017070500862&amp;p=0170705at43&amp;rel=pv>http://www.jiji.com/jc/article?g=int&k=2017070500862&p=0170705at43&rel=pv
【時事通信】 2017/07/05-18:07 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)読売だって広島に勝てるじゃないか:前田正晶

4日と5日に広島が読売に連敗した。実は、私には4日の朝に広島は勝てな いという閃きがあったし、5日の朝には恐らく高橋由伸は菅野を出すだろ うから、広島の連敗だと決めつけていた。するとどうだろう、その通りに なってしまった。正直なところ、読売の投手のローテーションなどは知る 由もないので、菅野が中4日だとは中継放送が始まって知ったほどだつた。

4日に出てきた読売の田口麗斗(カズトだそうで、キラキラの一種か)は 不思議な投手で、何処にそれだけの威力があるのかと思わせるような投球 だが、防御率が菅野を上回ってリーグ1位だし、昨年でも10勝もしてい た。投球フォームも独特だが、テレビ中継のカメラの角度の為に、私には 球筋がハッキリとは見えないのだが、兎に角打たれない。失礼を顧みずに 言えば「あの無骨なご面相で打者を圧倒するのか」と疑っている。

5日夜も、菅野が出てきたこともあったが、広島が明らかに調子が谷底に 落ち込んでいただけではなく、チャンスにこれという当たりが全て田口の 真っ正面に飛んだだけではなく、彼の見事な反応で処理されたので遂に1 点も取れずに終わった。この辺りには、読売も田口も力で運を味方に付 けたと見た。

だが、5日夜はPrime Newsが北朝鮮のICBMを話題にした議論が白熱してい たのでそちらに関心が行っていて野球は二の次だった。金正恩もあのICBM 発射を「ジュライ・フォース」にぶつけるなどは、小憎らしい振る舞いで はないか。雨以下ではこの日がどれほど重要かを承知しているとは。試合 の結果はCMの間に知った次第だ。

そのPrime Newsでは「対北朝鮮の制裁」は抜け穴ばかりで実効に乏しく、 中国とロシアは完全に北朝鮮の側に立っていることが明らかだと確認され たので、野球観戦を犠牲にしただけの価値が十分にあった。それ以外にも 「なるほど」と感心して聞いたことは「金正恩は習近平よりも早く国家主 席に就任しているので、習近平よりも上にあると思っているし、彼は自分 こそがナンバーワンだと信じている」と聞かされたことだった。

何となく、広島に14ゲームも離されたビリから2番目の読売が、未だに球 界の盟主だと思い込んでいるらしいのと、似ているような気がするのだ が。読売がオールスター戦の前までにこの大きなゲーム差を何処まで詰め て後半に盛り返さないと、セントラルリーグの野球が詰まらなくなるかも 知れない。だが、DeNAは宮崎辺りが打ちまくって調子が上がってきている のも面白いのではないか。



 2)阿生居士のへのへのもへじ(139)7月6日−東郷平八郎と小栗上野介

東郷平八郎( <https://ja.wikipedia.org/wiki/1848%E5%B9%B4> 1848年
<https://ja.wikipedia.org/wiki/1%E6%9C%8827%E6%97%A5> 1月27日 - <https://ja.
wikipedia.org/wiki/1934%E5%B9%B4> 1934年
<https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%8830%E6%97%A5> 5月30日)と 江戸時代末期の幕臣の小栗上野介(1827年7月16日―1868年5月27日官軍に より斬首)とは、生前には接点がなかった。だが、東郷平八郎は、日本海 海戦後の明治の晩年に自宅に小栗の継子と女婿を招いて書を贈って小栗の 業績について礼を述べている。なぜなのか。その訳は下掲で。

 <http://tozenzi.cside.com/tougou.html> http://tozenzi.cside.com/tougou.html

 <http://www12.wind.ne.jp/oguri-k/oguri3.html>
http://www12.wind.ne.jp/oguri-k/oguri3.html


<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A0%97%E5%BF%A0%E9%A0%86> https:
//ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A0%97%E5%BF%A0%E9%A0%86


                   (品川 阿生居士)




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

7日の東京湾岸は晴天、爽快。


6日の東京湾岸は晴れ、爽快。


隣りの第3亀戸中学校のプールでは、6日も朝から男女の生徒で大賑わ い。 書斎でPCを打っている私の耳にうるさい声が入ってくる。人間、
本 来、水 から生まれたというのは本当だろう。


                          読者:5727人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/07

    ━━━━━━━

    私は韓国贔屓だ

    ━━━━━━━



    >Kの法則

    http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

    https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701

    http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%82%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

    http://bbs.jpcanada.com/log/6/8835.html

    http://www.tamanegiya.com/kako/dannkunnnonoroi.html

    http://stone-roses.org/matome/1993

  • 名無しさん2017/07/07

    現在、原発批判はTV界でタブーとなっている。反原発を収録で語る専門家や評論家は2度と番組に呼ばれないし、放送前にカットされる。その理由は、「福島県民の差別になる」からである。



     「みのもんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」は、反自民や反原発の先頭を走る高視聴率番組だったが、みのもんたのセクハラ事件で番組が消滅した。この事件、当局によって仕掛けられた。



     みの氏がCMの最中に日常やっていた行為を、その日に限ってCM開けに「セクハラ!」と叫ぶ女の声が被ったことである。触られた吉田明世アナの声ではない。TBSが徹底調査しても、その声の主を捜せない。カメラを何度チェックしても、声の主はどこにも映っていない。スタッフやアナウンサーの声でもなく、結局、迷宮入りしてしまう。事前に声が別に録音されていたが、音を別装置で飛ばしたということである。結果、反原発のみの氏は週刊紙から連日バッシングを受ける羽目になる。



     すると、止めの一発が襲う。今度は、他人名義のキャッシュカードで現金を引き出した息子が逮捕された。息子は原発推進派の日テレの社員だった。反原発で一世を風靡した「愛川欽也パックインジャーナル」も、人気番組だったが、突如として放送終了する。それに反発した愛川氏は自らの番組を立ち上げネット配信するが、急に癌を発症して他界する。



    「ビートたけしのTVタックル」も同様で、官僚批判、与党批判、反原発を繰り返した結果、突如、深夜枠へ追いやられる。そして看板だった政治原発ネタを全く取り扱わなくなる。圧力がかかったということである。



     「報道ステーション」も同じく、反原発のディレクター岩崎真樹氏が、突然、不審死で発見される。元々、「自分が不審な死に方をしたら、誰かにやられたと思ってくれ」と言い残していただけに、TV業界に戦慄が走った。彼の死はTV局に戒め効果と認知され、原発を批判したらどうなるかを思い知らされたと言える。同番組の古舘伊知郎氏は、自民党批判が物議を醸して「偏向ステーション」と批判を受けた。反原発の姿勢を全く崩さなかったため、2016年春に降板することが決定した。TVの大口スポンサーが電力会社であるため、TV局は原発批判が出来ない立場にある。



    「クローズアップ現代」が政権の圧力で2016年春に放送終了に追い込まれた。理由は、たった一つのヤラセらしいが、単なる詭弁である。NHKは総務省の持ち物の為、国である官邸の影響を受ける。一方、NHK内の圧力反対派の意見で、「クローズアップ現代+」が夜の10時代に蘇り、ジャーナリズムの意地を見せている。



     リッチスタンが次に狙うのは、世界中の余分な人口の削減である。そのために第3次世界大戦が不可欠で、それによる経済崩壊で大量の餓死者を生み出そうとしている。日本人の多くも貧困で死滅するだろう。日本から日本人がいなくなれば、今も地下で金を生産する日本列島はリッチスタンの所有となる。日本中の原発が再稼働した段階で、3・11と同じ災害を起こしてやれば、日本人のほとんどが放射能障害で死滅、あるいは子孫が出来なくなり、結果は同じとなる。

  • 名無しさん2017/07/07

    ワクチン被害の訴訟ではこれまで、因果関係が科学的に証明されないことで泣き寝入りをした例も多かったと思います。それをくつがえす判決が、今年の6月21日EU最高裁で下されました。 

      被害者の側で「具体的かつ一貫した証拠」を4項目揃えれば、「特定の科学的な証拠はなくても」、「誰の目にも明らかな現実的『因果関係』を採用し」、ワクチン被害を認めるという画期的な判決です。

      これに対して、「ワクチン専門家」であり小児科医のオフィット氏が、「ピーナツバター・サンドイッチ」で応酬していますが、論点がずれていて国会答弁くらいに笑えます。氏は製薬会社から恩恵を受けながら、アメリカのワクチン奨励組織のトップに立っている人です。

      ぜひ日本の子宮頸がんワクチン訴訟でも、この判例を参考にしてほしいと思います。

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1825

  • 名無しさん2017/07/07

    事象の解析と考察

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/06/1721-%e4%ba%8b%e8%b1%a1%e3%81%ae%e8%a7%a3%e6%9e%90%e3%81%a8%e8%80%83%e5%af%9f/

    “安倍晋三デタラメ九条いじり”の禍根と害毒 --- 中川 八洋

    http://agora-web.jp/archives/2025963.html

    【無年金訴訟】在日韓国・朝鮮人、敗訴確定wwwww最高裁判所

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

    北海道で韓国国営電力メガソーラーが売電開始→再エネ発電、国民の負担総額は年間2兆円超へ

    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5000.html

    神奈川新聞社の石橋学記者

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53240492.html

    電波オークション待ったなし!競争も新規参入もないからテレビはフェイクニュースのオンパレード!

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6719.html

    【朗報】今年のミス青学候補

    http://2ch-matomenews.com/243511/

    お元気ですか?!? 

    http://tentsutsu.exblog.jp/20601608/

    アルメニアに本当に美人は多いのか?8組12人を撮影してきました

    http://gigazine.net/news/20140921-armenia-bijo/

    鎌倉の湿気・・・

    http://m-atelier.jugem.jp/?eid=191

    合羽坂 

    http://asakazex.hatenablog.com/entry/2015/04/09/004409

    都民ファーストはスキャンダルだらけ! 音喜多議員にはレイプ疑惑、野田新代表には横領告発とハレンチ豪遊

    http://lite-ra.com/2017/07/post-3291.html

    オプス・デイ

    http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/895/09/N000/000/001/131099150707913216226.gif

    導かれて天河神社へ&白鳥&なんと!凄いパワーを授かってしまいました!

    http://blog.nozomi.fem.jp/?eid=898304

    皇統を危める状況論と近代合理主義

    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/seiron-5.htm

    白良浜

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%99%BD%E8%89%AF%E6%B5%9C&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi1qPzf8fbUAhXFabwKHX3zAE4Q_AUIBygC&biw=902&bih=405

    子供たちに大切なのは、道徳と歴史

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/22024259.html

    牛乳を飲むと乳癌になるというデータが出ました

    http://kenkoubyouki.com/?p=1373

    癌より怖い抗癌剤

    http://www.long-life.net/newpage809.html

  • 名無しさん2017/07/07

    「しんぶん赤旗」(2013年8月25日付)が、東証上場の時価総額上位50社のうち45社が、子会社をタックス・ヘイブンに持ち、その数を354と報じた。そのトップ5は「みずほフィナンシャルグループ」「SONY」「三井住友フィナンシャルグループ」「三井物産」「三菱商事」で、日本政府が出資する「NTT]「JT]も多額の資産をタックス・ヘイブンに投じていると公表した。



     ケイマン諸島だけで、日本の投資残高は55兆円に達し、アメリカに次ぐ世界第2位である。その分だけ税収が少なくなるため自民党は、大企業対象に法人税を引き下げて好待遇し、減税分を埋め合わせる税収入を、一般国民から「消費税」の名で幅広く徴収する政策をとっている。



     自民党は法人税の現在の32・11%を、数年で20%台まで引き下げる方針を掲げ、2017年4月の29%台後半を目指すとする。大企業がアメリカの真似をする合法的脱税を、アベノミクスの方針から黙認する構えである。大企業の不正による税収入不足分を一般国民に背負わせることで、貧富の差をさらに拡大するよう、アメリカから命令されているからである。 



     小泉・竹中政権が取り入れたのが「トリクルダウン理論」だった。トリクルダウン理論はレトリックに過ぎず、時代遅れの大嘘だった。リッチスタンの台頭がその証拠である。たとえパイの拡大がみられても、配分の改善が伴わず国民全体の利益に拡大しない。



     アベノミクスの円安効果も、莫大な利益を大企業ほど、利益を内部留保に回して経済効果の恩恵が回らず、多くの外国投資家と株主だけが莫大な利益を得るシステムだったことが判明している。



     日銀の「マイナス金利」も一時的なカンフル剤に過ぎず、その付けはやがて国民に回ってくる。自民党はアメリカの支配下、正確にはアメリカを支配する影の政府の支配下にあり、すべて彼らのいう通りに動く傀儡政権である。影の政府は巨大な軍産複合体を牛耳るロックフェラーを筆頭とする12人のユダヤ・シンジケートである。



     ロックフェラーは「FRB(アメリカ中央銀行)」と二人三脚のため、「NSA(アメリカ国家安全保障局)」「CIA(中央情報局)」「FBI(連邦捜査局)」も彼らの支配下にあり、その方針に逆らう大統領はケネディと同じ運命をたどる。その傀儡の自民党を選挙で支えるのが日本の老人世代である。彼らは疑うことを禁止された体制下で育ち、「太平洋戦争」でも政府の言いなりに従った、いわゆる思考停止世代である。だから「オレオレ詐欺」に何度でも引っかかり、TVの言うことだけを信じて生きている。戦後生まれの団塊の世代も、経済復興を体験した経験からアメリカが大好きで、子供のころからアメリカのTV番組を見て育ったアメリカン世代である。「アメリカに逆らうことは間違いである」と信じ込む世代なのである。



     そのアメリカが日本の全原発の再稼働を「日米原子力協定」を盾に命じると、自民党はその通りに動く。3・11以降、全原発が停止しても電力は十分足りていたが、原発推進派は、火力発電所のエネルギー代が高騰するので安価な原発に戻すことを正しいとした。しかし、その後、その石油の安価状態が続いていく。「のど元過ぎれば熱さ忘れる」のが日本人の常で、過去から学ばないのも日本人の特徴である。今、その高齢者世代を誘導するTV界に異変が起きているが、ほとんどの日本人はそれに気づかない。

  • 名無しさん2017/07/07

    七夕のお話

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3443.html

  • 名無しさん2017/07/07

    私は韓国は変わらないから、あるがままの韓国を受け容れて(→受け容れず)、経済、安全 保障、文化に限って(→でも)、互恵関係を結ぶべきだ(関係を絶つべきだ)と思う。

    中略





    反日(パンイル)が韓国民の愛国心(→嫉妬心)を支えて、元気(→たかり)の素となっている。韓国はかつて自国を小中華(ソチュンファ)と呼んで、中国の藩属国(→属国)であることを誇って、日本を蔑(さげす)んできた。その日本が韓国を追い越した(→昔から日本は韓国より文明国だった)の が、誇りを傷つける(→嫉妬をもたらす)。



     韓国民の心情(→嫉妬)を理解して、日本が韓国の活力の源となっていることを、喜びたい(→喜びたくない)。