急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4272号  2017・2・22[水)

発行日:2/22

l□■■□───────────────────────□■■□
わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4273号
□■■□━━━────────────────────□■■□



        (平成29)2017年2月22日(水)



         安倍は敵基地攻撃能力保持を決断する:杉浦正章

               アンティグア・バーブーダ:宮崎正弘

        ポピュリズムに突き進むトランプ大統領:櫻井よしこ

                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記      
>
>                               発行周期 不定期(原則毎日発行)
>              
>                御意見・御感想は:
>                   ryochan@polka.plala.or.jp
         購読(無料)申し込み御希望の方は
>                     下記のホームページで手続きして下さい。
>   
>        http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241     ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍は敵基地攻撃能力保持を決断する時だ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              杉浦 正章

狂気の北指導者の前に躊躇している時ではない
 
「疾きこと風の如く」は、今金正恩のお家芸だ。ミサイルと核兵器の開発 で孫子の兵法を実践しつつある。叔父殺しに次いで異母兄を殺りくして、 狂気の独裁者の本性を現し、ミサイルと原爆小型化は佳境に入った。

これに対して日本の防御態勢は整いつつあるものの、同時多発の飽和攻撃 に耐えられるのか。一発でも撃ち漏らせば確かに金正恩が公言するごとく 東京は火の海だ。

その一発が致命傷となるにもかかわらず、日本はいまだに平和は天から 降ってくるとばかりに、米国に敵基地攻撃を全面的に頼っていてよいの か。敵基地を殲滅(せんめつ)しない限り、極東の平和は維持出来ない。 専門家によれば敵基地攻撃能力の環境は既に8割方機が熟しており、憲法 上可能との見解も61年前から確立している。

後は首相・安倍晋三の判断に委ねられているのが実態だ。金正恩に日本攻 撃を断念させるためにも早期実施による抑止の確立に踏み切るべきだ。も う国連決議など、北を支える中国がある限り何度繰り返してもムダだ。

政府は国民に迅速に情報を伝える体制を整えるため、23日と24日に、都道 府県の担当者らを対象にした説明会を開く。説明会では、ミサイルが日本 の領土・領海に落下するおそれがある場合、Jアラート=全国瞬時警報シ ステムなどを使って、推定される落下地点などの情報を発信することを説 明し、機器の取り扱い方法を確認するよう要請することにしている。

国民の尊い命を守るためには必要な措置であるが、なにやら狂った野良犬 を放置して、かまれたらどうするを説くようで情けなく感ずる。

問題は金正恩が核ミサイルを発射する場合、日本を最優先する可能性があ るだろうかということだ。おそらく、対韓攻撃が先行する可能性が大きい が、日米韓を同時に攻撃する可能性もないわけではない。

韓国は防ぎようがないから自分で守ってもらうしかないが、日本到達まで には最短で約7〜8分とみられ韓国よりは余裕がある。迎撃ミサイルSM-3 搭載のイージス艦は、防衛庁の公表資料によると、これまでの試験で20発 の迎撃ミサイルのうち16発が命中した。しかしこの確率でいくと、単純計 算では200発の日本向けのノドンが発射された場合、40発が到達すること になる。

また肝腎なのは米国が日本を完璧に守ろうとするだろうかということだ。 まず本国へ向かうICBMを処理するのに専念し、日本は二の次になる可 能性も否定出来ない。1発ぐらいの日本への着弾は仕方がないと考えない だろうか。しかし、日本にとってはその一発が致命傷なのである。

国家としてはたった1人でも日本国民から北ミサイルの犠牲者を出しては ならないことは、国の有りようの鉄則である。飽和攻撃の際にそれが可能 かと言うことだ。おそらく自信のある専門家は皆無であろう。

これでは対北ミサイル戦略は成り立たない。ほぼ完全にブロック出来る態 勢が確立するのは早くても5年はかかるといわれる。昨年6月のムスダン発 射は、通常軌道に比べ高高度に打ち上げ、短い距離に着弾させる「ロフ テッド軌道」で発射された。

ロフテッド軌道だと落下速度がさらに増すため、迎撃が非常に困難にな る。専門家は「現在の自衛隊の装備では撃破は難しい」としている。また 昨年9月にはノドン3発を同時に発射し、日本の防空識別圏内に400キロ以 上入って日本海に落下したという。まさに飽和攻撃の予行演習を誇示した ことになる。

こうして傍若無人の核戦略は指導者と同様に増長の一途をたどる。技術は 日進月歩だが、矛と盾の原理があって、盾を突き通す矛は常に製造可能と 見なければなるまい。そこで誰が考えても必要なのは、矛そのものを殲滅 させる戦略であろう。

それには敵基地攻撃能力を日本自らが身につけるしかないのだ。もちろん 専守防衛の方針は逸脱するが、いまどき専守防衛の空理にしがみつく国は 日本以外にない。攻撃こそ防御なのだ。

よく「やられたらやりかえす」(元外相前原誠司)というが、この戦略は 核ミサイル時代には成り立たない。「やられる前にやる」しか、国家が生 き延びる道はないのである。ただし「やられた」が韓国や米国を指すな ら、やがては日本にも発射されるから「やられたらやりかえす」概念は成 り立つ。

元首相中曽根康弘が会長の世界平和研究所が1月12日に発表した提言は、 敵基地攻撃能力の保有を政府に求めており注目される。日本が第三国から 武力攻撃を受けた場合、「さらなる攻撃を防ぎ、反撃するため、巡航ミサ イルなどを保有し、もって日本独自の抑止力を持つべきだ」と提唱した。

同報告書の発表を主導した東京大学名誉教授北岡伸一は安倍の外交・安保 分野の「家庭教師」と呼ばれる人物であり、政府とはツーカーの報告書で あろう。もともと政府は、自衛のための敵基地攻撃能力の保有について、 憲法上は容認されているとの立場だ。

1956年には国会で首相鳩山一郎が「わが国に対して急迫不正の侵害が 行 われ、その侵害の手段としてわが国土に対し誘導弾等による攻撃が行わ れた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とは、どうしても 考えられない。他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたた くことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能である」との統一見解を 示している。

なんと61年前からこの見解があるにもかかわらず、社会、共 産両党など の反対で実施に踏み切れなかったのだ。敵基地攻撃には弾道ミ サイル、 巡航ミサイル、ステルス性のある戦闘機F35と空対地ミサイル などが必 要だ。加えて、敵基地を特定できる人工衛星などの情報や、戦闘 機の長 距離飛行を支援できる空中給油機、これらのすべての作業をコント ロー ルする早期警戒管制機(AWACS)などの装備体系が必要となる。

高い金 を出してF35を配備する以上、敵基地攻撃能力を備えるべき だ。 でない と宝の持ち腐れになる。これらの装備を備えるには防衛予算 を対 GDP比 1%の上限を突破させる必要があるが、中曽根研究所は 「当面 はGDP比 1.2%を追求すべきだ」としている。

米国は北大西洋条約機構 (NATO)に2%目標の早期達成を促した が、これをテコにやがて日本 にも要求してくる可能性がある。先手を 打って1%を突破する方がよい。 マスコミの論調も読売と産経が敵基地 攻撃能力保持論であり、政党も維新 が積極的だ。自民維新で推進すれ ば、公明党の山口那津男や民進党の一部 は後から付いてくるだろう。場 合によては安倍は夏に解散・総選挙を断行 し、民意を問えばよい。自民 党は圧勝するだろう。



━━━━━━━━━━━━
アンティグア・バーブーダ
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月21日(火曜日)
         通算第5195号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

アンティグア・バーブーダってカリブ海の国を知ってますか?
何故か、この国の無任所大使を中国人実業家が担っていたのだ
*********************************

アンティグア・バーブーダは歴とした独立国家。ドミニカの北方、カリブ 海東部の小アンティル諸島に位置するアンティグア島、バーブーダ島、レ ドンダ島からなる島嶼国家で首都はセント・ジョンズ。面積は我が国の種 子島くらいしかない。
 
コロンブスが発見したが、スペイン統治のあと、イギリス連邦加盟国とな り、大英連邦の一員ではあるものの、米軍のレーダー基地がある。

兵力はと言えば陸軍が125名、沿岸警備隊が45名。これで1個の独立国家 とよんでよいのか、どうか。人口は9万2000人。主要産業はサトウキビと ラム酒、そして観光業しかない。

このアンティグア・バーブータに目を付けたのは、いうまでもなく中国で ある。タックスヘブンとして何処まで利用できるか?

2014年8月、この国のブラウン首相が北京へ旅発ち、習近平主席と李克強 首相に面会した。

といっても、この国への最大援助国は米国でも英国でもない。日本であ る。合計60億円近い無償援助をしている。

実は、この国の外交官パスポートを持ち歩き、「無任所大使」として任命 されていた外国人がふたりいる。

ひとりは有名なハリウッドスターのロバート・デニーロで、おそらく名誉 大使か、観光大使として、同国の観光宣伝にひとやく買ったのだろう。ス ティーブン・セガールだってロシアの名誉領事ですからね。

さてもう1人の人物とは肖建華である。

そう、あの悪名高き香港財閥。現在行方不明。おそらく中国に拉致され た。香港の最高級ホテル「ファー・シーズンズ・ホテル」に長期滞在して いた。

妖しげなインサイダー取引の元締めとして知られ、太子党のファンドに深 く絡む。


 ▼周近平は本気で江沢民にとどめを刺すのか?

この肖建華事件は、これから北京中南海を激甚に揺らすこととなるだろう。

華字紙を総合すると、肖のバックは江沢民、曽慶紅、賈慶林ら江沢民政権 の大物がすらーりと並んでいる。

習近平は、どうやら本気で江沢民一派の退治に向かうようで、ということ は大権力闘争のどろどろが展開される。これまでの薄煕来、徐才厚、郭泊 雄、周永康らの失脚は、小さな事件だったと総括されるようになるかも知 れない。

肖建華が大使の公用パスポートを保持していたのは2014年8月8日から2 年間で、英語名「XIAO JIAN HUA」と写真入りのコピィがサ ウスチャイナ・モーニングポスト紙にすっぱ抜かれた(2月20日)。

このパスポートの発行直後にアンティグア・バーブーダの首相が北京を訪 問したのだった。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イスラエル戦後史を国際政治の観点からではなく戦争史から読み解くと
  六日間戦争の実態はダヤンとナセル、列強の駆け引きが決め手となった。

  ♪
モルデハイ・バルオン扁、滝川義人訳『イスラエル軍事史』(並木書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

最近、滝川さんにお目にかからないなぁと思っていたら、こんな大作を翻 訳されていたのだ。本書の編者であるモルデハイ・バルオン氏は、六日間 戦争でダヤン参謀総長の副官、その後は国会議員も歴任している、いわは 現代史の目撃者である。

イスラエル独立戦争前夜から、こんにちまでイスラエルが戦った幾多の戦 争を振り返り、当時の国際政治の状況を把握しながら、列強の思惑が交錯 するなかで、いかにしてイスラエルは独立を勝ち取り、周囲のアラブ諸国 の敵対的行動を跳ね返し、独立を維持し、国力を富ませ、こんにちの和平 状況を構築してきたか。

もともと中東に線引きしてイスラエルに独立を鼓吹した英国は、他方でア ラブ諸国にも主権国家を認めていた。この英国の2枚舌が中東現代史の混 乱の発端であり、最初の独立戦争の時、武器支援の主力はフランスだった。
活動的な現代史を本書では荒削りに振り返り、歴史の教訓を見いだすのだ が、イスラエルの軍人が書いた歴史書であっても、決して自慢せず軍功を 誇らず、むしろ淡々と客観的に、みてきた歴史を綴っている。

戦後から見れば、しかも国際政治学者の観点から見れば、イスラエルは英 米仏という列強の力を利用し、その間隙を縫って武器を調達し、謀略を仕 掛ける一方で、日夜、こまかい情報を得て、戦争の準備をしてきた。

 語り継がれる六日間戦争は片目の将軍ダヤンが指揮した。

誰もが知るように、その結果は明らかだが、イスラエルの圧勝におわった。

「600機を超える敵戦闘機を撃破し、おなじく戦車および機甲車両数千両 を破壊、兵員に数万の損害を与えた。しかしながら、この勝利の代償は、 イスラエルのような小国にとっては高かった。航空戦力の20%を失い、 700人を超える兵隊が戦死した」(254p)。

イスラエルはシナイ半島全域からヨルダン河、ガザ回廊、そしてゴラン高 原を占領し、いきなり4倍の国土を手に入れたが、後の和平交渉でシナイ もゴラン高原も返却した。

同時に、「イスラエルは、中東のおけるソ連の威信に大きな打撃を与え、 アメリカという超大国を新しい同盟国として手中にした」

他方で、イスラエルの勝利はパレスチナ・アラブ人の再統合をもたらし、 PLOの台頭を見ることになるのだった。

全体は12章で、最後にインティファーダから、防楯作戦(2000−2003)で おわっているため、その後の現代史を役者の滝川氏が纏めている。

いまのイスラエルを率いる首相のベンヤミン・ネタニヤフは、エンテベ作 戦で戦死した国民的英雄ヨナタン・ネタニヤフの弟である。弟がもう一人 おり、イドは放射線技師であり、作家でもある。兄弟は3人とも国防軍の エリート部隊に所属した。両親はポーランド系ロシア人。シオニスト運動 でイスラエルに帰国した。

周りを敵に囲まれた国民の宿命は国防である。日本とは百八十度、条件が 異なるとはいえ、このイスラエルの日常の備えこそ、日本が参考にしなけ ればならないのではないのか。
 
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)三島由紀夫研究会、2月の「公開講座」は下記の要領です。
           記

日時  2月23日(木)18時半より(18時開場)
場所  アルカディア市ヶ谷
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/10766/rtmap.html
講師  松本徹先生(文芸評論家、三島由紀夫文学館館長、憂国忌代表発 起人)
演題  三島由紀夫の時代(仮題)
   (講師プロフィール 昭和8年北海道生まれ。大阪市立大学文学部 卒。産経新聞記者を経て文芸評論へ。近畿大教授、武蔵野大教授を歴任。 現在三島由紀夫文学館館長。最近著に『三島由紀夫の時代 芸術家11人 との交錯』、水声社)
会費  2000円(会員は千円)
どなたでも予約なく御参加いただけます。

    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポピュリズムに突き進むトランプ大統領
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             櫻井よしこ

「ポピュリズムに突き進むトランプ大統領 求められる民主主義の「内 なる敵」への正対」

自由の旗手であるはずの米国大統領、ドナルド・トランプ氏が「保護主義 は国益に資する」と就任演説で語り、市場経済を政治の道具にする中国の 習近平主席が「自由な市場経済こそが繁栄のもと」と、ダボス会議で世界 に訴える。
  
悪い冗談のような倒錯が、日を追うごとに具体的な政策として私たちに突 き付けられる。トランプ大統領はホワイトハウス入り直後の1月23日、環 太平洋経済連携協定(TPP)「永久離脱」の大統領令に署名した。25日 にはメキシコとの国境の壁建設にも署名する。
  
「アメリカファースト」は「ワールドセカンド」であり、メキシコや日本 はサードやフォースだ。保護主義も孤立主義も米国の経済成長や繁栄につ ながらないと警告する専門家を尻目に、ニューヨーク株式市場は史上初め て2万ドルの大台を突破した。新大統領への支持率としては史上最低の 45%で出発したトランプ氏への期待が、逆にいま高まっているのか。
  
バラク・オバマ前米大統領が苦心して議会を説得した保険制度、オバマケ アの見直しもすでに指示済みだ。米国を含む12カ国が苦労の末に合意した TPPも前述のように「永久離脱」となった。個々の政策の是非や意義を ここで問うつもりはない。

ただトランプ的手法は民主主義体制の根幹である議会での合意形成のプロ セスを無視したもので、それを米国民が好感し、史上最高値の株価を付け たことの意味と、ポピュリズムに向き合う時代に私たちが立ったことは、 はっきり認識しなければならない。
  
 自身を大統領職に押し上げたポピュリズムに、トランプ氏はますます依 拠するだろう。民衆の意思を吸い上げ多数決で決する民主主義がその究極 の地平であるポピュリズム、大衆迎合に到着したことを愚かな選択だとか 不合理だと論難することは当たらない。嘆息するばかりでも何も解決され ない。
  
英国のEU(欧州連合)離脱、米国大統領選挙に典型的に示された大衆迎 合政治が世の中を変え続けるいま、千葉大学法政経学部教授の水島治郎氏 の『ポピュリズムとは何か』(中公新書)が参考になる。
  
水島氏は英国と米国、グローバル経済の先頭を走る両国で「虐待されたプ ロレタリア」の反乱が起きたと、フランスの歴史人口学者、エマニュエ ル・トッド氏の言葉を引用する。水島氏はトランプ支持者と、英国のEU 離脱支持者の共通性を以下のようにまとめた。

・EU離脱支持者は、英国の地方の荒廃した旧工業地帯や産炭地域の白人 労働者層だった。米国のトランプ支持者は「さびついた工業地帯」の白人 労働者だった

・国際都市ロンドンに集うグローバルエリートの対極にある英国人と、米 国の東、または西海岸の都市部の政治経済エリートや有力メディアから置 き去りにされた米国人

・労働者の味方であるはずの政党が、自国の労働者を置き去りにして国際 社会にばかり目を向けるとして、両国の人々が既成政党への失望を深めた
 
米英両国に政治勢力の大変化をもたらした人々には、右の点も含めて濃密 な幾つもの共通項があった。また現在のポピュリズムは、かつての極右 的、反民主的な勢力とは異なり、他の政党同様、民主政治の通常の政治勢 力としての地位を確保したと、水島氏はみる。
  
彼らは民主政治を支える価値観に基づきつつ、国民投票等の民主政治の手 段を用いて、移民・難民の排除などの「私が最優先」の政策を手にする。 デモクラシーのこの「内なる敵」の論理を批判するのは容易ではなく、あ くまでも正対すべき新しい傾向だというのが水島氏の結論だ。日本とてポ ピュリズムの例外ではあり得ないいま、私たちは国民のための政治とは何 かということを、より真剣に模索するしかない。

『週刊ダイヤモンド』 2017年2月4日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1168


     
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎パズドラ、人気陰り4割減益 ガンホー、対戦機能などでテコ入れ

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは20日、主力のスマートフォ ン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」で、利用者同士の対戦 ができるようにするなどの機能を2017年度中に追加すると発表した。同社 の業績を牽引(けんいん)していたパズドラだが、2日に発表した2016年 12月期連結決算は4割近い減益という厳しい内容で、人気に陰りが出て いる。新機能でてこ入れし、業績改善につなげたい考えだ。

パズドラは12年2月に提供を開始しており、5年を迎える20日に記念のイ ベントを開催。この中でガンホーが発表した新機能は対戦のほか、3人で 協力して遊べるようになることと、ゲーム内で取得したキャラクターを他 の利用者と交換(トレード)できるという機能だ。森下一喜社長は、「3 人協力とトレードは今春、対戦も年度内には実装する」と述べた。

 パズドラをてこ入れする背景には、業績不振がある。16年12月期は売上 高が前期比27.1%減の1124億円、営業利益が36.4%減の460億円、最 終利益は35.7%減の279億円と大幅な減収減益だった。

売上高の8割超を依存しているパズドラからの課金収入が減った。昨年7 月から中国で現地企業と共同でパズドラの配信を始めたが、定着率が低 く、今年3月の撤退を決めた。今後はパズドラのてこ入れの成否ととも に、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」向けの「LET IT  DIE」など、他のゲームで収益力を高められるが課題だ。

SankeiBiz 2/21(火) 8:15配信


 ◎実験失敗と報じられた「こうのとり」6号機の真実   林 公代     JBプレス  2017.2.20(月)

ISSへの物資輸送、100%成功しているのは日本だけ

宇宙空間を15年以上飛び続ける人類の「宇宙の棲み処」、国際宇宙ステー ション(ISS :International Space Station)。そのISSが今や、日本の 宇宙船なしには存続しえなくなっている事実をご存知だろうか?

その名は「こうのとり(HTV)」。無人の貨物船であり、ISSに住む宇宙飛 行士たちに食料、水などを届ける「宇宙生活の命綱」だ。ISSへの物資輸 送は米国2機、ロシア1機、そして「こうのとり」の4機が担っている。日 本以外の貨物船は最近、たびたび失敗しており100%成功しているのは、 日本だけ。さらに「こうのとり」しか運べない荷物がある。それが「バッ テリー」。ISSで使われてきた旧型バッテリーが老朽化し、バッテリーの 交換はISSを今後も使い続けるための最重要課題だった。その大役が、 100%の成功率と世界最大の輸送能力を誇る「こうのとり」に任された。

2016年12月に打ち上げられた「こうのとり」6号機は新型バッテリーを6台 搭載。しかも、日本はただ宇宙に運ぶだけでなく、宇宙飛行士たちが交換 作業を効率的に行えるように運搬台も改良、開発した。ISSで今年初めに 行われたバッテリー交換は大成功! この日本の功績に対して、NASA幹部 は「素晴らしい!」と大絶賛した。

ところが、大役を果たした「こうのとり」6号機の帰り道、エクストラ ミッションとして行われた、「宇宙ゴミ除去実験」の半分(全てではな い)がうまくいかなかった。それが「宇宙ゴミ除去実験失敗」と大きく報 道された。
?往々にして成功より失敗のほうが大きく伝えられる。今回も最後の「失 敗」だけが独り歩きし、重要任務を果たしたにも関わらず、「こうのと り」ミッションすべてが失敗した印象を与えかねない報道も見られた。

私は30年近く宇宙関係の取材を続けてきて、米ロの宇宙大国を必死に追い かけてきた日本が、今や対等となり頼られる立場になったことを誇らしく 思う。それだけに、日本の方たちに「こうのとり」の大成功と、最後に行 われた「宇宙ゴミ除去実験」のどこが失敗で、どんな点で成果が得られた かについて、正しく理解してほしいと願う。

100%の成功は日本の貨物船「こうのとり」だけ

まず、「こうのとり」について。2009年に初号機が打ち上げられ、ほぼ1 年に1回のペースで打ち上げられている。「こうのとり」の特徴は、約6ト ンの荷物をISSに届けることができる世界最大の補給能力。これは他国の 貨物船の補給能力の約2倍だ。次に高い打ち上げ成功率。

これまで失敗なく100%成功を収めている。一方、他国の貨物船は失敗が 続いた。特に2014年秋〜2015年初夏は米国のシグナス貨物船、ドラゴン貨 物船、ロシアのプログレス貨物船が続けて失敗するという異常な事態と なった。ISSの物資は次第に底を突き、失敗できないプレッシャーの中、 「こうのとり」5号機はISSに確実に物資を運び、世界中の関係者が胸をな でおろした。

こんな事態を「こうのとり」の開発が始まった1990年代、誰が想像しただ ろうか。ISSは人間が住む施設だけに、ドッキングする宇宙船すべてに、 有人宇宙船と同等の高い安全性が要求された。経験の少ない日本に実現で きるのか。NASAからは「『こうのとり』がISSに来ないことが一番安全」 と屈辱的な言葉も出たと聞く。審査会のたびに1000枚を超える指摘事項が NASAから届き、日本チームはその1つ1つと格闘、乗り越えて今がある。

?5号機までの成功実績が評価され、6号機はISSの新型バッテリーを運ぶ大 役を担った。ISSは巨大な太陽電池パネルで発電しているが、地球を一周 する90分の約半分は日陰に入る。その際、バッテリーに蓄電しておいた電 気で賄うのだ。なお、新型バッテリーには初めて日本のGSユアサが開発し たリチウムイオン電池が使われている。全部で24個のバッテリーを、「こ うのとり」6号機から9号機まで4回に分けて運ぶ計画だ。

バッテリーを運搬するために、「こうのとり」は大幅な改良も行った。 バッテリー6台を乗せる荷台(曝露パレット)や、それを支える構造など を見直し、荷台が実際に使えるかどうか、NASAの巨大なプールで宇宙飛行 士による検証実験も行った。こうした地道な苦労が功を奏して、宇宙での バッテリーの交換作業は見事な成功をおさめた。2015年末、ISSは2024年 まで延長して使うことが日米間で合意されたが、運用延長は新型バッテ リーがあってこそ実現できる。

「こうのとり」6号機は、バッテリーだけでなく宇宙生活に欠かせない水 (種子島の水を運んでいる)、二酸化炭素除去装置、また実験装置や大 学・企業が作った超小型衛星7基などをISSに運んだ。宇宙飛行士が喜んだ のは新鮮なフルーツや玉ねぎ。さっそく、フレッシュな玉ねぎを使った 「スペースハンバーガー」がISS内に漂った。

宇宙ゴミ除去実験「KITE」―世界初を目指して

ISSに物資を運び、帰路はISS内の不要物を詰め込んで大気圏で燃やすの が、ISS参加15カ国間で決められた「こうのとり」の役割だ。日本はこの 主要任務を終えた後、エクストラの実験を行っている。宇宙飛行の機会は 貴重だ。地上でいくら実験を行っても、宇宙でやってみなければ分からな いことがある。

そこでJAXAは「こうのとり」飛行の機会を利用し、未来の宇宙開発のため の実験を行うため、6号機では「こうのとり」構造体に穴を開けて小さな 実験スペースを作った。そこで行われた実験の1つが、宇宙ゴミ除去のた めの実験「KITE」だ。スペースデブリ(宇宙ゴミ)は増え続け、宇宙の環 境問題となっている。「デブリ除去は喫緊の課題であり世界が取り組んで いて、競争のさなかにあるが、いまだどこも実用化にこぎつけていない」 とKITE実験チーム長であるJAXA井上浩一氏は語る。

日本のデブリ除去システムは「小さく、軽く、安く」が売り。具体的には 「導電性テザー」と呼ばれる金属製のひもをデブリに取り付け、電流を流 す。すると地球の磁場との相互作用で力が発生、デブリの速度を落として 徐々に高度を下げ、大気圏に突入させることができる。燃料を使わずに済 むため、ランニングコストが低コストですむ。

実現のために必須となる2つの「キー技術」を宇宙で実証するのが 「KITE」の目的だった。その1つがテザーの伸展。700m伸ばす予定が、伸 展できなかった。原因究明中だが、4つあったボルトの1つが分離されな かった可能性が高い。

もう1つが電子源からの電子放出。8台の電子放出素子すべてが正常に動作 し、長時間にわたり安定して電流の流れを作ることに成功した。テザー伸 展が注目されがちだが、電流を流すことができなければデブリ除去はでき ない。この電子放出実験は、追加実験も急きょ実施できたため、井上氏の 「KITE」の評価は100点満点中50点で「一部成功」。だが「宇宙ゴミ実験 失敗」と括った報道も見られた。

「こうのとり」6号機の主要任務の大成功、そして「KITE」の一部成功を 認めた上で、テザー進展ができなかったのは残念だ。なぜならテザーには 日本の漁網の技術が使われ、巻き方にも工夫があったからだ。これまで も、科学目的でのテザー実験が宇宙で実施されたことはあった。

だが、宇宙ゴミ除去目的で電子源と組み合わせたテザー伸展は「世界初」 となり、宇宙ゴミ除去技術で日本が一歩先んじる可能性が大きかったの だ。しかし「KITE」はあくまで「こうのとり」が荷物を運ぶ役割だけでな く、未来の宇宙開発に向けて行われたエキストラの「実証実験」であるこ とを再認識してほしい。「こうのとり」の主要任務になんら影響を及ぼす ものではない。

「当たり前のことを当たり前に続ける」むずかしさ

?JAXA・HTV技術センター長、植松洋彦さんは、「こうのとり」6号機ミッ ション全体を振り返って「昼夜を問わず戦い抜いた非常に厳しい2カ月 だった」と振り返った。

「初号機では、荷物を運ぶこと自体が大きな成果だった。しかし6号機で は運搬は『当たり前』。当たり前のことを当たり前に成功させることがど んなに難しいか」。KITE実験トラブル時も、トラブルシュートしつつ実験 成果が最大限に得られるよう、24時間体制の運用を続けた。

実は、「こうのとり」6号機は打ち上げが約2カ月遅れた。燃料配管で微量 の漏れが見つかったからだ。そのため、大西卓哉宇宙飛行士がISS滞在中 に「こうのとり」6号機が到着し、大西飛行士が船外活動でバッテリー交 換作業を行うことが期待されていたが、実現しなかった。

「こうのとり」が天候以外の理由でこれほど大幅に延期されたのは初め て。その背景には「開発当時から携わったエンジニアが引退し世代交代し たこと」を植松センター長は挙げる。技術は人に宿ると言われる。人が変 わっても同じように成功を続けることが「当たり前を当たり前にこなす」 難しさにつながっている。

もしKITE実験を実施せず、予定の仕事だけをこなせば「こうのとり」6号 機ミッションは大成功に終わったのかもしれない。しかし未来を見据え て、難易度の高い実験に挑戦した。
?井上氏は「宇宙で確実に機器を動作させるのは難しい。各国が宇宙ゴミ 対策に取り組みながら前に進まないのは、こういうことかと実感した。し かし100%できることだけをやるのでは進歩がない。挑戦して高みを目指 すことが、研究開発のあるべき姿」と語った。

原因究明して、次につなげてほしい。宇宙は過酷だ。昼と夜の100℃以上の 温度変化によって生じる材料の微小な歪みが、命取りになることもある。 当たり前のことを当たり前のように続けていく厳しさ、さらに高みを目指 す厳しさ。失敗を恐れず挑戦することが許容されにくい今の社会で、宇宙 を舞台に日本が挑戦している事実をぜひ知ってほしい。(記事紹介 九州男)



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 
 1)国語を教えることが先だろう:前田正晶

この点はこれまでに何度言ってきたか記憶にないほど強調してきた。自分 の国の言葉が十分に身についていない時期に、子供にとって面白いかどう かも分からないような外国語を教えて、何の役に立つかという極めて簡単 なことだ。教えたがる方は「子供の頭は柔軟だから複数の言語でも覚えら れる」などと解ったような理屈を言っておられるようだが、本当にそうで あるかどうは誠に疑問だと思っているし、現実的ではあるまい。

私がこれまでに繰り返して採り上げてきた、外国語を学ぶ時の名言という か至言というか基本的な心得がある。その一つは、我が日本の会社時代の 実質的に2期上だった国立H大学出身の秀才が喝破された「日本語が怪しい ような奴が幾ら英語を勉強しても、自在に操れるようになる訳がない」で ある。「小学校3年からではダメだ」と同じことを言っておられるのだ。

次は私を採用して下さった会社の親会社に同期入社された東京大学出身の H氏が課長当時に、海外出張を前にして言われた「英語で意思疎通が図れ るか否かは、これ即ち英語を基本的に理解しているか否かの問題であり、 ペラペラであるかないかではない」のも、流石だと感じ入った。当にその 通りで、基本が解っていなければ、自分の意志を思うように表現できる訳 がないのだ。問題は「基本をチャンと教えられ、キチンと覚えているかい ないか」なのである。言わないでも良いことを言えば「TOEICで何点取れ たか」ということではない。

これだけの原理・原則がありながら、何処かに英語と自らの英語力に劣等 感をお持ちか、自信を持てない方々が、次世代に同じ悩みを持たせないよ うにと、早いうちから勉強を開始すれば上達するとでも思い込んでおられ るのだろう。何度でも言うが、私の周囲には中学入学の時点というか13歳 辺りから学び始めて十分に間に合うどころか、アメリカ人もビックリとい う達人が何人もいた。小学校から等という必要はない。

再び結論をいえば「子供の頃には先ず自国語をチャンと固めて、日本語で の思考回路が整った後から、思考体系が異なる外国語を教えるべきであ る」なのだ。私はアメリカで見事な英語を話していた学齢前の子供たちに 何度も出会っていた。その子たちが帰国して成人してから出会って「君に はその昔アメリカで“こういう時にはそう言えば良いのか”と教えて貰った ことがあったよ」と言って驚かせたことがあった。彼は帰国して暫くは英 語を覚えていたが、今では何にも覚えていないと嘆いたのだ。こういう例 が幾らでもあるのだ。

矢張り国語の教育を充実させよう。元USTR代表だったカーラ・ヒルズ大使 は「アメリカの労働者には初等教育の充実と識字率の向上が必要だ」と指 摘されたのではなかったか。それと私の主張と似ていないか。「基礎なく して(国語が身についていなくて)何の外国教育か」である。


 2)こんな記事があった。(丸梅亭)

▽マルカン百貨店:大食堂が復活、名物「ナポリカツ」ぺろり

https://l.mainichi.jp/yEGlbl

「ナポリカツ」というものが美味しそうなので、調べてみた。

 <http://shucchoumeshi.blog42.fc2.com/blog-entry-360.html>
http://shucchoumeshi.blog42.fc2.com/blog-entry-360.html

 <http://sasakill.blog.jp/archives/50843435.html>
http://sasakill.blog.jp/archives/50843435.html

まさか花巻にこれだけを食べにゆくわけにもいかないので東京

で食べられないか調べたがなかったので、自宅でつくることに

した。添付の画像がそれである。

これが旨かった。これぞ洋食!という感じだった。カツカレー

と同じような感覚で、ナポリタンととんかつとの違った味と食

感を一緒に愉しめるものだった。

作り方は至極簡単である。冷凍のスパゲティナポリタンと出来

合いのとんかつを買ってきて組み合わせてデミグラソース(ビー

フシチューのルーを溶かしたもの)を掛けて。ありあわせの生野

菜を添えるだけでできあがる。

花巻で名物料理になるのは道理で、いずれ東京などでも作る

所ができてもおかしくないと思った。

後の話だが、高田馬場の「鉄板スパゲティたんちょう」という店で、

スパゲティにとんかつをトッピングしたものが注文できることを知った。

 <http://blog.livedoor.jp/taidatenshi54416828/archives/8540060.html>
http://blog.livedoor.jp/taidatenshi54416828/archives/8540060.html

                      

━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


21日夜は、家人の姉たちと川崎市武蔵小杉のレストランで一杯。


読者:5528人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 日本弁護士連合会が在日や反日勢力の利権組織となっている
    http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-1cf3.html

    【今日は何の日】竹島の日。李承晩ラインが気に入らない。【2月22日】
    https://samurai20.jp/2017/02/nannnohi-22/

    旧約聖書アラビア起源説
    http://fknews-2ch.net/archives/20170208.html

    あの有名女優がブログで韓国を猛烈バッシングwww「韓国ヤバイ・・・ レストランでウンコ混ぜられたかも・・・」 
    帰国直後に変な病気発症wwwww
    http://asianews2ch.jp/archives/50701375.html

    【衝撃!】 現役創価学会員(精神科医)の内部告発
    http://blog.livedoor.jp/sokadakkai/archives/54496832.html

    日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1639.html

    ワクチンで、愛犬が難病になる! 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11825729740.html

    韓国に「傑出した人物は一人もおらず」 
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-03f7.html

    水野英子 トークショー “トキワ荘の思い出…U・MIAのこと” レポート(3) 
    http://ayamekareihikagami.hateblo.jp/entry/2016/08/03/161756

    観世音菩薩
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%A6%B3%E4%B8%96%E9%9F%B3%E8%8F%A9%E8%96%A9&biw=755&bih=763&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjw16Sew6LSAhXErJQKHc0CDhgQ_AUIBigB

    心が通じるおじぎ
    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/2c/fa675888799a49df9d21533182664fc9.jpg

    京大[原子炉実験所]准教授は「拉致実行犯」の娘と結婚していた 
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4717.html

    さいたま市教委が「慰安婦映画」を後援ってマジすか? 慰安婦問題と日本共産党の暗い関係! 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12248832483.html

    なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わないのか
    http://biz-journal.jp/2017/01/post_17803.html

    男性の年齢:魅力的だと思う女性の年齢
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/02/miryokunenrei-2.jpg

     2017/2/22

  2. シューマン共振、つまり地球の電磁波の周波数である7・83ヘルツの脳波が、日本人のYAP遺伝子に関係するとすれば、日本の禅が今ある形になっているのも納得できる。中国にも禅はあるが、日本の禅宗がまさに禅を完成させた。

     禅の基本は「瞑想」だ。瞑想とは何も考えないのではなく、脳をリラックス状態に置く技で、無を思い続ける思考を言う。無欲・無我・無心を指している。つまりは、無は存在しないのではなく、無と言う概念を思い続ける行為、すなわち無限思考と言う神域に通じる道を指していると解釈できる。

     日本人は絵画を描く能力の面でも、他国より卓越しており、何も描かない空間を使って心境や現実を強調したりする。だから、筆を入れない空間は無ではなく、宇宙そのものが表される。墨で描く一筆画もそうなら、浮世絵や錦絵もそうで、空間恐怖症のように広い部分を埋める海外の絵画とは全く違う。

     「鳥獣戯画」を祖とする日本の漫画もそうで、オールカラーで埋め尽くすアメリカのコミックに違和感を覚えるのは、そこに手を加えない無の空間が存在しないからだ。海外は物質を描くが、日本人は心を描くわけである。

     だから、象徴が大きな意味を持ってくる。和歌や俳句もさることながら、能や狂言にも同じ流れがあり、無を持って有を表現する日本人の技は他を圧倒する。それで、禅と日本人の無を理解し活用する文化は見事に一致している。そこにシューマン共振が関わるなら、日本人とガイアの関わりも無視できないレベルになる。

     中国の禅って思索する。頭で考える。

     日本の禅は考えてはいけないとされるわけ。でも、それは無と言う広大な空間に身を委ねることで、ガイアとの一体感を味わうことだと思う。

     「無私の日本人」と言うベストセラーになっている本がある。

     「私の感情」とか「私の利益」とか、そういうことなしで考えられる民族ってあまりいない。中国人とか韓国人には無理ですが、日本人は自分を殺して考えることが出来る。その「無私の日本人」というのと、日本独自の禅の考え方はかなり近い。そうなると、アカシックレコードからデータを引っ張り出すのに、日本人が一番向いているかもしれない。

     メンタル的に日本人は内向き志向だから、ガイアに向くのに一番適任かもしれない。

     日本人は予言が大好きなのだ。近代以降でも出口なお、出口王仁三郎、岡本天明などの大物予言者が現れている。妖怪も、祟りもある意味で超能力だから。この国ほど奇々怪々な国はない。

     2017/2/22

  3. 長らく拝読させていただいております。今回も前田正晶大兄の一文、いつも通り我が意を得たりと思いつつ読ませていただきました。前田大兄に比べれば、小生の英語は幼稚園レベルですが、縁あって子供たちに英語を教えております。子供たちには、奇しくも、前田大兄と同じようなことを話してきました。自慢ではもちろんありませんが、若いときアメリカの友人たちのところに旅行した折の帰路、ITTのあるえらいさんのところに数泊し、毎晩ディスカッション。ある質問で試されたり、言いたいことを言いたい方題したりと、日本人として言うべきことを率直に話しました。その後、ある日本の会社内で、その方が小生を高く評価していたとの報が兄弟から届きました。些細な経験に過ぎませんが、前田大兄に共感する所以であり、その後に続く体験の一つです。

     2017/2/22

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事