政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4309号  2017・3・29(水)

2017/03/29



□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4309号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年3月 29日(水)



            苦慮するトランプ政権:加瀬英明

        徳川家康の学問による国づくり:伊勢雅臣

              国家元首の責任:Andy Chang
     
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4309号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━
苦慮するトランプ政権
━━━━━━━━━━


     加瀬 英明


北朝鮮の脅威にどう対抗? 苦慮するトランプ政権

北朝鮮が4発の弾道ミサイル弾を、日本海側の東倉生から発射して、3発 が日本の経済水域に着弾した。

北朝鮮が弾道ミサイルの試射を行ったのは、2月10日に日米首脳がフロリ ダで、会議を終えた直後以来だった。その時に、トランプ大統領は「北朝 鮮の脅威への対処に、きわめて(ベリー・)高い優先順位を与えねばならな い(ベリー・ハイ・プライオリテイ)」と、述べた。

北朝鮮は今回のミサイル発射後に、「在日米軍を標的とした訓練」だった と、発表している。北朝鮮が同時に多数のミサイルを日本へ向けて発射し た場合に、日本に迎撃して撃破する能力がない。

トランプ政権にとって北朝鮮の脅威に対応することが、政権の信頼性がか かる噄緊の課題となっている。

トランプ政権は北朝鮮の核施設を破壊する、外科的な軍事攻撃も辞さない という姿勢をとって、政権発足直後に日本の岩国にF35新鋭ステルス戦闘 爆撃機を配備したが、どうするべきか苦慮している。

トランプ政権はクリントン政権からオバマ政権にいたるまで、北朝鮮の核 兵器開発を事実上放置してきたツケを、払わねばならない。

どうするか? といって、北朝鮮の核施設を除去するために、限定的な攻 撃を加えることはできまい。北朝鮮はソウルのすぐ北の軍事境界線に沿っ て砲列を敷いており、停戦までにソウルを火の海にすることができる。数 十万人のソウル市民が死傷することがあれば、韓国はアメリカが戦争を挑 発したといって、アメリカを恨もう。

それに、トランプ政権は北朝鮮よりも、オバマ政権が深入りして、シリ ア、リビア、イエメン、ソマリアなど中東アフリカ諸国にアメリカ軍が介 入してきたのを、引き揚げることを優先しているが、6ヶ月以上はかかろ う。北朝鮮に限定的な攻撃を加えるとしても、朝鮮半島において全面戦争 に発展する可能性を、想定しなければならない。現状では、アジアに十分 な軍事力を割くことができない。

だが、北朝鮮の金正恩委員長の危険な火遊びを、放置しておくことはでき ない。いくら北朝鮮の「暴挙」を非難して、経済制裁を強化しても、北朝 鮮は核兵器なしに体制を守ることができないと確信しているから、核を捨 てることはありえない。それに、中国が経済制裁の大きな抜け穴となって いる。

トランプ大統領は、6ヶ国協議や、オバマ政権が北朝鮮を「核保有国家」 として認めないという愚かしい政策などに、まったく束縛される必要がない。

そのようなしがらみがないから、北朝鮮の核弾頭や、ミサイルや、化学兵 器について、北朝鮮と交渉することができる。トランプ大統領自身、選挙 戦中に「金正恩委員長と会談してもよい」と、発言していた。

私はアメリカが北朝鮮を核保有国として認め、核弾頭の数とミサイルの射 程について制限を受け入れることと引き替えに、米朝平和条約を結ぶこと を、主張してきた。金体制の至上の目的が、金体制の存続を保障すること だから、喜んで交渉に応じよう。

日本も北朝鮮と並行して交渉し、弾頭数と射程距離について合意すれば、 日朝国交正常化を行い、1964年の日韓条約と見合った経済協力を、提供する。

そうすれば、拉致被害者が全員帰国し、朝鮮半島に平和秩序が確立される こととなろう。



━━━━━━━━━━━━━━
徳川家康の学問による国づくり
━━━━━━━━━━━━━━


         伊勢 雅臣

戦国の世を終わらせ、平和な国家を建設するために、家康は朝廷にも武家 にも学問を勧めた。

■1.「文の時代」の幕開け

徳川の世となって最初に行われたのが、武家諸法度(ぶけ・しょはっと) や禁中並公家(きんちゅう・ならびに・くげ)諸法度により、国家統治の 基本ルールを確立したことだった。

「武家諸法度」については東京書籍(東書)版、育鵬社版ともに、その一 部を引用しているが、選択に違いがある。「城の修理許可制・新設禁止」 「大名間婚姻許可制」は両教科書で共通しているが、東書版は「学問・武 道の奨励」を冒頭に掲げている[1, p113]。育鵬社版にはそれがなく、 「参勤交代」と「服装は身分相応」を加えている。[2, p117]

「城の修理許可制・新設禁止」「大名間婚姻許可制」は諸大名の幕府への 反乱を防ぐための施策であり、徳川幕府の安泰だけでなく、戦乱の世を終 わらせるためにも必要なことであった。

ただ東書版で引用されている「学問と武道にひたすら精を出すようにしな さい」という項目が第一条に置かれている点に、徳川の国家統治思想がよ く現れているので、以下、考察したい。


徳川時代の大きな特徴は、「文」が起こったことである。戦国時代が 「武」の時代だったとすれば、徳川時代は「文」の時代だった。[3, p41]

渡部昇一氏の言葉だが、この「文の時代」の幕開けが武家諸法度の第一条 だった。


■2.「学問と武道」

武家諸法度の第一条に「学問と武道」を置いたのは、いかにも家康らし い。家康は儒学・仏教・神道・日本古典を広く学び、それらを通じて政治 の在り方を考究した。

文禄2(1593)年、秀吉の朝鮮出兵が行われていた頃、50歳の家康は藤原 惺窩(せいか)を呼んで『貞観政要(じょうがんせいよう)』を講義させ ている。この書物は唐の太祖が群臣と交わした議論を収めており、国家を 統治する王者の道を説いている。鎌倉時代初期に北条泰時などの名君が現 れて仁政を展開したのも[a]、『貞観政要』による所が大きかった、と言 われている。

家康の学問重視は書物の出版にも熱心だった点にも表れている。慶長 4(1599)年、関ヶ原の戦いの前年から、『孔子家語』『貞観政要』『吾妻 鏡(鎌倉時代の政治史)』などを出版させている。

また「武」も、戦闘のための「武術」から人格形成のための「武道」へと 昇華させた。家康に取り立てられ、2代目将軍・秀忠、3代目・家光の兵 法指南役となった柳生宗矩(やぎゅう・むねのり)は江戸初期を代表する 剣士であったが、人を斬ったのは大坂の陣で秀忠に迫った豊臣方の武者7 人を瞬く間に倒した時だけだったと伝えられている。

宗矩は懇意にしていた沢庵(たくわん)和尚から禅を学び、「剣禅一致」 を唱えて、後の武士道の発展を導いた。戦国時代に戦闘者であった武士は 江戸時代には為政者となっていくが、その基盤を家康は文武両道に置いた のである。

シナや朝鮮では、為政者は儒学を修めた文人であったが、机上の学問だけ では政治が乱れやすく、一旦乱れると学問のない群雄がのし上がって弱肉 強食の世となってしまう。文と武の分離がシナの政治の不安定の一大要因 だった。わが国では為政者たる武士が文武両道を学んだ点が、長き徳川の 平和をもたらした大きな要因だろう。

この点は、徳川幕府の国づくりが、いかにシナや朝鮮と異なっていたか、 という重要なポイントであり、歴史教科書本文の記述にも含めるべき点だ ろう。


■3.「天子が習熟すべき諸芸能は、第一に御学問である」

家康は朝廷に向けては「禁中並公家諸法度」を発したが、東書版、育鵬社 版の記述は、それぞれ以下の通りである。


(東書版)また幕府は、京都所司代を置いて朝廷を監視し、禁中並公家諸 法度という法律で天皇や公家の行動を制限し、政治上の力を持たせません でした。[1, p113]

(育鵬社版)幕府にとって征夷大将軍という役職は全国支配のよりどころ であり、その任命者は朝廷でした。幕府は朝廷を敬いながらも禁中並公家 諸法度を定め、京都所司代を置くなどその動きを監視し、幕府をおびやか さないよう注意を払いました。[2, p117]

育鵬社版の「征夷大将軍という役職は全国支配のよりどころ」「幕府は朝 廷を敬いながら」という点が異なる。シナでは古い王朝を倒した権力者が 皇帝となって新しい王朝を始めるのだが、江戸幕府は朝廷を注意深く統制 しながらも、その権威をそのままに活かした。ここにわが国の特質がある。

実は「禁中並公家諸法度」の第一条も「学問」から始まっている。その現 代語訳は以下の通りである。

天子が習熟すべき諸芸能は、第一に御学問である。「学問を学ばなければ 古道も明らかにならない。学ぶことでよき政事を行い、太平を実現するこ とができるのであるが、未だそうなっていない」と『貞観政要』にも明記 されている。

(平安時代に宇多天皇が子の醍醐天皇に与えた)『寛平の遺誠(かんぴょう のゆいかい)』にも、「経史(経書や歴史書)をすべて読むことはできなく ても『群書治要』は暗誦できるほど読むべきである」と記されている。 [4, p33]

この部分は、鎌倉時代に順徳天皇が著した朝廷の儀式や政務に関する『禁 秘抄』からの引き写しであり、さらにその中に平安時代に宇多天皇が遺さ れた『寛平の遺誠』が言及されている。すなわち、この第一条は、皇室の 伝統的理想を継承したものだと言える。

この制定に関しては、家康は朝廷に赴いて親王や公家達と意見を交わした り、文書で意見を求めており、かならずしも幕府側の一方的押しつけでは なかった。

この「禁中並公家諸法度」は、武家が文武両道の為政者となるのと並行し て、朝廷にも国家統合の権威の中心としての見識を求めたものと言えよ う。権威を司る朝廷と権力を用いる幕府が両輪となって、共通の学問を基 軸として国家の安泰を築こうとする家康の思想が窺われる。


■4.武士は戦時の戦闘員から、平時の社会の指導者へ。

徳川時代の武士の実態について、もう少し見てみよう。東書版はこう記す。

武士は、主君から領地や米で支給される俸禄を代々あたえられ、軍役など の義務を果たしました。武士は、名字・帯刀などの特権を持ち、支配身分 として名誉や忠義を重んじる道徳意識を持つようになりました。これは 「武士道」とも呼ばれます。[1, p114]

「軍役などの義務」は、260余年続く平和の時代には、武士の中心的任務 ではなかったろう。「支配身分」というのも抽象的である。そもそも、支 配身分になれば、自然に「道徳意識を持つように」なるわけでもない。そ こには別の事情があるはずだ。

武士のあり方について、育鵬社版はこう記述する。

武士は社会の指導者として名字・帯刀を許され、武士道とよばれるきびし い規範を身につけることを要求されました。本来、武士は武芸に励み、戦 いに備えることが最大の仕事でしたが、平和が続くにつれ幕府や藩の役人 として政治をにない、治安を維持することが仕事の中心となりました。[2, p122]

この記述の方が具体的で正確である。家康は、武士を戦時の戦闘員から、 平時の「社会の指導者、役人、治安維持」の役割に変えた。そのためにも 学問を奨励し、武術を武道に昇華させ、「武士道とよばれるきびしい規範 を身につけることを要求」したのである。

■5.「百姓が餓死することは、我等に恥を与えることである」

武士を束ねる大名の役割について、育鵬社版はこう説明する。

とりわけ大名は、藩の経営に責任を負っており、領民の生活を安定させる ことが求められました。百姓一揆がおきるなどの失政があれば、幕府から きびしく責任を問われたため、大名や役人は、百姓の不満に対して適切に 対処しなければなりませんでした。[2, p122]

これに相当する記述は、東書版にはない。この点はマルクス主義史観での 「江戸時代は階級差別と搾取の暗黒時代だった」とする考え方を否定する 大事なポイントである。

たとえば、寛永17(1640)年、蝦夷駒ヶ岳の降灰、翌年の日照り・長雨など から、全国的な飢饉に襲われた。大老・酒井忠勝は国元の若狭などを治め る家老たちから、村の百姓たちが10人、20人と饑餓に及ぶほど切迫した状 況にあるとの報告を受けて、激しい叱責を送っている。

どうして百姓が饑餓に及ぶほどまでに放置しておいたのか。・・・百姓が 餓死することは、我等に恥を与えることである。年寄共に「国の仕置」を 任せているのは、このような時のためではないか。[4, p143]

同じ頃、安芸広島藩主・浅野光晟(みつあきら)も、国許に次のような書 状を送っている。

 ・・・もし本当に餓死しているのであれば、当面どれだけの支出・損失 になってもいいから、百姓が生きていけるように対策をとりなさい。[4, p142]

「大名は、藩の経営に責任を負っており、領民の生活を安定させることが 求められました」というのは建前だけでなく、こういう実態を伴ってい た。幕府においても、時の三代将軍・家光主導で次々と対策が打ち出さ れ、諸大名には交替で帰国して飢饉対策に当たるよう指示が出されている。


■6.農民の権利を守る法令

家康は農民保護についても「郷村(ごうそん)法令」を出した。しかも、 それは家康が征夷大将軍に任ぜられた慶長8(1603)年2月の翌月、最初の 法令として出されたものだった。

 ・私領の領主に「人質を取られ、せんかたなきに付いては」、幕府の代 官や奉行所へ届けた上で直目安(じきめやす、家康への直接の訴状)を出 してよい。しかし、幕府代官の「非分(非法行為)については、そうした 届け出無しに直接出して良い。

 ・幕府代官や領主に「非分」があって、百姓が「所を立ち退(の)き逃 散(ちょうさん)をする場合は、たとえその領主が求めても、安易に強制 送還されることはない。

 ・百姓を理由もなく殺す事は禁ずる。たとえ罪のある百姓といえども、 これを逮捕し、奉行所において対決の上、罰を申しつけるべきである。 [4, p12]

戦国時代は農民も野盗からの自衛のために、あるいは村どうしの争いのた めに武器をとって戦っていたが、秀吉は「刀狩り」と「兵農分離」により 百姓が武器を持たなくとも暮らせる社会を目指した[b]。それをさらに徹 底して、平和な農村社会を実現しようとしたのが「郷村(ごうそん)法 令」だった。

特に、領主や幕府代官の不正を防ぐために、農民に訴えや逃散、あるいは 裁判を受ける権利を認めていたのは、現代のシナ農村よりもはるかに近代 的である。


■7.美政をもたらした学問の力

こうした農村保護の法令は、幕府によってかなり徹底されたようだ。

東北の会津藩40万石は加藤明成が治めていたが、年貢率の引き上げ、無地 高(土地がないのに石高だけある)の押しつけなどで百姓が困窮している ところに、寛永19(1642)年の凶作が襲った。2千人の百姓たちが一斉に 「田畑を捨て、妻子を連れ、隣国に奔るること大水流のごとく」逃散を始 めた。

その状況が隣国から幕府に注進され、加藤氏は翌年に改易(領地没収)さ れた。次の領主となった保科氏は、?村触(ごうそんぶれ)を出して、逃 散した百姓の還住(げんじゅう)を呼びかけた。

逆に米沢藩を治めた上杉家は、藩内の経済開発に努め、天明の大飢饉で平 年の2割ほどに米作が落ち込んでも、備蓄米を活用して、死者を1人も出 さず、他藩からの難民も救った。幕府からも「美政である」と3度も表彰 を受けている。[c]

その上杉家代々の家訓「伝国の辞」は、次の3箇条からなっている。

・国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候
・人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候
・国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候

 このような近代的な統治思想をもたらしたのが、学問の力であった。江 戸時代の260余年にも及ぶ平和は、こういう学問を学んだ幕府や大名、 武士たちによって築かれたのである。


■リンク■

a. JOG(910) 歴史教科書読み比べ(22): 北条氏の仁政
 北条氏は「道理」と「合議」に基づく政治により、安定した社会を生み 出した。
http://blog.jog-net.jp/201507/article_7.html

b. JOG(986) 歴史教科書読み比べ(30) 織田信長・豊臣秀吉による天下統一
 天下統一には、武力による全国制覇だけではなく、「安定した近世社会 のしくみ」作りが必要だった。
http://blog.jog-net.jp/201701/article_3.html

c. JOG(130) 上杉鷹山〜ケネディ大統領が尊敬した政治家〜
 自助、互助、扶助の「三助」の方針が、物質的にも精神的 にも美しく 豊かな共同体を作り出した
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h12/jog130.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 『新編新しい社会歴史 [平成28年度採用]』★、東京書籍、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4487122325/japanontheg01-22/

2.伊藤隆・川上和久ほか『新編 新しい日本の歴史』★★★、育鵬社、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4905382475/japanontheg01-22/

3.渡部昇一『「日本の歴史」〈第4巻〉江戸篇―世界一の都市 江戸の繁 栄』★★★、H22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4898311466/japanontheg01-22/

4. 横田冬彦『日本の歴史16 天下泰平」★★、講談社、H14
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062689162/japanontheg01-22/

■前号「トランプ政権の『経済力による平和』戦略」に寄せられたおたより

■中国の「100年マラソン」(T.N生さん)

 支那共産党政権が樹立した1949年生まれの団塊世代です。Globe Now: トランプ政権の「経済力による平和」戦略及びJOG(937) 中国 「100年マラソン」の野望を読みました。中国と国交をはじめた田中角 栄総理と周恩来との談笑光景が甦り、いかにお人好しの日本だったかと (現在も)、ぞっとする思いです。

 20歳代、農民と労働者の味方毛沢東!文化大革命を礼参する会社の先 輩に誘われ日中友好協会に入会し人民日報はじめ毛沢東選集etc.など手に したこともありますが、あれから48年経過し人生を振り返らざるをえま せん・・・ネット時代に入り「日本解放第二期工作要項」なるモノを知り 中国の我が国への浸食をいかに謀って来たか。

 いま振り返ると中国の「100年マラソン」でいえば当時38年目、あ れから30年経過、韓国の混迷、悪辣な独裁国家北朝鮮の暴走が報じられ 「100年マラソン」は現在我が身と同じ68年目。現在の中国の横暴ぶ りに新ためて脅威を覚え、我が国の国勢を謀る政治家、官僚、そして財界 企業家の深慮遠謀を期待するものです・・・・。


              
━━━━━━━
国家元首の責任
━━━━━━━


 Andy Chang

トランプ大統領が強引に通そうとしたオバマ健保法案(オバマケア)
の代替案は、二日間の議員説得と協議にも拘らず過半数を獲得でき
ない見通しとなってトランプも遂に投票を中止した。

この結果はトランプにとって最大の敗北と言われているが、トラン
プは法案が通らなかったのは民主党が反対したからと述べたが、事
実はそうではない。トランプは民主党員を説得していない。一部の
共和党議員が反対したから投票直前に廃止となったのである。

国会投票の過半数は216票だが国会には共和党議員は237人いるか
ら、オバマケアの代替案は21人の共和党議員がトランプの説得にも
拘らず反対したのである。自党の議員が反対したから投票に持ち込
むことができなかったのである。

トランプは自分から国会に赴いて法案に反対する自党議員を説得し
た。反対を表明した21名の自党議員に対し、もし賛成票を投じなけ
れば二年後の中間選挙で落選するかもしれないと脅迫したそうであ
る。つまり彼に反対する者は中間選挙でトランプ大統領の応援が得
られないと脅したのである。彼はタフ・ネゴシエーターを自認して
いるので、彼が説得すれば反対者も賛成にまわると思っていたが失
敗した。自大狂トランプは大きく傷ついたのである。

この失敗は3つの重大な結果を生んだと思う。第一に、トランプの
強引さが反対議員の態度を硬化させ逆効果となった。このあと4年
間のトランプ政権が国会で行われる数多の投票に彼らの態度が大き
く影響するはずだ。つまりトランプが態度を改めなければ共和党が
分裂する危険がある。

第2に、オバマの健保代替案はトランプの説得と脅迫にも拘らず自
党の議員でさえ反対するような未熟な法案だったのだ。大切な法案
ならシッカリと時間をかけて国会議員だけでなく世論の動向を見な
がら修正を重ねて完璧なものにしなければならない。

健康保険と言う長期的にアメリカ国民の医療と健康にかかわる重要
な制度改革を強引に過半数で通しても国民が納得するはずがない。
そのような重大法案を共和党多数、ゴリ押しで通そうとしたのだ。

国民の要求を無視し、オバマケアを廃止するだけがトランプの目的
だったら国家元首としてあまりにも無責任と言わざるを得ない。タ
フ・ネゴシエーターと自認していても国家元首として失格である。

第3に、オバマケアの代替法案に失敗した直後にトランプはホワイ
トハウスで「民主党が反対したから失敗した」と述べた。事実は自
党の議員が反対したから議会の過半数が取れなかったのである。未
熟な法案を無理に通そうとした強引さ、無神経さは、オバマ時代か
らすでにあった民主と共和両党の政党闘争を更に悪化させた。国政
を困難にした責任はトランプにある。

●トランプの責任回避

一部の評論家によると、トランプがオバマケア代替案を無理に投票
せよとライアン議長に命じた理由は、通らなかったらライアン議長
の責任にしてライアンを議長から降ろす陰謀だと言う。オバマケア
の代替案はライアン法案とも呼ばれ、トランプ陣営が提出した法案
ではない。

オバマケアと呼ばれる国民健保法は発足して6年経つ。共和党はオ
バマケアに強く反対していたのに6年たっても満足な代替法案を作
れなかった。ライアン議長もその責任を認め、不満足な箇所は改正
して国民が満足する健保法案を作ると言った。つまり今回は失敗し
ても間もなく修正法案を提出するはずである。

トランプは当選すれば直ちにオバマケアを廃止する、代替案を出す
と公約していた。だから大統領になると公約を守るため国会でオバ
マケア廃止と共和党代替案の投票を命じたが、いまでは代替案はラ
イアン案でトランプ案ではないと責任回避をしてる。

ライアン議員は去年の選挙運動のときから一貫してトランプに批判
的だったからライアンをトランプ派の議長に換えると言う説はかな
り説得力がある。Foxnewsではライアン辞職を呼びかけるものも居る。
だがトランプが本気でこのような謀略を考えていたとすれば、ライ
アンの辞職で共和党員の反撥が起きて共和党は団結力を失うだろう。

もともと共和党とトランプはシックリした関係ではなかった。当選
したけれども党内には批判的なものが多く、民主党員は反トランプ
で国民の半分以上もトランプに批判的である。それでもトランプは
反省どころかツイッター放言で敵を作る。

数週前にトランプがオバマが彼の電話をハッキングしていたとツイ
ッターで攻撃したが、FBI、NSAとCIAはハッキングの証拠は見つか
っていないと全面否定した。このツイッターのおかげでトランプと
民主党の関係は極度に悪化し、国民の支持率は下がった。オバマ誹
謗の証拠が一つもないのにトランプは過ちを認めない。国家元首と
してあまりにも無責任である。政党は分裂し、国民もトランプ支持
と反対が各地で騒動を起こしている。アメリカは無責任な国家元首
のため混乱が続いている。


     
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━]


  ◎【スクープ最前線】正恩氏「クスリ漬け」の衝撃情報! 米と一触即発、核実験強行姿勢も 「三沢、横田、岩国、沖縄…」日本は火の海 

日本の国会やメディアは、学校法人「森友学園」(大阪市)の問題で大騒ぎだが、わが国の安全保障に直結する北朝鮮情勢は緊迫したままだ。史上最大規模の米韓合同軍事演習が行われるなか、北朝鮮は近く、6回目の核実験を強行する構えを見せている。核実験場では、新たな車両の動きが確認された。ドナルド・トランプ米大統領に迫る「我慢の限界」と、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に関する衝撃的な「クスリ漬け」情報。北の独裁者は冷静な判断力を失っているのか。ジャーナリスト、加賀孝英氏の独走リポート。

「米軍が先制攻撃する兆候が、少しでも見えたら、われわれは瞬時に米国、韓国、日本を先制攻撃する」

「三沢、横田、岩国、沖縄など、在日米軍基地に、われわれは容赦なく核ミサイルを撃ち込む。日本は火の海になる」

正恩政権に直結する重要幹部で、日米韓情報当局が監視対象者とする人物は、私(加賀)をにらみつけ、すごんだ。

前回の連載(3月13日発行号)で、私はこの幹部の証言を紹介し、以下の情報を報告した。

 (1)北朝鮮は、米軍の「先制攻撃」(=米軍最強の特殊部隊による正恩氏『斬首作戦』)を察知し、潜水艦による特攻決死隊をハワイ近海に派遣するなど、一触即発の異常な緊張状態にある。

 (2)「米朝衝突=第2次朝鮮戦争」勃発の「Xデー」を、北朝鮮は「朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を受け、韓国で『従北』『反日反米』の次期大統領が誕生する、5月9日投開票の大統領選前に必ずくる」と覚悟している。

そして、米情報当局関係者の極秘情報として「常軌を逸した正恩氏が、北東部豊渓里(プンゲリ)にある核実験場で6回目の核実験を行い、全世界を敵に回そうとしている」と、報告した。

事実、米FOXニュースは23日、米政府当局者の話として「北朝鮮が数日以内に、6回目の核実験を実施する可能性がある」と報じた。米ジョンズ・ホプキンズ大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」も25日、衛星写真に基づき、核実験場の坑道入り口で4、5台の車両の動きを確認したと発表した。全世界が緊張している。

さらに衝撃的な情報がある。以下、複数の日米情報当局関係者から得たものだ。

「特殊部隊と無人攻撃機の動きに、正恩氏は半狂乱状態となっているようだ。『恐怖のあまり、正恩氏がクスリ(覚醒剤?)漬けになっている』という最新情報まで入った。北朝鮮がいつ暴発するか分からない」

「米朝衝突と同時に、北朝鮮は無数の長射程砲や弾道ミサイルを韓国に向けて同時発射する。在韓米軍基地は30分以内で全滅しかねない。加えて、韓国国内に潜伏する約5万人の工作員がテロに走り、韓国は無秩序の騒乱状態に陥る」

日米情報当局関係者は「日本の市街地も危ない。北朝鮮工作員のターゲットになる」といって、こう続けた。

「北朝鮮は在日米軍基地へのミサイル攻撃と同時に、日本国内に潜伏する数百人の工作員に極秘指令を出している。『Xデーと同時に所定の破壊工作を実行せよ』。原発施設、新幹線、繁華街が危ない。金正男(キム・ジョンナム)氏殺害で使われた猛毒の神経剤VXなど、生物化学兵器テロも否定できない」

朝鮮半島の危機に、日本は決して無関係ではいられない。

米軍は1月初め、在韓米軍の家族を対象に、韓国を脱出して沖縄に避難する訓練を実施した。北朝鮮の韓国侵攻を想定した訓練だ。

日本政府も今月17日、秋田県男鹿市で、仮想国「X」からミサイルが発射され、秋田沖20キロの領海内に落下したとの想定で、住民も参加する避難訓練が行われた。「X=北朝鮮」であることは言うまでもない。このような訓練は戦後初めてだ。

繰り返し、言わせていただく。日本に危機が迫っている。この危機を、国会議員や一部メディアはどう思っているのか。

旧知の外事警察関係者がいう。

「一部野党は、『森友学園』問題の真相解明よりも、『安倍晋三政権潰し』に比重を置いているように見える。いつもの左翼デモも始まった。『反安倍』『反自民』の一部メディアは、政権を攻撃する一方的な情報の垂れ流しと、印象操作に必死になっている。この動きを『日本を潰すチャンス』と、北朝鮮と中国が喜んで、利用しようとしている。工作員も動き出した。要注意だ」

朝鮮半島の危機は、日本国民の生命と財産、アジアと世界の平和と安定に直結する、最重要かつ喫緊の問題だ。先の大戦で、国会やメディアは戦争をあおって国家を破滅させたが、今は、現実から国民の目をそらさせて、破滅に追いやろうとしているのではないか。

「今そこにある危機」を、国会で議論しなくていいのか。一部メディアは、また「亡国の徒」になるつもりなのか。一刻も早く目を覚ませ!

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。
【ZakZak】 2017.03.28 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎高浜原発再稼働、大阪高裁認める 仮処分覆り関電1年ぶり運転手続きへ

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月 の大津地裁の仮処分決定を不服とし、関電が申し立てた抗告審で、大阪高 裁(山下郁夫裁判長)は28日、再稼働を認める決定を出した。大津地裁決 定から1年以上、法的に運転できない状態だった2基について、関電は早期 に再稼働への手続きを進めるとみられる。

敗訴した滋賀県住民らは決定直後、大阪高裁前で「不当決定」と書かれた 垂れ幕を掲げた。今後は、憲法違反や憲法解釈の誤りなどを理由にした 「特別抗告」か、重要な判例違反などを理由にした「許可抗告」を最高裁 に申し立てるか検討する。抗告しない場合は本訴で争う可能性もあるという。

運転差し止め仮処分は滋賀県住民29人が2015年1月に申し立て、大津地裁 (山本善彦裁判長)が昨年3月9日に運転差し止めを命じる決定を出した。 全国で初めて稼働中の原発が法的に運転できない状態となり、関電は翌10 日に営業運転中だった3号機を停止。福井県内で稼働する原発は再びゼロ となっている。

同地裁の仮処分決定に対し、関電は異議を申し立てたが、7月に退けら れ、「科学的、専門的知見を踏まえた客観的な判断が行われていない」な どとして昨年7月、仮処分決定を取り消すよう大阪高裁に保全抗告を申し 立てた。住民側は「基準地震動や津波の評価は不合理。住民の避難計画は 不十分で、住民の安全が確保されていない」などと主張。昨年12月26日ま でに双方が主張書面を提出、審理を終結していた。

高浜原発3、4号機については福井地裁(樋口英明裁判長)でも15年4月、 再稼働を認めない仮処分決定が出されたが、同12月の同地裁での異議審 (林潤裁判長)では一転、再稼働を認めた。決定を受けて3号機は16年1月 29日に、4号機は同2月26日に相次いで再稼働した(同29日のトラブルで運 転を停止)が、大津地裁の仮処分判断で再び運転が差し止められた。

 仮処分は、通常の訴訟は時間がかかることから、判決が出るまで当事者 の権利を守る目的で行う暫定的な手続き。

  ■再稼働差し止め仮処分

仮処分は、通常の訴訟は時間がかかることから、判決が出るまで当事者の 権利を守る目的で行う暫定的な手続き。今回の高浜原発3、4号について は、福井県に隣接する滋賀県の住民29人が2015年1月、大津地裁に申し立 てた。決定の効力はすぐ発揮するため、昨年3月9日の大津地裁決定で、営 業運転中だった3号機は翌10日に運転を停止した。
福井新聞ONLINE 3/28(火) 15:04配信



 ◎【中国大混乱】中国に迫る経済大崩壊 人民元暴落は時間の問題、大 混乱は必至

中国経済は無数の爆弾を抱えている。リーマン・ショックを越える超弩級 (ちょうどきゅう)のバブル崩壊が射程に入ってきた。

異様な住宅投資、不動産バブルの破裂、地方政府の債務不履行、企業倒産 が続き、鉄鋼や石炭、レアアースなどの企業城下町では数万人規模の暴動 が起きている。軍人30万人削減が発表されて以来、旧軍人の抗議デモが 北京のど真ん中で起きた。

野放図な鉄鋼、アルミ、セメント、建材、板ガラスなどの過剰生産と在庫 は経営を圧迫するが、国有企業の効率的な再編は遅れに遅れている。

債務不履行を避け、不動産バブルの炸裂を回避するために、過去2年間、 中国当局が採用してきた政策は、西側資本主義では考えられない無謀さを 伴った。

株式市場への介入」「『株を売るな』という命令」「空売りをしたら手入 れをする」…。そのうえで、巨額資金を証券会社にブチ込んで株価維持政 策(PKO)を展開した。株は人為的な操作で維持されている。

外貨準備を減らさないために、資本規制という禁じ手を用いる一方で、外 貨交換は年間5万ドル(約560万円)以内に制限した。

そのうえ、「銀聯(ぎんれん)カード」の新規発行停止。500万ドル(約 5億6270万円)以上の海外送金を許可制として事実上禁止し、海外旅行に 出ようと銀行に両替に行くと、「ドルはありません」と言われる。
日本企業も、中国からの利益送金が来なくなって悲鳴を挙げている。

 一方、当局に寄せられた新規マンション建設の申請は、合計34億人分 と発表された。中国の人口は14億人だから20億人分の空部屋をつくる という計画だ。住宅への異常な投資が過去の中国GDP(国内総生産)を 成長させてきたが、昨年師走の「経済工作会議」で習近平国家主席が、次 の注意をしたのだ。「住宅とは人間が住むものである」と。

 
究極的に中国の債務は30兆ドル(約3376兆円)とされ、銀行の不 良債権 問題が浮上する。人民元の大下落は時間の問題である。

「上に政策あれば、下に対策あり」というのが中国人の特性だから、庶民 が何をしているかをみれば次が読める。

人民元暴落を見越して、昨年までは海外の不動産「爆買い」を続け、外貨 が規制されると人民元で購入できるトヨタ自動車の高級車ブランド「レク サス」や、スイスの高級腕時計「ロレックス」、仮想通貨の一種「ビット コイン」、「金塊」買いに狂奔している。

大混乱は必至である。 =おわり

 ■宮崎正弘(みやざき・まさひろ) 評論家、ジャーナリスト。1946 年、金沢市生まれ。早大中退。「日本学生新聞」編集長、貿易会社社長を 経て、論壇へ。国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やル ポルタージュに定評があり、同時に中国ウォッチャーの第一人者として健 筆を振るう。著書・共著に『米国混乱の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼさ れる』(徳間書店)、『日本は再びアジアの盟主になる』(宝島社)など 多数。
【ZakZak】2017.03.27 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎清宮 不発敗退も…“通天閣”三塁打に右翼手驚いた「風船みたい」

2回戦3試合が行われ、高校通算79本塁打を誇る清宮幸太郎内野手(3 年)を擁する早実(東京)は、東海大福岡(福岡)に8―11で敗れた。節 目の80号に王手をかけていた清宮は期待されたアーチを描けなかったが、 6回には「通天閣打法」のような規格外の高さの超飛球が右中間三塁打に なるなど、圧倒的なパワーを披露。昨秋の明治神宮大会準V校は甲子園を 去るが、夏はさらなる成長を遂げて、再び聖地に帰ってくる。

4万3000人の万雷の拍手が銀傘にこだました。最大8点差をつけられなが ら、7回以降の3イニングで7点を奪った早実の粘りを大観衆が称えた。 三塁側ベンチから引き揚げながら清宮は、聖地の風景を目に焼き付けた。

 「めちゃくちゃ悔しい。もう少し活躍できればチームが勝ったかな。ふ がいない。今日はいいところを見せられなかったけど、また戻ってきて見 返したい」

 8回に反撃の口火を切る右翼線二塁打を含む2安打を放ったが、2試合 で9打数3安打もノーアーチ。初戦から大飛球を幾度も打ち上げたが、最 後まで白球はスタンドに届かなかった。こだわってきた打点もなかった。

 ただ、怪物ぶりは見せつけた。6回、内角直球をかち上げた打球は右中 間へ高々と舞い上がった。この回から右翼に入った前原は「あんなに高く 上がったのは初めて見た。風船みたい(に落ちてこない)」と目測を誤 り、中堅・有安とお見合い。野球漫画「ドカベン」に登場する坂田三吉が 得意とする「通天閣打法」のごとく超飛球で落球を誘い、記録は右中間三 塁打。規格外のパワーに、球場全体がどよめいた。

 昨秋、清宮が決めたスローガン「Go!Go!Go!」を口にするのは 自分だけだった。ナインが恥ずかしがる中、声をからしながら一人で言い 続けた。それが今ではチームに浸透。「どんな状況でも野球を楽しも う」。劣勢になった終盤でも、全員が笑顔だった。そんな姿勢が「終盤の 粘りにつながった」とうなずいた。

 9回の打席に入る前に外野に舞っていたゴミを見つけると自ら指摘して 拾ってもらった。清宮は最後まで集中し続けた。「みなさんに恩返ししよ うと思っていたけど、夏に取っておく。夏に戻ってきてもっと勝ちた い」。2発放ち鮮烈デビューした1年夏以来、2度目の甲子園でも土は持 ち帰らなかった。清宮はもう一回り大きくなって、最後の夏も必ず甲子園 に帰ってくる。 

  ▼ソフトバンク・王貞治球団会長(57年甲子園春優勝投手)残念だっ たね。後半、盛り返したけど、10点以上取られちゃったからね。夏に向 かってこういうことをしなきゃいかんという課題が出た。
スポニチアネックス 3/28(火) 7:00配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


ナシ

━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


29日の東京湾岸は晴天。桜が咲き進むでしょう。

隣の第3亀戸中学校の桜も開花し、目の保養をしてくれる。

学校は春休み中だが、28日は好天に誘われて、多数の男女生徒たちが登校 し、校庭の芝生の上でテニスに興じていた。午後6時から雨だというので4 時過ぎにはネットをたたんだ。

読者:5531人。

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/



◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/




-- 渡部 亮次郎 <ryochan@polk

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/29

    “法の支配”を蹂躙し、皇室典範を冒&#28678;し、憲法に違背する、“エセ宮家”「女性宮家」

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/28/222044



    スルツカヤ

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%A4&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi95JnfmvvSAhXITbwKHVvYDiYQ_AUIBigB&biw=1088&bih=248#spf=1





    辻元生コン問題「黒幕は小沢一郎」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

    山本太郎、小沢一郎を徹底追求へ! 小沢一郎が作り上げた北朝鮮砂利利権がヤバイwwwwww

    http://asianews2ch.jp/archives/50957012.html



    「コンビニオーナーは使い捨てなのか」 元経営者が実名で語った実態 

    http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-34761.html



    「福島原発と左翼」のアマゾンランキング

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53227272.html



    海外「その通り!」日本の国籍制度は欧米より優れてる!外国人の主張に海外が興味津々

    http://dng65.com/blog-entry-4045.html



    共謀罪と日韓断交を八割くらい読んだ。

    http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18407220.html



    『この世界の片隅に』は宝――「実写以上に」戦時中の日常を描ききっている! 富野監督が片渕監督に伝えたかった言葉とは?

    https://ddnavi.com/news/358610/a/



    鈴木史朗さんが「南京大虐殺」は真実ではないと思う理由

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1115.html



    石破茂 共産主義者=日本という国家を消滅させ、日本をロシア、中共の一部に組み入れることを使命とする輩たち

    http://ameblo.jp/kororin5556/entry-12259270288.html



    フランスでのB型肝炎ワクチン接種中止の経緯

    http://satouclk.jp/2016/06/b.html



    宗像久男先生『先端栄養療法で、やっぱり日本から、がんは5年で消滅する!?』 

    統合医学医師の会公開講演会ワールドフォーラム2011年10月連携企画

    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2026964.html



    新編懐古的洋食事情2

    http://lbn.hizuki.lomo.jp/?eid=792393



    ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ、深層国家とCIAの本性が現れる( 2)

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170322.pdf



    森本草介

    http://blog1.poco.cn/myBlogDetail-htx-id-425268-userid-3043900-pri--n-0.xhtml



    洞爺湖サミット総料理長中村勝宏と加賀食材の饗宴

    http://preeminence.sakura.ne.jp/preeminence/norio2/fra_nakamura.html



  • 名無しさん2017/03/29

    「熱を出させた方が早く治る」 これは、まさにコペルニクス的転換であった。発熱作用は、振り子が正常の位置に戻ろうとする現れなのである。振り子を止めずに、逆に加熱してやる。すると、より早く振り子は、正常な垂直位置に戻る。つまり、熱病は治る。



     そこでハーネマンは、自分の家族、友人、生徒などを実験者に、様々な物質投与を試みた。その時に用いたのが、様々な症状を起こす微量の毒物である。それらをレメディと呼ぶ。例えば、熱病を治すには、同じ熱を出す微量毒を使う。だから、ホメオパシーは、日本語では同種療法と呼ばれている。しかし、彼は患者に毒物をそのまま投与するような無茶はしていない。彼は、まず「水で薄めれば、毒性は弱まる」と考えた。ところが、希釈を繰り返すと毒性は弱まるが、治療効果も無くなってしまう。そこで、ハーネマンは特殊な手法を考案する。それは「容器を強く振る」ことである。この方法は、ある種の毒が持つ有害な作用を取り除くだけでなく、治療効果もあることが判った」(『ホメオパシー入門』)



     とにかく、ホメオパシー医療に置いて、レメディの希釈率は半端ではない。薄めて薄めて極限まで薄めると、「分子も存在しない」と言う薄さになる。つまり、「物質は存在しないのに、効能は存在する」のである。



     現代医療の体制に認められない理由がここにある。「存在しないものが病気を治す」ことは、科学の根本理論からありえない。批判派は鬼の首を取ったかのように、ここぞとばかり攻めたてる。こうして既成医学者たちはハーネマンの提案を嘲笑い、一笑に付した。



     しかし、ハーネマンはこう考えた。



    「希釈によって、毒性を消し、さらに強く揺すって振とうさせる方法で、『物質のエネルギー・パターン』が溶液に写る。よって、物質(毒)そのものを服用する必要はなくなる」



     そしてハーネマンは!)希釈、!)振とうーの過程を「ダイナマイゼーション(潜在力活性化)」と命名する。実際に、彼は多種多様なレメディを用いて数多くの患者を治癒に導くことに成功している。彼の「自然治癒力を強める」治療法は、目を見張る臨床効果を上げたのである。彼は数多くの臨床例と共に、その理論を論文として世に問う。しかし、返ってきたのは既成医学界の嘲笑と冷笑だった。



     ハーネマンが確立した画期的なホメオパシー療法は、実際に病気に苦しむ人々を救った。医学界からの反発があっても、患者の側からは圧倒的な支援を受けた。ハーネマンはこれらの支援を支えにホメオパシー理論の実践の集大成を『オルガノン』と言う著作にまとめている。それは今でもホメオパシー医療の原典となっている。



     こうしてホメオパシー医療は既成医学界の妨害にもかかわらず、欧米に深く静かに広まっていった。それは明らかに薬物療法より、はるかに多くの病気を完治させたからである。こうして、ハーネマン没後も、その理論は後継者たちに受け継がれ、世界中に広まっていき、今日に至る。



     一時、ロックフェラー医療マフィアが台頭して、代替医療を徹底的に弾圧した時、同種療法も弾圧の憂き目をみる。しかし、近年、薬物療法の無効、残酷さが明らかになるにつれ、他の代替医療同様、ホメオパシーも再び脚光を浴びるようになってきた。



     ホメオパシーを教える専門医療学校も世界各地に設立され、医療資格を持つホメオパシー医師も急増している。西洋医学の医者でも、一念発起してホメオパシーを学ぶ研究者が増えている。



     ロックフェラーは薬も飲まない、医者にもかからない。それなら、私たちもそれを見習えばよいのである。