急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4338号  2017・4・28(金)

発行日:4/28

□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4338号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年4月28日(金)



         安倍は政権の緩みを引き締めよ:杉浦正章

 「措置入院」精神病棟の日々(30):“シーチン”修一 2.0

      北朝鮮に通じるか、トランプの手法:櫻井よしこ

           
             
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4338号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━
安倍は政権の緩みを引き締めよ
━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

ダメージコントロールは水際立った  
 
野党は集中審議を北朝鮮情勢でせよ

「東北でよかった」という投稿がツイッターで受けている。青森ねぶた祭 や仙台の七夕の写真が添付され、美しい東北の桜や紅葉も満載だ。すがす がしいツイッターにエールを送りたい。

それにつけても辞任した復興相今村雅弘の異常さはどこから来ているのだ ろうか。筆者は新入社員の面接の際は東大法学部というと身構えたもの だ。どうも経験値からいうとマスコミの場合は外れが多い。

もちろん東大法学部卒は政治家でも岸信介、佐藤栄作など超大物がいて、 極めてバランスがとれた政治を行ったが、当たり外れが多いのだ。今村は 見事に外れた例だろう。どうも勉強しすぎの人間には人間性の幅がない。

のりしろがなくて遊び、ゆとりが感じられない。それが発言に出でてしま うのだ。そういう政治家は、閣僚どころか政治家にも不向きだ。

今村の発言危うさはその性格から見ても、いつかかは危険水域に到達する ものであった。被災者が故郷に帰れないことを「本人の責任」と言ったこ ろからこれはおかしいぞと感じていたが、ついに東日本大震災について 「まだ東北で、あっちの方だったからよかった」と発言してしまった。

ひとえに、こういう人物を任命してしまった首相・安倍晋三に責任がある し、本人もこれを認めている。政権の緩みを引き締め態勢を立て直す必要 がある。しかし、安倍のダメージコントロールは水際立っていた。

25日夜の二階派のパーティーでの発言を安倍が聞いたのは経済財政諮問会 議終了後だ。発言を知ると、官房長官・菅義偉と協議の上、直ちに会場に 駆けつけて「今村大臣の講演で東北の方々を傷つける極めて不適切な発言 があったのでおわびする」と陳謝した。

事実上の更迭に踏み切った。これだけスピード感のある対応は、半世紀の 政治ウオッチで初めて見た。即断即決の危機管理が動いている証拠である。

ところが、自分の派閥で党に迷惑をかけながら幹事長・二階俊博 の対応 は月とすっぽんであった。なんと記者会見で今村の発言をめぐる一連の報 道について、「政治家が何か話をしたら、マスコミが、余すところなく記 録を取って、1行悪いところがあれば、『これはけしからん、すぐ首をと れ』となるが、なんということか。

言葉の誤解はないほうがいいに決まっているが、いちいち首をとるまで張 り切らなくてもいいのではないか」とマスコミ批判に転じてしまったの だ。ばかも休み休み言えといいたい。

「マスコミが、余すところなく記録を取って」記事にするから、今の安倍 政権があることを分かっていないのだ。マスコミが総じて民主党政権の有 り様を否定したから、自民党に政権が戻ったのだ。

二階にはどうも政治の見方に対する厳しさが足りない。マスコミは何でも 政府・与党を支持するべきだという甘さがある。国会議員の活動の基本は 言論であって、問題はすべて言論によって決定されるのが国会の有りよう なのだ。

言論の府の政治家はその発言が全てであり、その表現力には自らの政治生 命がかかっていると思うべきなのだ。

安倍は土日返上で被災地を訪れ、被災者に寄り添ってきた。それにもかか わらず、こうした浅薄なる党内の発言が、まるでコツコツと積み上げたさ いの河原の石を突き崩すことになることを自民党幹部は肝に銘ずるべきだ。

一方、民進、共産など野党が鬼の首でも取ったように欣喜雀躍している が、民主党政権のていたらくを思い出さざるを得ない。安倍政権は5年間 で5人が辞めているが、民主党政権は3年間でなんと8人が辞任している。

これに鳩山由紀夫と菅直人の辞任を加えれば10人が辞めている。鳩山はワ シントンポスト紙に、「気が狂う」とか「頭が変な」という意味の「ルー ピー」と名付けられたように、失言を繰り返し、首相を辞めてからはなん と「尖閣列島は係争地である」と宣うた。

防衛相・小野寺五典が「国賊という言葉が一瞬頭をよぎった」とあきれた ものだ。菅直人も福島原発であらぬ指示を頻発させて、へりで視察した結 果、ベントを遅らせると言う致命的なミスをした。

不倫報道されて「一夜を共にしたが、男女の関係は無い、こんなことに説 明責任は無い」と発言したこともある。野党は他人の失言を追及している 暇があったら、緊迫感が募る北朝鮮情勢の対応策でも提言してみてはどう か。この国難に野党はまるで知らぬ顔の半兵衛だ。

野党は自らを省みて対応すべきであり、ゆめゆめテロ対策法などを人質に 取って、国会審議を遅らせるような対応をすべきではない。集中審議など は本来北朝鮮情勢で行うべきだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(30)
━━━━━━━━━━━━━━━━


      “シーチン”修一 2.0

入院するまでは6畳の和室に布団を敷いて寝ていたが、病院では当然ベッ ドで、「退院後は原則的に家庭内別居」ということになっていたので、帰 宅してからは3Fの14畳の洋室でベッドを利用している。ベッドは寝心地が いいし、屋上にあるので開放感があり、ペントハウスの気分、なかなか快 適だ。

ベッドは厚さ20センチの硬いマットの上に同10センチの高級(らしい)安 眠マットが載っており、この安眠マットがずれやすいのが気になっていた ところ、先日、夜中に寝返りを打った際、ベッドから転げ落ちそうになった。

転げ落ちれば右か左の手や腕を骨折するだろうからと、安眠マットがずれ ないように柵のような転落防止装置を作ったが、予想以上に具合が良い。

炊事洗濯のほかにそんな工夫・工作やら掃除、片付けもやっているから1 日があっという間に過ぎていく。毎日クタクタだ。4/25にはカミサンの運 転で往復3時間の精神外来も受診したからなおさら忙しかった。

カウンセラーの“ピーコック”のマスクを外した顔を初めて見たが、結構な 美人だった。あれこれ近況を伝えたが、「ずいぶん良くなっているね」と のこと。小生自身も脳ミソがだいぶ復旧してきた感じはするが、さらに上 を目指し、世界中からリベラルを追放し、中韓北を殲滅したい・・・生き ているうちに。

4月からの異動で担当Dr.は30歳前後の“ヤングマン”に代わったが、何やら 初々しい。小生が「犯罪心理学を学んでいる」と言ったらびっくりしていた。

外来待合室で、すっかりヒッキーになってしまった“ボス”に会ったが、 “ヤングマン”とは相性が良くなかったようで、以前のDr.が移った先の厚 木△△病院へ入院する予定だという。「予定は未定」で、どうなるかは分か らないが、「お元気で」「お大事に」と挨拶を交わした。まだ40歳ちょっ となのに彼の未来は暗いなあと思わざるを得ない。“病院渡り鳥”・・・

帰路に東名海老名SAに10年ぶりに寄ったがビックリ。SAは立ち食いうどん のようなジャンクフードのイメージだったが、大きなデパ地下みたいに専 門店が高級食品を売っており、オバサンたちがうじゃうじゃいた。今夜は 子・孫が来るのでカミサンは大きなシューマイを買った。

東名を降りてからは大きなリサイクルショップに寄って新品のアルミ脚立 を安く買えた。これまで使っていた脚立は父から引き継いだ鉄製で、もう 50年も使ってきたから錆がひどく、修理も不可能で、壊れそうで怖かった のだが、これからは安心して高所作業に取り組める。今週には3F軒下の修 繕を開始できるだろう。

夕食は奄美名物の鶏飯をカミサンが作ってくれるし、昼食の際に中華スー プを多めに作っておいたから小生はラクチン・・・と思っていたらカミサ ンが想定外で熊本産筍(たけのこ)の初物を買ってきたので、翌朝にみん なで食べられるように小生は一気に家事ロボと化したのである、一気に シェフモードへ「ヘンシーン!」。

明るい老人を演じているが、何となく覆水盆に返らずのようなぎくしゃく した感じ。お星さまになってしまったビーグル犬に変身できたら愛される のかどうか・・・幾つになっても stray sheep。「我はわがトガを知る。 わが罪は常にわが前にあり」か? ああ悩ましい。

発狂老人、瘋癲老人の意外に冷静な病棟日記から。

【2016/11/27】*“ボス”が明日退院するが、「90日しかいられないから、 正確には転院だね。秦野の○○病院へ行くつもりだ」とのこと。「心の病気 は完治しづらいから大変だね」と言ったものの、なんとなく“たらい回し” のような・・・

精神病患者は嫌われ者だから家族が引き取らないケースが珍しくない。結 局、患者は独り暮らしをし、生活保護や障害者年金などで賄うのだが、医 療費はタダ。病院としてはとりっぱぐれのない“国費の患者様”だから、ま あウェルカムなのだろうが、そういう寄生的な患者は働かなくても衣食 住+医療が保障されているとなれば、社会復帰する意欲もなくなっていく だろう。

社会保障全般を見直し、子育て支援を手厚くしないと亡国になる。

*“一日でも早く仕事に復帰したい”とリハビリに励む“マジメ”は昨日から 外泊。両親が迎えに来たのだが、母親は認知症のようで、彼は何回も母親 のトイレに付き添っていた。退院し職場に復帰しても老親を抱えて大変だ ろう。実に気の毒だ。

50代後半の“コンチャン”は風邪で終日寝込んでいたが、小生がホールで産 経を読んでいると昨日の大相撲の結果を聞いてきた。「鶴竜優勝だって。 日本人横綱は遠のいたね」と言うと、認知症と言語障害の彼も納得していた。

*フィデル・カストロが亡くなった。彼は最初の武装蜂起で逮捕され、裁 判で「歴史は私に無罪判決を下すだろう」と有名な大演説をしたが、敵で あるバチスタ政権はカストロ一統を死刑にしなかった。痛恨のミスだ。

フィデルはちょっと過激なリベラル、明治の自由民権運動家みたいだった が、チェ・ゲバラの影響をかなり受けたのではないか。キューバ革命が成 功し、バチスタが亡命すると、米国は反発して経済封鎖を断行、フィデル は苦肉の策でソ連の庇護を受けたのは分かるが、よせばいいのにアカに なってしまった。

バチスタ政権は追放されるほどの圧政を敷いたわけではなかろう。キュー バ同様に米国の影響を受けたカリブ海のジャマイカやプエルトリコはそこ そこ発展し、自由、民主、人権、法治は機能していると思う。

革命後、キューバはソ連の属国となり、ソ連崩壊後は二進も三進も行かな くなった。放っておけばいいものをオバマは私欲(レガシーという名誉 欲)で経済封鎖を解き、国交を回復した。しかし、カストロ兄弟は共産主 義独裁に固執したままだ。権力という魔物に取りつかれている。

キューバ版の改革開放がなければ誰も投資しないだろうに、キューバにト ウ小平はいない、まともな人材はみな亡命してしまった。

*病院には職員の子供を預かる育児室があり、乳幼児でいつも賑わってい る。今日は日曜日だけれど7人の子供が散歩に出かけた。育児室がないと ナースが集まらないのだ。

デベロッパーがマンションや分譲地、戸建てを売りたいのなら、その地区 に託児所、保育所、介護施設などを専門業者とコラボして用意したらどう か。2世代、3世代家族は大いに安心だろう。

ニーズ、ウォンツを探り出し、市場にソリューションを提案する――ビジネ スの初めの一歩だ。デベロッパー諸君の奮励努力を期待している。

*日曜日だからホールにいるのは数人で、ほとんどの患者は外泊している ようだ。外泊すると里心がついて辛くならないか。

午後から業者が来て2Fの通路、ホールなどの掃除とワックスがけ。小生も 家事に復帰したいなあ。

面白く なき世をいかに 棲みなすか 心と仕事 癒しは酒で

ビジネスにしろ家事にしろ、仕事は最高の暇つぶしだが、ご褒美の酒はほ どほどに。この「ほどほど」が難しい。(つづく)2017/4/26

           
                
━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮に通じるか、トランプの手法
━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

4月6、7の両日、フロリダで開かれた米中首脳会談で、米中関係はどこま で進展したのか。そのことについてヒントになる事例が目についた。マイ ク・ペンス米副大統領のソウル訪問に合わせて、4月16日、ホワイトハウ スが同行記者団に行ったブリーフィングである。
  
ホワイトハウス高官はアメリカが急いできた韓国への高高度防衛ミサイル (THAAD)の配備及び運用開始の時期について、作業を急がないと 語ったという。「まだいくつか必要な作業があり、韓国の新大統領が決ま るまで流動的だ」「配備は次期大統領が決定すべきで、5月前半が適当 だ」などと発言したと報じられた。
  
これまで、次期大統領が選ばれる前に、何としてでもTHAAD配備を完 了し、運用を開始して、実績を作りたいとしてきたアメリカが、なぜい ま、このように変化したのか。北朝鮮のミサイル発射や核実験の危険性は 少しもなくなっていない。
  
 中国問題に関して一目も二目も置かれている産経新聞外信部編集委員、 矢板明夫氏は、北朝鮮問題で中国の協力を要請したアメリカが、中国の前 向きな反応を得て、彼らに配慮した可能性を指摘する。アメリカは今も昔 も中国は北朝鮮抑止に力を発揮できると考えている。他方、習近平氏はと りわけいま、アメリカの協力を必要とし、対立関係に陥ることを最大限回 避している。合意の下地があるということだ。
  
 習氏がどれだけアメリカとの対立を回避したかったかは、4月12日に行 われた国連安全保障理事会で、シリアのサリンガス攻撃についての調査に 関する決議案の採決を、中国が棄権したことにも見てとれる。

ロシアは拒否権を行使してアサド大統領を守った。中国もこれまで6回、 ロシアと共に拒否権を行使してきたが、今回は棄権にまわった。トランプ 大統領は決議案採決の前日に電話会談で習氏に協力を依頼したと語ってい る。中国はロシアと距離をおき、アメリカに接近したのだ。

20世紀の個人崇拝

「過去6回もシリアのために拒否権を行使して、アメリカに反対した中国 が、今回、アメリカに従ったことが明確になりました」と矢板氏。
  
 氏はさらに説明した。

「米中首脳会談を、どうしても成功させなければならない立場に、習氏は ありました。8月には最も重要な北戴河会議が、秋には党大会がありま す。それが終わるまで、アメリカには問題を起こしてほしくない。そのた めにはトランプ氏とよい関係を構築しなければならない。これが習氏が訪 米した背景です」
  
 習氏はいま党組織改革を目論んでおり、8月に河北省の避暑地、北戴河 で開かれる中国共産党長老たちの会議で了承を得なければならない。習氏 は昨年秋、自身を毛沢東に匹敵する党の「核心」として位置づけた。今年 の組織改革では、政治局常務委員会を無力化し、党主席、つまり習氏1人 に権力を集中させる「中央委員会主席」という役職を新設すると報じられ ている。
  
21世紀の中国を20世紀の個人崇拝の時代に引き戻すと懸念されている組織 改革には、まず長老たちの間に強い反対の声があると言われている。長老 の反対論を抑え、党大会の了承を得るために、習氏は全ての問題を巧く取 り仕切らなければならない状況にある。
  
 韓国へのTHAAD配備には、中国全体がとりわけ敏感になっている。 国をあげて韓国製品の不買運動を展開している最中である。旅行者も制限 して韓国を締め上げ、配備を止めさせようとしているのが中国だ。
  
そうした習氏の思惑や中国の事情をトランプ氏が取り引きの材料に使った のか。
  
 習氏が目指した訪米の目的が、党大会まで、アメリカに大人しくしてい てもらうことだったのであれば、THAAD配備の先延ばしは明確な成果 であろう。しかし、夏、或いは秋まで延ばすことは、北朝鮮のミサイル迎 撃という観点からは考えにくい。となると、アメリカ側は中国の北朝鮮対 策を見ながら、配備のタイミングを調整する可能性もある。
  
このように推測する理由に、トランプ氏の対中国発言が首脳会談後、大い に和らいでいることがある。4月13日、「ウォール・ストリート・ジャー ナル」(WSJ)紙は氏の単独インタビューに基づく複数の記事とコラム を掲載した。「トランプと習、緊張転じて合性よし」というコラムにはト ランプ氏のこんな発言がある。

「我々の合性は抜群だ。私は彼がとても好きだ。彼の妻もすばらしい」
  
トランプ氏はさらに語っている。

「冒頭の初顔合わせは10分か15分の予定だった。それが、3時間も話し込 んだ」「翌日、また10分のところが2時間も会話した。本当に気が合うんだ」

北朝鮮への支援
  
 中国や習氏に対するこの熱く高い評価は、暫く前の発言とは正反対だ。 WSJは、トランプ氏が次々に政策を反転させていると指摘したが、プー チン氏への評価は負の方向に大逆転させた。
  
70分間のインタビューでトランプ氏は、メディアはプーチン大統領との関 係を書きたてるが「私はプーチンのことなど知らない」と素っ気なく繰り 返している。
  
トランプ氏はかつて為替操作国だとなじった中国に、もはやそのような レッテルは貼らないと変化した。アメリカの輸出入銀行は不要だと切り捨 てていたのを、中小企業支援のためにこれからも支えるとした。NATO は無用だと悪口雑言だったのが、いまは非常に重要な同盟だと評価する。 なぜ変わるのかと質問されて、トランプ氏は答えた。

「全ての事案の重要性はとてつもなく大きく、全ての決定がとてつもなく 大きい。わかってるだろ、生か死かの問題なんだ。うまくディールできる かどうかの話ではないんだ」
  
トランプ氏は、中国は簡単に北朝鮮問題を解決できると考えていたが、習 氏の説明に「最初の10分間で、それほど容易なことではないとわかった」 と語っている。それでも恐らく中国は約束したのではないか。トランプ氏 は中国が直ちに北朝鮮をコントロールできなくとも、暫く待つ姿勢を示し ているのではないか。もしそうならうまく行かないと、矢板氏は見る。

「中朝関係は制裁では動かない。経済的に締め上げてもダメ。お金を与え れば別ですが」
  
 中国はこのことをよく知っている。アメリカが要求するように北朝鮮へ の支援を止めれば、そこにロシアが介入して、北朝鮮をロシア陣営に引き 込む。従って中国は支援を止められない。北朝鮮抑止を中国に任せること 自体、何度も失敗してきた。そのことをトランプ政権は、いまから学ぼう としているのか。
『週刊新潮』 2017年4月27日号  日本ルネッサンス 第751回


    

━━━━━━━
話 の 耳 袋
━━━━━━━


 ◎【単刀直言】 「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松 原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も

東京都議選(7月2日投開票)で民進党候補の離党が相次いでいますが、 私の知る限り、党が嫌いで離党した人はいません。民進で選挙を戦いたい が、勝負の世界で明らかに勝てないと見切ったとき、「こうしないと勝て ず、恩返しもできない。勝つために離党を許してくれ」と言ってくるケー スが大半です。都連会長として、非常に忸怩(じくじ)たる思いです。

もちろん、党はぎりぎりまで各選挙区に公認候補を擁立する努力は続けま す。でも、今の民進党の支持率を考えると、離党する候補が自らの政治生 命を維持するため、さまざまな選択肢を模索することは理解できなくな い。問題は、党としてこの現象をどう捉えるかですよ。

何が原因でこれだけ党勢が伸びないのか、どう事態を打開するのか、執行 部はもっと科学的に分析してほしい。自民党の1強体制がいいと思ってい る人は少ないと思いますが、そうした人でも「だからといって、民進党に 頑張ってほしいとは思わない」という声を聞きます。実際、世論調査の政 党支持率に明快に表れていますよね。

まず、徹底的に自己分析するところから始めるべきです。党内に独立した プロジェクトチームをつくってでも検証したほうがいい。それをやらなけ れば、党に未来はありません。

例えば、蓮舫代表の「二重国籍」問題しかり。みんな「はっきりさせてほ しい」と思っているのですから。それが釈然としないのなら、この件で国 民が納得しているのかどうか世論調査もかけてみればいい。今はこの問題 を正面から言う人は少なくなりましたが、それは忘れたのでなく、みんな まだ胸につかえているのです。戦略的にも、腹をくくってやるべきではな いでしょうか。

謝るべきは謝り、釈明すべきは釈明する。こうした自己分析ができれば、 支持率を上げるための次のステップに入れると思うのです。党内の求心力 と党の支持拡大のため、あえて諫言(かんげん)したい。

共産党との選挙協力は、蓮舫氏自身が消極的だと思います。民進党は去年 の都知事選で鳥越俊太郎氏を野党統一候補に担ぎましたが、蓮舫氏は共産 党が同席する会合には出席しませんでした。彼女は直感的にそうしている のでしょう。

国会審議で取り上げるべきテーマや政府の追及の仕方、党の発信力も重要 な調査対象です。そういう面では、小池百合子都知事は発信がうまいです よね。露出も見事。わが党も学ぶべきでしょう。

離党者を野放しにしていることへの批判もあります。筋論としては正しい のですが、都議会の場合はやや事情が違います。都議会の民進党会派は 「東京改革議員団」という名称に変えましたが、ここには離党届を出した 都議もいます。

民進党の自前の公認候補だけでなく、連携する勢力も含め「改革議員団」 の数を増やすことが大切です。非自民の改革勢力総結集こそ、民進党の目 指す都政改革を前進させる力にもなるのです。ですから公認候補にこだわ らず、党本部推薦や都連推薦、(衆院選の都内選挙区候補の)推薦など、 複数の選択肢が考えられると思います。

離党届を出した者が無所属でいた場合、彼らの行状をみた上でさまざまな 対応を検討します。もちろん、6月23日の告示まで、強く公認候補擁立を 目指すのは変わりません。

党では今月、都連幹事長だった長島昭久元防衛副大臣が離党届を出してし まいました。党の支持率が上がらないと、議員にはストレスがたまってき ます。党勢の厳しい折には、すべての議員が「全員野球」に参加している 実感を真剣に持たせることが大切です。

ただ、長島氏は短期的には自民党にいかないと思います。長島氏に近い都 議候補は民進党系で都議選を戦い、ライバルに自民党候補がいるのですから。

こうした事情も考え、私は長島氏の離党届の扱いについて、野田佳彦幹事 長に電話し、「除籍すべきではない」とお願いしました。確かに都議選直 前の離党は重いですが、民進党の懐の深いところを見せるべきだと思うの です。今は戦略的に「党の中にいてもやっていける」と内外に団結のため の寛容さを印象づけなければなりません。

「松原が次に離党する」なんて声もありますが、保守政治家はそんなこと はしません。自分の持ち場を守るのが保守の原点です。(山本雄史)
【産經ニュース】 2017.4.27 01:02  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎今村元復興相、即日クビのワケ 安倍首相、与党内の“緩み”警戒「今 回はアウトだ」

26日午前、安倍晋三首相に辞表を提出した今村雅弘元復興相(70)。東日 本大震災の被害について、前日の講演で「まだ東北で良かった」という言 語道断の大失言をして「即日クビ」が決まっていた。安倍首相としては怒 り心頭に発したうえ、朝鮮半島情勢が緊張するなか、これ以上、閣僚や自 民党若手に「緩み」が出ることを警戒したようだ。

「首相として、改めて被災地の皆さまに深くおわびを申し上げる。こうし た結果となったことに対し、国民に心からおわびする」

安倍首相は26日、今村氏の辞表を受け取った後、官邸で記者団にこう語っ た。閣僚更迭後に、改めて謝罪するのは“異例”といえる。

今村氏は辞表提出後、官邸で記者団に「東北のみなさまに大変なご迷惑を 掛け、傷つけてしまった。心からおわび申し上げたい」と謝罪した。辞表 を受け取った安倍首相は、今村氏に声すら掛けなかったという。

 後任には福島県選出の吉野正芳・衆院東日本大震災復興特別委員長 (68)が就任した。

今村氏の大暴言は、所属する二階派のパーティーの講演で飛び出した。 「東大法学部卒、国会議員歴20年以上」とは思えないほど、常識外れとい える発言だった。講演は本来、福島第1原発事故をめぐる失言をした今村 氏の失地挽回のために設定されたが、恩をあだで返す結果となった。

安倍首相は25日深夜、周囲に「今回はアウトだ。被災者にとって、決して 許せない言葉だ」と述べ、怒りの表情を浮かべていたという。

閣僚辞任は、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、5人目。昨年8月に スタートした第3次安倍再改造内閣では初めて。18日には中川俊直衆院議 員が、週刊誌に不倫女性に絡む「ストーカー登録」「重婚」疑惑を報じら れ、経済産業政務官を辞任し、自民党を離党している。

野党は、安倍首相の任命責任を追及する構えで、政権への打撃は必至とい える。
 【ZakZak】 2017.04.27 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎トランプ氏“不退転の決意” 北制圧へ海上封鎖で「兵糧攻め」、一触 即発の緊張状態

 ドナルド・トランプ米大統領が、北朝鮮制圧に向けて“不退転の決意”を 示した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25日、過去最 大規模の砲撃訓練を行うなど、軍事的挑発をやめないからだ。国連安全保 障理事会の追加制裁に加えて、世界最強の米原子力空母「カール・ビンソ ン」を中心とする第1空母打撃群による海上封鎖などで「兵糧攻め」に持 ち込み、徹底的に締め上げることも考えられる。

「北朝鮮は世界にとって現実の脅威だ」「人々は数十年間(北朝鮮の核開 発に)目をつぶってきた」「北朝鮮の核・ミサイル計画に対して安保理は さらに強力な追加制裁を科す準備をすべきだ」

トランプ氏は24日、国連安全保障理事会のメンバー国の国連大使らをホワ イトハウスに招いた昼食会で、こう語った。

26日にも、ホワイトハウスに上院議員100人全員を招き、レックス・ティ ラーソン国務長官らが北朝鮮政策を説明する会議を開催する。異例の大規 模会議を通じて、北朝鮮問題解決に向けた政権の決意を示す。

北朝鮮は、朝鮮人民軍の創建85年の記念日「建軍節」にあたる25日、トラ ンプ政権がレッドラインに設定した「6回目の核実験」や「ICBM(大 陸間弾道ミサイル)発射」は見送った。だが、南東部・元山(ウォンサ ン)一帯で、長距離砲など300〜400門を投入して過去最大規模の砲撃訓練 を行った。

38度線から約40キロにある韓国・ソウルを意識して、「いつでも火の海に できるぞ」と恫喝(どうかつ)したに等しい。

これに対し、米軍や自衛隊、韓国軍、中国人民解放軍の包囲網は万全だ。

米原子力空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島に向かって北上しながら、 海上自衛隊の護衛艦「あしがら」「さみだれ」と共同訓練を行っている。 米海軍の駆逐艦「フィッツジェラルド」と、海自の護衛艦「ちょうかい」 も25日、日本海で共同訓練を行った。米海軍と韓国海軍も同日、黄海で 共同訓練を実施した。中国人民解放軍も10万〜15万人規模で、中朝国境に 展開しているという情報もある。

つまり、北朝鮮を東西南北で包囲し、核・ミサイル暴発をした場合、「斬 首作戦」などに加え、いつでも海上封鎖などを実行して「兵糧攻め」にす る構えなのだ。

トランプ氏は冒頭の昼食会で、「私たちは問題を最終的に解決しなければ ならない」といい、オバマ前大統領のような中途半端な「戦略的忍耐」政 策でお茶を濁すようなことを完全否定した。

 果たして、北朝鮮は屈服するのか。

国際政治学者の藤井厳喜氏は「北朝鮮が、核・ミサイルを諦めることはな い」と断言し、続けた。

「正恩氏としては、韓国大統領選(5月9日投開票)の結果を見極める気 ではないか。『従北派』とされる最大野党『共に民主党』の文在寅(ム ン・ジェイン)候補が優勢で、彼が大統領に当選した場合、韓国から在韓 米軍を追い出す可能性があるからだ。中国の習近平国家主席としても、秋 の党大会を見据えて、北朝鮮には暴発してほしくない。最低でも、4月 いっぱいはにらみ合いが続くのではないか」

一触即発の高度な緊張状態が続いている。
【ZakZak】 2017.04.27 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎【北朝鮮情勢】武力衝突なら…ソウルに9000発、1日で「火の海」 日 本上空でVXも

金日成生誕105年の15日、朝鮮人民軍創建85年の25日という4月に懸念さ れた2つの節目は過ぎた。しかし、核弾頭搭載ミサイルの開発は継続して 行われるというのが専門家の一致した意見だ。米韓軍との武力衝突に発展 した場合、北朝鮮の攻撃による被害はどのように想定されるのか。

■戦力差は歴然

「米韓軍が海軍では60倍、空軍では10倍の戦力を保有する」。軍事アナ リストの西村金一氏は、近代化された軍艦や戦闘機の戦力をこう比較す る。陸軍兵力や艦艇は数字の上では北朝鮮が米韓軍を上回るものの、戦力 差は歴然。米韓側の先制攻撃は、北側の反撃を許さない壊滅的な打撃を加 えることが前提となる。

小川和久静岡県立大特任教授は、通常兵器としては最大級の破壊力を持つ とされ、今月13日にアフガニスタンで過激組織「イスラム国」への空爆 にも使用された大規模爆風爆弾「MOAB」に着目。気化爆弾と組み合わ せ「非武装地帯(DMZ)北側に配備された火砲の相当数を無力化でき る」とみる。

■ソウル「火の海」も

しかし、武力衝突がこうしたシナリオ通りに推移するとは限らない。北朝 鮮軍に対する一定以上の攻撃や指揮系統を破壊・遮断する「斬首作戦」が 達成されないまま戦闘状態に至った場合、第一に想定される標的は韓国・ ソウルだ。DMZ付近に300門以上配備された、30〜40個の発射管を有す る新型ロケット砲から9000発以上の同時発射を受け、隣国の首都が一日に して「火の海」になる事態は十分に想定される。軍事ジャーナリストの黒 井文太郎氏は「米韓軍の反撃を受けるが、数千人の被害が生じてもおかし くない」と分析する。

このほか、「世界最大」と評される20万人の特殊部隊が軍事施設などに潜 入、テロや暗殺を実行する事態も予想される。西村氏は「北朝鮮は通常戦 力では勝てない。ソウルを占領し日本人や米国人、政権中枢を人質にとり 停戦交渉に臨むシナリオだ」とみる。

■東京攻撃の可能性は

日本に対しては、すでに実戦配備されている弾道ミサイルの「ノドン」や 「スカッドER」の発射が警戒される。小川氏は核弾頭が搭載される可能 性のほか、「VXなどを搭載した化学弾頭を上空2キロで爆発させ、1キ ロ四方を汚染させる攻撃も考えられる」と話す。一方、黒井氏は「化学兵 器を使用すれば米軍による報復攻撃の規模が大幅に拡大する。停戦の可能 性があるうちは通常の火薬の弾頭が使用される」とみる。

首都圏が攻撃される可能性はあるのか。中露大使館の存在などから攻撃範 囲が限定されるとの見方もある一方、西村氏は「反戦世論を喚起するた め、主要都市を狙ったミサイル攻撃は十分にある」とみる。

黒井氏は「全面戦争が勃発してしまえば、北朝鮮の命運は尽きる。作戦上 の戦略としてではなく、『最後の報復』として核ミサイルが東京に発射さ れる確率は高い」と話す。(時吉達也)
【産經ニュース】 2017.4.27 00:32  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎<北朝鮮国連代表部>「突然の先制攻撃も」米韓訓練に警告

【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮の国連代表部は26日に声明を発表し、 朝鮮半島近海への米原子力空母「カール・ビンソン」の派遣や米韓砲撃訓 練に対し、「陸海空軍などの軍事行動を伴う対抗措置を即時取る」と反 発。対抗措置には「突然の先制攻撃を含む」と警告した。

朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の25日の社説でも「(米国と韓国の挑発に は)懲罰的な先制攻撃を加える」と先制攻撃の可能性に触れているが、国 連代表部声明で言及するのは初めて。国連安全保障理事会は28日、北朝鮮 問題を議題にした閣僚級会合を予定しており、声明は会合を前に、北朝鮮 に対する国際的な圧力を強化されないよう、けん制したものとみられる。 毎日新聞 4/27(木) 11:11配信



 ◎日米韓、北朝鮮への警戒継続=挑発阻止で軍事的圧力強化

【ソウル時事】日米韓は26日、核実験や弾道ミサイル発射など北朝鮮によ る新たな挑発に備え、警戒態勢を維持した。日米、米韓はそれぞれ合同軍 事演習などで北朝鮮をけん制。関係国は軍事的な動きを活発化させている。

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表 と会談。緊迫の度を増す朝鮮半島情勢について、外交的解決を目指す方針 で一致する一方、中国側に北朝鮮経済への影響が大きい石油の禁輸を求めた。

日本ではさらに防衛省が26日、航空自衛隊の戦闘機が沖縄東方を航行中の 米原子力空母「カール・ビンソン」と共同訓練を実施すると発表。その 後、悪天候による中止が再発表されたが、27日以降の実施に向け調整して いる。北朝鮮へのけん制を強める狙いがある。

韓国軍と在韓米軍は南北軍事境界線に近い抱川の演習場で合同火力訓練を 実施した。演習は北朝鮮の長距離砲やミサイル基地への攻撃を想定。両軍 から約2000人が参加し、F15戦闘機やアパッチ攻撃ヘリコプター、多連装 ロケット砲も投入して目標への射撃訓練を行った。

北朝鮮は朝鮮人民軍創建85周年の25日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会い の下、東部・元山で過去最大規模の攻撃演習を実施した。米韓の火力訓練 は「米韓の作戦遂行能力を誇示する」(韓国国防省)のが目的で、軍事力 を強調し、北朝鮮に警告する狙いとみられる。

緊張が高まった軍創建日の25日に、核実験など北朝鮮による重大な挑発は 行われなかった。日米韓は引き続き、北朝鮮による新たな挑発の阻止に向 け、軍事的圧力を強めている。

26日には在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル (THAAD)」の一部配備が始まり、レーダーや発射台が韓国南部・星 州の配備先に搬入された。

一方、朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は「朝鮮半島情勢を核 戦争の瀬戸際に追い込んだ米国が脅威を騒ぎ立てる芝居を演出している」 と批判した。
【時事通信】 2017/04/26-21:57 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎富士山・箱根“危険な予兆” 小笠原・伊豆諸島の噴火・警報に専門家 「同じ東日本火山帯の列に」

これは何かの前兆なのか。2015年11月を最後に噴火が途絶えていた小笠原 諸島の西之島で再び噴煙が立ち上り始めた。先月には、その北方にある伊 豆諸島の海底火山でも噴火が発生する恐れがあるとして、周辺海域に警報 が発令されたばかり。専門家は「これらの火山帯は箱根や富士山までつな がっている。今後、何が起きるか分からない」と話している。

西之島周辺の海底で13年11月に噴火が確認され、活発な火山活動が続いた 末に新しい陸地が誕生したことで、島の面積は噴火前の約12倍にまで拡大 した。15年11月からは静かな状態に入っていたが、今月20日に再び噴火し ているのが発見された。気象庁は火口から約1・5キロ以内では大きな噴 石が飛んでくる恐れがあるとして、噴火警報を発令した。

これに先立つ3月24日には、東京の南約400キロにある伊豆諸島のベヨ ネース列岩の「明神礁」付近で、火山活動が原因とみられる海面の変色が 発見された。噴火警報が発令され、いまも継続している。噴火しても、青 ケ島など有人島への影響が出る可能性は低いというが、夕刊フジで「警戒 せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」(木曜)を連載する島村英紀氏は 「明神礁では、1952年に海底噴火が起き、近くを航行していた海上保安庁 の船が被害を受けて乗員31人全員が亡くなっている」と指摘したうえで、 こう続ける。

「西之島もベヨネース列岩も、そして本州の箱根や富士山も、東日本火山 帯と呼ばれる列の上にある火山だ。この火山帯の地下100キロ付近にはマ グマがたまっている。噴火して西之島のように陸地を形成することもあれ ば、明神礁のように再び海中に沈んでしまうこともある」

気になるのは、東京と西之島のちょうど中間地点のあたりにベヨネース列 岩がある点だ。小笠原諸島で噴火が起き、伊豆諸島で噴火の兆しありとな ると、今度はどこなのか。島村氏は「同じ火山帯でつながっている箱根や 富士山でも同様の噴火が起こる可能性は否定できない」と警鐘を鳴らす。

 遠い南の洋上のことといって、楽観視はできない。
【ZakZak】 2017.04.26 〔情報収録 − 坂元 誠〕



━━━━━━━━
読 者 の 声       
━━━━━━━━



 1)都営地下鉄新宿線車内の出来事:前田正晶

26日の午後4時近くに新宿駅から乗り込んだ。かなり混んでいたが折良く 優先席が空いていたので座った。隣には大学生と思しき若者が2名、単位 がどうしたのと語り合っていた。

そこに老人が1名歩み寄ってこられて「私は92歳だから座らせてくれ」
とハッキリ言われた。すると、その学生風の1人が仏頂面で顔で立ち上 がった。ご老人は座られた。ところが残る1人は仲間が立ったにも拘わら ず座り続けた。

そこで、ご老人は言われた「この席は君らが座るべきではないと承知か」 と言いながら、優先席を示すステッカー(正しくは”sticker”であり「ス テイッカー」だろうが)を指さして「ここは本来君らが座っているべきで はないのだと承知か」と諭された。

すると、何と「我々も同じ運賃を払っていますから」と言い出した。心得 違いだろう。

私も事ここに至るや参加すべきかと思い「この方がどれだけ不愉快な思い されたか解るか。君らもこう言われて気分が悪いと思ったらならば、それ は誤りだ。

何れにせよ、ここから立ち去れ」と優しく告知してやった。するとどうだ ろう、その残党は立ち上がって我々を睨み付けて、今にも殴りかからんば かりの表情で、隣の車両に移っていった。

一寸話を変えよう。私は70歳に達する前頃だったかに、JR中央線の車内で 男子大学生に席を譲る意思表示をされたことがあった。だが、「俺はそれ ほど老人に見えたのか」と些かムッとなって丁重に断って、それで事が終 わったと思った。

直後にお目にかかった某有名私立大学のST教授にこのことを語ったとこ ろ、ヤンワリと諭された。

「そういう場合は必ずお受けになって下さい。彼らはかなりの勇気を持っ て良いことをしようとお譲りする意思を示したのです。それを断れれば折 角の意思を無視されたと快く思わず、2度と譲るまいと考えがちなので す。今後はご注意下さい」と言って。ST先生に良い勉強をさせて頂いたの だった。

このご老人は「近頃は電車の中で読書をする者を見なくなり、老いも若き もスマホだ。この優先席には電源を切れと掲示されているのは無視されて いる」と嘆かれた。

するとどうだろう、反対側の席でスマホをいじっていた中年と見える男性 から「今は微弱な電波しか出ないのだから構わないのです」との声が上 がった。こちらからは「そういう問題ではないのではないか」と切り返す と、今時の中年はばつが悪そうな顔で電源を切ってスマホを引っ込めたの だった。

今時の老人はお節介なのか、老爺心を発揮し過ぎたのか。私には解らない のだが、印象的な出来事だった。



 2)今村前復興大臣の失言:前田正晶

26日夜の後期高齢者ばかりの会合での雑談の中で出た意見に、もしかする と所謂「炎上」ものかも知れないが「今村氏が言ったことは誤りではない というか本当のことだと思う。しかし、あの発言は表現が余りにも稚拙で 粗雑であり時と場合を心得ていなかった。

担当大臣ともあろう者が被災地に対する何の配慮も、政治家としての心配 りもなかったことは到底許されることではなかった」というのがあった。 そこから短時間語り合ったのだった。

要するに「東北地方ではなく、首都圏にあれほどの地震と津波が襲えばど うなったか」という意味だったのだろう。そのくらいは誰にでも考えつく ことであり、もし首都圏が襲われればそういう結果になるだろう。

だが、あのような公式の場で、取材のマスコミや多くの方がパーティー券 だったかを買い参加されているのだから、極めて不適切な発言だというこ とだ。即ち、大臣には不適格だとなる。

「それくらいのことが解っていない者が担当大臣に任命されていたこと は、党内の事情があっても総理にも責任がある」という結論になって、話 題が変わっていった。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

28 日の東京湾岸は曇天。


27日の東京湾岸は朝のうちは雨。傘をさして散歩した。

                        読者:5541 人





◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/

渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 「365日の紙飛行機」の「朝の空を見上げて 今日という一日が 笑顔でいられるように そっとお願いした」を毎朝流してくれる番組があれば、その番組を見るんだが。

     2017/4/28

  2. ◎【単刀直言】 「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松 原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も

    >「蓮舫氏の二重国籍問題をはっきりさせよ」民進・松原仁元拉致問題担当相
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4853.html



     2017/4/28

  3. シラス(知らす、Shirasu)
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3371.html

    エリザベス女王は今年中に第三次世界大戦を勃発させたいのです。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52006774.html

    放射能除去システムについて
    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1791762.html

    断食効果で見た目が激変する!!
    http://danjiki-kouka.com/category5.html

    【韓国】性犯罪大国の危険を報道しない日本メディア。世界的な社会問題嫌われる韓国 
    https://matome.naver.jp/odai/2138101792965025101

    腐敗の時代
    https://books.google.co.jp/books?id=BkHlCQAAQBAJ&pg=PT30&lpg=PT30&dq=%E8%85%90%E6%95%97%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3&source=bl&ots=OCt74-n9EB&sig=6xl5ID8uhgWcHJ1UicPD5_ya64I&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiAvLyW7rfTAhUJy7wKHUzdAwYQ6AEIVTAJ#v=onepage&q=%E8%85%90%E6%95%97%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3&f=false

    錦華公園 [東京都千代田区]
    http://waradutoya.blog.so-net.ne.jp/2011-01-19

    高知のおいしいものを首都圏で!
    http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111602/tokusanhin-antenna.html

    【緊急拡散】韓国旅行中の日本人が次々とんでもない目に遭う!!! 在韓邦人は今すぐ帰国しないと命の保証はないぞ!!!
    http://www.news-us.jp/article/20170316-000011k.html

    医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
    http://www.long-life.net/newpage965.html

    白山
    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%99%BD%E5%B1%B1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjvnrTXn8TTAhVIgrwKHfRsBUUQ_AUIBygC&biw=1280&bih=641#spf=1

    元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid272.html

    インフルエンザ予防接種で13人が死亡
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11960635842.html

    教科書に国の関与が強まって何が悪いのか。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32272268.html

    西欧人が憧れる理想の君主 昭和聖帝
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68261704.html

    ちなみにインドは中国と恐ろしく仲が悪い。中共がチベットで虐殺しているのは公然の秘密だ。リチャードの勇気に拍手!
    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18451012.html

     2017/4/28

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事