政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4298b号  2917・3・18(土)

2017/03/18



□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4298号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年3月 18日(土)



「措置入院」精神病棟の日々(17):“シーチン”修一 2.0

    北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要と:宮崎正弘

  李垠、李方子両殿下所縁の地を訪ねて その2:室 佳之

             チープ・ガバメント:眞邊峰松
                                  
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4298号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(17)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

小生の街は小さいにもかかわらず製造販売の和菓子屋が2店あった。店主 の高齢化で昨年1店(愛想はいいが味は・・・)が創業50年を前に廃業 し、最近、そのライバルでもあったもう1店(味はいいが愛想は・・・) も店をたたんだようだが、挨拶文が貼ってなかったので、もしかしたら急 遽、入院でもしたのかもしれない。

いずれにせよ、スーパーやコンビニが席巻していくのにしたがって街の商 店街はどんどん消えていった。商店はほとんどが個人経営で、今どき小さ な店を継ぐ者もなく、かつての賑わいは2度と戻らないだろう。小商人 (こあきんど)の時代は終わったのだ。

世界を見渡すと、時代は確実に変わりつつある。

【2016/11/15】米国大統領選挙で「もしかしたら」が現実となった“大サ プライズ”。出口調査で白人女性の53%がトランプ支持、非大卒白人女性 に限れば、トランプ支持はヒラリーの2倍だったという。

ところで、トランプへの非難として「4回も破産している」というのがあ る。米国で破産というのは、会社更生法、通称「チャプターイレブン」を 申請し、適用されることだが、小生の知っているだけで、優良企業とされ ているデルタ航空は11回も破産し、再生している。

再生に際しては株券はパーになるが、再生計画を作り、資金援助を受け、 基準をクリアすれば再上場も可能だ。失敗しても何度でも再チャレンジで きるのが米国流で、イノベーションの1発満塁本塁打を目指す小規模ベン チャー“スタートアップ”も、たとえ失敗しても投資家など出資者が「惜し かったな」と思うくらいで、起業家が損害を受けるわけではなく、何度で も再チャレンジが可能だ。

米国の小さなベンチャー企業が大成功した例は実に多いだろう。マイクロ ソフト、アップル、マック、ケンタ、セブンイレブン、サランラッ プ・・・米国のチャレンジ精神、スタートアップなどに学ぶべき点は多い だろう。仕組みを早急に整えるべきではないか。

昼食前の11:00〜11:30に入浴予定だったが、その前の時間帯は誰も予約 が入っていないので、10:50から入浴。のんびり湯船に浸かった。10分の 違いは大きい。

差し入れの目覚まし時計にポリ袋をかぶせて防水にし、風呂場に持ち込ん だので上手く時間を使えたが、工夫は大事だ。

14:00〜15:00、運動、ゲーム、歌で過ごす。傷害事件を起こした“オ トーサン”は腰痛が悪化したのか、具合は悪そう。パニック障害の乙女“パ ニック”は元気そうだった。

15:00、話したこともない向かいのベッドの人が急に「今日退院します、 お世話になりました」と挨拶するから、「お元気で」と見送ったが、彼は ここ数日、ボソボソ独り言を言っていたので変だなと思っていたが、再び 三度かは知らないが、発狂したようだ。

ナースが彼をどこかへ連れて行ったが、注射でも打たれたのか、2時間ほ どで戻ってきた。何か不気味である。その後も訳の分からないことをつぶ やいている。完全に壊れている。

15:30〜15:40、Dr.と面談、数日前にレポートを手渡したが、「また書 面で(思いを)知らせてね」とのこと。

15:50〜16:05、OT(作業療法、Occupational Therapy)について作業療 法士と打ち合わせ、明日から参加することに。

精神病棟は鍵だらけだ。職員しか開閉できないドアが2Fのパブリックス ペースだけで13もある。キーがなければどこへも行けない、まるで陸の孤 島。実話をもとにした映画「パピヨン」の収容されていた島のよう。

在日の半島人(韓国)、支那人は合わせて112万人もいるから、精神病棟 にも当然おり、最近10代のような韓国青年チョー君と挨拶するようになっ た。最初はツッパリ風だったが、今はかなり柔和になっている。患者の多 くは大人しくしているが、“オトーサン”や小生のように激高すると狂気を 発する患者もいるし、問題を起こせば地獄の身体拘束に逆戻りするから、 ツッパリも「明るい青年」「朗らかな青年」を演じざるを得ないのだ。

そう言えば少年院(のような所)に収容されていた友人が、「一番辛かっ たのは、一日でも早く釈放されたいので“明るい青年”を装わざるを得ない ことだった」と言っていたっけ。良き夫、良き父、良き社員、良き社長、 良き息子を演じ続けてきたが、良き老人という段階で小生はしくじってし まった。演じ続けることはなかなか難しい。(つづく)2017/3/16



                
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要と
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月17日(金曜日)
        通算第5228号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 北朝鮮には「新しいアプローチ」が必要とティラーソン国務長官
   過去二十年、アメリカは135億ドルも投じて北を支援したのに
*********************************

3月16日、急遽、来日したティラーソン国務長官は安倍首相と一時間会 談。そのあと外務省飯倉公館に場所を移し、岸田外相と夕食をともにしな がら「日米同盟」の重要性などを話し合った。

その後、ティラーソン国務長官は岸田外相とともに記者会見に応じ、アジ ア三ヶ国訪問の主目的は「北朝鮮問題」だと示唆しつつ、北朝鮮には「新 しいアプローチ」が必要だとした。じつは国務長官就任から六週間、ティ ラーソン国務長官が記者会見に応じたのは、これが初めてなので、米紙も 大きく報道している。

ティラーソン国務長官は記者の質問に対して、「過去20年、アメリカは 135億ドルも投じて北を支援したのに、ミサイルの実験を強行した。過 去のアプローチの方法では、対応できない」とした。同長官は18日に中 国を訪問する。

ニューヨークタイムズによれば、ティラーソン国務長官は、日本のあと北 京を訪問するが、北朝鮮への制裁、核開発凍結などで中国の展開してきた いい加減な遣り方につよく警告し、米国の要求に従わない場合は、米国進 出の中国の銀行に制裁を課すことも検討中であると伝えるという。

米国の軍事筋は「戦略的忍耐」から「あらゆる選択肢」に舵を切ったトラ ンプ政権の、「あらゆる選択肢」には先制攻撃というオプションも当然 入っているとしている。

中国は「韓国へのTHAAD配備が原因であり、米韓軍事演習はただちに 辞めるべきだ」(王毅外相)などと、まだ寝言を並べているが、北京で18 日、何が起こるか?
       

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三島由紀夫から贈られた色紙には「夏日烈烈」と書かれていた
  『鏡子の家』をめぐって、生命論、宇宙論を展開した夏の激論の日々 は遠く

  ♪
執行草舟『おお ポポイ!』(PHP研究所)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

題名の「ポポイ」は、「エーゲ海の明るさの中にある悲哀をあらわす古代 ギリシアの感嘆詞」であり、詩人の西脇順三?が好んで使ったことで知ら れるという。

本書は、著者によれば、「裸形の精神」であり、「追憶の祭壇」でもあ り、「素っ裸の人間の人生だけが、他人の人生の役に立つことができる」 という信念に基づいて、「正直さが、自己に清らかなこころを招き入れ る」と保田輿重郎の言葉を引かれる。

保田はこう書いた。

「清らかな心が崩れるとは、精神が崩壊することだ」

執行氏は早熟な少年だった。文学青年、思想青年、そして常に頭脳の中で 哲学をしていた。世の中には早熟な人は沢山いるが、青年期を過ぎると凡 庸になって、思想の輝きを失う人があまりにも多い。岸田氏は勘当された ため、造船、鉄工所など現場の労働を体験しながらも、不屈の精神を何時 までも強靭に持続させ、燃焼させてきた人生。
その源泉は何なのか?

小学校に入る前から、執行氏は母親にルビを振って貰って「武士道は死ぬ ることと見つけたり」の『葉隠』を読んでいた。

葉隠れの精神を大事にして青春時代に突入した執行氏が三島由紀夫と邂逅 するのは必然の流れであったのかも知れない。

三島由紀夫との運命の出会いは著者が中学3年生の夏休みだった。

まだ中学生なのに、三島の全作品を執行少年はすでに読み尽くしており、 「最初の時が2、3時間もふっ通しで、私の三島文学論を著者本人にぶつ けた」のだという。
 後に三島は『夏日烈烈』の書を贈ることになる。

 しかも執行氏は同じ頃に「朝日ジャーナル」に連載されていた高橋和己 の『邪宗門』を読破していた。高橋の『非の器』『邪宗門』と、三島の 『美しい星』『金閣寺』『鏡子の家』との比較文学論をぶつけた。

思いおこせば、評者(宮崎)も高校生から大学生にかけて上記書物を読ん でいたが、とくに『朝日ジャーナル』も愛読していたから、その精神遍歴 はよく了解できる。

しかし、執行氏は中学生だった。いささか無謀とも言えるが、大病を患っ て一年進学が遅れていたので、実際は高校1年生、頭の中はすでに大人 だったのだろう。

「三島氏の作品は詩的、文学的なんです」。そのうえで、「ユーモアを漂 わせながらも、人類の破滅という深刻な題材を扱っている。破滅の中に、 生命の詩を見いだしている」のが三島作品であると総括し、とりわけ『美 しい星』は「個人の精神がもつ永遠性と、文明が抱えている破滅性を」を 捉えた終末論である、と三島氏に熱い議論をふっかけたという。(映画に なる「美しき星」はどんな描き方をするのか、楽しみだが、これは余談)。

文学談義はいよいよ沸騰し、『鏡子の家』論議に入る。

執行氏は、この作品が一番好きなようで、「私はスサノオの生き方を、現 世に問いかけているのが三島文学」であり、「『鏡子の家』が、三島の代 表作とみるのである」という。

なぜなら「この作品がスサノオ的なものとそうでないものとが、もっとも よく表されている作品だから」

同じ課題を追った作品に埴谷雄高の『死霊』があるが、これは執行氏から みれば、「スサノオ的なものに宇宙論と生命論から迫っている。(中略) 埴谷本人が『司令官』としてそこにいる。

これに対して『鏡子の家』では、三島由紀夫が鏡子として存在する。けれ ど、三島氏は自分だと悟られたくないから、あえて女性という設定にして 隠して」、そのうえで「日本人のもつスサノオ的なものに、文明論から 迫っている」と解釈する。

『三島が鏡子として存在する』というのは思わぬ方向からの分析だ。

かくして執行少年は三島氏と2日間議論する合間には乗馬を愉しみ、こう した出会い、議論は4年連続したという。

夏休みには祖父の山荘で議論し、東京でもよく三島を訪ねた想い出を、随 所に挟み込んで、全体の格調が盛り上がる。

三島由紀夫が執行少年に贈った色紙には「夏日烈烈」と書かれていたことは 書いたが、『鏡子の家』を巡って、生命論、宇宙論を展開した夏の激論の 日々は遠くなってしまった。

さて本書には三島いがいにも、初公開の秘話が山のようにある。

まずダライラマ法王への支援活動だ。ベトナム船を三隻建造した三崎船舶 で働いていた執行氏は仕事の関係からもベトナム大使館に出入りする。

当時、国際情勢は複雑で、じつはベトナムがチベット独立運動を支援して いた。「ベトナムとの付き合いは極秘の中ですすめられ」、やがてベトナ ム戦争が終わると中国とベトナムは険悪になり「いつ戦争になってもおか しくないというぐらい、関係が悪かった」

この時代背景があって、ベトナムはチベット独立運動を支援するという構 図になる。

ダライラマは中国との平和共存を訴えているが、若き日々には武装闘争に よる独立を主張しておられた。日本においてその支援の輪が拡がっていた。

奇縁なのは、その日本における策源地がベトナム大使館だったという。し かも、驚きは、その支援活動の中心人物が黛敏郎氏だったというではないか。

しかも秘話が続く。「このとき黛さんに協力していたのが文藝評論家の村 松剛さんでした」というのだから、この話は初めて知った。

執行氏は高校時代に電話をかけて村松剛氏を尋ね、中東の話を聞いた経験 があった。

質問をすると、村松剛氏は懇切に教え、貴重な文献も貸してくれたと追想 するのだが、当時「6日間戦争」直後でもあり、中東問題の権威といえ ば、村松さんしかいなかった。

本書では最後の最後に、おそらく初めて自らの事業に触れている。今日で いう「健康食品」のカテゴリーに入るが、酵素を製造販売する会社を経営 されている。

ところが、こう纏めるのである。

「文明によって形作られた脳髄を破壊すれば、人間は生命エネルギーのま まに思考することになり、生命の生まれ故郷である、宇宙の永遠に向かっ て放射されていく。私はそれを手助けする事業を行っているし、これから も行って行きたい」。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)キリスト教団とユダヤ教団の愛憎関係について多くの人が 論じています。

しかし、より重要かつ根源的な問題であるヨハネ教団とキリスト教団の関 係について論じる者はほとんどいません。

否、キリスト教関係者が論じるのを避けているようです。

私にはどう考えても、落ちにキリスト教団となったイエス教団はヨハネ教 団から派生したものとしか思えません。

ヨハネ教団は洗礼のヨハネの個人的な信仰団体でヨハネの死後雲散霧消し たと多くの人は思っています。私も1年前まではそう思っておりました。
実は、ヨハネ教団はヨハネの死後のトルコ南部を中心に地中海沿岸で広く 活動し、ヨハネの死後200年くらい存在し続けました。

おそらく、イエスの死の時点ではヨハネ教団の方がイエス教団よりはるか に大きかったと推察ぃたします。イエスをキリスト(古代ギリシャ語のク リストス、つまり敬意を表すために香油を注がれた者)として神格化した キリスト教団はユダヤ教徒やローマ人への布教に先駆け、ヨハネ教団の切 り崩しを行ったはずです。

何故なら教義は殆ど同じで、イエスを神格化するか否かが違いだったから です。

よく知られているように洗礼のヨハネはマリアの親戚です。したがって、 幼少の頃からイエスはヨハネを知っていました。

これは私の推測ですが、イエスの父ヨセフはキリスト教団ではマリアの夫 であり、処女受胎の結果生まれたイエスの養父とされています。ヨセフは イエスの誕生前あるいは幼少の頃なくなって、マリアの親族であるヨハネ がマリアとイエスの母子の生活を扶助したと私は推測しています。
マリアとイエスは、イエスが成人する前エジプトやトルコを放浪していま すが、

おそらくヨハネ教団の中心地であったトルコ西南部クシナダあたりでが長 く暮らしたと思います。

イエスは死の直前に使徒ヨハネに自身の死後マリアの生活の面倒を見るよ うに依頼しヨハネとマリアは一時期地中海中の島にも住みましたが、クシ ナダで長く暮らし、2人ともそこで亡くなっています。

2人がクシナダへ行ったのは、ヨハネ教団の勢力が強く、安心して住める ということと以前長くそこに住んだということが理由と思います。

一般には洗礼のヨハネと使徒ヨハネは別人で、洗礼のヨハネはヘロデ王に よって殺されたとされています。これは、私の推測ですが、2人は同一人 物でヘロデ王によって処刑されたというのは事実ではないという可能性が あります。

そうすると、ますます2人がイエスの死後クシナダへ行った理由がわかり ます。私は、キリスト教団はヨハネ教団を教義は換骨奪胎し、教勢を侵食 して伸長したという事実を糊塗するために、ユダヤ教へ目を向けさせユダ ヤ教を攻撃したと思います。(道楽Q)



  ♪
(読者の声2)シリアの内戦といえば宗教対立によるものという見方が一 般的でしょうか。しかし重信メイの『「アラブの春」の正体−欧米とメ ディアに踊らされた民主化革命』を読むとそんな単純な話ではない。

重信メイは言わずと知れた日本赤軍重信房子の娘、「英雄」の子として奨 学金でベイルートのアメリカン大学を卒業。
 シリア内戦の元をたどると父アサドが心臓病で入院中に父アサドの弟で 革命防衛隊司令官を努めていたリファアト・アル=アサドがクーデターを 企んだ。
1984年にアサド大統領が退院するとクーデターは失敗。弟は名目上の副大 統領とされるが、ソビエトへ無期限の「労働訪問」を命じられる。
リファアトはフランス・スペインと拠点を移しながら反アサド政権の活動 を続け、シリア国内では親族がプライベート・ビジネスを発展させ、その 資金を元に反シリアの衛星放送まで立ち上げたという。

 中東ですからどこの国も政権の腐敗はつきものですが、シリアはまだマ シだったという。ところがリビア崩壊後、急にシリアに注目が集まり、反 腐敗デモが反アサド政権デモとすり替えて報じられるようになる。さらに 自爆攻撃など反政府勢力によるものとしか考えられないものも、みな政府 軍による虐殺とされてしまったという。外国勢力が関わるようになり武器 の密輸で内戦は激化、得をするのはどこの国なのか。英米の報道により一 方的に悪者にされた戦前の日本と重なります。リビアもイラクも同様の報 道で潰されました。
 
 リビアでのヒラリー・クリントンの怪しい動きを見てもシリア内戦にヒ ラリーが絡んでいたのではないかと勘ぐりたくなります。シリアには中東 で唯一のロシア軍基地があります。アメリカでは政権中枢からシンクタン クに至るまで異常なほどのロシア嫌いがいてウクライナでも暗躍しまし た。さらにシリアは東西を結ぶパイプラインの重要地点。このため天然ガ スでロシアと競合するカタールの衛星放送アル・ジャジーラはリビア問題 でもシリア問題でも反政府側にたった報道だったという。

 シリアは古来より商業の民、カルタゴはフェニキアの植民都市だった。 ヨーロッパの中世、東西交易のルートは地中海からシリアが主、南方はエ ジプトから紅海へ、北方は黒海からカスピ海の北のルート。

 宮崎市定によるとオスマン・トルコ帝国は上記3ルートすべてを抑えた ため繁栄し、逆にイベリア半島のオンマヤ朝(ウマイヤ朝)はエジプトルー トを失い衰退し野蛮なキリスト教徒によるレコンキスタでイベリア半島か ら追われたとする。
ウマイヤ朝はすでに衰退傾向でしたがコンスタンティノープルの陥落から ほぼ40年後にグラナダ陥落ですから、通商ルートの確保がいかに重要かわ かります。

宮崎市定の本では「蒙古のドイツへの侵入が英国における鯡(ニシン)の 価格を下落せしめたという逸話があるが、これによって察すれば英人ベー コンが、火薬に関する知識を有しいたりという事実も、蒙古戦役が生んだ 東方科学西伝の一例であるかもしれぬ」とサラッと書いていますが、欧州 でニシンといえば塩漬け。かつては内陸部ではめったに食べられない高級 品、日本の新巻鮭のようなものかも。イギリスではそんなニシンに関する 昔話まであります。
http://hukumusume.com/douwa/pc/world/02/04.htm

現代の日本にとって最重要なのが南シナ海からマラッカ海峡を通り中東 へと続くルート。ここを押えて21世紀のオスマン帝国たらんとするのが中 国ですが、そうはさせじと安倍・麻生が推し進めるのが「価値観外交」で あり「自由と繁栄の弧」なのですね。西アジアの歴史を学ぶ、歴史に学 ぶ、というのがこれほど身近な問題に直結しているとは思いもしなかった のですが、戦前のパワーポリティクス時代を生きた人たちの問題意識に学 ぶことは多いようです。(PB生、千葉)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
李垠、李方子両殿下所縁の地を訪ねて その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                室 佳之

 戦後30年も過ぎて生まれた小生には、皇室や李氏朝鮮の続柄関係は複雑 で理解するのに時間がかかる。以下、間違い覚悟で書いていきたい。

戦前の皇室にはいくつもの宮家があるし、李朝は何人もの夫人がいてそこ からお世継ぎが生まれる。

また、日清戦争後に独立国となったことで、一旦は大韓帝国と称すので王 は皇帝となり、日本の皇室と対等となる。しかし、日韓併合により再度王 族となるので、これまた複雑だ。李垠(り・ぎギン、イ・ウン)殿下は、 当初皇太子だったが、併合後は王世子となる。

その皇太子を初代朝鮮統監伊藤博文公が、強く日本への留学を勧めた。父 親である26代国王であり初代大韓帝国皇帝高宗(こうそう、コジョン)は もちろん、実母である嚴妃(げんび、オムビ)はとりわけ猛烈に反対した。

しかし、時の情勢に抵抗出来ず、10歳の若さにして垠殿下は日本へ留学さ れる。

ただ、留学後の逸話として、伊藤公との親密な関係は有名で、海岸沿いを 祖父と孫のように歩く姿が映像として残っているほどである。もう一つ は、明治天皇皇后の御寵愛ぶりで、当時は皇太子(後の大正天皇)と並ん で、何度も拝謁してはお土産を頂戴している。

昭和天皇の弟君にあたる秩父宮雍仁(やすひと)親王は、『祖父明治天皇 の肉声をうかがったことがない』と書かれているくらいだそうで、いかに 垠殿下が破格の待遇だったかが分かる。

このため伊藤公が亡くなり、明治天皇皇后も順に崩御されたことで強い孤 独感を覚えられたようだ。

ところで、大正天皇が併合前の皇太子時代に訪韓されたということはあま り知られていないのではないか。前述の高宗がハーグ密使事件などを起こ し譲位することとなり、長男の純宗(じゅんそう、スンジョン、垠殿下の 異母兄)が2代目皇帝として即位したのを機にお祝いを兼ね訪韓された。

この時、純宗には世継ぎがおられなかったので、弟の垠殿下が正式に皇太 子となられたのである。ちなみに、純宗は大正天皇即位の大礼に参列出来 なかったため、大正6年になって最初で最後の来日をされている。

加えて病弱であったことや大正天皇崩御と同じ年に薨
去されているというところが互いに共通していて興味深い。純宗の妃であ る尹妃(いんび、ユンビ)は、方子妃殿下と晩年まで仲睦まじい関係だっ たそうだ。
 ここまで長く関係図を書いたのは、小生がこの度、渡韓して訪れた次な るところが王陵だったからで、上述の歴代の王族がほぼ一箇所に眠ってお られるのだ。
 ソウル中心から京春(キョンチュン)線に乗り換え、金谷(クムゴク) 駅で降りた。日本でいうところの上野から常磐線に乗り換え
千葉県に入ったくらいの感覚である。ここに『洪陵(ホンヌン)』『裕陵 (ユヌン)』『英園(ヨンウォン)』がある。洪陵は高宗の
、裕陵は純宗の、英園は垠・方子両殿下の墓地なのだが、李垠殿下は 『陵』ではなく『園』である。
 小生は最初の渡韓から今年で丁度20年を迎えるが、ソウル郊外にこれほ ど静かで落ち着いた場所があることを知らなかった。空気が綺麗で、
キツツキがトントントンとつついているところも見られる。

垠・方子両殿 下が眠られるに素晴らしい場所だと感じた。観光ガイドに
載せて欲しいような、でも知らせて賑わって欲しくないような。もし、日 本人であれば是非訪ねて欲しい場所である。入場料1,000ウォン(約100円)。

一点不満だったのは、韓国側が英園のことをあまり知らせようとしてい ないことである。ここを管轄している文化財庁は、『洪陵裕陵(ハングル のみ)』というパンフレットを作っているが、英園はパンフ レットを見 開いた全体図の片隅にしか載せていないのだ。

英園は陵の外に 設けられているため、英園だけなら入場料不要とのこと だった。何か疎外されているようで腑に 落ちなかった。いずれにしても 入口の切符売り場で、英園の場所を確認し て入場するのが良い。


尚、英園の墓地の隣には、もう一つ『懐仁園(フェイヌオン)』があ る。李垠・方子両殿下の第二子玖(きゅう、クー)殿下のお墓
である。前回『その1』で書いた第一子晋(しん、チン)殿下薨去から9年 後の昭和6年生まれ。

李朝における正式のお世継ぎだが、時代に左右されて欲しくないという父 垠殿下の強い思いから、玖殿下は自 ら切り開いた人生を歩まれる。戦 後、米国留学され、米国人とも結婚された(後に故あって離婚)。平成17 年赤坂プリンスホテ ル旧館の一室の浴槽内で亡くなられていた。これで 李朝はお家断絶となる。

李垠殿下には異母妹もおられ、徳惠(トッケー)翁主と呼ばれるが、こ の英園に眠っておられる。垠殿下留学の後を追うように日本へ留学、対馬 の宗氏へ嫁ぐが、今でいう重度の統合失調症となり、晩年は 方子妃殿下 とともに昌徳宮の樂善齋で過ごされた。

両殿下の家族関係を説明しようとすると近代日韓史も書かなければ理解 しづらい。結果的に長くなるので、今回はここまでにし、次回はいろんな 逸話を紹介してみたい。(つづく)


      
━━━━━━━━━
チープ・ガバメント
━━━━━━━━━


    眞邊 峰松

国民・住民の役に立つ行政機構とは、能率のいい必要にして最小限度の組 織・人員―。この考え方を否定する人はいないと思う。 ただ、機構は仕 事に対応するものである。 

だから、機構を廃絶したり、簡素化したりするには、仕事を亡くすか、仕 事のやり方を変えるか以外に、簡素にして効率的な機構への改革はないは ずである。 

意外に、この簡単な事実を理解し納得する人は少ない。とりわけ、最近の 風潮のようにも思える公務員叩きの大合唱の中では、とくにそうである。  それはよく風刺的に“お役所仕事”と揶揄される公務員労働への批判と同 列視される。
 
だが、そもそも、日本の公務員数から見て、既に群を抜く小さい政府だと いう事実が議論から抜け落ちてしまっている。 

それでいて、日本の行政サービスがこれらの国々に比し劣悪だという話も 聞かない。 これからすると、私には、現下の風潮はかっての官尊民卑の 裏返しのような感情的な議論が先行し、冷静さ・客観性を欠いているよう な気がしてならない。
 
とは言っても、このような公務員への厳しい批判も、現在ではいざ知ら ず、かっての公務員の勤務態度には休まず・遅れず・仕事せずと揶揄され る実態が一部にあったことからすれば、当たらずとも遠からずの非難では あるだろう。
   
しかし、この非難は公務員の数量(人数)と質の話。 これを逆に、機構 の方から考えていこうとするのは本末転倒であり、やはり実効はあがらない。

これをやはり実効あらしめるためには、やはり「民でできることは、でき るだけ公から民へ」という程度に止まらず、「どうしても公でやらねばな らないことのみを、公で」という、現在までの行政サービスを根底から見 直すと言う極限的な対応の検討が必要ということになろう。 

同時に、国民・住民側としても行政サービスの低下をも受け入れるという 覚悟が必要となろう。 

その場合、勿論、かく主張するマスコミ・論者が純粋に公益を主体にした 考えに立っているかどうか、自身がサービスの受益者なのかどうか、また は受益者の立場をも踏まえた議論を行っているのかどうか、という点を十 分吟味してかかることが必要なることは、論を待たないであろう。

これらを踏まえず、公務員叩きに闇雲に突き進む現在のマスコミなどの論 調は、「どうしても公でやらねばならないことのみを、公で」という真剣 な議論抜きの感情論を煽り、それこそ、「行為する者にとって、行為せざ る者は最も苛酷な批判者」という言葉を裏書する事態に立ち至っているの ではないかと思われる。

大事なことは、現代生活における公平・公正・安全といった面が行政の果 す役割を抜きにして維持し得ない以上、いかにして最小のコストで最大の 効果を発揮せしめるかであろう。 

その基礎をなすものが公務員労働であるとせば、一に懸かって質 の向上 が眼目ということになる。だが、現在の公務員叩きが続いている中 で、 果たして国及び地方の公務員の士気はどういう状態なの か、危惧される。

日産自動車の名経営者として名高いカルロス・ゴーン氏の言葉に「経営者 がやるべきことの中で最も重要なことは、従業員のやる気を起させるこ と」「彼らのやる気こそが価値創造の源泉となる」とあった。

現在のような公務員叩きの風潮のみが席巻する中で、果たして公務員のや る気を引き出し、労働の再生がなし得るのだろうか。

こう考えれば、やはり、簡素にして効率的な行政改革を進めていくための 現実的な方法の一つとしては、官僚自らがその線に沿い協力するよう誘導 し、また、人員削減に成功したら、その浮いた経費の一部を徹底的に見直 しされた後の残存人員の労働強化に対応し、プラス化しうるようなインセ ンチブに充ちた方策をも合わせ考えれば、より効果をあげうるのではなか ろうかと、と思料する次第である。(評論家)



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎自衛隊が米英仏と共同で上陸訓練、5月に米領テニアンで=関係者

[東京 17日 ロイター] - 自衛隊がフランス軍、米軍、英軍と5月中旬、北マリアナ諸島の米領テニアン島で共同訓練を行うことがわかった。太平洋に影響力を広げる中国を意識した動きで、4カ国で上陸訓練を実施する。複数の関係者が明らかにした。

訓練は5月2週目から3週目に計画。仏軍からはミストラル級の強襲揚陸艦、英軍からはヘリコプター2機、自衛隊と米軍からは要員が参加する方向で調整している。島しょへの上陸を想定しており、関係者の1人は「単なる艦船の訓練ではなく、着上陸というのは中国への強いメッセージになる」と話す。

中国の海洋進出には日米だけでなく、ニューカレドニアなど南太平洋に領土を持つフランスも神経をとがらせている。英国もアジア大平洋地域への関心を高めており、昨年は日本に初めて戦闘機を派遣し、航空自衛隊と共同訓練を行った。

防衛省の統合幕僚監部はロイターの取材に、「何も決まっていない」と回答した。
(久保信博、ティム・ケリー 編集:田巻一彦)
【ロイター】 2017年 03月 17日 16:53 JST 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎日本政府が答弁書で米人権報告書に反論 安倍政権によるメディア弾 圧「指摘は全くあたらない」

政府は17日の閣議で、米国務省が発表した2016年版の人権報告書で「安倍 政権によるメディアへの圧力強化に懸念が強まった」と指摘したことに対 し「指摘は全くあたらない」とする答弁書を決定した。

人権報告書には高市早苗総務相が昨年2月、放送法が定める「政治的公 平」への違反を重ねる放送局に、電波停止を命じる可能性に言及した点に 触れているが、答弁書は「従来の解釈と同様の内容」と反論。その上で 「通常の取材行為は処罰対象とならない」と明記した。民進党の逢坂誠二 衆院議員の質問主意書に答えた。
【産經ニュース】 2017.3.17 11:27 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎謎の金属球体「X」ついに正体判明 処理に困った昭島警察署が感謝  今後は…

警視庁昭島署(東京都昭島市上川原町)に保管されている、旧日本陸軍 の航空施設跡地から発見された爆弾のような金属球体3個。詳細がわから ず長らく処分に困っていたが、産経ニュースが報道したところ、全国から 産経新聞や昭島署に多数の情報が寄せられた。情報を集約した結果、昭島 署は球体Xを「航空機の夜間離着陸用誘導灯」と認定。担当者は「こんな に速く詳細が判明すると思っていなかった。情報提供に感謝します」と話 している。

平成27年11月17日、昭島市中神町の工事現場から発見された直径約 15〜20センチの謎の金属球体3個が、警視庁昭島署に届けられた。こ の工事現場は、旧日本軍の立川陸軍航空工廠や、米軍立川基地(キャン プ・フィンカム)など軍施設の跡地だった。

当初、この金属球体は不発弾ではないかと思われていたが、調査をした自 衛隊朝霞駐屯地は「不発弾ではない。詳細不明」と回答。内部から液体が 入っているような音がするため「毒ガス」、芯(しん)があるため「軍用 のランタン」などさまざまな憶測を呼んだ。

工事現場の土中から発見された物品は、危険物や文化財などではなく、 かつ土地の所有者や発見者が権利を放棄した場合、ごみとして処分され る。しかし、詳細不明の物品では適用法令がないため、長らく「何ごみと して処分したらいいかわからない」(昭島署の担当者)状態に陥っていた。

産経ニュースが2月、金属球体について記事にしたところ、読者から多く の情報が寄せられた。「昭和20年、本土決戦が迫ったころ、川崎市溝口 にあった東部第62部隊で、同じ形状のものを見たことがある。それは陶 器製で、内部には青酸化合物の液体が入っている『対戦車兵器』だった」 「焼玉(やきだま)エンジンの焼玉部分だと思う。高齢の船舶整備士が詳 しいのではないか」「ロケットやミサイルの推進用タンクの可能性があ る。スペインやベトナムでも同型のものが発見されている」…。戦前に立 川陸軍航空工廠で実際に働いていた男性からの証言もあった。

昭島署は情報を集約し、資料写真などを見比べた結果、金属球体を「ヴィ ンテージ・ロードフレア」や「ノーベルランプ」と呼ばれる「航空機の夜 間離着陸用の誘導灯」と判断した。中に灯油を入れ、突起部分に火をつけ て、滑走路上に等間隔に置いて使っていたという。球体なのは「離着陸に 伴う風でバランスを崩さないようにするため」(情報提供者)。

立川陸軍航空工廠には滑走路も併設されており、そこで使われていたもの ではないかと推察されるという。情報提供者には海上自衛隊のOBが多 く、戦後の硫黄島で使ったという話もあった。昭島署担当者は「やっと詳 細がわかって安心した」。今後は、ごみとして処分される予定だという。 産経新聞 3/17(金) 9:47配信



 ◎米マクドナルドのツイッター乗っ取り、トランプ氏への悪言投稿/米国

【3月17日 AFP】米ファストフード大手マクドナルドのツイッター (Twitter)アカウントに16日、ドナルド・トランプ大統領を痛烈に批判 するコメントが短時間掲載された。同社はハッキング被害に遭ったとし て、調査を開始したと発表した。

問題のツイートは「あなたは不快きわまる最低の大統領だ。バラク・オバ マ氏に復帰してほしい。あなたは手も小さい」と、トランプ氏を手厳しく こき下ろす内容だった。

同社の公式アカウントの一つに掲載されたこのツイートは同日午前中には 削除されたものの、その前に1000回以上リツイートされ、政界やメディア の注目を集めるとともに、ウイットに富んだ反応を呼んだ。

同社は後に同じアカウントで、ハッキング被害の通知をツイッターから受 けたと説明。「問題のツイートは削除し、アカウントの安全を確保した。 現在調査を行っている」と明かした。
【AFP】 2017年03月17日 04:28 ニューヨーク 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎日本政府が答弁書で米人権報告書に反論 安倍政権によるメディア弾 圧「指摘は全くあたらない」

政府は17日の閣議で、米国務省が発表した2016年版の人権報告書で「安倍 政権によるメディアへの圧力強化に懸念が強まった」と指摘したことに対 し「指摘は全くあたらない」とする答弁書を決定した。

人権報告書には高市早苗総務相が昨年2月、放送法が定める「政治的公 平」への違反を重ねる放送局に、電波停止を命じる可能性に言及した点に 触れているが、答弁書は「従来の解釈と同様の内容」と反論。その上で 「通常の取材行為は処罰対象とならない」と明記した。民進党の逢坂誠二 衆院議員の質問主意書に答えた。
【産經ニュース】 2017.3.17 11:27 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎情報収集衛星成功 監視の質向上、巨額費用が課題

情報収集衛星は今回の打ち上げ成功でレーダーの性能が約5年ぶりにアッ プする。光学衛星と合わせると本格運用に必要な計4基を上回る計7基と なり、運用の安定性も向上。北朝鮮など安全保障上の脅威に対する監視の 質が高まる。

撮影した画像は特定秘密保護法に基づき非公開だが政府は27年、大規模 な災害や事故で役立つと判断した場合、衛星の能力が分からないように画 質を落として公開する方針に転換。茨城県常総市の豪雨で画像を初公開し たが、成果が見えにくいとの指摘は根強い

関連予算は年間600億円以上が投入され、総額1兆2千億円を超えた。現 在の衛星の寿命は5年だが、政府は来年度に打ち上げる光学衛星以降は1 年延長し、運用期間の長期化でコスト削減を目指す。

ただ、撮影頻度を高めるため将来は10基体制に増強する方針も打ち出して おり、費用はさらに膨らむ。安全保障上の成果を明示できない中、巨額の 費用について国民の幅広い理解をどう得ていくかが課題だ。(草下健夫)
【産經ニュース】 2017.3.17 11:02  〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎<米国務長官>「北朝鮮の非核化失敗」岸田氏と会談

安倍晋三首相は16日、ティラーソン米国務長官と首相官邸で会談し、北朝 鮮政策を巡って日米で擦り合わせ、戦略目標を共有することが重要との認 識で一致した。日米韓の連携や中国の役割の重要性も確認した。

ティラーソン氏は首相との会談に先立ち、東京都内の飯倉公館で岸田文雄 外相と会談。共同記者会見で、ティラーソン氏は「北朝鮮を非核化しよう とする20年間の努力は失敗に終わった。脅威がエスカレートしており、新 たなアプローチが必要だ」と指摘した。トランプ政権が進める北朝鮮政策 の見直しを巡り、ティラーソン氏は首相との会談で「全ての選択肢がテー ブルに載っている」と述べた。

 首相とティラーソン氏は中国が現状変更の試みを続ける南シナ海、東シ ナ海情勢で懸念を共有したほか、地域の平和と安定には米国の関与が重要 との認識で一致。首相は北方領土問題の解決に意欲を持ち、ロシアとの平 和条約締結に向けてプーチン大統領と議論を深めていると説明し、ティ ラーソン氏は理解を示した。

ティラーソン氏は岸田氏との会談で、慰安婦問題に関する日韓合意を「支 持する」と明言。外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラ ス2)の早期開催に向け日程調整を加速することでも一致した。

トランプ政権の閣僚の来日は、2月のマティス国防長官に続き2人目。 ティラーソン氏が首相と会談するのは初めてで、岸田氏との会談は3回 目。ティラーソン氏の就任後初のアジア歴訪は日本を皮切りに韓国、中国 を訪れ、北朝鮮への対応などを引き続き協議する。

毎日新聞 3/16(木) 21:41配信


━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━



 1)如何にもEnglishらしい表現:前田正晶

“We are willing to change plan, if a need be.”

解説)「もしも必要があれば、我々は計画変更を厭わない」という意味。 ここでは“willing”という少し聞き慣れない言葉が肝腎で、「厭わない」 とか「そうする気がある」とか「そういう準備が出来ている」といった意 味で使う。何時だったか、工場で“We are willing to take the down time.”と幹部に言われたので、「マシンを停止する気がある」のかと思っ たが、「止めるのも厭わない」と解説されて安心した。

“I have not seen much of him, these days.”

解説)英語独特の言い方だと思う。「近頃余り彼を見かけない」という意 味になる。“much of”が肝だが、面白い言い方だ。以前にも使ったかも知 れないが、“He is not much of a salesman.”と言えば「余り大したセー ルスマンではない」となる。

“Haven’t we met?”

解説)実は一寸恐ろしい言い方で、「前にお目にかかっていませんでした か」という意味になる。初対面だと思って名刺を出して挨拶した時にこう 言われたら恥をかく。反対に、確か以前何処かであったことがあると思っ た時にこのように言えば良い。「会っていない」と言われたら何と言うべ きか考えておくと良いだろう。

“What on earth are you up to now?”

解説)「一体全体、今何をやろうとしているのか?」という一寸厳しい問 いかけだ。「今やろうとしていることが違うだろう」という指摘。“on earth”は強調する言い方で、ここでは「一体全体」としてみた。“up to” も慣用句みたいなもので「〜をしている」という場合に使える。“What on earth are you doing?”という定番のような言い方もある。同様に“What the dickens”か“What the devil”というのもある。

“I am trying to think.”

解説)「考え中」とでも訳せば良いだろう。“try”は単に「試す」という 意味だけではなく、「〜しようとしている」と言いたくて使われるよう だ。同様に“I’m trying to remember.”と言えば「思い出そうとしてい る」か「記憶にあるあるかな」と言いたい時に使える。

“It is not my true wish to see him fail.”

解説)「彼が失敗することを願っている訳ではない」というか「彼の失敗 を心から望んでいるのではない」とでもなるだろうか。“true wish”とい う表現が面白いと思うので採り上げてみた。

“It appears to me it is only your wishful thinking and is not realistic.”

解説)「それは君の希望的観測のようであり、現実的ではない」なのだ。 “wishful”はジーニアス英和には「現実よりも願望に基づいた」と「人が 〔・・・を〕切望している」とある。それに“thinking”を付けられたので 「希望的観測」だと指摘されたと解釈した。誰に?アメリカ人にだった。


 2)籠池なる人物の発言は何処までが嘘なのか?:前田正晶

私は安倍内閣がこの森友学園の小学校問題の処理を手際よくやらないと、 とんでもない事態となり内閣の命取りにならねば良いがと、恰も天が降っ て落ちてくるような心配を既に述べてありました。

しかし、この問題は土地の売却価格等の問題から膨らみに膨らんで、野党 をつけ上がらせただけではなく、籠池氏は安倍総理が学校に寄付したなど と怪しげなジャーナリストを使ってまで言い出してしまいました。

兎に角、民進党と共産党の連中が居丈高になって怒鳴っているのも見苦し いのですが、本当に巧みに処理をしないとこの問題が何処まで変な方向に 向かっていくのか、私には想像も出来なくなりました。竹下亘委員長など は籠池氏の喚問は避けられないとまで言っている始末です。そこにあの稲 田防衛大臣の記憶違い答弁騒ぎで、野党は一気に活気づいていまいました。

このあってはならない状況はどう解決されるのでしょうか。そもそもあの 籠池なる人物の正体は何でしょうか。単なる虚言癖でしょうか?確たる証 拠を持って安倍内閣を揺すろうとするのでしょうか?以前にも言いました が、世界の情勢は急を告げ、こんなことに現を抜かしている場合ではない と思うのですが。野党の眼中には相変わらず「国益」の二文字はないようで。


 3)アメリカで開催される準決勝進出で良かった:前田正晶

15日夜の対イズリアル(イスラエルのこと)戦は実力の差を見せて圧勝 だったのは大変結構だった。前評判ではMLBの選手を10人も揃えていると あったので大変な強豪かと思えば、大半はマイナーリーグの所属とあっ て、それならば勝って当たり前だと思って見ていた。その意味では得意の 閃きも何も不要だった。

試合の前半はアナウンサーがクローザーとして使われてきたと言うイスラ エルの投手がそれなりに良く投げていたので、意外と言われた日本側の先 発の千賀がまるでイスラエル打線を寄せ付けない好投をしてくれて、言わ ば緊迫の投手戦だった。当方の関心は、何時になったら我が代表が点を 取って勝つのかという点にあり、大いに期待して眺めていた。即ち、負け はないと読んでいた。

千賀は昨年のシーズン中にも何回かテレビ中継で見ていたが、球も速いの は結構だしアメリカ人が苦手とするフォークボールも良く落ちるので、矢 張り振り回すだけの相手では先ず点を取られることはないだろうと安心し て見ていた。しかも、球数の制限があるので、その短い間は言うなれば全 力投球が出来る為か、千賀は思い切って飛ばしているようだった。結果的 にはその後に1回だけ出た平野が勝利投手になったが、千賀が実質的に 「勝利選手」だっただろう。

イスラエルとは言っても実質的にアメリカ人ばかりなのだから、ある程度 以上は良い野球をやってはいた。だが、所詮はマイナーリーグの選手で あって、打者も投手も日本ほどの緻密さも精密さもなく、粗っぽさが目 立ったのも不思議ではあるまい。

それは我が国とアメリカとの間に見られる野球という球技に対する取り組 み方の違いもあるが、根底にあるものは「個人主体で、個々の能力に依存 する野球」と「皆で一丸となってやろうという精神と、厳しい練習で鍛え 上げていこう」という文化の違いが明らかだ。それにアメリカ式には矢張 り「身体能力頼り」の嫌いがあるのに対して、我が方はその劣勢さを緻密 さと精密さで補っていると言えると思う。

我が方で確かに優れていたと思う点を挙げれば、何もイスラエル戦だけに 限ったことはないが、二塁手の菊地の守備力と忠実な動きは頭抜けていた し、打つ方でも勝利に大いに貢献していた。昨日の確か千賀だったかが2 塁に悪送球し坂本が捕れなかった時に、チャンとカバーに入っていたのな どは記録に残らないファインプレーだったし、危機を未然に回避した。

次に挙げたいのが、ヘボだと酷評してきた捕手の小林がここまでの試合で 揉まれている間に急成長した点だ。特に良かったのが、満塁で単打を打た れて2人生還した後で、レフトからの返球をホームベースの前に出て捕る や否や、3塁を狙って走ってきた1塁走者を刺したプレーなどは、次の走者 1・3塁の危機を未然に防いだ美技だった。あの走者を生かしていたら次に どう展開したか解らないピンチになるところだった。だが、巨人嫌いとし ては小林が進歩するのは痛し痒しだ。

中田翔は不思議な星の下に生まれたらしく、こういう国際試合ではシーズ ン中とは別人のように上手いというか確実なバッテイングをして勝利に貢 献する。と言うよりも「ここぞ」というような試合の流れを変えるか、勝 敗を左右するような場面ではチャンと打ってくれる。あのタイブレークの 時のヒット(アメリカ式に表現すれば“RBI”のベースヒットだが)など立 派なものだった。その点では筒香以上かも知れないし、山田トリプルス リー君も見習うべきかも知れぬ。

私は坂本勇人というマスコミ好みの選手は評価していなかったが、昨年の シーズンで首位打者を獲った為か、このWBC野球では守備も打つ方もある 程度以上安心して見ていられるようになった。あれではソフトバンクの今 宮を落とした小久保の判断を責められないと思って見ていた。松田も良く 打っていたし、あそこまでやれば合格点だろうし、村田修一等の出る幕が なかったのも当然か。

最後に小久保監督も6戦全勝でアメリカに行くとことまで持っていったこ とを褒めて上げねば、片手落ちだと思うに至った。しかし、監督が良かっ たから勝てたと言うよりも、良い選手たちに恵まれたというべきかも知れ ない。残す課題は秋山、鈴木、平田、田中の使い方をもっと研究すべきだ と思う。私は如何なる面から見ても未だポッと出の域を脱していない鈴木 が秋山よりも上だとは思えないのだ。

また、小林以外の捕手をどう使うかも要研究だ。炭谷を出した時に牧田が あれほど伸び伸びと投げ、イスラエルの時はダメだったのは何故かを考え るべきだろう。アメリカに行く時には誰かメンバーの入れ替えをするのだ ろうか。


 4)【 <http://www.sankei.com/main/topics/main-31786-t.html> ト ランプ政権、トヨタいじめ始動?】

【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領は15日、ミシガン州デトロイ トでの大手自動車メーカー幹部らとの会合で、出席していたトヨタ自動車 幹部に対して「ここに工場を建設しなければならない」と要求した。

トランプ氏は1月にツイッターへの投稿で、トヨタのメキシコでの新工場 建設計画について、「米国に工場を造るか、巨額の税金を払うかどちらか だ」と批判。トヨタは今後5年間で米国に100億ドル(約1兆1300億円) を投資すると発表するなどの対応をみせているが、トランプ氏の十分な理 解は得られていないよう

↑ 以上参照

渡部先生、前田様、北村様のキャリアに比べたら、私のアメリカ滞在は、 ただの遊学ですから、皆様にこれなんだ…と自慢出来るものはないのです が、当時の庶民の立場で見つめ、感じた事を綴ります。

「アメリカにおける日本のコマーシャル事情についての一言」

以前・・といってももうかなり昔の1980年当初アメリカのロスに遊学する 機会がありました。

そのときとても印象深かった日本の3大自動車メーカーのアメリカでのコ マーシャルをご紹介したいとおもいます。

一番金額が高いといわれるウィークエンド金曜日のゴールデンタイム夜8 時頃のものです。

?トヨタ  “ YOU HAVE  GOT  IT  トヨタ ”   ユウブ ガット  イット背景説明:トヨタの車、カローラのそばで人(一人の時、2人の 時などいろんなバージョンがあります。)が喜びのジャンプ(両手を上げ 足を90度に折り)をするときこのYou have got it. のアナウンスが ながれます。

意味合いとしては“やったね トヨタ”といったところでしょう。
尚、よく外人さんが「何か物事を成し遂げた時」に右の親指を開き上に向 けるしぐさが映画でも、また、日常でもよく使われるので、この ユウブ  ガット イット(やったね)は覚えておくと便利ですヨ!

?日産(ダットサン) “ SOMEDAY ”  サムデイ

背景説明:マウンテンバイクに乗った少年(小学校の高学年生?)が新聞 配達の途中に日産のフェアレディーZ【当事はダットサン280Z(トゥー エイティジー高級車)でした】が道路に止まっているのをみて一言“サム デイ” いつの日にか とつぶやきます。

?ホンダ “ HONDA WE MAKE IT SIMPLE  ” ホンダ ウィー メ イク イット シンプル

背景説明:ホンダのシビックがあらゆる角度から映し出されHonda we  make itsimple. のアナウンスがながれます。

意味合いとしては“ ホンダはシンプルになりましたよ ”といったところ でしょうか。

描写がうまく説明できたかわかりませんが、当事これらのコマーシャルを 観ながら、各社各様に工夫してるなと感心し、それとともに日本国内での とらえかたと大分違うな・・ということを感じつつ、アメリカ滞在中そう いった日本のコマーシャルに勇気づけられながら、 日本人として、がん ばらねば!という思いをしたことを覚えていたのでここで披露させていた だきました。

当時は、自動車→コンピュウター→セミコンダクター(順番は違っているか もしれません笑笑) 当に、日本の時代、Japan アズNo 1と呼ばれる時 代でした。

半面、東芝の電化製品等が打ち壊される時代でもありました。

アメリカはいつもそうです。

自分たちの都合が悪くなると、当時国に責任を転嫁させる。
日本の車を、正面から壁にブツケテ、ほうら、板金はしっかりしてないだ ろ、これじゃ死ぬよな?

今般のトヨタの件では、ブレーキが効かないと文句言った人間の嘘を見抜 けず、トヨタに非がある。改善せよ。嘘八百のオンパレードです。

事実判明後、ラフッド運輸省長官は「娘にトヨタを薦めてる?」
こんなバカな話はありません。(福岡拓文)



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


18日の東京湾岸は朝から快晴、爽快。

散歩する近くの都立猿江恩賜公園の桜も22日には咲きそうだ。

隣の第3亀戸中学校では17日、校庭に国旗を掲揚して卒業式。在校生たち が一列縦隊で2列に並び、その中を卒業生たちを通して送るという光景に 胸を打たれた。




読者:5530人。

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/



◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/




-- 渡部 亮次郎 <ryochan@polk

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/19



    現在の皇統の状況は明治期に酷似している。明治天皇の皇子は大正天皇のみ ( 現在は悠仁親王殿下のみ) 、周囲には伏見宮系の宮家が存在する (現在は伏見宮系子孫) 。先人の叡智に倣うのであれば、まず伏見宮家系男系子孫を永世皇族にすることだ。





    大蔵省の皇室に対する嫌がらせは戦後も一貫して続いている。高度成長で物価が上昇しても、他の予算額が急上昇していても、宮廷費も内廷費も皇族費(この三つを合わせて皇室経費と言う)も据え置き、実質的に皇室経費を大幅に削減するという悪辣極まる策を続行した。





    皇族互に男女の養子を為すことを禁ずるは宗系紊乱の門を塞ぐなり。



    伊藤博文(井上毅)『皇室典範義解』



  • 名無しさん2017/03/18

    皇室典範の破壊を狙う“天皇制廃止狂”石破茂の変装術 ──本籍の共産党と幸徳秋水型アナーキストの間をぶれる“怪面”石破茂 

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/17/154529



    森友学園の報道はもうたくさん、朝鮮有事への危機感

    https://samurai20.jp/2017/03/moritomo/



    【産経】蓮舫さん、「記憶違いで済まされない」のはあなたもです。

    台湾籍と日本国籍のいわゆる「二重国籍」問題はどうなったのか?

    http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/50878460.html



    ゼロからの脱却(アメリカの歴史・通貨発行権) 

    http://ameblo.jp/sisyamo-imurasyachyo/entry-12251006475.html



    【緊急事態】韓国、また日本との国際条約を破るwww 日本企業一斉撤退クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

    http://www.news-us.jp/article/20170317-000005k.html



    松本零士先生インタビュー前編

    http://neriman.moo.jp/neriboshi/neriboshi_matsumoto.html



    慰安婦問題で韓国は事実把握、強制連行犯は半島の警察と行政と業者の朝鮮人 

    http://ameblo.jp/shimarny/entry-11825579021.html



    日本統治肯定で逮捕の韓国人作家『嘘の歴史で反日に』「SAPIO」02.7.24号

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid962.html



    インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない! 

    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11609928534.html



    ADHDの薬、それは治療か商売か

    http://kokoro.squares.net/?p=3322



    共謀罪と日韓断交

    http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18392593.html



    朱&#33463;瑩

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%B1%E8%8A%B7%E7%91%A9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjK38Gnxt_SAhWCyrwKHZ0sD8MQ_AUIBigB&biw=1088&bih=248#spf=1



    東京朝鮮学園はどうなのよ

    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4635/



    海外「これは実写に合うと思う!」

    日本の人気漫画/アニメ『僕だけがいない街』の実写ドラマが世界190か国に配信される事に対する海外の反応

    http://sow.blog.jp/archives/1064953480.html



    新説:ヒトラーは死んだ。しかし、1945年にではなく、ベルリンでもない

    https://jp.sputniknews.com/life/201607092452718/



    欧州トルコ人の「二重国籍」問題

    http://blog.livedoor.jp/wien2006/archives/52169213.html







  • 名無しさん2017/03/18

    「癌に対する戦い」は、ロックフェラー医療独占体制に完全に支配されている。そのため、癌研究の助成金は、つねに単なる詐欺的研究にのみ支給される」(マリンズ氏)



     それは、こう皮肉られている。



    「米国癌協会は、研究者が『私は決して癌の治療法を見つけません』と、誓約書にサインした時のみ助成金を支給する」。まさに、米国の癌研究と治療はコメディの領域にある。



     スローン・ケタリング研究者W・サリマン博士は「癌の皮膚移植が成功した」かのように見せかけるために、マウスに黒いマーカーを塗った事実を認めている。まさに、研究者の堕落も、ここまで来るとグロテスクになる。彼ら研究者は、目の飛び出るような高額な研究費と給料で医療マフィアに養われている。そして一応、研究しているような素振りで時間を潰している。つまり暇つぶしである。だから、マウスに黒いマーカーを塗るなどお手のものなのである。



    「科学者が雑誌に掲載させた記事の数値データは、半分以上が信用できない。なぜなら、データを、当の科学者が『正確に測った』と証明する証拠がどこにも存在しないからである」(「国立標準局NBS」報告)



     こうしてロックフェラーに飼われた研究者たちは莫大な研究費を湯水のように浪費して、退屈しのぎの優雅な日々を送っている。



     癌は医療利権の中で一番おいしい。日本では患者一人掴まえると約1000万円の儲けになる。まさに、癌患者ほど医療マフィアにとって魅力的な獲物はいない。



     アメリカで癌利権の総本山と言えば米国癌協会である。1929年、ロックフェラー家はK・D・リトルを同協会の会長に据えた。しかし、彼は癌には全く興味がなかった。その期間、彼は優生学協会の会長も兼任しており、日々の活動はほとんどこちらに費やされた。1943年、リトルは同協会をこう批判している。



    「この組織は、国民を無力化させる小児的学会と呼ばれるべきだ」 つまり、癌利権は握って放さない。しかし、癌の原因などは一切研究しない。まさに小児病的である。



     このやる気のない体質は、ロックフェラーが支配する研究機関スローン・ケタリング・癌研究所にも根付いていた。「癌研究には何百万ドルも出せ。しかし、癌治療には1セントも出すな」が同研究所のモットーである。



     これで同研究所や米国癌協会の体質がハッキリわかる。これは日本の癌学会や癌協会も全く同じである。彼らは癌の原因を究明したり、それを治療に役立てようという魂胆は全くない。彼らにとって、癌の存在こそが、彼らの名誉、地位、利権を保証してくれるありがたい存在なのである。これは製薬会社も同じである。



     莫大な癌対策予算も、彼らの財布や胃袋の中に消えていく。やはり、治療には1セントも役に立たなかった。



     米国癌協会理事会にはロックフェラーの仲間がひしめき合っていた。同協会は、癌治療の探求には、全くやる気はなかった。しかし金集めには異常なエネルギーを投じている。



     1976年その金城湯池ぶりが暴露された。理事の内、少なくとも18人が銀行役員であった。癌研究とは無縁の輩である。そして同協会は非営利団体でありながら、教会総資産は1億8100ドル(181億円)に達していた。そのうち42%は理事たちの銀行に保管されていた。そして研究費は、2900人の職員の人件費より少なかった。同協会は、癌利権を握るため政府機関・国立癌研究所(NCI)を支配してきた。



     同協会の76年研究費予算の内、70%が理事会メンバー関係の「個人あるいは団体」に支払われている。仲間うちのお手盛りである。



     癌協会で25年間、科学雑誌編集長を務めたP・マグラディは、こう漏らし嘆いている。



    「医者は弁護士に次ぐ、金まみれの腐敗した職業になり果てた。米国癌協会の標語は『健診と小切手で癌を管理せよ』だが、協会は癌を抑制していなかった。だからこれは嘘っぱっちだ」



     つまり、協会は「癌を予防する方法、患者を治す方法など知ったことではない。逆に、それどころか、革新的な治療法には道を塞いでしまうのだ」(マリンズ氏) そして、協会予算は、寄付金を得るため最高の芝居を見せる研究者の懐に入る。あるいは、「寄付提供団体の中に友人がいる科学者」の財布に入る。皮肉なことに同協会の癌撲滅スローガンを信じて「貧者の一灯」の献金をする心優しい市民も多い。その純粋な人々が、この腐敗と詐欺の事実を知ったら卒倒するであろう。







  • 名無しさん2017/03/18

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    李垠、李方子両殿下所縁の地を訪ねて その2

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                    室 佳之





    >李垠殿下の墓参りをしてから出版した『歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本』



     韓国のソウルから二十四!)ほど東、京畿道南楊州市金谷洞に御陵「英園」がある。ここに最後の皇太子・李垠殿下が埋葬されて眠られておられる。私は、二〇〇一年の秋、『歴史を偽造する韓国』の出版(二〇〇二年四月刊)を控えて、垠殿下の墓参だけを目的に韓国を訪れた。



     線香ほか仏式の祭具一揃いは持参していたし、菊の花はホテルで買った。墓を訪れる朝鮮の観光客は全くおらず、静寂な空間の中でたった一人、私は一時間ほど数珠を片手に墓前にて正座して手を合わせた。むろん、この後、隣に眠られておられる(梨本宮女王で世界最高の女性)方子(まさこ)妃殿下の墓にも詣でた。



     その後、永寧殿第十六室に垠殿下を祀るソウル市内の宗廟にも、「英園」から車で直行してお参りした。朝鮮式の礼法を知らないし、神道形式でするのも変だから、ただ跪いて手をつき数回叩頭した。私の背中側では、朝鮮人の観光客数名が不思議そうな顔をして立ち止まって見ていた。



     垠殿下が渡日されたのは、一九〇七年十二月十五日で十歳のとき。芝離宮を宮殿とされ、明治天皇は公的には「元首」級に扱われた。一九一〇年まで韓国は準独立国家。



     明治天皇は私的には、皇后とともに、自らの「皇孫」として最大限の愛情を注がれた。皇孫の一人、後の昭和天皇(垠殿下より三歳半ほど年下)ですら、垠殿下のような破格の扱いなど全く無縁であった。



     明治天皇と伊藤博文が、垠殿下を韓国国王に即位させる決意だった事は、韓国併合に反対で保護国の解除も予定していたことにほかならない。しかし、伊藤博文が暗殺され(一九〇九年)、明治天皇が崩御されたことが(一九一二年)、日韓両国にとってこの最良の策を潰した。歴史の歯車は、一度ボタンを掛け間違えると修正が困難。このケースは、この史諺を端的に物語る。



     日韓基本条約が締結された一九六五年、私は、日本の天皇制度を尊敬している朴正煕・大統領が王政復古の決断をしてくれないものかと多少の期待をした。垠殿下は方子妃殿下の介添え下で一九六三年にすでに帰国されていたので、憲法改正を待たずとも韓国民の支持で“仮即位の大礼”でも挙行してくれないかとも期待した。



     だが朴は、自分の野心を愛国だと勘違いして、そうしなかった。垠殿下は、一九七〇年に薨去された。垠殿下の国王即位を確信しておられた(あの世の)明治天皇のご無念を想っては、この時かなり気が滅入った。安重根は、国際政治は一流だが、国内政治は極度に軽率な男だと、このときは憤慨した。



     なお、終戦時には帝国陸軍中将までなられていた垠殿下の日本での邸宅・屋敷は、戦後、赤坂プリンス・ホテルとなったが、その住居部分は、ホテルの「旧館」として保存され、有名なフレンチ・レストランが開業していた。現在、当ホテルは取り壊されたが、この「旧館=垠殿下の邸宅」はどうなるのだろう。



    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/04/14/142218