急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4350号  2017・5・12(金)

発行日:5/12

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4350号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年5月12日(金)



    日本国憲法70歳の何がめでたいのか?:阿比留瑠比
        
      今こそ正常な国家関係を模索する時:東郷勇策

           改憲で民進分断も狙う: 杉浦正章 

「措置入院」精神病棟の日々(37):“シーチン”修一 2.0
              
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4350号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


           
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本国憲法70歳の何がめでたいのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           阿比留 瑠比

日本国憲法70歳の何がめでたいのか? 投げやりで無責任な条文が日本人
のモラルをゆがめ

93歳の作家、佐藤愛子氏のベストセラーとなったエッセー集『九十歳。何
がめでたい』をもじって言えば、「70歳。何がめでたい」となろうか。3
日、施行70周年を迎えた日本国憲法のことである。

現行憲法は、占領下に連合国軍総司令部(GHQ)の占領政策を担う若手
民政局員らが、ごく短期間で草案を書き上げた。しかもそこには、日本の
非武装化・弱体化を狙う明確な意図すら込められていた。

そんなものを、われわれは後生大事に70年間も神棚に飾って信心し、全
く手を触れずにきた。何とも「おめでたい」話であり、とても祝う気には
なれない。

とはいえ、時代は徐々に変わり、産経新聞社とFNN(フジニュースネッ
トワーク)の4月の合同世論調査では、憲法改正に賛成の人が52.9%
(反対は39.5%)に上った。昨年11月の調査に続き、すでに過半数を得
ている。

国会では、衆参両院の憲法審査会で憲法をめぐる諸課題が議論されてい
る。ただ、与野党の幅広い合意を得られる改憲項目を見いだすため、その
歩みが遅々としているのは否めない。

避けられぬ「9条」

そもそも国民投票で賛否を問う憲法改正項目については、「1回で3条項
前後が常識的だ」(自民党憲法改正推進本部の保岡興治本部長)とされる

93歳の作家、佐藤愛子氏のベストセラーとなったエッセー集『九十
歳。何がめでたい』をもじって言えば、「70歳。何がめでたい」となろ
うか。3日、施行70周年を迎えた日本国憲法のことである。

現行憲法は、占領下に連合国軍総司令部(GHQ)の占領政策を担う若
手民政局員らが、ごく短期間で草案を書き上げた。しかもそこには、日本
の非武装化・弱体化を狙う明確な意図すら込められていた。

そんなものを、われわれは後生大事に70年間も神棚に飾って信心し、
全く手を触れずにきた。何とも「おめでたい」話であり、とても祝う気に
はなれない。

とはいえ、時代は徐々に変わり、産経新聞社とFNN(フジニュース
ネットワーク)の4月の合同世論調査では、憲法改正に賛成の人が
52.9%(反対は39.5%)に上った。昨年11月の調査に続き、す
でに過半数を得ている。

国会では、衆参両院の憲法審査会で憲法をめぐる諸課題が議論されてい
る。ただ、与野党の幅広い合意を得られる改憲項目を見いだすため、その
歩みが遅々としているのは否めない。

避けられぬ「9条」

そもそも国民投票で賛否を問う憲法改正項目については、「1回で3条
項前後が常識的だ」(自民党憲法改正推進本部の保岡興治本部長)とされ
る。

何より「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と掲げる前文は罪深い。存在しない子供じみた絵空事を国の最高法規で説くことで、9条2項と連動し、日本人のモラルと国際感覚、現実認識をゆがめてきた。

 厳しく叱られた子供が、卑屈に大人を見上げて「もう悪いことはしません。言うことを聞くいい子になります」と許しを請うているようなみっともない文章である。米国憲法や国際宣言を切り離し、敗戦国の悲哀をまぶしたような前文は一刻も早く改めたい。

 国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という基本的な原則は守りつつも、憲法には全面的な改正の必要がある。

(論説委員兼政治部編集委員)
 産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2017.5.4


━━━━━━━━━━━━━━━━
今こそ正常な国家関係を模索する時
━━━━━━━━━━━━━━━━


           東郷 勇策

今こそ正常な国家関係を模索する時―日韓関係―

9年ぶりの左派政権になるという、ムン・ジェイン新大統領が韓国に誕生
した。物事の本質を忘れたかのような韓国民の判断力には、失望を禁じ得
ない。いや、全く呆れたものだと、その学習能力のなさ、情勢判断力の希
薄さを嘲笑したい。

キム・デジュン、ノ・ムヒョン両元大統領の頃、北朝鮮への擦り寄りを政
府が画策した結果、どのような結果がもたらされたのか、一般国民も
ジャーナリストも、又政治家も、きれいさっぱりと忘れ去っているかのよ
うだ。

 *北の独裁政権はいかなる手段を弄してでも南の政府を弱体化し、潰
し、自らが主導する形で南北統一を果たしたいと考え、その政策を追求し
てきているのだ。朝鮮戦争の惹起も、キム・ヒョンヒを使った大韓航空機
爆破事件も、ビルマでの韓国閣僚爆殺事件も、全て北が仕掛け役を演じた
犯行である。

 *現在の北の指導者キム・ジョンウンが血の繋がった兄を暗殺した事件
の記憶も生々しい。親子三代に亘る悪行が意味するものは極めて重要で、
この権力を私する共産党独裁政権の係累に対し生半可な交渉が効を奏する
と考えることはまるで無駄であることを示唆するのである。

*理よりも情を重視し、一般大衆の耳に快い甘言を吐き続けるポピュリス
トの思考の非現実性になぜ思いが至らないのか。同じ民族が分裂して体制
の異なる二つの国として存在する以上、片一方が消滅するまではこの相克
は続かざるを得ないことは自明の理である。

独裁国家を打ち立てて維持するキム一族にとり、体制の崩壊は一族の破滅
であり、如何なる犠牲を払ってでも避けようと考えるのが常識である。理
想論としての綺麗事は、あくまでも脳内だけで実現可能な絵空事なのであ
る。指導者も国民大衆一般もこうした考えの危険性を認識できぬ以上、大
韓民国の行きつく先は破滅でしかない。

 *日本による韓国併合を未だに日本の侵略行為と断罪し、反日の声を上
げ続ける馬鹿な民族に付ける薬もない。その状況をもたらした自らの父祖
の至らなさに非難の矢を向けることはできないのか。仮に、日本国側に悪
意があって侵略の魔の手を伸ばし来た可能性を考えるとしても、前後の展
開を冷静に理で判断すれば、あり得ない虚構の構図だという結論に容易に
導き得る。

華夷秩序の下、清の属国として遅れに遅れた李朝の悲惨な末路の退廃から
救い出してくれたのは隣国日本であり、日本に感謝してもし過ぎることは
ない筈だ。内鮮一体化を謳い志向した日本国の統治は、台湾でも見られた
如く、欧米の植民地主義国家の手法とは全く異質で、植民地化とは似て非
なるものであった。

*強制連行され従軍慰安婦とされた性奴隷だって?よく言うよ、全く。売
春が合法的な社会体制の下、高収入目当てで人類最古の職業を選んだ単な
る売春婦に過ぎぬ連中が、婆さんになりその境遇が世間の同情を集めるよ
うになると、ころころと証言内容を変え、自らを悲劇の主人公に仕立てて
いった痕跡が歴然である。恥を知れと叫びたい。

日本国政府が毅然とした対応を怠り、彼女達や支持者の虚言に根拠を与え
るかのような妄想を抱かせたことや、朝日新聞等の我が国メディアが続け
た捏造報道や、左巻きの連中の扇動活動にも責任はあるが、本質は朝鮮民
族に顕著な虚言癖、歴史捏造体質である。

*昭和19年(1944)にビルマで米軍に捕捉された朝鮮人女性の尋問記録が
米国の公文書館に保管されているが、高給を食み人生を謳歌する、ドレイ
とはとても言えない実態が語られている。

*竹島強奪も、日本国が主権を喪失していた時代に強行された日本民族に
対する朝鮮人の犯罪行為であり、如何に捏造の言辞を弄しようとも、隠蔽
し得ない。

又、我らが同胞の拉致も朝鮮民族による恥ずべき犯罪行為に他ならない。
福沢諭吉の脱亜論はこの民族の本質を射抜いた慧眼であったことが良く判る。

*今や世界の平和志向に逆行する勝手気ままな政策を遂行する北朝鮮は世
界中の非難を浴びている。国連が同国の制裁に足並みを揃えんとする現
在、それを乱すことになりかねないのが韓国の新政権なのである。

*これほど認識力に欠け且つ捏造体質に満ちた民族が構成する隣国とは、
関係を絶って当然だと考えるが、最低限でも“助けず、教えず、関わらず”
という3原則に則って接するのが我が国の採るべき対応策であろう。


        
━━━━━━━━━━━━━
安倍、改憲で民進分断も狙う
━━━━━━━━━━━━━


        杉浦 正章

自民内の大勢はまとまる方向
 

事実上解散封じ、任期満了選挙か
 
一見荒っぽいように見えるが、政界勢力地図をにらんだ緻密な仕掛けと言
うしかない。首相・安倍晋三が大胆にも提唱した9条に切り込んだ加憲に
よる憲法改正案である。

マスコミは自民公明両党と日本維新の会との連携で改正に必要な3分の2を
確保することを目指したものとしているが、加えて民進党分断も狙ってい
ることが鮮明になった。

筆者は、首相の主張する9条1項、2項は維持して新たに3項に自衛隊を加え
る案は確か民進党にも誰かが主張していたはずと調べてみたらいたいた。

元外相前原誠司だ。2016年の民進党代表選で9条に関して前原は「1、2
項は変えず、3項に自衛隊の位置付けを加えることを提案したい」と発言
していた。

条文の維持を求めた蓮舫ら他の候補とは真っ向から対立していたのだ。公
明、維新に民進の右派が加われば、早くも勝負はついた感じが出ている。

政局的には、3分の2が必要である以上簡単にはそれを失う可能生のある早
期解散は出来にくくなったことになる。

党内が割れていては9日の国会質疑で蓮舫の舌鋒が全く冴えなかったわけ
である。2日間の集中審議は民放が大袈裟に「内閣の命運を左右する重大
な質疑となる」とはやし立てていたが、その実態は改憲をかざして奇襲攻
撃に出た安倍の横綱相撲が、民共のふんどし担ぎを余裕を持ってなぎ倒し
た観が濃厚であった。

とりわけ蓮舫は、女だからふんどしは担がないが、一見舌鋒が鋭いように
見えても、針で足をチクリとさす程度ではとても致命傷にはならない。つ
くづく大なたを振るえない女だと思った。

蓮舫は安倍が改憲提示を自民党総裁として行ったことに関して、「総理と
総裁を使い分けている。二股だ」と外形批判に終始したが、肝腎の安倍提
案の中身には深く言及しなかった。

しなかったというより出来なかった。蓮舫が追及すべきは9条の戦力不保
持と自衛隊の文言挿入は両立するのかどうかや、自衛隊の名称は残すのか
などであったが、その核心には踏み込めなかった。

改憲問題自体をよく知らないことが露呈した。第一「二股だ」と言って
も、元祖二股は蓮舫その人ではないか。台湾との二重国籍隠しはその最た
る例だが、民主党政権で閣僚の地位にありながら国会事務当局をだまして
300万円の衣装を着てファッション雑誌のモデルになって国会内で写真撮
影を行ったことも記憶に新しい。閣僚とファッションモデルの二股は見苦
しい。

それにつけても民進党は憲法論議になぜこう弱いのかと言うことだ。その
理由は党内の論議をまとめられず、独自の改憲案を自民党のように提示で
きないところにある。

社会党の左右両派の対立をいまだに引きずっているからだ。改憲反対の左
派と推進論の右派には天と地の開きがある。前原に加えて元環境相細野豪
志は「憲法に自衛隊の存在を挿入することには賛成だ」と発言している。
民進党右派は今後安倍が改憲を推進すればするほど、窮地に陥る公算が高
い。憲法改正という大義に殉じて党を割るか、これまで通り左派の後ろを
ついて行くかの選択をしなければならなくなるからだ。
 一方、自民党内は反安倍色を強めつつある石破茂が「今まで積み重ねた
党内議論の中にはなかった考え方だ。自民党の議論って何だったの、とい
うところがある」と述べ、首相“独走”を批判した。明らかに来年9月の総
裁選に向けてシンパを改憲問題で増やそうという考えだ。

さらに問題なのは衆院憲法審査会の幹事で党憲法改正推進本部長代行を務
める船田元。8日付のメールマガジンで、「もう少し慎重であっていただ
きたかったというのが本音」などと批判している。

「第一義的には憲法制定権力を有する国民を代表する国会が発議すべきも
のというのが常識だ」と強調している。しかしこれは官僚的な筋論であ
り、安倍は自民党総裁としての立場から改憲を主張しているのだから問題
はない。そもそも憲法審査会のていたらくを考えてみるがよい。改憲勢力
が衆参で3分の2を維持している現在が絶好のチャンスであるにもかかわら
ず、自民党は民共に引っ張られて、2007年に設置されて以来神学論争を繰
り返すばかりではないか。

安倍は改憲の核になる同審査会のメンバーを、もう少し政治的かつダイナ
ミックに動ける人物に差し替えるのが先決ではないか。戦う審査会にしな
ければ物事は動かない。それにしても船田は祖父船田中に比べると小粒だ。

慎重な党内論議が必要だが、総じて大勢は「安倍改憲」でまとまるだろう。

安倍が唐突に見える決断を下した背景をみれば、読売が絡んでいるとい
う見方が濃厚だ。読売のOB筋によると「どうもナベさんの進言が利いたら
しい」とのことだ。

読売新聞グループ本社主筆渡辺恒雄が首相に最近進言したというのだ。確
かに3日には口裏を合わせるかのように安倍が憲法改正集会で総裁として
改憲発言をすれば、読売は朝の紙面で安倍とのインタビューを掲載。

以後怒濤の勢いで「社始まって以来の大キャンペーン」(OB)を展開してい
る。新聞の傾向を社説から見れば、読売と産経が賛成、日経も賛成に近い
「真剣に議論」、朝日、毎日は反対と割れている。発行部数から言えば賛
成派が圧倒的に多い。

例によってTBSとテレビ朝日のコメンテーターらが出番とばかりに反対
論。自民党は放送法で公平中立が義務づけられている民放の報道をウオッ
チする必要がある。

それでは安倍の言う「2020年の施行」を目指すにはどのような日程が考
えられるかだが、まず憲法改正手続きは?衆参憲法審査会で改正原案可決


?衆参本会議で3分の2以上で可決し発議する?60日から180日間国民投票運
動期間をもうける?国民投票の過半数で決定?直ちに天皇が公布ーと言う段
取りを経る。このためには相当きついスケジュールが必要となる。

まず1年くらいの国会論議が必要だろうから、来年の通常国会末か、秋の
臨時国会での発議となろう。その後最短60日で国民投票となる。国民投票
は衆院議員の任期切れが18年末だから、総選挙とのダブル選挙になる公算
がある。

参院選挙は2019年夏だから、この場合は計算に入れる必要はない。このス
ケジュールで行くとすれば解散は不可能であり、事実上の任期満了選挙と
なる公算が高い。



━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(37)
━━━━━━━━━━━━━━━━



     “シーチン”修一 2.0

スーパーで近所の奥さんから声を掛けられた。「もう大丈夫なんですか?」

パトカーで搬送された件か、それとも救急車で搬送された件か、後者はほ
ぼ大丈夫だろうけれど、前者は少しも大丈夫ではないから、何と答えるべ
きか困惑したが、「3時間後に報告します、しばし時間をください」なん
て言えやしないから「まあ、どうにか・・・」と。

奥さんは「良かったですね」と言ってくれたが、half good, half bad の
ような微妙な気分である。

朝鮮半島の情勢もかなり微妙だ。小生の独断と偏見によれば――

北朝鮮は中共軍最強の瀋陽軍区と国境を接している。瀋陽軍区(今の北部
戦区)は、最大の潜在敵であるロシア、何をしでかすか分からない北朝
鮮、中共に奪われた南部奪還を狙うモンゴルに備えて最強の戦力を維持し
ている。

北は瀋陽軍区の傀儡で、瀋陽軍区は習近平・北京と激しく対立している上
海閥(江沢民派)の牙城だ。北は“タニマチ”上海閥の言うことは聞くが、
習近平・北京は北には何の影響力もなく、ただ無策のままに見ているしか
ない。

上海閥にとって北の“帽子”が金正男でも金正恩でもどちらでもいいが、習
近平にとっては習近平・北京を憎悪して叔父さんの張成沢(北のナンバー
2で北京派)を殺した金正恩(小生のつけたあだ名は金北豚だが、支那人
は「三代目の豚」と呼んでいる)ではまずい。改革開放に意欲的で北京の
庇護を受けてきた金正男でないと困るわけだ。

で、上海閥=瀋陽軍区=北軍部=金正恩にとって金正男≒習近平は邪魔で
あり、かくして金正男は暗殺された。

韓国大統領に親北派が選ばれた。それを歓迎しているのは誰か。韓国の親
北派だけではないのか。なぜか。

北朝鮮軍(朝鮮人民軍)幹部は南と対峙しているからこそ飯を食える、金
北豚も軍の支持を得てかつがれているからこそいい思いをしている。「南
北の緊張があってこそ」の極楽、この世の天国だ。北にとって南北緊張緩
和を進めようとしている文在寅・韓国新大統領は「痛し痒し」かもしれな
い、「余計なことを・・・」と。

中共も南北が統一されると、人口7500万、そこそこの規模の「核付き」資
本主義国家が誕生することになる。資本主義は生産性が高い=税収増にな
るから北も萌芽的市場経済を発展せざるを得ないはずだ。中共はこの南北
統一国家と国境を接することになるだろうから「改革開放→さらに民営
化」の影響を受け、それは国営企業から甘い汁を吸っている既得権益者の
上海閥も習近平一派も歓迎はしまい。

日米は「韓国主導による平和的かつ親日・親米的な南北統一」を理想とし
てきたが、韓国を親北派が牛耳れば反日・反米的な統一国家になるだろう
から、やはり歓迎しまい。

プーチン・ロシアはもともと北のタニマチだから(北はソ連の傀儡として
生まれた。プーチンは経済が好調だった3年ほど前に北の莫大な対ロ債務
をチャラにした)、北主導での南北統一は容認するだろうが、北が今のま
まの反米反日の国家独占資本主義独裁国家(ロシア、中共も同様)である
限りは、中共への牽制の思惑もあって支持を続けるだろう。しかし「核付
き」資本主義国家になることは到底容認できないのではないか。

プーチンがチェチェン(人口100万人)を押さえ込んだのは黒帯の技では
なくカネの技による。「好きにしていいから、とにかく反ロ活動はやめ
ろ、俺に逆らうな、交付金もたっぷり出すから」と懐柔したからだが、
7500万人(ロシアの半分)の南北統一国家の面倒はとても見切れやしない。

プーチンはウクライナとシリアで手一杯だから文在寅政権に「余計なこと
をするな」とブレーキを掛けるだろう。

欧州の反応はほとんどないだろう。支那は大きな国と知ってはいても、日
本、韓国、北、台湾、香港がどこにあるのかさえ知らないから関心は薄
い。EUが崩壊しかねない危機のなかで地の果ての極東の話にお節介オバサ
ンのデタラメルケルでさえ介入する余裕なんてありはしない

となると親北大統領の韓国は国際的には廬武鉉時代と同様に相手にされな
いだろう。経済もさらに低迷し、文在寅が5年の任期をまっとうできるか
どうかは不明だ。廬武鉉同様に自殺するか、クネのように逮捕される
か・・・始まる前からゲームオーバーで、もうこの国はほとんど死に体で
はないか。

小生が「ほとんど死に体」であった精神病棟で、結構な刺激を与えてくれ
た心理検査の「SCT/文章完成法テスト」。前回に続いて小生の妄言
(「 」内)を以下、お伝えする。

16:将来「何になりたいか? 小4の時に私は『特派員』と書いた。ひょ
んなことから記者になり海外取材もしたから満足だ」

17:もし私の母が「士族のお嬢様でなければ父母は仲良かったろう。母は
労働を卑しみ、プライドが高過ぎた」

18:仕事「の要諦は、相手のニーズ、ウォンツを捉え、ソリューションを
提案し、真面目にコツコツやることだ。金はついてくる」

19:私がひそかに「思うに、職業の3分の2は中卒+職業訓練で十分だろ
う。待遇を良くすれば、そうする若者は多いのではないか」

20:世の中「の知的レベルは中2である。NHK曰く『中2が理解できれば大
人も子供も見てくれる』。テレビを見て利口になった人を知らない」

21:夫「は艦載機だ。朝飛び出し、戦争をして、夕刻帰艦する。妻は航空
母艦だ。戦友同士である」

22:時々私は「犬になって人間を見る、と書いたのは山本夏彦翁である。
立場を逆にしてみると分かることは多いだろう」

23:私が心をひかれるのは「ロングセラーや古典である。明治以降のベス
トセラーでロングセラーになったものはとても少ない」

24:私の不平は「ほとんどないが、カミサンの干渉と説教にはヘキエキし
ている。どう対応すべきか今悩んでいるところだ」

25:私の兄弟(姉妹)「は、大姉、中姉、小姉の3人だ。大姉は才媛で大
成功、中姉も賢くアパート経営。小姉は勉強嫌いでしくじった」(つづ
く)2017/5/11




━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎NZ、TPP手続き完了=米抜き発効に向け機運づくり

【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)は11日、環太平洋連携協定
(TPP)の締結を閣議決定した。

国内手続きを終えたのは日本に次いで2カ国目。米国の離脱でTPPはいった
ん頓挫した形だが、NZ政府は米国を除く11カ国での実現に向け、日本と共
に主導的な役割を果たす構えだ。

ベトナム・ハノイで今月後半、TPP閣僚会合が開かれ、TPPの今後の方向性
が話し合われる。NZ政府は会合に先立ち、TPP実現への機運を高めよう
と、速やかに国内手続きを終えた。閣僚会合では、マクレーNZ貿易相が共
同議長を務める。 
時事通信 5/11(木) 11:15配信



 ◎【国を守る覚悟】尖閣諸島の防衛は大丈夫か 持久戦状態の周辺海域…
次に予想される民兵上陸

中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域で活発に動いている。2012年
9月、日本が尖閣諸島の所有権を取得してから、中国公安部海警局の公船
が断続的に侵入している。15年には中国海軍艦艇が南西諸島を8回通過し
た。16年6月には、中国海軍の艦艇が尖閣諸島北方のわが国接続水域に入
域するなど活動を活発化させている。

昨年度の公船の領海への侵入回数は8回を数えた。これらに対し、同海域
では警察機関である海上保安庁が第一義的に中国公船に対応している。そ
の上で、海上保安庁が対処できない、または著しく困難と認められる場
合、海上警備行動を発令し、海上自衛隊が海上保安庁と連携しつつ警察権
の行使により対処することになっている。

海だけではない。12年12月には中国国家海洋局所属機「Y−12」が尖閣諸
島魚釣島付近を領空侵犯した。15年には中国軍機が沖縄本島と宮古島間を
通過する長距離飛行を行うなど、特異な事案が発生している。その後、戦
闘機が近接するなど活動が活発化し、中国機が出没する空域が一層拡大し
ている。

同空域では対領空侵犯措置の任務を持つ航空自衛隊が第一義的に対処して
いる。航空自衛隊の16年度の緊急発進回数(スクランブル)は1168回で、
そのうち中国機への対応が851回で前年度と比べて280回増加した。中国機
へのスクランブルが全体の63%を占めている。

平時は尖閣諸島周辺の海空域は警察機関である海上保安庁と航空自衛隊に
よる警察権の行使により対応している。

今や同海域は海上保安庁と中国海警との持久戦状態だ。海上保安庁には過
酷な任務の遂行を願うばかりであるが、最近の公船の大型化、先鋭化によ
り、尖閣諸島の周辺海域での日本の自由なコントロールが利かなくなる事
態は予期しておく必要がある。

次に予想されるステージは、大漁船団でやってきた民兵などによる尖閣諸
島への上陸だ。これは武力攻撃に至らない事態であり、正面からの軍事行
動でないため当初から米国には頼れない。あくまで日本独自で対応しなけ
ればならない。

2月10日の日米首脳会談で発表された共同声明では、尖閣諸島が日米安全
保障条約第5条の適用範囲とされ、米国の防衛義務があることなどが確認
された。だが、共同防衛の対象は「わが国の施政下における武力攻撃」に
対して、である。

中国が送り込んできた多数の武装民兵への対応が遅れ、中国の施政下に入
る事態が起きた場合、米国が動かない可能性もある。尖閣諸島の危機に米
軍が直ちに反撃してくれると信じている国民がいたとしたなら、それは単
なる「幻想」である。

中国は南西諸島を含む東シナ海全域を制覇するため、「短期で中程度の戦
争」は考えていると思われる。

 尖閣諸島はいかなるときも日本の施政下であり続けることで、初めて米
国の協力が期待できる。だからこそ、日本は自力で中国軍の尖閣諸島を含
む攻撃を撃退できる能力を確保しなければならない。残念ながら13年
12月に定めた「防衛計画の大綱」(25大綱)が目指す自衛隊の能力では
不十分なのだ。

一段の陸・海・空の自衛隊の体制拡張と、安全保障関連法で手つかずの法
制を新たに整備することが不可欠である。

 ■火箱芳文(ひばこ・よしふみ) 1951年、福岡県生まれ。74年3月、
防衛大学校(18期生)卒業後、陸上自衛隊に入隊。第3普通科連隊長(名
寄)、第1空挺団長(習志野)、第10師団長(名古屋)、防大幹事(副校
長、横須賀)、中部方面総監(伊丹)を歴任し、2009年3月に第32代陸上
幕僚長に就任。東日本大震災に陸幕長として対応した。11年8月に退官。
現在三菱重工業顧問、国家基本問題研究所理事、偕行社理事、筑波大非常
勤講師、全日本柔道連盟常務理事などを務める。柔道5段。著書に『即動
必遂』(マネジメント社)。
【ZakZak】  2017.05.11  〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)“short stack”:前田正晶

「パンケーキを。少なめで」:

解説)アメリカの食べ物は我々にとっては異常かと思えるほど量が多いも
のだ。パンケーキもその例外たり得ない。私は正直なところ、これとホッ
トケーキの何処が違うのを寡聞にして知らない。

これも朝食のメニューにあるので、注文される方が多かったと思う。とこ
ろが、実際に現れるパンケーキは「まさか」と思うほど量が多いだけでは
なく、20〜30 cmもあるかと思うほど多くの枚数が積み重ねられていた。

そこで、手を付けるのを躊躇っていると、同席した上司が次から「ショー
ト・スタック(=”short stack)と言えば良いのだ」と教えてくれた。
次の機会には”I’d like to have pancakes. Short stack.”と言ってみる
と、およそ半分と思える量のものが出てきて難なく消化出来た。

そこで私はこれを「半分で良い」という意味だと勝手に解釈してきた。し
かし、後年(リタイヤー後に)何気なく検索してみると「通常は3枚重ね
のところを2枚にすること」と出てきた。

この量のことだが、悩まされたことも多かったが、時には悪戯にも使った
ものだった。その1つに私が好んで注文していた”steamed clams”があっ
た。これは我が国の「アサリの酒蒸し」と同じような料理と考えていて誤
りではないかも知れないが、アメリカではただ単に蒸しただけのようだ。

これはシアトル辺りの”sea food”が美味い地域では、人の手が加わった料
理ではないので美味であり、遠来のお客様にもお勧めしたものだった。

ところがこれには問題があって、余りに量が多く、前菜として注文すると
それだけで満腹になってしまうのだった。そこで、私は時には所謂「メイ
ン・デイッシュ」として注文することもあったほど多いのだ。

わがままを言われて悩まされたお客様を悩まそうかとお薦めして、食べき
れずに苦悩されるところを見て密かに気分を良くしていたこともあった。
この場合は”I want a half size.”とでも言えば良いと思う。

「私のクレデイット・カードです」:

解説)これはホテルでチェックインする際に必要な行動の台詞。ご存じの
方は多いと思うが、アメリカの(他の地域でもそうすることが多いと思う
が)ホテルでは先ずクレデイット・カードを提示してカードの番号を記録
させる。

これは「性悪説」を信奉する国ならではの習慣で、こうすることで「泊ま
り逃げ防止」とでも言おうか、宿泊料金の回収の手段を確保するのだ。提
示で出来ないカードを持っていない人か、提示を拒否する人からは宿泊料
金を超えるような額の”deposit”(=保証金)を取り立てる。

因みに、アメリカではカードを持っていない、即ち、銀行やカード会社が
発行しないことを「経済的に信用がない人物」と見做すのである。

1980年代だったか、初めて海外出張をされる地方の工場(北越である)の
技術者数名をカリフォルニア州の工場にご案内することになり、事前にご
説明に上がり何が何でもクレデイット・カードだけはお持ち頂くことをお
願いした。

私はシカゴに用事があったので、後日カリフォルニア州のホテルを本社か
ら予約しておくので、そこで合流することで別れた。

ところが、実際にホテルで合流すると全員が憤慨しておられた「御社は非
常に失礼なホテルを予約してくれたではないか」と言って。不審に思って
確認すると、全員が未だクレデイット・カードを取得されたことがなく、
今回も現金だけを持ってこられたのだった。

その為に、ホテルは当然のこととして高額な?保証金を要求したのだった
が、全員はそれを自分たちを不逞の輩と見做したのだと解釈して、我が社
を非難しておられたんだった。

この辺りは、私からあらためてアメリカの文化を解説して差し上げてと納
得頂いたのだった。クレデイット・カードを取得されない理由は「俺は借
金をするもを潔しとしないからだ」と力説された。参った。

なお、クレデイット・カードだが、A、M、V、Dだのと数多く種類がある
が、ホテル等の受ける側では手数料の高いカードを嫌う場合がある。とは
言っても拒否するという意味ではない、念の為。一度、私はあるホテルで
A、D、Mとチェックインの際に並べて試したところ、最初の2枚を「ノーサ
ンキュウ」と言って笑いながら返してきた。

因みに、「カードでとってくれますか」乃至は「カード払いで良いか」と
言う時には、”Do you honor credit card?”と言う。”Do you take
creditcard?”では”Yes, I do.”と言ってカードを取られてしまう結果にな
りかねないので要注意だ。掲題は”Here’s my card.”で良いだろう。


2)前田様

 マクドナルドの件、いろいろ説明をしていただきまして、どうも有難う
御座いました。(渡辺)


 


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


11日朝の血糖値は前日夜のすき焼きが災いしてことのほか高かった。
後悔先に立たず。



                        読者:5545 人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

-- 
渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. ワクチンは百害あって一利なしです。記事によると、カリフォルニア州ではワクチン強制法が可決されているようです。すなわち、宗教および思想的な理由による拒否が認められないわけで、児童全員にワクチン接種が例外なしに強制されるのです。この結果、カリフォルニア州では、自閉症の児童の数が急増しているとのことです。
      こうした状況は、単にカリフォルニア州が医薬品業界の利益を優先しているというだけではなく、人口削減計画の一環として行われていると思います。日本も、対岸の火事とは見ていられません。
      記事にあるように、全くワクチンを受けていない児童の場合、 “予定通りになるようにワクチンを受けることが強制”され、その結果、非常に短い期間に大量のワクチンを強制接種させられたようです。転載元では、このような危険な行為によって、ワクチン接種2日後に息を引き取った男の子の例が書かれています。仮に生き残っても、一生障害者になった児童も多く居るとのことです。
      これほど深刻な問題が進行していても、ほとんどの人は無関心です。事の重大性に気付くのは、ほんの一部の目が開いている人と、ワクチン接種によって身近な者が大変な被害に合った人たちだけです。

    ワクチン強制化で自閉症率が飛躍的に急増:カリフォルニア州のケース 
    https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12273879800.html

     2017/5/13

  2. 皇室典範の改悪も、旧宮家の皇籍離脱も、我が国の屈辱の占領下の期間の話。我々国民は、主権回復後、憲法典も皇室典範も元に復せなかった事を反省し、皇統譜に敬意を表する意味でも、明治天皇の叡明に、そして、昭和天皇の無念に、思いを致すべきであろう。



    明文憲法の上位に君臨する法”は、主権国家に国土防衛の精強な軍事力と軍隊の保持を認めているし、それを国際的義務だと国家に要請する。この“法”において、現行の第九条を死文化するのが“法の支配”の遵守ともいえる。

    ※人定法主義者達には理解できない正しい「法の支配」



    宮家というのは、男系皇位継承者を維持するために存在している。「女性宮家」というのは、「女系子孫」しか生む事が出来ないから、そもそも「宮家」ですらない。つまり、「女性宮家」の目的は、男系継承を破壊し、典範を改悪する事なのである。



    「○○無償化」などという政治家のごまかしに多くの人はすぐにだまされる。「無償化」などというものはない。「○○税負担」「○○借金負担」「○○無駄遣い」「○○タダ詐欺」と、正しく述べる責任がある、政治家には。「○○無償化」という胡散臭い詐欺語に騙されるな。



    在日韓国人の姜尚中は「憲法9条と天皇制はセットだ」云々と言う。笑ってしまう。9条が出来たのは70年前のことだが、天皇は日本の悠久な歴史と共にある。万世一系の日本の天皇を、中国皇帝に九拝三跪した朝鮮の情けない王を一緒にするな。



    2677年続く皇室。その皇室の家憲である「皇室典範」を昭和の世(戦後)に共産主義者がドサクサに紛れて改悪したせいで、平成の世の現在、またもや陛下や皇族方に何の相談もなく、議論も無いまま、政治マターで更なる改悪が進められている。



    「女帝子亦同」を「女帝の子」と読むのは誤り。「女帝」という和製漢語が登場したのは平安時代以降である。「ひめみこ(女=皇女)も、すめらみこと(帝=天皇)の子、また(亦)(親王となる男子の皇子と)同じ(同)」と読むのが正しい。



     2017/5/12

  3. 東京地検に異変3
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/10/1640-%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e3%81%ab%e7%95%b0%e5%a4%89%ef%bc%93/

    丸山「辻元清美は記者会見をするべき」生コン疑惑・韓国大統領に北朝鮮工作員の文在寅=ムンジェイン
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6659.html

    日本政府はこれまで韓国の言いなりだった
    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-1cda.html

    チュウ・チーイン
    http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-4262963/

    時代はパラレルワールド(ニュートン力学さようなら) by The Sun 
    https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201612020000/

    日本人が自分たちの「神話から続く文化」を自覚しそれを誇りに思うようになってきた
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-246d-1.html

    24時間営業コンビニオーナーの悲鳴をお聞き下さい・・・
    http://www.akb48matomemory.com/archives/1064884190.html

    タイガーマスクのエンディング「みなし児のバラード」の絶妙な拍子の変転
    http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110111/1294753743

    一色正和
    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%80%E8%89%B2%E6%AD%A3%E5%92%8C&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiM0OT9wOfTAhXNQpQKHUhxBlUQ_AUIBigB&biw=1088&bih=343#q=%E4%B8%80%E8%89%B2%E6%AD%A3%E5%92%8C&tbm=isch&tbs=rimg:CeC6mxChg7c7IjibRHaeqqCVpNcWDyNtmzRYAb14r8y4w5ga9UGXDncRA3njBcVJlDjSP_1CHFY0zuqVeyBM3fS6Y1SoSCZtEdp6qoJWkEQF0pH40VkclKhIJ1xYPI22bNFgRAXSkfjRWRyUqEgkBvXivzLjDmBEBdKR-NFZHJSoSCRr1QZcOdxEDEb1AnM1o7JKcKhIJeeMFxUmUONIRqQ8mHm9X-6cqEgk_18IcVjTO6pRGSjR9hxzeqryoSCV7IEzd9LpjVEXaQMngP19V0&spf=1494494269923

    続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1489.html

    子宮頸がんワクチン接種後の献血は潜在的なバイオハザード 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11612242748.html

    近隣諸国条項を国際諸国条項へ? どこまで配慮と謝罪をし続ける、日本。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31470618.html

    病人がいなくなると病院経営は成り立たない・・・『大崩壊渦巻く[今ここ日本]で慧眼を持って生きる!』
    http://gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-2d68.html

    五月の光とそよ風
    http://nanohanaki.exblog.jp/8552799/

    生きた植物と生きた微生物と水のコラボレーションが生み出した驚異の発電法 - Plant-MFC
    http://oka-jp.seesaa.net/article/421789219.html

    やばい「ブラック部活動」 保護者「まともに休日がない」と悲鳴
    https://dot.asahi.com/wa/2017050900052.html


     2017/5/12

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事