急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4284号   2017・3・4(土)

発行日:3/4




□■■□──────────────────────────□■■□
  わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4284号
□■■□━━━───────────────────────□■■□



        2017(平成29)年3月 4(土)



      日本もチベット支援の先頭に立て:櫻井よしこ

       テロを呼びかけるヴィデオを作成:宮崎正弘

「措置入院」精神病棟の日々(11):“シーチン”修一 2.0

   ダモイ(帰国)と言われ連れられた先は?:伊勢雅臣

           切らずに治せるがん治療:田中正博       
             
                       話 の 福 袋
                     読 者 の 声
                     身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4284号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━━━━━━
日本もチベット支援の先頭に立て
━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

先週、チベット亡命政府の首相、ロブサン・センゲ氏に会い、話を聞く機 会に恵まれた。
  
センゲ首相は現在、政権2期目。2月14日には夫人のケーサン・ヤンドゥン 氏と10歳のメンダ・レワさんと共に衆議院議員会館の講堂で「チベットと 宗教の自由」の演題で45分間語った。中国という、世界で最も厄介な国に 祖国を奪われ、圧迫され続けているチベット人にとって、宗教の自由とは 中国の圧迫とどう向き合うかという命題そのものである。
  
センゲ首相を招いたのは、昨年12月に発足した超党派の「日本チベット国 会議員連盟」(以下議連)である。会長は自民党の下村博文氏、会長代行 は民進党の渡辺周氏、幹事長が日本維新の会の馬場伸幸氏、事務局長は自 民党の長尾敬氏である。議連には、自民、民進、維新、日本のこころから 86名が登録している。
  
国会施設内でセンゲ首相が講演するのは民主党政権下の約5年前に続い て 2度目である。今回も首相のメッセージは明快だった。中国による弾圧 の 実態を説明し、中国の蛮行に対して自由と人権を重視するまともな 国々、とりわけ、日本のように歴史も深く、力のある国にどのように振る 舞ってほしいかを、きちんと正面から訴えた立派な演説だった。
  
長尾氏は、「チベットと宗教の自由」という題を選んだときから、セン ゲ首相の発言内容を議連は予測できていたと語ったが、その意味で、議連 も立派である。
  
センゲ首相は、まず、チベットに関するアメリカの政策について語り始めた。

「アメリカ政府は1991年以来チベットを公式に支援してきました。ホワイ トハウスにダライ・ラマ法王猊下を招き、ひとつの中国政策を尊重する一 方で、チベットの中道政策も高く評価してきました」

寺院の98%を破壊
  
アメリカは歴代の大統領が必ず、ダライ・ラマ法王をホワイトハウスに招 いてきた。オバマ大統領が、中国訪問を前にして法王との会談を避けたと きには、大統領への手厳しい批判が各メディアで展開された程だ。アメリ カはまた、予算の中に公然とチベット支援の項目を立て、種々の名目で 1000万ドル(約11億円)を確保している。
  
ちなみにアメリカが賞賛するチベットの中道政策とは、チベットは自らを 中国の一部と認め、外交や安全保障などを中国政府に任せる一方、チベッ ト人がチベット仏教を守り、言語、文化、暮らし方など、チベット人らし く生きる権利を認めるべきだというものだ。

「私たちは真に高度な自治を求めています。アメリカと日本は手を携えて 国際情勢に働きかける関係にあります。アメリカ政府同様、日本政府もひ とつの中国政策の尊重と、チベットの中道政策支援を両立させ得ます。私 はそれを望んでいます」
  
センゲ首相は、率直に日本の選良に語りかけた。日本は自由主義陣営の大 国である。言論、宗教の自由、人権と民主主義の尊重で主導的役割を担っ てほしいと。
  
 首相は、チベットの歴史に、中国が落とした影を語った。

「チベットは帝国でした。中央アジア、南アジアにまで広がる大きな領土 を支配しました。しかし、中国に占領され、抑圧され、経済的搾取、社会 的差別、環境破壊に直面しています。文化的にも同化させられつつあります」
  
 首相は、チベット人が非常に大切にしているラルンガル僧院の例を語った。

「中国は2016年9月以降、ラルンガル僧院の破壊に取りかかりました。同 僧院では1万2000人の僧侶と尼僧が暮らし、修行していましたが、中国政 府は彼らを5000人に減らすべく、追放中です。治安部隊を送り込み住居や 建物の破壊を進めています。

破壊活動は今年9月まで続行と発表されてい ます。中国は憲法で信教の自 由を謳っていますが、憲法に違反してチベッ ト仏教を破壊しているのは ラルンガルの事例からも明らかです」
  
センゲ首相の指摘どおり、中華人民共和国憲法はすばらしい内容だ。少数 民族の文化、宗教、言語の尊重は無論のこと、環境保護の条文さえ入って いる。文言上は日本国憲法よりはるかに進んだ内容だが、中国政府の政策 は憲法の理想とはおよそ全ての面で正反対だ。首相が語る。

「ダライ・ラマ法王は日本を訪問することもできます。日本では幾度も、 国会施設に招かれ講演する機会をいただきました。一方、チベット本土 (中国のチベット自治区)では、法王の写真を所持しているだけで逮捕・ 投獄されかねないのです」
  
チベット弾圧政策は中国にとって何ら新しいことではない。「1959年のチ ベット占領から62年までに、中国人はチベット寺院の98%を破壊し、99・ 9%の僧侶、尼僧を追放しました」と首相は語る。

チベットと共に走る

「弾圧は宗教だけにとどまりません。中国はチベットの文化、習慣も、伝 統的な衣服の着用さえも禁止し、毛沢東らの着る詰め襟服の着用をチベッ ト人に命じました。人が生きていく上で関わりのある全ての分野でチベッ ト人らしさを削ぎ取ることを繰り返して、彼らは70年代までにチベット文 明を完全に破壊したと考えました。幸いなことにダライ・ラマ法王の考え の下、チベット人は亡命先のインドで、レンガをひとつひとつ、石をひと つひとつ積み上げるように、チベット文化の再建を進めました。3大僧院 も亡命先のダラムサラで再建できました」
  
 中国共産党の弾圧にも拘わらず、チベット人が忍耐強くチベット仏教を 主軸とする価値観の再建に取り組んでこられたのは、第1にダライ・ラマ 法王の存在がある。第2にセンゲ首相のように優秀な人材が法王の下に集 い、心をひとつにしていることがある。第3にインドやアメリカのよう に、中国の意向に影響されずチベットを支え続ける国々が存在している。 日本はその支援国の仲間にもっと本格的に加わり、積極的にチベットを助 けていくのがよい。
  
センゲ首相は、高齢を迎えたダライ・ラマ法王の次のダライ・ラマを、中 国共産党が指名しようとしていることについての懸念も表明した。無神論 の中国共産党がチベット仏教の最高位の法王を指名するなど、噴飯物であ る。だが、中国はそこを制すればチベット人の背骨を砕き尽くすことがで きると信じているのだ。
  
チベット人がチベット人らしく生き続けることのできる世界構築に向け て、他国に劣らぬ規模の政治的支援として日本は議連を立ち上げた。力強 い支援の先に、チベット独立を望める程の可能性をも描き、そこまで共に 走り、支え続けることができれば、日本の力で世界はどれ程よくなること かと、私は思う。

『週刊新潮』 2017年3月2日号 日本ルネッサンス 第743回


            
━━━━━━━━━━━━━━━
テロを呼びかけるヴィデオを作成
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)3月3日(金曜日)
         通算第5206号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 ISが中国でのテロを呼びかけるヴィデオを作成
  初めてウィグル語で「イスラム戦士よ、復讐に立て」と鼓舞
*********************************

 ISが中国でのテロを呼びかけるウィグル語のヴィデオ(28分番組)を作 成し、ISに加わったボランティア戦士らに「ウィグルへ帰れ、中国の弾 圧に抗して復讐戦に立ち上がれ」と戦意を鼓舞する作戦にでていることが 判った(ウォールストリートジャーナル、多維新聞、いずれも3月2日付けI.

 とくにこのヴィデオが初めてウィグル語での放送であり、新彊ウィグル 自治区における中国共産党の血の弾圧に「イスラム戦士よ、復讐に立て」 と鼓舞したところにポイントがある。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 世界史から抹消されている2つの帝国
  だから世界史はつまらない暗記学問として人気がないのだ

  ♪
宮脇淳子『日本人のための世界史』(KADOKAWA)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

世界史の教科書がおかしい。
 
ま、日本史の教科書がまるでおかしいから、世界史教科書がまともであっ たらへんなことになるのだが、歴史を解釈する大事な視点が異なると、欧 米の改竄史観が、日本史でも世界史でも、応用され、ただしい歴史観は片 隅に追いやられるか、消される。

世界史から消された「2つの帝国」がある。

真実を知れば、世界史の真実が見えてくるのだが、その前に簡単な序説と して、たとえばコロンブスのアメリカ大陸の前にカリブ海にいた先住民族 の歴史はどうなるというのか、英国人探検家がヴィクトリア瀑布を発見し たと言うが、ずっと以前から当該地区には先住民が暮らしていた。

コロンブスはジェノバで鄭和艦隊の海図をみて、大航海を思い立った。だ からコロンブスが大航海時代の先駆者という西欧歴史学評価は、あまりに 西欧先制主義である。

マルコポーロは日本が黄金の国であると世界に吹聴した。マルコポーロは 甘粛省に一年以上留まっているが、日本に来たことはなかった。
 消された文明はマヤ、インカ。。。。シュメールも、スキタイも詳しい ことは判っていないし、ホメーロスの歴史は、シュリーマンがトロイの遺 跡を発見したことによって、神話ではなく、本当の話であることがようや く判った。

世界史の教科書から消された「2つの帝国」とは、モンゴル帝国と日本が 世界史のプレイヤーだった「大日本帝国」である。

「戦前の西洋史と東洋史はいちおう、それぞれ古い時代から近代に至るス トーリーがあり、話の辻褄も合うものでしたが、それを合体させた戦後の 世界史は、西洋史と東洋史を年代ごとに輪切りに並べた」(中略)。この ため「人気がなくなった」。

しかも「現在の世界史のもとになっている、戦前の西洋史、東洋史そのも のにも大きな問題があります」と宮脇淳子氏は最初に言う。
 
「現在の中国やロシアは、12世紀にはモンゴル帝国の一部でした。ドイツ やハンガリーもモンゴル軍の侵略を受け、モンゴル軍はもう少しで、ヨー ロッパ全土を征服する」筈であった。

つまりモンゴル軍はウィーンまで行っていれば、いまごろ西欧は学校でモ ンゴル語を教えていただろう。

ちなみにシベリアの語源であるシビルは鮮卑である。鮮卑は隋、唐を開い たが、漢族ではない。

こうした真実の歴史が消されたのは、中国にとってもロシアにとっても、 インドも、イランもモンゴル軍に占領された事実を隠したいからで、とく に日本の歴史教科書にいたっては「戦後の日本は自らの視点で歴史を構築 することなく、他国から言われたものを世界史として受け取ってきたから です。中国や韓国にとって大日本帝国の位置づけはつねに悪であり、世界 の主要プレーヤーではありません。だからこそ日本人自身も」、自虐的史 観の罠に嵌ったのである。

したがってモンゴル帝国と大日本帝国という2つの帝国が、「人類の歴史 にほんとうに大きな役割をはたしたにもかかわらず、いまの世界史では無 視されています」と宮脇氏はまとめるのだが、歴史の真実を私たちは、そ ろそろ知っておく必要がある。

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)東トルキスタン戦略研究会議のニュース

在外ウイグル人戦略専門家、学者、政治運動家らが、2017年2月25日〜27 日まで、北キプロストルコ共和国のガルナ市に集まって、第一回東トルキ スタン戦略研究会議を行いました。
 
本会議は戦略専門家のErkin Ekremの提案により開きたもので12カ国から 19名の方が出席しました。
 今回の会議では、国際情勢の分析と、それがウイグル人の運命及び東ト ルキスタンに与える影響、そしてそれに対する対策と戦略が検討されました。
 この戦略研究会議の役割をさらに継続、発展させるために、今後も引き 続き定期的に開催することも決定されました。日本の支援者や報道関係の 皆様にご報告いたします。
    (イリハム・マハムティ-)


 
  ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜からのお知らせです。
3月4日放送予定の「討論 倒論 戦論」は「アメリカ、トランプの世界再 編は成功するか」です。

放送は3月4日、午後8時から午後11時まで。
スカパー! 217ch。インターネット放送「SO―TV」
 パネリストは、川口マーン惠美、菅原出、田村秀男、馬渕睦夫、丸谷元 人、宮崎正弘、司会;水島総です。

     
            
━━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(11)
━━━━━━━━━━━━━━━━


     “シーチン”修一 2.0

3/1は、12人きょうだいだった父の一番下の妹、小生の叔母さんを訪ね た。2月上旬に連れ合いが84歳で亡くなったが、小生は退院直後で調子が 悪いし、カミサンはインフルエンザで4日間寝込むという状態だったので 葬儀に参列できず(次女が代行)、2日、花束を持って線香をあげてきた のだ。

小生が小さいころ、母が入院中に当時独身だった叔母さんはわが家の家事 をこなしてくれ、その上に小生も体調を崩して入院したから、叔母さんに はずいぶん世話になったので、せめて仏壇に手を合わせたいと思い続けて いた。「やるべきことはやらないと」という
焦燥感が募っていた。

大物政治家が以前「長生きしたければ義理を欠け」と言ったそうだが、葬 儀出席は一仕事だ。特に告別式は「お骨上げ」「初7日」まで参加すると 往復を含めてほぼ一日かかってしまうので、真面目に義理を果たしていた ら命を擦り減らすことは間違いない。

小生は体力が落ちているから、姉3人の葬儀には立ち会えそうもなく、義 理を果たすどころか、多分、小生の方が早く逝きそうで、姉3人を煩わせ ることになるかもしれない。病棟日記から。

【2016/11/12】外出許可のある人はドアの開閉時間に合わせて1日に10 回、外出できる。1回の時間は15分、30分、40分、70分、90分、180分だ。 病院から徒歩7分でセブンイレブン、30分でクリエイト(ドラッグなど) があり、多くの患者はそこで買い物をする。女はタバコ、菓子、ティー バッグ、フリカケなど、男はタバコ、清涼飲料などが多いようである。

外出許可のある人は朝食と昼食の後、庭の喫煙所で「紫煙をくゆらす」 (死語だな)。タバコなしでは生きていけない人々だ。甘味についても、 欲しい気持ちは分かるが、健康管理上どうなのかという感じはする。

「外出先で酒を飲む人もいるんじゃない? 発覚したら追放するの?」と ナースに聞いたら、「追放はしないけれど外出許可は取り消しになるわね」。

患者のほとんどは職員に対して驚くほど素直である。ギャーギャーやろう ものなら3Fの拘束地獄行きだからだろう。外出先からレジ袋を持って帰っ た患者はナースステーションでチェックされる、「危険物はない?」と。

危険物には爪切りや先が丸くなっている小さな鼻毛鋏、ベルト、靴ひもも 含まれるし、治療上の障害となる携帯電話、DVDプレーヤー、ゲーム機、 パソコン、カメラも持ち込み禁止。携帯ラヂオはOKだ。

患者はいろいろで、人間関係が上手く結べない人、子供のような人、知的 障害がある人、パニック症、統合失調症・・・中には「この人、病気な の?」という患者もいるが、小生のように「人生はバクハツだーっ!」と いつ発狂するか分からない人もいる。

日本陸軍の基礎を築いたとされるものの人気がなかった山縣有朋(国葬で も寂しいほどだったという)は一時期「狂介」と名乗っていたが、「狂」 には「理想が高く、どんどん進む」という意味もある(論語「狂者進取」)。

松陰先生は「二十一回猛子」を唱え、「我が名は寅、寅は虎に属す。虎の 特は猛なり」と書いているが、憂国の士として21回命懸けで猛々しく発奮 する、という意味だろう。小生の場合は酒乱で大暴れで、同じような 「狂」ではあるが、月とスッポン、似て非なる狂である。

「狂者進取」の松陰先生、「大虎発狂」の小生・・・どこでボタンを掛け 違えたのか。

母はよく「成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ成け り」(上杉鷹山・出羽国米沢藩第9代藩主)と言っていたもので、努力す れば実るということだろう。宗教家も多分似たようなことを言うようだ が、国文学者で作家の物集高量(もずめ たかかず)が百歳の頃、小生の 女友達は時々、物集を見舞ったが、「とても意気軒昂、でもおしっこ臭 かった」と言っていた。

この百歳翁・物集とキリスト教神父との対談は面白かった。物集はこう言 うのだ。

「人の運命は運が9割、努力が1割。あんたが砂漠のど真ん中で生まれた ら、どう努力しても食うだけで精いっぱいだ」

神も仏もありゃあしない、信仰で救われるなんぞ戯言だというわけだ。

一生を牧童で終わる・・・それが幸福か不幸かは本人が判断することだ が、快適とは程遠い「厳しい暮らし」ではないか。安全、安心、教育、医 療、年金、生活保護・・・すべてない。近代や中世以前の古代の世界だ。

先進国やG20の国々の人々は「贅沢は望まないけれど、そこそこ快適な暮 らし」でないと生きていけない。先人が営々と基盤を造ってきてくれたお かげである。そういう国で生まれた我々は運が良かったのだ。

ないないづくしの砂漠で生まれた人々が、もし「快適な暮らし」を求める のであれば「快適な地」へ移住するしかない。中東やアフリカの民にとっ て、それはEUなのだろう。

「大虎発狂」というボタンの掛け違いは些事だが、天から見離されたよう なところが生誕地というのは絶望的な不運だろう。「EUへ行って生活保護 をもらおう!」、これからも命懸けの大事、民族大移動が進むのだろう。 そもそもEU自体がボタンの掛け違いのような気がする。(つづく)2017/3/2


  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダモイ(帰国)と言われ連れられた先は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               伊勢 雅臣

「生き抜く覚悟」と「平和の尊さ」を学べる平和祈念展示資料館(4)
        ――ダモイ(帰国)と言われ連れられた先は?

  次は、戦後強制抑留コーナーである。その代表例はシベリア抑留であ り、その経緯を歴史書の記述などから説明しよう。

ソ連は米英の首脳と戦後処理を協議したヤルタ会談の密約をもとに、昭和 20(1945)年8月8日、日ソ中立条約を一方的に破棄して日本に宣戦布告 し、翌日以降、満州や朝鮮、南樺太、千島に侵攻した。

これらの地域にいた日本人は、軍人や民間人を含め約200万人。ソ連軍の 攻撃や略奪、婦女子は暴行を受け、多くの犠牲者がでた。

その後、ソ連との間に休戦協定が結ばれたが、武装解除した日本の軍人や 満蒙開拓移民団など60万人以上の人がシベリアなどに連行され、長期間過 酷な労働に従事させられたため6万人以上が亡くなった。

強制抑留者には女性も5000人ほどいたとされ多くが従軍看護婦だったが、 帰国後、証言される人が少なく抑留下での実態は不明という。

◆支給された黒パンを手製のモノサシや天秤で公平に切り分ける

強制抑留者の様子について、この資料館のパンフレットでは次のように記す。
「日本の軍人・軍属や一部の民間人は、千人単位の大隊に編成された後、 ソ連兵から『ダモイ(帰国)』と言われ、貨物列車や船、徒歩などで移動 を命じられました。しかし、着いた先は日本ではなく、北方のシベリアや モンゴルなどの地域でした」

「抑留者は、様々な労働を課せられました。労働の内容は、森林伐採、鉄 道建設、道路工事、荷役、建築作業、農作業、鉱山発掘など……。それぞれ の労働には、一日ごとのノルマ(割り当て)が課せられ、達成できなかっ た場合は、元々少ない食事の量をさらに減らされるといった厳しい処罰を 受けました」

抑留者の一日の食べ物は、黒パン350グラム(時には1枚の時も)と雑穀で 作った薄いお粥(カーシャ)やスープが少しだけであり、空腹を満たすた めに雑草や木の皮、昆虫も食した。

この強制抑留コーナーで、ひときわ目につくのは、強制労働に従事させら れた抑留者のラーゲリ(収容所)室内での食事時の様子を再現した展示だ。
(写真は以下のホームページ参照)
https://nikkan-spa.jp/plus/1281005

黒パンはまとめて支給されたため、手作りしたモノサシや天秤で測って公 平に切り分けたという。その切り分けを、目を丸くして覗き込む抑留者を 模した人形の表情がどことなく生き生きとしており、悲惨さだけを煽る展 示とは一線を画している。

その他に、白樺の木を削って作ったりした手製のスプーンなどの食器も展 示されており、極限状況の中でも生き抜くのだという覚悟が伝わってく る。また、木片を削って作った手製の将棋の駒や麻雀牌もあり、休息時の 過ごし方が分かる。(続く)

                    (取材・文=育鵬社編集部




━━━━━━━━━━━
切らずに治せるがん治療
━━━━━━━━━━━


      田中 正博

がん治療の3本柱といえば、手術、化学療法(抗がん剤)と放射線療法で す。副作用なく完治する治療法が理想ですが、現実にはどの治療法も多か れ少なかれ副作用があります。

がんの発生した部位と広がりにより手術が得意(第一選択)であったり、 化学療法がよかったりします。
 
また病気が小さければ、負担の少ない内視鏡手術で治ることもあります。  放射線療法は手術と化学療法の中間の治療法と考えられています。 手 術よりも広い範囲を治療できますし、化学療法よりも強力です。

昔から放射線療法は耳鼻咽喉科のがん(手術すると声が出なくなったり、 食事が飲み込みにくくなる、など後遺症が強い。)や子宮頚がん(手術と 同じ程度の治療成績)は得意でした。 最近は抗がん剤と放射線療法を同 時に併用することで、副作用は少し強くなりますが、治療成績が随分と向 上しています。

食道がんでは手術と同程度の生存率といわれるようになってきました。手 術不可能な進行したがんでも治癒する症例がでてきました。

また、手術と放射線療法を組み合わせることもしばしば行われています。  最新鋭の高精度放射線療法装置や粒子線治療装置を用いれば、副作用が 少なく、?期の肺がん、肝臓がん、前立腺がんなどは本当に切らずに治る ようになってきました。

また、残念ながら病気が進行していたり、手術後の再発や転移のため、今 の医学では完治が難しいがんでも、放射線療法を受けることで、延命効果 が期待できたり、痛みや呼吸困難などの症状が楽になることが知られてい ます。

放射線療法以外の治療が一番いいがんも沢山ありますので、この短い文章 だけで放射線療法がよいと判断することは危険ですが、がん治療=手術と 決めつけずに、主治医の先生とよく相談されて、必要に応じてセカンドオ ピニオン(他病院での専門医の意見)を受けられて、納得できる治療を受 けられることをお勧めします。 (完) (医師)
     
大阪市立総合医療センター 中央放射線部




   

━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎スウェーデン徴兵制復活 ロシアの脅威に対応、女性も対象

【3月3日 AFP】スウェーデン政府は2日、2010年に廃止していた徴兵制を 復活させると発表した。18歳の男女を対象に来年から兵役に就かせる。ロ シアがバルト海(Baltic Sea)周辺で活動を活発化させるなど、世界的な 安全保障環境の変化に対応する。

ペーテル・フルトクビスト(Peter Hultqvist)国防相はAFPに対し「ロシ アが(ウクライナの)クリミア(Crimea)を併合した現状がある」と指 摘。さらに「ロシアはわが国のごく近傍での演習を増やしている」と警戒 感を示した。

スウェーデンは現代的な軍に必要な条件を満たせないとみて2010年に徴兵 制を廃止。志願兵を主体とする職業軍に切り替えていた。

今年7月1日から、1999年以降に生まれた男女全員が徴兵対象となる。ス ウェーデンで徴兵制が女性にも適用されるのは初めて。兵役に就くのは来 年1月1日からで期間は11か月。

7月1日以降、1999年以降生まれの国民は全員連絡を受け、質問票への回答 を求められる。回答内容に基づいて1万3000人が召集され、毎年4000人ず つ徴集される。
寫眞 −  ロシアとの合同軍事演習に参加したスウェーデンの女性兵 (2007年12月12日撮影)。AFP/INTERPRESS/ALEXANDER DROZDOV
http://www.afpbb.com/articles/-/3119940
【AFP】 2017年03月03日 08:49 発信地:ストックホルム 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎軽自動車64万台が再検査対象 全国で車検ミス、検査基準値誤る

 軽自動車検査協会福井事務所(福井市浅水町)の車検に使う機器に検査 基準値の設定ミスがあり、同協会が福井県内5万4千台超を対象に無料の再 検査を呼び掛けていることが2日分かった。ブレーキの利き具合の判定が 基準より緩く、同協会は基準を満たしていない車両が77台程度あると推 定。ただ実証実験の結果から、機器による誤判定であっても路上での走行 に安全上の問題はないとしている。

設定ミスは全国16事務所の21カ所に及び、64万台が再検査対象となってい る。同協会は「検査に対する信頼を著しく低下させるもので、重大なこと と受け止めている」と陳謝している。普通車の車検を担う自動車技術総合 機構でも同様の設定ミスが全国で発覚しているが、県内ではなかった。

 同協会によると、2014年1月までさかのぼり全国で調べたところ、ブ レーキテスト用の機器で設定ミスが見つかった。入力数値を誤っていた り、検査日の天候による影響を考慮せずに設定したりする例があった。福 井事務所では、車輪全体のブレーキの利き具合と、駐車ブレーキの利き具 合でクリアすべき数値を誤っていた。

 過去の検査結果を基に、誤った数値と正しい数値の間で車検をパスした とみられる車両の数を推計すると、77台ほどとみている。ただ、誤った数 値でも走らせてブレーキをかける実験をしたところ、停止距離の基準は満 たしていることを確認した。このため再検査は任意という。

 再検査対象は、14年1月から昨年11月17日までに同事務所で車検を受 け、次の車検までの期間が残っている車両で、県内の軽自動車台数の2割 弱。民間の自動車整備工場のうち、自社で検査する「指定工場」で車検を 受けた車は対象外となっている。

 同協会は県内の対象車の使用者に2月以降、通知を郵送しているほか、 再検査対象かを調べられる検索システムを月内に整備する。
福井新聞ONLINE 3/3(金) 8:12配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━



 1)トランプ大統領には未だ学習すべき事が残っているのでは:前田正晶

トランプ大統領の施政方針演説は批判しないとは言ったが、矢張り一言申 し上げたくなった。

あの演説でも重要な部分を占めていたことの一つに「雇用」=jobとその 増加があると思う。兎に角“job”を増やすことを強調しておられた。その 点ではメキシコとの国境に壁を建設することだけを捉えても、“job”は増 えるだろうと思うのだ。トランプ大統領は海外に工場を建設せずにアメリ カ国内に工場を設けるか海外から戻せと言われている。

私は海外から戻そうと何だろうと、いきなり工場が建設出来て翌日からで も新規の雇用が生まれるものではないと思う。先ずは我が国とは違って価 格が安い土地を購入し設計から着手して、新工場が出来上がるまでに数ヶ 月あるいは何年かを要するだろう。

その間に事務要員や労働組合員を雇って遊ばせておくことはないだろう。 即ち、新工場建設投資計画が直ちに明日からの雇用の増加とはならないと 思うのだが。

それだけではない。何人かの専門家が既に指摘しておられたが、アメリカ の失業率はオバマ政権の下に4%台の低率にまで改善されているのであ る。そこに、現時点で考えても、いきなり新規の人の需要が増えた場合に それを賄うだけの「職がない新規のjobに当てはまる人」が残っているの かなという単純且つ素朴な疑問も感じてしまう。もしも既に職がある人が 異動していけば、そこには空席(opening)が生じてしまうのではないか。

私は部外者というか素人だから感じるのだが、大統領は新規のjobを増や すことを強調しておられるが、その間に企業のリストラや倒産や撤退や業 界再編による失業者は出ないという想定なのだろうかと考えてしまう。即 ち、プラスがあればマイナスもあるのは考慮されていないのではないかと いうこと。

同様に疑問に感じたことを言えば、TPPやNAFTAを嫌って2国間の話し合い によるFTAをお好みのように聞こえる点だ。TPPだって参加各国が批准すれ ば発効という段階に漕ぎ着けるまで何年を費やしたか。2国間であれば もっと簡単に短期間で締結出来るだろうとお考えだったならば甘いのでは ないかと思わざるを得ない。2国間でもTPPと同様に利害が絡む業界が同じ 数だけあるのだから、話し合いはそうは簡単には進まないと思うのは間違 いか。

第一、TPPと違って交渉を進める相手個別であり、数カ国を相手にして同 時進行とは行かないのではないか。

仮に我が国だけを考えても、TPPではなくなった以上、米だの牛肉だのと いう農産品というか一次産品は高率の関税が残ったままなのだ。それを再 び各個撃破でやり直さねば、売りたかったというか買わせたかったものが 残ってしまうままだ。それだけではない特許関係だの知財だのという項目 別の交渉もせねばならないのだが、それらを相手国別に交渉するのは簡単 な作業ではないという気がする。

FTAでは、各国との折衝を何時始めるお考えか知らないが、TPPに参加して いた国全部との交渉が終わるまでに何年かかるのだろうか。そこまで考え てと言うか読み切って離脱宣言をされたのだろうか。私には矢張り海外と の商いがどういうものかを知らずに選挙キャンペーンと独断的理想で打ち 出された政策ではなかったと思えてならない。「これがアメリカの政策 だ。呑まない貴国が間違っている」で済む交渉事ではないと思うのだ。


 2)トランプ大統領には未だ学習すべき事が残っているのでは:前田正晶

トランプ大統領の施政方針演説は批判しないとは言ったが、矢張り一言申 し上げたくなった。

あの演説でも重要な部分を占めていたことの一つに「雇用」=jobとその 増加があると思う。兎に角“job”を増やすことを強調しておられた。その 点ではメキシコとの国境に壁を建設することだけを捉えても、“job”は増 えるだろうと思うのだ。トランプ大統領は海外に工場を建設せずにアメリ カ国内に工場を設けるか海外から戻せと言われている。

私は海外から戻そうと何だろうと、いきなり工場が建設出来て翌日からで も新規の雇用が生まれるものではないと思う。先ずは我が国とは違って価 格が安い土地を購入し設計から着手して、新工場が出来上がるまでに数ヶ 月あるいは何年かを要するだろう。その間に事務要員や労働組合員を雇っ て遊ばせておくことはないだろう。即ち、新工場建設投資計画が直ちに明 日からの雇用の増加とはならないと思うのだが。

それだけではない。何人かの専門家が既に指摘しておられたが、アメリカ の失業率はオバマ政権の下に4%台の低率にまで改善されているのであ る。そこに、現時点で考えても、いきなり新規の人の需要が増えた場合に それを賄うだけの「職がない新規のjobに当てはまる人」が残っているの かなという単純且つ素朴な疑問も感じてしまう。もしも既に職がある人が 異動していけば、そこには空席(opening)が生じてしまうのではないか。

私は部外者というか素人だから感じるのだが、大統領は新規のjobを増や すことを強調しておられるが、その間に企業のリストラや倒産や撤退や業 界再編による失業者は出ないという想定なのだろうかと考えてしまう。即 ち、プラスがあればマイナスもあるのは考慮されていないのではないかと いうこと。

同様に疑問に感じたことを言えば、TPPやNAFTAを嫌って2国間の話し合い によるFTAをお好みのように聞こえる点だ。TPPだって参加各国が批准すれ ば発効という段階に漕ぎ着けるまで何年を費やしたか。2国間であれば もっと簡単に短期間で締結出来るだろうとお考えだったならば甘いのでは ないかと思わざるを得ない。2国間でもTPPと同様に利害が絡む業界が同じ 数だけあるのだから、話し合いはそうは簡単には進まないと思うのは間違 いか。
第一、TPPと違って交渉を進める相手個別であり、数カ国を相手にして同 時進行とは行かないのではないか。

仮に我が国だけを考えても、TPPではなくなった以上、米だの牛肉だのと いう農産品というか一次産品は高率の関税が残ったままなのだ。それを再 び各個撃破でやり直さねば、売りたかったというか買わせたかったものが 残ってしまうままだ。それだけではない特許関係だの知財だのという項目 別の交渉もせねばならないのだが、それらを相手国別に交渉するのは簡単 な作業ではないという気がする。

FTAでは、各国との折衝を何時始めるお考えか知らないが、TPPに参加して いた国全部との交渉が終わるまでに何年かかるのだろうか。そこまで考え てと言うか読み切って離脱宣言をされたのだろうか。私には矢張り海外と の商いがどういうものかを知らずに選挙キャンペーンと独断的理想で打ち 出された政策ではなかったと思えてならない。「これがアメリカの政策 だ。呑まない貴国が間違っている」で済む交渉事ではないと思うのだ。


 3)阿生居士のへのへのもへじ(129)3月4日‐ポピュリズムに陥った豊洲問題

3月3日に行われた石原慎太郎元都知事の豊洲問題の会見をテレビ中継で見た。多くの人がこれを見ただろうが、自ら求めた会見だったのに、威勢のある石原調がこれまでになく薄く言い訳がましいものであった。

これを聞いていて、都知事在任当時に週3日出勤で在庁は半日程度と言われていたことを思い出した。腹心の浜渦副知事に一任したと言いながら、なぜかこれだけ大きな問題になっているのに最近は会ってもいないなど投げ遣りに見える。百条員会が開かれても、これでは押しくら饅頭になる公算が大きい。

ただひとつ聞けたのは、小池都知事がいたずらに政争の具にしないで市場問題を早急に決着させるべきだという点であった。

日本人は、不浄を嫌う。ことが食材を扱う市場の安全問題であればなおさらである。ただでさえ話を大きくしたがるメディアが、飛びついて政争までからめてわいわいと書き放し喋り放しである。だが、この問題で発生する維持費や賠償費を払わせられるのは、新旧の都知事や都議諸公でなく都民一般である。小池都知事がファーストと呼ぶ都民である。

過去の経緯を不問にせよとは言わないが、一番大事なのは、現代の科学技術をフルに使って豊洲を安全に活用する方途を作ることだ。

メディアや政治家は、ポピュリズムの責任をとらないし、ポピュリズムに委ねると 無辜の民にしわが寄せられ結局は高いものつくのだ。
                          (阿生居士)




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


4日の東京湾岸は、あさからかいせい、爽快。


3日は朝8時前に出発して、近くの猿江恩賜公園を家人を乗せた車椅子を押 して散歩した。前日の雨で、公園のそこここに水溜りが出来ていた。不愉 快なのは吸い殻の投げ捨てである。

思えば私も42までタバコをすっていた。秘書官として園田外務大臣にした がってロンドンはダウニング街の首相官邸に就任祝賀挨拶にうかがった。 サッチャー首相の部屋に入って「タバコを吸っていいですか」「どうぞ」 でロングピースに火をつけたが、一向にはいざらをだしてくれないので消 すのに大変だった。ハラくそ悪いから、それっきり禁煙した。あれから40 年が過ぎた。先年家人の兄がタバコが原因の肺がんで死んだ。サッチャー は は肺がんん防止の恩人だ。


  

読者:5530人。

◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/



◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/




-- 渡部 亮次郎 <ryochan@polk

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. “生前ご譲位”は、皇位断絶への危険な一里塚 ──安倍・自民党は、天皇制廃止の民進党を立法から排除せよ 
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/04/015749

    ヨーロッパ情勢の分析(1) オランダ
     3月15日に反イスラム・反欧州の右派の自由党が第一党へ
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53223372.html

    この人は、実は日本人嫌い?
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-65cd.html

    【ジャンボ鶴田】強すぎた怪物レスラーの足跡を辿る!スタン・ハンセン、天龍源一郎、三沢光晴らと数々の激闘を繰り広げた完全無欠のエース!!
    https://middle-edge.jp/articles/I0000138

    豊島区トキワ荘通りお休み処付近の美味しい洋食が食べられるお店
    https://retty.me/area/PRE13/ARE5/SUB502/LND20004/LCAT15/CAT160/

    妄言と一笑にすべきものだが。おおさか維新「宮古・下地島を米軍機訓練の移設先に」 
    http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

    鹿島灘
    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%81%98&biw=1088&bih=248&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiahubhr7zSAhUEPrwKHZmPCAIQ_AUIBygC

    日本の動きは止まらない
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2104.html

    「慰安婦の補償を日本に求めない。自分で解決する」と言った韓国のプライドはどこへ?
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1713.html

    ユニセフが、ポリオ感染を推進! 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11733513907.html

    プロパガンダ映画「キューポラのある街」
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-39a0.html

    支那人観光客が悪逆暴虐!朝里駅周辺で他人の敷地に無断侵入!民家に雪玉投げつけ!ポストに雪入れ!
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6552.html

    ノーベル街道とは
    http://www.pref.toyama.jp/sections/1401/nobel_new/

    【資料】脱亜論の原文と現代語訳〜福沢諭吉の生きた時代
    https://samurai20.jp/2017/03/datsuaron3/

    こうして医者は嘘をつく
    http://min-voice.com/doctor-tells-a-lie-6962.html

    奇妙な三角関係!重大疑惑か?民進党・山尾志桜里と小川敏夫をつなぐ秘書の存在が明らかに! 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12250163602.html

     2017/3/4

  2. フォイト理論は、医学的、科学的、統計的になんら実証されていない。強いて言えば、個人の空想の産物である。この狂気の学者は栄養学の父の称号をロックフェラーから授かり、肉食理論とカロリー理論のペテンを世界中に拡大させた。こうして前代未聞のペテン栄養学者フォイトは、歴史に名を刻んだ。

     もう一人のペテン学者がいる。彼こそは、医学の父の称号を持つルドルフ・ウイルヒョウである。フォイトが栄養学のドンなら、ウイルヒョウは医学のドンである。

     当時、欧州の生理学界では、一つの議論が白熱していた。それは「生命とは何か?」と言う根本的な問いである。それまで、古代ギリシャの医聖ヒポクラテス以来、「生命とは目に見えない神秘的な力によって支配されている」という考えが主流だった。これを「生気論」と言う。ところが、神秘的な「生気」など存在しない。迷信である。生命もつまるところ物質である。生命は精密機械のようなものだという説(機械論)が出てきた。この機械論の急先鋒がウイルヒョウだった。

     ウイルヒョウは、「生気論」者に論戦を挑んだ。「生命は、物理化学では解明できない力が支配しているなら、それを科学的に証明して見せよ」と無理難題を吹っかけた。つまり科学で説明できないと主張するものを「科学的に説明せよ」と迫った。返答に窮する「生気論」者を前に、ウイルヒョウは「生気論敗れたり」と勝手に勝利宣言してしまった。さらにウイルヒョウはこうも宣言している。

    「生命も所詮は物体に過ぎない。物質に自ら治るなどと言う神秘的な力が存在するわけがない。病気、怪我を治すのは、我々医師であり、医薬であり、医術だ」

     つまり、ウイルヒョウは「生気論」を論破した勢い余って、自然治癒力の存在まで否定した。これは、まさに勇み足であった。

     自然治癒力を働かせる生命の根本原理がある。それがホメオタシス(生命恒常性維持機能)である。これは「生命は常に正常を保とうとする」機能のことである。これが無機物と決定的な違いである。わかりやすい例は、人体の正常体温は約36・5度である。猛暑の時は汗をかく。それは体が汗の気化熱で体温を冷まそうとしているからである。逆に、氷点下では体がガタガタ震える。これは筋肉を小刻みに動かして血流を促進し、体温を上げようとしているからである。

     これらの身体現象は自分の意図で行っているわけではない。まさに体温を正常に保とうとするホメオスタシスの働きである。指の傷が治るのも、この働きが自然治癒力を発動させたからである。だから、自然治癒力こそ、生命現象の本源である。それを医学の父ウイルヒョウは完全否定した。こうして、近代医学のスタートは、自然治癒力の否定から始まった。だから、100年経っても、200年経ってもボタンの掛け違いは現代まで続いている。

     なぜ、近代医学の祖は暴走したのか? それはウイルヒョウの権威が余りにも絶大過ぎたからである。ウイルヒョウの理論は、一切の反論を許さぬ黄金率に祭り上げられ、敬われた。その理論は近代医学の中枢理論として今日に至る。

     しかし、自然治癒力の否定は根本的間違いである。

    !)細胞発生説→ウイルヒョウは「すべての細胞は細胞から生じる」と断定する。しかし、千島・森下学説などにより、無生物から細胞が生まれることが立証されている。この典型が腸管造血である。消化された有機物(無生物)から赤血球が生まれている。これは「細胞は細胞のみからしか発生しない」と言う説を完全に打ち砕く。

    !)癌無限増殖説→ウイルヒョウは「がん細胞は、一度生まれると無限に増殖し、最後に宿主(患者)を殺す」と無限増殖論を唱えた。しかし、1975年に、癌細胞を直接攻撃する免疫細胞(NK細胞)が発見され、癌細胞無限増殖は否定されたのである。

    !)癌局所説→癌は部分の病なので早期発見で除去すればよいと唱え、癌は神経ストレスで生じるという説を弾圧し葬り去った。その理由は、「細胞全てに神経末端は届いていない」と言う珍説である。「神経系と免疫系は不可分」とする安保徹理論はウイルヒョウには理解できなかった。

    !)感染否定説→コッホは1882年に、結核菌を発見し、結核は感染症であると主張した。それに対して、ウイルヒョウは細菌感染と言う概念を否定した。実に大人げない医学の父である。

    !)炎症の誤認→ウイルヒョウは細菌感染が炎症の大きな原因の一つであることなど思いもよらなかった。

     これだけ間違いだらけのウイルヒョウであるが批判はタブーなのである。この間違いだらけのウイルヒョウに医学の父と言う称号を授けたのがロックフェラー財閥である。つまり、ロックフェラーは世界の近代医療利権を掌中に収めた。ロックフェラーが目を付けたのがドイツ医学界のドン・ウイルヒョウであった。

     栄養学の父、医学の父も結局、悪魔的支配者たちに踊らされたピエロに過ぎない。しかし、その詐術に洗脳され、支配され、命と金を奪われてきた人類は悔しくも哀れである。一方、闇の支配者たちは、とっくの昔に詐術の虚妄は知っている。人類と言う家畜向けの嘘をばら撒き、手なずける一方で、彼らは肉を食べない、薬を飲まない、医者にかからない安全で安心で快適な生活をし、健康で長寿の人生を謳歌している。




     2017/3/4

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事