急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4344号  2017・7・4[木)

発行日:5/4

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4344号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年5月4日(木)



     北朝鮮に通じるか、トランプの手法:櫻井よしこ


「措置入院」精神病棟の日々(32):“シーチン”修一 2.0
 
      国会議員の仕事:芸能レポーター:MoMotarou

          
               
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4344号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮に通じるか、トランプの手法
━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

4月6、7の両日、フロリダで開かれた米中首脳会談で、米中関係はどこまで進展したのか。そのことについてヒントになる事例が目についた。マイク・ペンス米副大統領のソウル訪問に合わせて、4月16日、ホワイトハウスが同行記者団に行ったブリーフィングである。
  
ホワイトハウス高官はアメリカが急いできた韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備及び運用開始の時期について、作業を急がないと語ったという。「まだいくつか必要な作業があり、韓国の新大統領が決まるまで流動的だ」「配備は次期大統領が決定すべきで、5月前半が適当だ」などと発言したと報じられた。
  
これまで、次期大統領が選ばれる前に、何としてでもTHAAD配備を完了し、運用を開始して、実績を作りたいとしてきたアメリカが、なぜいま、このように変化したのか。北朝鮮のミサイル発射や核実験の危険性は少しもなくなっていない。
  
 中国問題に関して一目も二目も置かれている産経新聞外信部編集委員、矢板明夫氏は、北朝鮮問題で中国の協力を要請したアメリカが、中国の前向きな反応を得て、彼らに配慮した可能性を指摘する。アメリカは今も昔も中国は北朝鮮抑止に力を発揮できると考えている。他方、習近平氏はとりわけいま、アメリカの協力を必要とし、対立関係に陥ることを最大限回避している。合意の下地があるということだ。
  
 習氏がどれだけアメリカとの対立を回避したかったかは、4月12日に行われた国連安全保障理事会で、シリアのサリンガス攻撃についての調査に関する決議案の採決を、中国が棄権したことにも見てとれる。ロシアは拒否権を行使してアサド大統領を守った。中国もこれまで6回、ロシアと共に拒否権を行使してきたが、今回は棄権にまわった。トランプ大統領は決議案採決の前日に電話会談で習氏に協力を依頼したと語っている。中国はロシアと距離をおき、アメリカに接近したのだ。

20世紀の個人崇拝

「過去6回もシリアのために拒否権を行使して、アメリカに反対した中国が、今回、アメリカに従ったことが明確になりました」と矢板氏。
  
 氏はさらに説明した。

「米中首脳会談を、どうしても成功させなければならない立場に、習氏はありました。8月には最も重要な北戴河会議が、秋には党大会があります。それが終わるまで、アメリカには問題を起こしてほしくない。そのためにはトランプ氏とよい関係を構築しなければならない。これが習氏が訪米した背景です」
  
 習氏はいま党組織改革を目論んでおり、8月に河北省の避暑地、北戴河で開かれる中国共産党長老たちの会議で了承を得なければならない。習氏は昨年秋、自身を毛沢東に匹敵する党の「核心」として位置づけた。今年の組織改革では、政治局常務委員会を無力化し、党主席、つまり習氏1人に権力を集中させる「中央委員会主席」という役職を新設すると報じられている。
  
21世紀の中国を20世紀の個人崇拝の時代に引き戻すと懸念されている組織改革には、まず長老たちの間に強い反対の声があると言われている。長老の反対論を抑え、党大会の了承を得るために、習氏は全ての問題を巧く取り仕切らなければならない状況にある。
  
 韓国へのTHAAD配備には、中国全体がとりわけ敏感になっている。国をあげて韓国製品の不買運動を展開している最中である。旅行者も制限して韓国を締め上げ、配備を止めさせようとしているのが中国だ。
  
そうした習氏の思惑や中国の事情をトランプ氏が取り引きの材料に使ったのか。
  
 習氏が目指した訪米の目的が、党大会まで、アメリカに大人しくしていてもらうことだったのであれば、THAAD配備の先延ばしは明確な成果であろう。しかし、夏、或いは秋まで延ばすことは、北朝鮮のミサイル迎撃という観点からは考えにくい。となると、アメリカ側は中国の北朝鮮対策を見ながら、配備のタイミングを調整する可能性もある。
  
このように推測する理由に、トランプ氏の対中国発言が首脳会談後、大いに和らいでいることがある。4月13日、「ウォール・ストリート・ジャーナル」(WSJ)紙は氏の単独インタビューに基づく複数の記事とコラムを掲載した。「トランプと習、緊張転じて合性よし」というコラムにはトランプ氏のこんな発言がある。

「我々の合性は抜群だ。私は彼がとても好きだ。彼の妻もすばらしい」
  
トランプ氏はさらに語っている。

「冒頭の初顔合わせは10分か15分の予定だった。それが、3時間も話し込んだ」「翌日、また10分のところが2時間も会話した。本当に気が合うんだ」

北朝鮮への支援
  
 中国や習氏に対するこの熱く高い評価は、暫く前の発言とは正反対だ。WSJは、トランプ氏が次々に政策を反転させていると指摘したが、プーチン氏への評価は負の方向に大逆転させた。
  
70分間のインタビューでトランプ氏は、メディアはプーチン大統領との関係を書きたてるが「私はプーチンのことなど知らない」と素っ気なく繰り返している。
  
トランプ氏はかつて為替操作国だとなじった中国に、もはやそのようなレッテルは貼らないと変化した。アメリカの輸出入銀行は不要だと切り捨てていたのを、中小企業支援のためにこれからも支えるとした。NATOは無用だと悪口雑言だったのが、いまは非常に重要な同盟だと評価する。なぜ変わるのかと質問されて、トランプ氏は答えた。

「全ての事案の重要性はとてつもなく大きく、全ての決定がとてつもなく大きい。わかってるだろ、生か死かの問題なんだ。うまくディールできるかどうかの話ではないんだ」
  
トランプ氏は、中国は簡単に北朝鮮問題を解決できると考えていたが、習氏の説明に「最初の10分間で、それほど容易なことではないとわかった」と語っている。それでも恐らく中国は約束したのではないか。トランプ氏は中国が直ちに北朝鮮をコントロールできなくとも、暫く待つ姿勢を示しているのではないか。もしそうならうまく行かないと、矢板氏は見る。

「中朝関係は制裁では動かない。経済的に締め上げてもダメ。お金を与えれば別ですが」
  
 中国はこのことをよく知っている。アメリカが要求するように北朝鮮への支援を止めれば、そこにロシアが介入して、北朝鮮をロシア陣営に引き込む。従って中国は支援を止められない。北朝鮮抑止を中国に任せること自体、何度も失敗してきた。そのことをトランプ政権は、いまから学ぼうとしているのか。

『週刊新潮』 2017年4月27日号
 日本ルネッサンス 第751回

   


━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(32)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

5/1朝、長女一家はマイカーの想像を絶する姿を見てびっくりした。4つの タイヤがなく、代わりにブロックの上に車が置かれていた。多分、F1レー スみたいに油圧ジャッキで車体を持ち上げ、4人ほどで一斉にタイヤを外 し、ブロックを置き、ジャッキを下げ、さっさとトンずらしたに違いな い。早わざ!

それにしても「セコ!セコスギ!・・・よーやるわ、日本人じゃないだろ う」というのがわが一族の大方の感想だろう。トヨタが狙われていると か。タイヤ1本売って1万円、4本で4万円、一晩に3台やって12万円、1人当 たり3万円の儲け・・・「セコ!セコスギ!」とカミサンも次女も苦笑し ていた。

「セコイ」は舛添センセーが世界に広めてくれたようだが、そのうち「カ ローシ」並に認知度が深まるに違いない。

捕まれば懲役3年はくらうだろうが、蔵が建つわけではないから余りにも リスキーだ。以前、支那人などは「ジパングの田舎には田んぼの中に金庫 が落ちている」と重機でATMをかっぱらっていたし、ビルに穴を開けて金 庫を盗むとかしており、「うーん、大胆だなあ」と小生は思ったものだ。 しかし貧すれば貪すで今や「タイヤ泥棒」、コソ泥になってしまった。

通勤で自宅〜駅間を車で行く婿さんはキレマクッタそうだが、田舎では最 寄り駅まで車で30分、そして車が3〜4台ある家も珍しくないから、徒歩で たった5分のところでも車を使うのが当たり前だ。筑波山麓に育った婿さ んにとって車は体の一部なのだろう、それがなくなったのでショックを受 け、怒りまくり、出社する意欲もなくなり、自宅作業に切り替えたとか。

キレマクル気持ちは分かるけれど、キレ過ぎたり我慢し過ぎると小生のよ うに発狂するから、まあほどほどにしたほうがいい。

小生は退院からちょうど3か月たったが、このところ気分は良い。小生の 「佐吉主義」が奏功しているのかもしれず、春琴カミサンのご機嫌も斜め ならず。

昨年11月の心理検査の結果はちらっと読んだだけで、たまたま見舞いに来 ていたカミサンに渡し、以来、ほとんど忘れていたのだが、先日、カミサ ンのチェックを経て戻ってきた。あらためて見ると、とても面白い。自分 が思っている自分と、他者が思っている修一さんは微妙に違っている。以 下、心理検査報告書を転載する。【 】は小生の感想。

<実施した心理検査:1)TEG?、SCT、ロールシャッハテスト、S-HTP、 2)WAIS-?>

1)性格検査からわかること

*TEG(意識している自己像):逆N型=「孤高の人」タイプ

社会ルール、規則などは厳しく守り、もしそれを破る人がいると厳しい叱 責をする場合もあります。特に時間には厳しく、一日の行動スケジュール は綿密に立て、予定通りに事が運ばないとイライラしてしまいます。

また、遅刻したり、約束を反故する者に対してはひどく手厳しく、絶対に 妥協しません。厳格で理想を追求する「孤高の人」と言えるでしょう。

【なんとなく野球漫画「巨人の星」に登場する、星飛雄馬の父、星一徹み たいだが、小生にはアバウトさもあるから1〜2割引きした方がいい】

このタイプの人は、小さい頃かなり厳しく育てられ、自己主張を十分に通 してもらえなかった不満が残っているケースが多いようです。そんな不当 な扱いに対する反発と、親から取り込んだ手厳しさが共存して、相手のあ ら探しをしてしまう場合が多いようです。

【父は厳格で「口で言うより手の方が早い」人で、必死で働くのが当然か つ正義、遊びは許せないというタイプだった。小生は小4で「父を反面教 師にすべきだ」と思ったものだが、父は口には出さないが、叔父さんによ ると父に反発する小生のことを陰ではずいぶん心配していたようだ。高校 入試発表の時は小生より早く見に行っていたし、保釈されたときは酒を用 意して待っていてくれた。ニヤニヤしていたが、うれしかったのだろう。

松陰先生は弟子の良いところを指摘したが、小生は悪いところを見て「あ れはダメだ、使い物にならん」と切り捨てる傾向がある。「あら探し」を しているつもりはないのだが、

「あいつ、上智大で何やっていたんだ、麻雀とゴルフを学んだだけだ、映 画が好きだというから、『人生に一番影響があった映画は何?』と聞いた ら『未知との遭遇』だってさ、無知との遭遇だよ、バッカじゃない」

と口には出さないが心では思うことがよくあった

*TEG以外の検査からわかること(必ずしも意識されていないご自身の性 格傾向)

対人関係においては、表面的には無難に対応できるものの、本質的には何 らかの難しさを抱えているために、時には人との関わりがご本人の負担と なっているのかもしれません。

SCT(文章完成問題)で、「私が好きなのは静かな暮らしだ。晴耕雨読」 と記述されたり、「静物画が好き。見ていて落ち着く」と発言されるな ど、ご自身でも孤独な環境の方が楽に過ごせることに気づいておられるよ うです。

人前に出ると、相手と張り合ってしまうためか、多弁になりがちです。そ して、ご自身では、常に知的に客観的に話していると思っていても、いつ しか主観的で強引な主張となり、自分と価値観が合わない相手は、“能力 が低い”と切り捨ててしまいます。

結果的に、価値観を共有できる相手のいない孤独感に襲われてしまうこと が多くなるのかもしれません。

【孤独感・・・いつも孤独だったから、それが常態化しているので小生自 身はほとんど意識しないが、会話が嫌い、電話は大嫌い、人混み大嫌い、 人のあまりいない山、川、田舎大好きなだけなのだけれど、孤独とか「孤 高の人」と言われると「そうかもしれない」と思わざるを得ない。

GWで今日から子・孫が来るし、女児の4歳誕生日祝もあるので、6部屋の掃 除(春琴に今朝頼まれた)と8人分の調理でかなり忙しい。「一日の行動 スケジュールは綿密に立て、予定通りに事が運ばないとイライラ」するか ら、続きは次回以降へ(つづく)2017/5/2




━━━━━━━━━━━━━━━
国会議員の仕事:芸能レポーター
━━━━━━━━━━━━━━━


          MoMotarou

現代アメリカの国際政治学者、ロバート・ギルピン(R・Gilpin)も、近 代の覇権帝国の盛衰において、エリートの価値観や精神構造のあり方が及 ぼす重要な影響について言及している。そして、大英帝国はまさに、「エ リートとその精神」を無視しては語れない存在なのである。この点でも、 「人物」のもつ重要性が強調されねばならないだろう。ーーー「大英帝国 衰亡史(中西輝政)」より

              ☆彡

■キューバ危機だった頃と今
 
朝鮮半島有事というのに、余り情報が伝わってきません。小さい頃キュー バ危機がありました。遠いカリブ海で起きつつある状況を、NHKのニュー スは毎時伝えておりました。

記憶に残る映像は、ソ連輸送艦を上空から撮影したもので、子供にもただ ならぬ事態が伝わって来ました。翻って今日のニュース報道は、朝鮮半島 の「天気予報」程度の扱いだと思わせられます。流れてくる朝鮮半島の映 像は、北朝鮮のプロパガンダ映像ばかり。

■国はあてにならないのかー管理された映像・ニュース

わが国民は既にあの映像の欺瞞性を見抜いておりますから、北の意図に反 して余り驚いてはおりません。またメディアは北や韓国・シナ・在日によ り管理されておりますから、かの国々に不利になるような事は放送されま せん。
 
況(ま)して国会においては、在日によって締め上げているので、その件 に触れる事も憚(はばか)れる様な状態です。ただ桜井誠氏率いる「日本 第一党」のみ真面な活動を展開し出しました。

民進党は本来なら、日本国民の韓国での安全で政府を問いただすのが筋な のにしない。北朝鮮の暴挙に対して政府の対応を追求しない。

■謀略の完成度
 
なぜなら、それをやると民進党自身の支持者を追求することになるからで しょう。この政党はかの国々の謀略機関に成り下がっている。哀れだ。蓮 舫さんも、辻元清美さんも、福島瑞穂さんも登場しない。

              ☆彡

●国の衰亡と戦争

ニュースキャスター化した国会議員に飽きてきました。それでは、国防を 他国に頼る危険について「大英帝国衰亡史(中西輝政)」より転載しま す。日本も注意しなければなりません。米国は軍需産業国家でもあります。

(転載 始)<<<実際、ウィンストン・チャーチルの熱弁によって奮い 立たされたイギリス人が、イギリス本土防衛のための戦い、「バトル・オ ブ・ブリテン」を戦っていた…九四〇年夏、イギリス大蔵省とイングラン ド銀行は大英帝国の破産を確認する報告書を閣議に提出していた。

第2次大戦によってイギリスは1924年以前に蓄積し、1918年以後になんと か再建を果した海外資産の大半を永久に失った。

たとえば中束の石油利権など、英国の在外資産のもっとも重要な部分を第 2次大戦中、アメリカ企業が二束三文で買い叩いていった光景こそが、 「バトル・オブ・ブリテン」から「ノルマンディー」へ至るあの期間の、 「真の世界史」の光景であったといえるかもしれない。

イギリスの対外債務は、1939年以前はだいたいその金・外貨準備高に十分 見合っていたが、四五年にははるか数倍に達し同時に外貨は蕩尽されていた。

つまりこの5年余で11億2千万ポンドに相当するイギリスの海外資産が売 却され、他方債務は四億2000万ポンドから33億6000万ポンドへと上昇して いた。それゆえ必要な輸入を賄うためには、戦後、イギリスはその輸出を 戦前の水準の七五パーセント増加させる必要があることもすでに戦時中か ら知られていた。

ノルマンディー上陸作戦の成功に沸いていた1944年6月のロンドンの一角 で、イギリス商務省の係官が一枚の報告書を作成していた。そこには、戦 後イギリスはほとんど輸出の増加を見込むことができず、またイギリス産 業の競争力は戦後さらに一段と低下する趨勢が避けられないものとして、 はっきりと指摘されていた。>>>(終)

■世界は豹変する

安倍総理はロシアを訪問。プーチンさんと写った写真はぎこちなさを感じ させるものでした。米国大統領との写真は賑やかなものでした。外交は 「金の切れ目が縁の切れ目」が原則。取れるものは取って置くのが普通で しょう。

米国が先の戦争で英国を応援したのもその筋に従ってであります。米国は 戦争で景気を回復して行った。

 <<そして「レンド・リース法Lend-Lease Acts 米 1941年 」の次 は、「真珠湾」がやってきた。>>(同上)



     
━━━━━━━━━━━━━━━━
日本に及ぼすこの上なき深刻な脅威
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ


 「トランプのシリア攻撃で複雑化した中東情勢が日本に及ぼすこの上な き深刻な脅威」

ドナルド・トランプ米大統領はシリアの化学兵器使用にも手を打たないの か。そう考えて、先週、本欄で批判した。ところがその直後の4月7日(日 本時間)、米国は断固たるシリア攻撃に踏み切った。
  
180度の方針転換。それを受けて異例のスピードで展開されたシリア攻撃 は、短時間の準備であったにも拘わらず極めて周到になされており、米国 の力を見せつけた。
  
シリアで化学兵器使用の第一報が入った4日、トランプ氏は、「許せな い」と発表したものの、シリアやロシアではなく、オバマ前米大統領の 「弱腰」を非難した。その声明には戦略もなければ犠牲になったシリア国 民への同情の言葉もなかったが、その直後、トランプ氏は豹変し、53時間 後には攻撃を開始したのである。
  
断固たる攻撃で、トランプ政権は、力の行使を回避し続けたオバマ外交と 訣別した。この変化を引き起こしたのが、化学兵器で苦しみ、死亡した犠 牲者たちの映像だったという。

「女性や子供、かわいい赤ちゃんたちまで殺害された」「その悲劇が私の アサド政権への考えを根本的に変えた」と、トランプ氏は語っている。
  
この真っ当な怒りが米国の国家意思となって、実質2日強という極めて短 時間に、59発の巡航ミサイルの発射につながった。類例のない短期決戦に 関しては、国連決議も得ていない。

米国単独で断行した軍事作戦に関しては、軍事作戦が終了する頃に、マイ ク・ペンス副大統領らが、米議会要人や外国の首脳らに、事後報告を行っ た。それでも、共和・民主両党が、さらにはほとんどの国が理解し支持し た。強い米国、行動する米国の復活を米国自身も世界も望んでいたのである。
  
 米国は短期的には、揺らいでいた信頼性と強制力をある程度、取り戻し た。だが問題はこれからだ。

「ウォールストリート・ジャーナル」紙は、攻撃直後の4月7日の社説で 「全ての軍事行動にはリスクがつきまとう。しかし今回のシリア攻撃は、 もし、トランプ氏が攻撃後、力強い外交を展開するなら政治的、戦略的に 大きな国益につながる」と書いた。
  
 力強い外交とは具体的に何か。シリアの化学兵器使用を容認しないとい う意思を軍事行動で示したものの、中東情勢はもはや単純な「力強い外 交」でおさまる状況ではない。
  
かつては「アサド対反政府勢力」の二者対立の構図だった。しかし、シリ ア内戦の激化をうけて、状況は非常に複雑化している。アサド政権の背後 にはいまや、ロシア、イランが存在する。レバノンのイスラム過激派ヒズ ボラもアサド大統領の側に立つ。イスラム国(ISIS)は力を失いつつ あるものの、この間にアルカイダが勢力を盛り返している。
  
 一方で米国は、シリア攻撃は北朝鮮への警告だとも語っている。北朝鮮 の核・ミサイル開発抑止に関しては、中国の協力が得られない場合、「中 国抜きで解決する」とトランプ氏は発信した。
  
4月9日には空母、カールビンソンが朝鮮半島周辺海域に向かった。また、 米韓合同演習が史上最大規模で4月末まで続く。トランプ氏の言う「中国 抜きの解決」とは何か。北朝鮮にさらなる制裁を科し、中国の制裁破りを 許さないために、中国銀行に的を絞って制裁を科す可能性さえある。ブッ シュ政権当時はバンコ・デルタ・アジアという小さい金融機関を標的にし たが、今回、中国銀行が標的になれば、その影響は非常に大きい。
  
もしくは、北朝鮮の豊渓里核実験基地や、東西両海岸にあるICBM(大 陸間弾道ミサイル)の発射基地への攻撃も考えられる。ロシア、中国の反 応を見ながらの外交・安保政策は、展望が見通しにくい。確かなことは、 日本に迫る脅威はこの上なく深刻だということだ。

『週刊ダイヤモンド』 2017年4月22日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1178



      
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎【憲法施行70年】 安倍晋三首相がビデオメッセージで憲法改正に強い 意欲 「9条に自衛隊書き込む」「2020年に新憲法を施行」

ご来場の皆さま、こんにちは。自由民主党総裁の安倍晋三です。

憲法施行70年の節目の年に、「第19回公開憲法フォーラム」が盛大に開催 されましたことに、まずもって、およろこびを申し上げます。憲法改正の 早期実現に向けて、それぞれのお立場で、精力的に活動されている皆さま に、心から敬意を表します。

憲法改正は、自由民主党の立党以来の党是です。自民党結党者の悲願であ り、歴代の総裁が受け継いでまいりました。私が総理・総裁であった10年 前、施行60年の年に国民投票法が成立し、改正に向けての一歩を踏み出す ことができました。しかし、憲法はたった一字も変わることなく、施行70 年の節目を迎えるに至りました。

憲法を改正するか否かは、最終的には、国民投票によって、国民が決める ものですが、その発議は国会にしかできません。私たち国会議員は、その 大きな責任をかみしめるべきであると思います。

次なる70年に向かって日本がどういう国を目指すのか。今を生きる私たち は、少子高齢化、人口減少、経済再生、安全保障環境の悪化など、わが国 が直面する困難な課題に対し、真正面から立ち向かい、未来への責任を果 たさなければなりません。

憲法は、国の未来、理想の姿を語るものです。私たち国会議員は、この国 の未来像について、憲法改正の発議案を国民に提示するための具体的な議 論を始めなければならない。その時期に来ていると思います。

わが党、自由民主党は、未来に、国民に責任を持つ政党として、憲法審査 会における具体的な議論をリードし、その歴史的使命を果たしてまいりた いと思います。

例えば、憲法9条です。今日、災害救助を含め、命がけで24時間、 365日、領土、領海、領空、日本人の命を守り抜く。その任務を果たし ている自衛隊の姿に対して、国民の信頼は9割を超えています。しかし、 多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊を違憲とする議論が、いまなお存 在しています。「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、何かあれば命を 張って守ってくれ」というのは、あまりにも無責任です。

私は、少なくとも私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっか りと位置付け、「自衛隊が違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地 をなくすべきであると考えます。

もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けてしっかりと、 堅持していかなければなりません。そこで、「9条1項、2項を残しつ つ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは国民的な議論に値す るのだろうと思います。

教育の問題。子供たちこそ、わが国の未来であり、憲法において、国の未 来の姿を議論する際、教育は極めて重要なテーマだと思います。誰もが生 きがいを持って、その能力を存分に発揮できる「1億総活躍社会」を実現 する上で、教育が果たすべき役割は極めて大きい。

世代を超えた貧困の連鎖を断ち切り、経済状況にかかわらず、子供たち が、それぞれの夢に向かって頑張ることができる、そうした日本でありた いと思っています。

70年前、現行憲法の下で制度化された、小中学校9年間の義務教育制度、 普通教育の無償化は、まさに戦後の発展の大きな原動力となりました。

70年の時を経て、社会も経済も大きく変化した現在、子供たちがそれぞれ の夢を追いかけるためには、高等教育についても、全ての国民に真に開か れたものとしなければならないと思います。これは、個人の問題にとどま りません。人材を育てることは、社会、経済の発展に、確実につながって いくものであります。

これらの議論の他にも、この国の未来を見据えて議論していくべき課題は 多々あるでしょう。

私は、かねがね、半世紀ぶりに夏季のオリンピック、パラリンピックが開 催される2020年を、未来を見据えながら日本が新しく生まれ変わる大 きなきっかけにすべきだと申し上げてきました。かつて、1964年の東 京五輪を目指して、日本は大きく生まれ変わりました。その際に得た自信 が、その後、先進国へと急成長を遂げる原動力となりました。

2020年もまた、日本人共通の大きな目標となっています。新しく生まれ変 わった日本が、しっかりと動き出す年、2020年を新しい憲法が施行される 年にしたいと強く願っています。私は、こうした形で国の未来を切り拓い ていきたいと考えています。

本日は、自由民主党総裁として、憲法改正に向けた基本的な考え方を述べ ました。これを契機に、国民的な議論が深まっていくことを切に願いま す。自由民主党としても、その歴史的使命を、しっかりと果たしていく決 意であることを改めて申し上げます。

最後になりましたが、国民的な議論と理解を深めていくためには、皆さま 方、「民間憲法臨調」「美しい日本の憲法をつくる国民の会」のこうした 取り組みが不可欠であり、大変心強く感じております。
憲法改正に向けて、ともに頑張りましょう。
【産經ニュース】 2017.5.3 15:10  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【石原慎太郎 日本よ】 特別版 憲法に問われる国家の主体性

今ようやくその改正を問われている日本国憲法の生い立ちについて、大方 の国民が忘れていると言うより迂闊に知らずにいる歴史的事実があること をこの今こそ思い起こすべきと思われる。それは共に同盟国として敗戦し 連合国に降伏したドイツと日本の敗戦に際しての姿勢の決定的な違いにつ いてだ。未曽有の新兵器原爆によって瞬時に二度も数十万の市民を殺戮さ れて腰を抜かした日本が無条件降伏をしたのに比べて、ドイツは降伏に際 してあくまでも3つの条件をつけ、それが受け入れられぬ限り徹底して戦 うと主張した。

その三つの条件とは第一に、敗戦の後の国家の基本法の憲法はあくまでド イツ人自身の手によって作る。第二は戦後の子弟の教育指針はドイツ人自 身が決める。第三はたとえ数はごく少なくとも国軍は残すというものだった。

この国家民族の主体性を踏まえた主張は勝者の連合国側にも受け入れら れ、ドイツは他国による完全支配を免れた。それに比べ日本は他国による 奴隷的な支配の甘受を許容することになった。その国家民族の没個性的な 状況を象徴するのが現憲法に他ならない。

混迷し、暗黒だった中世が終わった後の世界の歴史は白人による有色人種 への一方的支配だったが、唯一の歴史的例外は日本という国家の存在だっ た。白人による他地域への支配を象徴する強大な帝国海軍を保有した有色 人種の国家は唯一日本であり、世界一巨大で強力な戦艦『大和』や『武 蔵』を保有するに至った日本は白人支配に対する歴史的『NO』を示す目 障りな存在だった。アメリカによる戦後の日本支配はその復活を半永久的 に封じるためのものに他ならなかった。それを象徴するものが彼等が即製 し強引にあてがった現憲法に他ならない。

白洲氏「吉田茂の最大の間違い」

今は亡き江藤淳がアメリカの戦後日本における言論統制を痛烈に批判した 論文『閉ざされた言語空間』にあったように日本人の正統な日本語による 為政者への統制批判を封じるものの象徴的存在は、間違った日本語で綴ら れた前文に始まる憲法に他ならない。かつてシェイクスピアを全訳もした 優れた英文学者でもあった福田恆存が指摘していたように憲法の前文には 明らかに慣用の日本語としては間違いの助詞が数多くある。たかが助詞と 言うなかれ、一つの助詞は言語の本質からしてそれ一字だけで文章全体の 品格を左右しかねないものなのだ。

 文章の芯たる助詞の誤訳

かつてドナルド・キーン氏であったろうか、昔の優れた叙景歌人だった永 福門院の名歌『真萩散る庭の秋風身にしみて夕日の影ぞ壁に消え行く』を 翻訳して見せられた時、なるほどと感心して読みなおした私に、「でもあ そこの一字だけはとても難しくて、英語に訳すのはまず無理ですねえ」と 慨嘆してみせ、私も「あれは難しいでしょうな」と相槌を打ったものだ が、ここの禅問答みたいな会話の芯は夕日の影ぞの、「ぞ」という間投詞 の味わいなのだ。

この歌は夕日の影「も」でも成り立つが「ぞ」という助詞一字の味わいが なくしては帝の寵を失った女の悲しみは伝わってこない。それほど助詞と いうものは文章を支える芯の芯にも値するものなのだ。しかしアメリカ人 が英語で即製して日本語に翻訳した憲法にはわれわれが日常使う日本語と してはなりたたないような助詞の誤訳が随所にある。

例えば多くの問題を含む九条を導き出すための前文『平和を愛する諸国民 の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した』と いう文言の「公正と信義に信頼して」の一行の助詞の『に』だがこれは日 本語としての慣用からすればあくまで『を』でなくてはならず誰かに高額 の金を貸す時に君に信頼して貸そうとは言わず君を信頼してのはずだろ う。さらに後段の『全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ』 云々の『から』なる助詞は『から』ではなしに慣用としては恐怖『を』免 れのはずだが英語の原文の前置詞がFROMとなっているために『から』 とされたに違いない。

たかだか僅かな助詞の話ではないかと言う筋も多かろうが正統な国家の正 統な基本法はあくまで正統な国語で綴られるべきであって、この日本語の 体をなしていない前文なる文章は、悪さをなして先生にひどく叱られ恐縮 してひたすらにお詫びする生徒の卑屈な姿勢を象徴しているといわざるを 得ない。

日本がひきおこした太平洋戦争についてナセルとスカルノは期せずして同 じことを述懐していたものだった。曰くに『われわれが独立を果たすこと ができたのは、敗れはしたが日本が白人とあれだけ戦ったという事実のお かげだ』と。日本という有色人種による軍事国家の誕生が中世以来の白人 支配という歴史の原理を変えたことは間違いない。それは歴史の本流を歩 んできた白人たちにとって看過できぬことだったに違いない。そうした歴 史観に立ったかつての為政者によって現憲法が一方的に作り与えられたこ とは間違いない。われわれが拝領させられた憲法の歴史的な背景を考えれ ば民族の主体性が及んだ痕跡などどこにもありはしない。

 読み直し考え直す季節だ

私は幸いにしてごく若く世の中に出られたおかげで当時まだ存在していた 文壇なるものにも顔が出せ、さまざまな行事を通じて多くの先人たちとま みえることができたが小林秀雄と親交のあった白洲次郎氏ともゴルフの会 などで親しく話す機会も得た。そんな会話の中で印象的だったのはかつて 吉田茂総理の側近中のだれにもまして側近だった白洲氏が、「吉田茂の犯 した最大の間違いは自分も同行していったサンフランシスコの日本の独立 がみとめられた講和条約の国際会議でアメリカ制の憲法の破棄を宣言しな かったことだ」と言ったのは極めて印象的だった。

この現世紀にいたって日本を囲む諸状況は緊張を増し新しい危機の到来が 予感される今日だが、はたしてわれわれは今の憲法を墨守しそれを与えた かつての支配者にすべてを委ねることで国家民族の主体性を保持できるの だろうか。『天は自ら助くる者をのみ助く』という人の世の原理をわれわ れは今ようやく憲法を見直すことで思い起こすべきではなかろうか。

現憲法にはその成立の過程を含めて日本という国家の主体性を疑われる節 が多々あることは否めない。だけではなしに官僚支配という民主国家とし ての体質を損ないかねぬ条項がいくつかあるのだ。

例えば予算を通じて官僚が国民を欺きかねぬ事態を保証している国の会計 監査に関する第九十条は『国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院 がこれを検査し』とある。役人が役人たちの税金に関する所行を検査して その矛盾を厳しく指摘するなどということは考えられまい。

そのせいで今もってこの日本だけは国家の会計制度は先進国の中でいまだ に非発生主義の単式簿記という体たらくで、特別会計制度なる利権の巣窟 が温存されつづけているし、まさに藪の中の体たらくで役人天国の温存に もなりかねまい。それらこれらも含めてわれわれはようやく本気であてが いぶちでしかなかった憲法を、われわれの子孫の繁栄のためにも、自分の 目で読み直し考え直す季節が到来しているにちがいない。
【産經ニュース】 2017.5.3 09:00 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【北朝鮮情勢】 日本の打撃力保有に理解 米国防総省高官 小野寺五 典元防衛相が「敵基地攻撃能力保有」を説明

米国訪問中の自民党の小野寺五典元防衛相は2日、北朝鮮の核・ミサイル 開発への対処能力向上のため日本が敵基地攻撃能力を保有すべきだとした 党の提言を米国防総省高官に説明した。

小野寺氏によると、高官は理解を示した。安倍政権内の議論を後押しする 可能性がある。

現行の日米同盟の枠組みでは米軍が敵基地攻撃の役割を担う。

オバマ前政権は中国や韓国を刺激しかねないとして日本の打撃力保有に否 定的だったが、トランプ政権は自衛隊の役割拡大を歓迎している。

米国務省は取材に「米国は日本防衛義務をいつでも果たせるように軍事力 の役割などについて日頃から日本と協議している」とだけ回答した。

小野寺氏は2日、ワシントンのシンポジウムで、日本の打撃力保有は同盟 国の理解が大前提になるとの認識を示した。

日本政府としては、優先事項はミサイル防衛態勢の拡充で、打撃力保有に ついては「米国の補完的な役割」だとして慎重に検討することになるとの 見通しを語った。(共同)
【産經ニュース】  2017.5.3 09:05 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎【憲法施行70年】 日本のこころ・中山恭子代表談話「現行憲法は独立 国家の憲法ではない」

4月27日、「日本のこころ」は、「日本国憲法」草案を発表しました。

多くの有識者の方々のご指導を頂きながら、日本国憲法のあるべき姿とは どのようなものか、独立国家としての憲法とはどうあるべきかなど、長時 間議論を重ね、完成したものです。

「日本のこころ」は結党以来、自主憲法の制定を党是としてきました。私 自身は、政治の世界に入りました時から、当時は自民党でしたが、自主憲 法制定のための活動を続けて参りました。

それは、中央アジアの国の特命全権大使を務めていた1999年夏に発生し た、日本人鉱山技師4人がイスラム原理主義グループに拉致された事件に 際し、幸いにもこの事件では、中央アジアの人々の協力があって、無事4 人は救出出来ましたが、この救出に当たって、現行憲法では、海外で被害 にあった日本国民を日本国が救出することになっていないこと、現行憲法 が独立国家としての憲法ではないことを痛切に思い知らされた経験に基づ いています。

更に、その後北朝鮮による拉致問題に関わる中で、何故政府が一体となっ て救出することが出来ないのか、これも現行憲法が独立国家の憲法ではな いことに行き着きます。

今回の草案では、序章を設け、立憲君主国家であること、主権は国民にあ ること、人間の尊厳は保障されること、世界平和の実現を国是とするこ と、そして、国は、主権と独立を守り、国民の生命及び財産を守らなけれ ばいけないこと、更に文化を尊重し、国際交流に努めることを明記しました。

今回の「日本国憲法」草案は、現行憲法の良い面は全て採用しつつ、憲法 とは、国民自身がどのような国を創るのか、その「国のかたち」の基本と なる法体系であるとの考えに立ち、日本の歴史や伝統、文化を基礎に置き つつ、現在の日本を巡る新たな情勢に対応できることを目指すものとなっ ています。

私どもは、現行憲法の部分改正ではなく、日本国が本来持つべき憲法につ いての議論が深まることを願っています。そして、この「日本国憲法」草 案が自主憲法制定に向けて一助とならんことを祈っています。
【産經ニュース】 2017.5.3 05:01 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎北との大規模紛争、「空母増派」がサイン 限定攻撃の中心は在日米 軍や米本土から投入か

 ■北核施設など限定攻撃 地下貫通弾も

緊迫化する北朝鮮情勢をめぐり、トランプ米政権は軍事力行使を選択肢に 含む牽制(けんせい)の動きを続けている。現在でこそ米海軍の原子力空 母カール・ビンソンが日本海に展開するなど米軍の威力を誇示する段階に とどまっているが、4月27日にはトランプ大統領が「北朝鮮との非常に大 規模な紛争に行き着く可能性は当然ある」と発言した。トランプ政権の軍 事オプションを実行する米軍はいかなる態勢で北朝鮮と向き合っているの か。そして自衛隊はどのような役割を果たすのか。 (千葉倫之、杉本康士)

カール・ビンソンは米軍が10隻保有する原子力空母の1つ。同艦を中核と する第1空母打撃群は駆逐艦2隻、巡洋艦1隻などで構成される。

FA18戦闘攻撃機約50機のほか、早期警戒機や電子戦機など約70機の艦載 機を搭載している。

ただ、カール・ビンソンが展開しただけで対北朝鮮攻撃を実行する態勢が 整ったとは言い難い。湾岸戦争やイラク戦争など米国が過去に遂行した戦 争では、いずれも複数の空母が同時展開して作戦に従事した。航空自衛隊 関係者は「現段階では北朝鮮を威圧する政治的な行動にとどまっている」 と語る。

5月上旬に定期整備を終える米海軍第7艦隊の空母ロナルド・レーガンに 加え、米本土から空母が周辺海域に展開すれば、米国が本気で準備に入っ たサインだと捉えることができる。

トランプ氏が軍事行動に踏み切った場合、日米防衛関係筋が可能性が高い とみるのが、北朝鮮の核施設や大陸間弾道ミサイル(ICBM)関連施設 に対する限定攻撃だ。韓国に駐留する米軍約2万8000人は陸軍が主体で、 限定攻撃の中心は在日米軍や米本土から投入する戦力が想定される。

その主軸となるのがトマホーク巡航ミサイルだ。ピンポイントで爆撃でき るのが特徴で、米軍が4月6日にシリアのアサド政権の空軍基地を攻撃し た際も地中海東部に展開した駆逐艦が59発のトマホークを発射した。25 日に韓国・釜山(プサン)に入港した原子力潜水艦ミシガンはトマホーク 154発を装備する。

ただ、北朝鮮の軍事施設は多くが地下で防護されており、1994年の北朝鮮 核危機でクリントン米政権が攻撃を思いとどまった一因とされる。南北軍 事境界線付近に展開された北朝鮮軍の長距離砲など300門以上がソウルを 標的にしており、本格戦闘になれば100万人規模の死傷者が想定される。

米領グアムや米本土から展開されるB2ステルス爆撃機は地中深くの施設 を打撃する特殊貫通弾「バンカーバスター」を搭載可能。米戦略爆撃機が 北朝鮮周辺空域で、自衛隊機や韓国軍機と訓練を繰り返しているのは、北 朝鮮に見せつける目的がある。アフガニスタン駐留米軍が4月13日に同 国東部で投下した大規模爆風爆弾(MOAB)の使用も有力な選択肢となる。

航空戦力ではこのほか、周辺の米軍基地からF16戦闘機も爆撃に参加する 可能性が高い。在日米軍では三沢飛行場(青森県)に約50機を配備。これ に韓国の烏山(オサン)米空軍基地配備のF16など約100機が加わる。今 年1月から岩国基地(山口県)への配備が始まった最新鋭のF35ステル ス戦闘機の投入も考えられる。

 ■自衛隊は対潜水艦、燃料補給支援…

朝鮮半島有事となれば、自衛隊は米軍と行動を共にすることが想定され る。平時は情報共有や米艦防護で連携、事態の進展に伴い米軍に対する燃 料補給などの後方支援や、潜水艦の警戒・監視を行うほか、場合によって は機雷除去を担う可能性も出てくる。

 自衛隊は対潜水艦戦や機雷除去に関し装備や練度で有数の実力を持つと 自負する。これを担うのが「いずも」などヘリコプター搭載型護衛艦や哨 戒機。朝鮮戦争時に機雷除去に当たった海上保安庁の部隊の流れをくむ掃 海隊は、母艦を含む27隻を擁する。非戦闘員退避活動(NEO)では、 おおすみ型輸送艦の出番も考えられる。ただ、対米軍後方支援は、集団的 自衛権が行使できる「存立危機事態」でなければ数々の制約が伴う。給油 や弾薬補給は戦闘地域で行えず、武器使用も相手の出方に応じたものでな ければならない。米軍や韓国軍を狙った機雷の除去もできない。

 国土防衛では、弾道ミサイル対応が重要になる。自衛隊は平時から海上 配備型迎撃ミサイル(SM3)と地対空誘導弾パトリオット(PAC3) の二段構えの防衛態勢を敷いている。

 ミサイルと並び、工作員によるテロも脅威となる。潜水艇で上陸してく る可能性があるため、自衛隊や海上保安庁が中心となり、沿岸部の監視を 強化する。潜入済み工作員によるテロを防ぐため、原発をはじめとする重 要施設の警備強化も必要となる。
【ZakZak】2017.05.02 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【憲法施行70年】いち早く改憲案を示した「日本会議」 日本青年会 議所や日本商工会議所、経団連は集団的自衛権行使の明記を提言

3日で施行から70年を迎えた日本国憲法は、改正されていない成文憲法の 中では世界最古の憲法となっている。国会での改憲議論は停滞している が、過去には政党や政治家、民間団体、メディアがさまざまな改憲案を提 起し、機運が盛り上がったこともあった。自衛隊を「軍隊」と明確に位置 づけることや、緊急事態条項が必要との見解が目立ち、現行憲法の問題点 を多くの政党、政治家らが認識していたことがうかがえる。

保守系の民間団体「日本会議」は、前身の「日本を守る国民会議」時代の 平成5年、いち早く改憲案を提示した。天皇を元首とし、国軍の保持を提 唱。緊急事態条項もこのときに提起した。有識者らでつくる「民間憲法臨 調」は19年、憲法9条2項を削除して軍隊設置を明記し、歴史や文化を 踏まえた緩やかな政教分離規定を置くなどの改憲案を示した。

日本青年会議所は24年に条文型の草案を発表した。天皇を元首とし、「個 別的および集団的な自衛権を行使することができる」「軍隊を保持する」 とした。国民の領土・領海・領空の保全責務なども盛り込んだ。

日本商工会議所(16年)、経団連(17年)も集団的自衛権行使の明記や憲 法改正手続き緩和などを求める提言を示した。経済同友会は15年の意見 書で集団的自衛権の行使を認めるよう提言。小林喜光代表幹事は今年4 月、北朝鮮情勢の緊迫化などを踏まえ「経営者が憲法や安全保障について 認識を深める必要がある」とし、8年ぶりに「憲法問題委員会」を設置、 議論する意向を示した。
【産經ニュース】 2017.5.3 05:30 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎北との大規模紛争、「空母増派」がサイン 限定攻撃の中心は在日米 軍や米本土から投入か

 ■北核施設など限定攻撃 地下貫通弾も

緊迫化する北朝鮮情勢をめぐり、トランプ米政権は軍事力行使を選択肢に 含む牽制(けんせい)の動きを続けている。現在でこそ米海軍の原子力空 母カール・ビンソンが日本海に展開するなど米軍の威力を誇示する段階に とどまっているが、4月27日にはトランプ大統領が「北朝鮮との非常に大 規模な紛争に行き着く可能性は当然ある」と発言した。トランプ政権の軍 事オプションを実行する米軍はいかなる態勢で北朝鮮と向き合っているの か。そして自衛隊はどのような役割を果たすのか。 (千葉倫之、杉本康士)

カール・ビンソンは米軍が10隻保有する原子力空母の1つ。同艦を中核と する第1空母打撃群は駆逐艦2隻、巡洋艦1隻などで構成される。FA18 戦闘攻撃機約50機のほか、早期警戒機や電子戦機など約70機の艦載機を搭 載している。

ただ、カール・ビンソンが展開しただけで対北朝鮮攻撃を実行する態勢が 整ったとは言い難い。湾岸戦争やイラク戦争など米国が過去に遂行した戦 争では、いずれも複数の空母が同時展開して作戦に従事した。航空自衛隊 関係者は「現段階では北朝鮮を威圧する政治的な行動にとどまっている」 と語る。

5月上旬に定期整備を終える米海軍第7艦隊の空母ロナルド・レーガンに 加え、米本土から空母が周辺海域に展開すれば、米国が本気で準備に入っ たサインだと捉えることができる。

トランプ氏が軍事行動に踏み切った場合、日米防衛関係筋が可能性が高い とみるのが、北朝鮮の核施設や大陸間弾道ミサイル(ICBM)関連施設 に対する限定攻撃だ。韓国に駐留する米軍約2万8千人は陸軍が主体で、 限定攻撃の中心は在日米軍や米本土から投入する戦力が想定される。

その主軸となるのがトマホーク巡航ミサイルだ。ピンポイントで爆撃でき るのが特徴で、米軍が4月6日にシリアのアサド政権の空軍基地を攻撃し た際も地中海東部に展開した駆逐艦が59発のトマホークを発射した。25日 に韓国・釜山(プサン)に入港した原子力潜水艦ミシガンはトマホーク 154発を装備する。

ただ、北朝鮮の軍事施設は多くが地下で防護されており、1994年の北朝鮮 核危機でクリントン米政権が攻撃を思いとどまった一因とされる。南北軍 事境界線付近に展開された北朝鮮軍の長距離砲など300門以上がソウルを 標的にしており、本格戦闘になれば100万人規模の死傷者が想定される。

米領グアムや米本土から展開されるB2ステルス爆撃機は地中深くの施設 を打撃する特殊貫通弾「バンカーバスター」を搭載可能。米戦略爆撃機が 北朝鮮周辺空域で、自衛隊機や韓国軍機と訓練を繰り返しているのは、北 朝鮮に見せつける目的がある。アフガニスタン駐留米軍が4月13日に同国 東部で投下した大規模爆風爆弾(MOAB)の使用も有力な選択肢となる。

 航空戦力ではこのほか、周辺の米軍基地からF16戦闘機も爆撃に参加す る可能性が高い。在日米軍では三沢飛行場(青森県)に約50機を配備。こ れに韓国の烏山(オサン)米空軍基地配備のF16など約100機が加わる。 今年1月から岩国基地(山口県)への配備が始まった最新鋭のF35ステル ス戦闘機の投入も考えられる。

 ■自衛隊は対潜水艦、燃料補給支援…

朝鮮半島有事となれば、自衛隊は米軍と行動を共にすることが想定され る。平時は情報共有や米艦防護で連携、事態の進展に伴い米軍に対する燃 料補給などの後方支援や、潜水艦の警戒・監視を行うほか、場合によって は機雷除去を担う可能性も出てくる。

自衛隊は対潜水艦戦や機雷除去に関し装備や練度で有数の実力を持つと自 負する。これを担うのが「いずも」などヘリコプター搭載型護衛艦や哨戒 機。朝鮮戦争時に機雷除去に当たった海上保安庁の部隊の流れをくむ掃海 隊は、母艦を含む27隻を擁する。非戦闘員退避活動(NEO)では、お おすみ型輸送艦の出番も考えられる。

ただ、対米軍後方支援は、集団的自衛権が行使できる「存立危機事態」で なければ数々の制約が伴う。給油や弾薬補給は戦闘地域で行えず、武器使 用も相手の出方に応じたものでなければならない。米軍や韓国軍を狙った 機雷の除去もできない。

国土防衛では、弾道ミサイル対応が重要になる。自衛隊は平時から海上配 備型迎撃ミサイル(SM3)と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の 二段構えの防衛態勢を敷いている。

ミサイルと並び、工作員によるテロも脅威となる。潜水艇で上陸してくる 可能性があるため、自衛隊や海上保安庁が中心となり、沿岸部の監視を強 化する。潜入済み工作員によるテロを防ぐため、原発をはじめとする重要 施設の警備強化も必要となる。
【ZakZak】2017.05.02 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎北朝鮮問題の外交解決へ協力=米ロ首脳、シリア攻撃後初協議

【ワシントン、モスクワ時事】トランプ米大統領とプーチン・ロシア大統 領は2日、電話会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題の外交解決に向けて協 力することで一致した。ロシア大統領府の発表によると、プーチン氏はこ の中で、朝鮮半島情勢をめぐる緊張の緩和と自制を呼び掛けた。

ホワイトハウスは、トランプ、プーチン両氏が「北朝鮮の非常に危険な情 勢を解決する最適な方法について話し合った」と発表した。北朝鮮への対 応をめぐっては、米国が国際的な包囲網の構築に取り組んでいるのに対 し、ロシアは一方的な独自制裁に反対している。

両首脳が電話で直接協議するのは、ロシアが後ろ盾になっているシリア・ アサド政権を米軍が4月6日に攻撃して以来初めて。トランプ氏はロシア によるシリア攻撃への反発を受けて、米ロ関係は「史上最低」の水準まで 落ち込んだと述べていた。

米ロ首脳は電話会談で、長期にわたるシリア内戦の終結を目指して全ての 関係当事者が尽力しなければならないと確認。シリア国内に「安全地帯」 を設ける構想などについても意見交換した。

両首脳はまた、国際テロとの戦いで協力することを強調。7月7、8両日 に独ハンブルクで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の際に初めて直 接会談を行うことも確認した。
 
ロシア大統領府によると、ラブロフ外相とティラーソン米国務長官が今 後、シリア情勢をめぐって協議を重ねる。米ロ外相は来週、米アラスカ州 で会談する予定。
【時事通信】 2017/05/03-07:42
----------------------------------
【速報】  トランプ − プーチン電話會談  『シリア+北朝鮮問題』
WORLD NEWS | Tue May 2, 2017 | 6:13pm EDT (May 2, 07:13 JST)
Trump, Putin discuss Syria ceasefire in first talks since U.S. air strikes

【抜粹】
  The White House statement said Trump and Putin also "spoke about how best to resolve the very dangerous situation in North Korea."
  With North Korea's nuclear and ballistic missile programs posing a major global challenge, the two leaders also discussed how to go about resolving a crisis that has raised tensions throughout the Asia-Pacific.
  Trump told Reuters in an interview last week that a "major, major conflict" was possible with North Korea, amping up pressure on Pyongyang to stand down and for China to rein in the north.
  "The dangerous situation on the Korean peninsula was discussed in detail. Vladimir Putin called for restraint and for the level of tension to be reduced," the Kremlin said.
  The two leaders also discussed having a their first face-to-face meeting on the sidelines of the G20 summit in Hamburg July 7-8, the Kremlin said.
17-05-03 11:10〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎北朝鮮問題の外交解決へ協力=米ロ首脳、シリア攻撃後初協議

 【ワシントン、モスクワ時事】トランプ米大統領とプーチン・ロシア大 統領は2日、電話会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題の外交解決に向けて 協力することで一致した。ロシア大統領府の発表によると、プーチン氏は この中で、朝鮮半島情勢をめぐる緊張の緩和と自制を呼び掛けた。

ホワイトハウスは、トランプ、プーチン両氏が「北朝鮮の非常に危険な情 勢を解決する最適な方法について話し合った」と発表した。北朝鮮への対 応をめぐっては、米国が国際的な包囲網の構築に取り組んでいるのに対 し、ロシアは一方的な独自制裁に反対している。

両首脳が電話で直接協議するのは、ロシアが後ろ盾になっているシリア・ アサド政権を米軍が4月6日に攻撃して以来初めて。トランプ氏はロシア によるシリア攻撃への反発を受けて、米ロ関係は「史上最低」の水準まで 落ち込んだと述べていた。

米ロ首脳は電話会談で、長期にわたるシリア内戦の終結を目指して全ての 関係当事者が尽力しなければならないと確認。シリア国内に「安全地帯」 を設ける構想などについても意見交換した。

両首脳はまた、国際テロとの戦いで協力することを強調。7月7、8両日 に独ハンブルクで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の際に初めて 直接会談を行うことも確認した。
 
ロシア大統領府によると、ラブロフ外相とティラーソン米国務長官が今 後、シリア情勢をめぐって協議を重ねる。米ロ外相は来週、米アラスカ州 で会談する予定。
【時事通信】 2017/05/03-07:42
----------------------------------
【速報】  トランプ − プーチン電話會談  『シリア+北朝鮮問題』
WORLD NEWS | Tue May 2, 2017 | 6:13pm EDT (May 2, 07:13 JST)
Trump, Putin discuss Syria ceasefire in first talks since U.S. air strikes

【抜粹】
  The White House statement said Trump and Putin also "spoke about how best to resolve the very dangerous situation in North Korea."
  With North Korea's nuclear and ballistic missile programs posing a major global challenge, the two leaders also discussed how to go about resolving a crisis that has raised tensions throughout the Asia-Pacific.
  Trump told Reuters in an interview last week that a "major, major conflict" was possible with North Korea, amping up pressure on Pyongyang to stand down and for China to rein in the north.
  "The dangerous situation on the Korean peninsula was discussed in detail. Vladimir Putin called for restraint and for the level of tension to be reduced," the Kremlin said.
  The two leaders also discussed having a their first face-to-face meeting on the sidelines of the G20 summit in Hamburg July 7-8, the Kremlin said.
17-05-03 11:10〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【北朝鮮情勢】海自初の「米艦防護」 連携強化、中国促す政治的 メッセージ

 海上自衛隊が安全保障関連法に基づく活動として行う初の米艦防護は、 北朝鮮への警戒を強める米軍の活動を側面支援することが目的だ。同時 に、日米両国の連携を見せつけることは政治的メッセージともなり、その 矛先は北朝鮮だけでなく中国にも向かう。トランプ米政権は、北朝鮮に影 響力を持つ中国が圧力を強化しなければ軍事的行動も排除しない姿勢を維 持している。その際は、中国にとって望ましくない「自衛隊の役割拡大」 を伴うこともちらつかせる意味を持つ。

 自衛隊による米軍の「武器等防護」は平時の任務で、武器使用基準も大 きく制限されている。だが、海上自衛隊関係者は、1日に海自横須賀基地 (神奈川県)を出港するヘリコプター護衛艦「いずも」による米補給艦の 防護について、こう説明する。

 「いずもは空母ではないが、空母のような役割を果たす。今回の行動は 政治的な意味合いが大きい」

 日米韓3カ国は現状を「圧力キャンペーンの段階」(外務省幹部)と位 置づけており、米艦防護もその一環というわけだ。

 北朝鮮をめぐっては、ロシアのプーチン大統領が4月27日の安倍晋三 首相との会談で、核問題に関する6カ国協議の再開を提起。中国の王毅外 相も翌28日の国連安全保障理事会の閣僚級会合で「対話再開を真剣に考 えるときだ」と訴えた。

 これに対し、日米韓3カ国は、北朝鮮が挑発行動を続ける現段階で対話 は時期尚早との立場だ。安倍首相は「対話のための対話は何の解決にもつ ながらない」と強調。政府高官は「北朝鮮が『朝鮮半島の非核化に向けた 協議をする用意がある』と言うまで圧力をかけ続ける」と話す。

 北朝鮮を意味ある対話の場に引きずり出すために日米韓3カ国が重視し ているのが、北朝鮮が貿易額の9割を依存する中国の影響力だ。その中国 を動かす上でも、日本の役割拡大の可能性をちらつかせることが効果を持 ちうる。

 「安全保障関連法が成立して以降、中国軍関係者から意見交換の申し出 が急速に増えた」

 日中防衛関係筋はこう明かす。昨年3月に施行された安保関連法は、朝 鮮半島有事での米軍に対する後方支援や、集団的自衛権行使など幅広い対 米協力を認めている。そのほとんどは現実に実施されておらず、自衛隊の 行動は従来の枠を出ていないが、中国はその動向に神経をとがらせる。

 中国が原油輸出の停止など圧力強化に踏み出せば米国の軍事行動の可能 性は小さくなるが、圧力が不十分であれば米軍とともに自衛隊も新たな領 域に踏み出す−。自衛艦による米艦防護は、中国にさらなる対応を迫る手 段ともいえる。(杉本康士、小野晋史)
【産經ニュース】 2017.4.30 22:12  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎憲法草案に「いいじゃないか」 昭和天皇の発言、メモに

「これでいいじゃないか」――。日本国憲法起草のもとになった連合国軍総 司令部(GHQ)草案の受け入れをめぐり、1946年2月22日に昭和天皇が 幣原(しではら)喜重郎首相(当時)と面談した際の天皇の発言を示すメ モが、憲法学者の故宮沢俊義・東大教授のノートに記されていたことがわ かった。「安心して、これで行くことに腹をきめた」という幣原氏の心情 も記載されている。

ノートには、46年9月ごろ、宮沢氏ら貴族院特別委員会のメンバーが幣原 氏から首相官邸に呼ばれ、「内話を聞かされた」なかでの、幣原氏と昭和 天皇のやりとりが備忘録的に記されていた。高見勝利・上智大名誉教授 (憲法)がメモの記述を見つけた。ノートの原本は立教大学図書館に所蔵 されている。

 幣原氏と面談した際の昭和天皇の発言に関しては、GHQ作成の資料 に、天皇自身が徹底的な改革を望み、草案を「全面的に支持する」と述べ たとの記載があり、様々な文献にも引用されているが、「発言が積極的過 ぎる」などと疑問視する声もあった。高見氏は、「メモからは、日本や天 皇制を取り巻く厳しい国際情勢を考え、草案の受け入れしかないという現 実的判断をしたことがうかがえる。GHQの資料よりもメモの方が実態に 近いのではないか」と話す。

 調査委員会でまとめた憲法改正案が明治憲法の微修正にとどまったた め、GHQの同意を得られなかった。46年2月13日、GHQ側から渡され た草案では天皇の地位が「象徴」となるなど、政府内では受け入れをめぐ り賛否が割れたが、22日午前の閣議で事実上の受け入れを決定。同日午 後、首相だった幣原氏が天皇を訪ね、経緯を報告した――ここまではすでに 明らかになっている。

 宮沢ノートのメモは、この時の様子をこう記す。

「陛下に拝謁(はいえつ)して、憲法草案(先方から示されたもの)を御 目(おめ)にかけた。すると陛下は『これでいいじゃないか』と仰せられ た。自分はこの御一言で、安心して、これで行くことに腹をきめた」

また、幣原氏は2月21日、マッカーサー司令官と面会。そこでのマッカー サー氏の発言について「元帥曰(いわ)く。『天皇の問題については、自 分は諒承(りょうしょう)しているが、南と北とから、反対がある。天皇 を象徴とする憲法を承認するということは、日本の為にのぞましいと思 う』。〔南とは濠州、ニュージイランド、北とはソ聯(れん)だろう〕」。

 草案に沿って憲法改正案作りをすることを決定した日本政府は、3月4 日から5日にかけてGHQ側との徹夜の協議で案を確定。6日、「憲法改 正草案要綱」として発表した。帝国議会の審議を経て、46年11月3日 に日本国憲法を公布。47年5月3日に施行した。
朝日新聞デジタル 5/3(水) 3:01配信



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)こういう表現の仕方があった:前田正晶

“Are you going to take any counter measures against it?”

解説)”measure”(=メジャー)が出てきたが、カタカナ語のメジャーと は違う。

「・・・に対する「公的な」対策、手段、処置」とジーニアス英和に出て くるそれである。ここまで言えば、あのカタカナ語が如何におかしいかが 解るだろう。勿論、動詞では「測る」という意味がある。遠回りしたが 「君は何か対策を採るのか」という意味で、”counter”には名詞で 「・・・に対して逆、反対のもの、反撃、反論」等の意味がある。

“He took corrective actions on a timely basis.”

解説)「彼は適切な時に改善策を講じた」という意味。上に”counter measure”を出したので、ここには「改善策」を取り上げた次第だ。改善と 言うよりも「誤りを正した」という意味に取る方が正確かも知れな い。”correct”の語尾に”ive”が付くと「誤りなどを正す」となる。トラン プ大統領は現在の対DPRK情勢に対して如何なる”measure”を講じられるの だろうか。

“What is your remedy for stiff shoulder?”

解説)「君の肩こりの治療法はどんなもの」なのだが、ここでは「治療 法」を意味する”remedy”を採り上げた。ジーニアス英和には”What is your favorite remedyfor headache?”というのがあった。上手いものだと 感心した。Remedyは一般的な「改善法」や「救済策」の意味で使えると思う。

“I’m afraid not.”

解説)「(残念ながら)そうではないようです」のような意味。頭から断 定していない言い方で、英語のように白か黒か、イェスかノーかをハッキ リ言う言語でも、こういう表現でぼかすことが出来るかと思って使ってい た経験がある。

真っ向から否定しない時に使った表現には”I don’t think so.”と言った りしたが、よく考えれば否定したことには変わりはないのだった。

“Does it fall into the category of science?”

解説)「それは科学の範疇に入るのか」である。一寸気取った言い方だ が、「範疇に落ちる」という表現が面白いと思って真似をして使っていた ものだった。では他にどういう言葉で表現すれば良いかと考えると、妙案 が直ぐには浮かんでこない。

”Doesit belong to the science’s category?”かなとは思ったが、ギク シャクしている。

“I could not understand why he is so particular about the brand of histie.”

解説)「私には彼が何故あれほどネクタイのブランドに凝っているのかが 解らない」なのだが、particularは「〜についての好みがうるさい、凝っ ている」という意味で使われる。

普通には「特定の」という意味だが、こういう使われ方がある。「日本の
需要家はある特定の品質にうるさい」というような時に使ったものだった。

“Don’t point your finger at me.”

解説)「私を名指して非難するな」である。”finger”は案外にこの例文の ように「慣用句」で使われており、他に”keep one’ fingers crossed”な んていうのもある。これなどは初めて聞かされた時にはポカンとしていた。

実は「祈る」という意味だと後になって解った。この例などはそれぞれの 単語を知っていても全体の意味が分からないのが慣用句(idiomatic expressions)の特徴だろう。だから、「単語だけを覚えるのは止めて、 流れの中で覚えろ」と繰り返し言うのだ。


 2)「日本国憲法、今日施行70年」に思うこと、あれこれ

今日の産経新聞を読んでハッと思ったことであるが、
1.「憲法70歳。何がめでたい」(阿比留瑠比氏)
  憲法9条の前文の何ともみっともないことか・・
  ⇒厳しく叱られた子供が、卑屈に大人を見上げて

「もう悪いことはしません。言うことを聞くいい子になります」と許しを 請うているようなみっともない文章である。敗戦国の悲哀をまぶしたよう な前文は一刻も早く改めたい・・・とある。
 
もうひとつは、

2.「憲法に問われる国家の主体性」(石原慎太郎氏、「日本よ」特別版)
・未曾有の新兵器爆弾の威力などで腰を抜かした日本が無条件降伏したの に比べて、
ドイツは降伏に際して連合国に3つの条件をつけた。

第1に、敗戦のあとの国家の基本法の憲法はあくまでドイツ人の手によっ て作る。
 

第2に、戦後の子弟の教育方針は、ドイツ人自身が決める。
 
第3に、たとえ数はごく少なくとも国軍は残す。
 ・・というもの。
結果、ドイツは他国による完全支配を免れ、方や日本は他国による奴隷的 支配の甘受を許容することになった。

このことは何度も聞くことであるが、戦後の出発点における決定的な差で あり、人類の文明史には永久に残る慙愧にたえない根本問題であると思 う。その同じ<文明史に残る所行>として、日本の場合、中世以来、白人 が有色民族に示した一方的支配に歯向かい、敗戦したとはいえ、白人支配 に対して歴史的「NO」を示した。

アメリカはこの目障りな存在だった日本に対する支配を半永久的に行うた め利用したものが、あてがいぶちとして強引に押し付けた現憲法にほかな らない。それはアメリカが占領行政のなかで仕組んできたWGIPによる占領 軍コードなどを知れば否定できないだろう。

・江藤淳も福田恆存も日本国憲法の間違った日本語で綴られた文体そのも のから、「民族の主体性が及んだ痕跡はない」ことを看破された。
・吉田茂の側近だった白洲次郎氏が、私(石原)にこう言ったことが印象 的だった。

「吉田茂の犯した最大の間違いは自分も同行していったサンフランシスコ の日本の独立が認められた講和条約の国際会議でアメリカ制の憲法の破棄 を宣言しなかっことだ」(ドイツ人の持っていた深い歴史的考察と自国へ の矜持が乏しかったということか?)

・現憲法にはその成立の過程を含め、日本という国家の主体性を疑われる 節が多々あることは否めない(ここが当時の、*占領下における圧政的な 政治環境の最たることの反映なのであるが)。

*文章のニュアンスについて、詳しくは原文をお読みください。

3.*まさに仕方なかった環境とはいえ、圧政的な政治環境を抜きにして、 日本国憲法の不当性を議論することはできない。数日前、NHKスペシャル で日本国憲法の成立に関する番組があった。総括として憲法9条の精神 は、日本人自らが昭和天皇の平和愛好の御精神と御意を介して自主的に提 議されたものであるということを強調していたが、番組ではGHQの見えな い圧力(それこそが肝腎要なのだが)については、できるだけ触れまいと いう作為を感じたのは私だけではないと思う(いかがでしょう?)。

この姑息さは、5月2日の朝日新聞朝刊にある改憲記事(朝日による全国的 世論調査/「反対層 平和主義に重き」という見出し)や、皇位継承問題 や天皇の将来像に
関する調査結果(*2/小見出しは「女性・女系天皇 賛成7割」「天皇のあ り方『時代に即し変化を』」「安定的な皇位継承、議論の継続望む声」) の報道で、彼らの世論誘導が明確な意図をもって行われていることが看守 される。

*2の調査では、一例であるが、「将来的に皇室が安定的に維持されること に、どの程度不安を感じますか?」というもの。さらには、「天皇の位に つくのは男性に限られています。天皇は男性に限ったほうが良いと思いま すか?それとも皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方が 良いと思いますか?」というように、愚民読者を煽るような低俗的質問を 投げかけているのである。そこには言うまでもないが我々の先人が血の滲 む思いと努力で考え継承してきたところの「悠遠の伝統に基づく歴史的知 恵と考察」がまるでなおざりにされていて、国体破壊を密かに目論む女 性・女系天皇への道筋を、何とあからさまに示唆しているのである。天皇 譲位問題における議論も、朝日をはじめとする左巻きマスコミの巧みな誘 導が行われていることに警鐘を発しておきたい。

このたびの御言葉を「承詔必謹」と受け取ること御意見自体も含めて、こ れらマスコミに利用されているのではないか?とも思われる。そこには 「天皇陛下も我々と同じく高齢者問題を抱えていらっしゃるのだ」という 平俗な国民目線で考える限り(確かに肉体的には一面の事実ではある が)、国民の同情を買うであろうが、そこには天皇が「聖俗併せ持った尊 い御存在」という宗教的ともいえる我が国独自の視点、とりわけ「聖」 (天津日嗣の御存在としての)なる一面がマスコミの誘導次第で無視され 国民自身が深くそこに想いを深くすることがなおざりにされてしまうとい う陥穽を感じる次第である。日本という国は、そんなにも軽いものであろ うか?

「紀元節」の歌詞「よろずの国にたぐいなき国のみはしら・・♪」の「た ぐいなき」という言葉は、まさにその通りであり、特殊にして普遍価値 (意味)を含むものである。

「時代に即し変化を」というフレーズは、明らかにその含意を相対化、希 薄化させるものであり、三島由紀夫流にいえば「のっぺらぼう社会」にお ける「のっぺらぼうな言葉」であり、この世の過去・現在・未来を通観す るところの生命、歴史的深々微妙の意味を捨象するものであり、ただ生き 物が存在して、いのちさえが保障されればそれでよいとする起伏も何もな い、現象的、空間的、無機的な意味合いを感じる。

それこそが、唯物的な思想、世界観をもった勢力の<退屈で深みも何もな い理想郷>なのかもしれない。

これら勢力は、朝日新聞を例にとれば、朝日の影響を受けた知識人が最近 触れることであるが、安倍内閣を批判するための「立憲主義に戻れ」とい う言葉が、意味合いも含めて実に子供じみていて、加えて文章的にも極め て退屈であることだ。立憲主義の本来性とは、そもそも自主的に作られた 憲法があっての話であり、この前提を無視して立憲主義に戻れはない。

さらに戦後の日本人には新憲法を策定する能力もなかった・・というに 至っては、返す言葉もない。そういう幼児性ともいえる知的空間が日
本社会を覆っているということを明確に認識しなければならないだろう。

                    東京三多摩)浜田 實





━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


4日の東京湾岸は朝から曇天。


                        読者:5541 人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. もっと見たい
    http://blog.livedoor.jp/mayunarakimi/archives/cat_236328.html

     2017/5/4

  2. 朝鮮人学校事案ななこ報告
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/01/1633-%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%ba%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e4%ba%8b%e6%a1%88%e3%81%aa%e3%81%aa%e3%81%93%e5%a0%b1%e5%91%8a/

    中川八洋
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/05/02/073309

    テロ等準備罪」を「共謀罪」と言い換える理由。
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235671

    本当は怖ろしい韓国の歴史
    http://machiiihi.exblog.jp/26719943/

    なまはげ
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%AA%E3%81%BE%E3%81%AF%E3%81%92&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjmo-2ZodPTAhVCabwKHdUxB00Q_AUIBigB&biw=1280&bih=641#spf=1

    素直に原著を読めば邪馬台国の位置は明らかだ
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-ae5c.html

    朝日新聞、イジメで息子を亡くした母親のコメントを、取材せずに捏造。記者名は「石川雅彦」まさにフェイクニュース
    https://samurai20.jp/2017/05/fakenews/

    【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1386.html

    MMRと自閉症の関連を隠し続けた米政府 内部告発者の証言で明らかに 
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11920678258.html

    日本は「正しい教科書」は採択されず、「反日教科書」ばかりが採択される。これでは日本がよくなるわけなないのです。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31904542.html

    医者の健康指導は心臓病を招く
    http://www.long-life.net/newpage971.html

    調理もサービスも経験が重要 食の仕事は職人の世界である
    http://www.hoteresonline.com/articles/3656?p=2

    錦華公園(東京都千代田区) 
    https://nippon1000parks.blogspot.jp/2013/03/2901000.html

    プチ断食で脂肪燃焼!便秘解消にもなる8時間ダイエット
    http://rakuyase-diet.jp/archives/2968

    田沼意次の「腐敗の時代」十五年間に最も江戸らしい文化が起こった――渡部昇一
    http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/8bde61ac3dbbc7605cdac9eb3b3668fe

    臼杵の町並み/二王座あたり − 大分県臼杵市
    http://washimo-web.jp/Trip/Nioza/nioza.htm

     2017/5/4

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事