急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4270号  2017・2・18(土)

発行日:2/18

l□■■□───────────────────────□■■□
わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4270号
□■■□━━━────────────────────□■■□



        (平成29)2017年2月18日(土)



         金正恩は残酷性と冷静な計算が併存か:杉浦正章

             何事もなかったかのように平静:宮崎正弘

                     情けない話:大江洋三

               「お富さん」で大学生:渡部亮次郎
                       
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記      
>
>                               発行周期 不定期(原則毎日発行)
>              
>                御意見・御感想は:
>                   ryochan@polka.plala.or.jp
         購読(無料)申し込み御希望の方は
>                     下記のホームページで手続きして下さい。
>   
>        http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241     ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
金正恩は残酷性と冷静な計算が併存か
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            杉浦 正章

「Madman理論」の恐怖政治が佳境に入った

カインの末裔(まつえい)とは、旧約聖書に登場する兄弟殺しという人間 の罪深さを諭すものである。アダムとイヴの息子の兄カインが、弟アベル を殺害した神話だ。有島武郎が同名の小説を書いている。

日本の古事記にも海幸彦と山幸彦の骨肉の争いがあるが、最終的には兄と 弟は仲直りした。しかし兄源頼朝が弟義経を殺害した例もある。

金正恩による尊属殺人は、叔父張成沢殺しに始まって、ついに異母兄弟の 長男金正男へと至った。政権樹立以来殺害した朝鮮労働党や軍の幹部は 140人あまりに達しており、スターリンによる処刑は約68万人といわれ遠 く及ばないが、極東では戦後まれにみる殺りくである。

ニューヨーク・タイムズは、昨年5回目の核実験の後、この金正恩の「恐 怖政治」を「狂人理論」(Madman Theory)と説明した。

 金正恩の殺害指示の状況証拠は数限りないほどあるが、決定的なものは 最高人民会議常任委員長金永南が、15日の金正日生誕75周年式典で発言し た内容につきる。「偉大な将軍様は後継者問題を完全に解決した。最も偉 大な業績である」という発言が、「確信犯」金正恩の全てを物語っている のである。

殺されたマレーシアでは北朝鮮と韓国の「遺体争奪戦」が展開されてい る。米国の中央情報局(CIA)も絡んでいるが、マレーシア政府は副首 相が「北朝鮮に引き渡す」と言明した。

マレーシアは、北と外交関係を樹立しており、ビザなしで北朝鮮に渡航で きる唯一の国だ。しかし米韓の巻き返しは強く、どうなるかは予測は困難 だ。北がクアラルンプールでの殺害を意図したのは、遺体の確保まで計算 に入れた可能性が強い。しかしいくら親北朝鮮でもマレーシアは徹底的な 調査、分析を国際社会から求められることは必定であろう。

NYT紙によるとMadman Theoryとは「好戦性と予測不可能性で武装し、敵に 狂人と見せることで交渉を有利な局面に導こうとするという論理」だとい う。NYTは「残酷性と冷静な計算は矛盾するものではなく、互いに協調関 係にある」と解釈した。

また「朝鮮半島を一触即発の戦争危機状態に追い込むことが、北朝鮮が体 制維持のための唯一の方法として見ているという指摘が多い」と説明し、 「力の弱い国家が大国を敵として向かい合ったとき、平和を実現するため の理性的な方法」と分析している。

さらに米学者の「北朝鮮の指導者たちの国内外での行動が嫌悪感を抱かせ ることがあっても、理性的に自国の利益をよく考えている」という見方を 紹介している。確かにNYTは冷静で当を得た政治分析である。

まさに金正恩は冷徹なる殺りくを繰り返しており、その立場は小国の政治 家が大国のはざまで、生き抜く知恵とでもいうことになる。Madman Theoryはなぜ、権力掌握以来金正男を偏執狂のようにつけ狙ったかの問題 も解ける。

頼朝がそうであったように、家督相続人は少ないほど自らの安全が保てる のであろう。金正恩は金正男を就任以来つけ狙い続けた。なぜ狙い続けた かと言えば、政権を狙うと見ていたからだ。

本人が狙わなくても韓国在住の脱北者は昨年11月に3万人に達しており、 祭り上げるには絶好の人物であった。金正男が日本のメディアに「3代世 襲には反対だ」と述べたことが金正恩の怒りに火を付けたといわれる。

殺害指示は就任早々から始まり、2012年には北京で実行されそうになった が危うく逃れた。朝鮮日報は、金正男を救うため韓国大統領李明博が12年 に正男に対し、韓国への亡命を打診していたことが16日までに分かったと 報じている。

元高官が「当時、正男氏に対する暗殺未遂があったため『韓国に来た方が 安全なのではないか』と打診した。しかし本人が、そのまま海外に滞在す ることを望んだため、その話は消えた」と述べているという。

叔父の張成沢が13年12月に、金正男を担ぎかねないとして「国家転覆陰謀 行為」で処刑されてからは、まさに風前の灯となった。金正男はそのころ 金正恩に命乞いの書簡を送っている。

その内容は「将軍様、私と家族を殺さないでください。私には行くところ も逃げるところもありません。自殺するしかありません」という切々たる 内容であった。

今後は金正男の長男金漢率(キム・ハンソル21歳)が狙われるとの見方が 中韓両国で高まっている。金漢率は2012年フィンランド公営テレビでのイ ンタビュウで「韓半島(朝鮮半島)を2つに分断しているのは政治的な問 題にすぎない。だから僕はどちらかの肩を持つということはしない」と発 言。さらに「北朝鮮に戻って人々の暮らしを楽にしたい。

また、(南北)統一を夢見ている」と将来の夢を語っている。利発な青年 のこの発言は金正恩の神経を逆なですることが予想されるものだ。しか し、家族は現在中国の保護下にあるようであり、護衛をしやすい北京に向 かいつつあるとの見方もある。

最大の焦点は今後日米韓3国がどう動くかだ。とりわけトランプの反応が 注目される。Madmanにmaddogマティスがかみついたら大変だ。トランプは オバマと異なり挑発を我慢するタイプではない。こちらも予測不能だ。

日米韓外相は日本時間17日未明ドイツ・ボンでの20カ国・地域(G20)外 相会合で会談、北に対して3国が連携する共同声明を発表した。

暗殺問題も協議したとみられる。岸田文雄、国務長官ティラーソン、尹炳 世による話し合いの内容が注目される。いずれにせよ傍若無人の殺人を国 際社会は看過すべきではない。米国は1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指 定、2008年に解除しているが、当面はこうした政策で圧力をかける可能性 がある。また国連でも対応をリードするものとみられる。

一方で、北の暴発に中国首脳は怒り心頭に発していると言われ、今回の場 合は国連などでかばうことは難しい者とみられる。


              
━━━━━━━━━━━━━━
何事もなかったかのように平静
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月17日(金曜日)
         通算第5190号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

丹東は「何事もなかったかのように平静、通常の風景」
  人民日報「金正男暗殺事件が朝鮮半島の安全を不安にする要素はない」
*********************************

中国遼寧省・丹東は、目の前に拡がる鴨緑江の対岸が北朝鮮の新義州で ある。
 
金正男暗殺事件の翌日からも、「街の風景は平常となんら変わりなく、 旅行ツアーも貿易業務も通常通り」だと言う(サウスチャイナモーニング ポスト、2月16日)。
 
人民日報は「朝鮮半島の安全保障になんらのインパクトもない」と書いた。

もとより中国にとっての緩衝地帯である朝鮮半島がおかしくなれば、北朝 鮮からの難民が押し寄せる先は地雷のある38度線を越えるより、鴨緑江 を容易に渡河できる中国のほうだろう。

しかし中国の静かな反応こそ不気味なのである。

中国はマカオにいた金正男一家をそれとなく保護したが、金が外国へでて いくときは保護の対象外として、放置した。

金正男は格安航空券、ボディガードも付けないで飛び歩いていた。北朝鮮 の情報網は、かれの所在を掌握していた。

つぎに狙われるのは金正男の長男、金韓松である。

それにしても、金正恩の遣り方に煮え湯を飲まされた思いをしたはずの 中国が、被保護国の独裁者の暴走にじっと耐えている様は異様である。



━━━━━
情けない話
━━━━━

     
大江 洋三

我々は、新しい米国政権が誕生する毎に、沖縄県尖閣の米国・防衛義務を 確認せねばならない。

米国政府の見解は一貫している。オバマ曰く「領土の帰属問題は難しい。 しかし尖閣は日本政府の施政権下にある。よって、日米安保に基づき米国 は防衛する」

基本的スタンスはトランプ政権下でも変わっていない。つまり、日本政府 が実効支配しているかどうかが問われている。

そういう目線で眺めると、北方4島と竹島は米国の防衛範囲ではない。
施政権を行使、つまり実効支配しているのはロシアや韓国だから、米国政 府が尖閣防衛理由を明らかにする毎に、ロシアと韓国は喜んでいるだろう。

我々は、ひたすら「固有の領土」と言い募るしか手が無く、公教育でもそ のように教えている。

それよりも「盗まれた」と教える方が、国際社会においては直裁である し、子供達も分かり易い。

北方4島は、日ソ中立条約違反したソ連に、終戦後に武力により強奪され たのであり、竹島は、李承晩により白昼に目の前で盗まれたようなものだ。

後者の方が性質(タチ)が悪いと思う。北方4島の場合は、終戦にも拘わ らず曲りなりにも戦っているが、竹島は現行憲法が施行され日本の手足が 出ないと事を知った上で、李承晩が盗んだからだ。
いわゆるコソドロである。

日本政府は、早くから抗議しているが憲法の制約上、抗議するだけで実効 性が伴わず今日に至っている。

教訓とすれば、尖閣の場合も、政府が常日頃から「自ら戦う」意思を示し ておく事が必要である。

一昨年9月「平和安全保障整備法案」施行されたが、これも日本の周辺事 態を守る米軍支援が主な目的で、自らの先頭で戦う意思は少ない。阿部内 閣がいう通り「現行憲法下では最大限」の防衛手段である。

俗に集団的自衛権の行使という。そんな訳で、いつも米国政府の意思を確 認せねばならない。情けない話しである。

集団的自衛権行使に猛反対したメディアが、トランプやマティスが尖閣防 衛意思を表明すると安心していたから、奇妙な話しである。

平和裏に最も効果的に、政府の領土防衛意思を発信する手段は、憲法9条 改正しかない。

一方で南シナ海では、着々と中共の人工島に拠る実効支配が拡大してい る。米国の航行の自由作戦など中共は痛くも痒くもないだろう。

さりとて、中共が起こす遠くの事情に米国が単体で事を構えるのは難しい から、憲法改正した日本の存在が東アジアの安定に寄与する事になる。
体制の異なる中共を除けば、日本は世界第2位の経済大国で、それぐらい の自覚は必用である。

それが日米安全保障条約の本来の目的でもある。「両国が極東における国 際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、相互協力及 び安全保障条約を締結することを決意し、 よつて、次のとおり協定る」


         
━━━━━━━━━━
「お富さん」で大学生
━━━━━━━━━━


    渡部 亮次郎

まだカラオケなどない昭和29(1954)年、「お富さん」の明るく小気味よ いテンポは、手拍子だけで歌えるということもあって、会社帰りの一杯飲 み屋、酒宴の席では必ずといっていいほど歌われ、「宴会ソング」の定番 として広く庶民に浸透していった。

その勢いは子ども達にも波及し、「♪いきなくろべえ〜 みこしのまあ〜 つに」と意味もわからず歌っていたものだ。

このことは、その歌詞の内容から「子どもが歌うには問題がある」とし て、教育委員会やPTAから異論があがり、小学生が歌う事を禁止する自治 体も出るなどちょっとした社会問題にまで発展した。

もっとも、子ども達にとっては意味などわかるはずもなく、いや、大人で さえも、この歌舞伎を題材に求めた歌は歌舞伎ファンでない限りは理解で きなかった。

とにもかくにも、作曲者の渡久地(とくち)政信氏は「みんなで楽しく飲ん で歌える歌をつくりたかった」と述懐しているので、その狙いは見事的中 したのである。

この年の4月、上京して大学入学。なかなか下宿が見つからず、親戚で不 愉快な思いをしたもの。遂に絶縁状態となって今日に至っている。冨さん は苦い歌である。

お富さん

歌 春日 八郎
作詩 山崎 正  作曲 渡久地政信

昭和29年

1 粋な黒塀 見越しの松に
  仇な姿の 洗い髪
  死んだ筈だよ お富さん
  生きていたとは お釈迦さまでも
  知らぬ仏の お富さん
  エーサオー 玄治店(げんやだな)


2 過ぎた昔を 恨むじゃないが
  風も沁みるよ 傷の跡
  久しぶりだな お富さん
  今じゃ呼び名も 切られの与三(よさ)よ
  これで一分じゃ お富さん
  エーサオー すまされめえ


3 かけちゃいけない 他人の花に
  情かけたが 身のさだめ
  愚痴はよそうぜ お富さん
  せめて今夜は さしつさされつ
  飲んで明かそよ お富さん
  エーサオー 茶わん酒


4 逢えばなつかし 語るも夢さ
  誰が弾くやら 明烏(あけがらす)
  ついてくる気か お富さん
  命みじかく 渡る浮世は
  雨もつらいぜ お富さん
  エーサオー 地獄雨

「お富さん」は春日八郎のために作られた歌ではない。作曲者である渡久 地政信はこの曲を岡晴夫のために用意していた。ところがその岡晴夫はキ ングとの専属契約を解消してフリーになってしまったのだ。そこで社内で 代替歌手を検討した結果、春日八郎でということに決まった。

春日八郎は苦労の末、ようやく2年前に「赤いランプの終列車」をヒット させ、その後もそこそこの売上げを上げてはいたものの、まだ社内では絶 対的な立場ではない、いわば新人歌手同様の扱いであった。

急遽、自分に回ってきた「お富さん」はもともとは他人の歌。しかも普段 馴染のない歌舞伎がテーマということもあって、とまどいは隠せなかった が、逆にそれが功を奏したのか、変な思い入れもなく、肩の力が抜けたそ の歌声は軽快なテンポと妙に噛み合っていた。

テスト盤の社内での評価は上々で、手応えを感じ取ったキングはキャン ペーンにも力を入れた。代替歌手ということを逆手にとって、歌手名と曲 名を発表しないまま、ラジオや街頭宣伝をするなどのアイデアで徐々にリ スナーの興味を引いていったのだ。

当時の世相ともマッチて空前の大ヒット。下積み生活の長かった春日八郎 はこの時すでに29歳、だが、回ってきたお鉢は運まで運んできたのであろ うか、この曲によって押しも押されもせぬ人気歌手となった春日八郎は、 その後もヒットを続け、昭和を代表する歌手となったのはご存じの通り。

この歌の歌詞は、歌舞伎の有名な演目である「与話情浮名横櫛」(よわな さけうきなのよこぐし)の一場面「源氏店」(げんじだな)から題材を得 ている。それまでの春日八郎の歌の傾向からすれば、いや、というより、 バラエティに富んだ流行歌が数多く存在した歌謡曲全体を見渡しても非常 に珍しいテーマであった。

この芝居で最大の見せ場が「源氏店」の場で、他人の妾であったお富さん と許されぬ恋に落ちた与三郎は相手の男にばれてメッタ切りにあい、お富 さんは海に落ちた。九死に一生を得た与三郎は3年後、松の木が見える黒 塗りの塀の家で死んだはずのお富さんと出会うというシーン。

そこで与三郎の「しがねえ恋の情けが仇」の名セリフが出てくるわけだ が、山崎正の歌詞はこの部分を実にうまくメロディにはめ込んでいる。

尚、歌舞伎では「源氏店」(げんじだな)となっているが、これは実際に あった江戸の地名「玄治店」(げんやだな)(現在の東京都中央区日本橋 人形町あたり)の漢字読みに当字をしたものだ。

前年の昭和28年あたりから、久保幸江、榎本美佐江らによって芽を吹きは じめていた「お座敷歌謡」「宴会ソング」は、この「お富さん」によって 見事に昇華し、後に登場する三波春夫の「チャンチキおけさ」、五月みど りの「一週間に十日来い」などに結実するのである。

渡久地政信は奄美大島の出身。あのイントロの独特のリズムは琉球音楽を 取り入れたもの。永く愛され続けた「お富さん」は、そのアイデア溢れる オリジナリティで春日八郎の歌として定着し、スタンダードとしてリズム とサウンドは残っても、今、あえて歌舞伎を意識する人は少ない
だろう。

春日八郎

●本名:渡部 実

●大正13年10月9日生まれ 1991年10月22日没
●福島県・会津出身

旧制中学を中退し13歳で歌手を目指して上京。東洋音楽学校(現在の東京 音楽大学)声楽科に学び、新宿「ムーラン・ルージュ」などでアルバイト しながら歌手活動を始めたが、太平洋戦争に突入。兵役を経て戦後再び上京。

長い長い苦闘の末に昭和23年、キングレコード新人歌謡コンクールに合 格。作曲家、江口夜詩に師事し、昭和24年正式にキングレコードの専属歌 手となる。

最初の芸名は歌川俊。ようやくプロ歌手としてスタートしたものの、先輩 歌手の前座ばかり、相変らず鳴かず飛ばずの下積み暮しが続き、いたずら に年月だけが過ぎていくだけかに思えた昭和27年、「赤いランプの終列 車」がヒットした。

「雨降る街角」「街の灯台」とスマッシュ・ヒットを続け、昭和29年の 「お富さん」の大ヒットで人気が定着。三橋美智也、若原一郎とならんで 「キング3人衆」と呼ばれた。続く昭和30年には「別れの一本杉」がまた また大ヒットしてその地位はゆるぎないものとなった。

玄治店は幕府の典医であった岡本玄冶法印(おかもとげんやほういん)の 屋敷の事で、現在の東京都中央区日本橋人形町あたり、そのことからこの 周辺を玄治店(げんやだな)と呼ぶようになった。なお、この地域には芝 居関係者も多く住んでいた。人形町3丁目交差点には「玄治店由来碑」が 建立されている。


  
        
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、国際社会が注目している。「毒劇物による暗殺」の可能性が高まるなか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。ドナルド・トランプ米大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。

日米韓外相会談は、ボンでのG20(20カ国・地域)外相会合に合わせて行われた。岸田文雄外相と、レックス・ティラーソン米国務長官、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が出席した。

会談では、日米韓が連携して、アジアの平和と安定を壊しかねない北朝鮮への制裁措置の実効性確保を図るとともに、中国に対して北朝鮮への圧力を強めるよう働きかける方針を確認した。当然、正男氏の暗殺事件についても意見交換したとみられる。

注目の事件だが、マレーシアの国営ベルナマ通信は16日、同国の警察が2人目の女を逮捕したと報じた。地元メディアは、女2人のほかに、男4人が犯行を手助けした疑いがあり、警察が行方を追っていると報じた。

韓国・朝鮮日報は16日、「(正男氏の遺体の)口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象だ」という政府当局者の証言を伝えた。

事件への関与が注目される正恩氏は75周年の「光明星節」という16日、父の正日氏と、祖父の故金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問した。

今後、犯行が「北朝鮮の仕業」「正恩氏の指示」と断定されれば、日米首脳会談に合わせた11日の弾道ミサイル発射を受けて「非常に強い態度で対応する」と怒りをあらわにしたトランプ氏を、激高させそうだ。

トランプ氏の本音について、13日に帰国した安倍晋三首相はNHKのニュースに出演し、「オバマ政権は軍事力の行使には非常に慎重だった。今のトランプ政権では、もう一度見直し、あらゆる選択肢をテーブルの上にのせながら、外交的に解決していきたいと考えていると思う」と語った。

 「あらゆる選択肢」とは、当然、世界最強の軍事力を指す。

福井県立大の島田洋一教授は「トランプ氏は『ここで北朝鮮になめられたら、他の国になめられる』という感覚から、目に見える格好で強い姿勢を示すだろう。過去にも、相手がなめてかかってきたら『10倍返し』でやるという趣旨の発言をしている」といい、今後の行動をこう予測する。

「まず考えられるのは、北朝鮮と取引する中国企業が使用する金融機関に対する金融制裁のグレードアップだ。さらに米韓軍事演習の強化や、米国防情報局(DIA)を通じた工作も強化してくるのではないか」

米韓軍事演習については、拡充する見通しを韓国紙が伝えている。

朝鮮日報(日本語版)は11日、米原子力空母「カール・ビンソン」が前日にグアムに到着したことや、ステルス戦闘機「F22ラプター」の日本配備に触れ、米軍の戦略部隊が朝鮮半島周辺に集結していることを報じた。記事では、軍関係者の話として「3月の米韓軍事演習『キー・リゾルブ』と『フォールイーグル』に参加する可能性が高い」と伝えている。

カール・ビンソンは「動く軍事拠点」とも呼ばれるニミッツ級の原子力空母で、同紙は「西太平洋を担当する第7艦隊には、すでに原子力空母『ロナルド・レーガン』が配備されている。米国が西太平洋で2つの空母機動部隊を運用するのは異例」と指摘した。

かつてない規模で行われる3月の米韓軍事演習だが、過去には正恩氏を急襲し、確保・排除する「斬首作戦」に沿った演習が行われてきた。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「本物の『斬首作戦』に変更してもいいような軍事演習となるだろう」といい、北朝鮮攻撃のシナリオを次のように語る。

「陸からは、韓国軍と米軍の特殊部隊で平壌まで行く。空からは、B2爆撃機が平壌(ピョンヤン)上空まで行き、地下の約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾『バンカーバスター』を使って、地下壕にいる正恩氏の居場所を徹底的に攻撃するだろう。海からは、恐らくトマホークを打ち込む。海上にはイージス艦もいるので、北朝鮮が弾道ミサイルで反撃してきた場合は、海上配備型迎撃ミサイルSM3で全部打ち落とすだろう」

トランプ氏が、暴走する正恩氏を排除する決断を下すきっかけは何か、作戦終了までにかかる時間はどの程度か。

世良氏は「北朝鮮が米国に到達する能力を持つICBM(大陸弾道間ミサイル)を発射したとき、またはトランプ氏が何らかの情報に基づきゴーサインを出したときが考えられる。早ければ1週間程度で、正恩氏を排除できるのではないか」と語っている。
【ZakZak】 2017.02.17 〔情報収録 − 坂元 誠〕


 ◎21世紀枠不来方 入部希望者現れず10人で甲子園

第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に21世紀枠で出場する 不来方(こずかた、岩手)が、部員10人で大会に臨むことが16日、分かっ た。出場選手登録期限の15日までに入部希望者が現れなかった。

この日、今年初となる自校グラウンドでの雪上ロングティーを行ったエー ス兼4番打者の小比類巻圭汰主将(2年)は「最初から10人で行くと決め ていた。何ら変わらない」と平然と語った。

19日には愛知強化合宿に出発し、東邦のグラウンドで24日まで汗を流す。 小比類巻は「試合ができるような体にするのが第一。全然投げ込めてない ので、球数を多く投げたい」と意気込んだ。
日刊スポーツ 2/17(金) 9:27配信



━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 
 1)長時間残業は日本の企業社会の文化では:前田正晶

私は今世間を賑わしている、一概に残業を何か悪いことのように決めつけ る風潮は如何なものかと思ってしまう時があるので、一寸考えてみた。

そこで、いきなりアメリカの会社のことから入っていく。それもサラリー 制で年俸を事業部長との話し合いで決めている会社側の社員の場合の話し で、法律で保護されている時間給の労働組合員の残業料のことは除外して おく。年俸制と言ったように、会社側に雇われている者たちにはその本給 一本しかなく、何の手当もないので、残業料などある訳がない。

各自には割り当てられた「職務内容記述書」(=Job description)が あって、その同じ組織内にいる誰とも仕事の内容が重複していないという か、2人乃至は3人などで一つの仕事担当することは通常はあり得ないの で、各人はその与えたれた課題を自分の持ち時間内に消化すれば良いの だ。だが、出来なかった場合には早朝6時に出勤するか、夜になってもそ の日にやり遂げておくべきことは21時だろうと22時だろうと残ってやって いるのは当然だ。何しろ、自分以外に頼れる者はいないのだから。念のた めに申し添えておけば、秘書さんはボスの仕事を手伝うという契約はして いないのが普通だ。

ここまでで極めて大雑把にアメリカの会社で年俸制で仕事をしている社員 たちの仕事ぶりを紹介したと思っている。それは飽くまでも個人が主体で あり、集団でテイームワークを重んじて仕事をする文化の我が国との根本 的な違いであると思う。朝早く来るのも、夜遅くまで居残っているのも、 何らかの理由でその社員が朝8時(W社本社の場合)から17時まででは終わ らないからである。それは能力の問題かも知れないし、客先の事情もある かも知れないし、もしかしてJob descriptionで過剰に過剰な割り当てが あったかも知れないのだ。

日本の企業社会を振り返ってみよう。私も新卒後に17年半も日本の会社で 使って頂いたし、アメリカの会社の支店から日本の会社を見ることも出来 たので、日米間の比較がある程度以上可能だと思っている。そこで感じた ことは既に採り上げた「皆でやろう」というか「課乃至は部の単位で動く のが一般的であり、アメリカのように個人が主体で仕事を進めていないと いうこと」にあると思った。

次なる相違点は我が国の組織では「先輩」なる存在が新入の「後輩」をあ る時は優しく、ある時は厳しく、偶には言うなれば野球の練習でいう「千 本ノック」のような苛酷と形容したいような可愛がり方もあると聞いてい る。しかし、我が国固有の文化ではかかる試練を乗り越えてこそ、一人前 に成長するのだという「〜道」と言われる鍛え方がある。その育て方なり 鍛え方が「若いうちの苦労は買って出ろ」とばかりに過剰な負担をさせる こともあるやに見えることがある。

噂に聞いた話だが、ある商社では新卒の社員がその未熟さと不慣れの為に 課題をこなしきれずに会議室に2日連泊して業務を辛うじてこなしていた が、それを同期入社でより多忙な部門に割り当てられた者に嘆いたところ 「何をそれしき。俺は2週間会社に泊まっている」と一蹴されたそうだ。 こうして新卒者が伸びていくというか、彼らを育てていた時代があった。

また、ある事情通の解説によれば、例えば3人が一つの単位で仕事をして いれば、その中で長のような存在の者が訪問中の客先から帰社するまでは 残る2には帰れず、客先で与えられた課題を2人に伝え終えるまでは全員が 帰れないことになるし、最も若い(後輩?)はその内容を取り纏める報告 書を明朝まで上司に提出せねばならず、結果的に全員が居残りとなる場合 があるのだそうだ。

私は「課なり部なりの細分化された組織も会社全体も常に成長していかね ばならないし、売上高も利益の伸ばさねばならない以上、屡々か時には か、あるいは至上命令で新規の商いや得意先を開拓せねばならず、その手 段の一つには同業他社の地盤をも奪っていかなねばならないのは世の常だ。

ところが、そういう懸命の試みがその組織か会社としての身の丈に余る物 であれば、一日何時間働いても間に合わない事態に陥り、全員が時間外労 働で何とか対応する以外ないと言った無理を生じているのではないのかと 思う時もある。この辺りまで来ると、取締役であるとか社長の経営方針の 問題であり、自社の使命とその能力の限界を考えた上で社員を適切に働か せる経営力の有無が重要になるのではないのかと思う。身の丈に余る受注 をして社員を酷使しているのではないかと常に配慮している必要はないのか。

また、こういう実話もあった。そのメーカーの会社は翌月の生産分の注文 を毎月20日で締めきっていた。ところが、最大の得意先は最終需要家(食 品会社)は重要な納入先である数軒の大手スーパーマーケットチェーンか らの受注量が確定するまでは中間の問屋さんへの発注をしてこないのが普 通だった。その発注量が確定してから仕入れ先の加工業者に発注するの だ。加工業者は加工業者で原料と仕掛品の在庫等を調べてから翌月の資材 受け入れの時期を検討した後で、仲介する流通業者に発注する仕組みに なっているのだ。

流通業者は多くの場合、19日と20日は他の仕事を終えていても流通業者か ら確定的な注文が来るまで、遊んでいるように見える状態でもただひたす ら待っているしかなく、その時間は残業になってしまうのだそうだ。その メーカーの事務所では「あの部門の連中は何時も遊んでいながら残業をし ているではないか」と批判されたそうだ。だが、営業である以上如何とも しがたいのが実情だった。

ここまで縷々述べたように会社に残っていると言っても、それぞれに独特 の事情があるものであるし、上述のように日米企業社会の文化の違いもあ る。かく申す私は朝早く出勤し、時には20〜21時までも残っていたし、 土・日も出勤していたのは、私自身の能力不足もあったかと思えば、何と か処理し終えて“job security”に憂いなきように使用と心がけていたの だった。


 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

18日の容共湾岸は前日とは打って変わって朝から無風で快晴。


17日の『春一番』は東京湾岸にも吹き、洗濯物が揺れて大変だった。

読者:5528人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 金正男情報 工作と仕掛けに注意。
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235647

    【拡散】チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵
    https://samurai20.jp/2017/02/freetibet-3/

    春一番 風
    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA+%E9%A2%A8&biw=1097&bih=490&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjY34nRrpfSAhWJx7wKHWswB40Q_AUIBygC

    福島・石像破壊の韓国人チョン・スンホ被告、賽銭泥棒や窃盗も認める
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4715.html

    水野英子のトキワ荘
    http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-f6ae.html

    天才・ロッシーニ
    http://happy.ap.teacup.com/togenuki/597.html

    中川八洋+渡部昇一コンビによる『教育問題憂国本』の面白さ。
    http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070206/p1

    「ミヤネ屋」門田隆将さん西岡力さんが出演!朝日の吉田調書&慰安婦虚報を批判
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1615.html

    韓国の巫女(みこ)がアメリカを呪縛している件
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

    ビル・ゲイツ財団 ワクチン犯罪で告訴 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11945622263.html

    「左翼」人士・<子どもと教科書全国ネット>結成の呼びかけ人リスト
    http://akizukieiji.blog.jp/archives/1541596.html

    反日プロパガンダ映画「鬼郷」と朝鮮大学校の関係は? 日本でも暗躍する反日在日たち! 
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12247753626.html

    塚本幼稚園がヘイト文書?「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」と記載の文書を保護者に配付
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6565.html

    日本を通底する7つの思想的背景
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3300.html

    TAPのブログに投稿された興味深い情報
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941936.html

    薬4剤併用で命の危険 異常な薬漬けの日本人、副作用死は年10万人以上?
    http://biz-journal.jp/2015/05/post_10031.html



     2017/2/19

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事