急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



頂門の一針4267号  2017・2・15号  2017・2・15(水)

発行日:2/15

l□■■□───────────────────────□■■□
わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」4267号
□■■□━━━────────────────────□■■□



        (平成29)2017年2月15日(水)



    「措置入院」精神病棟の日々(3):“シーチン”修一 2.0

       北朝鮮の核弾頭への評価がシフトしている:宮崎正弘

               なぜ高い日本の医療機器:石岡荘十

            オリムピック担当大臣の貫禄:渡部亮次郎           
            
                        話 の 福 袋
                           読 者 の 声
                           身 辺 雑 記      
>
>                               発行周期 不定期(原則毎日発行)
>              
>                御意見・御感想は:
>                   ryochan@polka.plala.or.jp
         購読(無料)申し込み御希望の方は
>                     下記のホームページで手続きして下さい。
>   
>        http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241     ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
「措置入院」精神病棟の日々(3)
━━━━━━━━━━━━━━━


    “シーチン”修一 2.0

そもそも「措置入院」とは何か。「精神保健福祉法の知識」から引用する。

<措置入院とは、患者本人に対して行政が命令して入院させるものです。 これは精神疾患のために「自傷他害の恐れ」、つまり自分自身を傷つけた り、他人を傷つけたり、何らかの迷惑・犯罪行為をする可能性が高い場合 に、行政が患者に命令して、行政措置として入院を強制するものです。

病院と入院契約を交わすのは、患者本人でも家族でもなく、行政です。し かもこれは強制的な命令であって、患者本人の意志も、家族の意志も、関 係ありません。

このような極めて強制力の強い入院であるために、その条件はかなり厳し く、実際上は何らかの犯罪行為、違法行為を犯して警察ざたになった場合 が多くなります。

行政が患者を病院に連れてくるという行動に出る前に、「通報」が必要な のですが、それは以下の3つの場合があります:

・一般市民による通報(23条)
・警察官による通報(24条)
・検察による通報(25条)

いずれの場合でも、関わった人が「どうも精神疾患がありそうだし、危な い、このままだと自傷行為や他害行為をしそうだ!」と判断したときに、 通報するということになります。

要約すると、措置入院は以下の条件があるときに成立します:

・精神疾患があって、そのために自傷行為や他害行為をしてしまったか、 あるいは今後する危険がかなり高い。

・保護した警察官、検察、一般市民などからの通報があって行政が動き患 者を病院に連れてくるに至る。

・精神保健指定医2名が診察し、2人そろって「精神疾患があり、そのため に自傷他害の危険性が高い」と診断される。

・その診察結果を受けて都道府県知事あるいは政令指定都市市長が行政措 置として入院を命令する。

措置入院は、上記のような非常に厳しい条件で、自己や他人に危険性のあ る場合に保護・収容する目的でなされるものでもあるために、それ以外の 入院とは違い、基本的に入院中の外出や外泊は大きく制限されます。

つまり、相当な医療的保護監視のもとではないと、病院外に出ることさえ できないのです。また医療保護入院と同様に、場合によっては隔離・拘束 などの行動制限を使用することもありますが、これも医療保護入院の場合 と同様な一定のルールのもとで実施することになります>

小生の場合は、自傷行為と器物破損、家族への威嚇により家族からの110 番通報で「保護」されたが、警察から川崎市へ連絡が行き、翌日には川崎 市長・精神保健福祉センターから「措置入院が必要であるかどうかを判断 するため○○病院に移送します」との知らせがあり、翌日の夕刻に○○病院で 診察を受け、病名「双極性感情障害」、症状「粗暴行為による通報、緊急 措置入院」として精神科急性期病棟3Fで身体拘束された。

身体拘束の理由は、「自殺企画または自傷行為が著しく切迫している」、 「多動または不穏が顕著(徘徊、器物破損など、迷惑行為)だった。

身体拘束は想像をはるかに上回る厳しさだった。Salvafixという海外メー カーの製品で、以下のようなことになる。↓
http://www.medicpro.co.jp/salvafix.html

尿はチューブ、便はオムツで、食事の時は手の拘束ははずされるが、腰は ベッドに固定されているのでとても苦しい。食事の時以外は天井をにらん で横臥しているだけだから、腰は痛いし足はつるはで、ほとんど懲罰、拷 問の類。

4日目には「身体拘束されると、病気が治っても社会復帰はできないよ、 腰がやられるからね、歩行困難になる」と誰かから言われた(と思ってい るのだが、幽明界をさまよっている時期なので妄想あるいは夢かもしれな い)。

このため「このまま入院していたら病気が治るどころか壊れてしまう」と 思い込み、手足の拘束が解除され、腰ベルトだけになった5日目に締め付 けを緩める工作をし、痩せた体をどうにかベルトから解放し、逃げ出そう としたが、いかんせん、尿チューブが邪魔で部屋を出られない。

仕方がない、と尿チューブを力任せに引っこ抜き、廊下に出たものの、外 へ通じるドアはすべて施錠されており、どうにもエクソダス(脱出)でき ずにウロウロしているところを40歳前後の男性看護師“オーヘイ(横柄)” に見つかり、後ろから羽交い絞めにされ、ベッドに叩きつけられた。この 際に左手小指の筋を傷めたのだろう、3か月間機能不全になった。

“オーヘイ”は45歳ほどで、とにかく横柄である。自尊心の強い男はキャリ アとともにそれなりの地位につけないと不満が募り、八つ当たりしがち だ。社会に奉仕するのが社会人だが、社会が自分に報いるべきだと“オー ヘイ”は思っているのだろう。患者に寄り添うなんて考えもしないで、 「俺は絶対的存在だ、他者は俺の意に従え、逆らう奴は許さない」という タイプである。

“オーヘイ”により小生は、老人を殺す介護士がいることを理解できた(ど いうわけか川崎市でよく発生するが、本来は職工になる人が製造業の衰退 で職が少なくなり、介護職に就いているためかもしれない)。老人は彼ら 不平人の憂さ晴らしの恰好のターゲットなのだ。

そのエクソダス未遂事件はあっという間に看護師の話題になり、血だらけ になった小生のオムツを見た看護師からは「拘束の上に尿チューブはやり 過ぎだ」との同情も呼んだようで、翌日、小生はナースステーション脇の マウンテンビューのデラックス個室に移され、部屋から出ることは禁止さ れたが身体拘束は解除された。“脱獄”しかねない要注意人物として監視し やすくされたわけだ。

8日目には入院後初めてのDr.面談後、風呂にも入れるようになった。(つ づく)2017/2/7


         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮の核弾頭への評価がシフトしている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月14日(火曜日)弐
       通算第5186号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 ペンタゴンの北朝鮮の核弾頭への評価がシフトしている
  「米国の諸都市を脅かす脅威」と、客観的スタンスから自国の安全保 障に直結
*********************************

北朝鮮のミサイル実験をめぐって14日午前(日本時間)国連は緊急会合を 開く。

ミサイル事件はこれまでにも何回か行われてきた、トランプ大統領当選か ら、しばし北は鳴りを潜めていた。

こんかい実験は陸と海からの2回、それも空中点火という画期的な技術向 上が見られ、金正恩は「とてつもなく正確で迅速」と自画自賛した。

これらをうけ、米国国防総省(ペンタゴン)も、「地上、海中から固体燃 料で発射できるようになったことは、米国の諸都市をいずれ核弾頭を搭載 して攻撃できる能力を備えたということであり」、米国の安全保障への直 接的な脅威という認識にシフトさせた。

従来、ペンタゴン筋は「小型化に成功しておらす、ICBMへの搭載には まだ時間がかかる」と北の核を北東アジアの局地的な軍事的脅威としてき たのだが、第一に北のICBM発射実験で明らかとなったように、昨今は 固体燃料にしていること、第二に命中精度が劇的に向上していることなど から、警戒のレベルを上げた。

中国がはたしてくれそうな北を抑止するという政治力の行使は、もはや望 む薄とする一方で、韓国の政治的擾乱への強い懸念もみえる。

マティス国防長官のもと、ペンタゴンは総合戦略の再評価をこれから行っ ていくだろうが、まだ副長官、次官、次官補が決まらず、政策決定レベル の人事が決まらない以上、具体的に北の核にどう対応するかという国防方 針の策定には、なお相当な時間が必要となる。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 しょひょう  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日米貿易不均衡? 最高級兵器を米国から買えば一晩で解決できるじゃ ないか

同盟を本当に『対等』な同盟とするには、何をしなければいけないのか

   ♪
藤井厳喜『日米対等』(祥伝社新書)
@@@@@@@@@@@@@@

国際政治学者の藤井厳喜氏、もっとも最新のアメリカ分析である。
 米国留学から帰国されて爽快にデビューされた以来、30年。おもえば藤 井さんの思考、分析は、加齢とともに、「円熟度」を増してきたと言える。

知遇を得てすでに30年余だから、多くの論客がマンネリの論考に埋没して いく中で、藤井さんのアメリカ報告はつねに新鮮であり、そのうえ、大手 メディアが一切書かないインサイドストーリィをふんだんに伴うので、い つも瞠目させられる。

それもこれも長い滞米歴にくわえての、多くのアメリカ人脈がいかされる からだ。

トランプの当選を早くから予測し、テレビなどでも公言してきた藤井さん だけに、説得力がますます強くなった。

実はカナダから米国選挙を克明に分析していた渡邊惣樹氏も、『ボイス』 で三回に亘ってトランプが勝つと予測してきた。それは単純にいって、 「ヒラリーが犯罪者だからである」(渡邊氏)。

彼女が私的メールを秘蔵し、国益をいかに害したかを、多くのアメリカ人 は気づいていた。だからヒラリーの集会は空きが目立ち(テレビは、その シーンを放映せず)、一方のトランプはどの集会も立錐の余地がなかった (テレビはその情景をカットし、暴言だけをクローズアップさせて意図的 なヒラリー支援キャンペーンを展開していた)。

評者自身、ニューヨークへ行った折に両陣営の選対本部を見に行ったが、 トランプタワーは人出で満員。ヒラリー選対は高層ビルに閉じこもってエ リートが出入りしているのみだった。

書店をのぞけばトランプ本が平積み、ヒラリー本は書棚にひっそり。だか ら、メディアの偏向報道のあまりのひどさを実感してきた。

さて本書の特筆はいくつもあるが、第一にトランプ政権の陣容を克明に、 その人脈を追跡しながら分析し「軍人OBがかってないほど多い」のは、 むしろ危険ではなく、安心であると断言しているポイントだ。

なぜなら軍人は戦争を望まないし、軍事力は抑止力という基本理念をもつ からであり、軍経験のないシビリアンでは、軍事と政治がセットだという ことさえわきまえないから机上の空論に陥りやすいのである。オバマの失 敗は、軍人、ベテランを遠ざけ、現実を見ようともせず、机上の空論に走 りすぎた結果だった。

第二のポイントは『トランプノミクス』が『レーガノミクス パート ツー』と見ていることだ。したがって「世界からアメリカに投資を呼び込 むために、ドルが強くなることは避けられない」とする。

日本に関して言えば「日米間の貿易は、すでにルールが確立し、アメリカ に有利な仕組みが出来ている」ので、トランプは関税だのなんだの言い出 しても、さほどの影響は受けないという
 TPPも、日本が土壇場まで努力した背景というか思惑には「アメリカ 抜きとなれば俄然に日本が主導権を発揮できる『大東亜共栄圏』の実現で はないか」と、まことにユニークな分析を展開されていて、このポイント も本書の持ち味のひとつである。
もちろん加盟国の再交渉が必要だが、なるほど、そこまで読んで政府自民 党は日本で可決を急いだのか、いやしかし、自民党や外務省の情報収集能 力を眺めていると、そこまでの深謀遠慮があったのか、どうかは謎である。
第三に日米貿易不均衡は、日本が最高級兵器を米国から買えば一晩で解決 できるとして、 同盟を本当に『対等』な同盟とするには、何をしなけれ ばいけないのかを提言する。
 ともかく面白く読み終えた。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)安部訪米の成果を手放しで喜ぶ論調が、日本では目立ちま すが、米国の論調は冷ややかだと聞きます。
 このあたりのことは如何ですか?
   (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)米国のメディアは、概してそうですね。「安保を 米国に依存する日本としては、アメリカ以外に頼るべきところがないから だ」とか。「こんな政権にこびる国がある」とか、シニカルでした。
 しかし、視点をちょっと移動してみて、「トランプ政権の国際的孤立」 という鳥瞰図をえがいてみますと、現在アメリカと同盟にあるNATO諸 国はいずれも冷たい。

ドイツはトランプ政権に横を向いています。英国と はメイ首相が訪米し 米英首脳海岸が行われたにも拘わらず、依然としてす きま風が目立ち、 隣国カナダは「同盟国」でありながら、トランプ政策と は正反対。トラ ンプが拒否した移民をカナダが引き受けるとまで発言して います。ト ルードー首相は昨日(13日)、安倍首相帰国直後に訪米して おります が、すきま風は埋まらず、メキシコとは対決的です。

 トランプが宥和をはかろうとしているロシアとは、ティラーソン国務長 官指名でもめ、いまフリン補佐官が閣内で邪魔者扱いを受け、プーチンと しては出方を信望強く待つしかない。

 つまり、「米国の国際的孤立」という状況の中、希望の星が日本、だか らそこあれほど破格の待遇で迎え、日米懸案事項のTPP、為替、貿易赤 字に言及しなかったというわけでしょう。

 つまりいまのトランプ大統領には安倍首相との深い同盟を演出してみせ る必要があったのです。



━━━━━━━━━━━
なぜ高い日本の医療機器
━━━━━━━━━━━


     石岡 荘十

薬事法上、医療機器はそのリスクに応じて3つに分類されている。

まず、高度管理医療機器。 副作用や機能に障害が起きたとき、まかり間 違えば人の命や健康に重大な影響を与える恐れがあるもの。

例えば、透析器、人工骨、人工呼吸器、PTCAカテーテル、ペースメー カなど(PTCAカテーテルは、狭心症や心筋梗塞を治療するための管)。

次に管理療養機器。前項以外の機器で、やはり副作用や機能に障害が起き たとき、それほどではないが患者の命や健康に重大な影響を与える恐れが あるもの。

たとえば、MRI、腹腔鏡、電子式血圧計など。MRIは、日本語では 「磁気共鳴画像診断装置」といわれ、強力な磁場や電波で脳や体を輪切り にした画像を撮影する大型の検査機器。

よく似た機能を持つものにCTがあるが、MRIはCTに比べタテ・ヨ コ・ナナメなど断面を自由に設定できるなどの利点がある)。

さらに、一般医療機器。副作用や障害が起きても直ちに人命や健康に影響 を与える恐れのないもの(聴診器など体外診断用機器、X線フィルムなど)。

これらの機器のうち、ペースメーカ、PTCAカテーテル、MRI、腹腔 鏡の4つについて、公正取引委員会が05年12月、詳細な実態調査を行なっ ている。

それによると、まずペースメーカは100パーセント輸入。メーカーは欧米 の10社程度で、04年の日本国内での販売個数は47,460個。その市場規模は 465億円だった。

ペースメーカは機能的には8つに区分され、国内価格は、116万円から 185.2万円となっている。

ところが、たとえば国内で133万円のものがアメリカでは83万円余と、日 本の価格はアメリカの1.6倍である。日本で148万円のものはアメリカで 95万円、これまた1.6倍という価格差となっている。

実態調査報告書の翌年06年、保険適用が承認された最新型InSync3マー キー(419万円)の価格差は多少圧縮されて1.27といわれている。それで もこの比率で換算すると、アメリカでは330万円で売られている計算にな る。その価格差は90万円である。

ことほど左様にPTCAカテーテルの場合の内外価格差はさらに大きく、 2倍以上。

ペースメーカとカテーテルの価格差が大きいのは、国内の多すぎる医療機 関の数に関係があるといわれている。


ペースメーカの植込み治療を行なっている病院は、人口比でいうと日本は アメリカの4倍。アメリカは大型集約型、日本は中小分散型で、日本では 膨大な流通経費がかかる。

その差は5600億円(05年)と試算されている。これが機器の価格、ひいて は医療費に上乗せされている。

ところが、である。

MRIの平均販売価格の対アメリカ比は0.75と、日本のほうが安いの だ。これはどうしたわけか。理由は2つ。

・国産のMRIのシェアが大きいこと

・販売台数の6割はメーカーが直接、医療機関に納品するため流通経費が かからないこと

普及率は60パーセントで世界一。海外でも売れている。メーカーによる売 り込み競争は熾烈で、値崩れが起きている。業界では「半値の8掛け」と いわれている。

そんなに優れた技術力があるのなら、技術的には遥かに簡単なペースメー カやカテーテルくらい国産で賄ったらよさそうなものだと思うかもしれな いが、ほとんどが輸入品である。なぜか。

長年、医療機器の営業に携わっているセールスマン (ME:MedicalEngineerという)はこう言う。

「国民性ですかねぇ。医療機器の中でも、副作用や故障が起きたとき直接 患者の命にかかわる高度管理医療機器については、いざというときには膨 大な賠償や製品のリコールを覚悟しなくてはならない。

MRIやCTは検査機器ですから、まず命に関わるようなことは考えられ ないので、複数のメーカーが作っています。ペースメーカやカテーテルは 1歩間違うと、訴えられて会社がつぶれてしまいます。

欧米のメーカーはそのリスクを乗り越えて、開発にしのぎを削っていま す。医療機器の内外価格差は、リスク回避の代償といえます」

「危ないことはごめん」

自分では作らないが危ないところは他所さんにお願いする。技術力があっ ても自分では作らないのは核と航空機と医療機器だ。

アメリカの核の傘で守られ、カネだけは出すという構図にどこか似てないか。


          
━━━━━━━━━━━━━
オリムピック担当大臣の貫禄
━━━━━━━━━━━━━
 
 
           渡部 亮次郎

メルマガ「頂門の一針」の常連投稿者の指摘されて、先にといっても1954 年に開かれた東京オリンピック当時、担当大臣故・河野一郎の担当記だっ たことを久々に思い出した。

と言っても1964年7月の人事異動でNHKの盛岡放送局から東京の政治部 へ発令され、河野大臣を苦手だといって誰も担当したがらない。田舎者の あいつに回そうというので河野担当になった。事情は後から知った。

記者会見に出かけて名刺を差し出したらろくに見もせず、もてあそび、そ のうち紙飛行機に折って飛ばしてしまったのには、おどろいた。記者を怖 がっていた田舎の県会議員とは大分、違うなと覚悟した。

何か質問あるかい、というからした。「大臣の右目は義眼だと言ううわさ がありますが、本当でしょうか」と聞いた。相手を見つめるときすが目に なるからである。すると「君はどこの社の記者だ」と言うからNHKだと 答えて叱られるのを覚悟した。

ところが違った。「君は記者の誰も聞かなかったことを良くぞ質問してく れた。ほれ、このとおり義眼ではないよ」目を?いて見せた。なるほど毛 細血管も走っているから義眼ではない。

翌朝、恵比寿の私邸に行き、門の脇で待っていると出てきた河野さんが私 を手招きする。近くまで行ったら「乗んなさい」という。驚いた。政治家 の専用車に同乗することを政治記者連中は「箱乗り」と言い、政治家は余 程気に入った記者で無ければ乗せないことになっている。

河野一郎自身自分を「実力者」と言い、記者たちは勿論、自民党内からも 畏怖されていた。だからこそ過去に前例の無い無任所にして東京五輪の担 当大臣を池田勇人首相から任されたのである。

その恐ろしい実力者が、どこの馬の骨とも知れぬ記者をいきなり箱乗りさ せるとは当に驚きだった。しかしこの待遇は終始続き、最期は夫婦2人き りの夕飯の席に呼ばれるまでに成った。

小田原に生まれて早稲田大学では箱根駅伝の選手として活躍、卒業後は朝 日新聞の政治記者。間もなく神奈川から代議士に当選して政界入り。かの 吉田茂とは激しい党内対立を繰り返しながらついに鳩山政権を樹立。日ソ 正常化を達成。


フルシチョフ首相とも対等な交渉を成し遂げ、ついに実力者に成長した。 池田首相もそこを見込んで史上初の東京五輪の担当大臣を任せることが出 来た。

いま政界を見渡してもあれだけの實力者はいない。これは世界の変化に伴 うものであり、日本の平和が長続きするからであり、小選挙区制度が政治 家を小物のしたと思わざるを得ない。 

河野さんはアルコールを一滴も飲めない体質だった。それを知っていてフ ルシチョフはウオッカを飲むよう強要した。河野さんは「国家のため、死 んだ心算で飲み干した。体が火照り眩暈が止まらない。「あの時は死ぬか とおもった」と言っていた。

東京オりンピックの翌年夏7月8日、?離性動脈瘤破裂のため自宅で死去。 まだ67歳だった。2015・8・3



━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎


 ◎外交日程、解散戦略に影響も=トランプ氏来日前は困難の見方

日米首脳会談でトランプ米大統領の年内来日が固まったことは、安倍晋三 首相の衆院解散戦略にも影響を与えそうだ。

今国会で天皇陛下の退位を認める法整備など重要課題を抱えていることに 加え、外交日程も立て込んでいることから、与党内では解散は秋以降との 観測が広がっている。首脳会談を受け、トランプ氏来日前の解散は見送ら れるとの見方が出始めており、解散時期がさらに遠のく可能性もありそうだ。

 日米両政府は、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領をトップとす る経済対話の枠組み創設で合意したことを受け、まずはペンス氏の来日日 程の調整に入る。日本側は、2017年度予算案成立後の4月以降で早期に実 現させたい考えだ。

 首相とトランプ氏は5月下旬にイタリアで開かれる主要国首脳会議(サ ミット)や、7月上旬のドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議でも会談 する見通しだ。その後、首相は9月下旬に、国連総会で一般討論演説を行 うため訪米するとみられる。

こうした日程も踏まえ、政府内ではトランプ氏の来日時期について、11月 前半にベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議 の前後に立ち寄るとの案が浮上している。

  自民党の下村博文幹事長代行は12日、トランプ氏の今秋来日を念頭に 「訪日前に解散はたぶんないだろう」と語った。首相がトランプ氏を日本 に招待し、緊密な日米連携を改めて内外に示すという重要な外交日程を前 に、政治的なリスクを抱え込むことには慎重にならざるを得ないとの見方 を示したものだ。

 連立を組む公明党は7月の東京都議選に全力を挙げるため、その前後3カ 月程度は衆院選が重なることを避けたい意向。衆院選の「1票の格差」是 正のための区割り変更に伴い、定数減となる6県で自民党内の候補者調整 に時間がかかるとみられることも、首相の解散判断に関わりそうだ。

 衆院議員の任期満了は18年12月で、同年9月末には首相の自民党総裁任 期が満了を迎える。党内には「18年の年明け以降に解散して勝利すれば、 総裁選で3選への展望が開ける」(幹事長経験者)と指摘する声もある。

  ただ、執行部から早期解散を否定する発言が出ることは、党内に緩み を生じさせかねない。二階俊博幹事長は13日、記者団に「トランプ氏が来 ようが来まいが、解散との関係は全くない」と述べ、首相の解散権はフ リーハンドだと強調した。 
時事通信 2/14(火) 7:01配信


━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 
 1)情報源の問い合わせ:前田正晶

12日の4264号に掲載された「専門商社の知人云々」に関連したことです。 実は、13日に「頂門の一針」を何気なく検索したところ「前田氏はこの記 事のような情報を何処から手に入れているのかな」という、誰からかも解 らない書き込み(?)がありました。

答える必要があるかと一瞬悩ました。私が書いていることは全て経験した 範囲内と、長年かけて構築した紙パルプ産業に関連業界をも含めて築き上 げた私独自の情報網から、それ以外は多くの方に不思議がられる膨大な範 囲の記憶から呼び起こしています。

時には情報網の中の方に確認することもありますが、多くは記録を取って いない例が多いと言えるでしょう。自慢話めきますが、ずっと続けてきた ことで、今更尋ねられても弱ります。


 2)国語は既に破壊が始まっている:

カタカナ語論も継続したくなってきた。その動機は13日の朝に何処の局 だったか、14歳の女子中学生がフィギュアスケートで素晴らしい技を見せ た件を採り上げインタビュー(カタカナ語なのでジーニアス英和を見ると 「取材訪問、聞き込みの他に何とインタビューするとも出ていた)したと ころ「もっとレベルアップしなければ」と語ったところにあった。カタカ ナ語の害毒は最早ここまで回っていたのだと慨歎した。

そこで、念のためというか何気なくプログレッシブ和英で「レベルアッ プ」をひくと、例文に“raise the level of a soccer team”や“We must increase our physical strength.”が挙げられていて、ご丁寧に「レベル ダウン」の例文には“Quality seems to have generally deteriorated (grown worse).”や“There has been a general decline in students’ academic ability.”も出ていた。即ち、この辞書は「レベルダウン」も 「アップ」も日本語として公認していると解釈した。ここまでで、レベル アップもダウンも立派な日本語で英語では別の言葉を使うのだとお解り願 えたと思う。

私はこれまでに何度も国会議員は言うに及ばずテレビに登場する有識者や 専門家の方々が平気で「フリップ」と言ったり、安全保障を「セキュリ ティ」と言うのを嘲笑い且つ嘆いてきた。何処がおかしいか誤りかを今更 ここに採り上げる気力も勇気もない。あの様なカタカナ語が罷り通るのを 文科省の官僚や英語の教師の方々が何とも思っていない感覚が素晴らしい と言うべきか、恥知らずと指摘すべきか悩んでしまうのだ。

ここに、敢えてこれまでに採り上げてきた国語破壊の例を採り上げて、皆 様のご参考に供したい。16年12月23日には

<ではどのような例が私の気に障っているかを、思いつくままに採り上げ てみよう。「トラブル」の濫用はそれこそ日進月歩ではなかった日々濫用 である。「揉め事」、「事故」、「故障」、「何らかの製品の品質問 題」、「諍い」等々はすべてそれぞれ別個の内容であると思うが、すべて を簡単に「何かトラブルを抱えていませんでしたか」などと表現してい る。また「スタッフ」も完全に戸籍を得た日本語として定着した。私は ファミリーレストランから居酒屋のような場所で(テレビでしか見聞した ことがないが)「ホール・スタッフ」という役目を人がいると聞こえたと きに"whole staff"とは何のことかと一瞬判断に迷った。ここでは「職 員、部員、局員、社員、従業員」という意味でアメリカでは「参謀」をあ らわす単語がカタカナ語されてあれほど普及したのには驚く以外なかっ た。中には「チーフ」などとの役職もあるが"the chief of staff”とは 「参謀長」を意味するのだ。

すでに何度も採り上げてきたが、これらの他にも「シンプル」、「コンパ クト」、「カジュアル」、「コラボ」、「何とかアップまたはダウン」、 「アップ(ダウン)する」等々は完全にマスコミ、特にテレビに出てくる タレントとやら言われているアホどものみなら普通(マスコミ用語では一 般人)の人までが真似させられているのは、私は漢字文化の破壊の第一 歩、いや二乃至はそれ以上に進んでいるかと憂いている次第だ。

試しに、ここに挙げたカタカナ語を漢字化してみれば「シンプル」は”解 りやすい、簡単な、単純な、易しい”等が当たるだろうか。「ノミネー ト」は言うまでもなく”推薦”だが「〜賞にノミネート」という表現は厳密 に英文法で言えば体をなしていないのだ。「コラボ」というのは私を驚か せてくれたカタカナ語だった。"collaborate"か"collaboration"という 「(文芸・科学の分野で協力(共同する)、合作する、共同で研究する」 とジーニアス英和にある言葉を知らなかったわけではないが、日常でも社 内の報告書にでも使った経験もなければ使われていた例をほとんど知らな かったからだ。それが「コラボ」などと省略した形で芸人の行為の表現に 当たり前のように使われている豊富な単語の知識に驚いたという皮肉であ る。>

15年6月15日には

<最後に「ノミネート」も切り捨てておく。ピースという漫才なのかお笑 いコンビなのか知らないが、その片割れの又吉というのが小説本を出して 大当たりしたのは結構だと思う。しかし、三島賞は外れたが芥川賞の候補 作に上がったそうだ。それは候補に推薦されたのであって「ノミネート」 という必要はないと思う。私は何故に「候補に推薦された」という我が国 の言葉を棄てて、ジーニアスには先ず「動詞」として出てくる”nominate” をカタカナ語にして使うのかと問いたい。

難しいことを言えば”nominate”には「推薦する」か「指名する」の意味は あるが、又吉の場合は推薦されたのであるから”He was nominated for 芥 川賞.”と受け身であるべきなのだ。それを弁えずしていきなり「ノミネー ト」では無茶苦茶ではないか。しかも過去形であるべき。ここにも我が国 の学校教育の英語の成果が垣間見えるではないか。これでは国語での表現 力が低下する一方ではないか。

この他にも、これを使うことをおかしいとは思わないのかという珍妙なカ タカナ語は幾らでもある。確か松坂大輔が言い出したと思う「リヴェン ジ」も立派な誤用でありながらドンドン広まっている。”revenge”は基本 的には他動詞であり、目的語(復讐する相手等)を必要とするが、単なる 「仕返し」か「前回グラウンドに忘れ物をしたので取り返しに行く」とい う意味のことを言いたくて使われている。>

と述べていた。

私は間もなく漢字を排除してカタカナ語だけの日本語の時代が来るだろう と本気で心配している。同様に英語でも活字体だけしか通用しない時が来 るのかも知れない。先日も大学で言語学を教えている先生に念のため確認 してみたが、現在の中学や高校の英語教育では筆記体を教えられていない というか教えない場合があるのだそうだ。そう言えば、私が自慢の達筆で 黒板に書いた英文を見た大学生たちがキョトンとしていた訳が解った。

一旦トランプ大統領論を離れてEnglishを採り上げたところ、続けたく なってしまった。English独特の言い方だと思うものを採り上げてみた。


*Englishの簡単な言葉だけの表現集:前田正晶

“Well put.”
解説)俗な言い方を採れば「言えてる!」だろうが、「上手い表現だ」と する方が正確だろう。一寸聞いただけでは何のことか解らないだろうと思 う。“Let me put it this way.”と言えば「私に言わせて貰えばこうなり ます」となるので、“put”の使い方の例として覚えておくと役に立つだろ う。即ち「言う」の意味で使われるのだ。

“Let’s sit down to have a chat.”
解説)「座って話をしよう」ではなく、「話し合おうぜ」と言いたい時に 使われる。“chat”と言ってはいるが、往々にしてそれほど簡単に話が終わ らないのだ。即ち、「重要な話しがあるから一寸来い」と考えても良いか も知れない場合があった。しかし、本当に「一寸話をしようぜ」と言いた くても使える表現。

“What time do you have?”
解説)これで「今何時ですか」と尋ねているのだ。普通は“What time is it now?”と教えられているだろうと思う。それでも確かに“通じる”のだ が、彼らは時間とは自分のものであると認識しているので、自分の都合で 動くことが多い。故に「貴方の時間は?」と尋ねるのだ。ところで、“You have time?”だと「時間があるかい?」となってしまうので、英語はやや こしい。

“Nice meeting you.”または“It was very nice to have met you.”
解説)前者はかなり略式だが、こういう事をいきなり言われることはある だろう。後者は言わば正式な表現で、学校教育で教えそうなものだと思っ ている。何れも「お目にかかれて良かったです」なのだが、初対面で一寸 挨拶をした程度でも“Nice meeting you.”と言われることがあると思う。 なお、私は個人的に“meet”は目下か自分よりも年少の相手に使う言葉で、 “see“を使って“I am pleased to see you.”が無難だと心得ているが。

“Nice talking to you.”
解説)これも略式だが「良い話が出来たね」か「話し合えて良かった」と 別れ際に言う台詞。強いて言えば「今日はどうも」辺りか。軽く握手でも してから、こう言って別れれば格好良いぜ。正式には何と言えば良いかは 適当にお考え願いたい。

“So what?”
解説)こう言われるのは余り芳しくないと思う。折角一所懸命に何か助言 をしたとか、意見なり考えを述べた時に「それがどうした?」か「それだ からどうだって言うのか」と切り返されたのだから。何か気に入らないこ とを言われた際に、こう言って見れば良いような表現だ。

“So far, so good.”
解説)「これまでの所、まあまあ何とか上手く行っている」か「ここまで は調子は悪くはない」といった意味で使われる。何事も断定的に言うしか ない英語の表現としては珍しく曖昧だ。だが、曖昧なるが故に使えるの だ。例えば“How  is your big project going?”と訊かれた時に、こう言 えば良いのだ。その前に「よくぞお尋ね下さいました」として“Good thing. You asked.”とでも言えば面白いか。

“Let’ put this matter behind us.”
解説)「この件はこれで終わりにしようぜ」という意味だ。初めて“put it behind us”を聞いた時には一瞬迷った。だが、前後の関係とその自分 たちが置かれた局面と「語感」で何とか判断出来た。上手いことを言うも のだが、簡単なと言うべきかやさしい言葉で結構複雑なことを言えるのが Englishのイヤらしさだと思う。





 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━


14日夜は赤坂で知人3人で一杯。2時間半で大酔した。迎えに来てくれた家 人の車で無事,帰還。



読者:5525人。


◆メルマ!メルマガの退会・解除はこちら
→ http://melma.com/contents/taikai/


渡部 亮次郎 <ryochan@polka.plala.or.jp>
わたなべ りょうじろう

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 安倍晋三よ、日米安保条約「双務化」改訂をトランプ大統領と今直ぐ交渉せよ
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/02/15/021220

    少年の名はジルベール
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB&biw=1097&bih=550&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjmpNyNg5HSAhXBx7wKHQZ0CBwQ_AUIBigB

    【悲報】多くの移民を受け入れ平和賞受賞のスウェーデンの高校、1年で治安崩壊し戦場へwwwww
    http://crx7601.com/archives/50620428.html

    海外「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に外国人から驚きの声
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2225.html

    来日中国人が国保に加入。大富豪でも「最低ラインの保険料」ですんでしまう状況を放置しているのはなぜ?
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170108-01246001-sspa-soci

    もし君と結ばれなければ―飛びたてぬ十九歳の歌集
    http://bookmeter.com/b/4890369279

    「この世界の片隅に」興収20億円突破、14週連続トップ10入り アメリカやフランスでも上映予定
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/13/konosekai_n_14731944.html

    国連の破傷風ワクチンに不妊化をもたらす成分が含有されている! 
    http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12009309002.html

    仏教を弾圧した李氏朝鮮 
    http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

    がん検診が死亡率高める?過剰な診断・医療が、無駄に犠牲者を増やす危険な現実
    http://biz-journal.jp/2015/12/post_12878.html

    資料・史料−2001.05.08「歴史教科書」田中真紀子外相コメントほか。
    http://akizukieiji.blog.jp/archives/1541629.html

    危ない韓国旅行
    http://www.geocities.jp/kuroimara/

    朝日の「吉田調書」虚報を産経が指摘!門田隆将氏「慰安婦報道と全く同じ図式」
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1603.html

    司法癒着状況3
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/02/13/1523-%e5%8f%b8%e6%b3%95%e7%99%92%e7%9d%80%e7%8a%b6%e6%b3%81%e2%91%a2/

    ”韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実” と ”戦争記憶の政治学 ”
    http://blog.livedoor.jp/su_mi_jun/archives/10808120.html

     2017/2/16


  2. 公共機関などの表示に何故韓国語や中国語が多いのか? 
    その代わりに日本の小さな子供たちのために、むしろ「ひらがな」の表記をしてあげるべきではないか?

    人々を幸福にしようとする理想は、おそらく、最も危険な思想である。それは、我々の「より高級な」価値尺度を他人に押し付け、そして彼らに我々にとって最大に意義を持っているものを彼らの幸福だと思わせ、そしていわば彼の魂を救済するという企てを不可避的に招く。
    ポパー『開かれた社会とその敵』

    来日中国人が国保に加入。大富豪でも「最低ラインの保険料」ですんでしまう状況を放置しているのはなぜ?
    「経営・管理ビザ」で来日、国民健康保険に加入し治療を受ける。

     2017/2/15

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/02/19
    読者数:
    13261人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/02/01
    読者数:
    17059人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    23943人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    7067人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/01/01
    読者数:
    2889人

    日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。しばしばテレビのニュースなどに登場する天皇は、本当は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が事実に基づいて、できるだけ分かりやすくお話します。

過去の発行記事