急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4345 号  2017・5・5(土)

発行日:5/5

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4345号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年5月5日(金)



          シリアへのミサイル攻撃は…宮崎正弘

          京都「山科ゆかりの歌人」:渡邊好造

              世の中を見る目:渡部亮次郎

     日本に及ぼすこの上なき深刻な脅威:櫻井よしこ
              
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4345号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━
シリアへのミサイル攻撃は…
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)5月3日(水曜日)
       通算第5277号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 シリアへのミサイル攻撃は夕食後の余興だった(ロス商務長官)
  トランプ、プーチン。初の電話会談で北朝鮮とシリア問題を話し合った
*********************************

5月2日、トランプ大統領とプーチン・ロシア大統領との初めての電話会 談が行われ、北朝鮮とシリア問題を話し合った。

両大統領は、北朝鮮の核ミサイル問題が「地球的規模の危機であり、いか に解決するか。中国の役割の限界、ロシアの役割など突っ込んだ議論が交 わされたとホワイトハウスは認めたが、詳細の公表はなかった。

さきにティラーソン国務長官がモスクワを訪問し、ラブロフ外務大臣と協 議、またプーチンとも話し合いをしているが、挨拶程度に終わり、詳細の 討議はなかった。

ロシアは六者協議の一員であり、北朝鮮問題での立場を軽視できない。そ れゆえ米国は5月3日から開催されているシリア問題の国際会議に代表を 派遣している(会場はカザフスタンのアスタナ)。

トランプはプーチンとの電話会談で「シリアの停戦プロセスに関し、『安 全地帯』を設営する」ことも話し合ったとされる。

膝をつき合わせてのトランプ・プーチン会談はドイツで開催されるG20 で実現することは早くから外交日程にのぼっている。

5月1日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで開催された「ミルケン研究 所」主催のイベントでロス商務長官が講演し、「シリアへのミサイル攻撃 は(おりから開催されていた中国の習近平主席との)夕食会の余興だっ た」とジョークを飛ばしたが、この発言は舌禍事件となりそうな雲行きで ある。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)2日夜、放映された「フロントジャパン」の番組で、ホス ト役福島香織さんのゲストで宮崎正弘先生が久しぶりに登場されていて、 じっくりと伺いました。とくに中国の動き、討論は精密でした。

また韓国の動きが、先生が撮影された写真により、意外な情報、情景をし ることが出来ました。

いま、この番組は下記のユーチューブでも見られますので、お知らせします。
https://www.youtube.com/watch?v=ay0m6PN_gmw&feature=youtu.be
    (MY生、杉並)



   ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜からお知らせです。

             記
番組名:「闘論!倒論!討論!2017 日本よ、今...」
テーマ:「迫る戦争の危機! その時、日本は・Part2」(仮)
放送予定日:5月6日(土)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!528チャンネル)
「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト
インターネット放送So-TV

<パネリスト:五十音順敬称略>
川村純彦(川村研究所代表・岡崎研究所副理事長・元海将補)
西岡 力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長)
坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
三橋貴明(経世論研究所所長)
宮崎正弘(作家・評論家)
矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)

           

━━━━━━━━━━━━
京都「山科ゆかりの歌人」
━━━━━━━━━━━━


       渡邊 好造

”百人一首”など古来の和歌には、「山科」が数多く登場する。

”百人一首”は、鎌倉時代の歌人・藤原定家が100首を選んだ歌集のこと で、京都小倉山で編纂されたので通称”小倉百人一首”ともいう。主に古今 集(平安時代)、新古今集(鎌倉時代)から選んでいる。"小倉"があるな ら他にもあるのかとなるが、確かに"源氏"" 女房"" 後撰"" 武家" が 頭につく”百人一首”もあるにはある。

その何れもが、制作年や編者が明確でなく、小倉で洩れた歌人を補っただ けのものもあり、”百人一首”といえば"小倉"を指すとみてよい。今回の" 山科だより"は、この”百人一首”に登場する「山科ゆかりの歌人」を紹介 する。

山科の地名、駅名にも名前が残る有名歌人といえば「小野小町」であ る。"小野御霊町"にある”随心院(真言宗)”は、小野一族の邸宅跡に正暦 2(991)年=平安時代=「僧・仁海」が創建した。「小野小町」は仁寿 2(852)年=平安時代=に宮廷を辞した後、40年間当院内の遺跡”小町の井 戸”辺りに住んでいたという。

「小野小町」が詠んだ和歌のうち、”百人一首”(原典・古今集=以下同じ) にとりあげられ、とくによく知られているのはこの一首で、境内に歌碑が ある。

『花の色は移りにけりないたずらに 我が身世にふるながめせしまに』 (桜の花の色はスッカリ褪せた。私の美しかった姿も衰えた。むなしく世 を過ごし物思いにふけっている間に)。

"北花山河原町"の”元慶寺(天台宗)”は、「僧・遍昭」が貞観11(869) 年=平安時代=に創建し、”百人一首”(古今集)に詠まれた彼の和歌の碑 がある。

碑には『天津風雲の通ひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ』(空 に吹く風よ、天への雲の通り道をふさいでしまってくれ。美しい舞姫の姿 をもうしばらくの間ひきとめておきたいのだ)とある。


"四ノ宮泉水町"に天文19(1556)年=室町時代=に開創された”山科地蔵徳林 庵(臨済宗)”には、町名の語源となる「四之宮人康」(さねやす=第54 代仁明天皇第4皇子)と、歌人「蝉丸」(せみまる=正式呼称はせみま ろ)の2人の供養塔がある。

両人とも平安時代(9世紀)に生きた歌人だが、「蝉丸」は"四ノ宮"から 約2キロほど東の滋賀県大津市に入った峠"逢坂の関"に庵を構え、近くに は”蝉丸神社”もある。なぜ山科に「蝉丸」の供養塔があるのか、「人康」 との関係は、交流は、など明確ではない。その共通点は両人とも琵琶の名 手であったことのようである。
 
 ”百人一首”(後撰集)にある「蝉丸」の歌、『これやこの行くも帰るも 分かれては 知るも知らぬも逢坂の関』(ここから行く人帰る人、それを 見送る人、知合いの人とそうでない人も、ここで出逢いを繰返す。これが この逢坂の関なのだ)がよく知られている。

 ”百人一首”に登場する地名でもっとも多いのが"逢坂(の関)"("難波" と同数)で、行政エリアは滋賀県大津市だが京都市山科区との境界線上の 峠である。

ついでながら、全国46都道府県のうち県庁所在都市がピッタリ接している のは、この京都府京都市(山科区)と滋賀県大津市の他は、東北の山形県 山形市と宮城県仙台市しかない。

「清少納言」(枕草子で知られる平安時代女流作家)は、”百人一首”(後 拾遺集)で『夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさ じ』(夜の明けないうちに鶏の鳴き真似をして、夜が明けたように見せか けた中国・函国関の故事まがいの騙しの手をつかっても、私とあなたの間 にある関所は開けませんよ)と詠んでいる。

「三条右大臣藤原定方」(平安時代公家・歌人)は、”百人一首”(後撰和 歌集)で悩ましく、意味深な歌を披露している。

『名にしおはば 逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな』 (「逢坂山」だから"逢える"、「さ寝」だから"一緒に寝られる(さは接 頭語)"、名前通りの「かづら=葛・つるくさ」ならそのツタを手繰り寄 せると、人に知られずあなたの家で逢いそして一緒に寝る、そんなことが 出来ればいいのに)。

”百人一首”に登場する「山科ゆかりの歌人」が詠む和歌には、平安・鎌倉 貴族のなんとも優雅で、他に心配事はないのかと言いたくなるお気楽な宮 廷生活が滲みでている。そんな宮廷生活を歴史書以上に現代に語り継いで いるのが、和歌なのだろう。(完)


     
━━━━━━━
世の中を見る目
━━━━━━━


 渡部亮次郎

私に最も強い影響を与えた人は河野一郎、園田直、重宗雄三。いずれも政 治家である。私は大学に行ったが、友人は少なかった。NHKで20年近く暮 らしたが、まともな先輩は後に会長になる島 桂次と政治部長になる飯島  博だけだった。

この中で政治家を見分ける手段を教えてくれたのは島である。島は海軍兵 学校から東北大学を経てNHKに入局。初任地仙台から盛岡
を経て東京政治部。

私は大学こそ違ったが仙台、盛岡を経て政治部という島と全く同じコース を辿って島と会ったのだ。だが、島はそうしたことに無関心だった。つま り「島派」の結成に無関心だった。

それで政治部長になれず、番組部門の部長に飛ばされてから、逆に参議院 クラブにいる私をしばしば訪ねてくるようになって、親しく話した。

政局はフィルターをかけて見なければいけない。ある推論で政治家を見直 すのだ。福田赳夫が佐藤栄作の後継者と目されているが、それは本当か、 佐藤が角栄に傾く事は無いか、カネで福田を見捨てることはないか。

今だったら小沢がまた党代表選挙に立つ事は本当にあり得ないか。
自民党の古手の連中と「大連立」の約束を取り付けて新自由党を立ち上げ る事はあり得ないか、考えてみろ、と言うだろう。

菅は政権にしがみつくといっているが、果たして可能か。不可能だという フィルターをかけて見てみろと言うに違いない。島にかかれば「角福戦 争」で角栄は福田を保護している佐藤首相にカネを積むんじゃないかとも 見ていた。

島は、単独会見しか信用しなかった。「不特定多数の記者の前で本音を語 れる、度胸のある政治家なんていない。特定の相手にしか話さないのが人 間の本性だ。だから記者会見を信用する奴はバカだ」

しかし、今の記者諸君は記者会見を頭から信用して紙面やテレビに流す。 単独会見を試みようともしないようだ。だから見通しをしばしば誤る。菅 や仙谷が例のビデオを隠してまで日中首脳会談の実現にはしる「愚」を止 める記事を書けない。

自慢話と受け取られたら不本意だが、昭和40年代に総選挙の投票日を的中 させて報道局長賞を受けたことがある。

NHK政治部の体勢は幹事長田中角栄の言う説を真実と放送したが、
その時佐藤首相と向かい合った角栄が緊張して椅子に極めて浅くかけてい たといった国対委員長園田直の話から、角栄は投票日の決定を佐藤から一 任されていない証拠とみた。

そこで園田氏にどう見るか尋ねたところ「総理は縁起を担ぐから大安に拘 るよ」だった。この主張が後に真実となり「訂正記事」が報道局長賞と なったのだった。(敬称略)



        
━━━━━━━━━━━━━━━━
日本に及ぼすこの上なき深刻な脅威 
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ


 「トランプのシリア攻撃で複雑化した中東情勢が日本に及ぼすこの上な き深刻な脅威」

ドナルド・トランプ米大統領はシリアの化学兵器使用にも手を打たないの か。そう考えて、先週、本欄で批判した。ところがその直後の4月7日(日 本時間)、米国は断固たるシリア攻撃に踏み切った。
  
180度の方針転換。それを受けて異例のスピードで展開されたシリア攻撃 は、短時間の準備であったにも拘わらず極めて周到になされており、米国 の力を見せつけた。
  
シリアで化学兵器使用の第一報が入った4日、トランプ氏は、「許せな い」と発表したものの、シリアやロシアではなく、オバマ前米大統領の 「弱腰」を非難した。その声明には戦略もなければ犠牲になったシリア国 民への同情の言葉もなかったが、その直後、トランプ氏は豹変し、53時間 後には攻撃を開始したのである。
  
 断固たる攻撃で、トランプ政権は、力の行使を回避し続けたオバマ外交 と訣別した。この変化を引き起こしたのが、化学兵器で苦しみ、死亡した 犠牲者たちの映像だったという。

「女性や子供、かわいい赤ちゃんたちまで殺害された」「その悲劇が私の アサド政権への考えを根本的に変えた」と、トランプ氏は語っている。
  
この真っ当な怒りが米国の国家意思となって、実質2日強という極めて短 時間に、59発の巡航ミサイルの発射につながった。類例のない短期決戦に 関しては、国連決議も得ていない。米国単独で断行した軍事作戦に関して は、軍事作戦が終了する頃に、マイク・ペンス副大統領らが、米議会要人 や外国の首脳らに、事後報告を行った。それでも、共和・民主両党が、さ らにはほとんどの国が理解し支持した。強い米国、行動する米国の復活を 米国自身も世界も望んでいたのである。
  
 米国は短期的には、揺らいでいた信頼性と強制力をある程度、取り戻し た。だが問題はこれからだ。

「ウォールストリート・ジャーナル」紙は、攻撃直後の4月7日の社説で 「全ての軍事行動にはリスクがつきまとう。しかし今回のシリア攻撃は、 もし、トランプ氏が攻撃後、力強い外交を展開するなら政治的、戦略的に 大きな国益につながる」と書いた。
  
 力強い外交とは具体的に何か。シリアの化学兵器使用を容認しないとい う意思を軍事行動で示したものの、中東情勢はもはや単純な「力強い外 交」でおさまる状況ではない。
  
かつては「アサド対反政府勢力」の二者対立の構図だった。しかし、シリ ア内戦の激化をうけて、状況は非常に複雑化している。アサド政権の背後 にはいまや、ロシア、イランが存在する。レバノンのイスラム過激派ヒズ ボラもアサド大統領の側に立つ。イスラム国(ISIS)は力を失いつつ あるものの、この間にアルカイダが勢力を盛り返している。
  
 一方で米国は、シリア攻撃は北朝鮮への警告だとも語っている。北朝鮮 の核・ミサイル開発抑止に関しては、中国の協力が得られない場合、「中 国抜きで解決する」とトランプ氏は発信した。
  
4月9日には空母、カールビンソンが朝鮮半島周辺海域に向かった。また、 米韓合同演習が史上最大規模で4月末まで続く。トランプ氏の言う「中国 抜きの解決」とは何か。北朝鮮にさらなる制裁を科し、中国の制裁破りを 許さないために、中国銀行に的を絞って制裁を科す可能性さえある。ブッ シュ政権当時はバンコ・デルタ・アジアという小さい金融機関を標的にし たが、今回、中国銀行が標的になれば、その影響は非常に大きい。
  
もしくは、北朝鮮の豊渓里核実験基地や、東西両海岸にあるICBM(大 陸間弾道ミサイル)の発射基地への攻撃も考えられる。ロシア、中国の反 応を見ながらの外交・安保政策は、展望が見通しにくい。確かなことは、 日本に迫る脅威はこの上なく深刻だということだ。

『週刊ダイヤモンド』 2017年4月22日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1178


          
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎革新系の韓国次期政権誕生、現実味を帯び金正恩は欣喜雀躍 

昨年12月、北朝鮮の金正恩・労働党委員長は最高幹部を前にして、「南朝鮮(韓国)世論に北南和解ムードを拡散せよ」と檄を飛ばしたことがわかった。この指示は、韓国社会にどのような影響を及ぼしたのか、ジャーナリストの城内康伸氏が報告する。

            * * *

今年1月1日、正恩氏は国政方針を語る「新年の辞」で「南朝鮮では昨年、大衆的な反政府闘争が強力に繰り広げられた。保守当局への恨み、怒りの爆発だ」と韓国世論をあおった。 「北南関係改善を望む者なら、誰とでも喜んで手を取り合っていく」

韓国次期政権を念頭に、南北対話の用意がある、と揺さぶりをかけた。韓国情勢は当初、正恩氏の期待通りに運んだ。

韓国国会は大統領の弾劾訴追案を可決し、朴氏は職務停止に追い込まれた。憲法裁判所が弾劾審理を続ける中、国民の関心は次期大統領選挙に移った。韓国の世論調査によれば、革新系最大野党「共に民主党」の文在寅前代表が圧倒的な支持率でトップを走った。

文氏は南北交流を進めた故盧武鉉政権で秘書室長まで務めた盧氏の最側近。1月に行った韓国メディアとのインタビューで「大統領に当選すれば、まず北に行く」と言ってのけ、北朝鮮南西部・開城工業団地の南北共同事業再開に積極的だ。

保守系で唯一の有力候補と目されていた、潘基文前国連総長は2月1日、不出馬を表明。「人格殺害に近い攻撃を受けた」と理由を挙げた。北朝鮮の対南工作機関・党統一戦線部がインターネットを通じ、潘氏の不都合な情報を流布していた、との情報もある。

朴槿恵氏の弾劾訴追を審理していた憲法裁判所は3月10日、韓国憲政史上、初めてとなる現職大統領の罷免を決定。続く31日には、検察特別捜査本部が、最大財閥サムスングループからの巨額収賄などの容疑で、大統領としての不訴追特権を失った朴氏を逮捕した。

革新系の韓国次期政権が実現すれば、南北対話を進めて関係を修復し、国際制裁による孤立からの脱却を図る。頭の中で描いていたストーリーがいよいよ現実味を帯び、正恩氏は欣喜雀躍したはずだ。

 ●しろうち・やすのぶ/北朝鮮事情に精通するジャーナリスト。主な著書に『猛牛(ファンソ)と呼ばれた男』『昭和二十五年 最後の戦死者』『朝鮮半島で迎えた敗戦』など。
 ※SAPIO2017年6月号
【ZakZak】 2017.05.04 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎米下院、9月末までの予算案承認 政府機関の閉鎖回避の公算

[ワシントン 3日 ロイター] - 米議会下院は3日、2017会計年 度末(9月末)までの資金を手当てする1兆2000億ドル規模の予算案 を承認した。

承認を受け同予算案は上院に送られた。上院は5日深夜までに可決する見 通しで、今週末に政府機関が閉鎖される事態は回避される公算が大きい。
【ロイター】 2017年 05月 4日 11:36 JST 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎北朝鮮の核ミサイルが北京に向けられる日

くすぶっていた中朝関係の悪化がマグマが噴出するかのように一気に表面 化した。北朝鮮が国営メディアを通じて初めて中国を名指しで、それも全 面的な批判を展開したからだ。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、北朝鮮が核実験を強行した場合、原油 供給を止めるべきとか、中朝友好相互援助条約を見直すべきと、中国の国 営メディアが連日、報道していることに「我々を露骨に威嚇している」と 強く非難する論評を伝えた。

北朝鮮が中国の対応に不満を表明したのは何も今回が初めてではない。過 去にも何度もあった。

(参考資料:中国はもはや同盟国にあらず 北朝鮮の「反中・嫌中語録」

例えば、金正恩政権となった012年4月に金日成主席生誕100周年に際して 「衛星」(テポドン)を発射した際も「国連安保理常任理事国は米国の対 朝鮮敵視政策に便乗し、我々の自主権と平和的宇宙及び核利用権利を侵害 する不法行為を行った。深刻なのは、常任理事国が公正性からかけ離れ、 絶え間ない核脅威恐喝と敵視政策で朝鮮半島核問題を作った張本人である 米国の罪悪については見て見ぬふりして、米国の強盗的要求を一方的に後 押ししていることだ。無視できないのは、国連安保理が米国の策動に追随 し、主権国家の自主権を乱暴に侵害したばかりか、我が共和国の最高利益 である国家と民族の安全を直接侵害する道に入ったことだ」との外務省ス ポークスマン談話(5月6日)を出して、北朝鮮非難・制裁に賛同した中 国を露骨に批判していた。

また、翌年も、国防委員会の声明(2013年1月24日)で「一極化世界を企 む米国と他の核保有国らはお互いに対峙する国家利益と理念を持ってい る。しかし、他の国の核保有についてはいかに相手が長い付き合いの友で あっても、また、その国の生死存亡がかかっていたとしても、意に介さ ず、お互いに野合し、必死で妨害している。19世紀の欧州のブルジョア政 治家が『永遠の聯盟はない。あるのは永遠の利益だけだ』と言ったことが ある。今日の核大国はこの政治家の説教とおり、動いている」との対中批 判を展開していた。

国防委員会は習近平主席が訪韓した2014年にも中韓首脳会談での共同声明 に反発し、「我々の正々堂々とした自衛力強化措置にケチをつけるな。す でに公正性を喪失して久しい安保理を立て、主体性もなく複雑な騒動を起 こし、世論を誤導し、拡散しようとしている。このような奇怪な騒動に一 部節操のない国が盲従し、米国が描くお尻を追いかけ、哀れな立場に置か れた朴槿恵を抱きかかえようとつまらないことをしている」(7月21 日)と辛らつに批判していた。

党機関紙の労働新聞もまた「何人かが共謀結託、こそこそ話をして我々の 核を奪うと取引していることそのものを絶対に容認しない。米国にへつら い、体面も捨ててしまった者は我々の核放棄を夢見るな」(2015年3月28 日付)と個人筆名の論説で対中批判を展開していた。

それでも直接名指しすることは避けていた。それだけに北朝鮮の習近平政 権への不満が極度に達していることが窺い知れる。

北朝鮮は昨日の朝鮮中央通信論評で「核は尊厳と力の絶対的象徴であり、 最高の利益である」として、中国が説得しようが、圧力を加えようが「国 家の村立と発展のための我々の核保有路線を変更することも揺るがすこと もできない」としている。

また、「朝中親善がいくら大事とはいえ、命である核と変えてまで中国に 対し友好関係を維持するよう懇願する我々ではない」として中国に対して 「制裁を強めれば手を上げて、関係復元を求めてくると期待することこそ 子供じみた計算である」と反発していた。ということは、北朝鮮の次の核 実験は原油供給中止などの制裁覚悟の上での実験となる。

その中国は北朝鮮の核実験も核保有も認めることはない。その証拠に北朝 鮮はこれまでに5度核実験を行ったが、中国は国連安保理の非難・制裁決 議に一度も拒否権を発動したことも、棄権したこともない。「国際社会の 普遍的な反対を無視し、勝手に核実験を実施した」との最初の核実験 (2006年10月)の際の中国の立場は胡錦濤政権から習近平政権になった 今も不変だ。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は3度目の核実験の際(2013年 2月12日)には社説で「北朝鮮政府が核実験を強行した場合、中国は関係 断絶もいとわない」と異例の批判を行い、中国共産党中央党校が発行する 「学習時報」の副編集長は英紙フィナンシャル・タイムズに寄稿した論文 (2013年2月28日)で「北朝鮮との地政学的な同盟が中国の戦略的安保だ とする価値観はもはや時代遅れだ」と断言し「北朝鮮の3度目の核実験を 機に、中国は金(正恩)王朝との同盟関係を見直すべきだ」とまで主張し た。

中国全国人民政治協商会議の賈慶國常務委員に至っては「韓国は北朝鮮が 挑発を行った場合、北朝鮮に報復できるよう徹底的に準備しておくべき だ」と述べ、驚いたことに「北朝鮮と衝突が起きたら、米中など関連国家 から国際的支援を確保しておくべきだ」とまで言い切っていた。

北朝鮮の3度目の核実験に怒ったのか、習主席もまた、2013年6月に米カ リフォルニアで開催された米中首脳会談でオバマ大統領に対して「経済的 手段を使って、若い金正恩氏を屈服させる」と約束したと米紙ニューヨー ク・タイムズ(NYT)は2013年6月9日付(現地時間)で伝えていた。

北朝鮮が中国の警告を無視して、6度目の核実験に踏み切れば、取り沙汰 されているように米国のミサイルや核施設へのピンポイント攻撃や「斬首 作戦」を含む金正恩政権のレジームチェンジを黙認することもあり得なく もない。

(参考資料:作動する米中合作の「金正恩除去隠密作戦」)

北朝鮮は北朝鮮で2014年6月5日に出された労働党中央委員会内部指示で 「習近平(主席)は文化大革命の時に受けた被害を中国共産党の弾圧と 思っている人物である。今の中国は我々の核自衛力までも米国と一緒に なって誹謗中傷する悪い隣人ある。過去中国共産党は金日成、金正日大元 帥様らと抗日伝統で結ばれ継承された革命的友誼関係にあったが、今の中 国共産党は改革開放の概念よりもカネを一番に置く習近平式利己主義の党 である」とみなしていることでもわかるように心底からあてにしてないこ とがわかる。

北朝鮮は中国が反対しようが、核・ミサイル開発を断念する考えは毛頭な いようだ。

朝鮮中央通信は先月21日にも「我々の意志を誤判し、どこかの国(米国) に乗せられ、我々に対して経済制裁に走れば敵から拍手喝さいを浴びるか もしれないが、我々との関係に及ぼす破局的な関係を覚悟せよ」と警告し ていた。

両国の関係が極度に悪化し、中国が仮想敵国となれば、北朝鮮の核ミサイ ルが本当に北京に向けられる日が来るかもしれない。

(参考資料:中国が北朝鮮を突き放せない5つの理由)
辺真一  | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長



 ◎杉田元議員が緊急リポート 仏大統領選、日本での報道に違和感「決 選投票での大逆転は分からない」

フランス大統領選の決選投票(7日)まで1週間となった。世論調査で は、独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)がリードし、国民戦 線のマリーヌ・ルペン党首(48)が追う展開という。マクロン氏がこの まま逃げ切るのか、ルペン氏の大逆転はあるのか。日本も「移民・難民問 題」は避けて通れないとして、先月、現地で約2週間の大統領選取材をし た、杉田水脈元衆院議員が緊急リポートした。              
                             ◇
私が現地取材で感じたのは、日本メディアのフランス大統領選の報道が、 「フェイク(嘘)ニュース」とまではいかなくても、「少しズレている」 ということだ。

ルペン氏を、ドナルド・トランプ米大統領と並べて「極右」「ポピュリス ト」と表現する報道が多くみられた。だが、マクロン氏の方が、保守から 革新まで取り込む選挙戦を展開するなど、ポピュリズム(大衆迎合主義) に支えられていた。

マクロン氏の立ち位置を日本で例えると、あえて左右を明確にせず、ワン イシューで人気を集めた小池百合子都知事や、彼女が事実上率いる地域政 党「都民ファーストの会」、かつての「大阪維新の会」に近いと思う。

そういう意味では、「EU(欧州連合)離脱」「反移民」という強硬路線 で戦い抜いたルペン氏が決選投票に残った ことの方が、日本の感覚では 「あり得ない現象」ではないだろうか。

ルペン氏が熱烈に支持されるくらい、移民・難民の大量流入でフランスの 治安は悪化し、人々の生活が脅かされている。ルペン氏の主張は「愛国」 というよりも、「合理的対処」「現実主義」のように感じた。

日本が、フランスのような状態になったときは手遅れだろう。そうなる前 に「移民・難民問題」に真剣に取り組まなければならないと、強い危機感 を感じた。

日本の保守陣営の方から「ルペン氏を『極右』というのはおかしい。『愛 国者』ではないか」という意見も聞いた。これは、半分正しく、半分間 違っていると思う。

 
取材の感想でいうと、第1回投票に立候補した全員が「愛国者」だった。 候補者集会では、どこでも国旗「トリコロール」がはためき、参加者は国 歌「ラ・マルセイエーズ」を大合唱していた。候補者全員が「フランスの ために!」を何度も連呼していた。

日本のように、「国旗・国歌」を忌み嫌う政治家や政党が存在するなん て、フランスでは考えられないのではないか。

決選投票での大逆転は分からない。ただ、フランス国民が強いリーダーを 求めるのであれば、マクロン氏よりルペン氏だろう。それは演説を聞けば 明確に分かる。

マクロン氏とルペン氏、どちらが大統領になっても大変なのは議会との関 係だ。マクロン氏の政治団体「前進!(En Marche!)」は政党 ではない。ルペン氏の国民戦線も、議会で十分な議席数を獲得していな い。大統領と議会とのねじれが出てくることは必至といえる。

ここが日本や米国とは違うところだ。
【ZakZak】 2017.05.02 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎新元号、4案から選定…改元手続き「平成」踏襲

 天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う新元号について、政府は「昭和」 から「平成」に改元した際の選定手続きを原則として踏襲する方針を固めた。

学者が考案した4案を候補として準備しており、この中から有識者や衆参 両院の正副議長の意見を聞くなどして一つに絞り込む。元号は「2文字」 とすることや、社会で広く使われている言葉を避けるなど、平成への改元 時に定めた選定基準も維持する。政府は陛下の退位を実現する特例法案の 成立後、具体的な選考に入る方針だ。

1979年制定の元号法は「元号は皇位の継承があった場合に限り改める」と 定め、選定手続きは同年に閣議報告された要領に明記されている。89年 の平成への改元時は、この要領を改元前日に一部修正した上で、手続きが 進められた。
読売新聞 5/4(木) 8:47配信



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)5月3日の出来事:前田正晶

昨年も嘆いたことだったが、我がジムの規約ではシニア会員は土日祝日は 利用出来ないので、ゴールデンウィークとやらの今週は3日から7日まで利 用がかなわないのだ。

そこで、折角の好天なのでシルバーパスを利用して都バスで新橋乗り換え で銀座四丁目に向かった。新大久保駅前から1時間はかかるが快適であ る。目的地は評判のGINZASIXで、話のタネに行って見ようと家内と意見の 一致を見た。

バスを降りたのが4丁目だったので、先ずは懐かしき三越銀座支店に入っ てみた。馴染み深い新宿駅西口のデパートとは矢張り雰囲気がかなり違 う。客種の違いもさることながら、中国と思しきアジア系を中心に欧米の 外国人が新宿よりも多いという印象だった。

どちらかと言えば閑散とした感があったのは、単に不人気と言うだけでは なく直ぐ近所のGINZA SIXにお客を奪われたのだと勝手に推察。

GINZA SIX:

そこで、言うまでもないが元は松坂屋のGINZA SIXに向かう。中央通りの 人の流れは予想通りだったし、入場制限があるだろうと思っていたのも、 まー当たっていた。表にはスピーカーを持った係員がいて「正面入り口は 混雑しているので裏に回って下さい」と誘導していた。素直に従って裏に 行くと、エスカレーターで2階に行くようになっており、そこでも係員が 「2列で上がるように」と声を枯らして叫んでいた。

目出度く中に入れば予想通りの大混雑で、人の流れに沿って動くことしか 出来ないほどだった。昔の松坂屋の店内を知る者としては、報じられてい たような膨大な数の店舗が入っているのだったならば息苦しいような雰囲 気で、アメリカの大型のショッピングモールの広々とした感じはしないだ ろうと思っていた。私の印象では店内は「華麗にしてせせこましい」だった。

確かに豪華絢爛に飾り立てられた有名ブランドの店もあれば、私の知らな かったような諸外国から国内の高価そうな品物が並んだ店舗には圧倒され るだろうと思わざるを得なかった。

店員たちも一見垢抜けた立ち居振る舞いで「流石」と思わせてくれた。
兎に角何とか動き回って、一刻も早くエスカレーター2列で利用して6階ま で上がってから順繰りに降りてこようとすることにした。エレベーターに 長蛇の列が出来ていて30分待ちだとか係員が叫んでいた。

中央の1階から6階までの吹き抜けにはテレビのニュースで見た草間彌生先 生の例の赤い水玉の風船(なのかな?)が天井から下がっていたが、私に は残念ながらその美的感覚には付いていけなかった。

店内にどういうブランドの店舗があったかの記憶は定かではないが、鮮明 に覚えていたのは生まれて初めてあれほど沢山のフランク・ミューラーの 時計を見たことくらいだった。フランク三浦ではなかったのは間違いな
い。

矢張りと言うべきか何と言うべきか、あれほどの数の人が動き回っていた にも拘わらず、何かを買っている人をほとんど見かけなかった気がした。 それはそうだろう。本当に海外のブランド品を買おうと思えば、外国に出 向くか、アウトレットなどを利用する人が多いのではないかと思うのだ が、如何かな。私は何れにせよ、この銀座の新しい目玉店舗は当分の間多 くの観光客を惹き付けるだろうと思って退去した。

余談だが、不肖私などはリタイヤー後はブランド品には先ず手を出さなく なったし、もしも買うのだったならば、アウトレットモール辺りで明らか にお買い得と解る低価格の生活必需品以外には関心がなくなっていた。

銀座のファストファッション:

次には中央通りを8丁目方向に向かって歩き、先ずはスペインのファスト ファッションの店・ZARAを偵察。ここではGINZA SIXとは違って買ってい る人が多かったのは当たり前か。言うなれば、世が世ならば銀座などに出 てくるような店ではないと、昭和1桁生まれで往年の銀座三越でアルバイ トをした感覚が言わせるのだが、どんなものだろう。次に入ってみたス エーデンのH&Mも同様だ。

天国:

丁度昼飯の時間になったので、敢えて多くの高齢者が順番待ちをして並ん で(座って)いる天ぷらの老舗・天国を選んだ。この店は今を去ること60 数年前に湘南高校蹴
球部の2期上の方が就職されて、未だ学生だった私を「美味いものを食わ せてやる」
と言って連れて行って頂いたの天国で「なるほど、こんな美味い物があっ たか」と、
天丼の味に感動した経験があった。実は、天国に入るのはそれ以来のこと だった。



その天丼の味が60数年前と同じかどうかは解らなかったが、家内とともに 「印象的」
と一致した意見は、お客様の90%以上が見事に高齢者で、待ち時間を厭わ ず行列に加
わって来られるのもこれまた高齢のご夫婦なのだったこと。要するに、 我々の年齢層
には天丼は贅沢な食べ物であり、馴染み深く、何か選べと言われれば、躊 躇なく天丼
となるのではないかということ。



また、近頃の若者というか我々の孫などの世代ではマクドナルドであり、 ハンバーガーであり、カレーライスが慣れ親しんだ食べ物であろうから、天丼とい う発想はないのではないのだろうかと思った。

記憶は定かではないが、昭和20年代末 期の学生時代の食べ物と言えば50円もしなかったと思う、蕎麦か饂飩類で天丼などは 高嶺の花だったのではなかったか。

ここまでで、かなりの距離を歩いたので、家内にも疲れの様子が見えたの で、8丁目から新橋駅前まで歩いて、そこから小滝橋に向かうバスで新大久保駅前に 戻って、長い半日を終わりにしたのだった。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


5日の東京湾岸は、まあまあの天気。




                        読者:5541 人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. ”百人一首”は、鎌倉時代の歌人・藤原定家が100首を選んだ歌集のこと で、京都小倉山で編纂されたので通称”小倉百人一首”ともいう。

    >ねずさんの「小倉百人一首」の解説:反日学者が「百人一首」まで捏造していた!? 
    http://quasimoto.exblog.jp/21646307/

    「ねずさんの日本の心で読み解く 百人一首」(小名木善行)
    http://d.hatena.ne.jp/lp6ac4/20150525

     2017/5/5

  2. ワクチンを勧める医者に聞きたい質問リスト 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11850362409.html

    中学校でハングル教育? 「民族教育」、「平和教育」という名の反日・反戦教育は日本に必要なし。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31872264.html

    【セレブリディ文書】スヒョン文書に続き、在日朝鮮人の本音が暴露されています。
    http://toaopen.blog.jp/archives/1031982330.html

    Osiris
    https://www.google.co.jp/search?q=Osiris&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjSkfOE79XTAhXHULwKHdVyB5cQ_AUIBigB&biw=1097&bih=550#spf=1

    おさんぽ神保町
    http://osanpo-jimbo.com/wp-content/uploads/osanpo_map.pdf

    『のぼせもんやけん2 植木等の付き人時代のこと』小松政夫の奮闘記
    http://sengoshi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09

    国宝・臼杵石仏  − 大分県臼杵市
    http://washimo-web.jp/Trip/Sekibutsu/sekibutsu.htm

    夢と希望を持ってくる新人たちに過保護なくらい、すべてを教える時代
    http://www.hoteresonline.com/articles/3656?p=3

    患者よ、病気と闘うな
    http://www.long-life.net/newpage972.html

    【書評】壮絶で悲哀に満ちた歴史から見える「反日」の正体とは… 豊田隆雄著『本当は怖ろしい韓国の歴史』 
    http://toaopen.blog.jp/archives/1030035479.html

    【余命更新】朝鮮系帰化人
    http://meron.vanillapafe.info/archives/2151

    うち捨てられた論文・・鉄道事故裏話 
    http://mypeace.exblog.jp/74607/

    朝日新聞、押し紙率32%!販売局有志が社内資料を暴露!詐欺!「阪神支局襲撃30年 自由は力」
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6651.html

    【拡散】漫画でわかる外国人特権~日本人への結婚差別
    https://samurai20.jp/2015/09/relateddocuments3/

    「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1387.html

     2017/5/5

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事