急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4307号  2017・3・27(月)

発行日:3/27



□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4307号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年3月 27日(月)



      2隻目は国産空母、「山東」と命名:宮崎正弘

        徳川家康の学問による国づくり:伊勢雅臣

 「措置入院」精神病棟の日々(19)“シーチン”修一 2.0
        
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4307号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━━━━━
2隻目は国産空母、「山東」と命名
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月26日(日曜日)
        通算第5238号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国海軍の2隻目は国産空母、「山東」と命名
  カタパルト技術も未整備、訓練パイロットは着艦に次々と失敗。多数 が死亡
*********************************

「中国はナショナリズムの青春期にある」(福島香織氏)。

だから過激な言動が目立つ。激烈なナショナリズムを鼓吹してばらばらな 国民を糾合しようというわけで、駅の新聞スタンドでも扇動的な『環球時 報』についで売れるのは軍事雑誌である。日本でも『週刊プレイボーイ』 など女性の裸体グラビアの隣は必ず軍事情報であるように。

中華ナショナリズムは軍事力の誇示が象徴する一面があるが、米国と対峙 し、いずれ凌駕するという中華思想の病的な錯覚、指導層の錯綜した心理 で、さらなる軍備強化に狂奔している。

大連で建造中の国産空母の現状はといえば、西側の衛星写真が捉えたとこ ろでは、甲板の工事が完成間際の段階に来ていると想定できる。
中国の国産空母は「山東」と命名された。

しかしながら空母とは名ばかりだった第1号艦「遼寧」は、艦載機の離着 陸訓練がはかどらず、ミサイルを外し、燃料をちょっとだけ積んで、ス キージャンプ形式で飛び立つものの、着艦ができていない模様である。

着艦に失敗した女性パイロットが死亡したが、中国は早速「英雄」「烈 士」と持ち上げた。ほかにも数機が着艦に失敗し、犠牲になっていると消 息筋はみている。カタパルト技術に欠陥があるからだ。

空母は米国の軍事技術の集大成でもあり、英国、仏蘭西が保有する空母は 軽空母、インドのそれは軽量級。ロシアの空母はシリア沖に投入された が、二月には「修理」を理由に帰投している。


 ▼台湾防衛は日本の安全保障の生命線

他方、台湾は中国の軍拡に敏感に反応している。

3月21日には高雄の左営海軍基地で記念式典に出席した蔡英文総統は、台 湾軍が潜水艦の自主生産に踏み切ると表明した。この台湾の自主潜水艦は 設計に4年、建造に4年を掛け、米国などから最新鋭技術供与をうけなが ら配備を目指すとしているが、はたして間に合うのか。

台湾の国防費は中国の15分の1、保有する潜水艦は僅か四隻で、このうち の2隻は第2次大戦で使った老朽艦である。

あまつさえ嘗て蒋経国政権下で、自主生産でジェット戦闘機「経国号」を 作りかけ、巨額の予算を割いたものの、結局、自主開発に失敗した。 
 そのうえ台湾軍の士気が急速の衰えており、危機感を高めたトランプ政 権は新兵器供与に踏み切る。

台湾には民間人を装った米軍退役軍人等がすでに相当数はいっているとい う情報もあるが、なにせボルトン元国連大使は「沖縄の米軍を台湾に移転 せよ」と場外で呼号しているほどに事態の発展は急激な流れを生んでいる。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)いつも貴誌を拝読しながら思うのですが、これほど良質な メルマガが無料とは信じられません。ほかの論客とされる人たちは有料メ ルマガです。

貴誌は創刊以来すでに14年、通巻5200号というのも、ひとつの「歴史」で すが、今後も無料ポリシーを続けられるのでしょう(読者としては、有り 難い話ですが)?(JO生、京都)


(宮崎正弘のコメント)メルマガは無料の方が読者が増え続けるので、良 いのではありませんか?
 
もしそういうお気持ちがあれば、拙著をお買い求め下さい。メルマガには 掲載できなかった情報を主に書き込んでおりますので。



  ♪
(読者の声2)トンデモ本の紹介です。『明日に向かって 日本人の見た素 顔の朝鮮と金日成』(彩流社 1987年)。
http://miura.trycomp.net/?p=4276
                (三浦小太郎)


(宮崎正弘のコメント)ブログを拝見。いやはや、小田実、当時の美濃部 都知事、西川潤、宇都宮徳馬とかの唐変木が突拍子もない発言をしてい る。こうした珍奇は発言記録は貴重な記録ともいえますね。



  ♪
(読者の声3)貴誌前号書評(その2)で、「ついに完成した通洲事件の全 記録、希少な写真、当時の新聞など歴史資料満載」として、藤岡信勝先生 編著の『日本人が知らなくてはいけない通州事件 80年目の真実』 (英和 ムック)の紹介がありました。

その最後の文節で「次は通化事件」の解明だろうと指摘されていました が、通化事件とは何ですか?(NB生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)終戦直後、満州にいた邦人数万が、参謀本部が臨 時に設置されていた通化に蝟集しました。

中国軍が、この非武装の日本人を襲い、機関銃などで虐殺した、おそろし い残虐行為ですが、なぜか戦後史家が、採り上げないのです。

小生は10年ほど前に現場を歩き、地図と写真入りレポートを書いておりま すが、いずれ何かに再録したいと思います。

ウィキペデアの「通化事件」(下記)の解釈は左翼的プリズムが強いです が、全容が参照できます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%8C%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 日本軍が国民党に呼応したので共産党軍が叩いたという解釈は、プロパ ガンダです。彼らの謀略に日本人が巻き込まれたというのが真相に近い でしょう。



━━━━━━━━━━━━━━
 徳川家康の学問による国づくり
━━━━━━━━━━━━━━


         伊勢 雅臣

戦国の世を終わらせ、平和な国家を建設するために、家康は朝廷にも武家 にも学問を勧めた。


■1.「文の時代」の幕開け

徳川の世となって最初に行われたのが、武家諸法度(ぶけ・しょはっと) や禁中並公家(きんちゅう・ならびに・くげ)諸法度により、国家統治の 基本ルールを確立したことだった。

「武家諸法度」については東京書籍(東書)版、育鵬社版ともに、その一 部を引用しているが、選択に違いがある。「城の修理許可制・新設禁止」 「大名間婚姻許可制」は両教科書で共通しているが、東書版は「学問・武 道の奨励」を冒頭に掲げている[1, p113]。育鵬社版にはそれがなく、 「参勤交代」と「服装は身分相応」を加えている。[2, p117]

「城の修理許可制・新設禁止」「大名間婚姻許可制」は諸大名の幕府への 反乱を防ぐための施策であり、徳川幕府の安泰だけでなく、戦乱の世を終 わらせるためにも必要なことであった。

ただ東書版で引用されている「学問と武道にひたすら精を出すようにしな さい」という項目が第一条に置かれている点に、徳川の国家統治思想がよ く現れているので、以下、考察したい。

徳川時代の大きな特徴は、「文」が起こったことである。戦国時代が 「武」の時代だったとすれば、徳川時代は「文」の時代だった。[3, p41]

渡部昇一氏の言葉だが、この「文の時代」の幕開けが武家諸法度の第一条 だった。


■2.「学問と武道」

武家諸法度の第一条に「学問と武道」を置いたのは、いかにも家康らし い。家康は儒学・仏教・神道・日本古典を広く学び、それらを通じて政治 の在り方を考究した。

文禄2(1593)年、秀吉の朝鮮出兵が行われていた頃、50歳の家康は藤原 惺窩(せいか)を呼んで『貞観政要(じょうがんせいよう)』を講義させ ている。この書物は唐の太祖が群臣と交わした議論を収めており、国家を 統治する王者の道を説いている。鎌倉時代初期に北条泰時などの名君が現 れて仁政を展開したのも[a]、『貞観政要』による所が大きかった、と言 われている。

家康の学問重視は書物の出版にも熱心だった点にも表れている。慶長 4(1599)年、関ヶ原の戦いの前年から、『孔子家語』『貞観政要』『吾妻 鏡(鎌倉時代の政治史)』などを出版させている。

また「武」も、戦闘のための「武術」から人格形成のための「武道」へと 昇華させた。家康に取り立てられ、2代目将軍・秀忠、3代目・家光の兵 法指南役となった柳生宗矩(やぎゅう・むねのり)は江戸初期を代表する 剣士であったが、人を斬ったのは大坂の陣で秀忠に迫った豊臣方の武者7 人を瞬く間に倒した時だけだったと伝えられている。

宗矩は懇意にしていた沢庵(たくわん)和尚から禅を学び、「剣禅一致」 を唱えて、後の武士道の発展を導いた。戦国時代に戦闘者であった武士は 江戸時代には為政者となっていくが、その基盤を家康は文武両道に置いた のである。

シナや朝鮮では、為政者は儒学を修めた文人であったが、机上の学問だけ では政治が乱れやすく、一旦乱れると学問のない群雄がのし上がって弱肉 強食の世となってしまう。文と武の分離がシナの政治の不安定の一大要因 だった。わが国では為政者たる武士が文武両道を学んだ点が、長き徳川の 平和をもたらした大きな要因だろう。

この点は、徳川幕府の国づくりが、いかにシナや朝鮮と異なっていたか、 という重要なポイントであり、歴史教科書本文の記述にも含めるべき点だ ろう。

■3.「天子が習熟すべき諸芸能は、第一に御学問である」

家康は朝廷に向けては「禁中並公家諸法度」を発したが、東書版、育鵬社 版の記述は、それぞれ以下の通りである。


(東書版)また幕府は、京都所司代を置いて朝廷を監視し、禁中並公家諸 法度という法律で天皇や公家の行動を制限し、政治上の力を持たせません でした。[1, p113]

(育鵬社版)幕府にとって征夷大将軍という役職は全国支配のよりどころ であり、その任命者は朝廷でした。幕府は朝廷を敬いながらも禁中並公家 諸法度を定め、京都所司代を置くなどその動きを監視し、幕府をおびやか さないよう注意を払いました。[2, p117]

育鵬社版の「征夷大将軍という役職は全国支配のよりどころ」「幕府は朝 廷を敬いながら」という点が異なる。シナでは古い王朝を倒した権力者が 皇帝となって新しい王朝を始めるのだが、江戸幕府は朝廷を注意深く統制 しながらも、その権威をそのままに活かした。ここにわが国の特質がある。

実は「禁中並公家諸法度」の第1条も「学問」から始まっている。その現 代語訳は以下の通りである。

天子が習熟すべき諸芸能は、第1に御学問である。「学問を学ばなければ 古道も明らかにならない。学ぶことでよき政事を行い、太平を実現するこ とができるのであるが、未だそうなっていない」と『貞観政要』にも明記 されている。

(平安時代に宇多天皇が子の醍醐天皇に与えた)『寛平の遺誠(かんぴょう のゆいかい)』にも、「経史(経書や歴史書)をすべて読むことはできなく ても『群書治要』は暗誦できるほど読むべきである」と記されている。 [4, p33]

この部分は、鎌倉時代に順徳天皇が著した朝廷の儀式や政務に関する『禁 秘抄』からの引き写しであり、さらにその中に平安時代に宇多天皇が遺さ れた『寛平の遺誠』が言及されている。すなわち、この第1条は、皇室の 伝統的理想を継承したものだと言える。

この制定に関しては、家康は朝廷に赴いて親王や公家達と意見を交わした り、文書で意見を求めており、かならずしも幕府側の一方的押しつけでは なかった。

この「禁中並公家諸法度」は、武家が文武両道の為政者となるのと並行し て、朝廷にも国家統合の権威の中心としての見識を求めたものと言えよ う。権威を司る朝廷と権力を用いる幕府が両輪となって、共通の学問を基 軸として国家の安泰を築こうとする家康の思想が窺われる。


■4.武士は戦時の戦闘員から、平時の社会の指導者へ。

徳川時代の武士の実態について、もう少し見てみよう。東書版はこう記す。

武士は、主君から領地や米で支給される俸禄を代々あたえられ、軍役など の義務を果たしました。武士は、名字・帯刀などの特権を持ち、支配身分 として名誉や忠義を重んじる道徳意識を持つようになりました。これは 「武士道」とも呼ばれます。[1, p114]

「軍役などの義務」は、260余年続く平和の時代には、武士の中心的任務 ではなかったろう。「支配身分」というのも抽象的である。そもそも、支 配身分になれば、自然に「道徳意識を持つように」なるわけでもない。そ こには別の事情があるはずだ。

武士のあり方について、育鵬社版はこう記述する。

武士は社会の指導者として名字・帯刀を許され、武士道とよばれるきびし い規範を身につけることを要求されました。本来、武士は武芸に励み、戦 いに備えることが最大の仕事でしたが、平和が続くにつれ幕府や藩の役人 として政治をにない、治安を維持することが仕事の中心となりました。[2, p122]

この記述の方が具体的で正確である。家康は、武士を戦時の戦闘員から、 平時の「社会の指導者、役人、治安維持」の役割に変えた。そのためにも 学問を奨励し、武術を武道に昇華させ、「武士道とよばれるきびしい規範 を身につけることを要求」したのである。


■5.「百姓が餓死することは、我等に恥を与えることである」

武士を束ねる大名の役割について、育鵬社版はこう説明する。

とりわけ大名は、藩の経営に責任を負っており、領民の生活を安定させる ことが求められました。百姓一揆がおきるなどの失政があれば、幕府から きびしく責任を問われたため、大名や役人は、百姓の不満に対して適切に 対処しなければなりませんでした。[2, p122]

これに相当する記述は、東書版にはない。この点はマルクス主義史観での 「江戸時代は階級差別と搾取の暗黒時代だった」とする考え方を否定する 大事なポイントである。

たとえば、寛永17(1640)年、蝦夷駒ヶ岳の降灰、翌年の日照り・長雨な どから、全国的な飢饉に襲われた。大老・酒井忠勝は国元の若狭などを治 める家老たちから、村の百姓たちが10人、20人と饑餓に及ぶほど切迫した 状況にあるとの報告を受けて、激しい叱責を送っている。

どうして百姓が饑餓に及ぶほどまでに放置しておいたのか。・・・百姓が 餓死することは、我等に恥を与えることである。年寄共に「国の仕置」を 任せているのは、このような時のためではないか。[4, p143]

同じ頃、安芸広島藩主・浅野光晟(みつあきら)も、国許に次のような書 状を送っている。

・・・もし本当に餓死しているのであれば、当面どれだけの支出・損失に なってもいいから、百姓が生きていけるように対策をとりなさい。[4, p142]

「大名は、藩の経営に責任を負っており、領民の生活を安定させることが 求められました」というのは建前だけでなく、こういう実態を伴ってい た。幕府においても、時の3代将軍・家光主導で次々と対策が打ち出さ れ、諸大名には交替で帰国して飢饉対策に当たるよう指示が出されている。


■6.農民の権利を守る法令

家康は農民保護についても「郷村(ごうそん)法令」を出した。しかも、 それは家康が征夷大将軍に任ぜられた慶長8(1603)年2月の翌月、最初の 法令として出されたものだった。

 ・私領の領主に「人質を取られ、せんかたなきに付いては」、幕府の代 官や奉行所へ届けた上で直目安(じきめやす、家康への直接の訴状)を出 してよい。しかし、幕府代官の「非分(非法行為)については、そうした 届け出無しに直接出して良い。

 ・幕府代官や領主に「非分」があって、百姓が「所を立ち退(の)き逃 散(ちょうさん)をする場合は、たとえその領主が求めても、安易に強制 送還されることはない。

 ・百姓を理由もなく殺す事は禁ずる。たとえ罪のある百姓といえども、 これを逮捕し、奉行所において対決の上、罰を申しつけるべきである。 [4, p12]

戦国時代は農民も野盗からの自衛のために、あるいは村どうしの争いのた めに武器をとって戦っていたが、秀吉は「刀狩り」と「兵農分離」により 百姓が武器を持たなくとも暮らせる社会を目指した[b]。それをさらに徹 底して、平和な農村社会を実現しようとしたのが「郷村(ごうそん)法 令」だった。

特に、領主や幕府代官の不正を防ぐために、農民に訴えや逃散、あるいは 裁判を受ける権利を認めていたのは、現代のシナ農村よりもはるかに近代 的である。


■7.美政をもたらした学問の力

こうした農村保護の法令は、幕府によってかなり徹底されたようだ。

東北の会津藩40万石は加藤明成が治めていたが、年貢率の引き上げ、無 地高(土地がないのに石高だけある)の押しつけなどで百姓が困窮してい るところに、寛永19(1642)年の凶作が襲った。2千人の百姓たちが一斉 に「田畑を捨て、妻子を連れ、隣国に奔るること大水流のごとく」逃散を 始めた。

 その状況が隣国から幕府に注進され、加藤氏は翌年に改易(領地没収) された。次の領主となった保科氏は、?村触(ごうそんぶれ)を出して、 逃散した百姓の還住(げんじゅう)を呼びかけた。

 逆に米沢藩を治めた上杉家は、藩内の経済開発に努め、天明の大飢饉で 平年の2割ほどに米作が落ち込んでも、備蓄米を活用して、死者を一人も 出さず、他藩からの難民も救った。幕府からも「美政である」と三度も表 彰を受けている。[c]

 その上杉家代々の家訓「伝国の辞」は、次の3箇条からなっている。

・国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候
・人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候
・国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候

 このような近代的な統治思想をもたらしたのが、学問の力であった。江 戸時代の260余年にも及ぶ平和は、こういう学問を学んだ幕府や大名、 武 士たちによって築かれたのである。
(文責:伊勢雅臣)


■リンク■

a. JOG(910) 歴史教科書読み比べ(22): 北条氏の仁政
 北条氏は「道理」と「合議」に基づく政治により、安定した社会を生み 出した。
http://blog.jog-net.jp/201507/article_7.html

b. JOG(986) 歴史教科書読み比べ(30) 織田信長・豊臣秀吉による天下統一
 天下統一には、武力による全国制覇だけではなく、「安定した近世社会 のしくみ」作りが必要だった。
http://blog.jog-net.jp/201701/article_3.html

c. JOG(130) 上杉鷹山〜ケネディ大統領が尊敬した政治家〜
 自助、互助、扶助の「三助」の方針が、物質的にも精神的 にも美しく 豊かな共同体を作り出した
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h12/jog130.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 『新編新しい社会歴史 [平成28年度採用]』★、東京書籍、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4487122325/japanontheg01-22/

2.伊藤隆・川上和久ほか『新編 新しい日本の歴史』★★★、育鵬社、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4905382475/japanontheg01-22/

3.渡部昇一『「日本の歴史」〈第4巻〉江戸篇―世界一の都市 江戸の繁 栄』★★★、H22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4898311466/japanontheg01-22/

4. 横田冬彦『日本の歴史16 天下泰平」★★、講談社、H14
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062689162/japanontheg01-22/

■前号「トランプ政権の『経済力による平和』戦略」に寄せられたおたより

■中国の「100年マラソン」(T.N生さん)

 支那共産党政権が樹立した1949年生まれの団塊世代です。Globe Now: トランプ政権の「経済力による平和」戦略及びJOG(937) 中国 「100年マラソン」の野望を読みました。中国と国交をはじめた田中角 栄総理と周恩来との談笑光景が甦り、いかにお人好しの日本だったかと (現在も)、ぞっとする思いです。

20歳代、農民と労働者の味方毛沢東!文化大革命を礼参する会社の先 輩 に誘われ日中友好協会に入会し人民日報はじめ毛沢東選集etc.など手に したこともありますが、あれから48年経過し人生を振り返らざるをえま せん・・・ネット時代に入り「日本解放第2期工作要項」なるモノを知り 中国の我が国への浸食をいかに謀って来たか。

いま振り返ると中国の「100年マラソン」でいえば当時38年目、あ れから 30年経過、韓国の混迷、悪辣な独裁国家北朝鮮の暴走が報じられ 「100 年マラソン」は現在我が身と同じ68 年目。現在の中国の横暴ぶ りに新た めて脅威を覚え、我が国の国勢を謀る政治家、官僚、そして財界 企業家 の深慮遠謀を期待するものです・・・・。


     
━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(19)
━━━━━━━━━━━━━━━━


          “シーチン”修一 2.0

横浜市大中退(除籍処分)のため当時の同窓生との交友はほとんどが自動 車部の仲間だけなのだが、以下のH君(ヤマハ満期退職のグッドガイ)か らの転送メールでN君の死を知った。

<H様

先日よりご丁寧な電話やメールを送っていただきありがとうございます。 Nの家内です。

Hさんのお名前を娘から聞いて、すぐにピアノ購入時にお世話になった方 と覚えておりました。

OB会の事も伝えましたら、行けそうにないなあ〜と、残念がっておりまし たが、本日、主人の容体が急変しまして、あっという間に亡くなりまし た。先生からは再発したら、一か月ももたないと聞いておりましたが4ヶ 月も頑張ってきました。今年のお正月に家族で撮影した写真を送付いたし ます。

どうぞ、皆様もお体をご自愛くださいますように>

小生は以下のメールを送った。

<N君の奥様へ

小生も1月末に退院したばかりですが、先日は生まれて初めて救急搬送さ れました。残念というか自然というか、僕らもそういう年齢になったとい うことですね。N君は実に穏やかだったなあ。あの世で宴会しましょうね。

ご冥福をお祈りいたします>

N君は関西人で、関西ペイントに新卒入社し、定年まで勤めあげたのだろ う。どんな夫、父、息子だったのだろうか。

小生とカミサンは和解し、カミサンは猛獣の牙と爪を抜いて完全制覇、 すっかり手なずけた気分かもしれないし、もしかしたらどこかで「コイツ は油断できない、また暴れるかもしれない」と警戒しているかもしれない。

小生も今のところすっかり大人しくしているが、自分自身でも「いつまで “いい子ぶりっ子”“借り猫”でいられるものか、怪しいものだ」と恐れてい る。何をしでかすか分からないキャラだからだ。

表面的には仲良し夫婦のようだが、いつまで続くものやら・・・小生はカ ミサンとか女という生き物がよく分からない。まるで異星人だ。病棟日記 から。

<【2016/11/16】明日のカウンセリングに備えて以下の「男は辛いよ (1)モンスター化する妻たち」を清書した。

組織は大小を問わず指揮命令系統がある。組織の方針は独裁(ワンマン) か合議(集団指導=取締役会とか株主総会)で決まり、下に指示(業務命 令)が下りていく。

人間に一番近い猿の群は独裁体制で、ボス猿の地位争奪戦は熾烈を極め、 まさに死闘だ。負けた猿は殺されたり、群から追放され孤独のうちに死ぬ。

人間界に目を移せば、ソ連はスターリン独裁から集団指導体制へ転換した が、冷戦で経済が疲弊し、建国から40年余で自壊した。今、共産主義国で 独裁を貫いているのはキューバと北朝鮮のみである。いいか悪いかは別に して、マキャベリの言う君主の最重要事「秩序を保つ」という面では独裁 は合議制より有効だ。

有史以来、日本は儒教の影響もあって、表向きは男尊女卑の時代が続い た。ところが実態は、妻は夫を立てるが、家政の実権は妻が握っていたの ではないか。夫は「権威」、妻は「権力」という分業体制ではなかったの か。「男尊女卑」は便宜上の表向きだった感じがする。

今は男尊女卑が否定され、妻は権威と権力を併せ持つ独裁者になりつつあ り、夫の地位は揺らいでいる。

夫は働き蜂か奴隷か、はたまた現金輸送車か・・・夫は家庭を維持するた めにそこまでは忍ぶだろう。しかし、一挙手一投足まで指図、干渉される のはご免だという夫は多いのではないか。

幸いにも妻という“独裁者”は、逆ら夫を死刑にはしないが、精神病棟に追 い込むことはできる。あるいは離縁して夫から親権を奪ったり、慰謝料を 取ることもできる。

裁判所を含めて世間は常に妻の味方であり、夫は常に悪者、愚者、無節 操、不道徳、不逞の輩、恥知らず、乱暴者、変態、DV、アル中・・・果て はケダモノと非難され、制裁を受けるのである。

妻はかつては「良妻賢母」を理想としたが、今や「強妻恐母」というモン スターになりつつあるのではないか。

「牝鶏鳴きて国亡ぶ」(修一:書経牧誓の「牝鶏晨す(ひんけいあした す)」が原典らしい。小生はいつもイメルダ元比大統領夫人を思い出す) という。ソクラテスは「良妻なら君は幸せになる。悪妻なら(私のよう に)哲学者になれる」と言ったとか。小生は哲学者になれそうだ>

以上を今読み返してもあながち狂者の他罰的な妄想とは思えないのだ が・・・(つづく)2017/3/25



    


━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎米F35B、精密爆撃訓練か=北朝鮮に「警告」−韓国

【ソウル時事】聯合ニュースなど韓国メディアは25日、日本の岩国基地に配備されている米最新鋭ステルス戦闘機F35Bがこのほど、韓国北東部・江原道の演習場で精密爆撃訓練を実施したと報じた。

北朝鮮と隣接した江原道での精密爆撃訓練実施は、「核・ミサイルの開発を続ける北朝鮮に対する警告のメッセージの意味合いがある」と聯合は伝えた。
 
在韓米軍はこれより先、F35Bが韓国海兵隊との共同訓練に参加したと発表したが、訓練の詳細は明らかにしていなかった。

米メディアは、北朝鮮が新たな核実験に向けた準備の最終段階に入っていると報道。韓国統一省報道官は「北朝鮮は指導部が決心さえすれば、いつでも核実験を行う準備ができているとみている」と述べている。
【時事通信】 2017/03/25 22:46 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎正男氏暗殺 総連首脳は北犯行と判断 内部に正恩氏批判 部下へは 「米韓謀略」

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)首脳が北朝鮮の金正恩(キム・ジョン ウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件につ いて、北朝鮮当局による犯行と判断していることが25日、分かった。

北朝鮮の在外公館・準組織幹部が、事件関与を否定する当局と異なる見解 を示したのは初めて。朝鮮総連関係者が明らかにした。朝鮮総連幹部らが 内部向けには米韓両国の謀略による犯行と説明していたことも判明した が、組織内では犯行を主導できる立場にあった正恩氏への批判が相次いで いる。

関係者によると、朝鮮総連の首脳が2月13日の事件後、別の幹部に事件の 概要を説明した。この際、首脳は「北朝鮮による犯行だ。事件には (2013年に正恩氏に粛清された)張成沢(チャン・ソンテク)氏らが 関係している」と分析した。張氏は正恩、正男両氏の義理の叔父で、正男 氏に経済的支援を行っていたとみられることから、首脳は正男氏殺害が張 氏関係者粛清の一環として実行に移されたとの認識を示した。

一方、北朝鮮は事件後、朝鮮総連に対して正男氏の殺害に関する具体的対 応を指示していない。このため、朝鮮総連は犯行に関する公式見解を外部 に明らかにしていない。

 だが、複数の朝鮮総連幹部らは事件後、内部の非公式会合で「遺体は正 男氏と確認されていない」「マレーシア当局が(猛毒の神経剤)VXによ る毒殺を主張しているだけだ」と部下らに説明。「マレーシアには米中央 情報局(CIA)のアジア拠点があり、事件は米韓による謀略である」と 断定していた。
産経新聞 3/26(日) 7:55配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━


  1)丸梅亭のかき餃子

「頂門の一針」の読者各位に少し趣が変わったかき入りの餃子を紹介す る。丸梅亭が20年ほど前に思いついて以来、時々作って愉しんでいる代物 である。

普通のかき餃子は、小粒のかきを1個ずつ包み込んだものだが、これはそ うではない。以下に作り方を紹介する。

?    白菜を茹でてみじんに切って水気を絞っておく。

?    生のかきも細かく切っておく。

?    ?を3?を1の割合で混ぜる。調味料はかきの風味を生かすために入れ ない。

?    できあいの餃子の皮で?を包むと仕上がり。

以上のように至極簡単である。癖のない味の白菜がかきの風味を抱いて、 食べるとそれが口中に広がる。かきだけを使ったものは、野菜の食感がな いので餃子らしくなく物足りない。

なお、餃子の付けタレだが、小麦作と餃子が古くから普及した中国の華北 にある西安に餃子の老舗に徳発長という店がある。

http://home.ktroad.jp/kazumi-t/xian/tokuhatutyo.html

http://blog.livedoor.jp/udukikureha/archives/51071156.html

https://tabelog.com/china/A5106/A510601/51000082/

そこで教わったタレは黒酢だけであった。好みが色々あるだろうが、黒酢 だけのタレもコクがあって旨いので、あわせて紹介しておく。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1030282665

かき好き、餃子好きの剥きはおためしあれ、

                                  (丸梅亭)





━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


27日の東京湾岸は朝のうちは雨。

26日の東京湾岸は朝は雨につき散歩をやめた。

雨は降りやまず、残念ながら散歩は取りやめ。





読者:5531人。

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/



◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/




-- 渡部 亮次郎 <ryochan@polk

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 在日同士の通報もOK!←ココ重要!
    http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18407249.html

    神奈川県警 大口病院の捜査が長期化 迷宮入りか
    http://www.akb48matomemory.com/archives/1065108016.html

    新報道2001「辻元清美が落選するまで追求する」宣言wwwwwwww
    http://asianews2ch.jp/archives/50935438.html

    始球式
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A7%8B%E7%90%83%E5%BC%8F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwiLo5aghfbSAhVBKWMKHUc9DP0Q_AUIBygC&biw=1157&bih=679#spf=1

    家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/23/yoshiharu-doi-ichijyu-issai-2_n_15561352.html

    移民受入、治安維持、国民の自由、この三つを同時に実現することはできない
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-c6fd.html

    これは永久保存したい! Twitterアカウントが乗っ取られた時の対処方法を5ステップで解説した画像が話題に
    https://gunosy.com/articles/RvSpL

    ショッキングな「ペドゲート」犠牲者の告白
    http://mirushakai.jugem.jp/?eid=1079

    日本の昔のお正月について調べてたはずが大脱線(笑)
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid607.html

    特別永住資格
    http://supinozaneko.web.fc2.com/3-12.html

    新型インフルエンザ(トリインフルエンザ)等対策特別措置法
    http://satouclk.jp/2016/12/111228h5n15h5n1who23whowho282-httpswwwprefyamanashijpkenko-zdocumentsbesshitpdfhttpwwwcasgojpfyusiki.html

    思い出を切りぬくとき
    http://www.hagiomoto.net/books/book/omoide.html

    ビッグファーマ(西洋医学と多国籍製薬巨大企業)は、ロックフェラーによって発明された
    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2028839.html

    全国47都道府県ママに聞く、洗濯に関する意識・実態調査 
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201508313104/

    中村勝宏の魂の食対談 〜本物を求めて
    http://hoteresonline.com/articles/1169

    D・カーネギー「道は開ける」の要約と感想を書いてく 
    http://toumaswitch.com/how-to-stop-worrying/


     2017/3/27

  2. ロックフェラーや英国王室など闇の支配者たちは薬を飲まない。医者にかからない。農薬に汚染された野菜も食べない。食品添加物まみれのジャンクフードなど絶対に食べない。それらは人類と言う家畜のエサだからである。

    「メイソン、イルミナティ達は、肉や市販の物は食べない」と断言するのは増川いづみ博士である。

    「アメリカでは『犬も食わないマクドナルド』と言っているものを毎日、常食している男性や子供たちがいますね。また、フライドチキンは遺伝子操作した4本足チキンですよ。ケンタッキー・フライドチキンでは既に20年前から4本足の鶏です。私の知っているユダヤ人の一族は、昔から『あれはサイボーグと同じ』と言ってました」

     つまり、世界中は20年前から奇形の4本足の鶏を食べさせられていた。

    「私が留学していた時、たまたまホームステイしていた家庭が、メイソン・メンバーだったのです。後で知ったのですが、彼らは自分たちが食べる安全なオーガニック野菜を使用人に作らせていて、一切、肉を食べない完全なベジタリアンでした。彼らが、そうとは知らない知人からステーキ用の肉など貰うと、一応ニコニコして受け取り、後で『これは人間の食べる物ではない』と言って犬にやっていました(苦笑)」(増川氏)

     地球の食も支配している彼らは、肉を食べる危険性を熟知している。だから、これはメイソンに共通するライフスタイルなのである。増川先生の話は続く。

    「彼等が旅行に行くときには、自分の家のコックが作ったパンとかサラダなど、全て作って持って行く。また、長期滞在の時は、現地で親戚や友人関係から新鮮なオーガニック野菜を調達する。お金は余るほど持っているけど、絶対に安易には外食しない。水も水筒に入れて持って行く」(増川氏)

     メイソンのトップ、ロックフェラー一族もこのようなヘルシーなライフスタイルを実行しているはずである。我々も見習いたい健康術である。

    「今は遺伝子組み換えは鳥だけじゃない。牛も豚も全部、遺伝子組み換えで毛がないのや、薄い皮の種もある。それは処理や調理が楽にできるためです。サケも遺伝子組み換えです。今、遺伝子操作されていない植物は豆科だけだそうです。鞘に入っている豆は、モンサントの人に聞いたら、『操作が難しい』と言っていました。でも、『それももうすぐ成功する』と言っていました。だから、原種、固定種、在来種を持っている農家から買うしかない」

    筆者「三重県にD・ロックフェラーが直接来たんだってね。自家採種やっている市民団体に乗り込んできてストップと言ったそうだ。」

    増川「ロックフェラーも来たし、ロスチャイルドの娘も去年来ています。日本の現状をチェックしに調査に来ていて、日本全国を監視に来ている。戦後、味の素社にグルタミン酸ナトリウム(NSG)の製造免許を渡し作らせたのはアメリカのサール社です。サール社は人工甘味料を作っているところです。この子会社がいくつかありますが、実質上の大株主はロスチャイルドです。ちなみに人工甘味料も神経毒です。後で知ったのですが、ロックフェラーやロスチャイルドたちも、自分たちが食べる安全なオーガニック野菜を使用人たちに作らせていて、一切に肉を食べないベジタリアンでした」

     フリーメイソンは、水道水は絶対に飲まない。それは彼らが水道水にフッ素や塩素を入れた張本人だからである。アメリカでは、水道水へのフッ素混入を強力に推進したのがロックフェラー財閥である。飲み水に添加されたのはフッ素化ナトリウムである。これは殺鼠剤として使われていた。鼠殺しの猛毒を飲料水に混入する発想が恐ろしい。
    なぜ、フリーメイソンたちは強行したのか?

     アメリカ国民を愚鈍で従順にするためである。日本では、水道水へのフッ素添加は行われていない。しかし、水道法で強制されている塩素添加も恐ろしい。

    「今、牛と豚の屠殺の時期が早くなっている。その理由は、家畜の病気の末期になるのが早まっているからである。生後、半年で病気になる。人間がやっていることは本当に残酷である。そもそも命を殺傷すること自体が間違っている。実際に、屠殺シーンを現場で見たら、良心が痛んで食べられなくなる。だから、彼等は、肉食を避け、外食を避けるのである」

     以上を整理すると、メイソン・トップに君臨するロックフェラー一族は、一般の作物や肉類、食品さらに水道水などが汚染され危険であることを十分理解している。だから、使用人に専用農場で完全無農薬のオーガニック野菜を作らせている。肉類が汚染され、肉食自体が危険であることも熟知している。だから極力外食も避けている。そして、医療はホメオパシーのみ。ヨガ呼吸法や瞑想なども健康法として取り入れている。その結果、驚異の長命を獲得した。我々も健康法を見習いたいものである。




     2017/3/27

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13241人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事