政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4339号  2017・4・29(土)

2017/04/29

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4339号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年4月29日(土)



         800年前のカボチャ:永冶ベックマン啓子

  「テロ等準備罪」は国際常識、成立を急げ:櫻井よしこ

    カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?:宮崎正弘          
             
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4339号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
800年前のカボチャ
━━━━━━━━━
          
                 永冶ベックマン啓子

アメリカの考古学の学生達が、ビスコンシンの昔のインデアン集落地域で 土壌発掘調査をしている時、素焼きのような器を見つけ丁寧に堀り出し た。ワクワクしながらその蓋をソッとあけてみると、その中には多くの明 らかにカボチャの種が保存されていた。

調査によるとそれは800年前に当時のアメリカ原住民が保存したものであ る事が判明した。学生達は、試しにその種を植えて見ると、なんと嬉しい 事に発芽しドンドン成長して細長くて随分大きな今まで見た事も無いオレ ンジ色や薄い緑色、表面が滑らかなカボチャが沢山穫れた。

食べてみると糖分が多くてパサパサしなく、実に美味しいカボチャで種も 沢山取れ、昔原住民はこんなに美味しいものを食べていたのか、と皆感心 した。アメリカではこの種は存在しなくゲテ・オコソミンと命名された。

 その写真から、日本では岐阜県高山市丹生町で自家用野菜として栽培さ れていたものが特産品となりで、野口種苗飛騨高山に来歴不詳で伝わる伝 説上の(両面宿儺)スグナカボチャと同じと分った。

果肉は黄色、へちまの如く50〜80cmと長く、重さも2,5kg前後、中に は5kgと大きく育つものがあるそうだ。収穫期は8〜10月で2001年淡い 緑色に濃い緑色のまだら模様が入り表面は滑らかなカボチャをスグナカボ チャと命名された。

最近になって南米のメキシコの洞窟遺跡で紀元前5500〜7000年の地層から カボチャの種が発見されて、中南米原産説が定説になっている。

日本には1541年に大分に漂着したポルトガル船が、大名の大友宗麟にカン ボジア産のカボチャ (現在の日本カボチャ)を贈ったのが最初と言われ ている。

ヨーロッパへは、スペイン人が16世紀ナスやトマト、ジャガイモと共にカ ボチャも南米から持ち運ばれ、食糧難を救った経緯がある。最近ドイツで は、オレンジ色のカボチャが“Hokkaido“と命名されて、市場に多く出てい て、スープ用に人気がある。

一番知られているのは、薬用カボチャのククルビタペポ種、かかなり大き なカボチャを割ると、中には皮を被らない緑色の種があり、この種からの オイルが膀胱強化と前立腺肥大予防に知られている。

果肉は美味しくなく、昔は貧乏人の野菜といわれていたが、現在は畑に肥 料として捨ててある。観賞用も含めて、カボチャの種類は300種とも言わ れている。

日本では、古い種といえば、大賀ハス(オオガハス、おおがはす)は、 1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘 町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の 落合遺跡で2000年以上前の古代のハスの実を発掘、その種から発芽・開花 したハス(古代ハス)が有名である。

2012 年、ロシアの研究チームはシベリアのツンドラから発見された 3 万 年前の植物の種子から発芽させる事に成功している。 開花したのはナデ シコ科の「スガワラビランジ」。何と言う震えるような神秘的とも言える 壮大なロマンではないか。

植物の種は、直射日光が当らなく、暗く極端な湿度が無いという一定の条 件の場所ならば、ほぼ無限に近い命があるという事です。当に不老不死の 世界がここにあり、何時か目を出し成長して、花を咲かせ実をつけて、ま た子孫を残し増やす為に大切な種を作る、という重要明確な目的を持ち、 ほぼ永遠の命で仮眠できるという事です。

ある一定の季節の温度や湿度の条件下でしか発芽しないように、種は自ら 強力な酵素阻害物質/アブシジン酸やトリプシンインヒビターを持ち保護 するように仕組まれている。

それゆえ生の種は例えばぶどう、すいか、林檎、柿、みかん、また玄米、 大豆、小豆などはそのまま人が食べては、酵素阻害物質に毒性があり健康 障害を起こす。

本年3月23日の日本の国会では主要農作物種子法の廃止法案が自民党と公 明党の賛成多数で可決・成立となった。この法案は「種子法」とも呼ば れ、日本の種子を守っていた規制を撤廃して海外に開放するという内容。 遺伝子組み換えで、この種の神秘的とさえ言える大自然の法則に反して、 お金儲をしたいという愚かな人間の浅知恵の技術で、自殺する種を作った のは“大自然の創造主神への冒涜”であり、それを日本が許すならば日本人 も自殺への道をゆっくりと歩みだしていると考えられる。既に、GM食品 を日本人は世界でも一番多く消費している。

今ドイツでは、化学会社バイエルと死神企業モンサント社の合併に強い反 対運動が起きている。ドイツはGM食品は禁止されている。

                     (在ミュンヘン)



          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「テロ等準備罪」は国際常識、成立を急げ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              櫻井よしこ

「テロ等準備罪」について「朝日新聞」や「東京新聞」などが相変わらず 全面否定の論陣を張っている。
  
テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法の改正案は、日本が「国際組織犯 罪防止条約」を批准するために必要な国内法である。
  
 日本周辺の国際情勢の厳しさを見れば、なぜいま同条約を批准しなけれ ばならないのかがわかるはずだ。北朝鮮の脅威、不安定さの中で左傾化す る韓国情勢などが懸念されるが、2020年の東京五輪に向けて、日本を狙っ たテロや犯罪が国内外で発生する危険は高まり続けるだろう。テロや犯罪 防止に最も必要なのはなんといっても情報である。情報は、国際社会との 協力の中でこそスムーズに交換される。
  
こうした事情から、各国は相互に協力し合ってきた。その枠組みが国際組 織犯罪防止条約である。国連加盟国の96%、187か国が締結しており、未 締結国は日本を含めて11か国のみである。
  
 政府は同法案を3月21日に閣議決定し、6月中にも成立させたい方針だ が、国会は森友学園問題などに日程を取られ、議論が進んでいない。

「朝日」をはじめとするメディアは法案の趣旨を歪曲して報道し続ける。 同紙は3月22日、1面トップで「『共謀罪』全面対決へ」との見出しを掲 げた。政府提案の「テロ等準備罪」という名称さえ、「必要に応じて使 用」はするが、「犯罪を計画段階で処罰する『共謀罪』の趣旨が盛り込ま れて」いるために、「共謀罪」と呼び続けると宣言した。
  
 同紙は「内心の自由 踏み込む危険」という小見出しも掲げたが、も し、今回の法案に個々の人間の内心の自由を抑圧する内容が本当に盛り込 まれているのであれば、私とて許容できない。だが、法案をきちんと読め ば、その懸念は払拭されている。
  
11年前、自民党と公明党が、「共謀罪」を国会に提案したとき、私は衆議 院法務委員会で参考人として意見を述べた。当時は、現在、朝日が報じて いるような懸念が、実はあった。従って私は率直に法案に対して抱いてい た危惧について語った。

明確な歯止め
 
 私の発言は主として2点に絞り込める。?共謀罪は必要である、?但し、 個々人の心の中にまで入り込んで規制し、言論の自由や思想信条の自由を 阻害する余地のないように、目に見える歯止め、外形的要件を定めるべき である。そのために与党は民主党(現民進党)の修正案を受け入れるのが よい。
  
11年前、民主党は立派な修正案を出しており、朝日も民主党と同じような 主張をしていたのだ。
  
 改めて当時の私の発言を、議事録を取り寄せて読んでみた。逮捕や強制 捜査が無闇に行われ、内心の自由が脅かされる危険性を、私はとても気に している。言論人として、そうしたことは受け入れ難いと強調し、捜査や 逮捕に至る外形的要件を定めるよう、求めている。その気持ちは今でも全 く同じである。
  
 興味深いことに、私も朝日も、さらに民主党も、捜査権や逮捕権の暴走 に歯止めをかけよと同じように主張していたことになる。
  
但し、私と、朝日及び民主党の間には、共謀罪が日本にとって必要か否か という点において、決定的な違いがあった。私は必要だと、当時も今も考 えている。現に11年前の発言録では、共謀罪は必要だということを、私は 計6回も繰り返している。
  
さて、11年後の今、政府が提出したテロ等準備罪新設法案は、当時の共謀 罪のものとは大きく異なる。最大の違いは、11年前には「重大な犯罪を行 おうと具体的に合意したこと」を罪に問えた。

ところが今回は、「合意に加えて実行準備行為があること」が、処罰の要 件とされた。私が要望し、朝日も求めていた明確な歯止めが施されたの だ。民主党の要求も容れられた。朝日が言う「内心の思い」だけでは処罰 されない。今の政府案は以前と全く変わっていないとの朝日の主張は明確 な間違いだ。
  
 前回は処罰の対象となる犯罪数は615だったが、今回は277に絞り込まれ た。インターネット配信の「言論テレビ」で3月31日、参院議員の佐藤正 久氏が語った。

「共謀罪の対象となるのは死刑または4年以上の懲役、禁錮の罪に相当す る犯罪です。その基準で全てを洗い出して数えたら676もあった。けれど その中には公職選挙法違反なども含まれていた。

これは全く組織犯罪には当たらない。それで、組織的犯罪集団が関係しそ うな麻薬やマネーロンダリングなどに関わる犯罪に絞り込んで、277にな りました。労働組合などは捜査対象組織とはならないことが、以前より、 ずっと、はっきりしました」

現行法では無理
  
それでも、朝日も民進党も納得しない。現在、日本にある種々の犯罪取締 法で十分取り締まれると主張する。本当にそうか。佐藤氏は、現行法では 無理だと断言する。

「私がテロリスト集団の一員だと仮定します。仲間が刑務所にぶち込まれ た。救い出したい。そこで一般人を人質に取って、刑務所の仲間と交換し ようと考えた。今の法律では、テロリストたちがそんな計画を立てても、 手を出せない。彼らが人質を取るために武器を購入しても捕まえられな い。武器を携行して狙った人のいる家の近くまで行っても逮捕できないの です。なぜって、まだ犯行に及んでいませんから」
  
 日本国の法律では、犯人たちが武器を持って狙った家に侵入した段階で はじめて、逮捕できるというのだ。しかしそれでは遅すぎる。人質を救う こと自体、どれだけ大変なことか。犠牲者がでる危険性も十分にある。だ が日本の法律は、基本的に犯行後に対する処罰であり、本来守れるものも 守れない。
  
 佐藤氏は別の事例を語った。

「テロリストが水源に毒を入れて多くの人を殺害し、社会に混乱を起こそ うと計画したと仮定します。現行法では計画を立てても、毒を購入しても 逮捕できません。毒を持って水源地に行っても何もできません。現行法で 逮捕できるのは、彼らが水源に毒を投げ入れた瞬間なのです」
  
 水源はどうなるのか。環境は汚染され、人々は死に追いやられる。そん な事態が予測されても、事件が起きるまで取り締まれない現行法で万全な はずはないだろう。

「テロ等準備罪の下では、犯人たちが人質を取るための武器を買ったり、 水源地を汚染する毒を入手した段階で逮捕、取り調べができるようになり ます。テロ等準備罪が現行法の重大な穴をふさぐ機能を果たすのです」 と、佐藤氏。
  
96%の国々が締結している条約を日本が批准すること、そのための法整備 を進めることが、なぜ、受け入れられないのか。朝日も民進党も反対のた めの反対はやめるべきだ。
『週刊新潮』 2017年4月13日   日本ルネッサンス 第748回

           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)4月38日(金曜日)弐
        通算第5271号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ政権、ジミー・カーター元大統領に北朝鮮特使を打診か?
   北朝鮮への圧力に平行して話し合いも模索へ
*******************************

フィナンシャルタイムズが4月27日付けで報じている。

トランプ大統領は秘策の一つとして北朝鮮へ、ジミー・カーター元大統領 を特使として派遣する打診をしているという。

94年の北朝鮮危機のおりにも当時のクリントン大統領は、土壇場でナン上 院議員の派遣を中止させ、かわりにカーター元大統領が金日成から招待を うけていた話を思い出して、「私人」としての訪朝を促した。

平壌に飛んだカーター元大統領は、あくまでも「私人」として、金日成と 長時間の話し合いをなした。

IAEAの駐在査察の継続、使用済み燃料の再利用中止と引き替えに軽水 炉支援(合計13億ドルを米国は支援したのだが)、これらによって米国 は国連の制裁決議促進を一時停止するなどの合意を得た。

この北朝鮮の首領様と米国の「私人」との合意を、しかしながらクリント ン政権が追認した。

たしかに、1994年の危機は回避されたが、結局、米国は北朝鮮が約束を反 古にしたため、臍を噛むこととなった。

そのカーター元大統領を、また引っ張り出すのは愚策ではないのかとワシ ントンには懐疑論も飛び交っているという。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

知道中国 1560回】      
――「湖南省を目して小日本・・・自ら稱して小日本人といふ」(安井5)
安井正太郎『湖南』(博文館 明治38年)

                ▽

「各國宣?師等は、凱歌を奏して一時に侵入し來」た結果、「省内63縣 中、一縣を除くの外は各縣皆一人の宣教師を有す」るようになった。とは いえ、布教の成否は未だ判然とはしない。それゆえに、「湖南に入る宣? 師の何れも小心翼々湖南人を以て支那人種中の卓越したるものとなし、各 自の擧動に格別なる注意を拂ひつゝあるは、事實として注目の値あり」と している。

次いで『湖南』は、「1904年漢口に於て開會せる中央支那宗教出版協會に 於ける記事」を紹介するが、たんなる「宗?出版事業の成績を報告せるに 過ぎざれども」、「如何に彼等が熱心、耐忍、屈辱、困難と鬪ひて、傳道 に從事せるかを知る」べきだ。それというのも「彼等の進むあつて退くこ とを知らず、10年斯の如く、20年斯の如く、30年50年復斯の如く、努むる を知て倦むことを知らず」、しかもキリスト教各派の別はあるが布教に関 しては「整然として一致している」。こういった状況を見せつけられるに つけ、「吾人本邦人の短處と相對して、感服の外なし」と説く。

こわば「進むあつて退くことを知らず、10年斯の如く、20年斯の如く、30 年50年復斯の如く、努むるを知て倦むことを知らず」という姿勢に欠ける ことが、「本邦人の短處」ということになるわけだが、対外関係を考えて 時、現在にも通じうる指摘だと思う。

さて「1904年漢口に於て開會せる中央支那宗教出版協會に於ける記事」と は、中央支那宗教出版協會に参加したキリスト教各派の指導者の活動報告 を纏めたもの。そのうちの興味深い記述を拾っておくと、

 ■「來會者の中には一人も官吏又は實業家は」見当たらないものの、 「會塲の廣濶なるは來衆の多數なるに相應を呈すること一層なりき」。

 ■「聖書及び新訳全書」を中心に多くのキリスト教の印刷物に対し、 「地方官吏及人民一般に好意を表し」、かつて考えられないような規模で 販路が拡大している。「研究者の數は次第に増加し、この結果として地 方?會堂設立を見るに至れり」。かくして「今後格別の障礙なくんば今よ り十年の内には異常なる發展を見るべきを得るが如し」

 ■「昔時は單獨に從事せしも今日は盡く基督?信徒たる土人と相合して 普及に勉むるに至りたる」からこそ、「基督?普及に偉大の効果ある」

 ■「(キリスト教にとって)支那は最も好望の地にして、現今風雲の暗 澹たるもの」があうるが、「光輝ある将来を有する」。

「今や各國の視線は支那に集注して、時局頗る切迫」していて、伝道事業 に障害となるかも知れないが、「此老大國も漸く巨人の醒むるか如く覺得 し來」っている。日本のようには短時間で「長足の進歩を爲せし如きを學 ぶ」ことは望み薄だが、それでも「其昏睡の情態に非ざるは之斷言し」うる。

やはり彼らの蒙を啓き「眼を開て四隅を顧みしむるは書籍により開發する に如くなし」。じつは「支那國民は讀書人種なりと稱すれとも其讀書力淺 薄にして能く文書を了解するもの甚た少なし」。

そのうえ「政治上の變動は漸く彼等に打?を加へ、日本より新文明を輸入 して泰西の風氣漸く彼等の解する處となりしものの如し」。だから、キリ スト教布教のための「宗教上の出版物に多少地理?史的材料を加味して 宗?の起因せる處を明かにし、同時に一般?科書に宗教的分子を含有せし むるの必要」がある。

■「露國の行動は或は日本と于(「干」の誤り?)戈を交ゆる原因たるこ とあらん從て支那は此禍亂の裡に没せられて傳道事業を一時杜絶せらる る」可能性は高い。だが「年と共に漸次歩を進め屈せず、撓まずんば効果 期して擧ぐるを得べし」

 「撓まずんば効果期して擧ぐるを得べし」が、キリスト教伝道の根本姿 勢なのか。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 もう1つ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【知道中国 1561回】                      
  ――「湖南省を目して小日本・・・自ら稱して小日本人といふ」――(安 井6)
     安井正太郎『湖南』(博文館 明治38年)

                ▽
「1904年漢口に於て開會せる中央支那宗教出版協會」に参加した宣教師の 中には、「五十年の支那に於ける生活」を振り返り、「今日の状態は實に 欣躍に堪へさるを説」く者もいた。19世紀初めの時点で「50年の支那に於 ける生活」ということだから、その宣教師が中国にやってきたのはアヘン 戦争から10年ほどが過ぎた頃になる。

 ここで当時の日本を振り返ってみると、黒船の来航=嘉永6(1853) 年、安政江戸地震=安政2(1855)年、安政の大獄=安政5(1858)年、 桜田門外の変=万延元(1860)年と続き、高杉らが乗り組んだ千歳丸の上 海入港=文久2(1862)年となる。

いわば高杉らが西欧との交易によって栄える上海の街を驚きを以て「徘 徊」していた頃より10年ほど早く、すでに宣教師は布教のために湖南省入 りしていたわけだ。

 以来、半世紀。排外主義に満ちた湖南省を舞台に、「撓まずんば効果期 して擧ぐるを得べし」の精神を貫いたからこそ、キリスト教にとって「實 に欣躍に堪へさる」状況を産み出し得たということだろう。

 かくして「歐州列強が清國主權の薄弱なるに乘じ、或は土地の租借に或 は鐵道鑛山の利源に汲々として勢力範圍の擴張を努むること茲に50年、尨 大なる滿清の境土も殆と完膚なきに近からん」。こうなると最後の最後ま で列強に対し門戸を閉じていた湖南省も、「早晩列強の染指を免かるべか らざるは」、やはり時勢の赴くところである。

 そこで「湖南人をして自ら進んで其門戸を洞開し20世紀の文化を輸入し て?育に武備に農工殖産に貿易交通に彼等が其の聰明勇敢なる特性を發揮 せしめ」て、彼らを導いて「地方の安寧幸福」を達成させる一方、「清國 の衰運を挽回」するように努力させるのは、「同文同種にして且つ性情相 近き本邦人」の責務であり、「彼等も亦本邦人を得て初めて相信じ相依る を得る」ことが出来ると、『湖南』は説く。

 かくして白岩は大倉喜八郎、安田善次郎、渋沢栄一などの協力を得て湖 南汽船会社を設立することになるが、『湖南』は湖南汽船会社を基礎に 「兩國經濟共同の必要を?す江湖に訴へ」れば、「經濟同盟はやがて政治 の同盟」に、「政治の同盟」は「國民の聯絡」に、「國民の聯絡」は「政 府の聯絡」に発展すると構想することになる。

 どうやら、この辺りにロマンティシズムに満ち溢れた理想主義的な「東 亜保全論」の萌芽を見るようだ。だが、この「東亜保全」という考えが、 その後に続く日露戦争、辛亥革命、清朝崩壊、中華民国成立、軍閥割拠か ら日中戦争を経て日本敗戦へと続く疾風怒濤の時代の渦中で、ものの見事 に破産したことを改めて考えておく必要があるだろう。

亡国目前の清国、その清国を革命して成立したものの国家の態をなしてい ない中華民国、その中華民国を目覚めさせ、目覚めた中華民国と提携する ことで西欧列強に対抗し、本来の東亜を回復する――これを東亜保全論の理 想形とするなら、この理想に向って進んだ「支那通」も少なくなかったよ うに思う。なかには旧陸軍の支那通を代表する佐々木到一のような軍人も いたはずだ。

 佐々木は中国で台頭するナショナリズムを積極的に評価した。おそらく 両国のナショナリズムによって「政治の同盟」から「國民の聯絡」へ、や がては「政府の聯絡」に進ませようと夢見たのではないか。

だが、そのナショナリズムがやがて独自の形で、あるいは欧米列強による 様々な政治的思惑の中で日本に牙を向けるようになったことも、また事実 であろう。以上は、さらに考察を重ねる必要がある。後日を期すことを、 ここに記しておく。

 末尾に明治36年冬から37年春にかけて南清を旅した佐々木信綱の作品が 付されている。そのうちの一首に、「長江の水ひんがしに五千年國は老い たり民たゞに眠る」と。
《QED》
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼読者の声 ▼どくしゃのこえ ■READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)『大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか』加瀬英明 著・KKベストセラーズ社刊

日本はなぜ対米戦争を戦ったのか?
 
終戦70年をめぐり、相変わらず侵略であったのか、日本はどう反省すべき であったのか、といったことが大真面目で議論されていました。

しかしあの大戦争は世界史的な視野の下で、日本の置かれた状況、開戦に 至った事情、理由、そしてその果たした役割、といったものを広く検討し ていかないとその本質を理解することはできないのです。

加瀬英明氏(本会会長)はこのような視点から「大東亜戦争」が実は世界 を大きく変える歴史的な快挙(一言で言えば、人種差別撤廃に向けた巨大 な前進)を成し遂げたことを本書で解明しております。
 日本語版:
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8B-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8A%A0%E7%80%AC-%E8%8B%B1%E6%98%8E/dp/4584124752#reader_4584124752

英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/The-Greater-East-Asian-War-by- Kase.pdf
英文は英文Newsletter で海外に発信しました。
(「史実を世界に発信する会」茂木弘道)



   ♪
(読者の声2)打ち続く巨大災害や迫り来る国際テロリズムそして北朝鮮 ミサイル危機等の脅威を考える時、我が国の法制度にも、憲法改正も含め て、緊急事態に関する条文整備が必要不可欠な状況が、刻々と近づいてい るように思われます。
そこで、そのような諸問題に関しては、我が国を代表する憲法学者である 西修先生の御卓見を拝聴したいと思います。貴重な機会ですので、多くの 方々のご参加を待ち申し上げております。

                 記

【日 時】 平成29年5月23日(火)午後6時〜8時 (受付5時30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面 向側)
【参加費】 2000円
【講師】西修(駒澤大学名誉教授)
略歴:1940年富山県生れ。早稲田大学政治経済学部を経て同大学大学院で 憲法学を学ぶ。防衛大学校専任講師、駒澤大学法学部助教授を経て同大学 法学部教授。政治学博士及び法学博士。2011年3月退職。現在、同大学名 誉教授。
【共 催】一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
【協 賛】グローバル・イッシューズ総合研究所、株式会社近代消防社
【要予約】必ず以下のフォームの4月15日部分より事前にお申込みください。
     http://www.ozakiyukio.jp/information/2017.html#0415



           
━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎米アマゾン、自動精算の実店舗を来年開設へ シアトルで試験中

【12月6日 AFP】インターネット通販最大手の米アマゾン・ドットコム (Amazon.com)は5日、レジを置かない実店舗「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」を本社があるワシントン州シアトルに試験的に開設したと発表し た。客が商品を持って店外に出ると自動的に精算される仕組みで、来年一 般向けに開店する予定だ。

アマゾンが自社ウェブサイトで発表したところによると、試験店はアマゾ ンの従業員のみ利用可能。広さは約170平方メートルで、パンやチーズ、 インスタント食品、家庭で調理できる独自の食材セットなどを販売している。

導入している自動精算システムは、コンピューターによる視覚情報処理、 センサー技術、ディープラーニング(深層学習)など「自動運転車と同様 の技術」(同社)を活用。客が店の棚から商品を取ったり戻したりする行 動を自動で追跡把握し、仮想の商品カートに記録、そのまま店外に出れば 客のアマゾンのアカウントに代金が請求される仕組みだ。

アマゾンがこの新形態の実店舗を拡大していくのか、それとも他の小売業 者に自動精算システムを提供する方式を取るのかは現時点では不明。同社 はかねて実店舗への進出がささやかれるが、これまでのところ書店数か所 の開設にとどまっている。
[AFP] 2016年12月06日 11:56 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【トランプ大統領】 軍事費拡大、6兆円増額と当局者

【ワシントン=小雲規生】トランプ米政権は27日、2018会計年度(17年10 月〜18年9月)予算で、国防費を540億ドル(約6兆円)増額する方針を 明らかにした。前同年度比約10%増となる。この増額分は他の予算削減 で対応し、連邦財政の収支バランスには影響を与えないとしている。マル バニー行政管理予算局(OMB)長官が記者会見で発表した。

トランプ大統領は同日、全米の州知事らとの会合で「劣化した米軍を再建 するための歴史的な国防費の増加を行う」と表明。また選挙戦で拡大を公 約したインフラ投資についても「巨額の支出を始める」とした。

マルバニー氏は会見で、裁量的経費に占める国防費は増額の結果、6030億 ドルとなると説明し、国防費以外の予算は4620億ドルまで削減するとし た。ホワイトハウスは各省庁と協議し、3月16日に議会に予算の概要を提 案する。

ロイター通信によると、増額された国防費はホルムズ海峡や南シナ海など での米軍の強化などにあてられる。こうした増額分の財源として、海外援 助を所管する国務省や地球温暖化対策などを扱う環境保護局(EPA)な どの予算削減が想定されている。一方、税制改革など歳入面での施策は明 らかではない。

議会はトランプ氏の提案を受け、具体的な予算編成の手続きに入る。しか し議会で多数派を握る共和党から財政赤字解消の道筋が明らかでないこと に反発が出ることも予想される。

トランプ氏は28日に上下両院合同会議で初めて施政方針演説を行い、予算 の前提となる安全保障や経済などの政策を明らかにする。
【産經ニュース】 2017.2.28 01:28  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【単刀直言】 「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松 原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も

東京都議選(7月2日投開票)で民進党候補の離党が相次いでいますが、 私の知る限り、党が嫌いで離党した人はいません。民進で選挙を戦いたい が、勝負の世界で明らかに勝てないと見切ったとき、「こうしないと勝て ず、恩返しもできない。勝つために離党を許してくれ」と言ってくるケー スが大半です。都連会長として、非常に忸怩(じくじ)たる思いです。

もちろん、党はぎりぎりまで各選挙区に公認候補を擁立する努力は続けま す。でも、今の民進党の支持率を考えると、離党する候補が自らの政治生 命を維持するため、さまざまな選択肢を模索することは理解できなくな い。問題は、党としてこの現象をどう捉えるかですよ。

何が原因でこれだけ党勢が伸びないのか、どう事態を打開するのか、執行 部はもっと科学的に分析してほしい。自民党の1強体制がいいと思ってい る人は少ないと思いますが、そうした人でも「だからといって、民進党に 頑張ってほしいとは思わない」という声を聞きます。実際、世論調査の政 党支持率に明快に表れていますよね。

まず、徹底的に自己分析するところから始めるべきです。党内に独立した プロジェクトチームをつくってでも検証したほうがいい。それをやらなけ れば、党に未来はありません。

例えば、蓮舫代表の「二重国籍」問題しかり。みんな「はっきりさせてほ しい」と思っているのですから。それが釈然としないのなら、この件で国 民が納得しているのかどうか世論調査もかけてみればいい。今はこの問題 を正面から言う人は少なくなりましたが、それは忘れたのでなく、みんな まだ胸につかえているのです。戦略的にも、腹をくくってやるべきではな いでしょうか。

謝るべきは謝り、釈明すべきは釈明する。こうした自己分析ができれば、 支持率を上げるための次のステップに入れると思うのです。党内の求心力 と党の支持拡大のため、あえて諫言(かんげん)したい。

 共産党との選挙協力は、蓮舫氏自身が消極的だと思います。民進党は去 年の都知事選で鳥越俊太郎氏を野党統一候補に担ぎましたが、蓮舫氏は共 産党が同席する会合には出席しませんでした。彼女は直感的にそうしてい るのでしょう。

国会審議で取り上げるべきテーマや政府の追及の仕方、党の発信力も重要 な調査対象です。そういう面では、小池百合子都知事は発信がうまいです よね。露出も見事。わが党も学ぶべきでしょう。

離党者を野放しにしていることへの批判もあります。筋論としては正しい のですが、都議会の場合はやや事情が違います。都議会の民進党会派は 「東京改革議員団」という名称に変えましたが、ここには離党届を出した 都議もいます。

民進党の自前の公認候補だけでなく、連携する勢力も含め「改革議員団」 の数を増やすことが大切です。非自民の改革勢力総結集こそ、民進党の目 指す都政改革を前進させる力にもなるのです。ですから公認候補にこだわ らず、党本部推薦や都連推薦、(衆院選の都内選挙区候補の)推薦など、 複数の選択肢が考えられると思います。

離党届を出した者が無所属でいた場合、彼らの行状をみた上でさまざまな 対応を検討します。もちろん、6月23日の告示まで、強く公認候補擁立を 目指すのは変わりません。

党では今月、都連幹事長だった長島昭久元防衛副大臣が離党届を出してし まいました。党の支持率が上がらないと、議員にはストレスがたまってき ます。党勢の厳しい折には、すべての議員が「全員野球」に参加している 実感を真剣に持たせることが大切です。

ただ、長島氏は短期的には自民党にいかないと思います。長島氏に近い都 議候補は民進党系で都議選を戦い、ライバルに自民党候補がいるのですから。

こうした事情も考え、私は長島氏の離党届の扱いについて、野田佳彦幹事 長に電話し、「除籍すべきではない」とお願いしました。確かに都議選直 前の離党は重いですが、民進党の懐の深いところを見せるべきだと思うの です。今は戦略的に「党の中にいてもやっていける」と内外に団結のため の寛容さを印象づけなければなりません。

「松原が次に離党する」なんて声もありますが、保守政治家はそんなこと はしません。自分の持ち場を守るのが保守の原点です。(山本雄史)
【産經ニュース】 2017.4.27 01:02  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎トランプ氏“不退転の決意” 北制圧へ海上封鎖で「兵糧攻め」、一触 即発の緊張状態

ドナルド・トランプ米大統領が、北朝鮮制圧に向けて“不退転の決意”を示 した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25日、過去最大規 模の砲撃訓練を行うなど、軍事的挑発をやめないからだ。国連安全保障理 事会の追加制裁に加えて、世界最強の米原子力空母「カール・ビンソン」 を中心とする第1空母打撃群による海上封鎖などで「兵糧攻め」に持ち込 み、徹底的に締め上げることも考えられる。

「北朝鮮は世界にとって現実の脅威だ」「人々は数十年間(北朝鮮の核開 発に)目をつぶってきた」「北朝鮮の核・ミサイル計画に対して安保理は さらに強力な追加制裁を科す準備をすべきだ」

トランプ氏は24日、国連安全保障理事会のメンバー国の国連大使らをホワ イトハウスに招いた昼食会で、こう語った。

26日にも、ホワイトハウスに上院議員100人全員を招き、レックス・ティ ラーソン国務長官らが北朝鮮政策を説明する会議を開催する。異例の大規 模会議を通じて、北朝鮮問題解決に向けた政権の決意を示す。

北朝鮮は、朝鮮人民軍の創建85年の記念日「建軍節」にあたる25日、トラ ンプ政権がレッドラインに設定した「6回目の核実験」や「ICBM(大 陸間弾道ミサイル)発射」は見送った。だが、南東部・元山(ウォンサ ン)一帯で、長距離砲など300〜400門を投入して過去最大規模の砲撃訓練 を行った。

38度線から約40キロにある韓国・ソウルを意識して、「いつでも火の海に できるぞ」と恫喝(どうかつ)したに等しい。

これに対し、米軍や自衛隊、韓国軍、中国人民解放軍の包囲網は万全だ。

米原子力空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島に向かって北上しながら、 海上自衛隊の護衛艦「あしがら」「さみだれ」と共同訓練を行っている。 米海軍の駆逐艦「フィッツジェラルド」と、海自の護衛艦「ちょうかい」 も25日、日本海で共同訓練を行った。米海軍と韓国海軍も同日、黄海で 共同訓練を実施した。中国人民解放軍も10万〜15万人規模で、中朝国境に 展開しているという情報もある。

つまり、北朝鮮を東西南北で包囲し、核・ミサイル暴発をした場合、「斬 首作戦」などに加え、いつでも海上封鎖などを実行して「兵糧攻め」にす る構えなのだ。

トランプ氏は冒頭の昼食会で、「私たちは問題を最終的に解決しなければ ならない」といい、オバマ前大統領のような中途半端な「戦略的忍耐」政 策でお茶を濁すようなことを完全否定した。

果たして、北朝鮮は屈服するのか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「北朝鮮が、核・ミサイルを諦めることは ない」と断言し、続けた。

「正恩氏としては、韓国大統領選(5月9日投開票)の結果を見極める気 ではないか。『従北派』とされる最大野党『共に民主党』の文在寅(ム ン・ジェイン)候補が優勢で、彼が大統領に当選した場合、韓国から在韓 米軍を追い出す可能性があるからだ。中国の習近平国家主席としても、秋 の党大会を見据えて、北朝鮮には暴発してほしくない。最低でも、4月 いっぱいはにらみ合いが続くのではないか」

一触即発の高度な緊張状態が続いている。
【ZakZak】 2017.04.27 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)私は果たして本当に勇気があったのか:前田正晶

27日、「今時の若者」と題して都営地下鉄新宿線車内の出来事」を採り上 げたところ、メル友の方や私のブログの読者の方からも「勇気ある行動。 自分も何時かはやってみようと思っていたが、今時の若者に暴力で反応で もされたらと思う時に容易に言い出せなかった」という意味の反響があ り、言わば勇気を称えて頂くような結果になった。お恥ずかしい。

勇気がなかった訳ではないが、内心忸怩たる思いがある。と言うのは、私 の単独の行動ではなく、見ず知らずの92歳の方が口火を切られたことに便 乗しただけであって、本当の勇気の持ち主はこのご老人だったからである。

神保町までの短い間に伺ったところでは、海外関係の仕事をされた後に某 商社にも関係されたそうで、26日は所用これあり専修大学の近所までお出 かけのところだったそうで、矍鑠たるものがあった。

私は確かに電車の中でもバスの中でも躊躇することなく優先席に座ってし まい、高齢者が前に立たれようと何だろうと背中を丸めた悪い姿勢でスマ ホでゲームをやっている若者どもを怪しからんとは常日頃思っている。

だが、単独ではとても席を譲れなどと言い出す勇気もなく、また自転車で 歩道を疾走する連中に対して不快な思いと身の危険を感じてはいても「道 交法第17条違反だから退去せよ」などと警察の代わりをする勇気の持ち合 わせもない。

ただただ心中「今時の若者は怪しからん。何時かは厳しく言ってやれれ ば。我が国の将来をこんな奴らに委ねる訳にはいかない」などと考えてい る程度だった。情けない次第だ。

ただ一言もの申せるとしたら、愚息どもが交通機関に無料で乗せて頂いて いた頃には「お前たちは切符を買っていないのだから座る資格はないと思 え」と言い聞かせていたし、欧米とは子供に対する文化が異なる我が国で は子供を座らせるような甘やかし方は彼らの将来を考えても為にならな い」と信じて育ててきた。

事実、欧米の礼儀作法を重視した両親の下に育てられた(父は海外生活が 長く、私が4歳の時に交通事故の被害で死亡していたが)為に、何時の間 にか欧米風が身についていたようだった。今になって顧みれば、この文化 の違いは戦後70年を経ても一向に変わっていないようだ。そういう文化の 我が国で「小学校3年から英語など教えて何かの役に立つと思っているの か」と、何処かの役所に尋ねてみた。

言いたくはないが、本筋から外れる議論だが、英語が分かる私でもアメリ カと我が国との歴然たる文化の違いの詳細を把握出来たのは、W社に転じ てから10年以上も経った後だった。だが、誤解なきよう申し上げておけば 「我が国独自の文化を捨ててまで、欧米化をする必要など更々ない。要す るに『違い』を知ること」が肝腎なのである。


 2)阿生居士のへのへのもへじ(121)11月29日―ヒラリー氏が当選して いたら・・・・

近現代史に詳しいある方からのメールに「慰安婦の碑と像が建てられた州 は全てヒラリー候補が押さえました。」

とあった。おや!どういうことかと調べてみると、つぎのとおりであった。
Wikipediaで「慰安婦の碑」を調べると、米国に慰安婦の像(碑)が5州 に亘って8か所あるが。このうちのニュージ

ャージー(3ヶ所)、ニューヨーク(1ヶ所)、カリフォルニア(2ヶ 所)、バージニア(1ヶ所)の4州がヒラリー・クリントン

氏がドナルド・トランプ氏を制したところで、1州のミシガン州(1か 所)だけがそうでなかった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AE%E7%A2%91

メールで教えてくれた人は、私有地にあるミシガン州の1ヶ所のものを除 外して、公有地にある他の7ヶ所のものをとりあげていたのだった。

また、Wikipediaで「韓国系アメリカ人」を調べると、州人口で韓国系ア メリカ人が占める比率が上位のところは、カリフォルニア、ニューヨー ク、ニュージャージー、バージニア、テキサス、ワシントン、イリノイ、 ジョージア、メリーランド、ペンシルベニア、ハワイの11州で、比率は 1.9〜0.5%であるが、慰安婦の像(碑)がある州でミシガン州以外
は全部この中に含まれる。

慰安婦問題について、ヒラリー クリントン氏が直接に見解を示したもの はないが、2012年7月9日付の朝鮮日報

の記事に「ソウルの外交筋によると、クリントン長官は先ごろ、米国務省 の高官から韓日の歴史問題について報告

を受けた席で、同高官が「日本軍慰安婦」という表現を使うと「慰安婦と いう言い方は間違っている。(日本により動

員された)彼女たちは『強制的な性奴隷』だった」と述べたという。この 高官はその後、性奴隷という表現を使って報

告を続けたとのことだ。」というものがある。ただし、これについてクリ ントン氏や国務省が追認した形跡はなく真偽は判らない。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1341801853/

また、今回のアメリカ大統領選挙での韓国系アメリカ人社会の動向につい ては、韓国の代表的通信社の連合ニュースは、2016年4月27日付の記事で つぎのように報じている。

「韓国人社会のための候補」…自営業者の支援・移民政策注目=ヒラリー氏 は、米国内で少数人種に分類さ

れる在米住韓国人社会に高い関心と共感を示している。大統領選挙走者と 評価される。 特に自営業者への支援と市民権の門戸拡大、医療保険の改 善、公正賃金体系の確立など、韓国人社会問題について具体的な公約を用 意しているという。

これによって、在米韓国人社会の主流が、クリントンを支持しているとい うのが、在米韓国人団体の関係者の説明だ。 現在、民主・共和両党の大 統領選党内選挙の候補の中で唯一韓国人ボランティア組織が結成されてい るのは、クリントン元大統領だけだ。 クリントンを支持する韓国人、草 の根レベルのボランティア組織

である「コリアンアメリカンス・ヒラリー」(KA-HILL)はリーダーグルー プ50人にボランティアが200人

規模だが、韓国人社会の政治的期待主たちが大挙押し寄せている。」

http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/47435306.html

これらの記事からみると、アメリカでの慰安婦の像(碑)の建設の推進役 であった在米韓国人社会が、もしクリントン氏当選であったなら、これに さぞ喝采し勢いを得たことであろう。

日本のメディアが書いていないことだが、大事な事なので紹介しておく。

朝日新聞が振りまいて韓国の反日の人たちが飛びついた朝鮮女性の慰安婦 強制連行説は、当時の朝鮮のどこからも騒ぎになったという事実がこれま で出て来ないのだから、当時の朝鮮の男たち(警察官は朝鮮人が半数以上 を占めていた。)がなべて腰抜けで黙って見過ごしたといういかにも不思 議なことが前提になる。だが、日本人男子中学生が朝鮮人女学生を揶揄 (からか)ったことが発端で大きな騒擾事件に発展した光州学生事件 (1929年)では朝鮮の男たちは腰抜けで黙って見過ごすことはなかった。 いったいどっちが本当なのか。

従軍慰安婦問題は、日-朝併合についてのお門違いの怨念晴らしに作り上 げた虚構の後知恵である。(品川 阿生居士)


 3)Englishには独特の言い回しがある:前田正晶

“His comments are always full of implications.”

解説)“implication”はジーニアス英和には「〔・・・という〕含蓄、包含;ほのめかし、暗示するもの」とうが出て来る。元の動詞は“imply”であるのは言うまでもないこと。「彼が言うことは何時も如何様にも取れるので(困る?)」か「彼が言うことは何時も暗示が多いので」と解釈できるだろう。言ってみれば「暗示に満ちている」のではどう解釈すべきか悩ませられるのだ。

“My boss gave me a lecture on my poor performance.”

解説)「上司は私の成績が振るわないので説教した」となるのだ。即ち、“give 誰々 a lecture”で「〜にお説教をした」となる。“lecture”は「講義」の意味だが、このようにも使われる。

“Do you like to have your brief case personalized?”

解説)「ブリーフケースに貴方の頭文字(イニシャル)を入れますか」なのだが、「お名入れ」をこのように言うのだ。実は初めてこう尋ねられた時には何のことか解らなかった。アメリカ人たちの持ち物にはイニシャルが入っている事が多い。ジーニアス英和には「物に所有者を明らかにするために[氏名、頭文字など]をきにゅうする」とある。

“Sorry for such a short notice, but could you please come over here to discuss outstanding issues this afternoon?”
解説)一寸長くなってしまったが「急な申し入れで恐縮ですが、本日の午後にこちらにお出で頂いて懸案の件を話し合いませんか」辺りになると思う。“short notice”はジーニアス英和には「突然の通知」となっている。なお、“discuss”はOxfordには“to talk about 〜 with 〜 誰々”となっている。どうも「論議する」か「意見を出し合う」よりも「話し合う」のが先のようだ。

“I am afraid you are getting a little shortsighted.”

解説)「私には貴方はどうも先見性に欠けてきたと思えるのですが」なのだが、「近眼」のことをUK(英連合王国)では“shortsighted”と言い、アメリカでは“nearsighted”となる。しかし、何れも「先見性に欠ける」という意味で使えるの要注意か。

“Do you know his whereabouts by any chance?”

解説)「ひょっとして彼が何処にいるか(所在)を知っているかい」なのだ。やさしい言葉ばかりでかなり難しいことを言っている。“whereabouts”が所在なのだが、常に複数形で使うのだ。また“by any chance”は「ひょっとして」なのだが、「もしかして」の方が正当な日本語だと思う。

“The elder brother is soft-spoken but the younger brother is a terribly out-spoken.”

解説)「その兄弟で上の方は穏やかな話しぶりだが、弟の方はとても遠慮なく(ずけずけと)ものを言うのだ」ということで、“soft”に言うのが「穏やかな話しぶり」で、hardの代わりに“out”が付くと「率直な」であり、「控えめにいうべき時に遠慮しない」となっているのが面白いか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


29日の東京湾岸は朝から晴天。

28 日の東京湾岸は晴れ。前日と違って晴れ晴れとした気分で猿江恩賜公 園をかじんと散歩できた。夜は「あきら」で義姉夫婦と一献。

                        読者:5541 人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。